青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「置いた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

繰返し~ ~續 續~ ~罪 罪~ 罪人~ 罪悪~ ~置い 置い~ ~置いた
置いた~
~置かれ 置かれ~ ~置き 置き~ ~置く 置く~ ~置け 罰~ 署~ 署長~

「置いた~」 4025, 43ppm, 2671位

▼ 置いた~ (627, 15.6%)

70 である 50 です 4922 では 18 ですが 15 であるが 12 だが, でした 11 であった 10 さ, だから 9 だった, であろう 6 だろう 5 か, だと 4 だよ, であるから, でしょう, ですから, で御座います

3 [12件] かな, がそもそも, であります, であろうか, ですがね, ですよ, はこういう, はこの, はどう, は大, は誰, を誰

2 [26件] かね, かも知れない, かも知れぬ, がいつか習慣, がこれ, が二人, が悪かっ, が手ぬかり, が既に, が親, じゃない, だがと, だったが, だらう, ぢや, であったが, でしょうか, ですか, でも, は勿論, は十年前, もをかしい, を, を今, を見る, を見付

1 [206件] かしら, かそれとも, かと訊く, かなぜ, かもわからない, かも知れません, から転化, かネ, か兎, か判るだろう, か又, か大した, か忘れ, か新しい, か氏, か私自身, か給仕人達, があの, がある, がお, がございません, がせめて, がその, がばか, がムダ, が一番, が不覚さ, が今, が何ん, が出来た, が去年, が大きく, が天心, が少し, が役に立っ, が後に, が忘れ, が思ひ, が悪い, が惡, が散, が明末, が演壇, が無, が用箪笥, が立, が終に, が良, が花, が見えなくなった, が誤り, が返, が逸早く, が運, が間違, さところで, じゃあ店賃, だからと, だからね, だから一つ, だけれど, だそう, だその, だったから, だつて, だらうと, だろうという, だろう迷わずに, だ交啄鳥, だ余, だ夫, だ無闇, だ薄板, であるか, であると, であるよう, であろうが, であろう婆, でございましょう, でございましょう加茂川, でございます, でございますが, でございますね, でございますわ, ですけれども, ですそれ, です一本, とでも判った, とで菰田源三郎, とで非常, とは反対側, にかかわらず, にも関ら, は, はい, はいずれ, はお, はお上, はお前, はかなり, はさては, はそれ, はちょうど, はできた, はまことに, はまさしくこれから, はまだしも, はもう余程, はモーリス・ド・スリイ司教, は下手人, は不思議, は仮想敵, は何ん, は何處, は例, は先刻, は前, は却, は可, は君, は和泉屋, は太政官, は娘たち, は学校, は差異性, は思い付き, は恐ろしい, は憎い, は机竜, は極彩色, は焼き殺し, は父霧渓, は相当, は私, は紅葉全集, は紐, は腕, は自分, は言うまでもない, は金包, は門人, は阿, は音次郎, は驚くべき企みでした, は黒い, もある, もこの, もその, もワケ, も一緒, も二人, も修辞的, も多分, も夜分, も大化, も染吉, も樂, も無論, も理由, も畢竟, も行屆, も變, も變ぢ, も貴様, や今日買つて來, よりは遥, をある, をきかない, をちょっと, をまた, を一, を三輪, を今日, を偸見, を元, を去年, を取る, を取出し, を四日前, を後悔, を忘れやしまい, を念, を思い出し, を思ひ出した, を披, を次, を正月, を残らず, を気がつい, を波, を為替, を盗まれた, を着, を知つて, を磨ぎ減し, を置い, を胴巻ぐるみ紛失, を見, を見附かつ, を誰一人, を買う, を運悪く, を野西, を鼻, んです, 今朝盜まつたんだ

▼ 置いた~ (186, 4.6%)

4 それが 3 これは, 職人の 2 その後, よい, 其れ, 少し都合, 金高もので

1 [166件] あるいは鼠王, あれ汝持っ, いずれ乾く, いづれ乾くまでには, いろいろ馬鹿, お前ほしい, お前一人で, お悦さん, このごろ木口勘兵衛尉源丁馬と, このごろ諸, この容態, この山道, この暴風雨, この民族, しかしまだ, そこさえ, そこは, そのま, その一首, その以来, その埋め, その夜, その女, その帳面, その後それに, その後も, その後佐佐木信綱博士, その採用試験, その時, その暗い, その草, そもそも誤り, それから無理, それでも心配, それなりそこ, それは, それも, それよりも, それら一切の, そんな氣, ちょいと, どうかする, どうも自分, どっちからも, どんなに縄, なお不足, なんとなく心残り, ふいと, ふいに, ふと好奇心, ほどなく死におった, もうお, もうそこら, もう事, やがてその, やがてまた, やがて牢中, やはり帰っ, よいぞ, パリを, 一応人物試験, 一盃盃又一と, 一體彼我の, 中身は, 之は, 二年目には, 人目については, 今其冊子, 今夜闇太郎と, 今日お前の, 仕方が, 仮りにも, 何う, 何となくその, 何分にも, 先方からは, 先日そいつを, 先生には, 先生の, 其後北京へ, 其書が, 出発後三日目には, 匕首を, 匿名の, 十七歳の, 博士に, 博識自慢の, 即ちかう, 名倉さんにも, 名前を, 喉頭癩に, 地方に, 外から, 大部分, 天気に, 好いぞ, 如くに, 姉様と, 婢が, 官位を, 実際彼, 實際たしかに, 山の, 左樣に, 広い世間, 広瀬の, 弱つたの, 彼は, 彼処え, 彼等が, 彼等の, 後で見る, 後世その, 息の, 愚僧一人で, 戦争前, 戸台へ, 手ぬかりで, 打戦く, 敵討という, 新聞紙上には, 未だ其答, 楽女の, 此の, 此本の, 歯が, 残酷い, 水が, 注意が, 流石の, 漸く今日話, 火事には, 炉へ, 無意識中, 無論文学自身, 現代の, 現在でも, 現実に, 疲労を, 病人を, 矢張りその, 知合の, 石塔が, 確かに, 私の, 私達には, 童子は, 筒井は, 続いて, 翌日劒沢の, 聖者の, 自分も, 花弁に, 茶碗か, 菊枝が, 薩摩の, 読んで, 諸君若し, 辰男は, 近頃又, 預かり主, 頭は, 題材を, 飛騨を, 餘程の, 黄緑な

▼ 置いたもの~ (158, 3.9%)

16 である 84 だと, であった, であること, では 3 があります, がある, だから, です, らしい

2 [12件] か, かそれとも, が為恭の, が爲恭の, だつた, であらう, であるが, であろう, ですが, でせう, に相違, を私

1 [79件] かいきなり, かね, かも知れません, か石, があった, がありました, が悪い, が流れ, さ, だそう, だそれ, だったけれど, だつたが, だね, だらうと, だろうと, で, でありながら, であるから, であるだれ, であるらしい, であろうぞ, であろうと, でかかる, でここ, でした, ですからね, ですなわち, でその, でそれ, でつまり, でないという, でなければ, でみんな表, で獨, で自分自身, として悉く, と察せられた, と思われる, と知っ, と見え, と見える, と見なけれ, なの, なれば, なん, にちがい, には趙明誠, に得意, に違い, に音, ねあれ, のよう, の中, は, は優に, は天智帝, は綾, へ火, もあります, もある, もその, もチビチビ, や保管, らしかった, らしくこんな, を, をあらためて, をさ, を偶然, を後日, を抄写, を持っ, を見, を記念, を読ん, を足蹴, を載せ, を集め

▼ 置いた~ (107, 2.7%)

2014 だが 11 です 8 だから 6 だらう 4 だよ, だろう, ですが 3 では 2 じゃありません, じゃない, だけどね, だと, でしょう, ですから, ですよ

1 [19件] じゃもう, だからな, だからね, だし, だそう, だそして, だそれ, だぞ, だっておっしゃる, だね, だアネ, でございます, でしょうか, ですか, ですもの, ですわ, で御座います, べ歸つて來, やが

▼ 置いたので~ (99, 2.5%)

11 あつた 3 それを 2 せう, それが, 夏から

1 [79件] あつて, おおかた風外, おつぎ, お金も, げすから, この名, この細工, この雪, こんなこと, ござりまする, さうで, して, その妻, それから背痛, それで, それは, そんな小説, らくに入れた, わたしたちの, キン婆さんは, テイブルの, 一昨日の, 之を, 使うには, 倉地の, 先家主の, 其の鎌, 再び兼次, 力任せで刺した, 南向の, 古いところ, 句の, 吃驚し, 同時に, 品の, 唐の, 夜に, 大體, 奥さんが, 専門学校の, 小屋の, 少し赤い, 巧い, 幸に, 彰義隊の, 得体の, 手拭は, 抵当に, 探すの, 新に, 日の, 日本橋区浜町二丁目の, 普通に, 書物に, 有ろう怪美人, 朝の, 松山へ, 根が, 歴史的宗教的に, 母も, 泥棒は, 滋幹は, 留吉と, 略わかるでせう, 白い敷布, 監獄當局へも, 直ちにその, 私が, 筆者は, 翌くる, 若しも空家, 若者の, 莚と, 西山篤子と, 見ると, 軍馬を, 金は, 長野軍医正の, 須山と

▼ 置いたから~ (90, 2.2%)

