青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「絹~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

絶~ ~絶え 絶え~ ~絶えず 絶えず~ ~絶対 絶対~ ~絶望 絶望~ ~絹
絹~
經~ ~続い 続い~ ~続いた 続き~ ~続く 続く~ ~続け 続け~ 維持~

「絹~」 4031, 44ppm, 2667位

▼ 絹~ (1153, 28.6%)

22 ような 14 ように 13 上に 11 着物を, 靴下を 9 やうな 7 襟巻を 6 前に, 家の, 手巾を 5 ハンケチを, 上を, 着物の, 靴下や 4 やうに, 声が, 布が, 服を, 死骸は, 糸の, 道, 面を, 顔が

3 [30件] いう通り, スカーフが, ハンカチで, ハンカチの, ブラウスに, ブラウスを, 下袴, 前で, 口から, 喉笛を, 声, 夜具を, 家へ, 寝衣, 小袖に, 手袋を, 横顔を, 紐が, 絲と, 脇息の, 色を, 衣を, 衣裳を, 表に, 袖を, 長衣, 面に, 靴下, 靴下と, 靴下は

2 [99件] おそろしい眼, きれを, ことです, ことと, つや雲巻雲の, とばり, どてらを, ばらの, むつきと, ものに, キモノを, クッションに, ショールを, ドレスを, ハンカチを, ハンカチーフに, ハンケチに, ブラウス, ロオヴの, ワンピースを, ヴェールを, 上の, 中に, 介抱を, 仲が, 傍へ, 前へ, 割かれた仲, 半靴, 単衣, 口ぶりに, 四布蒲団を, 姿が, 姿は, 嫁入り道具の, 嫁入道具の, 守り刀については, 家に, 寝息が, 小蒲団, 小袖も, 布で, 布を, 影が, 後ろから, 手から, 手を, 手巾が, 持って, 方が, 方へ, 服で, 服の, 材料は, 枕もとに, 枕もとには, 死骸に, 死骸を, 液を, 焼け布片が, 眼には, 短刀は, 短刀を, 糸, 糸と, 紅さしたる, 紋付に, 綿である, 股引を, 胸に, 荷物の, 蒲団が, 衣の, 衣服を, 袋に, 袋の, 袖に, 袴は, 袷を, 裏から, 裏を, 褥の, 言葉を, 質は, 赤ん坊服を, 足を, 身体を, 身持は, 部屋でした, 部屋に, 部屋へ, 里が, 里の, 間を, 阿魔, 面と, 靴下が, 類や, 首筋を

1 [704件 抜粋] あだっぽい被布, あまも, いずれの, いつもの, いましめから, うちでも, うち紐を, おおいの, おたんちん, おなじ襟の, おひ, おふくろが, かいどり帯, かけもの, かさばつた袋を, かたびらを, かわりに, がしまっ, きれだった, きれは, きれをよ, くけ紐ぢ, くぼんだ眼, こころに, ことである, ことも, これからの, ごく古風, ごく薄い, ごとく, ごとく波, さら, ざわつく音, しごきである, すぐ次ぎ, すれる音, すれ合う音, せいだったら, その麗し, そよぐ総督官舎, それにも, たすけか, ためさもしい, ついた裏, つくり, つくり方, ところあたりへ, ところへ, はこの, はでな, はなしだ, ぱっち革足袋の, ひたいぎわから, ひもです, ふくろ頭巾に, ふさなんか, ふとん, ふらして, ほかに, ぼろ布で, まとまったコティ製, みごとな, もつれを, ものである, もののは, ものを, もの又は, ももひきに, やつの, ようなきれ, を着ます, インド服を, カアテンを, カチーフを, カラアの, カーテンで, カーテンに, カーテンの, キモノ, クションの, シャツが, シャツに, シャツを, シヨオルを, シヨールに, スカーフと, ストッキングが, ストッキングに, スリップなんぞ, ズボンを, チョッキ靴および, ドレスと, ドレスも, ネクタイそれから, ネクタイに, ハンカチに, ハンカチイフに, ハンカチーフの, ハンカチーフみたいな, ハンカチーフを, ハンケチで, ハンケチな, バラの, パジャマを, パジャマ一枚で, パッチの, パッチ尻端折紺足袋に, ブラウスの, ブラウスは, ブラウズと, プラトークに, ベールの, マフラを, マフラアを, マフラーを, マントと, マントを, ユーブカへ, リボンが, リボンで, リボンを, レースの, ワイシャツを, ワンピースで, 一疋も, 一行が, 一行と, 三人きりお, 三角帽を, 上にまで, 上物一切を, 上着の, 上等を, 上衣を, 下に, 下の, 下帯を, 世話で, 世話は, 中から, 丹前が, 二重の, 五色の, 亜麻色の, 今の, 仕えた神尾, 仕入れに, 仕切り壁で, 仕業でない, 仮面が, 仲を, 会所が, 住む別宅, 住居には, 住居を, 例を, 働きによって, 價格の, 元祖として, 光の, 光を, 全帯, 兵子帯丈高い, 内らに, 冠り, 処へ, 切な, 切などを, 切を, 前の, 動いたこと, 原料と, 口の, 吊夜具, 名, 名は, 向って, 呪いに, 和服だ, 和服に, 噂で, 地へ, 垂れ幕の, 外出着の, 外出着も, 外套, 外套また, 夜具なんか, 夜礼服とが, 大きい眼, 大振袖ひと, 天蓋に, 天蓋の, 太紐を, 夫が, 夫は, 夫も, 奥に, 女脚絆, 奴が, 如きは, 如く波を, 妖艶な, 妬み深い, 妹の, 姿も, 婦人外套が, 婿にな, 室を, 家にも, 家を, 宿屋で, 寝巻に, 寝巻を, 寝巻を通して, 小さなキレ, 小さな破片, 小日傘, 小枕薔薇色の, 小袋手紙を, 小袖袴も, 小袿衣, 尺ばかり, 居ないこと, 屏風を, 巣窟を, 布とが, 布に, 布の, 布団が, 布団ジャケツ黄色の, 布片の, 帯上げの, 帶を以て, 帷なり, 帷帳が, 帷帳の, 帽を, 帽子を, 幕を, 平靜さに, 年を, 広袖を, 座ぶとんに, 座敷には, 座敷へ, 座鹽を, 張られた壁, 形つけ工だ, 待構えた, 後から, 後幕勝久門下名取女中より, 心が, 心を, 心持を, 思うには, 思惑などは, 怨みを, 悲しさ, 所でも, 手で, 手に, 手元まで, 手巾で, 手巾にて, 手巾の, 手巾も, 手巾輕く, 手布で, 手甲と, 手甲美しい, 手袋, 手袋とが, 手袋よりも, 打ち紐, 打紐で, 持つて, 指金に, 挙動が, 挨拶が, 掻巻を, 故郷でありました, 敷布は, 敷物の, 敷物八重を, 料簡を, 方からも, 方で, 方を, 日頃から, 晴着を, 服が, 服に, 服紗に, 本場である, 本場を, 材料の, 束を, 枕許へ, 染色法を, 柔らかいの, 棺は, 楯に, 槌目の, 模様物を, 樣子を, 歎き, 死に目に, 母である, 母親は, 毛, 気も, 氣狂ひ染みた, 沓下の, 波蘭婦人服を, 洋装耳たぶにも, 洋語か, 液体を, 漏斗の, 濃やかな, 煙管を, 片にて, 物なんか, 生産地として, 産着で, 甲掛を, 男も, 畳を, 疑いは, 病気を, 痛々しい死顔, 痩せた手首, 白い手, 白と, 白手袋銀の, 目が, 目にも, 目算は, 相談という, 真正面に, 眼に, 眼を, 着物が, 着物でも, 着物と, 神様小手姫御前は, 神経が, 禁制を, 租税の, 空, 窓掛が, 立場は, 笠を, 節織を, 簾の, 紅が, 紋つきに, 紋服, 紐は, 紐もて飾り, 素振りでありました, 細帯であった, 経緯の, 絮おのがじし, 綾羅を, 綿, 総糸, 縁に, 縞が, 縞物は, 縮緬である, 繊維の, 美しい小さな, 美しさ, 羽織や, 股引に, 肩当て, 肩掛けを, 肩掛の, 胸には, 胸にも, 胸の, 胸當をば, 脚絆に, 脚袢には, 腕の, 膚が, 臨終の, 舞台を, 色が, 色に, 花は, 花野原に, 菊の, 葬いは, 葬衣に, 蒲団を, 蓋を, 蔽いで, 薄物を, 蛇以上に, 衝立を, 衣に, 衣服と, 衣装べ, 衣裳が, 衣類において, 表を, 表紙の, 袂の, 袂を, 袋から, 袋入りの, 袖なし, 袖には, 袖無着の, 被衣を, 被覆コードを, 袴の, 袷塩垂れ, 裁片や, 裏つけたるを, 裏の, 裏地など, 裏眉の, 裙引衣を, 裳を, 裳裾, 裾が, 裾だけに, 裾を, 裾模様に, 裾裏の, 褌も, 襞, 襞の, 襟巻と, 襟巻に, 襟飾を, 襤縷を, 襦袢を, 襲衣なる, 覆いを, 見て, 親の, 角かくしも, 触れ合う音, 言うところ, 許へ, 許を, 話が, 話した通り, 話して, 説明に, 論理を, 販路は, 買出しに, 足まで, 輸出商でなかった, 逃げたの, 道を, 道化服の, 部屋だけは, 部屋着を, 重ね着を, 鋭どい, 長い旗, 間から, 陣羽織に, 隠れ部屋に, 雨傘を, 雲左右に, 面が, 靴下それから, 靴下だの, 靴下など, 靴下に, 靴下もっ, 靴下一重の, 靴下踵の, 靴足袋を, 韈を, 音を, 音颯と, 領布や, 頭は, 頭巾で, 頭巾を, 頸を, 顔には, 顔の, 顔をか, 飾帯を, 首を, 駕籠それを, 駕籠は, 駕籠近くへ, 髪は, 髪も, 鼻緒の

