青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「續~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

縫~ 總~ 繁昌~ 織田~ 繩~ 繪~ ~繰り返し 繰り返し~ 繰返し~ ~續
續~
~罪 罪~ 罪人~ 罪悪~ ~置い 置い~ ~置いた 置いた~ ~置かれ 置かれ~

「續~」 2616, 28ppm, 4148位

▼ 續~ (587, 22.4%)

65 てゐる 21 て來, て居る 19 てゐた 9 て, て居ります 7 ている, てお, てその, て平次 6 て居た, て自分, て行く 5 てゐ, て行, て起つた 4 て主人, て曰 3 てこの, てまた, てもう, て其處, て呼出された, て居ました, て彼, て私, て起る

2 [24件] ていた, ていひける, てゐない, てゐます, て一人, て上, て下女, て今, て今度, て入選, て八五郎, て其下, て出る, て口, て同じ, て大, て娘, て狹, て立つた, て笹野新三郎, て若, て行つて, て追, て雨

1 [299件] たりそして, たり松原, たり窮境目, てあの, てあの大, てあやめ, てあります, てい, ていつか晝近く, ていふ, ていふべき, てうんざり, てえ, てお勝手, てかたり, てきた, てくる, てこ, てさまざま, てさらに, てしつ, てその小さな, てそれ, てそれに, てつば, てどこ, てどの, ての鑛山まつり, てはお, てはこの, てはさすが, てはゐなかつた, てはツイ我慢, ては商, ては小, ては返り忠, てばらばら, てほとんど, てもう一度, てもや, ても三日, ても森林, てやがて, てやる, てゆく, てゐたら, てゐました, てゐるけろん, てゐるで, てをつた梅雨, てアーヘン, てセエヌ河, てダリユシカ, てトン, てドツ, てハヾトフ, てプーン, てヤマトタケル, てルネサンス, て一同乘, て一年, て三五郎, て三人, て三月, て上方, て下男, て下駄屋, て丸邇, て主, て久良山三五郎, て乘, て乘りうつれ, て二つ, て二三日晝, て二人, て二人目, て二階, て云, て五晩目, て亡くな, て今に, て今日半日, て他, て休み, て住居, て何, て何とか, て何處, て傍, て僕等, て先代, て入らう, て入る, て兩親, て八疊, て六助, て六部, て其の, て其後, て其晩, て出, て出た, て列強, て別棟, て力, て助手, て十重二十重, て千二百七十六年, て原, て又, て叔母, て叫びました, て吾妻屋, て周圍, て呼んだ, て品吉, て土手, て地軸, て夕飯, て外, て外國, て夜, て大きな, て大殿樣, て大納言, て奈々子, て奉公, て奧方, て妾, て姉, て姉妹, て姪, て嫌, て學資, て安産, て宴開き九頭, て家, て富江, て寧ろ, て小さな, て尾張家附成瀬隼人, て居つた, て居りました, て居りまする, て居るらしい, て屋外, て山内, て帝室博物館員, て常々彼, て庭先, て庵平太郎, て廣間, て引掛つたの, て弟, て役人, て後, て徳松, て忠勤, て忠實, て怒, て思はず, て思はせる, て思ひ出され, て思ひ出した, て怪しい, て怪しげ, て或, て手代, て折れつ伸びつ, て押入, て持つ, て擲つた, て數兒, て斯, て日本橋本町, て日露戰役, て早く, て昨日, て晉, て更に, て書い, て最後, て會合, て木造, て本年, て本間氏, て本館樓上特別室, て村川菊内, て松田藏相, て松薪, て棟梁, て椽先, て槍, て此, て此家, て歩む, て歴代, て殿堂鐘樓樓門その他山林方三里, て毎晩三ヶ所五ヶ所, て水戸家, て江崎屋, て浮ぶ, て海, て淀んだ, て溢れた, て濕氣, て瀧口博士, て燃え立つ, て燕女, て爭論, て父さん, て父親, て物, て物言, て現に, て田子の浦, て甲高い, て町, て番頭, て當時唯一, て百人町, て盛ん, て直孝, て眞奈, て知事, て石段, て碁, て秋, て種々, て突然, て立たう, て立てり, て笑聲, て第, て筆, て籠, て精, て糸七, て紅葉, て細長い, て綿, て聞え, て聟養子, て肩, て背後, て自己, て自殺, て臺町, て與三郎, て船, て花々しく, て茶色, て荻, て菊次郎, て葉書, て蕊, て薄, て藝者, て藤六, て藤豆, て衆, て行つたの, て行われ, て覆面, て見えた, て觸, て許婚, て語る, て調子, て豆撒き, て象兵, て起らなくなり, て路地, て車外, て近代, て近所, て近頃, て退場, て逃げた, て逢つた, て郵便, て釣瓶打, て銀色, て銃, て長崎屋, て闇, て阿波屋, て降りた, て頂上, て飛びついた, て飛付いた, て飛付きました, て飛付く, て飛來つた, て飛出しました, て餓孚途, て驅逐艦, て高木勇名, て默つて

