青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「緑~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

綱~ ~網 網~ ~綺麗 綺麗~ 綿~ ~緊張 緊張~ 総て~ ~緑
緑~
緑色~ 緒~ ~線 線~ 線路~ 締め~ 編輯~ 練習~ ~縁 縁~

「緑~」 4097, 44ppm, 2614位

▼ 緑~ (1576, 38.5%)

24 葉を 23 色を 21 葉が 17 色が 16 中に, 草の 14 色の 13 色に, 葉の 8 なかに, 間に 7 朝, 衣を 6 上に, 色は, 芝生の, 葉に, 葉は, 髪を 5 地に, 山色を, 島と, 島を, 樹の, 毛氈を, 波の, 芽を

4 [21件] ペンキで, 上を, 中心と, 古宝玉, 島が, 島の, 明るい野原, 服を, 林が, 波を, 焔を, 燈と, 瞳を, 美しさ, 草が, 草原の, 葉で, 蛙が, 野が, 野に, 騎士は

3 [24件] 丘陵が, 光を, 屋根を, 島は, 影が, 影を, 枝を, 森の, 樹, 樹木と, 汚点, 絨氈を, 絵の具を, 縁を, 自動車で, 自動車は, 芝生を, 若葉を, 草を, 蔭を, 野を, 風呂敷を, 馬車に, 黒髪を

2 [144件] あいだに, あるか, かがやきで一杯, かげが, けぶるよう, はねのうぐひすよ, びろうどの, ような, トンネルの, ペンキの, ペンキも, ランプの, リボンで, 下に, 下の, 丘が, 丘の, 中から, 中だ, 中で, 中へ, 光が, 光の, 光線が, 光線で, 勲爵士だ, 四角な, 土地に, 堤に, 天蓋を, 孔雀玉, 実を, 宮殿の, 小屋の, 小山の, 小旗, 小枝, 山々に, 山々は, 山々を, 山が, 山に, 島も, 布で, 布を, 帽子を, 平面の, 平面平面平面鉾杉の, 影の, 微光に, 斜面が, 春は, 晴れ着を, 暗を, 朗かな, 木が, 木と, 木洩, 木立ちの間を, 木立に, 木立の, 杉の, 松の, 林の, 果を, 枝, 枝が, 枝さきからは, 枝に, 梢の, 森が, 森で, 森を, 森林の, 油で, 流に, 海が, 海であった, 深い樹蔭, 滴が, 火が, 火の, 焔は, 牧場が, 牧場と, 猟人服に, 珠の, 種子, 空に, 箱の, 細花を, 絹の, 縞の, 縞目わ, 繻子で, 羅紗の, 羽も, 羽を, 色で, 色と, 色も, 色彩の, 色調で, 色調を, 芝生に, 芽が, 芽は, 苔が, 茂みが, 茂みの, 草原が, 草原で, 葉と, 葉とを, 葉も, 葉色を, 蔭の, 薄様の, 蛍息づき, 蛙は, 衣に, 豆, 足の, 配色で, 野は, 野原で, 野原の, 針の, 間から, 雫を, 雲を, 霜降りの, 青の, 頭を, 風, 風に, 風を, 飛燕模様の, 香が, 髪も, 麦畑に, 黒髪が, 黒髪は, 黒髮に

1 [869件 抜粋] あどけない, いっそう鮮やか, いぬが, いろが, いろばかり, うるわしいこと, おぐし, お家の, かげ, かげに, かげの, かさは, かやのうへにも, こぼれ日こぼれ日こぼれ日, こんな形, しとね, しめっぽい木立, そよぎは, そらいろを, ただ光る, だんだんの, ちぢれた葉, つみ重りの, つる草や, なかには, なかを, にがき光, はげたまま, は私, ひかりが, ひだの, まさるまで, ままの, もうせん, もの黄緑の, やうなく, ように, よごれた毛糸, アーチが, イルミネーシヨン絢い, イヴニング, イヴニングと, エプロンを, カーテンを, カードも, ゴブラン織の, シャツも, セルの, セーターを, テープを, トンネル, ネオンサインで, ハインリッヒ, バスが, パンツ富田六段は, ベレ帽, ベンチ, ペンキ塗りの, ボンボンだの, ヨット鉛筆を, ラシャの, レーンコートを, 一色で, 一色を, 一隅だった, 七色これらは, 上等な, 上衣の, 下から, 世界で, 世界の, 丘, 丘より, 両岸, 並木の, 並木の間に, 中の, 乗馬服に, 二つの, 五種と, 仙人掌が, 低い生垣, 作る深い, 偃松を, 光, 光に, 光峰の, 光線を, 円い瞳, 冷たく透きとおる, 切妻の, 刺繍を, 前髮, 勝ったアフタヌーン, 勝ったカーキー色, 匂いを, 半島が, 印象を, 卵や, 原と, 反射で, 叢中に, 向こうに, 唐草模様だ, 四色の, 國, 園を, 土堤には, 地には, 地を, 地平, 地模様の, 垂直的終点を, 堤が, 堤の, 塘松の, 壁に, 壁の, 外光を, 夜の, 夢の, 大きな卓布, 大卓, 大波が, 大波を, 大波池を, 天を, 天幕を, 天蓋が, 天鵞絨もて, 奥には, 女の, 如きは, 嫩葉の, 嫩蔓に, 季節が, 孤島の, 密林, 寝床に, 対比から, 小さな木葉, 小屋が, 小山にも, 小枝緑の, 小袿, 山々も, 山の, 山は, 山葵が, 岩かげに, 岸を, 島との, 島には, 島へ, 巻毛を, 巾広の, 帯で, 常磐に, 帽子と, 帽子とが, 平野白く, 幽かな, 広葉うち並びし, 広葉で, 広野と, 底なり, 庭と, 庭に, 強い虹, 影に, 径で, 怒濤, 戦袍を, 房が, 房を, 手紙の, 支那どんす, 文字が, 斑点が, 斜面と, 新芽が, 新鮮な, 方は, 旗が, 日傘を, 昆布が, 昆虫の, 明るさ, 春草が, 時の, 曠野を, 月桂樹, 服色を, 服装を, 朝です, 木, 木々それらの, 木々の, 木の葉が, 木の間から, 木影を, 木木に, 木立ちや黒い, 木葉の, 木蔭の, 木蔭を, 杜も, 松が, 松に, 松を, 松紺碧の, 林は, 林も, 林白の, 枝の, 枝も, 柄でしょう, 柔かい若葉, 柱や, 柳を, 柳紅の, 格子縞の, 桃山刺繍が, 梁や, 梢が, 梢は, 森林澄み切った, 椅子と, 植物が, 楯緑の, 楽しい影, 榮え, 槍を, 様な, 樹が, 樹で, 樹木などよりも, 樹林は, 樹立, 樹蔭, 樹蔭の, 樹陰の, 武蔵野が, 段階で, 毛氈が, 氈と, 水が, 水とが, 水の上の, 水を, 水白粉練白粉花椿香油過酸化水素クリーム, 水着を, 水草の, 水蛇を, 氾濫の, 沙地が, 油の, 油箪や, 泡が, 泡の, 波は, 波濤の, 洋傘の, 浮輪, 海, 海の, 海は, 海波かきみだす, 海藻めいた, 液体を, 涼しさ, 深い帷, 深い細い葉, 深い銀杏, 深くなつ, 深淵は, 淵にも, 湖が, 湯の, 濃い明色, 濃い木の葉, 濃い松, 濃い樹, 濃い風景, 濃さ, 濡れしずくの, 火山島だ, 灯を, 点を, 点点点で, 焔と, 煙が, 照, 燈心草を, 牧地を, 牧場や, 牧場を, 物體の, 玉は, 環飾, 瓦斯の, 甲冑に, 畑に, 畳を, 疎林越しに, 痕跡が, 白粉これが, 直幹, 眉から, 眼, 眼の, 眼鏡が, 瞳は, 短冊に, 石が, 石苔の, 硝子より, 種類は, 稽古バカマ, 空と, 空気に, 突端が, 窓帷が, 窓掛が, 窓掛である, 窪其処に, 竹に, 竹の, 筋が, 箱と, 簪を, 籠る深い, 粉と, 粒だった, 粒で, 糸です, 糸を, 系統が, 紐を, 細かい葉, 絨氈の, 絹に, 絽ちりめんの, 線葉の, 縄索もてす, 縞を, 縮緬の, 繁みに, 羊羹と, 美しい六月, 美しい林, 群落の, 翼が, 耕地山野鉄橋の, 聲に, 膜を, 自動車が, 自動車だ, 自動車に, 自動車へ, 自然に, 舞台で, 色, 色かえぬ, 色そのまま, 色や, 色取りは, 色深い, 色糸で, 色紙が, 色艶は, 色調の, 色調全体が, 色鬱蒼と, 艶濃く, 芝地美しい, 芝生が, 芝生と, 花が, 花柄は, 花盛りであった, 芳しい牆, 芽の, 苔と, 苔のも, 苗と, 若芽が, 若草に, 若葉が, 茂みを, 茶茶碗も, 草から, 草であり, 草とが, 草や, 草原に, 草原は, 草原を, 草木が, 草盛りの, 荒野を, 葉, 葉っぱで, 葉っぱ茎枝みな水, 葉などを, 葉形模様で, 葉蔭から, 葉赤い, 蒼蠅に, 蔓を, 蔭が, 蔭に, 蔭も, 薄片である, 薄茶が, 藻が, 蛇紋石の, 蛙と, 蜘蛛が, 蝦を, 街路樹が, 街路樹急に, 衝立の, 衣あり, 衣裳が, 表面の, 袍は, 袖と, 裏小路原つ, 褪せた草, 褶が, 見物自動車と, 設色です, 谷, 谷が, 車を, 輝き, 遊歩道, 道にて, 道を, 酒が, 酒なる, 重い枝, 野や, 野山を, 野森の, 野菜の, 野辺は, 針を, 針峯, 鉄柵の, 錆は, 錦を, 鎧でも, 長き髪, 門を, 間を, 陰に, 陰を, 障壁に, 障子を, 雑樹の, 雑草の, 雨外套だろう, 雪が, 雫すらすらと, 雲か, 電灯が, 霑へる, 霞に, 露に, 露を, 青草の, 面影も, 頂に, 頭が, 頭髪が, 額縁に, 風景父の, 飛沫に, 館, 騎士, 驟雨驟雨驟雨, 高さ, 高級車が, 髪と, 髪には, 髪の毛とは, 髪ゆたかに, 髮桂の, 鬢なかんずく, 鬢を, 鮮かな, 鳥喰崎が, 麦は, 麦稈の, 黒髪かけ, 黒髪と, 黒髪花の, 黒髮を

