青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「禮~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~神経 神経~ 神聖~ 神話~ 祭~ 祭り~ 禄~ 禅~ 禍~ 福~
禮~
秀~ ~秀吉 秀吉~ 秀子~ ~私 私~ ~私たち ~私達 ~秋 秋~

「禮~」 1235, 13ppm, 8594位

▼ 禮~ (383, 31.0%)

10 言ふ 9 して 8 した 7 言つた 6 受けて, 述べて 5 云つた 4 申します 3 する, 受くる, 申して, 言つ, 言ひ, 言ふよ

2 [24件] いつて, いつては, した後, します御免, すると, そのま, 云ふ, 交した, 加へ, 受けた寺, 常なら, 持つて, 施しつ, 申しあげて, 申て, 申上げ, 申上げたい, 申上げます, 致しました亦, 行ひ, 言つたは, 言つて外へ, 言は, 述べた

1 [262件] いたしたな, いたすの, いはれた, いはれた上, いひました, いひ幾度, いふぞ, いふと, いふので, いふわ, うけざりし者, うけざるが, うけしかど, うけそして, うけて, おばあさんの, お上げ, お受け, お怒り, お許し下さい, お詫びし, この子, さすとき, させて, された事, したいの, したり, した平次, してから, してと, しながら, しなきや, しなくても, します, しドア, すな, すませてから, すること, するぜ, するわ, するん, する彫刻家, すれば, せしめようと, せしめるん, とがめ佛天虚妄, とるといふ, どういふ風, なさぬもの, なし, なしたるとき, なしたるに, なせり, ひつれい質屋を, もう幾つ寢, もつて, やると, やるやう, 上げたけれど, 云うた時, 云うの, 云つたぢや, 云つてゐた, 云つてゐる, 云つて御, 云つて忽ち, 云つて手紙を, 云つて斷つたのだつたら, 云つて歸らう, 云つて直ぐ, 云つて部屋を, 云つて霧の, 云つて馬の, 云つて駐在所を, 云は, 云はう, 云はにや, 云はれ, 云ひます, 交す顏, 以つて結婚しなかつた, 以つて縁組せね, 仰つし, 作し, 働くにも, 兩氏よく, 冐した, 出すと, 出すといふ, 加ふる, 卒へ, 厚くし, 取り, 受く, 受けざりしも, 受けざる罪, 受けし後錢, 受けず信仰, 受けた, 受けたる吾人, 受けた樣, 受けに, 受けました, 受た, 叱咤する, 問はれた, 執るべく萬人環視, 天子に, 失して, 失しない程度, 失すると, 失するもの, 失するやう, 失つ, 失ふこと, 始め近い, 嫁にと, 学びたるかと, 學問的に, 守つてゐ, 守る主義, 定めたるを, 專門と, 引いて, 御取計らひ下されたく, 御海容下, 怒りしが, 怒りて, 思ひ浮べて, 拂はれた, 捨てる爲, 授くる, 授けた, 擧行した, 改めて助十郎, 敢て, 料理し, 斯く加, 施さ, 施した, 施した事, 施し友, 施し振り返りつ, 書くんぢ, 果すべく, 果たすと, 營ま, 營む日數幾何ぞ, 獻げた, 用ゐし, 申さずには, 申された, 申しあげなさい, 申しあげにね, 申しあげよう, 申した, 申したら好い, 申します人, 申し上げて, 申し上げました, 申す, 申すの, 申すやう, 申すよ, 申ます, 申述べ, 申遲れまし, 略さなかつた, 發見した, 盡くさ, 盡さなけれ, 盡さぬ, 盡す, 盡すの, 知らぬしれ者, 知らぬ空想, 立話しでし, 縛つて此方へ, 缺き, 缺くもので, 缺ぐ謂れも, 缺て, 致しつつ, 致してを, 致し候, 致し候得, 致すまじ, 芥川に, 行うた時, 行つたのである, 行は, 行はず, 行はむ, 行はれた, 行ひます, 行ふ, 行ふこ, 行ふなり, 表するに, 被仰, 見のがして, 見ますると, 見ること, 言いに, 言つたぢや, 言つていい, 言つては, 言つて佐吉を, 言つて傘を, 言つて再び, 言つて出, 言つて奉公人の, 言つて宜いか, 言つて小粒を, 言つて席に, 言つて急い, 言つて私達は, 言つて置い, 言つて行きました, 言つて表へ, 言つて貰ひたい位の, 言つて飛び出す, 言はれる, 言ひたい, 言ひたいと, 言ひたいほどの, 言ひたい程, 言ひました, 言ひます, 言ひ捨て, 言上にね, 許して, 詫び, 詫びて, 説いた, 諄々と, 諾け, 謝した, 責めざりしぞ, 責めながら, 貰つたのか, 貰つたのさ餘計な, 貰つたのだ, 貰つたらしい, 賣色女, 返した, 返したが, 返しました, 返す, 述べ, 述べその, 述べたり, 述べた後, 述べに, 述べる, 述べると, 述べ一晩ゆ, 遣つて, 重んじ禮, 陳べたりと, 陳べ女, 頂戴し

