青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「称~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~秋 秋~ 科~ ~科学 科学~ 秒~ ~秘密 秘密~ ~秩序 秩序~
称~
~称し 称し~ ~称する 称する~ ~移し 移し~ ~移っ 移っ~ ~移る ~稀

「称~」 1314, 14ppm, 8158位

▼ 称~ (97, 7.4%)

865 たの, である 3 だと 2 自ら求め得ざる, 言を

1 [66件] かたは相応は, この新しい, これを, さほどに, しなるか, しむ, し処, ずとも, ず水津, たか, たくなつ, たと, たので, たもの, たらしい証拠, たるなり, たるも, た事, た天, た室町, た理由, た程, た臣たち, た魔物, てあつて, ない訣, なかつた筈, なくても, なの, ましけるそこ, ました, また白鼠頭魚, まつらくす, まつり, まつりて, まつる果, む水なる, やう, ようも, よごと, られたるギヨオテ, られたる君等, られる, られるもの, られる様, られる灰白色, られる近代的伝説製造業者, 候小き, 内々手を, 同時に海, 始める声, 居り候, 居るを, 得るもの, 得る或は, 新智識, 暗にその, 替へた, 来りし一種, 東西の, 温泉も, 盂蘭盆会から, 祭に, 続けた, 言では, 金沢名所の

▼ 称~ (94, 7.2%)

8 もって 5 廃し 3 受く, 廃した 2 与へた, 得た甲州, 用いて, 襲いだ, 襲いだの, 襲いで

1 [63件] あたえ, かくいふ, するもの, そのままに, その植物渡来, たてまつった, たてまつったの, つけて, ゆるした上, 一般屠者に, 下した批評家, 与えて, 与え後, 与ふるは非, 与へ, 世襲した, 二つ持つた, 付すること, 伝へるもの, 冒さんと, 冠せしめその他, 取るもの, 受けざること, 受けて, 受ける事, 受け更に, 君は, 否定した, 失いかえって, 失うたらしい, 失わぬ, 幕内相撲全体に, 廃せられて, 廃せられ平民籍, 彫つて, 得た, 得た精兵, 得一つ, 惜しまざるなり, 挙げて, 捨てて, 新たに, 曠うせざる, 狐狗狸また, 用いたの, 用いまた, 用いること, 用うる, 略して, 異にし, 省いて, 称しきたらん, 襲いですわ, 襲いで権右衛門, 襲いで長安, 襲ぐ, 襲ぐに, 訊いたから, 許しまた, 贈って, 贈る, 避けて, 除かれたいとの

▼ 称~ (85, 6.5%)

9 して 4 されて, した 3 されること 2 したが, したり, す, するの, に価する, を博し

1 [53件] されたくて, されたの, されたほど, されても, されてるの, される事, したしかし, したそれ, したと, したという, した如く石川, しないわけ, しもしくは, しようと, すべきは, すべきもの, すべき勤勉さ, すべき性質, すべき風習, すると, すると共に, するより, する大家先生, せしに過ぎず, せしは, せむばかりに, せらる, せられた上杉, では甘受, とをお, には飽き飽きした, に値い, に幻惑, に耳, のつぶやき, のどよみ, の言葉, の辞, は皆見当違い, も八方, よりもかえって, をまた, を一人, を博した, を博し得, を受け, を受ける, を呈し, を得た, を得よう, を止め, を求むる, を浴びれ

▼ 称せらるる~ (76, 5.8%)

3 者は 2 に至り, 俳句にも, 十番の

1 [67件] あの有名, ある人, かの有名, この名刀, この土地, この怪物, その恐るべき暗雲, だけの価値, ところなり, ところなれ, のを, はいう, はいふ, ほどの豪商, ものが, ものだ, ものであっ, ものであった, ものなどは, ものの, ものは, ものも, ものより, もの多くは, を恥じ, アプレイウスの, ジョンソン博士が, マンゴーも, 一種の, 一部分の, 人の, 作品を, 内には, 勝川春章なりと, 器物や, 国の, 地上の, 山の, 山菅夕照, 岩窟には, 彼の, 怪談なり, 手合で, 掛物が, 政治上の, 教訓に, 某女史, 次の, 江戸伝来の, 温室仕立の, 漠然とした, 点は, 牛であり, 牛込早稲田大隈伯爵家の, 猿橋に, 畜生谷なる, 皇学中心の, 眺望の, 硬教育, 者なり, 者に, 西村重長の, 豊臣太閤の, 重瞳, 障害物を, 高さ四百八十尺, 鳥居清長の

▼ 称へて~ (62, 4.7%)

