青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「綺麗~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

続く~ ~続け 続け~ 維持~ 維新~ ~綱 綱~ ~網 網~ ~綺麗
綺麗~
綿~ ~緊張 緊張~ 総て~ ~緑 緑~ 緑色~ 緒~ ~線 線~

「綺麗~」 4541, 49ppm, 2373位

▼ 綺麗~ (2087, 46.0%)

35 娘が 31 のが 30 顔を 25 女が 24 のを 22 女の 19 のは 15 着物を, 顔の 14 水が 12 花が 11 人が, 娘の, 綺麗な 10 もので, 女だ, 顏を 9 娘を 8 声で, 娘だ, 鳥でしょう 7 んだ, 人だ, 人は, 娘は, 新造が 6 ことと, ものが, ものだ, んです, 女は, 方だ, 眼の, 肌を 5 ことは, のも, ものを, 女に, 娘で, 娘です, 年増が, 指を, 花, 花を

4 [27件] お小姓, くせに, ところを, のだ, のと, ものです, ものは, 人でした, 人を, 声を, 夢を, 女で, 妹が, 娘さんが, 娘と, 字を, 手を, 方が, 方で, 方です, 景色を, 男だ, 男の, 立派な, 若い女, 顔で, 首を

3 [42件] お方だ, お顔, ものに, もんです, 上に, 人で, 人です, 人と, 女だつた, 女であった, 女の子で, 女を, 女中が, 女中の, 姉さんが, 娘も, 家の, 庭が, 手が, 指に, 文字で, 新造に, 方は, 服を, 歯を, 水で, 水を, 洋服を, 石で, 砂地に, 簪を, 細君を, 花だ, 花です, 花の, 若いお, 衣服を, 言葉を, 雪の, 面を, 首が, 鳥が

2 [127件] おかた, お侍さん, お姉ちやん, お姫様の, お嫁さん, お嬢さんが, お嬢様だ, お比奈さん, お池, お眼, お花, お酌, からだを, ことだ, この町隅, そして胸, ところへ, のだらう, のでしょう, のです, ので私たち, のには, のに違, ひとが, ひとは, ものだった, ものであった, ものでした, ものなさうだ, もんだ, ような, んを, チューリップの, 一人前の, 上品な, 下女の, 事だらう, 事で, 人だった, 人な, 人の, 人や, 仕事を, 児だ, 児で, 写真は, 原稿を, 品の, 奥さんと, 女では, 女と, 女の子が, 女の子の, 女中は, 女持の, 女煙術師, 姿が, 娘さん, 娘さんだ, 娘さんに, 娘さんの, 娘だった, 娘でした, 娘では, 娘に, 娘には, 娘子供の, 子だ, 子で, 子に, 子を, 子供を, 子可愛い, 宝石の, 小ぢんまりした, 小川が, 小箱, 少女であった, 心を, 恰好の, 愛を, 手, 指で, 新造だ, 新造の, 月は, 服装を, 模様を, 橋が, 歯が, 歯で, 歯並が, 殿御が, 比丘尼が, 水に, 水へ, 流が, 清水が, 火の, 男だった, 男と, 男の子は, 着物と, 着物は, 硝子板の, 籠の, 絵を, 美しい花, 腕を, 自動車ばかりが, 舟一艘つくり上げ, 花に, 花園だ, 若造が, 虹だ, 裸体で, 貝を, 貝殻を, 貝殼を, 路を, 部屋の, 顔が, 顔に, 顔にな, 顔立で, 飾り椅子が, 鳥だ

