青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「空~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

積~ ~積り 積り~ ~積ん 積ん~ 積極~ 穏~ ~穴 穴~ ~空
空~
空しく~ 空中~ ~空地 空地~ ~空想 空想~ ~空気 空気~ ~空虚 空虚~

「空~」 26412, 273ppm, 349位

▼ 空~ (4522, 17.1%)

195 仰いで 149 見て 136 眺めて 105 飛んで 75 見上げて 71 仰いだ 60 見あげて 52 ながめて 49 仰ぐと 48 見上げた 46 見た 41 仰ぎながら 34 見ながら, 見ると 31 眺めた 26 向いて 25 切って, 見つめて 23 背景に, 見あげた 20 仰げば 19 あおいで, 眺めながら 18 ながめた, 見あげました 17 映して 16 睨んで, 見上げながら, 飛ぶこと 15 ながめながら, 仰ぐ, 染めて, 見る 14 見上げると 13 とんで, 流れて, 見上げました 12 おおって 11 仰いだが, 仰ぎました, 見あげながら, 見詰めて 10 とぶこと, 見ました, 見れば, 飛ぶ時 9 つかんで, みあげた, 仰ぐよう, 背に, 見ること, 飛ぶ鳥 8 ながめました, 仰いだり, 仰ぎて, 指さして, 指して, 望んで, 眺めると, 行く雲, 見たり, 見上げたが

7 [11件] かすめて, みつめて, みて, 吹いて, 指さした, 掴んで, 渡って, 焦がして, 翔けて, 蔽って, 飛ぶ

6 [13件] きって, にらんで, のぞんで, みる, 摩し, 斬って, 泳いで, 覆うて, 見ても, 見るの, 見るよう, 踏んで, 透かして

5 [31件] おおうて, さした, なが, みながら, めがけて, 仰いだ時, 仰ぐやう, 劃って, 掠めて, 望んだ, 横切って, 気に, 眺め, 眺めたり, 突いて, 舞って, 蔽うて, 行く音, 覆って, 見あげたり, 見あげると, 見つめながら, 見上げたり, 見上げる, 見入って, 見入つて居る, 視め, 覗いて, 走って, 隠して, 飛ぶの

4 [31件] あおぎながら, あおぐ, あおぐと, どこまでも, ながめては, みあげて, 仰ぎ, 仰ぎますと, 圧して, 振り仰いだ, 支えて, 流れる雲, 渡った, 渡る雁, 漂って, 焦して, 白眼んで, 眺めたが, 眺めては, 自由に, 蔽ひ, 衝いて, 裂いて, 見たこと, 見ては, 見上げ, 見上げるの, 蹴って, 遮って, 飛んだ, 鳴いて

3 [56件] あおいだ, うつして, ごらん, すかして, つかって, つんざいて, とぶの, どことも, どよもして, ながめる, ながれて, のぞいて, ぼんやり眺め, まわって, ゆく雲, よこぎって, 一杯に, 仰いでは, 仰いでも, 仰ぎぬ, 仰ぎ見た, 刺して, 劃して, 慕って, 戴いて, 打って, 打ッ, 拝し, 掩うて, 撃つが, 斜めに, 斬った, 望むと, 歩いて, 流れた, 流れる白い, 焦す, 燕が, 目がけて, 眺めた時, 眺めますと, 眺める, 眺め乍ら, 背景として, 見えぬよう, 見つめた, 見てると, 見ますと, 見入つて居た, 蹴つた, 蹴る, 離れて, 領し, 飛ぶよう, 飛ぶ雲, 飛んだり

2 [209件] あた, あるいて, いつくしみを, うかが, うつよう, おほう, お飛び, かけって, かけて, かすめながら, くっきりと, ぐるりと, さがして, さして, じっと眺め, じつと, そめて, ぢり, ついて, つかむ, つかむ如しあれ, つかんだまま, つくよう, とびある, とび魚, とぶと, とぶ道具, とまるすべ, ながめても, にらんだ, のたくって, のぼるとき, ひとつ飛ぶ, ふりあおぐと, ふり仰いだ, ふり仰ぎふり, ほんとうに, ぼんやり見, まろびゆくにたまぎり, みたして, みつめた, みると, みれば, むいて, ゆきか, わけて, わたりて, 一寸背身, 一文字に, 一羽の, 一颯した, 上って, 仰いだとき, 仰いだの, 仰いだまま, 仰いだ顔, 仰ぎみれば, 仰ぎ見ながら, 仰ぎ見る, 仰ぐこと, 仰ぐ時, 低くし, 凌いで, 凝視し, 切つた, 切りながら, 動いて, 動く雲, 北に, 北へ, 区切って, 占めて, 占領し, 又一疋, 向きました, 吹くの, 啼いて, 塗り潰して, 塞いで, 塞ぐ連山, 小さな虫, 庇の, 後に, 思わせる, 恋しく思った, 感じて, 打ち, 打つて, 招きました, 指した, 捻りて, 掩って, 掩ふ, 掴みました, 搏つ, 摩で, 撫でて, 斬らせられて, 映さぬ暗い, 映した窓ガラス, 映しながら, 暗くし, 望み得るという, 望めば, 望んだ時, 横さまに, 横切つて, 残して, 毒っぽく, 流るる雲, 渡ると, 渡るの, 焦がす有様, 画して, 画って, 眺めても, 眺めました, 眺めやると, 眺めるとも, 睨み, 睨んだ, 私は, 突いた, 突かした刀, 突かせて, 籠めて, 縦横に, 繞る, 翔りゆ, 舞ひ, 舞ふ, 蔽うた, 蔽う煤煙, 薄赤く, 行く, 行くが, 行くの, 行くよう, 行く日, 行く雁, 被いだ, 裂くやう, 覆う樫, 見あげるの, 見せて, 見たが, 見たの, 見た時, 見つめたま, 見つめたまま, 見てから, 見ま, 見まもって, 見まわして, 見るとき, 見上げたとき, 見上げたところ, 見上げたの, 見上げた時, 見上げては, 見上げるよう, 見上げ松, 見上げ無数, 見詰むる目, 覗いた, 観じて, 観ずれば, 貫いて, 貫く光, 赤くし, 赤裸々に, 走った, 走つて, 走る銀河, 蹴ったり, 蹴つて, 蹴て, 透かす様, 透き通す程, 透して, 這って, 通って, 通つて行く, 遙かに, 遣って, 遮るもの, 鎖して, 限って, 雲が, 風が, 飛びて, 飛びました, 飛びまわって, 飛び廻って, 飛び軽部, 飛ぶん, 飛ぶ人間, 飛ぶ子, 飛ぶ必要, 飛ぶ機械, 飛ぶ神, 飛ぶ音, 飛んだこと, 飛んだと, 飛んだという, 飛翔する, 馳よ, 高く高くとん, 黒

1 [1752件 抜粋] ああし, あおいでは, あおげば, あこがれる, あちらに, あふい, あるいは熱情, いかなるもの, いただいて, いつも心, いろどった, うかがって, うしろに, うちました, うった, うつしたさざ波, うつし泥溝, うねりながら, うろたえて, おおいつくして, おおう夕立雲, おそうた夕方, おながめください, おほひか, かがって, かぎる, かけま, かけめぐつてゐる, かける大鵬, かける蛇, かけ焔, きっと睨みつめ, きらせて, きる矢, くぎった黒い, こうやっ, こがしたり, こがすばかりの, この宇宙艇, これまで, ごろ, さぐって, さして立っ, さまよ, さまようて, しきりに鳥, して, じいっと飽かぬ, じっとながめ, じっと見あげ, じっと見つめた, すかせて, すっかりくもらせる, すべって, そして地, た, ただよいながら, だんだんこちら, ちよいと, つかみました, つかむやう, つかんだなりとうとう, つくりかけて, つらぬきはじめて, つんざくよう, とざす暗雲, とびたい思い, とびまわって, とび姿, とぶため, とぶやつ, とぶ姿, とぶ魔女, とべるの, とんだという, とんでから, ながめいし, ながめた途端, ながめぬるかな, ながめること, ながめるの, ながめ参らせ候, ながれ汽車, なんだか丸い, にらみつづけて, にらんでも, のぞいた人, のぞんでは, はなれて, ば遠く, ひっかき廻すよう, ひょうひょう翔け, ふりかえった, ふり仰ぐやう, ふるはす大息, ほつきま, ぼかした, ぽかんと仰向い, またあなた, また見上げ, まねて, まわってるから, みせたかと, みつめては, みつめるよう, みる青い, めぐったの, めぐる冷たい, もう精霊蜻蛉, やく, ゆく, ゆく如きテノール, ゆく独特, ゆびさしました, よぎって, わたりつめたい, カーテンの, ゴム鞠に, スイスイと, チーチクチーチク飛ぶ, パッと, 一しきり眺め, 一台の, 一目見たい, 三十餘日間飛ん, 不安らしく眺め, 乱れ飛ぶの, 二三度突い, 五位が, 今夜も, 仰いだだけで, 仰いだま, 仰いだ般若, 仰いでるの, 仰ぎせまい, 仰ぎた, 仰ぎつ, 仰ぎにわかに, 仰ぎ万歳, 仰ぎ何, 仰ぎ憎い, 仰ぎ暗, 仰ぎ沿道, 仰ぎ考える, 仰ぎ見るよう, 仰ぎ遥か, 仰ぐとか, 仰ぐの, 仰ぐ今日哉, 仰ぐ方, 仰ぐ静か, 仰視て, 低く駆け, 來て, 公園の, 写生したら, 凌ぐほどの, 凝視める, 切った, 切った閃光, 切りその, 切り取って, 切ると, 切る音, 制して, 刺す天辺, 劃った, 劃つた教會の, 劈く, 動いては, 包み林, 包んで, 半蔵らに, 双の, 取り囲む, 叩き熱弁, 向上げ, 吹いてるだろう, 吹き荒れる, 吹く風, 呪うもの, 唯薀, 嘯いた, 噛みて, 土耳古玉色に, 埋めよ, 変へ, 夢みて, 大きく環, 大橋の, 太陽が, 妖しい光, 宿して, 寒むそう, 射て, 小さい烏, 屋根の, 山へ, 幾つかの, 廻って, 形容し, 彩る水平線, 往くという, 往来する, 後ろに, 御眺めなさる, 心深, 思い出させやしませんかと, 思い悠々, 思ひこそ, 思出した, 急ぎました, 恋しがっ, 恐る恐る仰い, 恰度花札の, 想うの, 想わせるある, 意識し, 感ずるの, 憧れる悲しい, 截る, 打たせた, 打たれて, 打ち仰ぎたり, 打ったが, 打つかと, 払いたり, 払わせた大, 抱きしめて, 拂ひ, 持ちあの, 指さし, 指さしまして, 指さすよう, 指した老爺, 指差した, 振り仰いだが, 振り仰ぐと, 振り返って, 捜す, 掠める子規, 探つて各地, 掩うて渡る, 掩包んだ, 掴み四本, 掴むこと, 掴んだ, 掴んだの, 掻いて, 掻き乱して, 握つたの, 揺るがせた時, 摩するよう, 撃ちたりと, 撃った, 撃つ剣, 撫でるよう, 攫みて, 支えるには, 斬っては, 斬りながら, 旋回し, 明るくし, 映した沼, 映し裏, 映す暗い, 景色に, 曇らす雲霧, 望まむかな, 望み破風, 望むこと, 望む其心, 来る小鳥あらむ, 染める, 染抜いて, 横ぎって飛ぶ, 横ぎる時ならぬ, 横切る事, 横切る虹, 歩くよう, 毎日ながめ, 気遣い乍ら土堤, 沈みしまいの, 泳いだ, 泳ぐよう, 流れてるの, 流れるさえ, 流れ去りて, 浮ぶ雲, 深く色, 渡ったの, 渡りつつ, 渡るを, 渡る雲, 渡る頃村, 満たしも, 漂つて行きました, 濁らせた煙, 点破し, 無限に, 焦がし矢弾, 焦がす火光, 煙に, 照らすの, 煽るよう, 物足らな, 狭くし, 理解する, 異様な, 白っぽく光る, 目掛けて, 真ッ二つ, 真黒く区切った, 眺むるも太陽は, 眺めあげた私, 眺めた準之助氏, 眺めもう, 眺めよ, 眺めること, 眺めゐる, 眺め初め, 眺め悲哀, 眺め風, 睨まえない日, 睨みます, 睨めて, 瞼に, 破るよう, 確かと, 秋田境の, 空を, 突かんと, 突き空, 突破し, 窺いながら, 立こめ, 竜巻を, 続けて, 綿毛の, 繞ります, 罩め褪色した, 翅って, 翔けったり, 翔けめぐって, 翔ける春, 翔って, 翔りながら, 翔んだとして, 背景と, 胸に, 自分の, 舞いながら, 舞い神, 舞つて歩く, 茫然と, 蓋ふ, 蔽い終日陽, 蔽うよう, 蔽う気味, 蔽つてゐ, 蔽われてる盲, 蛇窪村の, 血潮の, 行くなども, 行くべき馬, 行く悦び, 行く渡り鳥, 行く長き, 衝き勢, 被い四辺, 裂いた白光, 裂く爆撃機, 西へ, 覆う, 覆ひ沿線, 見, 見あげたとき, 見あげた男, 見あげること, 見あげる場所, 見あげ貧乏ゆすり, 見さしった, 見せるの, 見たらこの, 見たるも, 見つけて, 見つめた儘, 見つめてを, 見つめ乍ら何ごと, 見てるので, 見なければ, 見ます空, 見まわしながら, 見やりて, 見やれば, 見ようとも, 見るさえ, 見るだけでも, 見るよりも, 見る外, 見る気力, 見ろ, 見上げただけ, 見上げたまま, 見上げた方, 見上げつ, 見上げますと, 見上げるとき, 見上げる事, 見上げ不意, 見上げ続けて, 見上げ雲間, 見入つてゐる, 見居り肩, 見張つて, 見渡す所, 見胸, 見詰めた, 見調べて, 見返りながら, 視あげながら, 視て, 視詰めたまま身動き, 覗かせては, 覚悟する, 観ずるの, 詰所の, 諦め空, 負い波, 貫きそれ, 赤, 赤く染出し, 走る, 走るの, 越えて, 踏まへた胆太, 踏むよう, 蹴り, 躍って, 輪の, 追うて, 逃げる, 透かせて, 這いしきりに, 通つて西に, 通るかと, 通る小鳥, 通る風, 過ぎて, 過ぎるの, 遠い背景, 遠方から, 遮つて, 重くるしく, 長い間, 閉ぢぬ, 限つて立ち並ん, 限つて聳え立つた, 隈なく, 雁の, 電波が, 青く流しき, 面白そう, 風は, 飛ばせ体, 飛ばば, 飛びながら, 飛びめぐって, 飛び廻れる敏捷, 飛び火口, 飛び行き地, 飛ぶが, 飛ぶところ, 飛ぶばかり, 飛ぶプロペラ, 飛ぶ人, 飛ぶ光り物, 飛ぶ尋ねもの, 飛ぶ折, 飛ぶ満身, 飛ぶ絵, 飛ぶ車, 飛ぶ黒い, 飛べば, 飛んだの, 飛んだ時, 飛翔した, 飛行機で, 飽かず飽かず眺めて, 飾るべきもの, 駆けるかと, 駆り日本, 駈けても, 騰って, 高く二, 高く飛び過ぎる, 鳴き叫ん, 鳴りはためきながら, 黒いマント, 黒く鎖

▼ 空~ (4251, 16.1%)

102 して 80 なって 46 向って 36 向かって 32 聳えて 29 向けて 27 なつた 26 星が 23 かかって 21 向つて 19 消えて 16 なると 15 むけて, 浮いて 14 そびえて, 流れて 13 むかって 12 輝いて 11 した, 描いて, 浮んで 10 なつて, なる, 出て, 月が, 響いて 9 あった, あり, なった, のぼって, 浮かんで, 真赤な, 眼を 8 あって, 白い雲, 雲が, 飛んで 7 なるの, 上って, 向ひ, 舞って, 舞ひ, 輝く星 6 光って, 懸って, 星の, 立って, 雲の

5 [12件] ある, 一つの, 向けた, 懸かって, 懸つて, 昇って, 枝を, 漂うて, 漂ふ, 知られぬ雪, 聳ゆる, 見えて

4 [19件] あげて, しては, そ, なること, ひきました, 上げて, 地に, 太陽が, 對し, 手を, 描いたり, 月は, 残って, 沈んで, 浮き出て, 火の, 燃えて, 跳ね返つて, 頭を

3 [68件] あがった, あがって, あらわれて, あるの, ある雲, かがやいて, かけつて, きらきらと, くっきりと, するまで, つ, なったコップ, なった茶碗, なっても, なるまで, のぼりて, のぼりはじめました, はっきりと, ひ, むかつて, むくむくと, クッキリと, 一片の, 一羽の, 三日月が, 上つた, 出で, 反射し, 向いて, 夢の, 太陽の, 奪はれ, 姿を, 少しばかりの, 帰して, 帰する, 弧を, 当って, 抛げ, 据えて, 星を, 映って, 昼過ぎ, 月の, 東京を, 横わっ, 残して, 泳いで, 流れた, 漂って, 漂は, 田町の, 突きさして, 突っ立っ, 紛れて, 舞い上って, 舞う, 葉の, 覚えて, 身を, 開いて, 陽が, 雲雀の, 響く, 響くよう, 鳴り響いた, 鳶が, 鼠色の

2 [270件] あがる, あげ, あこがれて, あらわれる, ありウィンネッケ, ある星, いや黒く, いる, ういて, うかぶ雲, うすら, うつって, うつる影, えがいて, おのぼり, お前を, かかりあらんか, かかる虹, かかる鷺, かすかな, きえて, さすら, さっきの, さまよ, さらはれた, しながら, すかして, すかせば, すずしさ, すらりと, すると, するよう, その月, そびえ立って, それと, た, つめたいつめたい光, ながれて, なったと, なったスプーン, なった瓦盃, なった籠, なりて, なりました, なるほど, なれば, はいちめんに, はじけて, ひびきました, ひらめいて, ひるが, ひるがえった, ふわりと, ほうり投げて, ほのぼのと, まん, みなぎって, もう一羽, もむくり, やはり高い, カキ色の, ピチリと, プロペラの, ポッカリ浮ぶ, 一抹の, 一点の, 上った, 不二は, 並んで, 二列, 五位鷺が, 仄かに, 似て, 低く漂ッ, 何か, 傾く頃, 充満ち, 光あり, 光を, 光芒の, 入る, 冴えて, 凧が, 出でざれば, 出るの, 動くごと, 包まれて, 反響し, 反響する, 吐いて, 向うて, 向け, 吹き散る花粉, 吹き立つた埃, 吹く, 噛ぶりつく, 在す御身, 変って, 夕の, 夕日の, 夕月が, 夕立の, 大きく昇った, 大なる, 山々は, 帰した, 帰し感覚, 幽かに, 延ばした春, 廻るお, 引く, 弱い星, 弾けて, 往き過ぎましぬ, 得読めぬ, 徹するもの, 徹せよ, 恰度川の, 悦びしも, 憑って, 憑り, 憧がる, 懸け渡した鉄, 懸った, 懸る, 拡がる火気, 振って, 据えた, 据えながら, 捲き上げて, 接して, 描いた, 描いたよう, 描き出して, 揚げて, 揚つた凧, 揚雲雀, 揺れて, 擴が, 散って, 散る憐れ, 於て, 日が, 昇ると, 明るかった, 星は, 春の, 春は, 晝過ぎ, 晴るる, 曳いて, 月日のか, 月渡る, 望の, 末光る, 歸し, 残りて, 残る飛行機雲, 氷の, 流る, 流れる様, 流離の, 浮かぶ雲, 浮き出して, 浮ぶ, 浮んだ, 浮んだよう, 浮んだ雲, 浮んでる雲, 浮彫された, 消えたり, 渦巻いた黒雲, 湿っぽい風, 満ちて, 漂ひ, 潰して, 煙が, 煙を, 照つてゐる, 照れる日, 現はれ, 生涯する, 百舌啼きしきる, 目を, 眩しい夏, 眺めた時, 眺めて, 知られぬ電光, 突き上げました, 立つて, 立つ場合, 立つ雲, 紅く紅く地平, 続きて, 網を, 美しい輪廓, 群れて, 翔るべし鰭, 翔る群禽, 翳した, 老松の, 聞えて, 聞ゆる, 聲も, 舞あげた, 舞いあがって, 舞い上がりました, 舞ひ上り, 舞ひ上る, 舞ふ, 芝居みる, 薄煙, 薄靄, 薄黒く, 蟠まる, 行つ, 見えそめて, 見えた, 見える, 見える蜃気楼, 見開いたまま, 赤く染まっ, 足を, 跳ね返って, 躍って, 躍る, 輝く大きな, 輝やく, 輪郭を, 送りました句, 透き徹った秋, 連って, 連つた, 連なるかと, 過したといふ, 達して, 金色の, 銀色の, 鐘の, 間隔て, 雲雀が, 雷は, 震えて, 青年の, 静かに, 非ず, 鞭を, 響き渡つた, 頬を, 風が, 風と, 風の, 風を, 飄る, 飛ばして, 飛び上がりました, 飛べ, 高々と, 高い, 高くそびえた, 高く登り, 高く飛ぶ, 鳥を, 鳴き渡り, 鳶の, 鷲が, 黄色い雲, 黒, 黒い煙, 黒煙が

1 [2581件 抜粋] あいし時, あがったが, あがりました, あくがれむ, あたつ, あっては, あの白い, あらはれしを, あらわれたという, あらわれた赤い, ありいまだい, あり魚床, あるという, ある太陽, ある月, ある雨雲, いたしましたので, いつしか田圃, いつもより, いみじくも浮かん, いんいん, うかべて, うきあがりました, うすあかり, うちながめた, うつること, うなりて, おきのこして, おほらかに, お定, かかったかと, かかってる白雲, かかりぬ, かかるひとすじ, かかれる, かがやく二日月, かくれるなんて, かけ出して, かすかに, かっきりと, かわききったやう, きこえて, きらめいて, くっきり浮き出し, くり返して, ことわる中, これが, さけぶ, さした, さながら, さやけき月, さ迷つて, しげって, したもの, した頃, してやるから, しんしんと, すけて, すみの, するほど, そそりたる, そとへ, その太陽, その時瞳, そびえてると, そよ風の, ただようよう, たつた一つ真白, たゆまない飛翔, ちぎれ雲, ぢつ, つき刺さって, つづいて, つれて, では, とけ入って, とばして, とび散りを, とろとろと, どす赤い, ながめ入って, なげると, なったに, なったら後, なったスーツ, なった中華ソバ, なった壜, なった未決, なった椰子, なった水樽, なった盤, なった荷籠, なった袋, なった酒樽, なった馬車, なつたま, ならない因縁, なりながら, なり其処, なり自殺, なるし, なるん, なんだか黒っぽい, によつきり, のばして, のぼりはじめた, はかなく消え, はずみかえっ, はるかなる, ぱっとう, ひかる雪山, ひとつの, ひひるばかり, ひらいて, ひろがったとき, ひろがる雲, ふか, ふさわしい今年, ふるうて, ぶらさ, ほととぎすの, ぼかしたよう, ぽっつりかがやい, まいあがって, まいあがるん, まき起こった黒雲, まだところどころ真紅, まつ赤, まわって, みつ, むけた, めざむれば, もんどりを, ゆき, ゆるく立ち昇っ, よれば, わだかまる銀, クッキリアウトラインを, サイカチの, ダイヤモンドを, ドンヨリした, ヘリコプターが, 一つ澄ん, 一層白い, 一杯輝い, 一点ある, 一輪二輪と, 三日月の, 上げそして, 上げました, 上つてゐる, 上り框まで, 下るごとく, 世を, 亀山小倉山の, 二つ三つかかっ, 五月の, 交錯する, 他を, 仰ぎたる煙火, 伸び上ってるよ, 低く紅, 余音を, 信じたの, 傾いてる頃, 僅かに, 充ち満ちて, 光つた山脈, 光る, 入り天, 円くうずくまっ, 冲らせた, 冴え冴え, 凍てついて, 凧の, 出る彗星, 判然と, 動きはじめました, 匂ひ, 十二階の, 午砲が, 半月が, 及び其處, 口を, 合いし時, 吊り下げられて, 吐いたとき, 向い遠方, 向けたが, 向けふんぞり返った顔, 向ける, 向け星, 向つて昨日, 向顱巻, 吸いこまれると, 吸われて, 吹かれて, 吹き散るかと, 呑まれるよう, 咲く, 唸って, 嘆けばか, 囀ずる日, 団々たる, 在りとしも, 墜ちなむ, 声し, 夕立雲の, 大きく, 大きな氣球, 大きな鶴, 大粒の, 天井から, 太陽だけが, 女の, 孔でも, 家々に, 寒くか, 射る, 小さい凧, 居据, 屡相, 山路を, 崛起し, 差しあげて, 布くもの, 帰し日露戦後, 帰せんと, 平凡な, 広告塔の, 弓の, 引き渡した鋼線, 弱々しい星, 張る, 弾く, 形を, 彼らの, 往交へば, 御拝, 徹したる人, 徹せる, 快くこだま, 思ひ返しては, 恍惚と, 悠然と煙, 愁の, 憧が, 懸かり, 懸つた, 懸るその, 成つたのは, 打ち投げるという, 投げあげたが, 投げつけると, 投げ捨てて, 投出されると, 押しつけられて, 拡った, 挙がると, 振つた, 振り上げ左, 据えたが, 捺されたやう, 掩われ, 描きました, 描くの, 揚らむとするに, 揺曳した, 撒いて, 攫って, 放ったという, 放送局の, 散らすと, 散りばめた星, 散逸する, 新しい星, 旗の, 日夜に, 旭の, 昇つたさ, 昇りて, 明るくなり, 星あれ, 星一つない, 星明かりも, 映した幻燈, 映じほの, 映らう, 映る薔薇色, 春風の, 時雨る, 晴る, 暮らしたもの, 曳く, 書く心もち, 月一つで, 朗らかな, 朝の, 朧な, 来て, 枝さしかは, 架つて下が, 柿若葉の, 桐は, 構えて, 横わる光景が, 歌ひ, 此君を, 残つて澄みとおる, 殘りし, 毬かなんぞの, 永久に, 江戸の, 沈みかがやく花, 沈もうと, 泛ぶ, 泣暮し居り, 洋墨色の, 流れたな, 流寓, 浮いたやう, 浮いてる感じ, 浮かび二, 浮きあがって, 浮き五彩七彩, 浮く夢, 浮び上る輕氣球, 浮ぶ一点, 浮ぶ富士, 浮ぶ飛行機, 浮れ歩く, 浮出して, 消えそして, 消えに, 消えるかと, 消え残った銀色, 消際, 深い色, 渡って, 湧き消える運命, 満ち赤い, 溜つて居る, 滲むだ頃, 漂う雲, 漂わせて, 漲る煤煙, 澄み渡った富岳, 濃く靡い, 火が, 火焔と, 灰白色を, 点じ乱れて, 無数に, 煤煙, 熟みつはり落つる実, 燈明一点堂島開地の, 爆ける, 片手に, 狂ひ, 現れそれ, 現れ出ます, 理解し, 生きるペガッサス, 留めず絶やすべし, 異らず, 発見し, 發動機の, 白いペンキ塗り, 白い浮雲, 白き雨, 白銀色の, 直面させよう, 真青な, 眼隠しを, 研ぎすまして, 神を, 秋立ち, 空しく黄昏, 突き出て, 突出し, 窓の, 立ち上り, 立つ, 立のぼった, 粒々に, 紅雲の, 細々と, 終った昔, 絵を, 縹緲として, 美しい太陽, 美女ヶ原は, 群り, 羽鳴らし, 翔け上りました, 翠の, 翻る翼, 考えるという, 聞いて, 聞く, 聳えた感じ, 聳える樅, 聳ゆるあり, 肌を, 自然児としての, 舞い上がり死にもの狂い, 舞い迷う, 舞っては, 舞ひ上りたる, 舞上った, 色付きはじめた中央山脈, 花火が, 茫然と, 落ちる日, 葉照りの, 蔓った, 薄ツすり, 薄雲, 藻掻かし, 蜘蛛の, 融け入るよう, 街頭に, 褪赭色に, 見えだしてから, 見えるで, 見える谷底, 見せて, 見はりひとりごと, 見上げるの, 見開かせますが, 誇って, 谺した, 費やすといふ, 赤い火光, 赤味が, 赫い, 起こり鷲, 跳ねる白い, 躍った刎釣瓶, 躍り上って, 転がる雷, 輝きそめる二, 輝き恐らく, 輝く千年, 輝やき, 迎えて, 迷って, 送って, 透明に, 造船場の, 連なる海, 遅い月, 過ごさぬ竜頭巻, 過す, 遠く棚引く, 還りて, 金太郎と, 銅羅は, 閃き魚, 閃光を, 闇が, 降りみだれる雪, 隠れて, 離れて, 雲かと, 雲ひとつなく, 雲行のみ, 青や, 靡いて, 韓馥を, 響かせて, 響き渡って, 響くお, 響く素晴らしい, 願ひ, 風騒ぐ, 飛びかよひ, 飛び上る程, 飛び去つて, 飛ぶよと, 飛べば, 飛行機海に, 食い入ったよう, 馳せ人いきれ, 騰る香烟, 高い高い浴場, 高くのびのび, 高く啼く, 高く立ち上っ, 高く響き渡った, 高まった, 鮮かに, 鳴きつれ, 鳴った, 鳴りはためかせる, 鳴り渡る行進, 鵬遊する, 黄星が, 黒い入道雲, 黒く浮き出してる

