青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「縁~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

緑~ 緑色~ 緒~ ~線 線~ 線路~ 締め~ 編輯~ 練習~ ~縁
縁~
~縁側 縁側~ ~縄 縄~ 縞~ 縦~ 縫~ 總~ 繁昌~ 織田~

「縁~」 9589, 104ppm, 1041位

▼ 縁~ (2385, 24.9%)

131 下に 85 下へ 83 下の 60 下から 44 下を 40 遠いもの 29 眼鏡を 25 ないもの 23 上に, 下で 22 端に 21 方へ 14 上へ, 下は 13 あるもの, 下には 12 ないこと, 柱に, 端へ, 障子の, 障子を 10 上から 9 ある人, 下まで, 下や 8 あるの, 下にも, 下も 7 ない話, 方に, 端から, 近いもの

6 [12件] ありそう, あるところ, ないの, ない人, ない人間, 上で, 下では, 外へ, 所に, 隅に, 障子が, 雨戸を

5 [13件] ある方, ところに, ところまで, ない方, ない者, なかった, なさそう, 上の, 上を, 下か, 外に, 方から, 眼鏡の

4 [14件] ある日, ないわけ, ない世界, 上には, 下が, 中に, 戸を, 板を, 段が, 深いもの, 畳の, 籐椅子に, 薄い方, 近い者

3 [42件] あつた, あること, ある事, ところへ, ないよう, ない事, ない処, ない暮し, ない男, なさ, はしに, ほうへ, ような, 下, 下からは, 下だ, 下でも, 下とか, 下にでも, 下へでも, 下より, 先, 切れて, 外から, 戸は, 方へと, 柱にも, 無い事, 端を, 糸に, 糸の, 糸は, 路を, 近くに, 遠いよう, 遠い方言, 遠い物, 遠い生活, 隅へ, 障子に, 雨戸は, 高さ

2 [116件] あるよう, ある不思議, ある人間, ある土地, ある家, ある文字, ある私, ある者, ある証拠, うすいの, すぐ下, つながりが, ないところ, ないやう, ないレエン・コオト, ない他人, ない別, ない呑気, ない商売, ない土耳古石, ない場処, ない教育, ない方面, ない昔, ない概念, ない畳, ない處, ない魂, なからめ, ねえこと, はじまりで松王様, ものなら, やうに, ように, 上まで, 上も, 下あたりで, 下と, 下などに, 下物置の, 人々の, 人の, 切れた所, 前に, 前へ, 厚い底, 叔父では, 古いの, 向うに, 外には, 外の, 外を, 大きなる, 定まりて, 家では, 小さな眼鏡, 帽子を, 広い帽子, 廊下に, 廣い, 彫刻を, 後で, 御簾を, 戸に, 故に御, 日向に, 板敷きに, 柱には, 柱の, 欠けた火入, 段祝着に, 深いの, 深い事, 深い人間, 深い関係, 深かった, 無いもの, 無さ, 畔路を, 石に, 端の, 端は, 端近に, 簾を, 糸が, 糸を, 紐氷柱本末ほそう, 絶つ可, 者を, 艫綱あ, 色を, 薄いもの, 血筋と, 角の, 角へ, 説かれて, 近眼鏡を, 道を, 遠い, 遠いの, 遠い人間, 遠い代物, 遠い地味, 遠い女, 遠い所, 遠い方, 遠い者, 遠くない, 遠そう, 階を, 障子から, 離れないもの, 雨戸の, 霜に, 黄色くなった, 黒ずんだそして

1 [1045件 抜粋] あかりで, あけ放して, あたりに, あったこと, あった田舎, あでやかさも, ありさうな, ありますこと, ある, あるこの, あるすばらしい, あるないし, あるやつ, あるトロミエス, あるミラージ, ある丈, ある三角, ある刺繍, ある地名, ある大きな, ある奴, ある学問, ある小田卷直次郎, ある山, ある帽子, ある御簾, ある月, ある材料, ある模様, ある民族, ある煙草, ある町, ある相, ある神様, ある自分, ある葛, ある親族, ある話, ある身の上, ある鉄, ある雷さま, ある顏ぢ, ある髑髏, うすいこと, うすい方, うちな, うねりその他どう, かかった所, かけた大, かりそめならぬこと, きれいな, ごわり, ささくれ立った目笊, したへと, すれた小倉, そとは, その御真影, そばへ, た, ため早くから, ついた晴紅色, ついた長い, つながりだけに, つながるとき, とおい人たち, ところにも, とほい, ない, ないあらゆる, ないお玉, ないこの, ないつぎ, ないなか, ないむだ口, ないイナリ, ない上り列車, ない人々, ない人びと, ない作品, ない僕, ない優越, ない八百屋, ない剣法, ない半兵衛, ない奥さん, ない存在, ない家, ない小山, ない市井, ない平凡, ない彼ら, ない意気地, ない文化生活, ない新人作家, ない時, ない暮らし, ない未来, ない柵, ない洋服, ない漠然, ない独立, ない理由, ない生活, ない畳一枚, ない眼鼻立, ない科学教育者, ない衆生, ない観衆, ない言葉, ない証拠, ない話題, ない軽薄, ない遊牧民, ない遠いところ, ない遠い彼方, ない野良犬, ない雑誌ゆゑ, ない顏, ない風景, なかには, なくない, はしです, はじまり, はじまりは, はたへ, ひろいの, ふかい名, ふかき甲, ほうつまり, ほうの, ぼやけたもの, まばゆい黒雲, まわり七蔵本性を, もとかく, ものじゃ, ものだ, もみ砕かれた, ゆえに, ようだ, コップは, スイッチを, バイブルは, ペロリと, 一, 一つに, 一を, 一所が, 一端の, 一筋道で, 一部の, 一點, 上すみなる, 上など, 上へと, 上反が, 上気は, 上首もと近く胸打ち, 下あり, 下からも, 下じゃ, 下だけは, 下ぢ, 下です, 下とも, 下などへ, 下なんかに, 下のち, 下へは, 下一杯に, 下廊下隣の, 下深く, 下石材や, 丘の, 中へまで, 中ほどまで, 中柱へ, 中自, 乏しい外国文学, 乾いた土, 二つ目の, 交叉した, 人なら, 伝説である, 何も, 側まで, 偶然の, 兄弟である, 先には, 先まで, 光りと, 公会堂附近に, 内側には, 処に, 凹んだ手水鉢, 出端から, 切れきって, 切れたもの, 切れた人, 切れた兄, 切れた忰, 切れた男, 切れという, 切れめ, 切れめっての, 切れること, 切れ目って, 初めと, 前には, 前は, 力が, 半畳を, 単一な, 厚みで, 古風な, 合せ目は, 向うへ, 周りを, 唐草模様の, 土に, 土坡の, 在所を, 垂れた黒い, 壁に, 外で, 多い場所, 大きな目, 大目金を, 天井うら, 太い眼鏡, 契機を, 女を, 如く互いに, 始まりで, 姿見で, 媒人に, 学界として, 家に, 宿屋に, 将士を, 小川屋の, 小皺と, 少ない父母様, 尽きないの, 尽きましたもの, 巨石を, 幕の, 広い事, 広い昔風, 広い編んだ, 底へ, 庭に, 廊下の, 彼方に, 往来です, 従妹に, 御簾に, 愛着の, 戸から, 所から, 所の, 所へ, 手すりも, 折畳眼鏡と, 押入れが, 揚戸の, 数珠の, 敷居際に, 方である, 方と, 方まで, 日あたりで, 早い売口, 曲角へ, 有ると, 望まれぬ師, 木の, 本に, 材料を, 板に, 板の間に, 板戸は, 板敷きへ, 枯草の, 柱で, 柱を, 格子が, 横は, 欄から, 欄干には, 欄干へ, 欠けた丸盆, 欠けた根ごろ, 欠けた白い, 欠けた茶碗, 正座なる, 歯朶や, 毀れた菓子箱, 水路が, 波形と, 浅い先生, 淋しい処, 深いあばた, 深いこと, 深いので, 深い人, 深い叔父, 深い地蔵尊, 深い学問, 深い小唄, 深い我々, 深い文壇, 深い方, 深い日吉神社, 深い曲輪五丁街, 深い甚八, 深い真言宗, 深い者, 深い雑器, 深かつ, 深そう, 渾沌よりぞ, 源十郎に, 澁さよな, 濃い者たち, 灯は, 無いこと, 無いやう, 無い健康, 無い土地, 無い字, 無い師匠, 無い性分, 無い文字, 無い画家, 無い話, 無い野郎, 焦げるほど, 焼け焦げた窪み, 爛れたよう, 父左衛門尉下野守益之は, 物蔭へ, 狭い頭巾帽, 狹い, 珠, 珠も, 男の, 畳に, 畳を, 疊などが, 痛さ, 目金を, 直ぐ前, 相を, 真下に, 真中の, 真正面へ, 眼鏡その, 眼鏡で, 眼鏡と, 眼鏡は, 眼鏡をは, 石の, 破片は, 硬い処, 突あたりの, 突当りの, 突端に, 立樹を通して, 端つこ, 端と, 端にでも, 端居に, 端納戸の, 竹藪に, 籐イスに, 籐椅子へ, 糸とかの, 糸巻き来る, 紅く腫れる, 細い真直, 結ばる, 結ばれた間柄, 絲は, 絶ちどが, 綺麗な, 緒, 繃帯に, 義, 翳りが, 老眼鏡は, 者が, 聯想と, 色あせて, 色も, 荷庫で, 薄いとは, 薄い人, 薄い星, 薄い筈, 薄い要素, 薄い迷信, 薄くなっ, 薄黒い, 虧けた轆轤細工の, 蟹と, 街道を, 裏の, 見える, 角から, 証拠を, 話を, 赤い黒表紙, 足を, 踏板が, 辺には, 辺りで, 辺りを, 近い人, 近い例えば, 近い小崎, 近い所, 近い芸人, 近くの, 逼らざる, 道也, 遠いこう, 遠いすねた, 遠いそんな, 遠いどこ, 遠いほのか, 遠いやれ, 遠いチャック, 遠いドストイェフスキー, 遠いムラ, 遠い世渡, 遠い丸, 遠い交渉, 遠い人々, 遠い人同士, 遠い他, 遠い保守的, 遠い光景, 遠い古典劇, 遠い商売, 遠い国民, 遠い奥様, 遠い存在, 遠い彼, 遠い御仁體, 遠い性質, 遠い戦勝国, 遠い文芸, 遠い旦那, 遠い未知, 遠い歌舞伎劇, 遠い気, 遠い深窓, 遠い無用, 遠い現実そのもの, 遠い甘いやさしい綿々, 遠い男, 遠い私, 遠い粋, 遠い英国, 遠い話, 遠い身分, 遠い遊び, 遠い野蛮, 遠い関係, 遠かった, 遠きこと, 遠くなる, 部分なる, 鋳物の, 間へ, 闇の, 闇黒へ, 降り口へ, 陽なた, 隅から, 隈が, 際の, 障子と, 障子や, 離れた合理的, 雨戸に, 雨戸一枚障子ばかりを, 雨落に, 雷峰塔の, 青い隈取り, 青畳の, 青簾, 順序によって, 風流雲散せざる, 高い屋敷, 高台から, 鳴板, 麦藁帽を, 黒塗が, 鼻眼鏡の

▼ 縁~ (1419, 14.8%)

79 腰を 45 立って 44 なって 24 出て 23 腰かけて 19 手を 13 沿うて 10 して, 出た 9 引かれて, 足を 6 上って, 立つて, 置いて, 腰かけた 5 つながれて, 佇んで, 深い縹色 4 あがる, よりて, 両手を, 出ると, 坐って, 引かされて, 沿って, 肱を, 近いところ, 近い所

3 [21件] しゃがんで, すが, すわって, つながつて, 両肱, 右の, 因りて, 坐つて, 掛けて, 来て, 沿ひ, 片手を, 立ちて, 立つと, 籐椅子を, 置いた, 腰かけたまま, 臂を, 載せて, 近い座敷, 頭を

2 [72件] あが, あがりて, あがり細工場, あがり見るに, あって, あぶらを, あり, あるシュリイフォオクト氏, おりて, そって, ちよつと, つつましく並べ, つづいて, つながるもの, なった, なりて, なるか, なるの, のぼって, ひかれて, ひざまずいた, 一夜呑まない, 上った, 両肘, 並んだが, 並んで, 付いて, 凭する, 出して, 小さな手, 建てた丸屋, 引かれ図, 彼の, 成って, 我々は, 打込んだ杭, 持って, 掴まりながら, 敷いて, 添って, 湧いて, 白くさす, 皺を, 眼を, 着かないで, 空の, 立ち止まった, 立った, 立つ, 立てば, 端居し, 繋がる私, 繍の, 置き並べたり, 肘を, 腰掛が, 腰掛けて, 膝を, 落ちた, 落ちて, 蠢いて, 行燈を, 近い処, 近く出, 近く座を, 近く晩の, 通ずる粗末, 連らなる, 連る, 頬杖を, 飛んで, 鳴った