1 [1128件 抜粋] あの人, あまつ子, うちで, おっ母さん, おばあさんを, お侍様, お半, お友達連れ, お天気, お姉さま, お嬢さんか, お嬢さんとが, お嬢様が, お孃樣, お客様で, お寺小姓, お小間使, お延, お方でございます, お星樣, お月様, お武家さん, お洒落の, お皆, お紅, お美しい, お萩の, お袖そつくり, お話よ, お銚子, かたで, きびきびした, ことあれしません, ことばかり, ことを, この湖水, すみれは, その二つ, その目, その良人, その部屋部屋, それに, だけにそんな, だけに何, ところが, ところだ, ところでも, ところなんて, なよなよと, の, のかしら, のだろう, のである, ので十九, ので拵えた, ので私, のとで, のにもう, のに泣かれ, のに言, のや, ばかしでいただけなかった, ばけ, ひと, ひとの, ぴらしゃらする女も, ものさ, ものでございました, ものでしょう, ものや, もんで, もんでやした, やさしい顔, ように, よりはもの凄い, をとこ気ぢ, んだらう, んでせう, んで有名, エボン河を, カアネーションを, セルロイドの, デコレーションを, ニッポン人なら, ビショップの, ファッション, ペンナイフの, ポスターが, ユキ子の, リボンの, ワシレンコでも, ンぢや, 一団も, 一室の, 七福神の, 三色菫や, 上着も, 下女を, 丘が, 丸髷の, 乙女達が, 事だった, 二階が, 五十を, 人, 人から, 人たちを, 人だらう, 人でも, 人どした, 人なんて, 人ね, 人やったら会わし, 人好きに, 人形が, 人形の, 人達が, 仕事じゃ, 仙女の, 令嬢が, 住居であった, 体して, 何食は, 侍だった, 假名文字で, 優しい人, 優しそう, 児だって, 児を, 公園です, 内儀です, 冷たい感じ, 処は, 出家, 出来上りを, 切断面を, 切髮の, 別嬪に, 劇場で, 化けの皮を, 午後ここの, 印象を, 友染を, 友禪だ, 口つきで, 口髭の, 叫び声を, 可愛らしい児, 同情を, 品は, 唇を, 噴水の, 四畳半に, 国の, 地質の, 坊主頭であった, 場所である, 墓場へ, 声でしょう, 声は, 外国製の, 夢が, 夢の, 大きな虹, 大幅な, 天人娘お, 天気が, 天気らしい, 太陽が, 夫の, 奥さんか, 奥さんが, 奥様でも, 奧樣を, 女でした, 女です, 女とは, 女なら, 女ね, 女の子です, 女の子を, 女ばかり, 女らしい風呂敷, 女中で, 女優さんね, 女太夫, 女子を, 女工だ, 女形の, 女房と, 女文字です, 女郎が, 奴が, 奴ばかり, 妾を, 姉さん, 姉さんでも, 姉さんを, 姉妹が, 姉様を, 姐さんが, 姐御, 姿を, 娘か, 娘さんとが, 娘たちに, 娘ださうで, 娘っ子に, 娘で御座いました, 娘につき, 娘によ, 娘はんや, 娘をね, 娘思わず, 娘達と, 婦の, 婦人が, 嫁が, 子だった, 子でした, 子でなく, 子供で, 孟宗藪が, 学生さんは, 実が, 宮殿は, 家では, 家に, 家も, 容色を, 寝室や, 小さいおかみさん, 小さい顏, 小僧さんが, 小型の, 小娘や, 小川さえ, 小皿を, 小石の, 小菊を, 小間使か, 小鳥どもが, 少女と, 少年ボーイが, 尻尾を, 山田夫人の, 川が, 左手の, 市街と, 帯や, 年増に, 床に, 座敷に, 庭などが, 張りの, 彩色画を, 役者達者な, 往生が, 後ろ姿を, 後家神に, 御姫様, 御素肌, 応接間とを, 恋人なんか, 感じである, 房の, 所を, 扇を, 手で, 手にまで, 手巾を, 手毬を, 手跡で, 指だった, 指先を, 指頸筋の, 敏捷な, 斑の, 斜体の, 新造を, 方じゃ, 方であった, 方でした, 方に, 日の, 昔ながらの, 星だ, 星を, 星空を, 景の, 月が, 服装の, 本だ, 本でなけりゃ, 本は, 村で, 松葉を, 枝形燈架や, 柔しい, 桜が, 桜ん, 森で, 植木の, 横封に, 此の, 歯並を, 死様だつたさうである, 比丘尼, 毛並の, 気が, 気狂ひだなと, 水の, 水色の, 汽車な, 派手な, 海ね, 海水帽も, 海老を, 混血児の, 渓流も, 温泉を, 湯で, 湯屋が, 滴を, 濃青, 火花が, 焔を, 爪さきの, 物が, 物静かな, 独楽や, 猫である, 珍らしい, 生簀が, 男じゃ, 男という, 男の子が, 男ぶりで, 男女の, 町じゃ, 町ほど, 画が, 病院だ, 白いハンカチ, 白い布, 白い泡, 白足袋を, 白鳥だ, 皮と, 盆栽が, 眉を, 眺めだ, 眼では, 眼玉を, 着物さえ, 着物をど, 瞳その, 石を, 砂で, 砂と, 砂を, 砂利を, 硝子と, 神棚が, 秀子の, 空き缶だった, 立派に, 笑ひ, 答えです, 簾の, 精密な, 紅い唇, 紅葉よと, 紙に, 紫色に, 細工ぢや, 紳士が, 結納の, 絵が, 絵の具に, 絹糸で, 縞の, 縞栗鼠が, 縮緬の, 織物の, 繼娘は, 美しいこと, 羽の, 羽根蒲団で, 老夫人, 耳環や, 肉体であった, 肌だった, 脚を, 腕, 腕環でしょう, 腹の中に, 舞台装置で, 色が, 色で, 色には, 色取りを, 色彩の, 色紙は, 艶, 芝を, 芝原の, 芝生に, 芭蕉実の, 花にでも, 花園でござる, 花文字入りの, 花火が, 花籠を, 芸妓がよけて, 芸子さん達でした, 若い侍, 若い婦人, 英吉利人の, 草の, 草花の, 菓子を, 葉ちゃんが, 蒔絵の, 蓑も, 藝子さん達でした, 虫が, 蛇だ, 蜘蛛の, 蜜柑畑を, 蝶々は, 蝶に, 蠅に, 街が, 衣装でも, 衣裳も, 表紙も, 袋が, 装束です, 裸身で, 襟筋だけ, 襦袢の, 西洋紙の, 言葉でございます, 許嫁を, 詩句を, 話を, 調子の, 貝殻だ, 貞淑さを, 貴郎, 赤い色, 赤鸚鵡, 足じゃ, 足先それから, 踊子が, 身終ひ, 躾み, 軟かい毛織, 通を, 連れ娘に, 道の, 道具と, 部屋に, 酌女が, 野菊政夫さん私に, 金の, 鉢に, 鋪道の, 長じゅばんだっしゃろ, 閑寂な, 陶器で, 雪が, 雪景色も, 雷獸が, 青空を, 面白い夢, 靴を, 頭に, 頭髮は, 額の, 顏に, 顏へ, 顔では, 顔には, 顔へ, 顔一杯に, 風に, 風呂場や, 風鈴草も, 飾りです, 首の, 首筋形の, 驚嘆詞を, 髪生々しい, 鳥な, 鳥の, 鳳凰とかいう, 鸚鵡が, 鼻緒が

