青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「編輯~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

緊張~ 総て~ ~緑 緑~ 緑色~ 緒~ ~線 線~ 線路~ 締め~
編輯~
練習~ ~縁 縁~ ~縁側 縁側~ ~縄 縄~ 縞~ 縦~ 縫~

「編輯~」 1292, 14ppm, 7969位

▼ 編輯~ (214, 16.6%)

4 は私 3 の方

2 [14件] が, が私, との共同製作, に, に勘弁, の仕事, の努力, の好意, の寅さん, の権威, の腕力, ばかりでなく, も読者, 諸先生

1 [179件] から, からの再三, からの手紙, からわざわざ, から伊藤野枝さん, から何, から恵, があっ, がいま, がいる, がかかる, がそれ, がたぶん, がみんな, がもっと, がやって来た, がわれわれ, がイザヤ書預言, が一人, が一行, が出, が同じ, が喜ぶ, が彼, が揚言, が故人, が數日前, が櫛田ふきさん, が目白, が約束, が苦しまぎれ, が變, が迷う, が連れ, が面白く, が骨折, たるもの, たる自分, だった, であった, である櫛田さん, である粕山九郎, でも出, でも戯曲, という立場, とか購買者, としての, としての利害, としての収入, としての君, としての本名, としては冒険, としてインフレーション問題, としてカール, として多く, として既に, として池島, となっ, との間, と同, と懇意, などでここ, など雑多, なんぞという奴, にお詫び, にお願い, にさぞ, には相, にもなれます, にもファニイ, にも読者, によって変えられた, にケム, に云, に依, に前, に叱られ, に嘘, に委せ, に対する僕, に帰すべきだ, に成りきっ, に握りつぶされた, に渡します, に約束, に言つた冗談, に非常, の, のいる, のお, のこと, のこれ, のそれ, のつける, のジャン・ポオラン, のポケット, の下っぱ, の両人, の並々, の中, の信仰, の個性, の口, の同情, の命, の咽喉もと, の場合, の序文, の御, の怒った, の意, の手紙, の提出, の文言, の期待以上, の本来, の机, の机上, の死んだ, の気まぐれ, の泉鏡花氏, の爲め, の現在無政府主義, の相手, の給料, の自宅, の虚子, の表面的, の言, の言葉, の許, の調べられた, の重荷, の間, の附, の須田正太郎, はここ, はこの, はその, はキチガイ, はモスクワ, は一つ, は一人, は不思議, は事実, は今, は何, は印刷, は原稿, は名, は大日本印刷, は弁明, は戯曲, は此事, は無理, は當時, は窓, は自身, は色々, は芸, は訝しげ, へどんな, へ千万遍, まで読者, まで送付, もまた, も五十二銭がた, も作家, も私, も言っ, や其他, や出版者たち, をこらしめ, をし, をだいいち, をやめさせられた, を見る, を集め, 並びに読者

▼ 編輯~ (196, 15.2%)

4 は豹一 3 が云

2 [17件] が機嫌, ですよ, とが入, と同じ, なん, に気, に言われ, に説き, のその, のところ, の前, の卓, の言葉, の顔, は, はほんとに, もまだ

1 [155件] から, がそんな, がなんとか, がねえ保守的, がまた, がプラトン, がプンプン, が代り, が余りに, が侑め, が口笛, が呼ぶ, が好き, が自身, が貴族的, だつた岡村政司君, だつた野々宮, だの詩人, である私, です, でもかり, という低, という格, といふことに, とかの趣味見識, とか社長, とした, として九州, として聞こえ, とは子供, ともその, と呼びかけた, と当, と相談, に, にいわれ, にかう, にたのん, になれ, にはそれ, にも伏せ, に一任, に会う, に会わず, に会わせる, に呼ばれ, に媚びる, に当て, に招かれた, に挨拶, に親しみ, に言う, に豹一, のお, のこねくり, のとぼけた, のやう, のよう, のオソロイ, のボク, の上機嫌, の内, の命令, の咄嗟, の場合, の大阪弁, の如き, の怒り, の恋愛観, の意見, の手前, の持ち出した, の文句, の新聞, の方針, の機嫌, の母, の激励裡, の白河半平, の紙屑籠, の自分, の花田一郎, の諒解, の部屋, の野々宮, の野々宮さん, の頭, の顏, はあの, はあまり, はいつ, はいつも, はいは, はうっかり, はがっかり, はけち, はさらに, はそれ, はつまり, はなか, はなに, ははじめて, はひどく, はもとより, はやはり, は一層, は一通り怒り, は不機嫌, は冷淡, は冷酷, は別れた, は勝手, は又, は咄嗟, は嘉村さん, は土門, は微笑, は思いがけぬ, は思った, は意志, は愛情, は村口多鶴子, は松岡洋子, は松永, は気味悪, は洋半紙, は狡猾, は現に, は用, は相手, は硝子扉, は答案, は結局自分, は考へる, は自然次長, は自重, は臭い, は色情, は踊る, は踏みにじる, へは内々, へ宜しく, も, もゲレンデ, も同じ, も存在, も書肆, や主任, をがっかり, をし, をその, を呼びつけ, を呼び出し, を睨ん, を説き伏せ

