青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「真~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~眉 眉~ ~看板 看板~ 看護~ ~看護婦 県~ ~眞 眞~ ~真
真~
~真に 真に~ ~真中 真中~ ~真似 真似~ ~真剣 真剣~ ~真実 真実~

「真~」 6074, 60ppm, 1899位

▼ 真~ (3972, 65.4%)

40 意味の 20 意味での 18 意味に 17 意味で, 闇に 14 姿を, 意味を 13 こけ猿, 闇, 闇で 11 幸福を, 愛は, 美しさ 10 人間の, 原因は, 比率を, 目的は, 自由は, 闇と, 闇の 9 価値は, 幸福が, 美は, 芸術家は 8 平和が, 自由を, 闇であった 7 価値を, 意味における, 敵は, 自由と, 融和は 6 すがた, 価格は, 姿が, 意味は, 文学の, 理想を, 生活を, 精神を

5 [23件] 人間に, 人間を, 信仰を, 勇気を, 味が, 性質を, 恋愛を, 意味が, 意義は, 愛の, 愛情が, 理由を, 生命の, 目的が, 目的を, 神を, 美を, 自己を, 自由が, 芸術では, 芸術の, 芸術は, 芸術を

4 [35件] やみに, 不思議と, 価値が, 兄弟の, 利益を, 動機が, 勝利は, 原因が, 原因を, 友である, 友情を, 味を, 姿は, 平和は, 幸福とは, 幸福の, 幸福は, 強さ, 徹底したる, 思想家は, 恋愛の, 意味では, 意味において, 愛が, 懐疑は, 持主に, 政府党を, 生活は, 目的と, 神の, 自由という, 自由の, 芸術家である, 融和が, 詩は

3 [79件] やみで, やみと, リアリズムの, 人間は, 力は, 力を, 動機は, 動機を, 勝利を, 原因である, 原因と, 同情を, 味は, 問題は, 国民の, 夫婦に, 姿である, 存在と, 存在は, 宗教は, 実践は, 局面展開を, 平和の, 平和を, 幸福と, 心で, 心の, 恋を, 恋人の, 意味も, 意義が, 意義を, 愛と, 愛や, 愛を, 愛国者を, 政治家に, 文化と, 文明と, 暗闇, 暗闇の, 未来の, 本質的な, 歴史は, 歴史を, 母と, 比率は, 深さ, 犯人は, 現在である, 理由は, 生命は, 生活たらしめる, 生活に, 知識の, 研究が, 神に, 秋の, 科学者は, 精神から, 美が, 自己と, 自由で, 芸術家であった, 芸術家の, 英雄と, 融和を, 親子の, 解放は, 詩が, 詩人とは, 責任を, 闇だ, 青春を, 面白さ, 風味を, 鬼火は, 魅力が, 魅力を

2 [244件] お友達, そして直接, ために, やみです, ジャン・ヴァルジャンを, テーマの, プロレタリアは, ボルシェヴィク作家に, モメントは, 一字を, 一致は, 万吉郎であろう, 与惣, 世界だ, 中心の, 主観性では, 事た, 交り, 人の, 人生を, 人間が, 人間と, 人間らしさ, 人間的幸福も, 他人と, 作家の, 価値と, 価格に, 修行者である, 修辞学は, 個性の, 個性は, 児童の, 兵が, 具体的の, 内容を, 利害を, 力が, 力の, 力学, 効能は, 勇士では, 勇気真の, 勇者である, 動機については, 勝利が, 区別は, 単純化は, 友として, 友情が, 友情は, 友達で, 収穫は, 同情と, 名は, 名文とは, 君自身を, 味ひ, 味わいを, 味方と, 味方に, 哲人, 哲人の, 哲学の, 哲学は, 哲学者の, 四人を, 困難は, 国家の, 国民皆兵には, 国粋主義は, 基礎である, 夜中に, 大芸術家, 大衆の, 大衆は, 天才で, 女性の, 妖怪に, 子では, 子として, 子の, 子供だ, 存在では, 孝子と, 学生に, 宗教, 定鼎, 実力を, 客観性真の, 宰相と, 富と, 寐か, 寤か, 局面展開未だ, 工藝は, 已達の, 希望を, 平和で, 平和に, 平等と, 心ばかり, 心を, 心持ちを, 忠臣か, 忠臣が, 思想の, 思想は, 性格は, 性格を, 性質が, 怪談劇と, 恋と, 恋の, 情愛と, 意味から, 意図は, 意義に, 愛である, 愛国者の, 愛情という, 愛情は, 感激の, 懐疑では, 懐疑家は, 成長の, 戦とは, 戦争の, 戦闘力よりも, 戯曲を, 所烏に, 手腕を, 批評は, 批評家, 技倆は, 技術者にて, 抒情詩の, 拡充の, 持主も, 故郷を, 教育は, 文人たる, 文化の, 文化は, 文化を, 文学だ, 新しさ, 新らし, 日本の, 日本は, 日本文化の, 根が, 根は, 根拠が, 武器は, 武士という, 歴史的人間の, 死に, 民主化の, 源泉は, 父母の, 父親を, 牢人は, 犯人である, 犯人を, 犯罪意図を, 狙いは, 現実は, 理解と, 理解は, 理解や, 理解を, 生活が, 生活の, 生産という, 男と, 画家である, 発展という, 発展の, 白色の, 目標は, 目的で, 相が, 真の, 矜り, 知識を, 研究に, 礼儀と, 科学と, 科学の, 純一の, 細民なり, 絶対でなく, 罪人と, 罪人を, 美の, 能楽の, 自分の, 自己が, 自己という, 自己は, 自由への, 自覚から, 芸術が, 芸術に, 芸術家たるべき, 芸術家に, 芸術家によって, 芸術的な, 要求である, 要求に, 親切者が, 解放と, 詩を, 詩人の, 詩人は, 説明に, 読書家は, 象徴に, 貴女は, 赦しの, 起原を, 超越性を, 進歩が, 進路を, 道に, 道を, 関係に, 関係を, 闇が, 闇という, 闇ばかり, 闇夜に, 闇路を, 雑り, 雲霧では, 面目を, 革命が, 革命は, 顔色は, 駱駝と, 高いもの, 鬼火を, 魅力は

