青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「盡~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

益~ ~益々 益々~ 盗賊~ ~盛 盛~ 盛り~ ~盛ん 盛ん~ ~盡
盡~
監獄~ 監督~ 監視~ 盤~ ~目 目~ 目下~ 目前~ ~目標 目標~

「盡~」 1708, 17ppm, 6711位

▼ 盡~ (419, 24.5%)

17 てゐる 14 て居る 9 てゐた 7 て來 54 たり, て之, て終 3 てしまひました, て全く

2 [24件] てお力, てくれる, てし, てしまふ, てその, ての後, てやつ, て了, て圓, て天命, て家, て居ります, て平常, て明日, て格子, て申, て而, て降雨袖, になる, の妻, 今は, 心を, 身を, 難い

1 [301件] あらゆる試錬, あれこれと, かくて, がたい, がたいもの, がたく候, がたし, が始まりました, が隅々, けれども終に, さて生涯, さへ, たりといふべからず, たりと思惟, たりなどした, たるに, つつ其命令, てある, ていけぬ, ていろ, てお, てかう, てかの, てきた, てくれた, てこれ, てさ, てしまつ, てそして, てた, てたいして, てついに, てでもしまつ, てなげきかなしむ, ては遲延, てみよう, てもしよう, ても其の, ても彼, ても生き返らなかつたらしい, ても足りない, てゐない, てゐなかつた, てをります, てロチスターさま, て一向, て一年, て一生懸命, て一番, て下された, て主, て亂舞, て二勇士, て二週間ぶり, て京成電車, て今, て何ん, て働ら, て八五郎, て其松, て其頭, て別れぬ, て努力さ, て勞, て勵, て北, て十五夜, て十字街, て半文錢, て反, て只, て叫ぶ, て召されう, て同座, て同時に, て呉れた, て哀願, て問, て大野屋, て奉仕, て奉公, て奔走, て姿あはれ, て寳搜, て專念, て小, て居, て居た, て居つた, て居り, て居るであろう, て川波勝彌, て床の間, て座, て庭, て建てた, て彼, て待遇, て後, て心身共, て忽ち, て悲しむ, て情, て惜, て愛し, て感謝, て慇懃, て戀, て我, て我帝國海軍, て戰つて, て掠奪, て探した, て探索, て教授なす, て斯, て早急, て時, て暫らく庭, て書き, て最大限, て最早, て有難し, て梢, て此, て此等, て此蒲原, て母親, て消え, て淋しく, て深切, て清浄無垢, て漸, て漸く, て灰, て煙, て照さ, て熟睡, て爲, て玉川上水, て現, て瓦解, て生徒, て申勸め, て異性, て白痴, て直接, て眞, て眼, て磐城, て神, て立出し, て籾, て紅, て索, て絶對, て繼續, て美術文學, て膓, て自分, て自己, て興, て色, て英佛露獨, て英雄豪傑, て萠, て薄寒くしぶく, て見た, て見送る, て調べ, て調べ拔, て諫言, て路, て踏込, て軒, て轉定人物, て返す, て追ひ廻しました, て這, て進ぜん, て銀製, て陷, て階段, て雌雄, て雲, て電光艇, て順潮, て頼みける, て顏容風俗, て願, て飮, て餌, て魂, でせう, でもしたら, でもてなし, で一本づつ, で犒, で縫, ながら自分, の大, の暖かい, の程, の雜煮, はする, はや一錢, やうも, をさせる, をし, を不被, を受け, を成れし, を聞く, を見ろ, 一切の, 主體, 乍ら, 了る, 五百釋女己れ, 今ぢ, 何等採るべき, 使ひ, 候ひぬ, 候事に, 候段奇特に, 候段幼年には, 兄弟の, 先年洪水の, 其上に, 其性情を, 其翌日も, 内々にて, 勇は, 勞らむ, 勢や, 又大, 取り盡し, 取り盡す, 各方面, 合つて鞘當てを, 城塞は, 外に, 大事に, 大名にも, 大岡殿より, 室内に, 常緑の, 店の, 度心得に, 彼らの, 往き還り, 御辨解, 思を, 我を, 或は新都, 扨これを, 探索しかど, 果て, 此程は, 此高殿を, 歸り, 殘る, 永い日, 泥棒除け, 爾の, 獵の, 看護に, 知見を, 神佛へも, 第一, 精神を, 美を, 美盡したる, 耻かし乍ら刀の, 荒仕事娘に, 萬人の, 術に, 言葉を, 豫言を, 貧しい中, 身に, 遂には, 遂に造化, 隅の, 難い程, 難き憂ひ, 難く別, 難く早々, 難く述べ, 難ければ, 難し, 難しと, 難しとて, 難し少々, 難し早々, 顯はと, 食ひ, 食事を, 飮食を, 餘勢の, 高い身分

