青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「署長~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

置いた~ ~置かれ 置かれ~ ~置き 置き~ ~置く 置く~ ~置け 罰~ 署~
署長~
羅~ 羊~ ~美 美~ ~美し 美し~ ~美しい 美しい~ ~美しく 美しく~

「署長~」 1149, 12ppm, 8842位

▼ 署長~ (353, 30.7%)

6 思った 4 私が

2 [17件] ぐるぐるし, その男, ひとりで, びっくりし, 云った, 声を, 大きくうなずいた, 始めて, 急に, 暫く考え, 机の, 眼を, 私に, 考へた, 自分が, 苦笑いを, 首を

1 [309件] あの古い, あの小売酒屋, あぶなく倒れ, いかつい言葉, いったが, いって, うなずいて, うなずきながら, えり首を, おいでに, おだやかに, お安い, かなり骨, かんかんに, がっかりしました, きっぱり云い切った, くるくると, くるくるに, こう答え, ここで, こたえた, こっそり友田喜造, このとき棒, この小さい, この激しい, この辺, これだけ, さすがに, さっそくわたし, しばらく無言, じっと支倉, すぐに, すこし狼狽, すっかり酔った, すんでの, そう云っ, そう厳粛, そう言っ, そこへ, そのとき室内, その時室, その有様, その瞬間フラフラ, その軽い, その顛末, そらを, それから, それに, それには, それに対して, たずねた, ちょっとこっぴどい, ちょっとの, ちょっと迷った, ちらと, とうとう顔, とってかえして, どうかし, どうしてそれ, どうも岩倉, どきっと, どなった程, なおも信じられない, なんとも変, にこやかに, ばっと, ひどく怒った, ひどく酒, ふっとうしろ, ふと気がついた, ぽっと夢, またちらっと, また云, また何やら, また手帖, また村尾某, また母, また鉛筆, まだ加藤巡査, まるではじめて汽車, まるで突貫, まるで足, まるで飛ぶ, もうすっかり占めた, もうすっかり決心, もうみんな, もう一生けん命何, もう出かけよう, もう勝った, もう興奮, もう追っかけ, ものうげ, やうやく, やさしく云っ, やさしく言葉, やはりその, やはり半ば冗談, やりかえしたいの, ゆっくり言葉, よく太った, わくわくし, イマイマし, ケンプ博士から, ジッと, ジルベールの, ジロリと, ソッと, トコトコと, ドクトルに, ドクトル邸の, ニコニコし, ニヤニヤし, フーンと, ブツブツ独り言, ホッと, ポカンと, ポケットから, ユグチュユモトの, リューマチの, 一人で, 一枚の, 不審そうに, 不服であった, 不相変, 両の, 二人の, 云うの, 仕方が, 低声, 何やら考え込んだ, 何分多忙, 佩剣の, 佩剣を, 俄かに, 俄に, 優しく呼びかけた, 冗談だ, 冷笑した, 出て, 刑事の, 初めて口, 前へ, 卓を, 博士と, 又ちょっと, 反問しました, 叱責する, 司法警察の, 名誉村長と, 呟いた, 周到に, 喜びに, 喜んで, 固く彼, 外套を, 外套追剥の, 大きく眼, 大きな帳面, 大へんい, 大テーブル, 大塩, 大急ぎで, 宮崎に, 富農の, 封筒様の, 射たれた, 小さな組合, 少しこ, 居間の, 巡査を, 巡査部長に, 左腕を, 席を, 年の, 年齢の, 康雄の, 廻転椅子の, 彼の, 彼を, 待ち兼ねてさ, 後を, 微笑を, 心持赤面しいしい, 忙しく瞬き, 念の, 念を, 思はず椅子, 思ひました, 思わず司法主任, 恐怖の, 息を, 悠然と肘付椅子, 意外の, 感慨深そう, 慌てて, 扉に, 手を, 手帖を, 手拭いを, 押えつけるよう, 押し入れから, 押被せる, 振りこぶしを, 探るよう, 支倉の, 敷島の, 断じて抜剣, 早速自分, 昔の, 暫く私, 書類を, 有終の美を, 木の, 杖に, 松の木へ, 果して支倉, 柔道で, 案外話, 椅子の, 検事が, 検事に, 検事を, 検事局に, 横から, 横目で, 気の毒な, 沈黙の, 流石に, 満足そうに, 演壇から, 無造作に, 無遠慮な, 然し私, 町の, 留守です, 畳みこんで, 疑わしそう, 痛いからだ, 痛む腰骨, 白面無, 目を, 直ぐに, 眼の, 石子の, 私と, 私の, 立ちあがって, 立ちあがりました, 立ち上って, 立上りながら, 立川国警から, 笑いながら, 笑って, 結果いかに, 考えた, 考え込んだ, 聞きおぼえの, 背後から, 腕を, 腹の, 腹の中では, 膝を, 自から, 自分から, 自分の, 自動車の, 興奮し, 舌打を, 苦が, 苦笑し, 落ちついて, 見て, 見ないふり, 言う, 詰問する, 調子を, 諄々として, 谷博士山形警部それから, 賞めて, 賺すよう, 赤味の, 起きあがったが, 踏台の, 遂に解散, 部下の, 野口に, 金ぶち, 金を, 鉛筆を, 長吉と, 関係者以外の, 雀躍せん, 青ざめながら, 青年の, 青眼鏡の, 静かに, 非常に, 頗る残念, 頷き, 頻に, 顔に, 養策に, 駄目じゃ, 驚いて, 鳥渡気色ばんだ, 鳩が, 鷹揚に, 鸚鵡返しに, 黙って

