青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「用人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~甥 甥~ ~用 用~ ~用い 用い~ ~用いる 用いる~ ~用事 用事~
用人~
~用心 用心~ ~用意 用意~ ~田 田~ 田中~ 田圃~ ~田舎 田舎~

「用人~」 1017, 10ppm, 10904位

▼ 用人~ (285, 28.0%)

5 岸井重三郎は 4 伊吹大作が 3 外に, 河豚内が, 話に

2 [28件] ほかに, 一人が, 一人は, 久賀彌, 伜の, 堀周吉が, 大垣さんへ, 小峰右内は, 小田島さんに, 山岸作内は, 岸井重三郎を, 川前市助は, 川村左馬太と, 川村左馬太の, 左仲が, 市太郎を, 村川菊内は, 正木吾平に, 死骸を, 禿頭に, 禿頭を, 私が, 角右衛門は, 足尾喜内から, 足尾喜内少し, 進藤市太郎は, 顏を, 顔を

1 [211件] ああいう, あとに, いる屋敷, お前様も, お前樣, お屋敷, お年寄, せがれの, たち帰ったの, ひとりが, やうな, 一人だ, 一人や, 一人貝沢源太夫が, 三右衛門は, 三右衛門様が, 三左衛門にも, 三浦作右衛門様から, 上席に, 世話か, 久保木桂馬に, 五十男は, 五左衛門も, 五左衛門を, 五左衞門も, 五左衞門を, 代理と, 代理に, 伊吹大作は, 伊吹大作を, 伜に, 伝内, 伝内が, 伝内そこは, 伝内とが, 伝内に, 伝内めに, 伴佐十郎と, 佐久間仲左衛門が, 佐久間仲左衛門代っ, 佐久間仲左衞門が, 佐久間仲左衞門代, 何之進が, 倅田中鉄之助に, 内儀と, 刈屋頼母は, 利平治という, 前で, 剣持与平に, 勘解由が, 十太夫も, 取計, 取計らいで, 只野内膳が, 只野内膳である, 各務九郎次が, 喜内老人だけには, 嘉平が, 嘉平という, 堀様と, 堀樣と, 堀部三左衛門も, 塩原彦七が, 大川仁左衞門では, 大沢幸吉と, 大澤幸吉と, 妾が, 娘か, 小峰右内という, 小峰右内といふ, 小田島伝蔵老人と, 小田島傳藏老人と, 小身から, 山岸作内に, 山岸作内大, 山本新左衞門を, 岩本三右衛門である, 岩橋隼人が, 岸井重三郎, 岸井重三郎から, 岸井重三郎といふ, 川前さんが, 川前さんは, 川前市助が, 川前市助に, 左右へ, 左右田孫三郎が, 左右田孫兵衛には, 平山平助といふ, 平山平助の, 平山平助を, 庄田喜左衛門は, 役目で, 後の, 後閑武兵衛じゃ, 後閑武兵衞ぢや, 御光来, 御子息, 御新造樣に, 忰で, 怨霊と, 意見叔父の, 或もの, 手から, 挨拶にだけ, 方に, 方へ, 木原伝之助という, 木村助九郎が, 村川菊内神田の, 松坂さんは, 松坂彦六は, 松坂彦六若, 松山常五郎といふ, 松山常五郎に, 松山常五郎は, 松山常五郎を, 松平内記である, 柴田十太夫たった, 案内で, 檜木官之, 權柄らし, 權限外の, 正木吾平と, 正木吾平以つての, 死若殿の, 死骸に, 死骸の, 水谷とか, 水谷六郎兵衞恐ろしく, 河豚内と, 河豚内などが, 河豚内は, 淵辺新, 淵辺新八を, 源伍兵衛老人である, 源兵衛が, 片岡氏から, 片目であった, 玉垣三郎兵衛を, 田中清兵衛目付の, 白木重兵衛が, 百助は, 相沢様に, 相澤樣に, 眉は, 石沢左仲で, 石澤左仲で, 石田清左衛門は, 石田清左衛門殿であろう, 石田清左衞門は, 石田清左衞門殿で, 石田源右衛門が, 神原伝右衛門は, 禿げ頭, 立ち去るの, 竹村さんは, 竹林さんは, 竹林でなき, 竹林でなきゃ, 竹林という, 竹林といふ, 竹林なんとか, 竹林何んとか, 笹尾喜内が, 笹尾喜内で, 笹尾喜内老人が, 笹屋喜内を, 素頭抜手も, 考は, 胆を, 背後陽の, 膽を, 若い伜, 若御新造, 荒木頼母が, 落合与左衛門が, 藤倉軍右衛門は, 衆が, 行動を, 角右衛門が, 角右衛門に, 詰めて, 話だけで, 話と, 話を, 賛同を, 身を, 身内の, 輩で, 近藤幾馬が, 近藤幾馬は, 返事を, 部屋で, 野郎の, 鎌田軍之, 長屋につれ, 長屋は, 雨宮勘解由が, 面上に, 須藤与一右衛門と, 頭の, 顔てえ, 顔へ, 顔色の, 鳥居理右衛門が, 鳥羽田に, 鳥羽田重助が, 黒川が, 黒川です, 黒木百助と