2 茲には, 領事館に

1 [86件] あしたそれを, いいよう, うまく間に合え, この室, そっと孝助, その中, それに, だ, だとも, ちっとは, である, であろうと, でございます, でしょう, です, でまた, なるべく重出, なんだ, まあいい, まあ好い, もうたくさん, もう心配, もう遠慮, ゆつくり, よい香, 一本すぐ, 之を, 乾闥婆に, 二重とも, 今日は, 今更別に, 今能, 仕事は, 借金が, 先ず恋, 再び仕事, 出さんに, 割合に, 地は, 多分死ぬ, 大体見当は, 安心せよ, 定めて, 宜う, 宜しく頼む, 家でも, 少し休んだら, 居られる云, 履物は, 山駕籠が, 彼の, 御心配, 御覧下さい, 急いで, 手前己の, 拝見に, 探せば, 摘みだして, 明日持つ, 机の, 来て, 梅月とかいふ, 此れでち, 此時使は, 残金を, 法例という, 當分は, 病人の, 直ぐ敷島, 直接に, 知れや, 私イ案内し, 空家と, 結句は, 緑雨の, 膝脛は, 茲に, 落ち着いて, 誰あっ, 足も, 退屈しのぎに, 遠慮は, 郵便為換を, 金の, 鎮守の, 間違ひ

▼ 置いたこと~ (81, 2.0%)

8 がある 2 だらう, である, は事実, もあった, もある

1 [63件] あねえな, からアダン, があった, がありません, がない, がふ, が役立っ, が既に, が有った, が果たせない, が気, が露顕, だが, だけは確か, だとかは, だらうな, であらう, であると, でさえが, でした, と仏教, と全く, と思い, と思ひ, と思ふ, と神聖羅馬帝国, などもうすつかり忘れ, なの, になるだろう, に気がついた, のある, はありません, はこれ, はない, はなかっ, はまことに正しく, はよく, はわかっ, は一見, は云, は先入主, は光秀, は前, は單, は察せられる, は確か, は編者, は言, は黄葉夕陽村舎詩, ばかりだった, もない, も尠, を, をお, をも一度, をも告げた, を思う, を想い出し, を白状せり, を矢張り, を自明, を記憶, を頼み

▼ 置いた~ (74, 1.8%)

17 がいい 10 がよい 3 がい, がよ, がよう, が好い 2 がよから, がよく, がよろしい, が安全, が宜

1 [25件] が, があの, がいくら, がこの, がどの, がよかつ, がよささうだ, が事, が余程, が便利, が効果, が参考, が好から, が好かろ, が好都合, が宜いと, が宜しかろ, が実際, が幸福, が役に立つだろう, が後世, が意味深長, が混雑, が都合, もよかろ

▼ 置いたよう~ (71, 1.8%)

3 なもの 2 であった, でしたが, なこと, な形

1 [60件] だが, である, です, な, なきれ込み, なしっとり, なの, なものの, なわけ, な卑下, な古い, な唇, な山葵, な岩, な彼女, な心持ち, な或は, な月光, な栄耀栄華, な此, な溜息, な細長い, な軍ぶり, な重く, な面白い, な食堂, な黒い汚い, にいっぱい, にいやしい, にうす白い, にその後, になっ, にふくらんだ, にキチン, にホッ, に光っ, に劃然, に右, に和歌, に岩, に彼, に彼女, に戦争中, に森田思軒, に正門脇, に潰れ, に濡れ, に畳, に白, に白かっ, に直線, に相当, に眉, に真っ白, に破れ傷, に私, に突っ, に紅かっ, に輝い, に金魚

▼ 置いたまま~ (70, 1.7%)

7 になっ 3 にし 2 であった, である, 再び動き出し

1 [54件] あったウォツカ, うとうとし, うなだれて, お吉, から身, ことわられた旅客, しばらく待っ, じっと俯向, すぐ帰っ, すたすたと, そのまま死なせ, その二人, その十能, その夜疲れ, その扉, その白山山脈, で, であたり, でいる, でご, でござるわ, でしたから, ではいけない, では迚, でやがて, で今, で凝然, で慌て, で話させ, で黙っ, どうぞと, なり, なん, にする, に半ば, に神妙, に行, のかっこう, の形, 久しくなっ, 何もかも都合, 去って, 寝そべって, 帰って, 忘れて, 打忘れ, 掛けて, 暫くは, 直ぐに, 考えた, 赤くなり, 逃げて, 逃げ出して, 黙つて

▼ 置いた~ (68, 1.7%)

4 いう, 見えて 3 いうから, すれば 2 ある, いうので, すると

1 [48件] あっては, あれば, いうだけ, いうつつ, いうのに, いうべきである, いえ, いった, いって, いふが, お思ひ, したらそこ, したら同, する, するならば, ほりに, ほり駅にも, 云うの, 云う逸話, 云って, 云ふ, 仮定しよう, 仮定すれ, 同じ明らかさ, 同時に物質, 名取川で, 思い定めて, 思った窓, 思ひます, 思ふん, 思わせて, 書いて, 知らないかの, 考えられること, 聞いた, 見えます, 見え芭蕉, 覚しく手ぶら, 覺えて, 言いますがな, 言うし, 言う生きて, 言つたらう, 言つた方が, 言つて宜しい, 言ふ, 話した, 謂はつしやる

▼ 置いたところ~ (43, 1.1%)

1 [43件] からみ, から取出し, から少し, から聞え, がレゾン・デテール, が別段, だけはそれでも, だった, である, であんな, でお前, でその, ではひとり, で人, で何ん, で別段, で取り, で和泉屋, で明らか, で本籍, で生活資料, で百姓仕事, で目盛り, で立っ, で自由, で駕籠屋, なの, にあつ, には下女, に主客, に居た, に知らざる, は如何にも, は愛し, は用意周到, へ, へ先生, へ自分, へ農林, まで書けなかった, よりその, を回顧, を見る

▼ 置いた~ (41, 1.0%)

5 だ, ですが 3 だから, だが, であるが 2 である, のその, の自分

1 [16件] だよ, で, であります, であるから, ですよ, なのに, なん, のライカ, の一萬兩, の夜具, の懐中時計, の振り分け, の時計, の繪圖面, の赤い, の鉈

▼ 置いた~ (37, 0.9%)

2 があった, がある, として茲, もある

1 [29件] かと之, から起った, があつ, がない, が後で, だ, だけを, である, です, でも, に気が付かない, は, はゆき子, は少し, は後で, は有る, は策戦, は聞い, もあらう, もあります, もこれ, もわかっ, も以前, も木村君, をあらい, をば間違い, を呉, を果される, を記憶

▼ 置いたという~ (31, 0.8%)

4 ことは 2 わけです

1 [25件] ことだった, ことで, ことと, ことには, ことの, その蛇の目, のが, のであろう, のは, のを, ものであった, ような, わけである, ヤーシチク, 事な, 事は, 事実の, 例が, 厳粛な, 白樺の, 程度の, 考え方です, 訳で, 説が, 部屋を

▼ 置いたのに~ (27, 0.7%)

1 [27件] あの家, うっかり誘い出された, おれは, これじゃ, それを, どうして早く, なんで又, まだ視線, ナゼ来た, 一歩を, 不思議な, 人力車で, 何う, 何うし, 何だつて歸, 兄いの, 其の鍵, 少し乱雑, 彼奴め自分だけの, 意外に, 折角の, 日本人は, 活気に, 船を, 誰れ, 過ぎないの, 過ぎません

▼ 置いた~ (24, 0.6%)

3 しても, 相違ない

1 [18件] かような, したところ, ちがいないであろう, 何故子, 拘らず其所書, 拘わらず主人, 父上の, 編集が, 過ぎない, 過ぎないので, 違いありません, 違いございません, 違いないであろう, 違ない, 違ひ, 違ひありません, 違ひあるまい, 違ひない

▼ 置いた~ (24, 0.6%)

2 かでなく

1 [22件] からはじまった, すぐ寄っ, にはそれ, にはもう, に何, に弥次郎兵衛, に樂浪, に神尾主膳, に縁, のこと, のわたし, の心, はそれ, は靴一足注文, ほつと, ようやく, 一寸台所, 思いがけなく自分, 愈, 新しき男, 若侍, 食べた葉

▼ 置いたって~ (22, 0.5%)

1 [22件] あなたみたいに, いいって, さして益, そのうちひとりでに消え, どうでも, もう危なく, んです, 今さら追いつき, 仕方が, 何に, 向こうから, 売ると, 大丈夫, 御前が, 手を, 折切れます, 死ぬでしょうよ, 永く生きられる, 自分の, 返したこと, 食わして, 食わせるに

▼ 置いたやう~ (21, 0.5%)

2 でしたが

1 [19件] であつ, なもの, な寒々, な小粒, な恰好, な次第, な火光, な黒い汚い, に, にいやしい, に其等, に半壊, に床, に思ひます, に澄ん, に白, に見える, に誤解, に金魚

▼ 置いたなり~ (18, 0.4%)

2 勝手の, 開けて, 障子を

1 [12件] からみつくよう, すたすた尻, で停車場, で細かく, なお譜面, なんにもいわず, まるで手, 席を, 帰ろうと, 朝飯の, 松さんの, 澄み渡った空

▼ 置いた~ (18, 0.4%)

1 [18件] が八つ手, が分捕, が殆, で自分, なぞの大きい, にその, に萌黄色, のなか, の位置, の宝玉入, の指, はようやく, は犇, をあげる, をすぐ, を不器用, を引こう, を疊