▼ 署長~ (188, 16.4%)

5 ところへ, 前に, 顔を 4 前で, 方を 3 方に 2 名を, 好意によって, 巡廻, 息子も, 所へ, 方へ, 許へ

1 [148件] いら, おる座敷, お情け, お持ち, かん禁, ことだ, ことばが, それあの, ために, とこへ, なり手が, ほうを, むすめ, やうな, やうに, ような, エリクソンは, キリーリンと, キリーリンは, キリーリンを, クラネクが, グン, ヴァランタンさんが, 一行が, 一行について, 一行は, 丁寧な, 三人は, 両肩, 井澤さんは, 保科とは, 保科勝衛が, 保科勝衛は, 傍へ, 出身小学校中学校戸籍役場より, 出頭する, 制服を, 助川徳輩其他の, 北田氏や, 厳しい問, 取調べが, 取調べだけは, 取調べは, 口から, 右に, 右の, 同郷で, 名刺を, 名前で, 吸いかけて, 命で, 命令だ, 命令で, 命令によって, 命令の, 声が, 声です, 声は, 外に, 大きな声, 大テーブル, 奥さんの, 好意で, 官舎です, 家を, 小学時代の, 小鼻から, 巡回あらん, 後に, 後ろを, 後を, 得意思いやるべしである, 徳を, 忠実なる, 悪声を, 意見で, 意見に, 慈悲に, 慧眼を, 手から, 手で, 手に, 手帖の, 手許に, 指揮によって, 指揮を, 探偵, 措置は, 方で, 時代から, 時代であった, 本分みた, 案内で, 機嫌を, 正木だす, 正木真之進は, 母を, 津留木万吾は, 温情に対して, 真赤な, 眼には, 睨んだの, 細君で, 背後へ, 腰骨が, 藤崎である, 裁量で, 見込は, 親類姻戚関係を, 言うこと, 言葉が, 言葉と共に, 言葉に, 言葉には, 言葉の, 言葉は, 訊問には, 訊問振りは, 訪問を, 証明書を, 話が, 話に, 話を, 説明を, 説諭は, 責任を, 質問に, 質問に対して, 質問も, 身を以て, 遅いスピード, 部屋の, 鋭い眼光, 鑑定に, 闘争, 電話に, 面前で, 面前に, 頭の, 顏付が, 顔であった, 顔は, 顔付が, 顔色を, 願いという, 馬鹿, 高い鼻, 鼻先に

