青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「総て~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

維新~ ~綱 綱~ ~網 網~ ~綺麗 綺麗~ 綿~ ~緊張 緊張~
総て~
~緑 緑~ 緑色~ 緒~ ~線 線~ 線路~ 締め~ 編輯~ 練習~

「総て~」 1240, 13ppm, 8264位

▼ 総て~ (501, 40.4%)

11 ものを 9 物を 8 ことを, ものが, 人が 7 点に 6 人に, 人の 5 人々の, 人間が, 者が 4 ものは 3 ことが, 事が, 人は, 人間を, 場合に, 職業が

2 [23件] ものに, ものの, 上に, 不治の, 事の, 事を, 人々に, 人を, 人間は, 他の, 劇場が, 劇場は, 外国人に対して, 婦人は, 意味に, 感覚を, 文学が, 時間を, 民族が, 点で, 物が, 秘密を, 葉も

1 [355件] あとでは, いいこと, ことある, ことに, ことについて, ことばを, ひとは, ものと, ものとして, ストライキと, 一時性誇示性非, 不合理, 不祥の, 世間が, 乱暴を, 事に, 事は, 事ムは, 事件の, 事件は, 事実を, 事実及び, 事情が, 事情を, 事柄は, 事物に, 事物に対して, 事物より, 亡者に, 人々が, 人々は, 人々を, 人っていう, 人にも, 人によ, 人むろん, 人よ, 人寄せの, 人物の, 人物は, 人総ての, 人間と, 人間に, 人間の, 人間界の, 人類が, 人類に, 仏に対する, 仕事を, 仕事職業との, 作家が, 作家によって, 作戦計画を, 価値を, 俳優が, 偉大だった, 元素は, 先入見である, 光景は, 公平な, 出来事を, 分割の, 分類原理が, 刺戟に, 劇場と, 力である, 力も, 労働者が, 動作を, 動物は, 動物的な, 動物総ての, 勤労者の, 化粧品の, 印象記憶が, 古歌, 史的事業に, 周囲の, 商業は, 問題は, 問題を, 器すべての, 回礼者は, 国家的文明に, 国民が, 地方が, 地頭御家人の, 基本的な, 場合の, 場合は, 場合命名とは, 墓とは, 変りかたに, 変化を, 外囲だけを, 外的直観の, 大夫は, 大工職工が, 女の, 女子等約言すれ, 女性から, 女性が, 女性に, 女性の, 女性は, 女性間に, 奴等が, 始末は, 娯楽機関は, 婦人の, 婦人男子の, 子供は, 存在を, 学問が, 学問の, 学院では, 室を, 家の, 家庭が, 家庭総ての, 対照的文字は, 小鳥籠を, 島方を, 左様である, 巨根が, 希望が, 希望は, 希臘古代の, 幸福な, 当面の, 形式と, 待遇また, 徳が, 心が, 忌わしい記憶, 思想と, 思想は, 思考力を, 性情的特質と, 悩みも, 悪行を, 情熱は, 意味で, 意志を, 意見すべての, 愚劣さの, 愛を, 感じが, 感情理智の, 感覚にさえ, 慄きがなくなった, 懊悩を, 懐中を, 我が児, 戸に, 扮装を, 技芸について, 招待に, 振舞が, 推測を, 掩護から, 放埒は, 政治問題は, 文物が, 文芸上の, 料理屋の, 新劇運動を, 新聞が, 新聞は, 新聞社員を, 方々が, 方法を, 方面から, 方面で, 方面に, 日常の, 日本人が, 日本人は, 日記の, 明み, 時代を通じて, 書籍が, 未婚と, 未来とを, 植物に, 楽器に, 楽総ての, 概念が, 様子総ての, 権力を, 権理者に, 樹木は, 機会にも, 機械が, 歌に, 歌を, 武器を, 歴史の, 歴史は, 死骸が, 気候は, 気力を, 泉, 活段を, 温泉場は, 源因が, 準備を, 漁猟の, 漢学に, 濁った複色, 火が, 点を, 点長大足の, 為の, 父でした, 牛乳屋が, 物, 物から, 物と, 物に, 物の, 物は, 物価又, 物資は, 物質の, 特性を, 犠牲者を, 犬が, 現象は, 理論に, 理論の, 生徒が, 生活の, 生活を, 生物には, 生物は, 生産手段と, 用意を, 男性に, 男性を, 畦路と, 疑問は, 疾病を, 発達を, 目は, 直観は, 真に価値, 真摯な, 瞬間の, 知識を, 知識学問的知識は, 研究は, 禍災を, 科学に, 科学は, 秩序に, 稚気も, 積極と, 究極の, 空間知覚を, 素人芸と, 紳士が, 線路工夫等等等へ, 罪の, 罪悪という, 罪悪人を, 罹災者は, 羈絆を, 考慮を, 者に, 者の, 者は, 者への, 者を, 耳には, 聖賢の, 聴きては, 聴衆が, 職務と, 職業の, 職業を通じて, 能力以上の, 自分の, 自然物は, 自然科学が, 自由は, 色調を, 花皆うつくし, 芸術は, 芸術を通して, 芸術中最も, 芸術家に, 芸術家は, 若者を, 苦痛を, 荒んだ独身者, 荷物を, 落着いた, 虫らしい, 血が, 行為が, 衝突不快は, 表情が, 表現が, 表現を, 要求は, 見方が, 規模計画が, 覚悟は, 親密さが, 観察が, 言葉, 言葉に, 言葉を, 言語挙動が, 言説行動の, 記憶から, 設備は, 証拠を, 評論風の, 詩の, 誘惑は, 語根といふ, 誠実なる, 調子が, 貧しき者, 貧民を, 貴族, 貸借関係を, 賢者には, 身外の, 軍事を, 農作物に, 透察は, 進歩的思想の, 遊星の, 運動は, 運命を, 過去が, 過去と, 部分に, 野蛮人に, 関係から, 関係が, 関係書類を, 陳述を, 障碍を, 雰囲気が, 面では, 革新変化は, 音響が, 音響を, 類型から, 魂の, 魅力を