10 ゐる 6 ゐた 3 ゐるの, 居た

1 [40件] くれるの, その深, それは, ゆく外, よい種類, ゐたの, ゐたので, ゐたらしいこと, ゐた言葉, ゐて, ゐます, ゐる女, ゐる所, ゐる言文一致創始者, ゐ又, 主上を, 之を以て, 先づ, 可い, 実際の, 居る, 居るが, 居るの, 居るもの, 恰も仮り, 政府の, 文を, 旅行の, 来た, 来たこと, 正月には, 此処から, 烈しい炎暑, 祀つて, 祇園会の, 祇園会のと, 私娼を, 長門合戦を, 開くこと, 饗応を

▼ 称~ (46, 3.5%)

14 でゐた 10 でいた 82 でも

1 [12件] だが, ださうだが, だそう, だだけに, だでは, だの, だもの, だら好い, だりアナタ, だわけ, だ方, で嘆いた

▼ 称~ (38, 2.9%)

6 ある 3 あるの 2 あったと, 起ったの

1 [25件] あった, あったかとも, あったので, あつた, ありどちら, あるが, あるだけ, あると, ある位, ある所以, しばしば, その, つくと, ますます坊主, 之に, 伝つてゐる, 保存せられ, 出来たの, 加えられたもの, 即ち岡寛斎, 廃せられて, 我が国号として, 明の, 無い, 起り終に

▼ 称うる~ (37, 2.8%)

2 のが, のである, は羊

1 [31件] がごとき, くらいこんな, その釵, ところの, に傚, に至った, のかと, のでこの, はこれ, は顔色, ほか手足一つ動かす, もの甚だ, 事の, 仁王尊を, 処の, 処を, 化粧問屋の, 十二人の, 坊さん花薊の, 女学校の, 奴が, 所を以て, 木像は, 樹と, 清水その他沢山な, 病者を, 療術の, 練兵場, 若連中, 裏白の, 長雨の

▼ 称~ (35, 2.7%)

2 のは

1 [33件] が殆ど, さる者, その先夜, のが, のであらう, ひとりの, 一派も, 三百代言人で, 何を以て, 可きものあらむ, 同人雑誌に, 名前を, 哲学者が, 変質者は, 大酒家, 女悪魔, 小説は, 形容は, 得体の, 普通名詞が, 札のか, 柿だけが, 滝野などの, 漁家の, 王様の, 白鳥の, 美しい飲物, 芸者が, 鉄砲の, 音が, 題名の, 題名を, 魚野川此山の

▼ 称~ (34, 2.6%)

52 ていた, てくれる

1 [25件] たが, たり戯談, ちぎる家臣, ていい, ていなさる, ている, てくれるだろう, て菅三, ないが, ぬので, もくさし, もしない, やがらねえ, られすぎて, られて, られても, られるか, られるより, られんこと, るとき, るの, るよりも, る気, れば, 讃えて

▼ 称ばれ~ (33, 2.5%)

6 ていた 5 ている, てゐる 3 てゐた

1 [14件] てその, ても不調和, ても相当, ても退, て家族, て帰納法, て汝, て用いられ, て評判, て近在, とにかく麻, 字名を, 時々は, 謙信公以来代々評定席の

▼ 称~ (33, 2.5%)

4 のは 2 のだ

1 [27件] か, か詩, ことに, のかと, のであつ, のに大, のも, やうに, よ, ように, よりも寧ろ, を容, ミスター北見仙斎を, ランプの, 勇士が, 園の, 小範囲, 或る, 時それは, 暴虐なる, 民家が, 空怖, 簾のか, 習慣が, 諸侯の, 護衛の, 黄金の

▼ 称んで~ (33, 2.5%)

8 いる

1 [25件] いいよう, いますが, いるあの, いる地, いる地名, いる岸, おこう, ゐるが, ゐるし, ゐるの, ゐるもの, ゐる如く, ゐる若い, ゐる通り, セヽラ笑つた, 一名, 反つて, 呪詛した, 大変嫌つてゐます, 好いかしら, 好いの, 戯れるので, 東寺の, 決して屋号, 話したがるやう

▼ 称~ (28, 2.1%)

2 明治四年に

1 [26件] あるが, いつしか玄海洋, おらぬか, じっさい種々, すでに述べた如く, で今日, ひとり高野にのみ, るれば, 二代続い, 二里の, 今も, 元慶二年出羽, 古い, 始て, 宮中へ, 少からず見える, 徳川時代を通じて, 悪人の, 景行天皇朝武内宿禰復命の, 樸斎詩鈔藤陰舎遺稿等に, 目下でなけれ, 見えない, 誰いう, 門人を, 頗る妙, 魔波旬の