▼ 禮~ (186, 15.1%)

3 日に

2 [14件] やうな, 夜は, 宴に, 折の, 日を, 時に, 玉穗の, 甕栗の, 盤の, 若櫻, 衣裳を, 言葉も, 言葉を, 變化に

1 [155件] あつた, ある時分, ある神社, ことばを, しるしに, つもりで, つもりにや, つもりも, ときの, ないやう, はがきを, ひと言くらゐ, ほうは, むすめ, ものに, やうに, イエスス, 一たる, 一切を, 中に, 中の, 主義に, 九貢と, 九貢の, 事ありし, 事蹟は, 二人連れの, 云ひ, 五兩を, 人たちだ, 人で, 今始まる, 介添人の, 住んで, 作者たる, 兄弟が, 冠を, 出來ない, 出立ちで, 出雲屋さんと, 初喜, 前の, 及ばざる所, 品は, 喧しい國, 器である, 場より, 場面床に, 境内へ, 墓は, 夜に, 夜を, 如くいでたち洛陽三十三所, 如く兄弟, 如く出立ち洛陽, 始より, 姿と, 姿勢を, 季節である, 學問が, 宴を, 宴備へらる, 宴設くべし, 實現, 式に, 式を, 影が, 御挨拶, 意味では, 意富美, 意富美が, 我ま, 所作事である, 手を, 手續です, 振舞せし, 措之廟立之, 擧げた眼, 教へ, 方が, 方だ, 方は, 方を, 旅から, 日の, 日は, 日よ, 日限を, 時, 時ぐらゐのものでした, 時は, 時桐の, 晩に, 柝を, 桎梏を, 極だ, 歸途に, 死骸あれは, 死骸が, 死骸だ, 死骸を, 死體を, 水を, 水祝ひも, 沙汰も, 泣き濡れた姿, 無反省, 申上げ, 當日花嫁が, 盃の, 盃を, 目的に, 眼を, 研究に, 稱呼を, 筵にて, 節は, 精神から, 精神に, 繩を, 美くし, 翌日か, 翌日離縁に, 考工記には, 職方氏の, 職方氏は, 職方氏山海經などの, 肩先へ, 落入り, 薩長元老も, 行動にも, 行樂虎列拉避け, 衣裳と, 衣裳の, 解釋と, 言ひ, 言葉は, 話, 話を, 語でも, 誦み, 説明の, 變化といふ, 賦は, 部屋に, 鄭注には, 金を, 鐘は, 限りを, 雨を, 顏ばかりは, 風儀も, 風景を, 飮代くらゐ, 麻裃や

▼ 禮~ (92, 7.4%)