▼ 續けて~ (387, 14.8%)

24 來た 19 ゐた 15 ゐる 13 ゐるの 11 居ります 10 來て 9 居るの 6 ゐたの 5 ゐるやう 4 くれ, ゐるうち, 居る, 行くの, 言つた 3 やつた, ゐるお前, 云ふ, 來ました, 行く

2 [23件] もつと, ゐたが, ゐたといふ, ゐたので, ゐたもの, ゐた間, ゐました, ゐると, ゐる自分, 仕事を, 參りました, 居たぞ, 居たの, 居た氣, 居られました, 居りますが, 居ると, 居るので, 居れば, 行くうち, 行けば, 行つた, 言うて

1 [194件] いたこと, いふ, いらつし, いるという, いる氣, お艶, くれたらあつし, くれると, ずん, その汁, みると, もう一杯, やうやく古びた, やつて, ゆく, ゐさせたいの, ゐたこと, ゐたさ, ゐたといふだけの, ゐたらしい, ゐたら俗人, ゐたん, ゐた一人, ゐた女, ゐた家, ゐた筈, ゐた萬屋善兵衞, ゐた附近, ゐて, ゐなければ, ゐますがね, ゐられます, ゐるお, ゐるから, ゐるが, ゐるだけ, ゐるつもり, ゐるであらうか, ゐるであらうかとも, ゐるであらうと, ゐるところ, ゐるよりは, ゐるらしかつ, ゐるわけ, ゐるわよ, ゐる事, ゐる人間的, ゐる内, ゐる大阪, ゐる女, ゐる姉, ゐる有, ゐる校長, ゐる樣, ゐる氣持, ゐる眞, ゐる者, ゐる間, ゐれば, ウヰスキーを, カフカズポーランドを, ペチヤ, 一方は, 上野へ, 下さい, 二度蹴つた, 云つた, 五日も, 休むこと, 休む無, 何か, 何處かへ, 來たかが, 催促したら, 其几帳面な, 其女に, 出るの, 分け登つたの, 十段目の, 博士が, 又唱, 叫んだ, 同じ物, 同じ話, 命を, 四つ過ぎまで, 土を, 夜は, 夢を, 大風で, 奉謝生活, 學校に, 小娘に, 居た, 居たこと, 居たぜ, 居たため, 居たと, 居たので, 居た三十郎, 居た事, 居なかつた例, 居まさア倉の, 居ました, 居ましたよ, 居ます, 居りました, 居りましたが, 居るうち, 居るから, 居るもの, 居る中, 居る人, 居る平次, 居る樣子, 居る横井源太郎, 工藤が, 平安朝の, 役人にも, 彼は, 徹夜に, 息の, 慰めやう, 戀文を, 打つて, 放屁した, 敵を, 斷つた, 日の, 更に, 書いた, 書かうとの, 書き更に, 木曜會の, 次の, 歌いました, 死にました, 死ぬ, 殺されたの, 深い息, 澄子さんに, 火の, 無意識状態に, 營業を, 父は, 片頬, 猶倦まない, 疑問を, 發音しまする, 相談らしく語る, 眠りに, 瞑想に, 知人岬の, 笠を, 紹介し, 續膝栗毛善光寺道中に, 纏まれる傳, 聞えぬ雪, 自然的生と, 興行し, 英國と, 茫々たる, 落第した, 藥を, 血を, 行かうそれ, 行かうと, 行かなければ, 行き最後, 行くお前, 行くさ, 行く事, 行く内, 行く外, 行く辛抱, 行つて愈, 行ツた, 見ると, 見張つて, 言ふ, 訪ねて, 語る, 講演らしい, 讀んで, 通つて御, 遂にそれ, 遂に南方, 靈媒さんに, 飮んで, 高利の, 高岡軍曹は, 鳴いたと, 鳴つたの, 鳴つた鐵砲

