青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「線~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

綺麗~ 綿~ ~緊張 緊張~ 総て~ ~緑 緑~ 緑色~ 緒~ ~線
線~
線路~ 締め~ 編輯~ 練習~ ~縁 縁~ ~縁側 縁側~ ~縄 縄~

「線~」 6238, 67ppm, 1682位

▼ 線~ (1363, 21.8%)

50 上に 24 ように 17 ような 15 彼方に, 美しさ 14 上を 9 汽車の 8 下に 7 やうに, 上で, 太さ, 汽車に 6 ために, 中に, 幅の, 汽車が, 電車に 5 ことだ, 上の, 両端に, 列車に, 外に, 長さ, 電車の

4 [11件] なかに, やうな, 上から, 強さ, 形が, 柔軟は, 真上に, 突破は, 細さ, 間に, 霞の

3 うねりが, かなたに, くっきりした, 向うへ, 変化を, 彼方を, 微妙な, 方が, 方へ, 電車が

2 [71件] あなたに, うえに, すぐ下, とおりに, ところで, ところどころを, ところを, なだらかな, ひいて, 一つを, 一つ一つが, 一点に, 一端に, 上へ, 上まで, 上りにも, 下で, 中で, 中には, 中の, 交る, 交叉する, 交点, 交錯が, 何もの, 先の, 列車が, 列車の, 前には, 力が, 効果を, 動きの, 合する, 向端, 堅さ, 太い句, 密意に, 工事に, 引き重ねられた中, 形は, 彼方から, 或停車場, 方から, 方を, 様に, 欄に, 欄干に, 汽車で, 汽車は, 汽車へ, 火が, 発展の, 研究が, 研究や, 秘事を, 突破を, 終点に, 美を, 腰の, 踊り, 車を, 輪を, 連絡の, 部分を, 鉄の, 鉄道に, 長い列車, 電車は, 音楽としての, 顔, 食堂車に

1 [902件 抜粋] あじを, あたりに, あらはれ, あらゆる形相, あるところ, ある停車場, ある駅, いうこと, いかにみすぼらしく, うちが, うちでは, うちには, うつくしさ, うねって, うねりまるでピン, うるささと, おぼろな, かがやきは, かげが, かたさ, かなたはと, かなた遥かに, くぼみに, こっち側は, ことは, この低下, こんもり膨れた, ごとき何物, ごとく刺繍, ごとし, すぐ近く, その彼方, それであった, ためどろどろ, ための, ちがう汽車, ちょっと上, つよさ, ところだけを, ところどころには, ところにこそ, とどかないところ, どれとも, ない絵, ない顔面, はいった黄色い, はえぎわを, はっきりした, はひつ, ひかれて, ひきかたも, ひとです, ひらめく灰, へんに, ほかに, ほそい滝, ぼやけた無形, まじる紐, むこうまで, めぐらされて, ものが, ゆらめくたび, よい碑, よく整つた細, エの, カレや, ガイシが, コイル, コイルも, コンセントへ, トンネルだらけは, フラフ屋形モーター, プラットで, ホームで, マワリが, ユニフォーミティの, リズムの, 一つずつには, 一つとして, 一つ一つも, 一つ色彩の, 一の, 一方か, 一本一本を, 一端が, 一端には, 一筋の, 一角は, 一陣と, 三等客車の, 三等車に, 上でか, 上でなく, 上にね, 上は, 上僅に, 下あたりを, 下は, 下り汽車, 下赤塚駅から, 不明確, 両側に, 両端が, 並行せる, 中から, 中その, 中上へ, 中心と, 中心点に, 中間子なんか, 丸さ, 争いだった, 二番に, 二等車に, 交わる肝心かなめ, 交互関係に, 交叉点に, 交錯から, 交錯によ, 交錯点も, 交錯的な, 交響楽として, 交響楽を, 人馬は, 伸縮, 低い海, 何百倍何千倍に, 作用により, 供給を, 停車場の, 停車場苫小牧で, 偽瞞, 働らき, 光, 入ったズボン, 入つたヅボン, 入り乱れたもの, 全体が, 全部を, 八木原駅から, 兵営の, 兵隊と, 内側を, 内外に, 内部で, 凡俗さ今まで, 処で, 凹凸や, 出るの, 出現, 分岐點なる, 分布を, 切れたもの, 切れはしに, 切先を, 切断に, 切端の, 列車と, 初めごろの, 到来方向が, 刻まれた額, 前に, 力は, 力強さ, 勁健に, 動きこれは, 動きに, 動きも, 匂いの, 北の, 北の方ばかり, 北京, 区域さえ, 半にて, 南方に, 占領を, 印象と, 厚く入った, 取りつけも, 各原子, 合理性を, 向うから, 向うに, 向こうに, 向こう側から, 含蓄味それが, 吹浦象潟の, 周内, 和らかい所に, 問題だ, 問題は, 団子坂下です, 囲り, 埋って, 場合とは, 変化連絡によ, 外は, 外まで, 多いの, 多摩川原, 大きさ, 大問題, 大月から, 天井の, 太いそして, 太いノツソリ, 太い世渡り, 太い人物, 太い健康さ, 太い感情, 太い描いた, 太い特質, 太い男, 太い筆, 太い親爺, 太い顔骨, 奇しき律動, 奔放な, 奔流を, 如きもの, 如く枝, 妙味も, 始めから, 姿態の, 存在が, 存在を, 定理な, 定義でも, 実に卓抜, 実験に, 富士駅から, 寒駅の, 寸法なる, 小さな電車, 小切手で, 小片を, 小諸か, 小駅, 少くし, 少しずつ, 尺度が, 尾を, 尾根を, 尾根筋に, 岡山より, 島の, 川俟の, 工合で, 左右に, 幅〇・二粍は, 幅が, 幅は, 平衡を, 広がる時, 引き方, 弱いもの, 強調一点張の, 形だの, 形と, 形容か, 形跡を, 影や, 彼方には, 彼方の, 往路が, 待合室に, 律動により, 復旧で, 快勝が, 急行は, 急行列車に, 恐ろしさ, 情味蛍草に, 意味を, 感じに, 感じの, 態度を, 成増駅まで, 或る, 戦法であり, 戦闘位置に, 所に, 所謂第, 振動である, 振動という, 接合した, 描法の, 擦れ違う哀愁, 支柱の, 支配は, 放射器が, 故障だ, 数が, 数も, 数や, 数千里の, 整列を, 整理や, 數が, 断片の, 新田駅或は, 新連珠盤, 方は, 方向が, 方向の, 方眼紙上の, 方角から, 明晰を, 暗い車窓, 曲度, 曲折を, 曲直が, 最も大, 朝の, 木津川の, 末は, 末端が, 本庄で, 束だけが, 束であり, 松島へ, 林道を, 某駅, 柔か味, 柔か過ぎる, 柔らかさ, 栗橋駅蓮田駅久喜駅などが, 桶川吹上方面の, 構成に, 模様が, 模樣の, 欧洲から, 歪みの, 水, 池袋駅停り, 池袋驛から, 沓掛駅から, 沿線だけに, 沿線に, 波と, 波長と, 波長検定としては, 活, 流れが, 流れるところ, 流れる数, 浅草駅を, 深く刻みこまれた, 深まりを, 湊町ゆきの, 準急は, 灯あしだ, 煙と, 照明, 現はれ, 現れて, 生気に, 画に, 界首駅から, 痕が, 発展だけで, 発明者は, 発見者ゴールトシュタインや, 發見あり, 百三十哩沖で, 益田驛で, 相交, 瞬時的高圧の, 知人の, 研究でも, 研究に, 研究大越諄君の, 秘密に, 稀薄性が, 種類の, 窓掛を, 端には, 端を, 筆力と, 筆力を, 築城編成は, 篠ノ井で, 簡略化は, 粗らさと, 紫外線に, 細い外套, 細い影, 細い書体, 細い神経質, 細い輪郭, 細い頭, 細い顔, 細かくこみいった, 細きうち, 終点は, 終電車に, 組合せで, 経堂まで, 継ぎ目の, 網のみが, 線路から, 線路を, 美が, 美しい細面, 美に, 美事さ, 美事さ斯く, 聯絡を, 自然の, 茶色の, 落合川駅まで, 著しい移行, 虎斑の, 表に, 表情を, 被覆鉛管の, 装置が, 複線化などが, 複雑さ, 要所に, 見えるどっしり, 見える海邊, 触れ合ふ, 設定せられたる, 誇張と, 認識といふ, 調和などに対する, 調査を, 謂いである, 警戒に, 貨車を, 走り方, 起伏も, 踏切に, 躍動味が, 軌道が, 軟らかな, 転轍器の, 軽便鉄道の, 近い動物, 途中に, 這入った白い, 通じなかつた時分, 通って, 通過する, 造ったホルモン, 遊戯に, 運びの, 運動に, 遥か遠くに, 遮蔽下の, 部分は, 配列に, 配合, 配合によって, 配合やら, 重さ, 重なりその, 野道は, 量を, 針金道を, 鈍って, 鉄条網を, 鉄道工事に, 錯覚的調和と, 鍵を, 長いの, 長く伸び, 長短に, 閃きに, 開通で, 間の, 間は, 関係が, 附近に, 陣地から, 険しい鋭角的, 階段を, 集りが, 集団全体を, 電柱に, 電車だけ, 電車や, 電車を, 震えの, 非実在, 非常に, 音楽が, 音楽家が, 頃である, 頬から, 類が, 風も, 首筋を, 駅へ, 駆け巡るよう, 高さ, 鬢は, 魔術といふ, 鷺の

▼ 線~ (1290, 20.7%)

76 引いて 45 描いて 20 ひいて 19 なして 12 張って 10 突破し 8 越えて 7 もって, 辿って 6 たどって, 使って, 引いた 5 はって, もつて, 引いたやう, 引くこと, 引くと 4 作って, 引いたり, 引くよう, 突破する, 見せて, 見て, 見ると

