青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「綿~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~続け 続け~ 維持~ 維新~ ~綱 綱~ ~網 網~ ~綺麗 綺麗~
綿~
~緊張 緊張~ 総て~ ~緑 緑~ 緑色~ 緒~ ~線 線~ 線路~

「綿~」 1622, 18ppm, 6508位

▼ 綿~ (469, 28.9%)

72 ように 56 ような 18 やうに 17 やうな 7 入ったもの 5 上に, 中に, 木の 3 ようです, 中を, 入った着物, 厚いの, 如くに, 様な, 花の

2 [19件] ごとく疲れて, はいったチョッキ, はみ出た蒲団, はみ出て, ようで, 中から, 入つた蒲團, 入れて, 夜具は, 如く疲れ, 如く疲れき, 如く疲労し, 如く白く, 師匠の, 木と, 様に, 湯と, 繊維の, 衣を

1 [225件] うしろから, うしろの, ごときもの, ごとく, ごとくうち, ごとくその, ごとくなって, ごとくやわらか, ごとく疲れ, ごとく疲労, ごとく知覚, たくさんは, ちぎれが, つまったマリ, つめものを, とぐろが, どてらを, ないもの, なかから, なかに, においが, ねんねこだった, はいったのに, はいったまま, はいったもの, はいったもの一枚, はいったド, はいった久留米絣, はいった帽子, はいった暖, はいった着物, はいった褞袍, はみ出したかけ蒲団, はみ出して, はみ出たどてら, はみ出たド, はみ出た座蒲団, はみ出た蒲團, はみ出た頭巾, ひらひらした, ふかふかする, ふくれた座ぶとん, ふっくら入っ, ほか紙屑一つ見当りませぬ, ようだ, ようであろう, チョッキを, 一張羅を, 一片の, 上で, 上でも, 上へでも, 中にも, 中へ, 中味は, 丸けた球を, 交つた黒の, 代りに, 充分入った, 光ったよう, 入ったどてら, 入ったの, 入ったものの, 入ったスリッパ, 入った厚い, 入った敷蒲団, 入った新調, 入った田舎, 入った着物一つ, 入った缶, 入った衣服, 入った裾, 入った褞袍, 入った重い, 入って, 入つた奴袴, 入つた駱駝, 円筒が, 円莢は, 出た座布團一枚, 出た椅子, 出た破れた衣服, 出た蒲団, 出た褞袍, 切つ, 初穂へ, 包みを, 十貫目も, 厚いふっくり, 厚いふつくり, 厚い夜着, 厚い宮, 厚い寝ン, 厚い蒲団, 厚い貸, 厚くはいった, 取り散らしにしか, 名に, 名も, 名産地で, 喰出した, 四五寸も, 団塊だけが, 団塊を, 外に, 多い半, 大きな山, 奥に, 奥へかが, 奥底が, 如き積雲, 如き純白, 如き黒烟, 如くうち, 如くで, 如く和らかなり, 如く疲れきっ, 如く疲れきった, 如く疲れる, 如く軽く細く, 如なかむなにして秋行か, 実が, 宣伝の, 密精の, 寝床, 小団塊, 山かと, 山が, 巣を, 工業が, 師匠ぢや, 師匠で, 師匠などが, 師匠や, 帯を, 帽子で, 幟には, 年貢である, 形を, 意憐香惜玉の, 愚かさを, 打直し, 断片には, 方が, 晒しグルミの, 木のうね, 条を, 松葉を, 板と, 柔かい暖かさ, 栽培が, 栽培は, 棒の, 植付けに, 樣な, 樹下衆車苑に, 毛房は, 水を, 沢山は, 沢山入っ, 流派で, 涙と, 深みへ, 減って, 湯という, 湯に, 物は, 物を, 玉の, 珠が, 現われし衣, 生産についての, 産地だ, 産地であった, 用途を, 着物の, 硬いごつごつ, 種子を, 種類によ, 穏しき雲の, 笹縁の, 筆で, 筋の, 粉は, 糸縄を, 縞を, 繊維を, 肩の, 色は, 花も, 花を, 花盛そら, 荷役には, 蒲団を, 蚊屋野, 蚊屋野における, 袋を, 製産者は, 襤褸を, 見るより, 覗きだ, 詰つた口薬物の, 財布, 財布を, 迸り出るの, 這入った羽二重, 這入って, 這入りし深川鼠三ツ紋, 重い掛蒲団, 間を, 陣羽織である, 陣羽織の, 陣羽織一着で, 障害物など, 隧道の, 雪が, 霧が, 頭が, 頭巾を, 風呂敷包を, 飛び出すの, 食み出た褞袍, 餡なんか, 髮を, 黒雲から

