青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「罪~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

繁昌~ 織田~ 繩~ 繪~ ~繰り返し 繰り返し~ 繰返し~ ~續 續~ ~罪
罪~
罪人~ 罪悪~ ~置い 置い~ ~置いた 置いた~ ~置かれ 置かれ~ ~置き 置き~

「罪~」 9190, 99ppm, 1107位

▼ 罪~ (2383, 25.9%)

95 犯して 23 犯すこと, 謝し 22 許して 18 犯したもの 15 犯したの 13 得て 11 犯した者, 犯すもの 10 もって, 憎んで, 犯したこと, 犯すに, 犯すの, 謝した 9 ゆるして, 犯しても, 背負って, 詫びて 7 引受けて, 悔いて, 犯したよう, 自覚する 6 他人に, 償うため, 懺悔し, 犯したと, 知って, 身に, 重ねて, 隠そうと

5 [12件] つくって, 作つてゐる, 天に, 引き受けて, 悔ゆる, 感じて, 犯したか, 犯すよう, 被せようと, 謝する, 贖ふ, 重ねること

4 [27件] おかして, きせて, きせられて, 一人で, 人に, 作って, 作ること, 償うの, 告白する, 宥し, 少しでも, 恐れて, 淨む, 淨むる一群の, 淨むる魂の, 淨めんと, 犯したん, 犯した時, 犯した覚え, 犯せば, 着せようと, 自分の, 被て, 負うて, 負って, 責めて, 闕下に

3 [39件] お作りに, お詫びし, かくして, きて, ゆるされて, 作るところ, 免し, 免れんと, 取去りたま, 問はれた, 宗教に, 忘る, 恥じて, 懺悔する, 懼れ, 構成する, 正直に, 決めて, 洗ひ, 淨むるところ, 犯させて, 犯さなければ, 犯した, 犯したが, 犯したとは, 犯したので, 犯したも, 犯したり, 犯しました, 犯すか, 犯すと, 犯す人, 犯す者, 着せて, 自分で, 自覚し, 認めて, 適用する, 隠すため

2 [146件] あばいて, うけて, おかしたもの, おそれて, おほはる, お絹, かぶって, きるつもり, ただして, つくったの, つくるわけ, なすりつけて, なすりつけられるに, なすり付けて, ひき受けて, ぼくに, まぬがれようという, わびて, 一身に, 二重に, 他に, 何うし, 作ったもの, 作つて居た, 作るの, 俺の, 免かれる, 免れること, 免れるため, 加えること, 受けなければ, 受けるの, 告白し, 問はむ, 問わねえこと, 問題に, 堂ヶ島に, 天下に, 奪い合うの, 工人たちに, 帳消しに, 幾何声高に, 引き受けようと, 待つより, 待つ人, 待つ罪人, 得ても, 意識し, 救はんとて, 数えて, 正さねば, 決定する, 洗い過ち, 浄めて, 浄める, 淨むる, 淨むるの, 淨むる者の, 犯させた, 犯さなくても, 犯さぬ者, 犯さんと, 犯したって, 犯したという, 犯したものの, 犯したわけ, 犯した上, 犯した人, 犯した人間, 犯した場合, 犯した女, 犯した日, 犯した為, 犯した色, 犯してまで, 犯してるよう, 犯しながら, 犯し人, 犯し処刑, 犯す, 犯すという, 犯すとき, 犯すも, 犯すを, 犯す事, 犯す方, 犯す時, 犯す能, 犯せるに, 犯せる者, 犯せる處, 犯そうと, 獲て, 疑っては, 白状さし, 真剣に, 着せられて, 着せること, 知つてゐる, 社会に, 神明に, 私は, 素直に, 罪として, 罰せんため, 背負つて處刑臺に, 背負つて行く, 背負は, 背負はせ, 自白した, 自首した, 處分し, 行は, 行ふ, 被せられて, 裁決し, 解いて, 許すこと, 詰るので, 謝すため, 謝するため, 負ひ, 負ふ, 負わして, 負わなければ, 負わねば, 責めた, 責めようと, 責めること, 責める人, 貴方がたに, 贖うには, 贖は, 贖ひた, 赦したま, 赦して, 軽くし, 造ったもの, 造って, 造れる人, 重ねたもの, 重ねるより, 重ねる道理, 非常に, 鳴らして, 鳴らすの

1 [1403件 抜粋] あがなったが, あげたれど, あなたの, あばいた功, あばかれること, あべこべに, いたく責め, いつもお, いひあら, いひひらく能, いろいろと, えて軍台, おかしたその, おかしたの, おかした場所, おかすよう, おそる, おぼえたの, おまえに, おゆるし下さい, おわびに, お得, お恕, お玉に, お被せ, お許しください, お許しくだされ, お許し下されい, お責め, お赦し下さる, かくすく, かさねて, かさねますが, かぞえた敵, かばいよく, かぶること, きせられた意趣, きせること, きせるの, きせる目的, きたとは, きめること, きるそう, こうむるであろう, ここでは, この佳人, この良右衞門一人, これに, さとらぬ無, さほど深い, して, しょわせるの, すっかり自白, その友人, そんな意識, ただしに, ついに後悔, つくった者, つくりだして, つぐなったこと, つまびらかに, とらえて, なすった野郎, なすには, なすりつけたところ, なすりつけたん, なすりつけようと, なすりつける理窟, なするため, なぜ自分, なめたい, にくめばこそ, ぬりつけるつもり, のがれ面倒, はっきり証明, はや知り, ひとに, ふっと目, ほろぼすため, また重ね, まったく無関係, まぬがれいっそ, みとめ将門, もっと重い, もて刑せられしは, ゆるし肉身, ゆるすべきか, わが封建制度, わびた, われわれ民党に, 一々白状, 一処に, 一回だけ, 一念に, 上辷りに, 不問の, 世人に, 主張し, 二三春さんとやらに, 云い終ると, 人知れず自白, 人間的主, 以つて彼の, 佐兵衛に, 何故承認, 作ったそう, 作ったという, 作った此, 作つたもの, 作つた母でも, 作つてゐます, 作つて居る, 作らずには, 作らねえが, 作りさ, 作りますこと, 作りやすね, 作り金, 作るから, 作るもの, 作るんぢ, 作家に, 信清さんに, 俺は, 働かさせたので, 僧團の, 償うこそ, 償うため父, 償う正当, 償おうとでも, 償つ, 償わしめまた, 償わるべし, 免され, 免るべからず, 免れて, 免れないであろう, 公に, 其方へ, 冒せし心地, 分って, 加えても, 加えるの, 北鮮側に, 印度人に, 取締る, 受けたの, 受けます以前, 受けるが, 受け抗, 君に, 告白した, 問う, 問うて, 問うを, 問はれ, 問ふてゐる, 問わずにおいて, 問われて, 問われるところ, 喜んで, 塗りつけようたって, 夏子に, 多少なり, 大して恐れ, 大道で, 女という, 妨げて, 威猛だ, 嫁すべき, 子や, 孕み不幸, 完全には, 官に, 定むる者, 宣せられたが, 宣告されるだらう, 宣告せられ, 宥められたる, 容隱する, 小気味よく思い, 己の, 帰した, 帰する, 幾つも, 庇って, 庇わずには, 弁護する, 引き維新前後, 引受けましょう, 引受けるつもり, 引受ける氣, 引受るべく迫っ, 彼に, 彼らに, 彼女は, 待つ, 待つばかり, 後悔した, 得ざるもの, 得たこと, 得た者, 得むのおそれをも, 得る結果, 得んと, 御仏, 忍んだ憐れむ可, 忘れたいといふ, 怖ろ, 思うた, 思う存分犯す, 恐れしむるにあり, 恐れるよう, 恕し, 恨みある友人, 悔いざりし帝王侯伯, 悔いたの, 悔いてを, 悔いると, 悔いる誠, 悔い心から, 悔い改めること, 悔ひ, 悔むような打ちしおれた, 悪ん, 想うの, 感じたとき, 感じ出さずには, 慇懃に, 憎まぬのみか, 憎みて, 憎んだもの, 懲らし大逆, 懺悔したら, 手前一人で, 打ちあけた, 承認し, 承認する, 押しつけた, 抽象的に, 拭ふ, 持ちながらも, 持つた男, 按じその, 捜すん, 揚言した, 改めるに, 政治に, 救うの, 救おうとて, 救済する, 数うる, 数えられて, 数え血, 數めらる, 明らかに, 時代の, 最後まで, 棚に, 構成しない, 正した後, 正すであろう, 歸すべし, 永久に, 求めすぎたといふ, 決めましたが, 沿岸に, 洗い去る, 洗う, 淨むるあたはず, 淨むることを求め, 淨むるならむ, 淨むるをえしめよ, 淨むる山こ, 淨むる状に, 淨むる者よ, 淨むる者稀なり, 淨むる魂に, 淨むる魂等は, 淨めんとの, 深く悔悟, 深く追求, 清算し, 滅さなくっ, 焚焼し, 父は, 犯さ, 犯さしたの, 犯さずに, 犯させたくないから, 犯させなかったこと, 犯さないこと, 犯さないの, 犯さなかったと, 犯さぬよう, 犯さねば, 犯されは, 犯し, 犯しかけて, 犯ししかして, 犯したあと自白, 犯したおぼえも, 犯したかも, 犯したくないと, 犯したでも, 犯したとて, 犯したには, 犯したばかり, 犯したら折角, 犯したる人, 犯したろうか, 犯した兄ドミトリイ, 犯した処, 犯した弱点, 犯した恐ろしい, 犯した松川源十, 犯した浪人, 犯した訳, 犯してから, 犯してばかり, 犯しましたか, 犯しました自分, 犯し乍ら, 犯し得なかったに, 犯し最後, 犯し知らずして, 犯し終, 犯すでは, 犯すとは, 犯すべき猛勇, 犯すまでに, 犯す了簡, 犯す危険, 犯す巨人, 犯す恐れ, 犯す満足, 犯す覚悟, 犯せり, 犯せる多く, 獲せしめたは, 獲てから, 獲るに, 生む, 甥の, 疑られその, 白状させられる, 白状しない, 皆御許し下さい, 相手に, 着せたとかいう, 着せようなんて, 着せられる因縁, 着せるつもり, 着たがったの, 着たがるゆえ, 着ますああ, 着ようという, 知った容子, 知らないの, 知らない良民, 知らぬ生活, 知る恐らくはさらに, 矯む, 祓除し, 神様は, 秋風に, 移す竹, 立證する, 糺して, 糺し誅伐, 糾さんと, 総て知つてゐる, 罪とも, 罰するの, 罰せられないと, 考えるそれ, 聞くと, 肯定した, 背負うが, 背負せる, 背負つてお, 背負つて名乘つて出ます, 背負はせる, 背負わされいかさま, 背負わねば, 腹から, 自分に, 自白し, 自覚しない, 自身に, 茶弘に, 蒙ること, 蔽い隠す不安, 處置する, 行はんと, 表向きに, 被せたばかりか, 被せまいとして, 被せられ人, 被せるつもり, 被せる怨み, 被せる積り, 被ったもの, 被り且つ, 被るが, 被るという, 被る方, 裁いて, 裁し, 裁決する, 覆ふと, 見る目, 規定し, 覚らずに, 計み, 訐いた, 設けなかったの, 許されたばかり, 許しません, 許し彼ら, 許し謁見, 許すから, 許せり, 訴えて, 訴える奴, 証明し, 詑びて夫婦に, 詫びたいと, 詫びなければ, 詫びんと, 詰られるよう, 認めなかった, 認め謝罪, 誣い天皇制, 論ずるという, 謝し謹しん, 謝すと, 謝するなくわび, 謝する言葉, 謝せん, 證し, 證する, 議するに, 負うた, 負う価値, 負ったパリサイ人, 負わすは, 負わせて, 負わないでも, 責むべき, 責むる言犯せる, 責めたの, 責めまた, 責められる人, 責めると, 責めるらしい言葉, 責め宇内, 責め立てます, 賜わるも, 贖うこと, 贖う決心, 贖はんために, 贖ひ, 贖ふところの, 贖わせようと, 赦されたこと, 赦しても, 赦し獄屋, 赦すなどという, 転嫁する, 軽くしてやろう, 軽く計らう, 軽める, 輕く, 輕減する, 追うと, 逃れんかと, 逍遙子に, 造つた者と, 造りたる者, 遁れ, 避けしむる方法, 釋く, 重ぬる, 重ねさせて, 重ねじ, 重ねたな, 重ねると, 重ねるわけ, 野蛮人に, 除きたま, 陳謝した, 隠し始めたの, 隠そうが, 隱藏する, 離れ己, 青木さんに, 鳴らされて, 鳴らし今, 鳴らすにも

