青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「置かれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

續~ ~罪 罪~ 罪人~ 罪悪~ ~置い 置い~ ~置いた 置いた~ ~置かれ
置かれ~
~置き 置き~ ~置く 置く~ ~置け 罰~ 署~ 署長~ 羅~ 羊~

「置かれ~」 1384, 15ppm, 7496位

▼ 置かれ~ (1144, 82.7%)

85 ある 77 いた 75 あった 57 いる 54 あるの 34 いるの 24 あつた 17 いること 15 ゐる 14 あったが, あって 13 ゐた 12 ありました 11 いるという 10 いて 8 あったの, あること 6 ありその, あるよう, います, いるから, いると 5 あります, あるから, いました, 居る 4 あると, いたが, いたので, いるか, いるかという, いるので, いるよう, いる境遇, ゐると, ゐるの

3 [16件] あったと, あつて, あるきり, あるでは, あるので, あるばかり, あるもの, いたの, いるが, いるこの, いるもの, いる立場, みると, ゐたの, 居た, 見ると

2 [33件] ありそれ, ありましたが, あるか, あるが, あるだけ, あるところ, あるに, あるナイフ, ある十枚, ある唯一, いたから, いたらしい, いない, いましたが, いるかの, いるだろう, いるところ, いる一定, いる事情, いる今日, いる大きい, いる情況, いる状態, いる現実, いる自分, おりまして, その上, その周囲, なかった, ゐるので, ゐるもの, ゐるやう, 了って

1 [412件] あったから, あったこれ, あったたくさん, あっただけ, あったという, あったので, あったはず, あったよう, あったり, あった一個, あった事, あった付属品, あった十七絃, あった地面, あった壁土, あった変, あった天目, あった室, あった当時, あった御馳走, あった散瞳薬, あった火入れ, あった無蓋, あった痕, あった祭祀, あった箱, あった質素, あった鉄槌, あった銀枠入, あつたの, ありしなり佐太郎, ありましたから, ありましたので, ありまた, あり万事正式, あり共に, あり天井, あり将軍家, あり左, あり湯沸し, あるあぶら蝋燭, あるお, あるかぎり, あるからには, あるし, あるすぐ, あるそこ, あるその, あるため, あるだけの, あるっきり, あるつきり, あるという, あるといふ, あるとだけに, あるなどといふ, あるやう, あるアラビヤ数字, あるタンク, あるバスコダガマ, ある一基, ある一巻, ある一枚, ある主人公, ある二三, ある二枚, ある人たち, ある人体, ある今晩, ある仏間, ある以上, ある佛間, ある其の, ある厚い, ある古道具類, ある品, ある唐草, ある器物, ある地蔵仏, ある場合, ある大きな, ある安楽椅子, ある室, ある室内, ある寂しい, ある小型, ある小箱, ある数種類, ある有り様, ある有様, ある朝刊, ある木剣, ある木魚, ある机, ある派手, ある瀬戸, ある狛犬, ある異国, ある眼, ある絵具皿, ある置物, ある花, ある訳, ある論理的基体, ある部屋, ある静か, ある首, ある駒下駄, いたかも, いたけれども, いたこと, いたそして, いたその, いたと, いたのに, いたのみ, いたのよ, いたもの, いた信雄, いた地, いた地位, いた小机, いた所謂文壇的雰囲気, いた昔, いた時, いた棕櫚, いた様子, いた状態, いた社会的事情, いた筈, いた者, いた自分, いた衣裳箱, いた裏庭, いた間, いた鞄, いた頃, いた鳥の子, いても, いないある, いないで, いないと, いないという, いないテーブル, いない場合, いなかった, いなかった人, いますうち, いますが, いようぞ, いようとも, いらしった, いるお雪ちゃん, いるかが, いるかと, いるかは, いるかを, いるさまざま, いるその, いるだが, いるだけ, いるだろうか, いるであろうか, いるでは, いるとは, いるとも, いるに, いるにも, いるのに, いるばかり, いるむく犬, いるらしく考えられるの, いるらしく見えた, いるわけ, いるカテゴリー, いるテーブル, いるラジオ放送, いる事実, いる人力車, いる人間存在そのもの, いる位地, いる位置, いる低, いる何, いる使命, いる国, いる地位, いる場合, いる場所, いる場面, いる多少, いる多数, いる大, いる大将, いる女, いる如く見える, いる客室, いる小さい, いる小さな, いる師冬, いる当時, いる心, いる悪, いる情勢, いる惨めさ, いる我々, いる所, いる提灯, いる新しい, いる方, いる様, いる歴史, いる歴史的, いる歴史的位置, いる無力, いる状況, いる環境, いる生活, いる男, いる白樺, いる相互, いる瞬間的, いる矛盾, いる碁盤, いる社会, いる社会問題, いる社会的, いる私自身, いる身の上, いる部屋, いる重苦し, いる鉢植, いる錯綜, いる陰, いる隅, いる非道, いわゆる大阪, おいでに, おらぬという, おりそれぞれ, おり人気, お金の, こういわれる, この方米沢を, これまた, ございます, しかも異性, しまう, しまった, しまったの, しまって, しまつ, そうして前々, そしていくら, その中ごろ, その光, その暮方, その本領, その罪業, その言う如く, その釜, た, だまって, どうか, どうするだろう, どんなに親しい, なお藩知事, なければ, ならぬ, ひとつの, ひどくきう, ましたよ, ます, まだ一つ二つ, まるきり疑い, みさえ, みて, もう出られ, もう絶縁, らあ, わかるよ, ゐたが, ゐたと, ゐたもの, ゐた時代, ゐた筈, ゐた鳥の子, ゐて, ゐるかを, ゐるさ, ゐるところ, ゐるらしい, ゐるわけ, ゐる事, ゐる以上, ゐる問題, ゐる樣, ゐる状況, ゐる立場, ゐる鉢植, ゐる間, ゐる點, ビクとも, プレジュディスの, ホームズの, 一の, 一本の, 上に, 中央に, 丸藥の, 主人の, 九月にな, 了う, 二〇〇〇磅の, 二つの, 低いゆったり, 何處からか, 側面に, 全く腐りき, 化物屋敷と, 匙さえ, 参って, 吸物椀や, 四方には, 在る, 在ると, 在るの, 在る夫婦, 堵に, 夕顔の, 外敵を, 女の, 実際に, 客たるべき, 客席から, 小ざっぱりした, 小雨の, 居たので, 居た大村, 居た者, 居つたと, 居て, 居ないので, 居ない為め, 居ない考古學, 居ようと, 居りこの, 居りまして, 居ると, 居るの, 居るので, 居る語部, 居る陰, 幅物は, 座蒲団の, 彼等は, 得しなかった, 御別懇, 御懇意, 御所へも, 思案に, 悉皆窮屈, 憩いと, 批判され, 挙兵なされ, 摺鉢の, 放電せられた, 数カ月乃至, 斜めに, 旧臣を, 暗いところ, 来たという, 来た大衆, 来た社会機構全般, 来た立場, 武蔵は, 殖産興業の, 沈みゆく難破船, 溜まるもの, 炭が, 爽やかさも, 白布が, 白布に, 真白い薬, 石鐵県は, 破格の, 神は, 私は, 稗よ, 種々な, 結婚の, 繰り返し, 考えねば, 考えられるし, 肩の, 膳には, 自分が, 色の, 花卉の, 菓子器には, 蜘蛛の, 蝋燭が, 行くこの, 行った, 誰も, 調子を, 足がかりの, 跡は, 遂に, 電燈に, 頭を, 飽くまで彼