1 [2567件 抜粋] あなたの, あわれ, うまいもの, おもしろ味, きっかけという, ことと, すきあり, たすけと, はなやかで, まことが, もとだ, ものなり, やみを, よさ, アカデミズムであった, イデオロギー性は, ガス燈に, クリスチャンだ, サモア人は, ジャン・ヴァルジャンの, タチガイが, デカダンスに, ナチュラリズムの, ヒトである, ヒューマニズムは, フランスフランスの, プロレタリア作家の, マルクス主義者に, モメントにも, リアリストである, レアリストでは, 一でない, 一字が, 一次的不安に, 一等国なる, 万吉郎そっくり, 万民泰平が, 上代史は, 下手人として, 不可思議に, 世業という, 世界主義であります, 世相と, 中に, 主体と, 主張空間表象は, 主観的抒情詩を, 了解には, 事実とは, 些した, 享楽な, 人は, 人形好きで, 人物は, 人道は, 人間にては, 人間性に, 仁君かも, 仏徒の, 仏蘭西婦人の, 仕事を, 任務は, 伴侶が, 佐々木小次郎殿と, 作家に, 佳句, 使徒に, 価値である, 係争点, 信仰は, 信者は, 修辞学では, 俳句の, 個人主義時代を, 値打が, 偉人は, 偉大さを, 傍観者に, 優れたる隠語, 儲けは, 先駆者であった, 光栄は, 児童文学が, 公論が, 共鳴か, 具体的当為とは, 内容や, 写実主義に, 処何とも, 出生率が, 刀法に, 初心者には, 利を, 前置, 創作が, 創作として, 創造や, 劇作家とは, 力なれ, 力量も, 労作という, 効用の, 勇士は, 勇気である, 勇者の, 勉強は, 動機から, 動脈が, 勢力ある, 区別を, 協力なく, 単独行動の, 原因として, 友, 友を, 友情にとっては, 友誼を以て, 反射として, 叔父が, 叙事詩で, 古伝が, 史的人物なる, 同情は, 同胞, 名人の, 向上とは, 君子なら, 吾に, 味方であった, 味方は, 命令を, 哲学者である, 商人たる, 啓示を, 善良さは, 喜悦は, 因に, 国家と, 国民兵である, 国礎は, 土の, 在場所, 坊主は, 報道としてさえも, 増加率は, 外界で, 夢の, 大丈夫ばかり, 大力を, 大夫が, 大小説, 大機会, 大義と, 大衆化は, 大量観察は, 天国な, 天才モーツァルト, 天職に, 夫婦たらしめる, 奥さんと, 女として, 女殺しであろう, 如き理想, 妖怪なりと, 妙味は, 姿として, 子供である, 存在, 孤独で, 孤独的な, 学問を, 学究三昧の, 学術に, 学術的研究を, 安心の, 完成の, 宗教家には, 実力の, 実有相, 実践も, 実験である, 宵闇, 宿命は, 寺家風でなく, 将帥だった, 尊敬という, 小説とは, 小説的現実感に, 居合い, 工藝が, 差異を, 常識は, 平均的な, 年齢は, 幸福とかを, 幽霊では, 建築家は, 弁証法だ, 弦之, 強力内閣への, 当為は, 形而上学の, 征服も, 徐晃であった, 御苦労さなどを, 微々たるもの, 心は, 心根が, 志士である, 忠臣なら, 忠誠だ, 思想的の, 性質と, 怪物と, 恋や, 恋愛的結合に, 恐ろしさ, 恩義と, 悦びを, 悪人には, 悪漢季参に, 悲劇家は, 情けは, 情愛を, 愁と, 意味である, 意義と, 愚人と, 愛でなけれ, 愛には, 愛国心であっ, 愛情では, 愛情を, 感じに, 感情は, 慈悲を, 慰めと, 憤りという, 懺悔は, 成功の, 成長への, 戦争にも, 戯曲精神を, 才能という, 批判が, 批評の, 技術批評の, 抒情詩的表現を, 拷問である, 捕捉理会が, 提携真の, 改革に, 政府党たる, 政治家である, 敏感さが, 教えを, 教師として, 教養は, 敵が, 文化, 文化性文化に, 文化社会学が, 文学に, 文学発展の, 文学者であるなら, 文明教育の, 文芸復興も, 料理を, 新しき演劇様式, 方で, 旅行団体巡, 日本人たる, 日本人として, 日本大学と, 明, 時代と, 普遍は, 普遍者であり, 暗であった, 暗誦だった, 暗闇は, 曹将軍は, 月輪満, 朝に, 本当の, 本質的の, 東歌でない, 栄養には, 根本の, 桃である, 森の, 楽しみは, 構え, 模様は, 欠点は, 歌舞伎劇なる, 歓喜への, 正義とは, 武士と, 武士道とは, 武将であった, 武魂を, 歴史小説が, 死所を, 残骸である, 母たる, 母親で, 比率よりも, 民主主義を, 民主的教育を, 民衆芸術家の, 気宇の, 水の, 水色と, 求道者は, 決戦は, 沈黙の, 法則と, 活動通は, 浪人の, 海老だ, 源である, 演劇が, 澄朗さ健やかさは, 無意識は, 熟睡休養に, 父が, 父母など, 父親にも, 牢人とは, 特質が, 犯人たる, 状態を, 狂人の, 独創について, 独立国は, 独逸軍人である, 王子たる, 現代劇の, 現場が, 現実的な, 理想とは, 理想的の, 理解ある, 理論も, 生きがいを, 生に, 生命感ある, 生活にも, 生活者でありたいなら, 用, 田舎者な, 男爵を, 画家を, 発展に, 発揮に, 発露であり, 白雪に, 目的から, 目的である, 目的に, 目的知らぬ, 相貌が, 真剣少しく, 眼目は, 矛盾に, 知らうと, 知識, 知識への, 知識社会学は, 研究を, 磐石心の, 社会科学理論が, 神ある, 神と, 神示現し, 福祉に, 秋田犬とは, 科学性が, 科学者な, 秩序は, 空虚であっ, 立憲政治は, 第一原因, 策士は, 精神の, 精鋭のみの, 純粋な, 素性を, 細糸に, 経験は, 結婚は, 統制は, 絶対とを, 絶望では, 継承は, 罪人なら, 美しい意志, 美よりも, 美人という, 美点は, 義士と, 聖人の, 職場という, 胡桃である, 脇役たるを, 自主性という, 自分と, 自己である, 自己破壊といふ, 自殺と, 自然主義や, 自然科学的性質は, 自由に, 自由律の, 自立こそは, 自覚である, 舞台芸術家の, 良友あり, 良識でなけれ, 花嫁が, 芸術だ, 芸術とは, 芸術品と, 芸術家だ, 芸術家としての, 芸術家芸術至上主義者では, 芸術的演劇は, 芸術至上主義には, 苦しみ歓喜に, 英国人であり, 英雄とは, 茶は, 茶道は, 葬式に, 虎に, 融和, 行きつくところ, 表現である, 裏の, 要求では, 見神の, 覚悟では, 親切な, 親類でも, 観照的な, 解放や, 解決は, 言葉でも, 許に, 詩だ, 詩人だ, 詩真の, 認識に, 語源論に, 読書家に, 請によって, 諸城, 豊饒さの, 貞潔に, 貴族であった, 質の, 超自然的, 足跡という, 輝きにも, 農民の, 追随者が, 進歩である, 逸事に, 過去と, 道化を, 道徳の, 道心者と, 選士と, 野心への, 銅像に, 長屋には, 関係について, 闇だったら, 闇といふ, 闇夜は, 闇殊に, 陰謀の, 隠遁の, 雛の, 静けさが, 面白味が, 革命では, 鞭は, 音楽を, 音楽的陶酔とは, 頓才による, 風情を, 食道楽, 騎士で, 骨身を, 高潔さを, 鬼火の, 魔境中の, 鹿なりと

