青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「縁側~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

緒~ ~線 線~ 線路~ 締め~ 編輯~ 練習~ ~縁 縁~ ~縁側
縁側~
~縄 縄~ 縞~ 縦~ 縫~ 總~ 繁昌~ 織田~ 繩~ 繪~

「縁側~」 3633, 39ppm, 2955位

▼ 縁側~ (1171, 32.2%)

125 出て 95 腰を 47 立って 20 立つて 19 出た 18 腰かけて 15 手を 13 置いて 11 坐って, 腰掛けて 7 出る, 出ると, 足を 6 並んで, 佇んで, 出して, 近いところ 5 しゃがんで, 屈んで, 座蒲団を, 立つた, 近い所 4 上って, 寝転んで, 持ち出して, 椅子を

3 [19件] いた, いて, 出たの, 向いて, 坐った, 寝ころんで, 寝て, 崩折れ, 座を, 掛けて, 来て, 猫が, 立つた平次, 立てかけて, 籐椅子を, 胡坐を, 腹ん, 落ちて, 足音が

2 [55件] あがって, あぐらを, ある籐椅子, いる伸子, かけて, すわって, とぐろを, ねころんで, ひどく顔, むかった障子, よりかかって, 上がって, 両手を, 並べると, 中腰にな, 事務室の, 休んで, 倒れて, 出されて, 出した, 出ては, 出で, 出るの, 半身を, 坐つて, 寝そべって, 寢そべつたま, 寢そべつて, 少し灯, 席を, 平次を, 引いて, 抛り出して, 撒いて, 昼寝を, 灰を, 煙草盆を, 片膝, 立ち縮みました, 立ったまま, 立つたま, 網を, 置いたベゴニア, 腰かけながら, 膝を, 若い女客, 薄縁を, 跫音が, 蹲って, 躍り上って, 身を, 陽が, 顏を, 飛び出して, 飛上っ