▼ 綺麗~ (1344, 29.6%)

55 して 23 忘れて 21 なって 13 掃除し 12 お化粧, なつて, 洗って 11 分けて 10 掃除が, 晴れて 9 なつた 8 なった, 片付いて, 見えた 7 手を, 掃いて, 掃除され, 片づいて 5 なる, 並んで, 剃って, 払って, 掃除を, 澄んで, 結って, 見えます

4 [11件] するの, なったよう, なるもの, 化粧した, 化粧を, 咲いて, 拭いて, 片付けて, 片附い, 見えて, 飾られて

3 [25件] しようと, なりました, なるという, 並べて, 出来て, 勘定を, 化粧し, 取って, 取り片, 掃き清められて, 掃除した, 撫でつけて, 消えて, 消え失せて, 片づけて, 生れついたの, 着飾って, 見える, 身を, 輝いて, 顔を, 飾って, 髪が, 髪を, 鬚を

2 [65件] お出来, させて, すること, するそれ, するため, すると, ちんまり坐っ, なくなって, なだらかに, なったって, なつたでせう, なるから, なるので, 三方に, 使って, 凪いで, 分けた頭髪, 切れて, 刈り取って, 刈り込んだ芝生, 剃つて, 剃られて, 剃刀の, 剃刀を, 取片付けられて, 始末し, 手入れが, 拭いたか, 拭はれ, 持って, 持つて, 掃いたり, 掃除された, 掃除する, 掃除の, 整理され, 晴れ渡って, 暮して, 櫛の, 水で, 水を, 水垢を, 洗ひ, 洗ひ落す, 洗ふ, 流れて, 消えるよ, 消して, 清算し, 灰に, 無くな, 焼け残って, 瘤を, 白粉を, 磨かれて, 編んで, 胸と, 花が, 裸に, 見えました, 見えるもの, 話を, 開けて, 離脱し, 霽れた