▼ 盡~ (160, 9.4%)

10 てゐる 6 て居る 5 たり 4 てしまふ 3 さ, さう, て居ります 2 さうにない, て, てし, てしまうた, て了つた, て拂, む, 果て, 聲も

1 [108件] か, さうになかつた, さうにも, さうも無い, ざるも, そのみつぎ, たりとすべき, ていざ, てから勘次, てか絶息, てけふ, てここ, てしまい, てしまう, てしまひました, てたまさか, てどうか, てまとも, てもまだ, てゐた, てゐない, てヘタヘタ, てポツクリ斃, て一條, て了, て了つた時, て人々相呑噬, て人傳, て仕舞いました, て仕舞った, て先代, て半分, て厚い, て右, て境橋架, て墓石, て始めて, て宣帝, て家, て寒, て小, て小さな, て小木, て居, て居なき, て居ました, て屡, て山, て平ら, て平次殿, て幾百本, て廊下, て御, て戰, て敗れた, て早く, て明日, て更に, て杉林, て来, て桐生君, て死に, て漸く, て無言, て燈, て片側, て猫, て盛, て目, て與四郎, て若い, て草山, て菅沼, て蝋, て血潮, て解脱, て路傍, て郊外, て郷里, て餘氣死, とか云う, なむと, にけり, にたる柴, になった, ねど宿, むとする町端に, むとする處に, むとする頃右側に, む里鴉畠を, 乍ら, 亂次の, 北は, 太陽より, 左折すれ, 想涸れたる, 月東山に, 東の, 果てし, 果てやうに, 殆ど手, 沖を, 爲事なく, 腹が, 自盡せん, 若くは, 雜木林が, 餘生を

▼ 盡~ (125, 7.3%)

9 ことが 4 ことは 3 といふ, と云, のは 2 ことも, と其處, と見せ, のが, のでした, のも, の人, の意, 氣でも, 程の

1 [83件] からである, ことである, ことに, ことにな, ことの, ことを, だけは盡, だろうイヤ, つもりで, であらう, と, といふ動機, といへ, ときと, ところ多, とはどう, とも決して, とも自ら, と今度, と大平, と眞, と路, と鉄, にし, になか, には之, には少し, にも及ばず, にも足らざる, に似たる, に似合はず, に於, に當, に相違, に至らず, に至るべし, のに何, のみで, のみと云, の考, の路, の道, は何事, は彼等, までのこと, もこれ, ものである, も洗, も賤, やうに, やがて此, をよし, をり, を得る, 一夜の, 丈の, 事人, 二人は, 可らず, 媒なり, 孝行を, 工夫を, 心底より, 心懸け, 意味に, 所以なりと, 所以の, 故全き, 故夫婦, 料簡には, 日頃の, 村人の, 東海坊の, 樣な, 樣子是天晴の, 歡待に, 此の, 熱心が, 能はず, 言葉が, 譯には, 譯は, 餘裕の

▼ 盡した~ (115, 6.7%)