▼ 絹~ (565, 14.0%)

8 それを 7 自分の 5 黙って 4 こう言っ, そう言っ 3 すぐに, 急に, 竜之, 驚いて

2 [32件] お君, お松を, がんりきの, さすがに, そこに, その時, それと, ついにその, どこへ, 一切の, 丈夫だった, 両袖, 今日は, 列び茶屋, 口を, 始終うつ向い, 床から, 忠作を, 杭か, 染五郎との, 気の, 水へ, 渡し舟で, 男の, 異人館へ, 相変らず, 眼に, 眼を, 神尾主膳の, 自分で, 蔭で, 言って

1 [461件] あいた口, あざ笑いながら, あずけられかれこれ, あどけなさ, あの家, あんまり深く, いい気, いくら裁っ, いささか非, いそいそと, いたつて, いっかな聞かず, いつか眼を, いつぞやの, いつでも, いよいよ寂しく, いろ, うなずくよう, うるさそう, うんざりし, おひろ, おみくじ, お勝手, お常, お松が, お松の, お芳, お角, かれにも, がっかりした, きのうの, きょうは, けれどもという, こいつが, こういうとき, こうも, ここでも, ここの, こどもの, このごろでは, この少年, この目, さいぜんの, さう, さっきから, さっさとこの, さっさと寝間, さびしくほほえんだ, さびしく笑った, さも憎い, しきりにさえぎっ, しげしげと買物, しずかに, しばらくする, しばらく黙っ, しみじみ言った, しみじみ話しだした, じれ出しました, すこし下, すこぶる平気, そういうとき, そういう会話, そう言い, そこで自分, そっと奥, そのお, そのなか, そのゾロリ, その一枚, その七兵衛, その光, その反動, その当時, その手つき, その抽斗, その昔, その秋, その菓子, その証文, その評判, その軽薄, その鎌首, その間へ, その頃御藏前中の, それでも帯, それに対して, それや, それよりも, そんなこと, そんな話, ただがんりき, だしぬけに, だまって, だらしなく立っ, ちっとも皮肉, ちゃんと見届け, ちょいと, ちょっと躊躇, つんとし, つんとして, とかく苛, ときどきに, ともかくも, とりすまして, どうか遠慮なく, どうしても承知, どうしても肯かなかった, どこまでも, どんな転倒, どんな轉倒, なぜ今, なにげなくその, なんだか意味, なんとなく呆れた, なんぼなん, につこり笑つて, はきはきしなかった, はすはに, はたから, はっと狼狽え, ひとりごとの, ひとり言の, ぴったりと, ぶつぶつ言っ, ぼんやりと, まずその, まず勃然, またむらむら, またも, また一杯, また笑った, まだ顔, まもなく丸屋, まるっきりこの, みんな聞い, めっきりと, もう寝床, もう昨夜, もう正体, もう死ん, もう焦れったく, もう目, もう舞台, もう行儀, もう長い, もがき疲れて, ものすごい眼, やがて風呂, やせ形, やっぱり横, やはり横坐り, やはり生かし, ややあわてました, やや誇り, やり返したつもり, やるせない瞳, よくよく腹, よほど癇, よろけながら, よろよろと, わくに, わざとお松, わざとらしく解せない, わざと座敷, わざと落ち着いた, わざと話, わざわざ車窓, ガラツ八の, ギヤマンの, ゲジゲジでも, バツを, ホッと, ラシャメンに, ワザワザ自身に, 一も, 一言も, 丁子屋の, 三十五昔は, 三角餅を, 上機嫌で, 世界で, 世界一だってね, 乳の, 二つ返事で, 二の矢が, 二人に, 二人を, 二見ヶ浦の, 人に, 人傳に, 人出入稀れな, 今しがたスヤ, 今しがたスヤスヤと, 今夜なにし, 今夜自分を, 今按摩に, 以前の, 仮睡を, 仰向いて, 住職を, 何か, 何かしら黒っぽい, 何と答えし, 何と聞きしか, 何時の間にやら, 例の, 先に, 先刻から, 全く非凡, 処女の, 凹凸を, 切るに, 初めて眼, 剰銭, 力を, 十二分の好奇心を以て, 十八で, 十分に, 半分死んだ, 去年おめおめ, 又もや微か, 叔母に, 取亂, 取敢, 取澄まして, 口で, 口の, 古い門柱, 可哀そうでした, 可愛がっ, 吉田へ, 唾液が, 商賣, 喜びました, 嚇すよう, 嚇と, 困って, 型の, 堪らなくなって, 堪忍が, 夜具を, 大丸髷, 姉の, 子供たちが, 宗三郎に, 実は能登守, 寝ながら, 寵愛物に, 小さい土器, 小さい頃, 小女を, 小膝を, 少しも, 少し黒く, 屑箱の, 崩れるよう, 左の, 市五郎の, 市五郎を, 帰って, 年下の, 幾折かの, 床を, 度胸を, 座を, 廊下を, 引留めようとも, 当初鈴川小春と, 彼の, 微笑し, 微笑した, 心からお, 心の, 思いました, 思い出したよう, 思って, 思はずこの, 思わず噴き出した, 怫然として, 悠々と, 悠々閑々と, 悪い計画, 愈々小田原, 愚な, 愛想よく, 愛相よく, 慣れない手つき, 或る, 戸口の, 房州の, 扇で, 手持無沙汰に, 手炙り, 投げ出したよう, 押しやって, 拭ったよう, 指ざしし, 挫ぐるばかりに, 振返って, 擽ったい顔, 日頃主膳の, 早口に, 明けても, 昨夜も, 昨夜丑刻頃から, 昨日よりも, 昼ごろ髪を, 時々は, 更に小さい, 更に自分, 最早中西屋, 末の, 本気に, 机に, 板に, 枕もとへ, 枕を, 林之助が, 林之助と, 柴を, 根岸の, 案外に, 案外はっきり言った, 楽屋へ, 横に, 横を, 次の間に, 次の間へ, 止めても, 正太夫婦に, 此娘と, 此方の, 死に物狂い, 母親と, 氣も, 泣き伏しぬ, 浅ましさ, 浜松へ, 浴衣の, 湯島の, 滑らかな, 火に, 火事の, 火鉢にも, 炉の, 炭火で, 無愛想に, 煙管を, 煙草の, 燃えるよう, 燭台の, 父の, 片手で, 物に, 物足らない, 物遠く, 生きて, 男が, 異様の, 痛切に, 痩せた肩, 癖で, 白い手, 皆切れる, 盤の, 相手を, 眞赤にな, 知ること, 確に, 神尾の, 秩父で, 突き返す, 窮屈な, 笑うて, 笑った, 答えた, 答えて, 箱に, 納得した, 絵の, 絵本を, 絹に, 絹の, 続いて, 緋縮緬の, 考えて, 胸へ, 能登守の, 脇息の, 腐ってるべ, 膚よりも, 自分が, 自分も, 自分を, 自分勝手な嫉み, 自宅へ, 色の, 色も, 花札を, 花魁の, 苦しそう, 茶代を, 莞爾と, 莞爾として, 菓子器に, 萬事控へ, 落着いた, 著もの, 葛籠を, 蒲団に, 蒼くなり, 薄い, 行燈の, 裁ち縫うて, 襟に, 襟を, 見咎めて, 解けかかった水色, 言うに, 言った, 言ったが, 言ひ切ります, 言葉を, 訊いた, 証文の, 詮方も, 質が, 起きあがって, 身だしなみを, 身の, 軸に, 近寄りましたが, 近所の, 近頃は, 近頃轟, 道太の, 遠い徒弟, 遠くから, 邪慳に, 酒を, 重そう, 金煙管に, 針の, 錦絵と, 長い煙管, 閑居は, 間もなく丸屋, 電話で, 靜かに, 面白くも, 頓馬な, 頼りない, 顏色を, 顔を, 風呂から, 飽かずに, 首う, 駈け出して, 駕籠から, 駕籠の, 鳩尾を