▼ 署長~ (117, 10.2%)

4 叫んだ 2 こたえた, 来て

1 [109件] あたふたと, あんたへ, いいますので, いうと, いた, いった, うしろを, うで, お前と, からだを, きた予審判検事, この事件, この問題, こんどに, しんぱいし, そう横, そのあと, たずねた, どういう態度, もたらすであろう吉報, やって来ました, よんだ辻馬車, サッと手, バルコニーから, ピストルで, 一ツたのむ, 一身の, 一隊の, 三つの, 不二男君, 中央に, 乗って, 云いにく, 云った, 亡者を, 交る, 代って, 余り叱る, 倒れたらみんな一ぺん, 倦まず撓まず訊問, 先登に, 入って, 出て, 初めて証人, 制した, 劍柄を, 又云, 叫ぶ, 叫んだとき, 吊られて, 向うから, 呼ばれて, 困ったと, 外套を, 夢の, 大英断, 大英斷, 天井を, 妙な, 尋ねた, 居て, 帆村の, 帽子を, 年少気鋭に, 庄司利喜太郎氏であったれ, 役場に, 役所へ, 思って, 思案に, 慌てて, 支倉の, 新聞に, 是非あなた, 村へ, 来る, 検事の, 気どって, 気の毒そうに, 沈痛な, 満身の, 無言の, 現れて, 町尽頭の, 町盡頭の, 登場する, 皇帝の, 目を, 真に反省, 示談に, 立って, 立身の, 署員を, 考へた, 聞いた, 臆病風に, 自分の, 自身乗り出し, 芝生の, 見えたついで, 見えたので, 見たら今, 言ったよう, 警察署へ, 質問した, 迎へ, 逆に, 連呼した, 鐘の, 食事の

▼ 署長さん~ (82, 7.1%)

4 はたしか 3 の前 2 のお, の手許, の返事次第

1 [69件] いや献杯, があまり, があゝ, がいった, がいなかったら, がお, がおれ, がなんだか, がね僕, がよく, が仲裁, が必ず, が愕, が来ました, が誰か三四人, が黒い, この女, であ, でっか, と掛け合った, と言え, どうかその, なり根岸, にうんと, にもその, に会いました, に叱られた, に帆村, に永く, に聞く, に話した, に頼ん, のおかげ, の云った, の厚意, の居る, の御, の手紙, の説, の黄金, は, はあの, はいきなり, はお人好し, はそれ, はたしかに, は一世一代, は主人, は人間相手, は大変貴女, は椅子, は町長さん, は立派, は笑っ, は縛られ, は落ち着い, へ対し, まで, もあゝ, もう信次郎, もう斯, もう遅い, もお出で, もノンキ, も今更, も巡査, も決して, を案内, 実は昨夜

▼ 署長~ (71, 6.2%)

4 向って 2 いった

1 [65件] あてた紹介状, いうとき, きいたらあなた, ささやいた, した所, そう言っ, その事, その脅迫状, たずねた, とらえられて, よく頼ん, 一杯嵌められた, 一礼し, 云って, 会うつもり, 何が, 俊夫君を, 充分諒解を, 叫んだ, 召喚状を, 向かって, 向て, 呼び出されました, 報告した, 声を, 委せ彼, 尋ねた, 導びかれてシオシオと, 嵌められて, 恨みの, 感謝の, 打って, 抗議した, 挨拶を, 敵視を, 極秘密, 直訴する, 瞞された, 紹介し, 縋って, 耳うちを, 聞くこと, 血だらけの, 行って, 言はれ, 訊ねられた新, 訴えた, 話して, 誑されたの, 談判し, 逐一報告, 通知しました, 逢ったを, 逢って, 逮捕され, 電話を, 面会し, 面会しました, 面会する, 面会を, 預けると, 頼んだ, 願うと, 願って, 飛びついて

▼ 署長~ (48, 4.2%)