▼ 罪~ (1365, 14.9%)

26 ないこと 24 ないもの 16 深さ 14 深いこと 13 ために 10 意識を 9 ない者, ない顔, 意識に 8 発覚を, 赦しの 7 ない人, 償ひ, 恐ろしさ, 深いもの 6 ない夢, ない子供, ようだ, 一半は, 無いもの, 爲に 5 つぐないを, ない男, ように, 意識の, 有無を, 深い事

4 [15件] ない人間, ない話, やうに, 価は, 女優, 意識が, 意識と, 深いこの, 深いの, 深い女, 為に, 許しを, 軽くなる, 重荷を, 黒糸

3 [28件] ある人, ない, ないのに, ない人民, ない子, ない方, ない若旦那, ような, 償いを, 名を, 大なる, 姿, 子と, 御意識, 怖ろ, 有無は, 淨めらる, 無い事, 無い者, 無さ, 父は, 疑は, 裁きを, 贖いを, 赦しは, 軽いもの, 軽重を, 類を

2 [94件] あること, あるの, ある者, いし, おそろしさ, ことを, つぐない, つぐのい, ないお, ない事許, ない口, ない召使, ない唄, ない嘘, ない大笑い, ない妻, ない微笑, ない手, ない様子, ない癖, ない童顔, ない笑顔, ない藤戸, ない表情, ない證據, なかに, なき奇語, なさ, ねりあし, アントは, 一つだにも, 一半を, 万分の一にても, 中には, 中の, 事を, 内に, 切なさ, 刑に, 前に, 半分は, 原因を, 名の, 報いと, 女, 女の, 如くなりき, 如く始, 姿を, 嫌疑を, 宣告を, 審問を, 度合に, 廉で, 当然の, 怖れ, 思ひ出, 恐しさ, 恐れの, 情趣の, 情趣は, 感じに, 懺悔に, 成立を, 折檻は, 最も大いなる, 浅い方, 深いもの同志, 深い歓楽, 深い者, 無いお, 無い仲間, 無い微笑, 無い話, 無き子, 犯人の, 犯者は, 罰を, 自白を, 自覚において, 裡から, 覊絆を, 記憶が, 記憶を, 贖ひ, 赦しを, 赦の, 起原, 軽い部, 重い者, 重さ, 重荷に, 鞭責を, 香を

1 [793件 抜粋] あがない, あばかれるの, あまさ, ありどころ, あるけがれて, あるしょうこで, あるなし, あるもの, あるわけ, ある場合, ある筈, ある証拠, あればこそ, うえにも, うちの, おわびも, お蔭で, お詫びだけ, かげは, ことであります, こと能力の, この圈, ざんげの, しさい, しるしよも, それと, ため, ためついに, ためなる, ため直接削, つぐないが, つぐないと, つぐのいをはたしておらぬ私, つらなりでした, ないあいきょう者, ないい, ないおどけた, ないかお, ないことども, ないしゃれなんだもの, ないそして, ないところ, ないふう, ないまだ, ないやつ, ないやんちゃ, ないわたくしども, ないサークル, ないバルナバス, ない一家, ない不満, ない世間, ない主人, ない争闘, ない事業, ない二人, ない亢奮, ない人たち, ない他, ない仲, ない住民, ない俚謡, ない信号, ない傍ら, ない可愛い諷刺, ない可笑しさ, ない嘘くら, ない噂, ない夢物語, ない夫自慢, ない女の子, ない女童, ない好い男, ない好意, ない妹たち, ない子供同士, ない宣伝方法, ない家族全体, ない小児衆, ない少女, ない幼, ない幼いもの, ない幼時, ない心持, ない怪物, ない悪い料簡, ない悪戯, ない愛情, ない政治的, ない新聞, ない晴れ, ない木山, ない梅, ない楽しい日, ない様, ない江戸, ない清さん, ない無作法, ない無駄話, ない猥談, ない眠り, ない眼附, ない秀子, ない穏和, ない笑い方, ない紅, ない細君, ない絵, ない罪, ない美しいお, ない老女, ない自由主義的, ない艶聞, ない花, ない行燈, ない親身, ない誇り, ない論文提出者, ない賭事, ない踊り, ない返答, ない遊び, ない遊戯, ない雑談, ない面白味, ない顏, ない鬼, ない鷹揚, なき寝顔, なき髪, なく生えた, なさそう, なすりつけ合, ねえの, はなはだ老人, ひとたちを, ふかい身の上, ほうに, ほんとの, まぼろし, むくいが, むくいであると, むくいとは, むくいを, むくひの, もつ清純, もとだ, もとにだけは, もとを, ものに, やうな, やみぢに, ゆるしを, アントでは, アントニムは, マウントジョイに, 一つ, 一つだ, 一切の, 一切は, 万分の一でも, 三, 下るの, 下手人を, 不自然なる, 世の中よな, 世を, 中で, 中でも, 中誇りと, 事實が, 二, 二人が, 五たり, 人で, 人に, 人間どもを, 今更の, 代りに, 住家は, 何たるを, 借を, 償いだから, 償いだと, 償い方法, 償として, 元兇が, 元兇とは, 兄貴の, 克服は, 免除を, 全く清まる, 公判の, 六, 凡胎の, 凶會日に, 刑は, 判決文の, 刻印を, 前科を, 効果, 原因である, 原因に, 原泉なりや, 及ぼす影響, 受くべき, 名によ, 名によって, 名義に, 吏で, 告白を, 告白行の, 呪いと, 唸りか, 問題に, 囁きを, 四, 因子を, 国であった, 国の, 執拗な, 報いが, 報いであり, 報いであろう, 報いです, 報いによって, 報いの, 報いを, 報か, 報が, 報とは, 報の, 報を, 塊じゃ, 塊りだ, 増長の, 外更に, 多いこと, 多い人間, 大きかった, 大を, 大小に, 大小を, 天使は, 女です, 女は, 奴隷と, 奴隷なる, 奴隷なるべし, 如き実罪, 如き惡事, 姿なる, 姿も, 子, 子だ, 子である, 子では, 子として, 子とは, 子の, 子は, 子我, 実体も, 宿業に, 対義語が, 対語は, 少なからん, 少なくとも大, 市場, 幽霊は, 底, 府というも, 座へ, 弁護を, 影か, 心に, 怖しさ, 思い出だけに, 思ひ, 性質, 性質に, 性質は, 恐るべきを, 恐れだ, 恐れも, 恐怖感の, 悔いの, 悔いも, 悲しさ, 情趣が, 意識そのものは, 意識なく, 意識などは, 意識において, 意識は, 意識も, 感じが, 憎む可, 懺悔即ち, 成敗承知であろう, 成長を, 手で, 故に男, 数々は, 数々を, 數なり, 斑痕の, 方面から, 方面は, 最も大, 最長期五年, 有る無し, 有無, 有無が, 束縛, 東宮に, 根から, 根柢は, 構成の, 比重に対する, 汚れの, 汚れを, 決定し, 決定によって, 泉を, 法に, 流れ滴る, 浄めに, 浄化という, 浅きも, 消滅法律の, 涙より, 淨めが, 淨めも, 深いあわれ, 深いそうして, 深いふう, 深いむす, 深い人, 深い人間的, 深い仕事, 深い叔父, 深い呪, 深い女性, 深い意味, 深い方ぢ, 深い真似, 深い私, 深い野郎, 深え, 深き思ひせらる, 深刻さを, 深重なる, 淵から, 清むるを, 源と, 為めに, 為心柄の, 無いそして, 無いの, 無いまあ, 無い丸顏, 無い丸顔, 無い係, 無い処女, 無い女, 無い批評, 無い無邪気, 無い笑, 無い笑い話, 無い膳部係, 無い蜘蛛, 無い誇, 無い顏, 無い鼻, 無きは, 無き髪, 爲なら, 爲死とともに, 父, 物語は, 犧牲として, 犯人を, 現われは, 生の, 生涯を, 申立を, 當然に, 疑わしきは, 発起人なる, 百分の一も, 皺が, 矜疑すべき, 矢なら, 神に, 私は, 程も, 種を, 種別が, 種目が, 穴に, 箇条が, 終に, 終りなり, 絆を, 結晶堂に, 結果な, 結果を, 結果生まれた, 罠に, 罪たるべき, 罪体に, 罪跡が, 罰である, 罰の, 罰は, 者, 者が, 者は, 自覚そして, 自覚であり, 自覚とは, 自覚に, 自覚は, 自認と, 色, 花に, 花みな, 芽やどす, 芽を, 苦悩は, 苦痛の, 英雄等すら, 華の, 葉を, 蔭など, 處分に, 血の, 行ひ, 裁きである, 裁判は, 裁定とか, 規定は, 観念でなく, 観念に, 観念は, 観念を, 觀念の, 解釈が, 記憶に, 訴状を, 証拠が, 詞章季節の, 詫びを, 誘ひに, 負傷深い, 責任は, 購いなの, 贈物を, 贖者と, 赦しが, 赦しそのもの, 赦しにも, 赦しによる, 赦を, 赦免もうけない, 起訴理由書が, 跡は, 跡を, 路を, 路乃ち時黒なる, 軽いほう, 軽い犯人, 軽い者, 軽減などは, 軽減を, 軽重のみによ, 軽重深浅に従い, 輕くされる, 追憶で, 道であっ, 道伴れ, 遺傅, 酬いで, 重いこと, 重いの, 重い方, 重い殺人罪, 重い輕い, 重大さである, 重荷あり, 重荷は, 鑑定人として, 障と, 集積であり, 露見を, 靄神經のき, 鞭はさも, 魂と, 魂を

▼ 罪~ (828, 9.0%)

32 ない 14 ないの 7 ありません, ゆるして 5 ないが 4 ないよ, ないん, ヴォルテール, 罪を, 郎女自身に

3 [18件] あるの, これを, それが, それだけ, ないじゃ, ないよう, なかった, なし, わたくしひとりで, ルーソー, 不問に, 凡人の, 幾重にもお, 弟を, 無い, 私が, 罪だ, 自分に

2 [50件] あっても, あつた, あらじと, ありますが, ある, いま疾にか, おれの, その人, どうぞお, ないさ, ないぞ, ないと, ないとは, ないはず, ない平次, はたして僕, まったくこの, わしに, われらに, われわれ自身に, 一に, 一般の, 万死に, 三千年来この, 主人の, 作らねえ, 免れません, 免れ難い, 勘忍し, 向うに, 四つだ, 大きい, 己が, 我が心, 我れ, 我身か, 敢て, 普通の, 死であり, 消えない, 田中屋がたに, 神の, 秩序の, 自分で, 許しても, 誠の, 誰が, 赦して, 軽いと, 鼓を