▼ 置いた~ (16, 0.4%)

2 もある

1 [14件] が恰度竹越三又氏, だった, だろう, である, でやはり, で何, で安い, で誰, に寝起き, に戻っ, はすぐれた, へ戻っ, へ来, も一寸

▼ 置いた~ (15, 0.4%)

1 [15件] その辯解さ, 不審がられます, 不思議です, 僕は, 否かが, 平次は, 或いはお客, 打ち割つた竹片, 数の子は, 數の, 昨夜何を, 皆んなお, 知らぬが, 知らねえが, 考へて

▼ 置いた~ (14, 0.3%)

2 静それを

1 [12件] 人形の, 半を, 桃を, 此の, 皿を, 秋様が, 線香二本つづい, 芝居の, 誂えの, 銀様の, 静を, 靜を

▼ 置いたところが~ (14, 0.3%)

4 その地震前日 2 蕾の 1 その五円札, ははははこれ, 一月とは, 其図に, 同居の, 或人, 果していつの間にか鳥, 飢えに

▼ 置いたほう~ (14, 0.3%)

7 がいい 4 がよい 1 がよかっ, が好い, が後で

▼ 置いた自分~ (14, 0.3%)

2 の手

1 [12件] の仕事, の写生帳, の好き, の手紙, の書籍, の着物, の背嚢, の認印, の風呂敷, の首, は眼, を悔む度

▼ 置いただけ~ (13, 0.3%)

3 では, 憐んで 1 その自我, であった, ですから, で持病, で美し, で身, で電話

▼ 置いたといふ~ (12, 0.3%)

3 ことが 2 ことに 1 ことは, のです, んです, 事實を, 彼にも, 言ひ, 話なら

▼ 置いた~ (12, 0.3%)

1 [12件] が見えず, が見付, で辛うじて, のこと, の中, の包, も下さいません, も有る, を受取り, を持っ, を持出させ, を財布ぐるみ公衆電話

▼ 置いたかと~ (11, 0.3%)

2 思うと, 許り 1 おもうと, 云うこと, 云ふ, 勇吉は, 思う地方, 思われて, 想像した

▼ 置いたかも~ (11, 0.3%)

2 わかりません, 知れずあの, 知れない, 知れぬ 1 しれない, しれないなどという, 知れなかった

▼ 置いたその~ (11, 0.3%)

1 [11件] ときあの, 叫びに, 女らしい贈物, 好い香気, 宿は, 幸内に, 手毬がさ, 洋燈の, 華奢な, 詫の, 頃兄が

▼ 置いた~ (11, 0.3%)

3 何で乳 2 今更に 1 ありがたいとも, ある女, 忘れて, 江戸屋半, 父さまに, 誰れ

▼ 置いた~ (11, 0.3%)

2 を他人 1 が漸く, だが, である, と惟, にした, の中, を取り出し食う, を読ん, を食っ

▼ 置いたつもり~ (10, 0.2%)

1 だ, だが, だったのに, でありますから, である, であるが, でい, でほか, なの, のコーヒー茶碗

▼ 置いたもん~ (10, 0.2%)

6 ですから 2 だから 1 だね, でしょうかね

▼ 置いた~ (10, 0.2%)

2 へ来る 1 だった, で, であった, にある, にちゃんと, に行きました, を爪紅, を開ける

▼ 置いた~ (10, 0.2%)

3 があります 1 があるだらう, が一ヶ所, ですね, のあつ, まではっきり, もその, を見る

▼ 置いた通り~ (10, 0.2%)

1 その晩, である, にする, にちゃんと, にサーヴィス, の合図, の地点, まだ誰人, 何一つ位置, 壊れ箪笥

▼ 置いた~ (9, 0.2%)

3 の中, をもっ 1 をもつ, を受け取り, を荷

▼ 置いたあの~ (8, 0.2%)

2 白金の 1 ような, 名古屋の, 女の, 甘汞を, 金子の, 顎の

▼ 置いたかの~ (8, 0.2%)

3 やうに, ように 1 ような, 女優志願は

▼ 置いたそれ~ (8, 0.2%)

2 が今何処 1 が六十年余, なの, に水, をお前, を見せた, 故に一層

▼ 置いた場所~ (8, 0.2%)

1 が判らない, に移され, はわかっ, へ運ん, もこの, を指さした, を暗示, 迄来る

▼ 置いた~ (8, 0.2%)

2 が來 1 が来しと, が来た, に乘, に飛び, に飛乗り, も来る

▼ 置いた~ (7, 0.2%)

1 お前の, ハトロン紙の, 一かま分の, 履物も, 拓本職人の, 糸七は, 萵苣は

▼ 置いたじゃ~ (7, 0.2%)

3 ないか 2 アない 1 ありませんか, ないの

▼ 置いただけの~ (7, 0.2%)

1 こと, ことだ, ひどく殺風景, ものであった, 事で, 暗い不潔, 話で

▼ 置いたわけ~ (7, 0.2%)

3 では 1 である, でどっち, で御座います, なの

▼ 置いたランプ~ (7, 0.2%)

3 の光 1 がともされ, が意地, が数台部屋, の光り

▼ 置いた~ (7, 0.2%)

1 から四五日, には前例, にやお, に立つ, に訪うた, のこと, 取より

▼ 置いた~ (7, 0.2%)

2 の中 1 の具合い, を一時, を入れ, を柄杓, を狭い

▼ 置いた~ (7, 0.2%)

1 が何時の間にか, が物足りな, に御神酒, の一つ, も省ける, をまあ, を踏ん

▼ 置いた~ (7, 0.2%)

1 が出る, さえも何時, の徳利, の支度, をお客, を嗅ぎつけられ, を棄て

▼ 置いたはず~ (6, 0.1%)

1 だが, のお, のぼて, の土蔵, の心張棒, の浩

▼ 置いたんで~ (6, 0.1%)

2 せう 1 きっちり六時, きつと, せうか, せうさ

▼ 置いた~ (6, 0.1%)

1 で与えた, で尋ね, で従来, で技術, で試み, に土

▼ 置いた手紙~ (6, 0.1%)

1 で三度, の主, を中納言, を拾っ, を持たせ, を都

▼ 置いた~ (6, 0.1%)

3 の上 1 に倚つて, の方, を囲み

▼ 置いた~ (6, 0.1%)

1 だつたこと, な羊, に, にかたま, にコロッ, に見ゆる

▼ 置いた白木~ (6, 0.1%)

5 の檀弓 1 の箱

▼ 置いた~ (6, 0.1%)

3 があります 1 がある, と知れ, もあつ

▼ 置いた財布~ (6, 0.1%)

2 に目 1 がねえ, でも無事, の金, を掏

▼ 置いた部屋~ (6, 0.1%)

1 が見, には誰, の扉, の様子, へ一人づつ, へ入

▼ 置いた~ (6, 0.1%)

2 も来た 1 などが幾千萬, などが要所々々, には多少, を連れ

▼ 置いたけれど~ (5, 0.1%)

2 中途お客は 1 あの草, それを, 何故そんな

▼ 置いたため~ (5, 0.1%)

2 にまた 1 でしょう, に七月十四日, に三晩

▼ 置いた~ (5, 0.1%)

3 やない 1 やありません, やア

▼ 置いたつて~ (5, 0.1%)

2 いいぢ 1 この通り, 仕樣, 永く生きられる

▼ 置いたとき~ (5, 0.1%)

1 その瞬間フローラ, である, にその, にでもその, は紙

▼ 置いた~ (5, 0.1%)

1 がたとえば, がない, で題, としてこの, の後ろ姿

▼ 置いた~ (5, 0.1%)

1 しが, の手槍, の本, の杖槍, の棒

▼ 置いた~ (5, 0.1%)

1 すぐそれ, で, で出, で必要, の金貨

▼ 置いた~ (5, 0.1%)

1 つちや, 卓が, 弓の, 桶二つを, 驢と

▼ 置いた~ (5, 0.1%)

1 でもしきりに, とうとう三人, に三分位, に寝られぬ, の事

▼ 置いた手帳~ (5, 0.1%)

1 に向っ, はその後, はその後いろいろ, も卷莨, も巻莨

▼ 置いた洋燈~ (5, 0.1%)

3 の光 1 がくっきり, が消えた

▼ 置いた~ (5, 0.1%)

2 の中 1 のところ, を受取っ, を毀し

▼ 置いた自動車~ (5, 0.1%)

1 に乗った, に乗らう, に乗り, に移っ, を東京

▼ 置いた~ (5, 0.1%)

1 が其子供, が基督, だから, で留守, は本所南割下水

▼ 置いただけで~ (4, 0.1%)

2 ごあん 1 引っ越して, 身上が

▼ 置いた~ (4, 0.1%)

1 千曲川の, 可愛い子, 屋根から, 目も

▼ 置いたばかり~ (4, 0.1%)

1 であります, でなく書き足りないところ, では, で斯

▼ 置いたものの~ (4, 0.1%)

2 整理に 1 如くそれだけ, 如く普通

▼ 置いた~ (4, 0.1%)

1 いいかい, さア是, よく禮, 何でも

▼ 置いたんぢ~ (4, 0.1%)

1 やあるまい, やない, や仕, や何ん

▼ 置いた以上~ (4, 0.1%)

1 はこの, は一歩, は光線固有, 行くより

▼ 置いた~ (4, 0.1%)

2 で白菊 1 であるので, です

▼ 置いた~ (4, 0.1%)