▼ 緑~ (262, 6.4%)

8 して 5 埋れ谷, 染めて 3 なって

2 [22件] しても, つ, つつまれて, なったり, なり黄, なると, 似た門, 光った, 冴えて, 包まれて, 反映し, 塗られて, 映え卯の花, 映じて, 沈んだ水, 眼を, 窪んだ牧場, 花は, 芽ぐんで, 見えると, 路長し, 透き葉

1 [197件] あるいは赤, いくらか黄色, おう岸, おおわれいろいろ, おおわれて, かおりただよう, かくれて, かすんで, かつ万物, かわった, かわって, きらめき始めた, けぶるなか, けぶる頃, こされたため, さす日影, さと, さまざまな, したたる様子, しました, そ, その淋し, そまり智南部, ちらちらと, ついさつき, ついた石, つつまれた伽藍, つつまれた古風, つつまれた山, つづいて, つづき溶けこんで, とりかこまれた賑, どこからか, なった, ならなければ, なり, なりたる中, なりましたから, なり緑, なる迄, ひたって, まじって, まじってるの, まじる黄, もう新しい, よみがえる小みち, 一変した, 一寸触れた, 上下に, 仄めいて, 保って, 光った空, 光るの, 光るよう, 光る日, 出会おうとも, 出會, 刈株黄いろ, 包まれたなよ, 包まれた夫人, 包まれた山々, 包まれた山坊堂宇, 包まれた崖, 包まれた肌, 包まれ夏, 包んだ棟, 反射させ, 吸い込まれて, 囲まれた田圃, 囲まれて, 囲繞され, 圍まれた, 坐る, 垂れた柳, 埋められて, 埋もれて, 堂の, 塗って, 塗つた, 塗られたシグナル, 塗られ透彫り, 塗るの, 変色し, 山々の, 山は, 山茶花は, 常よりも, 広く布い, 座る主, 弔鐘形の, 彩られて, 彩る物, 徹る命, 成るの, 或は紅, 投げか, 日常の, 映え気の毒, 映え葡萄園, 映じたり, 映ゆる唐錦, 映発する, 晴れ渡った早春, 暗くな, 月界の, 朱を, 林の, 染つた本郷の, 染まった陽, 染まりそれ, 染まり坡, 染まる, 染めた, 染めた籠, 染める, 染め分けられほんの, 染分けられほんの, 橙色に, 沈んで, 沙は, 泡立つ谿, 波うつ広大, 波は, 泣くごとく, 注いだ, 流は, 浮び霑, 海は, 浸ったよう, 溢れて, 潜む美し, 濁って, 濃淡の, 灰が, 点々と, 煙り, 煙る頃, 熟し, 熟しかけて, 燃えた, 燃えて, 燃え谷山方面, 燃ゆる, 生い茂る芒原, 白線の, 眼は, 碧を, 礼も, 祭る, 空は, 競う, 紫の, 細波の, 紺青に, 織つて, 置いた朝露, 美しくかがやき, 色づけ, 艶, 茂ったあの, 茂っては, 茂りたる洲, 茶を, 菜の花盛りで, 萌えたって, 萌え始めて, 萌え花, 蔽はれ, 藍を, 袖觸れつ, 裾の, 見えて, 見えみち, 見える木々, 誇る, 調和し, 變る, 赤や, 輝く様, 返える, 返す用意, 迷ふ, 逢えなくなった, 違ひない, 遠い山, 遠くは, 遠く浅葱, 遷って, 醉ひ, 金色, 鈍い茶褐色, 鎖された林, 降りかかる雨, 隠れた極, 青に, 黒ずんで, 黒みある

