青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「真中~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

看護~ ~看護婦 県~ ~眞 眞~ ~真 真~ ~真に 真に~ ~真中
真中~
~真似 真似~ ~真剣 真剣~ ~真実 真実~ 真暗~ 真珠~ ~真理 真理~

「真中~」 2483, 25ppm, 4731位

▼ 真中~ (1201, 48.4%)

43 立って 34 して 8 いて, 坐って, 置いて 7 突立って 6 あって, ついて, 立つて 5 腰を 4 あった, いるの, 一つの, 出て, 据えて, 来て, 立てて 3 一人の, 四角な, 坐つて, 寝台が, 居て, 持ち出して, 敷いて, 旅笠を, 突っ立っ, 突立っ

2 [67件] あぐらを, あるの, いたの, いること, このよう, それは, たった一人, つったって, つっ立って, ほうりなげられ円, ぼんやりと, ぽつりと, ゐて, キチンと, 一つある, 一列に, 仁王立ちに, 仰向けに, 何よりも, 出して, 受けた, 向って, 呆然と棒立ち, 土手の, 大きな樹, 大の字に, 寝て, 寝台を, 小机, 山の, 山を, 川が, 布団を, 床を, 庭石に, 建って, 当って, 心棒が, 抛り出されて, 挟まれて, 机を, 棒の, 棒立ちに, 極めて明るい, 横たわって, 横に, 流出し, 生死も, 砂を, 穴の, 穴を, 突っ立った, 突立った, 立ちはだかって, 立ち竦んだま, 立ったまま, 立つと, 立派な, 置いた, 置かれて, 若い女, 草花が, 蛇の, 鉄の, 銅貨大の, 開いて, 黙って

