青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「置い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~繰り返し 繰り返し~ 繰返し~ ~續 續~ ~罪 罪~ 罪人~ 罪悪~ ~置い
置い~
~置いた 置いた~ ~置かれ 置かれ~ ~置き 置き~ ~置く 置く~ ~置け 罰~

「置い~」 12324, 133ppm, 802位

▼ 置い~ (11411, 92.6%)

345 ある 296 あった 138 あつた 128 あるの 117 下さい 82 あって, ありました 67 くれ 66 いた 58 いる 47 それを 46 行った 40 行って 38 あります 37 自分は 36 いるの, くれと 35 その上 26 あったの 25 あったが, あるところ, 行ったの 24 来た, 行つた 23 あるん, それに 22 あつて, 私は 21 出て 20 呉れ 19 ください, ゐた, 彼は, 自分の, 行く, 行くの, 見て 18 帰って 17 あるが, あるので, 見ると 16 ある部屋, いった, くれた, け堀, それから, 来たの, 行ったもの 15 來た, 行きました 14 いるよう, 考えて, 行くこと 13 いたの, いて, やって, 呉れと, 行け, 行けと 12 ありその, あると, おくれ, これを, その中, 帰った, 往った, 独りで, 言った 11 あるきり, ある大きな, いないよう, いなかった, おくん, ゐるの, 何か, 手を 10 あるから, いること, やった, 下さいな, 下さいよ, 行こうと, 隣の, 隣りの

9 [12件] ありましたが, ある室, きた, すぐに, ゐる, 下さいまし, 二人の, 二人は, 半七, 岸本は, 来ました, 私の

8 [16件] あとで, あるよう, いない, いるが, いると, お呉れ, くれれば, みると, 三吉は, 下されば, 來る, 帰りました, 急いで, 来て, 行くよう, 貰いたい

7 [29件] あったん, あとは, あるだけ, あるもの, いって, いるという, おいて, おくと, おけば, くれたの, くれました, くれるの, しまった, って, もらうこと, 居る, 彼が, 爾し, 立って, 自分が, 行きます, 行つ, 見せた, 話を, 貰って, 貰は, 貰ひたい, 静かに, 頂きたいと

6 [32件] あったので, あったもの, あったり, あるという, あるばかり, ある家, ある所, いいの, いつた, います, いるから, おくの, その前, それが, みたり, ゆく, 下さいませんか, 世話を, 両手で, 呉れ給, 帰る, 急に, 来たと, 来たん, 来ると, 次の, 自分も, 行きましたよ, 行くが, 行くもの, 貰ふ, 隣に

5 [48件] あげよう, あとから, ありますから, あること, あるじゃ, ある小さな, ある方, ある自分, い, いたが, おくこと, かしこまって, きたの, くれて, くれという, これに, その間に, ほしい, みて, もらって, やつた, やると, ゐたが, ゐない, ゐるやう, 之を, 何の, 先生は, 前の, 口を, 坐った, 外へ, 家の, 寝て, 復た, 来たから, 来たという, 来る, 目を, 私が, 立つて, 立上った, 行くん, 行ったと, 行ったという, 行った話, 貰いたいと, 頂きたい

4 [93件] あったという, あつたの, あとの, ありますが, あるそれ, あるのに, あるわけ, ある人, ある刀, ある新聞, ある本, ある筈, ある籐椅子, あれば, いつもの, いないの, いるに, いるもの, おくという, お品, かからなければ, かからねば, くれないか, くれませんか, くれ給, くんな, これは, ございます, さてその, しずかに, そうし, そこから, そこに, ついて, みたが, みること, やつて, やるから, やるの, ゆくよう, ゐたので, ゐるので, テンピの, 一緒に, 中腰に, 二階へ, 云った, 人を, 今度は, 他の, 余は, 僕は, 出かけた旅, 右の, 坐って, 坐つた, 外から, 奥へ, 娘の, 居るの, 己は, 帰ると, 彼女は, 後から, 来るの, 水を, 然る, 眺めて, 立ち上った, 老人は, 考えた, 考えること, 考えると, 考へて, 聞えて, 腰を, 自分で, 行きますから, 行ったが, 行ったよ, 行ったよう, 行ったん, 行つても, 表へ, 見た, 見るの, 貰う, 貰おうと, 逃げるよう, 隣りに, 靜かに, 驅け, 黙って

