青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「絵画~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

結論~ ~給 給~ 給仕~ 統~ ~統一 統一~ 統制~ ~絵 絵~
絵画~
絶~ ~絶え 絶え~ ~絶えず 絶えず~ ~絶対 絶対~ ~絶望 絶望~ ~絹

「絵画~」 1250, 14ppm, 8207位

▼ 絵画~ (253, 20.2%)

4 ような, 技法は, 話を 3 ように, 組織を

2 [24件] なかに, 上より, 不安を, 世界では, 中に, 価値に, 価格表を, 信用ある, 写生に, 写生にのみ, 前に, 号数に, 技を以て, 技法の, 方で, 方に, 方を, 本質と, 様式は, 様式を, 点で, 美を, 輪郭ばかりを, 道位その

1 [187件] あるもの, ある派, きものが, ことにかけては, ことばかりは, ことや, ことを, ごとく神, ごとく純, その答, どのよう, はなしなどは, ほうへ, ほかに, ま, まねなどを, まわりの, もつ重要, やうに, ようだ, エスプリという, ニスとの, リプロダクションを, 一ツの, 一ツ一ツを, 一分派だ, 一大派は, 一葉であった, 三門にわたって, 上で, 上では, 上に, 上には, 世を, 世界だけ, 世界で, 世界と, 世界との, 世界に, 世界市場で, 両極性, 中では, 主張を, 主義や, 主題題材の, 仕事は, 任務は, 伝統とは, 作者たちは, 価値といふ, 価値を, 修業を, 偽作が, 優秀な, 優雅な, 先生から, 全価値, 内容に, 写実と, 写生を, 出来る人, 分野では, 創作と, 危機と, 危機の, 古今に, 名匠の, 品評にまで, 問題に, 問題も, 場合も, 大作で, 大革命, 天分が, 天地に, 太い線描, 夫とは, 如き幻想, 如く, 妙工も, 学生が, 展覧会を, 市場にも, 常識とも, 年々進歩する, 広野は, 形式に, 形式や, 影絵でも, 影響の, 性質は, 我邦に, 或る, 手法と, 手法も, 批評は, 技法が, 技法に, 技法における, 技法上の, 技術だけ, 持つ色彩, 指導を, 描線も, 数々ある, 数少なくかつ, 新しい門, 新生の, 方により, 方向に, 方法をと, 方法上の, 方面から, 方面では, 方面に, 本に, 本場の, 本来の, 本質とは, 本質問題は, 果し得る一つ, 極は, 構図と, 構成は, 構造より, 標的は, 歴史と, 歴史に, 歴史は, 沈着き, 法則として, 流れを, 現し得る以外, 理解も, 生命と, 画面の, 目的でない, 真の, 真実である, 真実と, 知識をも, 研究に, 研究の, 社会的方面においては, 素材を, 素養あり, 組織が, 組織と, 組織は, 絶対の, 絶頂である, 縮図であり, 美しさ, 美的要素を, 老大家が, 背後に, 色, 色彩に, 花が, 芸術至上性が, 蒐集を, 行き方, 複製術として, 観賞の, 観賞者でも, 評論三巻を, 試みも, 調子の, 趣旨と, 足は, 進歩方向その他一切の, 過食と, 道許りでなく, 部だけ, 鑑賞に, 鑑賞には, 長所であり, 陳列や, 集会などでは, 面より, 領域で, 領域でない, 領域では, 領域に, 題材である, 類は, 類悉く

▼ 絵画~ (97, 7.8%)

7 である 3 であった, です, なもの, な効果 2 ということ, な場所, な描写, な美し

1 [70件] だ, で, であったろう, であり趣向, であると, である以上, でさ, です千古, でなく理念, で且つ, で毎朝, といっ, といった風, といわれる, とかの歌, と云われる, なまでに, なやり方, なるは, なるもの, なる実例, なる者, な中世紀的, な僻陬, な印象, な叙景文, な周囲, な四, な定着, な山, な工芸美, な建築, な建造物, な感覚, な日本人, な景色, な無, な理解, な画家, な細部描写, な美, な美しい, な舞台, な舟, な色彩, な転換期, な錦繍調, な集団, な風景, にあたり, にする, にはお, に会得, に具象化, に出せる, に叙述, に少し, に巧み, に明暗, に理屈抜き, に純粋, に表現, に見える, に非常, のイメージ, の姿, の描写, の服装, もしくは造型美術的, 又は装飾的芸術