3 [22件] えがいて, して, ながめて, なす, のばして, 伝って, 伝わって, 入れて, 出して, 切って, 利用し, 引いたよう, 引く, 引くの, 彷徨し, 描きながら, 残して, 決定する, 空に, 突破した, 通って, 食って

2 [69件] うける軒端, えらんで, かいた, たど, つくるの, つけて, つける, なすの, ひいたり, ひきその, ひきながら, ひっぱった, ゆるく田畝, 一分でも, 上へ, 入れたり, 入れること, 出せば, 切る, 切断し, 劃したりき, 北に, 取って, 右に, 境として, 太い繩, 奇麗に, 守ること, 守るため, 定めて, 巧みに, 布いて, 引いたところ, 引いたの, 引く事, 張った, 成して, 持って, 描いた, 描いたが, 描き出した, 描き出して, 描く, 描くこと, 放射し, 横に, 死守し, 消して, 特に曲線, 画いて, 発見した, 直線と, 眺めて, 確保し, 示して, 空中に, 突破し得る, 紙の, 経て, 荒い格子, 見ても, 見るよう, 論じた, 踏み越えて, 踰える, 逆に, 遮蔽し, 闇に, 離れると

1 [811件 抜粋] ああも, あたかも精神, あちらへ, あびせかけて, あびせかけられるかと, いくども, うごめかした, うちかけて, うちだして, えんえんと, おさめつつ, お張り, かけはなれて, かすめて, きったり, くいとめる, くぐり得て, ぐるりと, こういう曲線, こしらえたよう, ことごとく消し, これらの, さぐる, さけて, しきました, しなやかな, しばらく忘れ, すっかり盗み去った, すっかり蔽っ, そのま, その網膜, たどりやすい, たどる通行人, たよって, たるんで, ちぢめ最後, ぢつと, つかひ出したな, つかんで, つき上げて, つくっとるの, つくり出すよう, つけだして, つけるから, つたわって, つなげ, とおって, とっくりたどっ, どうにかいう, ながめたり, なしたの, なしながら, なし塊状, なすこと, のせて, はずれて, はっきり出す, はっきり自他とも, はなつあの, はらせるよう, はられる心配, はりましたが, はるよう, ひいたよう, ひいた紙表紙版, ひきに, ひきました, ひき更に, ひく, ひくその, ひくのみ, ひく時, ひっかけて, ひっぱって, ひろげると, ふせぐ方法, ふとぶとと, ふんで, ぼかしはじめたが, まっすぐに, みせた, みたら君, みると, みんな集めてた, むさぼる如く見つめて, もちこたえて, もった木橋, もった硬質硝子製, もつ物, もみ消すこと, よけいに, よほど離れた, わが大空艇, ゑがいて流れ, イデオロギーは, ドンドン破っ, ミトゲン線と, 一つも, 一つ引き違へても, 一寸でも, 一巡した, 一心に支え, 一握, 一本か, 一本一本叮嚀に, 一本二本と, 一本書け, 三筋ほど, 上げた琵琶, 下し, 下へ, 下関へ, 与へて, 並べたもの, 中途で, 乱したと, 亡父の, 人間が, 今は, 仏国人は, 仮想せね, 低め世界, 作った, 作ったわけ, 作り向き, 作るには, 作る原, 作る見込み, 保って, 修繕する, 傳ひ, 先に, 入れた区域, 入れられたの, 入れるか, 全然無視, 八本巻い, 公然と, 兼ねて, 冒して, 処女の, 出せ自分, 出て, 切り損ねて, 切断した, 切断せね, 判然と, 利用すれ, 前方に, 劃さね, 劃して, 劃するであろう, 加へて, 努めて, 動かすもの, 匂やかな, 区ぎりとして, 南へ, 原動力と, 取ること, 右上りに, 合奏し, 向うへ, 吸いとる時, 吸収させ, 吹き切っちまったん, 周密に, 品川へ, 唇の, 地上に, 地球じ, 基線に, 壊さぬ程度, 外せば, 夜の, 大地へ, 大空間, 天津に, 太くひっぱっ, 失わないよう, 女装で, 嫌々引け, 学びたがる, 守ったが, 守って, 守り敵, 守ると, 守るという, 守る人たち, 宙天に, 定めること, 小さく切っ, 小帆船, 少なくも目標, 川まで, 左に, 差込んだ, 巻きつけて, 布いた, 平らに, 平凡に, 広く守ろう, 底まで, 底部と, 廣げて, 延べそれを, 延長した, 廻らしたり, 引いたかと, 引いただ, 引いた丼鉢, 引いた処, 引いた地方的, 引いた城, 引いた後, 引いても, 引いてるでは, 引かないわ, 引かねば, 引かれた一つ, 引かれ感歎, 引きかけて, 引きその, 引きて, 引きはじめた, 引き上, 引き出した, 引き合って, 引き垂れ重々しい, 引き始めて, 引き延ばさずには, 引き廻る, 引き引き, 引き感激, 引き込むと, 引き飛ばして, 引くところ, 引くなんて, 引くべく構想, 引く歴史, 引けたので, 引こう, 引つぱつて, 引下げて, 引張つた渡舟, 弛緩させる, 張っただろう, 張つたこと既に, 張つて居る, 張らせられて, 張りましたから, 張り且つ, 張るため, 張るって, 強くさえ, 弾じなけれ, 弾ずるは, 形を, 形成し, 彩どる, 往復する, 待って, 後に, 必要と, 忘れて, 思いきりあらわし, 思うよう, 思わせる繊弱, 悠々と, 悠長に, 意味する, 感じそれ, 感じたの, 懊悩に, 手に, 打つもの, 抑へた, 投げる, 投げ東雲, 抛棄した, 押えて, 持ちまた, 持った三浪人, 持つたその, 持つ有, 持つ陸地, 指すので, 指先で, 指揮した, 掛けて, 探さなければ, 探す必要, 掴まうとしても, 描いたやう, 描いたり, 描いた一座, 描いた彫刻的, 描いた紙, 描かうと, 描きつ, 描き出す, 描き増さず減ぜず深浅平均, 描き手足, 描き色, 描き鎌, 描くという, 描くには, 描くばかり, 描く子, 描く白い, 描く舞台, 描ける筆力, 握る警備司令部, 撥で, 撫でて, 放射する, 数回巻きつけた, 敵に, 敷いたなら, 敷いて, 敷くため, 斜に, 断ち切って, 曲らずに, 曳いて, 曳かねば, 書き入れたらしい, 書き入れコンパス, 有って, 有効に, 望遠鏡で, 束ねて, 架するを, 柔らげ色を, 植えるの, 極度に, 横切って, 横斷する, 止めた形, 歪まし, 残すほか, 水ぎわに, 水平に, 決定し, 洗う波, 流れる江戸川, 流暢に, 消しに, 消し紙鳶, 深めるばかり, 清め王政復古, 渡って, 滲ませて, 炭坑の, 為し筋, 焦茶いろ, 焼く火焔, 物珍らしく楽しん, 犯さんと, 狙うと, 現し明治, 現出する, 現出せる, 生物線と, 生産する, 用い図形, 用ひたれ, 画き下, 画した五〇年代, 画すること, 画するもの, 画する段, 画せしめたの, 畫きしが, 異にし, 疾風の, 発射する, 発展させた, 発見しろ, 白い砂際, 白くし, 直したり, 直角に, 真っ直ぐに, 眺めました, 眺める, 破る武器, 磁力砲の, 私と, 稀薄に, 空間に, 空間内に, 突切つて三度河を, 突破させた, 突破できなかった, 立てました, 第二十六図, 築いた, 細い唇, 組みあわせた, 結びつけその, 絡う, 綯い合わせて, 綾なして, 綾に, 縦横十文字に, 繋ぐこと, 繋ぐ時, 置いて, 考えること, 肩越しに, 脱線し, 自身の, 芸術的に, 薄り, 虫眼鏡で, 行くの, 行くもの, 衝いて, 西の, 要せぬ熟蕃たち, 見た, 見ただけ, 見つぶし, 見ながら, 見はって, 見まもった, 見るかと, 見上げた, 見入ったが, 見凝め乍ら, 見出すこと, 見学する, 見廻して, 見詰めながら, 視詰めて, 覗き込んで, 觀測する, 触って, 計画し, 説明し, 読みかけた玉章, 譬へて, 走る大型, 走ろうという, 超えるや, 超さなくなつ, 越えずに, 越えたばかり, 越えやがて, 越したかと, 跨ぐ時, 踏みはずす心持, 踏越した, 身に, 軸として, 辿つた, 辿つて, 辿るの, 辿る心持, 辿る時代, 迂廻して, 追って, 送つて, 途中で, 這ふ, 通して, 通ったの, 通つて來る, 通りと, 通るに, 通過しまする, 造つたのです, 造つて速く, 連結し, 逸する心中もの, 遮るので, 遮蔽した, 選びつつ, 選んで, 配したズボン, 配した洋服, 重沛, 長く下, 長く引いた, 閉して, 間に, 間違えて, 附けた医専, 附け加えようと, 除却せん, 集めたんで, 雪の, 震わすよう, 青く刻んだ, 頭で, 飛び交わして, 飛び越して, 魅惑を, 鴨居の

▼ 線~ (712, 11.4%)

10 ある, 引いて 9 引かれて 8 出て 6 あって 5 ついて, ひいて, 入って 4 切れて, 張られて 3 あらわれて, 張って, 流れて, 見えた

2 [37件] あります, おそろしく単調, かすかに, きて, くつきりと, して, そこに, それに, ちがって, はいる, はっきりし, 不通と, 例の, 出来て, 切れるん, 又半, 土地の, 太いといふ, 底の, 底面を, 引張って, 張られたの, 敷かれた, 現われて, 盛りあ, 眼に, 私の, 空間に, 縦に, 縦横に, 見えるだけ, 設けられて, 走って, 造られて, 重々しいまん丸, 開通し, 開通した