2 の部屋 1 の勤め先, は丁度外

▼ 置いた~ (4, 0.1%)

1 から台, のもの, の前, はある

▼ 置いた場合~ (4, 0.1%)

1 にそれ, には湯, には生存競争, には相互扶助

▼ 置いた~ (4, 0.1%)

1 机の, 禮服が, 鉢に, 革鞄が

▼ 置いた大きな~ (4, 0.1%)

1 つり鐘を, 団子を, 虎の, 釜で

▼ 置いた~ (4, 0.1%)

1 があっ, があった, があつ, の中

▼ 置いた~ (4, 0.1%)

1 であったが, でその間, のこと, も見失っ

▼ 置いた彼女~ (4, 0.1%)

1 の両手, の手下, はすぐ, は坐る

▼ 置いた手拭~ (4, 0.1%)

2 を誰 1 は其儘, を拾

▼ 置いた時計~ (4, 0.1%)

1 の硝子, の針, を取る, を見る

▼ 置いた書物~ (4, 0.1%)

1 から受けた, から新た, を出させ, を取出した

▼ 置いた白い~ (4, 0.1%)

1 手先きが小さな, 牡鶏が, 茶わんの, 華奢な

▼ 置いた~ (4, 0.1%)

1 の日記, の脇差, の釘, は何と

▼ 置いた~ (4, 0.1%)

1 から吾輩, から庭, から月, の障子

▼ 置いた~ (4, 0.1%)

1 がところどころ, と繪具, の片, の箱

▼ 置いた結果~ (4, 0.1%)

1 だったの, でもし, で仕方, で凡庸

▼ 置いた茶碗~ (4, 0.1%)

2 が二つ 1 や皿, を取つ

▼ 置いた~ (4, 0.1%)

1 であるが, でご, ですね, は一寸

▼ 置いた~ (4, 0.1%)

1 から新, の手, を取出し, を盜まれ

▼ 置いた風呂敷包~ (4, 0.1%)

1 から屋敷, を引, を解い, を解きました

▼ 置いたからと~ (3, 0.1%)

1 いって, いつた, 保証する

▼ 置いたこの~ (3, 0.1%)

1 コンコルドの, 偽物を, 金を

▼ 置いた~ (3, 0.1%)

1 うだ, うである, うですから

▼ 置いたそう~ (3, 0.1%)

2 だが 1 であるが

▼ 置いたそして~ (3, 0.1%)

1 その監督, 自ら円光を, 言った

▼ 置いたとは~ (3, 0.1%)

2 氣が 1 知るまい

▼ 置いたとも~ (3, 0.1%)

1 云い得るほど, 云われるん, 考えられますからね

▼ 置いたまでの~ (3, 0.1%)

1 ことです, ことや, 事である

▼ 置いたまんま~ (3, 0.1%)

1 さっさと家, だったの, はえ出て

▼ 置いたテーブル~ (3, 0.1%)

1 に五六人, に向っ, の上

▼ 置いた一つ~ (3, 0.1%)

1 が問題, の大きな, の巣箱

▼ 置いた~ (3, 0.1%)

1 けの切り開いた, である, の事

▼ 置いた両手~ (3, 0.1%)

1 でそのまま, で頬杖, を少し

▼ 置いた千兩箱~ (3, 0.1%)

1 が三つ, を五十, を梯子段

▼ 置いた古い~ (3, 0.1%)

1 半襟一と, 智識でした, 枕時計が

▼ 置いた向う~ (3, 0.1%)

1 にある, の室, は四ツ目

▼ 置いた~ (3, 0.1%)

21 を皆

▼ 置いた大刀~ (3, 0.1%)

1 や懐中物, を掴ん, を提げ

▼ 置いた帽子~ (3, 0.1%)

1 や手袋, を取る, を取上げ

▼ 置いた幾つ~ (3, 0.1%)

2 もの衝立 1 かは小さい

▼ 置いた提灯~ (3, 0.1%)

1 の鉄芯, は何時, を取り上げ

▼ 置いた新しい~ (3, 0.1%)

1 洋綴の, 白足袋が, 看護婦服と

▼ 置いた新聞~ (3, 0.1%)

1 も読める, をとりあげた, を取っ

▼ 置いた~ (3, 0.1%)

1 のお, の寺子屋風, は鉄砲

▼ 置いた~ (3, 0.1%)

1 なぞが, なぞを, の中

▼ 置いた材料~ (3, 0.1%)

1 でしょう, とである, を利用

▼ 置いた板の間~ (3, 0.1%)

2 が薄い 1 に蹲踞

▼ 置いた~ (3, 0.1%)

21 に最う

▼ 置いた~ (3, 0.1%)

1 からは温か, のよう, の毀れる

▼ 置いた相手~ (3, 0.1%)

2 があの 1 の枕許

▼ 置いた~ (3, 0.1%)

1 の中, の明いた, を思ひ出し

▼ 置いた~ (3, 0.1%)

1 の河鹿, を囲ん, を提げ

▼ 置いた~ (3, 0.1%)

1 さえ差押えられ, なんぼう, を東

▼ 置いた~ (3, 0.1%)

1 の引き手, を山, を引き出し

▼ 置いた羽子板~ (3, 0.1%)

1 と取らず, をさしのべ, を見る

▼ 置いた羽織~ (3, 0.1%)

1 に再び, を取上げ, を引

▼ 置いた荷物~ (3, 0.1%)

1 が無え, も届いた, を皆んな矢

▼ 置いた言葉~ (3, 0.1%)

1 は無理, をもう, を破

▼ 置いた~ (3, 0.1%)

1 が鉄砲屋, や剣, をソッ

▼ 置いた~ (3, 0.1%)

1 が出来た, が届い, の柄

▼ 置いた~ (3, 0.1%)

1 に出来た, に部屋, の広大

▼ 置いた~ (3, 0.1%)

1 が明い, に住ん, の部屋

▼ 置いた~ (3, 0.1%)

1 のため, の中, の光

▼ 置いたあれ~ (2, 0.0%)

1 で石巻, を鉢

▼ 置いたかという~ (2, 0.0%)

1 ことです, ことは

▼ 置いたからね~ (2, 0.0%)

2 二三日中に

▼ 置いたきり~ (2, 0.0%)

1 にし, にはし

▼ 置いたけれども~ (2, 0.0%)

1 北さんは, 熟く

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 お父さま, オ

▼ 置いたとおり~ (2, 0.0%)

1 であるが, によく

▼ 置いたとか~ (2, 0.0%)

1 中学校の, 大百姓

▼ 置いたとしても~ (2, 0.0%)

1 なお僕, 敵の

▼ 置いたにも~ (2, 0.0%)

1 拘らずお, 拘らず俳優

▼ 置いたのみ~ (2, 0.0%)

1 で打, で相

▼ 置いたほど~ (2, 0.0%)

1 それを, であったと

▼ 置いたまま下~ (2, 0.0%)

2 を向い

▼ 置いたまま崖~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 置いたまま目~ (2, 0.0%)

1 をすえ, を眠った

▼ 置いたやつ~ (2, 0.0%)

1 が曲め, をわざわざ

▼ 置いたよりも~ (2, 0.0%)

1 おくみ, その田舎家

▼ 置いたバケツ~ (2, 0.0%)

1 からコップ, へ乳

▼ 置いたバスケット~ (2, 0.0%)

2 が妙

▼ 置いたピストル~ (2, 0.0%)

1 に注がれ, を電気仕掛

▼ 置いたベゴニア~ (2, 0.0%)

2 の小さな

▼ 置いたメリンス~ (2, 0.0%)

2 の蒲団

▼ 置いた一人~ (2, 0.0%)

1 でありました, の老

▼ 置いた一室~ (2, 0.0%)

2 と離屋

▼ 置いた一綴り~ (2, 0.0%)

2 の原稿用紙

▼ 置いた三番目~ (2, 0.0%)

2 の娘

▼ 置いた三百両~ (2, 0.0%)

1 ほどのお, を取戻し

▼ 置いた上着~ (2, 0.0%)

1 をつけ, を取っ

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

2 つ引

▼ 置いた下女~ (2, 0.0%)

1 が来, のお

▼ 置いた丸い~ (2, 0.0%)

2 十本の

▼ 置いた主人~ (2, 0.0%)

1 のため, の雪踏

▼ 置いた二つ~ (2, 0.0%)

1 のベンチ, の銅

▼ 置いた二個~ (2, 0.0%)

1 の荷物, の顔形

▼ 置いた二階~ (2, 0.0%)

1 に上った, の部屋

▼ 置いた人物~ (2, 0.0%)

1 がプログラム通り, を貴殿

▼ 置いた仕事~ (2, 0.0%)

1 が予定通り今日, といわね

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 の方, の馬

▼ 置いた作者~ (2, 0.0%)

1 がその, の人格

▼ 置いた便器~ (2, 0.0%)

1 を使っ, を眺めず

▼ 置いた偽証~ (2, 0.0%)

1 である, に相違

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 に門構, のお宮

▼ 置いた八五郎~ (2, 0.0%)

1 が夜明け, は何ん

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 をとっ, を引く

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 だけでも孫, を今日

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 が無え, を持ちあげ

▼ 置いた包み~ (2, 0.0%)

1 をほどき, を持っ

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 である, の上

▼ 置いた受附~ (2, 0.0%)

1 になっ, に成つて

▼ 置いた古藤~ (2, 0.0%)