▼ 置かれその~ (22, 1.6%)

5 上には 2 前の

1 [15件] うしろに, そばに, つやつやした, また上に, 一方には, 三宝の, 上に, 中で, 代り比倫を, 前から, 前に, 常陸を, 手に, 手術台の, 机と

▼ 置かれても~ (14, 1.0%)

1 [14件] いたの, はずかしくない, よいでありましょう, よいの, 下手な, 乞食と, 変りない, 実を, 尚独語, 平然と, 用を, 眼上の, 迷惑だ, 邪魔な

▼ 置かれては~ (10, 0.7%)

1 あらゆる機会, いかな, いるでしょうが, また變つた女, ゐないの, ズタズタに, 居るけれども, 末々仕える, 第一我輩, 荒れに

▼ 置かれそれ~ (9, 0.7%)

1 がこの, と連接, に向っ, に紙, に雨, を包ん, を囲ん, を籤引き, 迄は出羽郡

▼ 置かれたり~ (7, 0.5%)

1 した, して, しを以て, 又は鍋, 横の, 竹取, 角や

▼ 置かれそして~ (5, 0.4%)

1 その中央, その時, その結果, 彼女とは, 注がれた杯

▼ 置かれそこ~ (4, 0.3%)

1 から庭園, から旅館, にすき間, に非難

▼ 置かれながら~ (4, 0.3%)

1 あの大, いかにも狭い, それを, 切実な

▼ 置かれがち~ (3, 0.2%)

1 で一時, な問題, な自然科学

▼ 置かれてから~ (3, 0.2%)

1 兵部大輔が, 取扱った件数八八一七件, 殆ど三年の

▼ 置かれ~ (3, 0.2%)

1 したので, しない, しないかというまで

▼ 置かれ~ (3, 0.2%)

1 から太刀, とした, と柄

▼ 置かれ一方~ (3, 0.2%)

2 には大 1 には夥しい

▼ 置かれ行末万端~ (3, 0.2%)

