青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「片~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

父様~ ~父母 父母~ ~父親 父親~ ~爺 爺~ ~爺さん 爺さん~ 爾~
片~
片づけ~ ~片手 片手~ 片方~ 片足~ ~片隅 片隅~ 版~ 牙~ ~牛

「片~」 2670, 25ppm, 4702位

▼ 片~ (372, 13.9%)

28 つけて 6 付けて 5 出して, 持って 4 持つて 3 つけなければ, つける, つけるため, つけると, つけるの, 発見した

2 [17件] つけたいと, つけても, つけようと, つけるし, つける時, 取りて, 天鵞絨の, 弓で, 手に, 擲る, 板敷に, 燈し, 眺め見た, 細かに, 身に, 遶る, 頭の

1 [272件] あてて, あてられて, あて繃帯, いくつも, うけて, おやまに, かがったもの, かぶせて, かぶった女, くくりつけて, くりぬきその, ここに, こしらえそれで, して, しばりつけて, ずっと伸ばし, その生っ白い, たしかめるよう, ちりばめた怪しい, ついて, つけずに, つけたいん, つけたい或, つけたつもり, つけたらいい, つけた方, つけた鍵, つけてから, つけな, つけなくちゃ, つけなくっちゃ, つけなくてはね, つけなくッ, つけなけりゃならないんでね, つけねば, つけましょう, つけますから, つけます野郎, つけようこう, つけられる逃げろたった, つけるそれ, つけるだけでも, つけるつもり, つけるという, つけるに, つけるには, つけるべき性質, つけるも, つけるわい, つけるん, つける事, つける事柄, つける必要, つける方法, つけ明日中, とりあげた, なげつけたり, なしてるそれら, のせて, はさんで, はしりて, ひっくり返しながら, ひったくって, ひろった, ふって, ふりまわして, ぽんと, まぜこぜに, むき出して, もぎ取る, もって, もつて, カント・デックが, ツギ合せ, ハンカチーフの, パッと, 一つ一つに, 一つ二つ持っ, 一人の, 一寸拾つた, 一度飮, 一枚取っ, 三個と, 下げまた, 世間に, 並べたの, 丹念に, 二つ入れ, 二ツ三ツ皿に, 二三日で, 二時間位湯煮, 二枚宛両手に, 二枚縫い合わせ, 云々する, 交えた北極, 付けたい性分, 付けたい或, 付けた同士, 付けちまっちゃ, 付けなければ, 付けねば, 付けようとして, 付ける事, 付ける林中, 付て, 付其上にて, 何枚も, 作って, 使ったかも, 使用し, 使用した, 供えて, 信徒に, 先生の, 入れて, 出したるが, 利用する, 動かさせられるの, 勘定し, 包んで, 匙で, 十日ほど, 取って, 取りあげたが, 取りのけた, 取り出して, 取出せば, 口の, 叩くよう, 合わせて, 吊つて此, 吸ふ, 咥へ, 嘗めや, 噛み切りそれ, 四方一束に, 土の, 圧すと, 地上に, 型へ, 堯は, 夢判じ, 天幕の, 寄せたもの, 審し, 少しばかり, 少し舐めました, 巻いた手, 巻く手際, 平凡に, 幾重にも捲き, 延べたり, 弄んで, 引きかむった, 引きつけない, 引き摺り出した, 引ったくり, 手際よく, 打付けたり, 払った, 投げて, 投げ付けたり, 投じところどころ, 抛げ, 拾い此, 拾い集め, 拾う, 拾って, 拾つて來た, 拾つて篩に, 拾ひあげた, 持たされた子供, 持ちて, 持ったとたん, 指して, 振って, 振動させ, 挿し込み魚皮, 捲いただけ, 捻る股, 採らず全く, 採りその, 採りて, 採り打ち壞, 掻き拾, 撒いて, 撮み或は, 擦り付けますから, 敷きつめた廣庭, 映して, 時々ふむらしく, 更に採取, 木造の, 杓る, 柱に, 槌として, 残したその, 水に, 泥池めがけ, 浮かせて, 渡されたの, 火鉢の, 熱心に, 獲たが, 用いたという, 用いたの, 発行した, 発見し, 眺めたり, 眺めながら, 眺められながら, 着物の, 着込んで, 私の, 突き刺した, 突き刺して, 突つい, 筵の, 紐の, 紙に, 細く圧搾, 紹介しませう, 結びつけて, 結んだ矢, 継合わせた, 縦の, 縫いつけて, 繋合わせ, 繩で, 肌に, 舐めて, 舐め初めましたそれ, 舞わせて, 落されたよう, 被けた芳村, 被せた儘, 被衣越しに, 裂き取るため, 裂き取るなんて, 裂き取ろうと, 裂くほう, 覆ひ内, 見て, 見なおそうと, 見出したのみといふ, 解いて, 触れて, 買いに, 購ひ, 載せて, 載せ忰, 運び始める, 鄭寧に, 附けた, 附けなければ, 附けるが, 附けること, 附けると, 除いて, 除けて, 集めた上, 電磁石の, 面に, 頬ばった, 頬張りながら, 題目と, 飛ばすよう, 食は, 飾って, 餌として, 高等工業学校に, 魔法壜に

▼ 片~ (320, 12.0%)