▼ 総て~ (107, 8.6%)

4 忘れて 2 綜合し

1 [101件] おとよ, この目的達成, して, そこに, なしたとい, また圧倒的, 与えても, 与へようとは, 両歯, 了解した, 亡ぼして, 今までに, 例の, 保護し, 元どおり, 兼ねること, 出し切る機会, 刺戟した, 動かしうるもの, 包んで, 包含した, 包含する, 占領する, 収めて, 含みこれ, 含めて, 含んで, 呪ってるん, 圧倒した, 失ったロビンソン, 失った奴, 失わせて, 委せて, 委ねる弊, 委任する, 尽くしたもの, 己一身に, 引上げて, 引括めて, 征伏し, 得て, 心得て, 忘れては, 忘れる, 悲劇に, 愛玩出来る, 感情的に, 打ち崩して, 打明けて, 托したといふ, 承知で, 投げた人, 投げた態度, 抛って, 捧げて, 捧げなければ, 支配し, 救った, 教授された, 新調し, 望むこと, 汚し私, 決したの, 注いで, 漁った, 漁つた, 漠然の, 無に, 犠牲に, 理詰めに, 産む, 直接物語っ, 真夏の, 眼下に, 知った, 知りしが, 知りつくしたわけ, 知りぬいてる古老, 研究した, 破壊した如く, 社会的欠陥に, 神聖化する, 笑って, 綜合する, 胸の, 自分達の, 自己の, 苦しませることほか芸, 覆いかぶせて, 覚悟し, 観ること, 解決する, 記すこと, 語ったのち, 語り得るの, 論断せん, 識った, 貧しきもの, 貫き流れて, 賭けるかの, 軽侮せん

