青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「維新~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

經~ ~続い 続い~ ~続いた 続き~ ~続く 続く~ ~続け 続け~ 維持~
維新~
~綱 綱~ ~網 網~ ~綺麗 綺麗~ 綿~ ~緊張 緊張~ 総て~

「維新~」 1168, 13ppm, 8713位

▼ 維新~ (431, 36.9%)

17 際に 7 大業を, 時に 6 革命に 5 際には 4 志士の, 際まで, 革命で, 革命は 3 元勳, 初に, 大業に, 改革を, 際の, 際は, 風雲に, 騒ぎに

2 [30件] ときに, とき戦争に, 三傑と, 三傑よりも, 事情に, 信仰にまで, 元勲として, 元勲に, 功臣にも, 大変動, 大業も, 大業を以て, 大詔に, 宏謨と, 当時お, 当時に, 後に, 御誓文, 志士, 志士雲井龍雄の, 成就する, 戦争に, 時から, 朝に, 途上に, 際において, 際にも, 革命が, 頃までは, 頃淡路に

1 [289件] あたりまで, あとで, あとの, あと十年という, おりまで, おん帝御, ことを, ころの, ころ世に, すこし前, その時, ためには, ためよろしく, ため東亜連盟結成の, ため革新の, ときには, ときの, とき禄を, とき自分の, どさくさ紛れに, のちに, はじめの, ひめゆり, ように, ドサクサが, 一大事実に, 一挙に, 一挙当初に, 三傑に, 三傑を以て, 世に, 世の, 世の中に, 中央は, 中核問題である, 中核問題と, 争が, 事あり, 事は, 事業どころで, 事業は, 事起り, 五ヶ條の, 京都に, 人々今も, 付き物である, 以後に, 会津戦争から, 例を, 信仰に, 元勲, 元勲が, 元勲たちが, 元勲中誰れ, 元勲元帥の, 元勲土方久元伯も, 元勲立憲国大首相たるの, 元勲諸公は, 元勳中, 元勳立憲國, 元勳諸公, 先覚者たちが, 先覚者たちにとっては, 先覚者たちの, 先駆でなけれ, 先駆を, 凱歌を, 初において, 初には, 初年こ, 前年の, 前彦根藩士に, 前後しきりに, 前後によって, 前後は, 前後より, 前藩侯の, 創始に際し, 創業は, 功に, 功労者, 功業それい, 功業は, 功臣, 功臣たちが, 功臣として, 功臣なり, 功臣の, 功臣達と, 効果を, 勝利者を, 勢いは, 勢力の, 匆騒を, 原動力たり, 原動力だ, 原動力である, 原動力と, 原動力とも, 史料を, 同志が, 名を, 呼吸に, 商業史の, 四年前で, 変に, 変乱の, 変動で, 変動によって, 変革が, 変革で, 大きな渦, 大功臣, 大改革なる, 大業の, 大業半ば荒廃し, 大目的, 大立者たる, 女傑たちの, 女傑野村望東尼や, 始まりその, 始めに, 始賊軍として, 実を, 封建地主勢力の, 少し前, 少し前頃, 布令が, 年に, 底流には, 廃仏毀釈に, 廃仏毀釈騒ぎも, 廃仏騒ぎには, 当分は, 当時の, 当時より, 当時薩摩の, 彰義隊騒ぎに, 後々までも, 後にも, 後は, 後ようやく, 後世態人情一変し, 後岩倉公西洋諸国を, 後常, 後忠平と, 後新, 後星巌の, 後私塾を, 得意筋の, 御世が, 必要が, 必要を, 志士たちの, 志士と, 志士とか, 志士として, 志士に, 志士傷療養の, 志士肌とも, 思想が, 思想と, 思想の, 急進展, 意義は, 成功を, 成就さるる, 成就を, 成敗は, 戦乱は, 戦乱も, 戦争から, 戦争にも, 戦禍に, 戰亂で, 折キリスト教が, 挙動を, 改変は, 改革が, 改革は, 政変は, 政府が, 政治史に, 政治的眼目は, 文勲は, 文勳は, 新しいしごと, 新体制, 新政に, 新政を, 新道徳確立, 明治政府に, 時が, 時だ, 時と, 時なぞは, 時などは, 時には, 時にも, 時を, 時一藩挙っ, 時事実上淡島屋から, 時代に, 時代は, 時先代が, 時国外へ, 時江戸城を, 時生れ, 時箱根の, 曙光, 最初に, 最初は, 期に, 業は, 歴史を, 混乱期に, 熱病に, 狼煙を, 瓦解という, 瓦解と共に, 瓦解に, 當士勤王家が, 白ゆりの, 盛事を, 盛典に, 盛時にも, 目標として, 目的は, 真最中でも, 眼目である, 破壊の, 神仏を, 立者多くは, 精神を, 純粋性は, 結果彼は, 苦難な, 藩主左衛門尉忠篤は, 見方も, 變に, 豪傑連が, 転機が, 近きを, 遺老, 鉄砲焼の, 開幕は, 間際まで, 際いわゆる, 際で, 際一時は, 際人に, 際勝利者が, 際南部藩が, 際国事に, 際妙な, 際小倉藩の, 際彰義隊に, 際排仏毀釈の, 際日本人の, 際旧, 際武名高く, 際殆ど, 際特に, 際福井藩の, 際聖恩に, 際脱走の, 際若松城が, 際長岡藩士の, 革命あり, 革命でも, 革命と, 革命も, 革命を, 革命後如何に, 革命騷ぎを, 頃か, 頃それを, 頃に, 頃までも, 頃より, 風雨に, 風雲の, 騒がしさ, 騒ぎの, 騒乱も, 騒動に, 鴻業に, 鴻業は, 鴻業後筑前閥を