▼ 空~ (3657, 13.8%)

160 下に 70 下で 68 色が 48 下を 47 色を 46 中に 39 色は 34 方へ 33 ように 32 上に 27 方を, 色も 24 星が, 星を 23 星の 21 やうに, 青さ 20 上から, 空なる 19 雲の 16 下の 15 なかに, 中で, 方に, 色に 14 光の 13 あなたに, 一角を, 色と 12 ような, 光を 11 上で, 下, 美しさ, 色の 10 もとに, 明るさ

9 [13件] 一角に, 上の, 上へ, 上を, 下では, 下へ, 中へ, 光が, 光に, 前に, 模様を, 色, 虱

8 ほうへ, ままで, 下には, 奥に, 模様が, 雲は, 雲を

7 いろを, 奥の, 底に, 方から, 色よりも, 裾に, 高いところ

6 どこかに, もと, コップを, 一方から, 上, 中を, 真中に, 雲が, 高い処, 鳥は

5 [22件] かなたから, かなたに, なかへ, まん中に, もとで, やうな, 一方を, 中につき, 向うに, 向ふ, 天井の, 奥から, 星と, 月の, 有と, 棚雲の, 深みに, 空を, 色だった, 色でも, 蒼さ, 高みから

4 [29件] うえから, うえに, お星さま, かなたを, ところどころに, ふかさ, ビール瓶を, 一点に, 一角が, 下から, 下でも, 中には, 光は, 光りが, 光りを, 半ばを, 変り易く, 大半は, 工兵大隊だ, 広さ, 彼方に, 明るみを, 星に, 月が, 盃を, 空, 色である, 遠くに, 銚子を

3 [64件] いろ, いろの, いろも, おもて, お月さま, すすきが, はてに, はてまで, ひかりと, ほうに, ほの, ま, まんなかに, まん中で, バケツを, 一所に, 一方に, 一角から, 一部に, 上には, 下にも, 中から, 光で, 光と, 円天井は, 味噌こし, 声が, 夕日に, 広み, 彼方から, 徳利を, 方へと, 旅は, 日の, 晴れた日, 暗さ, 月, 有りどころ, 果てに, 果に, 桔梗の, 棺が, 無限の, 狭さ, 碧, 空に, 色だ, 虹, 話である, 財布を, 赤さ, 遠くの, 遠くを, 針, 雲と, 雲にも, 霞に, 青が, 高さ, 高みに, 高みまで, 鳥, 鳥の, 鳥を

2 [212件] あかりが, あかるさ, あを, いろに, うららかな日に, かなたへ, から風, ことを, さきざき, さみだれ, すずしさ, そくへに, そりは, たどたどしきに, どこにも, なかで, なかばに, なかを, ながめを, はづれ, ひかり, ほうから, ほうばかりを, ほうを, ままに, まん中まで, まん中を, もとを, ものと, ものに, ようで, をち, クラゲの, グラスを, コップが, タクシーを, トラックが, ビール瓶が, ビール瓶で, ボートが, リュックを, 一方には, 一方へ, 一点から, 一片が, 一角とを, 一部を, 一部分が, 上だ, 上へでも, 上までも, 下と, 下ひる, 下まで, 不可思議を, 中でも, 人力車が, 人物を, 仕掛けを, 他の, 何処かで, 余映, 光にも, 光も, 冴えた日, 勇士が, 半分を, 反映で, 同じ点, 向うへ, 喪過ぎ, 地を, 夕明り笠ふりむけ, 夕焼が, 大きさ, 大海を, 天の川や, 天道さま, 太陽が, 央ばまで, 奥, 奥で, 奥海の, 姿を, 家, 寺の, 小枝, 底が, 底には, 庵に, 弁当箱, 影の, 彼方へ, 微光の, 徳利が, 徳利に, 感じを, 方で, 方向に, 旅を, 旅行隊の, 日を, 明りに, 明るくなる, 明鏡に, 星, 星だけは, 星は, 星めぐり, 星も, 景色は, 景色を, 暗みを, 書割の, 月かげ涼しく, 果てから, 梧桐の, 椅子を, 極めて高い, 様子を, 模様は, 気配が, 浮き雲を, 海あゝ, 海で, 海に, 涯の, 涯を, 深さ, 港, 狹さを, 王様に, 癖で, 白い雲, 白き綿雲, 白まないうち, 白日夢, 真中を, 真理を, 碧さと, 碧さに, 碧に, 碧の, 空だ, 空の, 端ずれに, 端は, 箱を, 籠を, 紅い雲, 美しい日, 背景の, 色か, 色から, 色とが, 色との, 色と共に, 色など, 色などは, 色なども, 色にも, 色のみ, 色や, 花を, 茜が, 茶碗を, 荷車を, 華麗さを, 薄明り, 藍が, 血の, 袂を, 袖を, 裾が, 見えて, 見えるところ, 観覧車に, 赤い晩方, 路を, 身が, 車を, 軽馬車, 輝きで, 遠くへ, 酒壜を, 金砂子星輝ける, 金鑛, 開いて, 間に, 陽を, 雁の, 雄鶏は, 雲に, 雲行を, 霧らひ, 青々と, 青いこと, 青きに, 青じろいはて, 青セメント, 青板, 面に, 音だ, 頂天から, 頭陀袋を, 飛行機, 高くを, 高みで, 鳥に, 鳴る吹雪, 黒雲の, 黒雲は

1 [1513件 抜粋] あお色, あかるく澄んだ, あたりには, あちらこちらから, あなたから, あなたなりけり, あなたよ, あの白い, ある方, あれ位ひなら, いづこ, いろと, うすあ, うす黄色くほんのり, うつくしさ, うるみなど, おは, おぼろ月を, お月様, お膳, かがやきに, かただに, かなたであった, かなたには, かはたれに, かわりに, きれいに, くらき氷雨, けしきをも, こうした侘しい, こっちから, ことそれでも, こゑ, ごとく明るく, さびしさまさる, さやけく山, しぐれては, しめりに, しらみつつ, すがた, すべてが, すゝきがもうまるで, せいどう, そのまま夜, そら渋面, たど, ためらひ, ちりほこり, ところどころマイナス, とほく, どこかには, どこかを, ないの, なかばには, ながめにも, のち火星に, はずれに, はずれを, はてな, はるかを, はれた寒い, ひろがりは, ふかみ, ほうからは, ほうは, ほのめき, まなか, ままであった, まま放られ, まんまるい雲の, むこうから, もつふかい, もつ肯定, もと静かな, ものには, ゆふ, ゆめ雲, ようだった, よさ, わたくし, エメラルド色に, ガラス皿が, グラスの, コップや, コバルトは, サックを, スーツケースを, トラツクが, トランクを, ビール瓶の, ブンブンも, ページェントを, ボタ山かぶる, ボール箱へ, リュックが, ルンペン, 一つの, 一升びんを, 一小, 一方は, 一点を, 一発千両と, 一端に, 一角, 一角である, 一辺を, 一部とが, 一部分がは, 一隅の, 一面に, 七人の, 七色が, 上でも, 上なる, 上へと, 上層で, 下だった, 下どこか, 下一望際限なく, 下地の, 下手です, 下涯し, 下碧玉の, 下際限なく, 下風の, 不思議な, 世界に, 世界を, 中が, 中ほどに, 中天に, 中腹を, 中頃に, 乱雲を, 乾船渠の, 二ヵ所に, 二輪は, 五巻に, 人気の, 今一つの, 体当り, 何の, 何時しか一面掻, 佗びしさまで想像の, 偉観の, 側車を, 償いを, 光りは, 光仰がむ, 全部と, 内, 円タクを, 冒険を, 冷たさ, 処へ, 加減が, 勇士選りぬきの, 化物に, 匪賊みたいな, 千兩箱が, 半分が, 半面を, 友を, 句, 叫びも, 右袖を, 同じ場所, 名残は, 向う側へ, 周囲が, 商略に, 四方を, 固めは, 国の, 地平線に, 場合だ, 墓の, 壮大な, 声を, 変化が, 夕映も, 夕焼けも, 大うみ, 大きな黒雲, 大屏風, 大海に, 大熊星と, 大王は, 天気を, 太陽, 夾竹桃は, 奥へ, 奥底から, 奥深く潜ん, 女へ, 如かれ, 如くは, 如く凄, 如く美しい, 姿と, 字の, 守りの, 完顏襄が, 室におきまして, 家へまで, 寂しい士町, 富士と共に, 寝床や, 封筒を, 小舟の, 小鳥も, 屋根と, 山なみに, 嵐よ, 巨ゾウに, 巾著, 師父に対する, 平和よ, 広ら, 床を, 底ひに, 庭の, 廣さを, 弁当箱は, 弟子であった, 形が, 形相に, 影が, 彼方かしこには, 彼方へと, 彼方此方に, 征服者のみが, 微光に, 微笑み, 心地こそ, 念仏三昧, 思いに, 怪物, 怪物大空魔艦が, 悪魔は, 悲嘆の, 愁いに, 意義の, 感じは, 憂欝, 戦ひを, 手下なら, 抽出し, 故か, 敷っ放しの, 新鮮さも, 方が, 方にも, 方まで, 旅, 旅であった, 旅です, 旅に, 旅人を, 旅行の, 旗が, 日には, 日光が, 日足が, 明るいわり, 明るい晩, 明るに従って, 明るみの, 星から, 星でも, 星よりも, 星影に, 星駱駝の, 時の, 晩に, 晴れさうに, 晴れたる, 晴れて, 晴れるよう, 智は, 暗うなりゆく, 曇って, 曙に, 曠野を, 月かげ凉しく, 月は, 月を, 望みを, 朝涼, 木箱が, 杏の, 枇杷の, 果ては, 果て朝やけ雲の, 柚子二つ三つ見つけとく, 根方のみ, 案内者です, 森は, 椅子が, 植木鉢の, 様な, 標本箱, 模様といふ, 模様も, 樣を, 樺いろ, 歌とでも, 正月とは, 殊に黄昏, 毒虫め, 気持ちなども, 気色打くもりたる, 気配にも, 氣色定めなく, 水を, 水色が, 決戦は, 波だ, 流れ星を, 浮雲を, 海賊, 淋しい道, 深みへ, 深碧, 滄瀛へ, 澄みの, 澄み渡るの, 濁って, 濃い隈, 濡れた黝朱, 火にとって, 火入れは, 火桶を, 灰色と, 炭車は, 烟水の泡抹のみ, 無敵艦隊だ, 煙が, 煙草を, 燻ること七日七夜, 爆音を, 片すみに, 片隅に, 牧場を, 犯人を, 狭い一帯, 獣, 王さまとの, 現象を, 瑠璃色は, 畚を, 白むころおい, 白むの, 白む頃, 白雲が, 白髪が, 百方へ, 盤台を, 真ん中で, 真下に, 真白な, 眺めだった, 眼から, 眼差が, 石, 石という, 碧さが, 神として, 移りゆくの, 穹窿に, 空としてからが, 空空の, 立樂やがて, 筈です, 籐椅子の, 紅の, 紅茶色の, 紙幣である, 細い隙間, 紺青砂の, 網で, 縹色, 美が, 翼はから, 耽美の, 職を, 肌質が, 肥桶を, 胃ぶ, 背景に, 腹の, 臀部の, 自然, 色かぐわしき, 色その, 色であろう, 色なほ紅にに, 色人間の, 色寒い, 色怪しき, 色海の, 色生あつく, 色青く, 艶なる, 花は, 花瓶に, 茜は, 茶椀を, 荒鷲に, 荷物運搬車が, 荷馬車を, 葬式を, 蒼く晴れた, 蓮鉢を, 薄ら明りの, 薄赤き, 藍へ, 虫が, 虹みたいに, 蠍の, 表に, 裏に, 複雑な, 見える具合, 見える所, 見える柱, 見える玻璃戸, 見張りを, 言葉か, 誘惑, 諸方で, 財布が, 赤きは, 趣の, 車が, 輝き日光の, 辺りに, 透明さが, 連峰と, 道, 遠, 遠い西, 遠くも, 遥かで, 部分は, 重く垂れた, 重箱は, 野菜車や, 針の, 銀の, 鋼は, 鐘, 間から, 闊達無碍の, 陸軍の, 隅から, 際が, 雄渾な, 雨風に, 雲から, 雲それが, 雲にさえ, 雲よ, 雲数箇月に, 雲行きも, 雲雀は, 雲雀毛, 霊柩車が, 霞める雲, 靄の, 青いのに, 青い石, 青き龕, 青に, 青も, 青地の, 青色, 青色は, 靜けさ, 面を, 鞄を, 音響に, 頭に, 風だ, 飛行機の, 食器を, 飯櫃を, 餉台と, 高いの, 高きに, 高さ断崖, 高路を, 鳥が, 鳥や, 鳥籠を, 鴉は, 鷲われに, 黎明に, 黒雲が, 黯い

▼ 空~ (2003, 7.6%)

39 晴れて 28 曇って 23 よく晴れ 19 一面に 17 青々と 14 どんよりと 10 からりと 8 灰色に 6 まっくら, 一杯に, 水の, 鏡の 5 いよ, うららかに, まっ青に, 一片の, 唯白, 墨を, 暗い, 澄んで

4 [20件] きれいに, どんより曇っ, なかった, 一面の, 三日の, 容易に, 愈々青, 明るかった, 晴れても, 晴れわたって, 曇つてゐる, 碧い, 紺碧に, 美しく晴れ, 蒼々と, 西の, 赤かった, 雨あがり, 雨に, 高く晴れ

3 [41件] ありません, じめじめ, すっかり曇っ, それを, たいへん暗く重く, だんだんに, どんよりし, どんよりとして, どんより曇つて, ほがら, ほのぼのと, まだ明るかっ, カラリと, 低く垂れ, 低く曇つて, 低く鼠色, 即ち是, 夜に, 夢の, 奇麗に, 拭つた, 日の, 明るい, 明るくなっ, 星を, 晴れたが, 暗かった, 灰色の, 爽に, 瑠璃いろ, 瑠璃色に, 白んで, 真黒に, 秋の, 紺青に, 綺麗に, 緑色に, 色に, 茫と, 雲が, 高かった

2 [130件] あかるかった, あざやかに, あたらしく研いだ, いよいようらら, いよいよ明るく, いよいよ暗く, いよいよ陰っ, うつくしかつ, かすんで, きれいな, くもりて, これから銀, すつかり, すつかり晴れ, そこと, それより, どうやら曇つて, どこまで, なかなか白み, ぬぐったよう, ほの, ほんのりと, ぼうとして, ぼんやりと, まだ明るい, まだ暮れ, まっさおに, まっ青です, まつさ, まつ暗, まるで新, もうはれ, もう刻々と, やがて柔か, らんかんとして, コバルトに, ドンヨリとして, 一点の, 乳色に, 今日も, 以前の, 仰げば, 何か, 依然白い, 円く澄みわたり, 再び碧瑠璃, 前よりも, 堀割に, 夕焼, 妙に, 宵から, 少しずつ, 少しの, 屋根の, 帯の, 広く見えない, 急に, 手掌程の, 拭われたよう, 日が, 日ましに, 早くも, 昨日と, 時雨月清らなる, 晴れあがって, 晴れ上って, 暗くて, 暗くなる, 暗く曇っ, 暗く見える, 暗く風, 暗澹として, 暮れて, 曇つて居た, 曇つて来た, 月の, 朝から, 枝の, 次第に晴れ, 次第に薄, 水色で, 海の, 深く澄ん, 湿気を, 澄みきって, 澄み切って, 濃青き夜, 灯の, 無い, 無數, 煤煙で, 燃えて, 王の, 珍らしく, 真っ暗で, 真青に, 真黒な, 磨いたよう, 私を, 立処に, 紺青色に, 美しい, 茶いろな, 薄く曇っ, 薄明と, 薄曇りに, 薄黄色, 見えた, 見て, 見渡す限り, 赤から, 赤くなっ, 透明に, 闇夜で, 陰って, 陰気に, 雪を, 雪催しで, 雲も, 雲一片なく, 青あおと, 青い, 青かった, 青く冴え, 青く澄ん, 青し冱, 高い月, 高く澄ん, 麗らかに, 黄金色に

1 [1318件 抜粋] あおい, あかるく荷, あくまで晴れ, あたかも泥, あの宿, あやしくも, ある, あるん, あんなに蒼く, いかに麗しく, いきぬけだから, いちじるしく明るく見えました, いち早くも, いつか夕雲華やかに, いつしか綺麗, いつの間にかす, いつの間にか星, いつの間にか目前, いつもと, いつも濁っ, いつも陰鬱, いつ迄, いまにも, いやでも, いよいよ暗かっ, うすい雲, うす明, うす気味, うす青く晴れ, うっとりし, おもい雲, かえって善行, かきくもり, かすめる夢, かなりくらく, からからと, きれいだ, くもって, くらくなっ, けろりと機嫌, こういう風, この世の, この青磁, これから青空, こんな事, さつきの, さびしかりけり, さわやかに, した, しだいに高く, すきとおって, すぐ坂, すごく高い感じ, すっかり明け, すっかり雪, すっかり青く, すでに蒼々, すべての, すみわたって, せは, そう度々は, そのまま色, その位置, その方面, その朝天使ら, その灰, その言葉, それなり雨, それは, それ自身の, たかく吹く, たそがれ, ただ一つ, ただ重苦しく, だん, だんだん光, ちひさく, つめたくし, ところどころ微光, とたんに真っ黒, とり形, どうかする, どうしてあんなに青い, どうで, どう考え, どことなくさわやか, どんより煙っ, ないし, なおさら暗く, なお雷電, なごやか, なま暖, ぬぐうよう, のどかな, はてしも, はるばる身, はれ風, ひとしお青く, ひどく狹め, ひろびろ, ぴり, ふたたび晴れ, ふるさと, ほとんど暗く, ほの暗いの, ぼんやり霞ん, まことに深く, ますます低く, ますます高く, また何時の間にか, また暗く, まだあかるい, まだうす明い, まだまっ暗, まだ夕焼け, まだ太陽, まだ昼, まだ暗い暗い暗い, まだ曇っ, まだ真, まだ美しく, まだ雪, まったく明るく, まっ暗な, まっ黒な, まぶしいほど, まるでそれ, まるで黒幕, まッ, みどりに, むし暑く掻き曇っ, めづらしく, もうすっかり鴾, もうまばゆい, もうやさし, もう半ば, もう此上, もう白く, もう薄, もう赤紫, ものすごかった, やっぱり一面, やはりからりと, やはり明るく, やはり澄ん, やや曇っ, よいとして, よく澄ん, りんごの, わずかに, エスパーニャほど, ギョッと, チチチチと, ドンよりとして, ドンヨリ曇ツて, ノドカな, ヨリ黯く, 一きわ碧く, 一めん紫金いろ, 一層低く, 一方だけが, 一杯の, 一面暗かっ, 一面青く, 上から, 不思議な, 両方から, 乞食同様で, 仄白く, 今にな, 今を, 今日の, 今迄の, 仕方なく, 低くし, 低くたれこめ, 低く西, 何の, 何故か, 何物も, 余残なく, 依然灰色, 信長が, 俺は, 光りを, 全くの, 全く好く, 全く水色, 全部その, 八月です, 円く高く, 円を, 円形を, 再び花火, 冴えかえって, 冷, 凄愴, 凝って, 初夏の, 剥離し, 勇あ, 勿論真黒, 化物どもが, 午ごろから, 午後に, 午後より, 南方特有の, 厳しいほど, 又もや元, 又曇っ, 又雨模樣, 右も, 名残なく, 吹き研がれて, 嘘の, 国の, 地上の, 城へ, 墨より, 夏光沢ある, 夕やけに, 夕日の, 夕焼雲に, 夜が, 夜中から, 夥しい爆撃機, 大きな弧, 大きな黒い, 大歓び, 天河石から, 失神し, 奥殿の, 媚を, 孔雀青の, 実際は, 寂しかつ, 寒天の, 少しも, 少し濁, 山の, 嵐模様北山は, 師の, 幾分明るかっ, 広重の, 底を, 廣い, 弥が, 彼が, 往来から, 徳大寺の, 忘れて, 忽ち暗く, 思ふと, 息吹が, 悲しいまで, 悲しげ, 我が神, 戦かいな, 才人である, 拡がり山々, 拭った如く藍色, 掻き曇つて, 既に白みはじめた, 日本中どこへ, 早春を, 明かるく, 明けしぶる, 明るい燈, 明るく, 明るく明るく, 明るく群衆, 明るく静か, 明日の, 星あれどい, 星だ, 春や, 昨日までの, 昼間の, 時どきに, 時雨のき, 晴れたり, 晴れては, 晴れてるし, 晴れみ曇りみして, 晴れわたり木の葉, 晴れ亙つて, 晴れ渡つて, 晴れ風は, 晴渡ツて, 暁ほど, 暗いとは, 暗い綿, 暗くならず, 暗くばかり, 暗く如何にも, 暗く樹木, 暗く濁っ, 暗し雨, 暗雲に, 暗黒, 暫くの, 暮れ初, 曇った, 曇つ, 曇つてゐた, 曇りがち, 曇り切って, 曇り勝ち, 曇れども, 月は, 朝まで, 朝顏の, 未だ全く暗く, 本当に見もの, 朱紫国を, 柔かく滑らか, 梅雨らしく, 森として, 極めて青く, 橙色から, 次第にたそがれ, 次第に南, 次第に色, 次第に陰鬱, 正面の, 殆ど真黒で, 残念で堪らなかつた, 毎日灰色に, 気味悪い青白さ, 水に, 水色に, 永久に, 汚れて, 浪の, 海綿に, 涯しも, 淡い虹, 深く澄みきっ, 深紅だ, 淺葱色に, 清々しい朝げしき, 清朗に, 湛えて, 滑稽で, 漸く暗く, 漸く白ん, 澄みたれ, 澄切って, 濃いい瑠璃色, 濃碧, 火事の, 灰いろで, 灰色から, 無かった, 無之, 無色に, 煙か, 熱砂の, 燃え畑, 燕とぶ, 物思う種, 玻璃の, 瑠璃色深く, 異様に, 白くもえ, 白く美しく輝い, 白まないだろうかと, 白みかけたばかり, 白みはじめ涼しい, 白み港内, 白金, 皐月の, 益々曇っ, 盛んに, 相変らずくもっ, 相変わらずどんよりし, 眞青に, 真っ赤で, 真夏らしい, 真暗だった, 真暗に, 真綿を, 真闇, 眩しいほど, 眼の, 石綿だった, 研ぎ出した, 硝子製だ, 碧の, 磨いたやう, 私の, 空として, 空を, 窓下の, 答へる, 紅き笑, 紫, 紫色に, 紺青い, 絶えず雲, 緋の, 縹いろ, 美しい夕日, 美しい真珠, 美しく晴れわたっ, 美しく谷あい, 翡翠の, 自分の, 色褪せて, 茜し, 草葉に, 荘厳な, 落ちて, 蒸暑い雲, 蒼かつ, 蒼く染められ, 蒼く蒼く澄みわた, 薄い浅黄色, 薄明るかっ, 薄暗くて, 薄曇りだった, 薄紅, 薄紫の, 薄鼠色, 藍よりも, 藍色に, 藍鼠色に, 虱に, 蚊帳越にも, 行かず, 見え, 見えなくなるまで, 見ること, 見る見るまっ暗, 見る間, 親しげ, 観念した, 變り, 赤くそまっ, 赤く映え, 赤旗だ, 身を, 輝くばかり, 近侍の, 透きと, 透青, 遠い峻岳高峰, 遠く三四の, 重い曇, 金粉を, 針線だらけである, 間もなく消えた, 降り出す模様, 隅田川の, 雁来紅の, 雨乞の, 雨雲の, 雪に, 雪空で, 雲なし, 雲一つなく, 雲切れが, 霞まず, 霧で, 露に, 青々し, 青いよ, 青い海, 青く, 青くかがやい, 青くはれ, 青く地上, 青く澄み, 青く透明, 青く青く晴れ, 青ガラスを, 青白く澄つて, 青空温泉街は, 静かに, 頭の, 頭布の, 風に, 飛行機で, 駈けられずやはり, 高い, 高いぞ, 高かつ, 高くうらうら, 高くなっ, 高く幾つ, 高く晴れ渡っ, 高く蒼い, 高まる, 魏旗に, 麦粉色に, 黄色く濁っ, 黄褐色な, 黒く林, 黒灰色に, 鼠色で

▼ 空~ (1330, 5.0%)

29 晴れて 25 曇って 17 急に 16 白んで 15 一面に 12 見える 11 明るくなっ 10 見えた 9 暗くなっ, 見えて 7 朝から, 覗いて, 霽れ 6 ある, くもって, ひらけて, よく晴れ, 光って 5 あった, すっかり晴れ, 明るくなる, 落ちて

4 [14件] そこに, ひいわり, ひろがって, わずかに, 俄に, 少し明るく, 映って, 澄んで, 火事の, 白, 眼の, 綺麗に, 青く晴れ, 頭上に

3 [26件] あって, うっすらと, かすかに, くるくるくるっ, どんよりと, はれて, まっ白に, ボーッと, ポーッと, 低く垂れ, 俄かに, 夜に, 山と, 旗の, 暗くなった, 曇つてゐる, 曇ると, 桔梗色に, 無いといふ, 白むの, 真紅に, 真赤に, 自分の, 葉の, 見たいと, 青かった

