青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「田圃~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~用事 用事~ 用人~ ~用心 用心~ ~用意 用意~ ~田 田~ 田中~
田圃~
~田舎 田舎~ ~由 由~ 由来~ 甲~ 甲州~ 甲府~ ~甲斐 甲斐~

「田圃~」 1509, 14ppm, 7685位

▼ 田圃~ (445, 29.5%)

35 中に 32 中の 20 方へ 10 間を 9 中で, 中へ 8 中を 5 中には, 間の 4 間に

3 [11件] なかの, 上には, 仕事が, 平埜, 方で, 方を, 畦を, 畦道を, 真中に, 稲の, 雪も

2 [30件] かなたに, なかに, なかへ, ほうへ, 上へ, 中から, 中空へ, 全景を, 勝太郎は, 勝太郎を, 勝床を, 向うの, 小川の, 底が, 底を, 方から, 方でも, 方へと, 景色とが, 榛の木は, 水を, 溝に, 畔を, 畦に, 稲は, 稻荷に, 積み藁, 積藁の, 空に, 蛙の

1 [215件] あたりも, あたりを, あちこちに, あつた, ある町, いなごあれは, うえに, うしろ斬り, うちと, うちに, うちへ, おちこち二人三人組, かくれ家, かまぼこ小屋に, ここかしこに, こつてすが, ことだ, すゑ工場いくつ見え, た, ちょろちょろ水, つきるところ, とこさ木の, ところまで, とりつきである, どこかの, なかから, なかさ, なかへと, なかを, ぬかるみに, はずれに, ほうから, ほうに, ほうを, ほとりの, まんまひからび, むこうを, ようで, ように, ド真ン中, 一の, 一畝が, 一部が, 上などに, 上の, 不動堂が, 中だ, 中って, 中である, 中でも, 中にも, 中や, 中二里以上三里近くも, 中程へ, 事な, 二所で, 井戸を, 仕事の, 仕事を, 仕事位は, 仕事場に, 作物の, 側だの, 側で, 側に, 側へ, 側を, 傍に, 傍の, 傾斜や, 先に, 出口の, 出合いでは, 切り合いの, 刈稲を, 前は, 前を, 前景から, 割れ目なども, 北から, 取り合, 名残をと, 向うを, 土に, 地蔵様を, 地藏樣を, 埋立て, 堀の, 堤防が, 境には, 外ん, 多いところ, 多くは, 夜虫の, 大金, 大金と, 大金の, 太夫と, 太夫沢村源之助の, 太郎様を, 如な, 妹と, 家と, 小家, 小川では, 小川に, 小川にも, 小流れ, 小溝, 川で, 平野といふ, 幾つかには, 底から, 底も, 彼方の, 心持よい, 方からでも, 方が, 方の, 方へでも, 早稲田の, 晩秋, 晩秋の, 景色, 景色を, 有害動物を, 朝という, 果てに, 案山子に, 榛の木の, 様だ, 横路を, 水廻りに, 水牛みたいに, 泥が, 泥の, 浮藻の, 源之助だの, 溝の, 溝へ, 溝土も, 片割れが, 用水にも, 用水は, 田端よりの, 畔かとも, 畔とか, 畔に, 畔へ, 畔到る, 畝に, 畦から, 畦などに, 畦道で, 畦道より, 畫の, 白い線, 皮剥餌取, 目の, 眞ん中だ, 眞中に, 真ん中だ, 真ん中に, 真ン中の, 真中で, 真中まで, 眺めが, 眺めも, 眺望の, 短い草, 石橋は, 稗取りなぞに, 稲株の, 稲荷に, 稻の, 稻を, 稻子に, 突き当たりに, 端れ, 簑笠, 終わり商店, 耕作が, 職人が, 草むしりを, 蓮華草を, 蛙か, 行き止まりに, 見える家裏, 見わたし, 見回りから, 親分や, 赤き秋, 路を, 近道を, 道の, 道を, 遙東に, 遠くを, 遠見, 釣堀釣手少く, 闇の, 防ぎと, 雨に, 雪が, 雪を, 雪見てた, 露と共に, 面白味は, 風に, 風を, 髪結床の, 髮結床の, 鴫が, 鷲神社は, 麦の

▼ 田圃~ (139, 9.2%)

