青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「相手~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

直観~ ~相 相~ 相互~ 相場~ 相対~ ~相当 相当~ 相応~ ~相手
相手~
~相談 相談~ ~相違 相違~ 省~ ~眉 眉~ ~看板 看板~ 看護~

「相手~」 21659, 215ppm, 465位

▼ 相手~ (5516, 25.5%)

373 顔を 71 男は 48 心を 47 言葉を 41 男の 36 眼を 31 女は, 男を, 顔に 30 男が 26 肩を 25 女の, 姿を, 方で, 顔が 24 気持を, 顔色を 23 心に, 様子を 20 心の, 腕を 19 手を, 言葉に 18 名を 17 顔は 16 女が, 女を, 男に 15 方が, 眼の, 言葉が 13 人の, 気を, 胸に, 顏を 12 女に, 方へ, 胸を, 足を 10 ために, 人が, 人は, 名前を, 姿が, 様子に, 話を, 顔へ, 顔も 9 いうこと, 人に, 姿は, 方は, 目を, 胸へ, 腹を, 言うこと, 頭を

8 [15件] ことを, 人を, 前に, 女も, 弱点を, 手に, 男も, 耳に, 胸の, 表情を, 視線を, 言葉の, 調子に, 身体に, 隙を

7 [16件] うちに, ように, 体を, 出やう, 出ようを, 声が, 声を, 女性は, 急所を, 武器を, 男と, 者を, 肩に, 背中を, 言葉は, 返事を

6 [21件] すがた, 上に, 体に, 反応を, 声は, 心持が, 態度が, 方から, 方を, 欠点を, 気持が, 生命を, 目の, 真意を, 眼に, 素姓が, 者が, 肚を, 腕に, 頭の, 顔の

5 [18件] ようすを, 一人が, 好奇心を, 婦人に, 子供は, 容易ならぬ, 心持を, 意見を, 方に, 目に, 話に, 身体を, 身分を, 面を, 面前に, 顔いろ, 顔から, 鼻の

4 [53件] すきを, ねずみは, ほうで, 二人は, 人格を, 人間が, 力を, 動作を, 口を, 同情を, 女という, 女学生の, 女性に, 女性の, 娘さんの, 婦人が, 婦人の, 少年は, 影は, 御機嫌, 心が, 意を, 感情を, 態度に, 手の, 構えを, 様子が, 機嫌を, 歌の, 正体が, 正体を, 武士は, 武士も, 氣持に, 注意を, 眼が, 眼は, 者は, 胸倉を, 腕が, 若者は, 袖を, 見境も, 警官は, 身に, 身元を, 返事が, 野郎は, 青年は, 顔色が, 首を, 鼻先に, 鼻先へ

3 [95件] ある仕事, お角, きげん, ことだ, ことで, ことばを, さうし, ところへ, ないの, ない事, ほうが, ほうに, まわりを, 一人は, 乞児は, 云うこと, 云ふ, 人も, 人物を, 人間を, 仕事に, 健康を, 刀を, 利腕を, 前で, 前へ, 剣を, 力に, 力量を, 唇の, 場合には, 声で, 声に, 夢を, 女と, 女の子の, 奴が, 好意が, 娘の, 娘は, 婦人を, 容子を, 将校は, 心は, 心も, 心持ちを, 心理に, 思惑を, 性格を, 意味を, 愛を, 手首を, 攻撃を, 本心が, 本心を, 樣子に, 横顔を, 気勢を, 気持ちを, 気持も, 気色を, 油断を, 深刻な, 無礼を, 異様な, 眉間へ, 瞳の, 瞳を, 立場に, 者から, 者へ, 耳へ, 肩へ, 肩先を, 背中に, 胸いた, 胸ぐらを, 腕の, 腰の, 腹が, 苦痛を, 表情の, 見当は, 見當, 言ふ, 調子が, 議論を, 質問を, 身分も, 頭に, 頸を, 顏が, 顏色を, 顔や, 首に

2 [330件] あるなし, いうまま, いかんに, いかんによって, いふこと, お京, お六, かぶって, からだに, からだは, からだを, ことです, ことばに, ときは, どこかに, どこかを, ないところ, ない人, ない恋, なすが, なすまま, のどに, ひとが, ひとの, ひとは, ほうへ, ものに, ものを, やり方に, オヤジの, ギンネコ号の, ケチな, シャツの, ピストルの, ポケットへ, 一人を, 一寸した, 一日を, 三人に, 不幸を, 中から, 主人の, 主張を, 事もなげな, 二人の, 人々は, 人には, 人数は, 人柄に, 人物に対する, 人相は, 人相も, 人相や, 人間の, 人間は, 仕事は, 仕事を, 仕掛けが, 仕掛けを, 代理として, 令嬢も, 体の, 信号を, 兜を, 全部を, 冷笑を, 凄さ, 出て, 出方に, 出方を, 刀の, 卑怯な, 卑怯を, 占有を, 印象に, 反感を, 口から, 口からけ, 口に, 口の, 右の, 名と, 名は, 名誉を, 呪言の, 呶鳴る, 呼吸を, 咽喉に, 商売らしい, 商売を, 喉に, 喉を, 国の, 変化に, 変化を, 外国人は, 多左衛門, 大仕事, 大名が, 太刀の, 太刀を, 女といふ, 女にも, 女中は, 女学生が, 女学生は, 女学生を, 好意に, 好意を, 如何によって, 姿へ, 娘が, 婦人は, 学生が, 学生は, 実力を, 客が, 客に, 家の, 家は, 容子などには, 導くまま, 小商店, 小手へ, 居所が, 左の, 巨漢は, 差し出す餌, 常識に, 度胆を, 弱味に, 強さ, 影を, 後向きの, 得物を, 御婦人, 心根の, 心臓の, 快よ, 怒を, 思想を, 恋を, 息を, 悪意を, 意に, 意表に, 意見に, 意見は, 感情に, 感情の, 態度から, 態度を, 懷中の, 戦争は, 戦争も, 戦闘力を, 所在を, 手から, 持って, 指先を, 数々が, 数が, 方も, 時には, 服を, 木村八段に, 本心の, 棟梁佐太郎も, 槍を, 権之, 横面を, 次の, 歌を, 歓心を, 正直さに, 武士が, 武士の, 武家は, 武蔵は, 死を, 死骸を, 殿村は, 気が, 気に, 気も, 気分に, 気勢に, 気持ちに, 気持に, 氣を, 氣組を, 決死の, 河童へ, 河童も, 油断に, 注意が, 海軍大尉の, 清二は, 激しい勢, 激しい情熱, 激発を, 為に, 無経験, 無躾, 熱情に, 片足を, 玄人下宿を, 現われるの, 生活は, 田舎者は, 男へ, 留守番には, 疲れを, 眉の, 眉間を, 真似を, 真価を, 真意が, 眠りを, 眼色を, 着物の, 知力と, 秘密を, 稽古に, 立てたの, 立場や, 第二, 答が, 粗製品, 精気を, 精神に, 精神を, 素姓は, 素姓も, 紳士は, 罠にか, 罪を, 置く石, 美しい唇, 考へが, 者に, 者も, 肉体の, 肩から, 肩や, 肩口から, 肩越しに, 肺腑を, 胆を, 背から, 背の, 胴へ, 胸から, 胸と, 胸もとを, 胸元へ, 胸許に, 脅を, 膝の, 膝を, 膝頭と, 芸を, 芸妓が, 若い女, 若い妓たち, 若さ, 若侍, 若者たちの, 苦悶の, 華やかな, 血で, 行動を, 術中に, 術策に, 表情などに, 表情に, 見定めが, 見当も, 言を, 言葉には, 言葉も, 言葉付は, 詞を, 語気を, 説を, 誰である, 足もとに, 足もとを, 足首を, 身体から, 車は, 辛辣な, 返事は, 返辞を, 迷惑を, 運命を, 野郎が, 鋭鋒を, 長所を, 雜誌に, 青年たちの, 青年の, 青年を, 非道を, 面上を, 頬に, 頬を, 頭から, 頭へ, 頭上に, 頸に, 頸の, 頸筋を, 額を, 顎を, 顏に, 顏も, 顔さへ, 顔つきは, 顔などは, 顔色から, 顔色で, 顔色に, 顔色如何に, 首筋に, 馬の, 魂に, 魂を, 鼻が, 鼻先で

1 [2475件 抜粋] ああいう, あの男, ありませんの, あんな山の手, いうとおり, いかなる状態, いつまでも, いわば敵国人, うちは, おいらんをも, おちついて, お上さんには, お勝さん, お好み焼, お嬢さんは, お役人, お棺, お角親方, かっこうで, かわずに, けわしい顔, ことだけ, ことも, この感動, さういふ素振り, しかも衣裳屋, しように, すべてに対して, そうした表情, その狂暴, そぶりに, そんな素振り, ためには, ちがって, つもりで, ときにも, どぎまぎし, どれにも, ないつまらなさ, ない健三, ない時, なかで, はかどらない荷造り, ひとたちの, ひとりや, ひるむを, ふところへ, ほうは, ほんの一寸, まわりに, むっちりと, ものである, やせた腕, やらうと, ようだ, わき腹へ, エピミーシウスとの, キャバレーだの, ゴロツキ連中も, ジャックリイヌは, セリ売り, チャチな, トラックの, バーで, ベルが, マッチを, モヨ子の, ロクは, ワキ役を, 一人である, 一喝に, 一挙一動に, 一本調子に, 一部が, 三上を, 三名へ, 上体に, 下手だ, 下腹を, 不快な, 不正を, 不確, 世相小説に, 両眼, 中へ, 丸ぽちゃな, 乞児であった, 争議が, 二人が, 云いなりに, 云った言葉, 五ツ島とかいふ, 井野老人は, 亮助は, 人たちと, 人によって, 人格が, 人物に, 人見知りを, 人間性を, 今までの, 仕事から, 仕事では, 仕方にも, 伊貝は, 会話には, 伯爵夫人の, 住居を, 体構えに, 何気ない話しぶり, 何者なる, 侍と, 信を, 假設人物である, 傍らに, 傾城が, 兇器が, 全姿を, 八五郎は, 六人を, 内懐に, 冷泉華子さんの, 凝視の, 出やうぢ, 出來る, 出来たこと, 刀光を, 分りさうな, 切れものを, 利き腕を, 制服を, 前衛を, 力士は, 動く通り, 勞働意欲に, 化粧品を, 十兵衞様に, 卑怯さめめし, 厳めし, 友の, 反対側に, 受話機が, 口吻に, 口誦する, 召使も, 右手を, 右門が, 吉良を, 名お前は, 名まで, 名前などは, 名前をさえ, 告白を, 味覚が, 命を, 咽喉を, 唇から, 商人は, 商売でない, 商店街まで, 善悪美醜を, 喜い, 嗅覚器官に, 器量を, 困るさま, 国へ, 地獄と, 執拗な, 場合と, 声の, 変に, 夜鷹も, 大きな図体, 大名人, 大小の, 大量生産が, 天魔太郎は, 夫人が, 失敗を, 奥村一郎所有の, 女です, 女にすらも, 女学生と, 女性を, 女王を, 女行者, 奴等を, 好奇心が, 如く見ゆる, 妄信を, 妨害を, 妻太郎さんという, 姿, 威力, 娘さんを, 娼婦を, 婦人に対して, 嫉妬の, 子どもらしい, 存在は, 安価な, 宗兵衛は, 客は, 家主は, 容子だけに, 密告を, 寛大な, 寺小屋先生に, 将来の, 小店員, 小競合いや, 小質屋, 少佐が, 少年や, 尾翼は, 居酒屋に, 山や, 巡査は, 差別を, 帛遠, 平六は, 平静さに, 幻影に, 底知れぬ, 店の, 弁護士と, 弟の, 強い視線, 形状用途環境対象等の, 役が, 後に, 後ろ姿に, 後明は, 得物と, 微笑が, 心もちとに, 心情を, 心持に, 心理状態と, 心臓を, 思って, 思惑に, 急き込んだ語気, 性が, 性質を, 恐ろしい形相, 悪いこと, 悪口を, 悲鳴や, 意, 意向に, 意志を, 愛人が, 感情などは, 慇懃な, 態度も, 懐中へ, 懷中を, 戦術な, 所論を, 手剛さを, 手足に, 打越樣には, 投げたつぶ, 択り, 拍子を, 指の, 掌ぐるみ裏返し, 推しを, 擬装が, 教えを, 数の, 文化に, 料理屋を, 方からは, 旅の, 日本語が, 昔話や, 時間ぎれ, 智能も, 曲者を, 有, 有罪の, 期待にほど, 木村に, 本意を, 村上松五郎てえ, 来意を, 枕許を, 柿右衛門の, 概念だ, 様子などは, 権力感を, 横に, 横浜桟橋会社は, 機帆船から, 欠点美に, 欺瞞手段が, 正体は, 武士である, 武蔵も, 死んだの, 殺し文句に, 殿様ぢや, 毛色も, 気の, 気位に, 気嫌を, 気持の, 気色などは, 気配に, 氣持を, 水ぎわだった, 求めるもの, 沈黙が, 注文を, 流連を, 消滅を, 深々と, 清子が, 溜息も, 激しさ, 為すがま, 無愛想に, 無自覚さに対する, 熟語以外は, 爆弾漁業者の, 片腕に, 特徴を, 狂いも, 独仙君は, 独身生活を, 玉藻は, 理と, 生命に, 生活を, 田舎剣術だ, 申し込みを, 男から, 男という, 男の子は, 男女が, 男達, 町人を, 異性から, 異議が, 疲れるの, 痩せた男, 白い診察着, 百姓が, 目が, 盲人は, 眞意を, 真剣さや, 真相が, 眼には, 眼中の, 瞳へ, 知れない父, 破落戸は, 示す粗略, 神経などにかけ, 福井は, 秋山とは, 種類である, 突かれるくま, 立場なり, 童まで, 竹刀が, 笑い声が, 第一義式の, 答であった, 籠に, 紋也の, 素姓や, 素性を, 素直な, 紳士と, 給仕女は, 罪じゃ, 美しさ, 群れは, 老女に, 考えには, 者ども, 耳も, 職業は, 肥え太った腹, 胃を, 背や, 背中の, 胴衣の, 胸倉だけは, 胸板へ, 脇腹へ, 脳天めがけ, 脾腹を, 腕く, 腕根を, 腹中には, 臍から, 自分に, 自白を, 興奮し, 船は, 良沢が, 花田八段は, 若い娘さん, 若武者も, 苦しむの, 英国人は, 荒っぽい居酒屋, 菓子店が, 蒼ざめた顔に, 虎男は, 蚤を, 行方を, 袂へ, 襟を, 見さかい, 見付かったの, 見当だけでも, 覚悟も, 親類たちは, 言いぐさが, 言う意味, 言動を, 言葉にも, 言葉尻を, 訴訟は, 話から, 話の, 認識も, 語調が, 読む数字, 調子によって, 論理が, 警戒心を, 豊国江知勝, 貴族的階級心に, 贅沢品屋は, 足に, 足元から, 足首へ, 身の, 身体めがけ, 身分の, 身構えには, 車の, 軍国主義が, 農夫が, 返事に, 返答は, 迷惑に, 逃げ道を, 連中の, 遊びに, 達に, 選択ダンスで, 配偶者を, 醜い感情, 金髪令嬢は, 鉾を, 鋭い眼付き, 鎌で, 長右衛門, 門前まで, 関心を, 陳彩を, 隈取りの, 隙に, 雄弁も, 雑貨店二階の, 青ざめた顔, 青年も, 面に, 面前では, 面附を, 領に, 頭でありました, 頸っ, 顏から, 顏へ, 顔だろう, 顔一杯に, 顔色と, 風ていを, 飛躍に, 餌食と, 首筋と, 馬子は, 騎士の, 驚きようが, 骨を, 高瀬理三郎氏には, 髻を, 魂胆が, 鳩尾へ, 鼻さきに, 鼻垂しも