2 [95件] あつた, あるばかり, あんなによく晴れ, うつって, からっと一たん, くらいよ, しらじらと, すっかり曇っ, そして空じゅうそ, だんだんと, とべるん, どんより曇っ, なくて, ほのかに, ほのぼのと, まっ暗に, まっ赤, まっ黒に, みえた, やっぱり繰り返し繰り返し曇っ, ミインミインと, 一つも, 一本の, 一面の, 上に, 不意に, 二つに, 二人の, 人の, 光る, 兵火に, 午過ぎから, 地面と, 変って, 大きく澄ん, 大へん, 好きだ, 広がって, 底も, 彼の, 明かるく, 明るいから, 明るくなった, 明るくなつ, 明るくなり, 明るくなりかけ, 明るくなり出した, 明るんで, 映つて, 晴れたよう, 晴れわたった, 晴れ渡って, 暗い, 暗くて, 暗くなる, 暗黒と, 死んで, 海の, 淀んで, 深く沈ん, 無いと, 無気力や, 燃えるよう, 異常に, 白く映っ, 白みかけたころ, 白みかけたばかり, 白みだしてから, 白む頃, 目に, 真蒼, 秋の, 突然彼, 窓を, 紫色に, 美しく晴れ, 美しく晴れ渡つ, 茶いろだった, 蒼い光, 見えるだけ, 見られた, 赤いが, 赤くなっ, 透いて, 金色に, 陰鬱に, 雨あがり, 雲で, 霞んで, 青くすみわたり, 顔を, 高い色, 高く澄ん, 黒雲に, 鼠色の

1 [782件 抜粋] あからむ, あすこへ, あつて, あやしくなっ, あらはれた左右, あらわれはじめたの, あらわれました, あり地, あり黒, あるくせ, あるに, あるの, あるよう, ある周囲, あんまり光れ, あんまり速く, いかにも遠く, いちめんに, いっしょに, いったいに, いつかまるで, いつに, いつのまにか曇っ, いつのまにか黒い, いつの間にか霙, いつまでも, いつもの, いつもほのぼのと, いまでも, いまどこまでも, うす暗くなっ, うす紅いろ, うす赤くこげ, うつすらと, うつりました, うなって, うるみ始めましたよ, おげん, おちて, かがやいて, かき曇って, かくれて, かっと燃える, かぶさって, きら, きらきらの, きれいに, くっきりと, くもるの, この上, ござんせぬ, さっぱりと, しぐれて, しだいに紅色, しだいに遠, しらしら, しらみだしたら一番貝, すこしづつ, すこし黄, すっかり白い, すつかり, すつかり切, ずり落ちて, そう云った, その上, その実, その戸, その葉, それと, たいていの, たずねました, たとえよう, だいぶ明るく, だんだんに, だんだん擦り落ち, だんだん明るく, だんだん暗く, だんだん暮れ, ちらちらと, ぢつと, つづいた, とべるの, とりどりな, どうの, どことなく霞ん, どっちの, どんより曇った, ないだらう, なくなって, なくなる, なつかしくも, なんとなく戦塵, にわかにくもっ, のこって, のぞかれるの, はっきり開け, はつきりと, はてしなく拡がっ, はれか, ばら色に, ぱッと, ひつそりと, ひどく深々と, ひどく長い, ひるがへ, ひろが, ひろがるとき, ひろくなった, ひろく見はらせ, ひろびろと, ほの, ほんのりと, ぼうっとうす, ぼうっと白く, ぼうつと, ぼんやり曇った, ぼんやり白ん, ぼんやり赤く, ますます濃く, まず透明, また六かしくなつ, まだどんより灰白色, まだ赤く, まっさおに, まったく色褪せ, まひるの, まるで火事, まッ赤, みえその小さな, みえるだけ, みたいもの, むかい合, むしむしする, むら雲を, めぐまれて, もう春, やがて水色, やや明るい, ゆれました, ようよう晴れ, よく駈けつける, エナメルの, カラリと, ザーッと, ズーッと, バラバラと, バラ色や, ポッと, ライラック色と, 一時に, 一杯に, 一杯日の, 一番持てなかつた, 一瞬ごとに, 三蔵に, 三蔵法師の, 上を, 不思議に, 亡くなってから, 人が, 人間無差別の, 今晴れた, 今朝は, 低くたれ, 低く下り, 低く憂鬱, 佐渡を, 何ともい, 余りに強い, 供養すべき, 俺たちから, 僅かに, 先ず薄, 全く暗く, 其の濃厚, 再びたずねました, 写って, 冴えて, 冷えれば, 凄まじく一様, 出来た, 切り抜いたよう, 判然と, 別れる上郡, 刻一刻に, 割れて, 北国の, 北国までも, 十日も, 午後から, 午後には, 午時分から, 半分暗, 却つて緑の, 反映し, 叱った, 呪わしく思います, 和んで, 喜んで, 四方八方から, 回転し, 在る, 地上へ, 垂れこめたの, 垂れ下がって, 塞がった, 墓場です, 夏の, 夕やけ雲で, 夕日の, 夕映で, 夕焼の, 外へ, 多いといふ, 大きくマン, 大に, 天の, 失はれると, 好き, 妙に, 嬰児も, 宵の口から, 尊いの, 少し曇っ, 少し霞ん, 展がって, 山が, 山際の, 布片の, 帯の, 幅三尺ほど, 年頃に, 幾度色を, 広々と, 広いの, 広く現れ, 広く見える, 強健な, 影に, 復た, 心地よく晴れ渡つ, 心持明る, 快く晴れ, 思ひ出される, 怪しかつ, 怫然として, 恋しくて, 恋しく想, 息を, 悉皆持ち去る, 懐かしく遣, 所存は, 打ち眺めた王, 拡がって, 拡がり橋, 拡がる, 拭ったよう, 持つて, 擴がり, 日暮の, 明けはなたれた, 明るいばかり, 明るくて, 明るくな, 明るく太陽, 明るく見える, 明るんだばかりの, 映らなくなりその, 映り, 昼ちかく, 晴れずに, 晴れたや, 晴れたらこの, 晴れてるらしい夜気, 晴れる, 晴れると, 晴れわたり日光, 晴れ上がって, 晴れ上つて, 晴れ渡つて, 晴れ雲, 暈か, 暗かった, 暗くならない, 暗くなり, 暗曇程度, 暗青色, 曇ったり, 曇つたら, 曇つて來ました, 曇つて星の, 曇つて激しい, 曇つて雷が, 曇りやがて, 曇り北風, 曇り果てる時, 曇り霧, 月明に, 朗かに, 朝鮮に, 木々の, 枝という, 染められただけでも, 横さまに, 横たわって, 次第に光, 次第に明るむ, 次第に蒼味, 残った, 段々と, 毎日澄みきっ, 毎晩赤く, 水色に, 永遠である, 沈もうと, 洗われたよう, 流れ其処, 浮び出て, 海が, 海へ, 淡青色, 深うなるほど, 清浄な, 減じて, 漏れ透くかと, 漸く明り, 澄みきつて, 澄みこれ, 澄み切って, 澄み渡ッ, 澄んだら蓼, 澄んでる, 濁ったという, 火の, 灰汁を, 炎の, 無数の, 焦け, 焦げるよう, 焼けた真紅, 焼けてる, 焼ける子供, 照り渡り, 燃えるやう, 燦々した, 燻ぼり山, 爽やかな, 狭く細い一部分, 狹く, 現れ日, 瑠璃の, 生き返ったよう, 申す念仏, 異しん, 白くなりはじめた, 白くもえ, 白み, 白みかけたくらいの, 白みかけると, 白みそめるより, 白みだしたという, 白み出すの, 白み夜, 白むと, 白むとともに, 白む頃おい, 白む頃関係者, 白んだ頃, 皺くちゃに, 直ぐ前, 真っ赤に, 真ッ赤, 真暗く, 真暗に, 真赤であった, 真黒いなりに, 真黒に, 眼に, 矢も, 硝子に, 碧あお, 神通なき, 私たちの, 私には, 稍明るく, 稍曇つて居た, 笑って, 第一, 紅い, 紅くなり, 紅色を, 紫立つ, 紫色がかった, 紺青に, 続いて, 美しいとか, 美しい山, 美しく澄ん, 背景に, 自己に対して, 色づいて, 茜色に, 荒れて, 荒模様に, 蒼々と, 蒼々として, 蒼く割れ, 蔽うて, 蔽ひかぶさつ, 薄墨色に, 薄明るく, 薄曇っ, 薄紅く, 薄黝, 薔薇色に, 融け合って, 血の, 行手に, 西日に, 見あげられるだけ, 見えそこ, 見えない庭先, 見えました, 見えますだ, 見えるかと, 見えるでしょうか, 見えるという, 見えるよう, 見える所, 見え出して, 見え家並, 見え日射し, 見え蒔きずての, 見え鴎, 見たくなりました, 見られると, 見る見るうち, 見上げられる縁側, 覗かれる, 言ったこと, 言ひ, 赤, 赤いなあ, 赤かった, 赤くなり, 赤く染まっ, 赤く焼, 赤く焼け, 赤く燒, 赤る, 赫と, 身に, 近くなるだろう, 近く星, 透き通って, 透けて, 透明の, 遠い記憶, 遠くから, 遠くへ, 遮るもの, 重く湖水, 金茶色に, 針葉の, 銀ネズミ色に, 鏡の, 開けるの, 陰って, 障子の, 雨雲と, 雪を, 霽れた, 青々と, 青いだけ, 青いという, 青い巨大, 青え, 青くって, 青くなり, 青くはれ, 青く冴え, 青く高い, 青磁色に, 静かな, 頼りの, 風が, 風を, 飛べたら, 飛べねえという, 餘り, 館まで, 高い, 高くから, 高く光, 高く晴れ, 高く晴れた, 鳴って, 黄色くな, 黄色み, 黄金色に

▼ 空には~ (837, 3.2%)

52 星が 20 月が, 雲が 12 星の 11 一点の 10 白い雲 7 一片の 6 一面に, 夕月が 5 星も, 雲の, 雲も, 飛行機が 4 うすい雲, 月も, 満月に, 無数の, 秋の, 銀河が 3 何も, 天の川が, 金色の

2 [65件] うすい靄, うす紅い雲, お星さま, きれいな, きれぎれ, さみしいなみ, ほんの僅か, まだ幾つ, まだ暁, まっ黒な, もう天の川, もう秋, もう細い, やはり菱形, 一めんに, 一群一群の, 一羽の, 中秋の, 今日も, 何の, 僅かに, 八重の, 午後からの, 塵一筋浮べず, 夏の, 夢の, 小さい星, 小鳥が, 小鳥一羽囀り, 巨大な, 弱い星, 強い光, 微かに, 所々雲も, 日が, 日の, 春が, 月さえ, 月の, 朝も, 横に, 満月地には, 灰を, 王の, 白, 白い星, 白い月, 真赤な, 神でも, 薄墨の, 軽気球, 過されぬと, 金色に, 銀いろ, 銀河の, 鎗の, 陽が, 雲一片なく, 雲雀が, 雲雀の, 青い青い茫, 鳶が, 黄色な, 黒雲が, 鼠色の

1 [510件 抜粋] あちらこちらで, あっちに, あの勇ましい, あまた烏, あらぬ地, あらん限り, ありとあらゆる星, ありやさし, いい月, いさ, いちめんに, いつの間にか真っ黒, いつの間にか眩, いつも水蒸気, いつも煤煙, いつも長雨, うつくしい金剛雲, うん気に, えひ, お星さまさ, お月さま, かすかに, かずしれぬ星, かぞえるほどの, かっこうが, かろうじて二, きざんだ色紙, きらきらと, けれどもここ, けろりとした, さっきと, ずいぶん沢山, たこの, たためく黒き, たったあれ, だんだん雲, ちかちかする, ちぎれた雲, ちぎれ雲の, ちやうど, ちょうど十六, ぢけた, つんとした, ときどき大きい, ところどころ青い, とんぼが, どうして星, どこと, どことなく冬, どんよりと, なか, ながらく動かない, なごりの, なにものの, なほ火事の, なほ雪を, ならず梅雨時, ならない, ならなかった, なるまい, のべつという, はるか高く, ひとひ, ほこりの, ほととぎすやぶ, ぽつりぽつり星, まさか二十日鼠, また一めん, また地平線, また雪, まだ少し明かる, まだ昼, まだ有明け, まだ残照, まだ淡, まだ雲, まっ白な, まるでたつた, まるで銀, みずみずしい星影, めう, もういつしかわびしい, もう一條, もう太陽, もう日, もう雲雀, やっぱり星, やはり星, やはり雲, よい月, よく鳶, カフェの, キラキラ白く, タブーが, ダイヤモンドを, ナザレの, ネオンサインの, パチパチと, 一きれ, 一つの, 一ぱいある, 一ぱい雲が, 一ひ, 一刷けの, 一台の, 一団の, 一日の, 一朶の, 一秒ごとに, 一筋火の, 一粒一粒に, 一群, 丁度彼, 七月の, 三つ四つの, 三体, 三日の, 三日月の, 上弦の, 二つ三つ黄ろい, 二三度鍵の, 二十日あまりの, 五の, 五彩の, 五色の, 人ッ子一人通る, 他人が, 低い微か, 低く真黒, 何かが, 何か月の, 何とも形容, 何んにも, 何時か, 何時の間にか鰯雲, 何物も, 例の, 依然として春, 信天翁が, 信天翁海には, 俺も, 先刻の, 光の, 光り初めた許, 光弾が, 八ヶ嶽が, 六か所からも, 其処此処に, 冬の, 凄惨な, 初秋の, 動かない雲, 化物の, 北に, 北斗七星が, 十数条の, 千光寺山が, 午近い暑い, 半月が, 半輪の, 半鐘の, 南風の, 厚い雲, 厚雲が, 古人の, 向けて, 吹いて, 嚇怒は, 四季を通じて, 団々たる, 土埃が, 地上を, 墓原の, 変りは, 夏らしい, 夏雲が, 夕映が, 夕焼雲が, 夕虹が, 夕靄が, 夜鷹も, 夢ほどの, 夥しい阻塞氣球, 大きい星, 太陽が, 太陽の, 奥ゆかしい廂, 奥深く晴れてる, 女優募集の, 女菩薩たちの, 好運や, 妖麗な, 季節おくれ, 宇宙怪人が, 富士が, 富士山が, 寒く澄んだ, 寒そう, 寒月が, 小さい白雲, 小さき月, 小波の, 小鳥や, 少しふつ, 少しも, 尚ほ, 尻尾を, 居りました, 山の, 崢, 嵐が, 平和の, 幽かな, 幾つかの, 幾らか雲, 幾億萬羽の, 引つ切り, 弱々しい星, 御地の, 微塵の, 微墨色, 微小星の, 微熱に, 怖ろ, 思はん, 恰かも, 戸鎌の, 散り雲ひとつ, 数えきれないほど, 敵の, 數知れぬ, 断れ, 断雲の, 新平太, 斷れ, 方角の, 旗の, 既に清涼, 日に日に鱗雲, 日暮の, 日暮れに, 早くも, 早や, 明りが, 明るい月, 明月が, 星, 星ぞ, 星は, 星ひとつなく, 星一つみえなかった, 星一つ見えず, 星一つ顕れた, 星影が, 星影も, 星影一つ見えなかつた, 星猶, 春の, 春らしい, 春雷が, 春風に, 昼の, 昼月が, 昼間の, 昼間降った, 時々鷺, 晴れた空, 暁の, 暈の, 暑い陽, 暗い屋根屋根越し, 暗く雨雲, 暫時の, 曉から, 月いで, 月は, 月一つその, 月光が, 月明らかに, 月美しく, 朝來の, 朝晩に, 朧な, 東の, 林を, 枝を, 柄杓の, 柔かい星, 柳の, 桐の, 椋の, 様々の, 樅や, 横ざまに, 樹の, 橙色に, 欅の, 残月が, 毎日何の, 毎晩大入道が, 沖かけ, 流れても, 流れ雲, 浮ばなかったろう, 涼しい気配, 淋しい星, 淡い星, 淡い白雲, 淡い雲, 深き榮, 清い日, 清い明るさ, 清き星, 清光の, 激しく雲, 濃い鼠色, 濃き藍, 濃くなっ, 濛々と, 濛気の, 火の粉が, 火炎の, 火焔の, 灰汁を, 灰色の, 炎の, 烈風が, 焦げ臭い匂ひがし, 焼け爛れた円盤, 煙の, 煤煙が, 燃え落, 燕の, 爆音, 片雲の, 片雲も, 物を, 獅子座が頭を, 玉子色の, 王と, 現われないもの, 田圃が, 白いかもめ, 白いちぎれ雲, 白いもの, 白い巻雲, 白い朝, 白い牛乳色, 白い雲一つ, 白く光る, 白光りする, 白雲が, 相変らず, 真っ白な, 真正面に, 真珠色の, 真黒に, 眼に, 石竹色の, 硬く強く鋼線, 私うまれ, 私は, 私自身の, 秋風が, 稲妻が, 積雲が, 空で, 空軍の, 突風も, 笛や, 簇, 糸の, 紙鳶が, 紙鳶の, 細かな, 終らなかった, 綺麗な, 綿の, 綿毛の, 繊雲一ツだ, 羅生門の, 美くしいまぼろし, 美しい玉, 聞き流しませんでした, 腹の, 自分の, 自然の, 舌切雀の, 色と, 花が, 花火が, 花火地には, 苔さびた, 苦き嘲笑, 茜色の, 蒔絵師の, 蒼い星, 蒼土には, 蒼白い月光, 薄あかい, 薄い月, 薄い雲, 薄すらと, 薄ぼんやり, 薄墨色を, 薄紫に, 薄雲, 薔薇色の, 虹が, 蜂の, 蜃気楼の, 蜻蛉などが, 蝙蝠が, 行く雲, 見えず花, 見えない雨, 見られません, 見渡す限り一点, 覺えて, 警備飛行機が, 豆ランプの, 赤い光, 赤い太陽, 赤い星, 赤い花びら, 赤い銅盤, 赤い靴, 赤く映え, 赤とんぼが, 赤とんぼの, 赤子飛びみだれ, 軽い白い雲, 軽気球が, 輝いて, 迅い, 這い塞, 遙かに, 遠く星, 重い積雲, 重くろ, 重たらしい押え付ける, 金無垢の, 金銀の, 銀の, 銀色に, 銀色の, 鋭い細月, 阻塞氣球が, 降るよう, 階段が, 雨雲が, 雪が, 雪雲が, 雲なき, 雲ひとつない, 雲ひとつなく, 雲ひとひ, 雲を, 雲一つありませんでした, 雲一つない, 雲一つなく, 雲一つ見えず, 雲低く, 雲脚が, 雲雀, 雲雀がせは, 雲雀田には, 霞が, 霞とも, 霞んだ月, 露が, 青い所, 青い重さ, 青ざめた冷たい, 青光り, 青空そのものしか, 風が, 風さえ, 風も, 飛ぶ星, 飛ぶ烏, 飛ぶ鳥, 飛行機なおまた, 飛行機陽気な, 高々と, 高いところ, 高い山々, 高い峯, 高い日, 高く朝日, 高く雲雀, 魚座の, 鮮に, 鱗の, 鳩, 鳩が, 黎明の, 黒い鳥, 黒煙が, 黒雲の

▼ 空~ (782, 3.0%)

21 飛んで 19 のぼって 17 向って 13 眼を 12 向けて 11 向かって 7 昇って, 空へと 6 上って 5 かけて, とんで, 消えて 4 のぼる程, むかって, 上げて, 空へ

3 [14件] あがった, あがって, のびて, むけて, 向いて, 手を, 投げて, 斜に, 舞い上った, 舞い上りました, 舞ひ, 逃げて, 顔を, 飛び去って

2 [44件] ちりかけて, のぼった時, のぼるとき, のぼるん, まいあがったの, まい上がって, まい上った, 一文字に, 上つたかと, 出た, 出て, 向いたまま, 向けた, 向ける, 吹きぬく, 大なる, 延びて, 心を, 投げるん, 抜けて, 挙げながら, 摩訶般若波羅密多, 撒いた, 放って, 浮き上って, 消えたよう, 溶けこんで, 白い雲, 目を, 立った, 舞い上がって, 舞い上って, 舞って, 舞ひ上りました, 若竹の, 落した, 行った声, 行って, 走って, 走りぬ, 金色の, 飛びあがりましたねえ, 飛びたって, 飛び立ち翔る

1 [508件 抜粋] あがった拍子, あがった最高, あがり始めた, あけはなつ, あげた, あげたとたん, あげて, あのよう, あゆむ, いって, うぬら, うらうらと, えんとつ, おいで, おどり上がるよう, お上りなさい, お升, お綱, かいて, かえりひとり, かえれば, かかった, かかって, かかりました, かざされた, かざして, きて, きまって出, くつきりと, くるよう, さけんで, さしかかると, さらわれて, しづしづとひとり昇つて行, しばらくうっとりと, じっと放った, すいこまれるよう, すがた, すらすらと, ずッ, たちあがつたくら, たち昇つた, ちら, つきだして, つきぬけた, つき出した起重機, つないだ, つぶやいた, つられて, つりあげからだ, つるしあげられそう, つれて, つん出て, とけこんで, とばしたり, とびあがった, とびあがって, とびあがるどころか, とびたったの, とびたつため, とびだして, とび上がったの, とび上がって, とび上った, とんだやつ, とんだロボット, どれほどか, なげたよう, なびく煙, なりと, ぬけて, のこして, のばした, のばして, のぼったよう, のぼらうと, のぼらないで, のぼると, のぼるの, のぼれるわけ, のんびりと, はなして, はね上げて, ひとすじの, ひびくと, ひるがえりながら, ふきあげて, ふきあげながら, ふり向けた, ぶちまけて, ぷっと, へびの, へんぽんと, ぼっと映します, まいあがったよう, まいあがった経験, まいあがりました, まいあがるだろう, まいのぼって, まきあげられて, まず手, またを, また十二, また奔, まわって, むかつて, むけたみょう, むらさき色に, もえ抜けて, ゆつ, カアーッと, キッと, ギター合奏を, グングン伸び, コラサッである, スルスルと, スーッと, ハネ返った, ピーンと, 一眼を, 一緒に, 一飛ぢや, 上がった, 上がったかと, 上がって, 上がりました, 上がること, 上がるの, 上げ, 上げた, 上げ両手を, 上げ天主, 上げ手, 上つ, 上つた, 上つたので, 上つて行く, 上むきに, 上りました, 上りましたが, 上り出した, 上り鯱鉾, 上る, 上ること, 上るよう, 上れば, 下りかけやがて, 両手を, 仰向ける, 伝わって, 伸ばした, 伸ばして, 伸びて, 伸び上がる, 何と, 來る, 傾きかけて, 入つて, 八方飛ん, 出して, 出たの, 出るの, 切って, 刻々に, 勢いよくすべッ, 十間あまり黄煙を, 半分溶け込ん, 双方から, 反響させる, 句を, 吊って, 吊り上げて, 吐いたまま前後不覚, 吐き出して, 向いたま, 向かっても, 向くやつ, 向けぐったり, 向けじっと, 向けられた, 向けると, 向け両足, 向け峨々累々, 向け後, 向け感覚的, 向け腹, 向け轟然, 向った, 向つて, 向つて息, 向つて鼻唄, 吸い込まれて, 吸はれ, 吹き上げた, 吹き出すデカルト, 吹き散らした, 吹き飛ばされて, 吹き飛ばされるよう, 吹き飛ばした, 吹き飛んで, 呼吸し, 噴いた, 噴きあがる, 噴き上げる湯煙, 嚴かな, 声を, 外らして, 外寄る, 大きな弧, 奈落へ, 姿を, 小さくなっ, 屈めた姿, 届くくら, 届くくらい, 川面へ, 差し立てられて, 巻き上がって, 帚木の, 帰りかけた, 帰りたいと, 帰る事, 年若, 広げた, 延ばしたが, 引いた二本マスト, 引きあげて, 引き上げるとき, 引っ返して, 引張りあげた龍, 張って, 張り飄々, 弾丸の, 影が, 想いを, 戻る, 打ち上げられたよう, 打ち込む欅, 抉るよう, 投げあげた, 投げた, 投げると, 投げ上げました, 投げ返す, 投り上げ, 投出されたよう, 抛った, 抛って, 抜いた隧道, 抜けた, 抜けるほどの, 抱き上げて, 抱き上げられる塩梅, 押しのぼって, 押し上げるの, 押送され, 拡がって, 拡げて, 持ちあげると, 持ち上げられるよう, 挙げて, 挙つた, 振って, 振り上げた, 捨てたの, 掌を, 掛った, 掛つた鯉が, 掲げられその, 掻消す, 揃って, 揉み上げられるよう, 描きながら, 揚って, 撒いたの, 撒きすてて, 攀ぢて, 放ちやり最後, 放ち其, 放った, 放った照女, 放つて, 放りあげられたって, 放りあげられたん, 放りあげられるという, 放り上げて, 散って, 敵の, 文字が, 旅立たせた当時, 旅立ったが, 昇ったと, 昇つてくる, 昇ると, 明いた穴, 星が, 星の, 時々サーチライト, 暖い, 暗緑, 更に黒煙, 木々の, 木の実の, 案内さす, 桟橋の, 棚引いたが, 棚引いては, 極夜, 樹へ, 水へ, 沈みなさる時分, 波を, 波状に, 流れたか, 流れて, 消えこんで, 消えたの, 消えも, 消え込んで, 涙ぐんだ眼, 渡って, 渦を, 渦巻きのぼって, 漂ひ去つた, 漲らした夜, 火焔が, 烏賊が, 無数の, 煙が, 煙突から, 燃やす, 燦然と, 独りで, 猛然と上がる, 現れた, 現れる, 現われた様子, 現われるそれ, 生え抜いて, 疲れた眼, 登って, 盛りあがつて, 直線を, 眉を, 眼が, 碁石を, 碧瑠璃の, 移した, 移した時, 移行し, 積みあげる曇り, 穴を, 突きあげるたび, 突きと, 突きながら, 突き出て, 突つ込ん, 突ッ張っ, 突出した, 突出た, 立ちのぼって, 立ち上って, 立ち升, 立ち昇つて, 立ち昇らせたであろう, 立ち昇らせたので, 立ち昇り, 立ち昇る, 立ったばかり, 立つと, 立つの, 立つ青鷺, 立騰る, 竜車を, 笑って, 紙凧でも, 紫陽花色の, 絡み上げられ八, 羽搏ち帰れ, 翔けだした, 翔けぬ, 翔けると, 翔けるよう, 翔け上がる, 翔け揚ッ, 翔ったか, 翔んで, 翻って, 翼を, 考えても, 腹を, 自動車も, 舞いあがった, 舞いあがったの, 舞いあがって, 舞いあがる, 舞いあがるなり, 舞いちぎられるよう, 舞い上がった, 舞い上がりました, 舞い上がり自然, 舞い上がるたび, 舞い上がるよう, 舞い上っちまうほど, 舞い上る, 舞い砂金, 舞うと, 舞つてゆきました, 舞ひあがつた, 舞ひあがる, 舞ひ上る, 舞わせて, 舞上った, 舞上つて行く, 舞上る, 花火を, 落ちると, 薄い膜, 蝙蝠の, 行つて父を, 見えたと, 赤く散った, 走った, 走つた, 走る, 跳った, 躍り上がりました, 躍り上った, 躍るかと, 軽く飛ぶ, 輝き出て, 迫って, 送りました, 逃げさりました, 逃げようと, 逃げようとでも, 逃げられて, 逃げること, 通るの, 連なって, 連れて, 遁げて, 運んだ, 運んで, 遠ざかったので, 遠ざかるほど, 釣る, 鉄砲を, 銀河の, 長く倒れる, 雄大なる, 雄鶏が, 離して, 雪白を, 靡く, 面を, 響いて, 響くか, 頭髪ながら, 風船の, 颯と向けた, 飛ばしたとき, 飛ばしたもの, 飛ばして, 飛びあがったの, 飛びあがったのかもしれません, 飛びあがったよう, 飛びあがるに, 飛びたちました, 飛び上がりました, 飛び上がる術, 飛び上って, 飛び出したという, 飛び出した為め, 飛び去った, 飛び去られて, 飛び去る, 飛び立つところ, 飛ぶ, 飛ぶぜ, 飛ぶの, 飛べりけり, 飛んだが, 飛んだと, 飛んだん, 飛上った, 飛翔せん, 飛騨の, 飜る, 駆つた, 駈けて, 騰って, 高々と, 高くかけのぼっ, 高く吹き飛ばし, 高く投げ上げ, 高く高く上がっ, 高く高く昇っ, 高く高く高く高くただ, 鷹も