▼ 緑~ (208, 5.1%)

3 映して

2 [20件] して, たたえて, つけた枝, ぼんやり眺め, わたる風, 保って, 初夏の, 吹いて, 帯びたすき, 帯びて, 投出し瀬戸内海, 染めて, 楽しんで, 湛えて, 溶かした水, 眺めて, 背景に, 見せて, 誇つて, 透して

1 [165件] いきいきと, うき立たせて, うしろに, うすく紗, かけて, かすかに, かなぐりすてた雑木, こしたすずしい, こらすた, さも物憂, した河, じっと眺め, ずっぷり溶かした, その対応, たたえた樹, つ, つき破って, つくって, つけた, つらねて, とおして, とったか, どっかへ, なすって, なすつた所, なすり付けて, のぞかせる, ひたして, ひろぐ北方, ひろげて, ふいて, ふきかけて, ふみて, もつて, もつ低い, も写した, やぶり, サラ, 一面に, 主調と, 交ぜた全市, 今やと, 伸べた地平, 保つて, 写した如く, 凌ぐ明る, 凝らして, 出でて, 分け朝風, 切るから, 刷く, 加う, 合掌す, 同時にうけ, 向うの, 含む琥珀色, 吹きつけたよう, 吹き来る風の音喧, 吹く, 吹く事, 増す雑草, 壓へて, 変えぬところ, 外へ, 失い花, 奪うて, 如何に, 射返し, 展げる, 展開し, 帯びた仏蘭西, 常色, 思わす鮮, 恋いして, 悲しくとどめ, 成せるブレンタ, 投げて, 投げる街路樹, 抜いて, 抜き出す事, 抽いた, 拔けて, 持つ松, 振り注ぎ, 捏ね合せて, 掛けたもの, 摘みに, 撫でて, 敷き延べた美しい, 敷き延べて, 斑入れに, 新しく芽立たせ, 日に, 映した, 映した中, 映します, 暗くし, 有すること, 望むの, 束ねて, 染めた, 染めた青菜, 染め出したるおそろしき, 染め出せり, 染め拔, 欠いで, 残すよう, 水面に, 沈澱させ, 泛べて, 注したる白, 浮かして, 浮きあがらせ, 深めると, 混ぜて, 混へ, 添ふ, 溶いて, 溶かして, 潜めて, 潜め紅, 濡らし湿気, 濡らし霧島, 点綴す, 煙らせて, 照すを, 熟と, 生じさせるもの, 用ひ, 白い三つ, 盛り上げて, 盛り花を, 盛上げ, 眺めた里人たち, 眺めながら, 穿つ, 競って, 籠めて, 綴る間, 縦に, 縫った棧道, 背中に, 背景として, 與へられた, 装った, 見ずに, 見せた, 見せるばかり, 見たいと, 見た眼, 見つむるごとく唯, 誇って, 誇ろうよりも, 貫きわずか, 越え敷居, 蹈んで, 輝や, 透いて, 透した空明り, 連想し, 配した旗, 青く照り, 頬に, 飜し, 飴色に

▼ 緑~ (176, 4.3%)

5 かつた 3 映つて, 眼に 2 あり苦い, かって, 庭から, 引汐時の, 映って, 果ても, 目立って, 褪せて, 見える

1 [147件] あせて, あって, ある, あるん, かさなり合って, かって黄ばむ, かって黄色い, かつて見えました, かりたる支那陶器, かれの, きら, きれいに, ここでは, この鳥, こぼれて, こんもりと, さして柔か, そうして白楊, そよいで, それぞれの, それらの, だんだん深く, できて, とても綺麗, なかなかいい, なにより, なびいて, のぼりかけて, ぱっと顔, ぱつと顔に, ふきだして, またよみがえっ, もえだしつばめ, もえて, やや白く, わずかに, シットリと, パレットに, 一層あたり, 一層濃, 一連に, 一面に, 三等賞です, 交ったまあ, 交って, 交つて居る, 今度は, 何か, 何という, 何処かに, 何時の間にか古めかしく, 其手を, 出て, 動くの, 勝って, 占領し, 四方を, 土に, 地の, 地上を, 坐を, 塗られて, 大そう, 夫人の, 実にきたなく, 実に明るく美しかっ, 射とめられて, 少年の, 展けて, 峰に, 折からの, 捨てられて, 掩うて, 日に日に深く, 映る上がり口, 暈したよう, 月に, 望まれる, 朝子の, 板敷の, 果てしなくひろがっ, 柔らかで, 横た, 沁みついた梅三爺, 沁みると, 沼の, 流れて, 浮いて, 浮き上つて居る, 浮ぶよう, 涯も, 淀んで, 淡いよう, 深いで, 深くなっ, 深くなる, 深すぎ, 混じり挿頭, 溶けて, 滴つてゐる, 滴るばかりに, 滴る頃, 濃くとけ, 濃くなっ, 濡れて, 照し, 特に印象的, 瑞みずしく映っ, 白昼の, 目に, 眩しい, 眩しく波打っ, 私達を, 空間の, 続きその間, 縦に, 美しい, 美しいと, 美しくなる, 色を, 若若しい, 茂って, 茂つて隣との, 萌え立つ, 萌し小鳥, 萠え, 薄い鳩羽色, 蠢めい, 行く先に, 褪せ六波羅畑, 褪めて, 西岸壁の, 西日を, 見えはじめた時, 見られる処, 覗いて, 近い爲, 迫って, 透かして, 遽かに, 野と, 降るやう, 非常に, 鬱々と, 鮮かに, 鮮に, 黄金色に

▼ 緑~ (145, 3.5%)

3 が, の

2 [14件] が初めて, が撰, のお父さん, のよう, の作, の傑作, の手紙, の最後, の死, の皮肉, の眼, の車夫, は, は恐らく

1 [111件] かつて自ら, から手紙, から樋口一葉, が一日私, が一葉, が世間, が八方, が其一人, が冷罵, が小説改良会設立案, が社界, が自ら得意, だけが相, だろう, であったか, という, といえ, と一緒, と次第に, と私, と話し, なら冷笑, なら艶聞, に, には紳士風, にも私, に冷笑, に對, に限らず, のお客さん, のこの, のもの, のスッキリ, のデリケート, の一番, の作物, の全盛期, の別号, の千両, の失意, の客, の小説随筆, の弱点, の愚痴, の晩年期, の最も, の本, の来, の校訂, の死亡自家広告, の汚ない, の社会通, の竹馬, の第, の筆勢, の耽溺方面, の肖像, の艶聞, の襟首, の許, の話柄, の警句, の通人的観察, の随喜者, の随筆, の風, の食物哲学, の食通, はお抱え, はただ, はなかなか, はまだ, はマダ紳士, は万年博士, は佐々弾正, は何時, は俄, は写実家, は口先, は只にやりと, は士族, は安価, は定めし, は少く, は巧, は度々, は果して, は死, は病め, は相応, は窮死, は竹馬, は笑止, は虚飾家, は言った, は貧乏咄, は逍遥, は遊ぶ, も亦, も口, も同じ, も毒舌家, も閉口, も駄目, らしくて, を偲ぶた, を弔う, を憎む, を知った, を知れり, を読ん