3 ごじゅっ

▼ 置かれ~ (2, 0.1%)

1 つかれらしい頬杖, 篠は

▼ 置かれこの~ (2, 0.1%)

1 上に, 作業に

▼ 置かれこれ~ (2, 0.1%)

1 が鉱山, を見る

▼ 置かれてからは~ (2, 0.1%)

1 其統率を, 彼女は

▼ 置かれ~ (2, 0.1%)

1 いっちぇ, へん

▼ 置かれ~ (2, 0.1%)

1 え, えが

▼ 置かれ一つ~ (2, 0.1%)

1 の声, を童子

▼ 置かれ~ (2, 0.1%)

1 ては云々, を愚弟

▼ 置かれ居間~ (2, 0.1%)

2 に散らばる

▼ 置かれ我々~ (2, 0.1%)

1 がこれ, は刀身

▼ 置かれ~ (2, 0.1%)

1 の近く, を静か

▼ 置かれ畑仕事~ (2, 0.1%)

2 は女

▼1* [123件]

置かれいい塩梅式に, 置かれいとおそき球, 置かれかたで女主人, 置かれかつ数インチつき出した, 置かれしかも経済の, 置かれしこと事實, 置かれしこそ不思議なれ, 置かれしという, 置かれそうな目, 置かれそういう仕事を, 置かれその後合せ目を白い, 置かれたるを発見, 置かれちゃア二度と, 置かれちや叶はねえだらう, 置かれてからも身体の, 置かれてこそ西洋の, 置かれてでもあるやう, 置かれてねえ何か, 置かれどういふ風, 置かれなお病人も, 置かれなどしたらもう, 置かれなんだが, 置かれなること, 置かれえとお賤, 置かれ悲しさ, 置かれべつべつの投錢, 置かれまたあるもの, 置かれまたは混同せられる, 置かれまたもや大日坊は, 置かれまだ一口も, 置かれまんいち当人の, 置かれむき出しの天井, 置かれむをりはいまの好, 置かれせぬ, 置かれもう一方の, 置かれやうおまけに人, 置かれよき指導者を, 置かれジャヴェルとジャン, 置かれバルコニイ近い豊か, 置かれリノリウムの床, 置かれ一輪ざしの, 置かれ三人の男達, 置かれ三十人ほどの男, 置かれの段, 置かれ下部は二本, 置かれ二人の娘, 置かれ人々は勝手, 置かれ他端は木製, 置かれ便箋に封筒, 置かれ俘囚長たる安倍, 置かれ候よう大切に存じ奉り, 置かれ六週乃至八週, 置かれ其附近のみ僅か, 置かれ冬それを掘り上げ, 置かれ几帳面に掃除, 置かれ初夏の涼夜, 置かれ別してご懇意, 置かれ反対の側, 置かれ受け身な物わかり, 置かれ古きに則っ, 置かれ同じような, 置かれ同時に主な, 置かれ名称もカヒラ, 置かれ地位声望いよいよ重き, 置かれ境内に入る, 置かれの一面, 置かれな臭い, 置かれ大きな竜舌蘭の, 置かれ奈良朝に雑戸, 置かれ小説を書い, 置かれ左側には未, 置かれ左手には沢山, 置かれが定まっ, 置かれ当方より蜂須賀彦右衛門, 置かれ当時津軽の辺, 置かれ彼らの指揮, 置かれ後髪も引かれた, 置かれ時節柄恐れ多き, 置かれ悲しい語の, 置かれ戒厳令が下った, 置かれ或は家庭内身辺の, 置かれ新刊の雑誌, 置かれ易いものである, 置かれ普通民からは相手, 置かれ木の葉すこしで, 置かれの上, 置かれは長い, 置かれ毎年の経費, 置かれ毎日昼前に復一, 置かれ水藻が青く, 置かれ火花が夕闇, 置かれ炭俵の中, 置かれ番頭の久助, 置かれ病院用の器具, 置かれ相当勇名を, 置かれ相談できず独り, 置かれの土台, 置かれ神山さんの推理, 置かれの父, 置かれの下, 置かれ算生も任, 置かれ画師は, 置かれ胴丸の手, 置かれ色とりどりの寝具, 置かれを盛った, 置かれ茅草を布いた坐る, 置かれ荷船問屋の繁昌, 置かれ薄く切ったさつまいも, 置かれに入れた, 置かれのある, 置かれにも見られる, 置かれ塁は, 置かれ越後あたりでは秋山, 置かれ軍楽隊は太鼓, 置かれ酔っぱらいが口ずさむ, 置かれ隣家の屑屋清吉, 置かれ雄心を遣る, 置かれと頸, 置かれ風呂場の中, 置かれ飾棚には仏蘭西人形, 置かれにハモ, 置かれ高いいかめしい墓石の, 置かれ麾下のうち