4 のである 2 ことで, ことは, のであつ, のは, のを, 人で, 宮殿が, 調度の

1 [95件] あげくあくどい, か, から, から序, から最早, がその, が十九, が外國人, けれど長三, ことか, ことだ, ことである, しかしまだ, だけの金錢, ところだ, ところで, ところには, とて豫防, となした, とはいひ, と云, と云う, と云え, と同じ, と言つて, と認められた, どちらかと, にも拘らず, に違, のだ, のだらう, ので, のに逢う, もので, ものでした, ものに, も同じ, やうな, やうなおち, やうに, アダルベルト・シュティフテルの, 一と, 一叢の, 上この, 上平次は, 主體, 事が, 事である, 事は, 二十歳娘の, 人の, 公孫樹の, 其爲に, 功勞は, 勝利の, 匕首の, 太陽は, 姿乍ら埃だらけの, 家居で, 寢間でした, 建築で, 後に, 後天命に, 愛想を, 懷中煙草入れを, 戀の, 掲句あんな, 揚句勘當され, 日に, 日置忍男に, 時不, 時代も, 時其水は, 時官府所藏の, 木々の, 末フト思ひ付いた, 枝や, 榛の, 様な, 様に, 様子が, 櫻の, 死神も, 段階に, 江戸の, 牡丹花の, 結果形としては, 結果生じた, 經驗が, 處に, 蝋燭の, 詩, 部屋に, 頃, 頼母しい

▼ 盡~ (62, 3.6%)

2 これを

1 [60件] この大, この市, その状, それに, 一人も, 一律に, 一樣な, 一致したる, 何等かの, 佛源禪師の, 信用の, 内より, 凍りつめて, 出かけて, 分り且つ, 前者の, 十二の, 取つて終つて, 取上げて, 召捕りに, 同一の, 埋むるなり, 壁に, 夷齊に, 宇宙の, 彼等の, 思想一致の, 惡人たりと, 教會の, 是れ, 更に見返し, 榮える, 横にな, 歡喜の, 死んで, 歿し, 汝そこにて, 活氣に, 流失した, 消し去っ, 消失する, 潜水夫に, 爾雅が, 獨逸語では, 皆其の, 眞白な, 破れとには, 破壞, 筮の, 自己の, 苅りつくされて, 蟲の, 諳んぜしめられき, 貔貅たり, 買收に, 重沓, 金の, 金屬を以て, 鐵關下り逃る, 青葉の

▼ 盡きる~ (54, 3.2%)

5 ところに 2 ことなく, ところで, ところは, としたなら, のである, 時は

1 [37件] が過去, ことが, ことだ, ころに, といふも過言, と丈, と共に火の手, と又, と太い, と思った, と思つて, と思ふ, と或, と石だたみの, と窓, と言つて差支, と鐵砲, のが, のです, ばかりだ, ほど弱, まで話し込まれ, まで調, わけぢや, 事なく, 事の, 北の, 向うへ, 客體は, 所が, 所だった, 日を, 時が, 樣子は, 涯には, 處まで, 間際迄

▼ 盡くる~ (49, 2.9%)

5 所を 3 ところに 2 まで燃, 時は, 期あり

1 [35件] あたり荊棘路を, ことなし, ことの, ところ, ところ一の, ところ幅三四間白くこまかき, ところ知らない思ひ, とも手古奈, なき靜寂, にいたれるなるべし, におよび, につれて盡, までこの, まで永遠, わが子を, を知らぬ, 所たる, 所に, 所より, 所即ち, 所太平洋の, 所山脚遠く長く, 時が, 時なく, 時も, 果を, 處に, 處の, 處まで, 處より, 處巨石立ち, 處林あり, 處陷然として, 間も, 際には

▼ 盡くし~ (46, 2.7%)

42 たの, て呉, て訴

1 [36件] けるに, この方面, たかと, たり, たる一齣, たる心, たれば, て, てもう, てシャク, て今, て仕舞, て來, て再び, て出がらし, て別れる, て城, て居る, て平ら, て必らずし, て縦, て置きました, て處置, て語り明, て貰ひたい, て踏ん, て遂に, の料理, ました, 唯弁護, 寡嫂孤兄の, 得ざること, 相手の, 笈摺胸板を, 羽に, 追