▼ 緑~ (135, 3.3%)

7 赤の, 青の 4 白の 3 白との, 紅と, 菜の花の, 青と, 黄との, 黄の 2 映り合つて, 暗紅を, 渦と, 藍と, 藍との, 金との, 黒の

1 [85件] いうよりは, いうよりも, いっしょに, そして懐し, そして残雪, なくあらゆる, なり冷くし, なり冷たく, なり空気, なるまで, なれり, まぎれやすい, もえて, コバルトと, コバルトの, テープの, 一しよ, 一つ一つ空に, 一緒に, 両様の, 丹塗の, 光線の, 冴えた緑, 大斗, 寒い黒椴, 対照する, 建築物の, 木との, 朱とが, 朱の, 朱や, 朱塗の, 枯れわたる霜, 染めて, 桃色みたいな, 檜の, 次から, 気品の, 海の, 淡紅との, 渋い茶, 濃い藍, 灰いろ, 灰色の, 白い紙, 白い花, 真紅の, 眩ゆく, 石竹, 空色の, 紅との, 紅にて, 紫と, 紫の, 茶そして, 蓮池の, 蓮池らしい, 薄紫の, 蛙の, 褐で, 褐色の, 赤とに, 赤との, 赭の, 返事しただろう, 金, 金とが, 金とに, 銀との, 錯綜せる, 雪の, 青玉の, 順々に, 順を, 飴色との, 鬱した青, 鬱と, 黄が, 黄と, 黄とに, 黄色の, 黄金いろ, 黒とに, 黒との, 黝い

▼ 緑いろ~ (133, 3.2%)

6 の紙 4 の光, の大きな, の貝 3 の両面凸レンズ, の小さな, の服, の眼, の表紙, をした

2 [16件] に, になりました, に銀, のあかるみ, のタクシイ, の光琳波, の心, の枝はいちめん, の海, の猿, の笠, の缶, の羅紗, の車, の野原, をし

1 [65件] した電燈の, にか, にし, にともつて, になっ, になった, になつて, に塗った, に変じ, に変つて, に変わっ, に濁り, に笑つて, に聳えた, に萌え, のお札, のが, のさっき夢, のさつき夢, のしゃんと, のびろう, のもの, のサラアブレツド, のシャロン, のテーブル, のドレッス, のドレツス, のペンキ, のメリンス, のランプ, の何, の作戦衣, の光線, の兩面凸レンズ, の円屋根, の凹凸, の半, の厚い, の塗り, の壁, の太陽, の寝巻, の展開, の広い, の抹茶, の日, の槍, の水, の泡, の牛乳車, の着物, の砲弾箱, の芝生, の花子, の顔色, の風呂敷, の骨牌台, の鳥打帽, や乳色, よくそそぎし, を浴び, 十銭が, 印刷の, 濃き葡萄丘, 濃く山腹

▼ 緑~ (100, 2.4%)

2 そよぐ, 如何なる種類, 完全に, 少年の, 燃えて

1 [90件] あれは, うまる, うれしかった, お互, ここに, ことに深く, すっきりし, そひ, それと共に, たいへん淡く, どこまでも, まだそれほど暑くるしく, みなこの, めざめるよう, ゆれて, イギリスの, グリイスの, 余り振, 元の, 匂ふそ, 去年の, 反射する, 夜目にも, 天幕の, 嫋々と, 安全な, 実に美しい, 希望の, 常にも, 影を, 快き杉, 所々に, 既に春, 日光と, 早や, 明るかった, 明るくなっ, 暗く丘, 木の葉草の, 次第にその, 氈を, 水ながら, 水底に, 永くと, 沁みて, 洪水の, 流るる水, 浅い, 消えて, 淡い, 深くどす黒くただ, 深く鳥, 漸く暗く, 澄むと, 濃く海, 燃えるよう, 珍しい春色, 白つ, 皆動い, 真白の, 眸を, 眼を, 穂を, 空の, 空より, 立つとき其儘, 糸の, 絶えて, 緑に, 緑青は, 美しかった, 老いて, 色の, 若く笛吹川, 若草の, 萌え出よう, 葉並を, 蒸しぬ, 見えず一面茶褐色, 見るも, 透きと, 遠くから, 金の, 金盥の, 霜に, 鳶色に, 麗に, 黄ばみ杉, 黒ずみ可愛らしい, 黒と

▼ 緑~ (62, 1.5%)

5 青や 4 うつくしい光, きらきら燃え, 黄や 3 灰いろ, 赤の 2 はてしなく, 茶色の

1 [35件] か, の色とりどり, バラの, 光の, 其等の, 喪神青に, 建物の, 微風に, 樹は, 橙に, 淡い緑, 白や, 種々な, 紅や, 紅葉を, 紫が, 紫の, 緑青の, 花の, 茶いろ, 茶で, 藍や, 赤や, 金など, 金や, 青い羊, 青に, 飴色を, 黄の, 黄土や, 黄緑の, 黄色が, 黄色の, 黄金の, 黒の

▼ 緑ちゃん~ (59, 1.4%)

2 という女の子, のそば, も小林君, をだい, をつれ

1 [49件] ありがとう, がさらわれる, がスヤスヤ, くらいの背かっこう, というの, という重い, とはこの, とはふたり, とはまっ, にけが, にそそがれ, にその, にはなにごと, には品川, にもしも, のいる, のほか, のよく, の両手, の変装, の大, の小さい, の手, の最期, の胸, の遊ん, はこの, はすぐ, は何, は助ける, は奥, は顔中, も助かっ, も翌日, をおぶっ, をしばっ, をだいた, をつぎ, をなぜ, をひっかか, をコッソリ, を助けださなくっ, を変装, を守らなけれ, を守る, を小わき, を引きよせ, を殺す, を背中

▼ 緑~ (44, 1.1%)

1 [44件] あつた, あらう, いちめんに, かつ香い, その葉, ふいて, ほたる, まだら, まるく葡萄, 和らかに, 囲まれたよく, 塗った刳物, 塗り立てたジャンク, 夏陽を, 小花模様を, 怒鳴りつけて, 描いて, 潤ほし, 牡丹文などを, 申分なく, 着物も, 笑い, 笹藪の, 粋に, 細かく沢山, 縁どり翼, 花の, 花みたいな, 菊目石の, 萩が, 蔦の, 蔽はれ, 蔽われ人々, 蔽われ大きい, 被われて, 装飾された, 覆われその, 覆われそれから, 覆われた地, 調和し, 透通る美しい, 陸近い, 霧の, 飾られた

▼ 緑~ (40, 1.0%)