2 の手紙

▼ 置いた合せ剃刀~ (2, 0.0%)

1 を取上げ, を取上げました

▼ 置いた名刺~ (2, 0.0%)

1 をまた, を印

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

2 から二番目

▼ 置いた唯一~ (2, 0.0%)

1 のもの, の家具

▼ 置いた問題~ (2, 0.0%)

1 だけずつとやれ, なの

▼ 置いた四角~ (2, 0.0%)

2 な跡

▼ 置いた土地~ (2, 0.0%)

1 の写真, の爲

▼ 置いた地図~ (2, 0.0%)

1 をひろげました, を引張り出し

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 には申し合せた, の穴

▼ 置いた大半紙~ (2, 0.0%)

2 を抓み出し

▼ 置いた大金~ (2, 0.0%)

1 を取り, を取り出し

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

2 の今

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 がいる, が居る

▼ 置いた姿~ (2, 0.0%)

1 の坐り癖, は亦

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

2 あさん

▼ 置いた安楽椅子~ (2, 0.0%)

1 に凭れ, へ落ちる

▼ 置いた家族~ (2, 0.0%)

1 から離れ, は独り養子祐二

▼ 置いた小さい~ (2, 0.0%)

1 児供達も, 部屋の

▼ 置いた小さな~ (2, 0.0%)

1 コップへ, 居間兼休憩所との

▼ 置いた小包~ (2, 0.0%)

2 に横目

▼ 置いた小道具~ (2, 0.0%)

2 の一刀

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 がいっぱい, を巻き掛ける

▼ 置いた平次~ (2, 0.0%)

1 その日, の覺

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 は紫いろ, を見た

▼ 置いた弁当~ (2, 0.0%)

1 を探し, を開き

▼ 置いた張物板~ (2, 0.0%)

1 はよく, を取込ん

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 で眼, のぶつち

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 の五十人, の亡骸

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 仏の, 客の

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 る日, カッフェーに

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 から, を廊下

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 は少し, を何本

▼ 置いた手桶~ (2, 0.0%)

1 がひ, を執つた

▼ 置いた手燭~ (2, 0.0%)

1 の燈, の蝋燭

▼ 置いた手荷物~ (2, 0.0%)

1 を奪, を奪う

▼ 置いた指環~ (2, 0.0%)

1 をニャール, を新郎

▼ 置いた数通~ (2, 0.0%)

2 の遺書

▼ 置いた時彼~ (2, 0.0%)

1 が彼自身, は意外

▼ 置いた時間~ (2, 0.0%)

1 になりました, は六時

▼ 置いた朝納屋~ (2, 0.0%)

2 のなか

▼ 置いた杖槍~ (2, 0.0%)

1 の方, を取る

▼ 置いた板屋根~ (2, 0.0%)

1 が山裾, の民家

▼ 置いた板橋~ (2, 0.0%)

1 がかかっ, がかかつて

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 であった, の奥

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 がする, にか

▼ 置いた浴衣~ (2, 0.0%)

1 をソソクサ, を著

▼ 置いた涼傘~ (2, 0.0%)

2 が襤褸法衣

▼ 置いた湯呑~ (2, 0.0%)

2 には京都

▼ 置いた湯島~ (2, 0.0%)

2 の吉

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 であったかも, であろうか

▼ 置いた煙管~ (2, 0.0%)

1 が見えぬ, を取つ

▼ 置いた煙草~ (2, 0.0%)

1 のつり銭, の箱

▼ 置いた煙草盆~ (2, 0.0%)

2 などを片づけ

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 と食い合っ, の皮

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 に真紅, は可

▼ 置いた玄関~ (2, 0.0%)

1 のわき, を這入り

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 の砕けた, を抜く

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 が彼女, や丹塗り

▼ 置いた用箪笥~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 などを説明, を記す

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 それから, の姿

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

2 の神馬

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 を取り上げよう, を持っ

▼ 置いた着物~ (2, 0.0%)

1 です, を盜

▼ 置いた福岡大學~ (2, 0.0%)

2 の久保博士

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 の実, をとる

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 の穂, の穗

▼ 置いた約束~ (2, 0.0%)

1 の金, を果し

▼ 置いた紙幣~ (2, 0.0%)

1 が一枚, を黒革

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 で包ん, の上

▼ 置いた縁側~ (2, 0.0%)

1 から庭下駄, について出よう

▼ 置いた縮緬地~ (2, 0.0%)

2 の幅

▼ 置いた美しい~ (2, 0.0%)

1 芳子は, 馬具も

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 と鮮, を啖

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 のふきん, の上

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 が主人, を使つて

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 の用意, の迎え

▼ 置いた若い~ (2, 0.0%)

1 のを, 番頭は

▼ 置いた若く~ (2, 0.0%)

1 て死んだ, て美くし

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 のうえ, や苔

▼ 置いた草原~ (2, 0.0%)

1 の中, を歩み

▼ 置いた草履~ (2, 0.0%)

1 です, の片足

▼ 置いた草稿~ (2, 0.0%)

1 で不満, を朗読

▼ 置いた菓子~ (2, 0.0%)

1 の包み, を取つ

▼ 置いた虎鬚菖蒲~ (2, 0.0%)

2 の鉢

▼ 置いた表口~ (2, 0.0%)

2 の戸

▼ 置いた袂時計~ (2, 0.0%)

2 が大変

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 をゆ, を取出す

▼ 置いた計画~ (2, 0.0%)

1 も見合せた, を実行

▼ 置いた許嫁~ (2, 0.0%)

1 があった, を破約

▼ 置いた評論文~ (2, 0.0%)

1 であった, であつ

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 であるが, でご

▼ 置いた貯金~ (2, 0.0%)

1 を些少, を引出し

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 でそう, もある

▼ 置いた車夫~ (2, 0.0%)

1 が来, が橇

▼ 置いた通りアグニ~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 置いた道具~ (2, 0.0%)

1 の催促, を持っ

▼ 置いた金剛石~ (2, 0.0%)

2 を誰か

▼ 置いた鉄瓶~ (2, 0.0%)

1 が燃えさし, の湯

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 がその, が一挺

▼ 置いた長男~ (2, 0.0%)

1 の顔, 計一

▼ 置いた階段~ (2, 0.0%)

1 の方, を登った

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

2 に山科

▼ 置いた雪洞~ (2, 0.0%)

1 に火, に釘

▼ 置いた~ (2, 0.0%)

1 がし, がした

▼ 置いた馬鈴薯~ (2, 0.0%)

1 が三十, を大きな

▼1* [1051件]

