青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「綱~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

続い~ ~続いた 続き~ ~続く 続く~ ~続け 続け~ 維持~ 維新~ ~綱
綱~
~網 網~ ~綺麗 綺麗~ 綿~ ~緊張 緊張~ 総て~ ~緑 緑~

「綱~」 4537, 49ppm, 2377位

▼ 綱~ (1117, 24.6%)

29 引いて 24 つけて 19 解いて 16 切って, 持って 12 ひいて 10 つたって 9 かけて, 握って 8 手に 7 といて, 伝って 6 引っ張って, 手繰って, 渡って 5 とって, もって, 引くと 4 おろして, ゆるめて, 伝わって, 切れば, 取って, 引いた, 引く, 引張って, 首に

3 [27件] くるくると, つけずに, はずして, わたって, 下して, 付けて, 出して, 切った, 切つ, 切られて, 力に, 引いたの, 引いたので, 引きました, 張って, 手繰つて, 投げて, 掛けて, 放して, 斬って, 渡して, 用いて, 肩に, 自分の, 見せて, 見て, 頼りに

2 [59件] お呼び出し, かけた, ぐんぐんと, さげて, しっかりと, たぐって, たぐりながら, たよりに, つかむこと, つかんで, つけた犬, つれて, にぎって, のぼって, はなした, ひっぱって, ひっぱれば, ほどいて, めがけて, もつて, わたくしの, われに, 丁寧に, 上ったり, 下へ, 伴れ, 促して, 傳は, 先手と, 切つた, 切つてし, 切る, 切るの, 切る隙, 動せ, 口に, 呼びに, 呼んで, 引いたり, 引いても, 引っぱって, 張り渡し, 強く曳く, 投げた, 投げると, 抜き打ちに, 担いで, 指さしました, 探しに, 握つて, 相手に, 結びつけて, 結び付けて, 結んで, 船に, 見ると, 解きかけて, 身体に, 輪に

1 [683件 抜粋] あやつって, あやつりながら, いつの間にか縦横, いつも自分, ううんと, おしいただいて, おそるおそる井戸, おろしたって, おろしても, おろしながら, おろすやら, おろせ早く早く, お借り申し, お切りなさい, お振り向き, お粂, かいとりヘクト, かけさせました, かけたの, かけたり, かけました, かけ覆い, かけ覆ひや, かけ足, かついで, からげるため, きって, きつウ, きろうとして, くくりつけました, くりだした, くりだして, ぐるりと, ぐんぐん引い, ここで, こしらえて, さがした, さげると, さッ, しごきかけると, しばりつけて, しめなおしなお, すべッて, そこから, そこに, そこン処の, その傍, そろそろと, たぐりあげた, たぐり上げても, たぐり帆村, たどりながら, たばかりに, たよって, つかもうと, つく, つくつて, つけたまま, つけたまま宙, つけた牡山羊, つけといたからね, つけましてね, つけられて, つけるの, つけ十艘, つたわるの, つないでも, といた, とおしついに, とかすこと, とかれました, ときました, とくよう, とけば, とこうじゃ, とった, とりあいまた, とりかこんだ, とりはずそうと, とりまきました, とりましたから, とるの, どうしよう, なおして, なだめた, なだめ促すよう, なびかせる方法, ねらわないで, のこして, のばすと, のぼりたちまち, のぼりました, はずすと, はったよう, はって, はなしました, はなれて, はりそこ, ば上から, ば引き直し, ひいたゴルドン, ひききったはずみ, ひきそこ, ひきよせて, ひき上げて, ひく人々, ひっかけたので, ひっかけて, ひっかけるの, ひっかけるん, ひっかけろ, ひっとき結び, ひっぱった, ひっぱったため, ひっぱるらしいえいえい, ひつぱつて船を, びゆうびゆう頭の, ふみはずしたまま, ぶらんこの, ぷつんと射きった, へこんだ子供, ほうりこんだ, ほどいた, ほどかせて, ほどきそれから, ほどけと, まきを, まさぐりながら, むすびつけると, むやみに, もった幹部, もとの, やけに引張った, ゆすぶるん, ゆらゆらと, よこぎりて, よじのぼりはじめました, よそへ, わたしそれ, わたす, わたらせろ, グッと, グルグルと, グングンと, スッポリと, スルスルと, ズン, ブラ下げまし, ポンと, ヤッと, 一たん手から, 一本こしらえ, 一本の, 一本宛身体に, 一本引け, 一生懸命に, 三度強く, 下げる, 下で, 下ろした, 下ろす必要, 下ろそう, 与えよ, 両手で, 両方から, 中断された, 二巻きに, 付けたの, 付けると, 伝つて岸へ, 伝つて降り, 伝わった平次, 体に, 何に, 作り戸, 使うには, 使ったこと, 借りたり, 側に, 傳はつた, 傷ついた色鳥, 先の, 其処ン処の, 再び我が, 再び殿, 分りきって, 切ったぞ, 切ったの, 切った時, 切ってよ, 切つたのは, 切つた奴が, 切つて五人兄妹を, 切つて滅茶, 切つて船艙を, 切つて逃げた, 切つて飛出し, 切つて首の, 切らした古, 切らせたの, 切られたの, 切られた方, 切りながし, 切り放って, 切り沖, 切るぞ, 切ると, 切ろうと, 切ッて, 切断した, 剣山の, 力として, 励まそうと, 動かして, 勤める, 十本二十本三十本と, 千両箱に, 去って, 取った, 取つて, 取りつけたよう, 取りつ遣りつ一時間, 取りながら, 取り上げると, 取り出して, 取り出すと, 取り払って, 取る者, 取出しその, 右の, 向うの, 呼びよせ, 哀れめ安全, 噛み切って, 噛み切ると, 四本用意し, 四角の, 坊主持ちに, 垂らして, 垂らし綱, 執つて, 執りて, 増した碇, 壁に, 壁際の, 外して, 外し児, 外すよう, 大急ぎで, 天井から, 好もしくさえ, 宙高く, 少しばかり, 岸で, 差し死ぬ前, 巻いたそば, 巻きつけて, 巻くため, 幽霊の, 庭の, 廓へ, 延ばして, 廻しその, 廻して, 引いての, 引かさなければ, 引かれやがて, 引きおろし湯屋, 引きおろす時, 引きさえ, 引きつ, 引きましたが, 引きますよ, 引き乗手, 引き大門, 引き鐘, 引き門, 引くもの, 引く以外, 引く兵士, 引く兵士達, 引く山羊, 引く様, 引ずった馬, 引っかけたまま, 引っかけて, 引っぱった, 引っぱります, 引っ抱え, 引つかけたか, 引つかけて, 引つ張つた, 引上げてから, 引張ったが, 引張つたが, 引張つて, 引張りあげるからね, 弛むる如くなりしが, 弛めて, 張つておけといつた, 張つて置い, 張りこれ, 張り渡した, 張り渡すん, 張るだけの, 彼に, 彼の, 彼女が, 忌っては, 怪塔の, 悲嘆の, 慰めて, 我胸と, 手ぐって行く, 手ン手に, 手招きし, 手繰ったやつ, 手繰つた, 手繰つて舟, 手繰りまたは, 手繰り上げると, 手繰るやう, 手繰る徳次, 手近の, 打ちきって, 払いのけそれ, 投げかけようと, 投げたり, 投げる, 投げれば, 投げ長い, 抛った, 抛出す, 抜擢し, 抱いた, 抱き取つた, 抱き込みに, 押えて, 持たせられたり, 持ちて, 持ち出して, 持った水夫, 持つだけが, 挂けて, 指した, 挙ぐれ, 捉まえ, 捜して, 捲きあげて, 捲く台, 掛けたか, 掛けたの, 探さなくても, 探って, 掴みながら, 掴んで, 提げて, 握つたなり, 握つて二つ目, 握りしめ雷, 握り水流, 握り身体, 握るよう, 搖ぶつた, 搜すばかり, 擇み引く, 操って, 攀じ登った者, 放ったらかしたまま, 放て, 放れた牛, 数千, 敷いたり, 断ち切った気, 断ち切られて, 断ち切ること, 斷つて逃げ出し, 明り窓の, 時々引い, 曳きて, 曳きますと, 曳き三人, 束ねたもの, 柱に, 横切つて, 機械で, 次兄の, 殺さぬこと, 気取って, 水中に, 波の, 波止場に, 海中へ, 渡したあの, 渡したよう, 渡せば, 渡そうという, 渡つた話は, 渡つて逢引し, 渡らねば, 渡り切つて舞臺, 渡る人間, 演て, 激しく手, 焼き切って, 焼切つたとき, 片づけるその, 片手で, 牽きながら, 猿の, 生んだが, 用ひ, 登りながらも, 登る際, 真っ先に, 睨むよう, 睨んて, 積みそれ, 積んで, 立たせて, 結びつけそれから, 結びつけたが, 結びつけました, 結びつけ錨, 結び付けたら用事, 絞って, 絞つて, 継ぎ合して, 縒りひとりは, 縛ったこと, 繋いだ, 繕つてゐました, 繰り放つ役, 置いて, 羽掻ひじめに, 肩から, 腰に, 自由に, 與へて, 荒々しくひっぱり, 荒れ回る鹿, 虹の, 要するの, 見かけて, 見それから, 見た, 見たもの, 見つけるの, 見つめた, 見てから, 見ますと, 見やりながら, 見上げました, 見殺しに, 視る, 解かせ松, 解かれた捨小舟, 解きかけるの, 解きまする, 解き初めて, 解き棹, 解けば, 解こうと, 試して, 調べた後, 貰ったが, 質に, 走り登る, 走り降った, 足で, 跨がせられたり, 踏みはずして, 踏み外した人, 踏み外して, 踏めば, 蹴倒したが, 身どもに, 車に, 車の, 軽々と登れる, 迎ひ, 追いつめて, 追うであろう, 透し果つる, 途方も, 連れて, 遣はせるなど, 酒倉と, 鈕に, 長く下げ, 附けた三匹, 離して, 離す時, 離す瞬間, 頭の, 頭上の, 顧みた, 飛び越えたり, 飛び越える脚音, 體に

