青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「禅~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

神田~ 神社~ 神秘~ ~神経 神経~ 神聖~ 神話~ 祭~ 祭り~ 禄~
禅~
禍~ 福~ 禮~ 秀~ ~秀吉 秀吉~ 秀子~ ~私 私~ ~私たち

「禅~」 1032, 11ppm, 10085位

▼ 禅~ (170, 16.5%)

2 ひねくれた虚心坦懐, ような, 君も, 床に, 方で, 法を, 精神を, 門を

1 [154件] うしろには, おどろきと, お話を, ことなんかは, ことばで, こと公案の, さとりについて, つとめ, つとめと, つとめの, ところでは, はなしきびしい, ほうは, ほかに, ように, 一喝と, 一手であろう, 一案を, 一語実に, 世界だけの, 中の, 丹心も, 主張に, 五男北地王, 交わりに, 人である, 伝統を, 体得という, 余生は, 俗書に, 修業の, 修行も, 修行代りで, 修行代りにと, 個性主義が, 傑僧白隠, 傾向に対する, 儀式こそは, 儀式の, 力を, 勤めの, 即今に, 友であった, 古つ, 味境の, 問答みたいだ, 問答みたいな, 問答を, 問答持っ, 図などを, 土地でも, 坊さまと, 坊さんみたいで, 場合でも, 境地を, 大小五百余艘は, 大意を, 天人の, 奏聞に, 如く黙然と, 始祖迦葉は, 姿を, 姿勢で, 姿勢を, 宗旨を, 宗門では, 宗門の, 実修, 客を, 工風でも, 工風に, 師疎, 幅を, 床は, 建前な, 形で, 心を, 心境などからは, 心得とか, 心得なき, 心理学的研究において, 怯えられたこと, 悟りに, 悟りの, 悟道に, 意義が, 憂いに, 教理は, 教義とに関して, 教義を, 教養に, 文句なんて, 方へ, 末孫たちの, 本で, 本に, 本を, 本領である, 東洋思想に対する, 機鋒は, 機鋒を以て, 流行にも, 流行に対しては, 深い影響, 特色として, 王太子たるべき, 生死超脱の, 生活, 生活と, 皇后として, 相である, 相識であった, 眼が, 研究を, 研鑽など, 考えから, 考え方が, 考え方では, 船へ, 船上では, 袂に, 要諦経世の, 親政と, 言葉かな, 言葉が, 言葉では, 言葉に, 話で, 話は, 話も, 話諸国の, 認識を, 語録の, 講話という, 講話を, 講釈などを, 賢慮を, 質が, 軍が, 軍で, 軍は, 軍を, 輔佐と, 造詣が, 道は, 道極まりの, 開祖道元禅師が, 関係を, 闇弱楊儀の, 頓悟でも, 類では, 飛躍が, 馬術母衣流し, 高僧などと

▼ 禅~ (127, 12.3%)

5 がある 2 があり, のよう, の坊さん, をさして

1 [114件] から実は, から帰っ, から日光, から来られた, から足尾, か何, があつ, が二つ, だつた, だと, だといった, であって, であの, できたえられた, でございます, でちと, ではからずも, では夏, では食事, では鹿, でもない, でユックリ, で休憩, で杉田氏, で私一人, と両方, と湯元, と禅僧, と隣地, などが官吏道場, にいる, において土地, にしたらしく, にはいっ, にも幾日, に出入り, に向っ, に壮, に大, に暦応, に来, に法然上人, に禅, に移され, に籠った, に置い, に葬らせた, に行きました, に詣, に逗留, に避難, の下宿人, の主, の乾分, の住職, の修行, の八丁平, の公案, の内, の和尚さん, の坊ちやん, の堂宇, の墓地, の奥, の守ところ, の宿屋, の山, の常法堂, の幽凄, の床, の方, の曲り角, の本堂, の杉, の村, の柴燈堂, の法然上人, の湖, の湖水, の湖畔, の湖船禅定, の石だたみ, の秋, の筍, の義仲廟, の若い, の走り大黒, の避暑地, の鐘, の門, はいう, は四千フィート, は女人禁制, は関東一, へたずね, へでかけ, へはいつ, へひっこん, へ二時半近く, へ五十人, へ向う, へ坐禅, へ寄っ, へ寄託, へ留め, へ預けられた, まで行った, もこの, をたて, を仮, を建て, を教え, を興した, を見

