青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「繰返し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

縞~ 縦~ 縫~ 總~ 繁昌~ 織田~ 繩~ 繪~ ~繰り返し 繰り返し~
繰返し~
~續 續~ ~罪 罪~ 罪人~ 罪悪~ ~置い 置い~ ~置いた 置いた~

「繰返し~」 1309, 14ppm, 7893位

▼ 繰返し~ (749, 57.2%)

31 いた 24 いる 16 いるの 14 ゐた 11 いるうち, ゐる, 見た 10 言った 7 云ふ, 見て 6 考えて, 読んだ 5 いたの, いった, いると, みた, 言つた, 言ふ 4 いたが, いるところ, 居るの, 礼を, 言って 3 いふ, いる間, ゐるうち, ゐるが, 云うが, 居た, 申上げます, 見たり, 見ると

2 [54件] いう, いうが, いたから, いたに, いって, いて, いても, いふが, いました, いるが, いるに, いるので, いるよう, おいて, お八重, お礼を, きた, その度, それから丑松, みる, ゐたの, ゐると, ゐるの, 一層強く, 丑松は, 云う, 云った, 云つた, 云ふまで, 今度は, 大分の, 居たもの, 居なければ, 居ります, 居る, 居るに, 念を, 推諒しなけれ, 来るの, 申したさうでございます, 申しますが, 私は, 稍あつ, 考へた, 聽か, 行くうち, 言う, 言えば, 訊く, 説明する, 読みながら, 読んで, 讀んで, 述べて