4 來た 3 御報捨 2 よりて, ビスケツトを, 對する, 於て

1 [77件] あたし今晩じゅう歌を, あたる, あの可愛らしい, かうある帝堯篇, すつかり夢中, といつて差上げ, まれびとの, まゐりました, やつた, ビスケツトとは, モロスに, 一番脛押と, 上がらなきア, 上げなくちや不可, 云ふ, 五兩出す, 仰せ下されて, 何を, 來る, 假裝したる, 傚つて身を, 出かけますよ, 出かけ到頭, 出た, 出たか, 出て, 出るとか, 出るん, 出る習慣, 勅語し, 參るであらう, 向つて謝意, 命じて, 坂井から, 大袈裟な, 實哀の, 對し, 少しの, 巧みな, 差し上げたいの, 御輿擔いだ, 復る, 投票する, 拍車を, 招かれしとき酒盡きし, 授けたこと, 深くあつた, 清水和助から, 産穢の, 男女七歳に, 當つたら, 當る, 眞劍勝負でも, 答へる, 繩を, 缺くる, 置いて, 背けりとて, 能く, 行くぜ, 行つた, 行つた時には, 見初めたとかいふ, 變ずるといふ, 貰つた, 貰つた八兩で, 贈つて, 送つて, 過ぎない, 適はずと, 適ふたものでした, 遵ふ, 鍵屋の, 開化した, 關する, 關係の, 馬から

▼ 禮~ (62, 5.0%)

10 ことを 4 事を 2 ことは, やうな, 奴だ, 調子である

1 [40件] ことだつた, ことで, ことであります, ことばかり, ことや, ところが, ところの, と云つた色, もので, ものでした, もんか, んです, 事が, 事な, 人間さへ, 仕打ち, 仕打は, 口を, 國書だ, 奴と, 奴ツ, 奴ツ岡つ, 嫌氣が, 所置振りも, 推量で, 擧動も, 用人の, 申入れです, 申状だ, 箇條も, 米國に, 行ひもしなかつたら, 言いようである, 言ひ, 言草では, 言葉が, 話かも, 語句と共に, 質問に, 顏を

▼ 禮~ (58, 4.7%)

1 [58件] あの通り胸, いたしますが, お受取, して, してないくら, するだらうな, どうぞ惡, どんなにでも, どんな事, なるまいとの, なんぼでも, アブラハムに, ツイ眼と, メールに, 一日一兩さ外に, 一軒, 世にも不思議, 主で, 久しく廢つて, 二人分ロミオの, 二千年後の, 二月の, 云は, 人道教示の, 今日から, 何時な, 先王之を, 兎も, 四五月頃と, 國所によりて, 奧州から, 存分に, 少し見, 平次と, 形式のみで, 御詠歌を, 必ず太一, 恰も折助, 成書の, 折助の, 支那風俗の, 斯く, 既に終つた, 早過ぎます, 未發, 本で, 板屋邸に, 淋しかつ, 漢書藝文志以前に, 申すに, 私が, 致します積り, 舊暦十月の, 要らないから, 見返り勝ちに, 貰は, 鈴ならし, 驚いた樣子

▼ 禮~ (48, 3.9%)

2 明日に, 氣の, 賣笑

1 [42件] あげられた, あつた, あつて, ありさ, いたしたいの, その誓願, たつた五兩, たんまり出る, とんだもの, なほざり, 不完全なる, 二分だ, 來ない, 出ないと, 古事記の, 古來尤, 多過よう, 始まつたといふ, 屋敷に, 成立つの, 明治二十二年に, 札を, 棕櫚にて, 歩いた家, 民間傳承, 濟ま, 濟んだ, 濟んで, 癪に, 百兩, 終ると, 聞いて, 行は, 言いたいよう, 誦む所の, 誦める, 讀むところ, 踊つて興を, 身性ことに, 遺つて, 順拜所の, 馬武といふ

▼ 禮~ (43, 3.5%)

1 [43件] て, てお, ておの, てお茶, てから死體, てこそ, てその, てゐました, てゐます, て一人參, て一本吸, て上げた, て其處, て出, て去り, て富之助, て屏風, て平次, て引, て感佩, て我, て本, て死體, て煙草, て片脇, て皆んな, て眼, て立ち去らう, て立つ, て續, て行き過ぎた, て見た, て身, て默, とおも, ながら, ながら若, 乍ら何時までも, 參らす, 夜は, 往來する, 母に, 車の

▼ 禮~ (30, 2.4%)

2 云ふ, 刑とは

1 [26件] いひまるで, お詫びを, がめを, その前, それ以外に, なつた, なりたり, みえな, みゆ, サヱルリ侯との, 三方に, 云つて是で, 云なり, 刑との, 姦夫杉本友之助の, 宗教的行事が, 念佛講と, 思ひまして, 恥辱足る, 申しちや何, 號し, 言つた, 言つて四十四五これは, 言て, 言へば, 馬車代とを