1 [589件 抜粋] あくまで自分, あったが, あったの, あの封, あの小説, あばきたくないよ, あまり気, あるいは後, あるが, あるだらう, あるだらうが, あるだろうが, あるでしょうが, あるでせうか, あると, いうまでも, いかに小さく, いくえにもお詫び, いくらお詫び, いくらでも許す, いつも私, いとも深し, いと惡くし, いまここで, いよいよ疑うべからざる, いよいよ重く, おぬ, おばあさんに, おゆるし下さい, おれが, お作りに, お関所破り, かけ構, かの詩人, かれが, きせない今度, ぐっと軽い, こっち持ちだ, この世界, この姿, この私, この良人, この規矩, これらの, こんどばかり, ございません, ござらぬ, ご勘弁, されどかぎり, しるされたり, すっかりなくなった, すっかり判っ, すべてあなたの, すべて孔明が, せめていか, せめられる, そうした評論, そこに, そのかみ勝誇れる, そのまま不問, そのまま流し, その両方, その実, その運命, それを, た, たしかに現在, たしかに着物, ただ単に, つぐなわれて, とうていまぬがれない, どうかご, どうにも憎めない, どう憎ん, どう決まった, どこかに, どこにも, どこまでも, どちらか, どちらが, どのよう, ないあなた, ないかも, ないけど, ないけれども, ないこれ, ないぜ, ないそう, ないだろう, ないです, ないという, ないといふ, ないな, ないので, ないやう, ない一時, ない仮令, ない何, ない彼女, ない笑つて, ない筈, ない罪, ない螫, ない訳, なえ, なか, なかつた筈, なきもの, なくても, なくも, なさそう, なしとは, なるべく輕, ねえ, ねえぜ, ねえもの, ねえん, ねえんで, はれモーロー車夫, ひとえに秀吉, ふたりが, ほとんど私, ほとんど過失, まことに許し, まさに死, またかの, また法皇, まだ消え, まぬかれぬ, まぬかれねえ, みんな俺が, むしろそれ, むしろ店主, むじつときまった, むろん許し, もうそれ, もう許し, もう過去, もはや逃がれ, やはり教師, やはり自分, ゆるされたいと, ゆるされたのみか, ゆるされん, ゆるしを, ゆるし難い, ゆるすと, わが罪, わたくしに, われを, シュワルツァーに, ブルジョア哲学の, プリニでさえ, ペテルブルグの, 一つ, 一人が, 一人で, 一層動かない, 一方的, 一毫も, 一番軽い, 一目で, 七大罪の, 万人が, 三族九族に, 不思議にも, 世界的不況に, 両眼, 中, 中津に, 主としてその, 予の, 二人の, 二度と繰返さない, 五分五分の, 五百之進が, 亡びるの, 交換手だけに, 亭主と, 人天の, 人形使いと, 人間が, 人間に, 今日の, 今日までの, 今裁かれよう, 仏頂寺より, 何か, 何とでも, 何れに, 何れにも, 何人の, 何故こう意地, 何處やらの, 作らないよ, 作り得と, 依然として貴方, 信長に, 俳優に, 俳優にばかり, 俺に, 俺にも, 偶像には, 傲慢と, 傲慢なりし, 僕が, 兄の, 兄弟の, 免かれ, 免が, 免さんぞ, 免るる, 免れまいぞ, 免れましたが, 免れませんけれど, 免れやう, 免れられぬお上, 党を, 全く日本政府, 全く自発的, 全く赦されね, 全般が, 六ヵ月以上七年以下の, 兵道家として, 兼松に, 凡て自分に, 出家第, 出来得る限り, 前に, 割合に, 勿論晩酌, 医者の, 十が, 十一月二十九日彼を, 十分明らかだ, 十悪五逆の, 単に法律, 単に辞職, 単に鰡八, 却って高踏派, 厭わん, 厳しく省みられなく, 厳罰に, 取るに, 同きもの, 同じそれで, 同じだ, 同じで, 同じと, 名教上, 君に, 咎め立ては, 唯内省, 問はず輕くせられます, 問わない, 單純で, 国中人民犯す, 国民全体に, 夐に, 外国人と, 多いのに, 多分どこ, 大したこと, 大でした, 大正五六年に, 大衆小説家の, 大赦令によりて, 天上の, 夫の, 奇麗に, 女に, 女子に, 女王の, 如何に完全, 姪としての, 子供の, 存れり, 宗教上の, 定まった, 実際は, 宥され, 宥せません, 家康が, 家来より, 容易で, 寧ろ彼等, 寧ろ従男爵側, 将に, 將, 尊屬に, 少しも, 尤も重く, 展覧会という, 屡, 山河に, 常にわが, 常に他, 常に自覚, 平に御, 年月の, 幾重にも許したま, 当人に, 当今傑れたる, 役所で, 役所に, 彼にのみ, 彼の, 彼女一人の, 彼女等に, 彼等の, 徒二年である, 御座いません, 怖ろ, 思うに, 思わずに, 思想に, 悉く越前守, 悔い改めれば, 悲しみであり, 愚か何等の, 愚者を, 感じないの, 憎いが, 憎いし, 憎むべきじゃが, 憎むべき大逆無道, 憎むべしと, 憎めるけれど, 憲法を, 我に, 戦争に, 手前負う, 拭われぬ, 救われたから, 救われませぬ, 数えれば, 斬に, 旅行に, 既に犯した, 明らかだ, 時効に, 暫く寛恕, 最も恥ずべき, 最早や, 有りは, 有村に, 東京市民が, 梅子さんお, 權力の, 次から, 正に死に当るであらう, 此幅に, 死である, 死にさえ, 死にたるもの, 殆ん, 殺人罪ほど, 民衆に, 民衆の, 気ぶりにも, 水に, 永久に, 永劫に, 決してこれ, 決して他, 決して個々, 決して免, 決して軽から, 油断した, 治安を, 津軽のみ, 浄められる, 浅い, 浅かろう, 浅草三番組鳶頭の, 消えた, 消えて, 消えないもん, 消えぬの, 消えぬべきも, 消滅する, 消滅追っ手捕り, 深いな, 深くて, 深大, 滅し, 滅びて, 無いこと, 無いじゃあ, 無いそんな, 無いでしょう, 無いところで, 無いみんな妾, 無いやう, 無いよ, 無いん, 無い彼, 無しとは, 無罪の, 無論私, 物好きから, 犯さない, 犯されなかったの, 犯され自白, 犯したかも, 犯したり, 犯して, 理蕃上由々しい, 生や, 生涯消えぬ, 産婆にも, 男の, 男の子たる, 畢竟こう云う, 畢竟ずる, 異性に, 白状した, 皆, 皆お前の, 皆科戸の, 盗みの, 盗人に, 確定しない, 神に, 禁断の, 私と, 私に, 私を, 私共, 科学者の, 立証された, 笑って, 終に容, 綺麗に, 罪, 罪あり, 罪で, 罪として, 罪としても, 罪は, 罪悪事は, 罰するもの, 罰金に, 至って軽かっ, 良俗を, 衣を, 裏面に, 親にこそ, 親には, 覺悟の, 許されなかったが, 許されるの, 許され御, 許すこと, 誰に, 誰の, 責むまい, 責めるまい, 贖えぬほどに, 赦さるべきでは, 赦さるべくも, 赦される, 赦しがたい, 起りません, 軍全体に, 軽いぢ, 軽いとは, 軽いよう, 軽くし, 軽くて, 軽くない, 軽くなかった, 軽く見よう, 輕き, 退治されず, 逃れず, 逃れぬ, 逃れぬから, 逃れられないと, 造らねえそれとも, 造らねえ其, 遁れ, 避け難い, 重々おそれ入りました, 重々である, 重々恐れ入ります, 重きに, 重くて, 重く尊屬, 重ねまいと, 関白の, 院長の, 隠し切れないぞ, 隨分輕く, 震災以前の, 非難する, 頭の, 飽くまでも興行者, 鬼より, 麗花と

▼ 罪~ (704, 7.7%)

14 なるの 13 して 10 問はれ 8 あらずして, 對する 7 なって 6 なります, よりて, 非ず 5 帰して, 帰する, 罪を, 落そうと, 處する 4 なる, なるか, なるぞ, なるという, よる, 問われて, 服して, 相違ない, 處せられる

3 [17件] あらず, ならないの, なること, なるよう, 依って, 問うて, 問はれた, 問はれました, 立とう, 落ちて, 責められて, 陥れるため, 陷さう, 陷す, 陷る, 陷れ, 非ずして

2 [41件] おちて, おとしいれようと, さかのぼって, するの, なつて, ならぬ, なりますから, なりやしないかと, なるとは, なるに, なるもの, なるん, ひッ, 値するという, 問うぞ, 問おうと, 問は, 問われたこと, 問われるかも, 問われること, 問われるの, 堕すこと, 定めむ, 定められ棘, 帰した, 成りしか, 歸る, 流れがち, 落された者, 落すの, 落すよう, 落す氣, 處される, 處せらる, 處せられます, 該當する, 連坐し, 陥し, 陥すこと, 陥るよう, 陥れること

1 [432件] あさましい罪, あったば, あらずこれ, あらずその, あらず時代, あらず無心, おちいるという, おちたといふ, おちては, おちるが, おちるの, おつる, おとしいれたと, おとしいれられては, おとしたがるやつ, おとして, おとし入れようとの, おとし入れられようと, おとす, おとすこういう, かかるところ, かぶせたなどの, ござりまする, さかのぼりやしないね, さだめられたる男女, されたら, されるかも, した, したか, したくないですな, したくないといった, したところ, しても, してやるの, しないの, しなければ, しゃあがったら, し一, すぎない, すぎないでは, すこしでも, すべき廉, するため, すると, するなどと, するに, するよう, する事, する御, する理由, たいし苦しむだけ, ついで重大, つぐ重罪, とわれ入獄, とわれ牢屋, なすりつけて, なすり付けるぐらいの, なほ悩みつ, なやむ人々, ならずしかも, ならずなん, ならずに, ならない, ならないかの, ならないからなあ, ならないで, ならないと, ならないといふ, ならないもの, ならない仕組み, ならない位, ならない条件, ならない毆, ならない無邪気, ならなくて, ならぬから, ならぬけれども, ならぬこと, ならぬと, ならぬという, ならぬの, ならぬよう, ならぬ方法, ならん, ならんかネ, ならんの, なりどの, なりぬ, なりましょうから, なりますでしょうか, なりますの, なりますると, なりませぬよう, なりませんよ, なるかしら, なるかも, なるが, なるこれ, なるだらうが, なるだろうと, なるでしょう, なるならないの, なるべきで昔, なるべちゃあ, なるほう, なる事, なる可能性, なれば, ひき入れ, ひっかけられる恐れ, ひっかけるため, ふくすそれ, まきぞ, まみれた後, まみれること, ゃならないやね, よりますか, 一任すれ, 一歩ずつ, 与から, 世間なみな, 人間を, 付いては, 代わって, 代わらせて, 伏したので, 伏したまえ, 伏したものの, 伏し罪魁, 伏すと, 伏すの, 価いします, 値するのに, 値するもの, 傾きて, 充ち汚れ, 入るの, 入れり, 処した, 処したこと, 処した事, 処し五日, 処すこと, 処するとは, 処せられきと, 処せられること, 処せられるほど悲惨, 処せられる罪人, 処せる, 到るまで, 勘定されたら助からん, 勝つ者, 古りぬる, 召すの使, 問うかも, 問うこと, 問うべきでござるが, 問う代り, 問れ, 問わるべき, 問わるる者, 問われそう, 問われたと, 問われたなどという, 問われた若い, 問われないという, 問われなければ, 問われぬよう, 問われました, 問われましょう, 問われましょうとも, 問われますこと, 問われようと, 問われようとして, 問われる, 問われるであろう, 問われると, 問われるに, 問われる資格, 問われダイナマイト, 問われ刑務所, 問われ獄舎, 問われ警察, 問われ起訴, 喘ぐ小, 因って, 在るの, 坐さなければ, 坐した訳, 坐して, 坐すべきこと, 坐するのみ, 堕さなかつたの, 堕さば, 堕されるの, 堕すまいと, 堕ちた, 堕ちたこと, 堕ちたの, 堕ちて, 堕ちましょう, 堕ちる因, 報いられます, 墜し, 墜し入れよう, 嫁された, 嫁すべき, 導いたあの, 就いては, 屬し, 巻きこむこと, 帰さなければ, 帰したがるもの, 帰したり, 帰しながら, 帰し名目, 帰し生涯, 帰せぬこと, 帰せねば, 帰せられたよう, 帰せんと, 当たり官位, 当つて, 当つる, 当てること, 当らう, 当らむ, 当ると, 当るもの, 当る事, 徒罪は, 思えて, 怯え, 怯えて, 恥じ恐れたもの, 悩まされて, 成りぬ我が, 或ひ, 戦かずには, 戦きながらも, 戦きました, 戸惑いながらも, 捕えられ何, 捕わる, 擬して, 擬すべきや, 敗因の, 数えるの, 数十倍する, 於いて, 曳きこむこと, 服さうと, 服さねば, 服した, 服したから, 服したるやと, 服し償いを, 服し度, 服す, 服すこと, 服すべき, 服するか, 服するかと, 服する勇気, 服する覚悟, 服せ, 服せよ後事, 服そうとは, 染まって, 染まる機会, 染む顔, 次いで重大, 止まらず延, 殉じて, 比すれば, 比べて, 気付きませずむしろ, 汚されぬ生涯, 汚れずに, 汚れた見下げ果てた女, 汚れた身, 汚れて, 汚れながらも, 汚れ監獄, 泣いて, 泣きわが, 泣くおかあさんたち, 泣く同胞, 泣く地頭代, 混乱し, 渡すも, 濁ると, 照し, 照らそうと, 牽連せられ, 生き死ぬにも, 生んだ子, 用いられないよう, 當らない, 當らぬ, 當りませう, 當る, 疑いを, 相応した, 相違は, 着て, 穢れ血, 空しくなりたる, 縛められて, 置かれること, 罰するが, 脅えて, 至るの, 苦しんで, 苦むるは, 落さうと, 落さずして, 落さず敵, 落さないやう, 落さぬ, 落さる, 落されさうに, 落されたところ, 落されようと, 落され家, 落さんで相, 落したところ, 落した奴, 落しちや, 落して, 落すぞ, 落すと, 落すなんぞという, 落すやう, 落すを, 落す様, 落す気, 落す若し, 落せば, 落そうたって, 落そうという, 落そうなんぞという, 落ちこまないにも, 落ちさうな, 落ちそう, 落ちたという, 落ちたもの, 落ちなければ, 落ちる恐れ, 落ちんされば, 落つべきルシヘル, 落つる谷底, 落ては, 落とさうと, 落としたくも, 落とすとは, 落る, 處し, 處した, 處します, 處せられた, 處せられん, 行うべしと, 行はる, 行われたいという, 見えるから, 触れたという, 触れた者, 触れる所, 觸れた, 証人として, 誘いそ, 誘き入れたり, 誘われて, 負わねば, 責められる愚人, 責め立てられて, 走らしむ, 趨らしめた, 跪くの, 転ずるであろう, 軽重が, 較べて, 追い入れたの, 追ひ込み, 連坐させよう, 連坐した, 過ぎない, 適合せしめん, 適当な, 關する, 限つた, 陥いれたる神戸氏, 陥いれられて, 陥さ, 陥さば, 陥さばこれ, 陥されし廉, 陥されし段々, 陥したり, 陥して, 陥してやろうとして, 陥すの, 陥すよう, 陥ちこみ始めて, 陥ちたの, 陥ったもの, 陥って, 陥らずに, 陥らんよう, 陥りたるなり, 陥るに, 陥る者, 陥れたと, 陥れたところ, 陥れたもの, 陥れて, 陥れる, 陥れるの, 陥れる事, 陥れ多く, 陥れ有罪者, 陥れ自分, 陥ろうと, 陷いれよう, 陷したら死んだ, 陷らしめき, 陷るる, 陷入れ, 随って, 非ざる罪, 非ざれ