12 ように 9 ような 8 やうに, 上に 4 つかないもの, やうな 3 つく問題, 中に, 石に, 被鱗, 黄金の

2 [11件] ために, ところへ, 下から, 公孫樹の, 柄の, 烟と, 白雲が, 端に, 花弁は, 間から, 雪が

1 [238件] ありとも, あるチョッキ, いれて, うろこが, かっぱらいであった小さい, くつつい, ことしか, ことを, ごたごた重なっ, ごとく欄, つかないこの, つかないその, つかないつまらない, つかない一種, つかない出たとこ勝負, つかない彼, つかない感慨, つかない或, つかない手, つかない極めて, つかない渚, つかない湿地, つかない状態, つかない盲者, つかない眼, つかない短篇, つかない笑い方, つかぬ文字, つかねえわけ, つくあて, つくこと, つくの, つけられないこの, つなぎ具合だ, つなぎ方, ままザット三時間も, まま買わなけれ, もとの, もの, ものを, わりで, キャラメルで, パンすらも, パンと, パンの, 一つ, 一字一語に, 一方に, 一部分に, 一部露, 三尺あまりも, 上により, 上部には, 世話であった, 両縁, 中にも, 中の, 中央に, 中央には, 中央紅色の, 中央部に, 乱次なき, 乾くに従い, 井桁に, 交際で, 人では, 付かないもの, 付かない彼, 位置と, 何の, 価値に, 価値を, 信義も, 先を, 全部を, 内海老, 分析的な, 前に, 割面に, 厚さ, 古墨, 古帽子, 合成した, 名刺を, 周縁に, 周縁を, 命令で, 嘆きの, 在所が, 堆積中に, 塵を, 夢想に, 大きな緑苞, 天空に, 如き金粉玉屑, 如くブンブン, 始め白色後黒色に, 婆心自, 客気単に, 小さき山, 小塊, 小形苞が, 布を, 布をも, 帆影も, 希望ある, 師匠以上に, 帯の, 廃墟と, 弁当を, 弔辞では, 引き換えでは, 強弱によって, 形式と, 御回向, 御布令, 微衷國詩の, 徴をさえ, 心火が, 忠誠は, 恩師でない, 情を, 情趣を, 懸吊を, 手紙を, 挨拶も, 數の, 文は, 方は, 昼飯に, 書状で, 月に, 月下氷人でない, 木なれ, 木切れに, 栄養学説が, 棄てられたるやう, 椅子は, 椅子料を, 様な, 様に, 様にも, 欠失し, 残りと, 氷心を, 汚染で, 火と, 無器用な, 焦土を, 玉章は, 男, 男で, 白く燦, 白帆も, 白花を, 白蓮華, 白雲を, 目じる, 直径が, 真言も, 矢の根は, 石, 砕片が, 科料に, 空論家に, 空間に, 竹杖にも, 紅も, 紅薔薇を, 紙幣は, 紙幣紙に, 緑萼が, 美的趣味家では, 義侠これを, 翳だ, 老人で, 考へから, 肉の, 肉を, 肉塊の, 肉塊を, 胴が, 腐骨, 腰巻が, 至情ここに, 良心に, 花弁より, 花弁を, 花弁中下方の, 花片, 苞は, 苞穎あり, 草莽なまなか, 萼と, 落葉秋風に, 葉が, 葉状有色の, 薄切れた, 行李を, 表面に, 要素としては, 言を, 豆腐が, 豚肉を, 赤い花弁, 赤旗が, 通常の, 通知だけで, 運命を, 過去の, 遺跡より, 野心只, 野暮なる, 野暮一度淫すれ, 金を, 金泥を, 釘痕を, 銅銭も, 降りそそぐ氷河口, 雪花を, 雲, 雲が, 雲なく, 雲も, 雲よりも, 雲今は, 革命的檄文に, 音の, 音信も, 頂は, 頑骨に, 頬冠り, 類は, 骨に, 鱗は, 鱗を, 黒い方, 鼻っ

▼ 片~ (304, 11.4%)