▼ 空~ (766, 2.9%)

87 の中 13 を吸 8 に觸, を呼吸 7 のなか 6 のやう, を透し 5 だ, の流れ 4 が, を吸つて

3 [13件] があつ, が漂つて, だつた, です, に包まれ, は, をすつかり, を入れ, を吸う, を吸つた, を脱, を見る, を顫

2 [40件] からし, があんまり, が俄, が冷たく, が重く, が際限, と一緒, と水, にはた, の, のある, のうち, の入, の内, の冷た, の呼吸, の如く, の層, の底, の微動, の波, の笛, の缺乏, の隙, はまるで, は乾燥, は冷, は尚, は常に, は次第に, は澄ん, は靜, も人, をよく, を切, を吸ツ, を感じさせる, を振, を最も, を釀

1 [494件] あしきため, いかに密, いろの, から一種, から救, から逃れ, から遁, があたり, がありました, がある, がいかにも, がいつ, がおそろしく, がかつて, がぎらぎら, がこ, がこの, がさすが, がざわめき立つ, がじ, がじとじと, がその, がそれ, がひいやりし, がひく, がふと, がほしく, がみんな, がもつ, がもーツ, がわし, がウォリク, がスーツ, がロマンチック, が一新, が一杯, が乾き切つた, が二日, が五日, が些, が何ん, が侵入, が入り, が兩方, が冴え, が冴えた, が凡て, が動かず, が動き, が匂, が却つて, が厭, が吸, が呼吸, が好く, が如何, が如何にも, が學校, が家, が寂しく, が導入, が平靜, が床, が庭先, が引つ, が弱い, が息苦しい, が息苦しく, が打ち切られる, が拔, が支柱, が明らか, が明るい, が春, が暴風, が松陰, が棺, が水, が流れる, が澄ん, が濁, が濃く重く, が熱, が生, が町中, が益, が目, が相, が私, が穴, が空間, が窓, が笑, が籠, が籠つて, が肺臟, が自分, が至極, が花壇, が蒸, が藥, が被, が起り, が釀成, が隨分火口, が面白く, が餘, が騷, が鼻, だけだつた, だらう, であつ, である, でさ, でしたから, でつ, でなかつたこと, でなければ, ではない, でもその, でもなく, で力, で包む, で教室, で鼻穴, といふもの, といへ, とかに似た, とその, とは違つた, とひと癖, とをいろいろ, と一, と光線, と囃子方, と地, と地球, と女, と家庭, と對應, と對照, と意圖, と日光, と星, と月天, と火, と眠た, と華やか, などは感じられません, なので, に, にあかあか, にいびつ, にかぢ, にそぐ, にその, にそれ, にた, にぢ, につ, についてながれた, につつまれ, につれ, にでも觸, になつ, にのつ, には不思議, には何ん, には灰, には硫黄, にひ, にひびいた, にふかし, にふれ, にふれた, にまじる, にも何だか, にも土, にゆとり, にジーン, にヒヾ, に冷した, に包まれた, に反響, に吹かれちる, に呼吸, に嘯く, に堪へなかつた, に堪へられなく, に壓倒, に壓迫, に少し, に微妙, に息づまる, に新, に於, に曝し, に浸, に浸つ, に混じ, に漂, に漂ツ, に漲つ, に異ならず, に皺, に籠つて, に統一, に脅かされ, に色, に調和, に還元, に鎖され, に閉され, に響い, に響かせ, に響き, に響く, に顫, に馴染ん, に驚い, に高く, に鼻, のい, のせい, のそよとも, のむつ, のよう, の上層, の不思議, の乾く, の代り, の俄, の偉大, の充ちた, の光る, の入らない, の冷, の冷え, の冷え切つて, の冷かさ, の冷やかさ, の凉, の凪ぐ, の匂い, の可, の固く冷たい, の壓迫, の大きな, の娘, の家, の屆, の幕, の惡, の感じ, の成分, の日夜劇, の極めて, の氣, の流れた, の流通法, の淨化作用, の清, の清朗, の清澄, の漂, の漲つ, の澄んだ, の澄明, の濁, の濃い, の爲, の物々し, の稀薄, の立方積, の純潔, の脱, の臭, の良い, の色, の裏, の裡, の調子, の青, の靜かさ, の靜さ, の魔術, の鳴る, はいつの間にか, はいつも, はさすが, はしじゆう, はしんめ, はす, はそこ, はその, はだ, ははがね, はますます, はまだ, はまだまだ, はもうこ, は一新, は一瞬, は七, は三味線, は些程, は人間, は今, は何, は何時, は何處, は何處迄, は俺, は全く, は冷え, は又, は唯彌, は地上, は妙, は子ども, は寒い, は店, は店藏, は彼等, は怪しく, は恐ろしい, は感じた, は感じられなかつた, は春, は普通, は暖か, は暢氣者, は曇り, は樂, は水, は水分, は浮動, は混濁, は清く, は漁村, は漲り, は漸く, は澄みき, は澄み切つ, は濃く熱く, は濕つて, は濕氣, は番頭, は眞上, は私, は箝束的, は總, は美女, は肌, は若し, は落ち, は蒸氣, は變, は谷間, は貧しい, は透き, は遽, は頭, は黄ばみ, は黒く, は鼠色, ばかりでせう, ひろびろした, へたのし, ほがら, まで凍つた, まで毛, もさすが, もだいぶ, も何, も何ん, も唯事, も大地, も嬉し, も日光, も柔, も沈靜, も濡れ, も空, も紙面, も融解, も身, も這入らぬ, も通, や人, や大地, や水, や貴女, よりうけし, よりも多く, より外, より成れる, より結核菌, をあたり, をうつ感覺, をうねり, をうばつて, をお, をかき立てる, をこれ, をすひこん, をすふ, をちら, をつく, をどよもし, をどんなに, をふるはせ, をもう一度, をもて, をもとめ, をやはら, をやぶらん, をわけ, をハネ, を一, を一口, を一杯, を一瞬, を一變, を一部分, を亂, を享樂, を人先, を作つて了つたの, を借りる, を傳つて彼, を元, を入れるだ, を入代, を全く, を冷たく, を分け, を劈い, を動かし去つた, を動かす, を匂, を取入れる, を含んだ, を吸つた一部分, を吸込め, を吹, を吹き込んだ, を呑, を和めます, を嗅ぎわける, を圍繞, を岩山, を怖, を思ふ, を想, を感じ, を感じた, を愼重, を抜いた, を振動, を搖, を搖す, を攪亂, を更に, を書物, を最後, を構成, を樂, を殘, を深く, を清め, を直感, を知つて, を破, を破つ, を考へ, を胸, を薫, を見き, を誌, を變, を轟かし, を送つ, を透す, を通, を通してその, を避ける, を銀色, を限る, を震, を風, を驚かす, を高く, 涼しき處

▼ 空から~ (620, 2.3%)

23 落ちて 9 降って 8 降りて 7 ふって 5 雪が 4 おりて, 陽が, 雨が 3 さっき見た, 下りて, 御伺い, 舞い下って, 舞い落ちて, 見て, 降る雪, 霙が, 飛んで

2 [48件] あめの, おとすの, さうし, さがって, それを, ながめて, ばらついて, ひらひらと, ひらりと, ぶら下って, もつて, パラパラと, 一台の, 又もや細かい, 地の, 大きな眼, 天降っ, 小手を, 急に, 恐ろしいばい菌, 撒布された, 日光が, 星が, 来る, 来るもの, 東へ, 柚子の, 湧いて, 漏れて, 火が, 煤ふる, 物が, 白いもの, 真直に, 眼に, 自分の, 舞ひ降り, 色なき, 西の, 西日が, 見下す大きな, 遠い都, 降つて, 降る, 隕ち, 雨つぶが, 青柿, 音も

1 [433件] あが, あたしを, あたりを, あたり一面に, あらゆる波長, いきなりこの, いきなり森, いった, いろんなもの, うすくさしはじめた, うすれかけて, おとされたよう, おもどり, お庭, お振袖, お眼, お礼を, かき消え峡間, きつぎ, きて, きみの, くる飛び道具, この幼馴染, この海戦, こぼれる枇杷, ころげて, さがすの, さして, さすやわらか, さす陽, さつき見た, ざること蝶を, すがすがしい微風, すけだちが, すーっと, せまる, その黒い, そよそよと, だった, だらりと, だん, ちらりちらり雪花, であった, でしょうよ, でも, とっ組み合った人間, とつぜんまい下り, とんで, どすんと落ち, どっと吹き寄せる, なげおろした通信筒, なにか勢いよく落ち, なにか小さな, なにか来, なにが, なりと, のぞいて, のぼりはじめた月, はらはらと, ばったりかぶさった, ばら撒かれ, ふってでも, ふる雨, ふわふわと, ふわりと, ぶらさ, ぶらさがったよう, ぶら下, ぶるるるる, ほとんど何もの, ほの, ぽつりと, まいおりて, まくため, または海, また雨, まっ白な, まっ赤, まつ白な, まともに, まぶしいほど, まるで小糠, みかた, みるみる紺青色, むらさきの, もいで, もうプロペラ, ようやく東, グーングーンと, サッ, ストンと, スバラシイ満月の, ドンドン降る, バタバタと, ヒュウと, フワリフワリと, ヘクザ館を, ポツリポツリ, 一つの, 一人の, 一方が, 一日じゅう同じ, 一晩じゅう海峡の, 一直線に, 一童子が, 一群の, 一羽二羽三羽四羽村を, 一通の, 上から, 上る晩, 下がって, 下して, 下って, 下に, 下へ, 中庭の, 丸い光線, 乗りつけて, 二羽の, 五十鈴の, 人が, 人間が, 今年初めて, 今日ばかりは, 仰いで, 伝はつて, 何かしら落ち, 來た, 俄かに, 倦んだよう, 先生の, 八時ごろに, 其甥比叡の, 冷い, 冷やり, 力な, 南へ, 卷き寄せると, 卸すと, 反射する, 取落した奴, 叩きつける土砂降り, 吹きおろす無, 吹きつける雪, 吹き落され黒い, 吹く新鮮, 吼えとどろいて, 呼掛けたやう, 呼掛けたよう, 地に, 地へ, 地上へ, 地上へと, 地平に, 地平を, 地球を, 地面の, 地面まで, 垂直に, 墜ちんばかり, 声が, 夏の, 夕ぐれとともに, 大きな弧, 大きな釣瓶, 大きな黄色い, 大気の, 大粒な, 大鷲の, 天狗に, 天頂にかけて, 太陽から, 太陽が, 太陽がわ, 姿を, 威嚇射撃を, 寂しいモオトン, 寄せて, 寄って, 寒い風, 射す日, 小さな糞, 小糠雨が, 小雨が, 小鳥が, 少女らは, 差し出て, 差す日光, 己れ, 巻き寄せると, 庭の, 庭中の, 彼の, 往来や, 後で聞き, 後期印象派風の, 御降りなされる, 御降臨, 徹夜作業の, 怪しい雲, 怪人を, 怪獣の, 恐ろしい風, 恵那山の, 悲鳴にの, 戻って, 手だけで, 手を, 投げだされて, 投げて, 投げる強い, 投げ落とされる度, 折々日光, 折々電光, 抜け出るよう, 抱留められたよう, 持って, 捲き下して, 散って, 斜めに, 新しい原子時代, 日が, 明かる, 明けはじめる, 明け初めて, 明るく晴れかけ, 星屑を, 昼夜の, 時々ヒラ, 晴れた軽い, 晴れて, 最愛の, 月が, 月光が, 来られるまつり, 来るとでも, 来る光, 来る愁, 来る故, 来る神, 来る風, 板廂を, 栄介に, 梅を, 横に, 横浜を, 歩んで, 殆ん, 毛の, 水に, 氷片を, 汲みあげる, 泄れる, 泣き狂つ, 注ぎかける光, 洩れる明るみ, 流れて, 流れる光線, 流れ出づる夜明, 浮き出させて, 海を, 消えたとたん, 消えるころ, 消え全, 消え去らぬ中, 消されたあと, 淋しい雨, 淋しい風, 淡い雪, 深い輝き, 清々しい力, 湧くまた, 溢れるよう, 漸くこの, 火の, 無気味な, 無限に, 焼夷弾爆弾の, 煤煙の, 照す, 熟と, 爆弾を, 爆撃し, 爆撃機隊の, 爪だらけの, 牛が, 物寂く, 現れて, 生れて, 生れ出る太陽, 異様な, 畳を, 白い手, 白い眩しい太陽, 白紙の, 真っさ, 眼を, 瞰おろし, 瞰下ろし, 瞳を, 矢の, 石が, 石油色の, 磯へ, 祝いを, 私が, 私に, 秋らしい, 稲妻が, 穏やかな, 空へ, 空へと, 空への, 突如と, 突然五位鷺, 突然降, 突然雷鳴, 窓ガラスを, 粉の, 粉雪が, 細い雨, 細い鳶, 細かい雨, 絶え間なく, 絶対に, 続くという, 続くわけ, 続く大きな, 続く腕, 網の, 翼を, 聞えて, 聞こえて, 聴え, 胸へ, 自分らの, 舞いおりて, 舞い下りて, 舞って, 舞ひ, 舞ひおりた, 舞ひ降りた, 華やかに, 落こっ, 落した, 落ちかかる何物, 落ちざま, 落ちたお, 落ちたが, 落ちたまま, 落ちたよう, 落ちた人, 落ちた神話, 落ちましたが, 落ちると, 落ちるもの, 落ちるよう, 落ちる九つ, 落っこって, 落る, 落下傘と, 蒸暑い熱気, 薄い雲, 薄日が, 薄紫の, 虹の, 蜀黍の, 見えないし, 見える灯火, 見える谷底, 見たらすぐ, 見たらどんな, 見下しては, 見下ろすと, 見物してやろう, 覗いて, 谷間へ, 豆つぶの, 豆粒の, 走って, 身を, 軽気球に, 軽飛行機, 輝かしい光, 近づいて, 近づくあの, 近よる, 逆落しの, 部屋へ, 都を, 金色の, 釣ったよう, 鉄骨の, 鉛色の, 銀杏の, 銀笛の, 銀色の, 長々と, 長い網, 長い鉄骨, 降ったか, 降ったよう, 降つたか, 降つた樣, 降つて來, 降つて来, 降りそそいで, 降りそそぐ薄, 降りそそぐ雨, 降りよう, 降り地, 降ると, 降ろして, 降臨する, 限りなく降っ, 陥ちこんだよう, 離れること, 雨と, 雪の, 雲から, 雲に, 雲間を, 青白い光, 鞠の, 須利耶に, 風を, 飛びおりて, 飛来し, 高く呼わる声, 鳥が, 黄昏が, 黒いもの, 龍夫が

▼ 空~ (474, 1.8%)

16 海も 11 地も, 山も 8 水も 5 ないよう, なかった, 晴れて, 森も 4 ない, ようが, 人も, 見ぬ土 3 からりと, まるで底なし

2 [39件] ありません, えわか, きれいに, しづかに, た, ただ一色, ない有様, なければ, まっくら, もう火照り, ようである, ようを, よく晴れ, よく晴れた, わかなく, 冷たい滑らか, 地面も, 夢みる御, 太陽も, 心に, 明るくなった, 晦く, 暗い, 暗くなる, 桔梗色で, 樹も, 海の, 無し, 無し仇, 真赤に, 私も, 紺青に, 見えないほど, 見えなくなって, 見えぬまでに, 赤い, 赤くは, 身に, 鈍びよた

1 [308件] あかくみんな, あの太陽, ありませんでした, ありません家, あるらし, あれば, いかがとぞ, いちど四国の, いつかすっかり, いつかすつかり霽, いつかどす黒く, いつかもうすっかり, いつかもうすつかり, いつか夕陽が, いつか藍色を, いと穏やか, いなかの, いんいん, うって, うららかな日が, うららかに, おおうばかり, おだやかに, おびただしい阻塞氣球, おほか, かきくらしつつ, かくれるほど, かつと, かなり悩まされた, こうやっ, この夕方, この絶妙, この頃, こんな空, ございませんでした, さうだ, しぐれも, じっとりと, すっかりと, すべぞ, すべてに, そうして氷, そこから, そして梅, そして鳥, その空, たかくて, だん, だんだんと, とうとう雨, どんよりと, ないの, ない位, ない己, ない心地, ない思い, ない程, ない顔, なかつたの, なかりけり, なき心地, なく, なくなって, なく次第に, なく縮まり寄った, なく逐い廻, なし夢, のどかならず, のどかに, のどけき春雨, ひとつの, ひどく寒くなつ, ほがら, ぼんやり明るく, まが, また薄暗く, また雨, まだすゞ, まだ暗澹, まっ青に, みんなけむり, みんな一目に, むしや, むつまじきかな, もう暮れ, やうに, やはりほ, やはりほのか, やや明るん, やや翳る, よいである, よう, ようでした, ようは大, ようは測り, ようまでが, ようやくはれ, よう変えなくたっ, よくはれ, よく見えなかった, ガランスに, ボーッと, 一つぞ, 一ぱい, 一様に, 一淀みする, 一瞬の, 一色の, 一面に, 乳色に, 亦数分の後, 亦異郷, 人の, 仏助け給え, 仰がなかつたの, 低い, 余りに澄み渡っ, 余程閉口, 優しい, 八戒も, 其処に, 冷やかに, 初夏の, 別に暗い, 動かであるも, 動き海, 同じやう, 同様です, 吹きぬく, 呼吸する, 喪装を, 四月の, 土に, 土も, 土器色にば, 地の, 地上も, 埃に, 夕燒け, 夕陽西山に, 夢の, 太平洋の, 宵闇の, 家も, 家屋も, 寂しい色, 寒さ, 少し曇り, 少し見える, 屹度真暗だ, 島も, 川も, 広く見える, 廻つてゐた, 彼女の, 待ち遠く, 忘れて, 怪しきに, 想わなかったの, 戦塵に, 掩む, 斜面も, 日が, 日の, 日本晴秋, 明い, 明けたるならむ, 明けて, 明るい, 明るか, 明るかった, 明るくなっ, 明るく川, 明るく晴れ, 明るむ, 春日丹後も, 晴れ渡り巽, 暗いその, 暗いのに, 暗い日, 暗かった, 暗くする, 暗くどんより, 暗くなりかけ, 暗く何処, 曇って, 曇りたれば, 曇れば, 最初の, 朝寒むか, 木々も, 木立に, 柳生流の, 梢の, 横浜の, 次第に明け, 毎日阿弥陀経三巻を, 水なる, 水に, 水平線も, 水色を, 氷を, 汀も, 決して夜, 河水も, 浅瀬の, 海に, 海気も, 深々と, 港も, 湖心も, 湖水も, 澄みきっては, 澄み過ぎて, 澄むだけ, 澄んで, 濃い茜色, 火の粉火の, 火光が, 物言は, 狹く, 疲れたよう, 白, 白い, 白い夏雲, 白か, 白みかけて, 白みましょうず, 白み里, 白むに, 白んで, 皆白い, 盲ひし, 真白に, 眼に, 知られぬ明け, 砂も, 硝子の, 秋が, 秋でなく, 秋晴れの, 穩や, 空気も, 立木も, 絶えず動い, 緑な, 美しう, 耀くま, 自分を, 船も, 艶であっ, 萌えた色, 蒼く澄ん, 蒼然と, 蕭殺と, 薄い萌黄, 薫りぬ, 見え, 見えた, 見えないの, 見えないほどの, 見えないよう, 見えないレキシントン街, 見えなければ, 見える, 見え幾分, 見え河, 見たくなって, 見て, 見てを, 見ない, 見なかった, 見なければ, 見知り顔に, 見違えるよう, 赤, 路も, 道も, 遠かった, 遠くの, 遠く隔, 遠すぎる, 部屋の, 醒めつ, 野も, 鉛色を, 陰って, 雨雲の, 雪の, 雪は, 雲さえ, 雲も, 霽れるらしく, 靄の, 青々, 青々と, 青かつ, 青く光つて, 青く見, 風も, 飛べたの, 飛べるし, 飽果てたれ, 魚の, 鳴って, 鳴り大地, 黒いけれど, 黒雲に

▼ 空~ (428, 1.6%)

15 海との 8 水との 7 海と, 海の 6 同じ色 5 なって, 同じやう, 水の 4 その下, ならばや, 同じよう, 地とに, 漣とを, 雲と, 風の 3 なった, 似て, 地とを, 大地の, 日光の, 水と, 水とは, 水とを, 海を, 緑の

2 [33件] いふ, なつた, なる, 同じ蒼い, 土との, 地とが, 地との, 地の, 地上とに, 地上に, 地面が, 大いなる夢, 山と, 山野と, 日の, 樹と, 比べると, 海が, 海とを, 海に, 皇孫領らす, 花との, 草いろ, 見て, 見れば, 観じ雑念, 赤い煉瓦, 違って, 隣りの, 雪の, 雲とに, 雲とを, 風と

1 [246件] あきらめるの, あの雲, いい海, いい煙, いうものの, いうより, いえば, いひそんな, いひ一, いひ煙, おぼろ月が, くれな, くれないの, こころと, これに, しだれ桜と, し海, すぐくつついてゐた, するならば, すれすれな, そうして多摩, そしてさらに, そして暖かい, その中, その反射, その澄みき, その砂塵, その空, その附近, それからいくつ, それから駅, ちがって, なったり, ならざるまでも, なり, なりかけたころ, なりついに, なりては, なりに, なりました, なり寒い, なり後, なり枕元, なり熊, なり被告人, なるか, なるにつれ, なる時, なれかし, なんともいえない, なん呼ばる, にらめっくらして, ひたひに, ほく, ほく引ずりて, ほく雲, まだ餘, みどりの, もののねと, ペンキと, 一しょに, 一つである, 一つに, 一刷に, 一所に, 三段の, 両方を, 云うが, 云っても, 云は, 云ふ, 五色の, 人の, 似合った長い, 光, 光る地面, 入江とが, 共にほ, 冷い, 初春の, 前の, 原と, 同じ事, 同じ変化, 同じ虚し, 同じ質, 同一の, 同時に橋, 名を, 呼応し, 命ぜられ其文字, 和し, 咲き誇ったつつじ, 四方の, 因縁とは, 圓く, 土とに, 土の, 土地との, 土面との, 地が, 地と, 地とで, 地へ, 地上との, 地平線とを, 境いを, 大地が, 大地との, 大気との, 太陽が, 太陽と, 妻との, 家と, 対映し, 對照を, 小島の, 屋根との, 山とが, 山との, 山腹に, 広くほしいまま, 往来とを, 心地よく濡, 接した処, 支那短篇集, 新らしい, 日と, 日光とを, 明るい陽光, 星とは, 有とは, 来や, 松の, 松山の, 柔かく深く大きい夜, 桜の, 棕櫚の, 森と, 椰子樹の, 横丁の, 樫の, 樹木, 毛布の, 気の, 水, 水が, 水とが, 水とに, 水とによって, 水に, 水ばかりを, 水相合ふかなた, 汗ばんだ膚, 沙原との, 波との, 波とは, 波の, 浪とに, 海とから, 海とが, 海とで, 海とは, 海とへ, 海は, 海ばかり, 海昨日も, 海澄みきった, 海面との, 港が, 渺茫たる, 湖は, 湿った路, 湿め, 満の, 満潮に, 溶け合いそして, 溶け合うて, 濃い液体, 灰色の, 熟れる田畑, 熱い葡萄酒, 燃えて, 爽やかな, 牧場の, 甍を, 町との, 町の, 白い太陽, 白い峰, 白い雲, 相咬む, 相接し, 相映じ, 眞白な, 真黒の, 睨み合って, 睨めッくら, 砂浜それも, 砂浜ばかり, 碧い, 私達とを, 積乱雲の, 空とを, 空の, 空気と, 突っかかって, 紺碧の, 続くあたり, 緑は, 署名し, 羽田の, 船が, 船と, 艸木との, 若き命, 草だ, 薄暗い日, 融け合, 融け合う辺, 言ひ, 調和を, 諸峰, 資本主義の, 赤く咲き誇った, 轟き裂ける大地, 連なって, 違つて塵埃や, 遙か, 陽の, 雄大な, 雑木原と, 雲との, 電信線の, 青い小山, 青い波, 青い海, 青田の, 青葉の, 風とに, 餌ばかり, 鯤という, 黄ばんだ雑木林, 黄色い灯, 黒, 黒藍の

▼ 空~ (285, 1.1%)

11 あつた 5 覚えて 4 聞いて, 鳴る

2 [12件] あらうか, ぐるぐるやった, ぶっつけ合せ, 又笑っ, 号令した, 弱々しい薄, 泣くの, 螺旋を, 雲が, 雲雀が, 顔や, 鳴るの

1 [237件] あかしたけれども, あそぶ, あなた様に, あのツェッペリン, いきなり音, いった, いって, うごいた, うつかり, おそろしい霧, おそろしくなっ, おぼえて, かすかに, からすが, かんかん照っ, きいて, ことに暗く恐ろしい, この二夫人, この雨, この鳥, こんな歌, さっきまで, さらさらという, すらりと, そこでは, そこに, それと, たしかにのろし, ただにやにや, たった十円, ちろちろ鳴いて, ついに死, ついに老父, ところどころ樹間, なにか音, なるほど鶏, にじみ流れて, ひたすらお待ち, ひとむら, ぴすとるが鳴る, ぴつかりこ, ふるわせた, またお目にかかりましょう, めぐりあつ, めんくらった, もろこしの, もんどり打ち, やつた, ゆすりながら, りんりん, カチ合っ, グルッと, サラサラという, ビスケツトの, ピイチクピイチクと, ブルルッと, ラスキン大尉の, 一つに, 一人病床に, 一年暮し, 七時間ほど, 二機は, 云ふまで, 低く垂れた, 低空飛行を, 何か, 何とかだ, 値を, 光るは, 凄じ, 出来るよう, 初秋の, 劈くよう, 勘定し, 包まれた白い, 半蔵も, 半鐘が, 召ものが, 可哀そうに, 右手には, 呶鳴る, 唸って, 啼いて, 啼きますは, 啼き出した, 困つた時, 垂天の, 夏の, 大きな渦, 大きな窓, 奴は, 子供の, 安房上総を, 実は尊者, 家ごと動い, 寛斎が, 寝つく事, 小次郎が, 屋根の, 岸本は, 島は, 帰り支度を, 幾らので, 底には, 廻るたびごと, 引き裂かれるじゃ, 引き裂かれるぢゃ, 引っつかんで, 弾けるもの, 彼の, 彼は, 心こ, 快く啼い, 思い浮べること, 急に, 悲しんでばかり, 想像した, 意中の, 懇意に, 手と, 手足を, 指環を, 振りまわしたが, 掌を, 揺れた, 敵機数十台を, 断定する, 新田義貞も, 日毎に, 旧友相会した, 旧暦十一月の, 星は, 暮して, 月どころか, 月光を, 朝日が, 某病院, 桜の, 死ぬよう, 死んだの, 気まぐれな, 水面を, 池の, 流星を, 灯は, 点頭いた, 烏の, 無邪気な, 燃えたり, 爆音が, 爛れた生活, 物を, 犬の, 狂って, 生きて, 病死し, 白いけむり, 白いやう, 白いよう, 白く光っ, 白と, 白秋氏の, 白鳥は, 眠りに, 瞑想を, 矢鱈に, 私が, 稲光り, 稼ぎ溜めた, 空には, 笑うの, 糸を, 美しく燃え狂っ, 義雄さんと, 考えただけ, 考えるだけ, 考える時, 考へるだけ, 聞きながら, 聞くよう, 聞こえた, 肉眼では, 胸に, 自分の, 舞う, 花火が, 花開いた, 苦労させ, 葱が, 行なわれて, 衝突した, 裂ける音, 見えるよりか, 見たところ, 見られなかった, 覚えた, 覚えたよう, 覚える事, 言って, 話の, 読める新聞, 誰を, 誰一人テープを, 財布か, 賊の, 軽あるい, 輝き藪, 輝くの, 返事を, 追っかけっこ, 通して, 遠い山, 遭った鷹, 醤油飯しか, 長い病床, 閃いた, 階下で, 雲の, 雷の, 青い山, 面白くも, 風が, 風俗習慣言語の, 飛んでる, 飛行機の, 駆下りた時, 骨牌を, 鳩の, 鳴いて, 鳴く杜鵑, 鳴く鳥, 鳴って, 鳴つてるし, 鳴りました, 鳴りますは, 鳴る雲, 鵯が