1 [410件] あの人, あらんや, ある, いうと, いたって, いたので, いたよう, いた中村松江, いったが, いつて, いふので, いふ事, いふ座標軸, いふ様, いふ樣, いふ緑雨, います, いよいよ言葉, いられましたが, いるあいだ, いるけれども, いること, いるだけ, いるなんて, いるばかりよ, いるらしい, いる光景, いる吾人, いる所, いる文学, いる生活, いる男, いる藍, うたへる, うっかりし, おたずね, おりました, おります, おるなら寧ろ, おるよう, お松の, お聞かせ申す, お銀様, かじりついて, かずかずの, かためる, きこえる, くれと, この玩弄物, この誤解, こぼすの, これも, こんどは, しかもそれ, しかも自ら悔恨, しまいに金, しまった, じっと李景雲, すーっと, せがむので, そうなら, そこを, その娘, その度毎, その目, それからとんと, それから復, それで無事, それを, たっぷり三十分, つくづくと, つぶやくやう, どうしても理解, なるたけ早く, なんとなく擽ったい, ひたむきに, ひとりで, ほ, ぼんやりと, まさしく怯, また, またしばらく, またともかく, また単に, また言った, まわったとしても, みたいの, みたが, みたところ, みながら, みましょう, みるの, みるん, もう一度その, ものの, やがて丑松, やがて敬之進, やって, やつて, やる, ゆきました, ゆくの, ゆけば, よく倦, わたくしも, わはははと, われと勢, ゐたが, ゐたさ, ゐたら和服, ゐた男, ゐて, ゐました, ゐましたが, ゐます, ゐようと, ゐるだけ, ゐるので, ゐるやう, ゐるらしい様子, ゐる中, ゐる事, ゐる張合, ゐれば, キョロキョロし, サイラスには, トウトウ, 一夜を, 一年中巡業する, 一座の, 三太夫の, 三度また, 不図頭, 不思議に, 主張したい, 之を, 云いたい, 云い聞かせた秀子, 云うならば, 云う通り, 云おう, 云った古き, 云って, 云ひました, 井戸端へ, 人口に, 今は, 以上を, 仰有, 何か, 何と息苦しく, 何遍か, 作業を, 來た, 來る, 俄に, 俺には, 入院を, 八月の, 再度茶匙, 再読み出す, 出したかと, 初めから, 到, 力を, 去年ぢゆうの, 又讀み出す, 友なる, 口ば, 口留めを, 叫ぶの, 叫んだ, 告げた, 告げたいと, 呟きました, 味は, 味ふこ, 呶鳴っ, 呼んだ, 呼んで, 哀訴嘆願し, 唄いなおす様, 唄った末, 唱えながら, 問いかけたが, 問うた, 問返した, 問題を, 喋つて居る, 喞つ, 嘆いて, 失礼を, 奔走し, 女性の, 学校の, 学生は, 容易に, 対手の, 尉官は, 尋ねました, 小さい蟻, 居たの, 居た校長田島金蔵氏, 居た校長田島金藏氏, 居ました, 居り情感, 居るうち, 居る間, 帰って, 帰つて行つたのである, 幕上に, 幾度も, 弁明せる, 引戻される, 強調され, 強調する, 弾く, 彼等の, 御辞儀, 微笑した, 心から礼, 念じた, 思いだされるの, 思ひ出して, 思出し, 恥じなかった, 愚痴を, 愛誦し, 感謝し, 手の甲で, 拝読せん, 探して, 教えた, 教わったので, 文面を, 断腸の, 新しく言葉, 暫くい, 暮して, 書いて, 書きながら, 書くこと, 最も明, 最後に, 最早や, 本場ものを, 杖に, 来た, 来たの, 来ましたが, 来る, 歌って, 止まない, 止むとき, 死ぬ, 為されなければ, 為吉は, 現われて, 現われる, 申して, 申します通り, 申しません, 申し上げましたが, 申し上げるまでも, 相互の, 眺めて, 眺め居たる, 確証された, 禁を, 私の, 私を, 私共を, 突然寒い, 笑いを, 笑った, 筋だけを, 答えた, 箇条書に, 米友が, 経過し, 経験する, 経験の, 結局確実なる, 練習する, 置いた事, 置くとき, 置く必要, 習いと, 考えたり, 考えながら, 考えました, 考える, 考え出したの, 考え直して, 考へなければ, 聞いた, 聞いたから, 聞かせて, 聞かせる位, 胸の, 自分が, 自分たちに, 自分で, 自慢を, 色々の, 苦悩した, 落日の, 蔦蘿雑草の, 蔦蘿雜草の, 行くばかり, 行っても, 行つてもよ, 行われるもの, 袈裟の, 要求する, 見た時, 見た案内書, 見ても, 見なければ, 見やがれ, 見る, 見る日, 見る時間, 見れば, 見定めも, 言い, 言いたい, 言いました, 言いましたが, 言いますと, 言い聞かせて, 言い訳する, 言うが, 言うけれども, 言うこと, 言うと, 言うの, 言うよう, 言ったそう, 言ったその, 言った言葉, 言っても, 言つ, 言つた學生は, 言つてゐる, 言つて学生は, 言われること, 言われると, 言ッて, 言出さなかった, 言出さなかつた, 訊くと, 詮索めかし, 話させた, 話したり, 話して, 話すこと, 話合う, 語られるの, 語りつつ, 誦える, 説いたごとく学問, 説き勸め, 説明し, 説明した, 説明を, 読ましそして, 読み一首一首, 読み決して, 読むだけの, 読むつもり, 読むべきであるが, 読むもの, 読む事, 読む程, 読めば, 読んだ後, 読んでも, 読味うべき, 調子を, 謂って, 讀ませた, 讀ませた所以, 讀むの, 讀む事, 讀んだ, 讀んだが, 讀んだとか, 讀んでも, 讃美する, 買って, 起り来る, 述べたてるの, 述べる必要, 途, 進化させ, 遂には, 遊びました, 重ねて, 重複した, 長く相対, 電話を, 韻に, 頼むの, 頼んで, 願って, 飛んでも, 骨身に, 鳴った, 黙するを

▼ 繰返し繰返し~ (69, 5.3%)

3 して 2 云った, 嘆いて, 歩いた, 考えては

1 [58件] いわれて, おっしゃる自律性, この事, この文句, さながら目, するの, たのむので, て, てお, て云い聞かせた, とかれた, どうして私, ひたすらに, 云いながら, 云うの, 云ったそう, 云ったと, 云って, 云ってから, 仰せられます, 取調べられた, 吟じたの, 唱えたこと, 喋って, 幼い三造たち, 引っぱった, 念ぜられて, 思い出された, 思ひ浮べて, 振り下す青服, 書いて, 書き連ねて, 歩いたもの, 生きて, 申しましたが, 考えた上, 考え直して, 考え続けて, 考へながら, 聞かされた, 見て, 見比べて, 見較べて, 観ても, 言い募ること, 言って, 訊ねて, 訴えた, 語られる, 説いて, 説ききかされたの, 読み直して, 読み頼子, 読んで, 読んでは, 調べた, 述べて, 頼むもの

▼ 繰返しながら~ (52, 4.0%)