1 [560件 抜粋] あがって, あきらかに, あき樽, あたって, あった, あつて, あらわした着物, ありその, ありました, ありますな, あり目付き, あり見飽きない母, あるかの, あるだろう, あるとして, あるの, あるのに, あるよ, あるよう, ある一時間, あれば, あんなにうつくしく, あんまり洗煉, いかにもいい, いく本, いっしょに, いったい幾重, いつの間にかぷつんと, いつの間にか何者, いのち毛で, うつくしい腰掛, うねうねと, おぼろげに, かいて, かつきり, かつちり, かなりたくさん, からまって, きつぱりし, きらきらと, ぎっしりと, くずれて, くっきりと, こっちの, このまばたく, このスモーリヌイ, この路, この近く, この間から, こは, これほど, こんな情景, さうです, さわるくらいの, しきりに出来, すっかり紙面, すべり落ちて, すー, そうである, そう無, そう簡単, そこでは, そのままに, その顔, それぞれに, それである, それ自身下向し, そんな話, たがいに, だんだんその, ちょっとばかり, できぬころ, ところどころに, とつぜんムクムク, とどかない, とどかないから, とどきました, どこかへ, どこに, どこへ, どのよう, どの程度, どんどん降っ, どんな名匠, ない, ないじいっと, ないという, なかった, なくて, なめらかに, なやましい, なよなよと, なんだかビクビク引っ, ぬるぬるぬるぬると, ねじ切られるという, のび, はずされて, はられかたっぱし, はられたの, はられアリ, ぱっと青江機, ひかれて, ひとりでに生き上っ, ひとりでに自分, ひと目で, ひろげられて, ふとい鋼鉄, ふるいつきたいの, ふるへぴつたり後ろ, へんな, ほかの, ほしいと, ほそいいわゆる, ほのかな, ほぼ直角, ぼやけて, まざまざと, まじって, またあなた, またも物体, またわからなくなっ, また不通, まだ夕明り, まだ通じない, まちがったところ, まつす, まるで白鳥, みえたり, みえはじめる, みえるね, もつれ下って, やがて交わる, やがて銀座, やせたため, ゆがんだり, ゆがんで, ゆるみほぐれて, よくこの, わからなくなって, わずかに, わるいん, グイグイと, シッカリと, シューシュー煙を, スッキリと, スーッと, タダメシで, ドス黒く, ビッシリと, ファシズムに, フンダンに, ブラブラし, レムブラントの, 一か所切れ, 一すじ薄う, 一ぽん, 一寸した, 一度は, 一所たわん, 一文字に, 一本ずつ, 一本づつ浮き出, 一本紫いろの, 一枚の, 一気に源三郎, 一点を, 一致し, 一部徒歩連絡で, 丁度鼻, 万一何, 三つきざまれ, 三条あっ, 上ったり, 上下に, 下向する, 下水です, 下細り, 不明と, 不規則な, 不通に, 両方の, 両端に, 丸く頬, 主であり, 二つ黒板の, 二三度上下に, 二本ある, 二筋三筋ほど, 互いに深刻, 互に相, 交わらねば, 享有し, 今でも, 今よりも, 今少し, 代用しとる, 伊曾の, 低くて, 佐竹津軽両家の, 体躯の, 何か, 何が, 何ともいへず, 何の, 何本も, 先の, 光彩ある, 入つた処, 入る, 全く許されない, 全然切れ, 八本並ん, 兵馬の, 出る, 出ると, 出るという, 出る必要, 出来あがりその, 出来た時, 切れたため, 切れも, 切れタンバックル, 切断され, 切断された, 切断し, 前後左右から, 劃された, 動き白い, 動搖する, 北アルプスに, 十一月三日には, 千浪に, 又そっくり, 古めかしいもの, 右の, 右へ, 合つて居る, 命中した, 器の, 器械から, 四条あっ, 四角の, 地に, 堅くて, 増殖中の, 変に, 大正期に, 大海を, 大陸を, 天半を, 太い, 太いから, 太いが, 太くてか, 太くなった, 奇妙に, 奔って, 奥の, 奥へ, 奥歯の, 如何に, 如何にも初々しい, 如何にも柔, 始まって, 存在し, 存外はっきりし, 宇宙の, 室内の, 射して, 尻っぽ, 屍体を, 山田の, 岐れ, 岩を, 左右に, 布いて, 平行に, 幼少年時代の, 幾つにも, 幾つも, 幾本も, 幾筋と, 幾重も, 底面内を, 庖丁の, 延びて, 引かれるの, 引き込まれては, 引っぱって, 引散らし, 張られその, 張られた, 張られた後, 張られた訳, 張られ櫛, 張りつめられて, 張り切れそう, 張り渡された, 強いて結んだ, 強すぎた, 当ったと, 彩って, 彼の, 徐々に又は, 得られる, 微妙な, 怕ろしく, 急に, 恰度その, 悉く此径三尺, 悉く青地, 情を, 意志の, 戦争中から, 折れたよう, 持って, 接いで, 描かれたが, 描かれて, 描かれ始めた, 描き足して, 放射された, 散文の, 斜めに, 断たれて, 早く変質, 明かに, 明かるく, 明に, 春夏秋冬神祇釈教恋無常を, 暁空に, 暗い駕籠, 最も複雑, 最も適当, 望まれた, 望まれる宗務所, 本質的に, 来たので, 東は, 松本へ, 果てなく闇, 架せられてるの, 楔状骨に迄, 横たはる, 横たわる, 横つてゐる, 欠けた, 正しかった, 正しく東西, 此の, 歪められたきり, 殆ん, 残されるばかりに, 残って, 残る, 残る位, 殘る, 気に入らないと, 氷罅の, 永久に, 江戸前で, 池中を, 沙漠の, 活動し, 流るるごとく一文字, 浮び出て, 海から, 海の, 海面まで, 消えて, 消えると, 満遍なくふさい, 滅茶滅茶に, 滑かに, 滝の, 滲み出ると, 漸く數年前, 火に, 無気味にも, 無限に, 燃えるよう, 爆弾に, 牡丹の, 現れか, 現れるの, 現わし, 現われそれ, 現われたり, 甲府まで, 甲武鉄道と, 登子に, 白刃の, 白峰山脈と, 目撃者に, 目立った, 直線に, 真にそこ, 真中まで, 眼の, 眼立つ, 眼鏡の, 着いて, 矢張時代といふ, 石墨で, 破れるかも, 秘くされ, 空に, 空の, 突然ゆれ, 窓いっぱいに, 立ち騰っては, 等しいという, 筋に, 管の, 細い, 細いと, 細く時勢, 細く松蔦, 細過ぎ, 細過ぎた, 細過ぎる, 結びつけられて, 結び合って, 絡まって, 継がれて, 網を, 緊張の, 締めくくる急所, 縒の, 縦横無尽に, 缺けて, 美しいとか, 美しく交, 老人臭く, 肩から, 脳の, 脳を, 色々の, 複雑に, 見えたり, 見えて, 見えない, 見えなくなって, 見える, 見えるだろう, 見えるでしょう, 見られた, 見る人, 見る見る力, 見る間, 見当たらぬのに, 豊かに, 赤の, 赤ぼんやりと, 越えにくい, 踊り子の, 躍り染めて, 軽く着い, 近いこと, 這入つて, 通ったの, 通って, 通り東西, 遥かな澄んだ, 部分的に, 重要なる, 銀色に, 鋭く折れ, 鋸の, 鋸歯状に, 鏡の, 長くなった, 長方形の, 開通しない, 開通しまし, 開通する, 闇の, 闇を, 随分沢山つい, 隔てた二人, 集って, 集まって, 集約する, 離合集散の, 雪の, 雪田の, 霞の, 霞み出した, 露わにみえ, 露出し, 青白い影, 頭から, 頭の, 風に, 風景を, 食えるか, 高まったの, 魔物の, 鳴ったのに, 龍造寺主計だ

▼ 線~ (602, 9.7%)

31 沿うて, 沿って 17 なって 9 立って 8 そって 7 火を 4 そうて, 出て, 半身を, 添うて 3 して, 多い隧道, 沿ひ, 結ばれて, 触れて

2 [20件] ある, しても, ひっかかった, 並んで, 乗って, 向って, 引っかかって, 止って, 沿ったもの, 沿っては, 沿ふ, 波打つて, 添って, 現はれ, 縁りて, 近い田舎, 退いて, 達したわけ, 重きを, 長くその