▼ 真~ (293, 4.8%)

22 赤に 18 先に 17 暗な 16 白な 13 黒な 9 赤な 8 直ぐに 7 先き, 暗だ 6 暗で, 赤にな, 黒に 5 すぐに, 蒼に 4 すぐな, 青に 3 さかさま, 向から, 平だ, 白に, 蒼にな, 青にな, 黒にな

2 [14件] すぐ新, 二つに, 倒ま, 先を, 平です, 平な, 昼間から, 暗です, 暗になつ, 白の, 直ぐだ, 蒼な, 裸に, 赤よ

1 [91件] すぐにいらしつたから, すぐ奥, すぐ降れ, ただ中に, 下に, 下の, 二つにぞ, 先地主どんの, 只中に, 崎の, 平, 平という, 平ら, 平真つ, 当な, 新だ, 新の, 昏に, 昼間にも, 昼間を, 昼間大, 暗い夜, 暗い屋内, 暗い所, 暗だし, 暗である, 暗でなく, 暗なので, 暗にする, 暗にな, 暗になり, 暗になりました, 暗に見える, 暗に覚えられ, 暗闇で, 最中である, 正直な, 正直に, 白い無数, 白い霧, 白にな, 白よ, 盛りといふ, 直い, 直いそ, 直ぐな, 直ぐになつてゐるのであるが, 直ぐ向く, 直ぐ急, 直ぐ手, 直な, 直にぐんぐん駛ら, 直にした, 直にな, 直にわたし, 直に前, 直に天, 直に帰つて, 直に往かう, 直に往け, 直に突, 直に耕作, 直に衝, 直に衝立, 直に高知, 直平, 紅いけに, 紅に, 裸で, 裸にな, 裸の, 赤い薔薇, 赤ない, 逆か, 逆様に, 逆様ドタリと, 闇, 闇にな, 青く咲い, 青だ, 青で, 青な, 黒い山蟻, 黒い暗面, 黒い正面, 黒い武蔵野, 黒い男, 黒い闇, 黒け, 黒けにな, 黒よ

▼ 真~ (221, 3.6%)

5 発揮する 3 含んで, 得て, 模せん, 発揮した

2 [16件] ありのままに, うがって, もって, 会して, 写すと, 写すもの, 写す文学, 失って, 失わざら, 打つこと, 描くという, 本位として, 眼中に, 知る方向, 穿つて, 重んずるの

1 [172件] あらわすと, あらわす事, あらわせば, いたした, おくに, おけるもの, ついて, つかみながら, つかみにくい, つかもうが, つかわして, つたえて, どこまで, なして, 七分三分に, 云えば, 今載せ, 伝うると, 伝えて, 伝える, 伝え得ない, 伝ふるなりけり, 伝へない画図, 体し, 体せる, 余計に, 保つこと, 修めたから, 偽と, 写しさえ, 写し得て, 写す文字, 写す文学者, 切り都合, 判断する, 創りだすもの, 卜する, 取り偽, 吐いた, 含むかと, 味わうこと, 味わう前, 唱へる, 回避する, 囲む, 失いふたたび, 失ふの, 好むの, 存し, 尽しお側, 尽した, 尽しぬいて, 庇うよう, 後に, 得たもの, 得たり, 得るため, 得るの, 悉く枉げざりし, 愛し嘘, 愛するの, 感ぜし事其一, 憧憬し, 成す世おの, 打たせて, 打ち出して, 打ち壊して, 打つもの, 打つ例, 打つ好男子, 抽出する, 持って, 挙げある, 捕えようと, 捕え得るだけ, 探ると, 探究する, 掴むという, 掴むには, 描かうとしての, 描くため, 描くと, 描く文学, 描写す, 摘出し, 撮影し得る, 明確に, 木屋町の, 本職と, 枉げて, 模したる者, 模せず, 模写し, 欠いてるから, 歪みなく, 殺して, 求むる心, 求める, 求める魂, 汲み美, 決して否む, 犠牲に, 狙って, 現すでしょう, 理想に, 留守として, 目的と, 看破し, 知った心地, 知って, 知らざれば, 知らないもの, 知らぬ京極家, 知りたければ, 知ること, 知るという, 研究する, 示す写真像, 究めさえ, 窺ふ, 索ねる, 細めた台洋燈, 紹介し, 置くとき, 習作的に, 自分に, 舌頭に, 蔽ひ, 衝いて, 衝くため, 裏切らぬ事, 覆うよう, 見きわめようと, 見つけ出して, 見ようと, 見る, 見んと, 見出して, 見出すであろう, 観るむずかし, 観んと, 解かずに, 言えば, 言明する, 訴えるに, 語って, 語らしめよ, 語らなかった, 語らなければ, 語るには, 語るの, 誤らざるもの, 説くの講義, 讃美し, 貫ぬく, 貫徹し, 距る, 践まれて, 追って突き止め, 追及し, 追及する, 追及すれ, 追窮した, 連れて, 逸して, 遥かに, 遺ふ, 重んずる教育主義, 離れての, 露に, 露わして, 顕し得るもの