1 [848件 抜粋] あがった, あがりかけると, あがり両人座, あがり綾衣, あたった, あった, あった洗面, あてしに過ぎず, あふれて, あらはれて, ありこの, あるからたち, あるの, ある古本屋, ある栗, ある盛り, ある茱萸, いた, いた三人目, いた次男, いた阿性房, いろんな申し込み, うすいと, うずくまって, うち付けながら, うつ伏して, おつきに, おどりあがると, おもち, お上さんが, お前さんに, お願, かかったが, かかるが, かけたなり, かけたり, かけ上り懐中, かけ四本, かけ夜会服, かじりついた, かたまって, きて, こすり付けられた, これからお, これも, ごく硬い, さした人柄, さし置く, さす蝶, しがみついた, しがみついた指先, したが, しっかとつかまっ, しつかりついて, しゃがみあって, しゃがみ込んで, じっと凭, じりじりと, すがって, すがり松琴尼, すらりと, するため, すわったこと, せっかくこうして, ぜひ一手, そっと手, その大きな拳, それでも形, ぞくぞくと, たって, たまった, たれ下がって, ちと御来, ちょいちょい伺う, ちよい, ついた, ついて, つかまったまま, つかまったまま身体, つかまり頭, つきつけられて, つくこと, つけなかったの, つけ入って, つつましく腰, つながりなく, つながるわれ, つながる叔父, つながる多く, つながる家族ら, つながる尼御前, つながる彼, つながる治右衛門, つながる者, つながる者すべて, つながる身寄り, つながれたる人情, つまり一つ, つり下げしば, どうぞ, どうぞ暫くこれ, どうにかし, なったの, なった所, なった石, なつた, なつてか, なにかガヤガヤ, ならびぬ春, なりその, なりましょうとは, なる, なるもの, なる角, にじり寄つて, のせたて, のせ上げて, のぞきだして, のぼらせた, のぼる, はい上っ, はたきつつ, はだけた胸, ひっかかって, ひどく押しつけられた, ひょいと飛び上る, ひろげられたその, ふきまくる山風, ふり撒くの, ぶつかって, ぺたりとすわっ, ほの, ほろりと, ぼかしたらしい美しい, ぼんやり腰, またお越し, また遊び, むかった障子, むすばれた秀吉様, むれゐる蛙顏, めぐまれず空しく, めぐまれぬこと, もたせかけ脚, ゆとりの, ゆるる雨, わずかな, ゐた間殆, ゐて, カチリと, スイッチを, ズラリと, チユーリツプの, ドカリ, 一人の, 一塊り, 一層また近しく, 丁と煙管, 上がった, 上がる, 上つた, 上り井戸縁, 上ると, 上体を, 下ろして, 両腕, 中つて土間, 乗ったなり, 乗って, 乾して, 二世ある, 二人の, 五寸ぐらいの, 人間一人隠れ, 仆れ, 今だに, 今後は, 今晩特定の, 付いた座敷, 付け是, 仲よくせい, 仲よく肩, 似たり, 低く居た, 住み目, 住んで, 何分お引き立て, 余白が, 依って, 俳優と, 倒れたの, 倒れて, 倚った, 倚りかかっ, 停めたその, 先刻泣いた, 入れて, 兩腕を, 再びどっかりと, 凍りついた大根剥, 出す芋, 出ず左折, 出たばかりの, 出づる, 出で, 出でて, 出ますと, 出ようと, 到か, 前髪立ちの, 副う, 勾欄の, 十八九の, 厚い芥, 取った紫, 取りついて, 受けて, 叩きつけて, 吊した三つ, 向いた暗い, 向いた部屋, 向ったところ, 向っても, 君と, 吹き上げた, 唇を, 四人で, 因って, 土の, 坐するに, 坐ったが, 坐つて溝渠, 坐る, 坐るの, 埋めて, 変りは, 大きい花模様, 大きなよろこび, 始めたの, 孫だき, 孫の, 寄せ掛けて, 寄った隅, 寄り私, 寄添い一人, 寝床を, 将来は, 小さい鳥籠, 小孔, 居ずまいも, 居った男達, 届いて, 崩れる, 嵌まって, 差置いた湯気, 帯びて, 干して, 幾本か, 床几を, 座を, 座蒲団を, 建って, 建てたもの, 引いた山清水, 引かれたの, 引かれ父, 引き寄せられて, 引懸かっ, 当ったに, 当って, 当つて, 当る四周, 当ろうなどとは, 影が, 彳みつ, 彼女と共に, 彼女は, 往くに, 従うて, 從つて一念頓に, 応ぜざれば, 息を, 憂いの, 憩うて, 所々金色を, 手前どもへも, 手拭を, 打ちつけて, 投げ, 投げ出した足, 投り出した, 押しつけられたり, 押当て, 持ち出して, 持出し私, 捉まりながら, 捨てて, 控えて, 支いて, 敲きつけると, 敷物までも, 旅の, 明るい日, 普通の, 曳かれて, 有料の, 有明荘という, 朝顔の, 未し, 杖を, 柔な, 柵矢来が, 棒立ちです, 植えた球根, 横たわる躯, 欄干の, 止められた, 残った涙, 水鉄砲を, 江戸へ, 沿いて, 沿うた連子窓, 沿った座敷, 沿つた里道へ, 注ぎこむ, 流れた蝋, 浮いて, 消えざる, 深い溜息, 深まり末代, 添つて流れる, 湛えて, 滴たる, 灯を, 燐光を, 爪の, 物の本を, 牽かれて, 狭小な, 現はれた, 生えた山葵, 生え出し草, 生ずる雑草, 留つた蠅が, 異様な, 當つて鹽の, 発見した, 白い輪, 相觸, 真裸で, 着きその, 石を, 石片や, 私は, 穴あり, 空色の, 突いて, 突っ立ち狙い, 突っ立っ, 突つ伏し, 突裂かれ, 立ち, 立ちいでた鉄斎, 立ちどまりました, 立ちました, 立ち並び, 立ち出, 立ったお姫様, 立ったまま, 立った大次郎, 立った私, 立ってるの, 立ってるよう, 立つた, 立つ二人, 立てかけて, 立てた懐鏡, 立てトキ, 立掛けた板戸, 竝ぶ, 粗鋸歯, 紅でも, 細鋸歯を, 結ばれて, 維がる, 綺麗な, 縁を, 縋りながら, 縛られること, 縮めたまま, 繋ぎ止め, 繋ぎ置け, 纏はれ, 置かれた手, 置かれて, 置き, 置くと, 羊を, 翳して, 聳え立った五層, 肉の, 背を, 胡坐を, 胡踞かく, 腕ぐみを, 腰かけさも仲よく, 腰かけながら, 腰かける, 腰かけ大きな, 腰かけ話し去る, 腰掛け翼, 腰掛け背中, 腹這いに, 膝まずい, 膠着さした, 自由をこそ, 花蓙が, 茂つた草が, 茫然と, 萠え, 落花が, 葡萄や, 薄い子, 薄く口, 薄黒い, 蚊遣の, 螺旋条を, 蠢めい, 見えると, 見せて, 觸る, 觸れ, 赤い斑点, 赤い水玉模様, 赤い糸, 起ちました, 跼みまして, 踏みとどまらんと, 踏込みながら, 踞んでひどく, 蹲ってる筈, 蹲んで, 身を, 転がって, 軽く肱, 辿りつくと, 辿り着く, 近いほど, 近い座席, 近い梧, 近きところ, 近くそれの, 近くはえた, 近く下す, 近く出る, 近く野山の, 近づいたとき, 近寄って, 近寄りきは, 迫られて, 迷いは, 這い上がった, 連なる良, 遇へば, 遊びに, 道路が, 違いない, 違えござんせぬ, 遮られて, 酷い姿, 重や, 野菊や, 釘づけ, 釣棹と, 鈴成り, 銃の, 鋸歯状の, 錐にて, 鐺を, 閃めかす, 閊えて, 附いた血潮, 雁首を, 集つて休ん, 雲雀の, 震えて, 頤を, 頬杖つい, 顔を, 飛びついたが, 飛び上がりそれ, 飛び上ったの, 養へり, 首を, 馬乗提灯を, 高氏は, 鵜が, 麻の, 黄な, 黄金色の, 點し

▼ 縁~ (1102, 11.5%)

42 切って 18 引いて 12 とつた 8 下りて, 廻って, 歩いて 7 たよって, 切ったの, 結んで, 赤くし 6 伝って, 求めて, 越して, 辿って, 離れて 5 たどって, まわって, 切ること

4 [13件] つけて, ひいて, 切つた, 切ろうと, 取つて, 叩いて, 断って, 結ぶこと, 結んだの, 縫って, 通って, 降りて, 頼って

3 [16件] おさえて, つかんで, もって, 上って, 切った, 切ったつもり, 切るから, 引いたもの, 打った, 拭いて, 絶って, 行ったり, 走って, 越えて, 降りる, 離れた

2 [58件] あげて, きって, たたいて, つけたよう, つないで, とって, とられた離れ, むすんで, グイと, 上ると, 人に, 伝つて行く, 伝ふ, 借りて, 切ったよう, 切ったん, 切りましたが, 切ります, 切り揃えて, 切る, 切るぞ, 切ると, 切るなど, 切るの, 切るわけ, 切れば, 取って, 口に, 叩いた, 叩きながら, 右の, 嘗めて, 回って, 大笠, 庭へ, 持って, 攫んで, 散歩し, 敲くトタン, 曳いて, 樺に, 歩いた, 歩くこと, 残して, 滑らぬやう, 真赤に, 結ばせて, 結ぶ人, 結んだ, 航海する, 言ふ, 語ると共に, 説明する, 赤く染め, 隠した, 離脱し得ない, 頼りに, 飛び下りて