5 彼は 2 一直線に, 三造は, 蓑の

1 [41件] いつしかうとうとと, いつまでも, これを, しきりに言葉, すこぶるよい, その一事, その面影, それが, それでも手, ふらふらと, トラックの, 一段聲を, 二人は, 何物かを, 倦むこと, 僕は, 内心では, 半哩ばかり, 叫んだ, 号鈴を, 大真面目, 室内を, 少しも, 帰って, 帰つて行つた, 彼等の, 新蔵の, 暇乞いを, 最後の, 狹い, 登ったが, 瞳は, 矢を, 私がとにも, 蝙蝠を, 詩稿を, 遣直させる, 部屋の, 酒井を, 閲覧人で, 領地へ

▼ 繰返しては~ (21, 1.6%)

2 ならないさ, 今私の

1 [17件] いけない, いられないので, ならないし, チェッと, 人間の, 小船の, 愉快げに, 歎息しつ, 涙を, 湯気の, 聞ゆれ, 自分の, 見たけれど, 見るが, 見付かって, 読んで, 頷いて

▼ 繰返しても~ (21, 1.6%)

1 [21件] いられない, いるが, おります, おんなじな, その都度, イヤに, 同じだ, 多すぎる, 徒らに, 気絶も, 気絶を, 決して沼南, 消滅しない, 猶且つ絶えず新鮮, 繰返し過ぎるという, 詮なき, 読みますよ, 読者の, 足りない程, 追付かなくなった彼自身, 飽きないもの

▼ 繰返し~ (15, 1.1%)

4 すぎない 2 過ぎない 1 すぎないもの, すぎません, なりさうな, なる, なるだろう, 漸く私, 私も, 考え合せれば, 過ぎなくなる

▼ 繰返し~ (15, 1.1%)

1 [15件] うちから, たびごとに, ようだったよろこび, タクトだけの, 上に, 儚いこと, 十日間ほどに, 反動は, 子守唄と, 愚を, 波が, 無限延長である, 無限延長に, 現われるに, 生を

▼ 繰返し~ (14, 1.1%)

2 つけて

1 [12件] お役目, されるやう, した, すること, 気に, 求める, 用いて, 終らねば, 終るため, 續けて, 行わねば, 象徴し

▼ 繰返しつつ~ (11, 0.8%)

1 [11件] ある, あること, あるため, ある小数運動者, その当時, 今日に, 他人の, 幾町かの, 彼の, 急峻を, 異国より

▼ 繰返し~ (9, 0.7%)

1 あっても, あるため, あるだけ, たき多く, はっきり聞え, 二度しか, 偶, 十度び位ゐ, 目立つのに

▼ 繰返してから~ (7, 0.5%)

1 いざと, やがて音調, サイラスに, 体を, 右の, 彼の, 暫く瞑目

▼ 繰返し読ん~ (6, 0.5%)

2 でいる 1 でいました, では二三字, で人物, で見た

▼ 繰返しそれ~ (4, 0.3%)

1 から少し, が人間, を支持, を注意

▼ 繰返していう~ (4, 0.3%)

1 が我々, なら日本, のだった, 通りこれは

▼ 繰返し~ (4, 0.3%)

1 それを, やはりチヨンキナ, 私の, 鼻に

▼ 繰返しばかり~ (4, 0.3%)

2 でなかなか 1 だ, で飽き飽きしても

▼ 繰返し云っ~ (4, 0.3%)

1 ている, てから, て二人, て袖

▼ 繰返し~ (3, 0.2%)

1 ている, て云つて, て呟い

▼ 繰返しその~ (3, 0.2%)

1 一回ごとに, 度に, 心得違いを

▼ 繰返し~ (3, 0.2%)

1 かれたにも, そっくりであった, 全然相反

▼ 繰返し~ (3, 0.2%)

1 のよう, ふの, ふので

▼ 繰返し言っ~ (3, 0.2%)

2 ていた 1 てよい

▼ 繰返しこの~ (2, 0.2%)

1 事の, 文句を

▼ 繰返したり~ (2, 0.2%)

1 して, 胸を

▼ 繰返しての~ (2, 0.2%)

1 仰せそれを, 頼み段々

▼ 繰返し~ (2, 0.2%)

1 あり得ないこと, つまらない

▼ 繰返しとが~ (2, 0.2%)

2 齎らす

▼ 繰返し~ (2, 0.2%)

1 のだろう, ので

▼ 繰返し~ (2, 0.2%)

1 えるもの, ひきかせた

▼ 繰返し云った~ (2, 0.2%)

1 そうだ, と云う

▼ 繰返し初め~ (2, 0.2%)

1 た, たの

▼ 繰返し叫び~ (2, 0.2%)