▼ 用人~ (69, 6.8%)

4 逢って 2 取次いで, 申上げ

1 [61件] いって, お願, お願いする, そう取次い, なって, なつた, なり切りお, なるの, なれまいもの, キリキリ舞, スイセンし, スイセンした, スイセンしよう, 一つ顎を, 世話を, 云い渡した, 会って, 伺つてお, 何か, 促まつ, 化けて, 取立てられた方, 取立てるからといふ, 召抱えて, 叱られたって, 叱られて, 叱られないよう, 向い, 向って, 命じた, 命じみずから, 存在権は, 幾つて, 引きあわせると, 怒鳴られたり, 成んと, 抜擢された, 抱えられると, 挨拶した, 捉まっ, 早く返し, 歸つて貰ひ, 残して, 源兵衛という, 申して, 相成候後先代, 繰り返すの, 耶馬臺の, 見付けられて, 言って, 言つて前, 訊いて, 訊ねました, 逢い三十一年前成滝近江, 逢つてきく, 逢つて見よう, 野馬台の, 金を, 頼むこと, 頼んで, 顔を

▼ 用人~ (63, 6.2%)

2 それを, 何となくニコニコし, 重態と

1 [57件] いっそう恐縮, おらぬの, きのう中に, さつと引, すぐ戸, その結論, ちょっと眼, つづけて, なおやっ, なか, なくて, なんにも心当たり, はたと膝, もう温石, よろめいて, 一と, 一寸眼, 二十兩の, 云った, 五十がらみの, 何が, 何とか理窟, 先ずわたくし, 半蔵の, 呆れて, 周章てて, 大地を, 奥に, 平次の, 強い力, 徒士を, 急いで, 最初此細工を, 本陣の, 涙を, 炭を, 炭小屋の, 田沼侯を, 申すに, 畏こまり, 皺の, 答えた, 算盤と, 絶望的な, 背から, 自分が, 螽斯の, 見て, 話した, 讃めて, 逢って, 門の, 雑事に, 頷いて, 飽くまでも無関係, 飽までも, 首を

▼ 用人~ (58, 5.7%)

2 出て, 心得て, 挨拶も, 留守だ

1 [50件] あり生前, ある, あるソレ, いった, いったよう, いって, お品, お手, かく弁解, けさ八丁堀へ, こういっ, この辺, これだけの, すぐ二人, すぐ別席, それへ, たまに, どう間違, なかなかやかましい, やって来て, 一存で, 一緒に, 上り口へ, 二人の, 仰しゃってたが, 何かの, 入って, 出るん, 去ると, 夢酔と, 奥殿から, 寢て, 小さい帳面, 小用に, 手を, 扶持しよう, 来たの, 来て, 槍を, 次の間から, 疊に, 真面目な, 端然と控え, 芸術家であっ, 薪を, 買えるかしらと, 頑強に, 風呂場の, 養つて嗣と, 駕籠の