1 [717件 抜粋] あが, あがつた, あふれて, あるいて, いじくって, うつくしい褄, うらまねば, おさえつつ, おさへて, お求めなさるべく, お米, かがって, かけまわったが, かけ降りる, かこち合った, かんかん叩い, きしませて, きつて, きる, きること, きれと, ぎざぎざ彫っ, くけたよう, くみし事, こ, ここで, こつこつ叩いた, さすって, さびしげ, しきりに指, しっかり守っ, しっかり掴ん, しゃくッた, すっかりとりかこん, すべりおちて, するする二三度, ずうっと, ずしずし踏み渡っ, ずり直っ, その方, た, たたいてる音, たたく煙管, たたれたった, たど, たどつたこと, たどりここ, ちょいちょいと, つかみ井の上, つくった丸い, つけたの, つけた大きい, つたって, つたわって, つづけるよう, とおして, とったよう, とった円座, とった灰色, とった野袴, とった額, とった黒い, とつて, とびおり短剣, とりて, とります, なして, なめるの, のぼって, はしって, はたきながら, はなれず井戸端, はなれて, ひくもの, ひと廻り, ひらひらさして帰っ, ひらひらさせ, ふつり, ふり顧, ふわふわさせ, ぶら, ぶらぶらし, へだてた庭, へだてて, ほんのりさせ, ぼつと, ぼんやりと, まごまごしてる, またぎその, まはつ, まわりこんで, まわり馬の背越, みれば, むすばしむるわざをなむせられける, むすぶに, むすんだこと, もうそろそろ病人, もう一度繋がせる, やけに, ゆすぶって, ゆるゆると, よく見, よろけて, スッと, スレスレに, ピアノの, ブラブラし, ボッと, 一回りし, 一羽の, 丁と拍, 上がって, 下へ, 下りたの, 下りた道庵先生, 下りました, 下りる時, 下ろしました, 不人情とも, 両掌, 中心に, 乗り越えて, 二人三人の, 五六歩すすん, 人家の, 人情で, 付けりゃア, 代表する, 伝いながら, 伝い伏見, 伝うて, 伝わって, 住処と, 作ったに, 作ったの, 借りると, 偃松や, 傳ひ, 先に, 免れざりしにや, 八重に, 凝と, 出雲にて, 切っから, 切ったおまえ, 切ったとは, 切ったもの, 切った以上, 切った形, 切った積り, 切っても, 切つて, 切つてもらはう, 切つてゐる, 切つて出, 切つて出る, 切つて生涯物を, 切つて田舍へ, 切らさないので, 切らされたの, 切らせて, 切らないで, 切らなければ, 切られて, 切られても, 切りえずに, 切りたいと, 切りたいの, 切りますだけ, 切ります諦めますと, 切り京大阪, 切り今度, 切り直ちに, 切り社会的階級, 切るぜ, 切るぞぐらい, 切るため, 切るという, 切るなんて, 切るよう, 切る二年越, 切る様, 切れって, 切ろう, 切ろう言葉, 刎ね, 刻んだ葉, 削つたり, 力に, 加えたくは, 動かして, 匐い廻る, 匐って, 危く縫っ, 厭ひたり, 取ったの, 取ったもの, 取った宝石, 取った新しい, 取った洋傘, 取った緋, 取った胴衣, 取った野袴, 取った門内, 取った鼠色, 取つた, 取つたやう, 取つたリラ, 取つた横, 取られ濃やか, 取りまいて, 取り逃したらもう, 取る森林, 取持っては, 可惜, 右へ, 同じうし, 吹き巻いた, 啜って, 嘗めながら, 嘗めると, 囲繞て, 圧え, 壁の, 夕方私が, 妨ぐる魔縁にも, 嫌うと, 射た弾丸, 将軍夫妻に, 尋ねて, 小半日も, 少し打ち欠い, 尾い, 岸本の, 川へ, 巻いて, 巻くの, 幾曲り, 広く張出し, 廻ったと, 廻りま, 廻ると, 廻わ, 弄つてゐられる, 引いた山, 引いた親類, 引き下げた帽子, 引き倒すのに, 引き陰, 引く語, 引っ張るため縁, 張れ, 彼が, 往来した, 待ちましょうね, 御求め, 忽, 思うべきであります, 思って, 恃む気持が, 悔いたこと, 感じあえよ, 感じますもの, 截って, 打ち缺, 打って, 払い, 投げ捨て寸陰, 折り曲げて, 択んで, 押えて, 押へて, 拝借させ, 拭いたり, 拭いてる様, 拭きながら, 拭って, 持たせて, 持ちたり, 持ったもの, 持った人, 持つ, 持つとか, 持つ軽, 持てば, 指で, 指先で, 指頭で, 捜して, 捜しに, 捲って, 掃除する, 掴み一方, 掴んだ, 握りしめながら, 摩って, 撫で, 撫でて, 撫でながら, 撫で廻したり, 撫で廻して, 擦って, 擦りながら, 敲いた, 敲かなかった, 敲き始めた, 断ちきること, 断ちます, 断ち切つて, 断ち呉, 断つて, 断つ仕掛け, 断られて, 新内の, 斷たんと, 時々に, 曲って, 有つ, 杖つきながら, 果すべく結ばれて, 欅で, 欠いた花瓶, 歩きつくした所, 歩き出した, 歸つた, 歸つたらう, 残した美しい, 水田が, 求めたもの, 求めなくとも, 求めると, 汽車は, 泳ぎまわって, 浅葱に, 浅黄に, 消しながら, 深く垂らし, 渡って, 溢れる水晶, 濡らさない用心, 濡らした儘, 焼きたるさま, 照らして, 猿の, 生じたよう, 異にし, 異にす, 目深く, 直角に, 眞つ, 私は, 突き当って, 立ちそして, 立ち去って, 箸で, 紅くした, 素足で, 細い路, 組まず況, 組みたいの, 組むこと, 組んで, 結ばうと, 結ばせたもの, 結びしかば, 結びし後, 結びたいという, 結びたい気, 結びましたが, 結びやすい, 結ぶため, 結ぶと, 結ぶの杉, 結ぶを, 結ぶ前, 結ぶ折, 結ぶ時分, 結べぬ掟, 結べば, 結べるなり, 結ぼうという, 結んだあの, 結んだこと, 結んだといふ, 結んだばかりに, 結んだらの, 結んだ人間, 結んだ女, 絶たれた名ばかり, 絶たれて, 絶たれても, 絶ち, 絶ちまた, 絶ち近頃, 絶ち音楽, 絶ったが, 絶ってまでも, 絶つこと, 絶つては, 続けて, 縄の, 縫いながら, 縫つて呉れた, 繋ぐべきもの, 繞らす, 纏めたいと, 置いて, 脱し共に, 脱すること, 舐めて, 茂らせて, 薄くした, 薔薇色に, 藉り, 行きかいする女, 袖で, 裁たない書物, 裁つくらいの, 裾の, 西瓜を, 見て, 覗いて, 言う物語, 詳しく人, 語ったもの, 語り子持ち山, 語るところ, 語るの, 説いたもの, 説いて, 説くもの, 説く寿詞, 説く所, 諦めよと, 負ひ持つた, 赤くした, 赤く染めた, 赤く隈, 赤らめその, 走ったり, 起すため, 超えた世界, 越えること, 越した, 足で, 趾指で, 跳び下りた, 跳び降りて, 踏み両, 踏む頃, 踏んで, 軽く圧, 輝やかせ, 辿り小笹原, 辿るの, 辿れば, 近づいて, 述べた, 逃がしてはと, 逃して, 逍遙しました, 這, 這って, 通ずるなり, 通ったり, 通つてこの, 通つて北側の, 通りかけた尊氏, 通りながら, 通過する, 進んで, 運ばれて, 遮るは, 遮断し, 酔っぴて幼児, 里へ, 重ねるの, 重ねる者, 野兎が, 鉄板で, 錫で, 附けた廣告, 降りた二人, 除いて, 陰影が, 際立たせたら西洋, 離れさえ, 離れたかと, 離脱せざる, 青年くさく, 顧みた, 顧みて, 飛び下りると, 飛び出して, 飛び降り, 飛んで, 飾って, 高く反り立たしめる, 黒く塗つて, 鼻まで

▼ 縁~ (980, 10.2%)

34 切れて 33 あって 25 ある 17 あると, ない, ないの 16 遠い 15 あるの 14 あれば 13 なかった 11 わから 9 あつて, ありそう, ついて, わの, 深い 8 あったらまた, わに 7 あらば, わへ 6 あるか, あるもの, ないよう 5 ありません, あるから, あるので, あるん, ないもの, 切れては, 繋がって, 見えて, 遠いの 4 あつたら, ありさ, ありませんよ, つながって, 遠くなっ

3 [19件] あったの, あるよう, ございません, とつて, ないから, ないでも, なくて, わを, 切れそう, 切れても, 切れない, 深いと, 私の, 結ばれて, 近いよう, 遠いと, 遠かった, 遠かつ, 遠くて

2 [56件] あったから, あったら結婚, あつた, あります, ありますから, ありますね, ありますので, あること, あるだけに, あるという, あるところ, きれて, ござります, つきて, ないという, ないとは, ないやう, ないらしく, ない訳, なくは, なく何, なく律義, なければ, みるみる紫色, わに出, わに腰かけ, わに腰を, 切れずに, 切れた, 切れたから, 多いところ, 少しばかり, 尽きないもの, 尽きるまでは, 折曲った, 有ると, 有れば, 深うございます, 深かった, 深くなり, 無いの, 無かった, 続いて, 薄い, 薄いの, 薄かつ, 赤くなっ, 遠いが, 遠いや, 遠いよう, 遠いん, 遠くなった, 遠くなり, 離れ過ぎて, 高いから, 高い端近

1 [441件] あいとる, あった, あったあの, あったお, あったそう, あったと, あったという, あったもの, あったよう, あったらいずれ, あったらこの, あったらしいこと, あったらと, あったら千代子, あったら又, あったら父, あったら親しく, あったん, あった方, あっても, あつたなら, あつたらしい, あつて土, あぶなくなる, あらう, あらうか, ありこれ, ありさうな, ありすぎる, ありその, ありましたのね, ありましたよ, ありましたらどうぞ, ありますけれども, ありますのね, ありませんが, ありゃまた, あり木, あり石, あり線香, あり随分, あるあか, あるかと, あるかな, あるかも, あるかを, あるせゐか, あるぜ, あるそう, あるだけ, あるだろうと, あるって, あるでしょう, あるとい, あるとの, あるな, あるならば, あるなら十年, あるに, あるね, あるらしく思われるの, ある他人, ある以上, ある場所, ある大津, ある筈, ある話, あればこそ, あればこそと, あればと, あろ, あろうか, あろうと, あろうとは, うすかつ, うすくて, うすくなつたん, おありださう, おありでした, かくして生じた, きまってから, きまつたの, きまらないそう, きれたこと, きれたと, きれてるん, ぎらぎら輝き, くっつくよう, さわって, しきつめたまま, しつとり, ずっと上, そうさせる, そも, そり返るよう, それぞれ成立すれ, ただかり, たるみ唇, だんだんに, だんだん遠く, ついた吃驚, つき心, つくれば, つながったもの, とって, とられて, とれて, どういう仕, どの川, どんなに深かっ, ないかと, ないが, ないこと, ないつ, ないで, ないです, ないと, ないとして, ないな, ないなら, ないのよ, ないもん, ないよ, ないよりも, ないらしい, ない人間, ない代わり, ない式, ない筈, ない越後屋, ない道家一人, なかったらできない, なかつた, なかつたせゐ, なかつたに, なかつたん, なかつた鰻, なくせいぜい, なくどんなに, なくな, なくなった, なくなって, なくなってから, なくなつた, なくなりましたよ, なくなるよう, なく年中苦労, なく恋愛小説, なく消費者, なく私小説, なく絵, なく許嫁, なく遠い四国, なく雨樋, なさ, なささ, なさそう, なさ過ぎたという, ねえが, ねえなあ, ねえん, ねばるよう, はで出くわした, ひどく油あか, ぴよこんとへこんでやがんのさ, ふかい話, ほしいと, ほんのり汗, ぼうと, ぼろぼろに, ぽっと赤く, まさにくちびる, またどこ, まとまった, まとまったので, もしありましたなら, やはりある, やや凹ん, やや紅く, よいの, わからは, わからはい, わから飛び下り一目散, わで, わにいつも, わにお, わにでも, わにと, わにどんと, わにの, わに両手を, わに坐りこむ, わに降り, わへと, わまで, キャベツの, キラと, ギザ, ズタ, ハイカラな, ヒリヒリしました, レースの, 一パイに, 一方に, 一番に, 一筋白かっ, 三日と, 不思議でも, 不思議の, 両耳, 久しいの, 井伏さんの, 今の, 付くか, 付けられて, 低く土堤状, 備つてゐる, 内方に, 円くひろがっ, 円く盛り, 凄じい, 凹んだところ, 出来たの, 出来たので, 出来て, 切れたこと, 切れたせい, 切れたその, 切れたって, 切れたつもり, 切れたと, 切れたという, 切れたとは, 切れたね, 切れたの, 切れたら冥土, 切れた形, 切れた感じ, 切れちまったもん, 切れてから, 切れてるから, 切れなきや, 切れました, 切れますやう, 切れる, 切れるおまえ, 切れるの, 切れるわけ, 切れん, 切れ会社, 切れ日本, 切れ金吾, 前生から, 加わるので, 取って, 取付けられて, 名に, 唇に, 唇を, 四方を, 地球の, 多い, 多いよう, 契の, 定められて, 導くの, 小幡氏一流の, 少し焦げ, 少し煙っ, 少し紅味, 尠く, 尭孝から, 尽きたとき, 尽きぬの, 尽きましたとき, 幽かに, 広いから, 張り出されて, 当分切れた, 御座いません, 思い出に, 成立する, 折曲りに, 挙ったの, 摺れて, 放れて, 断ち切れなかった, 新七, 日に, 暈っと, 有って, 有らあ, 有りそう, 有りません悪い, 有るだね, 有るん, 木の, 本郷の, 来ぬ, 果して都合, 染まって, 極ります, 欠けて, 次第に細く薄く, 殆と, 段々に, 水に, 永久である, 洗われるわけ, 浅くない, 涙で, 涼しく油蝉, 深いとかいう, 深いの, 深いよう, 深いらしい, 深くこれ, 深く仏事法事, 深く新, 深そう, 深ぶ, 清楚に, 濃いでありましょう, 火に, 無い, 無いこと, 無いで, 無いと, 無いといふ, 無いのに, 無いわけ, 無い事, 無い代物, 無くて, 無くな, 無く甘いもの, 無ければ, 熟したと, 特に白く, 甚だ遠い, 生じこの, 目頭の, 眼前に, 破談に, 突然道路, 納まると, 結ばれた, 結ばれたの, 結ばれる, 結ばれるならば, 結ばれるに, 結ばれるまで, 結べて, 結べれば, 絡んで, 絶えず青空, 絶えたかと, 絶えたの, 絶えて, 絶たれて, 縁から, 縁縫いを, 繋がりお前さん, 繋がれぬその, 繞って, 纏まるよう, 纏まる迄には, 缺けて, 自然待っ, 落ちるやら, 蒼くつて, 薄いこと, 薄いので, 薄い人, 薄い生れぢ, 薄うおす, 薄かった, 薄くしかも, 薄くつて, 薄くなっ, 薄くなる, 薄く一般民衆, 薄く弟子, 薄く彼等, 薄く父上様, 薄く甘いもの, 薄く足掛二年, 薄赤い, 薄黒く, 蛇が, 褐色に, 見える, 見る見るうるみ出した, 豊かであった, 赭く, 近いとは, 近いの, 近いので, 近いわけ, 近い人, 近すぎ, 近づいて, 通り雨戸, 遠いけれど, 遠いぜ, 遠いとは, 遠いな, 遠いに, 遠いもの, 遠いやう, 遠い人間, 遠い様, 遠い男, 遠うご, 遠くただ, 遠くどちら, 遠くなります, 遠くなる, 遠くまた, 遠く下宿, 遠く全く, 遠く兼松, 遠く見える, 遠けり, 遠過ぎた, 遠過ぎます, 遶って, 重うございます, 重って, 鋸の, 際立って, 離れて, 離れないの, 青で, 鳴ると, 黄いろくな, 黄や, 黒くなっ, 黒く中, 黒く眼瞼, 黒ずんで