22 ついて 7 ついた 6 わの 5 ついたと, つくと 4 つく, わは 3 ある, ついた方, つくん, 付いて, 残って, 花弁である

2 [11件] つきました, つくわけ, つけて, はいって, わに一軒の, 付く, 揃って, 真正の, 着いて, 長く引き裂かれ, 附いたが

1 [211件] あったからね, うまく合わさる, きせて, このはかない, ころがって, ざわざわと, すっかり裂き取られ, そこらに, そこらの, それぞれひとりでに, そんなふう, だんだん乾く, ちぎれ落ちて, ついたかも, ついたから, ついたこと, ついただろうと, ついたという, ついたに, ついたの, ついたので, ついたもの, ついたよう, ついたらいちど虎あにい, ついたわけ, ついた不服, ついた今日, ついた恰好, ついちまうん, ついて行った, つかない, つかないだろう, つかないだろうと, つかないので, つかなければ, つかねば, つかんそう, つききのふ, つきそう, つきましてね, つき十分ポチポチ, つき弱小, つき過ぎて, つくかも, つくかを, つくこと, つくじゃァねえか, つくだらうと, つくだろうから, つくだろうて, つくであろう, つくでしょうから, つくの, つくまで, つくまでは, つくらしい次, つく切りっぱなし, つこうという, つこうとは, つないで, できる, できるのよ, でて, とけて, とにかく用いられた, とぶ, とぶばかり, とまった, とれた, どういう向き, どう云う, どこからか, はつきり分れ, ぱつと光を, ひっかかって, ひらひらし, ひらめいた, ぴたりつい, ぴたりと, ふと頭, ぶくぶくと, ほろ, まるで自分, もう赤く, もとから, わがすっかり, わがたて, わが焼け, わにかくれ, わにしか, わにみっしり, わに乳を, わに店を, わに板を, わに自慢の, わへ, わを, ノルゲ号に, ハムムラビ法典発見の, ピク, マラーの, マリーの, リンネル二片の, 一つに, 一つにな, 一つ一つ歓喜の, 三畳敷ほども, 上下左右斜に, 中から, 中へ, 二つ触れ合った, 二片三片空に, 五つある, 五つこれが, 交る, 付いた, 付いたし, 付いたと, 付いたもの, 付いたら焼き捨てて, 付かない事, 付きさ, 付きました, 付くが, 付く迄は, 付て, 傷口に, 入って, 六十年來垂れ下つてゐた, 其母枝を, 内と, 出て, 切り離されると共に, 初荷の, 刺されて, 動揺し, 北条霞亭に, 単に, 双足, 反巻, 唇から, 四年かかった, 垂れて, 外と, 多くは, 好きであった, 川の, 左右に, 平気で, 平開し, 当って, 把手に, 挟んで, 捌けずに, 掛けて, 掛けられ六畳, 握られて, 支那兵の, 支配階級に, 次第に数, 泡に, 深く二裂, 混って, 溶けるの, 漂って, 漉き込まれて, 火の玉と, 燃えながら, 生き物の, 白くて, 皮膚から, 直立し, 看るから, 眼に, 着かなければ, 砂礫の, 種子が, 種子ごと一緒に, 突き出て, 立ち迷うて, 立って, 素足を, 組立てられたもの, 結び付けて, 縦横に, 美しい光線, 耳を, 肩を, 花弁状を, 萼に, 萼片で, 萼片であり, 薄紅, 被けられた, 裾から, 裾として, 見えなかった, 門屋根から, 開いたその, 附いたと, 附いたらお母さま, 附いたら極, 附いた譯, 附きました, 附くと, 附く時分, 附た, 頗る大きな, 飛んで, 鱗次し, 黄緑色に

▼ 片~ (148, 5.5%)

55 端から 37 ぱしから 12 方の 3 ぽが, ぽの, 方だけ, 方も, 端し 2 ぽだけ, 方は

1 [25件] はし, ぱしからこはし次々, ぱしからたたき落した, ぱしからただの鹿かなんぞの, ぱしからめいで行く, ぱしから口へ, ぱしから手を, ぽうくれ, ぽうに, ぽお, ぽしかなかつた, ぽだけは, ぽと, ぽを, ぽ無く, ぽ紙幣入り, ぽ臍, 方, 方が, 方だ, 方づけた, 方で, 方に, 方にも, 方ブラ下が

▼ 片~ (107, 4.0%)

46 方の 9 方が 7 方は 6 方だけ, 方を 3 方に, 方へ 2 方しか, 方だ, 方づけられる, 方も

1 [19件] ぱじからさぐってみたり袋町という, ぱじからなぎたおして, ぱすから, ぺらなんだ広い, ぺら燃えのび, 方から, 方すっかり, 方ずつ, 方つぶっ, 方で, 方と, 方はずしてる, 方みた, 方ブラ下がっ, 方丈けの, 方外し, 方持込ん, 方脱け, 方飛ん

▼ 片~ (102, 3.8%)

2 みんな差しあげ, 幅三インチ長, 萼で

1 [96件] ある, ここに, この大, これ花に, しからうち, じきに, すでに数万, そうそう楽, そのまま依然と, その中, その二片, その左右, その形状, たしかに黄金製, だ, だぬぎで, だぬぎに, だぬぎの, だ脱いで, ついた気持, ついて, つかんの, つきませんと, つく, つくが, つくん, つけずば, づしに, づしものや女だ, づし物以外に, どの位有, もうすこしで, もしその, ら牟田, ら痛し, わざわざ手織, ギラギラと, スカートの, デッキの, 一般に, 三ツ四ツ小片のは, 二重に, 井戸から, 今日ほど, 以前の, 何だ, 信階信恬二世の, 傷寒論を, 元来は, 六数雄蕊も, 其凹い, 初めは, 勿論蕚片, 古, 各五枚づゝ集, 問題に, 大切に, 存外その, 実にこの, 宿存し, 小紋ぢらし, 少なくない, 師匠の, 幅が, 広楕円形, 後ち, 心臓状卵形で, 必ずガス気嚢, 我々に, 所々に, 日ごとに, 日本の, 日除の, 早く散, 昔は, 暖炉の, 朽ちも, 棺の, 極く, 次第に消え, 水よりも, 水平に, 狭長で, 甚だしく毀損, 白蓮華, 第三十九条, 筆を, 簡単に, 船体を, 萩の, 蜜柑から, 被害者の, 鏃として, 集めて, 静かに, 頸の

▼ 片~ (87, 3.3%)