▼ 相手~ (5487, 25.3%)

533 して 261 なって 49 しない 47 なつて 36 しては 31 しなかった 28 するの 23 しても 21 しないで, ならない 20 何か 19 すること, 酒を 18 ならなかった, なる, なるの 16 話して 15 喧嘩を, 遊んで 14 しないの, するもの 13 しなかつた, しません, する者 12 なった, ならずに, 向って 11 しなければ, ならなかつた, なること, なるもの 10 したり, しないので, すると, ならないで, 暮して 9 しないこと, しないん, しながら, しようと, するよう, なると, なるよう, なる者 8 なったり, ならないので, なりません, 働いて

7 [14件] されて, されない, されなかった, しちゃ, しないから, しないという, しなくなった, する, する気, なつた, 気焔を, 物を, 自分の, 飲んで

6 [20件] いつまでも, いろいろな, さとられぬよう, されないの, しての, しないが, しないよう, しませんでした, するな, するに, するには, すれば, せずに, ならないの, なりました, なる気, なれば, なろうとも, 出て, 對し

5 [14件] いろいろの, した, しようとは, するん, なったの, ならないと, ならぬ, なるな, なる人, 仕事を, 反感を, 成って, 気づかれぬよう, 話を

4 [31件] されないので, されなくなって, したの, しなかったが, しなかったので, しようとも, するやう, するわけ, する場合, なつたり, ならなかったが, なりながら, なりに, なりませんでした, なろう, なろうと, 何を, 例の, 冗談口を, 四方山の, 将棋を, 必死の, 暮らして, 無駄口を, 眼を, 碁を, 腹を, 茶を, 選んで, 長々と, 飛びかかって

3 [70件] おしや, お喋舌, したって, しないであろう, しないと, しないやう, しなかつたが, しなくては, しなくな, しなくなって, しませんよ, しやしません, すまいと, するつもり, するも, するもん, するより, する事, する人, する奴, する必要, なっては, なっても, ならうと, ならないこと, ならないよう, ならなければ, ならねえ, ならんと, なります, なるわけ, なろうとは, ものを, よる, 一人の, 一生を, 世間話を, 何の, 傷を, 取って, 取るに, 商売を, 妙な, 彼は, 心得が, 応じて, 恥を, 成るといふ, 朝から, 正面から, 比べて, 気づかれないよう, 気の, 気を, 法螺を, 淋しく暮し, 渡した, 無駄話を, 猛烈な, 盛んに, 私は, 秋の, 立って, 細々と, 話し込んで, 身を, 遠慮し, 闘って, 顔を, 首を

2 [271件] あるの, いくらかでも, いったい何, いつも愉快, おなり, おなりに, お仕舞, お琴, お茶を, お話を, けちを, こしらえたもの, ことを, これほどの, こんなところ, こんな無駄, さう, さちよが, さとられては, さとられないで, されずに, されないだけ, されないで, されない事, されなかつた, されなくなったの, されなければ, されませんでした, されませんよ, しきりに何, しそう, したつて, したと, した時, しだした, しちゃあ, しつ, してると, してるの, してる時, しないし, しないに, しないもの, しないよ, しない人, しない鳥, しなかったの, しなかつたので, しなくても, しなくなりました, しなさんな, しにくい, しねえん, しませんでしたが, しませんので, しゃべって, しやせん, しようという, しよんぼりと, し易い, すまないと, するから, するとも, するほどの, する以上, する女, せざるを, せず, せないもの, せぬ, せぬので, せんで, せんよ, その話, それと, ちびちびいつ, つけた傷, つましくやつ, とびかかって, どうする, なさって, なされば, なってる暇, ならず, ならず結局, ならず話しかけられても, ならないが, ならないん, ならない平次, ならない方, ならなかった高輪, ならぬこと, ならぬと, ならぬよう, ならねえもの, ならん, ならんよ, なりたくも, なりましょう, なり手が, なるから, なるが, なるまいと, なる必要, なる筈, なれるもの, のんで, のんびりした, ひとりで, ふさは, ぼんやりし, まかせきり安心, ままごとを, まわして, むかつて, よくよく似, キャッチボールを, ツジツマの, テニスを, ブンナグラレル先に, 一と, 争っては, 事を, 云うだけの, 今更腹, 伝えること, 何かと世間話, 何かの, 佗びしく暮らし, 依つて態度, 信頼されたかつたら, 公言し得る, 出たの, 出るな, 剣術の, 勝手で, 取ること, 取ると, 口を, 向かって, 向けた, 向けて, 唆か, 喋って, 喋舌って, 喧嘩し, 喧嘩する, 嘘だの, 因業な, 声を, 夕方から, 夢中で, 大喧嘩, 大格闘, 奥で, 奪われて, 好い加減な, 好感を, 始めました, 始終快活, 媚びた調子, 嫁入りの, 嫉妬を, 安心を, 寂しい日, 岸本は, 彼女は, 怪我を, 悟られぬよう, 悠々と, 意見を, 意識し, 成った, 戦うの, 戦って, 戯れて, 手交した, 手抜きを, 掻き口説くの, 改めて酒, 斯うし, 日を, 昔の, 晩酌の, 暮すよう, 書くの, 有無を, 朝飯を, 杯を, 楽しんで, 機嫌よく, 歌を, 毎日酒盛りを, 気がついて, 気づかれて, 気づかれる心配, 気嫌よく, 求めるところ, 汚辱を, 決闘を, 河童の, 油を, 油斷を, 泣いたり, 注意を, 渡すのに, 演説を, 火花を, 無理に, 無邪気な, 父の, 片言の, 独りで, 用心させる, 用意が, 目を, 種々と, 稼業大事と, 笑ったり, 納得させ, 組打ちも, 縁側へ, 腕比べを, 自分が, 自分という, 興味を, 興奮し, 茶の間で, 血戦を, 要心させ, 角力を, 言った, 訴訟を, 話しかけた, 話した, 話したいこと, 話しだす, 話する, 認めさせる, 誰をも, 議論を, 豪勢な, 負けないよう, 負けるの, 起つ者, 近づいて, 逃げられるの, 通じた, 通じないので, 通じなかった, 通じるよう, 通じるわけ, 遊ぶの, 遊んだぐらゐが関の山, 遠慮は, 選ばれるには, 選ぶべき役者, 選り好みは, 遺された身上, 酌婦めいた, 雑談を, 静かに, 面会する, 頻りと, 食って, 食事を, 飮んで, 飯を, 飽きるよう, 騒いで, 骨牌遊を

1 [2814件 抜粋] あきあきして, あでやかに, ある, あれまで, いかにも上機嫌, いくらテニス, いちゃついて, いやがられるほど, いろいろ調べ, うたがいを, うまく取入る, おかま, おどりかかった, お伺ひした, お蝶, かえって幸福, かくすこと, かなりひどい, かまわず独り, かんしゃくを, きこえたの, ぎゅうぎゅう捺しつけなく, くりごとを, ぐび, こうして摺物, この十三郎単身, この通り, こんなきれい, こんな商売, さいぜんから, させられて, さとられて, さりげなく話し, された, されないか, されないなんて, されない形, されなかったが, されなかった不満さ, されなかつたので, されなくな, されなくなるん, されようはず, される生活, しあるいは, しきりに無駄口, したいと, したくないん, したその, したやう, した二流以下, した少, した歌, しちや, してな, してるかの, してる方, しないからという, しないであろうこと, しないほど, しない事柄, しない所, しない程, しない風, しなかったけれど, しなかった名人, しなかつたこと, しなかろうが, しなくなつ, しなけりや, しばらく世間, しばらく話し, しますよ, しませんと, しや, しようが, しわざと, し慣れて, じっと睨み合い, すぎない, すこし亢奮, すばらしく, すもうを, するくら, するだけ, するとか, するほど, する主婦, する営業, する工事, する性質, する樣子, する真面目, する茶人, する隙, せいぜい百人ぐらゐの知人, せずすぐさま, せずまもなく, せず早番, せず素通り, せつせと, せぬよう, せめてもの, せんと, そういう感情, そう云った, そのやう, その店先, その数, それだけの, そんな事, たずねた, たたきつけられ血ヘド, だれにも, ちよつと, つかみかかるかと, つづけた, できないので, とかくはか, とびかかり馬乗り, とるも, どうです, どんなこと, なお範覚, なさらないよう, なさること有, なされますの, なすつた方, なった侍, なった男, なってる井野老人, なにかと, ならず何かしら考, ならず徒ら, ならないから, ならないのに, ならない事, ならなかつたから, ならなくなったが, ならぬ決心, なられぬが, なりそ, なりは, なりませず泥靴, なり今西巻子, なり得るよう, なり笑い, なるだけの, なるなと, なるべき人, なるほどの, なる人間, なる女, なる手合い, なる男, なる芸術家, なれないもの, なれまい, なれるか, なれるもん, なろうもの, ねだっていう, のませる, はてしの, ひとり拍手再拝し, ぴたりと, ぶつからなかった, ぼろ繕いらしい, まごころ, また喧嘩, ままごとの, まわしながら, むくいた, めぐりあったの, もうかなり飲んだ, やしませんよ, やられたの, ゆうべの, よかった, よければ, よりけりだ, わかった時, わからないの, わたくしひとりでは, イナされよう, オムレツでも, ケッセルの, スミスの, トランプば, バタを, ビールを, ホロ苦い, メグが, ラオコーンそっくり, 一人言を, 一商売を, 一年の, 一文商ひ, 一時間ばかり, 一杯飮んで, 一生懸命羽根の, 丁度よい, 上方勢を, 不利に, 不機嫌さうにいふ, 与えた, 与えるもの, 世間ばなしを, 亀の, 争つては, 二人ぎりで, 二百餘人の, 云った言葉, 五十余合も, 京都以来の, 人間は, 今までは, 仏蘭西語の, 他念ない, 伏見屋の, 会話を, 伝えるの, 伺ふが, 何やら押し問答, 余裕が, 侘しい女, 侯爵が, 備えさせるの, 傷でも, 僅かに, 僕が, 先んじられて, 光子が, 公事を, 再び昔, 凭れかかって, 出ますからな, 出来なくなって, 刃物などを, 切り死にを, 切結んで, 利益を, 剣術を, 力を, 勇気を, 勝つ術, 匕首でも, 十数人の, 卓子を, 印象しよう, 反対を, 叔母は, 取られまいとして, 取り食われて, 取詰められながら, 受け入れられる望み, 句作に, 叫ばれたならば, 合槌を, 向い君, 向っての, 否定させ, 呪ひ, 呼びかけられては, 和し, 商売し, 商賣してた, 喋つてゐるらしい, 喧嘩してる, 嗅ぎ出されねえよう, 囁いた, 回して, 國と, 地位が, 坐り直した, 声高く, 夕食の, 夜を, 大いに酔った, 大した義理, 大声に, 大杯を, 大芝居, 天下取りを, 奮闘した, 妻が, 媚びると, 嬉々と, 安物の, 実験を, 家宅侵入の, 寛大であろう, 専門棋師の, 小さく経営, 小屋の, 少し話し, 山で, 左膳が, 帳面を, 平気で, 庄屋本陣の, 廻つた女形は, 引き出される, 引越しの, 強いようと, 当節では, 彼等の, 御頼, 徹底せぬ, 心中立を, 応じなければ, 快活に, 思い知らせようという, 思われたこと, 怪我くらゐ, 息の, 悟られぬよう注意, 悪い風儀, 悲しみを, 愉快を, 感じさせかねたので, 感づかれずに, 感銘させ, 懸ったこと, 成るの, 戦う, 戦ったため, 戦を, 戯れては, 手に, 手渡しながら, 打ち明けそれ, 批評家と, 投げ付けた, 抱かせること, 押し問答を, 拵へ, 捉われ, 捨鉢に, 接吻し, 握らせた, 擬せられたと, 数ヵ所の, 斬りつけたの, 断腸の, 日もす, 日永一日将棋を, 明かし暮らすより, 昼の, 晩年を, 暫くの, 暮したら刃物, 暮すという, 書いた, 最敬礼を, 朋輩の, 木剣の, 本式の, 杯の, 枢密院の, 格闘し, 椰子の, 楽屋の, 樺色の, 歌の, 死んだ夫, 殺されそう, 母は, 気が付かれぬよう, 気づかれない程度, 気づかれるよう, 気取られぬよう, 氣兼ねし, 求めるそこで, 決死の, 法典ヶ原の, 泥酔し, 洗濯物を, 浮気を, 深い感銘, 清子が, 渡しながら, 演じたくだん, 潜在意識が, 火を, 為ぬので, 為れね, 焦噪, 片手を, 狩を, 猪口を, 現れて, 甚だしい拒絶, 生計を, 甲板上に, 癇癪ばかり, 皮肉の, 直面しよう, 眉の, 眼隠しだの, 知らせたいという, 知らせる時, 石の, 示して, 礼を, 秘密の, 稼業を, 窺わせて, 立ち廻わること, 立てた皮つき, 立廻っ, 競争の, 笑はれ, 精出すもの, 約束を, 終夜営業を, 組み敷かれて, 絶交状を, 縋り付くよう, 羅宇直しの, 考へるところ, 聞えて, 聞かれちゃ, 育ったに, 胸飾りを, 腕を, 腹の, 自分で, 自己の, 自説を, 致しませぬ所, 船員赤石の, 色の, 芝居話などを, 茶店の, 落ち着いた方, 薗八節の, 血まみれの, 行く行く話, 街上に, 襟を, 見きり, 見た目も, 見られないよう, 見苦, 覚らせるの, 触れたか, 言い度, 言わなかったの, 討論する, 話さして, 話しだすと, 話し込もうとも, 話す時, 語った, 誠意なかっ, 説教を, 諄々として, 論争する, 講演し, 議論し, 負けぬ程丁寧, 質問し, 趣味云々だ, 踊ったり, 蹴まりに, 辛い皮肉, 近ごろ選び出された, 近頃農産物, 迫られた場合, 退屈な, 逃げられて, 逗子の, 通じないこと, 通じるの, 通ずるもの, 逼る, 遊び戲れます, 過ぎなかった, 選ばれたの, 選んだの, 酒に, 野ら仕事を, 針仕事を, 銀座の, 開業する, 関守氏が, 陽なたで, 隣の, 雲仙の, 面白くあるい, 響いたらしくいっせいに, 頻りに話し, 飛びかかるかの, 食べたもの, 飲め, 饒舌って, 駄弁を, 鬱憤を, 鰯や