▼ 真~ (208, 3.4%)

5 の小判 4 だ, の聟 3 になっ, の金

2 [16件] かもしれない, じゃよ, ではありません, ではない, にうっかり, の, の主人, の呉一郎, の小次郎, の海, の牛肉, の絵図面, は世間, は絵, らしく出来た時, を返す

1 [157件] かな, かもしれません, がなく, がはじめて, が姿, が手, が絵, さ, じゃあございません, じゃあない, じゃありません, じゃねえ, そっくりで, だか, だから, だったん, だと, だね, であったか, であり彼, であるという, であれば, でござった, です, ですか, ですね, ですよ, でないこと, でなくっても, でなく所詮, ではあるまい, ではなかっ, ではなかつた, では無い, でも素焼, で種, で贋物, で馭者, というはよほど, といふ事, とくだらない, となり, とは似, とばかり思っ, とを鋭く, とスリ, と偽物, と充分, と入れ換え, と区別, と掏, などやたら, なら破片, なん, にも偽物, にも傷, に候, に必要, に紛う, に違い, のおれ様, のよい, のキ的, のザックバラン, のテツペレン, のマッシバン博士, の五千両, の井戸, の人間, の出雲守頼門, の古島雛, の向日葵, の君, の吹矢, の土砂降り, の大, の姜維, の娘, の孫右衛門, の小刀細工, の山水, の川鱒, の左近太夫様, の平次, の当, の彦四郎貞宗, の御朱印, の御用聞, の振, の支那人, の未, の楽器, の権六, の泥棒猫, の浜路, の犯人, の独逸製, の猿, の環, の畳紙, の病人, の発狂沙汰, の百円紙幣, の百姓, の相良寛十郎, の聖書, の薬, の行く, の行方, の詩人, の貞宗, の踏台, の辻斬野郎, の違い, の遺言状, の金唐革, の銀, の銀簪, の銭形平次, の高力左近太夫高長, の髪毛, の鼠色, はかえって, はこの, はちゃあん, はまだまだずっと, はショウガ科, は其神格, は即, は天下三宝, は少なく, は我家, は既に, は正式, は熊本, は異教徒, は真物, は面白から, もついで, も何, も偽物, も隠さず, をうつした, をさらっ, をどこ, をねこばば, を偽物, を写す, を古島様, を手元, を掻, を盗み出した, を盗ん, を筵張り, を見た, を見つけださね, を言い当てた

▼ 真から~ (86, 1.4%)

3 底から 2 迷惑さうに俺の

1 [81件] あこがれたの, あさましいこと, おいしそう, おかしそう, おとよに, きらわれて, これを, さもしいこと, そこに, とけあうこと, もって, よく知り合った, 一万人を, 一歩一歩遠ざかる, 二人に, 修真の, 取って, 可愛がる笑み, 困った態, 好む食物, 嬉しそう, 嬉し相, 尽す気, 山を, 崇め鞠躬如, 帯紐を, 常識を, 底からの, 得心が, 微笑し, 徳の, 心が, 心配そうにも, 怖そう, 思って, 恋ひ出した, 恐縮し, 恨めしくも, 悦し, 悪いと, 悪いという, 悪い人, 悲しいという, 惚れ合った同士, 惜しむもの, 愛して, 感謝を, 憎んで, 懐かしげ, 手頼っ, 打解けて, 改心し, 敬服し, 楽しめる料理, 残念そうに, 民弥を, 気の毒な, 気味の, 気味悪そう, 済まないと, 湧出した, 真面目に, 知って, 空ッぽ, 立腹された, 考えて, 聞きたいの, 聞き惚れる, 腹を, 腹立たしくなっ, 自分で, 草臥れたらしい顔つき, 菰田源三郎に, 落付く, 親切だ, 解決しよう, 赤ン坊を, 身の, 顔を, 飛んだ事, 驚嘆し

▼ 真なる~ (80, 1.3%)

10 ことを 6 ものを 5 ものと, ものの 3 ものが, ものである, ものとして 2 もの善なる, を知る, 思想である, 意味に

1 [37件] かな, かな此, ことが, ところが, にもかかわらず, もの, もので, ものでなけれ, ものなし, ものに, もののみが, ものは, ものも, ものよき, もの偽でない, もの即ち, もの必しも, もの純なる, もの美なる, やを考察, より善, を感じた, を疑う能わず, を知り得るであろう, 事を, 事柄を, 信仰の, 思想とは, 思想へ, 思想偽なる, 感情に, 物のみが, 知識の, 神の, 色で, 観念によって, 部分を

▼ 真~ (72, 1.2%)