▼ 絹~ (320, 7.9%)

28 裂くよう 6 さくよう 4 殺したの, 裂くやう 3 ぬふ仕事, もって, 着て

2 [15件] かけて, くけた腰紐, して, すきて, 乗せて, 前に, 持って, 探して, 用ひる, 着たの, 縛るより, 裂きます, 追ひ出した, 里へ, 離別する

1 [239件] うしなった愁い, おびき出して, お君, かかへるやに, かけた金籠, かぶせた電燈, きて, こういっ, この時, さくやう, さく悲鳴, さつと, しなやかに, すぐ使わない, すべりて, そこここと, たずねる約束, たよるの, つかって, つくるのに, つけて, つけても, つけてるの, とって, どうかした, どうし, どうする, なだめようと, なだめる役, ぬらすまいぬらすまいとして, ねりに, のべ, のべて, はじめ踊りに, はった本式, はった長椅子, はねて, ばかに, ひるがえすよう, ふりおとした, ほぐすと, ほめること, まきつけて, まといそして, まとい水, まとい白い, まとい髪, まとめて, みると, めくつて, もて之, やること, よく思つて, よびだした, よんで, イタリア風に, 一目見た, 一足さきに, 一重破れ, 万次郎が, 三幅合せ, 与へたり, 中空に, 二つに, 人通りの, 仕入れに, 代りに, 代表し, 伸べたベッド, 促して, 信用し, 先方から, 入れた箱, 入れて, 切つて使ふ, 刺したという, 刺したといふ, 刺せるの, 剥ぐと, 劍の, 加へて, 勤めた, 十疋でございます, 取り上げ家, 取り返して, 取れば, 取出して, 吐く一種, 呼ぶの, 噛み殺した狼, 囲った, 垣間見るの, 売ったの, 売ろうとも, 外して, 外に, 奪おうこの, 奪おうと, 始めお, 官に, 寝かして, 少し頂きたい, 展べた様な, 巻いて, 市に, 引き捲くった, 引っかけた女, 引っかけて, 引張り出して, 張ったよう, 張った硝子戸, 張った硝子戸つき, 張った細い, 張った羽根蒲団, 張つたやうな, 張つて居る, 張つて行く, 彌太郎自身の, 怒らせて, 悲しく纏う, 憎み出しました, 憎むの念, 憎んで, 手に, 抱き起すよう, 抱へ, 拝んだけれども, 拡げたよう, 振り放そうとは, 捧げたまま卑弥呼, 捨てるか, 掛けつつ, 掛けて, 擣く, 擣つ, 敷いた様, 敷いて, 曳き渡したよう, 材料と, 東両国の, 東京に, 枠に, 染めたの, 染めるん, 染める手数, 柳原土手に, 殺したか, 殺したわけ, 殺した下手人, 殺した時, 殺した相手, 殺して, 殺すほどの, 殺す氣, 殺せるの, 涸らして, 添えて, 無数に, 煙に, 献上し, 珍重がる, 用いるし, 用ひ, 男は, 相手に, 眺めたまま, 着せ姉ちゃん, 着た, 着ようと, 着るごとしさなり, 着換えたの, 着灘酒, 知って, 知つた後の, 知つてゐる, 破るとか, 積むくらい, 紅梅に, 紅花で, 紡いで, 結んで, 縛ったの, 縛ったガラッ, 縛つたガラツ八に, 織り出すの, 織ること, 織る事, 織る機織唄, 織れば, 纏うの, 肌に, 肩に, 肩越しに, 背負い上げて, 胴裏にまで, 膠付けに, 自分の, 藤色に, 裂くが, 裂くばかり, 裂く音, 裏切ること, 裏地に, 襟巻がわりに, 見て, 見ると, 見捨て得なかったの, 見舞うべきであるのに, 解いて, 誘い出して, 貧富の, 貰つて跡取, 買って, 買ひ込み, 買ふ, 賜わった, 起しに, 路に, 身に, 車から, 追い出した上, 透いて, 透して, 透通して, 通したり, 連れて, 連れ出して, 連中から, 門口にかけて, 隔て, 顔に, 颯っ, 飾ったり, 首に, 首へ, 駆って, 高く上げ, 黒く染める, 黒塗の

▼ 絹~ (254, 6.3%)