▼ 續~ (257, 9.8%)

76 ました 43 樣に 24 ます 11 ざまに 9 さまに, ようと 4 なければ 3 ましたが, ようとして 2 よう, 乍らも

1 [71件] あと一兩日で, うるだけの, お濱, お由良, こればかりは, さまにばさ, ざること, ざるま, しむ, その樣子, たくないの, たま, たるを, たんで, だ, だつた, だつたが, てるさ, で何しろピカピカ, で岡, ない, なくては, ぬ, ぬが, ばまことに, ば山, ば或は, ば水, ば破産, ば秋, ば空さ, ました事, ますが, ますと, ませう, やがて少女自身, ゐたるもの, シリヤの, 世間からは, 乍らあられ, 乍らなほも, 乍ら流行唄, 乍ら祖國の, 二三年前舊惡が, 五十を, 候ひぬ, 全力を, 其はてに, 出したらし, 出しました, 合つた, 娘御用聞とか, 尻の, 店屋と, 度いと, 得た所以, 撃ちが, 春に, 春日野の, 樣では, 樣の, 止まざらむ, 死ぬ時, 焚け擴, 甘き人間, 翌昭和十年, 行く, 行くこと, 金が, 間へ, 雄叫び鳴りや

▼ 續~ (223, 8.5%)

6 になつ 4 來る 3 て, のやう, を見 2 さう, さうに時と共に, て彼, にする, に一つ事, に見え, のもの, を取る, を辿つ, 一方は

1 [184件] お勝手を, お品, か, がたくつぐべき, さうでした, さうです, さうなの, さうなので, さてそれ, その中, その先, その手前, その間に, それから喘息季節, それらの, たり否, だけは勘辨, ぢや, てあらずなり, ておの, てかれ, てその, てはじまる, てアマゾネス, てソリュモイ族, てペルシア, て一齊, て備, て元, て友, て君, て呼び叫ぶ, て地, て城中, て壘壁, て女王, て山, て廣, て攻め寄せ, て救, て敵, て更に, て白銀, て神, て神靈, て花, て西域, て飛び, て馬, で, でせう, とかとなる, としてもう, ながら別棟, ながら大川, ながら聲, なぞで, などをした, に, にあそこ, にこそいでまし, になる, には違, に五六間行, に作る, に出掛けた, に番頭, に當, に病氣, に眼, に石段, に納屋, に續, に諏訪湖, に返りつ, に關, に齊, のお膝下, のみ, のよう, の三四間先, の八疊間, の六疊, の唱, の外山, の天候, の奧, の女, の寮屋, の岩, の左, の庭, の建物, の歌, の第, の結果, の自分, の行事, の裏, の質屋, の長物語, の隣, はしない, はどう, はもう, はチヨツト變, まるで海, もあ, も續, を, をきい, をし, をしない, をすませ, をせがみます, をつづけ, をやり, を唱, を完了, を書い, を書き, を書きます, を書き初め, を此處, を經, を考へた, を考へる, を聽, を訊く, を踏む, アガメムノーンに, ヘクト, ミュンヘンに, 一時は, 三日續く, 三枚續き, 下女の, 下男の, 世間並の, 乍らに, 二人並ん, 五寸程の, 來て, 來ぬ, 具合がを, 具合よから, 内儀の, 初め道の, 劒を, 半月と, 合に, 名人たりしかば, 四五十枚を, 天照らす, 存在する, 安帝, 工合が, 從つて現在は, 徹夜などが, 我々の, 支那との, 日本に, 明一代を, 明治年間までも, 最初から, 最後は, 朝廷が, 果ては, 此に, 殊に昨年, 水師の, 漢の, 片側は, 物には, 物の, 程やり切れない, 第二, 羅馬に, 胃腸病院に, 花火の, 證の, 遂にアカイア軍勢, 陣中に, 鳩谷小八郎が

