青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「絵~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~結論 結論~ ~給 給~ 給仕~ 統~ ~統一 統一~ 統制~ ~絵
絵~
絵画~ 絶~ ~絶え 絶え~ ~絶えず 絶えず~ ~絶対 絶対~ ~絶望 絶望~

「絵~」 9369, 101ppm, 1081位

▼ 絵~ (2165, 23.1%)

152 描いて 98 見て 55 かいて 33 描くこと 29 見ると 19 書いて, 見せて 17 描いたり 16 眺めて 14 描いた 12 持って, 描くの 11 描きに 10 かいたり, 描くと, 見ても, 見に 8 かくこと 7 かいた, みて, 描こうと, 画いて, 買って 6 お描き, かく, ながめて, もって, 描いたの, 描いた蝋燭, 描くに, 見た, 見るよう

5 [13件] かいても, かく事, 作る上, 出して, 前に, 指して, 描かうと, 描くため, 描く事, 描く方, 見たこと, 見たの, 見るたび

4 [14件] おかきに, かくの, 入れて, 売って, 描いたろうそく, 描く, 描く上, 描く人, 画くこと, 眺めた, 眺めながら, 私は, 見たとき, 見れば

3 [39件] かきに, かく人, かく人が, かけて, ながめながら, みると, みるの, やって, やつて, やろうと, 両手で, 作って, 勉強し, 取り出して, 思い出して, 手に, 描いたこと, 描いたもの, 描かせて, 描かねば, 描きました, 描く場所, 描く者, 書くの, 習ってるの, 見た事, 見ました, 見ますと, 見ようと, 見ること, 見るの, 見るやう, 見るよりも, 見る場合, 見上げて, 覚えて, 鑑賞する, 集めて, 離れて

2 [104件] いくつも, お書き, かいたもの, かいた大きな, かきながら, かきます, かくには, かく人がたん, かく人である, かく人は, こっそり帯屋小路, そつと, そのままの, ためしに, つれて, とって, なして, みれば, もつて, よく描く, 上手に, 仕上げて, 仕上げる場合, 作り価格, 作る事, 依頼し, 借りて, 僕は, 写して, 写しに, 写真版から, 出す如き行為, 出品する, 塗りつぶして, 売つて, 売りに, 寺に, 専門に, 展覧会に, 床の, 得意と, 御存知です, 御覧に, 思い出した, 批評する, 持ち廻って, 描いたその, 描いたという, 描いたとき, 描いたらみんな, 描いたッ, 描かれました, 描きあげた, 描きたいと, 描きたい娘さん, 描きましたが, 描き残したと, 描くか, 描くその, 描くひと, 描くよりも, 描く事以外, 描く喜び, 描けと, 携えて, 教えて, 文学を, 映写した, 書いたり, 書かせて, 書くこと, 月夜に, 横目で, 沢山に, 流行せしめたる, 消して, 生きた花, 真似て, 眺めたり, 示して, 私が, 線描のみ, 繰り返して, 置いた, 置いたメリンス, 習い始めた頃, 習ってるという, 背景と, 見せられると, 見たが, 見たり, 見てから, 見ながら, 見まして, 見るため, 見る度, 見る時, 見る機会, 見給, 親しく見た, 観て, 観に, 貰って, 買うの

1 [1095件 抜粋] ああし, あきらめ得ないの, あげる約束, ありありと, あるいは草双紙合巻, いち, いつも褒め, いろいろに, うつして, うつすに, おかきなさい, おしえて, おもちゃ描きし, お描きなさい, お眼, お買い, お頼み, かい, かいたから, かいたとて, かいたよ, かいた偉大, かいた先生, かいた大, かいた画家, かいた紙, かいた障子屏風, かかされて, かかせて, かかないで, かかなければ, かき, かきその, かきたいもの, かきなされや, かきますよ, かき句, かき得るもの, かき明盲, かくため, かくとは, かく人に, かく才能, かく時間, かく男ひとり, かく調子, かけたの, かけると, かざりやに, かつて何所, きめる, くっつけた儘, くれないかと, くれる, けがすと, ここへ, こっぴどくやっつけたらしく, このみました, ごらんなさっ, ご所望, さした, さながら生き, さらにこまか, さわって, しばしば見かけた, じっと見, すぐに, そのまま紙, その師匠, それぞれつくり上げる, そんなに上手, たくさんみ, たのむ, ちょっと貸し, つき合って, つくること, つとめて一斉, でございますか, ときどき出し, とりあげる批評家, とるかも, どっさり見た, どんなに高く, ながいこと, ながめました, なぶり殺しと, ならい始めて, ぬすみに, のしかかって, のぞいて, のぞき込み一人, のぞく, はじめて見, はりつけたね, ひとつ見, ひろげた, へこまそうと, ほとんどそのままに, まとめあげようと, みなかったもの, みな差上げましょう, みること, みんな出し, めいめいの, もち出した, ものに, もらった落語家一同, やりたいの, やる方, やろうとして, よい紙, よくし, よくよく注意, よく描かれた, よせたり, わくから, わたさないかぎり, サラリと敷居, チラリと, パン位に, ベルリンの, 一々これ, 一つの, 一つ見よう, 一寸書い, 一心にながめ, 一日中眺め, 一枚, 一枚たり, 一枚入れ, 一枚描く, 三四郎の, 三色摺に, 下すったでしょ, 不幸に, 並べられたり, 乙が, 二の腕に, 二三点すぐ, 二枚警視庁の, 仕上げた代り, 仕上げようと, 仕上げるの, 以前のと, 休んでも, 何かの, 何枚か, 何百も, 作らんが, 作りたがる根性, 作り上げて, 作る本能, 作者が, 信長から, 偽作し, 元へ, 入れたもの, 入れましたが, 八千フランで, 写すの, 出したらそれ, 出し二列, 出品させ, 分かった肺, 切り取つて, 初めて見た, 刷ったこと, 加えそれ, 助けようと, 勉強に, 半分だけ, 収めて, 取り寄せて, 取出したが, 受け取り金, 受持って, 吟味し, 哲也の, 喜ぶ者, 土産に, 地口の, 壁から, 売らないだけ, 売り歩く単なる, 売ること, 売るん, 外して, 大切に, 夫に, 好まないとでも, 好むと, 如此くして, 子どもたちに, 完成した, 実に素晴, 客に, 宮門の, 容赦なく, 小僧の, 屏風に, 展覧会場で, 山口重慶として, 山科まで, 帰らせた, 幾勢に, 幾枚か, 床に, 店先に, 引っ抱え, 引受けました, 張廻わして, 強奪せね, 形造っ, 彼と共に, 後当麻寺で, 御寄贈, 忘れて, 思いおこさせるよう, 思いおこした, 思い出させる, 思い出します, 思い浮べて, 思うと, 思ひ出して, 思わせた, 思出した, 想い出させるよう, 想い浮べると, 想ひ出す, 愛するという, 愛する人, 懸けて, 戻せと, 所有する, 手にとって, 批評を, 抱えた万吉, 拒絶しました, 拡大した, 持ち出し, 持ち込まれるの, 持つて, 指さした, 振りかえった, 捨てよという, 掛けて, 探して, 探す, 描いたか, 描いただけ, 描いたとかいう, 描いたやすものの, 描いたらはり, 描いたバルトン美術店, 描いた人, 描いた位置, 描いた幕, 描いた時, 描いた欄間, 描いた燈籠, 描いた皮, 描いた紙片, 描いた街燈, 描いてさ, 描いてよ, 描いてるの, 描かしたり, 描かずと, 描かせたかった本当に少し, 描かせようと, 描かせるよりも, 描かせ互いに, 描かないその間, 描かない人間, 描かぬ美術家, 描かれるの, 描き, 描きかけだから, 描きその, 描きたいそして, 描きたいといふ, 描きたい気持, 描きたくたって, 描きだして, 描きて, 描きながら, 描きにか, 描きは, 描きます, 描きタタミ二枚, 描き上げたので, 描き上げて, 描き下熱剤, 描き出してから, 描き出しよって, 描き初めたので, 描き始める丁度五分位, 描き度い, 描き残しは, 描くからと, 描くし, 描くだけ, 描くつもり, 描くとか, 描くので, 描くまいと, 描くよ, 描くより, 描く仕事, 描く友, 描く奴, 描く態度, 描く本能, 描く歌, 描く淋しい, 描く神経, 描く筆, 描く義太夫, 描く膠, 描け, 描けばい, 描けるよう, 描け強い, 描て, 改めて方形, 散らし六面, 数枚入れた, 整理し, 敷寐し, 於通は, 日に, 明る過ぎる, 映像に, 時々一枚, 書いたの, 書きに, 書くところ, 書くよりも, 書く人たち, 最後と, 板表装に, 梨地蒔絵で, 構成し, 模写し, 模様に, 止めるよう, 武丸は, 殊によく画きました, 殺せ, 毎日毎日何百と, 氏郷の, 永くつつく, 求めて, 汚しました, 注意し, 添へ, 火に, 然し中止, 照らした, 片づけてから, 特にルグナンシェ, 生かしたもの, 生命とも, 甥達に, 田辺侯爵に, 画いたの, 画いた当人, 画いた者, 画いても, 画きつづけ竹一, 画く人, 画く約束, 画架の, 発表した, 盗み出すこと, 目のあたり見る, 看る如き清穏, 眺めてた, 眺めること, 眼の, 睥んで, 睨みながら, 知らないが, 研究される, 破って, 祀つて, 神保へ, 稽古し, 穏やかに, 系統的に, 納めて, 絵で, 緑色の, 縦覧させ, 繍うた襠の, 習いたいという, 習いました, 習い出すと, 習うよりは, 習えと, 習つた相弟子だ, 習は, 習ひ始めた, 習へと, 習わせて, 背景に, 自分の, 自在に, 芋銭先生は, 落とす役目, 蒐集し, 虚子が, 表具屋に, 裂いたり, 褒めても, 褒めまわって, 要求する, 見いという, 見せたいと, 見せたり, 見せられこわき, 見せられて, 見せるの, 見たいの, 見ただけ, 見ただろうし, 見たよう, 見たら恐縮, 見たん, 見た如く, 見た瞬間, 見つめた, 見つめました, 見つめるので, 見てさえ, 見てると, 見とれとったらその, 見ないため, 見ました時, 見まもって, 見るが, 見るごとくおもしろし, 見るだけ, 見るなり, 見るばかりじゃ, 見るやら, 見るわさ, 見る人, 見る如きなつかし, 見る度毎, 見る振り, 見る風情, 見ろよ, 見上げました, 見出し, 見出すだろうと, 見直すだけの, 見終って, 見詰, 見附けて, 覗かせ宝石屋, 観た事, 観る観者そのもの, 観客に, 言い値の, 評して, 試みる様, 誇張した, 調べて, 論じて, 貫いて, 貰つと, 買うて, 買う人, 買ったの, 貼ったり, 貼った屏風, 貼り絵, 購い来て, 踏まむとせしものを, 追っかけ廻し, 連想させ, 進んで, 運ぶと, 運ぶの, 選んで, 重ねて, 鑑賞しよう, 附けて, 陶器に, 集めるの, 青や, 面白いと, 頂戴する, 頼まれました, 題材と, 食物に, 飾り村民, 高く挙げ, 鳥居風の