▼ 禅坊主~ (65, 6.3%)

2 のよう, の寝言

1 [61件] かなんぞのよう, からふと, か修道院生徒, がからから, がする, がゐた, が大, が来た, が発明, が隻手, くさくなる, だ, だけ寄り, だった, だね, だの悟った, というもの, としての私, として完全, と山伏てい, と性, と来, などにならね, などは働き, なの, ならとるにも, にでも食べさす, にはなりきれない, にはふさぎ, に一喝, のそれ, のやう, のわる意地, の修業, の問答, の喝, の奥の手, の威風, の悟り, の方式, の癖, の碁, の私, はあまり, はまるで, はクッタク, は変, は家畜, は度たび, は振向いた, は本, は自分, みたよう, めいた精悍, も, やサムライ, や徳川時代, らしい, らしくも, を憐れむ, 見たいな

▼ 禅~ (49, 4.7%)

2 やって

1 [47件] お学び, くまねば, さずかったなどという, すこしやった, する書, なさるなら人中, なされ生きた禅, めぐッ, やってきた, やらなきゃいかん, やるとか, やるの, やる人々, やる気に, ようやく立てた, 一言し, 中国人の, 会笑し合っ, 修しけるが, 修めた人, 修め詩を, 修行する, 名づけて, 哲学的に, 大将として, 始めて, 学ぶも, 学ぶもの, 学んでも, 定義し, 心得て, 拝し, 教えて, 活かし得なかった, 皇帝の, 研究する, 習ったと, 行ずるは, 行なう人, 見失う危険, 覚了すれば, 説いたもの, 説くの, 談じ, 談じた, 講じて, 都に

▼ 禅~ (47, 4.6%)

2 を持っ, を提げ

1 [43件] がかれ, がブン, が力, が右, が折れる, が輪, さながら波間, その戒刀, だったの, できょう, でなくては, と戒刀, にわたりあった, にサッと, に見せ, に風, はにぶり, へ手, もあきらか, をあげ, をうけかね, をかかえ, をくらっ, をこわき, をつきつけ, をつっ立て, をひっかか, をひっ抱え, をふっ, をふりあげ, をふりかざし, をふりかぶっ, をふりかまえた, をふりまわし, をもち直し, を上げ, を床, を持ちかえ, を振りあげた, を振るい, を掻い込み, を揮, を足蹴

▼ 禅~ (44, 4.3%)

2 この性格, これを

1 [40件] いよいよ怖, このよう, この頃, すぐ, すぐ洛中, たれに, まだ幼年, ゆえに活禅, 一休に, 一派の, 主張する, 仏教の, 何らの, 余りに貴族的, 参議成頼卿の, 城を, 孔明が, 学ぶべからず, 宗派では, 宮門を, 心がけて, 心を, 思想上の, 断じて徒労禅, 梵語の, 正統の, 武士の, 流行し, 物に, 甚だ英邁, 登位以来すでに, 眼に, 禅技は, 私の, 自ら青年と, 茶味禅味だ, 表を, 西宮に, 説く, 驚くべき迅速

▼ 禅~ (40, 3.9%)

2 入って, 心を

1 [36件] こって, して, なったかも, なり遊戯, むかって, 上す, 与うるの, 人生の, 入ったの, 入つた人, 入るなど, 凝った事, 凝ってるの, 参じる, 参ずるもの, 参ずる居士, 参入し, 叩くこと, 奏して, 帰依し, 御心, 徹して, 志して, 敬服する, 沈潜した, 注意を, 満足出来る, 潜心し, 結びつけること, 結び付けられた場合, 脱して, 謁し, 近いと, 通じるし, 酒に, 開城を