3 [179件] あげても, あったこと, あった大きな, あった筈, あっても, ありそれ, ありましたので, あるその, あるでは, あるんで, ある処, ある場所, ある座敷, ある机, ある洋燈, ある灰皿, ある父, ある箪笥, いいか, いくよ, いただいて, いたので, いたよう, いったの, いては, いても, いなければ, いるこの, いるだけ, いるらしい, いろ, いろいろと, いろいろな, いろいろの, うつむいて, おいた, おいで, おいでに, おきました, おく, おけない, お前は, きたん, きて, くだされば, くれたので, くれたまえ, くれとの, くれる, くれ給え, くんねえ, ごらんなさい, さう, さうし, そこを, そのうち, その下, その周囲, その日, それからお, どこかへ, なにかの, まいります, みた, みたいと, みるが, もらいたい, もらおう, やがてその, やったの, やつても, やること, やろう, やろうと, ゆきました, ゆくと, よいか, らしった, ゐるから, ゐると, サッサと, ッて, パッと, 上から, 上げますから, 下さいませ, 下さい私, 下さったの, 下さりませとわ, 下されお, 下され私, 下され謝りますとて, 下せえ, 丑松は, 云いました, 人の, 仕事に, 仕事を, 他に, 何う, 何を, 何時までも, 使って, 來て, 僕を, 先生の, 出た, 勝手に, 半蔵は, 去った, 去る, 呉れた, 呉れたので, 呉れないか, 呉れ給え, 四つに, 夜に, 大急ぎで, 娘を, 家へ, 家を, 寝た, 寝ると, 居た, 居ると, 屋根の, 左の, 弟の, 彼の, 後に, 悠々と, 掌を, 春の, 是から, 暮して, 来たお, 来た子供等, 来ること, 来れば, 梁を通して, 梅の, 椅子に, 欲しい, 此の, 母の, 父と, 父の, 眼を, 私に, 立つに, 考えるの, 考えれば, 考へること, 自分だけ, 自己の, 行かれて, 行きな, 行きましょう, 行くと, 行ったか, 行ったこと, 行った人, 行った言葉, 行っては, 行ッた, 表の, 見なけりや, 言つた, 誰にも, 貰う事, 貰ったの, 貰はう, 貰ひまつ, 身体の, 遊んで, 遣はすの, 静に, 顔を, 養って