▼ 絵~ (1855, 19.8%)

106 ように 80 ような 29 中に 28 やうに 26 中の 22 上に 18 前に 17 ようだ 14 本を 12 ことを, やうな, 好きな 11 方が 10 中から, 方は, 様に 9 ない絵本, 勉強を, 方を 8 ようであった, 上手な, 姿を 7 中で, 方に, 道具を, 顔を 6 ことは, なかの, 調子を 5 ために, ほうは, 展覧会が, 展覧会を, 方で

4 [19件] かいて, ことが, ことばかり, なかに, ほうに, 世界に, 仕事を, 体を, 催促に, 先生が, 前で, 前には, 勉強の, 壺を, 様な, 片眼, 話を, 顔が, 顔は

3 [23件] あったの, うまさ, ところが, なかでは, やうだ, ようで, ようです, 上では, 下に, 中でも, 中へ, 事を, 仕事の, 修業を, 写真を, 前へ, 前を, 多いの, 女の, 展覧会は, 手を, 胸を, 説明を

2 [111件] あるの, あるもの, ある本, おかげで, お稽古, かかって, ぐ箱を, ことじゃ, ことだ, ことで, さてどれ, ついて, とおりだ, ところだけが, はって, ほうが, ほかに, やうで, やうには, よう, ようね, 上で, 上端に, 下には, 下の, 世界は, 中と, 中には, 主題の, 事をも, 仕上げを, 体へ, 修業に, 傍へ, 先生だ, 先生という, 先生の, 先生を, 出来が, 剣を, 勉強に, 動機に, 可なり, 右の, 名は, 味が, 場合は, 声が, 大捏鉢, 女を, 如き渡船, 如く幾度, 学校へ, 少ないの, 形に, 心の, 心は, 感覚は, 手から, 技法は, 技術は, 技術を, 描いて, 描かれて, 描けない人達, 方には, 方にも, 方の, 方へ, 時代においては, 本が, 本も, 本当の, 本質に, 杉見る, 材料に, 板下を, 構図では, 構図の, 模写を, 横に, 気合いに, 深さ, 深みを, 為に, 煙目に, 物の, 特色は, 示す通り, 稽古も, 稽古を, 第一, 筆を, 結果即ち, 絵はがき, 胸の, 色が, 花の, 裏には, 評判も, 話, 話が, 話などを, 話は, 調子によって, 道に, 道具が, 道具と, 阿弥陀仏には, 題材として, 顔の