1 [428件] あたった人, あたると, あった, あつて反対, あなたの, あらはれる初めて, あるお, あること, あるでしょう, ある中流, ある新潟, ある様, いかなる響, いたかを, いたらずて, いちじるしい精神主義, おろして, かかった時, かかっちゃ, かけ楕円, かこまれた広い, かすかな, かすんで, かち合わないところ, からだじゅうの, からだを, きゅうりの, くっついて, さしとおされて, させたの, しずみかかった太陽, しずむと, したがって, したつて, しましても, し部屋, そうた, そう農村, そえるもの, そった新しい, そっての, その大軍, その輝く, ただ目を, たつて, たれさがって, ちがいない, ちぢまり焼岳, ちょんぼり, ついて, つきさされないで, つくべきだと, つないで, つながって, つながつて, つながれまぶしい, とび上がるほどの, とまって, なった, なつた, なつたり, なつて, なつてこの, ならなければ, なり上品, なる, においが, のこると, のぼろうと, のると, はるかに, ひっかかったと, ひっかかった怪しい, ひっかかって, ひっかかること, ひっかかると, ひつか, ひつつい, ひッ, ふとしたこと, ふみこむこと, ぶつかると, ぽっちり灯り, ぽつりと, ぽつんと見え, まぎれも, またがる日本, まつはりつい, まとめ上げた微妙, むしり取られて, よく合つた, よりて, わかたれこれ, グツと, スパークする, 一ヵ所かすかに, 一定の, 一抹の, 一本でも, 一点に, 一筋たちの, 三本煙突二本マストの, 不気味な, 並び皇帝, 並ぶその, 並ぶの, 並行させた, 並行し, 並行しよう, 並行に, 丸みが, 主き, 乏しいところ, 乗じ今, 乗った, 乗ったと, 乗った時, 乗つた, 乗りかえて, 乗りこんで, 乗り八王子, 乗り出して, 乗り換, 乗り換えそして, 乗り換えて, 乗り換えは, 乗り換え練馬駅, 乗り替えて, 乗り替えようと, 乗り替へて, 乗る, 乗ること, 乗るため, 乗ると, 乗る段, 乗る母, 乗換えた, 乗換えたが, 乗換えて, 乗換る, 乗替え, 乗替えた, 乘つて奧に, 乘りかへて, 乘る, 乘換ふれ, 乘換へ, 井戸の, 伝って, 似た繊条, 低くなり, 体を, 何とも云えぬ, 何んかの, 傾き大空一杯, 傾くにつれて, 優しさ, 入つて, 入つて涙, 入りました, 入ると, 入れると, 全軍, 六個方陣を, 再現され, 出合った, 出没し, 分離させる, 切り割かれて, 切り変えて, 切断され, 列んだの, 別れて, 到著したと, 刺し透されたと, 刻まれて, 副った, 劃して, 動員した, 区切られて, 反射した, 反映し, 反響し, 収容された, 取り包まれたとき, 口火を, 合って, 合わせて, 合致し, 吊り下って, 向っては, 君臨しだし, 吸収され, 命名する, 囲まれた夜具, 城内の, 堤の, 変って, 変わった, 変わって, 変化し, 多くの, 完全に, 宝沢法人が, 小さな帆前船, 少し低い, 就いて, 尾を, 展望が, 属して, 島が, 帆掛舟が, 帰する, 帰せなくては, 延ばして, 延びる連山, 弓なりの, 引っかかったと, 引っかかっても, 引っかかるそう, 引っかかるもの, 引掛つてる, 当る, 当る星, 彫みして, 影響されない, 従わせること, 従属させ, 從つて鳥の, 怒って, 怖ろしき, 成つて其の, 或る, 手綱を, 打つ付, 持って, 指尖, 振動を, 接触する, 接近しよう, 描かば, 擴がる, 新しい要素, 方向転換を, 於いて, 於て, 於ては, 明智勢を, 晴れた日, 暁が, 更に面, 有るか, 来ると, 杭を, 柔らか味を, 極限される, 横わっ, 機の, 歎けども, 止まった, 正しく乗っ, 殊にあらわ, 比べれば, 没し去る, 沿いて, 沿うたの, 沿うたもの, 沿うた地方, 沿うた風, 沿うてしか, 沿うの, 沿う左胸部, 沿う抑え, 沿う社会革命, 沿おうという, 沿ったどういう, 沿った各行, 沿った小さな, 沿った目安, 沿った砂浜, 沿った郊外, 沿っての, 沿つて, 沿つても, 沿つて丘陵から, 沿つて大きく, 沿つて荒島赤江安来の, 沿て, 波に, 注意を, 浮いて, 海を, 添いおぼろ, 添ってという, 添つてなめらかに, 添つて積み重ねられなかつた, 準じた築城, 滲み出るの, 漂う白雲, 火が, 灰いろ, 点々と, 点火し終った, 点火し終る, 照射される, 物憎い美し, 現そうとして, 現れやしません, 現れるの, 甘んじること, 生えてるの, 生きて, 生命が, 由りて, 由り小山, 留った処, 當る, 白墨を, 盛に, 直した地震, 直角の, 相並ぶ, 眼を, 着くと, 移った, 移って, 空の, 立たしめん, 立たせて, 立ち得る資格, 立つ人々, 立つ全, 立つ水柱, 立てられてさ, 等しいと, 糸で, 紅隈を, 絡まって, 続いて, 縋つて通, 縦に, 繋って, 置かれて, 膠づけ, 膨らみも, 至つて悲劇が, 若い生姜, 落して, 落ちようとして, 落下し, 血が, 行成の, 複雑な, 見える, 見える横断道, 見え一個, 見つめながら, 見ること, 見惚れて, 規則正しい間かく, 触るるなどと, 触れたの, 触れないと, 触れる, 触れるか, 触れるところ, 触れる実在, 触れ宗教感, 触れ道念, 調子を, 貫いて, 貫かれたその, 赤いライン, 赤い線, 起伏の, 跨ってる人間性, 踏み停って, 踏み留りました, 踏留つてほくそ笑ん, 身を, 辷って, 近いもの, 近い大気, 近い或は, 近い波打際, 近い空, 近き所, 近くひくい, 近づいた傾き, 近づいて, 近づくと, 逃げ込んだ, 這入る, 逢着すべし, 連接し, 連絡する, 連関し, 過ぎず市内, 過ぎないの, 達するまでの, 達する事, 違いない, 配して, 配置し, 長野へ, 關する, 陣を, 陣地を, 陸地が, 隆々と, 随って, 隔てられて, 電流が, 電流を, 電車が, 霙の, 青と, 青線, 静まりかかると, 音波を, 響を, 食われて, 馳けて, 髪の毛が, 黒い点, 黒く畝, 黒煙が, 鼻ッ先に

▼ 線~ (383, 6.1%)

3 彼女の, 相交ら

2 [15件] そう祈る, どこまで, ない, ないから, 一つも, 互いにならんだ, 切断される, 張られて, 張を, 彼の, 最後の, 私の, 線だ, 遙か, 非常に

1 [347件] あと三分, あの初め, あれは, いくらか長く, いつまでも, いふばかり, いまだに完成, いよいよ部屋, お世辞, かえって弱められる, かなり荒い, かの黄色い, きみの, くずれずいつも, くびれたよう, ここに, ことごとく引っ, ことごとく解体, このよう, この場合, この手法, この瞬間, この間に, これと, これら天界の, こんどは, さっきの, しぜん, しなやかで, すでに現われ, そこで, そこまでは, そのコールタール, その上, その右, その大, その左, その強烈, その性質上, その木樋, その絵, その走り具合, それである, それまでに, それらの, ただぼーっと, ただ一本, ただ便宜的, ただ木, たとえよう, ちゃんと別, つき出した絶壁, つねにここ, できた, とおく頭上, ところどころとぎれ, とどきません, ともかくくっきりと, どこにも, どこまでも, なかなか面白い, なくて, なくどの, なだらかに, にわかに附近, はげしく艇, はっきりし, はっきり見えなかった, ふだんでも, ぺてんか, ほそく未, ほとんど直線, ほんのお手伝い, まことに玉, まず牛, まだ全通, まだ十分底面内, まだ酸鼻, まっすぐに, まっ黒な, まるで大, まるで幻想, まるで機関銃弾, もしそこ, もつと, ものすごく大空艇, ものものしく張られた, やはり官線, ゆったりと, ようやく繁く, よく仔馬, よく通る, よしんば短く, わしの, われわれの, アルファ線が, カッチリ, ガックリ北, ナポレオンが, ハートシーズの, バットの, バーデンバーデンの, ブスブス燃え, ワルキといふ, 一支も, 一方向き, 一流の, 一点一劃を, 一里半乃至二里位可有之被存候, 一頁に, 三十センチの, 三年ほど, 上, 上に, 上手に, 下から, 不相変, 不通に, 不通の, 主都建業, 之を, 乘換, 乱暴に, 二つ残っ, 二人の, 二十人で, 互いにある, 交らない, 人格の, 今や細く鋭く, 今度は, 伊豆半島の, 会の, 伸縮自在に, 何か, 何から, 何よりも, 何カイリまで, 余分な, 余程清算, 停止し, 偶然に, 像の, 僕が, 充分に, 先ずむつかしい, 公用軍用鉄道の, 内面の, 再び同じ, 再び折れた, 冒しても, 凡て同, 出来ません, 出発点から, 切れる, 剛毅で, 力余って, 勇壮な, 動的全, 勿論あまり広かろ, 十分と, 半ば遠近法的に, 南と, 只の, 器底に, 地唄に, 夕暁の, 多分水素, 大小無数の, 大抵ガラ空き, 大抵雲, 大概その, 大空艇にあたって, 大隅学士の, 天涯から, 失わずに, 存在しない, 宇治山田の, 完全だった, 完全に, 実にひどう, 実にほ, 実に特殊, 実際に, 容易に, 寂しい空虚, 密着し, 寫實的で, 対岸の, 少くも, 少しも, 少なかつた, 山体に, 山脈に, 崩れて, 巨匠の, 常に伸び, 幅の, 幾度か, 幾度見廻し, 広くて, 底辺を, 度々踰, 廃止された, 延長四分の一哩に, 建物に, 引くん, 張って, 形象の, 彼らが, 往った, 後頭部に, 必要以上に, 急に, 急劇, 憶い出せない, 所々薄ぐろく, 手に, 放射状弱線と, 整理され, 斷崖絶壁と, 日にか, 日本内地にも, 日本弧島の, 明るく白, 映りませんから, 時に補景, 時折瀬戸内海の, 更に大きな, 曾つては, 最も急, 最高の, 服の, 本所を, 本来二分チョッキリで, 東京より, 横に, 此現象の, 武装した, 死守する, 殆ん, 段々明瞭, 永久に, 決して妙音, 決して最近, 決して見いだされぬ, 海岸の, 海底に, 消え失せて, 淡い幻, 深く入らない, 温度が, 滑膩油澤なる, 漠として, 灰色の, 無いも, 無論に, 無限遠, 焼けたもの, 燃えきつ, 特異な, 現在から, 甚しく, 生に, 生物から, 用心し, 甲斐駒ヶ岳山脈の, 画幀の, 白くそして, 白銀に, 白鳥の, 目下停止し, 直ちに徳川期, 直線に, 直線的な, 相交, 相交わらない, 相合する, 眞宗の, 真桑瓜や, 着氷, 磨かれなかったに, 種じゅの, 空まで, 空中に, 空高く, 突破されず, 笹木邸の, 管内の, 素人には, 経済問題と, 絵の具や, 絶えず背後, 絹糸の, 線描家としての, 美しいです, 聖靈の, 色彩の, 芸術的と, 薄白い, 薔薇色に, 衣服や, 装飾の, 裾野の, 西北より, 見えなくなって, 見かけほど, 見かけほどは, 見事だった, 谷の, 赤, 踏み越えようと, 身ぶるいを, 車も, 軟らかいし, 速度, 遠い北アルプス, 遠くし, 重さ, 野天に, 針の, 鉄の, 鉄砲の, 鉄道工事の, 鏡の, 長いな, 長い長い木曾川, 長楽寺双, 開通いたしました, 防柵を, 陸に, 障害と, 隧道より, 霧粒の, 面白いこと, 須らく無限, 頗る怪しい, 頭上はるかに, 類型に, 飛鳥天平の, 高い, 高く美しく築かれ, 鬢の, 魏延の, 黒く黒くうねり, 黒部川の, X線よりも