▼ 綱~ (788, 17.4%)

16 端を 10 ような, 上に 9 ように, 刀を 8 体を, 姿を 7 お刀 5 体は, 長さ, 顔を

4 [12件] ところに, 一端を, 上を, 先に, 先を, 声が, 家の, 心は, 心を, 手へ, 手を, 結び目に

3 [21件] うしろから, きれた風船, はしに, ほうへ, 上で, 上へ, 下から, 事を, 先の, 先は, 刀が, 始末は, 姿が, 恋を, 方は, 様に, 目が, 端で, 結び目を, 身を, 輪を

2 [57件] あとを, いる所, うしろに, お係り, きれた風船状態, ところへ, はしを, ほかに, むすび目, むすめ, やうに, 一方の, 一端に, 上の, 下に, 中から, 中程の, 今の, 付いた平たい, 切れたの, 利腕を, 前へ, 口から, 名刀を, 始末を, 子の, 家を, 帯を, 心に, 手が, 方から, 束を, 樣に, 海を, 痕じゃ, 白い手, 白腕に, 目に, 端が, 端つこ, 端に, 端には, 端は, 結び目が, 結び目の, 結び目巧みに, 肩を, 胸に, 襟首を, 言葉を, 足の, 輪に, 輪は, 返事が, 長さ十二尋, 顔が, 黒い影

1 [471件] あきれるほど, あとから, あとが, あの性格, あの鈴形, いそいそと, いづれの, いや長々, うしろは, うしろへ, うしろ姿を, うなりが, うなりを, おばが, お手当, かく弱き者とは, かすかな, かたへに, くくり目, こうなっ, こちらには, こと, ことが, ことであった, ことでありました, ことなんか, ことを, この外, ごとく, さがって, さきに, さきには, さきの, さきを, さやさやと, ざんげ話にも, しなやかな, すがた, せいで, そばへ, そばを, たまを, たゆた, たゆる, ついたモリ, ついた小さな, なかに, に違い, はかない恋, はしから, はしで, はしは, はしへ, はじは, はずれかかる, はにかましげ, はやり立つの, はらはらに, ひきいる約, ふたりであろう, ふたりへ, ふたりを, ふりこですから, ふれ方, ぶらさがって, ぶらんこを, ほうには, ほうを, まきとり器の, まわりを, まん中まで, むすめ藻, もとへ, ものか, ものとは, ものは, も一方, やうな, やきが, やつが, やつめばかに, ゆるくなった, ゆれかた, ようだった, ようなる, わなを, われと, ヒダ八所和歌集裏書きの, フッサリした, ホーゼの, 一たんを, 一つの, 一つを, 一刀の, 一方に, 一方は, 一本を, 一番端に, 一番高い, 一端は, 一端一片の, 三人兄弟は, 三郎富士太郎大嶺の, 上, 上から, 上をつつ, 上をわ, 下がって, 下で, 下にかけて, 下を, 両の, 両端に, 両難, 中に, 中腹に, 中途, 中途まで, 乗って, 事から, 事まで, 二人は, 二臣に, 井戸縄に, 人物も, 人相書で, 人相書を, 仇名を, 他の, 他端を, 伝に, 伯母から, 体が, 体に, 使用法を, 侘び住居を, 側へ, 元を, 元服も, 兄弟だった, 兄弟は, 兇状を, 先き, 先きが杭, 先には, 先へ, 先端の, 先端を, 入ったの, 入口や, 八所和歌集は, 凄艶, 刀, 刀それを, 刀でありましょう, 刀という, 刀に, 刀の, 刀は, 刀一刻も, 刀一節切船人という, 刀紛失致しまし, 切られたせつな, 切り手は, 切り殘し, 切り破った, 切れた舟, 切れた軽気球, 切れた風船状態, 切れるは, 切れを, 切れ味ことに, 切口は, 前に, 前には, 前を, 前途にまで, 動きも, 動揺を, 勢を, 匕首が, 十代めの, 半身, 危機が, 反對側, 右と, 名が, 名と, 名は, 名を, 名刀という, 向から, 吾を, 周圍から, 命にかけても, 唇の, 唇は, 四人の, 垂れて, 塩梅を, 墜ちこんだ所, 声であった, 声と, 声に, 変身, 外に, 大きな玉, 大刀を, 天蓋, 奉行で, 女の, 奴が, 奴は, 奴め首尾よく, 如くに, 姿だけは, 姿だった, 姿は, 姿も, 姿態に, 姿態も, 娘である, 娘の, 媚めいた, 子と, 字の, 存在が, 宇治川の, 安否が, 実の, 実感だった, 家に, 家へ, 家も, 家来が, 寵を, 寸分だ, 小屋がけには, 尾を, 居所を, 巻, 巻十三如法闇夜の, 帯から, 帰り途も, 干支生れ月までが, 引きあげ方, 引手を, 張り切った半径, 張り方に, 張る音, 当った跡, 影と, 後に, 心が, 心そのものが, 心と, 心という, 心の, 心情を, 心根を, 志を, 怒りは, 怜悧が, 思いあくがれ, 思慕は, 恋する弦, 恋は, 恋人である, 恋仇頼まれない, 恋慕お, 息, 情夫だった, 想像も, 意地は, 意志を, 手く, 手すりに, 手に, 手は, 手もとへ, 手元を, 手前何気な, 手品にか, 手掛りも, 扮裝の, 抜きかけ, 括りつけてない方, 持つ蝋, 指である, 指わざが, 振動で, 捨て身に, 捻りが, 揶揄が, 操作を, 断れぬ証しでござろう, 新藤五を, 方が, 旅は, 日記, 日記から, 早口な, 時明暦三年江戸に, 末端には, 末端を, 本を, 柄を, 根元に, 根元も, 根性を, 様子も, 機嫌を, 欲いほど, 歌等が, 武勇を, 歩みに, 残りを, 母と, 母などとは, 母へ, 母親, 母親が, 気の, 気性を, 気持が, 泣聲は, 浮気の, 消息や, 涙を, 澄みきった神経, 灯台へ, 為業でござる, 焼け溶ろける, 父子が, 片足にか, 物言いぶりが, 物語の, 玉を, 球を, 生い立ちや, 生死この, 用意が, 用意を, 畑は, 病気を, 痕か, 痕だ, 痕の, 白い脛, 白い襟あし, 目で, 目と, 目の, 目を, 眞上から, 真下で, 真白い踵, 眠りつけないで, 眸が, 眸は, 眼が, 眼と, 眼の, 眼も, 着て, 磁力に, 端っこを, 端まで, 端も, 笑顔, 箱を, 素ぶりには, 結び目へ, 絶叫と, 絶間なく, 続きは, 締場にも, 罠を, 罪という, 美わしい, 考えは, 育った故郷, 育つの, 背中に, 胴か, 胸, 胸から, 胸の, 胸を, 脛に, 腕が, 腕の, 腰帯らしい, 腹の中も, 臀には, 色ッぽい, 花押で, 蒼ざめ切った, 血の, 行動を, 行方の, 行方も, 行方を, 袂が, 裾に, 裾を, 襟を, 記憶は, 訪れを, 許で, 許に, 足へ, 足もとへ, 足を, 跡, 跡と, 跡に, 身が, 身がらを, 身に, 身の上, 身の上を, 身は, 身辺には, 車が, 車は, 軋む音, 軍忠状に, 輪が, 輪にかけて, 迅さは, 途中, 逸話では, 過去と, 道を, 避けた姿, 邸に, 郎党の, 郎党三人は, 重みによって, 野郎も, 鉄環を, 長きを, 長く櫓壺, 長短とかが, 間で, 間に, 間を, 限度であった, 陣中日記, 雅號である, 鞘を, 領地もと, 頭は, 頭脳が, 頼みごとを, 顔だった, 顔に, 顔へも, 顔色が, 顔色を, 類が, 食い物を, 首を, 首実検では, 驚きの, 髄から, 高さ, 髪の, 髷の, 黒髪妖艶と