1 [949件 抜粋] あとが, あの道, あるアルマイト, あるページ, ある処, ある十畳間, ある和紙木版刷, ある扇, ある書物, ある物, ある緑, いくつかに, うえにも, うちたった, うちには, うちにも, うまいの, おひと, お人, お好み, お手本にゃ, お清書, お銀さん, かき方, かけ物香の, かたくなを, がらの, ぐがはげてぜんたいに, ぐやつけひ, ぐをまぜながら顔の, ことだった, ことと, ことなどは, ことには, ことも, ことやら, こと打ち合せる, ごとき信濃, ごとく映じて, ごとく浮いて, ごとく表, ご用か, しとやかさを, すわりが, たちが, ついたの, ついた今, ついた弁当箱, ついた札, ついた自作, ついてたこと, つづきを, できる動機, とこが, ところから, ところという, ところには, ところまで, とり残された媚, どこにも, ない本, なかで, なかにも, にせものなんかを, はいった扇子, ひとつも, ほうからも, ほうでも, ほかには, ほとんど真黒, まとめ上げの, まま羽二重と, まん中で, むづかしいところといへばま, もって, もの最も, やさしいの, ようであったろう, ようであります, ようなあり, よきもの, わからない城太郎, ウマイマヅイよりも, エハガキでございます, エハガキ見た, クロンボの, テーマとして, デザインそして, ハガキが, モチイフに, モデルに, モデル代旅行費絵の具代間借り代その他の, ユーモアに, 一つくらいは, 一つの, 一つ一つを, 一切を, 一勇斎国芳と, 一枚や, 一番の, 一部分なりを, 上でだけ, 上には, 上にも, 上へ, 上手は, 下へ, 下地をのみ, 下段には, 下絵や, 世界から, 世界地図の, 中では, 中にさえも, 中へは, 中央には, 主の, 乙女は, 事さ, 事と, 事なんか, 事は, 二三幅も, 人の, 人気と, 人物の, 人物を, 仕上げが, 仕上り時を, 仕事で, 仕事は, 仕事位割切れない, 代わりに, 会に, 伝来と, 体裁を, 何物なる, 作者の, 依頼に, 価値にか, 修業には, 修業の, 修行を, 倉の, 値段も, 偽作を, 傷を, 像のみが, 元祖, 先生かと, 先生である, 先生と, 先生ときたら, 先生ね, 入ったベルト, 入つた紙, 全体が, 全体の, 全盛時代なりし, 全部の, 内容などには, 写生と, 写真は, 処から, 出した三人, 出た頃, 出来たの, 出来と, 出来るの, 出来上りの, 出来不出来を, 出来栄について, 分らない奴, 刷物は, 前, 前とかに, 剣の, 力の, 効果の, 勉強が, 勉強だって, 勉強と, 勉強などを, 勉強は, 動かぬ一つ, 動きは, 十万坪, 印は, 印象は, 厚味が, 原型は, 反古が, 取り来りし小形, 口へ, 古画絵巻物ときどき, 右上の, 名を, 味さえ, 呼吸の, 咽笛を, 唇から, 商売上思わぬ, 噂を, 団扇持ちたる, 国でも, 地獄は, 堅い角髪, 場合だ, 場合には, 場合問題に, 境遇を, 墨をすら, 壁紙であった, 売買をさえ, 壺に, 壺も, 変化極めて, 外は, 多いこの, 多かった, 多くは, 多く掛つてゐる, 大作と, 大小によって, 大看板, 大部分, 天分ある, 天分と, 天才は, 天才私が, 失踪を, 奔放遒勁なる, 女か, 女とは, 女王さまと, 好きである, 如き人, 如き黒一色, 如く人を, 如く波に, 如く豪放, 如し, 姿が, 娘さんが, 娘さん買おう, 婦人の, 孔雀に, 安っぽさ, 完成された, 定石的な, 実家神田三河町の, 実感に, 実感は, 家に, 富士は, 寒山拾得と, 専門家でしょう, 小櫛, 少数が, 屏風が, 屏風や, 展覧会で, 展覧会という, 展覧会も, 展覧会場に, 岩藤, 巧い, 巧拙に, 師匠は, 幸福の, 幻燈だ, 広告を, 延長の, 式の, 張って, 彩も, 影に, 影響が, 役者絵と, 心でなく, 心を, 心得なき, 性質が, 悲鳴が, 意図は, 感じであった, 態度は, 成績品の, 所在について, 手ほどきの, 手ほどきを, 手拭を, 手筥に, 才能である, 批評が, 批評では, 批評の, 技倆は, 技法そのものについて, 技法を, 技術的方面を, 指は, 掛かりたる紫檀, 描いたろうそく, 描かれた場所, 描かれた本, 描き手, 描けないの, 描法を, 插話が, 教へを, 散紅葉, 新鮮な, 方だ, 方とても, 方法の, 旅から, 旨さ, 時の, 時事解説を, 普通の, 景色には, 曲描きはやっ, 本か, 本でも, 本や, 本買う, 机の, 板刻あれ, 板木の, 染附も, 極めて端, 構図を, 構成上色彩に, 様式が, 標本だ, 模様は, 横顔とを, 樹木の, 次に好き, 正則な, 死を, 水あさ, 水挿への, 沢山書い, 沿革を, 派手で, 浮いて, 消息も, 消息を, 滝の上を, 無慙さが, 燗徳利は, 牝牛の首にも, 特色と, 犬の, 狂暴は, 狐の, 独特な, 猿ぐつわだけ, 珍しいの, 琴の, 生命であっ, 生首を, 画工としては, 発明者と, 白鷺を, 直接御, 相弟子として, 真下に, 眠入る, 眼の, 研究です, 研究を, 神経は, 秘して, 種類を, 稽古の, 稽古旁, 窓だの, 端の, 第八, 筆法や, 箱を, 精神を, 紙の, 紙片が, 紛失した, 素人と, 素材を, 細部も, 組織の, 絵具の, 絹覆, 線から, 線や, 縄目を, 羅浮仙の, 美しいお伽噺, 美しい木版画, 美人画ある, 習いたてから, 習い始めの, 肉色, 肩を, 背景に, 胡蝶の, 胸から, 腕を, 腰に, 自分たちにとって, 良し悪しの, 色の, 色刷りが, 色彩は, 色感は, 花瓶を, 芸術性と, 華美なる, 落書きだ, 薄を, 藤も, 蜘蛛が, 蝋燭を, 血走った片, 行商人に, 表情は, 表情を, 表装が, 裏で, 裏側を, 裸体美人へ, 襖や, 見えなくなった動機, 見まく欲, 覗き眼鏡が, 解説を, 解釈に, 訥弁な, 評に, 評価の, 話から, 話で, 話でも, 話なぞを, 話も, 読本の, 調子が, 質も, 赤い色, 趣などは, 趣を, 趣味すらも, 足に, 身などについても, 身体は, 転機は, 軸物を, 輪郭は, 辻ビラでした, 通りだ, 通りの, 道である, 道も, 道具とか, 邪道に, 邪魔を, 部分に, 部屋には, 酒盃に, 金網は, 銅版画の, 鑑識に, 鑑賞よりも, 長所は, 間へ, 防ぎは, 陰影で, 雑誌でも, 難しい所, 青年にたいする, 青鬼, 面を, 面長の, 頃の, 頬を, 頭髪を, 題目の, 額に, 額へ, 顔つきと, 顔へ, 顔色も, 類似品を, 風景そのものの, 馬に, 馬は, 骨法も, 鬼女が, 鼠色の

▼ 絵~ (851, 9.1%)

28 描いて 24 ある 14 出て, 好きで 10 あった, かいて 8 あって 7 あると 6 描かれて 5 あります, かかって 4 あつた, うつりました, たくさんある, ついて, はいって, はりつけて, 多かった, 好きだ, 好きな, 書いて 3 あったり, かかれて, かけて, 出来て, 出来上りました, 妙に, 彼の, 消えて

2 [49件] あったが, あったの, あつて, ありました, あるから, あるの, あるん, うまかつ, ここに, そこに, ついとる, できるもの, ないか, ないので, ひどく魅力, 一枚も, 上手だ, 下手だ, 世の中に, 並んで, 仕上った時, 入って, 入れて, 出来たの, 出来ました, 出来るかと, 印刷し, 売れないといふ, 多い, 多いが, 多いの, 大変いじけ, 女達の, 少くない, 展覧会に, 幾枚も, 懸けて, 描けて, 描けるよう, 日本の, 気に, 淡彩で, 生きた事, 目に, 自分の, 親切に, 赤い色, 載って, 随分ある