▼ 維新~ (120, 10.3%)

5 になっ 4 に於ける 3 の日本 2 になる, に官吏, の称, は桑茶栽付所, 思い切って

1 [98件] から十二, から明治二十年過ぎ, から明治十二, この弟, しばしば出仕, その両人, その差別, その死にいたる, であって, でもこんな, とに大別, と徳川時代, なお普通, にいたる, においても同様, における民法編纂, における華冑家世, における西洋数学, にこの, にどこ, にはその, には事情, には和算, には数学者, には服部撫松, には洋画, には立, にまた, にまでその, にも未だ, にわたくし, に上京, に及べり, に呼びなされた, に埋められ, に士族, に始まる, に幸, に於, に於い, に日本, に日本橋, に河内屋, に潜, に生れた, に生存, に百姓, に磐, に筑前閥, に至り, に頽廃, のその頃, のほう, のドサクサ以来, の七十年間, の三十年, の上等裁判所, の世の中, の事, の四十年来, の士族, の変化, の実験科学, の廿七年, の当初, の政情, の政治, の政界, の数学, の水産界, の状態, の状況, の磐, の西洋崇拝熱, の道徳, の革命, はどう, は一時横浜, は三十余年, は両刀, は互に, は子爵, は本姓, は東京, は横浜, は薩摩ッ原, は隠居, まで残っ, も中, も同様, も生き, より現在, 一層困難, 互いに取る, 折角国法, 早く帳合, 流行り出し文部省, 間もなく世

▼ 維新~ (109, 9.3%)

3 の武士, の話 2 から麹町, に出来た, の出来事

1 [97件] いわゆる御, からある, から少し, から明治, から明治大正, から船, とどういう, とは話, と今日, と維新後, における猛志, にかかる, にすでに, にどこ, にはちゃんと, にはなお, には一冊, には下寺, には苗字帯刀, には追剥ぎにむごたらしく, にもあった, に一度, に中川宮, に取り残され, に於い, に於ける, に本邦人中, に生れた, に至つて, に至る, ね日詰, のお, のこと, の世間, の事, の二大論派, の交通, の伊達家, の光景, の和本, の国事艱難, の大洲藩, の妙義町, の學問, の岩登り, の戦争, の教育法, の日本人, の様子, の死罪, の浪漫派, の登山, の老人, の者, の自署, の菓子屋, の蛮風, の道徳, の金持, の黒田藩, はあばた, はお, はこの, はわずか, は中間, は五万石, は五千石, は五萬石, は何事, は大根河岸, は我々, は折助, は殆, までは三峰, までは京都, までは将軍, までは松平家, までは茶屋旅籠, までは長く, までは霊岸島, までは馬喰町四丁目, までもこの, まで先祖代々, まで水戸邸, まで甲州屋, まで越前, も牛馬猫, 国禁を, 外国通商および, 慷慨志士, 或は其後, 江戸諸, 牛肉など, 牛込に, 蘭学の, 馬関砲撃に, 駒場に