1 [878件 抜粋] ああずらりと, あけて, あったから, あったのに, あっちこっちで, あつて, あの不気味, ありました, あるので, あるユタ大学, ある一軒屋, ある仕切り, ある化粧後, ある大きな, ある子供, ある急, ある戦闘指揮所, ある机, ある石, ある金糸, ある銀色, ある首都, ある黒い, いくつも, いた一人, いつまでも, いながら, いま刷物の, いる彼, うちのと, おかれた一つ, おのおの一本の, かいて, かかる色彩, かたまって, かためて, がん張っ, くくれが, くろぐろと, ぐさと釘付けに, この辺り, こんな大名屋敷, さざえの, しかも夕月, した卓子, しろ好き, じっと佇ん, すっくと立ち, するは, ずるずると, そのままの, たたずんだ, たたずんで, ただひとつ, ただ一人怪しい, たった一本突, たった一軒, ちゃんと安座, ちょっぴり下手, つい先年首相, つき出して, でた, ともされた大, なって, なりアメリカ娘, ぬうと, のこしゆかんと, のさばって, のせて, はさまった天野三郎兵衛, はさんで, ひっぱさんでさ, ひとすじ柔かな, ひろげる, ふらふらとして, ぶら下って, ぺたりと坐り込み, ぼつり, ぼんやり立っ, ぽっかり五十銭銀貨, ぽつんと浴場, まるく立, むき合うと, やって来ると, りゅうと, ゐたん, ゐる, ゐる時, ギリギリ, ザクリと, チョコナンとして, チンと, ピイプザアムが, ピシャンと, ブラ下って, モーニング姿の, ランプは, ヴィクトリアン・エイジの, 一つ取りつけ, 一の, 一人が, 一人この, 一人照れた, 一匹の, 一同が, 一尾の, 一本, 一本小, 一条の, 一枚の, 一箇の, 一軒豆腐屋が, 丈たかき, 丈三尺ばかりの, 三方から, 三本マストの, 上下に, 上向けに, 両支配, 両脚を, 中心と, 丸い水, 丹尾を, 二つの, 二三本洋酒の, 二人の, 二本の, 五六人立っ, 人命が, 人間の, 仁王立ちと, 他の, 伏せられた造りもの, 佇ずんだ, 佇って, 佇んで, 体を, 何物か, 余は, 保存したい, 倒れた, 先づ鰐鮫, 先住の, 入ったの, 入口を, 公樹と, 公爵を, 六十年配の, 其の双六巌, 円いテーブル, 円形を, 出来て, 出現した, 別に凄, 刺された如く見ゆるは, 割り込みまた, 匐ひ出し, 十人の, 卓を, 単衣, 危険な, 友達の, 取こめられ仮令, 取り囲まれながら, 取り込め口汚く, 取囲んで, 取籠め, 古い深い池, 古井戸一ツ, 台車を, 吉田りん子が, 吊された電燈, 吊るして, 向き合, 吸いこまれて, 呼吸を, 喜村の, 四斗樽を, 四角い寝床, 四角を, 四間通りが, 土の, 在った, 在って, 在るお, 在る紫檀, 坐せる主婦, 坐った, 坐つたまま答, 坐りました, 坐り居ると, 坐り直, 坐る, 堆高く掻, 墓地が, 墜落し, 変な, 大きい, 大きいストーヴ, 大きい机, 大きい薪ストーヴ, 大きい面積, 大きく安坐, 大きく頭書, 大きなゆり, 大きな丸い, 大きな囲炉裏, 大きな壺, 大きな懸, 大きな百日紅, 大きな石, 大きな穴, 大きな鉢, 大きな鼻, 大傷, 大切な, 大文字の, 大礼服, 天井から, 太鼓が, 夫婦さし向い, 女物に, 女駕籠, 姉さんが, 姉さんは, 孔を, 存在する, 守護し, 安全な, 実に見ごと, 容赦なく, 寄って, 寒さ, 寝そべった, 寝床を, 小さくうつった, 小さくな, 小さな煙筒, 小さな蒲団, 