▼ 相手~ (2670, 12.3%)

28 誰だ 14 それを 11 私の 7 それに, 少しも 6 僕の, 勝平の, 容易ならぬ, 立派な, 自分の, 首を 5 ごめんだ, どこに, 何処の, 子供だ, 急に, 答えた

4 [11件] 一体誰, 例の, 名に, 大家の, 女だ, 平気で, 彼の, 彼を, 彼女の, 笑って, 誰か

3 [38件] いくらも, いつでも, して, すぐに, そんな事, たった一人, どうなりました, ないの, なかった, なんにも返事, もつと, 一人も, 何と, 口を, 声を, 女である, 御免だ, 手を, 此方の, 武家で, 気が, 目に, 眼を, 確かに, 答えなかった, 腰を, 自分を, 若い女, 言った, 誰かと, 誰でも, 誰れ, 誰れだ, 逃げて, 郷里の, 顔を, 驚いて, 黙って

2 [210件] あきらかに, あせり出したよ, あなたより, あんな魔法使, いたし, いないの, うんと手剛, えたいの, おめ, お父様, くるりと, こっちの, ご家老, さぞ堪能, そこへ, その上, その二つ, その出鼻, その手, それは, それ以上心得, そんなこと, たかが猫, たじろぐ様子, だれだ, どこかへ, どこにも, どこの, どんな事, どんな人間, ない, ないし, なんでも, ひとりだ, ひとりも, ひらひらと, びくとも, ほんとに鉈, まだ三十, まだ二人, まだ子供, まばたきも, わずか二人, アメリカだ, キョトンと, ノートを, バイオタイトだ, フランスが, 一人だ, 一体何, 一向感じ, 一向驚かねえ, 一寸も, 一種の, 一藩の, 三百歳である, 不相変, 中, 主君じゃ, 二人で, 二十面相です, 二本差だ, 二本差だけに, 五十を, 亭主持ちだ, 人を, 人混みの, 人間では, 人間な, 今僕を, 仰反, 伊賀の, 会釈一つしない, 何うし, 何か, 何にも, 何も, 何事も, 何者か, 何者だ, 侍です, 俺の, 倒れて, 僕を, 兇状持だ, 先廻りし, 入替り時間, 兵法と, 出來, 出来ませんから, 出羽の, 動かない, 北田であった, 十七八の, 双葉山である, 叫んだ, 叮嚀に, 周章た, 唇を, 唖の, 困惑した, 土地の, 坂の, 増長し, 変装の, 多寡の, 大きな声, 大名平次も, 天下の, 夫婦を, 女です, 女故に, 子どもの, 存外真面目, 定めし母樣, 小身でも, 小身ながら, 巡査とか, 巧みに, 市井の, 平生から, 店の, 強い口調, 得意に, 御大身, 思ひの, 恐ろしく強い, 恩の, 意外にも, 手剛い, 新堀川の, 時による, 普通の, 暫らくは, 曖昧な, 本当に出来ない, 松山の, 武士です, 武家それも, 武家です, 武家屋敷だ, 殺され損, 殿様です, 気を, 気味の, 江戸一番の, 決して出, 泳ぎが, 満洲なまり, 溜息を, 無し御用, 無神経な, 無言で, 無頓着に, 父に, 父の, 特別恐ろしい, 獣の, 甲であり, 町人とは, 町内でも, 相変らず, 相手は, 知らないが, 私と, 私に, 私を, 空飛ぶ, 答へ, 綿文の, 聴かなかった, 腹を, 自分が, 自分と, 自然に, 若くて, 荒々しく扉, 荘田勝平と, 薄気味の, 蚊の, 表具屋の, 評判の, 誰, 誰だい, 誰だらう, 誰だろう, 誰で, 誰である, 誰と, 誰な, 調子に, 貝の, 質屋だ, 足もとを, 踏まれまいとして, 身分あり, 身動きも, 返事を, 酔って, 階段の, 階段を, 青年と, 静かに, 非常に, 順平でない, 頭を, 顔色を, 黒雲五人男だ, 黙々として, 黙つて

1 [1959件 抜粋] あいかわらず一直線, あきらめずに, あくまで紳士的, あっさり, あったのに, あのひと, あの男ひとり, あの背, あまりに可愛らしい好い, ありそう, あるもの, あれ程の, あんな東京, いかにも苦し, いくらヴァンドンゲン, いずれ大きい, いっこうに動じた, いったいだれ, いっぺんに兜, いつの間にか摺り抜け, いつもパイーシイ主教, いつも自分, いないしさ, いまさら言, いよ, いよいよ容赦, いわゆるため, うなずいて, ええ手前, おこったよう, おっそろしく, おばけや, おれが, おろか人の, お千勢, お扶持医者, お辻, かならず聞き違え, かよわい女, きこえぬ風, きまってそれ, ぎょッ, けっしてあからさま, こうやり返します, こごさ, こちらで, ことごとく自分, こどもに, この前, この正胤, この話, これこそ, これらの, こんな無意味, ご免である, さういふ名, さぞ參, さつきから, さも打ち明けさせまい, さア, しない物乞い, しゃがんで, すぐ眼, すこしシドロモドロ, すっかり知り抜い, すばらしく美しい行者, ずぶりと突き刺され, せんたく町, そうでも, そこを, そのまま殪, その一言, その監督, その預り物, それで, それにも, そんなに力, そんな細かしい, たいへん強力, たくさんいる, ただ, ただ一つ, たったひとり, だが, だれくらい, ちっとも怯まない, ちょっと不機嫌, つけつけと, つづけて, できません, とくに子供たち, とるに, どうかした, どうせあの, どうだった, どう変化, どこかに, どこへ, どなたな, どろぼう, ないかと, なお言葉, なかなか信じない, なかなか手強い, なきもの, なしサ, なぜこう感情, なにしろ魔法使いみたい, なんであろう, なんと言っ, なン, はっきり領土, ひざを, ひとりのみこみ, ひどく機嫌, びつくりし, ふた足, ふんぷんたる白点に, ほがら, ぼくの, まあ親類, まさしく悪魔, ますます楽し, またし, また怒鳴った, まだこちら, まだ二十五六, まだ笑い声, まだ諦めなかつた, まるつきり, まるで泥, みつかりつこないよ, みんな向う, むやみに, めくらなの, もうそれ, もう何, もう姿, もう鳴かなくなった, もともと女性, やさ男に, やっぱりニコニコし, やつて, やはりこの, やはり既知, やや熱した, ようやく答えた, わけも, わたしなどには, われわれよりも, オイボレだ, ガスコと, グウの, ゲンコツをよけて, サア・フィリップ・シドニイ未亡人であり, ソレ見た, チベット人ここでは, トンと, パンパン姐御, ピカピカする, ポケットには, モット若い, ヨタモノです, 一人こっちは, 一人である, 一人鬼神であろう, 一名な, 一向通じない, 一層調子, 一本落した, 一般に云え, 一諏訪栄三郎と, 七十だし私は, 三人か, 三十万ぐらゐなきやダメよ, 三千石の, 三疋や, 下に, 下等な, 与力官役人そうな, 世話に, 主人の, 乾雲丸の, 二人でございます, 二人日頃の, 云った, 五六丈上方に, 五十石や, 人に, 人影でも, 人間か, 人間でない, 今の, 今業平, 他へ, 伊之助とか, 佐, 何かという, 何しろ非常識, 何といつ, 何と浅葱色, 何ものとも, 何を, 何万何十万と, 何処に, 何国だ, 何者で, 何者に, 何處の, 余り安請合な, 例によって, 侍に, 俄かに, 信造だ, 個々の, 僕より, 元気よく, 光子と, 兎角簡短, 全く好意, 全然それ, 全身で, 八十七歳だ, 八百石取, 六人も, 其許自身に, 冗談として, 凄い腕, 出て, 出来ませぬ大勢, 切れた糸, 初めて納得, 別に疑う, 前と, 力が, 助手では, 動発し, 勿論庄造, 医者の, 十八, 十萬石の, 千葉周作と, 半分顔を, 博士の, 反對, 口の, 只セックス, 吉田磯吉の, 同じ近郊, 名ある, 名人と, 吐息と共に, 呉服屋の, 呼吸を, 唇へ, 喧嘩屋の, 四十に, 四次元の, 固く口, 土岐与左衛門と, 地殻を, 執拗で, 壮士ばかり, 売物, 外国人なり, 多く弱虫, 多勢で, 大きいぞ, 大の, 大分限の, 大勢であり, 大商人, 大学を, 大層よろこん, 大庭長平と, 大蛇です, 大領島津の, 太祖の, 女たちにも, 女中だけで, 奴隷に, 如何にもあの, 妖精である, 始めから, 娘しかも, 婦人づれである, 子供であっ, 子路の, 存外静か, 学界でも, 定めし母様, 容易でない, 寄りつけぬ高い, 将門だし, 小さすぎ, 小太夫, 小生を, 少し激, 山の, 山猿同様, 左大臣家の, 巴旦杏笑いを, 帰ったの, 平々凡々の, 平気な, 平然と言葉, 年寄と, 庭に, 強すぎる, 当り前だ, 当然な, 役人だ, 彼に, 彼女に, 後見という, 御三家の, 御機嫌さんで, 御領主土岐様, 念を, 思い切って, 思わず足, 怪塔ロケットです, 怪訝な, 恐らく武士, 恐れ入るだろう, 恐縮し切った, 恩惠を, 悪いが, 情を, 惡魔な, 意外な, 感に, 我れ, 手と, 手数将棋で, 折も, 抱琴だ, 探るよう, 放さなかった, 敢て, 敵であり, 断然けた違い, 新造か, 旗本屋敷で, 日本の, 日本語の, 明智方第, 春枝の, 昼間だけ, 曲がりなりにも藤判官, 更に軽蔑, 最早思はしく, 有名な, 本当に小, 本物の, 本通りから, 東洲齋を, 柔道四段だ, 格之, 梅毒の, 棚の, 榊では, 横浜の, 次郎で, 正面の, 武士である, 歩兵であり, 死にもの狂い, 死んでしまつた, 殿帥府の, 比の, 気づまりの様に, 気後れの, 氷の, 江戸一番と, 決つてゐる, 沈黙し, 泣きだしそう, 流し眼, 淫売ぐらい, 淺まし, 渡ならで, 溝端から, 潜水艦の, 火星兵団長の, 烏合の, 無しツマリ, 無性に, 無理に, 燕どもの, 牛の, 物騷な, 狂人と, 猛獣です, 猫間犬丸という, 王様だ, 生きて, 生命がけ, 生麦事件以来強硬な, 田代さんであった, 男に, 町人なにも, 町娘やら, 異人さんに, 病人同然の, 白痴か, 百二十何歳という, 皆一人一人に, 益惡口を, 直ぐに, 相不変手, 看護婦を, 真理を, 真黒な, 着物を, 矢部駿河守では, 石仏な, 神明にかけて, 私といふ, 秋川駿三以外の, 稍, 空気を, 立ちなおろうと, 笛を, 米友にとっては, 約束を, 素人とは, 細かくねえ, 終に人身攻撃, 維盛樣だ, 編笠を, 罐詰工場の, 群狼と, 耳が, 聞き入れようと, 肉食妻帯の, 肯いた, 腕の, 膠も, 自分でも, 自棄に, 致しますが, 船長であれ, 芸妓稼業の, 若いハイカラ, 若将, 英語で, 落第生だ, 薄羅紗, 藤次郎や, 蝮です, 裁判官だ, 要心ぶ, 見つからんからね, 角力取です, 言いかえした, 言葉つき, 話題の, 誤植が, 誰だって, 諸侯か, 警察が, 谷中三崎町で, 貴族でも, 赤穂浪人だ, 身ゆるぎ, 軍医か, 軽く叩き, 近江屋という, 返答が, 迷惑だ, 逃げも, 通じるん, 道端に, 遠慮なくド, 醜男であろう, 金持ちの, 金鍔次兵衛たった, 鉄片を, 鏡に, 間あいを, 阿呆の, 陽の, 隙だらけだ, 雑多だった, 露西亜だ, 静かな, 頑としてきかなかった, 頭蓋骨が, 顕微鏡で, 飛鳥の, 餘り, 馬籠の, 駒形の, 高からぬ, 鬼であろう, 魔法つかいの, 鴈治郎以外の, 默つて聞い, 鼠で

▼ 相手~ (2571, 11.9%)

22 相手だ 21 悪い 17 自分を 15 出て 14 相手だけに, 自分の 10 なくて, 相手です 8 ない, 何か, 相手である, 自分に, 誰だ 7 何を, 悪いから, 悪いと, 相手な 6 あって, あるの, それを, なかった, 女だ, 悪かった, 普通の 5 あれば, できて, ないから, 子供だ, 惡い, 綺麗な, 言った, 誰で, 誰であろう