▼ 罪~ (602, 6.6%)

25 あるの 17 ある 16 深い 12 あって 11 あるか, ないと 10 なくて, 深いと 8 あると 7 軽くなる 6 ない 5 あるもの, あるわけ, あれば, あろう 4 あっても, ないとは, ないもの, なかった, なくって, なければ, 消えて, 深いの, 重くなる 3 あるから, あるよう, ないという, ないの, なさ, 多い, 深いね, 無いと, 許された, 輕く

2 [42件] あつた, あつて, ありません, あるという, あるとは, あるん, あるんぢ, ある場合, あろうと, あろうとは, ないので, ないよう, ないわけ, ふかい, ヒシ, 一番重い, 唯一つ厶, 妾に, 子の, 宿る, 巣くいし血薔薇, 怖ろ, 成立しない, 成立する, 普通の, 消えるの, 消える訳, 深いせい, 深いぜ, 深いな, 深いよ, 深いよう, 深いん, 深うございます, 深くなる, 深過ぎます, 無い, 発覚した, 自分の, 軽いの, 重いから, 非常に

1 [299件] あがったもの, あさいと, あたかも死刑, あったと, あったに, あったの, あったん, あってぞ, あつて五ヶ年前, あつて筑紫安楽寺, あとで, あの人, あの清涼, あらう, ありと, あります, ありますか, ありますから, ありますが, ありますならば, ありますね, ありますの, あります如何なる, ありませんか, ありませんから, あり松浦, あるかの, あるかも, あるが, あるくらい, あること, あるぞ, あるだけに, あるだらうと, あるぢ, あるでしょう, あるでは, あるといふ, あるとも, あるなどという, あるなら例, あるなら俺, あるなら私, あるなら罪, あるに, あるによって, あるのみ, あるはず, あるべきはず, あるやう, あるよ, あるジャーナリズム, あるン, ある筈, ある訳, あろうが, あろうとも, あろうわたし, いよいよ悔まれ, いよいよ獄門, いよいよ重い, うごめいて, おありでしょう, おありなさった, お軽く, きびしかった, きまって, きまると, ことごとく自分, ございましょう, ございますでしょうか, しかもこの, しからしめて, せつないん, そぞろに, とり消されたの, どうにも, どこに, どれほどに, どんなに残虐, どんなもの, ないあんなに, ないかと, ないかは, ないから, ないが, ないこと, ないだけ, ないだろう, ないって, ないで, ないとしても, ないとて, ないとでも, ないどころか, ないなら, ないのに, ないよ, ない代り, ない分, ない生活, なかつたであろうか, なくは, なく松茸, なく無邪気, なさそう, なさ過ぎた, なんの, ねえの, ねえや, ねえん, はたらいて, ばれると, ひどいかも, ふえた, ふかいと, ふかすぎる, ほんとうだ, まだ贖われず, ゆるされるもの, よくある, わたしに, テキメンに, 一層確實, 一層重なる, 一族に, 一郎である, 一郎に, 万葉に, 三年に, 二年の, 二重に, 亡びるやう, 亡びる二箇所, 何で地上, 何も, 何よりも, 余りにおそろしい, 償えるか, 償われること, 兄の, 免り, 其妻倉子と, 出て, 分かって, 分らんの, 十分ある, 十分に, 囂しかった, 増えては, 夏子でなかった, 多いと, 大きかった, 大きければ, 女房子に, 如実に, 存在し, 存在せぬ如く赦し, 定められて, 少しでも, 少しぽ, 川島漆原小野, 帳消しに, 彼の, 彼らの, 彼を, 彼等皮膚白き, 御自慢みたい, 恐しくなって, 恐しくなる, 恐ろしい, 恐ろしくなっ, 恐ろしゅうございます, 悪霊の, 戻つた, 敵味方共通の, 明々白々の, 有ったでしょうか, 有ると, 有るの, 有るん, 有る儒者, 有る訳, 極ってから, 極つて, 楽しい戯, 楽しい戯れと, 次第に深く, 此唇から, 此地上にも, 此神の, 残って, 決してかり, 決定し, 流行りすぎて, 流行ハンランする, 浅い, 浅いと, 浅いほう, 浅いよう, 浅いわ, 浅い隊長の, 消えては, 消えますと, 消えると, 消滅しました, 深いか, 深いから, 深いぞ, 深いだらう, 深いで, 深いといふ, 深いのう, 深いわ, 深いわねえ, 深い無邪気, 深うて, 深かった, 深かろう, 深けえぜ, 深過ぎた, 深過ぎる, 淺い, 清まるの, 滅びます, 無いでも, 無いの, 無いほどに, 無かつ, 無かろう, 無くって, 無くて, 無く巷間, 無こと, 無辜な, 無邪気な, 犯されたから, 犯された当日, 犯され様, 犯せるもの, 生まれて, 生れる, 発覚さえ, 発覚しない, 皆死罪, 皆自分一人, 祟って, 私を, 秘むのであった, 空怖, 結晶し, 続々暴露, 罪を, 背負いきれます, 自分でない, 自分に, 行われたか, 設けられて, 許されたいため, 許しがたい, 認められるの, 軽いが, 軽いそれから, 軽いと, 軽いほう, 軽いやう, 軽いよう, 軽いヤ, 軽くなっ, 軽くなった, 軽くなるでしょう, 軽く獣類, 軽減せられるだろう, 輕かつ, 輕くなる, 輕減せられるだらう, 遁れられない, 重い, 重いか, 重いかも, 重いぞ, 重いと, 重いに, 重いの, 重いもの, 重いわ, 重いわけ, 重いん, 重かった, 重くなった, 重くなら, 重くなりましょう, 重くなるだらう, 重く今度, 重く悪人, 重く花鳥, 重なり苦悩, 重なろうとも, 附加され

▼ 罪~ (386, 4.2%)

11 ないのに 10 報いも 9 ない 8 ないの 7 報も, 科も 6 咎も 5 ないこと, ない人間, なくて 4 ないお, ない人, ない子供, 何も, 恨みも 3 ない娘, ない細君, ない者, 恥も, 犯して

2 [20件] けがれも, ないあの, ないもの, ない妹, ない自分, ない近子, ない頼みました, なきこと, なさそう, ねえのに, 半分は, 数かぎりない, 数知らず, 時間性も, 汚れも, 無い, 無い三ちやん, 無い私, 無之, 酬いも

1 [238件] あって, あばき出されるに, あひ, ありませんあの, ありませんのに, ありやしません, あり得る, あるかな, あるでしょう, あるね, あるん, いく分軽く, おあり, かくしてと, ございませんどうぞ, さらけ出されて, すべてこの, その功績, それで, どんな害悪, ないおけら, ないおとなしい百姓, ないお里, ないか, ないが, ないこの, ないこれ, ないただ, ないだけ, ないと, ないとめ婆, ないなあ, ないわたし, ないん, ないイラツメ, ないクージカもろ, ないジュスチーヌ, ない一人, ない上役, ない世上, ない乞食, ない事, ない二人, ない交換手, ない人々, ない仔馬, ない僕, ない動物, ない参会者, ない取次, ない右, ない同胞, ない君, ない周子, ない多く, ない女, ない女中, ない女中共, ない女子, ない妻, ない子, ない宅, ない富士山, ない小, ない小娘, ない少女, ない幼いもの, ない彼, ない御, ない忍歯王, ない方々, ない日本民族, ない月, ない村, ない梅, ない武家多勢, ない民, ない民家, ない海鳥, ない淀文, ない源吉, ない片, ない牛, ない物, ない男, ない石膏像, ない私, ない笑う, ない筈, ない継娘, ない羊, ない義姉, ない若者, ない若衆, ない茂, ない観世様, ない話しである, ない連中, ない邦子, ない阿, ない飛脚, ない馬, ない鳩, ない鼓膜, なかつた, なきそれ, なきに, なきわが, なき人, なき子, なき恩師, なき罪, なき高笑い, なくいっ, なくけなし, なくして, なくその, なくって, なくどう, なく傍杖, なく全く, なく寝入っ, なく尽すべき, なく思ってた, なく怨み, なく殊に, なく殺され, なく殺された, なく殺したら, なく若い生命, なく莞爾, なく討たれた, なく輪廻, なく運命, なげに, なしに, ねえおれ, ねえ可哀そう, ねえ奥様, ねえ女の子, ねえ女房, ねえ妹, ねえ平七, ねえ者, はれて, まあどちら, また宿業, もちろんあるだらう, ゆるされる形, タタリも, 一言詫びたい, 不問に, 不義であります, 二重に, 亡んで, 亦傲慢, 伝奇的色彩を, 何んにもねえ, 作つたわけ, 作つた樣子です, 作つてる, 作つてゐる, 作つて居るだらう, 作らず怨も受けずに, 作らず最後, 償い得られるであろう, 償わねば, 同じこと, 同様みずから寸功を, 咎もねえ, 問われず甚内, 大きくなります, 大変に, 定まらで牢獄, 少く又, 屈託も, 後ろ暗い, 徳も, 忘れて, 怨みも, 怨もない姉夫婦, 恐ろしいには, 恨も残らず, 恨も皆, 憎気, 時も, 正し給わず呉, 此坂で, 気に, 永遠に, 流罪は, 浅し謙倉, 消えたので, 消えたわけ, 消えます兄さん, 消えるであろうと, 消えると, 消え成仏得脱, 消ぬべし, 深い, 深いの, 清算される, 滅びる私, 無いのに, 無い女房, 無い幼児, 無い枕, 無い鸚鵡, 無き罪人, 無き高笑, 無く興じる, 無げに, 無ささうだ巳, 無しアカイア, 無論重い, 犯さずついに, 犯さぬの, 犯したこと, 相当重い, 着ねば, 知らずみな別れ別れ, 穢れも, 糸瓜も, 罰も, 自然わかるだろう, 許され風守, 許すに, 謹しんで, 責めねば, 赦して, 軽かろう, 軽くありません, 軽くなり, 軽くなる, 輕く, 過ちも, 重くなり, 重くなる

