青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「盛ん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

盃~ 盆~ 益~ ~益々 益々~ 盗賊~ ~盛 盛~ 盛り~ ~盛ん
盛ん~
~盡 盡~ 監獄~ 監督~ 監視~ 盤~ ~目 目~ 目下~ 目前~

「盛ん~」 3362, 33ppm, 3518位

▼ 盛ん~ (2313, 68.8%)

74 なって 43 なつて 37 して, なつた 26 行われて 22 燃えて 18 やって 17 なったの, 行はれ 16 なる 14 なれば 13 なった, 行はれた 10 なると, 出て 9 なるに, 活動し 8 これを, すること, 行なわれて, 降って 7 なるの, 手を, 火を 6 した, 活躍し 5 しなければ, する, なりまして, 花が, 行われたもの

4 [12件] なっても, なつたの, なること, なるにつれて, 泳いで, 流行し, 自分の, 行は, 行はれる, 行われた, 議論し, 起って

3 [37件] したならば, しようと, するには, なったが, なったこと, なったと, なったん, なった結果, なりつつ, なりました, なるという, なるとともに, なると共に, なるに従って, なるばかり, やったが, メートルを, 使って, 使われて, 使用される, 利用され, 売り出して, 拍手を, 泣いて, 活躍した, 湯気が, 火が, 研究され, 私を, 落ちて, 行なわれた, 踊って, 遊んで, 運動を, 酒を, 飲んで, 鳴いて

2 [130件] しゃべって, しや, すると, するの, たち農夫たち, なったとは, なったので, なったよう, なった時代, なっては, ならない, なりことに, なりその, なるか, なるが, なるだろう, なるまでは, なる時, のぼって, はしゃいで, やった, やったもの, やる, わが研究, コップの, ダーウィン論の, ヂヤブ, ビールを, 上演された, 世に, 争ひ, 二人の, 交際した, 他の, 伊藤攻撃を, 伝わって, 何かを, 作られて, 使用された, 侯を, 俳句を, 働いて, 入り込んで, 勉強し, 動くに, 口に, 吐きだしたそして, 唱えられて, 喋り散らして, 噴煙し, 団栗を, 売れるの, 子を, 宣伝した, 密室の, 小説を, 広告を, 彼を, 惚れて, 批評を, 拍手し, 持てはやされて, 採集旅行を, 揶揄ふ, 支那に, 散って, 敵愾心を, 普及し, 景気を, 気焔を, 水面に, 流行した, 流行する, 湧くと, 火の, 火花を, 焚火を, 無駄使ひ, 煙が, 燃えた, 燃焼し, 生えて, 生育し, 用いて, 用いられた, 用いられた時代, 用いられて, 用ひられた, 用ゐられ, 用ゐる, 発展し, 筆を, 篝火を, 経綸を, 繁殖し, 繁殖する, 繁茂し, 聞こえ出した, 花火を, 茂って, 血が, 行はる, 行われその, 行われたが, 行われたの, 行われた為, 製作され, 見えたの, 話が, 談笑し, 論ぜられて, 論争せられた, 起こって, 起った, 起つて, 身振りを, 輸入され, 通って, 通るよう, 運動する, 遣つて, 釣れて, 降つて, 降る中, 響いて, 頭を, 餌を, 騒いで, 鮎が, 鳴らして