1 [544件 抜粋] あが, あがりキョロキョロ, あがり縁側, あったの, あった下駄, あつた, ある長椅子, いたの, いた二人, いた南玉, いた見返り, いつぞや泉水, いつぱいになつた, いやしたの, いらしたらいい, いると, いる倉蔵, うっかり持病, おいた, おいて, おいとけば, おきっぱなし, おすわらせする, おばあさんが, おりると, おろされた子猫, おろした, おろしても, お伸ばし, かかって, かけたまま, かけながら, かけ出して, かしこまつた, きたないところ, きみを, くっきりと, こうやっ, こしかけたお, ごろごろ昼寝, ごろ寝する, さして, さすがに, しっかり抱いた, して, しのび寄った, しや, しよんぼり坐つたま, じっとし, じっと屈ん, すっくと立った, すべり出て, すらりと, すわったり, すわろうと, すゝみ, せっせと硝子戸, その時代, ぞうきんを, たたずめる紅リボン, たつた一箇所, たつて, たどりつき前, ちかい部屋, ちょっと端居, ちらりと父, ついたてで, ついた座敷, つかへて, つづいた一ばん, つれて, でて, とびあがり必死, とび出しほの, なった, なったり, なって, ならべぱなしで家, ならべる, なりそれ, なるところ, にじり上, にじり出て, ねそべって, ねぢ伏せたの, のっそり立っ, ひつくり反, ひれ伏した錢形平次, ふはり, ぺしゃんと坐っ, ぺたりとすわつた, ぺたりと坐った, ぽかぽかと, まだ学生, まだ起きぬけ, まわった, もたらしたと, もどって, もはや紋服, もんどり打ちました, よほどの, ゐた夫人, ゐら, ゐる主人, ゐる者, アネモネの, ウロウロし, クワツと, スラリと, ドサリと, ドタリと, パタパタと, ピタリと, ブラブラし, ボンヤリ立っ, 一人は, 一室に, 一眠り眠る, 一羽の, 七歳八歳ぐらいの, 三人揃っ, 上がりました, 上がるぐらいの, 上げて, 上った, 上りて, 上り来り, 上る事, 上る時, 上る重, 下された, 並べお, 並べた, 並べた小鉢, 並べて, 丸くな, 乳母車が, 二つの, 二三人の, 二十歳ばかりの, 人影が, 今井が, 今井邦子さんが, 仰むけに, 仰向きに, 佇みを, 佇み青葉, 佇んだ, 低い廂, 俯向い, 倉地の, 倒れか, 倒れかかります, 倚りかかっ, 充ち溢れて, 入れて, 八五郎と, 円座を, 円蓙を, 凭れて, 出いつの間にか, 出その, 出たところ, 出たらしい, 出たり, 出た滝太郎, 出でて, 出ました, 出ましたが, 出両脚, 出隅, 列べると, 前足を, 半次が, 參ります, 取り出されて, 取込んだ伊保木金太郎, 古びた椅子, 吊した金魚鉢, 吊るされた風鈴, 向いた障子, 向けて, 向って, 呉座を, 呼び出して, 呼出されました, 和尚さんと, 団扇を, 坐ったまま, 坐ったマン, 坐つて両手, 坐つて居眠り, 坐つて湖, 坐らせた學校友達, 坐り直すと, 坐り竹, 坐り込みし為, 坐ると, 坐布団, 女中が, 姿を, 定子が, 寝ころんだまま, 寝そべつたまま, 寝そべつて, 寝そべりました, 寝転びながら, 寢か, 寢ころん, 射し込んで, 小さい万年青, 小さき泥, 小さな蜘蛛, 小膝を, 少し血, 居たか, 居た白痴, 居た筈, 居た身近, 居なくたつて, 居のこった平, 居りましたが, 居る令子, 居る彼, 居る筈, 居並ぶ者, 居並んだ, 屈みこんで, 屈みこんでる彼, 屈みこんでる正夫, 屈み込んで, 崩折れた, 差し込む朝日, 市木さんは, 幅四尺の, 平伏しながら, 平次は, 床を, 座ぶとんを, 座りながら, 座布団と, 座布団を, 座蒲団や, 廻った, 廻ると, 引きずり上げて, 引き小半次, 引つくり, 引上げて, 引付けて, 引張った, 引据ゑて威猛高に, 引返して, 弥平爺を, 当って, 当ってる頃, 彼を, 往って, 待機し, 後ろ手を, 後向, 御不浄場も, 忍んで, 忙しそう, 悠々と, 悲しい淋しい蟇, 憩いつつ, 成る壁, 戻った松倉十内, 投げつけました, 投ふつてあつ, 投出して, 抛り出し無表情, 抜け出して, 押しつけて, 招ぜられた, 持ちこんで, 持ちだして, 持ち出させそこ, 持つて, 持出し一生懸命調べ續, 持出し踏臺, 指を, 据ゑられた静臥椅子の, 掛けたまま, 撒いた灰, 放つたこれ, 散らばって, 敷いた防水布, 敷いて, 敷くゴザ, 旅行用蓄音機を, 日が, 日南ぼっこ, 日向ぼつこでも, 日向ぼつこを, 昇つて背伸し, 是公から, 曝したり, 曝した古書, 書いた, 月の, 木綿車と, 本を, 机を, 来る間, 来合せたり, 東京仕入れの, 柿を, 横えられた, 横に, 横坐りに, 武田が, 残って, 母と, 母親が, 水際立って, 沿うて, 沿って, 流れて, 涼しさ, 涼風を, 清さんが, 滑り出ました, 濡れた灰色, 無邪気に, 爪先立って, 片手を, 猫という, 猫を, 現はれました, 現れました, 現われました, 甲羅を, 男衆の, 盆栽が, 相對, 真弓は, 碁盤を, 祖母といた, 秀子が, 私と, 私を, 移った, 突伏し, 突伏した, 突立っ, 立ちすくんで, 立ちつくしつ, 立ちつくし畑, 立ちながら, 立ちはだかるの, 立ちました, 立ちフト, 立ち出でた, 立ち尽して, 立ち竦んで, 立ったまま外套, 立ったり, 立った正造, 立ってたり, 立ってると, 立つ, 立つたの, 立つ人影, 立てば, 立去り凄, 立去り凄惨, 立顯れ, 筋を, 置いた, 置いたま, 置いたまま, 置いた小, 置いた洋燈, 置かれた大きな, 置かれて, 置きたるも, 置きながら, 置く, 聞えたり, 肘枕を, 背を, 背中を, 胡座を, 脚の, 脛を, 腰かけるか, 腰かけ煙草, 腰掛け, 腰掛けさせて, 腰掛けた, 腰掛けたり, 腰掛けなど, 腰掛け垂れた両足, 腰掛け煙草, 腰掛け自分, 腹匐いに, 臨んで, 自転車の, 茂次平を, 茣蓙を, 荷づくりする, 萎れかけた軒葱, 落すよう, 落ちたの, 落ちる青葉, 落葉交り, 蒲団を, 蒲蓙を, 蓆を, 薄べりを, 血だらけに, 血の, 行きて, 見えたもの, 見えたるに, 見ゆ, 誘ひ出しました, 誰も, 走り出して, 走り出た時, 走り出ると, 走り出泣きながら, 起つたの, 足音, 跫音し, 踞まって, 踞まつたま, 踞んで朝, 蹲まりながら, 蹲んで, 蹲んで孫女, 蹲んで庭, 躙り上り, 躪りあがっ, 転た寝し, 転寝を, 輕い, 轉が, 近い処, 近い南天, 近い座敷, 近い御簾, 近い方, 近い處, 近くすわっ, 近くぴしゃり, 近く八五郎の, 近く女王を, 近く居, 近く煙草盆を, 近く盤を, 近く長火鉢を, 近づくと, 近よる, 近寄って, 這いあがって, 這いつくばって, 這いつくばりつつ, 這い上がり蹌, 這い屈んで, 這って, 這つて時々, 這上って, 連行き, 遊ばせて, 運ばれて, 運び込まれました, 運んだり, 達しよう, 達するの, 長く寝転ん, 降りた先代, 障子の, 集まった, 集まって, 雨が, 雪崩出る, 静江を, 面した障子, 面して, 靴を, 頑張つて肩肘, 頭を, 額を, 飛び上りました, 飛び上ると, 飛び上ろうと, 飛び出した一物, 飛んで, 飛上る, 飛出したお, 飛出しました, 飾って, 駆け出して, 黒い人影, 默つて一刻も, 黙って, 鼻の