▼ 空高く~ (230, 0.9%)

4 消えて, 飛び去る, 飛んで 3 のぼって, 呼んで, 旗を 2 かすかにも, まいあがって, 吹きあげた, 投げた, 星が, 村の, 聳えて, 舞い上がって, 西の, 靡びかひ浮ぶ

1 [189件] いる牛, うちあげられ四方八方, かかげらる, かざしたと, かすかに, くるくると, しらじらと, そびえた実に, そびえて, そびえ立って, だんだんと, つき立った三本, つり上げて, つり上げよと, てまり, とがま, とびさって, とびさっていくではありませんか, どうしてよじ昇る, ながめ胸さ, にある, に差し伸べ, に松, に舞上つて, のぼる独居, のぼれば, はためいて, はねあがる, ひびき渡ると, ひびく雲雀, ひろがり槍岳, ふきあげられたもの, まいあがったん, まいあがり北東, まいあがる, また低く, まひあがる, ゆるやかに, ズンズンのぼっ, パツと, ランプを, 一羽の, 一際輝い, 万国旗を, 上って, 上つて一番に, 上り一点, 上る, 両の, 両手を, 亭立し, 人間の, 伸びたので, 伸上つてゐる, 何処からとも, 光って, 入乱れた沢山, 凧の, 凧ひとつあげ, 動く, 升らせ, 升る, 口笛を, 叫びました, 右から, 吹いて, 吹き鳴したコルネツト, 吹き鳴らし乍ら, 吹けるごと, 唸った, 囀づる雲雀, 四方を, 土煙として, 宙を, 富士の, 小さな黒い, 巡査に, 巨人の, 巻きあげて, 引き上げられ猛烈, 急調子, 怪異なる, 懸って, 投げやった, 投上げ, 抛りあげられて, 押し上げたので, 挙げる, 揚げられて, 放して, 放り上げて, 旅鳥の, 昇ったらしく星, 昇って, 昇つて行きました, 昇りはじめました, 星に, 晴れたの, 晴れて, 晴れ渡った朝, 月の, 有明月, 松本城の, 桜咲けども, 歌うて, 残して, 浪青き, 浮かんで, 浮き上がりながら, 浮く昼月, 消え失せました, 消ゆる, 渦の, 漂つてゐる, 澄み錦, 濃霧を, 燃えて, 燕の, 理想という, 登って, 登つて熱が, 登る榮達, 百舌が, 真実とも, 破裂する, 空高く, 突き上げるよう, 立ちあがった, 立って, 竜巻山の上に, 竹問屋の, 組まれた捲揚機, 繋留され, 羽虫を, 翔ける猛鳥, 翔つて, 翔りかけた, 聳える木立ち, 聳立し, 舞い上がったの, 舞い上がり一時間, 舞い上った, 舞い上ると, 舞うて, 舞う鷲, 舞って, 舞ひあがります, 舞ひあがる, 舞ひたちあがるす, 舞ひ上げ, 舞ひ上りました, 舞ひ上る, 舞ひ揚がる, 舞ひ揚る, 舞ふそ, 舞上る, 薔薇色と, 見なれた一つ, 起重機で, 超然と照ってる, 連って, 野の, 鎌と, 陽は, 雁の, 雲が, 雲雀が, 響き渡る, 頻りに稲, 風が, 飛ばねば, 飛びあがると, 飛びさ, 飛びたくなつた, 飛びはじめ, 飛び去って, 飛び去りたがること, 飛び大胆, 飛ぶこと, 飛ぶ飛行機, 飛んだが, 飛んだもの, 飛上っ, 飛去れり, 飛行ズボン脱い, 飜へ, 騰って, 高層の, 高灯籠

▼ 空~ (206, 0.8%)

48 ぽの 31 ぽに 15 ぽだ 13 ぽで, ぽにな 108 ぽな 6 ぽです, 風が, 風に 4 ぽである 3 尻で, 風の 2 きり當が, ぽも, 尻の, 腹に

1 [32件] かひだ, かやア, きり当が, ぱうになりをつた, ぽさ, ぽその, ぽだし, ぽでした, ぽでも, ぽで御座いました, ぽと, ぽなん, ぽキヤツ, ぽ八五郎, ぽ大膳坊, ぽ寒々, ぽ彌, ぽ鐚錢一つ, 下手ちよいと, 下手で, 尻か, 尻だ, 尻な, 尻は, 尻らしい, 尻嫁では, 手で, 腹の, 腹を, 風だけが, 風は, 風暦の

▼ 空さま~ (158, 0.6%)

3 の顔, はお

2 [13件] がいう, がいった, がお, がその, と木場, なの, のことば, の眼, はこの, はそう, はそれ, はひとり, も木場

1 [126件] からいっ, からお, からふと, があらためて, があんまり, がうけ取った, がきいた, がこれから, がつけ手紙, がつぶやい, がとめた, がふざけ, が何, が冗談, が口, が手, が指さした, が柘植, が相良寛十郎, が立っ, が笑い出さない, が答え, が考えた, が苦し, が見舞い, が通, が金剛寺門前町, が風, だが, だけで, とあの, という人, といっしょ, とお, とならん, にいわせれ, について子供たち, にとってそういう, にとって彼, にもはっきり, によりかかっ, に対するお, に鐘, のいう, のこころもち, のこと, のそば, のところ, の両手, の噂, の声, の学房, の思った, の態度, の手紙, の用, の眉, の笑い出す, の細い, の肚, の表情, の言, の訪問, の話, の語る, の識, の関心, の額部, はあます, はうち, はきっと, はしばらく, はじつに, はそこ, はその, はその後, はそんな, はつづけ, はにこり, はひとり言, はへん, はむっと, は一人, は一空さ, は下, は伊, は何, は前置き, は剽軽, は周囲, は土間, は子供, は子供たち, は実に, は小石川, は彼ら, は思い出した, は急, は残念そう, は爽, は相良寛十郎, は眼, は笑い, は笑っ, は自分, は若松屋, は諸国, は金剛寺, は門前町, は霞, は鳥獣, もそれ, もときどき, もよろこん, も柘植姓, も磯五, やお, をあがめ, をこちら, をじろじろ, をとらえ, をまじめ, を上座, を見た, を訪れる, を迎えた

▼ 空屋敷~ (133, 0.5%)

4 へ行く 3 というの, の中 2 が焼き討ち, というこの, なの, になっ, の蚊帳, はいや, を

1 [109件] からのがれ, から引き揚げ, から必ず, から消えました, から自分, から逃げ出した, か道理, があっ, がございます, が今や, が其処此処, が幾ら, が草深く, じゃ, だから, だそう, だつた, だという, であって, であること, でこうむった, ではその, では娘師, で五十両, で代官松, で兄上, で切支丹族, で紋也, で行く, で逢った, という特殊, となっ, となる, とは, とも思わるる, とやらで, などでつまらない, などというの, などといえ, などはたいして, などへお, などへしげしげ, などへたとい, などへはあまり, などへも一緒, などへ行っ, にある, にいる, にいわば, にね, にはその, には怪談, には色んな, に一夜, に七日, に出入り, に明り, のあの, のこの, のてい, のほう, のよう, の前, の台所, の塀外, の奥, の庭, の御, の昼蚊帳, の私娼宿, の笹家, の縁, の跡, の門前, の間ごと間ごと, の雨戸, は昼, へお, へなん, へね, へはいり込んだ, へは今宵, へは私, へまで行っ, へ今夜, へ出入り, へ只今焼き討ち, へ宵, へ常連, へ急ぐ, へ新, へ焼き討ち, へ礼, へ行っ, へ親分, へ誘い込ん, へ近い, へ連れ, まで改めて, もそこ, も松吉, や佐久間町, をわたし, を今, を巣, を焼き討ち, を蛇屋敷, を襲っ, を買う

▼ 空~ (130, 0.5%)

6 の上, の中 5 に入れ 4 に紫いろ, に腰 3 のなか 2 がいくつ, に腰かけ, のよう, の小さい, の山, の行方, を細かく

1 [88件] か, からトラック, がくし, がこの, が倉庫, が沢山, が積みならべ, が積み上げ, が竪, が置かれ, だけだった, だけ持つ, だけ残っ, だの袋, ですっかり, ではいかん, でもあろう, でもない, で事, で竹串, となった, と包み紙, などが山, などが所, などを無造作, など散ら, にしまいこまれ, にしまつ, にて之, にまとめ, に一二枚, に乗っ, に泥, に移しました, に立て, に赤毛布, に顔, のそ, の一, の割長屋, の数, の机, の椅子, の裏, の運搬, の金, の類, はつぎ, は元, ばかりが整然と, へ雑草, もある, やらを取除けた, やらを此, やらクリイニング, や河岸, や筵, や葡萄酒, をつみ上げた, をのぞき込みました, をはっしと, をひらつた, を一たび鼻, を一つ, を丁寧, を取出し, を取出す, を台, を四つ, を囮, を土, を寄せ集め, を拾っ, を持っ, を振り, を据ゑ, を搜, を椅子, を溝, を畳ん, を発見, を白, を置い, を腰掛け, を見事, を蹴つ, を重ね, を鼻

▼ 空~ (119, 0.5%)

6 事に 4 ものに 3 んです, 草刈籠を 2 がむれ, ので丘, のと, のを, もので, ものでない, 声が, 夢の, 幻を, 足掻きを

1 [83件] あきらめでは, あの様子, がめを, こと, ことから, ことが, ことへと, ことを, ときの, ところに, のが, のさ, のだ, のだろう, のであった, のであらう, のでもう, ので五つ, ので内部, のに初めて, のは, ものかも, ものでありました, ものである, ものな, ものにな, ものよりも, んだ, ベンチで, 一日を, 一流派の, 事過ぎる, 二輪馬車が, 享楽主義を, 処を, 努力としても, 口走りを, 名に, 名声は, 呑氣な, 声で, 実が, 室に, 實が, 廻転が, 影ふかい, 往来だった, 律動が, 微笑を, 心で, 思想の, 愛の, 感じと, 懐を, 手桶を, 抽象だ, 時間を, 概念にしか, 歡樂, 物が, 理屈と, 理想でなく, 生活で, 眼は, 眼差しで, 約束, 約束が, 約束なら, 約束に, 美辞麗句や, 考えを, 考へ, 苦しみで, 處に, 視線を, 言葉として, 計画に, 話, 話だ, 話に, 遊戯的な, 酒樽やら, 隣の

▼ 空~ (108, 0.4%)

7 になっ, のよう 5 となっ 2 が四軒, である, で両隣, になった, に入り, の中, の戸, の番人

1 [73件] かと思う, かと思え, かと思ふ, かね, から空屋, か知らず, が望み, が殖え, が殖えた, が目, だと, であったが, であつ, でかい, での会合, で寝, で殺し, で長く, となった, となつ, となりました, とは驚いた, と探し, と見え, などに並べ, に, にうろうろ, にし, になる, になれ, には偶然, にひとしい, に住みついた, に俺たち, に入, に入っ, に店, に忍ん, に成っ, に泊り込み, に潜る, に父母姉妹, に等しい暗い, に限る, のはず, のまま, のやう, の一つ, の借手, の内, の前, の印象, の大, の天井, の如し, の悲し, の木戸, の裏あたり, の裡, の軒前, の近く, の部屋, の門, へ人々, へ寄っ, まで手取り足取り, を借り, を借り受け, を出, を出る, を残し, を求め, を見

▼ 空~ (105, 0.4%)

3 山や, 春や

2 [11件] さみしき, すぐ近く, 土から, 明るき水離, 暮れかかる, 朝より, 水の, 水水や, 立枝の, 虚なる, 遥かの

1 [77件] あたりの, あてども, あらぬ今宵光, うんざりし, この霜, さながら, その空, はたはたああ, はらかし物, ほととぎす, また木立, まはり, みすぼらしい北国, アスフアルトの, ブルタアニュの, 一人一人の, 一羽の, 七つの, 丘や, 何かを, 入陽, 南風, 原野と, 又湿つた, 地の, 地面を, 夜の, 大地は, 島々の, 庭を, 影や, 往来の, 故人の, 日かげを, 星なんかを, 昼でも, 昼花火, 景色を, 月の, 朝焼け夕焼けの, 本土の, 林が, 森に, 森の, 森や, 水なる, 水のみ, 水や, 水を, 河原の, 波なる, 海や, 海を, 白い壁, 眺めたまはん, 砂水の, 秋の, 空, 緑と, 自分の, 花ばかり, 花崎さんの, 草や, 葉を, 赤い旗, 輝やかしい, 通りはまるつ, 野や, 雁の, 雨を, 雲や, 青々と, 青ざめた太陽, 青ずんだ, 鳥などを, 鳥の, 黄ばんだ木々

▼ 空魔艦~ (105, 0.4%)

6 の根拠地 2 がなぜ, であった, のいる, のなか, のタイヤ, の乗組員, の廻し者, の秘密, はどこ, をぶん

1 [79件] からうっ, からの変, から下り, から降っ, がそういう, がときどき, がとん, が出発, が氷上, こそじつに, だ, とその, とはなばなしい, とは知らず, とよばれる, と同じ, と敵, ならもっと, なんか僕, にかなわない, にさらわれた, によってこの, に攫われた, に知らせ, に筒, に見つけられるおそれある, のおそろしい, のせい, のたくらみです, のな, のなげおろす, のねらい, のまわり, の一つ, の一味, の一員, の上, の中, の主, の停った, の天下, の姿, の幹部, の怪人たち, の最後, の活動, の者, の腹, の行動, の隊長, の額, の高, は, はお前, はそいつら, はだんだん, はつい, はどんなおそるべき, はなんと, はにわかに, はふわり, はべつに, はエンジン, は世界, は少年, は悠々, は氷上, は翼, は自分, は若, は行く, は都合三十個, もいらいら, もその, も成層圏, をうごけない, を恨ん, を捕虜, を相手国

▼ 空井戸~ (89, 0.3%)

16 の中 7 の底 5 を覗い 3 だ, のある, の側, の口 2 があった, なん, のよう, の上

1 [41件] かと思われる, からでございます, がある, だから, であった, で一滴, で八, で城外, で打ちころした, というの, といった, と藏, にかける, につれ出し, に似た, に突き當, の下, の事, の仕掛け, の六尺下, の土壁, の底みたい, の横穴, の縁, の車, の逃げみち, の闇, は真黒, へ出た, へ出られる, へ物置, へ隱, や古池, らしい念, をさがしだし, をふさい, を上, を下, を指しました, を探してるち, を覗く

▼ 空飛ぶ~ (89, 0.3%)

9 鳥を 8 鳥の 5 鳥も 4 鳥が, 鳥と 3 円盤, 鳥, 鳥は 2 円盤と, 雁その, 雁を, 鳥だ, 鳥であった, 鳥ゆゑ, 鳥よ

1 [36件] に何, もの, ように, を弟, 一羽の, 乗物文字どおりの, 人間は, 円盤の, 博士が, 塔, 声の, 大きな機械, 大空艇である, 小鳥の, 小鳥よ, 巨ゾウ, 怪物, 樽を, 機械が, 気球は, 烏の, 白雲の, 禽も, 禽鳥の, 荒鷲は, 蠅の, 術を, 超人, 超人は, 雲に, 馬の, 鳥から, 鳥で, 鳥なら, 鳥に, 鴈の

▼ 空なる~ (86, 0.3%)

6 ことを 3 かな総て空, 状態 2 かでは, かな, かも, のみ, ものを, 世では, 幸の, 月と, 状態に, 銃鎗を以て

1 [54件] おてんとう様, かさらず, かなすべて空, かな空, かり, か知らね, その空間, その象, とは世評, のみならず, のみ赤間ヶ関, もの, ものが, ものであった, ものに, や, やうつろ, よりもなおさら, を暁, 事業を, 事欺と, 人の, 人は, 今の, 半輪の, 命, 哉都て, 夢土から, 大洋の, 大津渡海へと, 大海原, 姿すなわち, 恍惚万歳だ, 情を, 戀と, 我に, 戲れ, 星かと, 昼の, 月の, 月もこそ, 望みに, 枝には, 桜が, 樹の, 気色, 波の, 花, 豪語では, 輪の, 銃鎗を, 門から, 雄大な, 龍宮の

▼ 空~ (85, 0.3%)

3 の顔, は婦人 2 の唇許, の掌, の視線, の頬, はかすか, はまた, は急, は泣き

1 [63件] がおそるおそる, が放つた, と婦人, に眼, に話しかけた, に話しかける, の側, の感嘆, の手, の方, の眼, の頭, の鼻さき, はあー, はいつ, はごくごく, はそれ, はぞつと, はだだ, はちゆん, はなほ, はふと, はほ, はぽかんと, はますます, はまだよく, はやはり, はハツ, はパツ, は一そう顔, は不審げ, は今, は今にも, は何時の間にか, は口, は吃驚, は唇, は声, は奇妙, は小さな, は彼女, は情な, は感嘆, は橋, は気まり悪げ, は渡された, は漫画, は素直, は苦々し, は茫, は露骨, は青空, は頷いた, は顔, をひとり橋, を両, を乳母車, を抱き上げ, を抱き上げよう, を異常, を眺め, を視つめた, を降ろす

▼ 空~ (80, 0.3%)

3 のこと, はそれ 2 の体, の名, の方, は自分, は舵, もこの

1 [62件] がよびかけました, が壮烈, が操縦, が笑いました, です, との乗った, とはこの, なんだかエンジン, にはきこえた, にむかっ, によびかけました, に声援, に彼, のお, のがんばり, のこの, のそば, の下っ, の乗っ, の人間わざ, の仇, の悲痛, の最期, の服, の死, の焼け, の燃える, の生命, の空中, の考えだしたおどろくべき, の腰, の顔, は, はあくまで, はうれしなき, はお, はここ, はこの, はさすが, はじゃまもの, はすぐさま, はすこし, はついに, はどなり, ははりきったこえ, はほめられた, はまったく, はもうすこし, はりっぱ, はバンド, は怒った, は怪塔ロケット, は桿, は機体, は武者, は磁力砲, は頼もしい, もいさましく, もっと小さく, も鬼神, を励まし, を殺した

▼ 空~ (74, 0.3%)

54 といふ 3 ということ, というの, と思っ, のみにし 2 から, ぞ, とかそんな, とばかり思っ, のみ, のみで

1 [41件] かさえもわからなかった, かさへも, から思いきり, から拍子, か分らない, か山, か水, がしかし, がコニャック, けれども御, しな, っていう事実, つたといふ, というよう, といっ, といつた, とか, とする, とみえる, と云う, と悟った, と答えただろう, と説い, な, なあ, なと思ふ, などと云, なア, のは, のみであった, のみでない, のみにすぎなかった, のみに恃, のみのよう, のみもあった, のみもこの, のみも抱い, のを, 十方無礙の, 周囲に, 死だ

▼ 空一面~ (71, 0.3%)

3 に鳴り渡る, を蔽うた 2 に交錯, に星, に渋い, に瀰漫, の吹雪, を蔽つた

1 [53件] がまばゆい, が思いがけない, が明るく, と空間, に, にいく, にかがやい, にきらめい, にすっかり, にたれこめ, にどんより, にひろがった, に垂, に垂れ下っ, に墨色, に広がっ, に広がりました, に張り詰めた噎ぶ, に彌, に拡がり出す, に撒きちらされた, に擴, に擴つて, に暴れ廻っ, に曇つて, に残ってる, に気味悪く, に浮い, に深く低く, に漲った, に漲つ, に漲らす, に澁, に濃く, に煙花, に細く, に蔽, に蔽い冠さる, に赤く, に雪, のうろこ雲, の夕焼, の夥しい, の火, の鳥, は赤, をおおった, を狂, を蔽つた雪雲, を覆う, を覆つた, を飛び, 彌漫つて

▼ 空では~ (68, 0.3%)

6 雲が 3 なかった, 雲雀が 2 あるが

1 [54件] あったが, ありましたが, ありません, ある, あるよ, どんなに素晴らしい, ない, ないでしょう, ないはず, ないベッド, ない既に, ない樹, ない海水, なかつた, なかなかわかりませんでした, なくて, なく青, ひばりが, まだ時々ぱッ, まだ雲雀, カラカラカラララララと, ヘリコプターが, 一羽の, 丁度星が, 仕事師の, 何となく物悲しく, 凄じい春風, 出来ないもの, 大きな音, 御座いませぬか, 悟りようも, 探照灯が, 探照燈, 数台の, 敵の, 日ごろの, 星が, 時々に, 時折り, 時鳥が, 殆ん, 浮雲が, 白鰻の, 百舌が, 直線で, 練習機が, 肉体で, 赤や, 雁が, 風が, 高く閑居鳥, 鳶が, 鴎か, 鷸子と

▼ 空~ (65, 0.2%)

2 が十八九本, に蝋燭, の口

1 [59件] ありと, がゴロゴロ, が並ん, が二, が忽一ぱい, が残ってる, が発見, たんと見出した, だ, だこと, だった, だな, でこの間酢, で打つ, というの, とを売る, と一緒, などと一緒, に, にはこの, にもう, に一杯, に塩漬け, に活けた, に生温い, の借用, の小屋, の常夏, の方, の横腹, の群, の音, はふたたび, ばかりがごろごろ, も丁寧, や古金類, や新聞紙, や鰯, らしいの, をつまみ出し, をもっ, を一ぱい, を並べた, を出し, を叩い, を器用, を執りあげ, を堆き, を山, を拾う, を拾うた, を持っ, を握っ, を数個海中, を海綿入れ, を綺麗, を舷, を酒, 古バケツ

▼ 空~ (63, 0.2%)

4 の中 3 の上 2 のなか, のやう, を持っ

1 [50件] からは煙, が一つ, が同じく, ですがね, で砂, などを持っ, に, にいっぱい, につい, に入れ, に入れた, に水蒸気, に流れこむ, に草, に蠅, のお, のにわか仕立て, のほう, のブリキ板, の口, の投げ込まれた, の粉煙草, の隅, はたいへん, はわが, は俵, は流球, は見ませんでした, へはいっ, やその他, や茶碗, や金盥, をこつ, をすぐ, をたたく, をのぞかせ, をぶら下げた, をぽい, をガンガン, を下, を二つ, を倒, を取り上げた, を叩い, を投じた, を指した, を早く, を洗面所, を番人, を見ました

▼ 空にも~ (60, 0.2%)

7 地にも 2 うつって, 沢山あります, 沢山ある, 生れて

1 [45件] あふれ輝いて, いくらか青い, その夕星, それぞれ月がか, とどくかの, のぼれずゆっくり, はばかるよう, ひびくやう, また地, やがては, クロは, 一面に, 下にも, 不思議な, 丘の, 似た光, 何ものか, 地面にも, 夕焼けは, 寒い靄, 山にも, 幾らか青い, 建物を, 明るいところ, 星が, 星は, 昼の, 気の, 海にも, 満ちて, 疎ながら, 船にも, 街にも, 見えるよう, 際立って, 雁の, 雨は, 雲が, 雲の, 青ざめた金, 響きて, 風の, 駭か, 高く飛ん, 鳶ヒョロヒョロの

▼ 空~ (54, 0.2%)

3 がある, なし, の中 2

1 [43件] があっ, があつ, ができた, が一ツ, が多い, が数, だった, だったと, だったの, であったあの, でいちばん西側の, でも鎖され, で年かさ, で階下, といふもの, とがその, になっ, になつ, には, にはむろん, に日, に案内, に毎日, に秘密運搬中, に行った, に被害者, に運ばれた, のまんなか, の扉, はイクラ, ばかりの廊下, へ判事試補マイヤー君, へ忍んだ, へ昨夕, へ銀平, もある, もなくなった, らしい事, をおい, をかり受け, をきく, を通り抜ける, を間

▼ 空~ (54, 0.2%)

3 ができ 2 があっ, が出来, が多く

1 [45件] から眺め, があった, があつ, があり, が塞, が広い, が底面, が現, が見える, である, でこれ, にあっ, にお, において営まれ, にビラ, に一二行, に三人, に入れる, に投げつけられた, に挾まり, に時に, に色々, に註文, のある, の上, の雪, はせいぜい, は何, は即座, は直ぐ, は草履, へ手, へ橋, へ蜂, もなかっ, もなかつた, をあけた, をみたさん, を中, を作っ, を充たす, を匍, を満たし, を狭めず, を通っ

▼ 空より~ (53, 0.2%)

2 すぐに, 下りて, 水の, 落ちて

1 [45件] いかばかり歎, さらに晦濛, する者, ふりしきり地, ほかに, やや濃く, われを, 一塊の, 一文字に, 來に, 優しい聲, 切り落とされたる暗澹, 半ばはつ, 吹きおろす秋風, 四海天下を, 垂れ下りたる, 堕ち月, 声あっ, 幽に, 広き, 投げかけて, 新たなり, 新なり汐首岬, 来り, 浮き出で, 濃くまさに, 生れし北風, 発止と, 祷って, 続きけり, 舞ひく, 舞下る如く, 落ち, 落ちよ, 落ち雲うち亂, 落つる, 落つるとばかり, 見て, 降りそそぎ, 降りたる山, 降るごとく, 隠, 雨斜に, 雪降りぬ, 震ひゆらめく

▼ 空とぶ~ (50, 0.2%)

9 円盤の 6 円盤 5 円盤が 4 円盤は 2 円盤に, 円盤を

1 [22件] あきつ, 使衆鳥に, 使衆鳥の, 円盤かも, 円盤だ, 円盤だって, 円盤って, 円盤と, 円盤なんか, 円盤については, 円盤も, 円盤丹沢山中に, 小鳥も, 綿雲の, 羽根を, 荒鷲は, 雲の, 鳥さえ, 鳥の, 鳥は, 鳥も, 鴉の