▼ 盡~ (42, 2.5%)

2 旦那と, 貫兵衞は, 金が

1 [36件] お言葉, やうな, 上部は, 大活劇, 娘御, 子息ならず, 嶺, 巧みなりけり, 徽章とも, 怒燃え出, 息子と, 息子にて, 振舞なりとて, 杜を, 果報に, 樹林境を, 法を, 活躍で, 源を, 瀧津瀬を, 發會に, 眞似, 聲で, 藏の, 裾より, 貧乏大, 貫兵衞が, 貫兵衞です, 貫兵衞の, 趣は, 迷妄の, 邸内へ, 雲深み見えず, 靈火望み見, 馬鹿納め, 高く壯

▼ 盡きた~ (36, 2.1%)

4 時に 2 姿です

1 [30件] あとで, あとは, からこ, からここ, からだ, からで, から止め, か直ぐ, ことで, ぞ樹, とある, ところから, ところ即ち, のか, のだ, のです, ので二人, ものか, ものと, 下手人どころの, 今日に, 心と, 時分に, 時紀昌の, 暗いランプ, 樣子で, 笹原に, 處に, 行燈の, 開封の

▼ 盡~ (26, 1.5%)

2 ば, ば則, ば彼

1 [20件] ども全快, ども效, ばあくどく, ばまた, ば一市, ば健脚法, ば其の, ば千太郎, ば大抵, ば心, ば暫く, ば江戸, ば科學的方法, ば縦し, ば親子, ば諸, ば貴方, ば醉, 共更, 汝の

▼ 盡され~ (23, 1.3%)

5 てゐる 2

1 [16件] しとは露, てし, てしまふ, てはゐない, てゐた, て十分, て居り, て居る, て後, て無, て蜘蛛, て遂に, もせず, 可き, 度外に, 菊花爛漫たり

▼ 盡くす~ (22, 1.3%)

2 ことは, をも忠

1 [18件] がゆゑ, ことで, だけの手, といふ有, と云, と共に十二, と黒い, に由, の念, をも等しく, 事は, 心が, 我木石ならぬ, 物の, 者なく, 者は, 蠶の, 輕忽し

▼ 盡~ (20, 1.2%)

12 して 3 されて 1 させるに, されようと, される野郎, しい, し日頃心ひそか

▼ 盡きない~ (17, 1.0%)

1 [17件] うちに, が子供, しかし今, と云, のかしら, のだ, ほどある, ものが, よ, 妄想が, 情緒が, 清らかな, 濶い, 興味を, 趣が, 麺麭を, 黄昏の

▼ 盡~ (14, 0.8%)

1 [14件] されて, 副ひ申さず, 喰ひ, 御紋付, 於て, 根引せられ, 活溌に, 當つても, 知れる神, 至る八支, 至る道, 荒れ狂, 酒代を, 馳せ

▼ 盡したる~ (13, 0.8%)

1 [13件] かと疑はる, アキルリュウスの, ペーレーデース・アキリュウス, 主體, 地なれ, 寢牀あり, 後なりき, 後に, 梢に, 武具もろともに, 甲斐も, 絶叫の, 職分をのみ

▼ 盡される~ (12, 0.7%)

3 様に 2 ことも 1 ことが, といふ, といふ蟹, やうな思ひし, 事柄以外では, 仕向けを, 様な

▼ 盡さん~ (12, 0.7%)

2 には隨分 1 とした, とする, とのみお, と告ぐれ, と心, と思へ, と欲す, には八年, のところ, の料

▼ 盡~ (10, 0.6%)

2 息子と 1 たく斯樣, 三度目の, 何處迄お, 庄屋で, 手を, 當つたのか, 當つて五十兩の, 相場に

▼ 盡さね~ (10, 0.6%)