▼ 線~ (245, 3.9%)

14 なって 7 線との 5 色との 3 なつて, 線とが, 色と

2 [16件] いえば, なった, ほくかすれゆけば, 交叉し, 同じ光, 垂線の, 平面と, 程よい近景, 色とが, 色とは, 色とを, 色彩とによる, 見做, 電気と, 面との, 面の

1 [178件] あざやかな, ある角度, いい, いうと, いうので, いうよりも, いかにもよく調和, いたいたしいまでの, いまひいた, いわれるの, うねりで, おなじ太, かさなりあった家, くっきり雪, この二つ, この線, さ, しかも微, して, すると, その口, その性質, その手, それから, ちがって, なくとけ合っ, なしたるが, なす, なったかも, なったこと, なったの, なったもの, ならんこと, なり字, なり放射性物質, なり矢嶽, なり透明体, なる, なるには, なるを, なれること, ぴったりした, ふくよかな, ほぼ並行, よく釣り合, よんで, わびしい直角, スカイの, ポールとが, 一致しない, 一色の, 上衣の, 下り線とに, 下り線との, 並んで, 並行の, 云いその, 云い梢, 云い面, 云つたら, 云わるる満蒙, 云われて, 互違いに, 京津線との, 他の, 全体の, 前からの, 劃を, 化して, 北回帰線の, 南北線とに, 吃水線の, 合致する, 同じく胸, 同じだけの, 同じよう, 同じ色, 同じ路, 同じ長, 同似, 同様真直ぐに, 名づけられる時ロバチェーフスキー・ボーヤイ, 名付けその, 名付け細胞分裂, 呼ばれる生物, 呼ぶ人, 呼鈴線を, 四国鉄道とを, 外光との, 多くの, 大なる, 夫に, 姿態に, 実によく調和, 巣鴨線と, 巧みに, 廣重の, 形と, 形の, 形式とを, 形様式と, 彩色とで, 影の, 思わるる霞, 成つた, 所在兵力に, 接觸を, 数字の, 斑点と, 明暗とで, 星とが, 横たわる黎明, 歌麿の, 殆ど顔の, 氷雲, 浪と, 浴槽の, 淡彩から, 点だけ, 点だけが, 点と, 為ししは, 瓦斯が, 申すもの, 画とで, 疑問線という, 白い陶器, 相合し, 眼の, 眼窩の, 石城神社の, 神籠石の, 称されるもの, 称するの, 稱すべき, 符合する, 第三長線, 第二, 紅い唇, 紋を, 素人らし, 細い真直, 組立とが, 線が, 美しい影, 美しい色彩, 色で, 色の, 色は, 色彩とが, 色彩とを, 色彩によって, 色彩の, 色調と, 蝙蝠の, 表通りの, 装飾と, 複雑な, 言う, 言うので, 造花の, 逢いきっ茶店, 運命線は, 違って, 重力との, 金牛宮処女紋と, 鉄心, 鉛筆の, 銀の, 陰影を, 陰日向とばかり, 雖も, 静かに, 面と, 音との, 高低線に対しては, 高架線より, 高貴な

▼ 線~ (225, 3.6%)

4 御帰り, 描かれて 3 あらう, もって, 描いて, 示して 2 あつた, 出来て, 右半分が, 山上の, 故郷へ, 東京へ, 消されて, 縁取った, 繋いだ木柵

1 [187件] あしぶ, あそこを, あつたか, あつて道路, ある意味, いうならば, いちいちその, お腹いっぱいに, かけられたかぎ, かこまれた身体, かなり固く, くっきりと, ここに, これほど, さっさと写しとっ, さつさと, しかも典麗, しごく飄逸, して, その手, その豊満さ, それを, たくさんの, たつた一人, ちら, つくった蜘蛛, つつかれた痕, つながれて, どこまでも, どの駅, ぴたりと, ぼかされたみごと, まるは, むすばれ民族, むすびあわせて, やかれるとは, やせて, やっぱりグルジア, ゆかずに, ゆくの, アイ, カフェ, ガメ虫, クーと, グングンなすっ, ハヤブサ丸の, ベルリンの, ヨーロッパ風な, リアリティを, 一昼夜揉み潰され, 一時間ほど, 七時間半も, 下諏訪の, 中断された, 人体の, 他の, 作つたルネサンス式の, 促進される, 停止し, 充分である, 入り浸って, 八木原駅に, 其処が, 出せば, 出来あがって, 勃発する, 動橋行きを, 包囲し, 区切られて, 厚く竪, 吊って, 吊つたあぶな, 名古屋へ, 周圍の, 四日市の, 団子坂の, 囲った記号, 囲まれきちんと, 囲まれた水, 囲まれて, 囲み平面を, 固く栓, 国際的に, 地図面に, 地平を, 大衆に, 大連の, 太い輪廓, 妙な, 姫路へという, 子供の, 完全に, 対峙する, 射たれると, 山の, 巧みに, 巻き立てむずかしい, 巻き銅線, 市の, 帰った新宿, 帰ろうと, 形を, 彼我一致の, 愛情の, 感応作用を, 拵へ, 描いた美しい, 描かれた人生, 描かれた大きな, 描かれた形, 描かれた指節, 描かれた牡丹, 描かれた色, 描かれなければ, 描きあてられて, 描きそれに, 描き上げた小幅, 描き倒して, 描き出されたフクチャン, 描き出しても, 描く, 攻撃し, 新潟県を, 書いた頭蓋骨, 書いて, 書かれて, 書き込まれ占領地点, 朝鮮明国呂宋暹羅などにわたる, 模様が, 次から, 欧洲から, 池袋へ, 河上肇博士が, 浮びあがる自分, 海の, 消した分, 火薬を, 無限に, 煙も, 照らして, 照らし前, 燃え立つばかりに, 物を, 現れます, 現わし, 現わす, 現われる, 画く者, 発車する, 白黒の, 相対し, 相対峙, 相手は, 示された航路, 示された鉄路, 示せば, 箱根へ, 籌子夫人し, 細長い感じ, 結びつけて, 結ぶ, 結ぶならそれ, 統一され, 縁取っ, 美しく変化, 薔薇の, 表された蛇, 表現した, 西へ, 見るの, 記された, 記憶に, 諏訪まで, 貫かれて, 赤裸の, 軽業を, 辿るから, 追求する, 通れませんと, 通過する, 進みしかも, 進行し, 進駐軍の, 金銭を, 露はに, 風化する, 高田馬場へ

▼ 線~ (84, 1.3%)

2 ずうっとうし

1 [82件] あれば, こうして島国日本, ことによったら, この怒, ございませぬけれども, さびしいの, ずうっと, その翌日, それだけうまく, ちゃんと同じ, ついにとどかない, でて, ない, なかった, なく凄いよう, なしに, なんの, ひっぱって, また破られた, また重要, まだ決して盛り, まとめて, もう完全, やがて交, ろとも, 二つながら切れ, 人間のと, 他の, 何も, 健康さうだつた, 充分な, 全く消失, 半ばわかつ, 同様であった, 和んだだろう, 壁には, 大きくなげ出し, 天と, 太く能働的, 太ければ, 婦人に, 完全に, 屋根の, 山々の, 山嶺の, 左から, 引かれて, 引かれなかった, 引かれは, 引くこと, 引けないわけ, 張らねえのに, 或時, 打ちこわし, 打撃を, 易々と, 案外簡単, 此処で, 此年頃の, 残忍そうに, 消えてら, 炭アーク灯の, 瓦斯管も, 確認された, 細かい彫り, 細く綺麗, 終点に, 緊密に, 織田家の, 翳の, 考えて, 至って整然, 花輪線も, 見えないから, 見えなければ, 誠に不思議, 越えて, 途切れ, 量も, 長い流動, 電話線も, 黒くなる

▼ 線~ (81, 1.3%)