▼ 空~ (48, 0.2%)

5 か何 2 のやう, を海

1 [39件] からガフ刑事, か知らず, がいっぱい, が並び, が鉄造, だらう位, だろう位, であるという, ではない, と会話辞書, と小型, と市場, につめた, にローソク, に何, に水, に移し, に等しい, に買つて來, に這入った, のよう, の口, の数々, の積, の話, へ入れ, も無い, をおっ, を作る, を取りあげ, を川, を揮, を流し, を示す, を積んだ, を貰う, を買い集め, を集め, を鳴らし

▼ 空との~ (47, 0.2%)

7 間に 2 原の, 境が, 境も, 間から, 間を

1 [30件] あは, さかいには, 一面に, 上に, 世界に, 両方から, 中には, 中間の, 光の, 区別が, 境に, 境を, 境界も, 境目が, 境目に, 境目は, 夕暮で, 外何物をも, 明るさ, 画面を, 界に, 相接する, 色彩の, 融け合うあたり, 見分けが, 連なるところ, 閉じ目, 間その間の, 間より, 限界として

▼ 空ざま~ (46, 0.2%)

7 にし 3 に手 2 に仰い, に仰反る, に車蓋

1 [30件] なの, なる美, にさし上げ, につと, にひらり, にひろげ, に上げ, に伸し, に吊し上げ, に吹上げた, に天井, に宙, に少年, に我が, に振られ, に攀, に枯枝, に棚, に波, に浮き上っ, に犬, に生, に生え, に目, に腕, に若, に颯と, に高く, に髯, を見まわせさせた

▼ 空~ (46, 0.2%)

2 の上, の中, の山, の間

1 [38件] か, が三ツ, が乾し, が人, が余り, が幾つ, でもつけ, とコップ, などが夜, にでもバケツ, に失望, に投げかけた, に目, に腰, に腰かけ, の数, の腰掛, へ抛り投げた, へ腰, や木, より他, をさげる, をそこ, をつけ, をつんだ, をもらいました, を一挺, を一梃, を叩け, を庭, を投げおろし, を支えた, を敲い, を積み込む, を積ん, を踏台, を踏臺, を鯨

▼ 空からは~ (45, 0.2%)

2 朗かな, 習との, 見えない, 青びかりが波に

1 [37件] あやしい風, これが, しきりに金色, ちらちら粉雪, ちらほらと, とめども, もうまち切れぬ, 一旦の, 一本一本が, 何ひとつの, 和やかな, 大粒の, 小鳥の, 急に, 時折り, 時折時鳥の, 晃, 暖かい日光, 木々の, 未だ雨, 柔かい暖かい風, 水, 水気の, 火の粉が, 炎熱の, 爛々たる, 眩しい太陽, 矢鏃の, 稲妻が, 縹緲たる, 軽い綿, 重い灰色, 陰鬱な, 雨と, 雪が, 静かな, 飛行機隊が

▼ 空いっぱい~ (42, 0.2%)

6 の大きな 2 に枝, の大き, の顔

1 [30件] でした, にあの, にただよわせ, にたれこめた, になる, にはだかっ, にひろがっ, にひろがり, にまき, にまっ, にゴング, にバナナ, に伸び, に光っ, に大きく, に天井, に広がっ, に彗星, に星, に棚引き, に樹幹, に絶えず, に花崎さん, に茜, に雲, に響き返し, のビール, の悪魔, の灰色, の白い

▼ 空へと~ (39, 0.1%)

3 飛んで 2 ゆるやかに, 消え行きぬ

1 [32件] かかって, そしてかかる, のぼって, のぼる, 伸び擴がる, 先に, 動き始めた水戸浪士, 勢よく, 去るので, 吹きっ飛ばされや, 帰って, 延して, 挨拶する, 晴て, 消えゆきぬ, 眼を, 競って, 羽ばたき羽ばたく象, 翔けた, 舞って, 行幸せられた, 走って, 走り移っ, 躍り上って, 辷り出, 遊びまわって, 遠ざかって, 還して, 集った結果, 集注し, 響き渡るの, 馳け

▼ 空~ (39, 0.1%)

4 となっ 2 だ, に決まっ, は土

1 [29件] から咲き出でた, があり, がのこる, がみちた, が一物, が死, だけにお, となった, にはすぐ, にひとしい, に印された, に向け, に向っ, に瞳, の幕府, はすぐ, はそうして, はばさ, やらが農家, をかかえ, をつれ, をどこ, を仮, を千年苔, を埋けた, を埋葬, を暖める, を背負っ, を見る

▼ 空という~ (38, 0.1%)

2 のは, ものが, ような, 一字の, 空を

1 [28件] あの半人半猿, お坊様, ぐあいにやりますか, こと, ことが, ことばです, ひとつの, ものの, やつは, んだ, 半人間, 坊さまから, 坊さんの, 坊さんは, 坊さんも, 坊主が, 小説が, 意味では, 意味を, 文字を, 格で, 母胎から, 理論に, 生涯を通じての, 男は, 空に, 若い坊さま, 荷物を

▼ 空~ (38, 0.1%)

2 が落ちた, や石ころ

1 [34件] がもう, が一本, が並ん, が売場, が積まれ, が船, だの, だろうと, です, なんぞを拾っ, にはいろんな, にペーパ, に入れられた, の積み, は下, は滑川, をあつめ, をのせ, をポンポン, を利用, を取り除け, を売つ, を山, を怖, を拾った, を探し, を日本人, を焼酎, を物置, を買つて, を酢徳利, を鳴らし, 古雑誌, 売ろう

▼ 空ばかり~ (35, 0.1%)

6 眺めて 5 見て 2 気に

1 [22件] ある, そして私, だ, だった為, だ三角標, でその, でなく地, でなく過去, でモヤモヤ, で啼いて, 仰いだ, 仰いで, 向いて, 探して, 映って, 暗澹として, 眺めくらし, 眺めましたが, 素ッ飛ん, 見えるクレムリン, 雲に, 高く寂しく懸かっ

▼ 空駕籠~ (32, 0.1%)

4 をかつい 2 をかつがせ

1 [26件] から持物, が二梃, が邸内, じゃったわ, であったらしい, というやつ, といっしょ, に供, のなか, の充填物, の揺れぐあいから後棒, は持て来, は臨時, をおろし, をかつぎ, をかつぐ, をよび留め, を担い, を拾っ, を擔, を片寄せ, を荷, を護らせ, を釣らせ, を飛ばし, 釣らせたり

▼ 空~ (31, 0.1%)

1 [31件] かぶって, がころがっ, がひどく, がスッ, が幾つ, が約, だの, だので, だの洋酒, でも打, で小, で熱心, などがぎっしり, などがちら, などが乱雑, などの散っ, などを持っ, に植えた, に溜め, のデカイの, の中, の光り, へほうり込ん, をかぶった, をのせた, をやめない, を寝, を引きずる, を箱詰め, を肩, を覗き

▼ 空呆け~ (30, 0.1%)

3 ている, て横, ること 2 た, て, てゐる

1 [15件] たの, たりし, ていた, ていらつ, てはゐた, てるという, てゐた, て白, て訊きます, て風景描写, ましたが, ると, るない, るばかり, るより

▼ 空~ (30, 0.1%)

2 は早く

1 [28件] が懐, でした, のふるえる, の声, の手, の指, の眼, はハタ, は一喝, は丈太郎, は何ん, は冷たい, は天来, は寒々, は屏風岩, は心, は月, は法衣, は涙, は珠数, は真っ暗, は腹痛, は身動き, は長大息, は頭, は龍, も丈太郎, も黙っ

▼ 空部屋~ (28, 0.1%)

2 なん

1 [26件] が多い, だ, である, であろうと, で武蔵, で誰, で首領, ともつかず, と洞空, ならば, にし, になっ, に僕, に燻蒸消毒, に稍, のどこ, のよう, のドア, の窓, は私, へさがっ, へ一時, へ轉げ, らしいこれら, をさがし, を大切

▼ 空まで~ (27, 0.1%)

1 [27件] いっしょに, その部屋, はっきり青く, はるばると, ふきとばされちまったからねえ, カッと, 吹きあげた, 埃つ, 声を, 届き相, 彼女は, 暗くなるらしい, 流れて, 瀰漫する, 燃えて, 犬を, 真暗に, 立ちのぼると, 舞ひ, 茂り合って, 蔽って, 走れり, 途絶えて, 逼って, 雨が, 響くよう, 鳴り響かせやがて

▼ 空~ (27, 0.1%)

2 のよう, や藁束, をしょっ

1 [21件] でも捨てる, となった, には炭, に入れ, に包ん, のかげ, の上, の下, の畳, の縄, はもと, ばかりが目立つ, へ入れる, や蓙, や薪, を敷い, を程よく, を結びつけ, を置き換え, を負, を重ね

▼ 空~ (27, 0.1%)

3 の中, の底

1 [21件] があった, だった, で裏手, といっ, と云, にかけ, には西陽, に沿う, に臨ん, に落ちた, の一ヵ所, の上, の土手, の外側, の底いちめん, の窪, は今, へ急落, を控, を横, を繞らせり

▼ 空ッ風~ (26, 0.1%)

2 が吹い, に吹きさらされ

1 [22件] か, が, が乾いた, が吹きまくる, が夕方, が砂ッ埃, でこんな, と犬, にふるえ, に千, に吹かれ, に幕, のせい, のなか, の吹く, の強い, の日, の音, は吹い, は寒い, は明るい, もなんのその

▼ 空和尚~ (26, 0.1%)

2 のところ, の庵室

1 [22件] から飛脚, がいった, がにこにこ, がはじめて, が探しまわっ, であった, でございますよ, というえらい, とその, とのあいだ, なの, につれられた, のでっぷり, の学房, の腕, の顔, の首実検, はまるい, は以前, は母方, は龍造寺主計, もつい

▼ 空にな~ (25, 0.1%)

5 つてゐた 3 つて居た 2 つた, つてし, つて二階には

1 [11件] つたのに, つたのを, つた杯を, つてお, つてその, つててよ, つてよ, つて倒れ, つて同じく, つて縁側の, つて蜩が

▼ 空~ (25, 0.1%)

11 ろしい 3 ろし, ろしく 2 ろしいよう 1 ろしき, ろしくなった, ろしくなる, ろしくも, ろしゅうてなりませぬ, ろし気

▼ 空行く~ (25, 0.1%)

5 雲の 4 雲を

1 [16件] がおのれ, ことの, 人の, 月も, 月を, 雁の, 雁は, 雁を, 雁をさえ, 雲に, 雲にも, 雲静かに, 風の, 鳥を, 鴻の, 鷲に

▼ 空いちめん~ (24, 0.1%)

2 に流れ

1 [22件] がイリドスミン, が灰色, が花火, にかがやい, にくもっ, にさわがしい, にひろがっ, にまるで, にむらがり浮かん, に拡がり, に星, に点, に磨ぎだされ, に蟠っ, に雲, に飛ん, の雨雲, はいつ, もむなしかっ, を真, 拡がって, 白い雲

▼ 空~ (24, 0.1%)

8 ぽに 7 ぽの 2 ぽだ, ぽでした 1 ぽだった, ぽである, ぽと, ぽらしかった, 惚けちゃ

▼ 空一杯~ (24, 0.1%)

2 に拡がっ, の星, の熱

1 [18件] が赤く, で輝い, にかぶさっ, にとろろ, に伸べ拡げ, に反響, に広がりまし, に張っ, に打ちあげられた, に拡, に擴, に枝, に溢れ, に漲, に響き, の入道雲, の大文字, を覆うた

▼ 空~ (24, 0.1%)

3 の中 2 の下, の底

1 [17件] である, に三千人, に飛び込ん, の埋め, の底面, の橋, は濁水, へ近々と, までそっくり, までそッくり原型, まで昔, や城址, をのぞいた, を埋めた, を掘っ, を這い, を鑿

▼ 空林庵~ (24, 0.1%)

4 のほう 2 の玄関

1 [18件] からもどっ, での懐旧談, という別棟, と呼ぶ, にも自分, に引きあげるまえ, に引きとり, に朝倉先生, に残し, に行っ, の名, の四畳半, の寝, の掃除, の朝倉先生, はどう, を引きあげる, を無念そう

▼ 空~ (23, 0.1%)

1 [23件] が二本, が入乱れ, すこし暑い, では寒い, に引纒, に槍一本, に腰きり, に草履, に草鞋穿, に踏ん, のまま, の青年時代, ばかりだ, も露, をあら, をむき出し, を二本, を出した, を抱え, を突っ張った, を端折っ, を蹴られ, を風

▼ 空である~ (22, 0.1%)

1 [22件] かぎり煩わしい, からまだ, が半分, だがどこ, というその, というよう, とする, と説ける, にし, のが, のに, のにこ, のは, 事には, 人の, 今日の, 十三年ぶりに, 場合には, 渋昏く, 空即, 筈の, 虚無である

▼ 空でも~ (22, 0.1%)

5 飛んで 2 眺めて

1 [15件] ある, ない, ながめるか, なくて, なんでも, よく晴れ, わああっ, サロメが, 少しは, 忽ちかき曇り, 是が, 見てる方, 覗かせたら病妻, 遠く思いやる, 飛ばうと

▼ 空とを~ (22, 0.1%)

2 眺めた, 眺めて

1 [18件] さう感じたこと, まぜて, もて飾られ, 人の, 劃つた雪の, 包む神秘, 包んで, 孕んだ紙, 意中の, 懷かし相に, 抱く真似, 水平に, 法華涅槃の, 眺め星座, 等分に, 背景に, 見つ, 観ながら

▼ 空たかく~ (21, 0.1%)

2 うち透かし見れ

1 [19件] そしてエキモス, つきでた枝, とびさってから, にいろんな, のぼって, ふきあがった, まいあがっては, ゆったりと, 囀るの, 掲げられた籠, 柿は, 消えて, 煙の, 舞いあがって, 舞い上がって, 逃がして, 逃げさって, 風に, 飛びさったの

▼ 空ゆく~ (21, 0.1%)

3 月の 2 月を

1 [16件] に, は晩夏, は槍, ばかりなり, 月は, 月も, 月読男ゆふさらず, 身が, 雲か, 雲の, 雲も, 雲を, 靈に, 風, 飛鴻は, 黄雲畑の

▼ 空吹く~ (21, 0.1%)

7 風と 2 風, 風に, 風の, 風も 1 ともなく, 風だ, 風で, 風にも, 風の音にも, 風を

▼ 空廻り~ (21, 0.1%)

4 して, をし

1 [13件] した, しちまって, しながら, しました, するだけ, するだけで, するだけの, する水車, だ, の感じ, をした, をする, を始めた

▼ 空模樣~ (21, 0.1%)

2 が怪しく, になつ

1 [17件] があやしい, が今日, が怪し, が惡, が暗く, だ, だと, でひどく, で島, などを見, に更に, に構はず, に頭痛もち, の方, はその, も少から, を見る

▼ 空鳴り~ (20, 0.1%)

2 がし, がする, のよう, をさせ

1 [12件] が宇宙, しただけ, するといふ, するの, ではなく, と同様, にも胆, に物狂, に襲, を感じ, 程にふるへ, 空の

▼ 空よりも~ (19, 0.1%)

1 [19件] ずっと上, まずこの, もっと匂やか, よその, 冷やかである, 地は, 奥深く蒼く見えた, 小さいくらいの, 平野が, 明し大き印旛沼, 明らかに, 明るく妙, 碧く, 私の, 青いの, 静かで, 高く積む, 高く突き抜け, 黒み眼は

▼ 空~ (19, 0.1%)

2 無覚

1 [17件] たる無住, でありたい私, というべきです, と沈静, と神秘, なうち, な世界, にた, になりたい, に堪へぬ, に帰, の境地, の底, の美わしさ, はその, は理想, への大

▼ 空恐し~ (19, 0.1%)

3 い気 2 いことは, い気さ, い氣さ 1 いので, いのに, いやう, いよう, い心地, い根性, い気持, さは, さを, ゅうござります

▼ 空明り~ (19, 0.1%)

2 の反射

1 [17件] が差し, が映す, が見えた, で二階, にそれら, によくよく, に浮い, に浮び出, に照らされた, に黒く, のせい, の射し, はあつ, へ顔, もない, を反映, を慕う

▼ 空騒ぎ~ (19, 0.1%)

3 をし

1 [16件] して, で終らない, などに自分, にすぎぬ, に対して一般的, に詰らなく, に過ぎなかった, に過ぎぬ, のため, のやう, の輪, をした, をしない, をやっ, をやらかし, を以て日

▼ 空低く~ (18, 0.1%)

2 一面に

1 [16件] か, かかって, しきりに雨, ちぎれ飛んで, にはっきり, 垂れ籠めて, 散らかり飛び駈けって, 流れ落ちて, 煙か, 薄雲, 見通しの, 雲黄なる, 風が, 飛ぶ鴎, 飛んでる真白, 鳶に

▼ 空~ (18, 0.1%)

2 になっ, の中, を借り

1 [12件] から走り出し, が十何軒, だ, でお, ですし, でその, になった, に移した, のやう, の恵比寿様, の方, の雨戸

▼ 空~ (18, 0.1%)

3 の中 2 相解脱に

1 [13件] から始める, そのものの, そのものを, ではない, な夜, にし, に歸, に見える, の海, の状態, の羊, 廃絶に, 而已仏即不

▼ 空~ (18, 0.1%)

2 を下し, を風呂敷

1 [14件] がつりあげられ, がほうりだされ, が積ん, が艀, が降り, で巣帰り, に移し入れる, のよう, の中, へ抛り込んだ, を奉じ, を背負っ, を見付け, を覗い

▼ 空~ (18, 0.1%)

2 が吹い

1 [16件] があちらこちら, がおそろしい, が二人, が巷, が目, が遠い, が鳴っ, と戦い砂塵, と霜どけ, にざわめい, に縁側, に裾, のやう, の吹き捲らない, の寒い, 吹けば

▼ 空~ (17, 0.1%)

2 は火星

1 [15件] がひとりでに, が月, が飛, に乗り, に置いてきぼり, に飛び去られ, の中, は一刻, らしくわが, を再び, を奪っ, を奪った, を捜査, を織る, を見

▼ 空~ (17, 0.1%)

1 [17件] がいたる, が手, などがご, には煙草, にぶち, に入れ, に入れる, に大きな, のフタ, の中, は魚釣り, ばかり見, をいづ, をさげ, をつるし, を抱, 並びにハンダ

▼ 空~ (16, 0.1%)

4 腹に 2 尻の 1 きし意気地の, トボケて, 尻だ, 尻で, 手では, 脛に, 腹には, 腹の, 腹ばかり, 舟だ

▼ 空とは~ (16, 0.1%)

2 打って

1 [14件] うらはらに, こんなにも蒼い, そのなごやかな, どんな意味, 世を, 世をかへて, 云っても, 何たる永遠, 全く別, 反対の, 同じ灰色, 思うまい, 恰も雲, 父母の

▼ 空三藏~ (16, 0.1%)

2 が金剛智三藏, の法統たる

1 [12件] が大, が開, だの云, と特別, の上足, の傳, の功, の密教, の時代, の譯, は灌頂國師, 其の人

▼ 空~ (16, 0.1%)

2 は二階

1 [14件] が外出, が帰つて, が現, が駅, との案内, と社長さん, のいう, の説, の説明, はそれ, は児玉, は玄関, もたちまち, や社長さん

▼ 空晴れ~ (16, 0.1%)

1 [16件] このごろ獲れる, しが, てまた, てもあの, て俄, て宵, て快し, て暖, て月明, て気爽やか, て遠く, て鋸山, て鐘, て風, て風歇, ば浅間

▼ 空~ (16, 0.1%)

5 の地

1 [11件] が来, であった際, におる, の新地, の経営, の義, の芝地, の荒地, の阿, を抜い, を求め

▼ 空~ (15, 0.1%)

1 [15件] お太陽さま, へくるる, へにほふ, へもうすくもり, へもなんだか, へも見えなかつた, へ晴れ, へ曇る, へ濁らせ, へ見え, へ見えぬ, へ高く, まじしん興味, まで考え, 舞いあがっちまったのよ

▼ 空~ (13, 0.0%)

2 するの

1 [11件] かく想, すべきに, するが, するの媒介, するよう, するを, する大, する無念さ, する者, する英雄, づむとふ街に

▼ 空からの~ (13, 0.0%)

1 [13件] けしきを, ことは, 不安の, 到来物の, 反射光線に, 夕映えが, 御光来, 怪音, 爆撃戦が, 白さ, 直接の, 襲撃と, 観察の

▼ 空って~ (13, 0.0%)

2 死んで

1 [11件] いた, いるし, くる, くるし, 仕方が, 仕様が, 堪らぬから, 堪らんから, 大変重い, 怪しい物, 来た

▼ 空~ (13, 0.0%)

2 であつ, であるとのみ, に座し 1 であったあの, であった雑居房, である, に処, に等しい, は後世, を守る

▼ 空椅子~ (13, 0.0%)

2 の直ぐ, を見付ける 1 がなんじ, が一つ, に, には今, にふんぞり, の上, の環状配列, へ招待, を捕まえる

▼ 空~ (13, 0.0%)

1 [13件] が天半, にも存, に近い, のどれ, の一つ, の上, の遥か遠く, は山体, は遠い, も天, を描い, を描いた, を継ぎ合せ

▼ 空おそろしい~ (12, 0.0%)

4 気が 1 ことで, ようであった, ような, ように, わざでは, 位です, 半面も, 様な

▼ 空っと~ (12, 0.0%)

4 ぼけて 1 ぼけた, ぼけたもの, ぼけた彼, ぼけた方, ぼけた調子, ぼけるな, ぼけるの, ぼけるもの

▼ 空をも~ (12, 0.0%)

2 ゆくか, 覗く伸び 1 とびたい人間, 削る, 広い土地, 彩どるでは, 恐れず十國峠, 指さすの, 蔽へる, 蔽わんと

▼ 空二さん~ (12, 0.0%)

2 はお 1 にお, によく, に花束, のお家ぐらゐでした, のやう, は賢い, は随分, もうお, も歩く, 釣れましたよ

▼ 空~ (12, 0.0%)

3 に枝 2 にし 1 からの使い, がお呼び, という坊さま, と忠相, に両手, に足, も木場

▼ 空~ (12, 0.0%)

1 [12件] だった, とをごまかそう, なヒロイズム, な事物, な情緒, な愛情, な憂愁, な詩, な雰囲気, な音楽, な響き, のそれ

▼ 空~ (12, 0.0%)

1 [12件] が一艘, が底, だから, でもある, でも荷物, とは受け取れなかった, に乗り見れ, のなか, の篝, の艫, は途中, を此方

▼ 空~ (12, 0.0%)

1 [12件] に, に撃砕, に焼く, に繋ぐ, に蔓, に過ぎた, に飛揚, に飛躍, の流霜, を冥府, を行き, を飛ぶ

▼ 空~ (11, 0.0%)

2 をし, をみ 1 ひだね, ひであつ, ひである, ひでホームの, ふぎて, を, をき

▼ 空うし~ (11, 0.0%)

2 て他 1 てこの, てわが家, てオメオメ, て世, て委員全体, て帰つて, て春廼舎, て生涯二度, て還れり

▼ 空上人~ (11, 0.0%)

1 [11件] が霧島火山, というの, にも同名, に就い, に就いた, に暇, の, の戒め, の撰択集, は大原, は霧島

▼ 空~ (11, 0.0%)

1 [11件] っていうお寺, でしたから, で幡随院長兵衛, にし, に巣, に往つて, に葬られ, の住職, の和尚, の豆兄弟, へお

▼ 空~ (11, 0.0%)

1 [11件] だから, だと, でないこと, ではなくっ, なの, の装填, より他, を打つ, を装填, を詰める, を込めた

▼ 空財布~ (11, 0.0%)

2 を出し, を捨てる 1 だけを突, と言, に入れ, の中, を庭, を自分, を見付けました

▼ 空返事~ (11, 0.0%)

3 して 2 をし, をした 1 だ, ばかりし, ばっかりなすっ, を与へ

▼ 空だけが~ (10, 0.0%)

1 しばらく青々と, その間と, ぼんやりと, 夕映えなんて, 広く解放, 明るい, 焼き映されて, 茜色に, 見えた, 銀の

▼ 空つて~ (10, 0.0%)

1 くると, それで歩く, は句, も食べる, やりきれなくなつた, ゐたので, ゐても, ゐる, 居た, 歩かれませぬ其上塩梅

▼ 空であった~ (10, 0.0%)

2 のだろう 1 からがっかり, がごとく, がもう, が両側, けれども壺, ことは, と思い出します, のでそこ

▼ 空ばかりを~ (10, 0.0%)

4 仰いで 2 ながめて 1 気に, 見あげて, 見ること, 見半

▼ 空までも~ (10, 0.0%)

2 一面の, 立ち昇る烈々 1 なくして, 土色を, 真っ赤に, 自分が, 薄赤く, 通るほどに

▼ 空~ (10, 0.0%)

1 でシナ, で一気に, なの, になった, のまま, の様子, の身軽さ, の駿馬, を利用, を積んだ

▼ 空~ (10, 0.0%)

1 が両手, が答えた, と云う, と慈昶, に云う, に依っ, に案内, の二人, の体躯, の日和下駄

▼ 空あい~ (9, 0.0%)

1 が続き通し, であった, であるぞ, になり, のうち, は四, も悪い, を眺め, を見

▼ 空じゃ~ (9, 0.0%)

2 なかったの, アない 1 ありませんか, つまらないわ, ないぜ, なかった, ねえぜ

▼ 空であり~ (9, 0.0%)

4 又琵琶 1 ながら何, 不生不滅, 健康は, 渓谷には, 無我である

▼ 空です~ (9, 0.0%)

21 から私ども人間, から見, から雲, が月, こと, こと碧, よ

▼ 空とも~ (9, 0.0%)

1 つかぬあたり, 付かず光って, 付かず光つて, 分かぬ遙, 思されん, 思へないほど, 見えず溟, 見える中天, 野とも

▼ 空なりと~ (9, 0.0%)

3 照見し 1 叫んだのみ, 叫んだゴルギアス, 叫んで, 悟ること, 照見せられ, 観ぜられたという

▼ 空~ (9, 0.0%)

1 くらいせつない, ことだけを, し喉, とさ早く, とまた, にかぎる, ねえ天草, 事甚だしく, 意地だ

▼ 空~ (9, 0.0%)

3 ぽを 2 ぽの 1 ぽだ, ぽな, ぽに, 恍けるやう

▼ 空威張~ (9, 0.0%)

2 をする 1 の性癖, の東京人間, やてらい, をし, を卑劣, を通し, 凡そこれら

▼ 空曹長~ (9, 0.0%)

1 が外, です, の姿, の操縦, の用意, はうらめし, は早口, は無類, は隣

▼ 空~ (9, 0.0%)

1 であること, にあらざる, に過ぎぬ, のみ, は一, も落胆, をかけ, を懸く, 阿母家

▼ 空~ (9, 0.0%)

1 が現今, といっ, との二種, にせぬ, の三つ, の五種, の習俗, はまたの名, まで出

▼ 空遠く~ (9, 0.0%)

1 に浮出し, に眼, 帰りぬ, 段々見えなくなる, 道灌山の, 遥々と, 隔って, 飛ばんと, 魅力ある

▼ 空あかり~ (8, 0.0%)

2 して 1 が漂っ, が茜色, が落ち, でかすか, の前, をみとめる

▼ 空~ (8, 0.0%)