▼ 縁側~ (753, 20.7%)

59 方へ 23 障子を, 雨戸を 19 上に, 柱に 15 ところへ, 籐椅子に 13 方に, 障子の 11 方を, 硝子戸を, 障子に 10 戸を, 椅子に 9 戸が 8 方から, 日向で, 雨戸が 7 柱にも, 隅から 6 ほうへ, 上へ, 処へ, 雨戸は 5 ところで, ところに, 下に, 日向に, 日向へ, 柱の, 隅で, 隅に, 障子が 4 前の, 外には, 柱へ, 欄干に, 端に, 雨戸の, 雨戸も

3 [14件] そばへ, ところから, ところまで, 上の, 下の, 外は, 外れに, 所へ, 明るいところ, 欄干を, 畳を, 端つこ, 近くに, 雨戸に

2 [45件] ある家, さきを, その殿, ところには, ように, わきに, 上から, 下から, 下へ, 刀架け, 刀架に, 前で, 外から, 外に, 外の, 天井から, 姿見の, 安楽椅子に, 廊下を, 戸は, 所に, 手摺に, 手摺にも, 敷居際まで, 日の, 暗幕を, 曲り角の, 板に, 板の, 板は, 板敷に, 椅子を, 盡きる, 硝子戸の, 硝子障子に, 端の, 籐椅子へ, 籠の, 糞を, 角に, 近くまで, 陽の, 隅などに, 隅の, 雨戸二三枚を

1 [225件] あたりに, あたりへ, あたりを, ありさま, お雪, かっと西日, くつぬぎ, ことを, さきに, しぶきを, すぐ前, すぐ向, すの, その一方, そばに, そばまで, とこへ, ない座敷, はづれ, ほうから, ほうを, ぼろ椅子に, まえまで, まん中あたりで, ような, カアテンを, ガラス戸が, ガラス戸の, キャンバス製の, スリツパを, 一刀を, 一端に, 七輪に, 三好を, 上には, 上の平次に, 上の平次を, 下には, 下まで, 下庭の, 人々も, 人影それは, 人影へ, 傍迄, 先の, 先へ, 先端の, 光から, 光線は, 処から, 処まで, 前が, 前に, 前へ, 前丁度, 半ほどから, 半分ほど, 南天の, 右の, 向うから, 向うの, 向こうに, 唐櫃は, 四枚の, 坐蒲團, 型ばかりの, 埃は, 塵を, 夕風ぐらいに, 外にも, 外へ, 大きい雨戸, 大坪石見の, 奧に, 寒いの, 小松の, 岐阜提灯の, 左の, 左手には, 干台, 平次は, 座に, 廊下から, 廊下に, 彼方では, 感触が, 戸棚の, 戸袋の, 戸袋は, 所々に, 手すりへ, 手前だけを, 手前より, 手拭掛が, 手摺にかけて, 手摺を, 手摺笊花生け雨樋から, 手桶より, 手欄越しに, 手水鉢で, 手洗鉢の, 拭き掃除が, 拭き掃除まで, 敷居には, 敷板は, 新しいゴザ, 方からも, 方が, 方で, 方の, 方は, 方まで, 日あたりに, 日なたで, 日南で, 日南に, 日向には, 日向を, 日当たりに, 日当たりの, 日当りに, 日当りの, 日除けには, 明るき方, 明るみに, 明るみへ, 曲角から, 朝顏も, 木地にも, 木目の, 机に, 机の, 朽ちかけた板, 板の間に, 板を, 板張りへ, 板戸が, 板戸ぎわに, 板敷, 板敷の, 柱など, 柱によつ, 椅子の, 植え込みに, 植木鉢みたいに, 様な, 欄に, 欄の, 欄間の, 沓脱石の, 泥足の, 泥足は, 滴は, 片端や, 片隅で, 片隅に, 玻瑠戸を, 玻璃戸の, 玻璃戸を, 画でした, 白い障子, 目の, 真中の, 真赤な, 硝子戸が, 硝子戸ご, 硝子戸に, 硝子戸には, 硝子戸も, 突きあたりの, 突き当たりに, 突き当たりは, 窮屈な, 端っこに, 端で, 端には, 端へ, 端を, 端ッ辺へも, 端居に, 竹には, 簾の, 籐椅子か, 籐椅子で, 籐椅子の, 粗い木目, 花道へ, 蒲団の, 蒲筵の, 蒲莚の, 藤椅子に, 行止りが, 見える障子ぎは, 話声に, 足音は, 踏み台に, 軒端に, 辺から, 近くへ, 途中で, 遥か下手に, 邊から, 鉢の, 長押の, 長椅子の, 附いて, 隅つこ, 隅へ, 隅座敷の, 隔の, 障子からは, 障子だけから, 障子でも, 障子には, 障子は, 障子浅い, 障子際に, 雨戸らしい, 雨戸一枚は, 青いもの, 静臥椅子に, 面して, 靴ぬぎ, 高欄に, 鳥籠に