4 色の, 面は 3 点が 2 おびただしい破片, 点を, 色彩を, 面や, 面を

1 [60件] その黒白, つり合いが, つり合いは, では, ほのぼのと, ガンマ線が, ケーブルに, ラジウムの, 何かが, 元素の, 光である, 光や, 円味を, 原子核に, 図などで, 圏点が, 塊に, 塊は, 彎曲面の, 形の, 形や, 形を, 彫像の, 恰好や, 接地板の, 斑点が, 旗では, 明暗の, 昔夢二が, 河川の, 流沙に, 点で, 点は, 点や, 異様な, 眼下に, 眼鼻唇などを, 等圧線は, 筋丈けは, 紋と, 細い線, 色あいとは, 色で, 色に, 色を以て, 色彩が, 色彩である, 色彩では, 色彩は, 色彩や, 菱形模様等である, 落着きの, 薄暗い線, 衣服の, 表情に, 襞が, 角などで, 角の, 長すぎる, 黒髪の

▼ 線~ (76, 1.2%)

4 にある 3 に於ける 2 に一本, に並立, に二つ, に在る, に浮い, に薄, のもの

1 [55件] からよみがえった, で二百十二度, にいる, にうめい, には一階, に並ん, に乗りおる, に人, に仰い, に占位, に合体, に救助船, に数個破裂, に於, に浮いた, に浮かびあっ, に浮かび上っ, に浮かぶ, に現れ, に現れた, に現われ, に現われた, に現われ出る, に相模, に立たされ, に立っ, に美々しく, に船隻, に見たる, に豆, に連, に集注し, に顕れた, に高く, のしかも, の一つ, の二個, の南十字星, の新しい, の方向, の星, の曙紅, の焦点距離, の特殊, の課題, の進歩性, の重心, の陸影, の雲上, の電信記号, を歩い, を行く, を走る, を通過, 第一

▼ 線から~ (73, 1.2%)

2 して, エネルギーを, 浮んで

1 [67件] あらはれて, あるいは古, ある線, うきだして, うち見, おのずと発生, かなり距, くる奇異, こなたの, ちょいとでも, とれる交流, なる幾何学, はじまるひろく, はみ出して, ウント北へ, スキイの, ピストルの, ピンセットで, ポストの, 一分でも, 一歩も, 下の, 主人公の, 二十マイル以上は, 倦い, 先の, 出た者, 出ないよう, 別に二本, 区切られて, 地面を, 外ずして, 外へ, 女子と, 始まつて, 山陽線にかけては, 成るそして, 放さなかった, 斜に, 来ると, 来る感じ, 東北方へ, 東海道を, 構成の, 江の島が, 煙が, 独立しなく, 登って, 皺枯れた, 直射する, 稍, 立上り其の, 続き, 脱落した, 腕を, 見た男性, 見付けますから, 跋渉を, 迂回し, 追い出された組, 進出し, 離れて, 電気を, 飛んで, 駿州側へ, 高くて, 高梁川の

▼ 線~ (45, 0.7%)

2 乗って, 辿りついた百米選手

1 [41件] かけて, つれて, でる, ひっぱり込まれ警視庁, 一括する, 並ぶ, 乗つて, 乗り換えて, 乗り替えてからは, 乗ると, 乗換えて, 乗換える停車場, 出かけて, 出して, 出で, 列車が, 半円を, 変圧配給され, 外れさえ, 対して, 導くの, 幽霊と, 引き揚げようと, 従事した, 戻る列車, 接近し, 朱の, 残したまま海水, 水平に, 沿って, 流れこむ電流, 流れ込みたり, 火を, 点火したではござりませぬ, 犬が, 移ったの, 移る余裕, 立ち戻る事, 訴えの, 近づくと共に, 這入つて

▼ 線には~ (44, 0.7%)

3 幅が 2 ある癖, ならない, まざまざと, 必ず幅

1 [33件] あらず, ありませんね, かなりの, ただの, なって, ガラ空き電車が, スチームが, 一条の, 一物も, 乗らなかった, 二条の, 他の, 初期未醒の, 参加し, 多少の, 女給が, 居られなくな, 届かない, 幅は, 急行が, 敵の, 日本左衛門の, 日頃から, 有力な, 決して概念的, 添いつつも, 火が, 特に心, 立木の, 色々の, 難訓の, 雲も, 黒い雲

▼ 線という~ (28, 0.4%)

7 ものは 5 のは 2 ものを

1 [14件] ことに, ことを, のが, ものが, ものの, やつは, 二つの, 名の, 奴は, 恐ろしい放射線, 直観を, 線が, 線点という, 言葉に

▼ 線との~ (21, 0.3%)

3 間に 2 間には

1 [16件] あいだに, もっとも都合, 両道を, 中間に, 交錯を, 分離で, 大きな静か, 微妙な曲がり, 最も都合, 構成的成功が, 諧和の, 連繋は, 配合以外の, 間が, 間は, 関係を

▼ 線まで~ (21, 0.3%)

1 [21件] うららかに, これを, すっかりせり出し, よく見, ハッキリと, 一息に, 人垣が, 伸びて, 出る路, 広々と, 彼女は, 来たの, 来て, 活, 肉体の, 見えて, 貫いて, 逐ひつめられ, 進むを, 達して, 頭を

▼ 線でも~ (17, 0.3%)

2 孰らで, 引いたよう, 色でも

1 [11件] あったの, これに, そこの, はられたらいっぺんに, 延ばされたかの, 引くこと, 拾って, 掴まうと, 描いたやう, 角でも, 長途の

▼ 線~ (16, 0.3%)

1 [16件] からね, から幅, から駄目, がその, がなかなか, が尤も, が筋, そうです, ということ, というでしょう, という騒ぎ, のと, のばかりを, のを, もの同じ, よ

▼ 線にも~ (16, 0.3%)

1 [16件] なると, 三陽線にも, 似た細, 偽りを, 大きい底力, 存し, 殊に心持ち, 注意を, 無限の, 絶えず変る, 胡麻化し, 見え清らか, 触れたが, 該当しない, 起こった出来事, 電車が

▼ 線~ (16, 0.3%)

2 なの, 反對

1 [12件] な動き, な動き方, な興味, な階段, にすすむ, に個人的論理, に収斂, に進行, のもの, の序事, の行動, 若しくは同

▼ 線である~ (15, 0.2%)

2 がその

1 [13件] かに見ゆる, からミミ族, から一旦, から良く, が両, ことも, ということ, というところ, とか同じく, と讃嘆, にしろ, 手や, 此中で

▼ 線では~ (15, 0.2%)

2 なかった

1 [13件] あつた, ありますが, ありません, ない, なかろうか, なかろうかと, なくして, なくて, マンへ, 七人の, 今頃から, 稲妻が, 見られない風景

▼ 線によって~ (15, 0.2%)

1 [15件] ある気分, エンジンが, 一時を, 光と, 囲まれた図形, 定められる, 現れたところ, 生ずるラウエ斑点, 発見され, 直ちに心, 相違する, 神戸へ, 編まれた筵, 表わされ得る, 進め

▼ 線~ (15, 0.2%)

1 [15件] から射撃, がしきりに, です, でやっつけるだろう, と音響砲, のため, の偉力, の射撃, の射撃用意, はしつこく, はついに, は効果, をぶっとばせ, をもった, をもつ

▼ 線~ (13, 0.2%)

2 の合歓

1 [11件] からなり立っ, で, なりに長, にくずれ落ちる, に巻いた, に焼いた, に這入つ, の溝, の空隙, の輪, の階段

▼ 線とが~ (12, 0.2%)

2 現に巴里 1 どうしてわかる, クロスし, 一致し, 不思議に, 互に平行, 交ったその, 交って, 余りにはなはだしく, 絡み合って, 離れ

▼ 線より~ (12, 0.2%)

1 [12件] こちらへ, はなはだしく低い場合, はるかに, 下に, 少し上, 少し長め, 新らしい, 更に東北, 東に, 東の, 涙はげしく, 生る

▼ 線以下~ (11, 0.2%)

3 に落ち 1 であったかも, という大体, にあった, にいる, に沈淪, に沈落, に落ちおる, の労働

▼ 線公理~ (11, 0.2%)

1 [11件] がこの, と空間曲率, に外, に曲率, は一見計量, は之, は曲率, は直角, を意味, 即ち同, 及び連続

▼ 線とを~ (10, 0.2%)

1 あらはせるは, のぞいては, 別として, 抽出しよう, 欲求した, 画いて, 見つけるの, 見て, 見守って, 鑑賞した

▼ 線とか~ (9, 0.1%)

1 ガス鉄管とか, 云うもの, 云う奴, 棒とかに, 殺人光線とか, 磁場とかいう, 竜骨線とか, 親指と, 電子とかいう

▼ 線など~ (9, 0.1%)

1 いうまでも, いふ様々, その豊饒, たまらない魅力, 取れば, 引いたの, 引くの, 浮世絵の, 途中の

▼ 線ばかり~ (9, 0.1%)

2 でなく橋 1 だった, でありました, でしまいまで, でできた暗号, では, で島, ひかれて

▼ 線とは~ (8, 0.1%)

1 いへなかつたの, なった, 一向無関係, 何であらう, 凡て離れた, 殆ど一直線, 理屈なし, 違って

▼ 線~ (8, 0.1%)

1 のであっ, のであります, のである, のサ, んだ, んで, んでし, んです

▼ 線~ (8, 0.1%)

1 や模様, リサセル, リニシタ勢至菩薩, リニスルコトナラバ普通ノ, リニ関スル知識両, 勢至菩薩ニ関スル知識等々デ, 四面石佛ト云ウモノヲ載, 阿弥陀三尊石佛ノ

▼ 線ある~ (7, 0.1%)

4 が故に 1 きり, こと證明し, 徽章を

▼ 線として~ (7, 0.1%)

1 その以北, それから分, まとまる要素, 一家を, 現れそこ, 現わ, 突然爆発

▼ 線レンズ~ (7, 0.1%)

1 がまるで, でテッド隊, というの, のある, の力, はすごい, をこんなに

▼ 線~ (7, 0.1%)