1 [1419件 抜粋] あがりました, あって, あばれて, いたわって, いろいろな, うちけす, うめき立て一回二, おこなわれた, おしゃべりを, お喋りを, お店, がやがややっ, こっそりもくろん, こね回してる連中, この地球, この水, こぼす, こんなこと, させた元祖, しそして, したり, してやりたいから, しました, しゃべり回った, し世界, し利息制限法, すすめた, すべしと, するため, する事, する國是, する方法, すゝめました, せしめる方針, せなければ, ぜいたくを, その先生, その後婦女が, その新, その祭礼, その霊, それに, たべるか, ついでやった, できるバア, となえて, ともしつらねさせて, とり繁殖, なされ百余, なったからと, なったのみ, なった六世紀頃, なった原因, なった時, なつたこと, ならうが, ならないか, ならなければ, なり, なりかけて, なりしは, なりつ, なりひろがって, なりましては, なり一時失業労働者, なり世界, なり出した頃, なり博徒, なり女学生, なり寺院, なり引き続いて, なり所謂侠客, なり木村毅氏, なり米国, なり附近, なるかも, なるだろうと, なるにつれ, なるべきとき, なる一方, なる家, ののしられて, のむ, はやって, ぱくつきいつのまにか, ひっぱり出して, ふざけちらす, ふり立てて, ましますのに, もえて, もてはやされ注釈, やったので, やつてる, やりおるらしい, やりましたよ, やり恰も, やるが, やるよう, よろこびましたが, われ等を, カメラを, クコの, コマを, サモア酒を, シナ沿岸を, スティームが, ゾラの, ティンパニを, ドイツ語の, ハンマーの, パク付い, ブルジョア社会幹部の, ポリポリやってた, メラメラと, リオは, ワルシャワの, 上げはじめる, 不思議な, 世の中に, 並べて, 主張した, 主張せられ, 事業界に, 云われたもの, 交換される, 交際する, 亭主の, 人の, 人生問題を, 人間を, 付物を, 伝えられまた, 伸びたり, 何んか, 作ったもの, 作られた弥陀像, 作り出したの, 使うかナ, 使った卓子, 使はれた, 使われた, 使用する, 供される, 催されるやう, 儲け儲けた上, 共産運動へ, 内地人を, 円融帝寛和元年二月十三日に, 凍上によって, 出た, 出る, 出廻って, 出没し, 出現し, 分裂し, 利いた, 利用せられ, 劇評を, 労働組合を, 動き出した群集, 医者の, 反射作用を, 取り入れつつ, 取換えて, 受信器に, 古歌, 叩きこわして, 召上る, 合歓の, 同商売, 名物の, 吠えついて, 吠え立てたの, 吹かしたので, 吹き捲って, 吹聴し, 呷りながら, 咲いて, 咲乱れて, 唄い出すマドロス, 唱えて, 唱えられ公卿, 商売が, 商売する, 啖呵を, 啼きたてた, 喋り出すの, 喚き立てると, 喧騒し, 喰い荒らし飲み荒らして, 営まれて, 嘲笑した, 噛られ, 噴煙を, 四方へ, 団子を, 土を, 地名に, 報道し, 増殖した, 声援を, 売り出すよう, 売れたもの, 売れるという, 変な, 外出を, 大きな声, 大学を, 大蒜を, 天下国家を, 奨励した, 好評を, 婚約の, 媾曳を, 学ぶこと, 宗教論を, 実演中の, 客が, 宣伝せられ, 家探しを, 寄席へ, 寝返りを, 小さい炎, 屈折分析され, 山上から, 岩が, 崇拝され, 崩れて, 市場に, 布教させ, 布教活動を, 平和論を, 幸徳を, 廊下を, 弁じて, 弁難論争した, 強力な, 役向を, 待合入りを, 後塁, 