置いたあいだなにか羅針盤, 置いたあとでこんな, 置いたあと三冊の兄弟, 置いたあなたの所持品, 置いたあなた達の荷物, 置いたある漁船の, 置いたいくらかの貯え, 置いたうえでしばしば, 置いたうえ痙攣の発作, 置いたうしろから顔, 置いたおかげで値, 置いたおむつも凍り, 置いたおれの金, 置いたお好焼の, 置いたお話が一つ, 置いたお金を房ちゃん, 置いたお鍋の蓋, 置いたかしらん何に, 置いたかて治らへん, 置いたかとも見られるので, 置いたからとて二人は, 置いたからに相違ない, 置いたきり久助はあきれた, 置いたぎりでその前, 置いたくらいで白菊, 置いたことお前の小さな, 置いたことそれは恐ろしい, 置いたころはまだ, 置いたしかしそんな事, 置いたしっとりとした, 置いたしもた屋の古風, 置いたそういうわけで, 置いたそうしてしばらくする, 置いたそこらに多い, 置いたその後の年, 置いたそれから東に, 置いたたくさんの植木, 置いたただし支那説は, 置いたたった一つの, 置いたため拙者は一度, 置いたため窓から石炭, 置いただけでも板囲いの, 置いただけに万事が, 置いたってよかりそう, 置いたつていふが良い, 置いたつて仕様がない, 置いたつて何にもなり, 置いたつて大丈夫さ誰だつて命, 置いたつて言ふぢ, 置いたつて誰かから親分, 置いたつもりゆえ格別案じもせね, 置いたせう, 置いたというのかい, 置いたとおり屋敷の者, 置いたとおり自然淘汰説をもっ, 置いたとかいうのを, 置いたとかいふことを, 置いたときそれにはまだ, 置いたときわれらはその, 置いたとき不覚の涙, 置いたとき安心して, 置いたとき涙が出た, 置いたとき看護婦は赤, 置いたとき表に出た, 置いたところこのほどその父, 置いたところ幾晩目かに無, 置いたところ旅順要港部司令官黒井将軍より来示, 置いたところ氏郷自身先陣より後陣, 置いたところ首はいつ, 置いたとして全篇, 置いたとたんさっと夕風, 置いたとたん裾風でだろう, 置いたとてどうせ死刑, 置いたとともに両性の, 置いたとの話も, 置いたとやらそれで水, 置いたそれ縁の, 置いたなぞいうて, 置いたなどということは, 置いたなどといふことは, 置いたなりに宅へ, 置いたなんてのは, 置いたばかしなの, 置いたばかりの鍬が, 置いたふるい理念を, 置いたぼろを持っ, 置いたぼろ半纏でしっかり, 置いたまでである, 置いたままおまえの身, 置いたままひとりで夢見, 置いたままアーンとアンペラ, 置いたままソロソロと離れ退いた, 置いたまま一目散に逃げるでしょう, 置いたまま事務所への出がけ, 置いたまま二時間あまり溜息ばかりつい, 置いたまま伯林を立っ, 置いたまま先に立っ, 置いたまま半日も過ぎた, 置いたまま印袢纏で営門, 置いたまま危く駅前の広場, 置いたまま台所のとばくち, 置いたまま右手へ廻る, 置いたまま嗚咽を嚥ん, 置いたまま土埃の道, 置いたまま妹を連れ, 置いたまま子供たちのほう, 置いたまま対等な語, 置いたまま小山のよう, 置いたまま左の短い, 置いたまま彼は立っ, 置いたまま急に黙り込ん, 置いたまま愁しげ, 置いたまま懐手をし, 置いたまま所司代と逢うべき, 置いたまま教壇をおりた, 置いたまま暖炉のすみ, 置いたまま検屍を待っ, 置いたまま横腹をおさえ, 置いたまま汽車の汽笛, 置いたまま煩悶のうち, 置いたまま物もいわない, 置いたまま現在したまた, 置いたまま畳へ片手, 置いたまま眼をパチパチ, 置いたまま箸も執らず, 置いたまま自分がどこ, 置いたまま茫然とただ, 置いたまま行方知れずに, 置いたまま見聞ばかりをかき集め, 置いたまま足音の方, 置いたまま退去の憂, 置いたまま遁げ出した, 置いたまま鎖にでも繋がれた, 置いたまま長火鉢を隔て, 置いたまま顔をそむけ, 置いたまま駕籠の中, 置いたまんま一寸も動い, 置いたみたいに映像, 置いたもう一つの, 置いたものぢやない, 置いたもの甲斐守殿へお, 置いたやうぢやが, 置いたやらそれは, 置いたゆえ武芸は一通り心得, 置いたよとヅイと, 置いたわが青春は, 置いたわきに三宝, 置いたわたしの衣類その他, 置いたんでへツ大した, 置いたアノ山口と同人, 置いたカバンには商売物, 置いたカラのバケツ, 置いたカラクリのこと, 置いたカルト・ディダンティテの中, 置いたガラツ八が下, 置いたキユウを手, 置いたキユビストの絵, 置いたキリストの言葉, 置いたクラシカルのもの, 置いたコスモスがいつだった, 置いたコップの中, 置いたコツプの中, 置いたゴワゴワな手織, 置いたゴーという土人, 置いたスタンドの緑色, 置いたストーヴの暖か, 置いたセンチメンタルなどは僕, 置いたタオルで塞がれ, 置いたタキシーに飛び乗っ, 置いたタパヨス木精蓮の中, 置いたデスクを前, 置いたトルーフル菌は欧州, 置いたテラや, 置いたドアの處, 置いたニシキヘビ消化液をタンク, 置いたノオトブックとインク, 置いたノート等が入っ, 置いたハルちやんである, 置いたハンケチを出し, 置いたハーレムの諸王たち万歳, 置いたバルコンも見える, 置いたパン屑を利用, 置いたプランの三分の一, 置いたプログラムに従って行動, 置いたヘーゲルであって, 置いたホテル・カイザは駅, 置いたマドロス氏は炉辺, 置いたラテンの宿題, 置いたロスケ小屋に一, 置いたでしたが, 置いたの原因, 置いた一万円の札束, 置いた一件です, 置いた一個の鍵, 置いた一冊を持ち直し, 置いた一包の金子, 置いた一合の酒, 置いた一合罎を執る, 置いた一年中の笑, 置いた一方は神性, 置いた一種の随筆, 置いた一粒の水銀, 置いた一般的教育が有効, 置いた一萬兩といふ大金, 置いた一重ねの晴着, 置いた一頭の放れ, 置いた万々一の策戦, 置いた万年筆ねあれ, 置いた三人はどう, 置いた三千兩の小判, 置いた三娘子の餅, 置いた三宅氏の後, 置いた三寸角の柱, 置いた三尺の開き, 置いた三月六日から瓦斯, 置いた三百兩のうち二百兩, 置いた三百円の金, 置いた三郎に手, 置いた上利息に利息, 置いた上松の陣屋, 置いた上松本は田口, 置いた上衣などは大抵, 置いた上読者の習性, 置いた下絵を机, 置いた下駄を台所, 置いた不動様の剣, 置いた不動樣の劍, 置いた不時着飛行場でこれ, 置いた不破の関守氏, 置いた腕に, 置いた両刀を携え, 置いた両親のこと, 置いた中位のホテル, 置いた中味があつ, 置いた中身の酸, 置いた丸テーブルのま, 置いた丸木舟に乘つて, 置いた丸窓からそつ, 置いた丹波栗が芽, 置いた主人男爵の注意, 置いた乗合馬車の馬丁, 置いた乙女の肩, 置いた九月を迎える, 置いた乳呑児を抱き, 置いた乾物の俵, 置いた事実を曝露, 置いた事故未熟な繪, 置いた事義哉へ箱, 置いたた間, 置いた二三日待つて, 置いた二十一日の晩, 置いた二十両ばかりの小判, 置いた二千五百兩の金, 置いた二寸ばかりの小さな, 置いた二月上旬のこと, 置いた二枚の紙片, 置いた二葉オルガンを弾い, 置いた云訳にお, 置いた五万円をどこ, 置いた五人の兄妹, 置いた五六枚のパンフレット, 置いた五十前後の武士, 置いた五千兩の小判, 置いた五升入りぐらいな飯鉢, 置いた五百兩の小判, 置いたとベエ午房種, 置いた人形を寝台, 置いた人発明した人, 置いた人相書に眼, 置いた人骨と灰, 置いた今一軒の池, 置いた今日までの文化意識, 置いた今月分の学校, 置いた仏国の汽船, 置いた仏蘭西風の黒い, 置いた仕切りの中, 置いた仕掛に打たれ, 置いた仙二夫婦も四日目, 置いた仲間さ, 置いたについてあなた, 置いた休み茶屋の前, 置いた伝法の語彙, 置いた位地の都合, 置いた位置から少し, 置いた佐沼城を一揆, 置いただなんぞ, 置いた何十といふ南瓜, 置いた佗びしい低い板葺, 置いた佛樣が人殺し, 置いた作阿弥主水正, 置いた佩刀のほう, 置いた使ひが, 置いた來國俊の拔刀, 置いた信州伊那の谷, 置いたに乗移っ, 置いた働きが芽, 置いた儘下に擴, 置いた儘彼は外見, 置いた儘明方迄祈り, 置いた儘田へ仕事, 置いた儘目を閉ぢ, 置いた暦元年に, 置いた兇器で刺殺し, 置いた先刻の風呂敷包, 置いた児島なにがしこ, 置いた八畳の方, 置いた八疊と納戸代り, 置いた六六鉢の西洋葵, 置いた六助の匕首, 置いた六年間のこと, 置いた六畳敷ばかりの部屋, 置いた六組みの銀, 置いた其の女の, 置いた其団体が週期, 置いた其本に気がついた, 置いた兼松を憎んだ, 置いた円い暖炉が, 置いた写生帖だけは自分, 置いた写真立てのなか, 置いた凄い匕首を, 置いた処女の肩, 置いた出来事かも知れない, 置いた出版屋へかけ, 置いた出目洞白の面箱, 置いた切れ口はもの, 