3 歩いた, 越えて, 越して, 隔てて

2 [12件] あるいて, わしが, 仕付けて, 北から, 埋立てた, 小作し, 抜けて, 眺めて, 距てた, 距てて, 通って, 隔てた町

1 [103件] あれきり思ひ切, うろついて, お出, お品, こえて, この俺, すきに, すた, つい去年, どうする, どうにか辛抱, ぬけると, はさむ南北, ぶるぶるふるへ, へだてたこちら側, わたしらに, 上りきると, 二人で, 二人は, 今迄, 何に, 作つてない, 作つてるん, 作つてゐる, 作らしとつ, 作るの, 其の惑亂, 合せて, 吹きぬける寒い, 吹きわたして, 唖, 埋めた, 埋立て, 堂々たる都, 寄切つ, 寺島村の, 山の, 彼は, 後から, 戻りながら, 所有し, 拔ける, 捜しまわるので, 斜かいに, 横ぎりまた, 横ぎり猪之, 横切った, 横切り川, 歩きそして, 歩みし頃, 求めて, 決してあれきり, 流る, 流れる小川, 渡つてそれを, 渡つて林を, 渡り彼雑木山, 眺めやつ, 神経痛で, 突っ切るの, 突切って, 終列車, 経る, 縫って, 荒ず, 行きやがて, 行くの, 行った, 覆つて, 見たこと, 見て, 見ると, 見るよう, 見下ろして, 見廻りに, 見晴, 見晴す, 見晴らした国道, 見晴らして, 見晴らすの, 見渡しながら, 見渡す時, 見渡す毎, 請作する, 越えたり, 越えると, 越え彼方遥か, 越せば, 透して, 通った, 通り前述, 通り過ぎると, 通ると, 通るにも, 通る時, 過, 過ぐる路, 開懇せり, 限るの, 隔てたほど近い, 隔てた向こう, 隔てた新緑, 隔てた雑木林

▼ 田圃~ (135, 8.9%)

8 を歩い 3 を飛ん 2 にか, に出る, へ出た, を一人, を一散, を歩く, を私, を行く, を辿った, を通っ

1 [104件] から土手, から帰っ, から幼い, から村, から湖, があります, が今日, が開け, だからとは, でそれから, ではある, でも通る, でオート三輪, でスレ違い, で人手, で出あふ, で子供たち, で数カット, で落し, で車, で遊ん, で馬車, にさ, につづい, にはまだ, には道端, に出, に小さな, の徒然, の稲田, の草露, の遥か彼方, の間, は一里, ばかりを行く, へかかる, へ出る, へ懸る, へ行く, へ飛び出し, まで出, もあった, を○○町, をこい, をその, をたどらなけれ, をなんとなくのんびり, をぬけ, をトボトボ, をブラブラ, を一里, を三, を伝市, を何処, を來, を僕達, を先, を八分目, を再び, を出, を出る, を十町, を娘, を小萩, を山谷, を当, を当て, を後, を復生病院, を忍耐, を東, を楽し, を此方, を歩き, を歩きまわった, を歩き出しました, を歩き廻った, を歩き廻ろう, を滝, を無言, を牧, を独り, を當, を白い, を百姓家, を緩, を腕車, を行き, を行ったら, を行過ぎた, を走っ, を走つ, を辿り始めた, を近道, を逃げた, を通つて, を通りかかった, を通りすぎ, を通り抜けた, を過ぎ, を静か, を駆け競った, を駈け, を黒板

▼ 田圃~ (129, 8.5%)

10 出て 5 なって 4 乱るれ, 出た 3 下りて 2 さしかかって, して, 出ると, 於て, 水が, 落ちた, 蛙が

1 [89件] ある草, ある農夫, ある鼠麹草, いる人々, かかる頃, した辺, たくさんの, ただ一人の, ちらほら見えます, つづく松山, なった, なりかわって, なります, なる, はさまれた杉並木, ぺんぺん草を, もう一人, もちだす子ども等, 下りた, 下りたり, 下りまた, 下り坂, 亂るれ, 二俵半か, 仂かせ, 働く田植, 出でて, 出る頃, 出払, 初蛙, 向かった小さな, 呼びかわす男の子, 坐ったの, 夕陽が, 宗次郎芳江兄弟の, 屬す, 差しかかると, 建家の, 往った, 往って, 待受け鉄砲, 從い, 抛りこまれても, 挟まれた国道, 提灯の, 摘草に, 散らばって, 於ける掻堀同様, 暗く照つて, 未練が, 毎夜八つ九つ出歩く, 沿うて, 泊って, 照り渡っ, 牙彫, 生えて, 生える稲, 田植えの, 秋の, 移され新, 稲刈りの, 積み上げる, 突入する, 立って, 続いて, 続ける松林, 置いたまま穀物, 耕耨す, 草を, 落ちたとかいう, 蓮の, 薄寒い風, 見出された, 象牙を, 近いだけに, 近いもと, 近い今, 近き今, 違いない, 開いた見晴, 開いた見晴らし, 隠れて, 面した風, 響が, 飛んだ, 麥や, 麦や, 黄色い花, 鼠の