1 [815件 抜粋] あきらめて, あそこを, いたします, いでたち角樽, うち晴れた, うった職場, うまく作っ, えんでるの, おかえし出来, おめかしし, お別れ, お掃除, かき上げて, かき上げても, かたづいて, かたづけた上, かつ品, きらきらと, こ, こしらえて, この地, この歯, さらっと, しあるいは, しきつめられ遠く, したお, したがる性質, したため, した若い, した蛤, しては, しなくては, しなけりゃ, しませう, しめりけを, しマドロスさん, すいて, すっかり吹い, すり代へ, するという, するよう, する心, すんだか, そって, そり落され, それを, たべて, ちがいない, ちんまり坐つ, つながって, つやつやと, とぐろを, なくな, なくなります, なったこと, なったでしょう, なったという, なったね, なったばかり, なったもん, なった店, なった金沢町, なでつけた頭髪, ならして, ならす, ならぬと, ならべ始めた, なりさ, なりましたぜ, なりましたね, なりません, なり人, なり稀, なるからね, なるだろうと, なるであろう, なると, なるの, なるもん, なるわけ, なるん, なる筈, なれるもの, なろうとは, ぬぐったよう, のびた草, はさまれて, はたいて, はたくなあ, ひろげさせ, ふき清めた長火鉢, ふき清められて, ぶらさがって, まん中から, みえる, みがく, むけて, もうすこしで, やさしくおとな, やられた, やりたかつたで, ゆかなかったそう, よくもここ, わけた, わけた神經質, わけた若い, キチンと, キラリキラリと, バラ撒い, マニキュアし, ミシンを, 一望千里の, 一足脱ぎ揃え, 三つ位連つて並ん, 上品に, 並べあげて, 並べる中, 丸坊主に, 之を, 事業の, 二等分し, 云ふも, 仕あがるわけ, 仕上がると, 仕上って, 他人となり, 任して, 伸びて, 住んで, 何処かの, 使いこなすこと, 保存し, 借金を, 償われたという, 光った小さい, 光らせた頭髪, 光るん, 光る竹, 写しあげて, 出して, 出しな, 出家を, 出来てるよ, 出来ます, 出来揚って, 分けたその, 分けた小使, 分けた給仕頭, 分けた霜, 分けた髪, 分け込んで, 分れて, 切りとったもの, 切り棄てられべきはず, 切れたとは, 刈つた口髭を, 刈られた牧場, 刈りとられた水田, 刈り払われて, 刈り込んだ生垣, 刈り込んで, 刈拂は, 刈込んだ頤髯, 別けた色白, 別れたわけぢ, 別れて, 別れよう, 別れるからと, 刺青を, 剃った, 剃った腮, 剃った顋, 剃った鬚, 剃つた腮, 剃てられた紳士, 剃られ顔, 剃りて, 剃りやして, 剃り上がった, 剃り小紋, 剃り落して, 削りとられて, 剥いた林檎, 剥いて, 割れて, 包装し, 化けましたこと, 取っちめて, 取りあげ渋い, 取り去られて, 取るの, 取上げて, 取捌いて, 取片付けて, 取片付けられ筵一枚そこ, 口髭の, 合せられるもの, 吸い取って, 吹き払おうと, 呑み干した盃, 咲いたの, 咲き擴, 咲くけれど, 喋りましたが, 嘗めたやつ, 嘗めて, 坊主に, 埃の, 埋められて, 塗りつぶす月並, 塗り上げた手際, 塗り固められて, 大事に, 失って, 妖気を, 始末され, 守って, 対手に, 小さく畳んだ, 巻いて, 平され, 平たく延び, 平均し, 幾つも, 廊下から, 引下が, 引払って, 当つて, 形なし, 形を, 彩色された, 彩色の, 御化粧, 忘れたよう, 忘れひどく, 忘れるほどの, 感ぜられたの, 成つて居た, 成りましたこと, 手入れされ, 手際よく, 払拭って, 扱われて, 投げ出したらもっと, 抜き取った, 抜くの, 押し流すやう, 押拭った, 拂つた上駕籠に, 拂つて置く, 拭いた, 拭い去られて, 拭い去られるよう, 拭い去る, 拭い取って, 拭きとられて, 拭き上げたり, 拭き入れて, 拭き取ったん, 拭き取って, 拭き取りながらか, 拭き取り元, 拭き掃除が, 拭き浄め, 拭き込まれて, 拭くこと, 拭った, 拭つてあたしはね, 拭ひ去られた, 拭ひ去り, 拭われたよう, 拭掃除が, 拾い集めて, 指の, 捌いて, 掃いたよう, 掃き取つて, 掃き清められた小屋, 掃出して, 掃除させ, 掃除させた, 控へて, 揃えて, 揃った歯並, 揃つたで, 撃退され, 撫でつけた若い, 撫でつけ無, 撫でつけ神棚, 撫でつけ髯, 改築され, 敗けて, 散髪し, 整って, 整つた部屋に, 整へる, 整理し, 整頓され, 敷くでご, 斜めに, 明かな四畳六畳二間, 映つた, 景色の, 晴れた日曜, 晴れた空, 晴れてるわね, 暖炉の, 書いた文章, 書かうとしても, 書かれて, 書きましたので, 書く, 書けるの, 書留めて, 枯れた芝生, 根元から, 梳りそれ, 棄て, 極りを, 櫛を, 歪んじゃ, 歯音を, 死に絶えて, 死ぬには, 残って, 毎日二度位も, 水の, 汚れを, 治って, 波を, 泳いで, 洗い上げた滓, 洗い上げて, 洗い流されて, 洗い清められそして, 洗い落された, 洗い頭, 洗った寒暖計, 洗つた足の, 洗つてある, 洗つてお, 洗つて平常着に, 洗つて流しの, 洗つて酒の, 洗ひ去り, 洗ひ流し, 洗われて, 洗張が, 洗滌しよう, 洗濯した, 浚ひ尽くされる, 浮出して, 消費され, 清書し, 済んで, 満艦飾を, 滌はせる, 漂って, 火入れの, 焼かれて, 焼けて, 焼払われた湯島台, 片づいた茶の間, 片づけた, 片づけられ箱, 片を, 片付いた女部屋, 片付いちまいました, 片付けようとも, 片付けられた部屋, 片付けられまた, 片附きました, 片附く, 片附けられた, 甜めずって, 生きるため, 生れついたばかりに, 生れつくと, 生れ付いたの, 生魚を, 用意し, 畳んで, 癒えて, 癒って, 白く金, 白状した, 皿の, 盛り上げたよう, 直したり, 眞ツ白に, 真鍮の, 真黒だった, 着飾ったお, 着飾った舞子, 着飾った若い, 瞼の, 砂が, 磨いたの, 磨かれた校舎, 磨かれた靴, 磨き立てられた台ランプ, 禿げ上がった広い, 私から, 積って, 空っぽで, 空っぽに, 立替えたり, 篩った灰, 籠に, 紅葉し, 納めなかった, 素破抜かれ, 細眉に, 組み並べた, 結い直して, 結い身なり, 結った姿, 結つたお, 結ばれた紙包, 網に, 編んだ, 編んだ毛, 縄を, 縒り始めた, 縫じ合わされ, 織込んで, 纏まる, 美しく細々, 育つた娘, 脚を, 致して, 色づき柿, 色も, 芸者を, 苔の, 落さんと, 落ちるその, 行かない事, 行き度いもの, 行儀を, 行届いて, 被いなお, 装って, 西洋人としては, 見えたであろう人形町通り, 見えたといふ, 見えたん, 見えながら, 見えましょう, 見えますよ, 見えると, 見えるの, 見える庭, 見える隅田川, 見せるため, 覺まされる, 解きほぐれる糸口, 解散を, 解決した, 解決するだろう, 計算が, 討たれて, 調って, 調和よく, 諦めが, 諦めむと, 財産を, 赤い頬鬚, 輝やく, 辞退し, 返金し, 透き通って, 通って, 道が, 違いなかった, 還すという, 金子を, 長い畝, 降ること, 陳んで, 障子に, 離れた純真純一, 雨が, 零れて, 霧散し, 露れやがった, 露を, 響きわたるため, 響き渡りながら, 顏を, 颱風と, 飜斗を, 飮んで, 飾った包物, 飾つてやらう, 飾りつけた雛壇, 飾り立てられて, 高くなりたい, 髯を, 鯉の