3 切って 2 五万十万の, 包んで, 指も, 捲いたの, 矩尺の

1 [74件] あつた, この人間, したよう, しつか, して, します, すがりつくこと, すぎない, すぎないもの, すぎなかった, なった異, なっては, なつて, にぎったまま中, まかれて, また趨光, みど, プレパラートを, ペンで, 一スー銅貨を, 一組を, 写して, 出会うこと, 分かれる, 分かれ各, 分かれ花冠, 分れ波動, 分裂し, 切った白紙, 切り, 切りその, 切り一々, 切ること, 切るという, 刻み去る, 包まれたまま, 単に一本, 右肩を, 噛みついた口, 垂直に, 塗りつけたキャビア, 多分鬣, 巻いた, 当るもの, 折け, 折れ曲がった折れ線, 拙な, 捲まつた毬栗, 接し西安滯在中, 断れながら, 果汁を, 比し卵, 火が, 由つて知られる, 等しくなる, 紐を, 結びつけそれ, 落しもらいそれ, 行きぬ, 裂けその, 裂けたステッキ, 裂けて, 裹み, 覆われた岩山, 譬へて, 辟易し, 近づける場合, 通じこれ, 鉛筆で, 鋭利なる, 開かれてる大きな, 開裂する, 頬冠り, 顏を

▼ 片~ (68, 2.5%)

2 あつた, 出来て, 絞殺され

1 [62件] えぐられたデコボコ, ぐるぐる巻き, さへ, しきりに地面, そして又, その幹, それを, つくった巾着, はさんで, ほかに, ぼくが, もしもプロペラ, やっと空腹, 両眼, 人を, 今朝からの, 作った吹き流し, 作り上げられたよう, 冷たく打ち倒す, 出來, 出来た萼, 刃を, 包まれながら, 包んで, 各列, 容捨も, 巣の, 巻いたらしい一方, 巻いた浴衣一貫, 扉を, 打たれたり, 押えられる, 拭おうと, 掻きたてて, 昼も, 机を, 次にある, 水を, 満足する, 濡手を, 煙筒の, 異様な, 疾風の, 相当な, 眼を, 破目, 腕と, 腰の, 衣を, 覆うてから, 覆つて土, 覆面を, 買ふ, 鉢巻を, 長さ, 閉口し, 雜草の, 頭や, 頭を, 額を, 鼻口を, 鼻孔を

▼ 片附い~ (52, 1.9%)

5 ている 4 てい 3 てしまった 2 ていた, てゐる, て行く

1 [34件] ちゃいました, ていない, ていまし, ていました, ていませんでした, てからゆっくり, てから早春, てくれるだろう, てし, てしまう, てしまおう, てしまふ, てしもうた, てしもたのん, てもろうがん, てゐた, てゐました, て了, て了つた, て了つて, て人妻, て以来, て參つた時, て居, て居らぬ, て居ります, て幾, て暇, て浜, て火鉢, て英臣さん, て草臥れ, て長く, て門

▼ 片附ける~ (50, 1.9%)

3 と勢 2 ことは, ために, のは, やうな

1 [39件] かと云, かね, か双方とも, がいい, ことも, ことを, さば, つもりだ, つもりで, ときだけ, とどんな, ともう一度, とカアルソン, と云う, と参木, と暫く, にはもつ, には百弐拾円, のが, ので午, までは渋谷, ものも, やらし, ようにと, より他, わけに, わけには, んだ, んだって, 事の, 事は, 事を, 可く, 工夫は, 所へ, 手を, 時に, 間も, 餘裕すら

▼ 片~ (48, 1.8%)

3 なりて 2 見て

1 [43件] あって, あのレース, いえども, その添物, だんだん近く, ちがいわが, なくその, なく浮き, なつて, モルヒネと, 一緒に, 串の, 云っては, 云ふ, 光を, 化し瓦, 同一の, 塩焼の, 山さんと, 巻煙草を, 思いこんで, 思われるガラス, 散る, 数の, 枝とは, 火箸を, 焼けこげの, 相場が, 眺め直すと, 糸で, 紅茶で, 紅蓮白蓮の, 紙と, 細い繊維, 色の, 葉脈とを, 見たの, 針と, 閃き落ちるの, 間違つて掌面に, 青菜一と, 食物の, 黒く濃き毛髪

▼ 片~ (45, 1.7%)

4 をし 2 て後, をすまし

1 [37件] が容易, が終る, たこと, づけが, てしまおう, て人, て夕方歸つて, て夫, て置, なけり, など濟, に出, に行っ, の指揮, の金使, べしと, まで居, まで美智子, もす, もすまない, も済まし, やらなんと, られて, る, るとて, るなら辻切, るの, るゆゑ文右衞門, る手段, をあらかた, をした, をしない, をする, を済ます, 仰付, 申すべし年, 迄居

▼ 片附いた~ (41, 1.5%)

5 のは 2 んです, 男でございます

1 [32件] あと八時か, かい, かい大変, から手前, があつし, が行長, しモオトン, ときには, と云, と思ったら, なかに, の, のか, のかね, のだ, のであった, のであったろう, のである, のでその, のでそれ, ので八時頃, ので駿介, のん, ような, 夜などに, 家の, 寮の, 美しい二階, 訳で, 部屋, 部屋で, 頃戸棚の

▼ 片~ (26, 1.0%)

3 も無い 2 もありません, も見えない, も見えません, も見付かりません, も見付かる

1 [13件] が散らばっ, が滑っ, ぐらい頒, に違い, も出, も出やしません, も無し, も見えなかった, も見付からないで, を使った, を使つた人間, を捨て, を本道

▼ 片~ (24, 0.9%)

2 ない

1 [22件] あらざりき, あるという, あるの, うら悲しく旅心漫, だん, ついたの, ついたので, とっくの, なくなった, なくなったそう, なくなって, なく崩れ落ち, なく洗い, なく灰塵, ナンバンカンゾウの, 亦饗庭氏, 別々に, 口に, 有りて, 皆鼠, 筏の, 若干の