1 [558件 抜粋] あざやかだ, あったと, あったらどんなに, あなたを, あのまま, あらば, あらわされて, あらわれたの, ありそこ, ありたいもの, ありますそれ, ありますの, ありますので, あり聖アントアンヌ, あるかと, あるぜ, あるだろう, あるでしょうああ, あるに, あるので, あるやう, あるファエンツァ, ある茶店, あんまりのんき, いいとか, いかに婉, いかに立派, いくつか, いくつと, いくつも, いつのまにこんな, いろいろ並ん, いわれある活ける恋人, うまい, うまいかといふ, うまいと, うまいといふ, うまいのに, うまいばかり, うまくなるまじ, おかけに, おどけた顔, おれ以上に, お好き, お気に, お湯を, かかってる氏, かかりあんまり, かきたい, かきたいと, かきたいよ, かきたくなっちゃったそれ, かけない, かけなくば, かけられた, かけられて, かける, かけんで, かざって, かなり多かっ, かなり目立っ, かぶれて, かわり魔法博士の, けばけばしい色彩, ける屏風, こう毎日, ここから, このくらい, この改造, こんどは, こんなところ, ございましたか, ごつくな, ごつくなっ, して, じょうずで, すきだつた, すきで, すきと, すきな, すっかり金, ずいぶん御, そっくりそのままだ, そのま, そのままこうである, そのままに, そのまま浮かん, その堂内, それぞれの, それほどうまく, そんな場合, たくさんさがっ, たくさん見られ, ちゃんと表装, ちらりと僕, ついてるからねえ, つくりだす温泉的, できあが, できたで, できてから, とつぜん生々, とどく, とどけられた, どうかした, どっさり出, どつさりある, どれも, どんなに仕上がる, なかった, なければ, なにに, なの, なんといっ, ぬれる男, のせられて, のって, のどかな, はいってる場所, はいつて, はっきり見えだす, はやつて, ひどく好き, ひどく気に入っ, ひろがって, ひろがる, ふと思ひ出された, ふと眼, ぶら下ったの, べろんと, ほしいじゃ, ほしいと, ほしくて, ほのかに, まことに多い, またそれぞれ, また奇抜, まだ描きあがらぬ, まとまらないばかり, まるでほん, まわる, みんな満点と, めしより, もう少し人, やはり出品, やはり目立っ, やはり蝙蝠傘, よかったら持っ, よくある, よくわかる, よく淡彩, よければ, わからなければ, わかりませんでした, わかるかね, わかるつもり, わかる筈, アリ原野の, スルスルと, スルリせり上がる, セザンヌの, ブラ下っ, ペンと, ペンキ屋の, マンネリズムにも, リアルな, リュクサンブウルの, レインコートの, 一つ二つかけられ, 一平画と, 一時非常に, 一杯に, 一枚二万円に, 一枚出来, 一枚反古に, 一枚貼っ, 一番よい, 一番沢山に, 一種異様な, 三枚何れも, 上品だ, 上手じゃ, 上手だった, 上手な, 上手に, 上達する, 下りた, 下手で, 不足に, 与える全体, 並べて, 中, 主である, 主らしく, 主作が, 二十も, 五人ながら, 今度は, 仕上ったの, 以前沢山, 会場へ, 何か, 何かの, 何が, 何の, 何れも, 何故よい, 何流である, 何百と, 作者に, 値段も, 停滞する, 備へて, 光のう, 光線を, 入賞し, 入選し, 入選した, 入選でも, 全然なっ, 六十年間ほとんど, 冷酷で, 処せまく, 出た, 出ます, 出るとか, 出来あがったの, 出来そう, 出来た縁, 出来ないばかりに, 出来よう本歌, 出来るか, 出来上, 出来上がると, 出来上った, 出来上ったという, 出来上ってから, 出来上るかを, 出来上ると, 分かったよう, 切って, 切花を, 判らないという, 到底画家, 刷つてある, 動き出して, 十三世紀から, 千古に, 印象に, 却って割合, 去年のや, 又, 口絵に, 可なりあった, 名作の, 吾輩である, 唯単に良い, 商人に, 問題に, 噴きあげ突き, 四個掛っ, 四谷以外の, 園を, 土台に, 壁に, 売れて, 売れないで, 売れぬ, 売れるなどと, 変って, 多いこと, 多いです, 多い様, 多くなった, 多く純正, 多過ぎる, 大きくのせられました, 大きく画い, 大体の, 大体出来る, 大分手を, 大変下手でした, 大好きで, 大好きとか, 大層も, 大臣賞を, 奇麗に, 好きだった, 好きだったらしく, 好きであった, 好きでした, 好きでも, 好きと, 好きよ, 好きらしい, 好きらしく, 好き書が, 嫌いだったろう, 存在する, 宋初の, 完全に, 完成し, 完成する, 宗教時代の, 実によかっ, 実に強い, 実に麗しく, 実物と, 少くかつ, 少し多, 尽きた時, 展覧会で, 嵌め込まれて, 巧く出来た, 巻頭に, 帯を, 幾つも, 引出す記憶, 引立つ, 弱いの, 張って, 当分は, 彼に, 彼女である, 必ず死のう, 必ず立派, 忽然とし, 思い出されました, 思ひ出された, 悲しげ, 懐かしくなった, 懸って, 成ると共に, 所謂芸術の, 扉, 抜出したよう, 抜群の, 拙くなった, 掛けて, 掛け連ねて, 掛つて居る, 描かれた時, 描かれれば, 描かれ虫, 描きたい, 描きたいが, 描きたいという, 描きたくて, 描きたくなり清, 描きたくなり絵具, 描きたく母, 描けたの, 描けたらお, 描けたらどんなに, 描けない, 描けないから, 描けないくせ, 描けないと, 描けないの, 描けなくなるの, 描けなければ, 描けますなあ, 描けよう, 描けるか, 描けるほど, 描けるもの, 描ければと, 描けんお, 插画に, 数個それからまた, 整然と, 文学より, 映った, 暗く静か, 暗示し, 書かれてるところ, 最もおもしろい, 本業だ, 本能的に, 柱に, 格好よく描い, 桃太郎, 極めて通俗的, 極彩色の, 概念的だ, 欲しいで, 欲しいと, 欲しいよう, 欲しくなり, 武者絵である, 死んで, 残されて, 残って, 残つてゐます, 残ると, 段違いに, 毛糸で, 気に入られて, 気に入りました, 気に入りましたわたし, 気に入りますと, 気心の, 汚れると, 決して上手, 決して頭, 沢山あっ, 沢山あった, 沢山ある, 沢山は, 沢山出, 沢山出た, 活きて, 浮んだり, 淋しく淋しく霊, 深刻な, 添えて, 添って, 満ちて, 濃い絵具, 無い様, 無事に, 煙に, 燃える, 特別の, 珍しいから, 現れるの, 生きて, 生きも, 画かれて, 画きたくなる, 画けるなら, 画として, 画架と共に, 畳に, 病弱で, 白い宿直室, 皆大いに, 目の, 目下大変な, 眼に, 眼の, 眼前の, 矢張り出品され, 磁器に, 示す様, 積んで, 立った, 粗末に, 純情である, 素人にも, 素人の, 素朴である, 細かく万年筆, 組立てられて, 美しい額縁, 美しかろう, 習えましょうか, 習って, 肉筆でない, 自分で, 自分を, 自選の, 良い, 良い絵, 芸術であっ, 草画コマ絵以上の, 薄明に, 表紙に, 裏向きに, 西郷様の, 要るん, 見えるの, 見えるよう, 見える程, 見たくて, 見ら, 見られようとは, 見る見る散りニジン, 解つて居る, 試みられた, 買われて, 貼って, 貼りつけて, 載録され, 近頃は, 部屋に, 重大な, 院展に, 静かに, 面白かった, 面白くなった, 音も, 順を, 額に, 額縁なし, 食卓の, 食堂に, 駄目なら, 高い崖, 鶴の, 黒く烟

▼ 絵~ (795, 8.5%)

5 一枚も 4 いった, いって 3 大体に, 小品に, 彼の, 非常に

2 [35件] あなたの, こっそりひらい, これだ, すべて智恵子の, どこか, ない, ぬれたまま, ほしいが, やがて僕, よくない, よく乾かす, ハッと, 上手で, 下手くそだ, 今日の, 全部買い上げよう, 動いて, 卑弥呼の, 卑弥呼を, 好きで, 好きな, 実物の, 工夫され, 弥陀仏の, 必ず上等, 欲しいと, 浮世絵の, 特に大, 相当の, 私の, 立派に, 自分で, 自分の, 蕭索と, 見たこと