4 [11件] こちらの, ないので, グリーンランドの, 口を, 小六, 悪いので, 惡いと, 欲しくて, 物を, 答えた, 黙って

3 [27件] あつて, お武家, そこに, そこを, それに, ないと, ないの, ほしかった, 何も, 何者である, 変って, 子供である, 急に, 悪いの, 惡いから, 死んで, 無いから, 相当の, 相手の, 確かに, 素人だ, 自分より, 若い女, 若くて, 西洋人だ, 誰かという, 誰である

2 [173件] あっての, あの儘, あの眇, あまりにも, ありさえ, あります, ありますから, ある, あると, あるので, あるん, ある筈, いけねエ, いつまでも, いないのに, いやな, いるかの, いるん, うなずくと, えたいの, お相手, これほど, そういう偉, それほどの, そんな女, ちゃんとした, ついて, できたと, とんでもない, どうあろう, どう出る, どこの, どこまでも, どの位, どの程度, どれほどの, どんなこと, どんな不自由, どんな女, ない時, なくなって, なにか答えた, ほかの, ほんとうに, まだ学生, もくしょうだと, もしや恋人, やくざ者なら, よくない, わかつて, わるい, ピストルを, リヽーだけ, 一人で, 一人の, 一分間でも, 下手から, 不愉快に, 亀と, 云った, 人に, 人間だけに, 人間であっ, 人間でない, 人間では, 人間の, 今如何なる, 何うし, 何人であろう, 何者であろう, 余りに脆い, 例の, 倒れて, 借金取りの, 僕の, 冗談を, 出來, 出来て, 刃物を, 判らないから, 別嬪だ, 割に落着, 勇猛無比な, 動物に, 勤まらん, 十七の, 可なり, 名に, 変な, 多少でも, 大勢で, 大名と, 大家である, 女である, 女でさえ, 妙に, 姿を, 宇治山田の, 実の, 平気で, 幾らか出せ, 弱いと, 彼の, 彼女の, 怒って, 思いの外に, 思ひの, 悪魔でも, 手を, 手剛いと, 昨夜の, 昼間の, 書換や, 欲しいと, 欲しかった, 欲しくなった, 欲しくなり, 正面からか, 死なずに, 死にでも, 死んだの, 殆ん, 気に, 気の, 気の毒に, 渋った顔, 無くて, 無ければ, 無作法に, 父の, 父を, 父親の, 現われて, 現在の, 瓢軽, 用心しない, 相手じゃけに, 相手と, 私の, 私を, 笑いながら, 笑って, 罠へ, 美しい夫人, 聾かも, 腰を, 膝を, 自分で, 自分と, 若い女性, 若い女達, 要るので, 見つかつ, 見つからなかった, 見切りを, 誰か, 誰れである, 謀んで, 跳ね返したと, 返事を, 退屈し, 違って, 酔って, 金が, 金を, 金持ちであろう, 長々と, 順次に, 馬鹿な, 鬼神や, 魔法使いなら, 黙つて, 龜と

1 [1822件 抜粋] ああいう, あくまでも情ない, あたかも良心, あったらどう, あっても, あつたらさう, あのお, あの場合, あの時雨, あの通り, あまりに事もなげ, あまりに落ちつき, あまり熱心, あやまるよう, ありました, あるかも, あるならまだ, ある今度, あれへんがな, あんまりキレイ, いい人, いかなる心, いかにも落着, いきなり逃走, いくら馬鹿, いたんでは, いったこと, いつもダマ, いない, いなくなったので, いまにも, いよいよ返事, いるよう, うごけば, うつかり, うるさくなく, おとなしい雅子, おどろいて, おまわりさんです, お前ウンとも, お嬢さんでなかったなら, お種さん, かけて, かわされて, きまらず飛んで, けしからんと, こう云う, こちらを, この世に, この藤次郎なぞ, この野蛮, こわいといった, ございません, ご自分, さのみ, しきりに止める, しどろもどろに, しゃくだ, じょうだんでやっているのなら, そういうこと, そこらにでも, そのあいだ, そのよう, その通告, それほど感情, そんな姑, たかぶれば, ただちに反撥, ためらうの, だれだ, ちっとばかし, ちょっとでも, ちよつと, つとまる, できたらしいの, できてるん, できる, どういうこと, どうかした, どうしても承知, どう受ける, どこから, どてらである, どんなやつ, どんな偉い, どんな怪我, どんな間違, ないかさ, ないとき, ないのに, ないよう, なかったら, なかなか油断, なくなるぜや, なく自分, なけれや, なにかいうらしい, なにしろ道庵先生, なむあみだぶつと, なんとも, なんと電気人間, はしやい, はつし, ばけもの, ひるん, ふえれば, ふみつけた彼, ほしかつ, ほんもの, まじめな, また言う, まだ何, まるでお, みつかつ, みな死ん, もう側, もし新しい, もし私, やさしく出, やはり努力, やんごとなきあたり, よいから, よその, よろこぶと, わかって, わからないだけに, わからなくなって, わかるやう, わしらの, ゐたならば, ゐる中, アーメンと, ウニコールである, ガン人と, ギョッとして, グウを, ササッと, ジレジレする, ニヒリストの, バラバラに, ヘッド, ランプを, ロス氏と, 一万二千石でも, 一人でも, 一人減り, 一文にも, 一番下に, 一萬二千石でも, 七十郎では, 三文奴でも, 三河屋の, 上に, 上段に, 下手な, 不快がる, 不敵な, 不足すぎる, 与兵衛でなかったなら, 世を, 主で, 主君であっ, 乞食だろう, 予想以上に, 二人である, 二十面相では, 二段引きの, 五味左門なら, 京都の, 人妻だ, 人妻と, 人間である, 仆る, 他の, 伝兵衛ひとりなら, 佐々木道誉身分は, 佐賀一の, 何である, 何と答える, 何人いよう, 何気なく言, 何者だ, 余りわからない, 佛樣にな, 侍だ, 俳優の, 偉すぎる, 債務者である, 兇悪な, 全く意表, 全部知っ, 公職に, 典膳だ, 内野君という, 冷ややかに, 処女だ, 出たや, 出家である, 出来たから, 出来たの, 出来ません, 出来るわね, 刀剣で, 分らなかつたから, 切出す要件, 初めて現われた, 判って, 判るの, 前例の, 力を, 動きに, 勝負に, 匕首を, 北原さんで, 十三歳の, 十六七の, 千鶴子だ, 危ないから, 友人として, 取りあう筈, 可哀想に, 可憐な, 同じ忍び衆, 向うの, 吾輩と, 呼びかける, 唐黍では, 唖女で, 喋舌つ, 嘘を, 困るでしょう, 土部三斎の, 坊主じゃあ, 堀田で, 墓の, 声高に, 変化を, 外国流で, 多ければ, 夢中に, 大まじめ, 大勢の, 大塚楠緒さんであった, 大徳川の, 大物であれ, 大身の, 失脚する, 女と, 女なら黙っ, 女子と, 女性の, 好きだ, 妹だって, 婦人です, 子供の, 宇津木兵馬だ, 実に彼自身, 容易でない, 寺田さんだったら, 尋常でない, 小さ過ぎる, 小栗の, 少々悪い, 少しも, 少ないとき, 居るのに, 居眠りを, 屋敷である, 山脇玄内だ, 岡田では, 崖から, 左様に, 市外に, 帽子から, 平気な, 年頃の, 幽霊じゃ, 幾人あらう, 建築美術の, 弱すぎ, 強いと, 強くても, 強すぎる, 強情者である, 強過ぎました, 役人や, 彼を, 従妹でも, 御母公, 心して殴った, 必要な, 念を, 怖いの, 怖るべき, 思ひ切る時, 怪訝な, 恐くなっ, 恐ろしい様子, 恩人たる, 悪いこと, 悪いな, 悪いね, 悪いんで, 悪くっては, 悪すぎた, 悪人である, 悪過ぎる, 惡さうです, 意趣を, 愛ちゃんを, 憎めなかった, 懷中が, 戻って, 手強いよう, 批評主義批判主義なる, 持って, 挑戦する, 振り棄てぬ限り, 撃って, 支那の, 敵でも, 斬りこんだ, 新米の, 既に死罪, 日本には, 日本太郎では, 明なら, 暗闇の, 曾て, 望を, 本当に愛さない, 条件附の, 東条であっ, 松島様で, 某伯爵家, 栄二だ, 案外弱い, 梅子で, 業を, 楼桑村の, 次つぎに, 欲しい, 欲しいのね, 欲しくなる, 正当でなかった, 正直な, 此処を, 武士だけに, 武士なら, 歩いて, 死んじゃ, 死んだ場合, 殺気立つて, 母である, 気づいたなと, 気に入りの, 気付かなかったかと, 気紛れな, 気違い犯人です, 氷でも, 油斷を, 泣きそう, 洒落気たっぷり, 海では, 深く慎ん, 渡渉し, 漠然と感じ, 瀬尾教授であろう, 無いもの, 無くなり友達, 無學, 無手なら, 無限なら, 熱に, 片輪者, 犬である, 狐だ, 猛獣では, 玄人だ, 現れたの, 甘いと, 生き物だったら, 生真面目な, 田口だ, 男性の, 畜生です, 異人です, 異性である, 病人たる, 痛い顔, 皆去, 目明しもし, 盲人である, 相当な, 相手だって, 相手という, 相手ゆゑお前に, 真似を, 真面目な, 睡眠剤に, 知りたいもの, 短かく喚, 石黒じゃあ, 祈って, 神月伊佐吉という, 私ぢや, 私に, 穏しい, 突き留められさうな, 立ち上りかけた肩先, 立つの, 竹刀を, 答えようと, 米友です, 素人でない, 素直にかの, 縦令どんなに取る, 美しいと, 美食の, 老人なら, 耳を, 職業的, 胸板へ, 腕ずくなら, 自分に対して, 自己本位である, 自然の, 良江でなく, 若いので, 若くつて, 茫々たる, 葉之, 薬でも, 虚像な, 蠣殻町の, 行って, 西洋人では, 要つ, 見えないの, 見ず知らずの, 見つからない時, 見つかるだろう, 見ると, 見付からない, 見当たらぬよう, 言う, 言ひ出せ, 評判の, 話して, 誰あろう, 誰でも, 誰に, 警察の, 豪家である, 貞操の, 買ったばかりの, 赤格子九郎右衛門なら, 踊り子の, 身を, 身分も, 車道へ, 軽口を, 近づくの, 返すという, 迷惑そうな, 逃げださないか, 逃げると, 逆襲し, 連れ立って, 違いましょう, 違うっ, 違う謙信, 選択しなけれ, 都合よく, 酔っ払いでも, 重役だって, 金持ちである, 釜中の, 鋳掛屋の, 長持と, 間道づたいにうしろへ迫っ, 降参しない, 隱した, 離れないと, 電話口へ, 青年でも, 静粛を, 非紳士的, 鞘を, 頗る獰猛, 顕微鏡である, 飛行自在の, 飲んで, 馬田である, 駿河屋の, 高貴な, 魔物なれ, 鳥で, 鶴村でなく, 黙り込んで

▼ 相手~ (2487, 11.5%)

167 して 42 見た 37 見て 14 した 13 しながら 12 殺して 11 馬鹿に 10 勤めて, 求めて, 見つめて 8 すること 7 するの, 殺すか, 眺めた, 眺めて, 見つめた 6 つとめて, 呑んで 5 させて, ぢつと, 探して, 見詰めて, 軽蔑する, 選んで

4 [12件] させられた, したの, みつめて, 威嚇する, 睨んだ, 睨んで, 自分の, 見つけて, 見つめながら, 見ながら, 見ると, 遮った

3 [37件] させられて, したもの, しました, するので, たおして, つかまえて, にらみつけた, にらみつけて, にらんで, まともに, やっつけて, 不幸に, 信じて, 傷つけること, 向こうに, 呑んでか, 変えて, 失って, 待って, 得て, 押へ, 斃す, 斬って, 殺しても, 求めようと, 物色し, 睨みつけて, 睨みつけながら, 知らないの, 致して, 見やりながら, 見る, 見上げた, 見据えて, 見詰める, 観察し, 軽蔑した

2 [140件] いたしましょう, いらいらさせる, うかがって, からかって, ぐんぐん運動場, さえぎった, させられたが, させるの, したり, しても, してやれば, してを, しろ, しろと, する, するあいだ, するが, すると, するのに, するん, すれば, つきとばした, つきとめること, つとめながら, なくして, なさいよ, なさり出したの, にらみつけたとたん, のみ妻, ふりむいた, ほしがる, みて, やっつける, より多く苦, よんで, タタキ付け, ブンナグル術で, 一瞥した, 不機嫌に, 人とも, 侮辱する, 促した, 促して, 信用し, 倒すか, 傍へ, 凝視した, 利用する, 制して, 刺し殺す代り, 前へ, 動かすこと, 十分に, 叱りつけた, 善人に, 困らせて, 土の, 圧して, 圧倒する, 女と, 子供と, 平次と, 幾たびか, 待つて, 怒らせないやう, 怖れ, 恐れて, 恐怖し, 恨むといった, 意識し, 意識しない, 慰めたこと, 懲し得る, 扉の, 振返って, 捉えて, 探しあぐんで, 探るよう, 援けて, 搜す, 斬り殺して, 望まれて, 歯痒がらせる, 殊更に, 殴りつけて, 殺したいと, 殺したと, 殺したという, 殺した以上, 殺し自分, 殺すの, 油断させる, 理解し, 生活させよう, 痛めつける表現, 益々じらす, 眼に, 眼の, 眼中に, 瞶めて, 突き倒そうと, 突っこかし, 立てて, 組み伏せました, 絞め殺すこと, 罵ったので, 考えて, 脅迫する, 自分に, 致しましょう, 苛立たせずには, 苦しめまいと, 苦しめる為, 見くびると, 見たが, 見つけたの, 見べか, 見やった, 見るが, 見ること, 見れば, 見上げて, 見下して, 見返した, 見返す癖, 詰問する, 誘って, 説服する, 識り, 軽く外した, 軽蔑し, 迎へて, 追ッ, 退屈させる, 遣り込めるの, 遮ぎった, 遮って, 選ばなかつた爲, 選り好みする, 馬鹿だ