2 [610件 抜粋] あげましょう, あげますわ, あげるから, あったあの, あったと, あったのよ, あったはず, あった刀, あった大型, あった所, あった楽譜, あった脇差, あなたは, あの男, ありましたか, ありますの, あり右手, あるあたり, あるけれども, あるこの小さな, あるです, あるまま, あるよ, あるらしい, ある一つ, ある事, ある側, ある六畳, ある副, ある古い, ある地方新聞, ある壺, ある外, ある小, ある店, ある手紙, ある書物, ある村外れ, ある桐, ある火鉢, ある白い, ある石, ある箱, ある網行燈, ある花, ある荷物, ある袁爺, ある郵便物, ある金属, ある鉢植, ある電熱器, ある魚籃, ある黒い, いい, いいもの, いかにも急, いくの, いたから, いたこと, いただきたい, いただきたいと, いただきたいもの, いただくこと, いただけば, いたのに, いたらしい, いったそう, いったという, いったもの, いった本, いっても, いつて, いつでも, いつもその, いないらしかった, いなかったらしい, いました, いらっしゃいました, いらつし, いるうち, いるかの, いるところ, いるとしても, いるにも, いる人, いる家, いる手, うしろから, おいたの, おくれと, おまん, おやり, おります, お勤め, お天気, お小姓, お帰り, お朝, お行儀, お角, お辞儀を, かうして, かしこまつ, きたばかりの, きたもの, きなせえ, きました, き堀, くだすった, くる, くると, くるりと, くれさえ, くれたから, くれたそう, くれたって, くれても, くれます, くれるよう, くれる人, くれ俺, ここに, これが, これで, これらの, さつ, さて, さて彼, さらにその, しまう, しまったが, しまって, しまふ, しまへば, じっとし, すわりながら, そこそこに, そこへ, そのま, その命, その品物, その後の, その手, その方, その片, その翌日, その芝居, それからその, それから冷酒, それへ, だったので, ちょうだい, つき合って, つて, どうした, どうする, どこへか, どんどん逃げ, なぜか, なんべ, ひそかに, ひとりで, また, またそこ, また庭, また聞えます, みたらと, みようか, みるの, みれば, みんなの, もう好い, もし此所, ものを, もらいたいと, もらうよう, もらおうか, もらわなければ, やがて暫くの, やっても, やらないと, やらねば, やりました, やりましたが, やる, ゆかねば, ゆかれること, ゆくの, ゆけ, ゆったりと, より江の, よろしいか, わたくしは, ゐないの, ゐる人, サテ屹とな, ベゴ石を, ホッと, 一つには, 一と, 一人で, 一人の, 一度は, 一行は, 一足先に, 万一の, 三千代が, 三男の, 上に, 上隣り, 下さいと, 下さいますか, 下さるでしょうか, 下され, 下すった, 下すつたの, 世話に, 両手を, 並んで, 中途で, 久保田は, 二人を, 二度も, 二条並んだ, 人が, 今に此方, 今までの, 今夜の, 今度の, 他人の, 仰向けに, 休んで, 何も, 作る時, 使うこと, 例の, 傍に, 傍の, 僕の, 先へ, 兎に, 入つた, 全軍, 其の金, 其使用方を, 内へ, 出かけた, 出席した, 初の, 前へ, 剣術を, 勉強を, 勘次は, 卒業も, 去るの, 参りまして, 参りましょう, 参りますから, 參りまし, 參りました, 台所へ, 右手で, 向の, 呉れたの, 呉れて, 呉れなかつたの, 味う, 味って, 坐つて, 外に, 外出する, 夜中に, 大きな声, 大尉も, 大風に, 女中は, 好いと, 好意である, 妾は, 姿を, 安楽に, 客を, 小首を, 居ります, 居るやう, 巧みな, 差支ない, 帯の, 帰える, 帰ったの, 帰ること, 平岡は, 平次は, 幽霊の, 座敷に, 廊下を, 彼を, 彼女の, 待って, 後で私, 御覧なされ, 心ばかりを, 忘れて, 我々の, 我儘な, 戸を, 戻つた, 手前の, 拵へ, 持って, 捷径の, 掘出させた顔, 損は, 放して, 教場へ, 斯の, 日本へ, 昔の, 時に応じ, 時計を, 晩に, 暇さえ, 暮すか, 更にまた, 更に次, 月代も, 月給迄, 朝から, 朝早く, 木戸の, 本屋を, 机に, 来い, 来たが, 来たこと, 来たので, 来た手紙, 来た筈, 来た節子, 来た金, 来ちゃったん, 来ましたから, 来ます, 来られましたな, 来るん, 来ナ, 東京の, 東京を, 松村は, 枝折戸を, 構ひません, 様子を, 次を, 此を, 此方は, 此處へ, 歩いた, 母家の, 母屋の, 気が, 気の, 汗を, 泥だらけの, 海の, 深いため息, 深夜に, 源太郎は, 源氏は, 火の, 火を, 火鉢の, 無かった, 無心に, 煙草を, 熟と, 物を, 猿の, 玄関の, 生えて, 町の, 皆な, 皆の, 皇軍を, 目に, 相対した, 相手の, 相談に, 眉を, 眺めた, 知らん顔を, 石田は, 碁を, 社会の, 神を, 私を, 突然平岡, 窓の, 立ち上る, 立った, 立ったまま, 符号の, 筆を, 紐で, 縦に, 罐詰の, 置けば, 翌日は, 考へれば, 而も, 肩を, 育てて, 胸を, 腹を, 膝を, 自分を, 自由に, 良かった, 苦しめて, 茎を, 茶を, 草鞋の, 蓋を, 行かないか, 行かなければ, 行かぬ, 行かれた, 行きますと, 行くかも, 行くから, 行くぜ, 行くよ, 行くより, 行くわけ, 行く事, 行く訳, 行こう, 行ったきり, 行ったこの, 行ったじゃ, 行ったので, 行ったり, 行った刀, 行った大きな, 行った小さな, 行った詩集, 行っても, 行つた手紙の, 行て, 行方知れず, 表を, 見たとき, 見る必要, 見る時, 言うこと, 誠太郎に, 読んで, 誰が, 諸方を, 貰いたかった, 貰うの, 貰う方, 貰えば, 貰った, 貰ひ, 貰ひたいと, 貰ひまし, 貰わないと, 貰わなければ, 貴方の, 赤が, 足の, 身軽に, 車の, 迎えに, 近所の, 逃げて, 逝きたい私, 遁げる, 道庵が, 遣って, 遣るの, 部屋に, 部屋の, 酒の, 酒を, 長次郎は, 門野から, 闇の, 降りて, 響いて, 頂いて, 頂きたいこと, 頂きたいもん, 順々に, 頭を, 顔に, 餌を, 首を, 高祖を, WCの