▼ 綺麗~ (293, 6.5%)

17 なあ 14128 こと 75 から, ねえ, わ, わね 4 し, と思 3 が, つたから, ということ, と云っ, と思つて, と言

2 [14件] し話し, ぜ, そうです, といふ, とかいうこと, と思ひます, どうかする, なア, ね親分, もの, よ掛けられる, わ綺麗, 喃, 綺麗だ

1 [161件] からお, からお手本, からお話, からさぞ互に, からそつ, からっていくら, からという理由, からなるべく, からね, からのぼせ, からよく, から一, から一葉二葉, から他, から伊勢屋, から何, から何遍, から兵隊, から其の, から可, から可愛らしい, から好い, から本所中, から町内, から結ぶ, から變ぢ, か見せ, があり, がお, がおまえ, がそこ, がそれほど, がもと, がわれ等, が人間, が何, が優しい, が大変, が心掛, が怖, が性根, が恐ろしい, が掌, が物事, が由々しい, が至極, が船首, が薄, が門徒寺, が頭, けれどあんな, けれども痩せ, けれども私, けれども髪の毛, けれど冷っこい, ことネー, こと何處で, この秣槽, しちゃんともう, しちやん, しなかなか, し三益, し人, し人間, し何一つ, し其処, し旦那, し秋, し芸, し風呂場, ぜ月, そうだ, その中田屋杉, それから窓, つた, つたお, つたからばかり, つたで, つたと, つたといふ, つて氣の, てば, という, というもの, という場合, という家, という訳, といったところ, といふ外, といふ話, とお, とか増えた, とか姿, とか油煙, とか清潔, とか美人, とか醜い, ときいた, とは云われなかった, とは思はない, とは思わない, とほめ, ともなんとも, ともイキ, と云え, と云える, と云われる, と内儀, と思い, と思う, と思っ, と思った, と思つた, と思はない, と思ひ, と思ひました, と思ひ込ん, と思ふ, と思へ, と感じた, と男, と盗みたい, と聽, と自覚, と良い, と見る, と言うであろう, と賞め, と随分, なあお前, なあとおもった, なあと思っ, なあと舌, なあ綺麗, なお, なと思っ, なと思った, なと思わせる, などと私, なァとうれし, な俺, ねえまあ, ねこれ, ねと何気なく, ね俺, のう, ほんとにいい, まるで夢, よソフイー, よ今夜, よ昔, わねえ, わよ, わ私, んな, ツた, 上方が, 事, 右と, 花火が, 街の

▼ 綺麗~ (227, 5.0%)