小さな餉台, 小按摩, 小鼻の, 少し顔, 尻餅を, 居た一番, 居る筈, 屋根に, 屍骸を, 屹と, 嵌って, 帆村は, 年の, 広い通路, 庄平と, 床の, 座蒲団を, 廊下を, 延びた寝床, 引きだされ署長以下, 引くりかえりそう, 引繰り返, 引繰り返っ, 弟を, 役者の, 得意然, 御堂が, 心が, 急仕立て, 恵比須と, 感冒を, 懸かって, 手が, 手枕を, 手酌で, 打倒れ, 打込まれ身動き, 抛り出したり, 押し進んだ, 押立てた, 押立てられた, 持ち出した, 持って, 挾まれて, 挿しこんである之, 据えた座蒲団, 据えながら, 据えられた子供, 据ゑた台に, 据ゑつけ, 据ゑながら瑠璃子の, 控えて, 揉まれて, 摺鉢に, 放り出されて, 放擲する, 敷け, 斜めに, 於いて, 於ては, 日本女は, 映画の, 暴力的に, 書いて, 有ます, 朝野に, 本箱を, 札の辻が, 朱印が, 来た時分, 果して山羊, 柘榴珠が, 栗の, 案内された, 桐の, 桜の, 棒立ちと, 植えられた大きな, 極めてきたなき, 極めて幽玄, 構え生活, 横の, 欠け縮れた, 歌津子と, 歯医者の, 死骸と, 殖えたもう, 水蓮を, 決して坐らなかった, 流れて, 浚渫船が, 浮かびでた人間, 淋しい片, 清衡左に, 漢が, 火桶が, 火鉢が, 炉が, 炬燵を, 焼棄, 煉瓦の, 煙筒の, 片肌脱ぎ, 狂立つ, 狙いを, 玉が, 珠と, 生きて, 生れたが, 甲羅干し, 画いて, 疲れた体, 病の, 白い大きな, 白壁の, 白熱した, 白痴に, 皿に, 目を, 真四角な, 真四角の, 真黒く刺した, 眼の, 着陸する, 瞳の, 石の, 石造の, 破裂せし, 硝子の, 硯箱が, 磽, 神色自若と, 神路山が, 私を, 秣草桶を, 突ッ立たせる, 突ッ立つ, 突入った, 突然畑, 突立ち, 突立つや顔の, 立ちすくんで, 立ちどまって, 立ちはだかった一人, 立ち停って, 立ち出でた両人, 立ち尽して, 立ち東西南北, 立ち澱んだ, 立ち留って, 立ち聴衆, 立ったが, 立った頭, 立っても, 立つたまま, 立つカスタニア, 立つ茂太郎, 立てましたが, 立てられて, 立悚みました, 竦んで, 端然として, 竹刀を, 筵を, 納まりながら, 紙張が, 継の, 緑色の, 縦に, 縫物を, 置いた五升入り, 置かなければ, 置かれた二つ三つ, 置かれた出来, 置直した, 老コンダクター, 胡坐を, 胸毛まで, 腰高な, 臓腑を, 自然と, 舟こそ, 舟を, 色さまざまな, 花文字を, 苔生した, 若々しい髪, 荒い芝, 荷重を, 華々しく登場, 落した, 落ちた一つ, 落込んだ, 葬つて土饅頭, 薄情そうに, 蜘蛛の, 血に, 表門から, 袂時計ほど, 見えた, 見事な, 見出したので, 設けられずに, 赤い絨毯, 赤丸を, 走り出し, 走り出て, 足を, 路考髷を, 踏みとどまり, 蹲踞つてゐない, 身を, 軒を, 転がってる壺, 輝くばかり, 辛と, 近づける, 透いた処, 這い出して, 進み出た, 進み寄ると, 都鳥の, 金紙の, 釣した, 鈴白の, 銀杏の, 鎮座まします, 鏡が, 長い天幕, 長方形の, 門倉平, 閉じ込められて, 開くが, 陣どって, 隊長が, 隔たりを, 集った, 雲が, 青い羅紗, 青い青い火, 青と, 革紐で, 顯官が, 飛び出して, 飛石の, 食卓を, 飾りピン, 馬に, 馬車一輛停めさせ, 駈け込んで, 高い高い柱, 高く昇っ, 高脚, 鬼を, 鳥の, 鳥居が, 黄な, 黄金の, 黒い長い毛, 黒く足跡, 鼈甲縁の