▼ 片附け~ (23, 0.9%)

3 をし 2 ている

1 [18件] たり寝台綺麗, てお, てし, てゐる, て了, て了ひたい, と見張り, に時間, のため, の費用, は細君, ば次, までが済んだ, もすみ, をすっかり, をはじめた, をはじめて, 物に

▼ 片~ (22, 0.8%)

2 葫蘿蔔の

1 [20件] お艶, わらくづにかせいをたのみました, タラスコン, 上衣の, 二ひら残っ, 六片で, 器具などを, 小石は, 波の, 竹の, 糸屑が, 縄きれ, 繩の, 草などを, 菓子の, 落ち来る, 近江屋片や, 金色の, 青宝玉, 風呂敷包みの

▼ 片附く~ (21, 0.8%)

1 [21件] か, から危, がそれだけ, ことだろう, ことです, ことに, ことは, でせう, と, ところへ, と思いついた, と朝日, のである, のを, ように, よう私は, わ, 問題で, 時蚊遣香も, 水は, 痴語に

▼ 片~ (14, 0.5%)

3 何かで 2 づら 1 それを, 三片で, 乗せて, 何か, 何ぞの, 出して, 半片を, 空高く, 雲が

▼ 片より~ (12, 0.4%)

1 [12件] すぎた, すぎると, なって, リーザを, 一志六片まで, 二の腕成り, 成り九, 成り多肉, 成る, 時としては, 籾が, 荘厳に

▼ 片~ (12, 0.4%)

3 の小頭 1 だけでしたら, では突当り, にはいった, には犯人, の中, の坑夫, の炭車, の番, を開け

▼ 片かの~ (11, 0.4%)

3 蝋の 2 鳥目を 1 イメージが, パンを, 小判でありました, 紙幣とり出で, 酸えた, 金を

▼ 片から~ (11, 0.4%)

2 なって 1 得る, 機の, 現状までに, 目を, 種子を, 総立ち上った, 見ますと, 離れて, 驚きの

▼ 片でも~ (11, 0.4%)

2 見るよう 1 いい家, かまわない大急ぎ, つけて, むだには, 拾おうと, 縛って, 腕に, 貼って, 身体へ

▼ 片~ (11, 0.4%)

3 の日本語 1 だけがふと, だけが耳, でもかまわぬ, でやる, なので, にも聞く, の騒, も思い出せる

▼ 片っぽう~ (10, 0.4%)

2 の眼 1 じゃこんな, でこんな, で先走った, のはじ, の手, の手ぶくろ, の木靴, はひとところ

▼ 片よった~ (10, 0.4%)

1 から今度, という程度, ひとり合点の, 処です, 心の, 性質でさえ, 成長に, 景気の, 考えかも, 観賞を

▼ 片三片~ (10, 0.4%)

1 うまさうに口, おちて, が薄, で出, なり今一度乞食, もうら悲しく, 入れて, 散りたる後, 誘ふ春風, 食べたとき

▼ 片着い~ (10, 0.4%)

3 ていた 2 てゐた 1 てから衆, てしまう, てどんなに, て右, て市

▼ 片附けられ~ (10, 0.4%)

2 てしまった 1 ている, てし, てしまう, てゐ, て小, て昨日, 蔽布を, 警察からの

▼ 片麻岩~ (10, 0.4%)

2 の大 1 がここ其処, だ, なる文字, にてガサガサ岩, のガサ岩, の全, の美, より成り

▼ 片かげ~ (9, 0.3%)

1 があっ, がさし始めた, になつ, になる, に啼い, に大, に寂然, に柱頭, の薄闇

▼ 片~ (9, 0.3%)

2 すきに 1 からその後, から不足, がこれら, すきを, すき支度は, と思, よ

▼ 片~ (9, 0.3%)

1 そのほか, だけ, である, なかつたもの, に髪, は千, ひっかけて, を切, を残した

▼ 片~ (9, 0.3%)

1 かない, たところ, の手伝い, は晩飯, られた座敷, をし, をしはじめた, をすませた, を致しました

▼ 片~ (8, 0.3%)

1 びく柳, もので, 一枚の, 事で, 垣一重を, 小切手を, 赤い石鹸, 雑誌が

▼ 片~ (8, 0.3%)

1 つ, つたま, つた狭い, つてゐ, つてゐる, つて原作に, つて映, つて立つ

▼ 片~ (7, 0.3%)

1 そつと, もう一歩, らなどで, 包んで, 向って, 軽い火熨斗, 髭面を

▼ 片~ (7, 0.3%)

1 が饗庭篁村さん, でも貰, に印刷, に尽兼候, に題, の書面, を受け

▼ 片ずつ~ (6, 0.2%)

2 どうぞ 1 戴くこと, 残った桜, 落ち散って, 頬張ったばかり

▼ 片はずし~ (6, 0.2%)

3 の髷 1 に桶, に結い, に結う

▼ 片よっ~ (6, 0.2%)

1 たり字, てい, ていた, ている, ており, てよい

▼ 片着く~ (6, 0.2%)

1 てわけ, という間際, のさ, ような, 意だ, 時分に

▼ 片とき~ (5, 0.2%)

1 もはなれず付い, も脱, も陣所, も離れなかった, 離さず習

▼ 片なし~ (5, 0.2%)

2 になっ 1 だからな, だからなあ, ぢや

▼ 片などを~ (5, 0.2%)