2 [15件] お化粧, ここで, この家, 何度と, 可愛がっ, 嫁入りする, 当人の, 心の, 来て, 横を, 死んで, 火鉢の, 竜之, 舞台で, 躍起に

1 [224件] あのまま, あまりに執念, いいの, いい気, いう, いうと, いない, います, いませんでした, いよいよ不, おとなしく待っ, お松を, お此, お絹, お茶を, お鉢を, かえって虚器, かかった紙板表紙, かけ手, きちんと身じまい薄化粧, ここには, ここへ, この三十歳, この時, この金, この間花に, こんな考え, じっとさし俯向, ずかずかと, そういう女, そう云う, そこに, その軍人, それについて, それほどの, それを, そんなにあいつら, そんなに憎い, たしなめるよう, たまには, だいぶ前, つぎ足したの, つんと横, とがめて, とぐろ巻い, とれるの, どうあろう, どうしても頭, どんな都合, にわかにそこ, はっとしました, はっと胆, びっくりしました, ぴったりと, ふくれ出し, ほんとうに, また喜びました, また病気引き, まだセル, まだ持ち運んだ, むらむらと, やって来て, やっと落ち, やや皮肉, よいが, ゐたやう, キュッキュッと, グッと, ヤケに, 一切を, 一寸紙入が, 一昨年の, 一番よく, 一番叔母には, 七兵衛の, 万事上首尾という, 三味線いじりを, 上ったもの, 上つたものです, 上品な, 上方風の, 不安そうに, 与太郎与太郎という, 世界の, 今あわただしく, 今やちょうど生涯, 今日は, 何だ, 來た, 例の, 先刻俺の, 先立ちで, 入って, 兵馬を, 別に一廓, 前掛けで, 勧めるので, 半死半生の, 取りなしたり, 取出されたの, 口を, 台所で, 呆れて, 喜びました, 四五人で, 土手番町へ, 声を, 変な, 天明五年巳年の, 天狗に, 姑の, 嫌いで, 安く買える, 家出し, 専用の, 少く麻, 少しく動き出し, 少し動いた, 少し動き出した, 少し困った, 少し目, 居たよう, 居ないでも, 差出した手燭, 帯を, 帰って, 帰ってから, 廂を, 廊下へ, 延びる, 引添っての, 彌三郎, 当時本物の, 彼女の, 待って, 御内儀さん, 心あっ, 必ず多少の, 忍びやかに, 応えしままだれ, 念入りに, 急に, 怪しみました, 息を, 懸かって, 我が子, 手水を, 手紙を, 拾い集めては, 持って, 持つて, 搦んで, 摺れ合うと, 新六郎, 最後に, 来月は, 柔順に, 根ほり葉ほりの, 根岸の, 梨を, 横から, 横に, 欲しくなり, 正に帯電, 歸つてから, 死んだの, 殺された日, 母の, 水性である, 流しの, 無用に, 父親の, 狙ひだつたのさ, 王子稲荷の, 現われてから, 甘ったれた口調, 病気に, 白々しい申しわけ, 百余反も, 直ぐに, 真剣に, 知つてゐ, 突っこまない, 立ち上って, 答える, 結い付けて, 縫足し, 繻子に, 置き並べたので, 背後から, 脱ぎ捨ての, 萬事上首尾といふ, 蚕を, 蛇か, 蛇の, 行こうと, 装いを, 襖の, 見えたから, 見たらなんと, 見て, 見ると, 親もとより, 言いました, 言い出したこと, 言出した, 訊いた, 豊かな, 負に, 買えないと, 貸す, 起きて, 身だしなみを, 逃げて, 連れて, 道太や, 道庵宅を, 酒を, 階子段を, 風呂から, 飛んでも, 駒井甚三郎に, 驚いたばかり, 高飛車に

▼ 絹さん~ (199, 4.9%)

8 は私 4 お信さん 3 といふ縮れつ, と二人, と言, のこと, のやう, は, はお

2 [14件] が一番, が殺された, が私, と祝言, と結婚, の心, の聟, はその, はどう, は下手人, は品吉, は生き, は養子, も若い

1 [138件] お信さんくら, お信さん位, お常さんどちら, があわれであわれ, がいとしく, がそう, が一燈園, が來, が化け, が可哀想, が合図, が合圖, が寝, が役人方, が昨夜, が来た, が殺される, が淺草, が突然, が通, が通う, その従妹, その手提袋, そんなこと, てん, でごぜ, と, というの, という娘, といっ, といふ娘, とか, とかいつ, とか言, とのトラブル, との交際, との祝言, とははかない, とは赦し, とも一生, と一生共棲, と与之助, と云っ, と仲, と呼ん, と地三, と家持ち, と相談, と私, と與, と静か, どうぞ何, どうぞ赦し, などに対してももとより, にまいっ, にもお, にも頼んだ, に任せる, に会いました, に参ってる, に姉, に見せたかった, に言, に言い寄る, のため, の処, の出歩き, の問題, の家, の御, の敵, の母, の決意, の看護, の腕, の色香, の親切, の身の上, の運命, の顔, はいきなり, はこの, はそれ, はたびたび, はたぶん, はとうとう, はどうもよく, はもう, はもし, は一心に, は京都, は何, は働き, は免職, は其の, は凉, は四, は巡査, は年二十六, は広島, は後, は思つた, は急, は新六郎どん, は最早, は東京, は死なう, は母, は熊, は看護, は福山, は突然, は風呂, へといっ, への手紙, へぶつかっ, もすっかり, もどれほど, も可哀そう, も子供, も決心, も病気, も私, も近所, を, をあわれにあわれ, をお, をそば, をめ, をも一燈園, をも父母, をマダム, をモノ, を愛します, を托しました, を殺す, を淋し, を私

▼ 絹~ (154, 3.8%)

4 包まれて 2 つ, 代って, 包んで, 取られて, 向って, 見える上, 黒で

1 [136件] あっては, うつして, おおわれ白蓮, かいたきれい, かの女, きいた, きくと, くるまって, くるんだまま, こう云った, こう言われ, この家, さいころ, したよう, して, しろ緋色, そう云ったぎり, そそのかされた神尾主膳, その手, その言い分, たびたび逢い, ちかい淡色, つつまれかけて, つつまれて, つつみたる, つつんだよう, どうさ, なく麻, ほどこせるが, よく似た, わが, ゴムを, ポルトガルの, 一度逢いました, 一度逢ひました, 一枚の, 丸ぐけ帯天蓋尺八という, 代えること, 代るモスリン, 似て, 何やらこまかい, 借りた方, 働きかけて, 別れたこと, 加へて, 包まれたま, 包まれたまま胸, 包まれたよう, 包まれたり, 包まれたバブイノ街, 包まれた寝棺, 包まれた御, 包まれた蘭灯, 包まれ叮寧, 包まれ彼, 包み始めた, 包んだの, 包んだ夜光, 半月の, 卷かる, 及ぶこと, 向うと, 向かった, 向ふ, 報告した, 墨絵で, 女の, 小当りに, 小烏帽子, 小當, 引きたてられて, 引渡そうと, 引逢はせ, 当てつけるよう, 当世の, 形を, 成らず画, 拜まれながら, 挨拶し, 掩われた, 掩われる, 描いた繪, 描いてる感じ, 描かして, 搦まつ, 書いた大きな, 書いて, 書かれて, 書くこと, 染めお, 案内され, 比べると, 添えた扇子, 済まない, 滲まないので, 漉されるほのか, 火の, 焚きこめた甘い, 牡丹の, 猿猴が, 琥珀の, 白い裏, 相談を, 相違なく, 眼くばせ, 背けば, 臨んで, 花模様を, 蔽われたよう, 虎の, 血が, 被われる小さい可愛らしい, 言った, 言わせると, 訊ねました, 話しそこねて, 賞められる, 赤い縞の, 赤絞り, 転嫁しました, 轉嫁しました, 近くまた, 逢いに, 逢ってから, 逢ひ, 逢ひた, 違いない, 遺品として, 金の, 金を, 金糸の, 雪の, 面を, 頭を, 風が, 黒髪した