▼ 續~ (204, 7.8%)

6 のです 5 のでした 4 のである, のは, のを 3 うちに, やうに, 八五郎, 樣に

2 [11件] かも知れぬ, か分らない, ことで, であらう, のだ, ガラツ八, 供養饗宴の, 姿が, 平次, 平次の, 限りは

1 [147件] うち平次は, お越, か, かぎり我等の, かと云, かどうか, かはしれない, か余, か共に, か怪しい, か知りません, が李栢文書, ことか, ことかを, ことが, ことも, こと二日三日山陰に, ぞお, でせう, ところ二里三里蘆とともに, とする, となる, ともう, とも言, と今度, と劫, と思, と懷ろ, と毒, と私, と蟋蟀, と見る, のが, のだらう, ので, のであつ, ので折角, ので母親, ので苦惱, は, は眞, ばかりでなく, ひろびろと, ほどの心配, やうで, やうなら, わけはねえ, ガラツ八これは, ガラツ八と, ガラツ八は, ガラツ八伊三松多勢の, ガラツ八源吉四方は, タンポの, 一と, 一人は, 一枚は, 三月, 不幸に, 丘陵の, 事か, 事が, 事でございませう, 事件に, 二三人薄, 二日目の, 二谷の, 人の, 仕事場の, 他の, 何だか大根畠, 傾斜地, 八五郎何處へ, 北國に, 十臺許り, 吉住求馬, 吉彌は, 單音の, 地方の, 天宮を, 家搜し, 小さな桑畑, 岩壁は, 巓聳ゆる, 平次は, 平次ガラツ八, 平次何やら, 平次物蔭に, 平面な, 廊下へ, 廊下を, 廣い, 怪奇な, 或日, 戰亂と, 所に, 所の, 時代に, 枯野に, 構へが, 此頃としては, 沙の, 泥足の, 洗面場には, 淺瀬に, 渡り廊下に, 濤の, 物に, 物寂しき岩間, 石段の, 立派な, 筈は, 縁側に, 繪卷物の, 者かを, 者皆傚ひ, 自分達の, 自身番や, 茶の, 處人の, 街は, 衞の, 表の, 襲撃相手に, 言葉も, 變化の, 輸入超過が, 錢形の, 間に, 間には, 間は, 間を, 間從つて吾, 間甞つてわれらの, 限りこの世の, 限り主, 限り依然, 限り働い, 限り及ぶ, 限り擬人性は, 限り早足に, 限り此貧苦此不幸此迫害と, 限り罪も, 雨を, 雷に, 靜かな, 餘韻が, 黒裝束の

▼ 續ける~ (115, 4.4%)

22 のでした, のです 5 のである 2 かと思はれる, ことで, のだ, のであつ, のは, やうな

1 [54件] うちに, ことだらう, ことは, ことも, こと四五ヶ月漸く, ために, と何かしら, と死ん, と氣, と考へた, と言つたの, に從つて, のでせう, ので有, ので知人, のを, は, ばかりかむしろ, ものが, やうぢや, やうで, やうに, を見, ミハイルアウエリヤヌヰチは, ルリの, 亂世に, 事だつた, 事と, 事は, 事や, 人を, 力の, 喜三郎を, 外に, 孫右衞門に, 平次の, 年齡を, 慣例である, 方が, 有樣, 朝も, 歌が, 氣が, 氣に, 生活こそ, 窓の, 群衆に, 言葉も, 鐵路の, 間は, 限り, 音松老人の, 香之, 點に