▼ 総て~ (89, 7.2%)

2 そうであった

1 [87件] いちいち符号, いちいち符合, かたづくだろう, かたづくとは, きびきびとして, この数年来, その例, それで, なくなって, ぼんやりした, ぼんやり色を, みんな戯れ, よくなりました, よく解つて, デマゴジスムの, ハッキリと, メンドウくさい, リツチな, 一決し, 中屋敷, 仮名文, 何か, 何らかの意味, 信徒な, 備わって, 全く隔世, 円形という, 凍て付いた様, 別れ別れに, 前とは, 否定で, 吹き出したくなる事, 夜の, 夢だ, 夢の, 大人振っ, 奢り散らしたもの, 女子の, 女性として, 如何にも牧歌的, 少くとも, 己に, 帳消しされる, 当然とも, 悪いの, 惰性的に, 愛に, 愧ずべき, 懐胎し, 或る, 教師, 整然と, 文壇人関係者の, 新しきを, 新しくなる, 日本型ファッシズムに, 明かに, 時に感じさせられる, 気に, 油然と, 流れて, 消失し, 消費しつくされる, 男の, 疑問だった, 癪に, 発散し, 皆ショーペンハワー, 目の, 直接である, 知って, 祝福の, 空しく見え, 総てとは, 舐める苦痛, 薄手で, 西洋風に, 証明しなけれ, 趣味である, 躾に, 造られて, 運ばれたの, 銀の, 関西語である, 闇に, 静かに, 馬鹿らしいので

▼ 総て~ (44, 3.5%)

2 みこころである, 総ては

1 [40件] あって, あの時ぎり, うち開け, お春, この近代, それと, オ・ケで, 一致団結し, 下向き下向き草を, 五十両余を, 今は, 低級な, 何んで, 作家に, 内心の, 力中心の, 単に私, 単調を, 同じ心, 嘗てあった, 土でも, 急に, 整った, 明白に, 時の, 火事場の, 無駄で有った, 目が, 相対的だ, 瞬間に, 神聖なる, 第一次世界大戦後, 肉である, 自分の, 見残した悪夢, 解決される, 近代的でしょう, 金の, 随分立派, 食味に

▼ 総て~ (24, 1.9%)

1 [24件] あらゆるもの, つきまとって, ヒケ目を, 不満であっ, 亙って, 勝手な, 及ぶから, 容易に, 平安と, 忘れられ総て, 懐しい昔, 拘らず大衆, 新生の, 於て, 於ていかん, 朗々と, 歪められた私, 満足しました, 溢れて, 無自覚であった, 興味の, 親切な, 親愛を, 都合が

▼ 総てこの~ (15, 1.2%)

3 頃の

1 [12件] ことが, 一事によって, 家は, 時代の, 村では, 町の, 見地から, 覚書に, 貴方の, 辺に, 辺の, 辺は

▼ 総て自分~ (8, 0.6%)

1 が供給, だけで用, で画き, のよう, の姿, の手, の胸, は新

▼ 総てその~ (6, 0.5%)

1 中へ, 事から, 場に, 山脈に, 規摸を, 霊徳の

▼ 総てこれ等~ (4, 0.3%)

1 のバラック建, の事, の動静, の苦々しい

▼ 総てそれ~ (4, 0.3%)

1 がある, が或, をもっ, を赦され

▼ 総て~ (4, 0.3%)

1 以て, 八郡あり, 四千八百六十六万六千三百二十二人居た, 四百名位だ

▼ 総て其の~ (4, 0.3%)

1 兄弟を, 場に, 趣を, 道たるや

▼ 総てから~ (3, 0.2%)

1 たちの, 推薦された, 決然たる

▼ 総てに対して~ (3, 0.2%)

1 そうである, 不満であった, 怨恨を

▼ 総て~ (3, 0.2%)

2 を太政官 1 れを

▼ 総て功利~ (3, 0.2%)