3 の動く 2 の内部

1 [35件] が一尺, が動く, が塞がっ, が揺く, が皆, が脱, だが, に入っ, に手, の動き方, の所, の揺, の縁, の裏, の許, の隙間, は仲, は余, は僅か, は元, は全く, は再び, は動いた, は後戻り, は是, は時計, は自然, は重い, へ引っ掛かった, も動き得ぬ, も塞がった, も皆, も開い, を潜っ, を開け

▼ 緑~ (39, 1.0%)

2 ない地盤, 見えぬまで

1 [35件] あらたに, あろう黒き, えいで, えそむれ, その高い, ともにすすり泣けり, ない世界, なく花, まるで年老い, 一れつ燃える, 一花の, 即ち虹, 咲き盛る, 彼自身の, 柔らかな, 樺も, 流れんばかり, 浅いが, 浮べる雲, 深い, 深き榊葉, 添い花, 添ひ, 濃い色, 濃く花, 物の, 生涯見る, 用いられた, 白も, 細面の, 腐って, 草摺を, 見えないよう, 見へ, 黄色に

▼ 緑なる~ (38, 0.9%)

1 [38件] が如く, なく枝, は何故, もの皆然, バンバ, 亞爾鮮の, 唯うつくしき, 四邊の, 大波を, 天を, 山谷の, 岡の, 島の, 春ごとに, 春の, 時に, 梢を, 樺色なる, 此頃の, 氈の, 水を, 沖の島の, 波は, 灌木の間に, 皆常に, 石の, 石を, 空, 窓の, 色の, 苔皮を, 草木の間に, 葉の, 蔓草と, 蔓草の, 蔦かづらにて, 郊原のみ, 阜の

▼ 緑~ (31, 0.8%)

3 の色 2 の草

1 [26件] が光線, が堅い, が急, しづけき, とぞなる, となつて立, ともつかず, になった, の川柳, の枝, の波, の滴, の絹ごろ, の背, の裡, もかすけき, をこめ, を押し流す, を滴らす, を細く, を衝き, 崩るる, 深き庭, 濃き植込, 濃き香油, 罩むる陰を

▼ 緑~ (27, 0.7%)

3 の上 2 のイレー

1 [22件] がまじ, が生, に搦める, に蔽われた, に見え, の中, の斜面, の波うつ, の浪, の繁茂, の美しき, の間, の鬱茂, はつい, は気息, は珠, をあさる, を植え込み, を機翼, 濃かに, 直ちに門戸, 芳しき柔らか

▼ 緑~ (25, 0.6%)

2 の三尺, の幅

1 [21件] で降つた, と書く, にて, に入る, の上流, の北, の渡河戦, の西岸, の鉄橋, はむべ, まったく以, も八木節, をみ, をわたり, をテネシー谿谷, を二里以上, を圧し, を渡つて平壌, を見, を越え, 流す筏

▼ 緑さん~ (24, 0.6%)

1 [24件] からだ, が住, だった, だよ, のため, の方, の短い, の頬, の頭, はこの, はそう, はそろり, はもう, はやっと, はダブダブ, は一本, は再びグルグル, は十八, は嘗て, は大きな, は彼, は苦し, 始めるぜ, 隠れなくっても

▼ 緑~ (24, 0.6%)

2 うろこ松の, のが, のは, のも

1 [16件] ので, のでエルアフイ夫人, のと, るほうらいしだ, 境内を, 新芽の, 木下闇, 林の, 柳の, 色の, 萼から, 谷の, 野も, 陶器の, 髪の, 麦ばた

▼ 緑平居~ (24, 0.6%)

2 の客

1 [22件] でお, でプロ文士同志, で句会, で層雲, に多い, に於ける, に着いた, に落ちつい, の記, はいつ来, はなつかしい, へあゝ, へいそいだ, へうれしい, への坂, へ向, へ転げ込む, へ驀進, までは歓待優遇, もそして, を出る, を訪

▼ 緑~ (23, 0.6%)

2 となり, に光る, の蛇

1 [17件] が, だの, と銀, なり, にさ, に水色等, に生えそめし, の光輝, の夢心地, の微粒子, の点々, の穂, の草, の象嵌, はただ, をし, ノ刺シ違ヒ

▼ 緑なす~ (19, 0.5%)

2 ペンペン草の, 樫の

1 [15件] まで, 下界を, 全舞台面, 気流に, 浪の, 瑠璃を, 甍の, 生命に, 草という, 草の, 菩提樹よ, 蓑を, 野邊を, 黒髪に, 黒髪の

▼ 緑~ (18, 0.4%)

6 の爺さん 2 を出た 1 でも構わず, という小料理屋, と看板, などと訳し, の二階座敷, の甚右衛門, の近所, の門, へ行く, またあ

▼ 緑~ (18, 0.4%)

1 [18件] といふん, に流す, に脚本料, のあと近頃, の台頭, の歌, の発声, の魅力, は僕, は心配, は満足, は石, は胸, をめぐる, を借りれ, を漂, を見直す, 古いこと

▼ 緑~ (18, 0.4%)

2 の屍

1 [16件] がゆうべ, が燈, が門, との間, と云う, と語った, にその, の事, の踪跡, の顔, はない, は額, を忌む, を揶揄, を殺した, を賺す

▼ 緑との~ (15, 0.4%)

2 果が

1 [13件] パラソルを, リボンで, 二色で, 入り交った, 小夜景, 差が, 強い支那, 明るい灯, 欄干を, 画面が, 色の, 色紙重ねの, 花模様の

▼ 緑がかった~ (14, 0.3%)

1 [14件] スコッチの, 土黄色に, 水色の, 白色である, 背広を, 色で, 落着いた, 薄黄, 青い皮膚, 青い銘仙, 青に, 青色である, 黒いもの, 黒色の

▼ 緑~ (14, 0.3%)

5 ようい 2 一本一本が 1 から緑, というの, といったの, ね, ので花, のの, 金だ

▼ 緑~ (13, 0.3%)

2 の結晶

1 [11件] が來, が紙切れ, とが待ち受け, とは角, と菫, などで塗, に映ず, の三人, の中, の兩燈, の燈光

▼ 緑青い~ (13, 0.3%)

9 ろの 2 ろに 1 と答えます, ろを

▼ 緑~ (11, 0.3%)

8 は紅 1 と黒緑色, は紅流, ヲ開クコト豆花

▼ 緑鬼ども~ (11, 0.3%)

1 [11件] がちゃんと, が手, だな, と強い, にたいする怒り, に組みつかれた, に頭, の角, はいつの間にか, は元気, を宇宙線遮蔽

▼ 緑~ (9, 0.2%)

1 どろどろした, ゼリーの, 弧灯の, 微生物が, 微生物の, 指環を, 箒草をという, 絨毯を, 藻などが

▼ 緑から~ (8, 0.2%)

2 青へ 1 海緑までの, 連想し, 青い色, 鳴きはじめた麦, 黄, 黒い赤い紙

▼ 緑したたる~ (8, 0.2%)