▼ 真中~ (267, 10.8%)

5 ところに, 道を 4 所に, 方へ 3 ニンフの, 柱に

2 [12件] ところで, 一人が, 一本だけが, 一番高い, 凹みを, 方に, 机の, 眼が, 空地に, 築洲, 道が, 部屋は

1 [219件] あたりの, あのずっと, い, いちばん大きい, から右列, がにちゃにちゃ, がカタリ, が一番脊, が波, こういう長い長い, ことです, こととて, すけた地, その頭, たつた一つ, ちょうど両, ところから, ところからは, ところが, ところです, ところは, ところを, どこかで, に這い込ん, ねじを, はなかっ, はバード, は不思議, は何, は壁, は濃い, は赤い, アムステルダム島五月上旬には, スイッチを, センセーションとに, テーブルで, テーブルの, デボチンは, マダムが, 一つの, 一人だけは, 一個は, 一対の, 一本が, 一本に, 一本の, 一本は, 一枚を, 一段高い, 一番大きい, 一番深い, 一番良い, 一軒へ, 七重の, 上り框に, 上下に, 与力が, 丸の内にだって, 丸卓子には, 丸卓子の, 丸卓子も, 二つは, 人達と, 仕事場に, 位置を, 兀工合が, 公園や, 六畳の, 六畳ばかりの, 六角堂あたりへ, 円の, 円卓の, 円鈕を, 処が, 処に, 凹んだ処, 劇場の, 勇ましい希臘, 卓の, 卓を, 卓子の, 卓子を, 卓子台に, 厠で, 厠は, 受影幕には, 向うから, 哀れな, 四布蒲団の, 四辻に, 土俵まで, 夜に, 大テーブル, 大卓子, 大火鉢, 大魚, 女に, 子供には, 孔へ, 安楽椅子に, 室である, 宮柱に, 家の, 家は, 家へ, 寝台に, 寝台の, 小い, 小さい煙突, 小便と, 小島では, 小高いところ, 岩の, 崖の, 巌木君の, 市毛甚之丞, 席には, 平らな, 平原に, 広い所, 広い歩道, 広間, 床の, 底から, 底は, 影が, 心の, 戸が, 所へ, 抽出し, 撞木に, 敷居より, 新吉, 時刻なりし, 暗い部屋, 月は, 木の, 朱は, 朱塗りの, 机に, 板を, 板戸には, 柔い, 柱の, 梁へ, 椅子の, 椎の, 極普通, 榎の, 歩を, 母屋には, 毛を, 水たまりよりも, 永い間, 泥濘に, 洋卓まで, 洋車に, 浅瀬に, 海へ, 深いところ, 深さ, 濃い網め, 瀬戸の, 火の番小屋の, 炉に, 熔けた部分, 牡丹餅大の, 特別な, 王座に, 男が, 皆古い, 石の, 石榴の, 砂漠の, 穴に, 穴へ, 空に, 窪い, 窪んだしゃくった面, 節から, 約一丁四方, 継目の, 緑地に, 耳盥から, 肢の, 腰かけ板の, 自分の, 船で, 芝生に, 蒲団の, 蓋の, 蓙の, 蔀と, 行が, 襖を, 西洋料理屋へ, 警視庁へ, 象牙張りの, 赤ハタまで, 路を, 辺が, 辺りに, 辺りへ, 道, 道に, 道は, 部分を, 部屋であった, 鉄瓶の, 鏡の, 陽当の, 離れ岩, 離れ島の, 離島の, 頭領株を, 食事部屋にと, 高くつんだ, 鬚男だけは, 黒板から

▼ 真中~ (240, 9.7%)

14 出て 5 立って 3 入り込んで 2 すべての, 出た, 抛り出して, 指を, 来た時分, 立つて, 置いて, 舌が, 連れて

1 [200件] あかりを, あぐらを, あらわれて, いい年, おし並びますので, お産婦, かけて, ここから, すくり, すわりこんで, ずっと出, その一組, たった一人, ちょうどよい, つっぷして, とびこんだよう, とび出した人影, とび出て, なげる, ぬいと, ぬっと障子一杯, ぬッ, のさばり出たやう, のびのびと, はいって, ぱっと映った, ひら, ぼんやり立っ, ぽつねんと坐り, もつて, よれよれの, んに, キチンと, スッと, ドブンと, ヒョコと, ヒヨコと, ポタリポタリポタリポタリと, 一つお見舞, 一ツ蚊帳に, 一人で, 一人息子を, 一応の, 一貫張の, 一閑張の, 三人の, 三脚を, 下りて, 両手を, 並んで, 丸く木, 乗りこんで, 乗りだして, 乗りやしょう, 二足三足あかり前へ, 五寸釘が, 人人という, 仰向, 何とお前様, 倒れさうに, 入って, 入つたら, 入れて, 其れ, 出ました, 出ると, 出入りを, 出掛けると, 刻印を, 割り込んで, 割込んで, 取りまいて, 吊される時, 向けられ何, 向って, 向風, 坐ったなり, 垂れ下って, 大きな一閑張, 大きな柳, 大の字に, 大切に, 大手を, 大沙漠, 天窓から, 寛永通宝子が, 寝たところ, 寝転ろ, 小鼻の, 座蒲団を, 引きずり出して, 引寄せる, 弾き出される運命, 彼の, 彼を, 往って, 性の, 戻って, 手際よく, 打捨, 投げた, 抛り出されたよう, 抛り出した, 抛り出しても, 抛り込まれたその, 抛り込んだこと, 抛り込んで, 抱いて, 押しやるくらいに, 押し出した, 押し込まれても, 押放した, 拭込んだ, 持ち出した, 持ち出して, 持ち出しました, 持ち出しミサ子, 持ち出せば, 持って, 持つて, 持出したは, 持出して, 持出し外山教授, 挟った, 挟むよう, 振込むと, 据え付けたよう, 掛けて, 擬物の, 敷いた上, 敷く代り, 斬捨てて, 東洋の, 案内された, 棄てて, 棒差に, 椅子を, 横鼻緒を, 歩いて, 残りの, 注意を, 炬火を, 狭まった町家, 現われたこと, 町が, 畳を, 盛り上げて, 石を, 積みこまれて, 積んで, 突き出て, 突き通して, 突入れられ, 突出した, 立たせて, 立ちました, 立ち竦んで, 立ち竦んでしまつた, 立ったから, 立った姿, 簪を, 紅白の, 縁台の, 置かれた一つ, 置きっ放し, 胡坐を, 自分で, 舞出し, 草の, 落っこちたところ, 衝と, 踊り出て, 踏み出した, 踏ん反り返らなければ, 転がり出した時, 載せたそう, 辛子を, 逃げて, 逃げ出して, 通して, 進み出で, 進んで, 重なり合った人間, 重を, 鎧刀これも, 鏡の, 降りたら水, 隕ち, 雪崩れ出し, 雲煙を, 面あ, 顔を, 飛び下りたので, 飛んで, 飛出して, 馳け, 高くこう, 高く乗った, 高く積上げ, 鳥籠を