▼ 縁側~ (489, 13.5%)

113 出て 18 腰を 17 出ると 14 出た 6 あがって, 廻って, 顏を 5 上がって, 出たが, 出ました, 手を 4 持って 3 きて, 上って, 坐って, 持ち出して, 来て, 立って, 置いて, 行って, 飛出して

2 [20件] あが, あがった, かけて, 並べて, 出して, 出た彼女, 出ようと, 出る, 出障子, 呼び返された, 寄って, 往った, 抛り出して, 持つて, 据付の, 煙草盆を, 現はれた, 近づいて, 這いあがって, 飛上る

1 [218件] あがりそれから, あがりながら, あがりました, あがると, いろいろな, お上がり, お互に, お坐り, お雪, するりと抜け出し, せりだして, そして閉め切つ, だしぬけに, ちょっと敷物, ついて, つかつかと, つかまったあ, つかまって, でて, どっさりと, どっさり腰, どんと腰, ながながと, ならべ干した, にじり上つて, ぬけようと, ひきずって, ひくと, ひらりと, ぺたりと尻, まいり音, まわって, もって, やって来て, よろ這い寄って, キチンと, スウト・ケイスを, ドカリと, ブラ下げたり, ポンと, 一人で, 一人は, 一寸敷物を, 上がれ, 上ったの, 上つたらしい, 上つて來た, 上り離れ, 上ると, 上るよう, 上ッて, 下ると, 両手を, 並べたり, 並んで, 乱雑に, 休まして, 伴れ出しました, 倒れました, 備えて, 僕を, 入って, 出したらしい, 出しました, 出す, 出たあと, 出たか, 出たかと, 出たとき, 出たところ, 出たり, 出た拍子, 出た時, 出てから, 出で, 出なかった, 出ましたよ, 出るそれ丈, 出るよう, 出る時, 出る気, 出庭, 半分身体を, 古い手紙類, 吊して, 向かい合って, 呼び出した, 四つん, 四つ這い, 土焼きの, 坐蒲団, 夥しい書類, 大きな螢, 娘を, 寄せさせた, 寝転んで, 射し込んで, 崖下の, 崩折れ, 席を, 平然として, 幾個も, 座蒲団を, 庭へ, 庭へと, 庭向きに, 廻つて青桐の, 廻り出た, 廻ると, 廻る処, 廻れと, 引きずり上げられ, 引張出して, 引返して, 引返しました, 忍びやかに, 戻って, 戻つた時, 戻つて, 戻るなり, 投げ出して, 投り出した, 抛り出しました, 抜け出して, 抱き上げましたが, 押し出して, 招いて, 拾い揚げるころ, 持ち出させて, 摺出し, 整然とお湯, 敷き物, 敷物を, 新しい茣蓙, 施餓鬼か, 書いて, 朝の, 机を, 来た, 来たの, 来ること, 橋に, 次の間へ, 歩いて, 歸つて來た, 残し右手, 消えて, 溢れて, 滑つた平次は, 無遠慮に, 爪先立って, 片足踏かけました, 現れた純, 現れ籠, 現われた, 現われたので, 私と, 突き出し一刀, 立ち上って, 立ち出た, 立ったまま, 立出る, 箱を, 籠枕を, 縁側から, 置かれて, 脇差を, 腰かけて, 腹ん, 腹這いに, 膝を, 舞いこんだり, 舞ひこん, 落して, 落ちはじめた, 落ち葉が, 落る, 行き恋しい, 行った, 行つて指先から, 行燈を, 衣装を, 襲ふ, 謙一が, 走つて行つて, 足早に, 踏み出した, 踏み出して, 躍り上がった, 転がして, 轉げ出した, 辷って, 辿りついた, 近い所, 退り出たが, 逃げ出そうと, 這いかかる, 這上った, 通ったの, 進み寄って, 長くなり, 長ん, 降りて, 面する障子, 顔を, 飛びあがって, 飛び上って, 飛上っ, 飛下りて, 飛出すと, 首を, 駆けあがつた, 駈けあがって, 駈けあがるなり, 駈けて, 駈け出すが, 駈け出た, 鳥籠を

▼ 縁側から~ (374, 10.3%)

13 庭へ 10 上って 7 聲を 6 声を 5 顔を 4 外へ, 庭下駄を, 眺めて, 見て, 見ると, 足を 3 外を, 座敷へ, 庭の, 空を, 飛び降りて, 首を