2 熱国の 1 並木道が, 森の, 涼風が, 草が, 菠薐草は, 黒髪を

▼ 緑柱石~ (8, 0.2%)

3 の耳輪 1 でか, のかざり, のよう, の宝冠, を刻んだ

▼ 緑~ (8, 0.2%)

1 の体, の手, の正体, の隊長, は仮死状態, は動物, は急, をにらんだ

▼ 緑江節~ (7, 0.2%)

1 がいい, が勢力, となっ, に変っ, を劇中, を女達, を聞き給え

▼ 緑金色~ (7, 0.2%)

1 とが華やか, にきらめかせた, に輝, の色合, の蜜柑, の輝, の輝き

▼ 緑一色~ (6, 0.1%)

1 であった田, でつまり, に塵, のちょん, の中, の着物

▼ 緑蝶夫人~ (6, 0.1%)

1 が, といふ艶麗, の問, の貸し, はなむけする, は気

▼ 緑雨君~ (6, 0.1%)

1 が鴎外漁史, のよう, の声, の弟子, の筆, はこういう

▼ 緑とが~ (5, 0.1%)

1 あって, いまだに記憶, しつくり抱き合つた, 映り紅, 目立って

▼ 緑のや~ (5, 0.1%)

1 あるん, あるんで, いろんな模様, さては五色, なぎの

▼ 緑太郎~ (5, 0.1%)

1 はこう, はそう, はまだ, は京姫, は続けました

▼ 緑宝玉~ (5, 0.1%)

2 の象嵌, もスルリ 1 だと

▼ 緑深き~ (5, 0.1%)

1 山々の, 山峽に, 松の, 葡萄の, 葡萄園に

▼ 緑灰色~ (5, 0.1%)

1 だった, のゴルフ服, の上衣, の海, の鱗

▼ 緑石君~ (5, 0.1%)

1 であるあゝ, の事, の変死, の遺族, はまだ

▼ 緑~ (5, 0.1%)

1 いろの, のみづ底, の入れ, の輝き, を呑め

▼ 緑色素~ (5, 0.1%)

2 を有する 1 が出来る, といふもの, は顯

▼ 緑~ (5, 0.1%)

1 と紅葉, に依頼, の挿画, は容斎風, もまた

▼ 緑~ (5, 0.1%)

1 があっ, があり, がある, と呼ばる, は五

▼ 緑~ (5, 0.1%)

2 の男 1 の伶人, の鬼, 淡粧

▼ 緑こまやか~ (4, 0.1%)

1 なる苔生, な枝, な葉, に枝葉汐風

▼ 緑ちゃんと~ (4, 0.1%)

1 いっしょに, を魔法, 小林君とが, 小林君とを

▼ 緑である~ (4, 0.1%)

1 から, ことも, し海, のに中腹

▼ 緑なり~ (4, 0.1%)

2 夜は 1 詩仙堂, 雨霽れ

▼ 緑にも~ (4, 0.1%)

2 映り或は 1 もう初夏, 殆ん

▼ 緑~ (4, 0.1%)

1 のあたり, のあたり花菖蒲, 煎, 非怨

▼ 緑波君~ (4, 0.1%)

1 と脚色者, によって宝塚系, の, を省み

▼ 緑深い~ (4, 0.1%)

1 国へ, 山と, 窓に, 静かな

▼ 緑~ (4, 0.1%)

1 と旗兵, に手, の監督, も腐敗

▼ 緑牡丹~ (4, 0.1%)

1 がまだ, である, とか小, はその

▼ 緑~ (4, 0.1%)

1 に凛然, の山, の色葉, 及び黄色

▼ 緑~ (4, 0.1%)

1 である, をかしら, を滴らせ, 暗きあたり

▼ 緑鬼たち~ (4, 0.1%)

1 はいつも, はたわいなく, は窓, を倒し

▼ 緑~ (4, 0.1%)

1 がかった緑, などでパピラス, の二色, の美しい

▼ 緑あり~ (3, 0.1%)

2 時闌くるあり 1 水は

▼ 緑いろした~ (3, 0.1%)

1 中庭に, 地し, 気海の

▼ 緑~ (3, 0.1%)

1 が滲みこん, はや, へも殆ど

▼ 緑だの~ (3, 0.1%)

1 ずいぶん奇麗, 紅葉の, 黄だの

▼ 緑であり~ (3, 0.1%)

2 一絃琴の 1 或もの

▼ 緑です~ (3, 0.1%)

1 からね, から雲雀, が立つ

▼ 緑という~ (3, 0.1%)

1 ような, 緑は, 花魁である

▼ 緑とは~ (3, 0.1%)

1 思われぬ水, 行く先で, 見易い色

▼ 緑とを~ (3, 0.1%)

1 垣間見せたのみ, 見せるだけ, 見詰めながら

▼ 緑などの~ (3, 0.1%)

1 氈を, 縞毛布の, 色が

▼ 緑には~ (3, 0.1%)

1 それほど飢える, 緑青の, 飲料茶の

▼ 緑よりも~ (3, 0.1%)

2 鮮かで 1 珍しい光景

▼ 緑~ (3, 0.1%)

1 に一帶, に点じ, 丞加藤彌

▼ 緑~ (3, 0.1%)

1 が母, であらせられた, の乞

▼ 緑十八~ (3, 0.1%)

1 が行方不明, といえ, は先程

▼ 緑~ (3, 0.1%)

1 のよう, の色, を捲い

▼ 緑楊旅社~ (3, 0.1%)

1 の忘れ, の食堂, は流石

▼ 緑波一座~ (3, 0.1%)

1 の俳優, の充実, へ出演

▼ 緑滴らん~ (3, 0.1%)

1 とする, ばかりである, ばかりなる

▼ 緑滴る~ (3, 0.1%)

1 ころ東京近郊では, 新樹の, 眼も

▼ 緑濃い~ (3, 0.1%)

1 奥まった地味, 山々が, 老松などが

▼ 緑濃き~ (3, 0.1%)

1 春色に, 眺めと, 黒髪を

▼ 緑燈左舷~ (3, 0.1%)

3 に紅燈

▼ 緑~ (3, 0.1%)

1 が事, である皆敷妙, でも購え

▼ 緑~ (3, 0.1%)

1 になつて樽野, の様, を宮殿

▼ 緑系統~ (3, 0.1%)

1 のもの, の地色, の色

▼ 緑~ (3, 0.1%)

1 があっ, の少い, は悉皆

▼ 緑紫紅~ (3, 0.1%)

2 の旗 1

▼ 緑色盲~ (3, 0.1%)

1 に罹っ, や赤緑色弱, 及び赤緑色弱

▼ 緑~ (3, 0.1%)

1 の塊, の庭, の蝕する

▼ 緑~ (3, 0.1%)

1 で樹蔭, で満たされ, で飾らない

▼ 緑~ (3, 0.1%)

1 ぞ走りゆく, のごとく, の心

▼ 緑~ (3, 0.1%)

1 の男, を着, を著

▼ 緑~ (3, 0.1%)

1 に, の房, の藻群

▼ 緑赤黄~ (3, 0.1%)