▼ 真中~ (184, 7.4%)

3 海の 2 ぴたりと, 四つに, 大びら, 棒押しを, 行われつつ, 開いて

1 [169件] あつた, あまり可愛がられる, いろいろ不思議, きいた空襲警報, きりきり速度, このえたい, これは, これを, これ見よ, こんなこと, こんな記録, しかも真昼間, しよんぼりといたしました, じかに床, じだんだを, じっとお, じっと聴い, じゅうと, そういう気風, そう贅沢, それだけの, そんなお, だしぬけに, だよ, ぢつと, ぱったりと, ぱったり出遇った, ぱっと火, ひっくり返って, ふくろが, またぴたり, むごたらしく死ん, めざましい踊り, もう少し禿げかけ, やったのよ, やって, わけこめかみ, わざと二人, タイプライターを, ダンサーが, ドチラへも, ニヤニヤ笑っ, ハテどっち, ピタリと, ヘンリーが, 一人に, 一点の, 一番困る, 三四人弁当を, 三谷青年に, 二つに, 二人の, 五六人の, 五寸ばかり, 交叉した, 人間の, 仕掛花火, 仰向いて, 伸子は, 何を, 何ん, 倒れて, 優しいクララ, 全く自分たちきり, 内は, 出合う程, 出逢ったところ, 切れて, 南の, 取落して, 名に, 名乗り合い, 吹雪に, 嘔いた, 四人の, 土地の, 堂々と, 堂堂と, 堅い大きな, 夜なかであった, 大体最低零下十五度最高零下十度位の, 大声で, 大無銭湯, 大騒動, 子供を, 密売淫や, 平気で, 幽霊に, 弁信法師の, 弾く分, 彼等はか, 徐行し始めた, 愉快に, 我々は, 我知らずふと, 戦死を, 押し流して, 新鮮な, 日本大小手品を, 昆布巻を, 時々御輿, 曝されて, 曝しに, 曲った蟹, 枯木立の, 梟の, 棒立ちに, 止まる, 武勇粛々として, 死の, 毎日平常, 毛を, 水に, 演ぜられる動物虐待, 無遠慮に, 燃え出すを, 片岡さんの, 現代アメリカ人と, 生きる好き, 生れた生粋, 男に, 発見され, 百姓が, 盆に, 目を, 眠って, 瞬間の, 私が, 私に, 私は, 突き抜いて, 立ち留まって, 立ったまま眠り, 立往生を, 立派に, 笑い出した, 結んで, 綾子が, 縦に, 考え込んで, 而も, 耳を, 自分の, 自分を, 自分一人が, 自動車と, 臼の, 落葉が, 衆人に, 衆人環視の, 裏返しに, 見られるの, 証明し, 談じた, 貞夫を, 財布を, 贅沢に, 足を, 身ぐるみ剥がれちゃった, 身体を, 追かける, 退屈男達一行に, 遭難した, 金貨を, 銭の, 閉まるよう, 面と, 馬鹿遊びを, 鼻を