1 [1637件 抜粋] あしらつて行くらし, あまり恐ろし, いいこめて, いかにし, いそがせないほう, いたしながら, いたわるよう, いったん突き放し, うかがうよう, うしなって, うち殺し, うらむ筋, えらびまた, おこらせるな, おさえ付けて, おっぱらうの, おとしいれるよう, おどろかせないため, おもちゃに, お捨て, お秀, からかい罵り合う場合, きめて, きらわないという, くわしく観察, けむに, こっちが, こなすという, これでもか, ごまかしたこと, さ, さがし出して, さぐるよう, さすがと, させよう, させられた相, させられるの, させられる女郎屋, させるばかり, させ向こう, さらわれテレ, しげしげと見, しそれから, したがる女, したって, したまでさ, した人々, した私, してやった, してやると, してるうち, しとりますけん, しなければ, します, しょっぴいて, しようなどとは, しろって, し僞惡家, し其他, し素子, じっと見つめ返し, じらしある, じらして, じらせて, じろりと見る, すくいあげるよう, すっかり馬鹿, すでにきめ, するけれど, するとしても, するには, するよ, する傍ら, する時, する者, せいで, そうさせた, そっと見あげる, その有る, それで, たうとう, たしなめて, たたきふせるか, たぶらかさんもの, ためらわそう, だれとも, ちらと, つきとばすだらう, つけあがらせない用心, つとめなかった, つとめます, つれだして, できるだけひそか, とりちがえたよう, どうしてやったら, どう捌, どなりつけた, なくしちゃっ, なぐりつけようと, なぐり倒しフン, なさい, なじって, なすを, なだめる, なめて, にらまえて, にらみつけました, にらんだその, ねらって, のみなめてか, はじめ碁盤の, はっと気づかせる, ひきずるよう, ひりつと, びっくりさせる, へこまさうと, へこませること, へこませる文芸, ほろぼしあるいは, また離し, まちがえたの, まるめこんだ, みくびって, みつけて, みつめてから, みながら, もしやスパイ, もったこと, もてなすべきやう, ものに, やらされて, ゆうべ大川の, ゆるし不当, よく知っ, より多く, よろこばせ併せて, わざわざ夜中, シッカリと, ナイフか, ミコサマだ, 一つでも, 一度思うさま怒らさね, 一気にバタバタバタの, 下に, 不當, 丸裸に, 予想し, 二間や, 云わない強い, 互に理解, 交番に, 仆す, 仕りたい, 仕れとの, 仕留めて, 仰せつかるだけ, 低能だ, 何人知っ, 作りださなければ, 侮って, 侮辱した, 促すの, 信じきつ, 信ぜしめるため, 信用せず, 倒さうとばかり, 倒したの, 倒すため, 倒す事, 倒そうと, 傷つけずしかも, 傷つけるため, 傷つけ合うこと, 充分ぎょっとさせる, 八五郎親分に, 内に, 冷評し返し, 凝視めた, 出会い頭に, 切らなければ, 切ろう, 刺し殺して, 刺殺した, 力づけでも, 励し, 動かさないでは, 動かすだろうかという, 勤めさせて, 勤める婦人達, 半殺しの, 単なる取引, 即座に, 取っちめて, 取つちめ, 取り違えたの, 叩きつけるか, 叱った, 叱る様, 否定する, 呑んだ構え, 呼びかけた, 呼び生けなければ, 呼んだ, 命じた, 和げに, 喜ばす為め, 喜ばせる言葉, 嘗め切った小僧, 嘲笑し, 嚇しに, 土俵から, 地着きのごろか, 坊ちゃんと, 変えるの, 外させなかった, 夜中に, 夢中で, 失った後, 奪うこと, 好んで, 威嚇できない, 嫌って, 嫌わない素, 子供だ, 定めずに, 定める事, 害し合って, 寄り倒しても, 射撃する, 尊敬し, 小型カメラの, 小馬鹿に, 屈せしめようと, 屈服させなけれ, 屠るという, 岡つ, 巻添えに, 幻惑しよう, 庇つて居る, 弁護する, 引きずり込もうと, 引きつけて, 引き受ける前, 引っくり返して, 引つぱつてドア, 引叩い, 弱らせる事, 彼と, 待ちわびて, 律すると, 得た, 得なければ, 心の, 必ず連れ, 怒らすこと, 怒らせない, 怒らせるよう, 怖がらせて, 怨みます, 怯かすに, 恐れさせる構え, 恨んで, 悩ますの, 悪く見, 想像する, 愛して, 愛してるらしい女, 愛するの, 慰めること, 憎みがむしゃら, 憎むかの, 憎んだのに, 憤怒に, 我慢の, 所望する, 手近に, 打ち明けよと, 打ち負かすこと, 打つと, 打とうと, 払いました, 承る尋常, 投げとばし敵, 投げ落とすであろうか, 抜き疾風, 抱きかかえるよう, 抱きすくめた, 押えるよう, 押しもどそうと, 押し負そう, 拵えて, 持たなかつたので, 持って, 振りとばしそれ, 振り解くと, 捕えても, 捜して, 捜すにも, 捩じ伏せて, 捩じ伏せ力まかせ, 探してと, 探すかな, 探ると, 換えて, 揶揄の, 撃ち殺して, 撃て, 撰んだの, 撲り勢, 救い出すこと, 散々惑わせた, 斃した, 斬ったこと, 斬る, 斬殺した, 早急に, 村次郎か, 楽しませる心, 次の間か, 欲しがる, 正視し, 正面から, 武士に, 殆どちらっと見る, 殺さなければ, 殺したくなるよう, 殺したりと, 殺し度, 殺すとかいう, 殺す気持, 殺す筈, 気にも, 求むあり, 求めずに, 求めるので, 求める私, 沈めるか, 河へ, 活かす愛情, 測り知ること, 滅ぼす意味, 澤山の, 無慙に, 無視する, 焦らすよう, 熱心に, 片付けたさ, 物色してる, 物色する, 玄関に, 理解せん, 甘く見た, 生かすこと, 申し込んだ殿下, 申込まれた時, 男性に, 疑は, 痛めるよりは, 皮肉るでも, 目前に, 真正面から, 眺めたよう, 眼で, 睨まえたの, 睨みすえて, 睨みつける, 睨み付けた, 睨み睨んだよう, 睨んだの, 瞶められる, 知つては, 知らずに, 知らぬところ, 知らぬ骨頂, 知りませんが, 破滅させた, 確認できなかった, 秘かに, 突き放した, 突き止められるでしょう, 突くこと, 窮屈に, 立ち止らせては, 粉微塵にでも, 素裸に, 組み伏せて, 締め殺すには, 罵しる, 罵倒すべく, 翻弄せん, 考へ, 肩に, 脅かす語気, 腹の, 自分も, 自殺させる, 致したいと, 致しますから, 致すでござろろう, 舟へ, 苛めるやう, 苛立たせるよう, 苦しませるもの, 苦しめるって, 蔑すみ, 血まみれの, 褒め合うこと, 見あげて, 見うしないそう, 見うしなわないよう, 見きわめるよう, 見くびらずむしろ, 見ざること対談者, 見すまして, 見そく, 見た時吃驚, 見つけたが, 見つけたという, 見つけること, 見つけ出したらそれ, 見つめる目, 見ぬいた, 見まもった, 見る小学生, 見ろっ相手, 見上げると, 見下した, 見事に, 見付ければ, 見出さなかった, 見出して, 見分けた, 見合って, 見守つて, 見定めんと, 見据えた時, 見据ゑて, 見極めるやう, 見積って, 見縊り過ぎて, 見誤って, 見返りながら, 覘ふ, 観察した, 言えと, 言ふが, 討ち取ろうという, 討ち止めたもの, 診断せよ, 認めて, 認め思はず立, 誘導する, 説き付けるの, 説き伏せて, 説得せず, 誰だ, 調べる, 諾する, 識別しない, 負傷させ, 責めるといふだけの, 贋物と, 足の, 蹴倒, 身近く引寄せようとして, 軽蔑し切つた, 迎えようと, 近づけない, 返り討ちに, 追い払うと, 追い散らすぐらいが, 追っかけるの, 追ひはらふ, 逃がして, 逆地に, 途方に, 遇するやう, 遠慮なく見つめ, 選ばずして, 選ばない點, 選ぶから, 選ぶつもり, 選ぶ必要, 選み出す, 選んだ結婚, 邪推し, 釣つて行かう, 長くした, 降参させ, 陶醉に, 離さなかった, 静かに, 靴の, 頭の, 顧みて, 馬鹿呼ば, 驚かすおもちゃ, 驚きと, 高飛車に, 黙らせて

▼ 相手~ (307, 1.4%)

8 して 6 するに 5 なって 4 するの, 自分との 3 いって, しなければ, する場合, なるもの, 何か, 議論を

2 [15件] いうと, いっては, した, し心血, すると, する人間, せず大衆文学, 一緒に, 云うの, 初対面では, 向き合って, 場合によって, 思えば, 自分を, 見て

1 [232件] あいなり申すべくそうろうあいだ, いうだけが, いえば, いっしょに, いつちや僕, いふを, おもうて, きまってるのに, きまるの, きまるもの, こそこそ話しだし, こちらとは, これ以上交際って, さへも, しくらし, したお話, した処, した大, した所作, しまい直接, しましたから, しめし, し世界, し事々しく, し人骨製, し信州更級川中島, し剽軽, し寶澤, し戦争, し折, し殊に, し神崎, し私, し薬, し遊び, す, すべきこと, すべきでは, すべき人, すべき日本, すること, するところ, するほどの, する人, する仕事, する前, する商売, する商工大臣農林大臣, する店, する文學, する此, する演劇, する者, する職業, する色魔的商売人, する芸術家, する草花栽培, する読物以上, する譯, する運動, する雲浜貿易, する電気, すれば, せずに, せずまっしぐら, せず勤労, せず天, せよ, せりあうこと, せりあって, せる議会, せる議會, そこを, その口上, その手ごめ, その時, その晩, ただの, つかまえて, つきあいつつ, とつおいつ思案, ながめて, なし先今夜, なし給わずひとまず, なせしを以て, なった, なったの, なっては, なっても, なつた, なつて, ならしめたの, なりその, なりたい一心, なりに, なりました, なり不断, なり宵, なり得て, なり生徒, なり皆いっしょ, なり秀吉, なる, なること, なるでも, なると, なるとかいう, なるべきである, なるべき人間, なるべき経験者, なるべければ, なるよう, なるを, なる男, はしたない喧嘩, ますますお, まったく反対, みたもの, むかい合って, めくらめっぽう, もそもそ寝転ん, やると, わかったので, わかって, わけの, イカバッド・クレーンは, カンカン日, コースで, ホテルへ, マイクと, ラジオ音楽の, 一晩じゅう格闘し, 二人きりの, 云い触らすには, 云うもの, 云った様, 云ふ, 云ふも, 亘り合, 交渉する, 交渉に, 何処かで, 信じて, 個人的な, 公平なる, 判ると, 別れた, 別れて, 刺し違えんなどの, 剣眉を, 力くらべ, 力を, 勝負に, 口論したる, 同じくらいに, 同じだけの, 同じよう, 同じレベル, 同じ言葉, 同化する, 同等か, 同等の, 同量, 向い合いながら, 向かい合った, 命の, 場合しだいでは, 場合に, 太刀打ちの, 定った, 寝たという, 少しも触れ合う, 必ず会う, 思い込んだもの, 思って, 思われたかも, 思われて, 恋に, 意外の, 感じを, 揉み合つた證據ぢ, 握手する, 日本語で, 映る筈, 暗闇の, 期日の, 来たらカルタ気ちがい, 機会を, 正義の, 正面に, 比べて, 決まって, 決められた屋根屋, 泰平無事に, 熟議の, 申しますと, 申すか, 異つた自説, 目指す人, 相手が, 知っても, 立派に, 組みあうと, 組み打ち, 組んで, 結びつくこと, 結婚し, 結婚した, 結婚式の, 考えて, 自分とを, 自分の, 見えて, 見たらみな腕, 見たり, 見て取ったらしい, 見なし大いに, 見ましたから, 見破りました, 見込んだもの, 親しい関係, 話して, 話を, 豫想し, 赤ちゃんの, 速さ, 頭を, 頼む松雲和尚, 頼んで, 顔を, 飲む酒盛り, 黒髮の

▼ 相手~ (299, 1.4%)

18 あろうに 5 あらうに 4 ないのに 3 なくなって, 負けては

2 [20件] ある, おなじよう, したし, ない, ないから, ないので, なかった, なくいつも, なくただ, なしの, またその, 何も, 出來, 同じ際どい, 妹の, 彼と, 気を, 無かった, 私と, 顔を