▼ 編輯~ (112, 8.7%)

4 には主筆, に入, に入る

2 [12件] で一番年, には他, には室, に來, に来, の二室, の工塲, の片隅, の窓, は全然, へ入, を出た

1 [76件] からの給仕君, から容子, から漏れ聞いた, から送られ, が中心, が二葉亭, であの, では分っ, でも噂, で書いた, で私, で遭遇, で青年達, で顔, で首, という表札, という貼紙, とはり出され, とやらに月給なに, と印刷局, と改められぬ, と示され, と言った, にいた, にうれ, にだけ許され, になっ, にはその, には毎日, には麺麭, によって, にゐ, に入り, に勤める, に可, に唯一人残, に在っ, に多数, に布かう, に持参, に於, に机, に村岡, に課せられた, に送られき, のきたない, のほか, の一部, の戸, の机, の笑, の給仕さん, の裏廊下, の裏梯子, の顧問的, はただ, は主として, は主筆, は左, は必ずや, は急速, は銀座裏, へは度々, へビール, へ同時に, へ売り, へ帰っ, へ掛けた, へ書状, へ白刃, へ行つて, もまた, を出, を見, を見廻した, を覗きました

▼ 編輯~ (82, 6.3%)

4 任に 2 いそがしい時, ために, 北原武夫から, 方に, 方は, 方針を, 目的から

1 [64件] うまいと, おほせ, ことを, ためなり, ため唖, ため来訪, 上の, 上刊行する, 中心が, 事を, 人から, 人たちに, 仕事に, 仕事の, 仕事は, 仕事やら, 仕事を, 仕方における, 体裁に, 全事務, 全員じゃ, 労を, 卓は, 口を, 同人手, 命あり, 命を, 唱歌集が, 四谷文学という, 大きな事業, 如くなるも, 工合の, 席の, 徹夜の, 手を, 手伝いという, 手伝に, 手伝ひなん, 才能は, 拙き出版, 方が, 方で, 方の, 方やっ, 最大の, 業碩學すらな, 模樣も, 淺沼から, 為めなる, 用だ, 用件にて, 番に, 衝に, 要務に, 諸子なり, 議おこれる, 連中が, 部屋へ, 都合で, 都合とで, 都合上次の, 難しい仕事, 顔で, 體例は

▼ 編輯~ (62, 4.8%)

20 して 3 やつて 2 する人, 他人に, 終る

1 [33件] させる気, したり, たのむ, やった戸山, やめさせられた, やめるまで, やらされ翌年, やり芥川家, やること, やる事, エキストラとして, 了え, 今月は, 助けて, 引き受けて, 急いだため, 手伝うこと, 手伝ったこと, 手伝ってる断髪洋装, 手伝わせる事, 担任する, 止めたので, 殆ん, 決定し, 畢る, 監督する, 督し, 社員秋山君に, 終ったもの, 終り同君, 続行せし, 續ける, 誰かに

▼ 編輯~ (51, 3.9%)

2 となつ, と書いた, の入口, の窓

1 [43件] から出版, から風, だ, で九州, で交した, で忙, で無心, と定め, にし, にだけ白河半平, になっ, にはあらで, にはいつも, にゐたたまらず, に一日, に居る, に幸徳, に戻つた, に於い, に来た, に見れない, に隣れる, に鼠, のなか, の一同, の人たち, の安楽椅子, の方, の暖炉, はまだ, は昼, は活気, は純, へ出なく, へ毎日一回, へ現れ, よりを書い, らしい, をいそい, をも訪れた, を出, を横切っ, を辞した