10 はない 8 せう 4 はありません, もない, 愛嬌が 3 はある, 悧巧で, 若い女, 若くて

2 [12件] あつた, そして雄勁, その上, はなかっ, はなかつた, 上品で, 優しくて, 利口で, 利口な, 利發で, 目が, 立派な

1 [161件] あたいの, あつたの, あつて, あの通り, あんなに着物, いいいい女, いいけど, いいな, いい加減, いたいとき, おいでなさる, おっとりした, おもしろいかも, お上品, お品, かつ規則正しい, きたないもの, こぢんまりした, こんなに立派, ござりました, さ, さえあれ, さへ, せうあんな, せうがね, せうね, せうまだ, せうカーネシヨン, そして何, その家, それで, どうも妹娘, どちらも, はあつ, はっきりした, ぷくりと脹れ, ほっそりし, まあ新, まるで芝居, も無い, や, やさしいもの, よそれ, よろしゅうございましょう, キチンとして, サ, シッカリし, バラ撒く, 一寸見當が, 一番ピチピチ, 人に, 人気の, 住み心地, 何かという, 何でも, 何も, 何方にも, 作物も, 僅かに, 優しかつ, 元氣, 八五郎まで, 公園の, 冷たくて, 別に水, 利発な, 勞力を, 可愛いから, 可愛らしい, 可愛らしいもの, 可愛らしく滅法, 吉之助の, 名前も, 味も, 器用だった, 堂々と, 夕陽が, 夜の, 天井も, 天鵞絨の, 女連から, 好い心持, 容色も, 小さいスパァニッシュ・フライ, 小さっぱり, 小商人, 小気, 少しばかり, 平坦で, 年上で, 心持が, 怜悧な, 悧口で, 悧巧だ, 情熱的で, 愉快だった, 愛想が, 我儘で, 手足が, 才氣走つてその, 持參金の, 掃溜に, 整いすぎる感じ, 整ひすぎる, 料理が, 日に, 日蔭が, 明るい, 明るいニッケル, 明るく色彩, 曇の, 朋輩に, 林が, 柔順しくっ, 桜時分は, 楽しいもの, 機械にて, 気が, 気性の, 気象の, 氣性者らしい, 沢山, 流が, 浮氣つ, 滑か, 無事に, 甥の, 申分なく, 申分の, 男人形の, 盃の, 目新しく俳味, 真白だった, 砂一つつい, 積る, 穩かで, 空気が, 粋な, 素晴らしく英語, 色っぽいのよ, 色っぽくて, 色氣の, 若いよ, 若い人形, 菓子みたいである, 蚤に, 裝飾には, 見晴し, 親切で, 謀叛心なんかは, 身扮が, 車の, 軽くって, 量が, 金が, 陽気である, 陽氣で, 靜かで, 面倒な, 面白かつ, 顔立ちも

▼ 綺麗です~ (63, 1.4%)

12 こと, ね 83

1 [28件] か, からお, からその, からねへツ, から御, から船, か美人, がお, がお湯, がその, がそれ, が中, が前, が座布團二枚, が御, が福松, が鳴き聲, けれども品物, し味, し定吉, し鮒尾, な, なあ, なまあ, な見た, もの悦ん, わそして, 玉子を

▼ 綺麗~ (41, 0.9%)

4 つぱり 2 に魅せられ

1 [35件] がちょっと, が想, その方, つぱりとお流れ, つぱりと世の中, つぱりと整理, つぱりどころではない, でした, では評判, で娘, で身分, で飾り立てた, といふもの, とは何, と商売人上がり, と掃除, と逃げる, と透き通る, と魅力, なん, にそわつきました, にはお, に恍惚, に目, は二人, は何, は全く, は歌舞伎役者, もほんとう, も凄かっ, も殘つて, やたくさん, よりもそこ, をもっ, を賞め

▼ 綺麗さっぱり~ (40, 0.9%)

2 とした, 割り切れて

1 [36件] いつでも, とあか, とあなた, といざこざ, とお返し, とくぎりをつけるわけにはゆかないと, とはねつけられた, とは清算, とは行かず, とやめる, と切れるいう, と嚢中, と坊主頭, と夢, と思い断っ, と払い退け, と抛ち, と撥, と洗われ, と消え, と片づけ, と白状, と船, と行く, にし, になる, アア正月が, 与って, 別れろとは, 北海道と, 忘れて, 持って, 捨てて, 消滅し, 無くなって, 見えなくなり部屋

▼ 綺麗好き~ (36, 0.8%)

2 であった, の順一

1 [32件] が銭湯好き, さこそと, だから, だった, だったが, だと, だという, であるから, でまた, で三十二三, で傍, で東京中, で腰の, という, とか潔癖, とは見えなかった, と器用さ, と見え, なお, なので, なひと, な事, な人, な婆さん, な島田, な男らしく, な辰代, な重箱, の口やかましい, の妻, の日本人, の若者

▼ 綺麗だった~ (28, 0.6%)