1 [226件] あって, あっと, あの白髪, あらで無聊, あること, あるめ, あろうから, あろうと, あろうによ, あろに, いたします, いないの, いないのに, いなければ, いやだ, いろいろでございます, おちついて, おまつ, お互いが, きまらぬのに, こつちのフランス語, ございませんから, さすがに, さるもの, さる者, しお茶, してたも, しなければ, しよう, すさまじく稼ぎ, すっかり気, すまして, する, そうする, そのこと, そのたんび, そのつもり, そのへび, そのまま力, その申し出, その苦しみ, それを, たれであっても, だまって, つられたの, できず不調法, できそう, できないが, できないなんて, ないが, ないには, ないの, ない境涯, ない有, ない有様, ない独相撲, なかなかやる, なかなか深い, なく, なくいきなり, なく一人焦躁, なく人形, なく以前, なく何, なく何彼と, なく全く, なく前髪, なく孤, なく肝腎, なく貧乏, なく退屈, なしに, なし共通, なし朋友, なりかねますから, ねえのに, ばかげて, ひどく荒, びっくりしたらしい, びっくり仰天たちまち, まさにその, またそれ, また古風, また自分自身, まっ二つ, みつからずいたづら, みつかるかも, もはや幼, もはや挑戦的, やはりおおむね休日, やはり二度目, やや怯んだ, よく判つて, よほどおどろいた, わたしの, ギクリと, ナポレオンの, 一人は, 一手に対して, 一生懸命です, 丁寧に, 不意の, 乗り出して, 二人や, 亦た, 亦乗り気, 人間である, 今は, 仕りそちら様, 他の, 何か, 何故もっと早く, 依怙地に, 兜を, 全くその, 凹んだよう, 出来たわけ, 出来なかったよう, 出来る人, 出現する, 分ったの, 刺止を, 又無意識, 口を, 同じよう, 同じ罪人, 同志の, 名うての, 商人こっちも, 喧嘩腰である, 多くなった, 大体見当が, 天才クラスの, 天草で, 女ながら, 姫の, 存在し, 宗教の, 宿を, 少いしネ, 少しおどろいた, 少し気, 平気で, 弱った, 張り合いが, 後家の, 従ってまとも, 得られずたまたま, 得物を, 忘れたよう, 忘れて, 応接に, 怖がって, 思って, 手を, 折れて, 拍子ぬけ, 捕えられては, 教えて, 教へて, 棒の, 構わず饒舌, 次の, 殺して, 氣が, 油断しなかった, 油斷し, 津田の, 無いし, 無いの, 無かつ, 無きや, 無くて, 熱心に, 猶予せず, 理由も, 生き物である, 用心し, 疑わない, 相当できる, 相当名を, 相手です, 知って, 知らず理由, 知らぬの, 窓を, 立ち上がると, 立ち上れば, 笑いながら, 笑って, 笑はずに, 粥河圖書だ, 納得する, 聞いたこと, 胸が, 自分をも, 自然こっちも, 興奮し, 行きあたりばつ, 裸なら, 要らないおれ, 見しこと, 見ずに, 見つからないので, 見付からない有様, 見付かりませんでしたし, 訊こうとは, 記憶えぬ, 語るに, 負けて, 近所の, 速い, 違うし, 選ばない, 重心を, 鋭く怒鳴つた, 闇に, 雄弁を, 面くらったに, 面の, 面白くも, 頭で, 飽きて, 驚いたであろうが, 驚いたらしい, 鳥渡踏める

▼ 相手には~ (213, 1.0%)

4 して, ならない 3 これが, なって, ならないと, ならぬの, 何時でも, 私が

2 [11件] しなかった, どうなり, ならなかった, なりません, なりませんでした, なりませんよ, なれないと, ふさわしい女, まるで何, 滅多に, 自分の

1 [165件] うつかり, かからないで, けっして地所, こうも, こたえないらしい, こちらの, ことを, この上, こんな頼もしい, さう, さつぱり, されて, されなかった, したくない代物, しない, しないで, しなかっただろう, しなかったろうと, しなかつたけれども, しません, しませんもの, そういう会話, そういう強味, その感情, その言葉, それに, そんな恐れ, ちっとも感じないらしい, つきり, てんでならない, とんと通じ申さぬ, どうにか間に合い, なかなか見えない, ならず, ならずさっさと, ならずそのまま, ならずだんだん, ならずネマキ, ならず先生, ならず逃げて, ならないぜ, ならないでしょう, ならないので, ならないもう, ならぬという, ならぬもの, なりますまい, なりませんが, なりやしません, なり切れないので, なり得ても, なるだろう, なるまいよ, なる事, なれないん, なれなかった, なれますまいが, なれますよ, なれませぬ, なれませんけれど, なれませんよ, なろうもの, なんらの, ほとんど手応, まだ争う, まだ通じない, まづもつて, まるで彼, めづらしい, よい者, よく通じ, わからないであろうが, わからないであろうところ, 一寸相談, 上の, 不向きだった, 不向きの, 不足だ, 九十郎が, 今日一番が, 仕事が, 何か, 何しろ上杉家, 何の, 何よりも, 何を, 余剰すぎる, 偽善としか, 充分意味, 全く似合わしい, 全然通じない, 出來, 出来ない, 出来ないこと, 十分だ, 十分ぢや, 參りません, 又と, 君が, 喰ひ足らなかつた, 大概勝つ, 天機星, 太刀討ちできない, 好過ぎる, 妻でも, 始て, 始めから, 少し荷, 届かなかった, 届かぬ喚く, 引っかかりませんよ, 弘徽殿が, 強く出た, 彼女の, 後の, 心許ない, 応えが, 性慾に, 悟られぬよう, 惜しいの, 成る, 打ち明けなかった, 政府の, 明智小五郎という, 最も適当, 欲望反応が, 殆ん, 殘酷な, 気の, 氣味の, 没交渉であった, 猫の, 甚だ熱意, 用を, 目も, 矢張りお, 確証という, 私の, 竹を, 絶対に, 老人の, 聞えないという, 聞き取れないので, 腹の, 至極おもしろ, 興味が, 良いコンヂション, 落着けないの, 親爺が, 足らん, 足りますまいが, 身動きも, 逃げ方, 通じない, 通じないらしかつ, 通ぜず私, 違ひありません, 適してるらしいエクセントリック, 都合よく, 非常に, 面白く思ひ, 頼母木桂吉安藤正純田川大吉郎伊藤痴遊という, 骨が, 高飛車な, 高飛車に

▼ 相手にも~ (158, 0.7%)

11 して 10 しません 7 なって 4 しなかつた若い, ならなかった 3 せずに 2 しない, しなかつた, しなかつたの, せず, それが, なつて, ならずに, なろうと

1 [103件] されないけど, されなくなるだろう, されなくなるという, されなくなるといふ, さア一本, しないし, しないで, しないという, しないの, しないので, しない顔, しなかったが, しなかったじゃ, しなかったの, しなかったので, しなかった若い, しなかつたさ, しなかつたせゐで, しなかつたやう, しなかつたん, しなくなるの, しませんが, しませんし, しませんでした, しませんでしたよ, せず云い放った, せず他所, せず拒んだゆえ, せず河岸, せず編物, せず黙々と, せぬよう, せぬ顔, せよ博士, とらないで, なぐさめて, ならいで, ならうそして, ならずくるり, ならずどうも, ならずますます, ならず義兄, ならず蔑む様, ならず黙り込んで, ならない, ならないが, ならないの, ならない心持, ならない行雄, ならなかったの, ならなかつた, ならなかつたの, ならなかつた男, ならなければ, ならぬ私, なりとくに, なりますし, なりませんでした, なりませんでしたが, なりません人, なり相当, なり遊び, なる, なるよう, なる侠氣, なれないと, なれなかつた, なれば, なんにも云, よく判っ, よく彼, よりけりだ, より時間, よる, よるもの, わかったの, わたしなら, 一本喫へと, 何んとか, 出來, 分かるほど, 加わりませんから, 勝る辞礼, 同様に, 因ること, 子供には, 成て, 成りましょうから, 成るべし, 手紙を, 會へ, 歯から, 氣を, 物足らぬ, 移植し, 第三国にも, 納得される, 罪は, 自分にも, 自分にもわ, 言いたがる, 警戒させず, 闘うと

▼ 相手~ (148, 0.7%)

6 ぞ, つたのです 5 から 3 つたのだ, ということ, ものお祖母さんが

2 [12件] からずいぶん, からでしょう, からね, が何とか, つたと, といわん, と思いました, と思う, と思われ, もの, よ, 來い

1 [98件] うんざりだ, おれたち二人の, おれの, かさらに, からいつ, からこそからだ, からこんど, からさだめし, からそう, からその, からそれで, からだ, からで, からという, からな, からまさか, から五日, から今, から却って, から喧嘩, から噴出, から女, から安い, から歩, から浮名儲け, から滅多, から無難, から熱烈, から腹, から色戀, から貸し倒れ, から飲む, がおれたち二人, がここ, がしかし, がたずね, がとだから, が呑み込み, が帰り, が時, が自分, が證據, けれど, けれど今夜の, さあ来い, し僧, し夜中, ぜまた, そして凄い, つたかも, つたので, つておんば守りつ, つて理想の, つて立派に, つて自家には, で, という事実, という感じ, という気, という竹, といふ, とくい, とは暫らく, とよく, とわかった, と云っ, と云ったろう, と思, と思い, と思います, と思え, と思はれた, と思ふ, と思われます, と悟つた, と慎しみ, と手綱, と気がつき, と私, と考える, と見え, と言っ, と骨, どうしても尻尾, な, なぞと思う, なと思ひ, なんて, な二人一緒, のと, ふん, ものいきなり, よ八五郎兄哥, 余計な思ひやり, 勇一と, 少しあせり始めた, 柿崎六郎兵衛この, 薊は

▼ 相手として~ (125, 0.6%)

2 不撓不屈の, 友達に, 書かれたもの, 朝起き, 無意義の

1 [115件] あくまで争う, あんな氣持, いくらかでも, いつまで, おもしろい相手, お扱い, これほど, これを, すぐ年, その要求, それを, たわむれいつしか, では, はげしき生存競争, まず第, また互に, やわか太刀なんど, よく将碁盤, よく船宿, コップの, フィリッポフという, ヤミ屋の, 万事ご, 万事宜しく, 丈執着する, 三四人の, 不足の, 二人で, 二人の, 仕事を, 他念なく, 任命し, 働く程, 先ず経済上, 剣術の, 劉岱王忠の, 勉学上注意されたら, 取扱うの, 合戦中である, 呼びか, 喋り続け今朝, 国事を, 國事を, 天地万有を, 好んで, 守備に, 対等の, 差加えられ, 店へ, 度々二川家, 弁明する, 彼は, 御推挙, 御自身, 恰好な, 或る, 戦い得るほどの, 戦えると, 戰ふも, 打ちしところ, 持つこと, 撫切りを, 文武の, 曾て, 望む者, 棒の, 楽しく画室住居, 様々な, 歌つた, 殺されても, 毎日宮中に, 毎晩の, 決して恥かしく, 浮名を, 演説する, 無聊の, 現われたので, 生きたいと, 申分なかつた, 療養園に, 登場する, 目を, 相変らず, 真剣に, 私が, 立てり, 管絃楽の, 素子に, 編輯される, 置いて, 置くの, 自分が, 自分の, 自分を, 茅野雄の, 薄馬鹿, 言葉の, 許して, 話を, 論じつぎ, 論じましょう, 赤手を, 輔弼の, 進行し, 道江の, 選ぶ傾き, 選んだら一番幸福, 選んだ方, 鍛えられたおかげ, 附けて, 附合っ, 静かに, 頼もしかつ, 頼り始めた, 飛舞すべき

▼ 相手では~ (122, 0.6%)

19 ない 10 なかった 5 ありません, ないと 3 ないの 2 あったが, いくら己, ないが, ないよう, なかつた, なく彼, なく本当, 八五郎深草の

1 [64件] あった, あったとしても, あなたも, ありますが, ありますまい, ありませんあれ, ありませんから, ありませんよ, ある, あるの, あるまい, いつもの, お骨, ここで, すまされなくなる問題, たのみに, つまらんよ, とても考えつかない, とても闘志, どうする, どうにも歯, どのみち女, ないか, ないから, ないこと, ないぜ, ないという, ないので, ないよ, ないらしい, ないん, ない筈, ない結婚, なかつたの, なくたちまち, なくて, なくです, なく一座, なく四五杯, なく心安く, なく江戸ッ子, なく自分, なく身, なしおまけ, なしこんな, なしそう, もう酔, もう酔えなく, ガラツ八が, 仕方が, 値切っても, 効果は, 却つて芽を, 喧嘩にも, 売るだけ, 婆や, 怒りも, 戦えるわけ, 瀧田氏も, 無いん, 無かった, 無かつ, 物足らん, 騙しも

▼ 相手から~ (102, 0.5%)

3 眼を 2 仕掛けさせて, 受けた余りに, 目を, 突然散歩, 赤児の

1 [89件] あまりしつこく, いつまでも, いのちの, かえって自分, かき立てられた憎悪, さう見られること, さっそく, さらにいくら, すみませんと, そっと眼, そらさずに, それを, なすべきもの, なほ多くの, ひどい侮辱, ひどくこ, また第三者, よろこんで, フランクに, 一本を, 下って, 事件の, 二三歩遠ざかった, 何を, 余程の, 先を, 冷笑を, 冷遇される, 刎ねられる, 力と, 助け導かれる, 厭がられる, 受けて, 受ける打撃, 多額の, 夫婦喧嘩の, 寛大な, 尊敬を, 小胆と, 小言を, 引き出そうと, 引き離して, 引っ切り, 彼は, 心臓を, 思いがけも, 思いきった大胆, 思いも, 思ひがけ, 感ずる, 手を, 探して, 放れは, 斬り伏せられる, 無条件無, 照り返して, 熱を, 発射される, 目度分別される, 笑われるか, 粟の, 罪科を, 翻弄され, 脱れる, 自分の, 見られた, 見ると, 見下されるの, 視線を, 覗き込まれた, 覘う, 覚えさせられる愛着, 話しかけられても, 誣告だ, 読まれて, 警戒せられない, 跳び開く間髪ごと, 身を, 返って, 逃れられるといふ, 逆に, 逆十字がらみ, 逆撃, 遁れる, 避けながら, 離さなかった, 離さなかつた, 離れて, 顔を

▼ 相手~ (58, 0.3%)

14 あつた 2 いいか, お勝手には, すごして

1 [38件] あすこへ, あつたお, あつたの, あつて, あらう, あらうと, ありうるの, いやな, お金を, げす, このお客樣, これらの, すっかり納まり込んだ, せう, せっかくの, その一手, その後の, ほんのりと, またねむれず, まだ元気, もとから, 一人を, 世話ものを, 人の, 利助が, 勝負を, 四五年以来の, 平常は, 彼らに, 待合, 敬意の, 晩ごはんの, 本気に, 毎日アイヌ語の, 祖母は, 贋物持込みの, 量を, 銀座裏の

▼ 相手である~ (43, 0.2%)

3 ことを

1 [40件] かない, からこそ意味, から情なく, から拒み続ける, から若い, から長左衛門, がこの, ことは, し本人, ぞ, ために, だけにある程度, という訳, といふこと, ところの, とさえ思わせられないで, とはお, のか, のだ, のでかれ, のでなまじい, もしこれ, よりはより, 上に, 事が, 事を, 人に, 今福西枝嬢の, 以上, 伊達政宗である, 唖女の, 地位だけは, 婦人科医河合老, 川手氏の, 武蔵という, 河野の, 真紀子の, 道具屋の, 阿賀妻は, 音無し流の

▼ 相手という~ (42, 0.2%)