▼ 編輯~ (49, 3.8%)

4 従事し 3 当って 2 当つて, 携は

1 [38件] いる, かかる, たずさわる以上, なる, なると, ゆかりが, よった, 与かって, 九鬼澹君が, 余念が, 依つて, 働いて, 入つた前年, 力を, 協力し, 協力した, 参与し, 參與また, 反映さした, 口を, 当りグループ, 当り完全無欠, 当ること, 当るの, 当れないの, 従うこと, 従事す, 従事する, 急がれて, 於いては, 来る, 無経験, 用いた部屋, 當る, 着手し, 間もなく私, 関係の, 關する

▼ 編輯~ (41, 3.2%)

9 ていた 6 てゐた 4 ている 3 てゐる 2 ています

1 [17件] それからキネマ, たり, たりした, たりそれから, てある, ておられる, ております, てこれ, てその, てレーニン, て居た, て居る, て見, よく原画, 出版した, 多少手, 該誌上に

▼ 編輯~ (34, 2.6%)

2 の好意

1 [32件] からきた, からこの, からの話, から一つ, から嘱, から持っ, から教えられた, が如何なる, だけの新年, であるこの, でどこ, にくらべれ, につとめ, にゐた, に勤め, に於, に活動, に送った, のこの, の取扱い, の名, の広告取り, の広間, の手紙, の求められる, の立場, の重立った, の顔ぶれ, へ対し, へ書面, を東京, を構成

▼ 編輯する~ (25, 1.9%)

3 ことに 2 さうだ

1 [20件] こ, こと, ことが, だけの仕事, とすれ, と云つて, と明治, について第, のか, のである, や, やうに, 北星にも, 小さな婦人雑誌, 所の, 時に, 理由に, 者に, 花月新誌の, 雑誌に

▼ 編輯~ (22, 1.7%)

1 [22件] こちらで, さすがに, しないつもり, つらいから, やめなさい, 主筆以下八名, 僕一人で, 各月當番一人宛にて, 実に周密, 少し困難, 山本有三氏これに, 必ずしもいつも正しくプロレタリア文化活動, 手伝って, 日本プロレタリア文化連盟に, 最終の, 此淋し, 気持ちの, 神谷鶴伴といふ, 自分の, 芥川家の, 苦手だ, 菊池の

▼ 編輯~ (21, 1.6%)

1 [21件] からの御, が縁, だという, という彼, とし, として働く, となり, になった, には肥塚龍, に呶, に私, の一人, の中, の二人, の川上洋典, の誰彼, の面前, は甚だ, は私, または社長, を常置

▼ 編輯~ (14, 1.1%)

2 の都合

1 [12件] にも色々, に於ける, の判断, の努力, の必要, の意匠, の手違ひと, の技術, の話, の識見, の関係, 最も面倒

▼ 編輯した~ (13, 1.0%)

2 もので

1 [11件] が鎌倉書房主人, もの, ものだ, ものである, ものです, アルベルト, 人は, 公文書あたりにも, 時その, 東大戦歿学生の, 筈である

▼ 編輯主任~ (12, 0.9%)

2 は種々, をし 1 たる私, でありました乙羽庵, としても活躍, となる, に攻撃, に田山花袋氏, は後藤宙外氏, をお

▼ 編輯会議~ (12, 0.9%)

1 [12件] でする, などでは糞真面目, にはあなた, にも出席, にも所謂進歩的, に借りる, の例会, はなかっ, も唯々, をした, を開き, を開く

▼ 編輯~ (10, 0.8%)

1 されて, すみましたらきつ, 出来るだけじゃ, 即ち預言, 多い, 漸つと完成, 終つたら, 終つてから, 終り再, 進行し

▼ 編輯された~ (10, 0.8%)

2 ものである 1 ということ, プロレタリア文芸辞典について, 動機は, 図録も, 方に, 映画で, 甘た, 跡が

▼ 編輯後記~ (10, 0.8%)

21 が書けてなかつた, にはこう, にはソ連, に短, をおくらせ, を見, を見たら, を見る

▼ 編輯~ (10, 0.8%)

1 があっ, があつ, である, で手, と大して, に用, は便宜上, へ出かけ, へ顔, を訪問

▼ 編輯~ (9, 0.7%)

1 あらゆる児童読物, くすぶって, 一方の, 二十円英和字典の, 個人雑誌を, 創刊号を, 多忙を, 工場内の, 新しい雑誌

▼ 編輯され~ (8, 0.6%)