▼ 田圃~ (85, 5.6%)

16 出て 2 出た, 出れば, 辨當の, 連れて

1 [61件] いって, おりる處, お出でと, かえると, かかったね, くり出した, さしかかる頃, さまよい出ては, ずり落ち相, どじょうを, ぽつつ, ゆきついた時分, 三十人が, 下りたん, 下りる坂道, 出かけたの, 出して, 出し所前後に, 出たの, 出たら例, 出た時霧, 出で, 出ようとは, 出ると, 出るには, 出る時, 出る頃, 出動し, 出掛けて, 向って, 弁当の, 抜けて, 抜けました, 持って, 振落された, 掛かったね, 来て, 棄てて, 水が, 水を, 流れ去った, 移され新, 稲刈いに, 突ん, 落す口, 落ちかかる, 蓮の, 虫とりに, 行かなくちゃ, 行き乞食, 行って, 足を, 身を, 転げ落ちる転げ落ちると共に, 逃げたぜ, 逃げる, 這入ります, 通って, 連れ出されました, 降りて, 駈け出した

▼ 田圃~ (75, 5.0%)

3 働いて 2 吹いた口笛, 耳に, 蓮華草を, 首を

1 [64件] あつた, あのよう, おなかと, お父さんや, お逢いなされた, この方, しばしばこういう, すぐ眼, せう, そこに, その中, その向う, な, なあ, ふと前年五月, ぶらんこを, 一緒に, 一面の, 二俵半しか, 云った筈, 今は, 代掻, 何んの, 働かされ夜, 働く木綿着物, 全く, 切り合ったばかりか, 危ういところ, 啼き立てて, 太刀を, 太郎稲荷にも, 学園の, 官兵に, 実際狐狸, 左側は, 彰義隊の, 思案に, 採った田螺, 握らして, 春の, 株伐り, 極月十日の, 泥鰌か, 流れの, 濡れた時, 爽かな, 片側は, 田の, 田圃は, 盛んに, 短い時間, 秋の, 立花左近将監鑑寿の, 紀州藩士に, 聞いた声, 自分と, 若い娘さん, 蛍を, 蛙が, 表は, 試験ずみであった, 転んだ拍子, 逢った, 遙北手に

▼ 田圃~ (51, 3.4%)

2 がある

1 [49件] がうねうね, が折れ, だつた, だと, で何者, で南蛮, で格闘, で田, とかを通り抜けなけれ, にある, にさしかかる, になった, になり, に咲い, に安東寺, に狐火, に突立つて, に立った, のまん中, の一件, の夜露, の真ん中, は通れない, へでもか, まで来た, をうねり, をうろ, をさまよっ, をた, をたどっ, をたどり, を一町許, を俥, を帰つて, を急ぎ足, を案内, を横切り始めた, を歩いた, を歩きなすった, を歩き出した, を照らし, を神宮寺村, を縫っ, を行きぬけ, を足早, を通っ, を通つて, を通り, を顔

▼ 田圃~ (44, 2.9%)

3 ある 2 あって, できて, 湖に, 見えて

1 [33件] あつて, ありました, あり中腹, あるので, つづいて, ひとときの, みえる田川, みんな乾上っ, よく見晴, スツカリ乾い, 二三尺の, 今の, 四段ほかに, 好きで, 好で, 小せ, 広々と, 惜気も, 東南に, 段々高く, 白くなり, 碁盤の, 竭きた, 続き処々, 見えた, 見え出した, 見たかった, 見晴せます, 見渡されます, 近いので, 開けるという, 開け木の間隠れ, 開拓され

▼ 田圃~ (40, 2.7%)