▼ 罪~ (306, 3.3%)

8418 言ふ 4 罰の, 罰を 3 いうよりは, 罰との, 罰に

2 [12件] いうべきもの, いうべし, いえるだろうか, いって, けがれに, なつた, なる, 怖れ, 恥とから, 斬罪との, 罰とは, 考へて

1 [163件] いう, いうて, いえば, いつて, いふ, いふよりも, いわんより, けがれの, けがれを, されて, した, して, しない, す器, そうして希望, それを, ちがって, なって, なつて, ならぬ, ならぬと, なりに, なりまたは, なるには, なるの, なるべき者, ひまさば, わしの, エデイツプスの, 不貞に, 不貞の, 争う, 争うこと, 云い得るならば, 云うの, 云うは, 云う事, 云う程, 云う訳, 云って, 云つて悪けれ, 云は, 云ふ, 仰有る言葉, 信じ死, 償, 兩ながら, 功が, 十年の, 同じだ, 告白罪と, 呪いを, 呼ばれねば, 呼ばれる, 呼ぼう, 善行とは, 喜びとの, 嘆きを, 国に, 国津罪との, 堕落な, 報を, 奉存候, 姦通罪とを, 岡やき, 弟を, 御自身, 御酌, 心の, 心得違いより, 思ったほど, 思はれて, 思ひたれば, 恥なり, 恥を, 悔い罪, 悪それ自体, 悪とに, 悪とを, 悪寂し, 惱み, 愛の, 感じなくなったの, 感じるところ, 感ぜられて, 憂ひの, 成功者の, 戦うこと, 戦う勇気, 戦って, 探偵の, 攷えた, 改悔の, 攻撃が, 政治犯とは, 断じた, 断定すべきだ, 新らしい, 新ジヤガ, 時と, 暗黒の, 歎く, 正法を, 死, 殴打罪で, 殺人罪で, 汚とを, 汚れとを, 汚れの, 汚れをば, 涜職罪で, 災の, 為せり, 無罪自由と, 特殊な, 現世の, 申して, 申すべきや, 異なり惡念心, 病気との, 病氣との, 痛みに, 痼疾の, 相殺に, 相關聯, 知った日, 知るもの, 知る日, 破滅との, 祈り罪, 穢れの, 空腹空腹と, 罪でない, 罪との, 罪人の, 罰それ自身償い, 罰という, 罰とを, 罰絶対に, 罸, 考えねば, 職務執行妨害罪と, 苛責に, 苦痛を, 見える私達, 見て, 観ずる心持ち, 言うの外, 言ったの, 言って, 言つてゐる, 言ふも, 認める思想, 財との, 迷いの, 過ちとが, 過ちとを, 過失と, 違つて単なる, 遣らんでも, 邪惡乃ち惡心衷に, 関係し, 雷小僧の

▼ 罪~ (186, 2.0%)

6 あつた 4 でも

2 [14件] あつて, あらうか, 三年前に, 刑務所に, 刑務所へ, 寺社方の, 永の, 磔刑だ, 磔刑に, 私は, 罪を, 處刑に, 訴へ, 起訴される

1 [148件] あつたらう, あなたの, あらう, あらうと, あらうところ, お仕置を, お前の, お嬢様には, お曳かれ, きびしい譴責, この牢, こんなところ, ござりましょう, ござります, さ, さね, すでに病的, すみますが, せう, せうよ, その晩, その為, その爲, たわいも, つかまったら引きとって, なし, はござりませぬ, はござりませぬか, ひっくくられるぞ, みんな学問の, もう一度處刑, よしんば意気地, わたしを, 一人残らず, 三宅島に, 下獄する, 世間を, 二つない, 二三ヶ月の, 二十九日間拘留処分に, 二十年余も, 二川家の, 二度ほど, 五十日の, 今日今磔刑に, 入獄する, 入獄中縊死した, 八種天罪という, 其人自身の, 其罪が, 処刑されたる, 処刑を, 処断, 処断する, 刑せられたと, 前者は, 区裁判所で, 十二年の, 取り締れば, 各軽禁錮二月, 各重禁錮一年, 各重禁錮四月, 告発された, 告発する, 告訴され, 告訴する, 告訴告発した, 呵責を, 四十日の, 多, 多人, 女が, 妖術にも, 引っぱられて, 弟が, 強ひ, 当分身柄を, 徒刑場には, 意志の, 拘引される, 拘留され, 挙げられるところ, 捕えられたの, 捕まったの, 捕われて, 收容せられた, 放逐し, 故郷を, 斯う, 新潟監獄に, 有能な, 未決へ, 東京監獄に, 栃木の, 検束され, 死んだかも, 死んだと, 死んだもの, 死んだらしい, 死刑に, 死刑にな, 死刑を, 殺された十二名, 殺されるという, 永久に, 江戸は, 法廷に, 淡路に, 濟んだ, 牢屋に, 牢獄に, 獄門に, 獄門にな, 田舎に, 留置された, 監獄に, 県下の, 私が, 笞四十を, 網走監獄で, 縛られたもの, 縛られた三人, 縛るの, 罰せられた潔白, 罰金七円二十一の, 自責の, 草津の, 訴えること, 警察に, 警察の, 起訴された, 起訴出来ない, 起訴収容され, 送還を, 逮捕される, 遠く多, 遠島永代橋から, 重禁錮一月, 重禁錮二年, 重禁錮六ヵ月, 金をすら, 難儀を, 雷に, 領地から, 食べて, 首を, 高野山に, 黄岡の

▼ 罪~ (168, 1.8%)

17 ことを 7 のです 6 事を 5 話だ 4 のか, のだ, んです 3 のである, んだ, 真似を

2 [15件] いたずらを, ことが, ことだ, ことの, ことも, のよ, ものだ, やうな, ようだ, んていう, 事とは, 事に, 人です, 人ね, 悪戯を

1 [82件] おはなし, お仕置だ, お布令, お心, お方さ, お方ねえ, きもの先づその, けれど, げに笑う, げに見える, ことしない, ことだけは, ことだった, ことでござる, ことです, ことな, ことに, ことは, こと私に, こと考えさせる, こッた, さ, さそうな, さに, さはか, ところを, のだろう, のであっ, のでありました, のでございます, のでございまする, のでせう, ので私, ので誰, まねし, まねは, もくろみを, もの, ものでございます, ものです, ものは, ものを, わけである, わざも, われ坐死する, んでございましょう, 事じゃ, 事とも, 事邪魔な, 人だ, 人って, 人間だ, 作為を, 俥に, 冗談は, 化物は, 友達が, 商売かも, 商売だ, 商売を, 奴です, 子供を, 宣伝を, 御布告, 性格を, 恋に, 恥ずかしいこと, 想像を, 文字を, 文面だ, 曲は, 業を, 様だ, 気が, 目に, 罠も, 者だ, 者で, 職業だ, 野郎だ, 雑誌だ, 面だ

▼ 罪~ (146, 1.6%)

3 に對, を犯す

2 [11件] である, であると, ではない, と云, にし, のやう, の如く, の子, を, を作る, を彈劾

1 [118件] あらゆる人生, から免れた, がある, がそこ, が二つ, が多い, が暴露, たらずんば, であらう, であり從つて死, であるかといふ, であるらしく殆ど寸毫, でなんと, でもあつ, でも犯し, として嫌つて, として戒め, とする, との始末, との根, との淵, との豫期, ともいふべき, とを征服, とを指摘, と個々, と健鬪, と別れ, と同一, と因縁, と慘苦, と淫蕩, と苦惱, と認められ, と認める, などよりも更に, なる可, なる遊女, なれども, なれば, においては神, に何等, に相, のこと, のそれ, のため, の中, の主, の事實, の人間, の分布左, の匂, の原因, の因子, の完成, の府, の根本的救治, の根源, の歸結, の淵藪, の源, の激しい, の爲め, の現, の發生, の神, の穢れ, の行はる, の負, の造る, の邑, の防止, は, はうつくしい, はこの, はす, は不完全, は壞滅, は擧げ, は時間的存在, は無い, は畢竟, への沒頭, も如來, も災禍, も罪責, や凡そ, や苦痛, をのがる, を具象, を包藏, を國民, を増長, を子供, を島民, を恥づる, を排除, を未然, を決行, を犯さしめる, を犯さず, を犯した, を犯したる, を犯せる, を相互, を看過, を積ん, を置くなら, を考へず, を聞きし, を行, を見, を視る, を許し, を許す, ヲ再, ヲ國家國民, ヲ罰シテ乙國

▼ 罪では~ (137, 1.5%)

36 ない 10 ないの 8 なくて 7 ありません, なかった 5 ないと 4 あるが, ございません 3 ないか 2 ある, ないよう, なかつた, なくなおも

1 [45件] ありますけれど, ありますまい, ありませんが, ありませんわ, ありません鈴慕, あるでしょうが, あろうと, ございませんもの, ございません存じませんこと, ないからな, ないこと, ないぜ, ないですね, ないとしても, ないので, ないん, ない今夜, ない他, ない作物, ない別に, ない時代, ない遠く離れ, なくあなた様, なくお, なくここ, なくして, なくその, なくまた, なくわれら補佐, なく不運, なく人間様, なく何, なく寧ろ, なく師匠, なく張, なく数学, なく男, なく言葉, 無いが, 無いで, 無いと, 無かった, 無かつ, 無くその, 無さ

▼ 罪なき~ (130, 1.4%)

7 者を 5 者が, 者の 4 人を 3 ものを, 妻子を 2 ことは, ものは, 子供の, 少女の, 罪の, 者も, 言葉に, 赤手の, 身ひとつを

1 [85件] お千代, お駒, ただ一人, にあらざる, に亡滅, に似たれ, に賜, の罪, は勿論, も, ものこれを, もので, ものとは, ものなれ, ものの, ものま, ものも, ものをと, も皆, も罰せられた, やんちゃざかりの, わずかな, われに, を信じ, 七名の, 事であれ, 事に, 人が, 人の, 人は, 人夫を, 仏の, 他人を, 公等と, 共犯者, 嘘そういう, 器を, 囚人の, 囚人は, 夫人までが, 奥様の, 妻を, 妾に, 嬰兒物を, 子なる, 子供が, 子供として, 子供は, 孫ルイ十七世に, 心は, 快楽では, 性なる, 我を, 民を, 民衆は, 清浄の, 父の, 犠牲の, 生命を, 生物に, 男に, 百姓を, 皿小鉢睨め廻す, 盧植将軍を, 眠りに, 禽獣を, 私有財産と, 童児の, 笑劇は, 罪人, 羽に, 者すべての, 者として, 者とは, 者に, 者は, 者まず, 者彼らを, 華陀の, 部下は, 部落の, 関白を, 雑話を, 頑要ざかりの, 鯉は

▼ 罪ある~ (94, 1.0%)

8 者の 5 者を 4 ものは, 神, 者に, 者は 3 ものが, ものと, ものを 2 ものも, 人の, 人ばかり

1 [50件] かを問, ことを, ためならず, にあらず, に相違, に非, のは, は罰す, は高き, もので, もの神の, も罪, や無き, をも我が, を罰する, を許さず, 事を, 人でも, 人形と, 大罪人, 女では, 女子共を, 女等, 女等ほどへて, 妹を, 心の, 戯れなりかし, 故に, 歓楽は, 民を, 父の, 者, 者だ, 者として, 者とてもひとたび, 者とは, 者と共に, 者も, 者等これによりて, 者自ら自分を, 良心を, 蛇に, 親と共に, 證なり, 身には, 身ニ在, 首, 首世を, 馬を, 魂の