▼ 綿~ (259, 16.0%)

11 千切って 6 入れて 4 ちぎったよう, 厚く入れた 3 ちぎって

2 [20件] うんと入れた, して, つめたの, つめたもの, つめて, つめる, のばして, ひきちぎったよう, もつて, 丸めたよう, 入れすぎて, 入れれば, 出して, 抜いて, 敷きそこ, 束ねたやう, 着て, 積んだ灰色, 詰めて, 運搬する

1 [191件] あてて, いれて, うちかえしに, かけた針葉, かけて, かぶったよう, かぶって, くくめて, したり, した菊, すると, する女形, ちぎったほどの, ちぎっては, ちらしたよう, つかみだした, つくねたやう, つけこれ, つめこみ布団, つめたり, つめた刺子, つめた飛行帽, つめ夜具敷, つめ込まれてるかの, つめ込んだらしい厚ぼったい, つめ防毒面, つんで, とって, とりのけた, なげて, のばしたの, はがして, ふくみ音声, ふくらかに, ぼろぼろに, まるくし, むしって, もちこんで, もって, もてや, ドッサリ詰め込ん, ピンセツトを, ポツリポツリと, ポンポコ入れなけれ, マンチエスターへ, 一つまみ投げた, 一パイに, 一反の, 一撮み投げた, 一杯に, 一番沢山産する, 一袋ずつ, 三枚ほど, 二つまみ三摘み, 何う, 何人に, 入れかえ縫い直し, 入れさせ, 入れさせ哀れ, 入れたよう, 入れたり, 入れた所, 入れませんから, 入れる容器, 入れ守護, 冠って, 出來, 前垂に, 包み置く三百年前, 十分に, 千切つた, 千切る, 卷いたん, 卷いた棹, 厚く敷い, 厚く敷ける, 取って, 取りて, 取り糸, 取り除くと, 取ると, 取出す, 取出すの, 含ませたせい, 啄ば, 啣えた, 國産の, 堅めた, 売って, 売りに, 売るよりも, 大いこ, 奥の, 密と, 小さな器械, 巻いた箸, 巻きつけた風邪気味, 干した上, 幾屯と, 幾枚も, 引いて, 引き出した, 引き摺り出した, 引出し着て, 所持し, 手に, 打ちなおしたり, 打ち和らげる為, 打ち替え表, 打つて, 打つ大きな, 打つ時, 打つ音, 抜いた軽い著, 持って, 挫いだ, 挿て, 捨てたところ, 捲いて, 掩ひ, 摘む内職, 散らけては, 敷いたよう, 敷いた棺, 敷いた箱, 敷きつらねた樣, 敷き詰めたよう, 断ったよう, 星尾に, 更紗や, 束ねたよう, 林の, 栽えぬ, 検するに, 殆ど一回, 沢山積ん, 浮かべたよう, 火に, 煮えくりかえさせて, 發射する, 百めほど, 盗んだの, 盗んで, 着せたもの, 積かさね, 積み重ねた様, 積んだ百姓, 積んだ荷船, 穿つ北欧羅巴, 穿つ北歐羅巴, 紡いで, 紡で, 紡むこ, 紡む内職が, 絡み着けぬもの, 縛つたのが, 縛つたのを, 縫ひつけ, 織ること, 置きっ放し, 肩の, 背負は, 胡瓜の, 舞わしたよう, 薄く入れた, 袋に, 見せて, 詠じた歌, 詰めたボール, 詰めてる, 詰める方法, 詰め込むの, 豊乃に, 買い入れて, 買って, 買つて, 賣らぬやう, 踏まへて, 踏んだよう, 踏んで, 踏越し, 載せた胸, 輸送し, 追う場合, 長州に, 集めて, 頭に, 頸に, 食って, 麻の, 鼻の

▼ 綿~ (153, 9.4%)

14 羽織を 11 を着 4 の上, を着た 3 を出し, を着せられた, を縫っ, を重ね 2 の両, の股引, をかさねた, を二枚, を何枚, 羽織が, 羽織に