▼ 綱~ (637, 14.0%)

7 それを 5 自分の 3 お十夜, その時, フイと, 切れて

2 [24件] お千絵, くるりと, さかんに, さも困った, すッ, そのうしろ, それに, どこから, ひとりで, ほッ, スッと, 上意, 何を, 兼, 家の, 少しずつ, 弦之, 後ろへ, 忠勇なる, 急に, 有合せの, 胸を, 錨を, 顔を

1 [565件 抜粋] あきれたよう, あさましい自分, あとで, あなたが, あの際, あまりに好ましい, あまり短く, あやうく手, ある雑誌, あれから, あれまでに, あわてず刀, いうの, いかにも心配, いきなり立ち上っ, いつか炬燵の, いつでも, いつに, いつのまにか河岸通り, いつのまにこの, いと無, いまにも, いまや怪塔, いまや赤い, いま怪塔ロケットの, いよ, いよいよ切れ, うつむき加減, うろたえた, うッとり, おいらの, おかしがっ, おそらく家, お千絵様, きれいに, こういっ, こう思っ, こう語りだした, ここでは, ここに, ここまで, ことばを, このこと, この板壁, この頃, これぎり切れた, これを, こんな荒, さし俯向い, さすがに, さツ, しかも容易, しきりに馬, しずかに, しつかりと握つた儘, しどろに, しばらく梯子, しばらく見ない, しんしんと, すきや縮に, すぐに, すべてを, するするするする, するすると, ずっしりおも, ずるずるずるずると, そういっ, そうし, そう固く, そう思う, そう思っ, そこから, そこで, そこで弦, そこの, そこへ, そのあと, そのほう, その一脈, その人, その声, その後ろ, その日昼, その点, その賜わり, その顔, それでもいくら, そろそろ屋根, そんな私達, たしかにこの, だんだん山奥, ちゃんとし, ちょッと, ついて, ついにぷつんと, つかわれなかった, つづけざま, とうとう彼, とにかく弦, とび乗って, どうかと, どうなっ, どうにもしようが, どう変るだろう, どこを, どさり, なかなか解けなかった, ながくながくのび, なくとも, なぜか, なんとも, にっと景季, ひょいと振り, ひょっとこう口, ぴんとはりきった, ぴんと張られ, ふたたび起つ, ふたりの, ふと廓, ふと自分, ふ万代, ぶあいそ, ぶつぶついい, ぶらんこの, ぶらんぶらんと, ほつれ毛の, ほんとに親不孝, まことに浄心純情, ますます燃えあがります, まず荷造り糸, また, またあわて, またお伽草子, またつかい, またどうしても, また一方, また万吉, また匕首, また必死, また現実, また自分, また金座屋敷, まだ信じきれない, まだ焦れ狂う, まだ眠れなかった, まだ胸, まだ若い, まだ鳥越, まるで掛時計, もうなんら同情, もう皆んな, もう返事, もがかずには, もともと神尾, もとよりおれ, もはや七つ, やさしく男, やっとこう洩らし, やっと意識, やっぱり無事, やつと, やにわに膳, やるといった, ゆらゆらと, よく滑らない, よく滑る, よろりと, わが子の, わざとお, わざと静か, わっし, われを, カセの, ギクリと, コレ一つ, サッと見た, ジッとして, ダラリと, ツンと, トンと, ハッと, ヒラリと, ピンと, フッ, プツリと, ペタと, ワナワナと, 一たび垂直に, 一人で, 一体どうなった, 一体どこ, 一同へ, 一方の, 一目に, 一角の, 一銭の, 丈夫で, 三分の一に, 上から, 上がれと, 上の, 上を, 上向きに, 上意を, 不思議なゆれ, 不思議に, 不意に, 両手の, 中途から, 之を, 二度の, 二本の, 云ふ, 京都町奉行所の, 人間の, 今こそ, 今しも, 今の, 今一方, 今宵この, 今年數へ, 今日が, 今朝も, 今頃どう, 他愛なく, 他愛も, 以て, 何かの, 何ごとも, 何とは, 何も, 何事も, 何気ない顔, 何處から, 侠にも, 僥倖にも, 兄に, 兄の, 兄弟四人の, 充分な, 先に, 先を, 兵を, 冷えた茶, 冷笑し, 出かけて, 出入りの, 分銅の, 切られしなれと, 切れたという, 初めてうなずいた, 初めてしぼる, 初めてアッ, 初めてスリ, 初めて手, 初恋を, 別に怖い, 利腕を, 動きませぬ, 匕首に, 千秋楽の, 去った, 又例, 取り乱して, 取り替へること, 受け太刀ぎみ草鞋の, 古代の, 可愛く點頭, 向うへ, 吹き出した, 吾を, 呟いた, 呼びかけて, 呼び寄せられて, 咽んで, 唇を, 唐一代の, 四人の, 四天王寺で, 土方の, 塩冶を, 墜ちた時, 墨屋敷以来の, 声を, 夢とも, 夢中で, 夢中で駈け下りた, 夢中に, 大きく水, 大同年間の, 大学少, 天井から, 奥で, 女の, 好いの, 好いん, 妻と, 娘にも, 娘を, 嬉しいと, 子供心の, 存じて, 家を, 容易に, 小さい時母, 小刻みに, 小学校に, 小林少年が, 少々思い余っ, 少し甘える, 少し身, 居酒屋へ, 左の, 帆ば, 帰って, 底触れず, 度胸を, 座敷の, 廊の, 引きはられた, 弛まぬ, 張り切つて, 強く身, 当惑し, 往来で, 後から, 後で万吉, 後悔した, 従士十数名と共に, 微笑んだきり, 心で, 心もち蒼い, 心を, 忘れずに, 忽ち猛然と立ち上る, 思いがけない男, 思った, 思わずうしろ, 思わずツルツル, 思わず手, 急いで, 怪訝な, 恋だ, 息左衞門の, 情熱と, 感服せぬ, 憂鬱に, 所天の, 手で, 手に, 手早く支度, 手繰れねえ, 打ち伏, 折り畳んで, 拭こうとも, 拳の, 挨拶が, 振り払って, 挿花の, 捻じれたまま, 擦傷を, 改まって, 放縦に, 斬りむすびつつ, 新藤五の, 新藤五を, 暗くて, 更にね, 札を, 枝に, 柱の, 根よく, 案外に, 棒からは, 歓呼の, 止めたが, 此の, 歯を, 残つてゐた, 殿下が, 気がつかない, 気を, 永正七年の, 江戸女の, 泣けるだけ, 涙を, 涼しい顔, 淫乱そのものの, 渺茫と, 漁夫でも, 漆間蔵六の, 灯台のでしょう, 炎々と, 無心に, 父に, 父の, 片えく, 物を, 物事を, 物憂げ, 物置の, 狭い室内, 猿臂を, 率直に, 生命の, 甲賀という, 男の, 畳の, 白い, 白鳥の, 皺だらけに, 目を, 直されて, 相変らず, 相手の, 真っ青に, 眠りを, 矢ツ張り切れる, 矢張り二三寸宛しか, 短かくし, 祈りながら, 神に, 私が, 私の, 穴だらけにな, 突然ひとり, 突然激怒, 竜巻の, 笑う, 笑って, 笑ひ, 笠で, 筏に, 答えも, 精い, 細い指, 経筥にも, 絶望の, 編笠の, 縁端まで, 縦横に, 繋げるん, 羅生門の, 老後の, 肩を, 脇の下に, 腕を, 自分で, 自分でも, 自身から, 舌に, 船で, 船床へ, 苦しい修羅, 苦しげに, 苦しまぎれに, 茜色に, 蒲団の, 薄刃庖丁を, 蠱惑に, 血を, 行く行く阜斯, 西の丸に, 見ると, 見送って, 解かれて, 記録と, 設計絵図を, 謙信の, 質に, 赤い焔, 赫怒し, 路傍に, 踊りに, 身を, 転々と, 返事した, 返辞を, 逆に, 遠いところ, 遠くから, 釣竿を, 鈴蟲や, 錨に, 間髪の, 降人, 霜の, 霧を, 顔へ, 風呂の, 飲ンだくれな, 馬上に, 馬前に, 馬込から, 驚いた, 驚いて, 髪の毛ほどの, 麻糸と, 黙って, 鼻で