▼ 真中~ (166, 6.7%)

5 歩いて 4 流れて, 見て 3 大手を, 通って 2 キュッと, 悠々と, 横に, 歩いた, 歩きながら, 貫いて

1 [135件] あの通り, うち貫いた, お絹, かけ出して, がに股で, ぎゅうぎゅう揉ん, すかして, すぱり, ずッ, そこだけは, ただ一人, つき抜けて, つまみあげると, どうしてあんなに剃らなけれ, どうづかれ, のぞくと, ほかの, むずと握っ, やられて, ズーッと, ト一列に, ムズと, 一文字に, 三和土を, 三本の, 中日という, 乗馬の, 二つに, 二つほど, 二郎次と, 二階つきの, 井戸の, 人工的水路の, 六角に, 其のま, 分けて, 刺し貫いて, 剃らずに, 割って, 北から, 匙の, 占領し, 取って, 口で, 叩いたから, 右にも, 右の, 四尺ばかりの, 固く饅頭形, 大事そうに, 威張って, 射ぬかれて, 射貫かれたよう, 少しばかり, 川が, 往来に, 徒歩で, 打たれて, 打抜き其, 押し切つて, 括り抜きます, 持つて, 指で, 掴み棄てて, 提灯を, 撃って, 斜めに, 時計台の, 村の, 横断する, 正面に, 歩かずに, 歩かせられて, 歩く, 歩くという, 歩行かぬ, 気持の, 洋杖を, 消防の, 淀川が, 渡り無事, 渦が, 渦を, 渦巻き流, 温泉宿を, 滑るよう, 漂って, 漕ぎ廻って, 牡丹餅大だけ, 犬は, 狂犬の, 狙って, 目がけて, 直径一寸くらいの, 真直に, 真黒に, 私は, 突かれた負傷者, 突ッついた, 紐で, 絞って, 絞りて, 締めて, 練って, 臆する, 自分の, 若い女性, 蔽う雲, 蝶々の, 行くの, 表から, 見せて, 見た, 見つめた, 見る, 見ると, 見るの, 貫けとばかり, 走せ通りました, 走って, 躍り上って, 載せてんびん, 通らぬ橋, 進んだ, 進んで, 閃くが, 開いて, 間道越に, 闊歩し, 降りて, 電車が, 静かに, 駆けつつ, 駿馬に, 黒い筋

▼ 真中から~ (91, 3.7%)

5 分けて 3 二つに 2 わけて, 先に, 折れて

1 [77件] あらわれたごちそう入り, おやゆび, きちんと分け, きれいに, そぎとったよう, たった一つ, たてに, どぶん, ひび割れて, ぴったりと, ぷつりと二つに, ぽたぽた雫, むつく, やにわに金山寺屋, ゆらぎ出す潮, わけた朝鮮, わけられた灰色, キッチリ, テイネイに, テカテカに, 一本の, 一筋の, 上に, 下って, 不意に, 亀の, 二岐に, 何かしら合唱の, 例の, 再び歩, 出て, 分けた散髪, 分けた栗色, 分ける癖, 分れて, 割れお姫様, 力の, 叫ぶもの, 吊り下げて, 吹いて, 呼びかけた, 四国でも, 声を, 外部へ, 少し下妻, 少し離れた, 尤もらしく折られ, 左, 左右へ, 徐ろに, 投げられた豆, 折れた, 来ると, 海老が, 無残にも, 相生町の, 神田まで, 突き出して, 端までが, 素晴らしいイコーナ, 綺麗に, 縁の, 膨れて, 草葺きの, 蒼黒い, 血汐が, 裂けたよう, 西の, 親指を, 輪に, 鎌首を, 開けられて, 電車で, 食切つて, 髪を, 鬢を, 鼻の