▼ 縁~ (333, 3.5%)

38 出て 22 腰を 12 出た 10 手を 7 来て 6 出ると 5 上がって 4 持って, 腰かけて 3 出た時, 足を

2 [11件] かけさ, また腰, 上って, 出たところ, 出る, 歩いて, 立って, 肘を, 膝を, 行った, 赤く花模様

1 [197件] いきなり建物伝い, かかった, かかったの, かけさせて, かけた, かけて, かけフーッ, かけ片手, ぐっと踞んで聞込む, ぐつと, ごろりと横, さしいれた, さしかかったの, しがみついた儘反吐, しがみついた面, しがみつくよう, すすんだ, するすると, その手, たたずんだが, たつた, ちょいと, ちょっと手, つか, つけ目を, でた, でて, とって, とびあがった, とび上がったが, にじり出て, のしかかり沈んで, のぼって, はいって, はみ出るくらい, ひきこまれるに, ふたつに, ほうり出して, またも煙管, みちびいた, もどると, やった, よじ上ろうよ, よっかかりました, ズクリと, ズラリ並ばせた, ドッカリと, ポツリと, 上がり足, 上った, 上つて蝸牛の, 上り立てて, 上り込んで, 両手を, 両方から, 両肱, 並べ初めた, 乗せて, 乗りかかって, 乾しました, 供養と, 倒れました, 先ず伏せた, 出つぎ, 出で, 出ました, 出ましたけれど, 出られて, 出るだから, 出現し, 出雨戸, 切れて, 前の, 十手を, 半分ほど, 危なつかし, 叩きつけてばかり, 叩きつける様, 向かって, 坐ったまま, 坐らせまして, 大声を, 寄って, 寝た, 尻餅, 差置くと, 座布団を, 廻って, 廻り二間, 引きよせながら, 当てると, 彼は, 往って, 懸けて, 打っつけたり, 投げ付けられるを, 投げ出したり, 押しつけられます, 持つて, 指を, 振向いて, 掴まったまま, 来ました, 来ると, 横に, 止まったの, 歩みを, 歩み寄った時, 水を, 渡して, 游いで, 溢れる湯, 煙管を, 片手を, 片肱, 現われて, 登って, 移して, 突張って, 立ち現われた, 立った, 立ったまま南天, 立った始末, 立出で, 笹村は, 細長い板, 置くなり, 腰かけた, 腰かけた丁寧松, 腰掛けて, 臨みながら, 茶器を, 菅笠を, 落ちた, 蒔絵の, 行きついた時, 行って, 行つて死骸を, 裾が, 西日が, 誘って, 赤く織り出した, 赤緒の, 走り出たが, 走ろうと, 起って, 起つ, 跨ぎ越えられるほどに, 跳び上がって, 踏み出した, 蹴落し縁, 躍り上がり斬り付けた, 身を, 車が, 転がり落ちました, 軽く手, 載せ首, 迎えあげて, 近い所, 近づいて, 返って, 追いつめられる, 追迫られる, 退りかけた, 這いあがって, 這ひ上がり, 這上った, 遁げた, 遁げた洋服は, 適中した, 酔った体, 降りて, 降り立って, 雑木の, 青や, 響いて, 頭を, 頸窩の, 顎を, 顔だけ, 颯と酔, 飛び上, 飛び下りた拍子, 飛び出したかと, 飛んだ唾, 飛んだ駒, 飛縋った, 首を, 駈けあがった, 駈けより, 駈け上がり五郎蔵一家, 駈け上った, 駈け上り座敷, 駈込むほどの, 高, 鬱金の, 鰹節を

▼ 縁~ (309, 3.2%)

3 此の, 私は

2 [12件] あらうと, お目, この人, その町, それに, それは, もって, 二人は, 今は, 煙管を, 煙草の, 私の

1 [279件] あたしあの, あなたから, あなたが, あなた様と, あの女, あの村長, いう, いっしょに, いまさらのがれる, うるんだ春, おかめ, おざんし, おじゃるが, おつれ, おなじ人, おまはん, おめにかかること, おれの, お休み, お出入, お前方, お呼び寄せに, お母さん私は, お賤, お身支度, お近づき, お金も, お高, かこう, かれら二人, がんす, がんすから, こうした関係, こうしてお手伝い, こうして世話, こうして君, こうして私, こうやっ, こして, こっちも, この柳生家, この男, この白骨, この連中, これまでに, ござりました, ござりましょう, さっきの, さア, したしくなった, しばらく男, ぜひ源三郎さま, そのご, その妹, その娘たち, その当時, その歯入れ, その男, その突当り, その者ども, それからあなた, それから桟橋, たたき割って, だからあちこち使い走り, ちゅちゅと, ちょく, ついこの間, つい二, とにかくここ, とんと叩い, どうぞお伴, ね, はねて, はるか下に, ひとりの, ふいと, ぽんと, また拝, むすばって, めぐりあうこと, もらしたこと, よく甲斐絹, わたくしも, コトコトと, コンコン鳴らし, デスマスクは, ホテルへ, 一しよ, 一人の, 一時借用なぞという, 一緒に, 七八人の, 丈つながっ, 三筋町が, 不問に, 不束なる, 世にも男らしい, 主家を, 二人の, 仕方なし, 以来は, 伊達藩の, 休む昼食, 休んで, 休息ん, 会った女, 会ふ, 佐々の, 佐兵衛は, 何か, 何でも, 何とも心, 何の, 何者かが, 俺が, 借りるもん, 八畳の, 再びこの, 出家専修した, 削りとられるので, 前川の, 勝子が, 包んで, 北条の, 半ば隠され, 却ってだんだん唄う, 去年の, 去年静岡へ, 取引する, 取附きが, 古新聞, 同気相求め, 唇を, 唯今では, 啼いて, 国造神賀詞奏上に, 坐禅を, 大尽の, 大根を, 妹に, 始終あなた, 娘達に, 嫌とは, 嬉しい秋ちゃん, 孔子の, 学校の, 家主と, 家内の, 島田様に, 左膳と, 座敷の, 座禅に, 庭の, 庸三を, 強いた結婚, 御堂の, 微笑し, 心が, 思い寄らず, 急に, 恋しう成りいつ, 惣次郎方の, 憂しに, 懇意に, 手を, 手水を, 抵抗する, 捉えて, 揉み合ったまま, 描いた畫, 支倉も, 散髪を, 敲いて, 文藝春秋に, 斯う, 旅僧の, 日なたぼっこを, 早くから文通, 明りは, 曹の, 未亡人から, 本を, 本邸を, 机に, 来た私, 来世で, 東国へ, 構内に, 止まって, 此の度は, 此れ, 毎晩斯う, 水街道から, 江戸で, 江戸の, 江木衷博士夫人と, 沢山な, 河の, 河内の, 洗濯女の, 津の, 浅葱色の, 浜田屋へも, 涼んで, 濯ぎ物を, 瀬尾家に, 無償の, 無理に, 焼木杭, 燻べ初める, 猿は, 玉井さんの, 田中館博士に, 田口卯吉氏に, 目撃した, 直介, 眺めて, 眼前に, 知己の, 短期の, 石の, 砕ければ, 私が, 私と, 私も, 突くの, 笹の, 米友は, 粥河氏よりの, 紀淑雄先生から, 結ばれた共同戦線, 結ばれた夫婦, 結びつけられて, 繋がれて, 聞えた, 膝を, 自分の, 自動車王の, 茂太郎を, 草花の, 荒い山路, 袖摺り合う, 視め, 覺えた, 角行様は, 言ふ, 話すタバコ, 語らい合って, 謙蔵を, 足を, 辷って, 途中まで, 連に, 遊ばせて, 遊んで, 道づれに, 道路を, 酒を, 酷く懇意, 金五郎の, 釣糸を, 銀杏加藤の, 鎌倉にも, 長い煙管, 長く知遇, 長浜の, 長野と, 階下は, 障子が, 頭を, 顔なじみに, 飛, 飛とび, 馬車馬の, 駕を, 髪を, 鮎川を, 麦酒を, 麻川氏を

▼ 縁から~ (249, 2.6%)

9 庭へ 5 腰を 3 垂れて, 庭下駄を, 突落され, 縁を, 降りて, 離れて

2 [12件] して, ひらりと, 上って, 下へ, 下りて, 座敷へ, 白い手, 穴倉の, 立って, 足を, 身を, 飛び下りて

1 [193件] いいまして, いえば, いざり寄られた, おあがりなさっ, ころげ落ちて, さがって, しみ出すよう, しゃがれ声, すうっと, すぐに, そう何十間, そっと忍び込ん, そつと, その片割れ, だらんと半身落ち, ぢき, つき出した, で, とびおりました, ねらひを, のぞいて, はいって, はがれて, はずれ彼, はみ出させ崩れた髪, はみ出して, ぶら下げてる足, まわりに, わが身を, スラリと, ダラリと, ユラリと, 一インチ半ばかりの, 一二尺位な, 一尺許り, 一緒に, 三フィート入った, 三寸ほど, 三尺ばかり, 上がらせた, 上った山城守, 上へ, 上手へ, 下って, 下り塚, 両腕, 乗り出しあわや, 二尺ばかり, 人が, 仰いで, 仰がれるくらいに, 仰がれる位, 伊織の, 伐る, 僅かな, 元旦大晦日に, 入って, 六畳の, 冷たい夜風, 出して, 切り放されて, 前の, 劉辟, 勢いよくころげ落ちる, 北窓へ, 十坪ばかりの, 半身乗出した, 取りは, 取り除けて, 古今の, 可愛らしい唇, 吹いて, 吹き込む夜更け, 呼びかけるはっきり, 呼んだ, 土間へ, 外に, 外へ, 大屏風, 天然の, 天竜川に, 奥の, 子どもたちを, 宗祇が, 射し込む美しい, 射す明り, 射す未, 小さな反り橋, 小川へ, 小縁, 少し坂, 少し遠のき, 峠に, 川洲へ, 差覗いた, 幾分下方, 底にかけての, 庭づたいに大刀を, 庭に, 庭先が, 彼は, 彼一流の, 後へ, 徐々に垂直, 微塵が, 急な, 或日, 手を, 指さ, 振り向いたとき, 採取した, 携えて, 数多の, 斜めに, 日が, 明け放れた, 明取りの, 春草の, 板塀の, 次第に掘り拡げ, 正面に, 此へ, 泉までは, 波打つ長髪, 流れの, 深く附, 渡り廊下で, 溢れて, 溢れ出る湯, 溢れ落ちん, 犀川の, 狭苦しい路地内, 玄蕃は, 田へ, 眺めて, 眺められる距離感, 私の, 突き出して, 突き落されて, 突き落とし自分, 突落し, 立ち上りました, 立つ時, 縁つづき, 縁へ, 自在鍵, 舟を, 茶室に, 草履を, 落さない程度, 落ちこみそう, 落ちた, 落ちた新造, 落ちて, 表の, 見おろして, 見て, 見るこの, 見ると, 見上げると, 観音堂の, 谷間を, 起こりただ, 跣足で, 跳びのいた, 蹴落した西行, 蹴落し出家入道, 蹴落し出家遁世, 蹴落とした, 転がり落ちて, 転がり落ちるよう, 転び下り, 転落し, 通うの, 銀の, 開けて, 阿波守の, 降りかけた時, 降りた, 降り立った, 離れ難い, 雨か, 雨の, 雨滴が, 雨落に, 青い顔, 顔を, 飛びおりるが, 飛び下りた, 飛び下りた人, 飛んで, 飛出して, 黒い者