▼ 絹~ (107, 2.7%)

2 お半, お君, さすがに, それを, ついて, 僕の, 僕を, 突離された

1 [91件] あきれて, あらたまって, あれでは, いたずらに, いづれは, いまだ残ん, いよいよ呆れ返っ, お里の, お里も, かねて, きょうは, こう言った, この鏡, しいては, ずいぶん上等, そういつ, そう憎い, そこへ, そこまで, その光景, その山窩, それほど悪い, そわそわと, だまっては, どうやら眼, なれなれしい, またこのごろ, またじっと, またその, またなんと, また口, また古く, また命がけ, また室内, また拾え, もとよりそれ, ものとも, やって来て, 一致し, 三人の, 亦た, 人物論よりは, 何度聞い, 別に忌, 受けきれなくなって, 同意し, 和いで, 喜ばしそう, 妙な, 娘の, 家が, 寂しく笑っ, 寝床に, 少しは, 少しばかり, 平次の, 広島で, 張合い抜けが, 彼女を, 心ばかり, 忠作の, 思わず本, 怫と, 感心した, 承知し, 持つて, 来て, 林之助も, 殊勝に, 源氏は, 無理に, 煙に, 病気で, 知って, 素直に, 縁側から, 聞いたよう, 膚に, 若い時, 荷物を, 襦袢一枚に, 見るに, 言って, 負けては, 質の, 足を, 身に, 追究は, 道太が, 驚く, 麻も

▼ 絹~ (88, 2.2%)

3 同じやう 2 お松との, わかりましたが, ラシャメンで, 下女の, 五色の, 木綿の, 染五郎の, 紫絹と

1 [69件] あらためて立派, おひろ, お君, お常, お松とが, お松とには, お松とは, お松とを, お花は, お茶とを, お角, お里とを, お里の, くらべて, この四人, その兄弟, ちがって, なり疾きもの, ひきちがいに, やや趣き, モスリンの, レイスとを, 一しょに, 一提げ, 一緒に, 七兵衛と, 七兵衛の, 万事話し合っ, 万次郎も, 六三郎と, 吉次とが, 夕飯を, 天鵞絨の, 対坐し, 対談し, 彼女の, 恋に, 掴み合うよう, 林之助が, 毛皮と, 涸らしたの, 涸らした絹, 深く馴染む, 猿橋これが, 生糸を, 甥の, 申すの, 申すは, 福村とは, 称する物, 紙とでは, 絹織物を, 継母との, 膝を, 良い仲, 蛇と, 親しくなっ, 言おうか, 話を, 賢造とが, 辰之助とで, 違って, 金屬を, 長火鉢越しに, 霞立ち覆ひ, 面を, 養ひ, 馴染んだ時, 黄金ばかり

▼ 絹~ (48, 1.2%)

4 包んだ苹果 2 包んで, 張りつめられた壁

1 [40件] あとのは, いるん, くるんだ綱手, げしょう, こしらえた財布, これに, そういう硝子, ちいさな肌着, つくったもの, つくった袋, つくつた, できたよう, でも, はりつめたよう, ふちを, ふとん, もって, 七度漉した, 作った忍び, 作り風, 例の, 出来て, 叮嚀に, 慥らえ, 成程, 拵えた婦人服, 拵へ, 線を, 縁覆いした, 織り方, 蔽われた燈光, 衣装を, 覆われて, 造られて, 造りちょうど, 面覆, 頭巾の, 飾りを, 飾り立てたところ, 黒ずくめに

▼ 絹~ (45, 1.1%)

4 を被っ 2 だ, で鰻屋, に鳴く, をかぶった, をかぶり, を引繰返し, を被

1 [27件] がころ, が一つ, が二つ, が黒く, だの変り縞, と勲四等, と絹, などを被っ, にひきかえ, にフロックコート, にフロツクコート, に挾まれた, に星, の客, の老い, の馭者, は飛ん, や礼服, をす, を冠, を取り出し, を大事そう, を潰した, を追, を阿弥陀, を頭上, 吹き飛ばしたり

▼ 絹という~ (43, 1.1%)

8 女は 5 女の 4 女が 3 女も 2 女あの

1 [21件] のが, のは, ような爛れた, んです, 人は, 名を, 大の, 女から, 女です, 女と, 女にとっては, 女にとっても, 女らしい退屈, 女を, 女誰にでも, 奴にも, 妖婦の, 娘と, 娘を, 肌ざわりの相当練り上げられた, 若い女中

▼ 絹~ (39, 1.0%)

2 お信

1 [37件] お光, その他の, びろうど, びろうどの, ハイヤシンスや, ビロードの, ビロードを, 中の間で, 俵米は, 天鵞絨は, 天鵞絨や, 巻紙や, 布以外の, 手伝うて, 木綿で, 木綿を, 榊で, 毛皮の, 毛革や, 漆桶の, 灯火や, 獣皮や, 画箋紙を, 硝子等の, 硬玉の, 稲などで, 紙の, 紙へ, 紙を, 綾なども, 綾も, 綾を, 色紙などを, 金襴や, 錦や, 青銅器などの, 鳥の子には

▼ 絹~ (33, 0.8%)

1 [33件] お離し, が歌っ, が縋りつかなかったら, が纏わりつい, だった, といえ, と呼ばれた, どうした, に似, のお河童頭, の場合それ, の後, の手, の死骸, の父親, の隠し父親, の顔, はうわ, はと見れ, はどう, はなぜそんなに, はませた, はもうすっかり, はブルブル, は座席, は日光浴, は泣き叫ん, は縁, を伴っ, を役所, を無理やり, を生ませた, 一体お前

▼ 絹~ (32, 0.8%)

2 のすがり, の網

1 [28件] からどうして, がちらりと, がネクタイがわり, が引かれ, だよ, であんだ, であんだすがり, でしめた, で口, で犯人, で結ん, にあつまる, に前, に怒, に石鹸, のたば, のよう, の下, は取っ, もて貫きたる瓔珞, をむすびつけ, をもっ, を一本宛, を巻いた, を網, を輪, を通し, 煽風機

▼ 絹商人~ (22, 0.5%)

3 だという 2 は話

1 [17件] が村, が顔, でございます, ではかなり, という, という奴, とか伊勢崎, とが差向い, とはあまり, とは同腹, とばかり信じ, と同腹, と振れ込み, の千三屋, の愛娘, も独言, をおどし

▼ 絹から~ (21, 0.5%)

2 聞かされました

1 [19件] いえば, こんな難題, みると, 借り出すの, 出切って, 初めるつもり, 千隆寺の, 呼ばれて, 壜を, 思いも, 拔け, 振舞われた覚え, 筆から, 聽いた, 腕を, 覗いて, 言いつけられた通り, 貰って, 遠く距

▼ 絹ひも~ (20, 0.5%)

2 で作った, のはじ, の縄ばしご

1 [14件] が通っ, でしばりあげられ, ですが, で造った, には三十センチごと, に三十センチおき, に二十センチごと, のなわ, のはし, のよう, の長, をつたわっ, をのばし, をへい