▼ 真中には~ (55, 2.2%)

1 [55件] いたいけな, いって, いつの間にか小さな, お茶道具, かなり大きな, これも, どっちつかず, なくて, やや高い, ゐませんでした, ガラスで, ヒマラヤ杉が, 一降り来たら, 乞食の, 今中位の, 体の, 何かしらトテツも, 円い卓子, 十数名の, 半裸体, 印度, 大きな黄金, 大きな黒い, 大分県が, 大地主さん, 大孔, 大真珠, 始終すき間, 届かない, 彎刀が, 恐ろしい火山, 掛心地良い, 木の, 水蜜桃の, 火で, 狭い道, 猿を, 真丸な, 磔の, 立って, 紛れも, 綺麗な, 花の, 菜の花や, 赤いジュウタン, 赤い三角型, 足の, 送話機の, 銀座の, 隅の, 雛の, 顔や, 風采の, 首から, 麻布の

▼ 真中~ (35, 1.4%)

1 [35件] あまりに突起, あんまり明きすぎてる, いいよ, こわれたと, さけて, ちょっと歯茎, へこんで, スポンと, ドロドロでいます, 一面焼石焼, 丁度人間, 乾いて, 二株上が, 五寸ばかりの, 其のシツペイ, 大きく輪, 小朝日, 少し窪ん, 少し長い, 少し高い, 抉ったよう, 抜裏の, 擽ったいよう, 敷地と, 林檎の, 歩けたもん, 池である, 渦を, 磨滅した, 窪めて, 竹垣で, 茫と, 赤くて, 金色の, 鉄格子の

▼ 真中あたり~ (32, 1.3%)

2 まで来た

1 [30件] から聞こえ, でこんな, でじっと, で俥夫, で切れる, で利男, と思う, にあて, にじっと, に一つ, に他, に具合, に小さな, に座, に指, に来, に極, に茶色, に行き着いた, に見当, に近い, の新しい, へした, へ入り, へ出, へ来, へ来た, へ薄い, まで謡っ, を頬

▼ 真中まで~ (25, 1.0%)

2 来て, 来ると

1 [21件] くると, ボートを, 二寸ばかりの, 出て, 出る, 出ると, 射し込んで, 延びて, 戻した時, 押し出されて, 持って, 浮き出して, 漕いで, 漕ぎ出た, 行くと, 行って, 走り出したもの, 踊り進んで, 進んで, 馬を, 駈け出したが

▼ 真中~ (15, 0.6%)

1 [15件] その時, ワイフ左は, 一杯の, 乾いて, 五重の塔の, 何と云, 塞いで, 子供二人の, 引入れて, 板敷であった, 毟ったよう, 泥濘が, 洋書で, 石畳に, 積って

▼ 真中~ (10, 0.4%)

2 に日祀り 1 から吹断, で向, で柳沢峠, にある, まで来る, まで登っ, を刳り抜いた, を置い

▼ 真中でも~ (9, 0.4%)

1 こう巧, ウお, 出る, 出る事, 咽喉仏でも, 室が, 容易に, 普通最高零下十度最低二十度附近を, 落しっこない人

▼ 真中~ (7, 0.3%)

1 だね, で奇怪, に出る, に岩, まで上っ, を二三度, を掘っ

▼ 真中ごろ~ (6, 0.2%)

1 に少し, に陣取っ, のが, の処, へ目, を開き

▼ 真中~ (6, 0.2%)

1 から今さら, から死栄え, といふ, と一同, と申します, 何うし

▼ 真中より~ (6, 0.2%)

1 ほかに, 少し北, 少し左, 新たに, 深川の, 青き烟

▼ 真中~ (5, 0.2%)