2 世辞を 1 ほひ来る恐れ, 世辞が, 世辞でも, 世辞に, 世辞の, 世辞も

▼ 空しからず~ (8, 0.0%)

21 ばはや, 万暦に, 予は, 今日紀元節の, 新九郎も, 見事

▼ 空~ (8, 0.0%)

2 渡る秋鳥 1 なつかしきその, 忘れぬ, 恋しき, 恋しき安積山, 晴れたる, 饐えよどむ

▼ 空なれ~ (8, 0.0%)

2 ども, ばこそこがれあこがれわたるなれ 1 ども中, ばこそわが子, ば四升樽, ば如何

▼ 空にか~ (8, 0.0%)

3 かつてゐた 2 かつた 1 かつてゐる, へるぞ, へるも

▼ 空~ (8, 0.0%)

1 ぞらしく, ないし, になつ, になつた, の器, を流罪, 合い, 行く田鶴

▼ 空~ (8, 0.0%)

1 となっ, に因, の感じ, を充, を訴, を訴え, ヲ來シ僅カニ潛航艇戰, 紙幣を

▼ 空~ (8, 0.0%)

1 が五つ六つ横倒し, ぐらいあと, のうしろ, の中, をあつかう, を反らし, を戸口, を拾

▼ 空~ (8, 0.0%)

1 から降り, と傷痍, にし, になつ, のなか, への貢献, をひたし, を示し

▼ 空~ (8, 0.0%)

1 が合し, で零, との出合, とは水, の出合, の石窟, または大沢, を下り

▼ 空約束~ (8, 0.0%)

3 はてし無く 1 だったん, ではありませんでした, でひと, になっ, をしない

▼ 空~ (8, 0.0%)

7 を踏ん 1 も空

▼ 空~ (8, 0.0%)

1 だったので, で歩行, の三挺, の中, の人影, はすぐ, をさらっ, をほうりだし

▼ 空くもり~ (7, 0.0%)

2 て風 1 つつ咲き, て木蔭, て溽暑甚, て秋, て風すゞ

▼ 空さえ~ (7, 0.0%)

1 ところどころ覗い, なかば蔽われ, 判然し, 存外窮屈, 見つける, 飛び得るという, 高くなっ

▼ 空った~ (7, 0.0%)

1 から二合, から食べる, ぞ, と見え, 子供等が, 石段の, 顔が

▼ 空にまで~ (7, 0.0%)

1 こだました, つづいて, 奥底知れぬ, 届く大龍巻, 柔かい黄, 響かうとしては, 黄塵が

▼ 空への~ (7, 0.0%)

1 あこがれ土への, かけ橋の, ぼつて, 上り等いふ考へ, 怨みも, 消滅に, 火の

▼ 空へも~ (7, 0.0%)

2 発展し 1 あがるべからず, それを, たびたびす, 目を, 飛んで

▼ 空~ (7, 0.0%)

4 じて 2 とした 1 胴に

▼ 空寺門前~ (7, 0.0%)

1 という一町内, といったよう, といった所, の善兵衛, の家, の父, の親たち

▼ 空屋同然~ (7, 0.0%)

1 である, となっ, な中, になっ, の今, の古屋敷, の姿

▼ 空怖し~ (7, 0.0%)

1 い, いこった, い四隣, い役目, い気, く衍, ゅうございます

▼ 空恐しく~ (7, 0.0%)

1 ああ人間, なったの, なって, は思わない, 不安で, 思ふので, 相なり

▼ 空氣ラムプ~ (7, 0.0%)

1 が其ビール, で鶴子さん, に光らす, の光, は駄目, よりも一層, を見詰めた

▼ 空氣中~ (7, 0.0%)

2 に生活 1 にある, に保たれた, に於ける, に混つて, に音波

▼ 空~ (7, 0.0%)

1 があっ, の中, の低地, の底, の日, をあしらった, を控え

▼ 空~ (7, 0.0%)

1 であるからと, でなくて, では, なるもの, な二つ, に落ち, 諸学問

▼ 空~ (7, 0.0%)

2 は即ち 1 と海, にはしらし, の空, を半日, 即ち是

▼ 空~ (7, 0.0%)

1 というの, に咽ん, をその, 凝つて葉末, 常に衣, 愈明, 濃か

▼ 空~ (7, 0.0%)

1 が上っ, のまわり, は何, をお手前, をつと, を借り, を守れ

▼ 空~ (7, 0.0%)

1 なれである, に斷, に近く砂上, に隣れる, を, をこ, を滿す

▼ 空~ (7, 0.0%)

2 が沢山 1 が風, の諸, や蜜柑, を肩, ノ底ヲサグルガ如ク

▼ 空青く~ (7, 0.0%)

3 晴れて 1 そひ下る, 澄みて, 澄み金星遙, 草木青く

▼ 空~ (7, 0.0%)

2 をかき 1 をかい, をかき出した, をかき出しました, を掻い, を掻く

▼ 空~ (6, 0.0%)

1 あるいは最早, どの辺, 二三輪朝顏の, 何かで, 山の, 東南の

▼ 空からも~ (6, 0.0%)

1 土からも, 地からも, 征服は, 晴々と, 町に, 聞こえはじめた

▼ 空だの~ (6, 0.0%)

1 めか, めと, め何をかは, 廣がりだ, 無だ, 草だの

▼ 空でございます~ (6, 0.0%)

4 こと 1 な, 摺差まで

▼ 空とに~ (6, 0.0%)

1 ちりかかる, 惹かれ屡々, 注がれて, 消されて, 瞳も, 緩るく

▼ 空なら~ (6, 0.0%)

1 し坐り, で, ねど, ば言い, ば降り, む

▼ 空にて~ (6, 0.0%)

1 どのよう, よくよく血迷う, 候, 再びと, 啼く, 大鳥の

▼ 空のみ~ (6, 0.0%)

1 である, 只かな, 外に, 眺めて, 神とばかり, 絶えず彼

▼ 空をば~ (6, 0.0%)

1 いろいろの, この日例, 慕は, 眺めて, 肯ひは, 過ぎた

▼ 空ビン~ (6, 0.0%)

1 だけが一隅, と大きい, にまじっ, の代り, をおんぶ, をオモリ

▼ 空~ (6, 0.0%)

2 見ナイ 1 望ンデ, 蔽フ酒ヲソソイデ江ニ臨ミ槊ヲ, 過グ, 道トシ道ヲ

▼ 空小切手~ (6, 0.0%)

1 であるのみ, を廻す, を掴んだ, を潰され, を濫発, を裏書

▼ 空~ (6, 0.0%)

1 が示した如く, されたものの, したものの, でよほど, に先だって, は幾たび

▼ 空~ (6, 0.0%)

1 が, であったと, とは何, を丁抹, を埋めた, を埋めた如く

▼ 空~ (6, 0.0%)

2 の米櫃 1 だけをかつい, だけをてめえ, を構え, を負っ

▼ 空見れ~ (6, 0.0%)

51 ば円弧燈

▼ 空~ (6, 0.0%)

1 などにワタリ, に帰着, も略体得, や, より空行, を把持

▼ 空~ (6, 0.0%)

2 しなかつたか 1 しないため, すること, するの, する中

▼ 空鉄砲~ (6, 0.0%)

1 があちこち, の機会, を持っ, を撃っ, を放し, を放つ

▼ 空おそろしく~ (5, 0.0%)

2 なって 1 さえなりました, さへ, なるけれど

▼ 空ぐる~ (5, 0.0%)

2 ま軋る 1 ま, まの, ま寒き

▼ 空しか~ (5, 0.0%)

1 つた額には, ない, ながめること, 彼女には, 見えません

▼ 空しかるべき~ (5, 0.0%)

2 万代に 1 は言, 盟取る, 萬代に

▼ 空その~ (5, 0.0%)

1 かわいい花, 下は, 丘その, 旅へ, 鮮かさは

▼ 空それ~ (5, 0.0%)

1 がだ, にお上, はた消えぬ, は煩悩, も平地

▼ 空だけ~ (5, 0.0%)

21 見える窓, 銀の, 静かに

▼ 空~ (5, 0.0%)

4 やない 1 ゆうどこ

▼ 空とか~ (5, 0.0%)

2 バックなどは, 砂漠とか 1 草花の

▼ 空とが~ (5, 0.0%)

1 まざまざと, 噛み合つて, 妙に, 接する境目, 殆ど同じ

▼ 空ながら~ (5, 0.0%)

2 月の 1 まだ降り, 持ち行くに, 線路は

▼ 空などを~ (5, 0.0%)

1 うちながめる, ながめて, 眺めたり, 眺めて, 見あげること

▼ 空なり~ (5, 0.0%)

1 その香煙, とする, ひとり空なる, 句不異, 地は

▼ 空はと~ (5, 0.0%)

2 見ると 1 ほけど, 見れば, 見上げれば

▼ 空ばかりの~ (5, 0.0%)

4 たなびく夜 1 ようだった

▼ 空びん~ (5, 0.0%)

1 がずらりと, やキセリ, や割れた, を一本, を隱

▼ 空までが~ (5, 0.0%)

1 ぽとりと地面, 桃色に, 濁った色, 素ど, 頭の

▼ 空まわり~ (5, 0.0%)

2 をし 1 する, にしか過ぎぬだろう, をやっ

▼ 空~ (5, 0.0%)

2 と来ぬ 1 ながめし瀬戸, 見し全, 見むとす

▼ 空よく~ (5, 0.0%)

4 晴れて 1 晴れ渡りたり

▼ 空ッポ~ (5, 0.0%)

2 にする 1 で中, になった, のよう

▼ 空全体~ (5, 0.0%)

2 を塗っ, を塗りつぶさなく 1 が北

▼ 空坊主~ (5, 0.0%)

1 にさむ, にし, になっ, になった, にはならないでしょう

▼ 空~ (5, 0.0%)

1 に帰せざる, ばかりで, ばかりを上げる, を毛, を筒

▼ 空~ (5, 0.0%)

2 につ 1 に躍っ, の奥, の寒冷

▼ 空明き~ (5, 0.0%)

1 であった, で何処, にさせ, にし, になっ

▼ 空曇り~ (5, 0.0%)

1 て晴れ, て薄暗き, て陽, て雨, て風

▼ 空棘魚~ (5, 0.0%)

1 が喜望峰州, であること, の出現以前, の復原図, の発見

▼ 空氣枕~ (5, 0.0%)

1 から空氣, のネヂ, の上, を借り, を親嘴

▼ 空氣銃~ (5, 0.0%)

1 かなんか, が一羽, と村田銃, を持つ, を自分

▼ 空~ (5, 0.0%)

1 であること, に生え, のなか, の広い, を隔てた

▼ 空~ (5, 0.0%)

1 が残っ, をもった, をもつた, を並べた, を自分

▼ 空~ (5, 0.0%)

1 あり怒り, の二つ, の名, の摩尼, 非相の

▼ 空~ (5, 0.0%)

2 もなく 1 になっ, の響き, はなく

▼ 空~ (5, 0.0%)

1 だったもの, でも鳴らせ, の音, をつく, を磨る

▼ 空蒼く~ (5, 0.0%)

1 日の, 晴れたればこそ, 晴れて, 晴れ渡った朝, 濶し

▼ 空~ (5, 0.0%)

31 てなぜ, て泣く

▼ 空~ (5, 0.0%)

1 の上, をグラグラ, を云, を動かしはじめました, を取っ

▼ 空~ (5, 0.0%)

1 だった, でもどった, に乗った, へ乗っ, を乗せた

▼ 空~ (5, 0.0%)

1 であった, であつ, なる不実, に, を棄てず

▼ 空高き~ (5, 0.0%)

1 日をも, 柿の, 梢より, 長安の, 雁の

▼ 空~ (5, 0.0%)

1 というもの, という事, に, にしも似つ, を漂

▼ 空うち~ (4, 0.0%)

1 あふぎ, 仰ふぎ, 晴れぬ朝戸, 見やれば

▼ 空かに~ (4, 0.0%)

2 見えやしないかという, 見えやしないかといふ

▼ 空こそ~ (4, 0.0%)

2 照りあかりたれ 1 お尋ね申したい, 星の

▼ 空さえも~ (4, 0.0%)

1 なかった, 円満に, 見えないほどに, 飛び得るという

▼ 空じゅう~ (4, 0.0%)

2 の星座 1 かける, ひろがって

▼ 空だけは~ (4, 0.0%)

1 ほの, 日頃の, 明るいなんとなく, 静穏極まりなかつた

▼ 空だった~ (4, 0.0%)

1 が今日の, が彼, し甲斐, て

▼ 空つと~ (4, 0.0%)

2 ぼけて 1 ぼけたやう, ぼけるから

▼ 空~ (4, 0.0%)

1 來た, 來る, 居た待ち, 耐らぬ

▼ 空での~ (4, 0.0%)

1 たれ死, 男の, 離れ技, 青春の

▼ 空など~ (4, 0.0%)

1 である, めでたしと, 仰ごうとも, 蒼い帯

▼ 空にく~ (4, 0.0%)

2 ゆりて 1 びを, ゆりわ

▼ 空にでも~ (4, 0.0%)

1 いるよう, のぼります, 啼くやう, 響くやう

▼ 空に対して~ (4, 0.0%)

2 ジーッと 1 ゐた, 黒く浮き出し

▼ 空のみが~ (4, 0.0%)

1 しきりに氣, たえず胸, 船と, 荒れて

▼ 空はるか~ (4, 0.0%)

1 に一柱, に筑紫富士, に見出し, に飛行機

▼ 空ばかりが~ (4, 0.0%)

1 あつた, ぐるぐると, たなびいた, 明るい

▼ 空へでも~ (4, 0.0%)

1 のぼるほか, 天井へでも, 引き掛ける見たいに, 飛び上がって

▼ 空をのみ~ (4, 0.0%)

1 憧れて, 映し白き, 空をのみ, 見やりて

▼ 空を通して~ (4, 0.0%)

1 日が, 遠望に, 静な, 鳴り渡る回教寺院

▼ 空ッ腹~ (4, 0.0%)

1 で行く, に鰻香, の鬱憤, まぎれに

▼ 空倉庫~ (4, 0.0%)

1 かと思われる, と塀, らしいバラック, を集会所

▼ 空即ち~ (4, 0.0%)

3 是れ 1 昨日は

▼ 空~ (4, 0.0%)

1 は自由性, を押しきろう, を頂上, 司冠と

▼ 空~ (4, 0.0%)

1 にし, になっ, の電灯, をまっすぐ

▼ 空徳利~ (4, 0.0%)

1 に優さる, を振っ, を提げ, を縛る

▼ 空~ (4, 0.0%)

2 の中 1 のなか, 落ちて

▼ 空~ (4, 0.0%)

2 に枝 1 にし, に春

▼ 空~ (4, 0.0%)

1 たる哀しむべき, として壁, として眼, と遊ん

▼ 空的分類~ (4, 0.0%)

1 である, は吾, は少く, もそれ

▼ 空~ (4, 0.0%)

1 から太い, から飛び込んだ, の硝子, をたたく

▼ 空~ (4, 0.0%)

1 ひ, ひが, ひさ, ひを

▼ 空自動車~ (4, 0.0%)

1 が来た, に彼, をよけながらいつしか, を認め

▼ 空~ (4, 0.0%)

1 ぼんやりした, 月の, 濁りの, 雲よ

▼ 空誓文~ (4, 0.0%)

3 は御免 1 と同じ

▼ 空赤く~ (4, 0.0%)

1 なりて, 大路小路に, 染まる時, 海また

▼ 空近く~ (4, 0.0%)

2 して 1 吹き散らさるる群禽, 鳴いて

▼ 空阿弥陀仏~ (4, 0.0%)

1 と名づけた, はどこ, は愚癡, は法然

▼ 空~ (4, 0.0%)

1 がぐんぐん, すこしく綻び, なくなまけもの, 重つてどこ

▼ 空頼め~ (4, 0.0%)

1 となった, とはか, の余所, を抱い

▼ 空かけ~ (3, 0.0%)

1 て, て織りなした, て衣服

▼ 空かける~ (3, 0.0%)

1 なり, 悪魔, 銀仮面の

▼ 空かご~ (3, 0.0%)

1 をさ, をもう, を投げ出し

▼ 空ただ~ (3, 0.0%)

1 現在に, 白昼と, 秋の

▼ 空っては~ (3, 0.0%)

1 ならんから, 戦さが, 読経が

▼ 空つた~ (3, 0.0%)

1 ので夜食, ので大山さん持参, ので旗亭

▼ 空であろう~ (3, 0.0%)

1 おれは, ともなかろう, な

▼ 空といふ~ (3, 0.0%)

1 ことを, ものは, 光を

▼ 空と共に~ (3, 0.0%)

1 宏大無辺を, 濃かに, 酒の

▼ 空にの~ (3, 0.0%)

2 ぼつた 1 ぼつて

▼ 空~ (3, 0.0%)

3 はりを

▼ 空~ (3, 0.0%)

1 地球の, 若狭は, 見よ

▼ 空らし~ (3, 0.0%)

1 かつた, ておい, て疲れ切

▼ 空わたる~ (3, 0.0%)

1 のを, 日を, 月の

▼ 空をと~ (3, 0.0%)

1 びまはる鴉は, びまわるのとかわりはありません, ほく

▼ 空カン~ (3, 0.0%)

1 だのこわれた, には果汁, も一ツ

▼ 空一帯~ (3, 0.0%)

1 に夕日, を彩どっ, を罩め

▼ 空仰げ~ (3, 0.0%)

2 ば月 1 ばいつも

▼ 空~ (3, 0.0%)

3 氣を

▼ 空~ (3, 0.0%)

2 の光 1 を温め

▼ 空円タク~ (3, 0.0%)

1 がふだん, がスピード, が擦れ違い

▼ 空別莊~ (3, 0.0%)

1 から出し, のヴェランダ, の庭

▼ 空~ (3, 0.0%)

1 空だ, 空色即色だ, 空色是色

▼ 空~ (3, 0.0%)

1 をのみこん, を吐き, を呑んだ

▼ 空~ (3, 0.0%)

2 ぶいて 1 吹いて

▼ 空~ (3, 0.0%)

1 であるが, はこの, はそれ

▼ 空宣伝~ (3, 0.0%)

1 におどらされ, に乗っ, の利き過ぎた

▼ 空小屋~ (3, 0.0%)

1 があっ, のうち, へ忍び込んだ

▼ 空少し~ (3, 0.0%)

1 夏霞し, 濁りしかと, 薄曇りし

▼ 空屋部落~ (3, 0.0%)

1 のこと, へ行つて, を立去つた

▼ 空~ (3, 0.0%)

1 になっ, の主, の隣

▼ 空弁当~ (3, 0.0%)

1 がつん, を下げ, を振

▼ 空~ (3, 0.0%)

3 と云

▼ 空恍けた~ (3, 0.0%)

2 調子で 1 やうに

▼ 空本来~ (3, 0.0%)

3 無東西

▼ 空~ (3, 0.0%)

2 を叩い 1 を叩きはじめた

▼ 空~ (3, 0.0%)

1 にかけ, に接する, はすばらしい

▼ 空~ (3, 0.0%)

2 を担い 1 担って

▼ 空次第に~ (3, 0.0%)

1 低く垂れ, 晴来り, 高く鷲

▼ 空気合い~ (3, 0.0%)

1 とともに打ちこむ, の声, を一つ

▼ 空海軍~ (3, 0.0%)

1 の手, の部隊, はすばらしく強い

▼ 空澄む~ (3, 0.0%)

2 星光る 1 月の

▼ 空~ (3, 0.0%)

1 く, な平野, の中

▼ 空焚き~ (3, 0.0%)

2 の匂 1 の香

▼ 空無なる~ (3, 0.0%)

2 影である 1 のみ

▼ 空~ (3, 0.0%)

1 が入りみだれ, の光芒, の矢

▼ 空~ (3, 0.0%)

2 で空 1 で山

▼ 空眺め~ (3, 0.0%)

1 て, てゐる, ながら伯母

▼ 空翔ける~ (3, 0.0%)

2 奇しき翼 1 夜鳥の

▼ 空腹だつた~ (3, 0.0%)

1 からか直, ためこの, ので鷄肉

▼ 空~ (3, 0.0%)

1 か子供, であつ, の山

▼ 空見ず~ (3, 0.0%)

2 ただ歎 1 さやら

▼ 空見る~ (3, 0.0%)

1 ところ, と強く大きく, と老馬

▼ 空透き~ (3, 0.0%)

2 とほり 1 日の

▼ 空~ (3, 0.0%)

1 に姿, の話, へその

▼ 空~ (3, 0.0%)

3 の印象砂

▼ 空~ (3, 0.0%)

1 とある, とどろ, に吹きどよめ

▼ 空~ (3, 0.0%)

2 な浜 1 にし

▼ 空~ (3, 0.0%)

21 の袋

▼ 空~ (3, 0.0%)

1 と砲隊, の光芒, はスーッ

▼ 空隊長~ (3, 0.0%)

3 の号令

▼ 空風呂敷~ (3, 0.0%)

2 を犇 1 ではある

▼ 空~ (3, 0.0%)

1 なの, を仮, を占め

▼ 空高い~ (3, 0.0%)

2 長方形の 1 ビルヂングが

▼ 空あけ~ (2, 0.0%)

1 て, てきょく日

▼ 空あたり~ (2, 0.0%)

1 が血走る, に余勢

▼ 空いちやつ~ (2, 0.0%)

1 たわ, たん

▼ 空かがやかぬ~ (2, 0.0%)

2

▼ 空からでも~ (2, 0.0%)

1 おつれ, 飛んで

▼ 空かん~ (2, 0.0%)

1 につめられた, に一杯

▼ 空くもりし~ (2, 0.0%)

1 が深更, が雨

▼ 空この~ (2, 0.0%)

1 とき地上に, 近所で

▼ 空これ~ (2, 0.0%)

1 を悟り, を見

▼ 空ごと~ (2, 0.0%)

1 だという, をつく

▼ 空さして~ (2, 0.0%)

1 引き上げて, 飛んで

▼ 空さりげ~ (2, 0.0%)

1 なく澄める月, なく片雲

▼ 空さわぎ~ (2, 0.0%)

1 は出版社, もしない

▼ 空さん~ (2, 0.0%)

1 から来書, がお

▼ 空しかり~ (2, 0.0%)

1 君に, 縁に

▼ 空しかり死にし~ (2, 0.0%)

2 幽け

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 ゃあるめえしそう, 終つたと

▼ 空じゅうそ~ (2, 0.0%)

2 のうるみ

▼ 空すなわち~ (2, 0.0%)

1 一切の, 浄土宗の

▼ 空すみ~ (2, 0.0%)

1 てうる, て照り

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 かくべんたういた, 事も

▼ 空たり~ (2, 0.0%)

2 間たり

▼ 空だけで~ (2, 0.0%)

1 あつた, いっぱいに

▼ 空だけの~ (2, 0.0%)

1 一部を, 赤さ

▼ 空だけを~ (2, 0.0%)

1 しつこくさぐりつづける, 眺めて

▼ 空だって~ (2, 0.0%)

1 碧く, 結びめを

▼ 空だろう~ (2, 0.0%)

1 と疑っ, と矢代

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 ゅうおばあさんがどこかしらにござった, ゅうで

▼ 空ちかく~ (2, 0.0%)

2 消ぬ

▼ 空つき~ (2, 0.0%)

1 りあんな, り彼ん

▼ 空であっ~ (2, 0.0%)

1 たりする, てもその

▼ 空でしか~ (2, 0.0%)

1 なかつたから, 聞けやしないわ

▼ 空でした~ (2, 0.0%)

1 から海, わ

▼ 空でない~ (2, 0.0%)

1 ている, と曳

▼ 空でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばただ, ば昨日

▼ 空とから~ (2, 0.0%)

1 生れ出して, 私の

▼ 空とては~ (2, 0.0%)

1 ございません, なかった

▼ 空なぞを~ (2, 0.0%)

1 望むこと, 眺めながら

▼ 空ならず~ (2, 0.0%)

1 あはれより, 又色

▼ 空にあたって~ (2, 0.0%)

1 先ほどから, 時々花火

▼ 空における~ (2, 0.0%)

1 一点の, 曙の

▼ 空にけ~ (2, 0.0%)

2 ふもなりぬる

▼ 空にさえ~ (2, 0.0%)

1 咲き匂う時代, 慄え

▼ 空にだけ~ (2, 0.0%)

1 かかるもの, 都会の

▼ 空にと~ (2, 0.0%)

1 ほれり, 行つた

▼ 空にのみ~ (2, 0.0%)

1 規律残りて, 響いて

▼ 空にはも~ (2, 0.0%)

2

▼ 空にばかり~ (2, 0.0%)

1 稍目立つ, 集まったよう

▼ 空にゃ~ (2, 0.0%)

1 あ半月, 傷が

▼ 空のむた蒸し~ (2, 0.0%)

2 つつしろき

▼ 空はいちめん~ (2, 0.0%)

1 の火雲, の雲

▼ 空ばっかり~ (2, 0.0%)

1 見てるじゃ, 見てるん

▼ 空ふか~ (2, 0.0%)

2 みゆくらし瓶

▼ 空ふかい~ (2, 0.0%)

1 夕月が, 昼月

▼ 空ふく風~ (2, 0.0%)

1 にひも, に華やか

▼ 空へぞ~ (2, 0.0%)

1 あがりける, つくりと

▼ 空へは~ (2, 0.0%)

1 およばず蚕婆, 上がられぬ

▼ 空~ (2, 0.0%)

2 見て

▼ 空ほど~ (2, 0.0%)

1 象徴的に, 頼りに

▼ 空までを~ (2, 0.0%)

1 眺めること, 見上げ見下ろして

▼ 空ようやく~ (2, 0.0%)

1 白きに, 白みしころ

▼ 空よりの~ (2, 0.0%)

2 声は

▼ 空よりは~ (2, 0.0%)

1 白き贈り物音, 秋めける雨

▼ 空ら一面~ (2, 0.0%)

2 に棚引く

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 ばどんな, ば飯

▼ 空をめぐって~ (2, 0.0%)

1 いつその, いる山嵐

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 挽いて, 遣って

▼ 空アンプル~ (2, 0.0%)

1 が捨てられ, が見付けられた

▼ 空キ苔~ (2, 0.0%)

2 ヲ払フ山風

▼ 空タクシー~ (2, 0.0%)

1 が通りかかった, をよそおっ

▼ 空ツ風~ (2, 0.0%)

1 が吹い, の吹きまくる

▼ 空トラック~ (2, 0.0%)

1 が都心, を店

▼ 空ベッド~ (2, 0.0%)

1 のあたり, へ関節炎

▼ 空一めん~ (2, 0.0%)

1 にひろがっ, に烏

▼ 空一点~ (2, 0.0%)

2 の雲

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 上人に, 上人を

▼ 空乳首~ (2, 0.0%)

1 をやっ, を与った

▼ 空云々~ (2, 0.0%)

1 という題句, といふ題句

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 か後, もはいっ

▼ 空便~ (2, 0.0%)

1 で週刊朝日, のせい

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 にかきくもり, に凄

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 を引い, を挽い

▼ 空光立ちゆらら~ (2, 0.0%)

2 に紅き大き

▼ 空冬雲~ (2, 0.0%)

2 に覆はれ

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 に全身真赤, も隙間

▼ 空別荘~ (2, 0.0%)

1 だの煙草屋, も景勝閑静

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 に藁, のそば

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 をはたい, を言っ

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 恐く胸, 恐しく思っ

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 にある, に安居

▼ 空場所~ (2, 0.0%)

1 があった, のある

▼ 空外し~ (2, 0.0%)