2 して, 勤めて, 呼んで, 殺せ, 相手に, 見ると, 連れて

1 [34件] はじめ警官の, ガウンの, 中に, 仰ぎ見た, 先に, 先頭に, 免職させろ, 入れる用心, 制した, 制しながら, 加えた五人, 呼びに, 呼び出して, 呼び止めしに, 囲んだ, 始めとして, 始め二三の, 始め刑事達は, 始め彼等の, 庇護する, 怪物は, 攻撃し, 殺せ署長, 煩わすまでも, 相手どった, 睨み据えた, 苛立たせた, 襲った, 見あげました, 見上げた, 訪ねて, 責めるの, 除くと, 駭かせた

▼ 署長~ (46, 4.0%)

2 パイ公が, 一緒に, 主任は, 私語を

1 [38件] いっしょに, その部下, それから, れんらくし, ベルントソン醫師は, 三人の, 丑村刑事は, 中村係長に, 予審判事と, 云い宮木裁判長, 云うの, 何事か, 司法主任が, 司法主任の, 地方裁判所の, 密談し, 岡埜博士とは, 巡査との, 捜査主任に, 明智探偵とが, 検事とが, 検事判事司法主任を, 氷室検事が, 無言で, 片田博士に, 牧師とは, 現場へ, 町長は, 白鳥属とは, 相対した, 相談の, 神戸牧師が, 神戸牧師の, 管理人, 結託し, 話を, 警部の, 高瀬とは

▼ 署長~ (37, 3.2%)

1 [37件] あなたの, あなたを, いた, うやうやしく頭, おれも, これには, すっかり怒っ, すてては, そのよう, なかなか思い切った, ほうぼうを, また少し, やはり判断, ポケットから, 云ったし, 処置に, 刑事も, 大タジタジ, 太いため息, 始めから, 後には, 思わず眼, 恐縮し, 意外の, 手が, 投書の, 探偵も, 根岸刑事も, 検事も, 流石に, 片田博士も, 田熊氏も, 私も, 警官隊も, 青い羽根, 首を, 駈けて

▼ 署長~ (21, 1.8%)

1 [21件] がある, だ, では警察, でウイリヤムソン宣教師, で平服, で眼, にと通された, にはいった, によびだされた, に引っぱり出された, に於, に止まっ, に這入っ, の三十分, の椅子, の策戦, の自白, はいくら, へはひる, へ駈け込んだ, を出

▼ 署長から~ (15, 1.3%)

1 [15件] お電話, これこれ云々, その指令, 上申書が, 事新しく毛沼博士, 叱られた事, 夫の, 彼の, 支倉の, 簡単な, 言われた事, 詳細の, 邸内に, 頼まれて, 鶴子の

▼ 署長以下~ (9, 0.8%)

1 がこれ, がやつ, に報告, に恨み, の五人, の全員, の名声, の喚問, の険しい

▼ 署長~ (8, 0.7%)

1 刑事などが, 司法主任や, 巡査は, 有志の, 父親や, 神戸牧師に, 神楽坂署員にとっては, 農会長旧知の

▼ 署長たち~ (5, 0.4%)

1 がドヤドヤ, が駆けつけた, に断り, の方, を工場

▼ 署長とは~ (5, 0.4%)

1 両方から, 強く首, 思わず不安げ, 懇意に, 踏台の

▼ 署長殿~ (5, 0.4%)

1 からモウ, がお許し, がそう, の前, を煩わす

▼ 署長という~ (4, 0.3%)

2 のは 1 ものが, 神聖な

▼ 署長にも~ (4, 0.3%)

1 こうしてお, 報告しなけれ, 誰にも, 願って

▼ 署長~ (4, 0.3%)

1 に対して発表, の前, の心配, 居並びて

▼ 署長~ (3, 0.3%)

2 健勝で 1 迷惑でしょう

▼ 署長である~ (3, 0.3%)

1 が彼, ことが, だけ幾分

▼ 署長~ (3, 0.3%)