1 つづけた, 続けたこと

▼ 繰返し呟く~ (2, 0.2%)

2 のが

▼ 繰返し~ (2, 0.2%)

1 い直されて, って悦ん

▼ 繰返し嘆い~ (2, 0.2%)

1 ていた, てその

▼ 繰返し引繰返し~ (2, 0.2%)

1 されて, 悪体交

▼ 繰返し強調~ (2, 0.2%)

1 されて, した

▼ 繰返し~ (2, 0.2%)

1 にした, に持ちし

▼ 繰返し~ (2, 0.2%)

1 続けては, 續けては

▼ 繰返し~ (2, 0.2%)

2 へて呉れた

▼ 繰返し申しました~ (2, 0.2%)

1 がまだ, が又

▼ 繰返し繰返し叫び~ (2, 0.2%)

1 つづけた, 続けたこと

▼ 繰返し繰返し味~ (2, 0.2%)

1 い直されて, って悦ん

▼ 繰返し署長~ (2, 0.2%)

1 に対して感謝, に感謝

▼ 繰返し考え~ (2, 0.2%)

1 ては夢幻的, ては独り

▼ 繰返し自分~ (2, 0.2%)

1 に教えた, の自由

▼ 繰返し落ちた~ (2, 0.2%)

1 から其大工棟梁, ので或

▼ 繰返し~ (2, 0.2%)

1 ている, ながら

▼ 繰返し読む~ (2, 0.2%)

1 こと五返, のであった

▼ 繰返し述べ~ (2, 0.2%)

1 ている, てきた

▼ 繰返し頼む~ (2, 0.2%)

1 のにただ, ものです

▼1* [227件]