2 この処, 珍しくも

1 [36件] あくまでも貪欲, あったもの, いっこうおもしろく, いつも愉しく, こつちから, すべて御, その小座敷, ちっと骨, まだ路, みんなよく, むさぼるやう, もう真っ白, もとの, わしの, ホンの, 一面に, 乾いて, 二番掘, 失禮です, 寒かろう, 平地で, 彼女の, 心配が, 悉く黄色, 晩稲の, 海か, 片端から, 獣物の, 稻を, 結局どう, 賑つてゐます, 近くっても, 長く世田ヶ谷, 青々と, 麦の, 黄色くなっ

▼ 田圃から~ (27, 1.8%)

2 ひツこ, 三河島へ, 林へ, 町家の

1 [19件] あがる前, いつか吉原土手を, 一粒の, 三河島村屏風を, 上って, 上つて来た, 帰って, 帰つて来ます, 帰りがけに, 急の, 村に, 村の, 父親が, 町の, 目的地まで, 続いて, 茶を, 遠く桜, 遠く櫻

▼ 田圃~ (27, 1.8%)

4 畑の

1 [23件] からと思ふ, 人家の, 山々に, 島抜けの, 川の, 庭などを, 杜つづき, 林を, 河原へ, 流れの, 灰色に, 畑で, 畑は, 畑を, 畠が, 畠の, 磧で, 芋畑を, 草原が, 藪ばかり, 野である, 雑木林は, 雑草の

▼ 田圃~ (25, 1.7%)

2 墓地を

1 [23件] お薬園, すこしも変り, その先, なって, 多少の, 小さい町, 小川の, 山に, 山の, 桃の, 桑畑遠くには, 沼であった, 沼地だ, 田圃との, 町ばかり, 畑が, 畑で, 畑とが, 畑との, 畑ばかり, 皆親類所々に, 葱畑と, 野菜畑の

▼ 田圃~ (23, 1.5%)

2 平一面, 庭も, 是下に, 里も

1 [15件] お池, 一つしつかりと, 一望ガランとして, 何となく大, 其処此処と, 埋立てられ, 堀も, 月夜であった, 水が, 渺々たる, 犁かれ, 見ないの, 通りこし, 馬場も, 麦は

▼ 田圃には~ (18, 1.2%)

1 [18件] あちらにも, げんげが, さらに陽気, 侍の, 全く人かげ, 家が, 更に陽気, 枝豆が, 殆ど下りた, 泥声あげ, 秋の, 翼を, 自分たち同様田植の, 菜種の, 赤蜻蛉案山子鳴子など, 連夜切りあげられた, 霜が, 鶏の

▼ 田圃~ (18, 1.2%)

2 の方

1 [16件] それから柴車, なぞに転がっ, なぞに霜枯れた, には, には多勢村, に葉, に身, のよう, の枯れた, の細い, の細道, の草, の道, は高瀬, へ出, へ行つて

▼ 田圃みち~ (14, 0.9%)

1 [14件] へ出よう, や野路, をさまよい, をときどき, をゆきぬけ, を人, を俥, を散歩, を越え, を通った, を進ん, を過ぎ, を駈けぬけ, 行けば

▼ 田圃~ (12, 0.8%)

1 [12件] から自然, でぶち, にその, には巴, に出た, に歩み入った, の畦道, の細い, の路, へ出た, を一目散, を呼び

▼ 田圃向う~ (12, 0.8%)

2 のお, の雑木山 1 に飴屋, の丘, の信心家, の市街, の杉, の浜田, の畑, の黒い

▼ 田圃では~ (9, 0.6%)

1 おそろしく蛙, とてもそんな, ザクリ, 初蛙, 意外の, 昼でも, 水こけ, 皆欣々喜々, 蛙が

▼ 田圃でも~ (9, 0.6%)

2 日向の 1 やつぱり全く, 何でも, 作つてさへ, 手離し, 歩きながら, 永生の, 池でも

▼ 田圃まで~ (9, 0.6%)

2 出て 1 あるよう, ある家, 作らんならん, 往って, 欲しいといふ, 見廻りましたが, 軒を

▼ 田圃~ (7, 0.5%)

2 し村越, と思え 1 つたのである, つて全收穫, と思った

▼ 田圃だった~ (5, 0.3%)

2 が, んだ 1 時分の

▼ 田圃なか~ (5, 0.3%)

1 にある, にひとり, に差しかかる, の料理屋, の道

▼ 田圃にも~ (5, 0.3%)

1 まだ女, 何処かもの, 川添ひ, 沢山の, 白くなった

▼ 田圃~ (4, 0.3%)

1 おらが, なぜ入, はいつ, 入つて

▼ 田圃とも~ (4, 0.3%)