2 [21件] とびおりました, ポンと, 下へ, 入つて, 入口を, 声が, 庭石に, 忍び込んで, 怒鳴るの, 挨拶を, 片足を, 眺めると, 福松を, 見える, 見渡せば, 覗くと, 踏臺を, 降りて, 降り立ちました, 顏を, 飛降りると

1 [249件] あがって, あがろうと, あちらこちらと, おりて, おりる低い, お仏間, お邪魔, お駒, きこえた, これも, さかさ, さしこんで, さしのぞい, さし込むまばゆい, すぐ小さな, ずっこけそう, せせこましく石, その便所, それを, ぢや, どうしても上ろう, にじり込んで, ぬうツ, のぞいて, はいって, びりびり破き始めた, ふいと, ぶら下げてる足指, ぺツ, ほうりだすこと, ぼんやり眺め, よく見える, よく見られた, ゐざりおりて, ガラツ八が, ガラツ八の, ニジり上がりました, バーと, 一度も, 一度落ちた, 一段高い, 一番遠い, 七歩くらいの, 三疊へ, 上が, 上がって, 上った, 上つ, 上つて先生の, 上り込む, 上り込んで, 上半身を, 上野の, 下に, 下の, 下りて, 下りると, 下駄を, 二間と, 仏間へ, 何かが, 余を, 便所から, 入って, 入つて來, 入りました, 入ると, 入れさせて, 入ろうとして, 八五郎の, 六さんが, 六畳の, 内を, 内儀さんの, 出たの, 出入りする, 初秋の, 前の, 力一杯引いた, 匐い上っ, 南縁の, 厠へ, 参禅する, 台所の, 右へ, 向側へ, 向島が, 吹き込む風, 土鍋を, 地べたに, 地面に, 垣根の, 夢中で, 天城山が, 奥を, 奧を, 宙を, 密と, 小さな網, 帰って, 帰つて入らつした, 平馬の, 座敷の, 庭に, 庭を, 庭先へ, 廊下づたいに風呂場へ, 廻つて聲を, 引攫つた, 引込みました, 彼方此方を, 忍び返しを, 怪鳥の, 應へ, 手を, 投げて, 抛つたので, 拾い上げて, 指すの, 挨拶しました, 摺って, 斜に, 日本間へ, 暖い, 曲者が, 書斎へ, 月を, 月見を, 柄ばかり, 梯子伝いに, 榮吉を, 横っ飛びに, 欄干を, 此方を, 母が, 池の, 沓脱ぎに, 油障子の, 流しの, 湖の, 滑り込んで, 滑るやう, 無駄を, 燃えさかる離屋, 狭い庭, 狹い, 珍しそう, 町の, 畳の, 畳三尺ほど, 発して, 発見された, 目ざわりに, 直ぐ通じ, 直庭先, 眼の, 眼を, 私に, 程近き, 空気の, 突落した, 突飛し, 立ち上がって, 立って, 童女が, 竹に, 笹野新三郎, 箒の, 築山に, 米粒を, 納戸の, 細引きで, 縁側から, 聞えて, 聽い, 背後へ, 膝行り込んだ, 自分を, 芝生へ, 花火を, 茶の間へ, 草鞋を, 落ちたの, 落ちたヒヤッ, 落ちて, 落ちると, 藁草履を, 行かなくたって, 行かなくたつて, 裏庭へ, 裏庭へと, 見える中座敷, 見える港, 見ますと, 見上げると, 見晴らす海, 見物し, 見送つて, 覗いたこと, 覗いたり, 覗いて, 覗いてを, 覗く善兵衞, 覗けば, 覗込ん, 話しかけた, 認めると, 赤ん坊を, 跣足の, 蹴おとして, 躍り込んだ投げ槍, 転がし出したの, 転がり落ちて, 転がり落ちるところ, 転げ落ちて, 辷り落ちたよう, 追い下ろすよう, 逃げ出した七代, 這いあがった, 這いあがって, 這いずり落ちて, 這い上って, 運んで, 遠くの, 部屋の, 長廊下, 降りる時, 障子へ, 障子を, 障子越しに, 離れて, 霜の, 霜解けの, 静かに, 響いて, 頭を, 風呂場に, 飛びおり暗い, 飛び上つて行, 飛び下りて, 飛び下りようと, 飛付くと, 飛出しましたが, 飛降りて, 餘計な, 馬に, 馳け, 駈あがった, 駈上って

▼ 縁側~ (223, 6.1%)