1 [5697件 抜粋] ああまで, あげますからネ, あたふたと, あったし, あったオルガン, あった例, あった大石, あった恐ろしい, あった日本刀, あった毛皮, あった盃洗, あった絵具箱, あった規矩男, あった長い, あつたか, あなたの, あの追分, ありひどく, ありますね, あり中, あり廊下, あり祠, あるいたが, あるそう, あるなか, あるわい, あるプラカート, ある三畳, ある人たち, ある八疊, ある古めかしい, ある土瓶, ある室内, ある帽子, ある手拭, ある書類鞄, ある板塀, ある檻, ある火の気, ある盤台風, ある空地, ある絵, ある肥料, ある莚, ある製作用, ある道具箱, ある隅, ある鳥籠, いいでしょう, いきなりそれ, いけないと, いただいたほう, いただきますこと, いた一人, いた時, いた買物袋, いったまま, いった金一封, いないこと, いない者, いまだにそれ, いらっしゃいおじさん, いるからは, いるらしかった, いる今, いる屋島, いる母親, いる自分, いろいろお話, おいたら好, おかえんなさいました, おきまして, おくれこんな, おけばと, おなじよう, おられる, おれば, お出でな, お夏, お忘れ, お紋, お話を, お飯, かかった, かたわらの, きたがらこっちがら行ぐ, きねえ, くだ, くよ, くれこんな, くれたのに, くれた友人藤田健治氏, くれつて, くれぬの, くれよとの, くれるなら飯, くれ日, ぐるぐると, こういう煽動的, こちらが, この事件, この庫裡, この焦点, この賽ころ, これまで, ございましたの, さしずめ桂月翁, さてと煙草盆, さて昨夜, さ僅か十五圓, しきりに眺め, しばらく考え込ん, じっと僧形, すぐ出, すっかり旅人, ずん, そうして耳, そこと, そして彼自身, そっと扉, そのにおい, そのテーブル, その保管, その向う, その影, その朝, その熟, その袖, その面積, それからお宮, それから使命, それから好き, それから後, それから樹枝, それから谷, それごとテンピの, それと共に, それらの, たえず手, たった独り, ちょいと, ちよつと, つぎつぎと, つと猿臂, とっくり考え, どうもあれ, どんと足, ながめる時, なほも, はぎ野, ひとりの, ふうふう吹い, ほかから, まいりましたもの, まず目的地, また出かけ, また引返し, また言った, まとめて, みても, みるのに, もうよかろ, もう一歩, もったいなくも, もらいたくて, もらうと, もらおうと, もろて, やがて最後, やった宗桂, やらないぞ, やりてえこいつ, やるべき健全, やれといった, ゆかれたの, ゆきやがったんで, ゆく人, よい位, よく漬, らっしゃい何, わたしだけ, ゐたがなあ, ゐつたもの, ゐるか, ゐるらしい様子, ゐる氣易, イリリヤ・ラグーザナが, グルリと, サッポロの, スルリ寝る, ツイ先刻歸つたばかり, ドンドン別, ヒュウヒュウと, ホールで, ライオンスの, 一つずつ, 一個の, 一家共有の, 一幅の, 一斉に, 一枚一枚と, 一首の, 万々一の, 三人は, 三方に, 三疊へ, 上げますだよ, 上部の, 下さいませね, 下さったでしょうか, 下さるの, 下すったら, 下検分の, 丑松の, 両鬢, 丸山勇仙を, 乙女たちが, 事実女も, 二人が, 二度聞いた, 五六十人ばかりの, 亡くなったの, 人は, 今し方小間使が, 今日の, 他を, 仮りの, 伝言を, 何かの, 何べ, 何度も, 作らせなければ, 