▼ 禮~ (27, 2.2%)

1 [27件] あつた, ある, いそ, いひ話しに, この涙, さすがに, そこ, またよく, 一段落に, 云はずに, 云ふ, 何もな, 何時の間にやら, 其次手に, 兼て, 出ないだらうと, 出來, 又是, 奪ふ, 差しあげられるの, 性欲に, 有つた, 濟んだ, 爲ず, 甚しき, 申上げなきや, 結局は

▼ 禮です~ (22, 1.8%)

62 がお

1 [14件] か親分, があなた, があの, があまり, がと前, が一寸, が僕, が此頃, が私, が貴下, けど此處, けれども持つべからざる, よ, わねえ

▼ 禮~ (21, 1.7%)

2 がまあ

1 [19件] からね, から氣, がまだ, がケムペル, が何處, が内儀さん, が初め, が旅人, が誰, けれどもお, けれど破屋, ぞ, つた事も, とお, とたちまち, とは思ひ, と思つて, と思ひ返した, と言つて

▼ 禮には~ (14, 1.1%)

1 [14件] あたりは, あらぬ男修行, お在さず, 及ばない, 手は, 明日早速, 是非なく, 當らぬ, 神輿を, 篤き, 絲目は, 絲目を, 縛られて, 驚いたが

▼ 禮~ (12, 1.0%)

2 あつた 1 あらう, おましたな, せう, せうけれど, せうし, ねぎと, 味を, 巳之, 解釋した, 近年に

▼ 禮として~ (12, 1.0%)

1 [12件] お藥代, これから龍宮城, これを, アガメムノーンに, ビールを, 旌表すべき, 海外へ, 眞正に, 種種の, 自國, 贈つて來, 錢差に

▼ 禮した~ (9, 0.7%)

1 お越, だけ眉, と彼自身, のである, のは, ばかり, ほどである, もんです, 艶かしい

▼ 禮する~ (9, 0.7%)

1 が, が早い, さまこそ, と云, のでした, のです, ものあり, よ, 熊が

▼ 禮ながら~ (9, 0.7%)

1 そんなあやしい, もう御, 何處で, 博士は, 呈上仕, 此う, 此の先客は, 諸君も, 貴方は

▼ 禮といふ~ (8, 0.6%)

1 ことあり, のが, ので, のは, ものです, ものを, 二人の, 時にな

▼ 禮~ (6, 0.5%)

1 けど何, まずと, 參詣人が, 呂覽に, 宮中むきの, 挨拶の

▼ 禮を以て~ (6, 0.5%)

1 し, し且つ, 之を, 天子に, 待てる伊藤侯, 淨化する

▼ 禮しました~ (5, 0.4%)

1 どうぞお腹立ち, な, ね, わね, 俥の

▼ 禮では~ (5, 0.4%)

1 あつた, あるが, あるまいと, なく市價的, 明かに

▼ 禮なる~ (5, 0.4%)

1 と怒, に對, を恕, 儀には, 言葉を

▼ 禮にも~ (5, 0.4%)

1 いろ, さながら一, 戰爭の, 神が, 葬式にも

▼ 禮しよう~ (4, 0.3%)

1 と思, と決心, ね, や

▼ 禮なき~ (4, 0.3%)

1 に因り, もので, 事は, 振舞ひ

▼ 禮~ (3, 0.2%)

1 へ云, へ爲, へ言つて

▼ 禮だけ~ (3, 0.2%)

1 して, ぢや, 述べて

▼ 禮である~ (3, 0.2%)

1 とされ, として解決, 同時に自分

▼ 禮とを~ (3, 0.2%)

1 書き殘, 見るならん, 間違へ

▼ 禮なし~ (3, 0.2%)

1 とや思ひ, と思ひ, と聞こしめし

▼ 禮即ち~ (3, 0.2%)

1 今の, 善良な, 詩經書經易經公羊傳穀梁傳左氏傳周禮儀禮禮記

▼ 禮問題~ (3, 0.2%)