3 の念

▼ 総て~ (3, 0.2%)

1 の手, れの, を指し

▼ 総て~ (3, 0.2%)

3 なり

▼ 総て解決~ (3, 0.2%)

2 し説明 1 されるの

▼ 総てかく~ (2, 0.2%)

1 の如くなりし, 低唱し

▼ 総てこうした~ (2, 0.2%)

1 表現報道現象を, 謙譲な

▼ 総てこれら~ (2, 0.2%)

1 のこと, は二巻

▼ 総てこんな~ (2, 0.2%)

1 事には, 事は

▼ 総てそれら~ (2, 0.2%)

1 の悲喜劇, は悩ましい

▼ 総て~ (2, 0.2%)

1 くらいは妹, と考へ

▼ 総て世の中~ (2, 0.2%)

1 の事, の妨げ

▼ 総て~ (2, 0.2%)

1 に対して威厳, の秘密

▼ 総て~ (2, 0.2%)

1 かの意味, が一番広告

▼ 総て何処~ (2, 0.2%)

1 かに無邪気, にか罪過

▼ 総て~ (2, 0.2%)

1 の意見, の指導

▼ 総て勤労~ (2, 0.2%)

2 の権利

▼ 総て十分~ (2, 0.2%)

1 であった, にいかん

▼ 総て単なる~ (2, 0.2%)

1 実験の, 金儲けでは

▼ 総て善し~ (2, 0.2%)

2 吾は

▼ 総て~ (2, 0.2%)

1 であったという, といふもの

▼ 総て~ (2, 0.2%)

1 変り被, 歴々生活を

▼ 総て斯様~ (2, 0.2%)

1 なこと, な品

▼ 総て朱塗~ (2, 0.2%)

1 だ新, で立派

▼ 総て~ (2, 0.2%)

1 の如くなれ, の種

▼ 総て~ (2, 0.2%)

2 を期し

▼ 総て湯島天神境内~ (2, 0.2%)

2 の体

▼ 総て~ (2, 0.2%)

1 には芸術, を云わない

▼ 総て生れ~ (2, 0.2%)

1 出たる刹那, 出た者

▼ 総て~ (2, 0.2%)

1 を白く, を閉ぢ

▼ 総て花々しく~ (2, 0.2%)

2 処断すべし

▼ 総て虚礼~ (2, 0.2%)

2 なるべし我等

▼1* [355件]