1 と四色, などで彩色, の色

▼ 緑~ (3, 0.1%)

2 のもの 1 を流し

▼ 緑~ (3, 0.1%)

1 というよう, などこれら, は青

▼ 緑~ (3, 0.1%)

1 は砂, もきらびやか, わかき瞳

▼ 緑あざやか~ (2, 0.0%)

1 なる不, な葉桜

▼ 緑いと~ (2, 0.0%)

1 濃きわれら, 濃し

▼ 緑しげ~ (2, 0.0%)

2 れる谿

▼ 緑だつ~ (2, 0.0%)

2 その秀

▼ 緑ちや~ (2, 0.0%)

1 ん今夜, ん君

▼ 緑っぽい~ (2, 0.0%)

1 光線が, 色です

▼ 緑~ (2, 0.0%)

1 ぽい薄墨, ぽく卓

▼ 緑とともに~ (2, 0.0%)

1 パステル絵の, 光る

▼ 緑など~ (2, 0.0%)

1 あしらった, 目が

▼ 緑などに~ (2, 0.0%)

1 塗った各種, 至る迄

▼ 緑にな~ (2, 0.0%)

1 つて, つて平山いくは

▼ 緑はためく~ (2, 0.0%)

2 白いテント

▼ 緑まだ~ (2, 0.0%)

2 あせず

▼ 緑~ (2, 0.0%)

2 おおペンペン草

▼ 緑ルート~ (2, 0.0%)

1 にある, の記録

▼ 緑~ (2, 0.0%)

1 オブフトキ処ヲシゴケバ皮細カニ砕テ離レズ内, 罩ム

▼ 緑~ (2, 0.0%)

1 も細胞膜, をもった

▼ 緑~ (2, 0.0%)

1 の柔かい, の紫

▼ 緑山寺~ (2, 0.0%)

1 に遇, の和尚

▼ 緑山水~ (2, 0.0%)

1 のごとき, の大幅

▼ 緑~ (2, 0.0%)

1 である, は菱谷氏

▼ 緑平居訪問~ (2, 0.0%)

1 の同行, は四回

▼ 緑~ (2, 0.0%)

1 の色, は黄

▼ 緑~ (2, 0.0%)

1 の村, の間

▼ 緑~ (2, 0.0%)

1 の人魚, の処女

▼ 緑毛亀盃~ (2, 0.0%)

1 まで三通り合計七升, をグイ

▼ 緑沁み出る~ (2, 0.0%)

2 嫩芽立は

▼ 緑~ (2, 0.0%)

1 が現れ, は我が

▼ 緑白色~ (2, 0.0%)

1 で左右相称状, にかわった

▼ 緑硝子~ (2, 0.0%)

1 の奥, の扉

▼ 緑碧紅黄~ (2, 0.0%)

2 の珠玉

▼ 緑~ (2, 0.0%)

1 の下, の中

▼ 緑簾石~ (2, 0.0%)

2 もつい

▼ 緑絨氈~ (2, 0.0%)

2 のカバン

▼ 緑~ (2, 0.0%)

2 を抽

▼ 緑~ (2, 0.0%)

1 である, は鉄筋コンクリート

▼ 緑蜆蝶~ (2, 0.0%)

2 の翅

▼ 緑~ (2, 0.0%)

2 の声

▼ 緑衣人~ (2, 0.0%)

1 としておこう, とでも言っ

▼ 緑褐色~ (2, 0.0%)

1 なやや, の松並

▼ 緑赤紫黄~ (2, 0.0%)

2 の円光

▼ 緑~ (2, 0.0%)

1 の地色, の袍

▼ 緑雨自身~ (2, 0.0%)

1 の不得意, は

▼ 緑~ (2, 0.0%)

1 たなびく林, はねに

▼ 緑~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ 緑鬼ミミ族~ (2, 0.0%)

1 の姿, は高等金属

▼ 緑黄色~ (2, 0.0%)

1 の旗, の点

▼1* [341件]