1 [94件] あたりが, が今日フト箪笥, さえ見すぼらしく, でございます, では暖か, で大名等, とを揃, なぞ着, にくるまれ, に余所行, に同じ, に着, に紺足袋, に縮緬, に袴, に黒手八丈, のため, のだらけた, のちゃんちゃん, のちやん, のま, のメルトン, の下着, の代り, の前, の半纏, の寝, の寝巻, の布子, の服, の満, の着流し, の筒袖, の紋附, の絽, の綿, の羽織, の背中, の著, の袖, の袖無, の裏, の韃靼服, を, をかえさし, をかさねる, をきた, をと貰, をぬいだ, をぬがう, をぬぎ, をぬっ, を一枚づゝ, を一枚正一, を二つ襲, を出した, を取出し, を引出し, を着かけた, を着用, を着込ん, を脱い, を脱ぎ捨て, を著, を蒲團, を行李, を袷, を通す, を重ねた, ズボンに, 一枚, 一枚の, 一枚へ, 一枚を, 一枚寄附し, 一枚襦袢一枚の, 三枚, 二枚だ, 元禄袖の, 半纏を, 外套でない, 外套を, 小袖を, 服を, 着物が, 羽織という, 羽織の, 羽織は, 羽織や, 胴着で, 袢纏一枚を, 近くなった, 遂に不明, 防寒外套が

▼ 綿~ (76, 4.7%)

2 つめて, つめられ箱, 入れて, 喰み出してる, 柔かい, 積まれて, 飛んで

1 [62件] あるならくれえ, あるの, うすい, すつかり採れなく, そこい, その生産地, つまって, とぐろまい, とても上等, はいってるもの, はさんで, はみだした毛, はみだして, はみ出したで, はみ出して, はみ出て, ふか, スーツと, タイヤの, ドロリと, 一杯詰まってる, 似合ふわ, 何か, 何處にでも, 元の, 充分に, 入って, 出た, 出懸って, 切れて, 切れないで, 十五六枚それも, 千断れ, 厚いので, 名人の, 吹き出て, 喰み出し, 巻いて, 廻って, 採れたので, 敷かれ其の, 新らしい, 方々に, 植えられやがて, 此処から, 消化れる, 生え駱駝, 真綿だ, 真綿である, 硬いよう, 硬くて, 約八億キログラム, 舞うよう, 蛙に, 見えるほどに, 覗きだして, 詰められて, 透いて, 透切れが, 飛ぶ, 飛出ると, 飾られたり

▼ 綿~ (58, 3.6%)

2 ゆた, 堅いがナ, 恚忿と, 日に, 棉の, 綿の

1 [46件] いよいよ厚く, きれず十年前, すでになく, その風, どうせ, どこから, ないのよ, なかった, ぬきながら, のばし兼ねたる霜夜, まるで無く, もつと, クルクルに, フランスや, 一枚ど, 三日や, 亜熱帯の, 何も, 何様なか, 其の有らゆる, 其方に, 印度の, 干されたり, 彼らの, 急に, 我々の, 支那人の, 日本人の, 星尾の, 本当に綿, 殊に此, 汚目, 無論園部, 特別なし, 王なりという, 真綿, 種子と, 箸の, 糸瓜の, 綿で, 蒲團でも, 薄黒い, 誰が, 身に, 馬鹿な, 麻雀を

▼ 綿~ (42, 2.6%)

3 包んで 2 くるまつて, くるんで, しめして, なって, 包まれて

1 [29件] からむ白, くるみたる長, くるん, くるんだ二つ, こたえますよ, しませて, しみるもの, たらしこんだ, つけては, つつんだごとく無, つつんだよう, なったもの, なり乳, 交易すべし, 付いて, 似た薄, 包まれた刀, 包まれた腕, 包んだよう, 包んだ姉樣人形, 喩ふる, 大きな桐, 撫子が, 油の, 浸して, 浸まして, 触るるとき, 足を, 黒いもの

▼ 綿~ (33, 2.0%)

3 くるんで, 包んで 2 顔を

1 [25件] かたまって, すっかり張られ, つくつた人形, つつんだよう, ぬぐひながら, ふっくりと, ぽか, もつれて, 作ったおもちゃ, 作った巣, 出来た巣, 包まれたの, 包みますよう, 包み木綿糸, 包んだあれ, 包んだやう, 包んだよう, 包んだ青銅, 叩いて, 幹を, 怪我を, 紡がれ印度, 詰めて, 鳥は, 鼻と

▼ 綿~ (24, 1.5%)