総ていいと云う, 総ていわゆる蓮根だ, 総て政ならでは目が, 総てお前達の所有物, 総てかくかくの通り, 総てここに帰着, 総てこれ罪なり人, 総てういふ研究, 総てしだらなく手緩るく, 総てすうと通り抜け, 総てすべてのこういう, 総てずっと古くから此, 総てそうであります, 総てそういうような, 総てそれなりで女性, 総てそれら私闘が原因, 総てそれ自身の総て, 総てただ活劇の, 総てただ一人の力, 総てたのしい思索です, 総てである必要は, 総て親しくなり, 総てとは云は, 総てのだ, 総てなだらかなる者, 総てなぶられても厭, 総てなるなり, 総てにおいてその時代, 総てについて色々言つて, 総てにて一人の, 総てに対する慰安と, 総てはしで垂直的, 総てひっくるめて呼ぶ, 総てひと日ひと日年をとる, 総てまたぴたつと戦時中の, 総てまだ学校の, 総てみな読まれるの, 総てみな怪談本といっ, 総てあれは, 総てよい意味に, 総てわが家の座敷牢, 総てコンクリイトで固められ, 総てサラット居士が特に, 総てダイジダイジですから, 総てドグマの城壁, 総てドユマアの証言, 総てフロウレンスの真似, 総てプラトンに親しく, 総て一つの傾向, 総て一人で取りまかなひ, 総て一切取り去られいかにも, 総て一包みにし, 総て一変して, 総て一巻も残らず, 総て一律に自給自足, 総て一方を欠いた, 総て一致した, 総て万葉集に求めつ, 総て三万余通世界の各, 総て三四年この方, 総て上調子であった, 総て上野三枚橋夜更の体, 総て下谷広小路松源裏手の体, 総て忍の, 総て不味にし, 総て不成績で漸次, 総て丑松の心, 総て中世紀頃の型, 総て中流に育った, 総て事物を客観的, 総て二十年前と少し, 総て五人前宛なれど, 総て人々に温き, 総て人民の苦痛, 総て人間の髪毛, 総てまでとは様子, 総て今言つたやう, 総て仏国から招聘, 総て仏教から来た, 総て仕事を甘く, 総て仕組が行き届い, 総てへ奪, 総て付け込みのしるし, 総てのわるい, 総て作者自身からいふた, 総て侘しく床しい古い香の, 総てにし, 総て俗人に言う, 総て健康な清々しい, 総て優悠迫らず有りたいです, 総てのいう, 総て光って輝い, 総て全く眠りから, 総て八つ山下夜の模様, 総て公法の主義, 総てより採用, 総て兵器工業は民間事業, 総て兵役につく, 総て其行為の結果, 総て具体的の記述, 総て凍て附いてしまつ, 総て切って廻し, 総て初めから分っ, 総て前提の, 総て副詞的の職分, 総て動員されて, 総てが強く, 総て包めるものあり, 総て包括して, 総て十七個の箱, 総て十七銭で比目魚, 総て十三点女子学習院に送り, 総て十二室の各, 総て十六人が藩船, 総て単語に着く, 総て友人でござる, 総て取仕切って引受け, 総て叛逆匪徒を以て目せられたりき, 総て召集する, 総て右往左往と動き, 総て号令のごとく行わる, 総て同感であった, 総てさえも記され, 総て吏道という形, 総てにも解ったろう, 総て君主の大権, 総て君物には両面, 総て味覚を失ひ, 総て和女の物, 総て和平を欲, 総て和歌俳句詩などが人, 総て品質値段時季産地等その間の事情, 総て喜びでありたいと, 総て嘗ての三高, 総て囚人のする, 総て四五月より七八月, 総て四迷大人の骨折, 総て国家の必要, 総て執政となり, 総て堪えて行かなけれ, 総て塞いで思量, 総て外部へ露, 総て多くの人, 総て多数の人間, 総て大きな秤皿に, 総て大井小林の任ずる所, 総て大衆文芸の中, 総て天皇陛下のお, 総て失つてしまつ, 総て失敗するの, 総ての長所, 総て始めのごとし, 総て学校が綜合的, 総て完全な翻訳, 総て官吏服務規則に拠っ, 総て官憲の力, 総て査の, 総てがある, 総て家庭と道場, 総て時間の, 総て少年時代に読んだ, 総て巫女の資格, 総て帆村の計略, 総て平凡な巴里仕込み, 総て平坦で全面, 総て平等なり国民, 総て幻滅の連続, 総て幾等か疑われます, 総て引抜かれて戦場, 総て弾疵十七ヶ所に達した, 