後進を, 心理遺伝を, 忠義論を, 思いを, 性欲の, 愛嬌を, 感激の, 慶応の, 成るその, 我々の, 我鳴り立てた, 戦ふので, 手紙が, 投げたること, 投票の, 担ぎ出されます, 拝金宗を, 持ち出, 挑発する, 掘り出しましたの, 探偵小説の, 掲載される, 描いたの, 揚げて, 撒き散らされて, 支那人を, 攻められるので, 放蕩を, 政府を, 教えられ伎楽, 文学を, 斯雪を, 新式の, 方々で, 旗を, 日本の, 春一に, 暗躍してる, 暴れ回りながら, 書いた字, 書かれて, 書きたてたの, 書き立てた, 書物を, 木の葉を, 来たもの, 杯を, 松を, 柿沼を, 植えたもの, 楯つきや, 橋本父子を, 欲求せられた, 歓迎された, 武備を, 殺したり, 毛嫌いを, 気に, 水が, 汗を, 江戸趣味を, 沢に, 沸いて, 泉州へ, 泥を, 活動した, 活躍します, 流れ出すので, 流れ込んだの, 流行る, 海老蔵推讃の, 湧き上ること, 湯水の, 演劇運動が, 濁水を, 炭の, 焚きついでまた, 無辜の, 焼けつつ, 煙るやう, 煮えつつ, 煽りたてられた狂信的愛国心, 熾して, 燃えさかる火の手, 燃える家々, 燃え上つて, 燃え出した, 燃え立つ事, 燥いで, 爆発めいた, 片手を, 牛飲馬食二番の, 独りで, 獣性が, 現滅, 瓦斯弾を, 生んで, 産業の, 用いられこの, 用いられた世, 用ゐ, 男女交際を, 画かれた弥陀浄土変, 異民族, 発見を, 発達するであろう, 白い煙, 皮肉を, 目籠を以て, 県令の, 石油を, 研究され出した, 研究に, 礼を, 祭食を, 私の, 稽古し, 空中に, 立ちのぼって, 立ちのぼる湯氣, 立てるもの, 笑いながら, 筑前藩と, 籤を, 米国へ, 粧いを, 紙上に, 組合制度を, 維持が, 縦揺れし始め, 繼續し, 罵倒した, 羽子板を, 考究され, 耽ったもの, 聞こえて, 育つて, 自信の, 自尊心を, 自然の, 自由党の, 色々の, 芝居にも, 花街は, 芽出って, 英語を, 荒し廻って, 荷揚げし, 落語の, 蒐集中である, 蕃殖を, 蝋を, 行って, 行なわれた舞楽, 行なわれるよう, 行はれたる, 行わるるもの, 行われたよう, 行われた時, 行われた自由主義, 行われる, 行われ一部族, 行われ低廉, 行われ女囚, 行われ彼, 衝突し, 製造し, 要求され, 見せつけて, 見ること, 解放を, 言いよどんだり, 言われて, 討議を, 訳して, 試みられて, 話しながら, 話し込んで, 語られて, 説いて, 読まれたもの, 読み主として, 読書に, 読者を, 談笑された, 論じて, 論じ立てて, 論議された, 論議せしめ, 講釈し, 警句や, 譫語を, 議論を, 貪るやう, 買い入れ殺す, 買ひ込ん, 資本投下が, 賞用する, 質問させる, 赤い紐, 起こった, 起これる由, 起ったの, 起りました, 起るため, 起れば, 踊り出して, 転動し, 轟々と鳴っ, 近隣を, 迷信や, 追撃を, 逆理を, 通商を, 造られたの, 遊弋を, 運用する, 遠足したれ, 遣るの, 都人士の, 酔つ, 鉄砧を, 鎮魂術を, 長い頭髪, 閉鎖花を, 関ヶ原懐古を, 防いだ, 降つて來, 降り出し昨日, 降るの, 集まって, 雉が, 雪が, 雪は, 音楽が, 頬を, 飛ばして, 飛び始めた, 飛んで, 飛廻って, 食いはじめた, 食って, 食べた, 食べながら, 飲まれた, 飲みはじめました, 飲み食, 飲食させ, 饒舌り散らす, 饒舌を, 馬鹿ばなしを, 騒ぎ出し無口, 高い声, 高調した, 鯛を, 鳴きおまけ, 鳴く, 鳴らした頃, 鳴動し, 鼓舞され