▼ 禅~ (25, 2.4%)

2 である

1 [23件] ある独仙君, から発足, があっ, が生き, です, とでもいう, と名づけた, などから一転, において時宗, に充ち充ちた, に富む, に通じ, に達する, の存する, の鋭さ, を, をあじわっ, を取り入れ, を帯びてむずかしくなるしだいだが, を語つて, を説い, を賞し, を還俗

▼ 禅~ (18, 1.7%)

1 [18件] いつか文字禅理論禅に, ここで, ここまで, なくいわんや, またついに, また魏, 住吉岡本の, 何も, 同じじゃ, 同じと, 名残りを, 声を, 必要と, 念仏も, 浅草の, 皇后も, 真宗も, 覚悟も

▼ 禅~ (17, 1.6%)

2

1 [15件] がある, だの地理, で, にて即興, にはかなり沢山, にも, に接すべく, に耳, に鉄牛面, のうち, の情解的智識, めくが, を仮, を借り, を借りれ

▼ 禅~ (15, 1.5%)

1 [15件] では毎, という山法師, とは最も, に一人, のそ, のよう, の事, の仏壇, の日時計, の朝, の競い, の雰囲気, は他, は鎌倉, を訪ね

▼ 禅~ (14, 1.4%)

1 [14件] ある, ものを, よく帝たる, 割合に, 彼を, 文字に, 日本へ, 暗愚で, 根底に, 植えたという, 知に, 老子や, 考えられるよう, 随分処々

▼ 禅坊さん~ (12, 1.2%)

2 の所謂大 1 が一人, だけは世間, などにも自分等, なんてもの, には時に, の外国行, の如何, の尤も歓迎, の所, は皆箭

▼ 禅~ (11, 1.1%)

1 [11件] でさけん, で支那, にはいった, に住い, に身, の一室, の一室夜, の一間, の奥, は出家, は刀槍

▼ 禅~ (11, 1.1%)

2 の方, は錦木 1 が又, だつた事, と云, に遇, は寧, は急, は玉屋

▼ 禅~ (10, 1.0%)

2 云うもの 1 いったり, いへば, 丹道とは, 兵学に, 号した, 封建初期の, 彼との, 禅との

▼ 禅一致~ (9, 0.9%)

3 の妙諦 21 だな, ということ, と申す, の妙境

▼ 禅~ (9, 0.9%)

2 は道教 1 がその, とに対する興味, と同じく, の妙機, の将来, を唱, を謂

▼ 禅~ (8, 0.8%)

1 いうところ, いう隻手, いためつけられて, できますかと, できるという, 悟を, 苦労した, 行って

▼ 禅~ (8, 0.8%)

1 からいわゆる, に目, の中, の文字, は見, もある, を散らした, を読んだ

▼ 禅~ (7, 0.7%)

1 とを説き, の床, の行, の黙想, は仏法, は諸行, をもっ

▼ 禅~ (7, 0.7%)

1 が容易, され山神, しなかったこと, する人達, の耐え難い, を果した, を遂げ

▼ 禅では~ (6, 0.6%)

1 ありながら, なかつた, なく野狐禅, 恐がったり, 殺すこと, 繋驢

▼ 禅~ (6, 0.6%)

1 ほかの, 一般に, 地獄禅も, 止観などに, 真言それから, 達磨を

▼ 禅~ (6, 0.6%)

1 とは在俗中, の御, はおとなしい, は五百余宇, を出, 御懇親

▼ 禅~ (6, 0.6%)

1 が安心立命, が手紙, が馬, という, の四人, は教唆

▼ 禅から~ (5, 0.5%)

1 出ずに, 出たもの, 天台真言と, 学んで, 精神を

▼ 禅には~ (5, 0.5%)

1 ないの, 何らの, 全く失望, 珍らしく, 禅の

▼ 禅~ (5, 0.5%)

1 で失った, にあっ, にいた, にいる, の衆寮

▼ 禅~ (5, 0.5%)

1 から花輪, がまだ, などの花輪, の花輪, を中心

▼ 禅~ (5, 0.5%)