▼ 續いた~ (101, 3.9%)

4 のです 3 のは

1 [94件] あとには, かそれ, かと云, から可, かわかりません, が, がいづれ, が二月, が何, が其, が宋, が申す, が私, が結局, が高, さ, その朝, といふこと, ところで, と云, と思はれる, と思ふ, のが, のち靜かにな, のであります, のである, ので江戸, 一室でし, 一室の, 亂である, 事件の, 二階造りの, 人も, 其の宮, 其の最後, 十人許り, 南洋貿易を, 原野か, 太皷が, 婦人の, 學生は, 宋學の, 家で, 小松の, 岡へ, 廣田の, 往來の, 後で, 後は, 揚句, 揚句妙に, 春の, 時にも, 時代である, 時分には, 景色で, 暮坂峠の, 暴風雨の, 松原と, 松原を, 果に, 果樹の, 梅雨の, 橇の, 渦が, 火事後の, 火山湖の, 火山灰が, 爲に, 物置の, 玄關には, 町名主で, 石ころ道で, 私の, 築土, 篠竹の, 粗末な, 紅ゐ, 納屋で, 老舖, 荒れ地で, 薄暗い六疊, 裏の, 道を, 部屋の, 里道の, 野の, 針葉樹林の, 長い磯, 離屋に, 雨が, 雨催ひ, 靜けさの, 館大

▼ 續する~ (62, 2.4%)

4 ことに 3 ことを, と云 2 のは

1 [50件] かといふ二つ, かといふ理由, かも知れぬ, が如く見え, が如く見ゆる, こと, ことが, ことすら, ことによつ, ことは, ことも, さう, つもりで, に從つて神話, に過ぎぬ, のである, のを, の念, はずである, は畢竟, ものが, ものである, ものなれ, ものは, やうに, 他の, 僧侶には, 出來事として, 句法と, 場合その, 場合には, 場合次第に, 意志などは, 數を, 方が, 時間その他これに, 現在だ, 現在でなく, 現在な, 現在の, 箇々の, 者が, 者で, 能はずし, 身分ぢや, 部分をば, 間には, 間の, 限りといふ, 靈も

▼ 續~ (53, 2.0%)

11 てゐる 10 て居る 2 ている, てゐた, て行, て行く

1 [24件] てさまざま, てもその, てゐ, て一つ, て中心, て以, て來, て其翌年, て史學, て發展, て百般, て百雷, て神, て聞え, て自ら可, て見る, て魂, 來つて其根柢に, 來つて肉は, 依然その, 國民の, 易い間, 是の, 海峽は

▼ 續~ (45, 1.7%)

2 した, 見て

1 [41件] させるうち, した後, して, しました, する者, とつて, ふんで, もたないこと, 主として書いた, 使ふこ, 保つて, 助成する, 取らず唯, 同宿の, 履まず, 履みたる, 屬せしめる, 必ず經, 意味した, 意味しない, 承知しない, 排斥し, 本質と, 果した, 欲する故, 求めて, 求めると, 濟ました, 經ずして, 經て, 經なけれ, 缺く, 考へない當座用, 要すること, 要せら, 計るため, 許されたほどの, 説くベルグソン的思想, 蹈まねば, 願ひ, 體驗する

▼ 續~ (38, 1.5%)

14 なかつた 3 ない

1 [21件] ずば, ず忽ち, ず此際家政, ず飆風, ないが, ないしね, ないであろう, ないの, ない寢ぼけ聲, ない譯, なかつたん, なくては, なくな, なくなり神祕的, ぬ, ぬからと, ぬこと, ぬでも, ぬもの, ぬ家, ぬ餘

▼ 續けに~ (38, 1.5%)

4 お辭儀 2 燻して

1 [32件] いろ, おつ, くさうに, こんな事, ざぶ, つぎ乍ら, まくし立てます, クシヤミを, コツプ酒を, 一人で, 三四時間本の, 三四杯呷りつ, 三軒も, 二三服喫ひ, 云つて彼は, 五つ六つし, 何處迄行つても, 十日も, 吸つた, 呑みほすと, 呑んで, 問ひつめられた, 喋舌り捲くる, 喫ふと, 早口に, 欠伸ばかり, 煙管を, 煙草を, 燻らして, 眼を, 讀んだところ, 部屋中を