置いた切抜きの書, 置いた切込みの黄金, 置いたの一行, 置いた制度もすべて改革, 置いた剃刀にフト目, 置いたの机, 置いた剪刀が一所, 置いた割合には存外, 置いた劇場が公娼派, 置いた動機には明白, 置いた勤めの口, 置いた勿論捨て, 置いた匂いのない, 置いた附きの, 置いた医師はこんど, 置いた十七葉を以てした, 置いた十二三兩と明日本郷, 置いた十二三歳の少女, 置いた十八九の娘, 置いた十六日朝廷これを嘉納, 置いた十束劔は時, 置いた千四百円這入りました重たい, 置いた半弓の矢, 置いた半紙へ變哲, 置いた半纏へ赤い, 置いた卒塔婆がそこ, 置いた卓子台の前, 置いた博士はそれ, 置いた参考書を全部, 置いた参謀長不破の関守氏以外, 置いた友染の前垂れ, 置いた反古なぞを見る, 置いた叔父は直ちに, 置いた取り調べを片, 置いた叙述と云わね, 置いた袷を, 置いた古い古い下積, 置いた古川君も私達, 置いた古書籍と云い, 置いた古銭を金, 置いた古銭珠玉金銀有価証券併せて, 置いた右手にいた, 置いた右近はそら, 置いた吉左衛門らの退役, 置いた同心とは途中, 置いた同行の久助さん, 置いた名山を食い物, 置いた名簿を持っ, 置いたの部屋, 置いた味噌田楽も素敵, 置いた和泉屋の引窓, 置いた哀れ深い遺書, 置いた員数外の鼠, 置いた唐草模様の蒲団, 置いたに取ります, 置いた四五通の手紙, 置いた四個の目標地点, 置いた四年の七月, 置いた四日の朝, 置いた四着の軍服, 置いた団子坂下のやぶ, 置いた団扇を団扇, 置いた国力の充実, 置いた国旗を掲げた, 置いたの不動, 置いた土地柄とでもいう, 置いた土藏の中, 置いた土製の行火, 置いた土間になっ, 置いた地点に上陸, 置いた埃及煙草の吸口, 置いた報告書の稿, 置いた場合今度は陰画, 置いた場合蔕の手前, 置いた場處で惡少, 置いた塗りの剥げた, 置いた塗盆を飛, 置いたの袋, 置いた墓石が可, 置いた壁掛けのよう, 置いた士族町の或, 置いたを紙鉄砲, 置いた外郎を食べる, 置いた外部との唯一, 置いたのこと, 置いた夜具の中, 置いた夜具蒲団でした, 置いた夜食を喫, 置いた大きい床机の, 置いた大事の物, 置いた大切な息子, 置いた大学の所在地, 置いた大小二匹の南京虫, 置いた大輪の花一輪, 置いた大釜は誰, 置いた大阪の叔母, 置いた大隅学士の顔, 置いた天蓋の下, 置いた太刀が消え, 置いた太郎や次, 置いたの特徴, 置いた夫婦に相違, 置いた奇怪なる案内図, 置いた奇癖の文字, 置いた奥座敷の縁側, 置いた奥方の病気, 置いた女中へ眼, 置いた女中上りのお, 置いた女房はそれでは, 置いた惡ふたつの, 置いた好悪ふたつの影像, 置いた如く性の問題, 置いた如く記の當字, 置いた妻室が夢, 置いたの白, 置いた始末であつ, 置いた婆さんは明日, 置いたもありました, 置いた子供の写真, 置いた孔雀を還した, 置いたが此所, 置いた季節が何処, 置いた学校の教室, 置いた學者は西洋, 置いたの俥, 置いた安土のところ, 置いたであること, 置いた官舎の給仕, 置いた宝石の包み, 置いた寄せ木の卓子, 置いた寄附金の包み, 置いた富士山が仰がる, 置いた富士見の塔, 置いた富岡の籠, 置いた寝屋の雪洞, 置いた寝殿の奥, 置いた寢床のそば, 置いた寶珠を含ん, 置いた対症療養がこの, 置いた封書をとりあげ, 置いた小僧にやらせ, 置いた小刀の拵, 置いた小型の翳扇, 置いた小机がある, 置いた小机文具の清潔, 置いた小松敏喬の役所, 置いた小汚ない本箱, 置いた小田原提灯を八五郎, 置いた小笠原与八郎長忠は他国, 置いた小紋の小袖, 置いた小西宇喜多の先鋒, 置いた小鳥に餌, 置いた尺八を自分, 置いた尾州藩中の具眼者, 置いた居候の浪人, 置いた屋根より赤く, 置いた屠蘇の道具, 置いた山手の洋館, 置いた山林事件用の書類, 置いた川越の喜多院, 置いた巣箱が三越製, 置いた巨大な鎌倉, 置いたなどもある, 置いた巻尺を取り出し, 置いた希臘人よ, 置いた帙入の千字文, 置いたを掴み出し, 置いた年死亡数と比較, 置いた庭の, 置いたの中, 置いた床の間に泥だらけ, 置いた床下の道, 置いた床几に坐っ, 置いたの一隅, 置いた座布団の上, 置いた座敷が綺麗, 置いた庭石の恰好, 置いたい部屋, 置いた式場の順序, 置いたの道具, 置いた弓張提灯は火, 置いた張子の虎, 置いた張物を風呂敷, 置いた張盤を打っ, 置いた当時を追想, 置いたを見た, 置いた彼等はそれぞれ, 置いた後何かの都合, 置いた後催眠現象が発した, 置いた後室は育柄, 置いた従兄の栄吉, 置いた徳利と猪口, 置いたのよどみ, 置いた応対ぶりをし, 置いた忠義の心持ち, 置いた快速のモーターボート, 置いた忽忘草も青い, 置いた思惑をうちあけた, 置いた恐るべき偶然を, 置いた恩納村の人々, 置いた悪魔という文句, 置いたの身の上, 置いた愛吉は汚れた, 置いた應募歌の中, 置いた懐中紙をだし, 置いた懷中電燈と陳列目録, 置いた懺悔の稿, 置いた我等としてその, 置いた戸棚の上, 置いた戸締りの何処, 置いた扇風機の引手, 置いた手の甲に顔, 置いた手切の金, 置いた手控えである, 置いた手提をあけ, 置いた手文庫の底, 置いた手筥その蓋, 置いた手習机の上, 置いた手落ちを詫びた, 置いた手道具もぬけ, 置いた手雪洞を踏みつけ, 置いた手頃な箱, 置いた抑制の意味, 置いた抜身を取上げる, 置いたも同様, 置いた抱え主の芸妓家, 置いた拔刀を取つ, 置いた拙者の財産, 置いた按摩も來, 置いた挨拶でこの, 置いた振り分けの荷物, 置いた振動体が寸法, 置いた掛け物をそっと, 置いた掩護物は片方, 置いた揚句今日は病院, 置いた支倉の第, 置いた支離遜からの, 置いた救世觀を説明, 置いたで知れた, 置いた数個の宝石, 置いた数枚の紙片, 置いた文句が彼, 置いた文箱を取り上げ, 置いた料理の本, 置いた料理当番が無造作, 置いた墓に, 置いた新刊の小説書, 置いた新撰組がここ, 置いたの衣服, 置いた旅人であった, 置いた日本酒を冷たい, 置いた日本霊異記の中, 置いた日記文があった, 置いた旦那はこの, 置いた早朝私は子供たち, 置いた明るいサロンを, 置いた明和五年の春, 置いた昨夜の事件, 置いたから詳しく, 置いた時分から十年近く, 置いた時襖の外, 置いた時酸漿の鳴る, 置いた時限爆弾は今日, 置いた晒木綿で巻いた, 置いた書き置きなどを見せた, 置いた書斎の中, 置いた書架から無くなっ, 置いた書籍を取出し, 置いた書面を引き出した, 置いた書類の帯, 置いた最も去年の, 置いた月毛の馬, 置いた有様が見える, 置いたそういう歩長屋, 置いた朝露はキラ, 置いた木戸から入, 置いた木製の鳥, 置いた木造のがっしり, 置いたの子, 置いた末頼もしい仏蘭西人も, 置いた朱塗の美しい, 置いた材木をポン, 置いたを拾い取る, 置いた条約が日本政府, 置いた国俊の, 置いたの腕前, 置いた松茸を持つ, 置いた松虫がスーイ, 置いた松谷秀子嬢です, 置いた板戸がたおれ, 置いた板敷きの間, 置いた板葺き屋根や蚕, 置いた枕団子のあまり, 置いたの尖, 置いた染め物の中, 置いたの核, 置いた校友會費何萬圓かをひそか, 置いた校旗を指した, 置いた根本の荒物屋, 置いた桐火桶の佐倉炭, 置いたの上, 置いた棕櫚の葉蔭, 置いたの反った, 置いたをお雪ちゃん, 置いたの石突, 置いた様子も逸子, 置いたにた, 置いた樣子ですが, 置いた横長の部屋, 置いた樹木の梢, 置いた小さな祠, 置いた檜板を他, 置いたの瞬間, 置いた次の間に集まっ, 置いた次第です, 置いた正面の箪笥, 置いた此代の人, 置いた此文の缺點, 置いた此通り水浸しにされ, 置いた武田さんの正直さ, 置いた武田君持参の唯一, 置いた武蔵太郎の一刀, 置いた死骸が蘇生, 置いたの写真, 置いた母親の言えた, 置いた気圧の表, 置いた気持に解した, 置いた水桶のまわり, 置いた氷砂糖を皆, 置いた汁鍋がひつくり, 置いた沢庵のごとく積み重なっ, 置いたつてる鐵瓶, 置いたの皿, 置いた泥棒龕灯の灯, 置いた洋傘を窄め, 置いた洋服とオバー, 置いた洋灯の油, 置いたひ桶, 置いた洗面器を蹴飛ばし, 置いた津田は宅, 置いた浅草大火の件, 置いた浅黄の天鵝絨, 置いた浦野一族の乳, 置いた浪人者の一刀, 置いた海老鞘の刀, 置いた海螢は採集, 置いた身電気が, 置いた清助を家, 置いた温かい手の, 置いたを使っ, 置いた源三郎の肘, 置いた漁人にあ, 置いた澄子さんの寫眞, 置いた激励の演説, 置いた火薬だ, 置いた火鉢を抱, 置いたは暗い, 置いた關心さは, 置いた焼塩の罎, 置いた焼飯をしきりに, 置いた熨餅が足らなかつた, 