俊ちゃんは, 借家さがし, 働かせれば, 元来た, 先生が, 全く私, 六日橋本に, 其の裏口, 其横に, 再びそれ, 写す間, 出かけるという, 出ます前, 出来るだけ, 分別を, 別にこっち, 前屈みに, 勘次が, 勿論廷珸, 十六日に, 午後の, 危いこ, 去らしって, 参りましてな, 又一行書き, 友吉に, 口元を, 可なり, 合図の, 同心中, 向うを, 吻と, 呉れた裏店, 呉れませんか, 呑む, 和女等三人の, 唯一つ, 喞筒に, 四方から, 国太郎は, 在った硝子製, 地獄の, 坐りなおした, 墓地の, 夕桜の, 多感で, 大いに音楽, 大土瓶, 大道の, 夫婦の, 奧羽の, 好い性質, 始めて, 嫁に, 学校に, 安心し, 宜しゅうございます, 客の, 家宅捜索を, 寛いで, 寝る, 寺へだけは, 專念に, 小包を, 小説家として, 少し溜る, 居た若い, 居りますが, 居る若い, 屹と, 左と, 差支えない, 帰った由, 帰りに, 帰る時, 平伏した, 平行には, 床へ, 座右へ, 弁信を, 弟子に, 形なり, 彼所から, 往きますから, 後でお櫃, 後の, 徐かに, 御舎弟紋, 徳田の, 忍び足で, 思い耽けって, 怪火の, 惡いと, 意の, 憩うて, 戦うの, 戴けないの, 所在な, 手当も, 打伏, 投げ出すよう, 指紋の, 掛け算の, 摺火で, 改めて頭陀袋, 敵に, 斬れ, 旅僧の, 旧の, 早速降り, 昼四つ時に, 時を, 暗やみで, 暮らしたらかえって, 書かれるという, 有ったところ, 朝餉の, 本當, 来いと, 来たとの, 来た二人, 来た子, 来た衣物, 来ますが, 来るよ, 板に, 柳田平治に, 格子の, 植えた二列, 楽しそう, 橋本の, 次に五, 正方形を, 武士らしい, 歸國の, 死人の, 母親と, 毎月六七十円の, 水先案内と, 決死の, 泣く時, 流れの, 涙ぐましく顔, 清冽な, 湯呑みに, 澄まして, 炭団を, 焦らして, 熱っぽい調子, 片っぱしからや, 物質上の, 独り言の, 獨りで, 現在の, 生前父が, 田植の, 留吉は, 疲労から, 白骨を, 盗みださせたの, 盲者を, 直ぐ近所, 看護を, 眺めてるの, 眼の, 知って, 研究しない, 祈り続けて, 私たちは, 稲本を, 窃に, 立ち去ったまま, 立上りかけた, 竜王岳の, 第一, 管絃楽が, 粟を, 紫に, 結構でございます, 継母の, 縁側に, 續ける, 義雄は, 考えあるいは, 考えるので, 考へることさ, 育てたから, 脚を, 腰掛けたまま, 自分ひとりが, 自殺しただらう, 良いもの, 若し用, 荒川岳へ, 落着い, 蓋と, 藩地を, 蛇の, 行かせて, 行かれたとか, 行かれると, 行きなさいよ, 行きますぜ, 行くあと, 行くはず, 行く始末, 行く言葉, 行ったあと, 行ったし, 行ったバカ, 行った刺激, 行った家, 行った手燭, 行った父親, 行った膳, 行った酒, 行つたといふ, 行つた包を, 行つた紙包から, 行つて居られた, 被せる, 襦袢を, 見せる, 見たりなど, 見られるよう, 見れば, 親同志, 言葉を, 詩を, 説明は, 誰一人仲間の, 講演会に, 貞固, 貰うて, 貰ったが, 貰ひなさい, 貸家捜し, 赤え, 足場を, 身動きも, 辺鄙な, 退って, 逃げました殺した人, 這入って, 連の, 道わきに, 遣りましたら, 遺骸との, 野放しに, 鈴子はんと, 長い紐, 開き又, 関守が, 隅の, 隣県の, 電車に, 靜子を, 頂きたくッ, 頂の, 頭か, 顔の, 食ったり, 飽かずに, 香港を, 駕籠屋は, 高橋は, 鳴海司郎が, 黒岳の