▼ 續~ (29, 1.1%)

2 中に

1 [27件] あること, うちに, ことであります, ないもの, ない藝術, ない論文, なか, ものの, モデルと, 人ばかり, 勢力を, 各々の, 如き或は, 子よりも, 學問で, 屆を, 弛緩に, 形式に, 意味における, 有樣, 汽車が, 漫畫を, 無效, 爲に, 絲を, 者と, 説話が

▼ 續きで~ (22, 0.8%)

3 はあつ

1 [19件] お客が, さうし, はない, もあり, ろくな百姓家, わけても先代, ツイ先頃までは, 一本橋を, 少し位聲, 山部氏によ, 手代を, 昨日の, 母家から, 滅多な, 猫の, 男が, 自分の, 財布の, 龜戸は

▼ 續~ (19, 0.7%)

4 なもの

1 [15件] であり連續的, である, であること, であるところ, であるのに, でないから, なそして, なの, な創造的, な力, な性質, な生命, な確實, な聯結, な變化

▼ 續けた~ (18, 0.7%)

1 [18件] あの詞, か, かそれ, がおや, が不思議, が他, が何時, が千九百七年, が可哀想, が坂, が矢ツ張り恢復, が私, が蜀, が間, のであつ, ので往來, ので最初, ので疲れた

▼ 續~ (16, 0.6%)

2 あるのみ, 出來

1 [12件] ある, あるか, いかにも秩序井然, したいならば, ないから, ないこと, 不明である, 出來ずし, 張る氣, 拒まれて, 濟んだ, 違つたのを

▼ 續した~ (16, 0.6%)

2 國は

1 [14件] が, もの, ものとして, わけでなく, 一調子變つた意見から, 人で, 人の, 國では, 手堅い一方, 數字として, 數箇の, 樣な, 調子で, 頃には

▼ 續~ (16, 0.6%)

1 [16件] その本質, 二劉から, 伴三郎にも, 何ともすべし, 吉三郎か, 固より, 大した問題, 存在が, 我々の, 濟むんだからな, 生物學的なる, 男の子に, 石油藏へ, 簡單だつた, 終極する, 進むとも

▼ 續けながら~ (15, 0.6%)

1 [15件] この寶搜, しかしもう, それを, やがては, 云つた, 兩手で, 尚且自己, 幾十年の, 時時眞面, 空も, 精神的に, 納戸の, 細工物などを, 通つて行きました, 飜譯など

▼ 續~ (14, 0.5%)

1 [14件] からまる訴訟沙汰, 不老不死の, 依らざるべからずだ然るに, 依らずして, 斷絶を, 於て, 暇取つ, 沒頭し, 爆裂信號を, 聞いて, 自由に, 至るには, 象どる, 過ぎぬもの

▼ 續けられ~ (13, 0.5%)

5 てゐる 2 てゐた, て居た 1 さう, て來, て居る, て行

▼ 續~ (12, 0.5%)

1 [12件] なす前提, なつて, 云ふ, 云ふべきで, 呼ぶことさ, 安定を, 射られ亡べば, 數との, 發展とに, 見る人, 變化とを, 都門の

▼ 續きだ~ (7, 0.3%)

21 からだ, からといつ, があれ, すぐに, と思へ

▼ 續けたの~ (7, 0.3%)

3 です 1 だらうが, は矢張り, は私, も遺し

▼ 續~ (7, 0.3%)

3 あつた 2 あつて 1 其の關係, 行はれる

▼ 續きました~ (6, 0.2%)

1 がやがて, がよく, が平次, が或, が日本, よ

▼ 續である~ (6, 0.2%)

1 ことを, といふとき, ところが從來, と見, に反し, 例へば二階三階

▼ 續として~ (6, 0.2%)