2 錦繍に

1 [22件] かも多く, さっきから, した情緒, した色々, だけ買つて, であって, ひきかへ, アルコールを, 云おうか, 云ったのね, 云つた水島の, 交易し, 同じもの, 毒物の, 泣くだけの, 灰とを, 灰の, 瑪瑙を, 眞綿で, 糸を, 繃帯で, 裏とは

▼ 綿~ (23, 1.4%)

2 の襟元, を着

1 [19件] あり木綿物, すら着くるあたわざる, ならざるべからず, に替え, に絣, に限る, のみ, の用, の身, ほど必要, も重たき, をかさねて, をき, を厚く, を服したる, を縫っ, を脱せざる, を重ねざるべからず, を重ねた

▼ 綿井氏~ (20, 1.2%)

3 は自殺

1 [17件] が便所, が兇器, が出, が携帯, が機, が行方不明, だと, に提供, の以外, の屍体, の方, の精神, はどうして, は秀岡氏, は絶対, より秀岡氏, を落し

▼ 綿~ (19, 1.2%)

3 のやう 2 のよう

1 [14件] かしら喰っつい, がかかったげ, が庭先, で一杯詰, で結構, とを吸い込んだ, に揮発油, の上, の山, の雨, をひねり出し, を吸, を拂, を頬張つた

▼ 綿製品~ (19, 1.2%)

4 の製造 2 の価格

1 [13件] が今, が労働者, との価値, に対するその, に比較, の価値, の相対価値, もまた, や亜麻布, や麻製品, を供給, を生産, 及び毛織布

▼ 綿菓子~ (15, 0.9%)

2 というもの, のよう

1 [11件] がつぶれた, になる, に変っ, のじいさん, をつくっ, をなめ, を喰, を私, を雪, を頬, を鶴石

▼ 綿~ (13, 0.8%)

1 [13件] ふじの, 古着の, 吉野紙を, 木綿毛糸が, 桃色の, 毛などを, 毛類や, 油にも, 瑪瑙を, 糸屑が, 襤褸ぎれをばたばたとさせている, 錦を, 鼠の

▼ 綿~ (11, 0.7%)

2 出ようといふ 1 ないのに, やはりこれ, 周助の, 少なくて, 暖かに, 植えられその, 白一号という, 織らし凡そ, 置いて

▼ 綿撒糸~ (11, 0.7%)

3 をこしらえ 1 がない, と弾薬, の大きな, ばかりこしらえ, を作った, を作る, を山, を裂き

▼ 綿でも~ (9, 0.6%)

2 詰めて 1 これ位取れる, つめた蛇籠, つめられたよう, 入れて, 詰ったよう, 詰って, 詰ってるかの

▼ 綿工場~ (8, 0.5%)

2 のため, や類似 1 における幼年労働時間, に雇傭, の外, へ勤め

▼ 綿竹関~ (8, 0.5%)

1 が第, の一線, の二関, の大将費観, の防禦, へひとたび, もついに, 第一

▼ 綿銘仙~ (8, 0.5%)

3 の半天 2 の羽織 1 の下, の垢, の縞がら

▼ 綿から~ (7, 0.4%)

3 糸を 1 作られるの, 利益を, 彼が, 放たれたもの

▼ 綿~ (7, 0.4%)

1 がその頃, が加害者, が墜死, の屍, の死, の自殺後秀岡, をも機上

▼ 綿~ (7, 0.4%)

2 直シ 1 の二奉行, ノ入道, ノ入道ら, ノ入道義昭, ノ入道義昭ら

▼ 綿入り~ (6, 0.4%)

1 の品, の外套, の着物, の繻子, の薄茶, の衣服

▼ 綿という~ (5, 0.3%)

1 のに, ものそれ自身我邦における, ものは, 名を, 姿です

▼ 綿たる~ (4, 0.2%)

1 なごり惜しみの, 恋愛詩の, 盛装の, 隣座敷へ

▼ 綿では~ (4, 0.2%)

2 ないか 1 ないの, なくて

▼ 綿~ (4, 0.2%)

1 のである, のでしょう, ので何, んです

▼ 綿など~ (4, 0.2%)

1 けっこうなし, ちらかして, 少しく生, 脊負つてゐた

▼ 綿らしい~ (4, 0.2%)

1 が銘仙縞, と感服, ものが, 双子の

▼ 綿~ (4, 0.2%)

1 と言っ, になっ, もやはり, も床屋

▼ 綿~ (4, 0.2%)