▼ 絵画~ (89, 7.1%)

5 もって 2 つくらしめた, なす然, 学ぶこと, 引きは, 批評する, 熱愛した

1 [72件] いやしめたる諷刺, かくの, さがし私, そのままに, ひろい上げそれ, へこまそうと, みて, モノした, 一ツ一ツに, 下落させた, 作り, 便道として, 修めようと, 出品したら, 分ったまで, 印刷した, 取り去ったら何, 同時代, 善くした, 塗りたてて, 多少増加, 大切に, 失って, 好む往々, 存続させ, 学びイタリア, 店頭に, 恋人として, 恐しいもの, 批評了解せん, 披くに似, 探って, 描き得る人, 描き電光, 支配する, 散じほうむって, 映し出す影絵, 最も簡単, 構成する, 熱愛する, 理解し, 生かし力づけて, 生み上, 生み出した日本人, 盗まれたの, 目指して, 真剣に, 眺めて, 眺めるよう, 稽古させた, 純粋な, 経て, 罵倒した, 習い出したので, 習わせた, 自ら描かない, 見せて, 見ただけ, 見た蛮人, 見ること, 見るのに, 見出したの, 見音楽, 観に, 観念化せしめた, 論ずる場合, 謳歌する, 越えた野心, 輝かしめるもの, 過去の, 陰刻する, 高く壁

▼ 絵画~ (80, 6.4%)

6 於て 2 しても, なると, 依って, 於ける空間, 現わし

1 [64件] あること, ある大胆, おけると, かりて, して, せよ文学, なったり, まさる, よくある, よりて, シェイクスピアが, 三日月が, 伸ばさしめば, 似て, 使う人, 傑作と, 到るまで, 力強さ, 午前八時の, 導入し, 就いて, 属すること, 建築に, 彫刻に, 彼女は, 御興, 心づかず消印, 心を, 必要な, 扱は, 据ゑてゐた, 接しそして, 接するには, 描きて, 於けるトオン, 於ける文学性, 於ける栖鳳, 於ける色彩派, 於ける額縁, 於てさ, 於ても, 於る如く, 映画に, 書に, 物の, 現したり, 現われては, 移ったから, 精進し, 絵画本来の, 見るよう, 触れると, 認めた, 谷文晁和歌に, 起り十八世紀, 趣味の, 近きもの, 過ぎない, 過ぎないの, 遠近法だの, 関係少き, 関心は, 関心を, 陰影を

▼ 絵画~ (79, 6.3%)

2 その画面, ついあと, 余かつて

1 [73件] あくまで絵画, おもにこの, かくありたい, かれを, この, この世界, この太陽, すでにここ, すなわち仏画, その対象, その色彩, それだけに世界的, ついに微妙, とうの, ともかくも, どうであろう, ないと, はじめ跡見玉枝女史に, またなくすばらしい, ややも, ナカナカ好きな, ポスター絵画として, レンズと, 一タッチ一タッチ自分の, 主として感覚中心, 五十呎乃至百呎の, 人間と, 仕上がり人, 仕上がるの, 俳句と, 個人的な, 全く自然, 凡て前に, 到る所, 千差万別の, 単なる色彩, 単に鑑賞, 墨朱等の, 大体において, 大勢の, 存在せず, 常にそういう, 当時まだ, 形態を, 彼の, 我を, 文学よりも, 日本の, 日本人にとっては, 最も興, 煉瓦建の, 用意され, 画家によってしか, 確かに, 確実なる, 秋の, 稍, 立派な, 純粋に, 終に微妙, 絵画それ自身の, 絵画で, 線や, 背景であり, 自分の, 衰弱と, 装飾品では, 見る人, 視覚上の, 議論を, 資本主義の, 赤, 造型美術である

▼ 絵画~ (61, 4.9%)