3 引キ胡粉デ 1 ドコカデ横切, 一ツ, 引キテ書セシムベシ塗板ヘ, 變改シテ正義ニ劃定セントスル時ナリ

▼ 線にて~ (6, 0.1%)

1 三里十三潟の, 塩尻を, 封鎖し, 界されたれ, 神戸へ, 第二

▼ 線にな~ (6, 0.1%)

2 ッて 1 つて並立し, つて残つてゐる, つて浮きあ, つて黒雲を

▼ 線らしい~ (6, 0.1%)

2 ものが 1 のは, わそっち, 所を, 車中の

▼ 線を以て~ (6, 0.1%)

1 したり, 国を, 描くに, 色を, 花々しく時代, 養玄の

▼ 線一つ~ (6, 0.1%)

1 でその, に点二つ, の筆触, もまったくそのままそっくり, を海, 走りて

▼ 線~ (6, 0.1%)

1 にいる, に出, に出で, に居る, の冒険, の自然

▼ 線模様~ (6, 0.1%)

1 があり, によって被害者, による犯人鑑別, による鑑定, を描い, を用いる

▼ 線決戦~ (6, 0.1%)

1 のよう, の名手ナポレオン, の好, の最大名手, の風, はナポレオン

▼ 線決戦主義~ (6, 0.1%)

1 が有利, である, となっ, は現実主義的, を好んだ, を有利

▼ 線しか~ (5, 0.1%)

2 分らないの 1 のこって, 往来しない, 通じないので

▼ 線だけ~ (5, 0.1%)

2 切つて切りぬかず 1 で泰軒先生最初, 与えて, 踊らしても

▼ 線であっ~ (5, 0.1%)

2 て一分 1 てそれ, てそれから, てポキリ

▼ 線です~ (5, 0.1%)

21 が今日, 僕たちは, 広さ

▼ 線とかいう~ (5, 0.1%)

1 ものな, ものに, ものに対する, 手筋を, 道を

▼ 線にまで~ (5, 0.1%)

1 くだって, もつて, 引き下げる愚か, 逐い詰めて, 達した時

▼ 線ばかりが~ (5, 0.1%)

4 印象し 1 手習いでも

▼ 線~ (5, 0.1%)

1 があるなら, で畫, の存在, は十, を引いた

▼ 線的運動~ (5, 0.1%)

3 をする 1 にあり, は力

▼ 線あるいは~ (4, 0.1%)

1 マチスの, 二本の, 点において, 等圧線を

▼ 線~ (4, 0.1%)

1 二つに, 又は地皮, 各種の, 放射線か

▼ 線だけで~ (4, 0.1%)

1 出るという, 図を, 描いた漫画, 最も巧妙

▼ 線であった~ (4, 0.1%)

2 のである 1 かも知れません, 日露戦争前に

▼ 線などに~ (4, 0.1%)

1 それは, 沿って, 至るまで, 隱された

▼ 線によ~ (4, 0.1%)

2 つて現は 1 つて中央に, つて圍まれた

▼ 線による~ (4, 0.1%)

1 原子力分解機関であっ, 自分の, 電離作用は, 風化作用か

▼ 線に対して~ (4, 0.1%)

1 その必然, 三〇度傾斜した, 垂直に, 特別な

▼ 線への~ (4, 0.1%)

1 着氷の, 追求は, 送電を, 電流は

▼ 線をも~ (4, 0.1%)

1 すこしのばせ, 利用し, 平気で, 突破しよう

▼ 線を通して~ (4, 0.1%)

1 伝わって, 留めて, 行おうと, 貰って

▼ 線スター~ (4, 0.1%)

1 がスウー, といったら, のセダン, の流線型セダン

▼ 線一帯~ (4, 0.1%)

1 が藍色, にかけて何千町歩, の大, の防柵

▼ 線一本~ (4, 0.1%)

1 でもまちがっ, で四国九州, で生き, 引いてない方眼紙

▼ 線停車場~ (4, 0.1%)

1 と無電局, のプラットフォーム, の駅長, は鳴り響く

▼ 線区域~ (4, 0.1%)

1 の, のオトクイ先, の某所, へはいっ

▼ 線陣地~ (4, 0.1%)

1 である, となりました, の思想, の考え

▼ 線こそ~ (3, 0.0%)

1 それ自ら詩的精神の, 主観を, 女史の

▼ 線こそは~ (3, 0.0%)

2 その情 1 まことにエクスタシー

▼ 線そして~ (3, 0.0%)

1 そのうえに, 左の, 新しい構図

▼ 線だの~ (3, 0.0%)

1 南洋の, 四季萬樣な, 柱だの

▼ 線でなけれ~ (3, 0.0%)

1 ばならない, ばならぬ, ば中

▼ 線といふ~ (3, 0.0%)

1 のが, のは, ものが

▼ 線とに~ (3, 0.0%)

1 とり或, 竝列し, 電信を

▼ 線とも~ (3, 0.0%)

1 つかぬうすい, 名づくべき, 思われず抛物線

▼ 線などは~ (3, 0.0%)

1 大きさ, 無意味な, 蛭や

▼ 線なんて~ (3, 0.0%)

2 よく切れたがる 1 全く歴史的

▼ 線において~ (3, 0.0%)

1 その立体, 示し去った, 立体において

▼ 線のむ~ (3, 0.0%)

2 こうに 1 こう端

▼ 線までの~ (3, 0.0%)

1 垂直線より, 渚一里半芦泥田砂原などの, 部分は

▼ 線よりも~ (3, 0.0%)

1 東西の, 点に, 美しい

▼ 線サこれ~ (3, 0.0%)

1 はつまり, は玩弄, は螺線

▼ 線~ (3, 0.0%)

1 に来往, に没し, に黒煙

▼ 線~ (3, 0.0%)

1 での一, の, の紫外線

▼ 線以上~ (3, 0.0%)

1 にある, に抜け出る, に浮かび得ぬ

▼ 線即ち~ (3, 0.0%)

1 七の, 越中富山を, 霧島火山脈の

▼ 線及び~ (3, 0.0%)

1 之に, 点が, 面が

▼ 線洋杖~ (3, 0.0%)

1 の偉力, を, を持った

▼ 線~ (3, 0.0%)

1 が狭い, はこの, を検査

▼ 線電車~ (3, 0.0%)

1 で来るだろう, の万世橋, の中

▼ 線~ (3, 0.0%)

1 と云う, などと考えられる, などの概念

▼ 線および~ (2, 0.0%)

1 尾張線の, 鹿児島から

▼ 線この~ (2, 0.0%)

1 三線の, 色と

▼ 線さえ~ (2, 0.0%)

1 かすかに, ただ美しく

▼ 線それ~ (2, 0.0%)

1 からだらし, へ辷らせた

▼ 線だけが~ (2, 0.0%)

1 はつきりと, 月光色の

▼ 線だけの~ (2, 0.0%)

1 ものを, 権力とか

▼ 線だけを~ (2, 0.0%)

1 存続させよう, 描き出して

▼ 線つまり~ (2, 0.0%)

1 歪めた線, 私たちは

▼ 線であり~ (2, 0.0%)

1 三とは, 色彩の

▼ 線であろう~ (2, 0.0%)

1 といつも, と思う

▼ 線とから~ (2, 0.0%)

1 感じられるよう, 滾

▼ 線としての~ (2, 0.0%)

1 マルクス主義線上に, 最後の

▼ 線なく~ (2, 0.0%)

2 しては

▼ 線なども~ (2, 0.0%)

1 しらべた, その一例

▼ 線などを~ (2, 0.0%)

1 使って, 用いる研究

▼ 線なら~ (2, 0.0%)

1 他合, 誰でも

▼ 線なり~ (2, 0.0%)

1 けると, 今日の

▼ 線なりき~ (2, 0.0%)

2 何となれ

▼ 線なる~ (2, 0.0%)

1 ものは, 木下駅にて

▼ 線にあたる~ (2, 0.0%)

1 卓脚の, 明神ヶ岳の

▼ 線について~ (2, 0.0%)

1 三峰山に, 云われるべきこと

▼ 線にのみ~ (2, 0.0%)

1 存するところ, 沿って

▼ 線により~ (2, 0.0%)

1 あるいは, 面によ

▼ 線に従って~ (2, 0.0%)

1 一応社会学的, 克明に

▼ 線のみを~ (2, 0.0%)

2 用いて

▼ 線ばかりを~ (2, 0.0%)

1 描いたよう, 見詰めて

▼ 線ひとつ~ (2, 0.0%)

1 あっても, で料理

▼ 線までは~ (2, 0.0%)

1 船から, 許されて

▼ 線みたい~ (2, 0.0%)

1 にキラキラ, に美しい

▼ 線~ (2, 0.0%)

1 不正義, 仕掛ヲ

▼ 線プラットフォーム~ (2, 0.0%)

1 へ行っ, へ行つて汽車

▼ 線レンズ砲~ (2, 0.0%)

1 がむくむく, につい

▼ 線~ (2, 0.0%)

1 って言う, を一二度

▼ 線以北~ (2, 0.0%)

1 くらいへかけ, に後者

▼ 線以南~ (2, 0.0%)

1 にある, の概況

▼ 線伝い~ (2, 0.0%)

1 に賀耀祖, に道路

▼ 線八鹿駅~ (2, 0.0%)

2 に下車

▼ 線~ (2, 0.0%)

1 に誘致, の事がら

▼ 線列兵~ (2, 0.0%)

1 を挙げ, を沙河

▼ 線又は~ (2, 0.0%)

1 単純色幕の, 角が

▼ 線問題~ (2, 0.0%)

1 とか簡単, や成層圏飛行

▼ 線外側~ (2, 0.0%)

2 が斜線

▼ 線~ (2, 0.0%)