▼ 称する~ (27, 2.1%)

7 に足る 5 に至った 3 に足らず

1 [12件] にいたった, にはやや, には余りに, には勝, には足らぬ, に反対, に至っ, に足らざるなり, に足りる, に足るであろう, のを, やうな

▼ 称へる~ (27, 2.1%)

3 様に

1 [24件] が年, ことにな, であらう, ところ, のが, のであつ, のは, ものが, もので, ものは, ものも, やうにも, わけにも, 一切の, 丘陵で, 事に, 人が, 以上舞台上の, 可成巨, 宴会も, 物は, 者は, 裁着やうの, 西洋人には

▼ 称ばれる~ (22, 1.7%)

1 [22件] けれども凡そ, ことにな, に至, ものである, ものは, ものも, ような, 人々に, 人物やらを, 失業中の, 度に, 彼女の, 昆虫類である, 時代と, 機長が, 温泉な, 王様の, 種類の, 若者が, 軽輩の, 銘酒を, 類ひ

▼ 称ふる~ (19, 1.4%)

1 [19件] が故に, こころよさ未, ことよ, のが, のを, ものは, ものを, もよし, よし御, ユダに, 一組を, 其の釵, 地名の, 御厨子, 時夢にも, 焼麩に, 練兵場, 者も, 規模の

▼ 称~ (17, 1.3%)

1 [17件] あった事, ある人, ある所以, ある日本, ある渡り鳥, 人が, 似通, 吉野山である, 因ある, 意を, 有った英国海軍, 求めるまま, 胚珠, 見えるの, 起ったの, 起りたるならん, 頭字だけを

▼ 称ある~ (16, 1.2%)

1 [16件] ゆえんなり, エスペラント語だった, ロンドン警視庁が, 北米産の, 北魚沼郡湯谷村橡尾又温泉に, 城戸氏を, 夫人明子を, 所以である, 扁柏の, 智多, 有明山の, 竜角峰よりは, 花崗岩の, 蘇州の, 逸剣を, 飛騨吉城郡と

▼ 称~ (16, 1.2%)

9 慣れて 1 分けた通り言葉, 分れて, 慣らされて, 慣れた貧しい, 慣れても, 慣わして, 憎くかつ

▼ 称~ (14, 1.1%)

2 いって, なって 1 さへな, したの, なった事, なつて, なりさらに, 故の, 新芸者, 知らずに, 解して, 解すべきなり

▼ 称~ (13, 1.0%)

1 [13件] あらう, お呼び申さない, もと同じ, よかろう, 一条河原に, 呼んで, 多くは, 山田の, 市人の, 特に歌舞伎役者, 畢竟不快, 目上に, 貴族階級の

▼ 称って~ (11, 0.8%)

1 [11件] いたが, いた彼, いるが, いると, いるとの, その度ごと, やった喧嘩, 全軍, 公然と, 哀れッぽく, 門を

▼ 称~ (11, 0.8%)

1 [11件] う, しめよ秀雄, せない, ない, なかった, なければ, るるか, るるの, るるもの, るる五十戸, るる駱駝

▼ 称ばれた~ (10, 0.8%)

2 ので, 男は 1 お妙, ことが, 事が, 服部君は, 粂八が, 者であった

▼ 称を以て~ (10, 0.8%)

1 しその, したこと, したと, して, するにも, する程, せられる漁村, 呼ばれた, 呼ばれて, 呼ばれる一部

▼ 称~ (9, 0.7%)

1 と, という, としばしば, と士班釵, と載せ, 世話女, 晋の, 者は, 芸術は

▼ 称へられ~ (9, 0.7%)

3 てゐた, てゐる 1 て今, て来た, ながらも惜むら

▼ 称~ (9, 0.7%)

1 あったと, あるほど, おもしろくない, なくう, また止む, わっと, 会社の, 山と, 生じたの

▼ 称~ (8, 0.6%)

1 あたいする山水, して, 外法という, 多いなみ, 当るべしと, 従つて本多子爵及夫人等の, 拠るに, 負か

▼ 称徳天皇~ (7, 0.5%)

1 とも申し, と云, と称し, の御, の時, の逆鱗, の遣唐使

▼ 称せらるべき~ (6, 0.5%)

1 ものは, もの老人の, 小有産階級, 小産階級に, 現象が, 道徳が

▼ 称へを~ (6, 0.5%)

1 とつた, 伝へた家々, 守り遂げたまで, 持ち続けて, 生んだ, 用ゐれ

▼ 称讃浄土仏~ (6, 0.5%)

6 摂受経

▼ 称あり~ (5, 0.4%)