▼ 綱~ (411, 9.1%)

9 切れて 5 五六人其に 4 ついて, 鬼の 3 いった, さがって, ぶらさがって, 出て, 長いので

2 [19件] ある筈, いる, はずれ釣瓶, はりわたされて, 一度に, 一本, 下がって, 何かに, 切れた, 切れたの, 切れたよう, 切れれば, 噂の, 垂れて, 投げられる, 揺れて, 私の, 立って, 辺に

1 [336件] あそんで, あなたに, あのまま, あの方, あまり早く, あります, ある, あるが, あるだらう, あるとは, あるとも, あるよ, いいと, いつもする, いない, いる筈, うっ伏して, うまくかかった, うまくひっかかった, うわべに, えぐり抜いた穴, おさえて, おそるおそる尊氏, おののく手, おるこれ, お三輪, お手, お手あて, かかって, きれたとき, きれて, きれてから, ぎしぎしいっ, くるとは, ぐるっとロケット, こうなる, この事件, この宿院, この船, これからどれ, これに, これほどの, これを, こわごわと, こんがらかって, こんどの, ございます, さよう, しきりにそれ, すこしゆるん, すこし微笑, すばやく駈け寄っ, するすると, そうし, そうして忌, そこで, そっとふり向く, そのまま目, その時, その膝, それぞれ待ち受け, それに, それを, そんなにザラ, たれて, だらりと, だん, つかめるよう, できた, とうとう焼けきれた, とうとう燃えだした, とけたの, とけた程度, とけて, とけますと, とどかずに, とどかなかったら漁師, とんでもない, どうした, どうしてこんな, どうなる, どこに, どしゃどしゃと, どちらへ, ないからかと, なければ, はって, はっと思う, はられて, はんぶんほどに, ひかれて, ひっかけられて, ぴんとはっ, ぴーンと, ふた巻, ふりかえって, ぶつりと, ぶらんこの, ぶら下がって, ぷすぷすくすぶりだしましたぞ, ぷすぷすとくすぶりだしたのです, ぷっつりと, ほどけると, まいりました, まきついて, ますますきつく, ますます丈夫, まだ寐, むすびつけられ綱, めらめらと, もちあがった, やがて松蟲, やつて, やはりみ, ゆうべの, ゆるんだ時, ゆるんで, ゆれると, ようやく右馬助, わたされ紅い, わたして, カッと, グングンのび, サーッと, スッカリ切れ, スツカリ切れ, スリの, チラと, トンと, ビュッと, ビーンと, フイと, ホッと, ランプを, 一人の, 一本ぷつんと短く, 一本張っ, 一本長押の, 一筋たよりなく横切, 一筋切れ二筋絶ち, 三十五尋入っ, 上がり初めました, 下から, 下げて, 下げられた, 下に, 不思議と, 中途から, 予定された, 二本ずつ, 二本中途から, 二本張られ, 二百尋ほどに, 云ふ, 人々に, 人の, 今にも切れ, 今切れ, 今日我々の, 仕損じた場合, 他には, 付いて, 付けて, 伸びきると, 何か, 何やら気, 何者にか, 先づ子供, 几帳の, 出された, 出る役どころ, 出れば, 出仕の, 刀を, 切った鬼, 切られたため, 切られて, 切れたあ, 切れたん, 切れちゃって, 切れても, 切れない限り何時, 切れはしまい, 切れるの, 切れるやう, 前に, 剣山から, 加里屋, 匕首で, 十か, 千切られる, 去ろうと, 参らなければ, 可哀そうに, 可愛ゆいらしく, 可愛ゆく, 可愛相, 向う見ずに, 問いかけた, 地面に, 垂れさ, 多計代, 天王寺で, 太刀へ, 妙に, 客席の, 室内の, 宿を, 小石川の, 居たという, 山の内に, 巻かれる軸, 帯に, 庖丁の, 廻廊へ, 引いて, 引かれた, 引かれる, 引きあげられると, 引き取つて, 引張って, 弛んだの, 弛んだん, 弛んで, 張って, 張られて, 張られ洗濯物, 弾んだ声, 彼の, 後ろから, 徒花ばかりの, 御使, 御赦免, 必要だ, 必要である, 怪しんで, 怪塔の, 怪塔ロケットと, 怪塔ロケットの, 悉く切断, 悔悟した, 悪いの, 悪かった, 愛子の, 手繰り寄せられる, 手許に, 投げられると, 捲いて, 掛かった, 攻取っ, 数本水に, 斜に, 斬って, 新しいやつ, 方丈の, 時々挿花, 来たッ, 来て, 棺の, 歯ぎしりを, 死を, 残り少なくなります, 殿の, 気づかわしそう, 江戸への, 波打ち際から, 注意する, 深く喰いこん, 無ければ, 煙突の, 燃えきれると, 燃えきれるの, 片言まじり, 狩衣姿では, 猫板から, 生きものの, 生れた, 目に, 直ちに引ツ, 直立し, 真向う, 眠りから, 短い時, 短くって, 確かと, 禁札ト捧げた, 私に, 空しくすつ, 窕子には, 童殿上した, 結び付けて, 繋がって, 繋がれて, 羅生門と, 羅生門の, 臨終の, 自分に, 自分の, 自由に, 自身で, 舵の, 船の, 船暈いの, 艫の, 蝶の, 袂に, 袴を, 見えました, 解かれると, 解けたの, 解けるか, 言ひつ, 詰まって, 話した, 話を, 読んだもの, 變つて居た, 變な, 豫定された, 賊に, 踊りながら, 身を, 逃げたとは, 進んで, 重い屍骸, 重に, 門そとで, 隠岐の, 静かに, 頸に, 飛び出して, 駈けて, 駈け降りたので, 駒を, 鬢を, 鬼から