2 また浅草田圃 1 いった, 云つた

▼ 田圃越し~ (4, 0.3%)

1 に畷, に遠く, の右手, の本村

▼ 田圃~ (3, 0.2%)

21 やからとて

▼ 田圃であった~ (3, 0.2%)

1 が戦機, という話, 下台は

▼ 田圃より~ (3, 0.2%)

1 少し小高い, 待乳山に, 直なる

▼ 田圃伝い~ (3, 0.2%)

1 に歩かっし, に船橋, に行っ

▼ 田圃~ (2, 0.1%)

1 何かの, 肥料溜が

▼ 田圃からは~ (2, 0.1%)

1 喧しい蛙, 鴉が

▼ 田圃ごと~ (2, 0.1%)

2

▼ 田圃つづき~ (2, 0.1%)

1 のかい, の方角

▼ 田圃つづきで~ (2, 0.1%)

2 あいだに

▼ 田圃づたいに~ (2, 0.1%)

1 歩いて, 長い堤

▼ 田圃での~ (2, 0.1%)

1 あの夜, 共同作業といふ

▼ 田圃とは~ (2, 0.1%)

1 今日の, 思われない野原

▼ 田圃などへ~ (2, 0.1%)

1 参られましたので, 野宿などを

▼ 田圃などを~ (2, 0.1%)

1 間に, 飛んで

▼ 田圃について~ (2, 0.1%)

1 云へば, 父が

▼ 田圃にて~ (2, 0.1%)

1 殺害させ, 殺害に

▼ 田圃へでも~ (2, 0.1%)

1 出て, 行って

▼ 田圃らしく~ (2, 0.1%)

2 泥の

▼ 田圃左右~ (2, 0.1%)

2 は草

▼ 田圃~ (2, 0.1%)

1 にさしかかる, へと通り抜け

▼ 田圃~ (2, 0.1%)

2 には

▼ 田圃~ (2, 0.1%)

1 といふその他, の背ろ

▼ 田圃~ (2, 0.1%)

1 きでろくな, きで龜戸

▼ 田圃~ (2, 0.1%)

1 から闇, が灰色

▼1* [77件]

田圃あたりの樹草, 田圃からでも壮大を, 田圃からも離れられないと, 田圃ここからつい, 田圃ことに甚だしい低湿地, 田圃しに奈良, 田圃さんも安心, 田圃さんこと沢村源之助さんが死んだ, 田圃さ行ぐんだ, 田圃じゃなくって, 田圃その竹藪を, 田圃ぞいのところ, 田圃だけが古い切株, 田圃だけのそこで今, 田圃だけは植付けられた, 田圃だの水浸しだの, 田圃ぢやけに水, 田圃づたひに歩いて, 田圃づらを眺め, 田圃でしたから今, 田圃ですし線路, 田圃といういやな, 田圃といふのは, 田圃としての面白味を, 田圃との間の, 田圃などでむやみと, 田圃などというところで, 田圃などによく殘つて, 田圃などには蛇が, 田圃なれども学校, 田圃にずつと連絡した, 田圃につれ出して, 田圃になつてそこから, 田圃のうへに横に, 田圃はずれのかご屋, 田圃はるかに指さ, 田圃ばかりじゃ足りなくて, 田圃ばかりは草が, 田圃ばかりをありがたがるよう, 田圃ひとつへだてた背中, 田圃へと暗くなりかけた, 田圃への道を, 田圃やけんなあ, 田圃やを見廻るの, 田圃わきの土手, 田圃をもひとりで, 田圃パッと飛立つ, 田圃一めんにひろ, 田圃一パイ歩いて, 田圃一方は畑, 田圃三千石の夜, 田圃に緑園, 田圃仕事や畑仕事, 田圃伝えに背負, 田圃ひに, 田圃入谷田圃浅草田圃と皆親類, 田圃も左, 田圃じゃあおいら一人, 田圃寄りのさびれた, 田圃拵えで見せる, 田圃村里の傳説, 田圃横藁家ひとつ見えて, 田圃河畔庭園などその, 田圃沼数限りない溝流れ, 田圃沿いの街道, 田圃浅草田圃と皆親類, 田圃続き雷門前の, 田圃の道, 田圃蕭條の中仔細, 田圃西隣は墓地, 田圃越せば行ける, 田圃通りに筥崎, 田圃道二里は山道, 田圃長屋に住む, 田圃の街道, 田圃雀一とし, 田圃飢饉ぢやからとて