▼ 罪~ (91, 1.0%)

54 と思う 3 ぞ, な 2 から其の, ぜお, ということ, といっ, と思います, わ

1 [64件] あな, からい, からな, からよせ, から打首, から直, から見ろ, か分らない, がこの, がとある, が許し, けれどお, こりゃ何人, ぜ, ぜ何, ぞと一生懸命, ぞ七十郎, ぞ恐ろしい, ちょっとの, つたのである, というの, といつ, といふなら, とお, とおどかされ, とか告訴, とか天国, としたら, としてジャックリーヌ, とは思つて, とも思ひ, とも思わせられない, と云つて, と厳しく, と思, と思いまし, と思っ, と思つて, と思ひます, と懺悔, と知らね, と考えなけれ, と解釈, と言つて宮内大臣, と言わなけれ, なあ, なしかし, などとも思いませぬ, ね, ねえ死んだ, のに, ぼくが, よなあ, よみやちゃん, よ考え, よ見, わねえ, わよ旦那, 世の中に, 油鼎に, 犯人は, 罪だ, 罰だ, 高い思想

▼ 罪でも~ (71, 0.8%)

7 ない 5 犯したよう 3 あるかの 2 ありませんよ, ある, ない寧ろ, なくて, なくまた, なく又, 何でも, 無いやう

1 [40件] あったの, あつて, ありませぬ, あるという, あるの, あるまい, あるまいが, あるよう, けがれでも, たとい人殺し, どんなわるいかん, ないおれ, ないと, ないに, ないの, ないん, なかった, なくわたし, われわれの, キレイに, 償えない筈, 受けます, 引受けると, 御手加減, 心から懺悔, 懺悔を, 涙でも, 犯させて, 犯した気持, 犯した者, 犯して, 犯します, 犯し得たで, 犯し相, 犯す, 發き立てる, 碌な, 神妙に, 穢れでも, 背負い込んで

▼ 罪である~ (45, 0.5%)

3 かどう, ことを 2 ように

1 [37件] かという事, かの様, かはただ, からこの, からです, から公, から私, から許し, か中世印度, か男らしく, がしかし, が身, ことが, ことは, その人, というよう, といったふう, とされ, とし, としか思はれない, とはいへ, と云つて, と感じ, と断じて, と断ぜられる, と深く, と甘, と私, と考え, と考えられる, のかも, ばかりでなく, ものなら, もののともかく, 以上に, 此教会で, 群雄割拠し

▼ 罪なく~ (45, 0.5%)

26 して 2 眠れるもの

1 [17件] ても官, て唯, て牢獄, なる是, にこりと, ほほえまれる感情, ほほ笑んで, 失われた民衆, 子家鴨と, 書いて, 無智, 眠りつづけて, 笑わせられた, 笑壺に, 苦しめられて, 蘊に, 語り聞かせる

▼ 罪という~ (43, 0.5%)

4 ものが, ものは 2 ことが, ことに, ことについて, のは, 罪は

1 [25件] ことからは, ことで, ことばかりを, ことも, ことを, のが, ので, のも, のを, ものに対して, ものの, ものも, ものを, カドによって, 不思議の, 事は, 亡霊か, 名で, 名の, 法律にも, 罪けがれという, 罪名で, 罪咎という, 罪悪という, 自覚も

▼ 罪です~ (40, 0.4%)

843 か, から, ぜ 2 よこれ, ネ源ちゃん

1 [15件] かしら, からなるべく, からね, から真実, が私自身, けれど支那人, じゃ, すぐ送, つて, なあ, なおよそ, よ懺悔話, わたしが, わ私, 一番重く

▼ 罪あり~ (38, 0.4%)

3 とする 2 とはいささか, と云う

1 [31件] げに, さうに顫へて, てか憔萎, てわが, て其苦, て愆, て罰, ということ, というの, といふ私, とした, としてさばかれる, として殺されるなら, とすべきでない, とすれ, となさっ, とはい, とは下, ともそ, と云, と問おう, と思わね, と我, と断, と断ずべく, と認めた, もし死なん, や, や無し, 例の, 天災あり

▼ 罪として~ (38, 0.4%)

2 起訴された

1 [36件] ある, この規定, ただちに起訴, つかまつて, 一応は, 亀井朋治原代, 享楽する, 処分されなく, 処罰すべき, 受けた心根, 告発する, 告訴状を, 咎めよう, 問おうという, 怨んだ, 情状を, 感ずる, 死刑に, 深く責め玉, 當分拘留し, 知る心, 罪人に, 罰せられた時代, 罰せられる, 罰金千円取られた, 腰斬, 船長に, 處分する, 訴えるか, 責めること, 赤い服, 起訴されなけれ, 起訴した, 起訴する, 軍の, 重きによって

▼ 罪には~ (35, 0.4%)

4 ならない, なるまいと 2 なりません

1 [25件] しないから, ならないさ, ならないし, ならないだろうと, ならないの, ならない十両, ならない筈, ならぬ, ならぬと, ならぬという, ならねえから, ならねえと, ならねえや, ならん, ならんか, ならんよう, なりますぜ, なりますまいが, なるまい, 十分同情し, 変わりは, 数えること, 気付かないの, 疑惑の, 眼を

▼ 罪から~ (29, 0.3%)

2 遁が

1 [27件] あがなわれたの, のがれたいため, のがれようと, のがれること, まぬがれること, まぬがれる唯一, ハグらかす, 免が, 全く自由, 出るもの, 完全に, 当然生じ, 救いたい一心, 救うこと, 救おうと, 救ったの, 救われたい人, 救われるよう, 欠陥から, 浄められた, 絶えず良心, 罪を, 罰せられたよう, 自分が, 起る, 身を, 逃れたいの

▼ 罪~ (28, 0.3%)

2 ある, 誉や, 過失を

1 [22件] あらげなく, かなしみで, かなしみでさえ, 刑罰や, 嘆きに, 契約違犯の, 姦通罪が, 旅券規則違反罪や, 暁の, 汚れに, 浮浪罪などという, 涜職罪で, 秩序紊乱罪や, 穢れを, 罪深い妄想, 誤りを, 転落と, 辱は, 過失の, 過失は, 過誤である, 醜さ

▼ 罪とは~ (27, 0.3%)

1 [27件] あなたは, いえない美しい, いったい何, されて, しからば, しないその, すさのをの, それを, どうしても考える, ならぬとして, 何か, 何ぞや, 何であらう, 何な, 何を, 反対な, 受け取れぬお, 存じますなれど, 思はぬだが, 果して当時, 生の, 考えませんよ, 見て, 覚束ない, 言えなかったから, 違うの, 違ふ

▼ 罪にも~ (26, 0.3%)

2 なるまいと, 坐する次第, 服します責任

1 [20件] あなたの, あらず, あらず彼, おちんばかり, せまい, ならないでしょうに, ならないと, なりませんからね, なりゃしませんよ, なる代物, まさる, 伏すべしという, 似た意識, 問ふこ, 弁解の, 死するほど, 科にも, 適用すべき, 陥ちたの, 馴れ囚人

▼ 罪をも~ (26, 0.3%)

2 犯した事

1 [24件] おかさじと, また許し, みちびこう, 不問に, 作って, 包含し, 厭はじ, 問わず破廉恥, 宥し, 悟らぬという, 救い得たという, 構成し, 歌は, 犯さぬ者, 犯しません, 犯せるならんよ, 見遁, 許して, 詫びて, 謹で, 赦した, 赦したまえ, 赦し給え, 踏み越して

▼ 罪亡ぼし~ (26, 0.3%)

4 のつもり 2 になるまい

1 [20件] かえ, かたがた西国巡礼の, として伊達さん, にこの, になら, になる, にもなるだらう, にやっぱり, に何, に其の, に南無阿弥陀仏, に坊主, に皆んな申, のため, の積り, までに言及, もある, をさし, をし, をした

▼ 罪によって~ (24, 0.3%)

2 かの牡丹燈, 彼を, 死刑に

1 [18件] おそらくほとんど死に, ここに, であるかと, まさに鎌倉, 三年間未決に, 下界へ, 入牢した, 処断されます, 国を, 地獄に, 子たる, 引寄せられる, 懲役一年たらず, 民衆に, 裁かれるという, 逮捕され, 重くば, 阿部家の

▼ 罪じゃ~ (21, 0.2%)

3 ない, ないん 2 ないか, アない

1 [11件] ありませんか, ありませんよ, ありませんわ, あるまい, それでは宜しい, ないかと, ないわ, ない隙, なくってよ, ねえぜ, ねえぞ

▼ 罪ばかり~ (17, 0.2%)

10 では 1 ぢや, でご, でない実に, でなく無可, でも, 作るよ, 思い出すもの

▼ 罪~ (16, 0.2%)

1 [16件] あの女, この通り不具, ろから, わがか, 世も, 人の, 君に, 境遇か, 我が腕, 抑も, 早熟の, 濁世か, 知らないが, 自分の, 血は, 詩の

▼ 罪でない~ (16, 0.2%)

3 ことを 2 ように

1 [11件] お医者さん, からだろう, ことは, ぞ, とに拘らず, とはどうして, と見る, ような, 以上は, 時の, 罪の

▼ 罪ない~ (16, 0.2%)

2 妻まで, 者を

1 [12件] あの子供, お父, 人民を, 児を, 多くの, 子供を, 心持にも, 思い出話以上の, 楽しみを, 男かも, 町人を, 高笑いも

▼ 罪なれ~ (16, 0.2%)

2 ばこれ, ばなり, ば物 1 ども壮年血気, ば刃, ば宿, ば彼等, ば手, ば最も, ば滅び碎け, ば若し, ば親, ば酒

▼ 罪~ (16, 0.2%)

2 を決する

1 [14件] が定, ぞ之, については厳酷, には, に到り, に対し死刑, の骨子, はただ, も十四年前, をかまえ, を打つ, を研究, を草, を起草

▼ 罪なし~ (15, 0.2%)

1 [15件] ことごとくゆるし給う, として免, とする, と判じた, と思ふ思ひ, と知れ, には悲劇, には書きはじめられなかった, に殺害, ウグッチオネも, 刀を, 武器災を, 珠を, 罪なし, 聞く者以

▼ 罪より~ (14, 0.2%)

2 ほかの

1 [12件] まず自分, 來る, 免れしめん, 救いどれ丈人, 救うため人, 救ひ, 救われたさ, 斬首より, 甚しきを, 神恩に, 裁判へ, 釋かれざりし

▼ 罪~ (13, 0.1%)

3 あとから 2 ほき男 1 ほき, ほき身, ゆるしおかれますよう, ゆるし下さい, ゆるし下されますよう, 気の毒で, 直参の, 詫申上候

▼ 罪まで~ (13, 0.1%)

2 犯して, 背負って 1 きせられて, 心配し, 探しはじめたもの, 犯すよう, 背負つて出た, 背負つて大川へ, 背負は, 被るよう, 警官が

▼ 罪とも~ (12, 0.1%)

1 [12件] いえよう, 思って, 思はない樣子, 思わぬもの, 思われる, 知し召さない, 考えられぬ瞬間, 考えられませんでございますが, 言えるの, 言は, 認めないほどの, 認められない

▼ 罪によ~ (12, 0.1%)

2 つておんみ 1 つてお, つてインヘルノに, つて仮, つて公に, つて拘引せられ, つて改めて, つて杖八十に, つて汚れない, つて罰せられる, つて計らず

▼ 罪との~ (11, 0.1%)

1 [11件] からみ合う戯れでは, 二つの, 二に, 区別を, 善惡を, 境界線が, 存否であった, 差別を, 眞僞を, 美醜を, 高下を

▼ 罪~ (11, 0.1%)

2 もない 1 がある, がない, という咎, に就い, に汚, のない, の魔神, を免れん, を責める

▼ 罪無き~ (11, 0.1%)

2 汝を 1 に相違, ものに, を知り給う, 世は, 所天を, 者が, 者は, 者を, 雑話を

▼ 罪といふ~ (10, 0.1%)