2 の城 1 の兵, へ着いた

▼ 綿~ (4, 0.2%)

1 とか西陣, に黒手袋, の羽織, の袍

▼ 綿細工~ (4, 0.2%)

1 に血, のよう, の狸, の鬚

▼ 綿繻子~ (4, 0.2%)

1 で作っ, の仕事着, の前垂, の布団

▼ 綿~ (4, 0.2%)

2 の群れ 1 やそれから, や天狗虫

▼ 綿頭巾~ (4, 0.2%)

1 も一緒くた, を被っ, を被り, を鼻

▼ 綿麻呂~ (4, 0.2%)

1 の征伐, の蝦夷征伐, の遠征, の頃

▼ 綿~ (3, 0.2%)

1 さもなければ濡れた, 毛氈の, 羽毛かの

▼ 綿には~ (3, 0.2%)

1 なまなましい血, 何やらくる, 例の

▼ 綿みたい~ (3, 0.2%)

1 なもの, な感じ, な髪の毛

▼ 綿より~ (3, 0.2%)

1 ほかには, 作れる一種, 脆く白髪

▼ 綿セル~ (3, 0.2%)

1 の服, の背広, の袴

▼ 綿フランネル~ (3, 0.2%)

1 だのメリンス, の前垂, の手縫

▼ 綿~ (3, 0.2%)

1 一ト塊分, 多ク積置ケル, 持ッテ出テ来ル

▼ 綿入物~ (3, 0.2%)

1 が沢山, もし, を直し

▼ 綿工業~ (3, 0.2%)

1 から靴下業, の開始, は従来外国

▼ 綿~ (3, 0.2%)

3 の師匠

▼ 綿~ (3, 0.2%)

1 には当時名, の姿, や又は

▼ 綿繻珍~ (3, 0.2%)

1 の帯, の帶, らしいもの

▼ 綿~ (3, 0.2%)

2 の水脈 1

▼ 綿蚊帳~ (3, 0.2%)

1 が隣, の中, を買っ

▼ 綿~ (2, 0.1%)

1 づのそのほこりこそゆかしけれ, づのやうな小さい

▼ 綿だの~ (2, 0.1%)

1 布だの, 麻だの

▼ 綿でなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばいけない, ばならない

▼ 綿として~ (2, 0.1%)

1 ここに, 濃やかな

▼ 綿とを~ (2, 0.1%)

1 使って, 買ひ

▼ 綿などを~ (2, 0.1%)

1 みだりに望んだ, 一しよ

▼ 綿にでも~ (2, 0.1%)

2 包まれたよう

▼ 綿ばかり~ (2, 0.1%)

1 では, で糸

▼ 綿をば~ (2, 0.1%)

1 束ねたやう, 束ねたよう

▼ 綿を以て~ (2, 0.1%)

1 縛り置く位, 耳鼻口を

▼ 綿井茂一~ (2, 0.1%)

1 の屍体, は

▼ 綿入れた~ (2, 0.1%)

1 一枚小袖帯に, 蒲団を

▼ 綿切れ~ (2, 0.1%)

1 して, に浸ませ

▼ 綿~ (2, 0.1%)

1 の渦, りを

▼ 綿摘み~ (2, 0.1%)

1 それは, の稽古

▼ 綿火薬~ (2, 0.1%)

1 のけむり, の製造法

▼ 綿~ (2, 0.1%)

1 の天空, もある

▼ 綿繖糸~ (2, 0.1%)

2 を造るです

▼ 綿~ (2, 0.1%)

2 を着

▼ 綿~ (2, 0.1%)

1 といふ白い, ともいう

▼1* [178件]