▼ 用人~ (52, 5.1%)

6 勤めて 3 呼出して 2 して, 仰天させました, 兼ねて, 連れて

1 [35件] かえりみた, したがえて, たずねると, つとめて, とおしまして, やめて, ゆすつた, よび出して, ギューッと, 一緒に, 二人の, 使いに, 使に, 使者に, 勤め忠也派一刀流, 口説いて, 口説くかな, 召抱へ, 呼びつけた, 呼びました, 呼んだ, 呼んで, 命ぜられた, 命ぜられたこと, 志願する, 抱き込んで, 振り返って, 殺さずに, 相手に, 知って, 表へ, 見上げ乍ら, 顧みました, 顧みます, 飛ばして

▼ 用人~ (31, 3.0%)

3 いえば 2 碁を

1 [26件] いえども, いっても, いへば, いやともかく, お常, それなる, なし或は, なって, なりし例, なり万事万端, なること, 一緒に, 会ったこと, 來た, 勘定所の, 奴と, 将曹, 来た日, 眤懇だ, 結託し, 老女が, 若党と, 言つた心持の, 言つても, 言へば, 雖どもその

▼ 用人~ (18, 1.8%)

1 [18件] いる, いろいろに, ぎっくり堪えます, しきりに心配, それには, 取次も, 呆れた, 唯もう轉倒, 大安心, 御家来衆, 手強く断わった, 控えて, 春雨の, 最初は, 誰も, 迂濶, 開き直って, 頭を

▼ 用人部屋~ (12, 1.2%)

1 [12件] から駆りだされ, で居眠り, には佐吉, に待たされ, のまえ, の返辞, へずかずか, へ引っぱっ, へ戻っ, へ遊び, へ駈けあがる, まで連れ

▼ 用人~ (10, 1.0%)

1 だろうが, で修驗者, で歩き, といふ, とも手代, とハイダシ, などといふもの, にし, に頼まれ, の力松

▼ 用人~ (8, 0.8%)

1 がこの, が一切, に内密, の佐幕派, の分別, は退き, も引き揚げ, を騒がせる

▼ 用人らしい~ (8, 0.8%)

2 男あとは, 男が 1 のが, 老人の, 者以下安房守の, 風貌でした

▼ 用人から~ (7, 0.7%)

1 お厩衆, 二歩借り, 今朝方知らせ, 宿老に, 端女の, 藤沢が, 頼まれて

▼ 用人~ (7, 0.7%)

1 下々の, 加役の, 奉行などの, 家来たちが, 山崎に, 給人にも, 給人は

▼ 用人~ (7, 0.7%)

1 でもあり, で俊才, というもの, におさまっ, になった, に引上げ, に擢

▼ 用人~ (6, 0.6%)

1 いは, か居候, が屋敷, ということ, とかいうお方, と聞い

▼ 用人~ (5, 0.5%)

1 あつた, ござりました, 中島角右衛門という, 女房の, 押しも

▼ 用人でも~ (5, 0.5%)

1 その所, 何でも, 何んで, 入れないのに, 若党でも

▼ 用人として~ (5, 0.5%)

2 するだけの 1 住まって, 定めて, 文政七年七月二十七日に

▼ 用人岸井重三郎~ (5, 0.5%)

1 が金六郎, はす, は次の間, は苦々しく, も默

▼ 用人摺れ~ (5, 0.5%)

2 のした, のする 1 がし

▼ 用人~ (5, 0.5%)

1 に御, に逢, は屹度, へ御, 御屋敷

▼ 用人~ (5, 0.5%)

2 もこの 1 が道具, に彼, へ心得

▼ 用人たち~ (4, 0.4%)

1 の財政, は手, は表座敷, を相手

▼ 用人である~ (4, 0.4%)

1 がすでに, ことが, ということ, 庄田喜左衛門に

▼ 用人らしく~ (4, 0.4%)

2 もなく, 口を

▼ 用人久賀~ (4, 0.4%)