4 ている 2 ていた 1 て平次, 三十一年一月に

▼ 編輯には~ (8, 0.6%)

1 なかった, まったく無能, 一人の, 中根淑氏が, 他の, 勿論発行, 当つた, 適切な

▼ 編輯~ (8, 0.6%)

2 之れ 1 しばしばわが, であった, である櫛田ふきさん, で小説家, としては私, の無礼

▼ 編輯記者~ (7, 0.5%)

1 が原稿取り, が筆, となり, ともあろう, に相, はなにか, も遂に

▼ 編輯助手~ (6, 0.5%)

2 として入, の永山 1 の卓, をし

▼ 編輯局長~ (6, 0.5%)

2 だか 1 といういかめしい, という珍妙, の織戸友吉, は大

▼ 編輯方針~ (6, 0.5%)

1 がなお, が常にグラグラ, と全く, にも時々, の中, の細部

▼ 編輯部員~ (6, 0.5%)

1 が引上げ, が新, だ, に対して必要以上, の三十名あまり, の間

▼ 編輯当時~ (5, 0.4%)

1 の雑誌, は皇后, 既に, 既に三山, 既に異

▼ 編輯責任者~ (5, 0.4%)

1 として尊厳冒涜, となった, の一人, の専門家的明識, を信じ

▼ 編輯される~ (4, 0.3%)

1 に違, までに集める, 傾向が, 時局雑誌

▼ 編輯せし~ (4, 0.3%)

1 むるの, めんが, 雑誌, 頃の

▼ 編輯~ (4, 0.3%)

2 校正も 1 切り盛りし, 大概夕方の

▼ 編輯同人~ (4, 0.3%)

1 のグループ, の戸山, の誰, をなし

▼ 編輯~ (4, 0.3%)

1 なるもの, の年々歳々, の最も, は普通

▼ 編輯~ (4, 0.3%)

2 の山本移山君 1 からその, はその

▼ 編輯~ (4, 0.3%)

1 がわるい, によって始めて, は嫌, を採らなけれ

▼ 編輯長室~ (4, 0.3%)

1 のなか, のまえ, へはいっ, へ呼ばれ

▼ 編輯から~ (3, 0.2%)

1 印刷から, 得る報酬, 頼まれて

▼ 編輯などの~ (3, 0.2%)

1 ことで, 仕事も, 美に

▼ 編輯事務~ (3, 0.2%)

1 にたずさわる, に携, のこと

▼ 編輯者たち~ (3, 0.2%)

1 でさえまさか, のルーズさ, は何

▼ 編輯者諸君~ (3, 0.2%)

1 が沢山, の大, は僕

▼ 編輯責任~ (3, 0.2%)

1 ですね, となり, に山本氏自身

▼ 編輯長自身~ (3, 0.2%)

1 が手, にも書けない, ほど犯罪

▼ 編輯せられた~ (2, 0.2%)

1 ということ, 時その

▼ 編輯でも~ (2, 0.2%)

1 女と, 校正の

▼ 編輯~ (2, 0.2%)

1 会計との, 外交の

▼ 編輯とか~ (2, 0.2%)

1 出版屋顧問とか, 校正とか

▼ 編輯なされ~ (2, 0.2%)

2 ております

▼ 編輯など~ (2, 0.2%)

1 やれたの, 手伝つてゐる

▼ 編輯~ (2, 0.2%)

1 かけて, 繋いで

▼ 編輯~ (2, 0.2%)

1 印刷の, 発行は

▼ 編輯~ (2, 0.2%)

1 とぶつかり, の註文

▼ 編輯局編成~ (2, 0.2%)

2 の任

▼ 編輯当番~ (2, 0.2%)

1 だったので, の寝言以上

▼ 編輯~ (2, 0.2%)

1 につけられ, の盤根錯節

▼ 編輯次長~ (2, 0.2%)

1 と社会部長, はわざわざ

▼ 編輯発行~ (2, 0.2%)

1 して, のため

▼ 編輯総長~ (2, 0.2%)

1 として重き, の椅子

▼ 編輯者式場俊三内田克己庄野誠一~ (2, 0.2%)

2 の三君

▼ 編輯~ (2, 0.2%)

1 が或, として三千圓

▼ 編輯部長~ (2, 0.2%)