▼ 置いても~ (297, 2.4%)

64 よい 3 いい, それを, 仕方が, 大丈夫だ, 宜いとて, 差支ない

2 [21件] いいだろう, いいと, いいの, どうせ死ななく, ようございます, よかった, よかろう, よろしい, ペンに, 一人お, 乾いた布, 可い, 可いが, 向うから, 害に, 差し支えは, 心配は, 構ひません, 永い年月, 綱を, 自然に

1 [227件] あったが, あつた, あの若先生, いいかげんする, いいから, いいが, いいこと, いいわけ, いいん, いい位, いけないなかなか, いざ出発, いったん自宅, いないらしく火鉢, いなかった, おかしくない, お寺へ, お源, かまわないかな, きっと舐め, きっと財宝, くにせぬ, こっちの, この地上, この場, この心, この本, この槍突き, この法難, じき駄目に, すぐ壊れる, そこに, その下, その儘柿, その晩, その身, それくらゐ, それでも雨, そんなに急, ちょっと区別, つとめなければ, どうかと, どうせた, どうせたかが標準, どうせ日, なかなか自然, なくならない, なんの, ひとり手に, ほとんど蠅, まだそれでも, まだ余裕, やがて当人, やがて自然, よいか, よいが, よいだろう, よいよう, よかったであろう, よからう, よくねえ, より進歩, よろしいであろう, よろしう御座います, わずか一日, イイ, カビが, レンズを, 一の, 一向目, 一年一年その, 一度は, 一度詫びを, 一朝此處, 一週間も, 七兵衞が, 三十六計逃げる, 上ったのに, 不思議ぢや, 不足らしい, 世間の, 乳房を, 事足ること, 五六日位で, 五分も, 井伏鱒二は, 些とでも, 仕様が, 何の, 何んの, 何時かは, 僕の, 入浴しなけれ, 入用が, 冷めないよう, 出かけたもん, 判らないこと, 助からなかったでしょうか, 助からなかつたで, 千葉先生とやらを, 半鐘は, 博士は, 叫ばなければ, 同じこと, 喜知太夫の, 喰うという, 売物屋, 壽齋は, 多少無理, 大丈夫で, 大丈夫である, 大丈夫です, 大丈夫と, 好い, 好いが, 好いこの, 好いぞよ, 好いぢ, 好い事, 好い筈, 安心という, 安心な, 宜い, 宜いと云, 宜しいお, 寒中は, 少しも, 山裾の, 屹度金は, 左近倉平の, 差支えな, 差支えは, 差支は, 差支へ, 差支へも, 差支無い, 帯を, 帰ろうと, 平次の, 年取った父, 廊下で, 引抜いて, 弛むより, 弟子に, 彼は, 彼女の, 彼等は, 御隱居, 必要な, 思想の, 息子の, 悟空は, 拾い手, 挺然, 斯う, 新七, 明智の, 朝は, 板倉, 果たして秘密, 格別させる, 構は, 構わないん, 様子を, 樣子の, 此方へ, 比論は, 気に, 水が, 汚れないよう, 泣出す, 洋行したい, 済むこと, 潰れる, 無下に, 無駄に, 狸は, 猿という, 獲って, 甘くなります, 當分親爺は, 癇癪の, 百年置い, 盜人が, 目ざわりだ, 目立たぬので, 相手を, 相談に, 真剣に, 窓ぎわへ, 窮屈でない, 立派な, 端っこの, 端つ, 結構であります, 絶対に, 罪は, 置かれるもの, 考証学的知識に, 腐らないよう, 臣下の, 自分が, 自分の, 良いこと, 苦役には, 行かれませんし, 行こうこう, 行儀も, 見に, 見勝りも, 見送らなければ, 親孝行を, 買わずには, 通用金の, 進む所, 進歩すべき, 遣って, 遣つて, 邪魔に, 重吉の, 間もなく降伏, 雨上りには, 電流を, 静かに, 風の, 饑饉の, 麟は

▼ 置いては~ (253, 2.1%)

8 いけないと 4 ならない 3 いけない, ない, 為に

2 [16件] いかぬ, いけないという, いけないの, いない, それこそ, どうだ, ならないと, ならぬ, なりません, 來たれ, 夜に, 娘が, 帰って, 彼の, 悪いと, 邪魔に