▼ 縁~ (246, 2.6%)

81 ゆかりも 10 由縁も 6 あらば 5 ユカリも 3 由緒も 2 あって, あるので, ない, ないなり, なかった, ゆかりもねえ, 浅からぬ, 由りも, 紐も, 苫も

1 [121件] あったんで, あらばと, ありまして, ある, あること, あるぜ, あれば, あればこそ, あろ, うすい, うすれ水分川, おありなさいます, これきりじゃ, これで, これまで, ございますから, それで, それに, たっぷり厚かっ, ついた立派, ないあの, ないが, ないこと, ないこの, ないという, ないところ, ないので, ないのに, ない人間, ない他, ない他人, ない夢聲, ない女王, ない宇津木兵馬, ない廣い都會, ない有り合わせ, ない機屋, ない琵琶, ない自分, ない雲, なかったでしょう, なかなかの, なかなか過去, なきよそ, なき何ら, なき本邦人, なき異国人, なくお雪ちゃん, なくては, なくは, なく二十歳, なく今日, なく愛嬌, なく異常者, なく発達, なく舗石, なく通い廊, なし, なしわけて, はかなき過去, また遠く, ゆかりもな, よくふきこまれ, 今夜限だ, 今日限りと, 何も, 何処へ, 元はと, 其で, 分厚く内, 切った, 切れたし, 切れて, 古ければ, 同じだ, 同感も, 外れて, 庇も, 廂も, 怨みも, 恐らく彩色, 感じられ彼, 戸口も, 所因も, 手遊玩弄物, 断ったに, 族縁も, 柱も, 欄干も, 決して完全, 深い母子法師, 淺から, 潤んだ様子, 濡れて, 炉縁も, 無いお前さん方, 無いに, 無い方, 無い旗本, 無い津軽, 無い言葉, 無い貴方, 無さ, 煤けて, 熱帯材らしい, 生ぜずさりながら, 由かり, 由因も無き, 皆果ての, 盡きる, 真実に, 真珠で, 破ること, 紅く泣, 線には, 艶, 薄く生涯, 親しみも, 長くは, 関わりも, 青い苔

▼ 縁~ (242, 2.5%)

9 異な 7 ないが 5 ない 4 異なもの 3 切れて, 切れても 2 あるが, ないと, なかった, 切つても, 初秋の, 月夜ふけ, 離れない

1 [197件] あさくない, あらぬな, あるの, あるめ, いよいよ尽きない, うすいが, お極り, お諦めなさる, きっと結ばる, ここでは, この時, これで, これにて, これまでとして, ございません, さう, さらに深い, ざらざらと, すぐつながる, すっきりと, そこから, その時, その話, それな, たしかに悪, たちがたく, たちどころに切れ, だいぶ残っ, つかしいが, つながって, どうつながっ, ないからな, ないがね, ないし, ないの, ない縁, なきもの, なくても, なつかしい同時に, なれぬ店子共, はじめから, まだしもよ, みな石と, みんなひょっとした, もっと深く, もとより一帯, やはり白地, よくよく前生, よろしくございません, りーん, ザラザラに, ツイお, バラ色に, 一朝一夕の, 一生添い遂げる, 一直線を, 三方ともに, 不壞, 不思議な, 不思議よく, 不釣合と, 両統合体後の, 人を, 今が, 他の, 低い十鈍耳, 何だっ, 全く断たれ, 全然一度, 六尺許り, 其所から, 再びつなぐ, 出て, 切っても, 切つて了ふ, 切られん, 切られ度, 切らんの, 切り度く, 切るが, 切れずに, 切れたの, 切れたわけ, 切れてる筈, 切れない, 切れないで, 切れましたが, 切れますぞ, 切れる, 切れること, 切れるの, 十分に, 古くその, 台所の, 各藩, 合って, 向うへ, 地面と, 大きなもの, 大分遠く, 奇な, 奇態な, 奥州征討の, 妙な, 安もの, 少し狭い, 川に, 巣箱の, 幅四インチである, 廻廊を, 役に立たぬもの, 必要だ, 忽川に, 悪縁である, 我々の, 断れたもの, 断れても, 斯う, 昨日の, 是で, 是限りと, 是非が, 是非も, 望赤は, 朽ちて, 極めて薄い, 歌道の, 歩りくと, 母屋の, 水無川の, 永久に, 永劫に, 汽車を, 流れに, 流れゐる, 浅からぬ, 深いさ, 深く, 深しな, 溶きも, 滑るくらい, 漸次固く, 無い, 無いもの, 無い断念めもの, 無量に, 町家並の, 異な物味, 白い丸い輪, 白くすれ切れ, 白く光っ, 白く塔壁, 目に, 相接着, 短かった, 破談に, 神の, 私に, 種々無量, 空襲による, 紫の, 結ばれて, 結んで, 絶えけるぞ, 絶ちたいが, 絶ち難く, 続いて, 縁だ, 纏まるもの, 纏めて, 腐って, 自分の, 自分のだの, 荒野の, 薄かった, 袂に, 貴所の, 赤く赤くな, 足の, 躑躅ヶ崎の, 遁れぬ, 遠いの, 遠い話, 都の, 鋭く尖っ, 鏡の, 間もなく死者, 闇い, 陰って, 離れ山路, 非公式でも, 頗る悲しん, 風を, 魚に, 黄金色に, 黒くなっ, 黒である

▼ 縁~ (191, 2.0%)

44 なって 6 あきらめて, 云うもの 4 なつて 2 なったという, なったの, なります, 思って, 申すは, 申すもの, 諦めて

1 [117件] あるからは, いい約束, いうだけ, いうので, いうべし, いおうか, いっても, いふので, いへば, おあきらめ下さい, おなじ線に, おぼしき一方, お諦め遊ばし, きっぱり覚悟, した鎮魂, して, しなくては, しなければ, しました, しよう, す, すその, すると, するところ, するには, する宗教一般, すれすれに, すれすれの, すれすれまで, すれば, せり, そそり立つ絶壁, たえず聳, なさんと, なった, なったとでも, なった同窓, なった女, ならばうから, なりそして, なりました, なり弥兵衛, なり方方, なり是, なり渡邊織江方, なり私達, なり虫, なり虫喰, なり間もなく, なるからと, なると共に, なる力, ほくわ, ほくわづかに, コップとの, スレスレに, スレ合い, 三角形を, 二つの, 二人を, 云つても, 云ふ, 五徳とを, 信じて, 入口の, 共馬蹄並に, 反対の, 台の, 喜びて, 四五間の, 存じまして, 宿世の, 平らに, 平行に, 広く続い, 庭とは, 徳利の, 思いますわ, 思うて, 思えばこそ, 思った訳, 思ふ, 思われたらお, 思召しまし, 斜面とをしか, 月日, 木材との, 殆どすれすれ位, 比較的薄い, 気球との, 沓脱の, 玉鬘夫人は, 申すが, 申すしか, 申すの, 申そうか, 知りながら, 繧繝とでは, 繰返して, 脚が, 膝頭とに, 致しまして, 見える, 見すごし, 見切る方, 言いこんな, 言えば, 言ったって, 言つても, 言へば, 言わなければ, 諦めます, 関係を, 障子が, 頬が, 魅力に, 鼻の

▼ 縁~ (101, 1.1%)

7 に腰 6 へ出 5 に出 2 にちよ, に立っ, に立つ, に足, へ出た, へ来, へ腰

1 [69件] から台所, から怪訝そう, から暗い, から虚空, ちかく耳, での挨拶, でぼんやり, で三人, で凉, で懐中煙草入, で日光浴, で杯, で涼ん, で立話, で縫物, で鏡, で髯, に, にあぐら, にあらわれた, にくずれた, にしゃがん, にずらり, にちんまり, にてしとやか, にどっかり, には篠田, には誰, によろめき出, に両足, に並ん, に佇立, に出た, に坐っ, に大, に大きな, に安座, に座った, に手, に畏, に畏まった, に疲れし, に端居, に置こう, に罷, に腰掛け, に花筵, に衝立つて, に走り, に近い, に遠慮, のお, の座布団, の椅子, の籐椅子, は玄療院, へ, へ出でぬ, へ出る, へ寐, へ持っ, へ袖, へ転げ出た, へ飛び, までいざり出, まで連れ, を掃き, を散歩, を見遣る

▼ 縁には~ (70, 0.7%)

2 わざと赤樫, 馬が

1 [66件] いつもすみ切った, おっかさんの, まだ暈, ケンプト旅団の, 一つの, 一軒の, 一鉢の, 人糞が, 今夜泊らう, 冷水を, 十津川で, 咲き残りの, 啄木鳥の, 回転式灯台特有の, 家の, 小豆色の, 尖どき細, 山林局の, 幾人かは, 幾個所かに, 幾箇所かに, 後から, 急ごしら, 新造身内の, 日光黄菅や, 松が, 松の, 桜の, 楢の, 武将たちが, 武者たちが, 殿上役人が, 毛氈を, 汁の, 涙を, 溝を, 火焔の, 烏の, 焚きさし, 熊笹が, 白い糸, 白い花, 皺の, 石見銀山らしい, 約十七, 紐の, 細い細いしかしながら, 緑色の, 若樹, 菫や, 落ちて, 薄い身の上, 薄く黴, 薄暗い隈, 薊の, 蝋燭の, 行燈茶器杯盤などが, 誰も, 赤土の, 軒から, 都会の, 銃眼の, 鍋焼饂飩が, 雪かとばかり, 青い蔭, 黒い暈

▼ 縁あっ~ (61, 0.6%)

3 てこの 2 て我が, て私

1 [54件] てあの, てかく, てこそかく, てこちら, てちょいちょい, てとはいい, ての名, てまた, てもし, てわが, てわし, てわたくし, てわたし, てわれら宿, て一度, て一時良人, て人間, て今, て以来, て佐々どの, て其の, て出入り, て参った, て右, て多年, て大川屋孫三郎, て妻, て嫁, て子供, て宗三, て小山文学士, て弟子小僧, て彫刻, て御, て或, て拙者, て料理, て水彩画, て汝, て池, て独創天心流, て玄庵, て男女二人, て皆様, て神尾家, て若い, て薩摩, て衛道, て見参, て触れ合う, て貧寺, て都, て鎌倉, て鶴見

▼ 縁なき~ (60, 0.6%)

4 衆生である 3 衆生だ, 衆生と, 衆生の, 衆生は 2 ものの, 者の, 自身の, 衆生として

1 [36件] お方では, けんらんで, ことと, ことなり, にあらず, により, に彼, の恨, はありません, ものであります, ものである, ものであれ, ものと, ものなる, や流る, ように, 一老, 世の, 人々で, 他人さまの, 他国, 子として, 学問は, 徒輩たちを, 浪士は, 男どもばかり, 虚無僧までが, 衆生, 衆生だった, 衆生です, 衆生とは, 衆生に, 衆生其も, 象徴的な, 路傍の, 間柄であるらしい

▼ 縁まで~ (56, 0.6%)

2 出て, 行くと, 追い詰められ苦しまぎれ

1 [50件] いっしょに, すべり落ちて, すれ, つれて, とって, なみなみとたたえられ, ふわふわと, やって, やって来た, 一ぱいに, 一言も, 上げて, 上って, 下りた時, 下りて, 侍小頭の, 出かかったの, 出ると, 地の, 射して, 帰って, 引きずって, 戻って, 手探りに, 持って, 来た, 来た時, 来ると, 歩いて, 水だらけに, 溢れさせて, 登って, 盛り上がって, 空地右手は, 約十四マイル, 細長く余し, 結ぶと, 線路を, 行くの, 行って, 走り出た時, 踏みのぼること, 退いたの, 送って, 這上る, 進み一時流出, 進んで, 達して, 騒ぎ立っても, 黒くし

▼ 縁さき~ (54, 0.6%)

3 へ出 2 に出, に出た, へ出た, へ戻っ

1 [43件] から庭, から蓮池, から這い上っ, で忽ちに, で涼み, にあらはれ, にうずくまっ, にかけた, にこしかけ, には太い, には朝, には猫背, にぺしゃんと尻餅, にアンペラ, に佇立, に剣, に押, に持ち出し, に早し, に置い, に腰, に行儀, に近い, に顏, の方, の沓脱ぎ石, の石蕗, の軒, の雨戸, へするする, へその, へど, へよろよろ, へ引っ返し, へ引返し, へ招い, へ腰, へ転げ出す, まで出た, まで来る, まで歩き寄っ, まで泣き, を貸し