6 ばならぬ 1 ばなりません, ば成らぬ, ば止, ば止まぬ

▼ 盡きざる~ (9, 0.5%)

1 さきに, にあり, に至, ばかりの多く, 寶と, 泉より, 膏油玉髓, 話を, 酒も

▼ 盡きず~ (9, 0.5%)

1 てふ, とも, に出, に涙, に滾, 今更に, 六月地長へに, 汪, 絶えず流る

▼ 盡された~ (9, 0.5%)

1 かと云, が微塵, ことを, といふ, のである, も感心, 所である, 火事場の, 禹の

▼ 盡せる~ (9, 0.5%)

1 ことは, と云, は猶, ものを, もの彼等は, 後に, 筈も, 虹梁鴛瓦の, 銅冑の

▼ 盡~ (9, 0.5%)

1 とき樂なり, と俄, ほとりに, 人生居止を, 時なし, 期なき, 期なり, 而已にて, 處なり

▼ 盡~ (9, 0.5%)

1 するのに, 作ること, 去ること, 取立一人前掛金二十兩づつとなし尤も長兵衞世話人故, 取立金子十兩拵らへて, 得神通圓滿, 悦ぶもの, 知り了, 遍知

▼ 盡きぬ~ (8, 0.5%)

2 は恨み, 名殘 1 のである, はその, ものが, 美しい家庭的情緒

▼ 盡くせ~ (8, 0.5%)

1 と云, ない程, ぬ程, ば護國寺, りと, る, るか, る有

▼ 盡さう~ (8, 0.5%)

2 とする 1 といふ息込み, としてゐた, とします, とでもする, と承諾, 盡さね

▼ 盡きせぬ~ (7, 0.4%)

1 とよみき, ものなれ, 愛の, 泉, 物語望ん, 眞清水の, 眞珠を

▼ 盡さざる~ (7, 0.4%)

1 の人, ものあれ, もの從つて普遍的自我を, をいひ, 人の, 憾が, 所ありし

▼ 盡さぬ~ (7, 0.4%)

1 のである, のです, のみか其の, ままにて, 以上は, 前なら, 間に

▼ 盡せし~ (7, 0.4%)

1 ことの, ゆゑ千太郎の, 事ありし, 事は, 千辛萬苦も, 段上にも, 那の

▼ 盡さず~ (6, 0.4%)

2 使ひ 1 には措かない, に幾分, 以て, 用ひ

▼ 盡しける~ (6, 0.4%)

1 が其中, が或, こそ殊勝, となり, に母, 天一坊は

▼ 盡せない~ (6, 0.4%)

1 からいろ, ほどの木材, ほどの色紙, ものが, 事は, 美しい珠

▼ 盡きたる~ (5, 0.3%)

1 がゆゑ, さまを, を見, 人を, 處水中に

▼ 盡~ (5, 0.3%)

2 ないの 1 ないと, ねば気, るれば

▼ 盡すべき~ (5, 0.3%)

1 をお, 服從を, 義務が, 義務を, 義理合いが

▼ 盡す事~ (5, 0.3%)

1 が一日, が出, となつ, は出来ぬ, を誓

▼ 盡~ (5, 0.3%)

1 五十兩といふ, 五十兩の, 取つた五十兩, 引奪た, 昨夜の

▼ 盡~ (5, 0.3%)

1 ことが, 事で, 機智を, 虐待振りや, 言ひ

▼ 盡き果てた~ (4, 0.2%)

1 ものか, やうに, 一歩を, 様で

▼ 盡くさ~ (4, 0.2%)

1 ずに, ない, なかつたと, ぬと

▼ 盡されぬ~ (4, 0.2%)

1 優待を, 故今, 歌を, 滿足の

▼ 盡しなされ~ (4, 0.2%)

2 最ういくら 1 それでも御, ては如何

▼ 盡しました~ (4, 0.2%)

1 がお, が相手, が竹筒, 知合ひ

▼ 盡すべ~ (4, 0.2%)

3 からず 1 からざるもの

▼ 盡すべし~ (4, 0.2%)