2 普及し

1 [59件] あると, あるの, うつる, お好き, かかって, かくの, こういう傾向, すくなからず, そこに, その形, なぜ下品, ひたされて, ひどく売れなくなった, ピカソの, 一つ火鉢の, 中堅と, 人間の, 伝統から, 何と僕達, 何を, 侵入し, 写実から, 出て, 動き出したの, 動くよう, 十万金など, 多い現在, 多すぎる, 好きだ, 室内的玩弄品として, 容易く説明, 平民の, 幾束と, 彼の, 必ずしも同様, 思索的過程に, 悟りの, 成立します, 或る, 描かれはじめて, 描け能筆, 文学より, 更に自由, 洋画の, 湧出した, 源吉の, 珍奇に, 現代生活を, 現場から, 真の, 眺められる, 科学的複製技術の, 立派に, 線と, 美しいという, 色や, 衰弱し切った, 進歩し, 銀粒子の

▼ 絵画~ (42, 3.4%)

2 俳句では, 彫刻に, 彫刻の, 彫刻や

1 [34件] その他いろいろな, それに, よい物語, オペラ座の, フランス十八世紀の, 仏像などを, 作曲を, 古い版画, 奇怪な, 小説や, 工芸は, 建築の, 彫刻では, 彫刻にも, 彫刻によって, 彫刻やは, 彫刻を, 彫刻を以て, 彫刻演劇や, 後の, 情趣を, 文字或, 文学の, 書の, 模様らしき, 模様物で, 舞台では, 詩の, 詩歌などにおいて, 金箔の, 静かな, 音楽では, 音楽を, 風景や

▼ 絵画~ (38, 3.0%)

2 なし得べきもの, なし得べき者, 同じ, 小説は, 彫刻の

1 [28件] その作者, その写真的複製, その地質, それぞれの, ちがって, 一本の, 云うべきでした, 云うもの, 写真との, 同じく空間的, 同じ行き方, 彫刻小説と, 数学との, 木彫と, 甚だ似通った, 生活とが, 皆揃いの, 禅味との, 私の, 称すべき絵画, 置物と, 脈絡通ずる, 言わず工芸, 詩との, 関係の, 雖も, 非常に, 音楽の

▼ 絵画彫刻~ (24, 1.9%)

2 の類

1 [22件] でいうなら, でございまして, でも音楽舞踊, というよう, となる, なぞいう, などがその, などの観照, に亘っ, のごとく, の一例, の伝説的主題, の全部, の協奏曲, の如き, の美, の首, はもとより, は彼, は洞壁, または建築, を見

▼ 絵画~ (20, 1.6%)

3 彫刻も

1 [17件] あらはれ, それが, もっと彫刻的, よくながめた, ゴッホゴーガンを, 主は, 巨勢金岡が, 文字も, 文学と, 文学をも, 次第に発達, 狩野永徳, 線に, 見て, 近代の, 近頃は, 随分多く

▼ 絵画~ (18, 1.4%)

2 の技術問題

1 [16件] に提出, のリアリズム論, の出発, の印象主義, の叙述性, の対象, の手段方法, の手法, の総, の苦心, の虚構, の表現, の要件, の諸, の造形性, の重要

▼ 絵画~ (14, 1.1%)

1 [14件] あって, が今日, などであった, にも例, に大津絵, に掉尾, に色彩家, の上, の編纂, はその, はそれだけ, やベッカア, を述べる, を頭

▼ 絵画~ (13, 1.0%)

1 [13件] いうならかの, いわゆる配合, さへも, わたしの, 事実, 云えば, 光の, 現せない景色, 私も, 科学は, 移り行きの, 譬えれば, 飾られて

▼ 絵画展覧会~ (11, 0.9%)

2 を見 1 あり不折君, に, には一切出品, に彼, のスケール, は極, へのお, や音楽会, を見せ

▼ 絵画的効果~ (11, 0.9%)

1 [11件] にその, にだけ終っ, のうち, の上, をあらわす, をねらつた, を与へる, を収, を有する, を閑却, 同じく永い

▼ 絵画には~ (9, 0.7%)