総て律文で伝へられ, 総て後手後手と相成りましょう, 総て従軍する事, 総て心行かずただゲンゲン, 総て忍びの職業, 総て忘れたり, 総て悪魔の黒い, 総て悲哀を以て終らざる, 総てふ所, 総て想考的のもの, 総て意識がそれ, 総てと嫉妬, 総て愛想が尽きた, 総て感応院の宝沢, 総て成らずに望み, 総て成立しないと, 総て我々年輩のもの, 総て我が敵である, 総て我敵であると, 総て我等が指揮, 総て我藩で支弁, 総て戸倉土出越本三ヶ村の進退地, 総て戻ってから聞こう, 総て所蔵の図書, 総て抜刀を引っ提げ, 総て持つて行かう, 総て擬古文です, 総て支那から来た, 総て支那社会に起る, 総て放散的に密度, 総て整えておく, 総て文章成分の顛倒, 総て文部省の管理, 総て断片的で猛烈, 総て新開地の料理店, 総て施行は乞食非人, 総て既往十余年間に於ける, 総て日常的な自然現象, 総てに依る, 総て明日の晩, 総てれ御身, 総て是等の細き, 総て時間的でなければ, 総て普通の登山者, 総て晴れる事と, 総て暗号らしい余, 総て曖昧のま, 総て巧なる, 総て本格的で美味い, 総てるるもの, 総て桜田門外に移転, 総て桜若葉であると, 総て構造を精密, 総て様子を聞い, 総て欠けたるを完, 総て此川を上下, 総て此等の事, 総て此間の事, 総て武郎君の生命活動, 総て死滅す, 総ての類, 総て求められている, 総て江戸の取引先きの事, 総て決心せるが, 総ての名, 総て油絵用のもの, 総て法律の草案, 総て渡邊織江の指図, 総て流る, 総て無駄にはせず, 総て煽動的なりと, 総て燧岳の裾野, 総てを恥, 総て独力で妻, 総て珍しからぬは, 総て現代の平凡者, 総て理屈が云, 総て瑩瑩たり, 総て男子に取分け, 総て男性だからと, 総てや郡, 総て疑問である, 総て登場の順序, 総て皆光明の網, 総て皆婦人でありました, 総て皆廃紙となっ, 総て盤根錯節を断つ, 総て直接でなければ, 総て直観内容でなければ, 総て省いた蚊士と, 総て省くことに, 総て省略する, 総ての前, 総て知ってい, 総て知つてゐる, 総て知らず町の, 総て知りたがっている, 総て短尺物で, 総て石鹸玉の泡, 総て研究に属し, 総て破壊し所々, 総て確証した, 総て社員の手, 総ての摂理中, 総て禅味が加わっ, 総て秀でたものは, 総て秀子を指し, 総ての見識, 総て私たちの飲み代, 総て私人の所有, 総て秋蕭々と細長い, 総て科学的でなければ, 総て租税も減ずる, 総て税金に依っ, 総て稜々した石塊, 総て種々の地理書, 総て積極的にし, 総てに和い, 総て空しいものと, 総て立憲政治の必要, 総て純粋なもの, 総て終日囲炉裏に火, 総て経験して, 総て結論を持つ, 総て統一指揮せしめる, 総て統制的に訓練, 総て統合的にし, 総て総て罪でした, 総ての奔流, 総てでした, 総てなる者, 総て肥沃な黒土質, 総て脱さず捉へ, 総て脱落した, 総て臣民の間, 総て自ら尋常ならざる, 総て自分等に都合, 総て自然の巌石, 総て自由だ, 総て良人に説明, 総ての変化, 総て芸術上の理論, 総て荒々しい振舞を, 総てかに賑, 総てがめぐん, 総て虚仮といっ, 総て虚構であるとしか, 総てのやり方, 総て虫媒花向きに出来, 総て表現でなくては, 総て要するに男子が, 総て見えたのである, 総て解釈になつ, 総て討死して, 総て負担し得るよう, 総て貴方の所為, 総てだの紫, 総て身分より内輪, 総て身分不相応な事, 総て軽蔑した, 総て近き将来に, 総て逆様に映っ, 総て逆転して, 総て達してし, 総て遠慮なく戦火の, 総て都下舞踊界舞台撮影を以て第一人者, 総て配下の神, 総ては二升, 総てに換え, 総て釣遊の道, 総てにし, 総て附いて居る, 総て陸軍の幼年学校教育, 総て雌雄の蝶, 総て露子の物, 総て静的表現しか持たない, 総て人間的な, 総て面白いとか怖い, 総て革命的の気焔, 総ての揃, 総て順序がある, 総てく姑, 総て香港の支那人, 総て駕籠屋忠兵衛と云, 総て驚くべき事実を