1 ともいふべき, に對

▼ 空家探し~ (2, 0.0%)

1 に出かけよう, を頼み初めた

▼ 空寒く~ (2, 0.0%)

2 障子を

▼ 空寒し~ (2, 0.0%)

2 今は

▼ 空寺ごと~ (2, 0.0%)

2 に桐

▼ 空封筒~ (2, 0.0%)

1 である, の比

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 をせぬ, をな

▼ 空少しく~ (2, 0.0%)

1 晴る, 雲ほころび蒼空の

▼ 空居士~ (2, 0.0%)

1 か, もう今ごろ

▼ 空工合~ (2, 0.0%)

1 だつた, を眺めれ

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 なの, をめぐ

▼ 空座敷~ (2, 0.0%)

1 があるまい, へ行っ

▼ 空引き~ (2, 0.0%)

2 ということ

▼ 空張温~ (2, 0.0%)

1 の髻, を大尉

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 でぽんぽん, に過ぎん

▼ 空必ず~ (2, 0.0%)

2 仇心が

▼ 空怖しく~ (2, 0.0%)

1 なって, 蔵ひ込んだ

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 みに, みも

▼ 空掻きくもり~ (2, 0.0%)

1 いつしか打ちしぐれ, て騷

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 は一間半, を過し

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 が村, をどよめかし

▼ 空~ (2, 0.0%)

2

▼ 空晴渡り~ (2, 0.0%)

1 てのどか, て雲

▼ 空望み~ (2, 0.0%)

1 は彼女等, をかけ

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 で其下, を渡り掛ける

▼ 空滑り~ (2, 0.0%)

1 したやう, をし

▼ 空澄み~ (2, 0.0%)

1 気清く, 水清く

▼ 空澄める~ (2, 0.0%)

1 日には, 月球とりかこみ

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 たり, の淵

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 の匂, の薫

▼ 空~ (2, 0.0%)

2 に散ず

▼ 空瓢箪~ (2, 0.0%)

1 とが船, と眉間尺

▼ 空白い~ (2, 0.0%)

2 三日月絶え間ない

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 が地, を持上げ

▼ 空示威朋輩~ (2, 0.0%)

2 の誰

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 はなつかしい, は怒り

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 が有る, でも無い

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 だけ持っ, を囮

▼ 空米原長浜~ (2, 0.0%)

2 は薄曇

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 には木組, の中

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 に痛い, の酔

▼ 空與上人~ (2, 0.0%)

1 に與, をこと

▼ 空若葉~ (2, 0.0%)

2 盛りあがる色

▼ 空荷馬車~ (2, 0.0%)

1 が一台, が一臺

▼ 空葉居~ (2, 0.0%)

1 に一憩, に下車

▼ 空葛籠米櫃釜其他目~ (2, 0.0%)

1 ぼしい台所道具, ぼしい臺所道具

▼ 空薄く~ (2, 0.0%)

1 曇りたれば, 曇りて

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 に次, へ因縁観

▼ 空行李空葛籠米櫃釜其他目~ (2, 0.0%)

1 ぼしい台所道具, ぼしい臺所道具

▼ 空西~ (2, 0.0%)

1 の方, の空

▼ 空読み~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 空~ (2, 0.0%)

2 へば

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 するのほか, りを

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 に附い, を担っ

▼ 空辞誼~ (2, 0.0%)

1 はうるさい, は五月蠅

▼ 空追い~ (2, 0.0%)

1 を食っちまった, 機転

▼ 空過した~ (2, 0.0%)

1 ので, 嘆きも

▼ 空~ (2, 0.0%)

2 みかも

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 となし給い, となり

▼ 空~ (2, 0.0%)

2 なる海

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 をもて還らん, を捧げ還る

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 を出させ, を宛てがっ

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 ということ, を煮る

▼ 空鑵材料~ (2, 0.0%)

1 に換, を送つた

▼ 空闥さん~ (2, 0.0%)

1 の日和, はその

▼ 空隊分隊長~ (2, 0.0%)

2 の号令

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 にかも, は乱れ

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 とでも申すべき, の気

▼ 空霊澹蕩~ (2, 0.0%)

1 たる趣, の古

▼ 空青々~ (2, 0.0%)

2 と晴れ

▼ 空青し~ (2, 0.0%)

1 灘に, 雁の

▼ 空頼めな~ (2, 0.0%)

1 ことも, 事ながら

▼ 空風前~ (2, 0.0%)

2 しるしここ

▼ 空風火水~ (2, 0.0%)

2 の四ツ

▼ 空飛び~ (2, 0.0%)

1 つつは見, の大納言

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 に過した, の時

▼ 空~ (2, 0.0%)

2 ゆく夏

▼ 空高らか~ (2, 0.0%)

1 に響かせ, に響く

▼ 空魚籠~ (2, 0.0%)

1 である, を提げ

▼ 空~ (2, 0.0%)

1 かに晴れ, な

▼1* [914件]

ああ今日は, 空あおあおと浅黄繻子なんど, 空あかり今朝は蒿雀, 空あかるく風に, 空あきでは, 空あくまで青く若草, 空あざやかに澄みわたり, 空あんばいがすぐれなく, 空いかめしい興な, 空いずこを, 空いちまつたがなあ, 空いちめん固体のよう, 空いったかと云, 空いっぱい夕焼であった, 空いつしか曇り来りて, 空いつの間にか曇りて, 空いばりは勝手, 空いわく海竜王宮を造る, 空うすく禿げゆき薄, 空うせざらんが, 空うせねばならない, 空うっすらと狭霧, 空うつくしき星月夜, 空うつりたるかな, 空うなずきにうなずい, 空うらうらとした, 空えらい黒煙だ, 空おそろしさを, 空おそろしゅうございます, 空おっぱいをあずけた, 空おぼれする君は, 空おぼろ曉光未だ出でぬ, 空おもはしむ, 空かがやききそふ, 空かきくらし降る涙かな, 空かけ渡る羽なく, 空かな思ひきや, 空かねェちふもの, 空からともなく幽に, 空かわりやすく雨雲天, 空かを確める, 空かんばしく花降り, 空がらんどう入れて, 空がわづかに展, 空きびしく寒し椴松の, 空ぎはに離, 空に事, 空こい天井こい, 空こえて夏, 空ことばにては云, 空させては済まない, 空さま差し添えで, 空さま手近なところ, 空さむき冬の, 空さ碧く光っとる, 空しかし歌を, 空しかも使者として, 空しからざることを, 空しからずして昨今, 空しかる甕を, 空しごきをし, 空じゃと申す者, 空じゅうどこからともなく, 空じゅうべた一面でさあ, 空すがすがし光発す, 空すこし南寄りに, 空すべてを知つて時, 空ねの尻端折, 空え上れ, 空せみの夢, 空ぜんたいすん分, 空そうした見馴れぬ北国, 空そして電信柱犬, 空そのものになる, 空そぼ降る雨濡れ, 空そよそよと吹く, 空それに元日の, 空ぞと視め, 空たるでたらめの, 空だきというもの, 空だつたので大いに, 空だにせぬやう, 空だにもなし, 空だまされたさの真実, 空ちかづきぬ峡の, 空ちらちらする緑葉, 空ぢやあなくつて, 空ぢゆうの星座, 空っけつと朝, 空ったかぶらの茎, 空ったら胡坐を, 空ったろう何も, 空ってもひもじゅうない, 空っぼの棺, 空っ惚けて考える, 空っ惚ける事の, 空つかいめ, 空つたのが通り過ぎた, 空つて體が冷え, 空つばをのみ, 空づきに突く, 空てる時は, 空であるべきはずの, 空でかうして, 空でござったか, 空でなくこちらも, 空でははちすずめ, 空でをどる, 空といはむと, 空といったところの, 空といつてはどう, 空とおく引き去る鳥, 空とかと名付けられた所, 空として芸術的に, 空としてからが生きと, 空とぞ知らせばや, 空とだけが何時でも, 空とて悲しきか, 空とても矢張地の, 空とではさうもあらう, 空とでも言つてよから, 空とともに祭壇の, 空とにわたる複雜な, 空とやら私は, 空どこでも自由, 空どころでは, 空どよもしの聲, 空どんよりと掻, 空なお題目の, 空なぞは私の, 空などが取り巻いて, 空などという, 空などはながめようとも, 空なながめそ, 空ならじ是故に, 空なりしなり, 空なりということを, 空なりや海の, 空なり行交う目を, 空なるぶざまで, 空なんかどうでも, 空なんぞはめったに見られません, 空なんという中世紀, 空な頼尚だった, 空にかけって居る自分, 空にかのトンビ凧を, 空にかもいたらん, 空にしも白ろき, 空にすら全くよき, 空にぞ飛び交, 空につつたつて, 空にとって奇蹟の, 空にとっては一つの, 空ににおやかな, 空にまでにほつて, 空によって痛くなった, 空にわたる雲あり, 空に対する優越を, 空ねえ子供は, 空のけはひ, 空のずつと先の, 空のせゐか誰, 空のちちは, 空のみかは惜しかりし, 空のみをながめて, 空のむた闇は, 空のわづらひ, 空はいちめん雲におおわれ, 空はいち面の鰯波, 空はけふしも, 空はしりたるとぞ仰せられける, 空はちよつとまた, 空はとながむれば, 空はにほへり, 空はや靜かに, 空はよ皆飛ぶべし, 空はらはらと星, 空ばかりになって, 空ひきだしをスッ, 空ひくに滑るゆる, 空ひくく南十字星を, 空ひろびろし吾が, 空びぬ聴くは, 空びん空カンなかみのある, 空ふかうちぎれては, 空ふかくノロシひ, 空ふくのが, 空ふけて, 空ふして人, 空ふり仰いで, 空へかへること, 空へかへつてしまひました, 空へでやう, 空へなどのしたこと, 空へまで幾多の, 空へまでも擴が, 空がらかで, 空ほしいままに, 空ほつかりと朝月, 空ほのかに燒, 空ほのぼのと明けゆく, 空ほの暗い時に, 空ぼーっと盲いた, 空また同じく本相, 空まだ雨を, 空まちにまたれた, 空までとほる, 空までの高さ, 空まではとどかないの, 空まではとこころざして, 空まわし三たび首尾よく, 空みたいになる, 空みたれ船の, 空めがけてどす黒い, 空もうす明かるく, 空もえる陽炎まことに, 空もれさして居る, 空もろ共に凝っ, 空やけを鏡, 空やらで老い, 空ゆうぜんとして, 空ゆうち見れば, 空ゆがんだ六角の, 空ゆたかに散りくる, 空ゆ一期と我, 空ゆ來らしも, 空よと呼かけたい, 空よりと言ったの, 空よろし他の, 空らしい細い雲, 空らしいですよ, 空ら風の中, 空ら騒ぎをする, 空はしません, 空わたりして, 空わたりするとき, 空をか彷徨へるらし, 空をさえ黒い雲, 空をばかりながめて, 空をわたつて, 空を通じて日が, 空ア火事だ, 空ア雲って参りました, 空イテイルノニ二階ヘ上ルニハ及ブマイ, 空オラを見, 空カンなかみのある, 空カン空ビンみんな入用なのよ, 空快ク晴レル, 空キリキリ舞いをやった, 空グセの悪い, 空ケルノハ大概夕食ノ前, 空シク好音, 空シク月明ヲ載, 空シク筑ヲ撃チ, 空シク絶滅スルカ然ラズンバ辱, 空ジャガア・エンジン三個により推進, 空ストーブの中, 空スーケーホーと申します, 空ッとぼけもいい, 空ットボケテ這入ッテ, 空ッポ公平無私だよ, 空ッ下手の噺家, 空ッ脛だけが元手, 空ッ茶を上げ, 空ツポウではあります, 空ツ尻で顫, 空ツ脛で踏, 空ツ腹へ五六十両, 空聞イテ彼女ハア, 空見ルベキナリ, 空トボケた態度, 空騰ツテ故里, 空ニ歩行クハ眠ラザルニ何, 空ニ連ツテ風露香ヲ送, 空バスを悪戯半分操縦, 空ビンみんな入用なのよ, 空ボートを見つけた, 空ボールの交響楽, 空ラ梅雨のゆ, 空リトスは石, 空一ぱいの不思議, 空一まわりでやめとけ, 空一ツ満足に見えない, 空一体に感触, 空一元論を唱え, 空一散走りにお, 空一文字山かづら, 空一杯胸一杯に太鼓, 空一面まっ黒になっ, 空一面朱と紫, 空一面火の海, 空一面鼠色の雨雲, 空七堂伽藍さかしまに, 空はこの, 空三瘰癧のある, 空三藏自西域還詔入内結壇爲帝灌頂賜號智藏國師時方士羅思遠者以術得幸有旨令與不空驗優劣, 空上ったり下っ, 空上人越後の七不思議, 空世辭を愚, 空丹後の二家老, 空花蝶雙上雙下亂晴野之, 空乏して遂に, 空乗物をかつい, 空乗鞍の山, 空を吸わせられ, 空乾しにし, 空して, 空事務室の上, 空二さん位ありました, 空二さん空二さん釣れましたよ, 空二人連れは男, 空二時にし, 空互になかなか美しいもう, 空五陰有に非, 空井中に堕, 空井戸ぢやない, 空井戸みたいなところ, 空亡外道の思想, 空人間の獅子, 空は丁度, 空以後の念仏宗, 空仮中の三諦, 空仰ぎいまぞ, 空仰ぎ泣くわれまど, 空伊勢国一身田の人, 空低しとばかりに響き渡る, 空とかも分らない, 空俥一つ通りません, 空俵みたいにながれ, 空俵一俵でどれ, 空俵屋の角, 空で色々, 空の數知らず, 空は翁, 空僧院である, 空光りと共におが屑, 空入札をし, 空入梅でしたよって, 空體に, 空八戒俺と我々三人, 空八戒悟浄の如き, 空八戒悟淨の如き, 空其處には力, 空円く光あかるし, 空冢中に墮, 空冥界を異に, 空冷たい空, 空凍ったような, 空処銕車走一抹流雲是汽煙, 空函錨鎖と覚しき, 空に反らした, 空初めて晴る, 空初鰹魚の呼び, 空別れなければならない, 空には閑庭, 空劃線を描き出してる, 空力みでは何, 空の, 空勇気を自慢, 空千代田の皇居, 空千早金剛の方面, 空千里を馳, 空半面にひろがっ, 空の方, 空博奕に勝った, 空古き銀杏古き, 空台所へシューラ, 空で板張り, 空方面綺羅星の, 空合わせになる, 空ふ河岸, 空向きになり, 空向けつ皆, 空向ける鏃も, 空がマライ, 空吹き晴らし其目もて, 空和尚のは若, 空咲いて鬼百合, 空善これも同じ, 空噴水して, 空たりし, 空よ, 空回転して, 空が詩品, 空土蔵に住ん, 空転堪, 空地つづきでせまい, 空地上から約, 空地平線に近く出現, 空地平線果物動物土にあしらっ, 空を爲, 空と号し, 空坪年二十六歳なり, 空坪此地の景勝, 空も見つからない, 空だ, 空壕工事の下, 空壕破屋秋草茫々のうち, 空壜それに去年, 空壜蜜柑の皮, 空壜骨類脂のべとべと, 空壺中に唾かし, 空変り果てたる萩原様の, 空なんて物, 空の厳か, 空夕暮から雨, 空の明方, 空か現, 空大き年けさの, 空大これであります, 空大分暗なった, 空太く響き渡り, 空太陽に酔った, 空太鼓であり空言, 空好く晴れ残暑猶, 空て晴, 空始めて快晴, 空威ばりに業腹, 空の中, 空子健吉さんなどで, 空子夕闇の向う, 空子権宮司さんなど影ちりぢ, 空子顔を赤く, 空孟宗藪といつくしく, 空宇人を絶ち, 空であったけれども, 空を踏む, 空室一つもなし, 空に年, 空寂しそうな, 空寂無常のこと, 空寒い疾風續け, 空寒き奥州にまで, 空たる朝, 空を區別, 空射ちして威嚇, 空尊者のよう, 空小舎を借り, 空かな, 空尾の上の杉, 空尾上の杉, 空屋付近に家, 空屋以上に不気味, 空屋敷そこでの企み, 空屋敷三軒ほどの地所, 空山崩えてよどみ, 空山師と計っ, 空山湖集つた人人を眺め, 空岩岩の尖り, 空をはらむ, 空左右には立ち並んだ, 空去, 空のよう, 空広い野原静まり返っ, 空広き江遠くより, 空広らなり野, 空庵子麹町平安堂製細筆を贈らる, 空庵氏手紙にて尾上菊五郎余, 空に響く, 空廓寥として影, 空廣らなり野, 空廻いしつつある, 空廻りし初めている, 空を放つ, 空を張り, 空な処, 空張華の博学多才, 空当事即了, 空とを混ずる, 空をした, 空待つよりほか, 空律師万銭を隠し, 空徐に閉さるれば, 空世辞の, 空したこと, 空思ひ乱れて, 空性信西念唯信, 空性禪師佛智禪師等いづれも, 空怨めしげな, 空怪しく雲脚が, 空は残る, 空恋しく思わせるよう, 空ぼけたって, 空恍けている, 空恍けてると云われ, 空恐しくなるのでした, 空恐しく思うのであった, 空恐しく思われた事が, 空息苦しい光彩の, 空悪魔の空, 空悲しい布の, 空惚呆けてもだめ, 空懸垂直下何百米かの切り, 空成往乎将惜美, 空成最後之撮影, 空成覚房幸西は共に, 空れに, 空ふ月, 空にし, 空みせし新築, 空拭きをかけられた, 空捺ししてございます, 空掘りの防空壕, 空掛けてこうした, 空掛け声は預け, 空提灯を投げ出した, 空揚薄衣揚葡萄酒煮ジェリ寄せ, 空揮如意撃碎於其前羅再三取, 空揺りとよむ走り火の, 空摸様のやう, 空撃ちをやつ, 空撫でしていた, 空放心無, 空散りかけた櫻は, 空数間彼方の草原, 空らしい刑壇, 空旅路の中, 空日光を吸っ, 空日輪の金, 空旧き都は, 空明い空氣由三は, 空明神下のお, 空明透徹な大, 空は妖しく赤かっ, 空映す波, 空は浅み, 空昼頃より晴, 空つくる野分, 空晦冥の天気, 空晩春四月の薄, 空景氣をつける, 空晴やかな空, 空晴れた日に, 空晴れたる日は, 空晴れ心晴れるすべて, 空晴れ暑気益加はる, 空暗く入海暗し, 空暮れにけり, 空曇つてはゐる, 空曰三郎勿起此影耳乃擧手示羅如意復完然在, 空曹必死の追跡, 空曹掾に, 空最初の意気盛ん, 空有因果等あると, 空を感じた, 空朝風はよい, 空札一枚読むの, 空を突い, 空松蝉の声, 空林空林庵はどう, 空架橋の線路, 空を葬った, 空の前面, 空の梢, 空桔梗にぞ澄む, 空は散りました, 空を始める, 空梳きを終つた髪, 空を通して駕, 空棘魚科に属する, 空が浮き出し, 空森岩崖芝地椰子樹の下, 空極月のその, 空の内, 空模樣さへお前さん, 空模樣ぢや筋違, 空模樣雲と同一, 空樹海は緑, 空樺色に, 空樽同様とならね, 空樽扱いはひでえな, 空樽漬もの桶, 空樽買ひ久八, 空が雪道, 空機上の第, 空機嫌をとつて, 空機關車の汽笛, 空にドカーン, 空残雪堆登, 空殿を, 空気抜けを指し, 空氣さへ灰色, 空氣そのものが變つて, 空氣まくらの口金, 空氣みたいにふんはり, 空氣亦然り, 空氣以上に何, 空氣光線地物等に關, 空氣光線此等の事, 空氣其物より受, 空氣喞筒の不完全, 空氣地色形體音その他一切の外物, 空氣壓搾喞筒等に依る, 空氣壓搾喞筒電氣力發機等の緻密, 空氣孕り帶, 空氣抵抗の少い事, 空氣新鮮な野菜, 空氣更に清凉, 空氣波動を伴, 空氣燃ゆる火, 空氣状態及び之, 空氣由三は暗い, 空氣研究法などを體得, 空氣穴をう, 空氣窒素瓦斯水素瓦斯眞空等に入れ, 空氣自分の生活, 空氣色だの音, 空氣草履をはい, 空氣蕭やかな物音, 空氣變化なく動き, 空氣雨を含む, 空氣風俗習慣言語此等のもの, 空氣風情の懷, 空氣鼠たちの苦し, 空流る, 空水すまし等を得, 空水平の一線, 空水風太陽草木そして土石, 空に蘆, 空江戸の町, 空池田の里, 空の浮い, 空のしろき, 空の気, 空泣く鬼の, 空浅黄に澄めり, 空海山河あの大, 空まじりの, 空すわだの, 空淋しく時雨れて, 空深々と湛えた, 空清ければなり, 空清し照日妙なり, 空の上端, 空湯氣の末, 空に消え失せ, 空が落ち合っ, 空演壇に立ちあがる, 空演舞だった, 空漸く白みて, 空たるま, 空澄み渡って三里隔つる元越山, 空澄み渡った太陽, 空澄み渡り日章旗城頭高く, 空澄んで風, 空濁った海, 空濁江に映り, 空濃き霧を, 空濠逆茂木などの工, 空濡れそぼった柿の, 空瀬戸茶碗がころがっ, 空火事じや, 空になる, 空炭俵六枚十八銭古新聞十六銭, 空に於, 空無であるその心理状態, 空無相の本体, 空焦燥に焦燥, 空煙草を急ぎ, 空煤けたコンクリートと, 空照りおもり, 空熱砂に蔽, 空燃えて今日, 空より女房, 空かなる, 空だ, 空物語もあり, 空にもみぢ葉, 空の手下みたい, 空しけく涯, 空瓶だらけへ秋日, 空瓶とりにき, 空瓶チュウインガムの食滓, 空瓶屋と襤褸屋, 空瓶屋空瓶だらけへ秋日, 空瓶海は薄, 空瓶瀬戸物売出の幟, 空瓶空ボールの交響楽, 空瓶箱新聞紙等が目, 空甘い新鮮な, 空では仕方, 空と地上, 空畏しい程, 空をぶらさげ, 空畢竟空である, 空疎らな屋並, 空な概念, 空癖朝までに霽, 空を扱う, 空白み渡りて茜, 空目立たぬほどの積雲, 空ひて, 空真夏闌けつつ, 空眠くはなる, 空とはしなく, 空眼薄らに駱駝, 空睡たげな朧月河浪の, 空となつ, 空禅師に勧め, 空稲妻一寸印象, 空稲荷の霊験, 空尖を, 空穗氏も寄稿家, 空へ幽囚, 空を割った, 空を小脇, 空笑みす男, 空一の, 空に入れ, 空筑波を横, 空で何, 空を元, 空との入, 空箱緑色の土, 空箱釘密柑を持つ, 空籠空箱ですっかり, 空籠荷うて行, 空米切手などの目, 空に染出されたる, 空紙幣の弊, 空の絶對, 空絶えず涌き来るいつくしき白木綿雲, 空続きであつ, 空缶二個をしばりつけ, 空缶五六個マッチかんづめ一箱風がふきだしたら, 空缶等何でも水, 空缶類とは別々, 空があつ, 空を地, 空罎とりにやつ, 空罎七銭合して, 空罎屋へ売る, 空罐一つと筆入れ, 空罐拾ひに, 空罐詰がそれだけ, 空の切身, 空美しや高野山, 空美しく晴れ崖, 空榜中名, 空ける鳥, 空翔けて行く, 空翔り来し我や, 空翔る小鳥の, 空れば, 空して, 空耕地遠くの山脈, 空すべきに, 空耳だつたかも, 空耳だつたかなと思つて, 空耳だつたらうか, 空だろう剱, 空聞きの意, 空聞きして民子, 空に坐っ, 空それも, 空撫でて, 空の時, 空腕車の音あはれ, 空を下げ, 空臑裸足勘次は藤吉, 空臨流水送光陰, 空興奮であるよう, 空舞いし男は, 空漕ぐ聲, 空と呼んだ, 空色即色だこの, 空花乱墜するが, 空花屋崖等々あらゆる取材, 空荒闃として僧衆, 空荷車の上, 空とし, 空という狐, 空葬式を出せ, 空蒼し放たざらめ, 空蒼茫丹波路から江州その他, 空蕩万里の層氷, 空の香, 空薫きをさせ, 空薬莢を花瓶, 空藍色に晴れ渡り, 空藹々たる土, 空蘇鉄の上, 空行き沈み行く, 空行くごとき遥かなる, 空行けば目, 空行水陸衆生を殺し, 空表情を他意, 空の虹, 空にし, 空見えし, 空見つやまとの, 空見慣れぬ人間に, 空覚えが決して, 空の把握, 空も締めぬ, 空言言ひ居て, 空証文をたて, 空詩虚文の余り, 空に, 空ばかり出た, 空という高僧, 空よりも黙, 空の無学, 空調子や無作法, 空と銀, 空にし, 空につめ寄らう, 空看楓, 空財布誰が持ってる, 空と云う, 空いろの, 空走りの音, 空足掻きを続け, 空躁ぎの一年であったと, 空い錆金色, 空輝いてる太陽寒い, 空輝く日光, 空輪峠といふの, 空輿馬上の人影, 空轎而入西邸, 空辞退をする, 空近い旗風の, 空近く風が吹きあれ, 空近山のほか, 空返辞ばかりし, 空通り過ぐ, 空逝く雲か, 空速度と風向, 空遊びをした, 空遠慮をし, 空やア, 空に筑波, 空遥かに愉快, 空郊外の空, 空を顰め, 空酔いにいちばん, 空に祭場, 空金庫を護っ, 空金色に染まり, 空を水中, 空を壁, 空錦繍を布き, 空の音, 空鐵砲で臨時村會, 空鑵一つでも兇器, 空鑵探して, 空長しなえ, 空長屋を借用, 空長持送り返すも, 空長閑く斜廡, 空閑緑以下の識者, 空の虚し, 空は磐, 空にそれぞれ一夜, 空院沈沈として草, 空陣屋へ入っ, 空陸海に, 空陸海上海底の四段構え, 空に満ち, 空雅致ある漁船, 空雲篆より教經出世, 空雲翳なし, 空に過ぎない, 空電信柱雀樹の梢, 空れ盡, 空を愛づ, 空青き樹, 空青ければ, 空青みカナ, 空に揺ぐ, 空静かだとは, 空靜穩に返る, 空空相, 空だけはその, 空の口, 空鞘八幡というお, 空を振り, 空響きがした, 空を予め, 空は小, 空頼めすな山ほととぎす, 空頼めでないはずである, 空頼めなるまじと勇み立つ, 空風遊びという菓子台一枚, 空風雪うす碧, 空な, 空飛び越えて何處, 空飛べ閑か, 空飽新得, 空を照せり, 空駈る矢羽の, 空でないに, 空高く円い月が, 空高く大きく夢の, 空高く速く流れて, 空高く高くどこまでも, 空高く黒い十字を, 空高し雲のんびり, 空高みひとりし立てば, 空高雲多少, 空を上げる, 空鬮ぢや, 空はいまや, 空魔事件宝石環事件百万円金塊事件などを迷宮, 空魔艦二機だけはそのまま, 空魔艦団なるもの, 空魔艦征伐のとき, 空魔艦遠征部隊をつくる, 空鳴りしつつひと, 空鳴り渡る鐘の, 空麗しく晴れて, 空麗光麗色に眩暈, 空黄色にぽう, 空黒い日本海