綿いやはやこれ, 綿いれのであろう, 綿うたす媼, 綿かと思う柔, 綿かのように, 綿かも入る, 綿からのみ絲を, 綿きれがちら, 綿ぎれを頭, 綿ぎれ鼠の小便, 綿ぎれ鼠色の綿ぎれ, 綿くずをはらい落とし, 綿ぐるみの宝石, 綿はに縫, 綿さねは其所は, 綿すべての仮面, 綿その他を納めなけれ, 綿だけ押し込んどいて, 綿だけのつくれた焼, 綿もんは, 綿ちしや葉, 綿てんの足袋, 綿ですか, 綿でないのが, 綿とかいうような, 綿とぞ思われける, 綿とのぐるりを, 綿とは駅の, 綿とも言わるる絹, 綿などの代りに, 綿などは産褥熱を, 綿ならば, 綿にもオロの, 綿によって頬から, 綿ぬきという四月, 綿のみにても毎年二十万屯づつを, 綿ばかりを入れなかった事実, 綿ぼうしのよう, 綿ぼこりがつい, 綿まで受け取らねば, 綿めいせんを, 綿やの広告だ, 綿やら襤褸屑やら, 綿やらが普請場の, 綿ゆらぐ川のべ, 綿ひまやる, 綿よりはずっとかたい, 綿よりも軽い蘆, 綿をかぢつ, 綿コーヒー等にし, 綿スゲ雪を突抜, 綿タバコ等にし, 綿丸ネ, 綿フラネルの裏, 綿フランネル大小ふとんまくら, 綿モスリンのよう, 綿リンズの羽織, 綿レースのナイトキャップ, 綿ヲチギッテ大キイノハ六七センチ, 綿一つうち直させても, 綿一つまみほどの白い, 綿一撮みほどの白い, 綿けになつ, 綿三百把米千五百俵の献上, 綿するを, 綿亙せる山岳は, 綿り毛糸編, 綿の俄, 綿人形とくくり, 綿歳多, 綿入り二枚分と胴着, 綿入下着羽織送りました, 綿入出して, 綿入半外套を, 綿入琉球紬の下著, 綿入買つて, 綿入質屋から歩い, 綿八丈の襟, 綿八反の帯, 綿六千屯布千二百端を引きあて, 綿利八右衛門など一人, 綿十屯布五十端庸布三百六十常より従五位, 綿とやらそち, 綿半さんも同じ, 綿なの, 綿厚き座蒲団の, 綿及び麻製品鞣革石鹸蝋燭茶砂糖等は, 綿麦蒔大根取, 綿取りに金剛山, 綿問屋の河西屋伝兵衛, 綿噛みを取り, 綿四屯布二十九端庸布百八十常までの特別給与, 綿の緒, 綿子夏の小袖一枚, 綿子著のみ著, 綿小綿が一面, 綿屋さんは, 綿屋様と畳屋様, 綿屑みたいな巣, 綿大學士劉宇亮少子, 綿などが物産, 綿打世良田などの隊, 綿打屋の小町娘, 綿打弓でびんびん, 綿打業を始めさせた, 綿打横瀬堤などの一族, 綿打田中額田などの同族たち, 綿打直しやの店, 綿打里見烏山細屋大井田大島籠守沢額田世良田羽川一の井, 綿というの, 綿抜瓢一郎と云, 綿昆布類を輸出, 綿更紗の袋, 綿という人, 綿をこしらえ, 綿を摘む, 綿業家を中心, 綿のもの, 綿氷豆腐細い札, 綿油等は申す, 綿流し独り判断, 綿温かき紫の, 綿火藥百七十五斤に相, 綿を劈い, 綿になり, 綿などとともに登大路北側, 綿を桑畑, 綿の御, 綿ねキャラメル九つ, 綿祭りのよう, 綿取揃方御用, 綿等暴騰し施米, 綿篇魯頌の, 綿反もの類, 綿みを, 綿紡ぎになる, 綿紡績によい, 綿細工人形みたいだ, 綿結城に胡麻柄唐桟, 綿を供給, 綿絵清親の名所絵, 綿絹羊毛をもつ, 綿絹袈裟衣服などをだれ, 綿の紋付羽織, 綿緞子の赤い, 綿縮緬に鍍金, 綿繃盛河北賊紫金盞酌壽王妃弄成晩歳郎當曲正是三郎快活時, 綿ものの, 綿羽織が重たい, 綿老いた女たちの, 綿蒲団の下, 綿蒲団藁蒲団何にでもきまった, 綿薄ければ男, 綿の和する, 綿蠻たるに驚け, 綿血糊がみるみる, 綿衣それらは皆荘園, 綿衣一枚違うと, 綿衣四襲位之事, 綿衣破帽自らその標本, 綿衣袷はいう, 綿という大, 綿の物, 綿製品レイスその他の装飾的奢侈品, 綿製品等に対して大きな, 綿製品等供給した工業者, 綿詰めるように, 綿買いにゆく, 綿踊りなどと申す, 綿途絶のため一八六二, 綿のあり, 綿鍋善兵衞と名, 綿には糸, 綿の納入, 綿類独特の裂かれる, 綿飴屋が割箸, 綿の下着, 綿麿が遠征