1 [200件] あやういから, いけないから, いけないからと, いけないこと, いけないわ, いけません, いけませんよ, いけません一つ, いけません必ら, いっそう親, いつでも, いつまでも, いないん, いなかった, いなかったの, いらっしゃらないでしょうが, いるが, いるものの, おけない, おけませんし, お喜代, お為, かえって心臆, かわいそうじゃ, がんりきの, くださいませんか, くれません, このテーマ, この先, さ, さし込んで, さすがに, それを, だいいち近所, ちと言い, つい口, どうか, どうしても神經, どこへも, どんなこと, どんな事, どんな危険, なにかの, ならんぞとの, ならんで, ならんの, ならん味噌汁, なんどき, にやにや薄ら笑い, はあこんな, はっきり聞える, びくり, またそれ, また引き返した, また書く, また響い, みっともないから, もったいないと, ゆくまい, よくない, よくなから, ろくな事, ゐなかつた, 一人一人クラブを, 一生涯の, 不可, 不安だ, 世間へ, 世間体も, 了いません, 二人の, 今後が, 今日の, 他に, 仮令一人, 低く口, 何だかもそもそ話, 何と騒い, 何の, 何を, 何処まで, 來ません, 俺の, 兄の, 全く危険, 其錢だけ, 出たの, 出られない気の毒, 出られない氣, 出るよう, 出来よう, 前にも, 動出しも, 北へ, 危ないから, 危ないと, 危険だ, 又それ, 又他, 古名人巨匠, 召使いが, 可哀想じゃ, 可哀想だ, 同役の, 呉れまいかね, 呼吸が, 善くない, 埒が, 堰が, 大きな混乱, 大地を, 失せるの, 奉公人共の, 女ながら, 始末に, 子を, 安心が, 宜しくありません, 家の, 寝覚, 将来ろくな, 市民の, 彼女も, 往かれませんから, 後が, 後日の, 御主, 悪いが, 悪かろう, 惜しいと, 成らないぞ, 成らぬと, 我家の, 所詮は, 手おくれ, 折角の, 拝めないよう, 持って, 文化部門の, 時々堂々たる, 時々死に, 暇な, 暑いと, 木曾へ, 村方一同の, 来たが, 来たれど, 梵鐘が, 機会は, 次から, 此の, 武士の, 母は, 沈んだ音, 泥絵具を, 深い遠いとどろき, 済まぬと, 湧き出して, 焼けて, 犯罪発覚の, 獣の, 男子の, 留守に, 疫病の, 痛々しいし, 百人千人の, 目障りで, 直ぐに, 眠り不足で, 祟りを, 私が, 私の, 突き鳴らす, 素姓の, 紫色に, 自分の, 自分は, 若いどうし, 行かない私, 行かれません, 行きませんでしたか, 行く末の, 行つた跡で, 見っとも, 見入って, 諸人の, 警察の, 貰へ, 貴方に対して, 身の, 轉宅の, 際を, 雪が, 雪子ちゃんが, 露顕する, 面倒だ, 響けて, 食べられません, 駄目だ, 騒々しくて

▼ 置いてから~ (86, 0.7%)

2 お銀様, 不破の, 女と, 彼は, 私は

1 [76件] お辞儀を, この葉, さて私, すぐ父, そうする, そして出し, その上, その又, それから言葉, それを, つかつかと, はじめてたのまれた, みんなを, やがて彼等, やっと顔, わたしを, クロオデルは, テンピで, ヌケヌケと, ハスレルは, パリを, パーヴェル・パーヴロヴィチは, 中で, 事もなげに, 二人は, 云った, 例の, 出て, 初子の, 又み, 呂将軍は, 喘ぎを, 夕飯迄の, 奥座敷の, 子爵が, 安三を, 小さい手, 小さな盃, 少し許, 尻つ, 幼い女中, 引きさ, 引き退らうと, 引き退ろうと, 当時ミスラ君の, 彼の, 彼女は, 後でなけれ, 後は, 怯ず, 或家, 手を, 手頃の, 揉手の, 改めて人, 料理しなけれ, 早口に, 書斎を, 次へと, 歩廊に, 漸く云っ, 無邪気な, 留吉の, 皆逃げ, 立入ること, 約一月ぶり, 美緒に, 老妓は, 老爺は, 自分は, 落着い, 言いました, 言葉を, 話を, 軽部は, 鑿を

▼ 置いたり~ (85, 0.7%)

15 して 6 した 3 したの 2 いろいろの

1 [59件] あるいは投げ出し, うなぎの, けちな, したこと, しなくても, しなければ, しませんですよ, するが, すること, するところ, するもん, するよう, する事, する力, する半蔵, する生活, する男, そして考え, その他とても, ち, ひらいたり, ぶら下げたり, または紙, また算学師範, また針金, クラシカル字彙といふ, 下に, 下方に, 何か, 分銅を, 勘次が, 千世子の, 友達から, 咲きだしたバラ, 囲い者を, 壮い, 小規模だ, 左に, 布団を, 引摺っ, 徒らに, 或いは相当, 捨てたり, 散らばった穀, 晩飯などは, 木の葉を, 炭俵を, 破損する, 私の, 竹を, 箪笥の, 胸へ, 芸妓を, 草履を, 落葉を, 読んだり, 間違ったこと, 閾を, 青物を