1 か, に連れられ

▼ 編輯顧問~ (2, 0.2%)

1 として中戸川, をし

▼1* [127件]

編輯相談役には, 編輯したる目録, 編輯しなければならない, 編輯しようとおも, 編輯し出してからは, 編輯し直したところの, 編輯むとしたり, 編輯せしめ本草綱目啓蒙図譜山草部四巻を, 編輯せしめられしに碩學七八人, 編輯せねばならなかつた, 編輯その他何でも彼, 編輯そんなものは, 編輯だけに頗る文学的色彩, 編輯であるという点, 編輯できますか, 編輯というものも, 編輯とが私に, 編輯とを急速に, 編輯などにもほとんど口, 編輯などもやつて, 編輯ならいいが, 編輯にあたって解題を, 編輯についてのハガキと, 編輯によるもので, 編輯に関する多少の, 編輯に際して今は, 編輯ぶりです科学, 編輯ぎはにちよつと拾ひ讀みした, 編輯め女の徳, 編輯をも手伝って, 編輯に翻訳, 編輯の質疑, 編輯主題としてたがい, 編輯事務員として全力, 編輯人尾崎徳太郎の名, 編輯人時代を經, 編輯の二三雜誌, 編輯以後も, 編輯企画の行われた, 編輯会議執筆依頼状座談会への人, 編輯余話を執筆, 編輯余録といったよう, 編輯価値が素敵, 編輯になった, 編輯兎角締切りの, 編輯全体が右編輯部, 編輯全部をやっ, 編輯出版者にとっての最大誘惑, 編輯刊行する時, 編輯功用の要, 編輯十年間はおのれ, 編輯印刷發賣の便, 編輯及び出版の, 編輯受附出版屋相とも, 編輯員諸公からかなり, 編輯委員は哲學科, 編輯委員並に亡妻, 編輯委員会に関係, 編輯ともなった, 編輯室一同筆を止め, 編輯室下を応接所兼売捌場, 編輯にて語彙, 編輯局全体に一種, 編輯局内でゆがめられず, 編輯局員同志今野は去る, 編輯局工塲と約し, 編輯局独特の深夜, 編輯局長伊澤修二君命を傳, 編輯局長兼文藝部長兼婦人部長になつ, 編輯局風景でした, 編輯後出版前の作, 編輯御用書師和泉屋市兵衛須原屋茂兵衛共同出版の袖珍十九丁もの, 編輯贈, 編輯所兼発行所とし, 編輯所近くへ用達し, 編輯振りの匂ひも身, 編輯掛りを歸, 編輯整理に対する面当, 編輯として六十圓, 編輯方法である, 編輯明治十年八月出版の, 編輯時代に四人, 編輯書記外国語学校の露語教師, 編輯會議を開く, 編輯期日に迫り, 編輯の上, 編輯校正に当りました, 編輯活動家たちの社会性, 編輯發行して, 編輯相談会あり, 編輯着手のはじめ, 編輯のよい, 編輯者メ電車にはねられ, 編輯者ラスコーリニコフに見せた, 編輯者中僕の最も, 編輯者以外には美妙, 編輯者募集を職業案内, 編輯者対寄稿家という現代, 編輯者曰くお前さんも斯界, 編輯者曰く臥虎の二字, 編輯者楢崎勤氏私に命ずる, 編輯者等がいまだ, 編輯者赤衛軍劇場管理者その他と赤色陸海軍作家文学連合中央評議会, 編輯者赤軍劇場管理者などが集り, 編輯者辻森さんの言いつけである, 編輯者道とでもいうべき, 編輯者達がどうして, 編輯致し候, 編輯苦心談北劍の中野天門談, 編輯補助會計廣告取りなどらしい, 編輯記者宛に思はぬ, 編輯諸子の認むる所, 編輯議論にのみ日, 編輯費二三銭で二十五六七銭, 編輯部内の内情, 編輯部案を参酌, 編輯部次長というよう, 編輯長さんの越中, 編輯長ドクトル・ウィイゼンシュプルングは間際, 編輯長ミハイルが据わつ, 編輯長以下新聞社員一同これに和, 編輯長以外の人間, 編輯長末廣氏ト同車シテ町用先生ニ随従シ法廷ニ出レバ風愈ヨ烈シク雪, 編輯長櫛田ふきののち, 編輯長白河半平と刷っ, 編輯関係のもの, 編輯をクラブ