▼ 維新前後~ (33, 2.8%)

2 の実歴談

1 [31件] から明治初期, における政争者, における西洋文明, におなじ, になつて, にはこの, には蕭條, にも独り別物, にパッ, に人, に多く, に藩費, のもの, の事件, の出来事, の史料, の吾身, の国事, の変動, の多少, の大, の政策, の日本, の歌, の殉難者, の話, の頃, は私, まではウマ, までは切支丹伴天連, よりありし

▼ 維新~ (31, 2.7%)

1 [31件] おこなわれた, じつに闇黒, そこで, だれが, 主権者を, 古い江戸, 国民の, 大勢だ, 天子は, 尊王から, 山崎闇斎流の, 己が, 幕末の, 徳川政府の, 思想革命でも, 成就し, 断じてマルクス流, 日本だけの, 旧封建制, 正しく東亜, 水戸義公の, 決して蘭学者たち, 百姓一揆によって, 私の, 科学の, 薩, 西洋の, 農民の, 進展するであろう, 野心家が, 革命では

▼ 維新以後~ (25, 2.1%)

3 はその 2 全く衰えた

1 [20件] その俗, において日本, における政事上, にはそれ, に於, に於ける, に継続, の人民, の今日, の功臣政府, の反, の外務卿, の政治家, の教育, の災変, の神祇官系統, の藩閥方, は両国, 始めて, 未曽有

▼ 維新~ (18, 1.5%)

1 [18件] かんし各地で, なったので, なって, なってから, なつた, なりまして, なりましてから, なろうと, ひきつづく憲法, 則り旧弊, 参画した, 反して, 向って, 成る迄, 直面した, 至るまでの, 薩長が, 際したので

▼ 維新当時~ (17, 1.5%)

1 [17件] とごたまぜ, にかけて増上寺, にみんな反古, にも活躍, の上野, の事情, の人名, の偉人, の史劇, の如く, の廃仏毀釈, の志士, の日本, の江戸, の江戸幕府, は国事多端, は干戈

▼ 維新~ (15, 1.3%)

1 [15件] です, に名高い, に関する二三興味, の如き, の数奇, の第, の誤解曲解, の鍵, も出, も同じ, を取扱ふか, を専攻, を流れる, を觀察, を読ん

▼ 維新以来~ (14, 1.2%)

1 [14件] いろいろの, の世がわり, の変遷, の大, の官費生徒, の実況, の日本, の明治, の沿革, の非, ほとほと絶頂, もって, わずかに, 久しく窒息状態

▼ 維新政府~ (14, 1.2%)

2 の建設

1 [12件] があったれ, がさう決めた, が大きく, の基礎, の成立, の支持, の要人, はついに, ははじめて一応, は学校どころ, を枢軸, を認めたる

▼ 維新~ (13, 1.1%)

1 [13件] おこなわれた, おこなわれ昔, この地上, なく開國, なつて, 中心と, 仕遂げられて, 封建的地主絶対主義支配の, 政治の, 来るまでに, 生れ芸術家, 行われたの, 西洋医学に

▼ 維新~ (13, 1.1%)

2 なって

1 [11件] なりそうして, なるや, 云うもの, 人民, 女性, 定まって, 思想の, 朝廷派, 称すること, 言い日進月歩, 開化とに対して

▼ 維新~ (13, 1.1%)

1 [13件] もつて, 一段落として, 叫ぶ西, 叫んで, 境いに, 実行する, 斷行した, 経験した, 考えること, 背景と, 要するの, 進展せし, 高く評価

▼ 維新革命~ (13, 1.1%)

3 の健児 1 における一箇, にし, の世相, の功, の大勢, の天火, をやつ, を以て仏国革命, ノ本, ヲ五十年後

▼ 維新以前~ (10, 0.9%)

2 は左官 1 から日本, と雖, にあ, には雀, の宿場, の教育, の日本文化起原論, はわが

▼ 維新という~ (5, 0.4%)

1 のは, ものの, ものを, 事業に, 客観的な

▼ 維新まで~ (5, 0.4%)