▼ 綱~ (269, 5.9%)

10 すがって 8 つかまって 7 して 5 ぶらさがって 3 ぶらさがったまま, 掴まって, 綱に, 縋って

2 [13件] つながれて, とびついた, ひかれて, ブラ下りながら, 両手を, 代って, 少しばかり, 引かれて, 手を, 括りつけて, 曳かれて, 棘が, 腰を

1 [201件] あの紙入れ, あぶない生命, あるという, いいつけて, いい残した, いわないうち, おくれじと, お出合いなさる, お言い, かけさせて, かけその後暁近く, かけよとの, かける型, かばわれて, からませて, からまったの, くくりつけて, くくりつけられヘリコプター, この恋, こんな女らしい, さが, さがって, さし, しがみついて, しっかりと, しては, しばられたり, し始めた, すがった松村, すがりついて, すがるや, すがるよう, すがる悲痛, すぎなかった, すまねえお, そえて, その少女, たえられまい, たたいた絨毯, だましすかされて, ちょッと, つかまった, つかまったが, つかまつて, つかまりながら, つかまること, つかまるだけで, つかまると, つかまる力, つけた四貫, つたわって, つるされた長い, つるしたせん, とびついたかと, とびついて, とびつきするする, とまったので, とりすがって, とりついて, とれば, なったの, なるわけ, のぼって, はられて, ひっかかって, ひっかかりました, ひっかけて, ひっかけられて, ひびだらけの, ひらりと, ふれると, ぶらさ, ぶらさがったの, ぶらさがり怪塔, ぶら下がって, ぶら下がってる赤い, ぶら下って, まきつけた身体, みとめられた, むかっては, もうこれ, やつたり, フッと, ブラ下っ, 一つ潔く, 一層の, 三色旗を, 三間置き, 上体を, 下がって, 下着類を, 乾して, 二三尺の, 二種ある, 交互に, 仰せら, 会った, 似て, 出逢ったならば, 切り落された間抜け, 刺さって, 加は, 加はり結び目に, 加わった力, 勝たせたこと, 匕首を, 参考とまでは, 取りついて, 取り付いて, 取り付きました, 取り付きましたが, 取り次がせて, 取り縋り曳哉, 取付い, 吊った洗濯もの, 吊つた大石, 吊るしはじめた, 向って, 向つて言, 味は, 執着を, 大変を, 嫌われて, 対って, 尽くしたの, 弔るし, 引かれた小舟, 引っぱられて, 引っ張られて, 引っ掛かって, 恋を, 惚れて, 惚れるなんて, 戻ったか, 手繰りよせられて, 扮する何とか, 持たせて, 挾んで, 捉まっ, 捕まって, 掛る前, 掴まり岩角, 攀じ登ってから, 教えた, 最大な, 木製の, 枕し, 機体を, 気がかりを, 沿って, 渡し, 渡す, 無理に, 無理矢理に, 物が, 狐を, 瓦斯管が, 百ポンド以上を, 目くばせした, 目を, 眼を, 知れぬやう, 空いて, 粋を, 紅紫絢爛たる, 細工を, 結ばれて, 結びつけました, 結びつけ手下, 結び目を, 縄を, 縋った雨, 縋りて, 縋りながら, 縋り片手, 縋り足, 縋る様, 縒り合は, 縒り合わさっ, 繋がれ彼, 織物の, 美しい誘惑, 胸を, 腕を, 苔が, 見つけられたが, 触れた手, 訊けッ, 訊けツ, 託した隠密遺書, 話してなかったこと, 造る事, 違いなかった, 遣うという, 酌を, 酷い落ち目, 鎌を, 阿波へ, 隙間が, 飛び乗つて, 飛付いて

▼ 綱~ (139, 3.1%)

9 は云った 3 が云った, の姿, は叫んだ 2 の側近, の眼, の逼塞, は, はそれ, ははつ女, は顔

1 [107件] から周防, がいま酒, がこちら, が七十二, が万治三年七月二十六日, が例, が叫んだ, が品, が妻, が家督, が抑, が新, が木偶, が歿, が罪, が薙髪, が藩主, が逼塞, が高尾, にその, には腹ちがい, には表立つた, に一身, に仕, に仕へ, に伺候, に請う, に身受, に逼塞, に隠居, のうれし, の不行跡, の云う, の代, の側室, の叔父, の右手, の吉原, の声, の夢寐, の妾, の妾品, の寵, の庶兄, の心理状態, の憂慮, の枕席, の母, の気, の漁色事件, の腕, の芸能, の通, の遊蕩, の配偶, の顔, はうしろ, はこれ, はしだいに, はすぐ, はせかせか, はたか声, はつづけた, はつよく, はひとり, はひと息, はふり放した, はまた, は万治元年, は上使, は不, は二十歳, は亡き, は凡庸人, は吉原, は吉祥寺, は品川, は奥, は家老一人, は尻もち, は御, は忠宗, は怒号, は手, は抜いた, は数寄屋, は斬りつけた, は新, は激しく, は穉, は立ちあがり, は笑った, は籠居, は純粋, は身, は逼塞, は酒, は頭, もそれ, も初子, より一つ年上, を主人公, を書かう, を見た, を訪ねた, を追っ, を陥れよう

▼ 綱~ (124, 2.7%)

8 弦之 5 万吉の 3 いえば, お千絵, なった, 一緒に, 万吉も 2 お十夜, お吉, 万吉とが, 万吉は, 二人で, 大野九郎兵衛との, 申すもの

1 [82件] あるの, いつしよ, いわれた女, いわれる刀, かわるがわる次, かをると, きょうも, これからはいるべき, さし向, されて, して, するところ, その他若干の, それから医師, つっか, なし大小, なるであらう, なるの, ねる方, やらいう女, ゴムホースの, 一つ車で, 一処に, 万吉だけが, 万吉と, 万吉に, 万吉を, 三位卿とで, 世阿弥とが, 云う名剣, 互に目と目, 交換し, 似たり, 公時は, 勇とは, 危くも, 同じよう, 同車し, 呉葉と, 呉葉一方の, 呼ばれて, 堀弥太郎景光という, 姿を, 孫兵衛を, 平, 思いずぶ濡れ, 思いの, 思い込んで, 思って, 思つてゐた, 桃太郎といふ, 琥珀と, 申しました, 申す名うて, 申す女, 知りあいその, 秀綱と, 称せしかの, 称せらるる, 竹竿とを, 管と, 約束した, 聞いたので, 聞えしは, 自分とは, 自分の, 西足場の, 見馴れぬ男, 言われる長い, 読み違えた, 輝綱の, 迷信し, 釣られた鮒, 鉄の, 門の, 頼みまする, 頼むには, 頼む姉, 頼む新, 頼む沙魚, 飛行機が, 鴻山に

▼ 綱~ (121, 2.7%)