▼ 置いてけ~ (41, 0.3%)

16 ぼりに 87 ぼりを 1 えと呼ぶ, えも, ぼりです, ぼりなんか, ぼりになど, ぼりの, ぼりばかり, 堀という, 堀片, 青二才の

▼ 置いちゃ~ (24, 0.2%)

1 [24件] いいにくい, いかん, いかんじゃ, いけないおん, いけないと, いけないので, くれなかったもん, くれまいか, どうも死ぬ, ならねえって, ならんと, ア困る, イケナイって, 上手な, 不可, 匂いが, 北伐, 危いが, 損な, 殿様は, 泥が, 為に, 第一, 陸からも

▼ 置いての~ (20, 0.2%)

2 勘定役御, 山の

1 [16件] ことで, その眠り, そりの, たれ死, 不敵きわまる, 事で, 仕うち, 房州話と, 次の, 演説では, 独得の, 自分には, 芝居と, 話である, 談論です, 責道具ハテ

▼ 置い~ (12, 0.1%)

3 くれ 2 くれやす, こうと 1 いてんわ, いでよ, きゃあしない, くれんか, 巧なれ

▼ 置いちや~ (7, 0.1%)

1 くれまいか, どうだ, どんな失策, 下さいませんか, 勿体なうござん, 危ないし, 生きながら

▼ 置い~ (6, 0.0%)

1 お出れ, くるが, 今魚とりに, 俺だって, 来, 来たがらこっちがら行ぐ

▼ 置いてこそ~ (5, 0.0%)

1 始めてほんとう, 済まぬと, 真の, 総て理屈が, 美し窓

▼ 置いてでも~ (5, 0.0%)

1 あると, いるよう, くれたらと, 子供たちに, 食おうという

▼ 置いてよ~ (5, 0.0%)

2 かつた 1 お願いせ, 不精者の, 自分は

▼ 置いてか~ (4, 0.0%)

1 え, かつた, かつてゐた, はりましたん

▼ 置いてね~ (4, 0.0%)

1 きっとやる, それあ, 承知し, 置いて

▼ 置いてを~ (4, 0.0%)

1 いた, ぢさんは, つたのが, る者

▼ 置いちゃあ~ (3, 0.0%)

1 中小姓であれ, 大雨です, 死んで

▼ 置いてさえ~ (3, 0.0%)

1 くれりゃア, くれるもの, 貰えば

▼ 置いとくと~ (3, 0.0%)

1 ロクな, 危険だ, 心配で

▼ 置いてからに~ (2, 0.0%)

1 仕様ってね, 却

▼ 置いてからの~ (2, 0.0%)

1 不破の, 方が

▼ 置いてからも~ (2, 0.0%)

1 又小さい, 同氏とは

▼ 置いてさ~ (2, 0.0%)

1 他国者の, 何だ

▼ 置いてしか~ (2, 0.0%)

1 現われて, 許されない場合

▼ 置いてと~ (2, 0.0%)

1 云ふ, 美代子を

▼ 置いてという~ (2, 0.0%)

1 お気兼ね, のは

▼ 置いてもよ~ (2, 0.0%)

1 かつた, かりそう

▼ 置いとき~ (2, 0.0%)

1 さえすれ, や未だ結構

▼1* [28件]

置いたまにもうしなし, 置いたりなどはしない, 置いたりなんかして, 置いちゃあねえ出処の, 置いちやいかんぢやない, 置いちや上手な釣人, 置いちや下手人が幾人, 置いちや何うだ, 置いちや可哀想だ, 置いちや惡いぜ, 置いちや氣の毒, 置いちや物騷で叶, 置いてからがいい, 置いてからでも猫と, 置いてからは微官, 置いてがつくりと, 置いてとも角も, 置いてなんぞ憩む餘裕の, 置いてなんて悪口を, 置いてねえ丁度博士, 置いてばかりも居られない, 置いてまでもちやんと, 置いてもかへつて後悔の, 置いてもと来た路, 置いてものごとを, 置いてやらにやならん, 置いでな菊枝, 置いやうに間違