3 善と 2 し美, すれば, なる, 偽とを, 善との, 美と, 美を, 義と, 認めて

1 [51件] されまい, し真, し能, し難き, するにぞ, する思想, せず次に, なされる, なし無事, 一致した, 不真, 云うもの, 云う理想, 云う言葉, 云ひ, 云ふ, 云ふか雲林の, 五人一座で, 人と, 人道の, 何れぞ, 信じにくかっ, 信仰の, 偽と, 偽の, 呼ばれるよう, 善とから, 善とを, 善美との, 夢と, 思うこと, 思ったもの, 思ふらん, 思わんどうしても, 成るもろもろ, 改称し, 書いて, 書き真, 正義に対する, 法然とは, 為す, 称して, 美とが, 美とに, 美の, 考え得るならば, 見る父, 解りなば, 認めたもの, 認められないもの, 誠を

▼ 真である~ (71, 1.2%)

5 ことを 4 ということ 2 ことは, とするなら, と信ぜざる, と判断, と私, と肯定, にし, のである, のは

1 [44件] かいつわり, かが示される, かと云う, かどう, かは判じ兼ねる, かは読者, かもしれない, から, からである, からには私, かを十分, か否, がしかし, ことによって, ことの, ことも, ためには, だけで価値, とあるいは, という大事, という証拠, とか噂, として立てられね, とすれ, と云えないでしょう, と信じてる, と思われ, と理解, と答えられるであろう, と言う, と論結, にもせよ, に反し, のか, のみでなく, のを, ものの, ものは, もの認識せられ, ように, 他の, 善である, 場合は, 故に汝

▼ 真~ (55, 0.9%)

2 それを, ただ乱調, 偽せ, 心の

1 [47件] あり得ない, あれなる, いつでも, いろいろである, おもて, その折塩川文麟, どんな人, ないかも, にっと笑った, はずれまい, 一瞥に, 二十四年晏川と, 個人を, 偽に, 其方の, 分らぬの, 取捨なき, 四理想の, 声を, 天保八年に, 失われて, 子どもの, 実行偽は, 息と, 批判の, 技や, 既に屡此伝記, 是非共あらわさなく, 枳園の, 殊に涙, 気, 気に, 河野を, 深くも, 父に, 片手を, 真加戸樽金, 真善は, 稲富喜三郎の, 芸術の, 言った, 諸天童子, 蹴鞠の, 軽くこたえた, 酒の, 面に, 飛び退いて

▼ 真~ (44, 0.7%)

2 しや

1 [42件] から出た, が突然, そりゃ好い, そんなにキッド, だけであった, だのいろいろ, であること, であると, ですが, ではなかっ, とし, として聞かなかった, とを心, なぜお父さん, にその, についてお, には津田, に訊いた, のため, の手, の打つ, の穿きたがっ, の立った, の背中, の言葉, の足, の逸話, の黒い, はすぐ, はその間, はまた, は叔母, は少し, は戸田, は突然, は背嚢, は跋, もう行こう, らしく告白, を寝かしつけ, を相手, を置き去り

▼ 真暗い~ (37, 0.6%)

3 部屋に 2 中から

1 [32件] がしばらく, ところの, なかで, のでどんなに, のに, ものだ, 中に, 中へ, 中を, 五月闇に, 塔の, 広場に, 廊下の, 日暮里から, 木立に, 材木積の, 森の, 檻の, 海に, 穴が, 穴の, 空から, 空を, 空洞の, 空間からは, 窓に, 背戸の, 部屋で, 野原の, 銀行の, 頃に, 鶏小屋に

▼ 真~ (32, 0.5%)

2 勢を

1 [30件] あつて, あると, あるの, いえなかった, いつか明らかに, おで, げんげんの, こもって, つねに小説家, ないから, ないと, 一番若い, 倒れる最後, 出羽守として, 含まれて, 味い得る, 大村彦右衛門に, 天宮より, 守備を, 成立する, 本当の, 独り人生に, 生れた, 目的である, 目的なら, 義元出発の, 自得した, 蜆の, 追, 鈴木南嶺の

▼ 真~ (30, 0.5%)

2 うけて, 迫れば

1 [26件] あらざるを, さういふ風, して, せえ, せずに, 事の, 優れた人々, 入って, 及ぶべからずである, 受けて, 基づかないよう, 幻矣, 従わんこと, 怒った形相, 愛して, 救はれ, 書いて, 求めるもの, 生きた連関, 生きる生命, 行き遇, 近付き得るの, 迫ったオベッカ, 迫った美し, 迫れるを, 闘って

▼ 真すぐ~ (29, 0.5%)

2 に進ん

1 [27件] だった, な恰好, な枝, な街, な道, になりました, にのばし, に切通し, に北, に向, に家, に歩く, に死んだ, に立っ, に落した, に見え, に見える, に見据える, に視, 上塩町の, 下っても, 来たん, 東大寺へ, 東大寺へは, 落ちても, 行くと, 行く気

▼ 真~ (26, 0.4%)

2 でなくとも, の存, の山越し図, は眼

1 [18件] かどうか, が他, が住みました, が植木, とわかった, と二人, に池, に逢っ, の顔, は三人, は急, は打ち明けました, は泊っ, は腕, は言いました, は鍋, も酔っ, よりも上質

▼ 真~ (23, 0.4%)

5 偽か 3 嘘か

1 [15件] おまんが, そのよう, それは, わかりも, 偽かは, 分らないこと, 分らぬが, 受け合われませぬが, 嘘かについても, 拙者は, 清さんに, 短いが, 肉置善き, 迷わすよう, 顧みて

▼ 真とに~ (21, 0.3%)

2 日本文化の

1 [19件] 不甲斐ない話, 学びやすい, 安全だ, 思い切った不精, 悪うご, 悲しい滑稽, 悲劇である, 毒です, 気の毒な, 淋しくなっ, 田舎風の, 真とに, 経済的に, 貸した書, 重宝な, 長閑な, 食い気一方です, 養生深い, 驚いちゃった

▼ 真さん~ (20, 0.3%)

3 の語る 2 である

1 [15件] さあこっち, たとえ一つ, でござんすから, とは往来, とよばれ, におかえりなさい, にもよろしく, のもの, の絵, の談, は小字良三, は渋江保さん, は渋江抽斎, 死ぬと, 泊って