1 で悩まし続けた, を四ツ五ツ

▼ 線彫り~ (2, 0.0%)

1 でなく丸彫り, の像

▼ 線~ (2, 0.0%)

1 では割合, に出かけた

▼ 線~ (2, 0.0%)

1 はそうたいして, をどこ

▼ 線横線対角線~ (2, 0.0%)

1 どう数え, 各隅

▼ 線決戦式~ (2, 0.0%)

1 となった, は奇効

▼ 線沿線~ (2, 0.0%)

1 は文士族, は書生群

▼ 線~ (2, 0.0%)

1 や構図, を知らない

▼ 線砲発射~ (2, 0.0%)

1 のすさまじい, の釦

▼ 線~ (2, 0.0%)

1 で毛糸, はガス管

▼ 線~ (2, 0.0%)

2 を手

▼ 線~ (2, 0.0%)

1 がかくされ, に磁力

▼ 線~ (2, 0.0%)

1 であった, であつ

▼ 線線線~ (2, 0.0%)

1 であった, であつ

▼ 線若しくは~ (2, 0.0%)

2 その附近

▼ 線~ (2, 0.0%)

1 と果実, の重

▼ 線装置~ (2, 0.0%)

1 が置かれ, を持ちだし

▼ 線辰野駅~ (2, 0.0%)

1 から飯田線, をふり出し

▼ 線近く~ (2, 0.0%)

2 で茫

▼ 線遮蔽~ (2, 0.0%)

1 がしてない, をし

▼1* [309件]

あざやかな武蔵太郎, 線あたりから向う, 線あはれあはれ子らが遊び, 線あらゆるものを, 線おのずからな御, 線かのように, 線からはなれて, 線がをそろしく老人, 線くつきりと送電塔, 線くらいまで草原で, 線こまやかな濃淡, 線これより北極, 線さえが見えなかった, 線じゃないの, 線なは, 線ずつ氷の, 線そう云う胴, 線そこにこそプルウスト, 線その線の, 線その他を買う, 線そんなものは, 線たりしなり, 線たる霧島火山脈と, 線だけに引ん, 線だけによる協奏楽という, 線だけは二等に, 線だったとする, 線だらけである, 線やない, 線づたひにぐるぐるめぐつて行く, 線なんだろう, 線でなくそれが, 線でのもの事の, 線といったのは, 線といつても平面, 線としか見えないよう, 線としてはつながって, 線とても時代の, 線とで名を, 線とでもいって, 線とによって大きさ, 線とに対する無量に, 線と共にぶら下って, 線どおり必ず真直, 線どの陰影の, 線どれも水害, 線なお落日の, 線ながく闇黒に, 線なしあるいは白灰, 線なす菩提樹よ, 線なぞの流れて, 線などでも中尊, 線などと目立った対偶, 線などには豊かという, 線などの知られて, 線ならぬ鉄道は, 線なりが当時画家や, 線なり形なりをそのまま, 線なんぞなくなって, 線なんというもの, 線における個人主義者, 線にかけては素晴らしく平凡, 線にけぢめを, 線にたいして約四十五度, 線についてだけ云われること, 線についての感覚の, 線については将来も, 線につき当る, 線にでも触れたよう, 線にはわづかに, 線に対しては先天的に, 線に対する驚異の, 線に関する知識は, 線のみ多くなっ, 線のみが上下相重畳し, 線のみは流石に, 線のみを以てす, 線のよこに, 線はずしてんか, 線ひっぱったりなん, 線へと外らされて, 線へは墨だけ, 線へも思いを, 線はりの, 線までが目に, 線までも青々として, 線まるだしの, 線もて編んだあの, 線もにはかに, 線やによって外界の, 線ゆき郊外電車発着所の近く, 線ゆるやかな曲線, 線よけの遮蔽網を, 線をこそ意味しなけれ, 線をとつてしまつ, 線をはづれたりしてゐるのもぢつと, 線をば夜中に, 線をもって警戒し, 線をを引いて, 線ガカスカニ二重ニナッテ見エタ, 線ガードの東北, 線ガ外側ヘ曲ッテイテ, 線ガ直線的デカツ規則的ナタメ, 線ガ通過スル刹那ノ一瞬間ハ呼吸, 線ゴールラインとしてギリシャ人, 線サ天地は螺線的, 線サ此奴が実に, 線サ螺線サ天地は螺線的, 線スペクトルに屬, 線ダイナモの故障, 線字ガ書ケテ行ッタ, 線トシテ國際間ニ於ケル無産者ノ地位ニアル日本ハ, 線トノ距離遺物ヲ覆, 線ハ分テ三ト爲スコトヲ得ヘク第一線ハ則チ海軍ヲ曰ヒ, 線ハ則チ海陸軍ノ共同ニ成ルモノヲ曰ヒ, 線ハ則チ陸軍ヲ曰フ其, 線ポイントを通過, 線レンズ係りはすぐ, 線は纖, 線一人の顔, 線一筋にさえ筆蹟, 線丁度紫外線の, 線七城をつらね, 線三十里とその, 線三百六十度をぐるっと, 線三皮前三びせんなどいろいろの名がある, 線上青春の国, 線不通の由, 線不通明日出発だが, 線中井の駅, 線中央停車場の駅長ジェームス, 線二条が右辺, 線五哩の往復, 線以内に聴音隊, 線以外に一歩, 線以西の地区, 線にまで単純化, 線低く玄海灘が, 線偏差から推測, 線停留場とその, 線ともなんとも, 線光色ニュアンスそのすべて, 線入りの自動車, 線體に, 線六度以上十三度以下の土地, 線其他様々な複雑さ, 線内廻り線の池袋駅, 線利用のインテリ君, 線前面に, 線剰さず廊下に, 線りて, 線を予想, 線北魚沼より一線, 線十一時弐拾三分止の列車, 線に近い, 線単純な強き, 線不通水害多い, 線右翼は横, 線樣の, 線吸収に関してクライン, 線吹上駅から俥, 線呉線山陰線どれも水害, 線をきざむ, 線唯一の盆地, 線四時熱一夜に寢卷三枚づつ必要, 線四本の記号, 線四角や三角, 線国府津と松田, 線報告ての, 線の調子等, 線の霧, 線大磯駅から程, 線に向っ, 線天秤線獅子紋白羊線等すべて上天の親星, 線で面白く, 線宝瓶紋磨羯線射手線天秤線獅子紋白羊線等すべて上天の親星, 線専門家のいわゆる, 線射撃をつづけよ, 線小田原熱海沼津間ははるか, 線岩本駅地先へ関東水力電気, 線の樣子, 線工事をし, 線工事場でも無い, 線の肩, 線細く寛い, 線平塚駅付近及び箱根山中, 線延びきってくる, 線廻りとし, 線彎曲して, 線形光調子の集合, 線彫されたこの三尊法来迎, 線彫したもので, 線彫で模様を, 線を正確, 線御殿場驛から五六里, 線微粒子に関する尖端的研究, 線性格の凸凹面, 線など思い, 線悩ましいまでに柔かく女らしい, 線震えという, 線攝氏六度以下の地方, 線放射地点というの, 線放射所を海図, 線て守り, 線數個有るが, 線方面では彰徳, 線昼頃から開通, 線最後に赤石山系, 線未来派の描き, 線本線がずっと, 線松本と篠, 線柔らかな呼息, 線の一品, 線桜木町ゆき電車が桜木町駅ホーム, 線検査に関する研究, 線の線, 線機構のもつ, 線止めであった今, 線此源因は如何, 線決戦的になった, 線決戦的色彩を帯び, 線沿ひ帰って, 線流れていた, 線浜坂へ下車, 線海岸まわりの幾条, 線液体の入った, 線渦線皆曲線より成る, 線測定の標準, 線湯沢の光景, 線洲一帯を, 線濾過板の銅, 線火薬弾丸をつめた, 線という点, 線といふ治療, 線牛込駅で降りた, 線状尺度の比較, 線状的印象を与える, 線獅子紋白羊線等すべて上天の親星, 線の靴下, 線白い顔に, 線白くめぐり, 線的作者でその, 線的時間において, 線皆曲線より成る, 線直上しその, 線真似る蜻蛉の, 線真昼海が動い, 線の色合, 線砲分隊よりの報告, 線破れ笠でも抛つてゐる, 線目立たない利益, 線空気調子光空間階調構図色彩等の相, 線突入後他の三国選手, 線突破の可能性, 線立て走りきたりこれ, 線等すべて上天の親星, 線等圧線を描き, 線粒子にさしつらぬかれ, 線が実物試片, 線純粋なる水成岩, 線細い肢体を, 線終発の下り, 線なる事, 線緯等にて作れる, 線にほとばしっ, 線成鶯羽色, 線群馬県利根水源へ藤原, 線羽生付近の利根川, 線自身は物理現象, 線蓮人の魂, 線蓮留紅草もつと, 線をきつく, 線読みきつた, 線走り手巾持てる手, 線起点飯田町より一五八哩二, 線の形, 線路上に相当, 線は軍隊, 線車窓から眺めた, 線をあべこべ, 線迄が澄みきって, 線近く虚空を縫っ, 線返り血らしい, 線通過のはじめ, 線進歩線と云われ, 線運動という風, 線を自由港, 線道路及び新宿駅, 線遮蔽檻のよう, 線鉄橋下で浜名湖, 線鉄道を敷い, 線鋭い狙ひ, 線に対して比較, 線長きに失し, 線長く広く尾を, 線長めな毛, 線長谷川八十氏の激しい, 線は甚だしい, 線青い棒で, 線面以上に出る, 線面立体とわけ, 線面立体等の結合, 線の幅, 線を以て集り, 線颯々と行くいつく, 線飾りのついた, 線首尾線とか竜骨線, 線黒し雪の, 線鼻筋の線