1 その手法, それぞれ個性とか, そんな傾向, 仏像画ばかりの, 全く無, 或る, 既に相当五ヵ年計画, 概括的に, 限りますまい

▼ 絵画でも~ (8, 0.6%)

3 彫刻でも 1 プロレタリアート美術自身の, 幾多の, 探幽, 日本に, 疎画略筆

▼ 絵画として~ (8, 0.6%)

1 すぐれた作品, なかなか尊重, 取り扱われて, 描かれて, 独立の, 私は, 良人の, 表示せられた

▼ 絵画芸術~ (8, 0.6%)

2 に滞在 1 が初め, に志す, のある, のみならず, の奥儀, の洋画家

▼ 絵画~ (8, 0.6%)

1 でリユニイ, で見る, と図書館, のそれでも, へ休み, をもっ, をも観た, を出

▼ 絵画という~ (7, 0.6%)

2 ものを 1 これも, ものが, ものは, ような, 芸術の

▼ 絵画とか~ (7, 0.6%)

1 他の, 彫刻とか, 彫刻とかは, 文章とか, 美術とかいう, 芝居とかいう, 音楽とかいう

▼ 絵画にも~ (7, 0.6%)

1 それが, まだ本格, 体系化された, 同じよう, 少し興味, 趣味を, 音曲にも

▼ 絵画~ (7, 0.6%)

1 があっ, と同じ, のまん中, の壁, へとびこん, へはいっ, を見まわす

▼ 絵画における~ (6, 0.5%)

2 彼の 1 ごとく女, キュービズムや, 写生の, 狩野家の

▼ 絵画では~ (5, 0.4%)

2 ない 1 あるが, きっと処理, 曼陀羅図に

▼ 絵画とは~ (5, 0.4%)

1 ひどい, 何か, 全く異なる, 如何なるもの, 違ふ

▼ 絵画に対する~ (5, 0.4%)

1 これは, 彼の, 心構えが, 本当の, 漫画の

▼ 絵画的表現~ (5, 0.4%)

1 だと, だろう, にはいわゆる, に或, の工夫

▼ 絵画的要素~ (5, 0.4%)

1 がなかっ, と文学的要素, の支配, は彼, を陶器

▼ 絵画~ (5, 0.4%)

1 が寝台, における五ヵ年計画, に依っ, の特殊, を主題

▼ 絵画から~ (4, 0.3%)

1 伝説を, 受ける感得, 古鏡蒔絵の, 見れば

▼ 絵画としては~ (4, 0.3%)

1 それほど不都合, 先師の, 勝れたもの, 鳥居勝川歌川諸派の

▼ 絵画との~ (4, 0.3%)

1 区別を, 配合に, 間に, 頂点の

▼ 絵画において~ (4, 0.3%)

1 そうである, 彫刻において, 感じる事, 批評という

▼ 絵画においても~ (4, 0.3%)

1 個性の, 木彫においても, 法隆寺の, 雪舟の

▼ 絵画共進会~ (4, 0.3%)

1 があった, があつ, というの, の海辺

▼ 絵画~ (4, 0.3%)

2 の感想, を評す

▼ 絵画~ (4, 0.3%)

2 に一生面 1 における業績, の師弟関係

▼ 絵画~ (4, 0.3%)

1 な詩, のそれ, の新開路, の詩

▼ 絵画そのもの~ (3, 0.2%)

1 に対しての本質的, に非力, の本質的

▼ 絵画である~ (3, 0.2%)

1 といふ立場, といふ規定, 限りその

▼ 絵画としての~ (3, 0.2%)

1 おもしろみである, 伝統は, 優劣は

▼ 絵画について~ (3, 0.2%)

1 あまり多く, 考えて, 考察するなら

▼ 絵画についても~ (3, 0.2%)

1 ほぼ同様, 彫刻についても, 音楽についても

▼ 絵画に対して~ (3, 0.2%)

2 杖を 1 明は

▼ 絵画のみ~ (3, 0.2%)

1 でなくまた, ならず凡て, ならず金属

▼ 絵画より~ (3, 0.2%)

1 優れて, 彫刻への, 活動写真だ

▼ 絵画よりも~ (3, 0.2%)