1 一定の, 即ち一般, 將來の, 打死, 約二十町, 繰り出す密集

▼ 續きの離屋~ (5, 0.2%)

2 になつ 1 には女房, に寢, の二階

▼ 續きます~ (5, 0.2%)

1 がどう, が平次, ので到底, ので物騷, 事か

▼ 續くん~ (5, 0.2%)

1 ださうです, だネ, ですつて, ですよ, で私

▼ 續といふ~ (5, 0.2%)

1 ことを, のは, ものが, 封建的な, 謎

▼ 續いてる~ (4, 0.2%)

1 のだらう, のよ, やうでした, やうな

▼ 續きが~ (4, 0.2%)

1 あるので, しない, ついてないこと, 大畝

▼ 續くる~ (4, 0.2%)

1 こと約, こと能は, にも堪へ兼ね, 東海坊の

▼ 續けさせ~ (4, 0.2%)

1 てえ, ておき, てゐた, て居た

▼ 續し得る~ (4, 0.2%)

1 は少い, 時間は, 理の, 間は

▼ 續すれ~ (4, 0.2%)

1 ば初, ば利章, ば日本, ば養

▼ 續せる~ (4, 0.2%)

1 ものは, 脱漏ある, 記録を, 諸變革

▼ 續いち~ (3, 0.1%)

1 やもう, や叶, や放つ

▼ 續かざる~ (3, 0.1%)

1 ことあたかも, ことを, 言に

▼ 續きの~ (3, 0.1%)

1 して, 細い路, 薄暗い六疊

▼ 續くお~ (3, 0.1%)

1 品に, 天氣に, 神樂の

▼ 續くも~ (3, 0.1%)

1 の, のあらず, ので誰

▼ 續けられない~ (3, 0.1%)

1 ので眠い, やうな, やうに

▼ 續けられる~ (3, 0.1%)

1 ことに, ものぢや, 道理は

▼ 續~ (3, 0.1%)

1 又, 改進黨が, 鳴轟斷續

▼ 續いた輝く~ (2, 0.1%)

2 大佩帶

▼ 續いてた~ (2, 0.1%)

2 もんだ

▼ 續い居ります~ (2, 0.1%)

2

▼ 續かう~ (2, 0.1%)

1 とした, とする

▼ 續かね~ (2, 0.1%)

1 えぜ, ばならぬ

▼ 續きたる~ (2, 0.1%)

1 はこ, 摩擦の

▼ 續きです~ (2, 0.1%)

1 がね, が金

▼ 續きまし~ (2, 0.1%)

1 て結構, て臨終

▼ 續きません~ (2, 0.1%)

1 ある時, や氣色

▼ 續きもの~ (2, 0.1%)

1 であるから, といふ關係

▼ 續く高い~ (2, 0.1%)

1 丘の, 岩壁は

▼ 續けさせた~ (2, 0.1%)

1 のです, ものは

▼ 續けたこと~ (2, 0.1%)

1 は大師, を思へ

▼ 續けつつ~ (2, 0.1%)

1 一つの, 時間性の

▼ 續けてを~ (2, 0.1%)

2 ります

▼ 續けられた~ (2, 0.1%)

1 ので赭, のみで

▼ 續される~ (2, 0.1%)

1 はずも, ものか

▼ 續すべき~ (2, 0.1%)

1 性質の, 長兄を

▼ 續では~ (2, 0.1%)

1 なくむしろ, 學習は

▼ 續においては~ (2, 0.1%)

1 一つの, 限界といふ

▼ 續にな~ (2, 0.1%)

1 つてゐ, つて居ます

▼ 續によ~ (2, 0.1%)

1 つて填補しよう, つて眞の

▼ 續~ (2, 0.1%)

1 要らなかつた樣, 貞操の

▼ 續及び~ (2, 0.1%)

1 公判の, 數を

▼ 續期限~ (2, 0.1%)

1 が有る, の有る

▼ 續西方~ (2, 0.1%)

2 の人

▼ 續高僧傳~ (2, 0.1%)

1 による, の第

▼1* [151件]