▼ 盛ん~ (531, 15.8%)

15 もので 12 ものであった 8 ことは, のは 6 笑声が 5 ことを, ものだ, 時代に 4 ことで, 火の, 頃は

3 [12件] のである, のを, ものだった, ものでした, 拍手を, 時で, 時に, 時には, 時は, 時代には, 葬式が, 酒宴を

2 [42件] お葬式, この時代, ころに, ときであった, ときに, ところで, のだ, ものである, ものに, んです, 事で, 人の, 光景を, 勢いで, 勢で, 喝采を, 国アメリカに, 土地だけに, 地方では, 夏祭りは, 宴を, 山火事だ, 年は, 或村, 拍手が, 拍手の, 方な, 時である, 時代で, 時代であった, 時代です, 時代において, 時代においては, 時代の, 村だ, 炉の, 若い男, 議論が, 象徴主義も, 送別会を, 酒宴が, 食欲を

1 [335件] お家の, かつ腕っ節, ことじゃ, ことだ, ことだらう, ことである, こととて, こととても, ことに, ことも, こと前古無比である, この信仰, この地方, この広い, そうだ, その一つ, ときと, とき又は, ところから, ところは, ところを, ところ従って, のでそれ以上, ので有名, ので義妹, ので高砂市, のと, のに目, のを以て, ばかりに人, もの, ものが, ものた, ものであったらしい, ものであったろう, ものです, ものを, もんで, もんでした, やつは, ようだ, ようです, オーケストラに, ゴッデム, シーズンは, チベット国において, ピアニスト, メー・デーの, ローマン主義に, 一族が, 三味線の, 三平の, 上方では, 事が, 事は, 事ばかり, 事を, 事其を以て, 五通神は, 交通と, 交通は, 交驩が, 人々は, 人が, 人で, 人に, 人には, 人は, 人も, 人を, 人出でした, 人気だった, 人気の, 人集りで, 今までの, 今日資力の, 仕事振りだ, 伝道を, 伸び上ろう, 位だ, 何物をも, 供養会が, 侵入によって, 催しを, 儀容を, 儀礼の, 光景が, 八講を, 兵力を, 冗談ばかり, 処で, 処で御座います, 処へ, 利彦氏が, 創作の, 功名心の, 勢いを, 勢力にも, 南部の, 印象を, 取引です, 名古屋の, 唯一の, 喝采が, 噂を, 噴出は, 回教的第, 国は, 國であります, 土地で, 土地である, 土地な, 土地は, 地である, 地でございまし, 地方が, 地方で, 地方も, 堂々めぐりを, 塊が, 増殖率を, 壮年者も, 声望が, 夏です, 夏季それが, 大家の, 大層好い, 大芝居, 大阪, 奈良朝時代において, 奥さんだ, 女の, 奴が, 姿に, 姿は, 威圧其れ, 学校だつた, 宗教国である, 宴であった, 宴賀だった, 容貌は, 富山県などでさえ, 屈強な, 山王神田の, 市中を, 市街で, 干渉の, 平野地方においても, 年ごろの, 年を, 年齡です, 式だ, 式で, 弔ひ, 弥次を, 当節に, 征服慾に, 御在位中, 御声援, 御様子, 御贔屓, 性質で, 情熱を, 意味として, 意気に, 意氣込みで, 成長力から, 我欲や, 所で, 所である, 所です, 所には, 所は, 披露会が, 拍手, 提灯行列が, 数千の, 文化創造を, 方だった, 昼興行を, 時だった, 時でした, 時でしょう, 時として認める, 時の, 時も, 時を, 時代が, 時代だつた, 時代より, 時分なら, 時分に, 時分には, 時分の, 時期だった, 時間に, 普請手入れの, 景気で, 景気の, 景況に, 景色でありました, 景観を, 會が, 朝稽古の, 村では, 村の, 様子を, 様子故, 権勢に, 機運を, 歓迎で, 歓迎を, 歓迎攻めに, 比の, 気合で, 汽笛が, 油煙を, 活動が, 活動期に, 流行の, 港で, 湾泊者で, 演説会を, 火が, 火に, 火を, 火勢で, 火災の, 火炎に, 火焔が, 火花を, 焚火に, 焚火を, 状が, 献花式を, 現今に, 現状に, 生気を, 生活ぶりを, 申込みを, 男で, 町であった, 町到る, 盆踊りが, 盆踊りを, 砲撃が, 磯遊びを, 祝いであった, 祝祭を, 祝賀会を, 福岡県にも, 私の, 稽古を, 笑い声を, 笑声は, 笑声も, 筈だ, 筈の, 答えを, 篝火が, 篝火は, 精進料理の, 紅葉の, 結婚式が, 群集であった, 者が, 肉体の, 自然の, 若者には, 若者揃いです, 若葉が, 葬祭を, 蒸汽の, 蕃殖場咆哮生殖大, 藁火の, 蜚語が, 行列を, 装おいを, 西南の, 見送りが, 親爺が, 話を, 話声が, 誦経の, 誦経を, 説で, 論争を, 諸豪傑, 謙遜な, 講釈を, 議論である, 議論を, 賀を, 越後において, 趙は, 踊り場が, 軍装を, 送別の, 送別を, 通夜が, 連中だった, 遊戯の, 運動である, 運動でも, 都会であっ, 酒盛に, 釣堀競技釣り, 鉄びんの, 銃声が, 間は, 電灯装飾を, 需要が, 青々と, 青年の, 青葉の, 青麦, 音楽会が, 頃か, 頃だつた, 頃な, 頃に, 頃には, 頃にも, 頃の, 頃入谷が, 頃神戸行特急の, 頃転宿や, 頃轉宿や, 食慾が, 食欲の, 飾りつけであった, 饗宴が, 香気を, 香水の, 駅である

▼ 盛んなる~ (119, 3.5%)