1 そこの, 取りあげられる, 基と, 弄りながら, 自分の

▼ 片一つ~ (5, 0.2%)

1 あっても, あるでない, あるわけ, だに見えぬ, 持ち出しても

▼ 片相覧~ (5, 0.2%)

1 に亀, の作つた蘭軒, の作る, は古島, は福山藩

▼ 片~ (5, 0.2%)

1 を持ち上げ, を斬り捨て, を踏みはずし, 乗らんか, 乗らんかと

▼ 片附き~ (5, 0.2%)

1 さうな氣, てゆく, て位置, になった, になりました

▼ 片附けなけれ~ (5, 0.2%)

3 ばならない 1 ば困る, ば堪忍

▼ 片附けられる~ (5, 0.2%)

1 ことで, んだ, 感情では, 椅子の, 無価値

▼ 片っぽ~ (4, 0.1%)

1 おとして, だけかわり, 盗むなんて, 返しゃあがれ

▼ 片と共に~ (4, 0.1%)

1 ルーファスの, 地面の, 花の, 黒曜石雁股の

▼ 片などが~ (4, 0.1%)

1 そこら中に, 散乱し, 敷いて, 浅猿

▼ 片~ (4, 0.1%)

1 の構造, の花崗岩壁, の雲母片麻岩, をなし

▼ 片~ (4, 0.1%)

1 のあの, の彼, の飛び出した, を明けた

▼ 片着ける~ (4, 0.1%)

1 ために, という話, とほっと, ような

▼ 片附けよう~ (4, 0.1%)

1 とした, とする, と思う, と思ひつい

▼ 片附けられた~ (4, 0.1%)

1 ことの, のかも, のだった, 寢床を

▼ 片附げ~ (4, 0.1%)

2 で来る, べ

▼ 片あり~ (3, 0.1%)

1 て花中, や否や, 雨に

▼ 片ある~ (3, 0.1%)

1 がそれ, とすぐ, のでそれで

▼ 片うで~ (3, 0.1%)

1 をぶら下げ, を出し, を空

▼ 片かが~ (3, 0.1%)

1 皿に, 縁の, 降って

▼ 片かを~ (3, 0.1%)

1 もって, 彼は, 載せグチャグチャ

▼ 片しか~ (3, 0.1%)

2 口に 1 見なかつた浮世絵

▼ 片とか~ (3, 0.1%)

2 仏像の 1 なにしろ眼

▼ 片なく~ (3, 0.1%)

1 なって, 消え失せて, 茎には

▼ 片には~ (3, 0.1%)

1 可愛らしい少女, 失敬ながら, 生なました

▼ 片のみ~ (3, 0.1%)

1 あって, なるありあるいは, なれども

▼ 片やら~ (3, 0.1%)

1 山から, 薬缶の, 藥罐の

▼ 片よせる~ (3, 0.1%)

1 とき向うの, とそこ, と朝日

▼ 片~ (3, 0.1%)

1 か何, にくる, を吊

▼ 片~ (3, 0.1%)

1 咥ヘテ来タトイフノデ府ハ三十日, 発見セラルベシ, 附ケテヤッタガソレカラ地面ウチノ地借

▼ 片付き~ (3, 0.1%)

1 になった, になりましたら, のよう

▼ 片又は~ (3, 0.1%)

1 熔巖の, 紙などにて, 鹿の

▼ 片品川~ (3, 0.1%)

1 の上久屋, の方, の源

▼ 片~ (3, 0.1%)

1 が本屋, だ, を借り

▼ 片着いた~ (3, 0.1%)

1 のだった, のは, 方がよか

▼ 片~ (3, 0.1%)

1 でかっ, で支え, 折れたり

▼ 片~ (3, 0.1%)

1 をつき, を立て, 立てて

▼ 片~ (3, 0.1%)

1 じゃありません, だ, ではなし

▼ 片附いたら~ (3, 0.1%)

1 お参りは, こちらへ, と体

▼ 片~ (3, 0.1%)

1 に含んだ, に微笑, に映る

▼ 片かた~ (2, 0.1%)

1 の上ぐつ, の穴

▼ 片かは~ (2, 0.1%)

1 口の, 燒申候

▼ 片がはは~ (2, 0.1%)

1 木が, 桑畑他の

▼ 片さえ~ (2, 0.1%)

1 残って, 食っては

▼ 片すなわち~ (2, 0.1%)

1 斧で, 衛星を

▼ 片それから~ (2, 0.1%)

1 極めて少量, 菓子店に

▼ 片だけ~ (2, 0.1%)

1 では, 端の

▼ 片だの~ (2, 0.1%)

1 地面に, 油衣だ

▼ 片ついた~ (2, 0.1%)

1 かい, のだ

▼ 片ての~ (2, 0.1%)

2 ひら

▼ 片である~ (2, 0.1%)

1 かのやう, がその

▼ 片とが~ (2, 0.1%)

1 あって, あるの

▼ 片として~ (2, 0.1%)

1 あらわれた, こういう些細

▼ 片としては~ (2, 0.1%)

1 やはり旅順港封鎖, 大衆的な

▼ 片との~ (2, 0.1%)

1 塊り, 界には

▼ 片とを~ (2, 0.1%)

1 ながめて, 持ち出して

▼ 片なぞ~ (2, 0.1%)

1 凡て妾宅の, 持って

▼ 片などで~ (2, 0.1%)

1 搖き取つ, 水を

▼ 片なら~ (2, 0.1%)