あそばさせ樂隱居なされ, 續あるのみこの, 續いたら自分は, 續いだ戸田家の, 續として更に, 續かげろふの日記, 續かむと, 續かんとせし, 續かん限り日の暮, 續きが濟んで明神下, 續きが猪へ移つた, 續きが面倒そつと勘定奉行, 續きし兩家のよしみ一朝, 續きし暖簾までも皆, 續きせぬは今, 續きださうですけれど不, 續きだつた相で, 續きつ息絶やす, 續きてたてりトロイアの, 續きでありそれから現在, 續きである故, 續きなのでそんな, 續きならぬはない, 續きなんださうですよ, 續きの北湖先生を二人, 續きの塵一片浮ばぬ透明, 續きの奉公人達の部屋, 續きの山の上に泥, 續きの模樣を變, 續きの流行唄の節廻し, 續きの町人々の夢, 續きの關係がある, 續きまするもので, 續きまへんわ一人, 續きらしかつた, 續きらしくも思はれた, 續きゐてキヤベツ畠, 續き得ば, 續き得るもので, 續替へたり, 續ぎてわれは全く, 續ぎて三十六年の夏, 續ぎて丸邇の臣口子, 續ぎて歌よみして, 續くけれどあの, 續くべきもの未だ, 續くべく瑞西に, 續くまいかなどといふ餘計, 續くまじ四方を, 續くれば一種, 續くんだか知れた, 續く白い街道を, 續の憾, 續ぐことを得ざりき, 續けして窓, 續けし時代なり, 續けし限り敵軍の, 續けたあとからすぐ, 續けたい樣であつ, 續けたままそれを自分, 續けたんだ, 續けた事寢汗の出た, 續けた事實を擧げ, 續けた作家は居ないだらう, 續けた後で失敗, 續けた後鐵心道人にその, 續けた心理や世, 續けた怨みを形, 續けた態度を一變, 續けた揚句一文なしにな, 續けた日にや夜, 續けた爲にガラツ八, 續けた爲め策略破れた海賊船, 續けた生命の惱, 續けた脚を炬燵, 續けた頃我等は氣, 續けては行くもの, 續けても書き出しが, 續けでせう, 續けの癖に, 續けよ庶子なりしか, 續けられなくなつて, 續けられまいかと人, 續けられましたが人足共, 續けるならいツその, 續ける啼きかたを, 續ければこんな, 續る狗尾, 續この方面に, 續させて行く, 續させたいと母, 續させぬとて裁判所, 續させようというの, 續させるのであります, 續されて學校内, 續されなくても老衰, 續されなければならぬ, 續しうるや否や, 續したならばあの, 續したもつとどつ, 續したらどうで, 續したる關係から, 續しないことに, 續しなくても宜, 續しましたが半年, 續し得ず彎曲を, 續し得ぬ理である, 續するであらうといふ, 續する憎みのみが憎み, 續むと欲する, 續せしむるのは自然の, 續せしめ又は頻繁, 續せしめることに, 續せなかつたのは, 續せらるるの機運, 續せられてゐる, 續せられた信仰の, 續それは諸, 續だけは或は保ち得る, 續ですから女の子, 續とか組合とか, 續としての時は, 續とは過去を, 續ので彼, 續なき生活の, 續なるある日門口で, 續にもお富, 續により審理を, 續より來る, 續を以て蘭字活版を, 續シ得ル者ニ非ズ, 續セル兒童又ハ母, 續セル摸樣ヲ好, 續セントスル國際的特權ノタメニ宣傳サレツツアル平和主義非軍國主義ガ, 續機トシテ國家ガ收得ヲ, 續仰せ付けられるにきまつ, 續入唐した當時, 續八千五百石を相違, 續分配等の權利, 續南方隨筆七八頁に記した, 續即ち無終極性, 續息子地廻りと改名, 續換言すれば, 續數その他これに類する, 續日本後記に見え, 續木曾街道の寢覺, 續果てしなき直線的連續が, 續知らしめすべき王ましまさず, 續説明書を在外外交家, 續風土記八一の説, 續高徳傳第四