4 彌門

▼ 用人~ (4, 0.4%)

1 の懐, へ此書状, も合點行, より各自方

▼ 用人川前市助~ (4, 0.4%)

1 が明神下, が殘つて, はその, 若黨丑松

▼ 用人~ (4, 0.4%)

1 であって, として切り盛り, をした, をも勤めた

▼ 用人石川孫三郎~ (4, 0.4%)

2 に案内, の荷物

▼ 用人進藤市太郎~ (4, 0.4%)

1 の伜, の伜勝之助, の倅, の倅勝之助

▼ 用人そんな~ (3, 0.3%)

1 ものぢや, 腐った女, 腐つた女

▼ 用人です~ (3, 0.3%)

1 が剣槍両道, が劍槍兩道, ね

▼ 用人にでも~ (3, 0.3%)

1 会って, 耳打ちし, 逢ひ

▼ 用人まで~ (3, 0.3%)

1 差出しました書付, 迎えに, 通じて

▼ 用人三右衛門~ (3, 0.3%)

1 がはいっ, の方, の進め

▼ 用人伊吹大作~ (3, 0.3%)

1 の弟, はともすれば, を通して申しあげる

▼ 用人安間~ (3, 0.3%)

2 平左衞門 1 平左衞門殿

▼ 用人松坂彦六~ (3, 0.3%)

1 といふ喰, は呆氣, を呼び出し

▼ 用人松山常五郎~ (3, 0.3%)

1 が出, と錢形平次, は默つて

▼ 用人相沢半之丞~ (3, 0.3%)

1 から何もかも, の妾, を代理

▼ 用人相澤半之丞~ (3, 0.3%)

1 から何, の妾, を代理

▼ 用人あがり~ (2, 0.2%)

2 の中老人

▼ 用人~ (2, 0.2%)

2 家老の

▼ 用人さん~ (2, 0.2%)

1 だから, を呼び出し

▼ 用人たる~ (2, 0.2%)

2 ことを

▼ 用人であった~ (2, 0.2%)

1 が馬琴, とは思われない

▼ 用人という~ (2, 0.2%)

1 ところかな, ところでございましょう

▼ 用人といふ~ (2, 0.2%)

1 ところかな, ところで御座いませう

▼ 用人とか~ (2, 0.2%)

1 侍長屋の, 年老った

▼ 用人とかいう~ (2, 0.2%)

1 使用人も, 身分の

▼ 用人とは~ (2, 0.2%)

1 言いながらも, 言ひ

▼ 用人とも~ (2, 0.2%)

1 さむらい, 見える侍

▼ 用人ども~ (2, 0.2%)

1 がやってくるであろう, には相当

▼ 用人なりを~ (2, 0.2%)

2 出頭し

▼ 用人なる~ (2, 0.2%)

1 が先刻酒席, 倉沢義髄それに

▼ 用人~ (2, 0.2%)

1 そう云っ, 持込んだ金

▼ 用人~ (2, 0.2%)

2 かせる才物ぶり

▼ 用人より~ (2, 0.2%)

1 お知らせが, 参られましたが

▼ 用人~ (2, 0.2%)

1 入レタ, 連レテ行ッテ方ヲ

▼ 用人三浦七兵衛~ (2, 0.2%)

1 から豊後守, の手

▼ 用人三浦作左衛門~ (2, 0.2%)

1 と申す, に聞け

▼ 用人中根靱負~ (2, 0.2%)

2 の記

▼ 用人人間~ (2, 0.2%)

2 の命

▼ 用人右内~ (2, 0.2%)

1 と睨み合, と睨み合った

▼ 用人堀周吉~ (2, 0.2%)

1 に逢っ, に逢つて

▼ 用人塩原彦七~ (2, 0.2%)

1 ですら, の方略

▼ 用人大里貫之助~ (2, 0.2%)

2 と申す

▼ 用人~ (2, 0.2%)

1 よっく聞きや, よつく聞き

▼ 用人小峰右内~ (2, 0.2%)