1 ば消化管, 色つき

▼ 片なり~ (2, 0.1%)

1 や否や, 今一度乞食の

▼ 片にて~ (2, 0.1%)

1 組立てんと, 髮を

▼ 片にも~ (2, 0.1%)

1 無論美点, 美しい縫取り

▼ 片による~ (2, 0.1%)

1 もの火災による, 創傷火災による

▼ 片はじ~ (2, 0.1%)

1 からあけ, から忘れ

▼ 片ばかり~ (2, 0.1%)

1 何の, 赤味がかった

▼ 片へに~ (2, 0.1%)

1 脱ぎ捨て, 麥蒔か

▼ 片ほど~ (2, 0.1%)

1 つまみ口, 地面に

▼ 片よって~ (2, 0.1%)

1 多く出し, 行われ物忌

▼ 片よりが~ (2, 0.1%)

1 あつて, ある

▼ 片よりに~ (2, 0.1%)

1 岸の, 薊しげれ

▼ 片よる~ (2, 0.1%)

1 だけなら, 傾向が

▼ 片ら銅~ (2, 0.1%)

1 の薬缶, の藥罐

▼ 片~ (2, 0.1%)

1 に稈, の方

▼ 片~ (2, 0.1%)

1 には小生, に縦横

▼ 片付物~ (2, 0.1%)

1 などをし, についても同様

▼ 片假名~ (2, 0.1%)

1 の, を作つた

▼ 片入れ~ (2, 0.1%)

1 て食う食わぬ, て飲め

▼ 片六片箒目見~ (2, 0.1%)

2 ゆる根方

▼ 片~ (2, 0.1%)

1 された自我, したもの

▼ 片~ (2, 0.1%)

1 で売られ, の

▼ 片~ (2, 0.1%)

1 には中年, の屏風

▼ 片~ (2, 0.1%)

1 と松助, の婆さん

▼ 片散りたる~ (2, 0.1%)

1 おもしろし, 後は

▼ 片敷く~ (2, 0.1%)

1 袖に, 袖や

▼ 片村曾根~ (2, 0.1%)

2 と谿谷

▼ 片~ (2, 0.1%)

2 賣の

▼ 片浮ばぬ~ (2, 0.1%)

2 透明の

▼ 片無し~ (2, 0.1%)

1 かネ, でもありません

▼ 片焼いた~ (2, 0.1%)

1 一片それだけで, 肉が

▼ 片~ (2, 0.1%)

2 の上

▼ 片盤坑~ (2, 0.1%)

1 に設けられた, の出入り

▼ 片着き~ (2, 0.1%)

2 片着い

▼ 片箒目見~ (2, 0.1%)

2 ゆる根方

▼ 片羽九万八千里海上~ (2, 0.1%)

2 に出で

▼ 片苦しい~ (2, 0.1%)

1 式も, 待遇に

▼ 片~ (2, 0.1%)

1 で二十六銭, の山の根

▼ 片載せ~ (2, 0.1%)

1 てあった, てあつ

▼ 片輪者~ (2, 0.1%)

1 ですから, の一団

▼ 片附かない~ (2, 0.1%)

1 からと冷吉, で仕様

▼ 片附けなく~ (2, 0.1%)

1 てはならぬ, ても好い

▼ 片附けられない~ (2, 0.1%)

1 ものが, ように

▼ 片隣り~ (2, 0.1%)

1 に, には

▼ 片青ん~ (2, 0.1%)

1 ではゐない, でゐない

▼ 片靡き~ (2, 0.1%)

1 がし, に靡き下っ

▼ 片飛ばぬ~ (2, 0.1%)

2 日和である

▼1* [295件]