2 あつた, ぐるぐる巻, つるして, もって, 左手を, 引っぱられたまま, 結んで, 縛って, 縛られて, 連絡した

1 [101件] あごを, あやつって, おりたの, おろした, おろし地上, からだを, ぎゅうぎゅうと, ぐいぐいと, ぐるぐるまき, ぐるぐる巻き, ぐんぐん屋上, この一座, これを, さがるほか, しっかりと, しばった, しばって, しばられたまま手首, しばられて, すられた痕, その鐘楼, それを, つながって, つながれて, つなぎあわせ, つなぐと, つりあげそれから, つるしたいびつ, とめただけ, なぞ絡めてなかった, はござりますまい, は和田兵衞, ひいたもの, ひかれて, ひっくくって, ぶんぶんしゅうしゅう, むすびつけられて, スルスルと, ピシリピシリと, ロケットに, 三人を, 三尺八分という, 上げられたり, 下がってるのみ, 両手を, 人間の, 人間を, 作ったわな, 冤枉八年の, 反対側へ, 取り巻かれて, 吊して, 吊りさげられて, 天井から, 如何にも曲馬団, 子供の, 宙に, 宙ぶらりんに, 導かれたため, 川の, 庇へ, 廻すこと, 引いて, 引かせて, 引かれてでも, 引き両, 引くか, 張って, 彼が, 彼を, 心にも, 手足を, 打ったり, 抱きあわせて, 括つた行李, 曳く玉, 材木を, 橋杭を, 水死体を, 海面まで, 箱自動車の, 結えたまま, 結びそれ, 結び合い普通, 結び綱, 絞殺し, 縛られてねえ, 縛りあげられました, 繋いで, 繋がれて, 纜う, 自分の, 足を, 道路に, 遠くコムシ, 頭上三四尺の, 飾り別に, 首がく, 馬車に, 駕籠を, 高い屋

▼ 綱~ (108, 2.4%)

2 切れて, 切れ果て

1 [104件] あのまま, あやしさ, あらかじめそんな, あります, ありません, あり立樹, あろう, いきいきと, いたの, いつか人の, おどろいた, お千絵, かれに, こっちで, この頃, さすがに, すなわち幽霊, せめて今, せめて淡い, そこへ, そこらに, そばへ, それに, それを, そんなこと, だんだんに, ちょっと首, ついて, ついに切れた, つきたので, つけずに, つけて, ない, ふだんの, また廻廊, また母, みごとに, もう磯, やっぱりそうだ, サッと飛びのいた, ジリジリと, ニッコリ笑っ, ホンノリと, ムラムラと, 一本切れ, 二百本いります, 今度こそは, 凄艶, 切れはてて, 切れ果つる, 初心な, 同じく法力, 噂を, 外の, 大きくなつた, 大勘, 奇異な, 娘を, 嫌うだろうよし, 嬉しいと, 少しあきあきし, 少しうろたえた, 少し案外だった, 己が, 弦之, 当惑し, 微笑し, 思わず面, 急に, 恋という, 截れた, 手拭も, 捨てけりな, 断れて, 断末魔か, 末の, 棹も, 横目で, 殆ど困っ, 民間風俗も, 気に, 池から, 漸く成人, 無いの, 生れ代りまする, 申し着けました, 目まぜ, 真から, 碇も, 穴が, 立派に, 紐も, 自分と, 落胆の, 見たが, 覚って, 變つて居た, 踊りに, 退屈し, 遠見に, 酒の, 順々に, 食事を, 駆けよった

▼ 綱さん~ (50, 1.1%)

3

1 [47件] あの約束, かわし, がおいで, がかい, がそれ, がどこ, が愛相, が来, が突然, が臺どころ, が見えました, じゃねえ, せめてお前, だったのに, だってどうせ, とは義理, とは義雄, とやらそれ, とやら逃げる, とよろしく, にいと, に好かれたけれ, の聲, の親父さん, の顏, は, はあわてた, はお, はきっと, はそれ, は僅か, は冷かす, は寢床, は源次, は用, は虎さん, は門前, は電報, へ渡したい, も口, も調子, や加藤さん, を, を呼ん, を疑っ, を見る, 諦めて

▼ 綱という~ (27, 0.6%)

3 女に 2 女が, 女の

1 [20件] がさつ者でござる, ことが, のは, ものさ, ような, 人には, 人の, 仙人が, 刀は, 勝れた逸物, 古刀中の, 女か, 女なりが, 女までも, 女を, 奴が, 犬神の, 老母と, 者は, 醜悪な

▼ 綱~ (22, 0.5%)

3 手を

1 [19件] かけた手, つかまって, つける, よじのぼりだした, 一使を, 体を, 向って, 室外の, 洗つた物を, 渡されて, 渡しかけて, 登るん, 登る梯子, 目くばせ, 盲目刀を, 結びつけられた, 繋留した, 迫って, 頭を

▼ 綱から~ (21, 0.5%)

3 落ちて 2 他の

1 [16件] 一角が, 出でて, 口約束を, 女の, 意見手紙を, 手を, 放されて, 約束を, 綱へ, 聞かされて, 落ちたとき, 落ちた時, 落ちた頃, 落ちる筈, 落っこちます, 離れて

▼ 綱には~ (21, 0.5%)

2 かなりの

1 [19件] ある, うしろを, ここから, すぐ分っ, なお短かっ, わが二人, 上から, 二人の, 叔父にあたる, 大象, 妙に, 少し借財, 木村との, 歯がゆい悶えであった, 無数の, 目も, 紙の, 腕力が, 鈴が

▼ 綱~ (17, 0.4%)

1 [17件] からあれ, からオイボレ廃人狐つき, から早く, か縄梯子, があの, ぞ, つてさ, とても, と思っ, と思った, な, なッ, のが, よ, よう, ッて, 何んでも

▼ 綱~ (17, 0.4%)

2 お千絵, 金時の

1 [13件] またわれ, ペンや, 万吉に, 万吉の, 兼綱や, 景廉も, 機関銃などを, 猿の, 糸や, 船具の, 金時を, 錨の, 鎖が

▼ 綱わたりを~ (14, 0.3%)

4 して 1 あきらめて, いたしまするから, お目, はじめたの, はじめたん, やって, やらかせ, やりとげるでしょうか, 見せようという, 見せろ

▼ 綱さま~ (13, 0.3%)

2 から相伝, はと 1 から京, が, が京, のお, の古今和歌集, はありあり, はもともと, もそれ, をお

▼ 綱でも~ (12, 0.3%)

1 [12件] こうなっ, そろも, なかった, なけりゃ無理, ひきよせて, ぶら下がる男, ぷつッと, まとめて, 切れて, 引くん, 張つて輕業の, 私を

▼ 綱わたり~ (12, 0.3%)

2 に失敗 1 ができる, が成功, とが並ん, のげい, はあっち, ははじまっ, みたいだ, もする, やブランコ, や野天

▼ 綱~ (11, 0.2%)

2 の前 1 と賜わり, と黒田右衛門佐光之, の到着, の手前, は喜ん, は土山水口, は奇特, は彼, は甚太夫

▼ 綱~ (11, 0.2%)

1 [11件] であった, ともう, と云う, と聞えた, なのよ, に, は, はあと, はすぐ, は入口, は車

▼ 綱にも~ (10, 0.2%)

1 あるん, このよろこび, この場合, 万吉にも, 分らない, 少からず気に入ったらしかった, 持ったこと, 期待された, 頼光にも, 飮ませ

▼ 綱梯子~ (10, 0.2%)

1 がかかつて, が三条, が公然, にでき, にとびついた, に出来, のやう, は大きく, をよじ登っ, を攀ぢ登つて

▼ 綱とが~ (9, 0.2%)

1 いるじゃ, その心, はげしくつきあたった, 小声で, 暴風雨の, 東三條殿で, 痩せる思い, 行き逢った時, 阿波へ

▼ 綱右衛門~ (9, 0.2%)

2 の家 1 に喰っ, はお, はすっかり, は喜んだ, は恐れ, は海老蔵, は静雨

▼ 綱宗さま~ (9, 0.2%)