1 と厚く, と暫時涙, 我已に, 率主從の

▼ 盡せり~ (4, 0.2%)

1 で一色道庵, の御, や否や, ゼウス生る

▼ 盡~ (4, 0.2%)

1 しまつ, 小夜衣は, 是も, 立歸り

▼ 盡~ (4, 0.2%)

1 申すの, 覺悟を, 言はれた, 諦めて

▼ 盡きし~ (3, 0.2%)

1 かばその, かばマリア人々, といふのみなら

▼ 盡きなかつた~ (3, 0.2%)

1 が汽車, とか, ものか

▼ 盡きます~ (3, 0.2%)

1 から, へエ, よ

▼ 盡きよう~ (3, 0.2%)

1 としました, とせず, とはしなかつた

▼ 盡させ~ (3, 0.2%)

1 さえせ, 度私し, 給へば

▼ 盡しけれ~ (3, 0.2%)

1 ば則, ば千太郎, 共其驗

▼ 盡したら~ (3, 0.2%)

1 何處へ, 宜いじ, 彼は

▼ 盡したれ~ (3, 0.2%)

1 ど定業, ば此, 共更

▼ 盡すべく~ (3, 0.2%)

1 もない, も候, も無

▼ 盡かす~ (2, 0.1%)

1 ことが, どころで

▼ 盡きざれ~ (2, 0.1%)

1 ど嚢中, ば

▼ 盡きた所~ (2, 0.1%)

2 に大門

▼ 盡きだ~ (2, 0.1%)

1 と云う, よ

▼ 盡きました~ (2, 0.1%)

1 のでその, 室へ

▼ 盡きるで~ (2, 0.1%)

2 は有りませぬ

▼ 盡きん~ (2, 0.1%)

1 けふ, とする

▼ 盡き果て~ (2, 0.1%)

1 てかう, てた

▼ 盡くれ~ (2, 0.1%)

1 ば, ばまた

▼ 盡く冷たい~ (2, 0.1%)

2 北の

▼ 盡さずん~ (2, 0.1%)

1 ば已, ば意

▼ 盡さなかつた~ (2, 0.1%)

1 といふより, のです

▼ 盡さなけれ~ (2, 0.1%)

1 ば, ばならぬ

▼ 盡されし~ (2, 0.1%)

1 は京都堂上方, 努力は

▼ 盡されず~ (2, 0.1%)

1 に三太郎, 淨化し

▼ 盡されませぬ~ (2, 0.1%)

1 がそれだけ, と姉

▼ 盡したい~ (2, 0.1%)

1 といふ, と考へた

▼ 盡したなら~ (2, 0.1%)

1 其のうち, 恨みも

▼ 盡しだ~ (2, 0.1%)

2 つたと

▼ 盡します~ (2, 0.1%)

1 が, がそれ丈

▼ 盡しも~ (2, 0.1%)

1 せず踏み消されたま, 無に

▼ 盡し得た~ (2, 0.1%)

1 ことは, 者は

▼ 盡し得る~ (2, 0.1%)

1 ので既に, 地盤は

▼ 盡する~ (2, 0.1%)

1 を覺, 事が

▼ 盡~ (2, 0.1%)

1 ない中, 塲合には

▼ 盡たる~ (2, 0.1%)

1 とは思, 勘兵衞故

▼ 盡なる~ (2, 0.1%)

1 云懸仕, 奴國を

▼ 盡なれ~ (2, 0.1%)

2 ばとやがて

▼ 盡ねども~ (2, 0.1%)

1 又跡, 最早御

▼ 盡~ (2, 0.1%)

1 一切の, 書畫の

▼ 盡~ (2, 0.1%)

1 入つて, 預けられた

▼ 盡其南~ (2, 0.1%)

2 有狗奴國

▼ 盡夫婦~ (2, 0.1%)

1 にて廻道, を召捕

▼1* [134件]