2 向ヶ岡 1 ある意味

▼ 絵画以外~ (3, 0.2%)

1 の記牌, の許す, の諷意

▼ 絵画勉強~ (3, 0.2%)

2 の時間 1 はその

▼ 絵画~ (3, 0.2%)

1 が始つた, され空想化, して

▼ 絵画理論~ (3, 0.2%)

1 について彼, は彼, を結晶

▼ 絵画研究所~ (3, 0.2%)

2 に通学 1 へ出かけ

▼ 絵画~ (3, 0.2%)

1 とは一歩屋内, に囚, を感じた

▼ 絵画だけを~ (2, 0.2%)

1 例に, 取り挙げて

▼ 絵画であり~ (2, 0.2%)

1 彫刻であった, 絶望感に

▼ 絵画とを~ (2, 0.2%)

1 思い出さずには, 遺して

▼ 絵画などは~ (2, 0.2%)

1 成立しない, 書けること

▼ 絵画などを~ (2, 0.2%)

1 理解しよう, 総覧的に

▼ 絵画についての~ (2, 0.2%)

1 素人だ, 観察を

▼ 絵画については~ (2, 0.2%)

2 私は

▼ 絵画への~ (2, 0.2%)

1 最初の, 真善美なる

▼ 絵画を以て~ (2, 0.2%)

1 やる他, 有名な

▼ 絵画以前~ (2, 0.2%)

1 に彫刻, のエネルギー

▼ 絵画写真~ (2, 0.2%)

1 にてその, に写せる

▼ 絵画協会~ (2, 0.2%)

1 といふ名, へ出品

▼ 絵画団体~ (2, 0.2%)

1 とそこ, の展覧会

▼ 絵画展覧会場~ (2, 0.2%)

1 がある, の一室

▼ 絵画彫刻建築~ (2, 0.2%)

1 は空間的, または文字

▼ 絵画彫刻等~ (2, 0.2%)

2 の諸

▼ 絵画演劇~ (2, 0.2%)

1 のみにあらず, のみにはあらず

▼ 絵画的写実~ (2, 0.2%)

2 の感興

▼ 絵画的場面~ (2, 0.2%)

1 がある, をひと一倍

▼ 絵画的快感~ (2, 0.2%)

1 を主, を専ら

▼ 絵画的方面~ (2, 0.2%)

2 を主題

▼ 絵画的造形性~ (2, 0.2%)

1 に執着, を失つて

▼ 絵画製造会社~ (2, 0.2%)

2 にも音楽製造会社

▼ 絵画詩歌~ (2, 0.2%)

1 などを書いた, の類

▼ 絵画~ (2, 0.2%)

1 でもたたかわしましょう, を喜ばれた

▼ 絵画陳列室~ (2, 0.2%)

1 だ, の金色

▼1* [162件]