▼ 絹ハンカチ~ (17, 0.4%)

1 [17件] がある, である事, で首, で鼻, に書かれ, のもう, のやう, の一部, の弄び, の焼け, の燃えのこり, の色, は火, を出し, を巻いた, を摘み上げ, を灯

▼ 絹~ (17, 0.4%)

2 をつけ, をつけた, を着た

1 [11件] さえ着, とにあらずん, に目, のよう, の上, の感触, の裾, の音, をき, を上品, を着

▼ 絹ハンケチ~ (16, 0.4%)

3 を首

1 [13件] いつも加減, が商品, であるかの, で磨き始めた, で顔, といわず, に包んだ, のやう, や香水, を入れ, を彼女, を買っ, を頸

▼ 絹夜具~ (16, 0.4%)

4 の中

1 [12件] がばりばり, に入棺, に包まれ, に寝せ, の上, の肌ざわりを, の膚触り, の裾裏, はどうも, を出される, を取り出す, を引きかけ

▼ 絹~ (16, 0.4%)

3 のお

1 [13件] から伺いやした, が, がおいで, じゃあがあせん, て御, というお方, とそれから, とやらおっしゃいました, の美鬚髯, は遠大, も不憫, も半分位, をたよっ

▼ 絹には~ (15, 0.4%)

2 まだ息子, 堪ま

1 [11件] お小夜, たしかに世界, なんだか物足りない, ひとことも, まだほか, よく見透かされた, 不足が, 仁科林之助という, 出逢, 姉に, 若いもの

▼ 絹~ (15, 0.4%)

1 [15件] が惜し, に相違, のよう, のシューベルト, の下半身, の口吻, の声, の家, の指す, の歌, の眼, はもう一度, はツ, は三浦環, は漸く

▼ 絹行燈~ (15, 0.4%)

3 の光 2 の灯 1 がおぼろ, が一つ, のともし, の影, の有明, の火, の灯影, の蔭, は少し, を部屋

▼ 絹では~ (14, 0.3%)

3 ない, ないか 2 あるが 1 ありませんか, いかんな, それが, ないが, ない紡績, なかった

▼ 絹ずれ~ (13, 0.3%)

11 の音 1 が窓, のそよぎ

▼ 絹~ (12, 0.3%)

2 三輪の, 何か, 何かの 1 お君, なぐりて, なにかで, 精巧か, 調度の, 髪の毛か

▼ 絹靴下~ (12, 0.3%)

1 [12件] が暗示, が欲しかっ, って, できりっと, につつまれた, の穴, の蹠, も買っ, をはき, を三足, を穿いた, を襞

▼ 絹足袋~ (11, 0.3%)

1 [11件] に麻裏, の, のつま先, のまま土, の先, の底, の雪, の静, をはいた, を作つて, を輕

▼ 絹~ (10, 0.2%)

3 常の 1 常とて, 常にだけ, 常にも, 常は, 常も, 常らの, 絹君は

▼ 絹とは~ (10, 0.2%)

1 このごろ痛切に, この鎧櫃, 似合ひ, 何人ぞ, 前生が, 名ばかりの, 從兄妹同士十二の, 御飯を, 申分の, 西来院の

▼ 絹~ (10, 0.2%)

3 の傘 1 に致し, の丸行燈, の朱骨丸行燈, の洋傘, の繪行燈, の蝙蝠傘, の雪洞

▼ 絹でも~ (9, 0.2%)

1 こっそり買っ, なく芸娼院, 今日の, 引裂くよう, 張ったよう, 木でも, 皆んなこの, 織り好んで, 裂くよう

▼ 絹~ (9, 0.2%)

2 に黒く, の山脚 1 かぶせた電気スタンド, のかかった, の展望岩, の峰, を被

▼ 絹~ (9, 0.2%)

2 で刺繍 1 でかが, で木の葉, のごとくかすれゆき, のやう, のよう, の原料, を糾纒

▼ 絹との~ (8, 0.2%)

2 間の 1 一対づゝであつた, 事を, 接触点を, 話も, 間に, 間柄を

▼ 絹~ (8, 0.2%)

2 が彼, に理解, のあと 1 にはそれ, へこんな

▼ 絹手巾~ (8, 0.2%)

1 がもしゃもしゃ, でも捻らう, で包んだ, とをテーブル, にて滑らか, の刺繍, の刺繍これ, はその

▼ 絹~ (8, 0.2%)

1 につつまれた, に徹る, ひるが, も, ゆるがせ, を侍臣ども, を収め, を着せ

▼ 絹~ (8, 0.2%)

1 がほつれた, がサヤサヤ, にでもし, のし, の素袷, を張りこん, を板, を正札附

▼ 絹たち~ (7, 0.2%)

1 とはことに, のいんちき, の弟, の母, はあまり, は京阪地方, は単

▼ 絹ちゃん~ (7, 0.2%)

1 が今, が借り, が持っ, なんかにはこんな, は感心, より少し, を貴方

▼ 絹~ (7, 0.2%)

2 と木屋 1 と呉服屋ほんとう, と言った, の別宅, は呉服屋, へかたづいた

▼ 絹~ (7, 0.2%)

1 である, の奇妙, の小舟, の帯締, の白, の防水布, の韈

▼ 絹製品~ (7, 0.2%)

1 に対してドイツ, の製造, やレイス, や綿製品, や羅紗, をその, 及び葡萄酒

▼ 絹高帽~ (7, 0.2%)

1 とモウニング・コウト, と鳥, に鞭, の扱い, の置き場処, をどこ, を膝

▼ 絹といふ~ (6, 0.1%)

3 のは 1 のが, のを, 小娘は

▼ 絹としては~ (6, 0.1%)

1 ここへ, まだ見ぬ, 大放心, 早くあんな, 未練という, 生れて

▼ 絹~ (6, 0.1%)

1 包みかけて, 投つける, 描くこと, 數多く, 秋田蕗を, 蝶花を

▼ 絹セル~ (6, 0.1%)

3 の単 1 にざっくり, に至っ, や夏物柄

▼ 絹~ (6, 0.1%)

2 と一緒 1 で一度船, と連立っ, に別れ, は倫敦

▼ 絹~ (6, 0.1%)

2 工場の 1 の梭, 工が, 工場で, 業には

▼ 絹それ~ (5, 0.1%)

1 に芸子, に藝子, は小橋屋, は本, は本当に

▼ 絹はんけち~ (5, 0.1%)

2 を取出し 1 に黒眼鏡, を三角, を二枚

▼ 絹問屋~ (5, 0.1%)

2 の番頭 1 につとめ, の客間, の若旦那様

▼ 絹団扇~ (5, 0.1%)

1 があった, で傍, で顔, を出し, を軽く

▼ 絹摺れ~ (5, 0.1%)

4 の音 1 が戸

▼ 絹絞り~ (5, 0.1%)

2 の着物 1 が好き, の寝巻, 寝巻の

▼ 絹~ (5, 0.1%)

2 の様 1 の小紋, の腰紐, らしい扱帯

▼ 絹自身~ (5, 0.1%)

1 が目, はあまり, は飲まない, もきめ, もむろん

▼ 絹~ (5, 0.1%)

1 が無い, の出物, の男, を持っ, を趙太太

▼ 絹~ (4, 0.1%)

1 この絹, と思った, と見込み, よ眼

▼ 絹とが~ (4, 0.1%)

1 さしむかっ, 別に, 根本から, 面を

▼ 絹とも~ (4, 0.1%)

1 に取り用い, に女, 別れて, 麻とも

▼ 絹なり~ (4, 0.1%)