2 を世に 1 には亀千代君, には岩沼, に心, に逼塞, の不行跡, は万治元年, 御家督

▼ 綱です~ (8, 0.2%)

21 からうまく, からその, から奈々子, って, もの, 江戸表から

▼ 綱持ち~ (8, 0.2%)

1 がその, が彼女ら, ではない, なの, に各々, の大役, の要求, は一身同体

▼ 綱~ (8, 0.2%)

2 の葉 1 というかしわ, と言, を悉く, を採り, を海, を紀伊

▼ 綱とは~ (7, 0.2%)

1 せわしない往来, だんだん近づい, 仰せに, 前の, 午近く, 芥子に, 黙々として

▼ 綱~ (7, 0.2%)

1 から例, がある, に潜り込ん, の戸, の番人, の窓, へかどわかされ

▼ 綱田屋五郎次郎~ (7, 0.2%)

1 が柿, が殺された, の命, の遺子, は人間, も今, よりは少し

▼ 綱たち~ (6, 0.1%)

4 の考 1 が何, の考え

▼ 綱によって~ (6, 0.1%)

1 くくられて, 地上の, 垂らして, 測った地相, 簡単に, 頸部を

▼ 綱~ (6, 0.1%)

1 がおそろしい, っ, とおっしゃる, の物, はどこ, へお告げ

▼ 綱~ (6, 0.1%)

2 といふ, に伴 1 まで国道, まで國道

▼ 綱だけは~ (5, 0.1%)

1 まだそこ, 何だか可哀そう, 或る, 手から, 頑固に

▼ 綱では~ (5, 0.1%)

1 ないか, なかった, なかったろうか, なくて, 行かぬ恐ろし

▼ 綱として~ (5, 0.1%)

1 この, ほとんど無一文, 借金を, 全然誹, 父から

▼ 綱とも~ (5, 0.1%)

1 いうべきであった, いふ, いわれる刀, 杖とも, 頼らなければ

▼ 綱殿~ (5, 0.1%)

1 がお, では, と丁重, にお目にかかりたい, にも堅固

▼ 綱~ (4, 0.1%)

1 それを, 何かで, 何にか, 紐が

▼ 綱じゃ~ (4, 0.1%)

2 ねえか 1 ないか, 何人か

▼ 綱だけ~ (4, 0.1%)

1 では, ときどき笑, 取りゃアそれ, 弛めたため

▼ 綱だけが~ (4, 0.1%)

1 その身, ただ一人, ただ一人ぎり頼りなく残される, 戻って

▼ 綱だった~ (4, 0.1%)

1 が妙, という意味, ろうに, んです

▼ 綱であろう~ (4, 0.1%)

1 か, とのこと, とは誰, 周馬を

▼ 綱でございます~ (4, 0.1%)

21 が, と申し上げる

▼ 綱などは~ (4, 0.1%)

1 この夕, 可愛いには, 腹を, 見えて

▼ 綱をも~ (4, 0.1%)

1 うまくはずす, これを, 組緒をも, 酔わせて

▼ 綱~ (4, 0.1%)

1 が死んだ, なら五十以上, の棺, の死んだ

▼ 綱封蔵~ (4, 0.1%)

1 にある, に移る, に置い, のいろいろ

▼ 綱~ (4, 0.1%)

1 といった人, は古典素問, は嘗て, は独り五行配当

▼ 綱~ (4, 0.1%)

1 などが多く, などした, の一座中世, をし

▼ 綱~ (4, 0.1%)

1 であった, の姿, はこんど十七歳, を憎む

▼ 綱~ (3, 0.1%)

2 いけねえ 1 たへ狂へる

▼ 綱~ (3, 0.1%)

1 米という, 綱, 綱と

▼ 綱たる~ (3, 0.1%)

2 の義 1 義と

▼ 綱って~ (3, 0.1%)

1 いた醤油船, いる, なければ

▼ 綱である~ (3, 0.1%)

1 から富田病院, ことを, 馬が

▼ 綱とで~ (3, 0.1%)

1 ひっぱられようとも, もって, 作られた無生

▼ 綱とを~ (3, 0.1%)

1 伴れ, 結びつけて, 追跡し

▼ 綱にでも~ (3, 0.1%)

1 たぐられたかの, 乗ったよう, 縋ろうと

▼ 綱へと~ (3, 0.1%)

1 一家を, 出て, 後を

▼ 綱を通して~ (3, 0.1%)

1 地の, 結び目を, 虫干の

▼ 綱~ (3, 0.1%)

1 しっかりしろ, ていういい, ていうの

▼ 綱~ (3, 0.1%)

1 がいくさ, が波多, の怨念この世

▼ 綱宗どの~ (3, 0.1%)

1 に同情, の兄, は隠居

▼ 綱~ (3, 0.1%)

1 を扶植, を重んじ, 名節を

▼ 綱張り~ (3, 0.1%)

2 の中 1 のなか

▼ 綱~ (3, 0.1%)

1 にその, の母, もその

▼ 綱~ (3, 0.1%)

2 につかまっ 1 を養っ

▼ 綱~ (3, 0.1%)

1 がちょっとした, に冠せ, は負傷

▼ 綱うち~ (2, 0.0%)

2 掛け

▼ 綱かなんかを~ (2, 0.0%)

2 付けて

▼ 綱これ~ (2, 0.0%)

1 ほど俺, を許さず

▼ 綱その~ (2, 0.0%)

1 妻樊氏とともに, 手より

▼ 綱であり~ (2, 0.0%)

1 この綱, 坂田の

▼ 綱といふ~ (2, 0.0%)

1 やうな, 若い農婦

▼ 綱とかいう~ (2, 0.0%)

1 おせっかいな, 女を

▼ 綱どの~ (2, 0.0%)

1 に逢, 一目別れを

▼ 綱など~ (2, 0.0%)

1 世に, 断切れて

▼ 綱などの~ (2, 0.0%)

1 ことを, 書簡の

▼ 綱なども~ (2, 0.0%)

1 三十米の, 顔を

▼ 綱なれ~ (2, 0.0%)

1 ばどうか, ば刀

▼ 綱なんて~ (2, 0.0%)

2 刀は

▼ 綱において~ (2, 0.0%)

2 その最後

▼ 綱にて~ (2, 0.0%)

1 留めヴェネチア貴族, 舟を

▼ 綱にとっては~ (2, 0.0%)

1 なおさらせつなく, 粋な

▼ 綱ほどの~ (2, 0.0%)

1 刀を, 女も

▼ 綱~ (2, 0.0%)

1 が生, も今朝

▼ 綱よりは~ (2, 0.0%)

1 二日半ほど, 太い二本

▼ 綱よりも~ (2, 0.0%)

1 上空に, 大役でした

▼ 綱らしい~ (2, 0.0%)

1 ものを, 古い麻縄

▼ 綱を以て~ (2, 0.0%)

1 その空想, 直に命

▼ 綱ッ引~ (2, 0.0%)

1 と来たら, の人力

▼ 綱一本~ (2, 0.0%)

1 でぶらさがってる, の手違い

▼ 綱不知~ (2, 0.0%)

1 から田辺, の桟橋

▼ 綱~ (2, 0.0%)

1 などはとかく, もつづい

▼ 綱取り~ (2, 0.0%)

1 て挽き出せり, ともいう送

▼ 綱~ (2, 0.0%)

1 が持つ, とひく

▼ 綱~ (2, 0.0%)

1 という坂, を焼払い

▼ 綱~ (2, 0.0%)

1 となり, と名

▼ 綱姉さん~ (2, 0.0%)

1 に会える, はこの

▼ 綱宗と~ (2, 0.0%)

1 は違っ, 同じ年

▼ 綱宗逼塞~ (2, 0.0%)

1 による藩家, のとき

▼ 綱~ (2, 0.0%)