22 のは 3 のが, ものが, ものは 2 ものの, ものを 1 ことに, ことも, 事が, 奴は, 程なれ, 者が, 言葉の

▼ 相手~ (42, 0.2%)

4 をした 2 はジゴロ, は家橘

1 [34件] がい, がいじめられる, がいなかった, がどうやら, がイタリー, ですらなかったら, では結局, となりまし, なの, にすぎなかった, になっ, になり, には聞えない, によって演技, にディートリヒ, に自分, のアメリカ, のセリフ, のダーム, のテナー, の千早姫, の小春, の米国海軍士官ピンカートン, の芸, の足, は平井氏, ばかりをさせ, も二三度, をし, をつとめ, をつとめる, をなすり付け, を引受け, を演ら

▼ 相手でも~ (41, 0.2%)

4 して

1 [37件] あつて, あり, ありお, あり助手, あり良い, あるやう, あれば, いいから, させて, しながら, するの, するよう, すれば, ついその, ない, ないので, ない自分, なかった, なかつた, なければ, なし懐柔, みつかれば, コロリと, 人の, 今と, 出来たの, 務められたらさぞ, 勤まりそう, 即座に, 子供が, 構は, 構わなかったの, 欲しさ, 欲しそう, 相手が, 真剣に, 見つかって

▼ 相手~ (41, 0.2%)

2 向って

1 [39件] いったつもり, しがみついて, つめ寄るよう, ぶつかって, 伝えること, 同情の, 向けようと, 吹きかけながら, 吼えかかったかと, 妬情を, 寄せて, 廻ったもの, 引きつけられて, 投げ返したばかりか, 掴みかかった, 斬って, 斬り付けたという, 早口に, 正造は, 深く届かせた, 渡すん, 直にやった, 直にやつ, 眼を, 知らすための, 突っかかって, 突っかけた, 苦しみを, 見せること, 見舞った剣, 言った, 話しだしました, 迫ると, 迫る遑, 追い討ちに, 追ひ討ち, 送るん, 重圧を, 飛んで

▼ 相手~ (39, 0.2%)

8 んだ 6 のだ 3 のである 2 の, のです, んです

1 [16件] のかと, ので, のであった, のでそう, のでたちまち, のでみんな, ので何, ので家主, ので当らず障らず, ので怒る, ので搾る, ので素早く, のにその, のに余り, のは, のよ

▼ 相手だった~ (35, 0.2%)

7 のです 3 のだ

1 [25件] から, からだろう, からである, が, ことが, ことなぞは, ことも, この二人, しお, せいも, だけに突然, といえる, と思います, にはちがい, のである, のでいつも, 人が, 児島氏の, 公卿主従への, 叔父の, 場合とは, 彼女たちと, 米国コリンス会社を, 耕吉は, 若者たちの

▼ 相手です~ (30, 0.1%)

3 からね, よ 2 がそれ

1 [22件] か, からあるいは, からけっして, からその, からなほ喧嘩, からねどう, からまぎれます, から侮る, から北辰斎, から思つた, から愚楽, から普通, から隠居, が僕, が憎み, が運, このくらいの, ぜ, ね兵部卿, もの, ものどう, もの女なら

▼ 相手なら~ (29, 0.1%)

2 いくらでも, ばここ

1 [25件] いいでしょう, いくらでもお, うまくもの, つい秘密, ともかく手向かい, ばただちに, ば下手人, ば少し, ば私, ば誰彼, まだよかっ, 三平も, 今日までにも, 入山形, 別だ, 女の, 我慢できるだろう, 日米一堂に, 目安が, 結構説明, 羊の, 自分は, 警官の, 酒は, 飯尾さんが

▼ 相手にな~ (29, 0.1%)

5 つてゐた 2 つてや, つて居ります

1 [20件] つて, つておとなしく, つては, つてやらう, つてゐ, つてチンプンカン言つてた, つて一緒に, つて何が, つて厭きる, つて呉れる, つて居た, つて居りました, つて慰め, つて戴きたい, つて揶揄ひ, つて立ち, つて議論を, つて貰ふ, つて隆造は, ツて

▼ 相手~ (27, 0.1%)

1 [27件] がドイツ, が資本, たる独国, でその, における国内輸送, には知られぬ, に対する利害関係, のうち, の中間, の全権大使, の兵食, の出よう, の富, の情勢, の数, の活きた, の状態, の社会的無秩序, の粗生, の自然的進歩, の進歩, の都市, の雰囲気, の面子, はどこ, よりも安く, を攻略

▼ 相手にとって~ (26, 0.1%)

6 不足は 3 不足の 2 不足だ

1 [15件] どんな迷惑, ふそくだ, まず合戦, やりがいの, 不足じゃ, 不足はねえと, 争うこと, 大打撃, 大敵だった, 大芝居, 少し理窟っぽい, 恐ろしく勝手, 悪い男, 無用らしい, 試合にも

▼ 相手次第~ (25, 0.1%)

2 でどう, で摩擦

1 [21件] せり合って, だと, であやまっ, でいくつ, でいんぎん, でどうにも, ではずいぶん, では侮辱, では喧嘩, では大, では引受け, で変化, で態度, で新, で誰, で適切, によっては何万, によっては彼女, によって人見知り, のもの, の賭

▼ 相手じゃ~ (23, 0.1%)

3 ない

1 [20件] ありませんか, あるまい, あるめ, うるさいもの, きりがねえ, ござんせんか, せっかくの, ないか, ないのよ, ないよ, ないん, なかったよう, ねえの, アちょッと, 全くやりきれない, 勝負に, 喧嘩にも, 意地も, 粥は, 電話だって

▼ 相手~ (21, 0.1%)

6 やない 2 やありません

1 [13件] や, やある, やお, やございません, やなかつた, やなんにも, やねえ, やねえや, やア, や始まらねえ, や役不足, や押掛け, や無い

▼ 相手だけに~ (20, 0.1%)

1 [20件] うまい洋食屋, こんどは, さすがに, その反動, ちょっと微笑ましい, どうしても只, まさか無愛嬌, ガラッ八, 一向手応, 一度で, 不安な, 六助も, 兵馬としては, 妙で, 彼も, 来世では, 民間探偵としては, 沖田刑事は, 用心も, 聞えるよう

▼ 相手としては~ (20, 0.1%)

2

1 [18件] あまりにあなた自身, いかほど武道, すこぶる物足りなかっ, ずいぶんたくさん, つきり頭, つねに物, どこか, マーレー氏ジョン・ハーディ氏モラン大佐で, 不足でした, 亀岡の, 同じ事, 外ならぬ, 如何にも益々柔順, 満足を, 牡丹花肖柏が, 眼中に, 穏当を, 自分の

▼ 相手とは~ (19, 0.1%)

1 [19件] いえじっと, いえ長居, こういう間柄, ことばが, だれの, なしながら, なにやら物, 云っても, 何たること, 出来ずいくらか, 参りませんが, 小牧以来秀吉が, 殆ど半, 相手が, 私の, 見当が, 貫祿が, 違うなにか, 遥かに

▼ 相手に対して~ (19, 0.1%)

1 [19件] その苦し, どのやう, 勝頼は, 勢い声を, 寸分の, 対応する, 常に人なつこい, 幾分の, 忠実な, 恋愛らしい, 暴君の, 最も多く, 睦まじげ, 絶えず誘い, 腹を, 自分の, 言葉によって, 誰もが, 貞潔である

▼ 相手たる~ (17, 0.1%)

2 女子に

1 [15件] ことに, すぴりっと, に応, に適しなくなったらしい, や甚だ, 人間の, 作家よ, 個人及び, 婦人の, 異性を, 老人には, 自分を, 観衆は, 道鏡も, 長男は

▼ 相手との~ (17, 0.1%)

1 [17件] あいだに, いちゃつきが, ロマンスを, 交通を, 問答を, 年齡の, 心の, 結婚を, 苦しい義理合, 話も, 距り, 間から, 間に, 間の, 間を, 関係によ, 関係次第で

▼ 相手によって~ (17, 0.1%)

2 二種類の

1 [15件] きめるべきであって, しかも時, その罪, どうにでも, はみだり, ひどく変る, むろん難易, 分けたこと, 味が, 売られた喧嘩, 尊貴, 態度が, 様々に, 現金に, 順応する

▼ 相手なし~ (16, 0.1%)

3 に毎日毎夜

1 [13件] では, とき, にただ, にはさ, に独り, に独吟, に研究, に饒舌, のその, の心中立て, の獨語的, の見, の見得

▼ 相手をも~ (15, 0.1%)

1 [15件] あざむくよう, うらまずに, しなければ, するやう, すれば, つかまえること, どろどろした, 倒して, 引きつける力, 憤らせて, 打ち負かすため, 自分をも, 苦しめたり, 踏みにじって, 軽蔑してるらしかった

▼ 相手であり~ (14, 0.1%)

1 [14件] しかも一面識, そして一方私, そして彼ら, その遊び, たぶん彼, またたま, イエスの, 他の, 同時に悪所通い, 同窓の, 慰藉と, 泥棒であり, 自分以上に, 自分自身が

▼ 相手~ (13, 0.1%)

2 てよ

1 [11件] たり向う, てあげます, てい, ていました, ておそく, てお伽噺, てくれやらぬ, てくれる, ても宜しゅう, てゐ, ながら手紙

▼ 相手に対する~ (13, 0.1%)

2 憎悪で

1 [11件] 反抗や, 奇妙な, 強制を, 影響を, 彼の, 必要を, 激しい道徳的叱責, 烈しい競争心, 礼儀が, 興味を, 面当などの

▼ 相手かまわず~ (12, 0.1%)

1 [12件] いっさい日本語で, どんな男, に入りかわり立ち, の八つ当り, ほかの, ブン殴っ, 不義を, 勝負事に, 問わず語りの, 据膳を, 敵を, 突きすすん

▼ 相手であった~ (12, 0.1%)

1 [12件] かも知れません, からずるずる, がもうこ, し鞍掛宇八郎, ために, ということ, にしろ, に違い, のだろう, のである, 当時の, 母を

▼ 相手どっ~ (12, 0.1%)

3 て訴訟 1 てこんなにも, てそれ, て一手, て公儀, て地方民, て此方, て裁判所, て談, て遂

▼ 相手といふ~ (11, 0.1%)

7 のは 1 ことに, のも, ものが, やうな

▼ 相手より~ (11, 0.1%)

1 [11件] ケられた, 上であれ, 二倍ちかく, 五十センチ少なく, 体力も, 先に, 強く, 強くなく, 強く強くと, 超絶る, 酒量の

▼ 相手~ (10, 0.0%)

1 この界隈, それとも危険, どうか, まはず, まはず物, 刑事を, 判らないので, 敵でしか, 知らないが, 知ら自分

▼ 相手する~ (10, 0.0%)

2 も虫 1 がしかし, こと出来ませぬ, なんて, のかなわない, のも, より仕方, わ, 所の

▼ 相手でない~ (10, 0.0%)

1 ことに, ことは, とすれ, ともらわん, と思った, と覚悟, ので一切, のにみんな, 事が, 人に

▼ 相手さえ~ (9, 0.0%)

3 あればね 2 あれば 1 ほかの, 判らないの, 悪い顔, 来りゃあ

▼ 相手とも~ (9, 0.0%)

2 なりは, 師範とも 1 なくいい放った, なくやたら, なった, なり芸者, なれないこと

▼ 相手にでも~ (9, 0.0%)

2 なって 1 お伺ひしたい, 与って, 云うよう, 好感を, 怨みを, 親に, 麦飯の

▼ 相手としての~ (8, 0.0%)

1 一乗寺下り松の, 子供の, 戦いを, 津田ばかりが, 温泉宿と, 芸妓を, 苦鬪史である, 長い鳥居川村

▼ 相手らしい~ (8, 0.0%)

21 ぞ, という感じ, とは, のが, のは, ものの

▼ 相手欲し~ (8, 0.0%)

2 さうでした, やと思っ 1 そうに, やだ, やの処, やの酔いどれ士

▼ 相手によっては~ (7, 0.0%)

1 その肉体, それも, また磐石, 二度三度あるいは, 優しくも, 嘘を, 大していい

▼ 相手ほし~ (7, 0.0%)

2 やで, やのかえる 1 げに我が, やでおった, やのところ

▼ 相手~ (7, 0.0%)

1 おめ, 保姆や, 場合によって, 場所柄をも, 希望が, 歌の, 町の

▼ 相手よりも~ (7, 0.0%)

1 かえって自分, はっきりと, もつと, 大勢を, 手近な, 相手を, 老いて

▼ 相手からは~ (6, 0.0%)

1 どの様, もう掴ん, 下風に, 全然認められなかった, 取れも, 生々と

▼ 相手だって~ (6, 0.0%)

1 お前さんお上の, それを, 仮りにも, 生き物な, 結婚する, 見やぶること

▼ 相手にと~ (6, 0.0%)

1 つては, つて不足の, つて始末が, びかゝる, 名告出づるものなし, 指定する

▼ 相手になんか~ (6, 0.0%)

1 おかまいなし, されなかっただろう, してやるもん, しやしないけれど, しやしないわ, なるもん

▼ 相手構わず~ (6, 0.0%)

1 にこの, にただ誘惑, 喋べって, 愛嬌を, 攻撃の, 発句を

▼ 相手選ばず~ (6, 0.0%)

2 の浮気 1 その鏖殺, に擽り, 事情を, 喉笛を

▼ 相手しだい~ (5, 0.0%)

1 でいろいろ, ですぐ, でどう, ではもちろんどんなに, で私

▼ 相手としても~ (5, 0.0%)

1 はかばかしからぬ, 危い, 商業の, 私には, 面白くない

▼ 相手にまで~ (5, 0.0%)

1 なって, なつて, はっきり聞こえる, 引上げる, 私達を

▼ 相手によ~ (5, 0.0%)

2 つては 1 つてうんざり, つてどう, つて荒療治を

▼ 相手により~ (5, 0.0%)

1 まする, 土地により, 場合によ, 場合によっては, 場合により

▼ 相手に対しては~ (5, 0.0%)

1 人一倍弱かっ, 吾, 必ずしもさうで, 短いお, 結着を

▼ 相手まで~ (5, 0.0%)

2 して 1 ふるえて, 祝詞とは, 自我の

▼ 相手~ (4, 0.0%)

2 へあれ 1 へし, へゐ

▼ 相手じゃあ~ (4, 0.0%)