2 よ, 顔が

1 [24件] かい, から, から誰, が備前屋, けれどその, ことでしょう, ことと, じゃない, そうだ, そうです, っけ, と云う, と伝説, な, なあ芹, ねあんな, のです, のでよせ, わ, 千草煎餅の, 時には, 祖母に, 貝柱が, 青い着物

▼ 綺麗過ぎる~ (23, 0.5%)

2 から女, のも, んだ

1 [17件] からいろ, から何, から繁, から自分, のと, ほどの女, ほどよく, もう一つ主人, よハッハッハッ, よハツハツハツ, んだらう, んだろう, んです, 娘が, 所が, 方の, 横顔であった

▼ 綺麗ごと~ (21, 0.5%)

2 で夢物語, で真実

1 [17件] がお, ですん, でない人生, ではない, で生活, で送られる, というわけ, といふわけ, と表面, にすん, になっ, にばかり眺める, に共学, に終り, に見せ, の点, ばかし見ず

▼ 綺麗でも~ (18, 0.4%)

1 [18件] あまり信用, あり色, あるし, あるのに, きたなくも, この二つ, ございませぬけれども, どうせ指環, なかつた印刷面, なければ, なんにもなりゃしない, ぼくには, 外観が, 夢は, 毒な, 爪に, 眞太郎の, 穢くても

▼ 綺麗~ (17, 0.4%)

8 やない 4 やありません 1 やぞ, やね, や御座いません, や跟, や隨分殺し度

▼ 綺麗じゃ~ (12, 0.3%)

2 ないか, アない 1 ありませんか, ありませんでしたが, ない, ないからな, ないが, ないそう, ないですよ, ねえ

▼ 綺麗でした~ (12, 0.3%)

51 かい, からちょい, から少し, けれど爭, し唐沢, ので余計, よ早く

▼ 綺麗でない~ (12, 0.3%)

2 ことに 1 か, ことは, という, ということ, とは言われない, 先生に, 壁に, 大鏡, 白衣を, 紙を

▼ 綺麗~ (12, 0.3%)

1 [12件] が六人, が銜え込ん, さ, だ, だその, であるに, に見とれ, の代り, はたくさん, を三人, を揃えた, を見せ

▼ 綺麗である~ (11, 0.2%)

2 とか姿 1 から李汾, が角度, とか或は, とはいう, と思はれる, と話し, にし, ばかりでなく, 事を

▼ 綺麗~ (9, 0.2%)

2 いえば 1 いうでも, いっても, いひて, いふよりは, 來て, 思った事, 言って

▼ 綺麗には~ (9, 0.2%)

1 いつて, して, なって, ならないもん, ならなかつた, なりません, なれぬもの, 作られて, 綺麗だ

▼ 綺麗~ (9, 0.2%)

1 おへん, けど冷めたい, こと, さかい観音様, なあ, なあと感じた, ないか, ないかいな, 云うて

▼ 綺麗すぎる~ (8, 0.2%)

1 から用心, から癪, し, ほど綺麗, よ, わあなた, 主人公に, 富士甚内様

▼ 綺麗だつた~ (8, 0.2%)

1 ことお化け若衆の, ことで, ことに, ところで, ね, ので仲間, ので大した, わ

▼ 綺麗とか~ (8, 0.2%)

4 優美とかいふ 2 優美とか 1 うれしいとか, 言うこと

▼ 綺麗サッパリ~ (8, 0.2%)

2 と忘れ 1 とはしませんでした, と売り, と消え失せ, と白状, ないん, 持つて

▼ 綺麗だろう~ (7, 0.2%)

1 からね, が楊枝見世, と思う, と思っ, と思われる, な, 位の

▼ 綺麗でございます~ (7, 0.2%)

32 こと 1 とも染物屋, わね

▼ 綺麗過ぎた~ (7, 0.2%)

1 が鳴海屋, し相模言葉, つて腹の, ね, ので別に, よ洗つた, 代り浮氣過ぎました

▼ 綺麗であった~ (5, 0.1%)

2 こと 1 お銀, しそれから, 人も

▼ 綺麗~ (5, 0.1%)

2 だから 1 で女房, で芋, な母

▼ 綺麗過ぎ~ (5, 0.1%)

1 て, て八五郎, て片, て間違, て魔

▼ 綺麗といふ~ (4, 0.1%)

3 程では 1 事から

▼ 綺麗にも~ (4, 0.1%)

1 ならないが, なりすべて, 綺麗だ, 艶や

▼ 綺麗~ (4, 0.1%)

1 お生れ, やうな, んかいなあ, 美より

▼ 綺麗~ (3, 0.1%)

1 とりに, 綺麗, 肴も

▼ 綺麗かと~ (3, 0.1%)

1 きかれても, 思う, 思うほど

▼ 綺麗そう~ (3, 0.1%)

1 な平ら, な車, に沢山

▼ 綺麗だらう~ (3, 0.1%)

1 ねえ, まあ本当に何と云, 位の

▼ 綺麗という~ (3, 0.1%)