4 日向ぼっこを 3 その先, 月を, 泣いて

2 [14件] ぼんやり佇ん, 人の, 出來上つた着物, 新聞が, 渋茶を, 煙草を, 眼を, 祖母さんと, 縫物を, 膝を, 行李の, 話を, 足音が, 髪を

1 [182件] あつた, いま受取つた郵便物の, お人形, お友達, お手打, お鍋に, かしこまって, ご本, さびしそう, さらさらさらさら云う, しばらく話しあふ, すこし日向ぼっこ, すずんで, その湯たんぽ, その糸, たしかに私, なにか考えごと, にぎやかに, はあはあ夢中, ひと吹き, ぴッたり, ふいに, ぼんやり庭, ぽかんとし, もう李, もろは, やろうと, ゆうべの, ゆっくりと, ようよう新聞, りゅうの, カナリヤの, ギヨロツと, ゴソゴソ音, サツと, サヨが, チラと, トシが, トレーニングを, ハタと, パンを, レコードを, ワク, 一服喫って, 一睡いそい, 三人も, 三拝し, 両肌, 今の, 仮睡を, 休んだ, 何か, 保が, 倒れて, 傾けた, 僅かばかりの, 八重子が, 内儀と, 助役仲間と, 千なりほおずきを, 半身を, 南天の, 向うの, 君の, 呆然と見, 咲殘り, 唯今帰ッた, 園田の, 夕刊を, 多勢の, 多計代, 太い指頭, 女中が, 女中を, 始めて, 嫂の, 小鳥に, 居寢, 居眠りを, 庭を, 彼の, 彼は, 待機し, 思ひも, 恐ろしい音, 手を, 手刻みの, 打振っ, 投網の, 押問答を, 指を, 散って, 散つて仕舞, 文芸談等々, 文鳥が, 斬られて, 新聞を, 日なたぼっこを, 日向ぼっこし, 日向ぼつこを, 昼寝, 書類を, 朝顔の, 本を, 案内し, 歌つた, 母と, 浴衣を, 涙を, 涼しい風, 渦巻いて, 滿と, 無駄話を, 父を, 男の, 番茶を, 番頭の, 白い昆布, 相變ら, 真暗な, 眩しさ, 眺めて, 着物の, 秀子の, 私たちは, 私と, 私の, 立ち止まッ, 竹の, 糸を, 絞め殺されて, 絞め殺したに, 編物し, 編物などを, 編物を, 縫いました, 翫具を, 聞けば, 聴くとも, 背伸を, 胡坐を, 胡座, 自分は, 茅葺屋根の, 茶を, 草鞋を, 萩の, 薄茶を, 薬草などを, 蚊いぶし, 蚤を, 蟻の, 袴を, 裁縫を, 裏へ, 裸體に, 見て, 見付けました, 言うの, 話して, 足を, 逸作と, 遊び子供たち, 遊ぶこと, 遊んだ, 遊んで, 道具の, 鉛筆を, 鉢合せし, 鋏鳴らし, 長椅子に, 障子の, 障子を, 雲脂の, 静子に, 靜子に, 靴を, 顔を, 食後の, 騒ぎだした, 高い竿, 髭を

▼ 縁側~ (182, 5.0%)

5 通って 4 伝って, 歩いて 3 叩いて, 左の, 越えて, 開けて

2 [13件] ひろげたわけ, ぶらぶらし, 一と, 伝うて, 刀架の, 前に, 右へ, 染めた血潮, 見ると, 通る人, 通る時, 離れました, 飛下りて

1 [131件] あが, あがりながら, あがり障子, あちこちと, あちこち歩い, あちらこちらと, あっちへ, さしのぞいて, すっかりあけ放した, するする通っ, ずいと行っ, たたいて, ちょっと折れ曲った, はい上がり, はしって, ふきながら, ふむ時, へだてて, まっすぐに, ゆっくり歩い, グルリと, ユックリユックリ歩き出す, 一往復し, 一足あ, 三曲り, 上がり下り, 上って, 二足ばかり, 人が, 伝つて行つた, 伝わって, 何遍でも, 十畳の, 卯の花が, 厠の, 去ろうと, 叩いた, 叩き壊しそれ, 奥座敷へ, 好んで, 少し離れた, 幾分か, 広くし, 廣い, 廻って, 廻わり窃かに, 弱い羽, 往きつ戻りつして, 御覧なさい, 忍んで, 懐手の, 戸口まで, 戻つて, 扇で, 打つて, 折曲っ, 折曲つて行く, 拭いて, 拭き直そうと, 持った宏壮, 振り返りました, 曲がった廊下, 案内し, 横に, 歩いたこと, 歩いたの, 歩いたり, 歩いても, 歩かせて, 歩かせると, 歩き乍ら, 歩き廻って, 歩く時, 歩く音, 歩んで, 歩行いたろう, 沿って, 焼跡だらけに, 玄関の, 用人の, 男や, 直角に, 突き当って, 立去りました, 絶えず通る, 老母が, 背後に, 膝立っ, 行つ, 裸体で, 見て, 見返ったお, 覗かなかった, 設けて, 誰か, 誰か通つた, 跨いて, 踏みならすやう, 踏み鳴らした, 踏み鳴らして, 踏んで, 蹴立て, 追い廻る小さい, 逆に, 這つたのでない, 通ったの, 通らなければ, 通りか, 通り渡殿の, 通り自分, 通り過ぎて, 通ると, 通るの, 進んで, 遠ざかる跫音, 開けさ, 開けたま, 附けたり, 降りかけて, 降りて, 降りると, 降りる時, 雑巾が, 離れた平次, 離れなかった, 電車を, 静な, 飛び上がって, 飛降りかけて, 飛降りて, 駈け廻つて