▼ 真太郎~ (20, 0.3%)

3 という男

1 [17件] がいつも, がウエリントン, が早く, だけはこの, という看板, とは五年, なんかはまさに, にで, に向, のひと, の上, はこの, は得意そう, は必ず, もすんで, も私, を計算

▼ 真~ (19, 0.3%)

3 なかに, なかの

1 [13件] なかを, なかドサリドサリ伸び, まるに, 丸く浮き上がっ, 円い顔, 円く空, 円で, 円な, 向うには, 向うの, 向かい, 向かいに, 向きだ

▼ 真とも~ (16, 0.3%)

1 [16件] つかない約束, な兄さん, な女, にお, に世間, に受け, に嶋, に敵, に照りつけられ, に考えられる, に見る, 伝へられ仁明, 善とも, 聞かれずまた, 解らず唯, 贋とも

▼ 真~ (16, 0.3%)

1 [16件] ある, いって, その通り, また敵, また時どき, 久に, 取交ぜた出来事, 城と, 批判の, 時代と共に, 止めずは, 死滅する, 生れずそして, 畢竟する, 知識の, 簡単な

▼ 真~ (15, 0.2%)

1 [15件] から心臓, で大川, にあたる袋廊下, にいる, には白, に湘東, に立つ, に芹, に野営, に食っつい, の六尺, の円形, を向い, を過ぎる, 養竹と

▼ 真~ (14, 0.2%)

1 [14件] から直射, でピン, にでも中るだろう, に冠, に振りかざし, の一太刀, の傷, の瑩, へ一太刀, へ斬付ける, をにらみつけ, をむちうち, を射た, を射ぬかれ

▼ 真暗く~ (13, 0.2%)

3 なって 2 なりそう 1 ただ船内ズット船尾, なったよう, なりました, なり天井, なるもう, なる事, シインと, 実母は

▼ 真~ (12, 0.2%)

1 [12件] から好き, か分りませぬ, という関係, ときめ, とも嘘, と云, と云った, と思い, と思う, と思ふ, と証明, よ

▼ 真という~ (12, 0.2%)

3 こと 1 ものに対する, ものを, ような, 価値において, 尼が, 漁人が, 納所は, 納所坊主が, 資格に

▼ 真~ (11, 0.2%)

2 であるか 1 かそれ, か替玉, とは尊者, と言, の名, は天神, を持っ, 即貴, 現れて

▼ 真~ (10, 0.2%)

1 あつた, ありうること, ござりまする, どっちが, はずみに, また最も, 堅固な, 天気が, 無くなるの, 疑われないもの

▼ 真であり~ (10, 0.2%)

2 善である, 穀物の 1 そして彼, また情操的, 又は虚偽, 又真理, 美と, 農器具や

▼ 真~ (10, 0.2%)

1 ので, のであります, のである, ものすなわち, ものたとえば, ものなり, ものに, もののみが, もの法則に, 本能的の

▼ 真円い~ (10, 0.2%)

1 お月様, ものだった, 女中とが, 山が, 島です, 磨硝子のなどは, 農夫疾う, 面に, 顔と, 顔の

▼ 真~ (10, 0.2%)

1 が深い, に苦労, に迫っ, のけは, の佳, はさ, は乏し, は土, を伝うる能わざる, 豈に

▼ 真~ (8, 0.1%)

1 が我輩, に引合せ, の, のもの, の紹介, の自殺, は当時大蔵省, を相手

▼ 真善美~ (8, 0.1%)

2 の上, の理想 1 というよう, なるもの, の形式, はまた

▼ 真~ (8, 0.1%)

3 のほどは 1 の判断, はとにかく, をうたがい, をたしかめ, 不明の

▼ 真~ (8, 0.1%)

31 が, というお寺, また楽春院, を, 御医師方子息

▼ 真でない~ (7, 0.1%)

1 と云う, と私, にし, ものは, を彪, 事だけは, 拵えものの

▼ 真なら~ (7, 0.1%)

2 ば床し 1 ばそれ, ばわが, ば無駄, んと, んより

▼ 真~ (7, 0.1%)

21 が, はしよんぼり, は亭主, は低い, は共同生活

▼ 真とは~ (6, 0.1%)

1 しない, その時, 思わぬほど, 思わぬ様子, 見えない, 言わなかった

▼ 真なりと~ (6, 0.1%)

2 するも 1 すれば, せば, 認めたこと, 認められて

▼ 真に対する~ (6, 0.1%)

1 情の, 潔癖は, 理想, 理想と, 理想は, 面白味を

▼ 真~ (6, 0.1%)

1 その下, として伝来, なる人, は勿論, を地上, を描きます

▼ 真近く~ (6, 0.1%)

1 て彼自身, なると, のぞき込んで, むきあって, 呼びよせた砂, 進んで

▼ 真ごころ~ (5, 0.1%)

1 が身体中, こめて, に引き, は大, を詠め

▼ 真では~ (5, 0.1%)

1 ない, ないか, ないの, なくて, 無い

▼ 真との~ (5, 0.1%)

1 事である, 念いを, 道に, 鈴慕は, 関係

▼ 真とを~ (5, 0.1%)

1 共に否定, 同一人, 好まない人, 思ふに, 聞き分ける能力

▼ 真ひる~ (5, 0.1%)

1 とき彼等は, になろう, の日光, の海, の闇

▼ 真もの~ (5, 0.1%)

1 だ, であるという, と, なりや, の人間

▼ 真~ (5, 0.1%)

1 がある, と柴田是真, は唐様, は語学, は通称七兵衛

▼ 真~ (5, 0.1%)

1 がいつの間にか, が入っ, と称し, に残酷, を呼ぶ

▼ 真日中~ (5, 0.1%)

1 で土橋, にそんな, に天下, の日蔭, をとわ

▼ 真~ (5, 0.1%)

1 が帰朝, が擦り, などが渡米, の, の世話

▼ 真~ (5, 0.1%)