1 お君, どうさ, 吉次は, 紙なりの

▼ 絹にとっては~ (4, 0.1%)

1 いい迷惑, この音, 若様気分は, 面白くない

▼ 絹にも~ (4, 0.1%)

1 大体想像が, 木綿にも, 秘して, 話あり

▼ 絹よりも~ (4, 0.1%)

1 ずっと目, なめらかな, 支那出来の, 日本の

▼ 絹らしい~ (4, 0.1%)

1 のと, 布で, 打衣, 掛布団から

▼ 絹~ (4, 0.1%)

1 の前かけ, の肩掛, の足袋, の鼻緒

▼ 絹~ (4, 0.1%)

1 がある, の一杯詰つた, の膝掛, の被

▼ 絹~ (4, 0.1%)

2 にいきました, は大きい

▼ 絹蒲団~ (4, 0.1%)

1 というやつ, にもつかえた, の一ト組, を高々

▼ 絹行灯~ (4, 0.1%)

2 の灯 1 が点っ, に知らない

▼ 絹~ (4, 0.1%)

1 にけぶる, にけむりたつ, の縁側, を頭

▼ 絹ずくめ~ (3, 0.1%)

1 である, の同輩, の振袖

▼ 絹とを~ (3, 0.1%)

1 小脇に, 特別な, 舞台へ

▼ 絹びろう~ (3, 0.1%)

1 どで覆われた, どのさざ波, どの銀灰色

▼ 絹を以て~ (3, 0.1%)

1 すること, 代らした意, 包んで

▼ 絹一疋~ (3, 0.1%)

1 と釣り鐘, をもらった, を施した

▼ 絹外套~ (3, 0.1%)

1 を着, を着ず, を着せ

▼ 絹~ (3, 0.1%)

1 という従兄妹同士, の, の絵

▼ 絹帽子~ (3, 0.1%)

1 の光, を手, 乃至山高

▼ 絹~ (3, 0.1%)

1 で柔らか, のよう, の帳

▼ 絹~ (3, 0.1%)

1 に包んだ, に墨, に對

▼ 絹縮ふう~ (3, 0.1%)

3 の羅

▼ 絹襟巻~ (3, 0.1%)

2 の紳士 1 をまきつけ

▼ 絹~ (3, 0.1%)

1 が投げ出され, では私, を大切

▼ 絹~ (3, 0.1%)

1 のハンカチ, の名古屋帯, をトランク

▼ 絹あきん~ (2, 0.0%)

1 どといったふう, どとか申しやした

▼ 絹お松~ (2, 0.0%)

1 の一行, の部屋

▼ 絹ぐるみ~ (2, 0.0%)

1 であっはっはっ, で生活

▼ 絹~ (2, 0.0%)

1 なだ紐, やゑん豆

▼ 絹さま~ (2, 0.0%)

1 では, は少し

▼ 絹さんたち~ (2, 0.0%)

2 のいんちき

▼ 絹その他~ (2, 0.0%)

1 の財宝, を観

▼ 絹だけを~ (2, 0.0%)

1 助けるつもり, 助ける積り

▼ 絹とか~ (2, 0.0%)

1 綿と, 綿とかいう

▼ 絹なんぞは~ (2, 0.0%)

1 そんなに珍しく, 頭から

▼ 絹にとっても~ (2, 0.0%)

1 頼母しい, 食い足りない

▼ 絹にばかり~ (2, 0.0%)

1 描いてるわけ, 描き馴れた若い

▼ 絹のべ~ (2, 0.0%)

1 て絵の具, ールを

▼ 絹めく~ (2, 0.0%)

2 やさしい光沢

▼ 絹より~ (2, 0.0%)

1 うすい鉋屑, 更に優れ

▼ 絹よりは~ (2, 0.0%)

1 ほつそりして, 墨や

▼ 絹~ (2, 0.0%)

2 たの

▼ 絹キャリコ~ (2, 0.0%)

1 に対するよう, の小

▼ 絹ビロード~ (2, 0.0%)

1 の夜会服, の長椅子

▼ 絹ポプリン~ (2, 0.0%)

1 の, の重たい

▼ 絹一人~ (2, 0.0%)

1 の手, を一心に

▼ 絹一反~ (2, 0.0%)

1 あれば, がいっ

▼ 絹七反毛皮三枚五個五色~ (2, 0.0%)

2 の宝石

▼ 絹~ (2, 0.0%)

1 が好き, が来る

▼ 絹半巾~ (2, 0.0%)

1 を丸め, を鼻

▼ 絹寒冷紗硝子扉~ (2, 0.0%)

2 の外

▼ 絹川べり~ (2, 0.0%)

1 で鉄砲, にありました

▼ 絹巻きたる~ (2, 0.0%)

2 黒帽子を

▼ 絹巻線~ (2, 0.0%)

1 が気に入らない, を製作

▼ 絹~ (2, 0.0%)

1 に失笑, に眼

▼ 絹~ (2, 0.0%)

1 の類, を服し

▼ 絹~ (2, 0.0%)

1 の店頭, はそれ

▼ 絹~ (2, 0.0%)

1 の付いた, の垂れた

▼ 絹擦れ~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ 絹~ (2, 0.0%)

1 の並木, の緑蔭

▼ 絹様あなた~ (2, 0.0%)

1 のため, はちゃんと

▼ 絹~ (2, 0.0%)

1 の美鬚髯, も半分くら

▼ 絹~ (2, 0.0%)

2 も上手

▼ 絹~ (2, 0.0%)

1 の余光, の雨

▼ 絹縮み~ (2, 0.0%)

1 に唐人, の脊負上げ

▼ 絹袈裟~ (2, 0.0%)

1 の下, をかけ

▼ 絹~ (2, 0.0%)

1 ぐ眉に, の芋慈姑

▼ 絹裂く~ (2, 0.0%)

1 様な, 樣な

▼ 絹~ (2, 0.0%)

1 をした, をつけた

▼ 絹~ (2, 0.0%)

1 という美女, を見た

▼1* [291件]