置いた熱海の船, 置いた燈明皿を出し, 置いた燈火の光, 置いた燒饅頭が何日, 置いたの遺筆, 置いた父親のトランク, 置いたを取りあげた, 置いた牛肉の鑵詰, 置いた物音が何処, 置いた狂言衣裳の荷物, 置いた狭い室が, 置いた狭い薄暗い室に, 置いた猛犬稻妻が急, 置いた猪罠に罹っ, 置いた獣皮の小船, 置いた玄関扉の電鈴装置, 置いた玩具と着物, 置いた珊瑚の根掛け, 置いたを挾ん, 置いた理由は訣, 置いた理窟を陳述, 置いた琵琶を頭高, 置いた環境にも滿足, 置いた瓢覃を持っ, 置いたは十數枚, 置いた甚三が馬, 置いた生活をし, 置いた生活情勢や心理描写, 置いた生産拡張の五ヵ年計画, 置いた用心の脇差, 置いた田地を皆んな請戻し, 置いた田畑を返し, 置いた由蔵の秘密, 置いただと, 置いたを荒らし, 置いたの方, 置いた疑問のふた, 置いた痛ましい天の, 置いた白鞘の短刀, 置いた百姓の衣類, 置いた百磅の金, 置いたの後, 置いた皆さんの下駄, 置いたの紙入, 置いた盆栽の, 置いた監視員によってすっかり, 置いたの傍, 置いた目付だったん, 置いた目安でわし, 置いた目録の奉書, 置いたの下, 置いた看板をト乗, 置いた眺めは太古, 置いたで眺められ, 置いた眼鏡をかけた, 置いた瞬間既に私, 置いたっかい, 置いた短冊に美しい, 置いた石井みち子からの手紙, 置いた硝子板を時々, 置いた碁盤で五目並べ, 置いた神樂坂の友吉, 置いた福岡大学の久保博士, 置いた秘密の根拠地, 置いた秩父銘仙の不断着, 置いた種夫の姿, 置いた種子までも持っ, 置いた種子箱から種子, 置いた稲葉家の二階, 置いたではあった, 置いた積りだ, 置いた空壜を取りあげ, 置いた空気銃を東京, 置いた之助, 置いた竜胆の花, 置いた端書の投函, 置いた竹棒の先, 置いた竿を握っ, 置いたに何, 置いた策略なんかどこ, 置いた箪笥の側, 置いたの小, 置いた篠竹では足りなかった, 置いた簡単な覚え書, 置いた米友は片手, 置いた粒々の小金, 置いた粘土の均し, 置いた糯米を竈, 置いたの糠袋, 置いた紅巾を物, 置いた紅茶の瓶口, 置いた紋付きを着流し, 置いたを徐々に, 置いた紙入はその, 置いた紙入れのなか, 置いた紙片である, 置いた素人うつしの, 置いた素朴な山人達, 置いた紫縮緬の半襟, 置いた紫陽花の影, 置いた細い木も, 置いた細工を凝らした, 置いた紹介状を懐, 置いた結晶體でなければ, 置いた縁無しの新, 置いたでぐるぐる, 置いた縫模様の振袖, 置いた縮緬皺のが有, 置いたの臼, 置いたの袖, 置いた繩落しに, 置いたからは大きな, 置いたに陥っ, 置いた美事な漆塗, 置いた翌日呼ぶこと, 置いた習字の清書, 置いた考案もあった, 置いた肉塊が案, 置いた股引の様, 置いた背嚢に触っ, 置いた胡麻のついた, 置いた胴巻が今, 置いた胴巻ゆえ有るに, 置いた脇差を取る, 置いた脇立像なり, 置いた腰掛台の上, 置いた腰掛臺の上, 置いた自分自分の荷物, 置いた自動車商会の矢田さん, 置いた自慢の匕首, 置いた自然不自然の批判, 置いた自転車をとりまい, 置いた至って粗末な, 置いたの上, 置いた舁夫も何, 置いた舞扇で, 置いた色文の束, 置いた芋屋の娘, 置いた芝居なん, 置いたの束, 置いた花筒が見えない, 置いた花色の単物, 置いた芽生の山椒, 置いた若旦那の短刀, 置いた若衆の左, 置いた英和辞典を縦横, 置いた英太郎は烏賊, 置いたの中, 置いたと椿, 置いた茹卵やハム, 置いた草木はそこ, 置いた荷車の下, 置いたを黙っ, 置いた莫迦に小型, 置いた菟道弓というもの, 置いた菫色の手巾, 置いたあすご, 置いた葉子の手, 置いた葉巻の呑み, 置いたの葉, 置いただってあんまり, 置いた蒔絵の舌, 置いた蒟蒻の手桶, 置いた蒲団の中, 置いた蓮根を掘り来っ, 置いたへ手, 置いた蕎麦を取り, 置いた蕪村句集の旧版, 置いたつぺらな色紙, 置いた薔薇の大輪, 置いたの量, 置いたを素早く, 置いたや柴, 置いた藤四郎吉光の太刀, 置いたやり線香, 置いた蜂の巣を襲撃, 置いたをかかへ, 置いた蝋塗鮫鞘巻縁頭目貫も揃つて, 置いた蟇口の中, 置いた血だらけな矢, 置いた血染の脇差, 置いた血染めのブローチ, 置いた行李の中, 置いた行燈をしまい, 置いた衣ものぐらいの場所, 置いた衣類を引, 置いたなし半天, 置いた被害者達の体内, 置いたが今朝, 置いたを着, 置いた装飾用のアルバム, 置いた裏手の入口, 置いたの切れた, 置いたに指, 置いた襦袢を呈し, 置いた見事な恰幅, 置いた見取りでゆけ, 置いた見当違いがかの, 置いた見窄らしい持物, 置いた臣のみ, 置いた親類の娘, 置いた観音様の木像, 置いた角壜の火酒, 置いた記念事業です, 置いたりでなく故意, 置いた証書を取り出し, 置いた調味料もある, 置いた調度万端は散々, 置いた調査の方, 置いた外國人就中もつとも, 置いた證據だ, 置いた議論でこれから, 置いたのやう, 置いた豪奢なホール, 置いた財嚢手巾巻烟草入を袂, 置いた財宝を掘り出す, 置いた財物の附近, 置いた財産は贅沢, 置いた之徳利, 置いた貫碌のある, 置いた下宿の, 置いたが流れ, 置いた質問を始め, 置いた赤外線テレヴィジョン装置の組立て, 置いた距離が次第に, 置いた踏臺を探し, 置いた身体主人へ上げる, 置いた転地の話, 置いた尻馬も, 置いた辨當が出, 置いた辰公だ, 置いたと思はれる, 置いた辻馬車が町, 置いた近道である, 置いた迷子札を持つ, 置いた送り狼はいかに, 置いた通りそれは人類, 置いた通り三郎さん一人に對, 置いた通り上手の玉職人, 置いた通り主人公にし, 置いた通り充分詳しく論じよう, 置いた通り単刀直入に問いました, 置いた通り古今を通ずる, 置いた通り奥の間, 置いた通り小樽へ手紙, 置いた通り川手氏は急い, 置いた通り床がチャン, 置いた通り床の間に御座いました, 置いた通り彼は咄嗟, 置いた通り槇君に人夫, 置いた通り様々の事情, 置いた通り現在の渾沌, 置いた通り田辺近き上芳養村, 置いた通り白根の山ふところ, 置いた通り私は曾, 置いた通り精神病学に関する一般的智識, 置いた通り美術としては絵嘘事, 置いた通り髪を長く, 置いた連中もみんな, 置いた連珠屋を取巻い, 置いた道場の中, 置いた道庵の杯, 置いた遠い親類の, 置いた遺風でもあろう, 置いたと思はれる, 置いた部厚な集成, 置いた郵便箱を見失う, 置いた郷里の所書, 置いた酒肴を出した, 置いた重い石の, 置いた重箱の蓋, 置いた野良の細道, 置いた金五郎は枕元, 置いた金側の時計, 置いた金属板でしたが, 置いた金庫の合言葉, 置いた金時計を一つ, 置いた金無垢の海音如来, 置いた金瓶梅を買っ, 置いた金銀は家康, 置いた釘頭の財, 置いた針医が小さな, 置いたの水, 置いた銀壺を覆し, 置いた銀盆に血, 置いた銀貨まであと, 置いた銅板に, 置いた銚子をすぐ, 置いたを徒ら, 置いたに結び付け, 置いたに血, 置いたの蓋, 置いた鍵束にも何ん, 置いた鎌倉の某家, 置いたをその, 置いた鎮静剤を飲み, 置いたに映, 置いた鐵砲を使つて, 置いた鑿縄梯子丸に八, 置いたさ二寸ばかり, 置いた長いのを, 置いた長押の槍, 置いた長持の中, 置いた長椅子が陰気, 置いた長靴がある, 置いたのところ, 置いたの兼元, 置いた関係もあり, 置いた附添看護婦も来た, 置いた陳彩はまるで, 置いた隣同士で何, 置いた隣座敷へ陣取っ, 置いた雜誌が九月一日, 置いた離屋へ行つて, 置いた雨外套の内, 置いた電報を手, 置いた青い鞭の, 置いた青紫蘇の根元, 置いた青銭や鐚銭, 置いた青錢や鐚錢, 置いた非常に薄弱, 置いたや冠君, 置いたもう海道, 置いた預金の全部, 置いた領巾を取出し, 置いたもほとんど, 置いた風情のない, 置いた飛行鞄のほう, 置いた食パンをかかえ, 置いた食卓から気分, 置いた食稻の方掻, 置いたみかけの, 置いたをさらさら, 置いたがどうしてずっと, 置いた饅頭笠を冠, 置いた首級を今度, 置いた首飾衣服調度だけでも人, 置いた香袋を彼, 置いた馬白覆輪の太刀, 置いた馬車が來, 置いたへ横乗り, 置いた駕籠へ乘つて, 置いた騾馬や馬, 置いた骨壺が絶えず, 置いた體温器がつい, 置いた高架鉄道の線路, 置いた高架鐵道の線路, 置いた髮結をやらせる, 置いたがない, 置いたを翌日風, 置いたの皮, 置いたの肉, 置いた鳥屋がある, 置いた鳥籠を糠桶, 置いたを, 置いた麥藁俵を明け, 置いた黄八丈の丹前, 置いた黄金の飾具, 置いた黒人たちが一つ, 置いた黒塗りの駕, 置いた黒犬の頸環, 置いた黒羽二重を着流し, 置いた黒鞄から露字新聞, 置いたをしばしば, 置いた龍子の動静報告