▼ 縁~ (51, 0.5%)

43 と, と思っ 2 ねえ, よ

1 [37件] からその, からな, からね, からもし, から何卒, から兄さん, から当分ぢ, から毎日二枚づつ, か新吉さん, か知らない, がまだ, が此様, これからいっしょ, ちょいと, ちよいと, つたといふ, という, とおも, とかそういう, と人, と傍若無人, と思います, と思う, と思った, と思つた, と思ふ, と思召, と私, な, なあ, ねえどうしても, の, のに, のを, ものこの, 世話アする, 今後は

▼ 縁~ (47, 0.5%)

8 に腰 3 の上 2 の下, を二つ, を出し, を離れ

1 [28件] がめい, が淋しく, で暫らく, で話し, で遊ばせ, などに割込ん, にごろんと, にすりつける, には誰, にも船宿, に据, に腰かけ, に薄べり, のまんなか, の月見草, の毛氈, の獨, の端, へ寢そべつ, へ腰, をかり, を並べ, を引摺り, を持ち出し, を持出させ, を持出し, を据ゑさせ, を立つ

▼ 縁ある~ (44, 0.5%)

2 がため, もの亦, を奇, 者は, 鼎の

1 [34件] といふ所, ところが, にあらず, は先, もの, ものたる, ものなら, ものを, もの豪家に, ポリサックム属の, 人々さては, 人々を, 人に, 人の, 人も, 仲じゃ, 侠剣の, 円い形, 子だけでも, 打球戯, 日の, 淵瀬金三とて, 物だ, 物の, 甲子の, 白井光太郎博士自筆の, 者として, 者のみの, 者を, 者己と, 衆生を, 譬へで, 足留めの, 黒色に

▼ 縁~ (40, 0.4%)

9 でもない 3 の悪い 2 が好い, の宜, を祝

1 [22件] から喜ばれ, がよい, がよく, がよろし, が好く, が悪, が悪い, が良い, が軽焼, くそ惡, で威勢, という類, にし, にする, のよい, のよく, の能, はともかく, よい字, をかつい, を祝う, を祝わね

▼ 縁~ (36, 0.4%)

7 の上 2 に足, をこすりはじめた

1 [25件] がいや, がみり, が蹠, が颯と, という縁板, にこぼれた, についた, に両手, に児太郎, に突っぱった, に顔, のすみ, の一点, の左右, の隙間, はぷすぷす煙, もやがて, をかきました, をぬらした, を弾, を掻きました, を見, を踏み, を踏みならし, を踏み鳴らし

▼ 縁という~ (30, 0.3%)

8 ものは 2 のは, ものが, ものであろう, ものも

1 [14件] ことも, のだ, のであろう, ものじゃ, ものだろう, ものであったろう, ものです, もので御座いましょう, やつで, やつは, わけで, 事は, 異常なる, 縁先に

▼ 縁なし~ (27, 0.3%)

6 の眼鏡 5 眼鏡を 3 の畳, 眼鏡の 2 帽や 1 のキャン, の眼鏡越し, の薄縁, の踏む, の近眼鏡, 帽が, 帽子とを, 帽子を

▼ 縁取り~ (26, 0.3%)

2 たる, の衣匠, をした, を加

1 [18件] がたいてい, が現われ, さながら般若, された数列, された胸衣, した明るい, した深い, した空色, した絹, して, たる綿, と鈴ボタン, に飾られ, のある, のついた, の三分の二, の工合, 裏に

▼ 縁~ (25, 0.3%)

2

1 [23件] まわりには, よってあんさん, 口の, 壜などは, 床の, 庭の, 庭垣から, 林で, 柱へ, 楽器の, 炉縁も, 窓に, 繁みの, 街道を, 裳の, 角には, 軒などに, 軒端にまで, 酒の, 門口の, 門口や, 閾を, 高麗縁の

▼ 縁です~ (23, 0.2%)

5

1 [18件] から, からあの, からぜひ, からね, から一つ僕, から安然大師, から縁, がやはり, こと, なア, ねえ, ねと十日, ねまだ, のね, もの, よ, わね, 三人ながら

▼ 縁として~ (20, 0.2%)

2 自己を

1 [18件] お互いの, わしゃお前さんこういう, 一果を, 一種の, 乱想の, 今後沿道の, 仏国土に, 何う, 信仰の, 悟るの, 更にまた, 更に一果, 本来具有する, 男女の, 私は, 自己感情の, 話し合, 認めると

▼ 縁つづき~ (19, 0.2%)

4 になっ 2 の人

1 [13件] から今, というわけ, になる, には相違, の一室, の哥薩克, の四郎兵衛, の家, の村長, の母屋, の男女, の者, の間柄

▼ 縁にも~ (19, 0.2%)

2 たれて, 昆虫の

1 [15件] こぼれて, そこここに, たれてる動かぬ頭, つくべし嫁, つけず生殺し, ときどき落ち, 一杯に, 一杯の, 人が, 其所此所に, 座敷にも, 時々遊び, 段子の, 紅紫とりどりの, 綺麗な

▼ 縁~ (18, 0.2%)

2

1 [16件] こぼれるよう, だからな, だとって, だよ, で, でお, でも何, で帰るという, で此方, で貰おう, との事, と云う, と云ったら, と思へ, にし, にする

▼ 縁によって~ (17, 0.2%)

1 [17件] あなたの, からんから, 今の, 伊之, 伊太夫から, 善とも, 多少生計, 将来自分同様な, 斯様な, 水は, 私は, 稲田の, 自分の, 葛城の, 覚を, 豊臣秀吉の, 遺骸の

▼ 縁より~ (17, 0.2%)

2 上へは, 庭に

1 [13件] せり出し, ないの, ない人, まろび落つ, 中心に, 二十歳年下で, 人懐し, 噛み伏せて, 多少下, 梯の, 現わる, 離して, 飛び下りて

▼ 縁では~ (16, 0.2%)

2 ないと

1 [14件] ありません, ある, あるまいか, お照, ないか, なかった, なく, なくて, なく上野原以来, 可恐がるだろう, 未来で, 無い此家, 無頼漢共が, 額髪を

▼ 縁~ (15, 0.2%)

3 んでしょう 2 のだ, のです, んだ 1 のであらう, のでしょう, のに, んざ望みと, ヒラギナンテン, 結合な

▼ 縁~ (15, 0.2%)

6 たに 1 しらに, たへ, たまで, なから仰ぎ見る, なにしゃがん, なにウィスキイの, なに庭下駄を, なに腰を, な位

▼ 縁伝い~ (15, 0.2%)

2 に玄関

1 [13件] で奥, にお, にするりと, にその, に師匠, に急ぎ足, に戸, に暴い, に茶の間, に軽い, に退がっ, に運び出され, に隣り

▼ 縁~ (15, 0.2%)

1 [15件] であろう, となる, と仲人, と生まれ, にとられる, にも御, の事, の純潔, の話, の贈物, はお, は一人初夜, は美しい, もさ美しい, を送っ

▼ 縁あら~ (14, 0.1%)

2 ばまた

1 [12件] ば, ばいつ, ばこそ墓所, ばこの世, ばせめて, ばと来, ば会いたい, ば如斯, ば嫁, ば早く, ば詳しい, ば重ね

▼ 縁あり~ (13, 0.1%)

3 とする 2 てまこと 1 その児女狼, ただの, てふ, て身, というその, と云う, と信ずる, 而し

▼ 縁あれ~ (12, 0.1%)

21 ど虎崇拝, ばこそだろう, ばこそ力, ばこそ参られた, ばこそ子, ばこそ悪口, ばこそ生, ば会い, ば猴, ば道伴

▼ 縁~ (12, 0.1%)

1 [12件] お前さんには, それではおかみさん, ない前, なにかで, わかりませぬが, 今も, 存じませんが, 御主人樣, 日本に, 知らないが, 肉皿の, 飴屋風情で

▼ 縁でも~ (12, 0.1%)

2 ある 1 あつたら, あるから, あるし刎頸, あるらしくながめられた, こうして捜し出される, せぬ, ないいまさら, 何でも, 地べたでも, 最愛の

▼ 縁とは~ (12, 0.1%)

2 また旧式, 何ぞや 1 とんだ八百屋お七, ならぬなるべし, 二間と, 云いながら, 反対の, 地水火風此の, 思ひませんよ, 言いながら

▼ 縁なく~ (12, 0.1%)

8 して 1 て逢いませな, ゆかりなき, んば, 見えるが

▼ 縁~ (12, 0.1%)

1 [12件] から二本, に住む, に大きな, に屈みこん, に添っ, の土間, の地面, の穴, へもぐり込ん, へ蟠った, まで濁水がた, よりは悪臭

▼ 縁~ (11, 0.1%)

1 [11件] つて, つて二人は, つて他へ, つて他家へ, つて地獄の, つて大川屋孫三郎に, つて姥捨の, つて宇部紋七夫婦の, つて弟子に, つて江戸に, つて陸奥の

▼ 縁~ (11, 0.1%)

1 [11件] で嫁, で此家, で盲人, となつ, と諦め, になっ, になれ, のもの, を以てと, を以て此, 其の家

▼ 縁近く~ (11, 0.1%)

1 [11件] に坐っ, に坐つ, に据えられ, に碁盤, の庭, の真っ白, へ坐し, ゐたれば, 持ち出して, 曳いて, 歩いて

▼ 縁だけ~ (10, 0.1%)

1 でなく書院, で白雲, なのよ, ほか見えない, 取換, 燐の, 燐光を, 盛り上つて光つた, 紫色な, 茜色を

▼ 縁である~ (10, 0.1%)

1 かただし, がわれわれ, が如し, ことは, ことを, し妙, といっ, といふこと, と思ったら, やうに

▼ 縁取った~ (10, 0.1%)

1 信仰画像や, 大判の, 大版, 山々から, 榛の, 海岸の, 濃い緑色, 畑には, 白い綿, 美しい眼

▼ 縁~ (10, 0.1%)

2 を目のあたり 1 といふ悟入, とは小乗, とは自ら飛花落葉, と菩薩, と言, は俗間, は鹿車, よりは菩薩迥

▼ 縁だった~ (9, 0.1%)

1 からだ, かわずか, せつ子であれ, と私, なあ, なア, ので話合い, わね, んだ

▼ 縁取られ~ (9, 0.1%)

2 ていた, ている 1 その上火山系, その身体, てゐる, て傷ましい, 火山脈の

▼ 縁取られた~ (9, 0.1%)

1 丸顔赤い, 二すじの, 唇を, 岬に, 透明な, 重畳してる, 雲の, 額縁舞台, 顔大きな

▼ 縁無し~ (9, 0.1%)

4 の眼鏡 2 の鼻眼鏡 1 の新, の近眼鏡, を掛け

▼ 縁~ (9, 0.1%)

1 が何で, が鉄, などはありません, に秋草, に赤銅斜子, のあたり, の朧銀, はこれ朧銀, や目貫

▼ 縁がはへ~ (8, 0.1%)

2 出て 1 きて, 下りるはしご段, 出ると, 腰かけました, 腰を, 行つた

▼ 縁とも~ (8, 0.1%)

2 思はざりしが 1 ならぬと, ならば, なりまた, 思われねば, 池の, 称し得べきそれら

▼ 縁~ (8, 0.1%)

1 で, なすつたの, の一件, の出来ぬ, の疊, はまだ, ると, るとて

▼ 縁~ (8, 0.1%)

2 眼鏡が, 眼鏡の, 眼鏡は, 眼鏡を

▼ 縁飾り~ (8, 0.1%)

1 が垂れ, で暗い, のある, のショール, の様, をされ, を前, を燃え立たせ

▼ 縁~ (8, 0.1%)

2 へ出 1 から空, から聳え, に立っ, の土, へ座ぶとん, まで歩い

▼ 縁がはに~ (7, 0.1%)

1 お日さま, 出て, 向いた机, 呼び寄せ自分, 腰かけて, 足を, 軸を

▼ 縁などに~ (7, 0.1%)

2 手足を 1 往きには, 立つて, 端居する, 腰を, 雨露を

▼ 縁にな~ (7, 0.1%)

2 つてゐ, つて野村は 1 つて, つて居, つて色々

▼ 縁~ (7, 0.1%)

3 が有る 1 であるから, のある, はあるまい, をもっ

▼ 縁深い~ (7, 0.1%)

5 お方が 2 地名であり

▼ 縁無き~ (7, 0.1%)

2 衆生だ, 衆生は 1 にあらず, 世間にまで, 證拠

▼ 縁~ (7, 0.1%)