絵画ありとせん, 絵画あるいは婦人ばかりの, 絵画および彫刻に, 絵画きが眼がみえないで, 絵画ことにヨーロッパ, 絵画その他のお, 絵画それ自身の美, 絵画たらしめ古今の, 絵画だって演劇だって, 絵画だのよい盆栽, 絵画であって住宅, 絵画でないといひ, 絵画といふものの, 絵画とに彼は, 絵画ともにある, 絵画などでも花は, 絵画などというものは, 絵画などの作品から, 絵画ならざるもの音楽ならざる, 絵画なり木彫なり, 絵画なるものを, 絵画においては平安朝の, 絵画にでも見るよう, 絵画にとって見れば, 絵画にまで変形させ, 絵画によって三次元的の, 絵画にわかに勃興し, 絵画に対しては猛烈な, 絵画に対しても観客である, 絵画に関する専門的な, 絵画のみに限られて, 絵画ばかりを集めたモスク, 絵画または一群の, 絵画よい盆栽よい, 絵画らしいものは, 絵画をも描かれた位, 絵画一般の歴史, 絵画三代志の文章, 絵画世界の一隅, 絵画並びに彫刻でも, 絵画主義を拡げ, 絵画二者相俟って無上, 絵画人形絵本その他の美術品, 絵画以後絵画は人間, 絵画伝統の深, 絵画が故に, 絵画かに勃興, 絵画保管役たりし, 絵画修復師という職業, 絵画共に未だ談ずるに, 絵画凡そ二千余種を購, 絵画協進会と云, 絵画協進会のは海辺, 絵画又は造形芸術の, 絵画及浮世絵板物に関する完全, 絵画古文書をくるめ, 絵画であって, 絵画史上のいずれ, 絵画史研究などもすすめられ, 絵画史風にいへ, 絵画商人の某, 絵画器具について一々, 絵画でありながら, 絵画執筆担当の責任, 絵画などをみ, 絵画壮麗華美をつくした, 絵画太古の絵画, 絵画学校を出, 絵画の立場, 絵画専門学校へ出, 絵画展覧会子供のため, 絵画山陽竹田海屋茶山の書, 絵画工芸作品舞踊力士の体格, 絵画工芸品の飾られる, 絵画工芸書道などについては私, 絵画の前, 絵画彫刻その他種々の工芸的製作, 絵画彫刻建築工芸の粋, 絵画彫刻染織蒔絵鋳造刀鍛冶仮面打なども彼, 絵画彫刻武具漆工芸古文書類などケース, 絵画彫刻科学等の方面, 絵画彫刻美術工芸品特殊建造物名園などなどを初め, 絵画彫刻詩文書法音韻学医道薬物その他土木造筆製墨製紙の諸, 絵画彫刻鋳金などの美術工芸, 絵画彫刻音楽に至る, 絵画彫刻骨董品のおびただしい, 絵画亭主は, 絵画とがあつ, 絵画愛好の若き, 絵画愛好家がある如く, 絵画愛好者の間, 絵画手法がすでに, 絵画手芸などをはじめ, 絵画批評ができるであらう, 絵画掛物凡そ八百種を携, 絵画政治人物論等に意気投合, 絵画柳敬助氏, 絵画教育を順序, 絵画文字並に象形文字研究, 絵画文学について見る, 絵画文学宗教茶道衣食住のあらゆる, 絵画文学諸般に渉, 絵画文章の如き, 絵画文芸展覧会を訪問中, 絵画新しき音楽が, 絵画方法の発達, 絵画既に然りこの, 絵画未来派の音楽, 絵画本来の使命, 絵画材料店に静物用, 絵画板刻の錦絵, 絵画殊に南画系の, 絵画流行の音楽会, 絵画漆器に関しては彼ら, 絵画漆工磁工などが僅か, 絵画版画などを通じて窺っ, 絵画的写生詩人と評され, 絵画的写真的効果や戯曲的劇的, 絵画的分野において彼, 絵画的印象のリリシズム, 絵画的嘗社交婦人的だ, 絵画的形態としての借り物, 絵画的彫刻的舞踊的及び音楽的効果, 絵画的想像もわく, 絵画的意図から出発, 絵画的手法とでもいった, 絵画的描写に走っ, 絵画的方法に帰した, 絵画的束縛を出ない, 絵画的特色の粋, 絵画的用途に使用, 絵画的直接法で書いた, 絵画的素質並統一し整理, 絵画的興味で扱っ, 絵画的興趣を覚えさせる, 絵画的舞踊的効果のため, 絵画的舞踊的要素に対しては自分, 絵画的色彩にとむ, 絵画的詩興の上, 絵画的関係を尋, 絵画的風俗などに少なから, 絵画研究部で作る, 絵画稀少な書籍, 絵画絹布等祖先の目録, 絵画織物だ, 絵画く人, 絵画自身の要素, 絵画興隆の機運, 絵画蒔絵彫金等の名家, 絵画衣裳史を顧みる, 絵画製作の世界, 絵画西洋音楽西洋舞踊図案手芸等に大別, 絵画評論に於ける, 絵画があった, 絵画諸般の芸術, 絵画趣味や文学趣味, 絵画と云う, 絵画部門で将来性, 絵画里虹の生死, 絵画陶器唐皮更緲牙彫鋳金等種々, 絵画音楽建築彫刻演劇舞踊の方面, 絵画音楽詩などを代表