▼ 縁側には~ (56, 1.5%)

2 籐の, 誰も, 陽が

1 [50件] あんなに西日, おいも, お母さんが, それが, それを, ねこが, ふりの, まだ母, まだ汚れ, もういつもの, もう春, よく巡礼, ミシンが, 一匹の, 七輪や, 下半面, 二足の, 五月の, 初夏なら, 取り調べを, 取調を, 型通りの, 大小の, 子傅の, 宗七少し, 少し泥, 引つ切り, 彼の, 徒に暖, 快い日, 息子の, 手水鉢に, 折重なるよう, 文三郎も, 日が, 春の, 暖かそう, 本省の, 梅の, 殆ど終日陽, 母の, 泥足の, 淺井朝丸が, 爺やの, 白いカヴァー, 縮緬の, 芋殼を, 誂へ, 都会風な, 飴色の

▼ 縁側まで~ (50, 1.4%)

5 出て 2 出たところ

1 [43件] ぎつしり一杯に, こぼれ出して, すし詰だった, たどりつくと, のそのそ歩い, ふっと戻っ, ペタペタと, 一パイに, 乗出して, 入つて, 出迎, 出迎えると, 古本が, 咲きこぼれて, 射返したが, 居列びました, 帰って, 座布団を, 引立てて, 抱へて, 持って, 来た, 来て, 来ますと, 来ると, 歩いては, 泳いで, 滴々と, 聞えた, 荷物を, 落ち散って, 薬を, 行くと, 行って, 見えて, 見送って, 近付いて, 送って, 送りながら, 逃げたるは, 逃げて, 這い出して, 運んで

▼ 縁側~ (39, 1.1%)

7 ついて 3 見えた 2 あつた

1 [27件] あった, あって, あつて, ありますから, あり入って, あり心地よく, あり感じ, あり東, あり縁側, お好き, すっかり日蔭, ないから, ないし, ない家, なくて, ぬれると, ほの, よく鳴る, 八枚雨戸なし, 出来立, 土だらけに, 思い出された, 昔の, 盡き, 見下ろされる, 鍵の, 附いて

▼ 縁側~ (35, 1.0%)

3 行止りだ 2 固より, 常に明け放した, 見通し庭も, 開いて

1 [24件] その時, にぎやかだ, ひどく娘, もう綺麗, もとより玄関, やはり障子, トド丸太の, 主人の, 北に, 土で, 少し涼しい, 廣く, 明るく痩せ, 東南に, 横縦に, 睫毛も, 肆の, 自分も, 薄明るい, 行止りです, 阿彌陀寺の, 降りこむまま, 雨戸が, 高かった

▼ 縁側~ (24, 0.7%)

2 座敷の

1 [22件] お勝手は, その反, 丸く刈り込んだ, 云えば, 反対の, 同じである, 同じ高, 小さな机, 座敷との, 庭渡辺篤との, 彼の, 急傾斜, 東の, 欄間の, 池は, 玄関の, 直角に, 縁側は, 自分の, 西向きの, 隣の, 雨戸とは

▼ 縁側~ (18, 0.5%)

1 [18件] お勝手で, カフェーの, 入口から, 台を, 土藏の, 小さい床の間, 庭上に, 廊下の, 廊下を, 柱へ, 炬燵の, 玄関前の, 畳に, 疊の, 裏庭が, 見透しの, 軒端に, 雨戸は

▼ 縁側伝い~ (17, 0.5%)

2 に奥

1 [15件] で六畳, で勤め, に向う, に奥まった, に岸本, に廊下, に持っ, に来, に来まし, に来る, に行った, に西, に離れ, の彼方, の暗い

▼ 縁側近く~ (14, 0.4%)

2 へお

1 [12件] で雑誌, に布団, に師, に張り廻され, に用意, に突っ, に縫物, に集まっ, までも忍び寄っ, まで垂らし, をうろつかれる, 据えた紫檀

▼ 縁側~ (12, 0.3%)

1 [12件] そつくり其儘と, ついて, ない破屋, なかった, ポカポカと, 入口も, 庭石までも, 廊下も, 柱も, 欄干も, 激しく声, 襖も

▼ 縁側からは~ (10, 0.3%)

1 入れず東窓, 南に, 昼間なら, 時々思い出した, 時々思ひ出した, 景色が, 母親と, 真直に, 自分の, 見えない中空

▼ 縁側にも~ (9, 0.2%)

1 すっかり鉄板張り, どこにも, どつて, 亭主と, 人の, 庭にも, 暗い空, 物の, 絶對に

▼ 縁側より~ (9, 0.2%)