1 が駆けつけ, の云う, の背後

▼ 署長~ (2, 0.2%)

1 ナプラーウニックじゃ, 今は

▼ 署長でも~ (2, 0.2%)

1 新任の, 犯罪人を

▼ 署長とも~ (2, 0.2%)

1 あろう者, 別れただ

▼ 署長どの~ (2, 0.2%)

1 の御, の鉛筆

▼ 署長には~ (2, 0.2%)

1 元より, 私が

▼ 署長に対して~ (2, 0.2%)

1 恐ろしい呪い, 感謝の

▼ 署長丸辰~ (2, 0.2%)

1 を先頭, を従え

▼ 署長~ (2, 0.2%)

1 まではた, 鉄平が

▼ 署長以下刑事達~ (2, 0.2%)

1 に入り, に対し物凄い

▼ 署長庄司氏~ (2, 0.2%)

1 はいよ, は年来

▼ 署長程度~ (2, 0.2%)

2 の人

▼1* [96件]

署長警部が, 署長からの報告です, 署長こういう小僧です, 署長これが書斎, 署長さんご存じでしょうか, 署長さんそれは貴下, 署長さん国事犯の書生, 署長さん手拭いのなくなった, 署長さん海員組合の折鞄, 署長さん祝杯をお, 署長さん第六感なんてそんな, 署長さん署長さんもう斯, 署長その男なら分っ, 署長その他の有力者六十余名, 署長その他各地の警察署長, 署長それから丸辰の, 署長たるものは, 署長な署長, 署長だったら池谷医師は, 署長であったかも知れない, 署長ですぞ自分, 署長といったような, 署長とが眼くばせする, 署長として大きな誇り, 署長との三人だった, 署長と共に出頭すべき, 署長などが屍体の, 署長などはまるで眼中, 署長ならもとうちの, 署長なりから召喚が, 署長なんか東洋義団の, 署長にたいしてあわせる顔, 署長によって蹂躙せられた, 署長のくびをつかまへた, 署長はじめを現場, 署長はじめ自動車で来る, 署長はもうどぎどぎして眼が, 署長はんにもおま, 署長四つ目を, 署長までが参加し, 署長より後に, 署長らしいのが, 署長アダイ警部は玄関, 署長オーミアラ氏の言葉, 署長三井米松氏が立つ, 署長以下なんのこと, 署長以下二人の警官, 署長以下刑事連が支倉, 署長以下十三名を密輸問題, 署長以下同僚に対して合わせる, 署長以下皆こうした犬田博士, 署長以下警部と部長, 署長以下警部一名刑事巡査六名がことごとく, 署長以下馳けつけた, 署長以外の者, 署長会議で上京, 署長佐藤某がいる, 署長何某の世話, 署長八田警視総監等に会う, 署長刑事主任ほか二三人すぐに, 署長初め三四の警官, 署長及び当時の, 署長司法主任私服特高課員二名のほか, 署長在らざりせば支倉, 署長夫人の出身女学校, 署長始めそう云われるなら, 署長始め司法主任も進ん, 署長始め掛員一同すっかり敬服, 署長始め署員一同がジリ, 署長官舎へ招かれ, 署長実に残念な, 署長小林區署長といふ客, 署長の廻転椅子, 署長庄司だった, 署長庄司利喜太郎を喚問, 署長引き出しには手拭い, 署長快刀乱麻を断つ如く, 署長採掘に就, 署長明智小五郎などが立会った, 署長東馬健児警視通訳その他新聞記者と共に同, 署長が警部, 署長某氏に比する, 署長横暴だ, 署長七位勲六等功七級法学士表町三五郎, 署長特高課員司法主任立会いの, 署長犯人は一体, 署長看守長さては看守ら, 署長石子刑事あたりへその, 署長神戸牧師に恨み, 署長立會の上, 署長署長の右, 署長解散を命じたる, 署長討伐どころでは, 署長飯田氏が非常手段, 署長飯田警視が爆發, 署長黒葛原氏の辞職