繰返しあの折句だの, 繰返しあるいは送り正月と, 繰返しいくつかの血腥い, 繰返しいわれている, 繰返しおっしゃった由, 繰返しおっしゃる自律性という, 繰返しお詫び致しました, 繰返しかっきり三分間に, 繰返しかつきり三分間に, 繰返しかんしゃくがこみあげ, 繰返しがちなもの, 繰返しきかせて後, 繰返しくりかえし触れている, 繰返しくり返しては又, 繰返しこう聞えた, 繰返しこれ等の音楽, 繰返しさながら目の, 繰返ししつこくその効果, 繰返しすらもない, 繰返しするのが, 繰返しそして一級へ, 繰返したのむので生れ, 繰返していうでもあるまい, 繰返してばかりゐるやう, 繰返してをりますので, 繰返しであると思う, 繰返しですね, 繰返しではなく禅語, 繰返しとっくりと見る, 繰返しどうして私が, 繰返しなおかつ覚えただけの, 繰返しながらも馴れた仕事, 繰返しなどして, 繰返しなどによって知ること, 繰返しなるが故に, 繰返しにおいて彼らは, 繰返しによって進行せしめ, 繰返しひたすらに眼, 繰返し戻りながら, 繰返しほとんどひざまずかんばかりに, 繰返しまた素早く広間, 繰返しわたしに云つて, 繰返しを以て不思議に, 繰返しアチラで一文コッチ, 繰返しオォルに力, 繰返しハンデルのラルゴ, 繰返しマターファの処刑, 繰返し一つことを申しまし, 繰返し一種の節奏, 繰返し一郎は矢張り, 繰返し七つか八つ, 繰返し不承不承に口, 繰返し主張されて, 繰返し乍ら丑松は暗い, 繰返し乍ら奥様が出, 繰返し乍ら山の上を歩き廻つた, 繰返し乍ら巡査に跟, 繰返し二人の手, 繰返し二度許り読みまして, 繰返し云いながら東作, 繰返し云うのであった, 繰返し使用する, 繰返し信号した, 繰返しても是非, 繰返しの容子, 繰返し其日夕刻迄に遂に, 繰返し再び読みおわりて, 繰返して來, 繰返し列車は急斜面, 繰返しの言葉, 繰返し之ならず, 繰返し勝入にいっ, 繰返し十二時過ぎても, 繰返し取り上げられなければならない, 繰返し同じ心持で, 繰返しを訊き, 繰返し吟じたのは, 繰返し吟誦し奉れば, 繰返し唱えたことも, 繰返し喋っている, 繰返し喋つてゐるの, 繰返し喋舌って廻る, 繰返し喜兵衛の商略, 繰返し地震に征, 繰返し外部から見, 繰返しに見る, 繰返し大きに遅れたと, 繰返し妨害を繰返す, 繰返しも瓶, 繰返し実験を続けた, 繰返し巻返しそれを読ん, 繰返し幼い三造たちに, 繰返し集めて, 繰返し強訴した所, 繰返しが導い, 繰返した今後, 繰返し復習してから, 繰返しの中, 繰返し念ぜられてならない, 繰返し思ひ浮べて泣いた, 繰返し想起される必要, 繰返し愛読して, 繰返し押詰めて考へさせられた, 繰返し振り下す青服の, 繰返し文句で私, 繰返し旋回謂はば回帰的傾向, 繰返しに何度, 繰返し時々はギヨブツクオー, 繰返し書いてやった, 繰返し書き連ねている, 繰返し来れる今日に, 繰返し果ては, 繰返しの長, 繰返し次第に進む, 繰返し終りて, 繰返し歩いたものだ, 繰返し民さんの事, 繰返し注意を与え, 繰返し注文してた墓, 繰返し溜息をし, 繰返しっている, 繰返し演出して, 繰返し灸治いたし候得共, 繰返し熟読されたし, 繰返しを投げた, 繰返し生きて行かなけれ, 繰返しゐられて, 繰返し痛烈にそれ等, 繰返し発信されたの, 繰返し眺め乍ら今迄階下, 繰返し確証して, 繰返しを述べ, 繰返し私語きつ, 繰返し種々な問い, 繰返しに十字, 繰返し之助, 繰返し納得させようと, 繰返し組織のデモクラシー, 繰返し結合して, 繰返し結局二十圓の金, 繰返し縷々として自分, 繰返し繰返しお詫び致しました, 繰返し繰返しかんしゃくがこみあげ, 繰返し繰返しこれ等の音楽, 繰返し繰返しそれを注意, 繰返し繰返しとっくりと見る, 繰返し繰返しわたしに云つて, 繰返し繰返しアチラで一文コッチ, 繰返し繰返し七つか八つ, 繰返し繰返し不承不承に口, 繰返し繰返し主張されて, 繰返し繰返し云ひきかせた, 繰返し繰返し使用する, 繰返し繰返し僧の容子, 繰返し繰返し列車は急斜面, 繰返し繰返し勝入にいっ, 繰返し繰返し十二時過ぎても, 繰返し繰返し名を訊き, 繰返し繰返し喋舌って廻る, 繰返し繰返し夢に見る, 繰返し繰返し復習してから, 繰返し繰返し心の中, 繰返し繰返し日に何度, 繰返し繰返し槍の長, 繰返し繰返し民さんの事, 繰返し繰返し演っている, 繰返し繰返し演出して, 繰返し繰返し熟読されたし, 繰返し繰返し礼を述べ, 繰返し繰返し種々な問い, 繰返し繰返し空に十字, 繰返し繰返し竜之助, 繰返し繰返し納得させようと, 繰返し繰返し組織のデモクラシー, 繰返し繰返し結局二十圓の金, 繰返し繰返し署長に感謝, 繰返し繰返し肚裡を歴, 繰返し繰返し腹の底, 繰返し繰返し自分に教えた, 繰返し繰返し良心の呵責, 繰返し繰返し言ふの, 繰返し繰返し言い訳のよう, 繰返し繰返し言つていました, 繰返し繰返し質問されたが, 繰返し繰返し電燈を点滅, 繰返し繰返し音読せさせ御, 繰返しの軽減, 繰返し考えた上大丈夫危険が, 繰返し考え直してみた, 繰返し考え続けて行く, 繰返し考へながら毎日彼, 繰返し肚裡を歴, 繰返しの奥, 繰返しの底, 繰返し自分自身に向っ, 繰返し良心の呵責, 繰返し苦々し気に, 繰返し襲つて来ました, 繰返し見比べていた, 繰返し見物した, 繰返し見較べておりました, 繰返しても飽きない, 繰返し言い募ることによって, 繰返し言い訳のよう, 繰返し言つていました, 繰返し言語に絶, 繰返し訊ねていた, 繰返し訴える彼の, 繰返し詫言を言われ, 繰返し説いて聞かせた, 繰返し説ききかされたのであります, 繰返し説くにも当るまい, 繰返し説得して, 繰返し説明なさったよう, 繰返し読み頼子は, 繰返し読み直している, 繰返し読直して, 繰返し諫める妹, 繰返し貞子を殺した, 繰返し質問されたが, 繰返し起って来る, 繰返し追慕を新た, 繰返し遺憾としたる, 繰返し鍛錬すること, 繰返し難いほどの大きな, 繰返し電燈を点滅, 繰返し音読せさせ御