1 ところを, ので, 程で

▼ 綺麗とも~ (3, 0.1%)

1 お二人, お綺麗, 言へる

▼ 綺麗な思ひ~ (3, 0.1%)

1 出にでも, 出のみが, 出を

▼ 綺麗~ (3, 0.1%)

2 綺麗だ 1 綺麗です

▼ 綺麗薩張り~ (3, 0.1%)

1 とウォツカ, と焼け, 忘れて

▼ 綺麗~ (2, 0.0%)

1 分らないよ, 醜いかの

▼ 綺麗かったら~ (2, 0.0%)

1 一緒に, 何や

▼ 綺麗かも~ (2, 0.0%)

1 知れない, 知れませんね

▼ 綺麗~ (2, 0.0%)

1 いいし, つてゐる

▼ 綺麗じゃあ~ (2, 0.0%)

1 ないか, ない私

▼ 綺麗すぎた~ (2, 0.0%)

1 のであろう, よ洗った

▼ 綺麗だつたさうです~ (2, 0.0%)

2

▼ 綺麗でいらっしゃいます~ (2, 0.0%)

1 けれど何しろああ, よ

▼ 綺麗でなく~ (2, 0.0%)

1 ちゃ, ちゃ勤まらない

▼ 綺麗どころ~ (2, 0.0%)

1 が畫伯, の三味線

▼ 綺麗なせゐ~ (2, 0.0%)

1 かその, ぢや

▼ 綺麗なら~ (2, 0.0%)

1 声にも, 綺麗で

▼ 綺麗にな~ (2, 0.0%)

1 つたわね, つたわねちよ

▼ 綺麗~ (2, 0.0%)

1 こわしました心配, 飾らせ空

▼ 綺麗~ (2, 0.0%)

1 足ジャナイカ, 足ダッタノヨ

▼1* [80件]

綺麗あつさり, 綺麗なきらきら, 綺麗がりすぎは, 綺麗ごと好きな弱い, 綺麗さったらないわ, 綺麗ざかりの福助, 綺麗すぎて魔, 綺麗ずきの娘心, 綺麗ずきだからな, 綺麗ずくめで実は, 綺麗ださうで婿に, 綺麗だったりする, 綺麗だったですねえ美少女, 綺麗だって事は, 綺麗だつたらう新秋二人相携へて, 綺麗だ動く見ろとは何, 綺麗であっても夕方, 綺麗でありさへ, 綺麗でありますからちょっと, 綺麗であろうと思うた, 綺麗でいる筈は, 綺麗でございましたよあの, 綺麗でしょう若様, 綺麗でなかったけれど恰幅, 綺麗で才走つて身だしなみ, 綺麗で調子づくと五人十人, 綺麗で隠やかで人柄, 綺麗とは言えないが, 綺麗どしたがなこ, 綺麗なおかたねえと思わず言っ, 綺麗なせゐだとさ, 綺麗なのぼせた顔から, 綺麗なふざけやの小, 綺麗なふすまを, 綺麗なら惚れるのが, 綺麗な寝衣を, 綺麗な映畫で, 綺麗な毀れ易い薄いもの, 綺麗な湿いを持っ, 綺麗な澄み渡つたものだらう, 綺麗な澄んだ笑い声です, 綺麗な物語りの中, 綺麗な細っこいその癖, 綺麗な舞い妓が, 綺麗な荒んだ顔を, 綺麗な透通るやうに, 綺麗な飲み水の, 綺麗ねこの花, 綺麗ねと言って, 綺麗ねとか肚に, 綺麗ほど猶怖く, 綺麗まず武家侠客の, 綺麗らしけれど実は, 綺麗らしい女中で, 綺麗わたし好きです是非紹介, 綺麗ダッタ河ヲオ歯黒溝ノヨウニシチマッタノハミンナ奴等, 綺麗デショウネアタシガアレヲ見テカラモウ何年ニナルカ知ラ, 綺麗デツプリ太つて自信がお, 綺麗ナオ方デスシアノ時分ヨリ又一倍オ美シクナッテラッシャルンデスモノッテ, 綺麗ニ流シチャワナイト気味ガ悪イ, 綺麗ノナリデ居タトオレノハナシヲシテ二時バカリ休ンデ居, 綺麗乾浄ありません, 綺麗人品もよく, 綺麗の久太郎, 綺麗の久太郎, 綺麗思うのん, 綺麗揃いでその, 綺麗のこの, 綺麗浮靡な形容, 綺麗清潔と言う, 綺麗はひどい, 綺麗尚怖い, 綺麗自ら喜び藻絵自ら, 綺麗自慢と思われたくない, 綺麗薩張諦めたよ, 綺麗薩張借金を片付けれ, 綺麗過ぎましたよそれ, 綺麗過ぎますよ, 綺麗過ぎらアこいつは, 綺麗過ぎ賢こ過ぎ