1 あわただしく走り来つ, 下へ, 入り来りぬ, 外に, 庭に, 筍を, 裏庭の, 飛び降りむとせしに, 高い

▼ 縁側では~ (8, 0.2%)

1 あるが, おじさんが, お孝さん, その気配, 女の子が, 子供が, 文鳥が, 見知らぬ子供

▼ 縁側へと~ (4, 0.1%)

1 お廻り, 出て, 運び入れる, 集まって

▼ 縁側~ (4, 0.1%)

3 ひに 1 ひ蔭つた庭

▼ 縁側~ (4, 0.1%)

3 ひに 1 ひ蔭つた庭

▼ 縁側~ (3, 0.1%)

2 何んかに 1 何かに

▼ 縁側~ (3, 0.1%)

1 とかそこ, とか襖, と思う

▼ 縁側なし~ (3, 0.1%)

1 だからしきりに, に造った, の広間

▼ 縁側において~ (3, 0.1%)

1 あるわたし, ながめて, みたり

▼ 縁側へも~ (3, 0.1%)

1 出られますで, 廻らなかったこと, 廻らなかつたこと

▼ 縁側一パイ~ (3, 0.1%)

1 に這, の三文盆栽, の奉公人達

▼ 縁側一杯~ (3, 0.1%)

1 に当っ, に照らす, に部屋

▼ 縁側です~ (2, 0.1%)

1 か, が雨戸

▼ 縁側でも~ (2, 0.1%)

1 呻唸り出す, 開いて

▼ 縁側という~ (2, 0.1%)

1 ものが, ものは

▼ 縁側とで~ (2, 0.1%)

1 見物し, 話しながら

▼ 縁側との~ (2, 0.1%)

1 つながりは, 間の

▼ 縁側などに~ (2, 0.1%)

1 ぼんやり腰かけ, 掛って

▼ 縁側などを~ (2, 0.1%)

1 往来する, 透して

▼ 縁側なり~ (2, 0.1%)

2 ヴェランダが

▼ 縁側なりに~ (2, 0.1%)

2 外から

▼ 縁側へでも~ (2, 0.1%)

1 出て, 扱帯を

▼ 縁側よりに~ (2, 0.1%)

1 同級だった, 居た場所

▼ 縁側~ (2, 0.1%)

1 の亭座敷, の六疊

▼ 縁側僅か~ (2, 0.1%)

2 ばかりの隙

▼ 縁側寄り~ (2, 0.1%)

1 の中硝子, の障子

▼ 縁側袖垣障子箪笥等~ (2, 0.1%)

2 の日本的家居

▼ 縁側近く利根~ (2, 0.1%)

2 の甚伍左

▼ 縁側~ (2, 0.1%)

1 で爐, の方

▼1* [73件]

縁側あるいは家の, 縁側ッぱいに, 縁側かち向側へ, 縁側からにょろにょろとはいってきたんでございますよ, 縁側からばしばし雨, 縁側からも入った奥, 縁側ぐらいは歩くが, 縁側しに, 縁側じゅうに洗面所, 縁側ずれに炉, 縁側そのそとは, 縁側だけが便である, 縁側だけは許して, 縁側ちかくに移し, 縁側つきで隣り, 縁側つづきの便所, 縁側つづきだが離れ, 縁側づきの六畳, 縁側づたいにまいるのだ間違えては, 縁側づたいに呉羽之介, 縁側づたいに土足の跡, 縁側づたいに挨拶に来た, 縁側づたいに敷居際に坐り, 縁側づたひに書院へ足音, 縁側てんかんっての, 縁側とざしきはあかり障子, 縁側とに集まって, 縁側のだ, 縁側なぞ時代つき, 縁側なぞを歩いて, 縁側などであろうか, 縁側にかかつて居る, 縁側について出ようと, 縁側にて象棋さし, 縁側になつてゐた, 縁側にまで出て, 縁側のむこうには, 縁側ばかり歩いて, 縁側へは一跨, 縁側まて行燈を, 縁側みたいなもの, 縁側よりのところへ, 縁側よりも庭の, 縁側らしい処で, 縁側をめぐって秋蘭の, 縁側カラ見テルワヨ, 縁側カラ庭ヘ下, 縁側カラ落チヤシナイカト心配デアル, 縁側には大, 縁側までガラツ八, 縁側付きの座敷, 縁側から善光寺辰, 縁側其處には雨戸, 縁側唐櫃の側, 縁側に立掛け, 縁側座敷臺所と氣, 縁側或は座敷から, 縁側散歩は留められません, 縁側柴折戸等に対しいふべからざる, 縁側梯子でも掛け, 縁側次に女文字その, 縁側沿ひに, 縁側の雑巾, 縁側続きなんだ, 縁側華奢な手摺, 縁側越しに隅田川, 縁側の糸瓜, 縁側近く來て挨拶, 縁側近く四つ五つ実を持つた, 縁側近く四つ五つ實を持つた, 縁側近く端居して, 縁側重い釣瓶の, 縁側障子欄間天井等の角度