1 ことも, ものが, ものだ, ものは, 並立した, 事で, 事を, 奴だ, 程の, 語が

▼ 罪なり~ (10, 0.1%)

1 七の, 人の, 救世主世に, 汝五逆の, 然り, 然れ, 秘密なりを, 耳の, 蚊帳の, 酒の

▼ 罪により~ (10, 0.1%)

1 てこの, 一二五八年フィレンツェにて, 同罪の, 四月五日江戸引きまわし, 得て, 残る二つ, 笞うたるる, 重禁錮三ヵ月, 金五万円也の, 長防三十六万九千石

▼ 罪びと~ (10, 0.1%)

5 の子 1 であり神, に対する同情, の涙, の祈る, を大慈大悲

▼ 罪ふかい~ (10, 0.1%)

1 と聞いたる, は修羅, ものが, やつでございます, 一枚の, 灯の, 結果が, 自分自身の, 願いから, 魚よ

▼ 罪~ (10, 0.1%)

1 から役徳, であったもの, と同じ, に祈らし, の刑, の女, の梟首, の痴態, の護送等, を警護

▼ 罪かも~ (9, 0.1%)

2 知れずさらば 1 しれない, しれないね, しれぬと, 知れない, 知れないよ, 知れないん, 知れなかった

▼ 罪造り~ (9, 0.1%)

2 の横笛殿 1 て何, でございますゆえ, ですよ, な結果, な話, はいない, も大抵

▼ 罪あっ~ (8, 0.1%)

1 てお仕置, ても罪, て人, て出奔, て征討, て捕えられ, て死ぬ, て除籍

▼ 罪~ (8, 0.1%)

3 やない 1 やありません, やあるまい, やねエ, やのみならず, やもの

▼ 罪つくり~ (8, 0.1%)

1 になる, にもなんにも, に出来てる, のストリップ宴会, の後家様, はしない, は女, をし

▼ 罪でなく~ (8, 0.1%)

1 その時, てはいけない, ては神, てわれひとり, とも大きな, 一に, 対象が, 此方の

▼ 罪~ (8, 0.1%)

1 免レズ, 抱イテ雷ニ裂カル, 数ヘテ之ヲ, 檢擧セザル原則ニ依, 罰スルコトハ第, 罰スル法律ノ, 罰スル現行法律ヲ, 課罰ス

▼ 罪~ (8, 0.1%)

2 を自ら 1 にまみれよう, ひ, をい, を列挙, を悉く, を説き

▼ 罪~ (8, 0.1%)

1 が少ない, その腐敗, で滿, とに沈淪, に汚され, を去る, を懺悔, を拂

▼ 罪あら~ (7, 0.1%)

2 ばそれ 1 ばあれ, ば何者, ば斬っ, ば罪, ば聞か

▼ 罪その~ (7, 0.1%)

1 人に, 妻を, 張本人の, 物を, 罰の, 罰を, 重さ

▼ 罪でございます~ (7, 0.1%)

31 から何卒もう, ぜ, ね, もの

▼ 罪なりと~ (7, 0.1%)

1 いふに, ささやく声, せず, 信ず, 答えざるを, 要人夫婦は, 語られて

▼ 罪~ (7, 0.1%)

2 しに, しの 1 しかも知れまい, しが, しだった

▼ 罪~ (6, 0.1%)

1 てなる, て居る, て獄門, て身分, 給はむ, 苦しみを

▼ 罪だけは~ (6, 0.1%)

1 お償, ゆるして, 免が, 免れます, 確な, 霽し

▼ 罪であった~ (6, 0.1%)

1 か, かも知れない, か虚偽, が身, という事, にし

▼ 罪とか~ (6, 0.1%)

1 でね, なんとか一向私, 嘆きとか, 報いとか, 醜とかは, 騒いだ話

▼ 罪とを~ (6, 0.1%)

1 もて勿論, わかつ境, 一緒に, 求めたま, 知るを, 除きて

▼ 罪なら~ (6, 0.1%)

1 いざ知らず, ばまだ, ば格別, マダ軽い, 白状します, 社会的には

▼ 罪なる~ (6, 0.1%)

1 ことは, ものに, ものを, や己, を知り, 人を

▼ 罪よりも~ (6, 0.1%)

1 むしろ特権者ら, むしろ環境, むしろ画家, むしろ統治, 寧ろユダヤ, 画家の

▼ 罪万死~ (6, 0.1%)

1 にあたる, に価す, に値い, に値します, に値する, に当るべき

▼ 罪~ (6, 0.1%)

3 の因縁 1 を説い, を説く, を離れ

▼ 罪~ (6, 0.1%)

2 を処罰 1 とある, に見限られぬ, は杖, を留め

▼ 罪~ (5, 0.1%)

2 無き 1 君つひ, 永劫くらき, 白髪何の

▼ 罪だけ~ (5, 0.1%)

4 では 1 はまぬがるべくも

▼ 罪だろう~ (5, 0.1%)

21 かしら, がこんな, と思います

▼ 罪であっ~ (5, 0.1%)

1 てもし, ても六年, ても罪, て万民, て馬謖

▼ 罪であり~ (5, 0.1%)

1 また同時に, 昔から, 欠陥である, 罪の, 自らの

▼ 罪であろう~ (5, 0.1%)

41 とも彼

▼ 罪でしょう~ (5, 0.1%)

31 か彼ら自体, と私

▼ 罪とがも~ (5, 0.1%)

2 無く山 1 ない文芸, ねえ民百姓, 無き勝太郎

▼ 罪など~ (5, 0.1%)

1 樣, 犯す汚れ, 犯す質, 犯せるもの, 背負いこむわけ

▼ 罪にて~ (5, 0.1%)

1 あるべき, 一百の, 悲壮の, 捕へられ次子, 相果てる

▼ 罪に対して~ (5, 0.1%)

1 いかに悔恨, かえって自己, 一定不動の, 義務を, 言ふ

▼ 罪に対する~ (5, 0.1%)

2 罰の 1 公権力制裁においては, 恐怖に, 非常なる

▼ 罪のね~ (5, 0.1%)

1 えおれ達, え仕事, え嘘, え盗人, え笑話

▼ 罪ばてれん~ (5, 0.1%)

5 口書

▼ 罪びとらしいに其~ (5, 0.1%)

4 が又 1 が亦どう

▼ 罪~ (5, 0.1%)

1 がその, にあたる, に値します, に当る, に至る

▼ 罪そのもの~ (4, 0.0%)

1 のほう, の光, の性質, を選ぼう

▼ 罪だけでも~ (4, 0.0%)

1 たいへんな, 死に値する, 胡新化し, 許して

▼ 罪なんか~ (4, 0.0%)

1 あるもの, 有る筈, 犯すかい, 知りません

▼ 罪に関する~ (4, 0.0%)

1 よく意味, 事を, 刑法の, 箇条は

▼ 罪のみ~ (4, 0.0%)

1 でなく根本, ではござりませぬ, ならず世間, ならんや

▼ 罪を以て~ (4, 0.0%)

1 一年の, 職を, 臨もうと, 裁判に

▼ 罪一等~ (4, 0.0%)

1 を減じ, を減じられ, を減ず, を減ぜられた

▼ 罪~ (4, 0.0%)

3 はぬ 1 ふ敵

▼ 罪~ (4, 0.0%)

1 なりと, なりと自ら, なるもの, ナレド非

▼ 罪清まる~ (4, 0.0%)

1 にいたる, によりて, に從, 時は

▼ 罪無く~ (4, 0.0%)

2 して 1 なし給, 莞爾と

▼ 罪けがれ~ (3, 0.0%)

1 というけがれ, は土, は常に

▼ 罪これ~ (3, 0.0%)

1 に如く, ばかりは全く, より大

▼ 罪たる~ (3, 0.0%)

1 ことを, を知らざる, を知る

▼ 罪とが~ (3, 0.0%)

1 一度に, 前もってよりハッキリするでしょう, 犯した比丘尼小町

▼ 罪とのみ~ (3, 0.0%)

1 いえようや, 申して, 言う可ら

▼ 罪などという~ (3, 0.0%)

1 いろんな出たら, のが, ものが

▼ 罪などは~ (3, 0.0%)

1 ないの, 用いません, 用ひません

▼ 罪なりとて~ (3, 0.0%)

2 両翼を 1 専ら道徳

▼ 罪にでも~ (3, 0.0%)

1 おとしいれては, なると, 落して

▼ 罪ふかき~ (3, 0.0%)

1 ことなれ, ものと, 血を

▼ 罪への~ (3, 0.0%)

1 恐怖と, 批判全般的情勢に, 罰則かも

▼ 罪ゆるし~ (3, 0.0%)

2 給へとでも 1 ぬべし

▼ 罪~ (3, 0.0%)

1 にくらしい, 入りましょう一緒, 貴方は

▼ 罪をでも~ (3, 0.0%)

1 犯したもの, 犯したよう, 犯して

▼ 罪~ (3, 0.0%)

2 ぽいこと 1 ぽいけれど

▼ 罪半分~ (3, 0.0%)

1 であると, と西洋劇, は女

▼ 罪多き~ (3, 0.0%)

1 女その後半生は, 男こらせ, 男懲らせ

▼ 罪~ (3, 0.0%)

1 さを, という悪, のうち

▼ 罪考へた~ (3, 0.0%)

3 とて始まる

▼ 罪~ (2, 0.0%)

1 つて免された, つて所領の

▼ 罪ありし~ (2, 0.0%)

1 者, 者と

▼ 罪あれ~ (2, 0.0%)

1 ば戦後心, ば罪

▼ 罪および~ (2, 0.0%)

1 内乱に関する, 国事犯に関する

▼ 罪かと~ (2, 0.0%)

1 云うこと, 云ふ

▼ 罪かなんぞの~ (2, 0.0%)

1 ような, ように

▼ 罪からは~ (2, 0.0%)

1 遁が, 遠いでありましょう

▼ 罪こそ~ (2, 0.0%)

1 まさに死に値する, 犯して

▼ 罪この~ (2, 0.0%)

1 大なる, 小説書きながらも

▼ 罪~ (2, 0.0%)

1 へい, るる者

▼ 罪さえ~ (2, 0.0%)

1 あるのに, 犯さなかったの

▼ 罪さえも~ (2, 0.0%)

1 何だか左, 犯して

▼ 罪じゃあ~ (2, 0.0%)

1 ないか, ない私

▼ 罪だった~ (2, 0.0%)

2 のだ

▼ 罪でさえ~ (2, 0.0%)

1 これである, 贖うこと

▼ 罪どう~ (2, 0.0%)

1 かお糺しください, なりと

▼ 罪どうぞ~ (2, 0.0%)

1 おゆるし下さいまし, お叱り置きねがいまする

▼ 罪などと~ (2, 0.0%)

1 云うもの, 云ふも

▼ 罪ならぬ~ (2, 0.0%)

1 罪に, 罪を

▼ 罪なりし~ (2, 0.0%)

1 もの今日に, 由

▼ 罪について~ (2, 0.0%)

1 ほんの一端, 固く確信

▼ 罪についての~ (2, 0.0%)

1 公判記事が, 苦闘を

▼ 罪については~ (2, 0.0%)

1 何の, 少しも

▼ 罪にな~ (2, 0.0%)

1 つたのは, やめるの

▼ 罪にばかり~ (2, 0.0%)

1 帰して, 閉されなければ

▼ 罪のみを~ (2, 0.0%)

1 あらだてるの, 汲々と

▼ 罪はかろい~ (2, 0.0%)

1 ほうだった, 方

▼ 罪ふか~ (2, 0.0%)

1 けれど是, さと

▼ 罪まことに~ (2, 0.0%)

1 軽くありません, 重々である

▼ 罪もつ~ (2, 0.0%)

2

▼ 罪もと~ (2, 0.0%)

2 がもない

▼ 罪よりは~ (2, 0.0%)

1 軽い, 重いん

▼ 罪らしい~ (2, 0.0%)

1 のだ, 罪も

▼ 罪をさえ~ (2, 0.0%)

1 犯しました, 犯そうと

▼ 罪~ (2, 0.0%)