1 代代醫を, 伝わりましたが, 引続きこの, 私どもは, 進んで

▼ 維新改革~ (5, 0.4%)

1 に近似, の先達, の功藩功臣諸氏, の歴史, の諸氏

▼ 維新から~ (4, 0.3%)

2 明治への 1 まだ僅か, 明治時代の

▼ 維新~ (4, 0.3%)

1 今まで, 充分に, 疲弊した, 領地を

▼ 維新には~ (4, 0.3%)

1 なったが, 庶民の, 日光今市の, 間も

▼ 維新までは~ (4, 0.3%)

1 さる小, 三千六百石という, 偉い大名, 武士よりも

▼ 維新史料編纂局~ (4, 0.3%)

1 が果して, といふもの, においては從來, は開設以來

▼ 維新時代~ (4, 0.3%)

1 である, の京, の夢, の実歴談

▼ 維新直後~ (4, 0.3%)

1 から能楽, にそれほど, に各, の役人たち

▼ 維新~ (4, 0.3%)

1 に見る, の勤王, の壮士文学, の様

▼ 維新~ (3, 0.3%)

1 あのよう, さらによく調べ, 幻想を

▼ 維新大改革~ (3, 0.3%)

1 の大, の猛, をなす

▼ 維新~ (3, 0.3%)

1 のこと, のよう, は十七歳

▼ 維新近く~ (3, 0.3%)

2 まで頻繁 1 まで通し矢

▼ 維新であった~ (2, 0.2%)

1 が昭和維新, ことは

▼ 維新とか~ (2, 0.2%)

1 絶叫し, 革新とかいう

▼ 維新なく~ (2, 0.2%)

2 しては

▼ 維新にな~ (2, 0.2%)

1 つたのも, つてからは

▼ 維新によ~ (2, 0.2%)

1 つて世界に, つて今度は

▼ 維新によって~ (2, 0.2%)

1 つくられた明治天皇, 幕府と

▼ 維新以來~ (2, 0.2%)

1 の政治的, 或は東海

▼ 維新以来政府~ (2, 0.2%)

1 にて学術, の立法的変遷

▼ 維新元勲~ (2, 0.2%)

1 の書, の言動

▼ 維新前後無茶苦茶~ (2, 0.2%)

2 の形勢

▼ 維新功臣~ (2, 0.2%)

1 の手, の末班

▼ 維新史上~ (2, 0.2%)

1 の一つ, の幾多

▼ 維新史料~ (2, 0.2%)

1 が公, でなければ

▼ 維新小説全集~ (2, 0.2%)

1 の仕事, の計

▼ 維新後河合家~ (2, 0.2%)

2 の名

▼ 維新後零落~ (2, 0.2%)

1 した旗本, 致しまして

▼ 維新政権~ (2, 0.2%)

1 が樹立, とその

▼ 維新早々~ (2, 0.2%)

1 であったが, まッ先

▼ 維新時分~ (2, 0.2%)

1 の世相, の達識

▼ 維新革命前~ (2, 0.2%)

1 の故老, の故老曰く

▼ 維新革命史中~ (2, 0.2%)

1 において建設的革命家, における位置

▼ 維新風俗~ (2, 0.2%)

2 で赤毛氈

▼1* [176件]