1 な, な仮説, な心境, な約束以上, にいえ

▼ 禅という~ (4, 0.4%)

2 ものは 1 のを, ものの

▼ 禅~ (4, 0.4%)

1 の大事, をお, 授くるなり, 朕は

▼ 禅一味~ (4, 0.4%)

1 などということ, など説かれる, の妙境, を主題

▼ 禅~ (4, 0.4%)

1 で修行中, と師, の真ん中, へ引き退がった

▼ 禅智内供~ (4, 0.4%)

1 とか申す, のため, の鼻, は蔀

▼ 禅~ (4, 0.4%)

1 で世, の姿勢, の深く正しい, を積む

▼ 禅~ (3, 0.3%)

1 徒労禅か, 有か, 法華か

▼ 禅との~ (3, 0.3%)

1 たたかいを, 一道に, 関係は

▼ 禅とは~ (3, 0.3%)

1 別問題, 大悟の, 所詮べつ

▼ 禅などに~ (3, 0.3%)

2 それぞれ分け 1 参入した

▼ 禅について~ (3, 0.3%)

2 門外漢である 1 語ること

▼ 禅のぜの~ (3, 0.3%)

3 字も

▼ 禅~ (3, 0.3%)

1 こう奏した, ささげた表, 勝ち軍のも

▼ 禅~ (3, 0.3%)

1 という冊文, という大典, の意

▼ 禅三昧~ (3, 0.3%)

1 に俗塵, に入りました, を観じた

▼ 禅~ (3, 0.3%)

1 戸外では, 戸外歩心両道を, 是石苔痕

▼ 禅~ (3, 0.3%)

1 の奥, の裏, は栖賢寺

▼ 禅~ (3, 0.3%)

1 にも適う, に適う, を内

▼ 禅房胤栄~ (3, 0.3%)

1 という人, という先代, は小柳

▼ 禅童女~ (3, 0.3%)

2 である 1 の法諡

▼ 禅~ (3, 0.3%)

1 かどう, の悪辣, を興し

▼ 禅である~ (2, 0.2%)

1 ということ, と生涯歎称

▼ 禅でも~ (2, 0.2%)

1 いたすか, やろう

▼ 禅とか~ (2, 0.2%)

1 仏とか, 風雅という

▼ 禅とを~ (2, 0.2%)

1 一つに, 六冊送つ

▼ 禅によって~ (2, 0.2%)

1 それが, 人生の

▼ 禅に対する~ (2, 0.2%)

1 断案で, 貢献を

▼ 禅みたい~ (2, 0.2%)

1 ですね, なあほらしい

▼ 禅~ (2, 0.2%)

1 の家来, の西国勢

▼ 禅修行~ (2, 0.2%)

1 じゃあるめえし, の一部

▼ 禅~ (2, 0.2%)

1 という者, はそれ

▼ 禅勝房~ (2, 0.2%)

1 という聖, は天台宗

▼ 禅~ (2, 0.2%)

1 が役者, の一喝

▼ 禅寺馬場~ (2, 0.2%)

1 で大時代, の大石

▼ 禅必ズシモ山水~ (2, 0.2%)

2 ヲ須ズ

▼ 禅~ (2, 0.2%)

1 ともいうべくや, に着する

▼ 禅~ (2, 0.2%)

2 に倚

▼ 禅~ (2, 0.2%)

1 の七絶, の歎

▼ 禅~ (2, 0.2%)

1 とかいうもの, を学び

▼ 禅浄一如~ (2, 0.2%)

2 の至極境

▼ 禅~ (2, 0.2%)

1 といったよう, などに遊ん

▼ 禅~ (2, 0.2%)

1 というもの, とも申す

▼ 禅相国~ (2, 0.2%)

2 両大寺

▼ 禅童子~ (2, 0.2%)

1 が是, である

▼ 禅竺近日此方~ (2, 0.2%)

2 ヘ来

▼ 禅~ (2, 0.2%)

1 で自身, の句

▼ 禅赤松円心ら~ (2, 0.2%)