1 非ズ, 非ズト謂フヲ得ズ

▼ 罪三族~ (2, 0.0%)

1 に及ぶ, を夷す

▼ 罪~ (2, 0.0%)

1 から私, も心

▼ 罪~ (2, 0.0%)

1 をもつ, を以てかこれ

▼ 罪~ (2, 0.0%)

1 るべからざること, るべからざるもの

▼ 罪及び~ (2, 0.0%)

1 キリストの, 祓へ

▼ 罪多く~ (2, 0.0%)

1 は帳合法, 呪はれ

▼ 罪~ (2, 0.0%)

1 はむとや, を犯し

▼ 罪実に~ (2, 0.0%)

1 在野の, 軽しと

▼ 罪~ (2, 0.0%)

1 の元兇, の首魁

▼ 罪~ (2, 0.0%)

1 を苛責, を責め

▼ 罪~ (2, 0.0%)

2 がましき

▼ 罪~ (2, 0.0%)

1 処分と, 詫の

▼ 罪恐ろしく~ (2, 0.0%)

1 よせば, 打まもれ

▼ 罪惡そのもの~ (2, 0.0%)

1 ではない, の明かなる

▼ 罪惡性~ (2, 0.0%)

1 とをひろく, はこの

▼ 罪惡感~ (2, 0.0%)

1 にすら責められる, を千登世

▼ 罪~ (2, 0.0%)

1 にあり, に帰す

▼ 罪~ (2, 0.0%)

1 と共に示し, は高崎藩

▼ 罪春松~ (2, 0.0%)

2 だけは許し

▼ 罪最も~ (2, 0.0%)

1 重く磔刑, 重しカエサル

▼ 罪有り~ (2, 0.0%)

1 と思はれる, と知つて

▼ 罪未だ~ (2, 0.0%)

1 清まらざるが, 清まらざる時

▼ 罪~ (2, 0.0%)

1 が数々, でね

▼ 罪死に~ (2, 0.0%)

1 あたいします, 値します

▼ 罪~ (2, 0.0%)

1 が身, に報う

▼ 罪~ (2, 0.0%)

2 を拝

▼ 罪祟り~ (2, 0.0%)

1 に出, を恐れ

▼ 罪穢れ~ (2, 0.0%)

1 もない, を吸ひとつ

▼ 罪裁判所~ (2, 0.0%)

1 で一無頼漢, で浮浪

▼ 罪誕生~ (2, 0.0%)

2 の時刻

▼ 罪~ (2, 0.0%)

1 き者こ, く下る

▼ 罪~ (2, 0.0%)

1 を何, を葬ろう

▼ 罪重々~ (2, 0.0%)

1 である, であると

▼ 罪~ (2, 0.0%)

1 であるという, の老臣

▼1* [339件]

あがなわんとやおもい, 罪あきらかなれば, 罪あたりへ持つ, 罪あねえよ, 罪あの四人を, 罪あらゆる人類の, 罪ありません唯気の毒, 罪あゝ我れ, 罪いかに盲目なれ, 罪いかようともお, 罪いひのがる, 罪うたがいがない, 罪がかへつて時めく, 罪きょうこそお詫び, 罪くらいなら犯しても, 罪ぐらいは存じて, 罪ふや, 罪けれども神は, 罪こそは犯したと, 罪これらはまあ, 罪されてもいい, 罪されないことに, 罪され蔑すまれ下しめられた, 罪しか感ぜぬ人間, 罪しかもその歴々, 罪したので石, 罪しない以上この, 罪しらぬをさなご, 罪しらんや, 罪なは, 罪すなわち善悪の, 罪すべてそれらのこと, 罪すらなきに, 罪するに任ずる, 罪せしめしユダヤの, 罪せらる可き, 罪せらるべき問題でない, 罪せらるることも, 罪そねんだ罪あの, 罪そのもの時そのもの從つて死そのものが完全, 罪その他で告発, 罪その他一切の悪業, 罪それから伊達, 罪ただしたる高き君たち, 罪たりという, 罪たるべきことは, 罪だけでもかような, 罪だけを償った者, 罪だってそれを, 罪だに女々しい奴, 罪だらうこんな風, 罪ぢやあないん, 罪ってのは, 罪っていうものじゃ, 罪っぽいのう, 罪つくりだな, 罪つくりであろうと思った, 罪つくりでございますね, 罪つくりな女は, 罪つくるよすがにとはなるべき, 罪つぐなわれて魂天, 罪でありますが又, 罪でかそこん, 罪でございまして真にはや, 罪でござんすぜ, 罪でしやうか, 罪でずつと警察に, 罪でという風に, 罪でなければならぬ, 罪というの外なけん, 罪といったような, 罪とおつしやるです, 罪とかいうものが, 罪とかいふ風に, 罪とががあるだむごい, 罪とがとする, 罪とがなんぞ全然ない, 罪とがにも増して, 罪とさえ感じるの, 罪としては深いもの, 罪としても何だかほほ笑ましい, 罪とでも申しましよう, 罪とともにまさしくこれ, 罪となりはしなかったであろう, 罪とに帰せられねば, 罪とやらで人別, 罪と共に幾重にもお許し, 罪どすがな, 罪なかるべし然れ, 罪なき声かわたれ時の淋びしき浜, 罪なき稚兒かの, 罪なけがれた事を, 罪なければ思わぬ, 罪なぞと申さば裏の, 罪などになるはず, 罪などを犯す者, 罪なはれたる魂等よ, 罪ならず恋の, 罪なるやを尋ね, 罪なんぞ知らない, 罪な死に方を, 罪において婦人には, 罪にさえぞくして, 罪にたいしてなかば恐怖の, 罪につき東京地方裁判所の, 罪にては無之, 罪になんかしない方, 罪にのみ帰する, 罪にまで苦しめられて, 罪にゃならない相手, 罪によってもしばしば首, 罪によるのであろう, 罪によるにあらずた, 罪に対してのみ受ける罰, 罪のきづなのわなは知らず迷う, 罪のねえ威張りかた, 罪のほど怖ろ, 罪のみに非ず, 罪のみは忍ぶべからず, 罪作るなっ, 罪ばかりとも申されません, 罪ばかりのような, 罪ばかりを作ること, 罪びとのやうな悲しい思ひ, 罪びとの罪を洗う, 罪びと北条屋弥三右衛門にも天帝, 罪ふかしと感じ, 罪こうござりましょう, 罪追いこむところ, 罪へと進むが, 罪ほど恐ろしい罪, 罪まさに死, 罪または他人の, 罪まつたく作者に, 罪までかぶつて, 罪までがよほど軽, 罪までは背負は, 罪までも胡魔化せる, 罪みな汝の名, 罪みな父にあり, 罪もしくは自殺幇助罪に, 罪もし行く行く同様な, 罪もとがもあろうはず, 罪ゃ入牢と決まってる, 罪ゆり候日の楽, 罪ゆるさるる, 罪ゆるせ冥路の, 罪よりもずつと大きな罪, 罪よろしく詫びて, 罪のでしょう, 罪をこそ問わせ給え, 罪をすら知らぬの, 罪をのみ憎んで, 罪をば情を, 罪ををかすやう, 罪カオルサはフランス, 罪ガ婦人ヲノミ罰シテ男子ニ及バザルト等シキ片務的横暴ナリ, 罪サンタマリアの殿堂, 罪告発サルルニ到, 罪同坐, 罪ト為シ十年以下ノ懲役二処ス, 罪ナラズを見, 罪ニアラズ彼ノ女, 罪法文ナキヲ, 罪マスミに対してまだ, 罪一人迷児十四人と聞く, 罪一個の人, 罪は天子, 罪軽, 罪罰, 罪のため, 罪世界の罪, 罪乃ち情を制する, 罪九族にも及ぶだろう, 罪乞ふさまに, 罪争いが起き, 罪事件が彼等, 罪事件ハ最モ, 罪皆消, 罪今さら申すことば, 罪以上のもの, 罪以下の重き處分, 罪以外で投獄, 罪な所, 罪に包括, 罪何ぞ我等を, 罪作つたの惡, 罪作つた罰ぢやねえか, 罪作らせた方で, 罪例へば自分の, 罪個人の罪, 罪より軽き, 罪免すべからず, 罪全部よりも私, 罪八ツ裂きにも, 罪凡ての悪, 罪切腹しても, 罪則ハ國家ノ根本法, 罪前後三回に亘る, 罪の深い, 罪十九年間引き続いた罪, 罪十箇条をあげ, 罪千萬供養を重, 罪南山の竹, 罪即ちクニッツァを, 罪即決例爆発物取締規則とともに華族令, 罪却つて重ければ, 罪及苦悩を美しき, 罪を徹底的, 罪いずれにか, 罪にあり, 罪嗅ぎて行くなる, 罪嘗てあやまりて, 罪囚一人を入れ, 罪に相違, 罪つ罪, 罪地獄にかへる, 罪なく有, 罪垢滅盡の法, 罪とに項, 罪かりし草枕, 罪多い人間の, 罪にあらずし, 罪子どもの罪, 罪安んぞ逃るべき, 罪定まり皆磔, 罪ならずや, 罪に在野, 罪少なければなり, 罪が顔, 罪にある, 罪布告以前で刑事警察, 罪幾重にもおゆるしおき下されませ, 罪ノ情況ニ因リ訴追, 罪思えばそらおそろしく, 罪深い私, 罪すべからず, 罪により, 罪悔悟のしるし, 罪悪事は悪事, 罪悪逆の極, 罪悪過失等の形, 罪を攘除, 罪惡ガ國家ノ不仁不義ニ歸セラルル如キハ國家及ビ國民, 罪惡ニ非ザルコトハ自滅ガ道徳ニ, 罪惡其物に一種, 罪惡的になる, 罪惡的制度ヲ直, 罪惡視して, 罪惡觀は要するに, 罪惡過失を爲, 罪意識しない罪, 罪懺悔すべきを, 罪ニ坐, 罪所謂保険魔で同時に, 罪持合せたる金五百両, 罪斉泰にある, 罪断シテ許スヘカラス大義ヲ四海ニ布クコトハ, 罪既に大罪よりも, 罪日々に新た, 罪明らかにし, 罪重くこの, 罪最初の罰, 罪有る者とは, 罪条は高い丘, 罪条二十一個条をあげ, 罪極まる奴も, 罪ニ大帝, 罪正に殺人以上と, 罪武門の罪, 罪殺人の道徳的結果, 罪の淵, 罪汚れ多き某, 罪汚れなき生活を, 罪などを翻訳, 罪流されたような, 罪浅う思し召されつべくやと, 罪消滅のため, 罪まれる, 罪淨まりてよく, 罪淨まれば天使, 罪淨めらるその道, 罪清まれる證據なり, 罪ぼしとして, 罪など一つ一つ, 罪がせず, 罪をつつき殺し, 罪爾等に帰せん, 罪特に貪慾, 罪犯人と同様, 罪て有司, 罪甚だ大に, 罪生々世々浮かぶ時, 罪申し行なふ, 罪が僕, 罪相応に取り去られよ, 罪着せて破門, 罪知る夕よ, 罪私どもの罪, 罪二章に, 罪素より少からず, 罪絶対におかし, 罪せらるこの, 罪罰せられ下なる, 罪罰ニ對スル言語ナク人種下等ノ國ニテハ, 罪であった, 罪者街上に充ち, 罪の意識, 罪にあり, 罪の如く, 罪が暴露, 罪裁判の問題, 罪許すまいぞッ, 罪を挙げる, 罪証湮滅や逃亡, 罪証物件を指, 罪諏訪の湖, 罪謫在越之高田, 罪ふ法類, 罪責任から逃れた, 罪はむとやおもひけむ, 罪かるべきです, 罪軽からずと, 罪に堕ちん, 罪逃がれにし, 罪がし, 罪かるべき罪人, 罪重きを悟り, 罪重く法輕き, 罪重ければ死, 罪重ししかして第, 罪重なるをもって四月三日死罪, 罪重ね重ねおゆるし下さいませ, 罪を計るべく跪き, 罪長かれと祈る, 罪除かれたれば, 罪隠密の情事, 罪を擢, 罪鹿子は鹿子