あつめて廻る, 片あの空から, 片あまりの牡丹雪, 片いっ方に, 片うきす両方, 片うまさうに口に, 片くぼ, 片おいて出, 片おちて居ります, 片かに切断する, 片かはが矢張り黒田邸に, 片からの帆の, 片がのつて居る, 片がはを横斷し, 片くるか知ってるだろう, 片くるしさ狭き, 片くるしい文句の, 片ぐらいをすしの, 片けれども伊沢の, 片ごとか, 片へも殆ど見付ら, 片しづかに降り, 片しらす干し入り, 片すらそこに, 片けた, 片ずつで一色の, 片ずつになって, 片ずつの税を, 片ずつを与え, 片ずんでいる, 片その他凡百の塵芥類似, 片素足に, 片たべた前の, 片だけでも自分の, 片だけになかなか捨て得ない, 片だって馬鹿, 片だつていけません, 片ちゃんと埋って, 片ちょうど六斤です, 片やない, 片ついてい, 片ついたらこんどは, 片つきほっとし, 片つけるよ, 片つなぎ合せて, 片すりつかまり, 片であって花弁, 片であったのが, 片であり内列, 片でない政治的な, 片でなく太守の, 片でなければ磁石, 片でもと思つて引返しかけた, 片というのを, 片といふ蕪村の, 片とで築かれたアラビア人, 片とに帽子の, 片とは云え一針一針, 片とも言ふべき, 片ないし多片, 片なしにくづ折れ, 片なぞを持って, 片などから歴然と格闘, 片などと一緒に, 片などによると, 片について彼の, 片については何とも申し上げられません, 片によって脳髄に, 片により見たる帯, 片はらはらとこぼれつ, 片ひさごありか知らなく, 片ひるスープに, 片びなた醜, 片びらきになっ, 片へは水の, 片ほうはずして, 片またささやぐ, 片みたいにキリキリ, 片よせた机に, 片よせなければならぬ, 片よせられて居る, 片よらせ過ぎるというの, 片よりも汚ならしい見じ, 片よりを嫌って, 片らこれは門番, 片らしいものに, 片ら猫一匹居なかつたやう, 片れでつくつたその沓底, 片わの年輪の, 片ゐざり匍ふみどり, 片タル葉舟ニ棹シテ浩渺タル怒濤, 片ッぱしから廻る, 片ビールの空壜, 片ポケットに持っ, 片一文を取っ, 片一枚を畑物, 片一片の藤, 片一番とした, 片一箇出ぬといふ, 片三片口の中, 片三片水に落ち, 片三片空に浮い, 片三片紅を点じた, 片三片花を散し, 片三片虚空から, 片三片馬車を追, 片上伸氏等の最近論文参照, 片落別処好, 片両側に二片, 片中央の部分, 片也これはビルディング, 片人肉の各, 片付げろったら, 片付しと云, 片付そんなら一寸行, 片付んと獨思案, 片付偖飯も仕舞, 片付大宮にて親分, 片付女房お梅, 片付我等に渡し, 片付掃除何くれとまめ, 片付支度致すに, 片付方も頼みたい, 片付樣がない, 片付行燈に火, 片以上を決して, 片以外の物, 片の恨み, 片何時来ても, 片何時來ても天鵞絨, 片便も行くべき, 片の鹿児島, 片ひら散つて松葉, 片其の顏に, 片に二列, 片内外もある, 片出してもっとよく, 片も働く, 片切つて來て下さい, 片剥がれ墜ちようとし, 片割レハ今樺太, 片動いていく, 片卍巴と乱れ狂つて, 片危く畳み樹根, 片去つて悠々, 片去りに, 片取るわかき師, 片叩き落しました, 片呉れたからつて容赦, 片を呑ん, 片均一店で売っ, 片堆石の疾走, 片しもの, 片にゆ, 片宋その他の墨, 片家根の柴舟, 片寄りに君, 片小鬢の毛, 片就き麥蒔も, 片屋入之節, 片山吹の花, 片幅広く基部は, 片延び尽して, 片引きぬかれた一面の, 片微塵だ探偵, 片心せちに敵, 片思ひなの, 片息づく見れば下, 片我楽多のよう, 片を辷った, 片折り敷きぬ物見正しく, 片折戸に香月, 片持って相手, 片持つて入, 片撚りに撚る, 片散っていた, 片散り清けき谷, 片散りこむ湯治場の, 片敷いて帶, 片時の間に経基, 片晩飯一杯半という有様, 片曇りし村と, 片曲歪真偽さまざまであるが, 片更に床の, 片をかざした, 片の片, 片木片を拾い集め, 片の名主, 片の折れし, 片止まりたるを見る, 片氏月姫と標記, 片に落ち, 片水晶の盤石, 片洞門を閃, 片浮いている, 片浮んでいた, 片潰して靡け, 片照る青き脊, 片を十銭位, 片特に毛織物が, 片の破片, 片白き千ひ, 片に発生, 片も正月, 片着かない前からの, 片着かぬ叔父の, 片着けたり職人, 片着けられた机の, 片の塊, 片石塊と石工, 片月の, 片破れ吹き曝, 片破れ月が澄みきった, 片の句, 片箸に, 片に浮い, 片の設備整然, 片と天秤, 片を点じた, 片紙斷簡を將, 片の郡, 片になる, 片をつき, 片腰かけるような, 片いたい, 片舎田のよう, 片舞いこんで来, 片舷交代で漕ぎ, 片を散し, 片苦しげに想像, 片茶一杯それでおしまい, 片なりと言う, 片落しに爲給, 片落ちなる教えならずや, 片落つる様を, 片にて常に, 片著いて東京, 片の破片, 片へ呼び出す, 片虚空から, 片蛇雲南の大侯禦夷州, 片を泳がせ, 片褄取ってその, 片要ります二十人前で, 片見えなくなってしまったで, 片見せ夜寒の, 片見出されたが貝, 片誘ふ春風は, 片語雜りの, 片ひすぐ, 片貰って上げましょう, 片貼ついている, 片路二十七錢なるが, 片迄もさらわれた, 片避けて, 片などが彼女, 片の上, 片など威勢, 片附いたら忘れないでシャボン, 片附かずに揉む, 片附かぬのは, 片附かぬらしい物音が, 片附かんような, 片附きしたので園子, 片附きすぎてとりつき, 片附きたぎつ瀬や, 片附きますが死骸, 片附くではない, 片附くべしこの戎, 片附けさせて帰っ, 片附けさせようとした, 片附けたが王子君五郎氏, 片附けないでことわり無し, 片附けなきゃと今頃, 片附けなくっても好い, 片附けなけりゃあならない, 片附けられぬ節も, 片附けられるらしいあの自分, 片附けられ拭き込んだ長火鉢や, 片附けろよ子供達, 片附け出すと泥足, 片附カズソノ時オレガ本家トハ心安イカライロイロナダメ, 片附ケテ行カネバナラナイ道ニ於テ独立ヲ固執スルノデハアルガ, 片を見せ, 片に翳, 片食って何, 片食べたとき京助は, 片と称, 片馬車を追, 片の各, 片高い所に, 片だの, 片の浮穴, 片麋蕪雨と柏如亭, 片麻岩石そのものが流水