1 し王, たり, て武家, て精霊, という

▼ 称うべき~ (5, 0.4%)

1 かまことに, は国民論派, もので, 地上最初の, 段々の

▼ 称せざる~ (5, 0.4%)

2 を得ない 1 が如き, はなし, 可し

▼ 称として~ (5, 0.4%)

1 また同時に, チュウゲンの, ハチまたは, 存し, 用いられたとは

▼ 称讃浄土経~ (5, 0.4%)

3 も大和一国 2 の文

▼ 称せず~ (4, 0.3%)

1 とも吾人, 中央政府の, 何, 母の

▼ 称せる~ (4, 0.3%)

1 は社中, ような, より見れ, 力士一二人あり

▼ 称なる~ (4, 0.3%)

1 が故に, ことが, をその, を義

▼ 称び代~ (4, 0.3%)

1 へてゐた, へてローマンス, へよう, へられ

▼ 称び方~ (4, 0.3%)

1 したこと, だと, であろう, をする

▼ 称ぶところ~ (4, 0.3%)

1 ですが, の, の先駆者, の加古川

▼ 称へが~ (4, 0.3%)

2 行はれ出した 1 圧倒的な, 捨てられないで

▼ 称へられた~ (4, 0.3%)

1 のである, のは, のも, 村井紫玉が

▼ 称われる~ (4, 0.3%)

1 さむら, 刀を, 小さい一棟, 神子上典膳の

▼ 称~ (4, 0.3%)

1 されたの, したるは, する国家的自由, を見る

▼ 称せずし~ (3, 0.2%)

1 て名, て日本製, て紀

▼ 称せらる~ (3, 0.2%)

1 と雖, 然れ, 顧ふ

▼ 称であった~ (3, 0.2%)

1 と思われる, 大工の, 白丁の

▼ 称ふべき~ (3, 0.2%)

1 か, ものに, 公孫樹の

▼ 称へは~ (3, 0.2%)

1 しなかつたけれど, 女君の, 祝言

▼ 称~ (3, 0.2%)

1 なんなら, 御自由, 詩とも

▼ 称~ (3, 0.2%)

1 する者, せし例, とその

▼ 称徳天皇崩御~ (3, 0.2%)

3 の後

▼ 称~ (3, 0.2%)

1 して, するに, せられしは

▼ 称讃浄土~ (3, 0.2%)

3 摂受経

▼ 称うて~ (2, 0.2%)

1 三河へ, 脱公

▼ 称さるべき~ (2, 0.2%)

1 人である, 集団そのものの

▼ 称~ (2, 0.2%)

1 と, とある

▼ 称った~ (2, 0.2%)

1 のは, 名と

▼ 称である~ (2, 0.2%)

1 から此場合, がここ

▼ 称とも~ (2, 0.2%)

1 なりいわゆる, 言ふべき

▼ 称~ (2, 0.2%)

1 えスマシ, へんと

▼ 称ばるべき~ (2, 0.2%)

1 ドンキーを, 一群の

▼ 称び合~ (2, 0.2%)

2 ふの

▼ 称び合つて~ (2, 0.2%)

1 ゐた, ゐること

▼ 称び換~ (2, 0.2%)

1 へて, へて聴手

▼ 称ぶなら~ (2, 0.2%)

2 ば私

▼ 称へとな~ (2, 0.2%)

1 つたのである, つて残つてゐます

▼ 称~ (2, 0.2%)

1 しあの, 赤猪子て

▼ 称~ (2, 0.2%)

1 ものあれ, 極めてパラドックサル

▼ 称~ (2, 0.2%)

1 ず復び以, るれば

▼ 称われ~ (2, 0.2%)

1 ている, ております

▼ 称をも~ (2, 0.2%)

1 用い, 継承した

▼ 称アカメモチ~ (2, 0.2%)

1 は昔, 誤称カナメモチ

▼ 称~ (2, 0.2%)

1 今丹, 即創立松葉屋是也

▼ 称~ (2, 0.2%)

2 古ニ

▼ 称不可説不可思議~ (2, 0.2%)

2

▼ 称~ (2, 0.2%)

1 寥可, 斗

▼ 称~ (2, 0.2%)

2 塾に

▼ 称小林玄瑞~ (2, 0.2%)

1 が嘱, である

▼ 称~ (2, 0.2%)

2 鐙坂破

▼ 称福寺~ (2, 0.2%)

1 である, という寺

▼ 称讃者~ (2, 0.2%)

1 であつ, も生れ

▼ 称辞竟~ (2, 0.2%)

1 へ奉らく, へ奉る

▼1* [157件]