1 といふ矢釜, に少から, に關

▼ 禮~ (2, 0.2%)

1 なるを, にも我が

▼ 禮したる~ (2, 0.2%)

1 はおも, 後瑞垣に

▼ 禮します~ (2, 0.2%)

1 と斷, 先生

▼ 禮だつた~ (2, 0.2%)

1 ことが, んです

▼ 禮だらう~ (2, 0.2%)

1 平次, 此處を

▼ 禮~ (2, 0.2%)

1 や, や御座いません

▼ 禮でも~ (2, 0.2%)

1 する, 働こうもの

▼ 禮とは~ (2, 0.2%)

1 何か, 言は

▼ 禮なれどい~ (2, 0.2%)

2

▼ 禮なんか~ (2, 0.2%)

1 して, 誰も

▼ 禮にや~ (2, 0.2%)

1 まだ十日, アき

▼ 禮みたい~ (2, 0.2%)

1 に峠, やない

▼ 禮もの~ (2, 0.2%)

1 とお, 厭ふべき

▼ 禮一つ~ (2, 0.2%)

1 おつ, せず默

▼ 禮奉公~ (2, 0.2%)

1 もすんだ, も濟

▼ 禮~ (2, 0.2%)

1 で言, な心配

▼ 禮~ (2, 0.2%)

1 に木札, に木板

▼ 禮頼ん~ (2, 0.2%)

2 で置いた

▼1* [93件]

いたしましたわ, 禮かしこの縁日, 禮かも知れぬが, 禮がるた考證, 禮くる常陸の, 禮ぐらゐおくにに頼まなくたつて, 禮さては京順禮江戸順禮など, 禮さんのこと, 禮してじぶんの, 禮しといきどほり, 禮しましよう, 禮し成るべく嚴格な, 禮すべし婆羅門が, 禮せずにはゐられない, 禮せられて我, 禮その他俗用の葉書三つ, 禮だけが本人の, 禮でありこれを, 禮でしたからお, 禮で御座いますが, 禮という奉仕の, 禮といふは衣裳に, 禮とか定まつ, 禮なお訊ねですが, 禮などそんな物, 禮などには恐ろしく奮みや, 禮などのことが, 禮などを貰ふと, 禮なりと云ふ, 禮なれど鼻紙, 禮なんかは要りませんあつし, 禮なんてそんなもの, 禮な思ひが何, 禮にってわけです, 禮にでも出かけます, 禮にといふよりその, 禮になつて出雲屋さんが, 禮にまで税を, 禮ひがんでなんか, 禮のみに限らずあらゆる, 禮はとゆへを, 禮行つてゐた, 禮ほんの物の, 禮やがわしは, 禮やらを今夜は, 禮より來りたる, 禮トセルニ反シ, 禮三流石に度胸, 禮不遜申しわけありませんが, 禮乞食僧侶或はまた癩病患者, 禮儀典三六牲理三書圖解男女初婚今俗人家女, 禮儀禮禮記論語孟子理學の十一門, 禮兄弟もそれぞれ出世, 禮別にそんなつもり, 禮無禮矣, 禮及び賀宴の, 禮及後漢書注引爾雅, 禮坂東順禮さては京順禮, 禮多き開化を, 禮多くして, 禮大人の詩経, 禮尋常に勝負, 禮廻りに來, 禮怠らずこれらの, 禮拜祈福するけれど, 禮斯くぞ營, 禮暴虐である, 禮大智次, 禮次小禮次大智, 禮正しくきちんとし, 禮正義には劉敞, 禮此便是沒理會處と言つて, 禮此處は一體何處, 禮母親ありや, 禮江戸順禮といふこと, 禮切る比禮, 禮海岸の景色, 禮海岸見物にゆく, 禮無きこと多, 禮雅といふ, 禮申し上げよとて輕, 禮禮記論語孟子理學の十一門, 禮はこんな, 禮終りて陣, 禮若くは官務的性質, 禮若しくは説文の, 禮衣裳に亂暴, 禮討ちにした, 禮詩春秋の學, 禮しやの, 禮道者村の娘, 禮野郎には, 禮振る比禮