2 も開いた

▼ 用人小田島伝蔵老人~ (2, 0.2%)

2 いずれ春

▼ 用人川村左馬太~ (2, 0.2%)

2 は年配

▼ 用人平助~ (2, 0.2%)

1 に取つ, の姿

▼ 用人書役~ (2, 0.2%)

1 などが居並び, などが居並ん

▼ 用人木原伝之助~ (2, 0.2%)

1 に殺された, を督励

▼ 用人本郷三丁目~ (2, 0.2%)

1 から來, から来る

▼ 用人村川菊内愛妾~ (2, 0.2%)

2 のお

▼ 用人~ (2, 0.2%)

1 にお目にかかりました, に逢わし

▼ 用人樣私~ (2, 0.2%)

1 の指, は金

▼ 用人白木重兵衛~ (2, 0.2%)

2 がその

▼ 用人石田清左衛門~ (2, 0.2%)

1 に預けました, の長屋

▼ 用人石田清左衞門~ (2, 0.2%)

1 に預けました, の長屋

▼ 用人竹林金吾~ (2, 0.2%)

1 という方, といふ方

▼ 用人荒木頼母~ (2, 0.2%)

2 の伜千

▼ 用人~ (2, 0.2%)

1 の為右衛門普請, の爲右衞門普請

▼ 用人風情~ (2, 0.2%)

1 に引廻, の川前市助

▼ 用人飽津平八~ (2, 0.2%)

1 で七日, と申します

▼ 用人黒川~ (2, 0.2%)

1 とこってり, を見舞いました

▼1* [180件]