1 いって, 三カ所離れた, 尖端の, 思われる辺り, 来たら自分

▼ 真中どころ~ (5, 0.2%)

1 と覚しい, にごろごろ, に鎹, に馬, へ頤

▼ 真中~ (5, 0.2%)

1 にありまし, にのッしり, に昔, へトタン, へ二人

▼ 真中にも~ (4, 0.2%)

1 ふとその, 小舎が, 柔かい芽, 雪解けで

▼ 真中へと~ (4, 0.2%)

1 千切れ, 坐つた, 曝け, 続いて

▼ 真中であった~ (3, 0.1%)

1 から二人, のが, のだ

▼ 真中です~ (3, 0.1%)

1 か, とえ, よ

▼ 真中では~ (3, 0.1%)

1 人の, 先刻の, 手踊りが

▼ 真中にて~ (3, 0.1%)

1 出遇, 立ちながら, 苦闘する

▼ 真中よりは~ (3, 0.1%)

1 下の, 千葉県の, 少し後ろ

▼ 真中~ (2, 0.1%)

1 え, 耳の

▼ 真中からは~ (2, 0.1%)

1 一本調子な, 大きな茶

▼ 真中ぐらいの~ (2, 0.1%)

1 ところまで, 蓄音機屋と

▼ 真中だけが~ (2, 0.1%)

1 いびつに, 赤いのね

▼ 真中でさえ~ (2, 0.1%)

1 聴こえる事, 霧に

▼ 真中ででも~ (2, 0.1%)

1 いついかなる, したら皆

▼ 真中とか~ (2, 0.1%)

2 大洋州の

▼ 真中とも~ (2, 0.1%)

1 思うのに, 思われないほど

▼ 真中なる~ (2, 0.1%)

2 切石に

▼ 真中にても~ (2, 0.1%)

1 切には, 来り衣冠束帯

▼ 真中にでも~ (2, 0.1%)

1 移住した, 立って

▼ 真中へまで~ (2, 0.1%)

1 痛みが, 群れて

▼ 真中ほどに~ (2, 0.1%)

1 桐の, 立って

▼ 真中ほどへ~ (2, 0.1%)

1 その石鑿, 来た女たち

▼ 真中三人~ (2, 0.1%)

2 並んで

▼ 真中~ (2, 0.1%)

1 にポッツリ点, に一基

▼ 真中新橋~ (2, 0.1%)

1 の上, や赤坂等

▼1* [56件]

真中あたり火定の済んだ, 真中あたり野末の靄, 真中あたり鳩尾を土足, 真中囃子や, 真中くらいで寒, 真中ごろ魚やへ行っ, 真中だけ色が, 真中だけを掃いて, 真中だってお前平家を, 真中でございますから, 真中でさえもある種, 真中というか中心を, 真中といふ字の, 真中としての東京が, 真中などで鰈に, 真中にあたりここに, 真中にあたる道が, 真中において一刻ごとに, 真中における黎明を, 真中にだって坊主に, 真中につつ立つて, 真中にのびてしまつた, 真中にばかり隕ち, 真中にまで及んで, 真中へでももつて, 真中へな小船が, 真中への一本道です, 真中へは入るもの, 真中ほどです, 真中ほどから南の, 真中ほどにをりますとき, 真中ほどの場所を, 真中ほどまで飛んだ時, 真中ぐそはさんです, 真中まではこない, 真中めがけてぶっつけた, 真中その上, 真中私は, 真中をぞ射たり, 真中を通して三カ所ほどに, 真中昏睡スル, 真中出テ, 真中マーちゃんは一番下, 真中一処雲より辷, 真中の古い, 真中取って担ぎし, 真中奥深に石, 真中帳場の前, 真中幅三間位の処, 真中我と我が手, 真中所河童の皿, 真中江戸の湾口, 真中目がけて船, 真中背後へ海, 真中近く昇つて来, 真中隅々昼間でも薄暗い