1 のハガキ, の先生

▼ 綱御用~ (2, 0.0%)

1 だッ, であるぞ

▼ 綱撞木~ (2, 0.0%)

2 などの間

▼ 綱~ (2, 0.0%)

1 は悉, を御船

▼ 綱次さん~ (2, 0.0%)

1 が承知, を掛ける

▼ 綱浦館~ (2, 0.0%)

1 の主人, の方

▼ 綱~ (2, 0.0%)

1 が松明, が火

▼ 綱神社~ (2, 0.0%)

1 だったと, だつた

▼ 綱~ (2, 0.0%)

2 を解き

▼ 綱自身~ (2, 0.0%)

1 は自分, よりも長屋

▼ 綱親子~ (2, 0.0%)

2 が蒙

▼ 綱部屋~ (2, 0.0%)

1 はどう, へほうり込ん

▼ 綱陣屋~ (2, 0.0%)

1 で小四郎, の段

▼ 綱高綱~ (2, 0.0%)

1 など兄弟たち, の兄弟三人

▼1* [230件]

あはれ手中にか, 綱ありこれを以て, 綱ありゃそこもとの, 綱いずれも好評, 綱いつぱいに, 綱いやさ死期, 綱いよいよ下りて, 綱いらいの子孫, 綱うしろへ退かず, 綱お前みたよう, 綱お詫びせい, 綱かけてのぼり, 綱かけ伐りきといへ, 綱がよぢれた, 綱ぐらいもある太い, 綱こういう訳じゃ, 綱ここはなんにも, 綱ここらで一つ気, 綱こそ附いて, 綱これからすぐに案内, 綱ごと上へ引張りあげ, 綱へあれ, 綱さばく鵜匠は, 綱さんお前はさぞ, 綱さんその間に弦, 綱さんひとつ中身をあらためさし, 綱さん自分の用, 綱さん養父さんの遺言どおり, 綱じゃあないか, 綱すなわちジュスチーヌの, 綱これ, 綱だったり蓮花, 綱だって少しは, 綱や直ぐ, 綱引きの, 綱っていう金箔付きだ, 綱引の, 綱つけて廊下, 綱であってもなく, 綱でありまして料理人, 綱であれば草一本, 綱でさえあるの, 綱でなければそれ, 綱とうから立ち廻って, 綱とうとうお別れ, 綱とか土佐守卜伝とかは, 綱とやらがああ申します, 綱とると尻毛手握り, 綱と共に地酒を, 綱どうしたもの, 綱のである, 綱なぞに優しい神秘, 綱なぞをあつめて, 綱などが行つても, 綱ならいくらしばられ, 綱なら切れるよ, 綱なり衣におけるの, 綱なりしを奈何, 綱なんか断ち切って, 綱にと独白された, 綱にとってもなくては, 綱にばかり気を, 綱によつてギゴチない, 綱に対する彼の, 綱ぬけ術という, 綱のせゐばかりぢ, 綱のぼりは艦上, 綱のやしき跡も, 綱はじつと母親, 綱はずつと向うの, 綱はちよツと頬, 綱はへいきな, 綱はも一度眸を, 綱しご, 綱ばかりは放さないぞと, 綱ひきの子供, 綱ひく夕野, 綱ほか安間和田橋本神宮寺などの一族中, 綱まきの刀, 綱もつひ突き, 綱もにこついて, 綱もはすっぱな, 綱もろともしだいにおち, 綱やのお花さん, 綱命だけは, 綱よと騒いで, 綱よりほかの, 綱よろこんでくれ, 綱にさしずし, 綱わしらふたりの配所奉公, 綱わたしの言葉, 綱わたりするわたしも, 綱わたりとはちがいすこぶる, 綱わたりやちうがへり, 綱をがちゃりと, 綱をはづして逸早く, 綱をよぢ登りはじめ, 綱ッ情の強い, 綱ッ拙者につかまれ, 綱ナリシ由然ルニ熊本ニ来リテ後, 綱マニラ綱帆縫糸撚糸金剛砂布黒鉛氣發油白絞油, 綱一人を頼み, 綱一番乗りをし, 綱七輪水瓶竈その傍, 綱万吉の三人, 綱おどるも, 綱上踊子だ, 綱丸畠山大伍らの各, 綱となった, 綱五百尋杉に包まへる, 綱のうち, 綱て光る, 綱以外にない, 綱会社をつくり, 綱伝い後退りにそろそろ, 綱を受け, 綱ということ, 綱信家信武信成信春信満信重信守信昌信綱信虎を経, 綱八郎田原藤太みんなのお力, 綱て来い, 綱切島辺の海底, 綱利自身も老職一同, 綱加藤次景廉, 綱のあと, 綱十二条を作る, 綱千古千古の子, 綱卜部季武碓井貞光といっしょ, 綱卜部季武碓井貞光坂田公時という四人, 綱及びその類, 綱を結ん, 綱ではどうも, 綱向うの廻廊, 綱四郎高綱の四人, 綱土岐頼遠細川頼春, 綱好みの迎合, 綱ちゃア, 綱姉ちゃんが窓, 綱婆さんも小山研究嬢, 綱は子, 綱宗さま逼塞という大事, 綱宗さま隠居のとき, 綱宗と初子とは明暦元年, 綱宗と同年品は十六年生れ, 綱宗侯は, 綱宗入道嘉心は此後二十五年, 綱宗公はおと年, 綱宗夫人の使い, 綱宗神並父五平次先代芝翫の松前鉄之助, 綱小笠原政長上杉朝定同朝房, 綱の綱七, 綱山城の粟田口, 綱帆縫糸撚糸金剛砂布黒鉛氣發油白絞油, 綱帆車海図などの船具, 綱ふ, 綱ともいうべき, 綱之丞殿, 綱張っている, 綱張れいとか弛めろ, 綱張内のこと, 綱憲自身がし, 綱打ち節供または, 綱投げよ, 綱拙者が秘帖, 綱政政言輝録の三公達, 綱敷き天神みたいに, 綱に胸, 綱旧悪の兇状, 綱有るが如く, 綱をそれぞれ籠め, 綱に気がつい, 綱板梯子に揺られてる, 綱様アっ, 綱権田直助なぞ, 綱橋あたりに螢狩り, 綱橋本正安などいずれ, 綱次姉さんまた電話, 綱氷斧角灯などという小道具, 綱法名を宗哲, 綱泰藤常意, 綱津崎五助長季小林理右衛門行秀林与左衛門正定, 綱流し元の水瓶, 綱の飛ぶ, 綱の腕型, 綱田上正氏などの降, 綱田屋五郎次郎, 綱田屋五郎次郎下つ腹, 綱田屋五郎次郎今度は間違ひも, 綱田屋五郎次郎殿は人手, 綱田屋五郎次郎首の骨, 綱田村君にも林檎, 綱を男, 綱の高台, 綱として浮世絵師, 綱皆川正禧野上豐一郎森田草平内田百間みんな大男と言つて, 綱皆神棚へ上げ, 綱守は, 綱がある, 綱秘帖を奪, 綱立網等を馬, 綱を両手, 綱は此処, 綱等例の土佐派, 綱の房, 綱が大きな, 綱によつて, 綱綿打ノ入道ら, 綱を綰ね, 綱などのみにても間に合わず, 綱る, 綱羅生門の鬼退治, 綱が, 綱血の気もなく, 綱覚えていたろう, 綱討ち取って功名, 綱が町奉行, 綱の室, 綱輔公使夫人久子さんから日本, 綱が騒ぎ出した, 綱金時が宿直, 綱金時得右衛門の頼光, 綱を透し, 綱鑑易知録史記五経唐宋八家本などと書いた, 綱鑑補の名, 綱鑵瓶を取り出し, 綱闇米とおそろしい, 綱阪田公時にも優る, 綱をま, 綱をあゆませ, 綱黒田城主の沢井雄重, 綱黙れ