2 きの 1 きか, きださうですけれど, きでわけても, きで手代, きなんださうですよ

▼ 縁附ける~ (7, 0.1%)

1 から一寸, から一緒, にこちら, ほど惨たらしい, 左も, 約束に, 結納を

▼ 縁かと~ (6, 0.1%)

1 帰京後寺の, 思いますね, 思ってるだ併, 思ってるのよ, 思ふ, 私も

▼ 縁かも~ (6, 0.1%)

2 知れねえ 1 わかりませぬ, 我が子, 知れないいずれ, 知れないと

▼ 縁がはの~ (6, 0.1%)

1 前で, 外から, 戸も, 明け放つた障子, 柱と, 端を

▼ 縁であろう~ (6, 0.1%)

1 からと勧, と思います, と思ッ, などと話した, 本堂は, 浅緑の

▼ 縁とり~ (6, 0.1%)

1 のドレス, のモオニング・コート, の手巾, の詰襟服, の辻びら, をし

▼ 縁なら~ (6, 0.1%)

2 ば切め 1 いくらか破談, ばこうして, ば星, 是非なし

▼ 縁~ (6, 0.1%)

2 の會 1 から三皿, という珍しい, に招ん, の別室

▼ 縁切に~ (6, 0.1%)

3 なって 2 成って 1 参ったの

▼ 縁切状~ (6, 0.1%)

1 をいただい, を取っ, を引換え, を書, を書い, を書いた

▼ 縁引き~ (6, 0.1%)

1 があり, されると, でしかも, で今度親方, のある, のなん

▼ 縁~ (6, 0.1%)

1 から成り立つ, で出来た, と描き分け, によって変化, の紐, の関係

▼ 縁~ (6, 0.1%)

2 の者 1 が鋸齒状, には豆, に多し, のもの

▼ 縁がはを~ (5, 0.1%)

2 ばた, まはつ 1 行きながら

▼ 縁じゃ~ (5, 0.1%)

1 ありませんか, ございませんな, ないかねエ, ないん, ねえん

▼ 縁すじ~ (5, 0.1%)

1 か, だった, の人, の手づる, の者

▼ 縁つて魚~ (5, 0.1%)

4 を求むる 1 を求める

▼ 縁づけ~ (5, 0.1%)

1 ている, てお, て下さいまし, て今, て終った

▼ 縁づける~ (5, 0.1%)

1 などいろいろ, にし, に骨, よう申し残し, 為天部神の

▼ 縁でございます~ (5, 0.1%)

1 お名前, か, な, ねえ, 先に

▼ 縁でした~ (5, 0.1%)

21 か, が目, よ

▼ 縁にかけて~ (5, 0.1%)

1 ちょうど湯, 上体を, 小船が, 心もち顔を, 海を

▼ 縁にて~ (5, 0.1%)

1 あとへ, かたづけしや, これを, 否でも, 面の

▼ 縁にでも~ (5, 0.1%)

2 腰を 1 寝て, 立ち寄ったよう, 繋いで

▼ 縁による~ (5, 0.1%)

3 行為は 2 のである

▼ 縁らしい~ (5, 0.1%)

4 ものを 1 からおふくろ

▼ 縁~ (5, 0.1%)

1 が悪い, でもねえ, の悪い, の酒盛り, を担ぎ

▼ 縁~ (5, 0.1%)

1 で打, に出, のつい, へ往, をすぐ

▼ 縁取っ~ (5, 0.1%)

2 てい 1 てあった, ていた, ている

▼ 縁喜棚~ (5, 0.1%)

1 だの所詮, に向け, に飾る, の下, へお

▼ 縁~ (5, 0.1%)

1 と唱え, の丑三つ, の晝, の腰, へお

▼ 縁山増上寺~ (5, 0.1%)

1 の子, の山門前, の朱, の法衣, の鐘

▼ 縁附い~ (5, 0.1%)

1 ちゃいるだろう, ている, ております, て千駄木, て程

▼ 縁附いた~ (5, 0.1%)

2 のが 1 ものだ, 人の, 家な

▼ 縁がは~ (4, 0.0%)

1 だか, でお, でハイカラ, のかどの

▼ 縁~ (4, 0.0%)

3 しに 1 安心なされ

▼ 縁ちかく~ (4, 0.0%)

1 に奉行, 伺候した, 寄って, 敷居ぎわに

▼ 縁でございましょう~ (4, 0.0%)

21 からどうか, 先生

▼ 縁との~ (4, 0.0%)

1 あいだの, あの隙間, ちょうど中間, 間の

▼ 縁などを~ (4, 0.0%)

1 とって, 細かく刻み込み, 見て, 見渡すと

▼ 縁なる~ (4, 0.0%)

1 ところあるごとく, に何とて斯く, 叙事詩を, 旧事

▼ 縁なれ~ (4, 0.0%)

1 こたび, ばこそ来, ば萬づ串談, 此度の

▼ 縁によ~ (4, 0.0%)

1 つて, つて兄弟たる, つて其傾向について, つて海部を

▼ 縁をめぐって~ (4, 0.0%)

1 なんだか宵闇, 思い思いな, 来る静か, 深い大きな

▼ 縁~ (4, 0.0%)

1 以テ懇談シ斯ク, 以テ諸, 取ッタ白唐紙, 表スルニソノ霊験不可思議也

▼ 縁付き~ (4, 0.0%)

1 と肉食, の室, の座敷, もした

▼ 縁取られてる~ (4, 0.0%)

1 円い額, 眼が, 顔それに, 顔は

▼ 縁~ (4, 0.0%)

1 に置かれた, に飛び落ちた, の木, の欠けた

▼ 縁有っ~ (4, 0.0%)

1 て一度, て五年前当家, て手前, て昨年

▼ 縁無し帽~ (4, 0.0%)

1 をかぶっ, をかぶってる, をきれい, を手

▼ 縁無し眼鏡~ (4, 0.0%)

1 も寸法どおり, をかけ, をかけた, をチカチカ

▼ 縁無帽~ (4, 0.0%)

2 を手 1 を彼, を脱い

▼ 縁的関係~ (4, 0.0%)

3 の存ずる 1 の存在

▼ 縁眼鏡~ (4, 0.0%)

2 をかけた 1 に英字新聞, は天

▼ 縁障子~ (4, 0.0%)

1 には日, のそ, をみな, を隙

▼ 縁~ (4, 0.0%)

1 がつい, には目, のある, を運ん

▼ 縁あつ~ (3, 0.0%)

1 てこの, て兵庫, て落ち

▼ 縁からは~ (3, 0.0%)

1 はるかに, 相変らず, 見えぬあたり

▼ 縁からも~ (3, 0.0%)

1 天井からも, 新知識, 退いて

▼ 縁こそ~ (3, 0.0%)

1 ありけれ, 不思議のちから, 逃すまいと

▼ 縁~ (3, 0.0%)

1 て居る, て気の毒, て牡丹花

▼ 縁しも~ (3, 0.0%)

2 永き永代 1 ある

▼ 縁だろう~ (3, 0.0%)

1 からとても, と思います, よ

▼ 縁づたひに平九郎~ (3, 0.0%)

1 が一枚, が先, は山杉甚作

▼ 縁であった~ (3, 0.0%)

1 から恋しい, から知らない, な

▼ 縁とを~ (3, 0.0%)

1 持つて, 照し出し, 針金で

▼ 縁ながら~ (3, 0.0%)

2 空華には 1 目先に

▼ 縁なり~ (3, 0.0%)

1 しかるにこの, 念を, 日光菩薩加護あらせ

▼ 縁について~ (3, 0.0%)

1 ゆっくりと, 大きく廻り, 往くと

▼ 縁により~ (3, 0.0%)

1 右様の, 姫君が, 計らずも

▼ 縁までは~ (3, 0.0%)

1 十尺以上も, 四寸余も, 譲ろう

▼ 縁切っ~ (3, 0.0%)

1 ている, てそ, て向

▼ 縁切れ~ (3, 0.0%)

3 になつて

▼ 縁反帽~ (3, 0.0%)

2 をかぶっ 1 の下

▼ 縁~ (3, 0.0%)

1 の周り, へ立った, まえに

▼ 縁奇縁~ (3, 0.0%)

1 ってやつ, という, というもの

▼ 縁~ (3, 0.0%)

1 にもたれ, に靠れ, の暗中

▼ 縁着いた~ (3, 0.0%)

1 そうだ, 出戻りの, 娘さんが

▼ 縁~ (3, 0.0%)

1 ぎ度ば, である, の子亭

▼ 縁臺碁~ (3, 0.0%)

1 に不自由, を打つ, を覗く

▼ 縁~ (3, 0.0%)

1 の, の衣裳, は希望

▼ 縁越し~ (3, 0.0%)

1 にジイッ, にソレ豫, に早打

▼ 縁~ (3, 0.0%)

2 続いて 1 出たの

▼ 縁近い~ (3, 0.0%)

1 ところで, 南の, 座敷の

▼ 縁近き~ (3, 0.0%)

1 ことである, 所へ, 豹

▼ 縁関係~ (3, 0.0%)

1 によって大体, のこと, ばかりを説く

▼ 縁~ (3, 0.0%)

1 になり, になりました, は極

▼ 縁~ (3, 0.0%)

1 がお前, と, は

▼ 縁いっぱい~ (2, 0.0%)

1 にたぎり出しました, にひろげ

▼ 縁かいな~ (2, 0.0%)

1 と, という次第

▼ 縁からの~ (2, 0.0%)

1 月光に, 陽の

▼ 縁がはが~ (2, 0.0%)

1 付いて, 取りま

▼ 縁きれ~ (2, 0.0%)

1 て此世何, て生存

▼ 縁ぎわ~ (2, 0.0%)

1 に大, に机

▼ 縁この~ (2, 0.0%)

1 七兵衛に, 水を

▼ 縁~ (2, 0.0%)

1 へあら, へも

▼ 縁さきで~ (2, 0.0%)

1 裏庭の, 風冷かな

▼ 縁~ (2, 0.0%)

1 やこれから, やのさき

▼ 縁せる~ (2, 0.0%)

1 ことほとんど, 面積は

▼ 縁だけが~ (2, 0.0%)

1 のこって, 手が

▼ 縁だけに~ (2, 0.0%)

2 燐光を

▼ 縁~ (2, 0.0%)

1 やお, やからな

▼ 縁つき~ (2, 0.0%)

1 て既に, の室

▼ 縁づけた~ (2, 0.0%)

1 ということ, 人だ

▼ 縁づたいに~ (2, 0.0%)

1 そのまま辞し, また橋廊下

▼ 縁であれ~ (2, 0.0%)

1 ばただちに, ばぶら下げる

▼ 縁でこそ~ (2, 0.0%)

1 あれ五年越し, あれ末かけ

▼ 縁でしょう~ (2, 0.0%)

1 から皆さん遠慮, な

▼ 縁で御座います~ (2, 0.0%)

1 から, から今

▼ 縁といふ~ (2, 0.0%)

1 ものに, ものは

▼ 縁とか~ (2, 0.0%)

1 何とかおっしゃっ, 俺の

▼ 縁とに~ (2, 0.0%)

1 よらず罪人, 五層と

▼ 縁とる~ (2, 0.0%)

1 女竹の, 緋の

▼ 縁なけれ~ (2, 0.0%)

1 ば別れ, ば去る

▼ 縁など~ (2, 0.0%)

1 熱の, 脹らして

▼ 縁などで~ (2, 0.0%)

1 このごろめっきり, ひどく不

▼ 縁などという~ (2, 0.0%)

1 のは, ものは

▼ 縁にの~ (2, 0.0%)

1 さり, そりと

▼ 縁にまで~ (2, 0.0%)

1 出て, 近づかねば

▼ 縁に従って~ (2, 0.0%)

1 いろいろ変化, 遷流し

▼ 縁のね~ (2, 0.0%)

1 えところ, え事

▼ 縁のみ~ (2, 0.0%)

1 ならずそこ, 光った全面

▼ 縁のむ~ (2, 0.0%)

2 こうに

▼ 縁ばかりの~ (2, 0.0%)

2 日影を

▼ 縁びき~ (2, 0.0%)

1 に酒井仲, も無

▼ 縁へと~ (2, 0.0%)

1 走った, 辿りつき眼

▼ 縁へは~ (2, 0.0%)

1 左衛門と, 腰を

▼ 縁までも~ (2, 0.0%)

1 参りませんか, 生えて

▼ 縁よりは~ (2, 0.0%)

1 物質に, 風起り

▼ 縁をば~ (2, 0.0%)

1 弄べるやう, 此れ

▼ 縁をも~ (2, 0.0%)