2 手紙の, 時は, 落成式執行の

1 [113件] かな, かを思い合わせ, ことあたわざりし, ことが, ことなどは, こと以上であった, こと前古無比である, こと断じて, だけあっ, ときは, とき爪を, ところを, と共に日本, と同時に, につれてこの, には及ばない, には推服, に伴, に似たれ, に当たり, に当たりこれ, に従って自ら戒むるの法, に感心, に日本人, に聴け, のみであっ, はいかん, は佛國, は悪政, は文明, は米国, ものである, ものの, ものは, もの有らざるなり, ゆえんの, より尊者, を御覧, を思え, を知っ, を祝し, を表する, を見, を見る, を見聞, を観られた, エッセンヂユッセルドルフケルンと, チベット文字の, ルール地方を, 上に, 乱闘, 人々に対する, 人々は, 人気を, 余弊として, 偃松この, 兆しとな, 光景は, 児童が, 再建工事が, 処には, 功利主義を, 勢いを以て, 同情を, 哉氣や, 噂を, 地にて, 型を, 堂々めぐりを, 大議論, 大道演説を, 天地の, 妙齢の, 威力と, 小児の, 工業地なり, 弁難に, 意力張りつめた, 意気は, 成長の, 我等の, 所なれ, 所美人あり, 折柄異国船の, 披露の, 支那帝国も, 数千の, 方である, 時である, 時に, 景気でありました, 杯を, 火には, 炎に, 熊祭りを, 燃ゆる, 理由は, 眩惑を以て, 競争が, 競装行列あり, 笑声と, 若者の, 蕃殖場である, 行列あり, 装飾を, 西洋の, 討論が, 論調が, 貌を, 賞讃の, 道場を, 鎮魂術を, 顔色を

▼ 盛ん~ (108, 3.2%)

25 あつた 3 あつた時代 2 あつて, 人間の, 男は

1 [74件] あつただい, あつたの, あつたらしい, あつた仏蘭西, あつた名残り, あつた奈良朝, あつた時分, あつた陸中, あるいはこれ, あれから, あれ程, いつ治まる, いわゆる日本婦人的慎しみ, おめでたいこと, この多摩川, これから毎夜, これまで, これを, しばしば国境, そのため白川村, その大学, その頃江戸一番という, それらに, とかくに, はあった, はありました, はなかったろう, はなかつた, もっと勉強, やがてこんど, カトリックの, ジヤーナリストは, ルアンの, 予言者輩これを, 事実に, 先ずホーエンローネー, 先祖の, 内田魯庵さんが, 分析的な, 卯之花鮨とか, 可也に, 向うの, 地面二十四ヶ所も, 学問や, 寫生までが, 山本さんも, 当時ほとんど, 憲法の, 手仕事の, 方々に, 日本が, 景気が, 暮し向きに, 書畫骨董でも, 東京なんか, 消防どころか, 狭い町中, 生温い四国弁, 田舎に, 甲州金という, 男も, 皆脂粉を, 結構ちとやって来給え, 肉体が, 若い男, 英気が, 藩邸の, 蠶時は, 談笑自, 青年の, 馬具で, 魏に, 鮎の, 麻布十番の

▼ 盛んであった~ (53, 1.6%)

3 頃には 2 ことは, のは

1 [46件] か, かは容易, かは当時心, から早くから, から椿岳, がその, が今度の, が有明, が第, ことを, ころからの, ころに, し東明館, そうだ, だけである, とみえ, と共に女子教育, と見, にもかかわらず, のが, のでその頃, ので有力, もので, を知るべきである, ローマが, 丁謂は, 十九世紀には, 南北朝の, 名残であろう, 唐朝の, 土地な, 大隈侯よりは, 島津も, 支那には, 政社の, 時代においては, 時代には, 時代の, 時期に, 時期には, 禅僧の, 私は, 袁彦道の, 運命も, 際には, 頃に

▼ 盛ん~ (35, 1.0%)

4 ということ 2 ぜ, つたのは, つた頃の

1 [25件] から竜, が復興, が昭和二年, が秋, が縁起, そうだ, そうです, つたので, つた奈良或は, つた室町時代から, つた摩伽陀国の, つた時代も, つた貸, つた頃は, つた頃小僧達が, と, というの, とは閣竜英, と俗人, と申すで, と聞く, な, ねえいつも, の, よ

▼ 盛んである~ (35, 1.0%)