1 [700件 抜粋] あくまで皿, あとに, あまりうまく, あまり感服, あるまいか, ある点, いいこと, いかにもよく熱帯, いかに個性, いくらでも, いさ, いたる所, いつごろの, いつでも, いつも常識的, いつ席上, いつ頃, いやだ, いよいよ心境, いらぬと, いろいろな, いろんな色, いわゆる墨画, うちで, うるさいところ, おそらく一九三四年度, おだやかだ, おれの, お互同士, お手本の, お絃, お金に, かかる原画, かくの, かけないと, かけぬはず, かけませんけれど, かけんからの, かなりうまい, きっといい, きっと読者, きらひでは, こういう処, この室, この通り, これで, これに, これより, これ以上暗く, さほどうまい, しおしおと, しかしもう, じきにそういう, すぐに, すべて面白い, ずいぶんたくさん, ずっと下手, そう大して得手, そこに, その作品, その努力, その土牛, その度, その後誰に, その新聞, その日, その気魄, その筆力, その観念, その野蛮, そら事, それから, それで, それでは, そんなむずかしい, たいてい人間, たいへん奇怪, ただ何となく, たのしい絵, だんだんに, つかみかた, でき上がった, とうにうさ, とてもかけない, とても素人, とにかくとして, とにかく一通り, どうした, どうしたい, どうだ, どうやら応挙, どこかしら, どこへ, どこまで, どっしりと, どなたにも, どれくらい, どれも, どれを, ないかの, ないこれ以上, ないの, なおも腕, なか, なかなかおもしろい, なかなか泣き止まなかった, なかなか良い, なるべく小品, ぬすまれたかも, はいって, はや涙ぐん, ひな子よりは, ふと上, へたくそだ, べったり置かれた, ほとんど見つからなかった, ほとんど見付からなかった, ほんとうに, ほんとに上手, まじめである, またもっ, また変っ, また陽, まだまだ沢山ある, まったく彼女, まつたく彼女, まとまらない, まるでちがった, まるで昨日, みんなに, みんな寝そべっ, みんな破っ, みんな附焼刃でない, むしろ小形, むろん仕上がっ, めずらしい, もう, もう人, もう出品, もう築, もう読者, もう飽きられた, もつと, もと私の, やはり大家, やはり注意, やはり面白い, やめて, よくあれ, よく売れる, よく自身, よほど奇妙, よ程, ろくさ, わしに, わたくしの, わりに好き, われわれの, アルプス高山国の, アンリー・ルッソーと, インスピレーションぐらいで, インスピレーションで, ガラスへ, キライナ由, シュルリアリストは, スリコフの, デッサンが, ドガなんかから, ノーブルな, パリーの, ピアノを, ピカソや, ホントの, ボナースの, マーメイドの, ユニークな, ルネツサンス時代の, 一つも, 一体どうなる, 一切を, 一定の, 一見その, 一見近代的, 七福神如意宝珠の, 三割程も, 三味線, 上出来だ, 下手でも, 不審に, 不思議に, 両方とも, 中の, 丹絵と共に, 丹緑の, 亀田たちの, 予めかく, 二三歩そっちへ, 二代豊国あたりの, 二度とも, 云わば, 五千年も, 人形を, 今の, 今は, 今丹念に, 今夜にも, 今年は, 今非常な, 以上鳥居派の, 休まること, 住吉の, 何か, 何と, 何となく弱い, 何んでしょう, 何処だ, 何故か余りエハガキ, 余り好きで, 作品の, 例の, 供を, 俗気が, 偉い人, 偽物です, 傷ついたまま, 僕が, 僕にとって, 僕も, 億の, 元気が, 元禄以降正徳年中において, 兄さんの, 兄の, 兄妹の, 先ず技法, 光線ばかりに, 全く消え似, 全部纒めね, 八十点以下に, 公設市場に, 再び卑弥呼, 再び反, 写すこと, 写真で, 出て, 出来ず第, 出来上りました, 出来得ないもの, 出来難い, 初めから, 初めの, 判り易い, 到底われわれ, 到底リアル, 前景が, 前述の, 劇薬を, 勿論の, 十万円しよう, 千年を, 又平, 反耶, 古来土佐派に, 叫びながら, 吾朝の, 呆然と立ちつくし, 和服姿の, 問題の, 四聖吸醋之, 国宝だ, 園絵も, 土佐光行です, 執筆画家の, 増田さん油絵ちう, 売品では, 変に, 外国でも, 外国船の, 外見的には, 夜詣り, 夢を, 大変面白い, 大正七年に, 大部分, 女の, 女絵かきの, 奴隷の, 好きだ, 好きだった, 好きでない, 姿も, 子供の, 学校で, 安心を, 実に生気, 実物に, 実物は, 実際そうした, 実際絵, 容貌, 富豪の, 寝巻を, 小さい余吾, 小品なら, 小野小町の, 小野小町土佐の, 少い様, 少し永く, 展覧会になどは, 屹度探し出し, 岩や, 崩れた訶和郎, 巨勢の, 常に何人, 常則, 平面の, 幾たびか, 弟の, 強い, 当時の, 彼に, 彼らとは, 彼れ, 彼女自身の, 得がたいと, 御承知, 御池の, 必ずやその, 必ずシナ, 忘れて, 怒りの, 思わず用心, 想像し, 意識的に, 感服せず, 感覚的な, 成程, 我の, 戻つて, 拙くなる, 拳を, 捨てられた白鷺, 描かないから, 描かんと, 描き上がりましたか, 描き上った, 描き得るといふ, 描く対象, 描けない, 描けなかった, 描けなかった人, 描けねえ, 散乱した, 文久銭六つで, 断じてつまらない, 日々兵士たちの, 日本のも, 明日の, 春亭だった, 春画では, 春章の, 昨年の, 時々随分すき, 暗い壁, 最もユニック, 最も代表的, 最も端的, 最後まで, 有り来りの, 木挽町の, 未成品だ, 果して非常, 極く, 極めて普通, 概念的抽象的あるいは, 次第に完成, 欲しいこと, 止めて, 正しくそれ, 武丸に, 武家の, 歪んだ建物, 死者の, 殆どなかっ, 毛の, 毛は, 民国の, 気まぐれにしか, 気も, 沢山アメリカへ, 油絵だった, 油絵であり, 泰西名匠の, 洗, 消えて, 清クンと, 濃くて, 無残な, 無難の, 煤びたままで今も, 父親の, 片輪, 物の, 特にこれ, 狩野山楽の, 独で, 独逸人ザイトリッツの, 現存六十翁の, 琴を, 生まれぬ, 生まれる, 生れない, 生れる, 田舎の, 画けない, 画こうと, 画に, 異人の, 白雲の, 皆墨摺の, 皆違っ, 目下の, 相当に, 眉を, 眼の, 矢車草かと, 石田幽, 私には, 程なく出来上りました, 空の, 竹を, 竹一以外の, 築土八幡, 紅毛人どもが, 素人と, 細く巻い, 終りかけて, 絵そら, 絵以前だ, 絵思ひ, 絵柄から, 絶対買わん, 締切を, 纏まらない, 美術品としても, 而も, 聞き惚れた, 肩を, 腰の, 自分には, 至って平凡, 舌を, 色刷りのせゐ, 色調において, 若いとき, 苦も, 華美の, 藍摺りの, 藤蔓で, 虫が, 蜥蜴を, 蟇仙人の, 装飾に, 装飾以上な, 要らないが, 見せるよ, 見たか, 見なかつたけれど, 見るもの, 覚束ない弱い, 親身に, 言葉によって, 許されぬ, 誰か, 誰に, 誰のが, 谷脇素文, 貴女の, 赤と, 足だけは, 車の, 造船所の, 達者です, 遠く高麗朝, 都会の, 重に, 金に, 鋭さ, 閉された卑弥呼, 雅味を, 青木さんなりに, 非常な, 題材の, 額ぶちから, 首から, 駄目と, 驚きふるえ, 鬱々と, 魂が, 黒い雲

▼ 絵~ (722, 7.7%)

25 描いたよう 21 あるよう 20 なって 17 して 14 描いて 10 かいて 7 かいたよう, 見るよう 6 なると 5 描かれて 4 なりそう, なる, 似て, 出て, 向って, 目を, 見入って

3 [11件] あるやう, ある仏, したもの, しても, してもが, なつて, ならない, 夢中に, 書いて, 筆を, 興味を

2 [37件] あらじか, ある不思議, ある唐子, ある様, かいた鬼女, かかせて, したの, たが, なった, なりませんかな, なること, なるよう, なる要素, よく似, 向けると, 噛りつい, 就いて, 描いた幽霊, 描きあげようなど, 描くと, 描く絵師, 於いては, 書いたよう, 熱中し, 現われて, 現われる花, 画いたよう, 画いた人, 直す処, 私が, 締りを, 見とれて, 見るが, 見る様, 近づいた, 近づいて, 限って