ざやかなこけがおのずとじゅうたんの趣を, 緑いろいろの電球, 緑いろでしたから遠く, 緑いろなのには, 緑いろなる黴隙間なく, 緑いろは睡眠のため, 緑い削り屑を, 緑て脂ぎつたる, 緑くるしくて蛙, 緑ぐるりと黄色い, 緑けぶりぬと, 緑ことに沈ん, 緑こまかき神経の, 緑さえも蒼黒く, 緑さわやかな匂, 緑さんのだどこ, 緑さん何をぼんやり, 緑さん私のお, 緑さーん, 緑しく麥の, 緑したたる木の, 緑すらもないの, 緑その他の絽, 緑その他様々の浮藻, 緑そむる大海を, 緑それは十種, 緑ここちよき, 緑だけ紫色な, 緑だけの眼鏡が, 緑だってすばらしいよ, 緑ゃんのくくわれているなわの結びめを, 緑ちゃん大じょうぶでしたか, 緑やない, 緑っぽき黒の, 緑っぽく見えた, 緑っぽく細かい黴が, 緑であっても色, 緑であった松本山は, 緑である見つめている, 緑でないことは, 緑では無い日中, 緑といつてもいい, 緑といふ形容の, 緑とか寒い色, 緑とで竜を, 緑とどまつの, 緑とに染めつけたゆで玉子, 緑とも紫紺とも, 緑とより成り何となく, 緑と共に広い春, 緑ながら油けも, 緑なき衆生は, 緑なくとも山の手一帯, 緑などを基調に, 緑ならんと, 緑ならしむる時は, 緑ならぬ処も, 緑なるつきせぬ廣野, 緑によつて構成され, 緑に対してまず無限, 緑のうへに白い粉, 緑のけはいを, 緑のどてのこっち, 緑のぼっちとの, 緑ばかりで光り脇, 緑ばかりとなりましたが, 緑ばんだ金色, 緑ふかい高台の, 緑ふくその上, 緑ふとこそ萎え, 緑かい木立, 緑へのよろこびからばかり, 緑ほど美しいもの, 緑また玉葱の, 緑までのあらゆる色階, 緑みがかつた漿果が, 緑ゆえ葉が緑, 緑の一群, 緑らしい緑を, 緑り洩る濃き髪, 緑をかぶつて, 緑を以て屋根瓦を, 緑反リ生, 緑一団の芭蕉, 緑一寸五分ばかり, 緑一抹の間, 緑一様なる内海, 緑丸紅丸の時代, 緑乃至代赭乃至, 緑二色の膜, 緑がみんなどこ, 緑人どもはわれわれ地球人類, 緑仕上の壁, 緑伸びたる芦の, 緑か非常, 緑俊元の三君, 緑優しい銀緑色の, 緑光りの斑点, 緑再び染むる無し, 緑冴え来る竹の, 緑しく燃えさかる, 緑処々に雲, 緑な蔭, 緑十八われ等が副, 緑のうへ, 緑及び春亭九華の, 緑叢中一點の紅, 緑叢中紅一点ともいいつべく, 緑名山千鳥などいずれ, 緑営兵士数十名を引率, 緑圃黄隴のほとり, 緑である, 緑むる高き, 緑という浮世絵店, 緑堂の前に立っ, 緑塊重畳においてそう, 緑天蓋ゆるがして, 緑天鵞絨の杉, 緑太郎さんにお願い, 緑宝玉宝玉を秘め置くべき, 緑屋さんへ早く, 緑山椿の一輪紅色, 緑山荘に招かる, 緑島伊勢ヶ浜玉椿浪の音, 緑をかけた, 緑し手, 緑帯紫の色, 緑だ脱走, 緑平居あたりからの遠山, 緑平居着腹から安心, 緑の蔭, 緑彩人ハミナ羅衣ニシテ烈朱臙脂濃紫黄藍を翻シ, 緑る者の, 緑或は藍色の, 緑扇座どころで開け, 緑に倚, 緑掛かった色を, 緑すべくさながら, 緑くとは, 緑雨山頭茘枝熟万里橋辺多, 緑新しき牧場に, 緑新道といえ, 緑日会諸友, 緑日瞼粧紅, 緑映じて颯と, 緑晴れやかな午前, 緑晶色の大, 緑暗い村, 緑暗色の外見, 緑朱二色の中, 緑もたわわ, 緑す, 緑き毛氈, 緑めでたきかの, 緑柱石煙硝氈香木没薬更紗毛革毒草劇薬珊瑚土耳古玉由縁ある宝冠, 緑桃黄紫の色, 緑楊春繋馬牀頭紅燭夜呼盧相逢還解有情, 緑楊水にひ, 緑樹海は今, 緑樺橙色の名残, 緑の角, 緑橋汐見橋千鳥橋栄橋高砂橋小川橋蠣浜橋中の橋その他の諸橋, 緑の實, 緑橙等さまざまな信号燈, 緑に白, 緑毛亀盃丹頂鶴盃など一通り, 緑気持の好い, 緑水氏の一文, 緑水碧山青に至る, 緑水至今迢逓, 緑水色など涼しい, 緑とは多紀, 緑汀会の事, 緑の流出, 緑江南より流るる, 緑江口付近に見えし, 緑江大捷の前触れ, 緑江材のケードル, 緑江材何者ぞ, 緑江照りひろびろしあきらか, 緑江畔の滿浦鎭, 緑江節ストトン節白頭山節と云, 緑沈める川上の, 緑沈槍をふるふべき, 緑から通う, 緑沙銀壁の蛮宮, 緑河岸まで両側, 緑波一座入りが出, 緑波一座歓迎の夕, 緑波君自身はこの, 緑波男を挙げる, 緑海豹など十匹, 緑淡い緑黄がかった, 緑深くなつた嫩葉, 緑清冽な小川, 緑たる芭蕉, 緑滴り水流れ, 緑澄樹敬等々君の如き, 緑かに生茂れる, 緑濃く彩色られ, 緑滴るばかり, 緑堆裏行, 緑といっ, 緑燈紅の間, 緑燈紅燈の光, 緑營以上の手柄, 緑牧草野の原, 緑といふの, 緑琴柱にはし, 緑を畳む, 緑であった, 緑と紅中, 緑に塗り立てた, 緑白い隠元豆の, 緑白二老は一時, 緑白地にそれら, 緑白妙紺青の珠, 緑白碧と月光, 緑白紅三連閃光が正しい, 緑白紫と襟色, 緑白緑それは十種, 緑の股衣, 緑眉いずれが花, 緑眼下には湯壺, 緑砂紺砂の色, 緑の見覚え, 緑碧緑優しい銀緑色, 緑碧藍の花, 緑礬液のよう, 緑礬硝石甘草肉桂薄荷どくだめ, 緑礬色の水, 緑は黄, 緑秋紅に冬, 緑が一本一本, 緑の紺青, 緑立つ日なり, 緑の鮮, 緑は毎日, 緑よる玉柳, 緑紅相映ず, 緑紅緑黄緑碧緑優しい銀緑色, 緑紅色を帯び来つた, 緑紅霞の紫, 緑にて張りたる, 緑紫灰色とりどりに鮮明, 緑紫黒の紙片, 緑紺碧に匂, 緑紺藍空色黒などまるで, 緑組みを承諾, 緑絞りの錦紗, 緑の埃, 緑ともえ, 緑を附けた, 緑縄索而脅之, 緑縞入りの蒲鉾, 緑縞甘藷を掘った, 緑の原稿用紙, 緑美しき甜瓜を, 緑から黙, 緑で漢文帝, 緑肥えたる葡萄圃, 緑花模様の粗末, 緑花紅の札の辻, 緑花紅碑を尋, 緑芽ぐみ岡は, 緑苔石上に敷き, 緑があっ, 緑茂る森も, 緑というよう, 緑草木ならば, 緑草深きプテレオス, 緑草珪草虫藻なぞいう, 緑草紅花満園春, 緑草緑樹の山野, 緑草豊かであった, 緑のみ多し, 緑菜黄をはっきり, 緑菜黄これに交うる, 緑萍蒼苔深く封, 緑萼梅の林, 緑幽草白花, 緑蕚夫人から戴いた, 緑の間, 緑薄茶金茶青薄紺, 緑藍色の湖, 緑蘿渓と名, 緑蟹甲の緑, 緑裾濃の大, 緑褐紅と四色, 緑褐色長円形をなす, 緑褐色黄むらさき赤, 緑象王廻る処落花紅, 緑赤楊のモザイツク, 緑赤色をし, 緑起ちてハイカラー, 緑でかけ, 緑釉指掻紋の大, 緑金寂静のほ, 緑金暮春調の時代, 緑と亜鉛, 緑銀色の強い, 緑の水渭, 緑長き日を, 緑間錯釣燈籠凡三百にあまり, 緑隊三ヲ紫隊ト云フ, 緑雨一代の面目, 緑雨二葉亭などの逸事, 緑雨以後真の江戸ッ子文学, 緑雨張りの小品, 緑雨様や宅, 緑雨田岡嶺雲小泉三申山路愛山石川半山斯波貞吉杉村楚人冠久津見蕨村などいふ, 緑雨紅葉思軒などがよって, 緑雨醒客のある, 緑雨露伴の, 緑雲生という人, 緑青々とした, 緑青むらさきだいだい色なんど, 緑青何でも輪郭, 緑青紅様々の光沢, 緑青鳩羽というよう, 緑青黒など様々, 緑面朱髪で, 緑頭上に回転, 緑髪ハ波ニ隨ツテ散リ, 緑髪朱唇白衣白木彫のみ, 緑髪肩に波うち, 緑髪黒眸の人士, 緑にうつりたる, 緑数え立てたら芝, 緑に定, 緑黄卵色をより, 緑黄朱赤と原色, 緑黄橙赤の色, 緑黄紫などのもの, 緑黄紫藍紺など様々, 緑黄色銀色銅色黄金色ととりどり様々, 緑黄黒時として金, 緑黄黒金などの色, 緑鼈甲の中指, 緑鼠色の眼, 緑は赤