1 繋ぎ留め, 纏めようと

▼ 縁を以て~ (2, 0.0%)

1 九億銭の, 奥平の

▼ 縁一ツ~ (2, 0.0%)

2 に三日

▼ 縁不縁~ (2, 0.0%)

1 があつ, ということ

▼ 縁~ (2, 0.0%)

1 には総じて, を離

▼ 縁~ (2, 0.0%)

1 で話した, の下

▼ 縁~ (2, 0.0%)

1 にかけたま, によって来た

▼ 縁切られ~ (2, 0.0%)

1 て赤, 話な

▼ 縁~ (2, 0.0%)

1 より, より多く

▼ 縁厚い~ (2, 0.0%)

1 らしい, 酉歳の

▼ 縁喜物~ (2, 0.0%)

1 なれば, を裏返し

▼ 縁喜直し~ (2, 0.0%)

1 に一杯, に大黒さん

▼ 縁~ (2, 0.0%)

1 あること, となり

▼ 縁~ (2, 0.0%)

1 の帽を, の帽子

▼ 縁広き~ (2, 0.0%)

1 を戴きぬ, 帽に

▼ 縁座敷~ (2, 0.0%)

1 の障子, をきれい

▼ 縁廊下~ (2, 0.0%)

1 を蜘蛛, を静か

▼ 縁~ (2, 0.0%)

1 当家様の, 欄間の

▼ 縁断る~ (2, 0.0%)

1 との言, との言い渡し

▼ 縁~ (2, 0.0%)

1 としてそれ, となる

▼ 縁曲機~ (2, 0.0%)

1 などももと, に油

▼ 縁朽ち~ (2, 0.0%)

2 にけり

▼ 縁~ (2, 0.0%)

1 のインドワタノキ, の名

▼ 縁浅から~ (2, 0.0%)

1 ぬ家, ぬ座敷

▼ 縁浅く~ (2, 0.0%)

2 身を

▼ 縁~ (2, 0.0%)

1 かりき, さうに見える

▼ 縁~ (2, 0.0%)

1 の糸, ひを

▼ 縁縫い~ (2, 0.0%)

1 をし, をしてない

▼ 縁臨機~ (2, 0.0%)

2 に測り

▼ 縁~ (2, 0.0%)

1 に於ける如く, の冠

▼ 縁薄く~ (2, 0.0%)

1 かやう, して

▼ 縁~ (2, 0.0%)

2 のすがすがし

▼ 縁~ (2, 0.0%)

1 に伸, に手

▼ 縁~ (2, 0.0%)

1 に湧, に鬢

▼ 縁近う~ (2, 0.0%)

2 入り来つ

▼ 縁造り~ (2, 0.0%)

1 がどう, が何とも

▼ 縁~ (2, 0.0%)

1 と申す, によって養女

▼ 縁附き~ (2, 0.0%)

1 てより, になる

▼ 縁附く~ (2, 0.0%)

1 ように, 気は

▼ 縁高う~ (2, 0.0%)

2 して

▼1* [350件]

あさからざるもの, 縁あたりから拾っ, 縁あった地と, 縁あの青年と, 縁あらざればその, 縁ありしを幸, 縁あッて叔母, 縁いつまでか殘らむ, 縁いと近き處, 縁うすき佐助の, 縁うすくして, 縁うっかりすると, 縁窓の, 縁おもほゆ, 縁かお見捨てなくわたしども三人, 縁かお糸もジョージ, 縁かけ身おとろへて, 縁かつら亀腹柱高欄垂木桝肘木貫やら角木, 縁がはから見える八幡山, 縁がはにもどこにも, 縁がわびわの, 縁きれしならずまこと其心なら, 縁ぎわにしゃがんで柱にもたれ, 縁ぎわにたたずみながらしきりと, 縁くらゐな所, 縁ぐみを, 縁ぐみ届けもそのまま, 縁ごころてえもの, 縁ごと買って, 縁さえある, 縁さねえ処が, 縁さ併しあゝ, 縁しかない着物, 縁しろがね, 縁じゃと申されて, 縁じゃものチチン過ぎし, 縁じゃやらじれったいね, 縁じゃやらと天燈様まで, 縁がす, 縁すき間をふさいだ, 縁すまねえがこれ, 縁すらヒチと, 縁すればすなわち, 縁すれすれに建っ, 縁ずくだから, 縁せまき笠に, 縁せめて遺骸を, 縁そいつへ掛ける, 縁そういうものは, 縁そこによい, 縁その外は, 縁そのものを否認, 縁ぞと書いた切れ状, 縁だけしか見えない, 縁だけで来たん, 縁だけはだれも, 縁だっていい年, 縁だにあれば, 縁だのきょときょとし, 縁だ困つたものだ, 縁だ構わねえで往きやしょう其の母様, 縁だ見届けてやる, 縁ちふものは, 縁つづきでふだんから, 縁つづきとみゆるな, 縁つて発せられたかも, 縁つて分家京水の事, 縁つて李唐以上の事, 縁つて無限の生命, 縁つて用を発す, 縁つて知つたか, 縁つながりでもある, 縁づけますという言葉, 縁づけようという取持ち, 縁づけられてゆく, 縁づける擽るやうな, 縁づたいではらはらと, 縁づたいで障子を向う, 縁づたいにしょんぼりと影のよう, 縁づたいに先へ立った, 縁づたいに幾巡りして, 縁づたいに竹に石燈籠, 縁づたいに裏へ導い, 縁づたいに通越して, 縁づたいへ立つと, 縁づたひに三番の部屋, 縁魚を, 縁であって自分, 縁であったやれうれしや, 縁でありますが生き, 縁でござんしょうよ, 縁でさえちゃんと正確, 縁でしてね好ん, 縁でといううれしい唄, 縁でないのである, 縁でなければ人, 縁でやあろう, 縁でやすねえ, 縁といふは奇態な, 縁とがついて, 縁としてな拙者は, 縁とて母は, 縁とで二人が, 縁となつて時至れ, 縁とやらまで出ますそう, 縁とりし品なり, 縁とりたる服装し, 縁どうぞこの場, 縁なあって矢作, 縁ない奥在所として, 縁なかなかに衰えず, 縁なく広く社会の, 縁なさる思召しか, 縁なぞがついて, 縁なぞといふオボコイものを, 縁などと来ては, 縁などとは元より, 縁などへ雪の, 縁ならぬ縁でした, 縁なら知らん事まだ, 縁なりき縁の, 縁なれや嬉しき情, 縁なんぞないの, 縁なんてその痕跡, 縁なんどに生え, 縁にあたる煙管の, 縁において使いの, 縁における堅き抱擁, 縁にとまつたまま彼, 縁にのみあらはる, 縁にははりえに, 縁にゃ路は, 縁に対して大きなよろこび, 縁のずつと奥の, 縁のわずらは, 縁はめつたにない, 縁ぶち並びに板, 縁へでも立てて, 縁へなど出て, 縁へのたって行っ, 縁ほんのり桜色と, 縁まことにうすく入塾後二年目, 縁までが沈の, 縁までに限られて, 縁まわりの大戸妻戸, 縁みな小祠となっ, 縁むしろ悪縁という, 縁むすびは, 縁めがねの中, 縁ものだからな, 縁やら解らないこと, 縁よりも底の, 縁よりを探して, 縁をぞ掠めたる楯, 縁をでも歩いて, 縁をとつてゐました, 縁をよけてツツツウと, 縁を通して赤くほのか, 縁ニ両手ヲ掛ケ, 縁ニ手ヲカケタラ, 縁下カ何処カニ潜ンデイテ, 縁ヲモ顧ミズ故ニ我輩止ムヲ得ズシテ交, 縁一條の銀, 縁の紛擾, 縁下沓脱のまえ, 縁殘村人足罷, 縁下屋に, 縁ち消えうせて, 縁也古事記には此時, 縁二階から突き出た, 縁を付け, 縁また袈裟念珠, 縁今度もひょっと, 縁付せられるまではこの, 縁付先から無, 縁付畳を敷き, 縁以上の存在, 縁以外にはない, 縁仰せつけられて中堂, 縁ひに, 縁伝奇の説, 縁低い衝立の, 縁低く繋ぎ捨てられて, 縁何者か知らない, 縁が丁寧, 縁側めいたものが, 縁側板に丸い, 縁ひに, 縁として負, 縁兄弟の縁, 縁全体が見渡される, 縁六尺の皮肉, 縁に包み, 縁切った司僧や, 縁切のと嚇し, 縁切られですよ, 縁切られるところであった, 縁切れ父でない娘, 縁切れ状まで書い, 縁切同様になっ, 縁切寺の由来, 縁切榎の手前, 縁切橋なんぞは気, 縁切話に來, 縁切路地の附近, 縁初めてお目にかかったが, 縁厚きによりすみやか, 縁厚しとし, 縁去来だ, 縁取られてる痩せた頬を, 縁取られるずるそう, 縁取りしを衣, 縁取るイルミネーションは, 縁のある, 縁合それらのもの, 縁向うの部屋, 縁喜商売だけに一層, 縁ある諸, 縁固着はどう, 縁もとめず, 縁多生にもまう, 縁大乗心は法相宗, 縁太郎王子を円, 縁女相談に来せられた, 縁如是因如是縁と繰返し, 縁つたらあかん, 縁寺境内へ運ばれ, 縁少しく欹だち, 縁いて, 縁尽きずしてここ, 縁尽きたれば記念, 縁へ駆けつけれ, 縁峰貞操大姉は錦橋, 縁已に定まる, 縁平らかなれば, 縁床板に至る, 縁庭樹を籠め, 縁庵等と号, 縁廻りなどは山腹, 縁との結婚, 縁彫刻帯軒蛇腹更にその, 縁律儀生活需要品を節制, 縁微妙玉環の相, 縁相體, 縁悪縁にかかわらず, 縁れに, 縁手荒に打ち, 縁打ちたたきぬ, 縁持つ人間なれ, 縁曠の, 縁断ち難し断ち, 縁のもの, 縁日の出はずれ浅草神田京橋辺の露店, 縁日向の花, 縁是君恩深到, 縁を迎, 縁曲機罐巻締機漏気試験機, 縁曲機罐巻締機空気検査機などがその, 縁朽ちたる破ら家にて, 縁板柱という柱, 縁板縁かつら亀腹柱高欄垂木桝肘木貫やら角木, 縁を白く, 縁枯白するにより, 縁極めをする, 縁極めて鋭く中, 縁欄干にずらりと, 縁欄間のよう, 縁欠けたる椀竹の, 縁残らず雨戸が, 縁子報花影奇情伝醒世第, 縁水漬きゆく河楊の, 縁求めて求め, 縁施したてまつりしに, 縁流駿河能国の暮景, 縁浅いようで, 縁深き者に, 縁のしよぼ, 縁無く過ぎた土地, 縁無し帽子をかぶった, 縁無し疊の上, 縁無量とは申, 縁せるを, 縁狂いのない, 縁狭き笠に, 縁甚だ深からず, 縁を隔て, 縁生院の土塀, 縁属の, 縁の上, 縁白笹に燃, 縁相結得鮮花香裡, 縁眷属を失ひ, 縁着いてもう, 縁着かせられることに, 縁着きになる, 縁また夫婦和合, 縁端近くの沓脱石, 縁端近く燭台を立てつらね, 縁端近く脇息をすすめ, 縁三, 縁の関係, 縁で縁取り, 縁組めいた話を, 縁の役目, 縁絶えては一里, 縁絶えしより川島家, 縁繋がりの御内室さま, 縁繋りの処, 縁續きだつた相で, 縁續きの關係がある, 縁纏まりそうで, 縁罪障消滅のたし, 縁者共の願い, 縁聖盤のほとり, 縁自ら口授し宗祇, 縁臺クラブの中, 縁臺將棋から星, 縁茶室好みの水口, 縁の上, 縁からね, 縁薄きものにて, 縁薄く早くより他人, 縁よし, 縁覆いした緑色, 縁覚的な境地, 縁に過, 縁でもなかつた, 縁説明神話の常, 縁の様, 縁赴感それでよろしい, 縁起しに怪物, 縁越すことを, 縁を造り, 縁辺りが薄く, 縁近く凡そ六坪位いの地面, 縁近く寝床を摺らし, 縁造るべく鋭き刄, 縁に赤色料付着, 縁野袴柄袋をかけた, 縁金拵えである, 縁錢形平次は日向, 縁附かれましたがその, 縁附けば仕合せ, 縁附こうなんて第, 縁随喜の心境, 縁離れした遠方, 縁頭目貫も揃つて, 縁頭鍔共蓮葉の一本指, 縁高く繞る, 縁と称え