ありて後云ひ出せる, 称そうな, 称いたしていた, 称うのみあるいは曰く騾, 称うべければなり, 称うるかどうかは, 称うるならば一日, 称おう一刀斎の, 称から訛り出でた俗伝, 称てお, 称これによって起る, 称へ受けね, 称その学名, 称したのは, 称しも被下候由, 称すなわち異名として, 称せし所なりけり, 称せらるるごとき相当に, 称せりと, 称だけが妻の, 称だけのことで, 称つたと思ふ, 称つたのであらう, 称でありまして今に, 称である蒙古語の, 称でなく別号が, 称では鳥越街道という, 称とか媚び名, 称とに分れた, 称とを兼ねた語頭, 称なししかれば, 称なればおもう, 称に対してスズメの, 称に従って去来す, 称はん程は貫一, 称ばねばなるまい, 称ばばよべ妖婦, 称ばれたいために, 称ばれ得るものなれ, 称一つは, 称ひならはした, 称びかたは当時まだし, 称びかへるまで健全になり得なかつた, 称びたいやうな沾ひの, 称びて勇気に恵まれ, 称びならべていずれ, 称びならわしていた, 称びわけられるという, 称び何か勝手気儘, 称び魔法使ひの, 称ふことは出来ない, 称ふべきであつた, 称ふものである, 称ふるならん, 称ふれどむかし, 称ふんだがね, 称ぶだつまりそこ, 称ぶといふ風だつた, 称ぶなるものの, 称ぶべき女で, 称ぶべくもない, 称へすら久しく知らず, 称へたは其の, 称へたり不潔な, 称へた事になつ, 称へた歌舞妓の太夫, 称へた氏は幾流, 称へた語である, 称へつつ黄金丸は, 称へであつた, 称へながら斎部祝詞は, 称へになるの, 称への其人を, 称へらるべき田畠の, 称へらるる事件の, 称へられ始めてゐた, 称へるならばこの, 称へるべきものは, 称へる如く希臘では, 称また然りだ, 称め方をする, 称め賛えようと, 称ゆらん浦山し, 称て且, 称わしめよと, 称われすぎている, 称カナメモチ正称アカメモチ, 称或ハ五軒ト号ケ, 称シテ純日本式, 称シテ盗賊火難除ノタメ, 称シテ相当ニ貪ル, 称シテ連レ出シニ来十一時過ギテモ, 称シ南蛮王ノ巣トシ, 称シ能毒ヲ弁ズルガ如キ, 称スルコト甲斐国志ニ見ユ, 称スルモノ即是ナリ, 称スルモノト考エラレル第六番目, 称スル神仏類似ノモノニ奉仕スル輩ノ中, 称スル者今其ノ二三, 称ス秋月苗高五六尺葉互生紅黄草ノ如ニシテ, 称セラル特ニ流麗細巧, 称タルガ如シ然レドモ仔細ニ原名, 称為誤, 称ルモノニ充ツ未的切ナラズ麝香草ハ生ニテ動揺スレバ香気アリ乾セバ香気ナシ漢名麝草, 称命セラレタルヤニ聞キシガたちしだれナル名ハ意義ニ於テモ少, 称一ノ谷合戦で通っ, 称三右衛門を襲いだ, 称三郎於先生為姪孫今嗣菅氏, 称仙軒徳山居士と云, 称を請い, 称は本家相続, 称光天皇の応永二十七年九十六, 称其宗之正, 称厚安貞白の子, 称和する予定で, 称をイショウ, 称唯立仰云云, 称奉るとなん, 称安政を襲いだ, 称寅吉は当時亀島町, 称という寺, 称されさらに, 称尼戒業精苦誦経四十五万言云々常に一虎, 称廃せられて五十年, 称往院天岳院左右が海, 称とよぶ, 称徳天皇崩御後までも彼, 称徳氏浜口光雄氏に面会, 称の聴水, 称忠平である, 称す, 称念仏にしく, 称念必得往生と思う, 称我魯扶古連者, 称所天下第一候, 称疾謝来客息講業十余日無, 称林崎という部落, 称正宗院が八十一歳, 称泰西第一人, 称淵蔵中称和介後称文兵衛, 称為西鶴再生而余素愛曲亭才学故前聯及之, 称玄益を襲いだ, 称玄道を襲いだ, 称瓜長楕円形緑色の皮, 称の舞踊, 称かならず, 称空しからざる好男子, 称するは, 称蔑称などはあっ, 称にはどんな, 称も甚だ, 称許せらる, 称を用いない, 称讃状感謝状ですね, 称賢次郎であつ, 称雄武遺訓守淳猶混農, 称に属する