維新この方時勢の変遷, 維新ごろの世の中, 維新うです, 維新せねばならぬ, 維新や, 維新ちっと前だって, 維新であり昭和十三年十二月二十六日の, 維新ではない, 維新でもわかるが, 維新とともにそういう微妙, 維新とは関係が, 維新どころでない, 維新なきに於, 維新などをよく體得, 維新なる標語を, 維新において御親政, 維新にまで局面を, 維新に対する信仰を, 維新へと歴史は, 維新までの話である, 維新支那革命は, 維新三傑の子息, 維新以來準備して, 維新以來當時の勝利者, 維新以來百姓町人總て苗字, 維新以前九段の坂上, 維新以前会津侯が江戸登城, 維新以後五十年もたつた, 維新以後今日迄幸, 維新以後六十年の変遷, 維新以後四十四五年を経過, 維新以後外国人の浮世絵研究盛, 維新以後普通民の増加, 維新以後迷信に關, 維新以後音も香, 維新以来一切のもの, 維新以来二十年間沈黙した海舟伯, 維新以来五十韻ということ, 維新以来人の汲々孜々, 維新以来今日まで僅か, 維新以来十数年の間, 維新以来城趾へ草, 維新以来女気のない, 維新以来敬神の思想, 維新以来明治の政治史上, 維新以来朝野の間, 維新以来永久廃業した者, 維新以来江戸に居留, 維新以来江戸児の親分, 維新以来準備して, 維新以来経営の事功, 維新以降漸次ソノ繁昌, 維新以降文章頗る体裁, 維新なる団体, 維新倒幕の時運, 維新勳の, 維新先達の諸公, 維新この大難, 維新制度確立以降の官吏養成所, 維新前十六でお, 維新前年より二条殿, 維新前後二十とせばかり御国, 維新前後奥州の方, 維新前後志士の苦心, 維新前文久三四年の頃, 維新前文久二三年から維新後, 維新前期のやう, 維新前江戸は美食, 維新前秋田佐竹侯の通行, 維新創業の名士, 維新の中, 維新即ち八紘一宇への, 維新原動力の有力, 維新史中の会津籠城, 維新史家たちに卓見, 維新史料編纂の総裁金子堅太郎, 維新史料編纂委員をし, 維新史料編纂官を勤め, 維新史白虎隊史蹟とはべつに, 維新史研究家だつた勝山孫弥, 維新回天の時, 維新変革の後八年, 維新変革史を通じて一貫, 維新外交史でこれ, 維新大業の出発点, 維新少し前の, 維新来汝, 維新当初の五箇条, 維新当年の京都の, 維新当座の頃, 維新当座どさくさまぎれに, 維新当時あたりの世界, 維新当時それらの基礎薄弱, 維新当時区長という大役, 維新当時壺に納め, 維新当時尊王論者であった人々, 維新当時廃仏毀釈の行われた, 維新当時男にも英雄的人物, 維新の戦跡, 維新後一たび岡西待蔵と称し, 維新後三十七年を経過, 維新後三十五年にし, 維新後上京して, 維新後上野から碓氷峠, 維新後二十年はそれでも, 維新後二十年以内の図柄, 維新後交通が頻繁, 維新後今日までの趨勢, 維新後付近の石原村, 維新後入来のシラタマソウ, 維新後其技大いに售, 維新後十年ばかりの間, 維新後危く伐り倒されようと, 維新後古本商頭取になり, 維新後名を潔, 維新後四五十年の教育, 維新後四十五年帝都を離, 維新後困窮して, 維新後塩物問屋をいとなん, 維新後外国と交渉, 維新後外国風の船, 維新後天下の大勢, 維新後平民たるの権利, 維新後政論派の第, 維新後日本は再び, 維新後日本国内に遺棄, 維新後日本民族は再び, 維新後日本農村のこの, 維新後明治五六年頃に至る, 維新後明治六七年の頃, 維新後材木商を営み, 維新後東京近郊の地主, 維新後森枳園が刊行, 維新後滔々たる西洋崇拝熱, 維新後滔天の勢, 維新後漢医法癈れて, 維新後煉瓦焼きが流行った, 維新後父の死歿, 維新後番兵というもの, 維新後県立の中学, 維新後神仏判然の時代, 維新後能楽没落のただ中, 維新後蕎麦は, 維新後藩内京都派のため, 維新後裁判所の書記, 維新後西洋崇拝の弊風, 維新後赤坂辺に逼息, 維新後静岡県の官吏, 維新志士の腰, 維新惨劇の一場面, 維新戦争は翌, 維新改革先達もまた, 維新改革後父母と共に先祖伝来, 維新改革歴史の難題, 維新政府外交部は今度中支, 維新政府対外人宣教師の問題, 維新政府管下の外人宣教師, 維新政府編纂のもの, 維新救国の思想, 維新文明の政治, 維新時代一漁村に過ぎなかつた, 維新に入った, 維新東亜連盟結成の基礎条件, 維新此の方時勢の変遷, 維新此方ア物騒でげすよ, 維新の諸, 維新物等にはその, 維新王政復古という, 維新當時は木製, 維新二年, 維新途上の一, 維新開国の主, 維新間ぎわのごたごたの中でさ, 維新間ぎわまでは同郷の香蔵, 維新革命史上一頭地を抽, 維新革新をやろう