1 [455件] あそばして, あった水, あった長, あまり関係, あらざるの, あらゆる愛, あらわした帖, ありそう, あり金属, あると, あるもの, ある卒塔婆小町, ある唐児, ある唐獅子, ある少女, ある年, ある形, ある悪魔, ある支那, ある文覚荒行, ある正行, ある清正, ある燈台鬼, ある狐火, ある獅子, ある由井正雪, ある聖女ツェツィリヤ, ある花和尚魯智, ある藤原鎌足公, ある行列, ある西洋悪魔, ある西班牙, ある貧乏神, ある趣, ある通り, ある閻魔, ある騎士, ある髪, いつまでも, うつす君, お前が, かいたお, かいたその, かいたの, かいたみたい, かいたもの, かいたやう, かいたらば, かいた世の中, かいた何, かいた小, かいた幽霊, かいた座頭, かいた森, かいた火星人, かいた豹, かいた雨竜, かいた高僧, かいても, かかる当初, かかれたさびし, かかれた美女, かかれた鬼, かかれに, かかれ歌, かきたいと, かく, かくからは, かくとは, かく幽霊, かけて, かけまい, かけるかも, かけるほど, かける夜叉, かける女, きて, きまって, くまれる個性, こって, こもって, これを, こんなの, させて, したい, したいほどの, したって, したよう, したり, したオットマン, した物, しなくても, しろ建仁寺, しろ彫刻, するところ, するには, するの, する為, せなか, せよ瑠璃, せよ陶器, そういうもの, そっくりの, その狂言, それらの, たしかにそっくりだった, だつて, ついた折れ目, つかう用紙, つかう花野茅原, つかれ三月, つきて, つくづく見入り, とり立て, どこか, なぜそんなに愕, なったお, なったの, なったよう, なったらしい, なったり, なった水茶屋, なつちまつた, ならず写真, ならないもの, ならない作品, ならまだしも, なりさうな, なりますと, なり絵, なり過ぎて, なるか, なるじゃ, なるという, なるといふ, なるとか, なるどころか, なるもの, なる一節, なる世界, なる実に, なる景色, なる辻, なる鳥, なれた人たち, なれてさえ, のますこと, ひきつけられて, ひきつけられるの, ひそかな, ひどく似, ひどく感心, ほか見, まさるもの, みとれお話, みとれて, むかって, むかつて, もしましょ, もって, もどって, やった, よくにし, よく描い, ギモンを, タイヤを, パリの, ピッタリと, ピッタリ合った, 一定の, 乳母や, 仕上がったの, 仕上げるため, 仕立てるため, 付した解説, 会いに, 会して, 似たり, 似たるもの是也, 似た時雨雲, 似てるという, 佇み繧繝縁, 何か, 何百年か, 佗しくなっ, 作者の, 使われて, 例を, 供えて, 依って, 依つて, 倒された兵士, 傾注し過ぎ, 入つたもの, 全身火燃え立ち居る, 共通した, 共通の, 写された, 写して, 写し改めた, 写生の, 凄気, 凝って, 出くわした, 出して, 出た芳年, 利用する, 到つて, 動きを, 勢いが, 半ば床の, 厳粛さと, 取ったので, 取って, 取代えた, 古歌, 向いて, 向えたこと, 向かいさえ, 向けたまま, 向ったきり, 向つて頭, 含まれて, 吸収される, 味いが, 味ひ, 喜ばしい驚き, 在る支那兵, 地中海で, 均しきもの, 墨を, 多分に, 天女が, 好きな, 存するもの, 定ってる, 実際の, 対して, 対った, 封ぜられたもの, 導いて, 就いても, 尽きるであらう, 屋形船なる, 属する物, 山陽が, 川柳など, 差し出口を, 引きつけられ彼, 引立てられたもの, 彩色を, 往々故意, 往々私, 必要な, 志すほどの, 思いの, 感化され, 感嘆し, 慣れて, 拠つて私は, 接吻しました, 接近し, 描いたが, 描いた不, 描いた不動様, 描いた乳母, 描いた人魚, 描いた化地蔵, 描いた十二支, 描いた唐子, 描いた国, 描いた外科医者, 描いた女, 描いた安達ヶ原, 描いた小松葺, 描いた怪物, 描いた木曾, 描いた河, 描いた河童, 描いた火の玉, 描いた物, 描いた白い, 描いた相馬, 描いた美男子, 描いた美男美女, 描いた若衆, 描いた荘子, 描いた蛍, 描いた赤鬼, 描いた遊女, 描いてるん, 描かせたの, 描かせたり, 描かせる世話, 描かれたほどの, 描かれたよう, 描かれた君, 描かれた所, 描かれた水精, 描かれた白樺の木, 描かれた空, 描かれてでも, 描かれるあの, 描かれ江戸市民讃仰, 描きたいからと, 描きたいほど, 描きました, 描き度いため, 描き替へ, 描き詩歌, 描くとき, 描くぼく, 描く人物, 描く対象, 描く肖像, 描けない, 於けるカンバス, 於ても, 於る如き, 早がき, 時々なった, 時として佳き, 時に私, 時間を, 暮らして, 書いたり, 書いたヒョットコ, 書いた様, 書いた美人, 書き取りて, 書き物語, 書き現, 曽て, 最後の, 梅を, 欧風の, 欲しや, 残して, 残って, 比べて, 比べては, 比べ見て, 気品が, 没頭し, 泣く人, 注ぎこんで, 深くかが, 渡して, 漆や, 無関係な, 熱心な, 物たり, 独特の, 猿ぐつわを, 現し得るだけの, 現わし, 現われる手, 理解の, 理論が, 生気が, 生気は, 生涯の, 画いた方, 画いた虎, 画かしそのうえ, 画かれた像, 画かれること, 画く猩々, 略画が, 異常な, 盛ること, 示して, 私は, 秋草の, 秘曲の, 移しても, 精根を, 絡まるエピソード, 線を, 美を, 美禰子を, 義理の, 自作の, 至るまでには, 致しましても, 色が, 表れた女形, 表現され, 表現したかった, 装飾才能の, 見えた, 見えたもの, 見えた僕達, 見えて, 見えるの, 見えるもの, 見かける半身, 見たの, 見たよう, 見たる屋島壇, 見て, 見どころを, 見ま, 見る, 見るもの, 見る事, 見る卒塔婆小町, 見る城, 見る太古, 見る悪鬼, 見る捕物, 見る白魚舟, 見る般若, 見る花野原, 見る通り, 見る通り道, 見る関寺小町, 見入った, 見入りながら, 見入りました, 見恍, 見惚れて, 見自分, 親しむ事, 触りながら, 記録された, 誘われて, 説明が, 讃し, 賛を, 趣味が, 足が, 身を, 軽く絵具, 較べて, 近いさ, 追われて, 進化した, 違いありません, 適当すべき, 鄙少女を, 重ねて, 関した品々, 関係ある, 関係の, 限らずあらゆる, 限らない, 集中し, 静さと, 静物や, 非常に, 面白いところ, 題字せられた, 飽かざる新鮮味, 鶴亀松竹を

▼ 絵~ (195, 2.1%)

3 あった, 何も, 描いて, 書も 2 ある, かくん, よかった, 持って, 描く, 見て

1 [171件] ああいう, あったかと, あったもの, あったよう, あって, あつた, ありその, ありました, ありましたこれ, あります, あり活字, ある二枚, ある意味, ある程度描ける, いろいろかい, うまい同君, うまくなり, お書き, かかずに, かかなくて, かきたい, かきます, かくやの, かく陶器, かけず詩, かけば, このまま, この類, こんなに事実, すこしばかり, すこし描く, そういう技巧上, そういう風, そうしたこと, そこらに, そのとおり, その作者, その全体, その時, その通り, それとなく拝見, それを, そんな遠い, どんな憂き辛, ないで, なかった, なかなかおもしろい, なかなか易しく, なかなか鮮明, なく発刊, なって, へんな, まずくなり, また創作, また日本, また決して, また自然, みんな無残に, やはり偶然, やはり南室, やはり自分, やらずそのうち, やるんぢ, ようの, よくうつし, よく描く, ろくに描かず, わからない, わかりました, アツイ絵ばかり, ピエタの, 一つ見ずかえる, 一枚あった, 一流行歌作曲者の, 上手だって, 上手である, 下品に, 下手に, 二つ出来た, 二枚や, 亦この, 亦印象, 何にも, 何の, 何もかも皆台, 作らず今年, 写生や, 出さなかつた, 分らないから, 初期の, 勉強する, 却, 及びがたき, 可なり, 同様である, 喜んで, 大家が, 好きで, 好きであった, 好きでした, 妙に, 妙手で, 始めは, 子供の, 実は職工的, 尠し, 平凡でない, 床脇の, 彫刻も, 彼の, 従来の, 従来一つとして, 得意の, 思う存分, 挨り, 描いてないし, 描かぬ水, 描きたいが, 描きません, 描き文章, 描く字, 数多く眼, 文章も, 日本と, 普通ありき, 書いては, 有名だ, 松の, 栄えないで, 模様も, 欲しかった, 歌の, 歌も, 正統かも, 決して杜絶, 沢山あり, 沢山ある, 沢山は, 無いので, 無理に, 生活の, 画けなかった, 百四十点も, 相当描く, 眠りに, 眺めて, 碌に, 示された記憶, 禅僧余技の, 私には, 絵だけとして, 習え学問, 自分は, 落着いた, 薄墨や, 複製も, 要するに無, 見さして, 見せて, 見た, 見てから, 覿面だ, 解さないという, 評判でございます, 読めるん, 讃も, 部屋の, 震災で, 音楽も, 須美子の, 香も

▼ 絵~ (174, 1.9%)

7 なって 4 いえば

2 [13件] いうと, いうよりも, いって, その額縁, ちがって, なつて, なるべき点, 反耶, 同じよう, 最初に, 比べて, 称するもの, 詩と

1 [137件] あっては, いい文字, いい文章, いい絵馬, いっても, いつて, いふからには, いへば, いわず字, いわれますもの, おぼしく書, かすむ車峠, かながきの, きては, この作者, そっくりだった, そっくりの, ちゃんぽんに, なぞの, なり明和年間, なるいわれ, なると, なる世の中独り文章而已, ぴったり合っ, よみ人の, わかるひと巻, ドイツの, ピーター大帝の, フランス近代画家の, ルウベンスの, 一対の, 一緒に, 並べて壁間, 並んだ自身, 並んで, 云い景, 云うの, 云えない, 云った方, 云って, 云っても, 云はんに, 交換に, 今の, 似たところ, 似てるな, 全くその, 全然別, 兵隊の, 写真とで, 写真を, 出会うの, 出来ない絵, 出来栄え比べなどは, 刺繍が, 刺繍の, 刺繍を, 卑弥呼を, 参照し, 取組んで, 句を, 同じ仕事, 同じ意味, 同じ視角, 同一状に, 同時にその, 名人の, 向かいあって, 呼ばれるほどに, 呼びて, 呼びべに, 喬之, 声の, 変って, 夢とを, 好対照, 子供たちとを, 字とは, 字を, 対幅を, 小説と, 広重の, 弟琴二郎まで, 彫刻とを, 彫刻を, 思います, 思わないで, 恭介の, 感違いし, 技巧の, 改めさせて, 文とで, 文字で, 文字との, 文章で, 文章と, 映画に, 春章が, 書の, 横に, 浅草人形, 漆絵とを, 玩具の, 現実との, 由来記に, 申すもの, 異って, 異なるところ, 異る, 目の, 看護婦は, 真個う, 真物の, 称する極めて, 等しく怒った, 素朴な, 結びつけずには, 絵を, 絵馬の, 美人画とを, 見くらべて, 見ても, 見るならば, 言うても, 言った, 説とに, 赤絵とが, 道具を, 違った世界, 釉薬とに, 陶器とは, 音楽との, 音楽とを, 音楽の, 額縁との, 黒ずんだ歯ぐき, 鼎立し