1 の四国, の手勢

▼ 禅長寺~ (2, 0.2%)

2 に身

▼ 禅関策進~ (2, 0.2%)

1 というよう, を読む

▼ 禅閤兼良~ (2, 0.2%)

1 に書い, は曠世

▼ 禅~ (2, 0.2%)

2 が如水

▼1* [131件]

花習字そっちの, 禅からのみ来て, 禅するにし, 禅地獄禅だ, 禅だの心法だ, 禅であり思索であり, 禅でなければなるまい, 禅とこそ呼ぶの, 禅としか聞えないよう, 禅なし心細いでは, 禅などかねがね今日, 禅などが多少は, 禅などと話しかけられると, 禅などにも心を, 禅などの影響も, 禅などもそれより, 禅なんかだと, 禅においては一休和尚, 禅においても然り, 禅にのみ傾倒した, 禅にもその日, 禅により胆を, 禅に対して報恩底の, 禅に関する本を, 禅へも心を, 禅ぽいいいまわしで, 禅めいたところが, 禅より入って, 禅られたという例, 禅り給うて天命, 禅ろうというとき, 禅をめぐってかなり顕著, 禅を通じて道教の, 禅ニ安ンジテ毒竜ヲ制スの概, 禅会スヤ, 禅一致悟道だ悟道, 禅はこんな, 禅以下国を挙げ, 禅以下文武百官喪服して, 禅以外にもいろいろ, 禅修行者が会合, 禅光尼六代家宣七代家継九代家重十二代家慶十四代家茂などであっ, 禅を木兎引, 禅は最早, 禅吉ぢや, 禅の詔書, 禅坊三百余宇とある, 禅坊主さんの幾許, 禅坊主みたいな太っ腹, 禅坊同道相伺い御礼, 禅坐する時彼の, 禅がある, 禅天魔真言亡国律国賊とは彼, 禅の味通, 禅の常談, 禅は公嗣, 禅の丈艸, 禅寺あたりで修養, 禅寺の前を通りまし, 禅寺ヶ淵へ落雷, 禅寺ヶ淵辺りへピシーリ, 禅寺五寺計十六寺, 禅寺前の間道, 禅寺客殿に至ル, 禅寺宮と称せられた, 禅寺柿に刃, 禅寺男子禁制の尼寺, 禅居士と若い, 禅帝時代の世の中, 禅の休止, 禅の礼茶, 禅弟子として鞍鐙, 禅律八宗の沙門, 禅徒らの執行, 禅忠師の責任, 禅恵法印の記した, 禅はこの, 禅の諸氏, 禅房権少僧都, 禅房法印胤栄と申し, 禅房直伝じゃ, 禅房胤栄どのが耄碌, 禅房限りで表面, 禅は技, 禅教尼という文字, 禅の代表作, 禅智寺に宿せし, 禅と号し, 禅曹洞諸宗の信徒, 禅月国狭霧尊の化生, 禅もしくは繍箔, 禅というの, 禅機それによる変, 禅機われの信ずる, 禅機腐敗して, 禅がない, 禅法印の常, 禅法師胤栄の槍, 禅法門では寂定, 禅波羅密般若波羅密の自然, 禅ふかくかくれ, 禅無我の切, 禅理論禅になり, 禅生死の道, 禅におけるその間, 禅的ユニテイの味識, 禅的気分に富んだ, 禅的生活俳句生活は此, 禅皇帝の左, 禅真言天台と仏教, 禅と八宗, 禅には見当らぬ, 禅経験のある, 禅をむすぶ, 禅を授かっ, 禅と異なる, 禅臭紛紛として鼻向け, 禅をなし, 禅茶儒学兵治武士訓などの日常, 禅に参じ, 禅行修道せんと, 禅の暇, 禅赤松円心則村の二将, 禅ヲ厳リ, 禅斗と, 禅院宗仙寺へ御, 禅院生活を尊氏, 禅院追懐は如浄, 禅風みな愚堂の法系, 禅風練達の英僧, 禅も愚