1 がまやかしもの, と云う, の先生, へ行っ, を悟った

▼ 真からの~ (4, 0.1%)

1 恐怖に, 涙を, 画家らしい, 笑いでは

▼ 真その~ (4, 0.1%)

1 ほかに, もに付着, 物が, 物の

▼ 真ちゃん~ (4, 0.1%)

1 しかられたって, どうした, はいない, を殺した

▼ 真であるなら~ (4, 0.1%)

1 ばそれ, ばそれら, ば寒, ば易

▼ 真でも~ (4, 0.1%)

1 では若干, ない, ないそう, なお彼

▼ 真とか~ (4, 0.1%)

2 善とか 1 真でない, 美とかを

▼ 真~ (4, 0.1%)

2 善や 1 美の, 美や

▼ 真らしい~ (4, 0.1%)

1 けれども考えさせず, ことである, と考え, ものを

▼ 真円く~ (4, 0.1%)

1 光って, 拡がった薔薇, 浮出して, 見開いて

▼ 真~ (4, 0.1%)

1 で合理的, な又, な所, にひびく

▼ 真~ (4, 0.1%)

2 と共に秘蔵 1 があらう, はそれ

▼ 真~ (4, 0.1%)

2 になっ 1 でひどく, なひよつとこ

▼ 真あたらしい~ (3, 0.0%)

1 板で, 盥を, 紅絹だ

▼ 真かは~ (3, 0.0%)

1 保証できない, 分りません, 知らぬけれども

▼ 真さんわたし~ (3, 0.0%)

1 はお前, はひどい, はもう

▼ 真しろい~ (3, 0.0%)

1 手を, 栄光の, 雪に

▼ 真~ (3, 0.0%)

1 人間五十年君に, 嬉しく, 心苦しかろう

▼ 真でなく~ (3, 0.0%)

1 てはならぬ, はない, 芸術の

▼ 真なり~ (3, 0.0%)

1 せば, なんて考へてれ, 美なり

▼ 真より~ (3, 0.0%)

1 申来る, 草に, 遠ざかる

▼ 真らし~ (3, 0.0%)

3

▼ 真~ (3, 0.0%)

1 序, 沢山, 沢山と

▼ 真二ツ~ (3, 0.0%)

1 にさい, にし, になろう

▼ 真以外~ (3, 0.0%)

1 に世界, に歴史的, の理想

▼ 真四角い~ (3, 0.0%)

1 もので, 恰好を, 木賃宿の

▼ 真~ (3, 0.0%)

1 である, の居合なんど, の真理

▼ 真蒼い~ (3, 0.0%)

2 空に 1

▼ 真蒼き~ (3, 0.0%)

2 下に 1 昼と

▼ 真~ (3, 0.0%)

1 といった人, とが筆頭, に往

▼ 真~ (3, 0.0%)

1 か否, の両方, らしく夫人

▼ 真~ (3, 0.0%)

2 という人 1 を斬り殺し

▼ 真近い~ (3, 0.0%)

1 内山下町で, 処に, 道灌山の

▼ 真驀地~ (3, 0.0%)

1 に目的地, に走った, に駈け出した

▼ 真ある~ (2, 0.0%)

1 ことなし, のみ

▼ 真この~ (2, 0.0%)

2 二人が

▼ 真さんお前~ (2, 0.0%)

1 とわたし, は

▼ 真じゃ~ (2, 0.0%)

1 ありませんか, ないと

▼ 真だけ~ (2, 0.0%)

1 だ, だと

▼ 真だろう~ (2, 0.0%)

1 かと自問, と云われる

▼ 真であっ~ (2, 0.0%)

1 たり偽, てしかも

▼ 真であろう~ (2, 0.0%)

1 とそれ, と信ぜし

▼ 真として~ (2, 0.0%)

1 主張する, 大方の

▼ 真ならざる~ (2, 0.0%)

1 に因, に気

▼ 真ならず~ (2, 0.0%)

1 ゆえに輪転, 自然ならぬ

▼ 真なりし~ (2, 0.0%)

2 ことを

▼ 真なれ~ (2, 0.0%)

1 と相, ば

▼ 真に対して~ (2, 0.0%)

1 起す情緒, 面目の

▼ 真のみを~ (2, 0.0%)

1 あとづけようと, 写しては

▼ 真もっ~ (2, 0.0%)

1 てま, て月村一雪

▼ 真らしく~ (2, 0.0%)

1 シャンマティユーいや換言すれ, 此方の

▼ 真をば~ (2, 0.0%)

1 写すべからざること, 真と

▼ 真をも~ (2, 0.0%)

1 のぞきうること, 善をも

▼ 真三郎~ (2, 0.0%)

1 と言い, の姿

▼ 真丸い~ (2, 0.0%)

1 のが, 眼を

▼ 真丸く~ (2, 0.0%)

1 して, 撮つたり

▼ 真事さん~ (2, 0.0%)

1 お酒, と同級

▼ 真~ (2, 0.0%)

1 の両頭児, の幼童

▼ 真~ (2, 0.0%)

1 という者, をご存じ

▼ 真寂しい~ (2, 0.0%)

1 曇天或は, 父親の

▼ 真~ (2, 0.0%)

1 の光, の小

▼ 真書き~ (2, 0.0%)

1 で精, に墨汁

▼ 真~ (2, 0.0%)

1 という人, 少将の

▼ 真~ (2, 0.0%)

2 において論ず

▼ 真~ (2, 0.0%)

1 が住みまし, 本居宣長

▼ 真物真筆~ (2, 0.0%)

2 を大金

▼ 真~ (2, 0.0%)

1 を写し出する, を露

▼ 真画堂~ (2, 0.0%)

1 というこれ, にアラビア馬

▼ 真~ (2, 0.0%)

1 に示す, の上

▼ 真紅く~ (2, 0.0%)

1 染まって, 空を

▼ 真観房~ (2, 0.0%)

1 に勤め, に筆

▼ 真~ (2, 0.0%)