あるいは金箔, 絹あんどん白りん, 絹あんどんがスーツ, 絹いずれあした逢っ, 絹いとのやう, 絹うち紐でしぼられ, 絹うらの半, 絹おまさにつづい, 絹お松米友の一行, 絹かけて紅, 絹がとぢこめ, 絹くつ下にも困らない, 絹これも一つ, 絹ごろもを召され, 絹さえぼんやりと, 絹さまあたりからびた公, 絹さんお前も恩怨, 絹さんお前さんの好きそう, 絹さんお前ラシャメンというもの, 絹さん娘のお, 絹さん宅へ來, 絹さん宿へ行っ, 絹さん昨日まで仕, 絹さん私はあなた, 絹しなやかに情, 絹しばらく竜之, 絹しぼりの帯締, 絹じゃないか, 絹すべり鏡台を, 絹ぼんの, 絹そちはラシャメン, 絹そっと裏から, 絹ためらいしが, 絹だけが乗り気に, 絹だけは間違ひもなく鋭い, 絹だったのです, 絹だの秦の, 絹ちぢみに宝づくし, 絹ちゃんチューインガムよ, 絹ってえいう, 絹づくめの, 絹づな銀のかざり鎖, 絹であったから音, 絹でありようはずは, 絹であるとかよい, 絹であろうはずは, 絹でさえよくわかっ, 絹でさえもその席, 絹ですとどんなにゆっくり, 絹ででも濾したかの, 絹でないことは, 絹でなければあの, 絹として納まらないこと, 絹とてもこの神尾, 絹とでお絹, 絹とめあはせられ, 絹と共に折重なって, 絹どうさ引, 絹どのどうして島田, 絹んです, 絹なしには芝居見物, 絹などが散らかって, 絹などと差が, 絹なるべくや声, 絹なんぞも私が, 絹なんぞを人生に, 絹にぞつこんでまるで, 絹にて冠婚葬祭の, 絹にでも手を, 絹にに包まれたもの, 絹によって難儀なるべき, 絹に対してあまり立派, 絹に対してだけはいまだ暴行, 絹のせゐだつたら自分の, 絹のねまきの, 絹のみだれ心, 絹はねまきには, 絹はんかちを, 絹あちゃ, 絹ばかりのも, 絹ばりの壁, 絹ふさがふっ, 絹ぶとん敷かせ, 絹べりを取た, 絹ほど好きな, 絹ぼんぼりの灯, 絹まじりの布, 絹または葡萄酒の, 絹までが勝負事に, 絹めいて黒い, 絹もさほどには驚かない, 絹もちろんお綾さん, 絹もっと飲ませろ, 絹もろともに釣瓶落し, 絹やら絵筆やらを, 絹をば悉皆使用, 絹をもお松をも, 絹を通しての最も有力, 絹シェードの光, 絹シャツだけの五十前後, 絹ゼノアやアランソン製, 絹トゥール製の炎模様, 絹ハンカチイフに唇辺, 絹ハンケチビルマ縮緬ベナレス金襴薄絹, 絹ハンケチ一個に対して何回, 絹パッチをニュッ, 絹フトンつきの寝台, 絹ブラウスを着, 絹ブラウズを縫わせた, 絹ボロとは, 絹マフラを巻きつけた, 絹リボンによって子供, 絹レエスで編んだ, 絹レースの服, 絹一つ鎧一領頸結うたる俵一つ, 絹一万疋を賞, 絹一匹を抱え, 絹一匹金一封を添えた, 絹一幅を寄せ, 絹一行について案内, 絹一重の裡, 絹一面にいろんな, 絹七反柴絹七反毛皮三枚五個五色の宝石, 絹七反毛皮三枚五つの五色, 絹七反紫絹七反毛皮三枚五つの五色, 絹七反紫絹七反毛皮三枚五個五色の宝石, 絹三百ヤールより耕地, 絹に存, 絹中心に丁子屋, 絹と侍中群要, 絹二反一反ずつわけ, 絹二子の赤大名, 絹二疋で二朱, 絹二百匹綿三百把米千五百俵の献上, 絹二足木綿三足飲料に適, 絹二重箱の茶器, 絹五十反売りつけを, 絹五疋羊兩頭田一頃を賞賜, 絹五百匹絹糸四百卷金鍬一萬挺下さると, 絹人絹麻木綿などを混用, 絹仕立らしい長い, 絹何とかして, 絹光沢を帯びた, 絹八寸五分に当たる, 絹八疋唐錦九尺紗一疋青摺衣二領鞋十足などもあげられ, 絹で掃, 絹切れを手, 絹十疋砂金一嚢酒一荷大鯛一台, 絹千匹を贈っ, 絹丈, 絹及び乾葡萄乾桃乾棗類また, 絹友禅絹トゥール製の炎模様, 絹取引の会所, 絹は未だ, 絹呉服の御用商, 絹商ドイツへゆく, 絹商人ひとりにある, 絹問屋左近右衛門と云う, 絹四百疋を布施, 絹在所より帰り, 絹坊お前は唱歌, 絹壁代などというもの, 絹夜具私にはもつたいない, 絹大島の羽織, 絹天鵝絨もて飾れる, 絹天鵝絨なんどにて張りたら, 絹太刀工芸品などを輸出, 絹太織浅黄小紋の単物, 絹姉さんを少し, 絹姉妹は一番運, 絹にでも取り, 絹寒冷紗その蔭, 絹寒冷紗其蔭の水仙, 絹小袖一枚でおいで, 絹屋九兵衛というもん, 絹工業が盛ん, 絹巻きの電線, 絹巻煙草の煙, 絹巻物で庫, 絹紅き天鵝絨, 絹帷子を調べ, 絹ニ手巾細, 絹座魚座材木座などの問屋経済, 絹引き干せるかも, 絹忠作はニッコリ, 絹或は木綿の, 絹をば, 絹手袋をはめた, 絹手袋パラソルのよう, 絹打紐で括り, 絹打紐その他銀塊薬種等も多く, 絹拭巾をかけ, 絹摩れの音, 絹摺れする響等によりて, 絹の音, 絹て計, 絹数巻黄金百枚それに加え, 絹服睫毛の長い黒い, 絹木綿は綾操, 絹でなされます, 絹林之助お里小女お君, 絹の興隆, 絹業者の破産, 絹様あなた様は末, 絹様わたくしでございます七兵衛, 絹模様入りの靴下, 絹殺しを表沙汰, 絹殿お絹殿, 絹毛織物の如何, 絹水晶の産地, 絹漉しの冷奴, 絹燈蚊帳の外, 絹片一つあっても, 絹玉顆を捧げ, 絹琵琶湖の鮮魚, 絹町錦町などには大きな, 絹を八枚, 絹皮革の産地チフリース, 絹眞田で爭, 絹真田で争う, 絹笠野岳等を一括, 絹笠高岩野岳と数え, 絹を合す, 絹等姉妹の父, 絹精縷の被風, 絹買えば, 絹の裳裾, 絹紙筆墨を費す, 絹細工のよう, 絹の半, 絹絹糸絹打紐その他銀塊薬種等も多く, 絹の縁飾, 絹綾之助の姉弟, 絹綾綿老いた女たち, 絹綿錢のあり, 絹を靡かす, 絹の綱, 絹織である結城紬こういう, 絹織機バァリーの考案, 絹羊毛をもつ, 絹羽二重は二つ割り, 絹羽織を着た, 絹能登羽二重という処, 絹臘虎の膝掛, 絹葡萄水晶の名産地, 絹蒲團を掛け, 絹蓋涼しげに一輛, 絹青く下り, 絹薄き黒の, 絹血潮の中, 絹行商人交通巡査の大, 絹表紙で本文, 絹を深々, 絹袈裟衣服などをだれ, 絹のま, 絹を許され, 絹被く眉に, 絹袷衣ねびのよそめを一人, 絹裂けば音, 絹製品広幅布綿製品等供給した工業者, 絹製品綿製品等に対して大きな, 絹覆いをし, 絹谷富士は富士, 絹谷村の絹谷富士, 絹買えば白き, 絹を確かめ, 絹辨天とも小町, 絹の輪, 絹金泥屏風などは一作, 絹錦襴縮緬並に美しい, 絹鍋俵庖刀鐘と心得童子, 絹鎧俵鐘五品を与えた, 絹鎧剣鐘等とあり, 絹長く面を, 絹長襦袢の袖, 絹防水の雨外套, 絹階級の特典, 絹のしなやか, 絹雑巾で朱銅, 絹を買っ, 絹靴下三〇〇〇足を輸入, 絹領巻を右手, 絹頭巾でもない, 絹頸飾りの琥珀, 絹類珊瑚珠宝石類西洋小間物米豆玉蜀黍といったよう, 絹風呂加減はどう, 絹飾り房の目ざましき, 絹をもっ, 絹香さんという二十一, 絹麻芭蕉布等さまざまである, 絹麻髪を綯いまぜ