用人あんまり性の, 用人お家断絶後に古道具屋, 用人からの依頼を, 用人がわりの老人一名, 用人これはどう, 用人さまにお, 用人じゃないか, 用人じゃのお出入り, 用人その時の, 用人その他の見えない, 用人だったそうで, 用人だつたさうで五十年輩の, 用人やありません, 用人であり家来衆である, 用人であれ気の, 用人でなきや下女, 用人でなきゃ下女の, 用人でなくて社会, 用人ではないらしい, 用人といった心持の, 用人とかいふ身分の, 用人とがその破った, 用人としての私の, 用人としてはもはやそれ以上, 用人とても主家の, 用人との三役も, 用人とやらがやって来て, 用人とやらに會つて訊く, 用人どうして, 用人などがこれを, 用人などの前で, 用人なり万事万端執り, 用人なんか何處かの, 用人なんかに脅かされるもの, 用人には石川近江守寺社奉行には, 用人にも殿様にも, 用人にゃせがれか, 用人やら小役人ニで, 用人よりは中, 用人を以て明朝君には, 用人入レテ, 用人ノトコロヘヤッタガ或日ケイコニ行ク道ニテ病犬ニ出合ッテ, 用人ハツと平伏なす, 用人一人や二人, 用人七兵衛からお, 用人三好武蔵守を呼びたて, 用人用人だ, 用人与力同心徒事も厳重, 用人に格上げ, 用人中一ばん信任のあつかっ, 用人久保木桂馬と申す, 用人九郎次を突きのけ, 用人五百石取の, 用人代りに来た, 用人仲間などの物音, 用人仲間草履取まで一行八人, 用人伊吹大作ただ一人を召しつれ, 用人伴佐十郎建部郷右衞門山口惣右衞門の三人, 用人伴市太郎という人, 用人佐十郎郷右衞門と申者御座候, 用人何某と人目, 用人作内はギヨツ, 用人八十石渋江官左衛門次男という名義, 用人六尺の手槍, 用人兼松伴大夫は帰国, 用人刈屋頼母という侍, 用人加藤清兵衛側用人兼松伴大夫目附兼松三郎である, 用人勘定方から下, 用人半次は下郎, 用人味噌を摺る, 用人團右衞門の御新造, 用人堀周吉甥の助十郎, 用人堀周吉養子の助十郎, 用人堀河十兵衛と一緒, 用人堀部三左衞門五十餘歳出づ, 用人堺藤兵衛敷居際に平伏しました, 用人大久保要に由つて徳川慶喜, 用人大垣伊右衛門立会の上, 用人大垣伊右衞門立合の上, 用人大川仁左衞門樣が私共, 用人大橋栄次と云う, 用人大沢幸吉に逢い, 用人大澤幸吉に逢, 用人大目附け大, 用人大竹孫右衞門は藩中, 用人奉公をなし, 用人奴小笠原流で靜, 用人小姓と入替, 用人小姓みんなあれと同様, 用人小林平八郎殿中小姓の清水一学殿, 用人小林某を休七郎氏宅, 用人小畑藤三郎は中年者乍ら槍, 用人小笠原常右衞門柳生源藏大目附武林軍右衞門物頭, 用人小者が朝夕質, 用人山倉富右衞門の忰富五郎, 用人山岸作内が其處, 用人岩上典蔵が主家, 用人岸井重三郎夫婦とその, 用人島五六郎樣用人川前市助と申す, 用人川上源左衛門を訪ねました, 用人川上源左衞門を訪ねました, 用人川波五六の子, 用人川波五六郎の子, 用人左内それに若, 用人にせられ, 用人常五郎までが思はず, 用人左衞門殿の, 用人平石次右衞門老母儀病死致候依て, 用人庄田喜左衛門に旅, 用人役たる者に対しても同様, 用人志願の時, 用人抱え入れに反対, 用人晝頃稻葉佐仲樣晝過ぎに田熊丹後樣, 用人有用人の関係, 用人朝倉忠左衛門と一緒, 用人木原伝之助四十五六の存分, 用人木原様が御, 用人本田頼母の屋敷, 用人村尾正靖の著, 用人村川菊内中間勝造庭掃の三吉爺, 用人村川菊内仲間勝造庭掃きの, 用人松原どのの意見, 用人松原郡太夫が家老, 用人松原郡太夫津田庄造同じく年寄役柘植源右衛門ら, 用人松尾殿の甥, 用人松平右京太夫の邸, 用人が殿下, 用人柴田十太夫が先, 用人栂野求馬の妹, 用人梶川与三兵衛が小走り, 用人樣一日も一刻, 用人樣奧庭の祠, 用人樣金太郎樣一昨日の御召物, 用人正木吾平に會つて殿樣, 用人正木樣などお出で, 用人此處の鍵, 用人水谷六郎兵衞は一たん奧, 用人氷見役一同ことによったら, 用人河野六郎の内意, 用人源伍兵衛の語調たる, 用人溝口三右衞門に面會, 用人為右衛門仔細らしき理屈顔, 用人無事に紀州表, 用人爲右衞門仔細らしき理屈顔, 用人牛込見付外に住ん, 用人牛込見附外に住ん, 用人玉垣三郎兵衛に伴われ, 用人玉垣三郎兵衛これでどうやらこう, 用人留守居等は玄關脇, 用人石沢左仲の二人, 用人石澤左仲の二人, 用人神原伝右衛門のせがれ伝蔵, 用人立花左仲の口上, 用人立花左仲安間平左衞門, 用人竹田とやらがまいった, 用人笠原常右衞門の三人, 用人笠原常右衞門惣取締として江戸表, 用人の分別, 用人糧谷勘左衛門小納戸田中貞四郎中村清右衛門磯貝十郎左衛門などの同僚たち, 用人紺野四郎兵衛という者, 用人給人中小姓若党中間のたぐい, 用人給人中小姓足軽中間のほか, 用人給仕の果て, 用人自身の部屋, 用人若党のよう, 用人若党らを四人, 用人藤田与一兵衛の応対折衝, 用人と御, 用人見たいなことを, 用人されて, 用人角右衛門だが, 用人近藤幾馬と申す, 用人遠山郡太夫面會の處, 用人野々村次平に取り次い, 用人野郎の手, 用人金子忠右衞門同留守居役加川, 用人金子忠右衞門玄關に手, 用人金子忠右衞門留守居加川新右衞門參向, 用人關戸團右衞門の贔屓, 用人鳥居外記様が初め