1 お前も, ねえの, ねえん, 仕方が

▼ 相手でした~ (4, 0.0%)

1 が伏見屋伝七, が伏見屋傳七, ので道, よ

▼ 相手でなけれ~ (4, 0.0%)

1 ばやらない, ば大きな, ば金, ば駄目

▼ 相手と共に~ (4, 0.0%)

1 この人生, たちまち其日, 笑ふ, 言葉を

▼ 相手なる~ (4, 0.0%)

1 ぞ率出來, 他の, 松平春嶽とが, 隣家の

▼ 相手なれ~ (4, 0.0%)

1 ばこれ, ば伐つ, ば其方, ば御

▼ 相手にだけ~ (4, 0.0%)

1 あやまたず命中, 奨めて, 発砲させ, 言うの

▼ 相手にばかり~ (4, 0.0%)

1 くらして, して, なっちゃ, 出くわすこと

▼ 相手への~ (4, 0.0%)

1 弱さ, 思いやりに, 敬の, 蔑視を

▼ 相手嫌わず~ (4, 0.0%)

1 に叱る, に突きまくった, に雪, 八百長なし

▼ 相手かも~ (3, 0.0%)

2 知れません 1 知れないと

▼ 相手からも~ (3, 0.0%)

1 はっきりした, 同様の, 生理的に

▼ 相手だつた~ (3, 0.0%)

1 がその, しお, ので

▼ 相手つかまつる~ (3, 0.0%)

1 から左様, としよう, ッ

▼ 相手であっ~ (3, 0.0%)

1 ては必ず, て常々恋愛的, て文献

▼ 相手であろう~ (3, 0.0%)

1 が今日, とわが, と自分

▼ 相手でございます~ (3, 0.0%)

1 からな, が, ゆえ自分が

▼ 相手とが~ (3, 0.0%)

1 ある, 出る番, 対立でなく

▼ 相手とに~ (3, 0.0%)

1 かまわず発表, 当てはまって, 応じて

▼ 相手とを~ (3, 0.0%)

1 すぐに, 吟味した, 見た

▼ 相手~ (3, 0.0%)

1 つてどう, つて戦争し, ッた

▼ 相手ども~ (3, 0.0%)

1 が如何, をその, を粉砕

▼ 相手など~ (3, 0.0%)

1 いたさせて, して, 長くし

▼ 相手なり~ (3, 0.0%)

1 ぼくに, 一座なりを, 親夫に

▼ 相手なんか~ (3, 0.0%)

1 まっぴらだ, 目付ける, 真平よ

▼ 相手にたいして~ (3, 0.0%)

1 あまり同情, ある皮肉さ, なんと小さく

▼ 相手について~ (3, 0.0%)

1 判断の, 意見を, 自分の

▼ 相手にとっては~ (3, 0.0%)

1 その心, 少々不足, 幡随院長兵衛などより

▼ 相手に対し~ (3, 0.0%)

1 われわれ少, 二発目を, 怨みも

▼ 相手はと~ (3, 0.0%)

1 にもかく, 見ると, 見れば

▼ 相手ばかりを~ (3, 0.0%)

1 して, 遠慮し, 醜く思ふ

▼ 相手~ (3, 0.0%)

1 にばかりある, の弁護士, を刺戟

▼ 相手~ (3, 0.0%)

1 がなお, のほんの, の横

▼ 相手いた~ (2, 0.0%)

2 しまする

▼ 相手いたし~ (2, 0.0%)

1 ております, てをります

▼ 相手かた~ (2, 0.0%)

1 では問題, の利益

▼ 相手かと~ (2, 0.0%)

1 うぬぼれて, 見える婦人

▼ 相手かまわぬ~ (2, 0.0%)

1 博奕渡世の, 媚態

▼ 相手かわれ~ (2, 0.0%)

2 ど主

▼ 相手がた~ (2, 0.0%)

1 の秀, の藩地

▼ 相手がち~ (2, 0.0%)

1 がつて陵墓, やんと

▼ 相手がわり~ (2, 0.0%)

1 にすらすら, に不

▼ 相手ぐらいには~ (2, 0.0%)

1 なって, なるだろう

▼ 相手しか~ (2, 0.0%)

1 して, 現実に

▼ 相手しましょう~ (2, 0.0%)

1 さあおい, てな調子

▼ 相手します~ (2, 0.0%)

1 からどうぞいつも, わ

▼ 相手じゃけに~ (2, 0.0%)

1 滅多な, 相当利き

▼ 相手そして~ (2, 0.0%)

2 かりに腹

▼ 相手そのもの~ (2, 0.0%)

1 が一向, には何

▼ 相手それ~ (2, 0.0%)

1 は乳母, は今

▼ 相手だったら~ (2, 0.0%)

1 己は, 当然おれ

▼ 相手だ来い~ (2, 0.0%)

2

▼ 相手でござんし~ (2, 0.0%)

1 てなあ, てなお

▼ 相手でしたら~ (2, 0.0%)

1 面白うございます, 高梨といふ

▼ 相手とても~ (2, 0.0%)

1 ない独り身, ない私

▼ 相手なき~ (2, 0.0%)

1 時は, 酒宴には

▼ 相手なく~ (2, 0.0%)

1 ちと淋し, 旅人宿の

▼ 相手などを~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 相手なりに~ (2, 0.0%)

1 従つて相違し, 順応させ

▼ 相手なんて~ (2, 0.0%)

1 あなたより, そんな生ぬるい

▼ 相手にしか~ (2, 0.0%)

1 手を, 通用しない

▼ 相手になんぞ~ (2, 0.0%)

1 なつて, なりそう

▼ 相手になんて~ (2, 0.0%)

1 しませんよ, なるもの

▼ 相手による~ (2, 0.0%)

1 ことだ, んだ

▼ 相手までも~ (2, 0.0%)

1 対等以上に, 平気に

▼ 相手めがけ~ (2, 0.0%)

1 てその, て投げつけた

▼ 相手をから~ (2, 0.0%)

1 かつたり, かつてみる

▼ 相手チーム~ (2, 0.0%)

1 には石田, の入場

▼ 相手仕ろう~ (2, 0.0%)

1 ぞ, 四人や

▼ 相手以上~ (2, 0.0%)

1 に自分, に軍国調

▼ 相手会社~ (2, 0.0%)

1 なら副, に対して十万円

▼ 相手~ (2, 0.0%)

1 になつ, のもの

▼ 相手~ (2, 0.0%)

1 かそれ, だと

▼ 相手~ (2, 0.0%)

2 であろうと

▼ 相手変れ~ (2, 0.0%)

2 ど主

▼ 相手女優~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ 相手~ (2, 0.0%)

1 さから, れず乗だす性質

▼ 相手~ (2, 0.0%)

2 当流の

▼ 相手欲しい~ (2, 0.0%)

1 時だった, 肉体が

▼ 相手~ (2, 0.0%)

1 に怪我, に身構え

▼ 相手自身~ (2, 0.0%)

1 の半ば露悪的, を爆破

▼ 相手致します~ (2, 0.0%)

1 から, よ

▼ 相手致す~ (2, 0.0%)

1 お立合い下さる, お見知りおき

▼ 相手~ (2, 0.0%)

2 の相手

▼1* [250件]

相手ありおよそ遊冶放蕩, 相手いたしましてございます, 相手いたそうかな, 相手小夜の, 相手おれがもらった, 相手お下がりあるな, 相手かとも思い彼, 相手かまわずしやべり, 相手かまわずだからなあ事, 相手かまわず斬って捨て, 相手からの攻撃が, 相手かわるなあす, 相手がいらしつてるから, 相手がでけるけ, 相手がをらんよ, 相手きらわず槍を, 相手くらゐは, 相手ぐらいならそんな, 相手ぐらいのものじゃ, 相手ぐらいはもうできる, 相手ぐらゐならそんなもの, 相手こいつは手, 相手こそはしたけれども, 相手ことにこう乗り気に, 相手この世の縁, 相手これも武家, 相手さあさあおすごしなさいまし, 相手さいあれば, 相手させていただきましょう, 相手させますから, 相手させることに, 相手してるんじゃ, 相手し得ない人の, 相手じゃあがあせん, 相手じゃとて遠慮は, 相手すらないの, 相手そうな, 相手その人の, 相手その間に左右両翼, 相手そんだら誰だ, 相手たらん者は, 相手たりし天使, 相手たるべきにしからざる, 相手たる者は常に, 相手だけが公式的だ, 相手だけで納って, 相手だけでも判れば, 相手だけのものだった, 相手だけはまっぴらだ, 相手だけを盗賊に, 相手だつたら己は, 相手だろうと思っ, 相手ちやない慌てる, 相手ってまさか我々, 相手つてまさか我々, 相手つまり男性, 相手であったなら処罰を, 相手である振り切って退散, 相手であればこそあなた, 相手できるうれしさ, 相手でございましたため, 相手でござるぞ, 相手でさえじろりと横眼, 相手でしょうか, 相手ででもあった太一, 相手でなかったということ, 相手でなく不倶戴天の, 相手でなけりゃ話しても無駄, 相手ではと大熊部隊長の, 相手で無いと見た, 相手というはお前ばかり, 相手といった軽い携帯用, 相手といふは桂木一郎とて, 相手とこそ戦いたいそして, 相手としてさえさほどの, 相手とだけで差し向い, 相手とだけは一緒に, 相手とでも協同一致せね, 相手となつては, 相手とに従って様子を, 相手とばかりおもちゃに, 相手とまで彼の, 相手どった告訴を, 相手どった思いきった挑戦だった, 相手どるものの, 相手なかなか気苦労が, 相手なければ全く, 相手などにするの, 相手ならこんと鳴, 相手なら酔えば酔う, 相手なりし者を, 相手なりの深みに, 相手なんかだけじゃお可哀そう, 相手にあたりかまわず無茶, 相手にかかつて行かれる, 相手にこそよれだ, 相手にたいしてはいつも好意, 相手にたいする不快さでは, 相手にだけには葛岡さんが, 相手についての明確な, 相手については決して文句, 相手にて御座の, 相手にとっても尊い生命, 相手にとて六一菩薩を, 相手にともなくこんな, 相手にとり交わす日常, 相手にどころか自分自身にさえ, 相手になぞなって, 相手になとなって, 相手になどしてや, 相手にのみ生きて, 相手にばっかりなって, 相手にもなつて河馬でも, 相手にゃ少しの, 相手にやあたしなんか, 相手によってこそ行われるので, 相手によつていろ, 相手によりもむしろ自分, 相手に対してとも自分自身に, 相手に対しても冷淡であっ, 相手のうでに, 相手のうでまえが, 相手のけだものの, 相手のこづら憎さ, 相手のせゐででもある, 相手のてだてに, 相手のやはらかい, 相手はかりそめにも土地, 相手はちよつと手ごわい, 相手ははあなたが, 相手はへいきです, 相手はへへへへへと笑った, 相手はわてやおへん, 相手はんは, 相手六十一万石の, 相手ばかりして, 相手ばっかりして, 相手ほしき顏付なれ, 相手ほしさに, 相手ほど平生を, 相手ほどに精り抜いた, 相手までが滝だ, 相手までの間に, 相手までは届かずに, 相手みたいな気持, 相手もござりませんと云, 相手もろともさっと, 相手やったらお姉さん, 相手やらとかくに, 相手ゆえ下手な策, 相手ゆゑお前に実, 相手の風采, 相手らしく思へるのです, 相手らしく認めて手紙, 相手をかばふぢ, 相手をかへなけあ, 相手をからかふの, 相手をでも見つけるつもり, 相手をはかつて居た, 相手をば更に烈しく, 相手をめぐって不快に, 相手をよけてそれと, 相手アンヨは上手, 相手クリストフの無頓着, 相手ダサア小吉出ロトイッテソノ身御紋服, 相手てなどこ, 相手てえの, 相手ニシテクレナイコンナ有様デ生, 相手ニナッテヤロウト云ッタラ大竹ガクソヲ喰エトヌカシタカラ大竹ヨリ先ヘツキハナシテ出ヨウト思イ追ッカケタラ, 相手ノストレートガ這入ルト, 相手シナイデモ済ムト考エタノデハナイカ, 相手ヲアナタト思イタクナイノデス木村サンダト思イタイノデスソウシナケレバ感興ガ湧イテ来ナイノダカラ, 相手下手な包み金, 相手与し易しと, 相手丸本をいつ, 相手二人の運命, 相手京姫を一, 相手代れど主, 相手以外の男, 相手伊賀の源三郎, 相手傳吉同人妻專舅與惣次村役, 相手全体を指す, 相手共腰掛迄相, 相手に九つ, 相手南条なる男, 相手時には指圖人, 相手友人として成長, 相手同士のよう, 相手味岡小萩, 相手四人の顔面, 相手国内にズカズカ, 相手国分君がいた, 相手土生仙之助, 相手に求めてた, 相手嫌わずだったが突っぱなす, 相手小唄の師匠, 相手としてかね, 相手岡本大八が火刑, 相手のホセ, 相手役すゐせんを, 相手役同士の間, 相手役番頭の敬太郎, 相手役秋山八郎君の居所, 相手役端役の人物, 相手役米国海軍士官ピンカートンになる, 相手役背景もしくは主演者, 相手待つ間歌川の, 相手恐れるな, 相手悪しと見, 相手惣内方へ取, 相手捜そ思たら, 相手撰ばず喉笛を, 相手数人に勝つた, 相手暑し昼一斗, 相手机竜之助, 相手とも柱, 相手の運動場, 相手構はず振り撒いて, 相手構はず念を押しました, 相手構わず吹き散す半病人, 相手構わず踊るもんだ, 相手次第に火花を, 相手次第相手によってどう, 相手やと思ふ, 相手無電局の電波, 相手よろしからず, 相手申してさしつかえない, 相手申しあげる機会が, 相手相談相手と云った, 相手知らずに帽, 相手石崎一族の讒言, 相手の国人, 相手には其頃, 相手競馬見物の相手, 相手をもっ, 相手自体の動力, 相手致そうか, 相手の相手, 相手西園寺家の方, 相手討つか討たれる, 相手負けてはならない, 相手賢い導き手, 相手踊りの師匠, 相手違いをいたす, 相手関わず飛び出して忽ち, 相手青眼に付け, 相手非常の力, 相手音楽会や散歩, 相手顧問忠告者監視者となっ, 相手の遠乗り