▼ 絵~ (169, 1.8%)

6 あつた 5 見ると 4 見て 3 いえば, もって, 見るよう

1 [145件] あつたの, あらう, あんまり上等, いった芝居, うんと賑わし, おなじみの, かいたよう, これは, これも, さへ, すっかりおなじみ, すら見た, その上, その下, その例, その当時, その筆力, ちゃんとご, なじみある強烈, はり板の, びっくりし, みたくらい, みても, めしさえ, もっと好い, ものを, よく見受ける, アルプスが, スケッチを, 一つは, 一ぴきの, 一ぺんで, 一人の, 一本は, 一生立とう, 上に, 中でも太陽, 云えば, 云ふ, 似て, 充たされて, 即ち次々, 収穫の, 右肩に, 喜多実氏の, 売り込むの, 売れるん, 奈良絵本が, 好いて, 如何なる記述, 子供を, 子供心にも, 小さな反逆, 岩井喜代太郎が, 平次が, 得た経験, 手紙を, 扱つた, 描いたら頭部, 描いた建て札, 描いて, 描くと, 描けば, 日出新聞, 書いた, 書いたもの, 最もよく代表, 椅子に, 模写した, 殆ど涙ぐましく, 気持の, 汚して, 無くて, 片づけること, 版が, 生活し, 申しますれば, 画くまた, 画くよう, 疲れた時, 眺めて, 眺めるやう, 知ったほぼ, 知った鎧びつのような一具, 示して, 私を, 立て通そうと, 立とうと, 笛畝は, 絵そのものが, 縦横無尽に, 胸を, 自分を, 色絵具で, 行こう其方, 表現する, 装飾された, 装飾し, 装飾した, 覆われて, 見たこと, 見たばかり, 見たよりも, 見た京城, 見た人魚, 見た伏籠, 見た大将, 見た或, 見た明国, 見た景色, 見た水木辰之助, 見た火星人, 見た骸骨, 見ても, 見なくても, 見なれたイタリア松, 見ますと, 見るぎり, 見るじゃ, 見るだけの, 見るやう, 見るポンペイ, 見る仙女, 見る天使, 見る天神様, 見る如く正しく, 見る寒山拾得, 見る楊貴妃, 見る様, 見事な, 見知って, 見知つて, 見覚えの, 言うなら自分, 言えば, 認められたの, 説明が, 赤鬼青鬼は, 農村の, 闡明しよう, 顔が, 食えるかと, 飾った三等列車, 飾って, 飾られた壁

▼ 絵~ (129, 1.4%)

3 字を, 彫刻や 2 はん, 字は, 小説や, 彫刻が, 彫刻の, 彫刻を, 文学が, 文学や, 歌や, 統計の

1 [103件] おかしな顔, お久良, この巻物, その乳母たち, その他さまざまな, それから, なあ, もっと大きな, わずかに, ウダールニクだ, グラフを, フランス語の, マイヨールの, ムリリョの, 七福神富士山の, 三枚続きの, 人を, 仏像が, 仮綴じ, 何か, 何かを, 写真で, 写真などにも, 写真にも, 判じ絵を, 千代紙の, 千代紙は, 参考品を, 又は漢文体, 図案の, 塀の, 婦人の, 子供の, 字が, 字なぞを, 富士山の, 小説を, 建物を, 建築文学が, 彫刻なぞと, 彫刻にも, 彫刻により, 彫刻は, 彫刻よりも, 彫刻活動写真の, 彫物で, 情実関係としか, 或は又, 押絵に, 文句が, 文句で, 文字に, 文字の, 文字を, 文学にも, 文学を, 文章には, 文章の, 文章を, 新聞記事を, 日本画の, 本や, 染色や, 模様を, 機械の, 武具などを, 浮世絵は, 漫画彼らの, 版画には, 独逸語の, 画家の, 立派な, 笛や, 粉本などで, 紙質の, 自分で, 舞踊や, 花を, 花床や珠飾りを, 萩の, 装飾には, 見舞いの, 言葉を, 詩が, 話を, 豊国の, 豹の, 野蛮人の, 錦の, 阿蘭陀伝来の, 静物の, 音楽が, 音楽で, 音楽と, 音楽に, 音楽にも, 音楽の, 音楽やの, 風俗絵や, 風景画や, 骨董品は, 髪結いと, 鶏の

▼ 絵看板~ (109, 1.2%)

5 を見, を見上げ 4 の前 3 をながめ, を見る 2 が見え, だ, をあげ, を仰いだ, を見たい

1 [79件] からでも抜け, があ, があげられる, があった, がある, がかかげ, がごちゃごちゃ, がたくさん, がならび, がみんな, が両側, が並び, が五, が出, が出た, が懸かっ, が懸け, が毒々しく, が沢山, が立つ, が連なっ, だとばかり, ちらと, であつ, ではない, と同じく, と幟, と跳舞大会, なぞを見, にあくどく, にでっくわし, にはうそ, には数回, によく, に宿場女郎, に応用, の, のあくどい, のなか, の下図, の下絵, の感じ, の殺伐残忍, の沼, の色彩, の赤ペンキ, の辻, の長い, の間, は, はこれ, は女だてら, は舞台, は芝居小屋, へ見入った, またその, もあった, もなく, も美しく, やのぼり, や場代, をふり仰ぐ, を出した煮, を御覧, を打, を振返る, を掲げ, を掲げた, を沢山, を洋酒, を畳, を白っぽく, を瞥見致候, を蔽, を蔽う, を見た, を見とれ, を見比べ, 見あげたり

▼ 絵でも~ (101, 1.1%)

4 描いて 3 彫刻でも, 見て, 見るよう 2 何でも, 小説でも, 陶器でも

1 [82件] あり実感, お描きなさる, かいて, この長方形, されば, そうである, そこに, その他の, その配合, それに, そんなの, ないでしょう, ないわねえ, なかなかな, ながめて, なくはた, なし, なんでも古い, なんにもわかっ, やはりちょうど裁判官, ゆっくり御覧, ガラスでさえ, チベット固有の, 一度も, 一枚一枚見, 並々ならず, 人間でも, 人間問題の, 今見, 何処の, 出来そう, 加えたらどう, 勉強し, 北斎が, 同じこと, 同じ事, 味おうと思え, 売れ行きは, 女が, 字でも, 実にこせつい, 実物でも, 御承知, 御覧に, 描いたら着物, 描くでしょうし, 描くよう, 文学でも, 日が, 日本人の, 書いて, 書でも, 椿岳のとは, 決して好き, 火に, 真面目に, 眺めて, 眺める様, 線と, 習いたいそういう, 習うて, 習おうと, 習は, 習わそうか, 自分が, 自分に, 芸術の, 表わせぬある, 見せられたやう, 見たこと, 見たらこころもち, 見た事, 見た方, 見ちがえたの, 見に, 見ようによっては, 見るかの, 見るから, 見るやう, 陳列される, 雪降りの, 音楽でも

▼ 絵には~ (96, 1.0%)

2 それは, どうしても出, 不思議な, 模写も, 義和団の, 違いない

1 [84件] いくらでもある, いつでも, いつもあ, おもしろい話, お前の, かつていや, この虫, そういうふう, そういつ, その, その昔テムズ河上, その魅力, た, どうしても魅了, どうも欠乏, どこか, どこかに, どのよう, どれを, なかった, ならん, また北斎, また買う, まだ幾分, よく竹, イール・ド・フランスや, 一層すぐれ, 不思議に, 人品の, 何か, 何かしら動かせない, 何時もながら, 余分な, 光線が, 共通し, 出会うこと, 別にこれ, 合って, 増阿弥の, 多くの, 女の, 宝暦時代より, 対象に, 少しも, 巴里の, 庭の, 弾丸に, 当時名を, 彩色を, 彫刻的な, 技法が, 支那のが, 日本の, 早くも, 明かに, 時々心臓, 未練が, 松の, 次の, 殊に葛飾北斎, 気合いが, 決して芸術的, 現実の, 籠を, 素描である, 署名ある, 署名こそ, 自然界では, 良く人柄, 色気が, 花を, 落ち着いた渋み, 葉子と, 見た眼, 見るもの, 詩が, 赤い光線, 野菜果実草花器物等が, 鍵を, 間違ったもの, 随分つまらない, 頗る大形, 馬にの, 鹿も