1 [35件] からそれ, からだんだん, から肉体的, か如何, が, がこの, がなんぼ, が一たび境, が好い, が日本, が果して, が眉山, が組織的団体, が迷信的, が鉄, ことに, ことを, しまた, ため頼まれる, だけに僕, という, という頃, といっ, と共に一方, と同じ, と言った, なかには, なども何, のが, のだ, のは, ほど郷土, やうだ, ようだ, ようです

▼ 盛んだった~ (23, 0.7%)

2 頃の

1 [21件] から仏法, か分るだろう, ころから, と云う, ね, のだ, わけです, んです, 中世ヨーロッパに, 加茂競馬や, 時に, 時は, 時代である, 時代にも, 時分, 時期が, 時期や, 記憶が, 近世の, 頃は, 頃建てた

▼ 盛ん~ (20, 0.6%)

4 なつた

1 [16件] なった, なった事実, なりし所以, なりその, なり北清事件, なり同時に, なり宋・元, なり徳川初期, なり新しい, なり自由競争, なり鎖鑰, なるに, なるの, なるや, なれば, 承わる

▼ 盛んなれ~ (12, 0.4%)

3 ば天 2 ども小陰 1 ど水, ばこそ斯, ばこれ, ばしからず, ばすなわち, ば必ず, ば魔

▼ 盛ん~ (11, 0.3%)

1 [11件] ものであった, やうでございます, ようでした, 三十八歳代, 世と, 壮者であった, 時だ, 曲者に, 由太刀を, 若者らしく, 頃には

▼ 盛んなら~ (10, 0.3%)

5 んと 1 ざるやに, しむる, んか, んとして, 好景気と

▼ 盛んなり~ (7, 0.2%)

2 といえ 1 しに, というべし, とす, と何, と称す

▼ 盛んであり~ (6, 0.2%)

1 それによって, やうに, 又根強い, 有名な, 此に関する, 道光以後は

▼ 盛んなりし~ (6, 0.2%)

1 がいつしか, この柳河, ものと, 光景を, 時代の, 頃一人の

▼ 盛んだつた~ (4, 0.1%)

1 ことが, ことである, ことです, ので各国

▼ 盛んであっ~ (4, 0.1%)

1 てその, てそれ, てたとい, て文字

▼ 盛んならしめる~ (4, 0.1%)

1 ために, には自由, ように, 所以であろう

▼ 盛んであれ~ (3, 0.1%)

1 ばひとり手, ば十年, ば完成

▼ 盛んでした~ (3, 0.1%)

21

▼ 盛んです~ (3, 0.1%)

1 が林さん, な, ね

▼ 盛んでも~ (3, 0.1%)

1 周の, 本宮の, 若し之

▼ 盛んならず~ (3, 0.1%)

1 したがってその, その板刻時, また竹冷氏

▼ 盛んにも~ (3, 0.1%)

2 なった 1 ならないで

▼ 盛ん~ (2, 0.1%)

1 がどうも, であつ

▼ 盛んでありまし~ (2, 0.1%)

1 てそれ, て有名

▼ 盛んでありました~ (2, 0.1%)

1 が此, が真相

▼ 盛んであります~ (2, 0.1%)

1 からその間, が私

▼ 盛んでない~ (2, 0.1%)

1 事は, 時代には

▼ 盛んには~ (2, 0.1%)

1 ならなかったが, やつた

▼ 盛ん~ (2, 0.1%)

1 盛んでも, 盛んな

▼1* [29件]

盛んだろうということ, 盛んであったらこういう方面, 盛んであったらしい近年に, 盛んでございました時分好き者達が, 盛んでございますよ芹沢さん, 盛んでして音楽学校, 盛んでなかった古代においては, 盛んでやれ平右衛門, 盛んで住みよい裕かな町, 盛んで有りますが料理茶屋, 盛んで流行り出せば何ん, 盛んで華やいでいる, 盛んで萌え出してからは苅っ, 盛んならしいが特に, 盛んならしめんが, 盛んならしめた本源である, 盛んならぬ世には, 盛んなりたる兆しなりと, 盛んな怒號が, 盛んな整ったものであった, 盛んな烟りを吐き, 盛んな見るから頑丈, 盛んにつつこまれたらしいが, 盛んにとり込まれて, 盛んにのぼつて, 盛んにやつてを, 盛んらしいのよいれ, 盛んも志, 盛ん油断はなく