1 に切っ, に切れ落ちた

▼ 真~ (2, 0.0%)

1 かになる, になっ

▼ 真逆しま~ (2, 0.0%)

2 に飛ぶ

▼ 真~ (2, 0.0%)

1 と, の

▼ 真門村~ (2, 0.0%)

1 で今, で由緒

▼1* [223件]

ありとでもいう, 真かという点は, 真からも善からも, 真くろい雲が, 真くわ瓜, 真こそ以て, 真か空耳, 真さえあらわせばと, 真さながらに表現, 真さまがお, 真さまお待ち遠さ, 真さんそこは深い, 真さん今宵はここ, 真さん先へ入っ, 真したにはすこし, 真しろき滝を, 真しろくただ浄ら, 真めな, 真じゃと身から, 真たる事を, 真だけの作と, 真だけは標準が, 真だったか, 真ちゃんだめじゃない, 真ちゃんラジオ体操にゆかない, 真つくらぢや, 真であったらめでたいわ, 真でありますしまた, 真である従ってまた, 真でござるか, 真でなかったにし, 真でなくいなまた, 真でなければならぬ, 真とうでしょう, 真とが必要である, 真とな見たまひそ, 真ともにゃ向けられません, 真とを以てせざるべからず, 真など宛て, 真ならしむる上に, 真ならずだからまさかに, 真ならぬ神より, 真なりですね, 真なりという証明です, 真なりとして独り此書のみは, 真なりの理により, 真なるべしと憶想, 真にとってああア, 真にも飲ませて, 真によるところの, 真に対しても出来るだけの, 真ねられない点が, 真ねんがなかつたら, 真のみである, 真ばっかりなら蝦蛄, 真ひるまのこと, 真への夜より, 真まで染って, 真むかひにみる, 真むこうの壇上, 真もしくは偽と, 真救へ, 真よりも詩を, 真しからぬもの, 真らしきもかれ, 真らしくないことをさえ, 真らしく立って来た, 真らしく説いて煙, 真をさえ包んでも, 真を以て立つ人, 真平だ, 真ダンススキーアイススケートなど凡そ, 真暗で, 真ッ直ぐに, 真見ルニ足ル, 真まるい顔, 真ン丸にし, 真ン円にし, 真までが死ん, 真一子彭暁が孟蜀, 真とともに座中, 真下りに藍, 真世にも稀なる, 真丸い美しい表情に, 真事取り交ぜて, 真事意がある, 真二山の社僧, 真人間らしくなったこと, 真仙人が暗, 真佐介貞俊以下いずれも去年, 真は無形, 真作たちは池, 真俯向五助は人心地, 真其器小ならずして, 真内願差出如左, 真刀徳次郎はこの, 真別正の仏法, 真利用または利益, 真前田健次郎大森惟中平山英造の諸氏, 真勢中州伝や文言伝, 真十鏡見飽かぬ君, 真卒さのため, 真卒性急に万事, 真又は作者の, 真及び偽は, 真禰氏は, 真可上和気金谷を経, 真向けに転がす, 真向けざまの寝顔, 真君泉を賞し, 真は善, 真善美壮の四面, 真善美至極の中道, 真はひとえに, 真向客, 真塗り向付け, 真大森惟中諸氏の手, 真太君は何役, 真太郎さんの事務所, 真太郎殿と書い, 真太郎氏の談, 真孝子が公使, 真孫晟王貴等皆執えら, 真の生れ, 真宮殿内の血痕, 真と名, 真岡待蔵等の名, 真岩手県沿岸大海嘯取調書, 真岸光景等十人足らずの諸氏, 真の大, 真幡寸神社などが此, 真を窓, 真当然とは申し, 真と云う, 真の新しい, 真或いは偽と, 真を日本, 真の秋, 真文古松簡二高田源兵衛初岡敬治, 真から起っ, 真日山林泉寺に馬頭観音, 真明るい中で, 真暗き石段を, 真書き筆でキューピー, 真而蔵之, 真だろうという, 真梶繁ぬき, 真が本集編纂, 真と言う, 真の自得, 真のお, 真正しくひと日も, 真と診断, 真毫自刻帝釈天王東葛西領柴又経栄山題経寺と書い, 真氏前田健次郎氏平山英造氏大森惟中氏などを頼ん, 真氏説に陸前, 真の人, 真とこ, 真深いお高祖頭巾, 真深う顔を, 真淵自筆本には, 真澄みわたる一の, 真澄む幻燈の, 真な丸髷, 真とたった, 真物ぢやな, 真物其ま, 真物同様なもの, 真物同然不思議を働く, 真物君で人間, 真猟師井戸勘一郎与一兵衛上原全八郎, 真などといつ, 真王以後は官吏, 真白けで丸ふたつ, 真にある, 真でも御座る, 真研SK生等々いろいろの, 真紅い目の, 真がすべて直線, 真美善壮の四種, 真者君と言, 真発するが, 真至善至美に達した, 真船本弥七郎などが有名, 真のあつ, 真の法, 真術会本部を訪れよう, 真術先生の胸中, 真術師久佐賀義孝という男, 真衡家衡という荒えびす, 真観房感西に書かせる, 真言う人の, 真と見るべき, 真の証, 真証間違いなしの, 真赤い兵隊帽, 真赤きさくら真黒き, 真近からちょうど瀬, 真に此, 真透かせば月, 真透せば月, 真造氏の所有船小松丸, 真逢いたくばどんなに, 真に道案内, 真長教授から多く, 真であろうか, 真院殿元活瑞仙, 真院法印多紀安良法眼である, 真院法印父安長奥御医師, 真院門人森養竹である, 真名何, 真隣りに席, 真に, 真青く真白く渦捲きどよめく, 真という歌学者, 真仮, 真韓貴李斌等を失い, 真額一文字に幅, 真養玄泰安菊庵立造玄察金左衛門洞谷理安策恒三雄之介, 真魚箸を構, 真とその, 真鳥居清満辻花雪福島隣春四方梅彦がある, 真黒ぐろとし