かさずこいつを, 盡かさぬほどの親しみ, 盡かしと言つて, 盡かし乍ら何千兩といふ金, 盡きかける氣力を, 盡きしことにて我, 盡きしひとりの農夫, 盡きしめしかの輝く, 盡きし燈火の見る見る, 盡きずくり出して來, 盡きず恐しきまで, 盡きたら其の事, 盡きたらしい頃誰れ, 盡きたりとおも, 盡きたるならんには, 盡きたればなり, 盡きた話で逃亡, 盡きてるわけで, 盡きで有った呆れる拍子に, 盡きないもつと委しく, 盡きなかったのでございましょう, 盡きぬようにと饒舌, 盡きぬれば人々, 盡きぬ光の泉, 盡きぬ命なく, 盡きぬ命かや事も無く, 盡きぬ喜びに浸る, 盡きぬ妙あり, 盡きぬ宴樂の杯, 盡きぬ淨福は存する, 盡きぬ滋味を藏, 盡きぬ種子こそ常, 盡きぬ自然の富, 盡きぬ證拠きっとお姫様, 盡きぬ間が即ち, 盡きぬ限り手古奈が來らむ日, 盡きはてたやうに, 盡きはてるおも, 盡きまして, 盡きましたらその時, 盡きましたれば最早, 盡きまするやらお世話, 盡きませぬけれどそう, 盡きるだらうといふやう, 盡きるであらうか, 盡きるならばそれ, 盡きる如く一切は, 盡きれば何十町歩, 盡き去つて終つた觀が, 盡き去るとも, 盡き無い木の, 盡くさうとする, 盡くされざる自分の, 盡くされず高揚し, 盡くされぬ過去が, 盡くされませぬ學校で, 盡くしたるに拘らず, 盡くし參らする心, 盡くすべき義務を, 盡くその方面, 盡くべしといひ, 盡けり爰に, 盡さうではありません, 盡さざりしため神, 盡さして引入れし利, 盡さしむるに足る, 盡さしめむとし且つ, 盡さしめずして既に, 盡さずして之, 盡させようとした, 盡さないで何, 盡さむことを, 盡さる可き, 盡されざる限り彼れ, 盡され申すべく候, 盡ざる所にや僧, 盡しうべしとおも, 盡しうるそのこと, 盡しかば貸元の, 盡しするのなら, 盡したき事なれ, 盡したらしいよ, 盡してやりたいと思つた時, 盡しぬれば彼死, 盡しましょうと約束, 盡しむしり取り名は, 盡し喜ぶべき處に, 盡し居たり時に, 盡し得ざる深き意味, 盡し得なかつた抱懷とは, 盡し折り盡したる, 盡し罷り在其身, 盡し費し盡し, 盡すかといへ, 盡すこと能, 盡すべきだといふ, 盡すべきであるがそれ, 盡すべければ汝, 盡すまご, 盡すらんほど, 盡す人が羨し, 盡す様に仕向けね, 盡す等一々枚, 盡せぬといふやう, 盡せねえ恩を, 盡せよかし, 盡せんとする, 盡たり共然, 盡たりと云ひ, 盡たりとも御病氣御全快, 盡なるべしと茶屋, 盡にも見れない見世物, 盡にや有けん, 盡ものが, 盡ましぐらに, 盡新宿の, 盡キザル是等ノ理由ハ社會主義ガ其, 盡キズシテ感覺ニテ知リ記性ニテ認メタル物ニ就テ其源由ヲ推ス上ニ, 盡クルトキ無カルヘシ, 盡シタルカヲ見ン, 盡シタルハ人ノ知ル如シ, 盡シテイルコトハ認メラレルガ餘リ一生懸命過ギ, 盡シテ命根尚絶エントスルニ至ル, 盡何んの意趣, 盡余愛其如天鵞絨毎倦書, 盡のフン, 盡十方の佛陀, 盡日出門還掩門, 盡暮らしをし, 盡未來この不和, 盡本音を吹いた, 盡と成り, 盡遊びを續, 盡隱見出沒の魔力