▼ 絵にも~ (68, 0.7%)

3 彫刻にも, 歌にも, 筆にも 2 写真にも, 描けたもの, 描けないほど, 文にも, 文学にも, 見たこと

1 [47件] ありあり出, お綱, かかれず暮, かかれない様, かぎるまいけれども, された小町娘, それが, どうし, どの絵, なまなましいペンキ絵, ならず生れながら, ならず音楽, ならない, ならないの, ならないほど, ならないやう, ならないアダム, なりましょうが, なりません, なりませんわ, なんにもなる, ひろがって, やはり東洋人, よくその, カビが, 同じもの, 同じ四つ目垣, 好みが, 山楽の, 幾度それが, 形にも, 描かれて, 描かれなかった, 描かれ舞台, 描きたいばかりの, 描けない, 文章にも, 書きあらわせない, 根幹の, 格の, 残って, 残りまた, 氷河を, 落款という, 見た事, 詩にも, 負けないだろうという

▼ 絵~ (57, 0.6%)

3 と思っ 2 ということ, と思う, よ

1 [48件] かもさっぱり, からこの, からさ, からである, からといっ, からな, から南画, から忽ち, かわからない, かわかりません, か何だか, か模様, か符号, が, がこんな, くみうつら練り続け, ことね, この人, し鍋井, すばらしくいい絵, つたかも, という例, という自己破壊的, といっ, とか云う, とか写真, とか団十郎, とか歴代天皇, とか気味, とか真黒学校, とするなら, とはいちど, とは知られたくない, とも評する, と一つ冗談, と他人, と仰, と何, と思った, と感心, と言う, と言っ, なんてそう, のって, のに時々, のの, のを, 明るい

▼ 絵では~ (57, 0.6%)

12 ない 4 あるが 2 ありません, ないか, なかった, なくて

1 [33件] ありませぬ, ありませんよ, あり得ない, あるまいかと, すみさ, ずいぶん見せつけられ, その虎, ないが, ないだろう, ないと, ないな, ないの, ないわ, ない新聞, なくまた, なくまったく, なく字体, なく画幅, みて, もちろんの, 人間の, 寸法を, 描きあらわされない境地, 日の出前に, 服装や, 私の, 竹内栖鳳や, 見たこと, 見て, 見ましたが, 誰も, 雪の, 飽き足りなくて

▼ 絵から~ (42, 0.4%)

2 わかる, 受ける感じ, 抜け出たよう

1 [36件] あらを, いっても, うけた印象, すっかり塵, すべて新しい, つたわるの, ぬけだしたよう, ぬけでたよう, ぬけ出たよう, まじまじとかの, ワイセツ感を, ヴィンセントの, 切り抜かれた小さい, 判断する, 取り去つた, 埃を, 学んだ, 心よい, 思い寄って, 感じベンチ, 感ずるもの, 抜けでて, 抜け出して, 抜け出た男, 推して, 最近の, 浮び上がって, 浮び出て, 牛と, 目を, 真実の, 私は, 精出して, 考え出したん, 衣類大小それこそ, 視線を

▼ 絵ハガキ~ (42, 0.4%)

3 が来た 2 を見

1 [37件] からつかむだろう, が大好き, が張りつけ, が来, が流行, が許され, さえ重吉, だと, でも送る, で是非ランプ, で見た, とが来, なぞも上方屋, にお手玉うた, には大形, の売高, の道庁, みて, も売っ, も用意, や参詣者, や小, や案内記, を, をお, をこなごな, をとり, を取っ, を整理, を書いた, を有難う, を見た, を見る, を読み返し, を貰, を買う, を送った

▼ 絵端書~ (42, 0.4%)

1 [42件] かと思い, がまた, が大分, が机, が来た, が済ん, が茶の間, ではない, でも送っ, で見た, などに造っ, などを列べた, などを受取る, になっ, に簡単, の色, の表, は, はまだ, は着いた, へ, へ一口, へ二三行, も送っ, や三面記事, をまだ, をみんな, を一組, を別, を売っ, を寄す, を手, を持っ, を持った, を書いた, を書き, を袂, を見, を見つめ, を買っ, を買わん, を送り来る

▼ 絵ばかり~ (38, 0.4%)

10 描いて 4 かいて, では 2 見て

1 [18件] かきつけて, だから, だね, であった, でありました, である, でした, でしたので, ですね, でその, でなし, でも, なの, 描きたがるので, 描くよう, 描けるもの, 書いて, 目に

▼ 絵さん~ (37, 0.4%)

2 の注意, の顔

1 [33件] が婿君とこ, が手縫, が此辺, が生き, が若手, だ, だこと, である, とやらを旨ア, に其の, の, のうち, のもう, の労, の友染, の姿, の心, の手縫, の白い, の眉, の聡明さ, の胸中, の血, はお, はそれでも, は岩田君, は真赤, もきつ, を, を地獄, を知つて, を衣絵さん, を詩人

▼ 絵という~ (37, 0.4%)

6 のは, ものは 5 ものを 2 ものが, ものに, ものの

1 [14件] のを, ものと, ものも, もんは, やつに, 事である, 事に, 事を, 女が, 妻が, 小説が, 思い思われた, 独立した, 風情にて

▼ 絵模様~ (35, 0.4%)

2 でした, の青い

1 [31件] ある襖, があり, がべったり, が日本, である, でなく線模様, で飾られ, として綴られ, となりました, ともいふべき, など見る, に, にした, に拙い, に描き直された, のある, のよう, のリズミカル, の中, の感じ, の水差, の附いた, はありません, はなく, や絵詞見立て, をかく, をさぐろう, を浮かべたたえ, を画いた, を畫, を語っ

▼ 絵~ (34, 0.4%)

5 雑誌を 2 好色本の, 教訓近道, 新聞が, 新聞の, 新聞を

1 [19件] で幾冊, の三国志, の草双紙, の雑誌, ロンドン, 新聞で, 新聞に, 新聞には, 新聞にも, 新聞遣, 本を, 本二冊十五ルーブリ, 聖書を, 自由, 自由新聞, 自由燈新聞社の, 軍記を, 雑誌が, 雑誌などに

▼ 絵として~ (31, 0.3%)

2 最も好ましい大き, 眼に, 面白いもの

1 [25件] では, なかなかよい, ながめるだけの, まざまざと, ローランサンなんかが, 世間の, 出品する, 売り出され諸人讃美, 心を, 心残りなく, 旅人の, 有名に, 永遠の, 私に, 自分には, 落付い, 裏から, 見た時, 見て, 見るに, 見る時, 見音, 迫って, 通用しない, 都合の

▼ 絵~ (28, 0.3%)

1 [28件] いうもん, うもう, このモデル, と大分, と音楽, にかいた, に画いた, のこと, の先生, の前, の感じ, の方, はちょっと, は下手, は顔, もっと私, もよう, や文学, 出来上るつもり, 書いたり, 書いてるいうこと, 書くため, 画かんかって, 画きなおそ思, 画くいうても, 画くくらい, 画くとこ, 習いたかったら研究所い

▼ 絵などを~ (25, 0.3%)

2 描いて, 見せて

1 [21件] いっしょに, かきながら, やってる男, よく描いた, 中宮からも, 出させて, 呉れて, 好んだに対して, 始めとして, 少し書き, 御覧に, 御覧も, 描く人, 書いて, 漁って, 眺めながら, 見て, 見るにつけ, 見馴れて, 配合し, 黒田が

▼ 絵など~ (24, 0.3%)

2 ついぞ見た, 描いて

1 [20件] いっそいつ, おぼえて, かけないがね, つれづれに, とどめおかましう思ひける, ろくなもの, 一しょに, 切って, 多くの, 打ち眺め, 技術的には, 教えて, 画きそれ, 習わして, 見せて, 見ると, 覗きに, 覚えて, 随分形式的, 高価に

▼ 絵島丸~ (24, 0.3%)

3 の中 2 が横浜, ではいろいろ

1 [17件] が残し, が疲れきった, で帰っ, のサルン, の上, の事務長, の検疫事務, の甲板, の船室, はあわただしい, はシヤトル, は機関, は泣きわめく, は風, まで行っ, もまじっ, より一日

▼ 絵~ (23, 0.2%)

5 がたが, がたを 3 がたの 2 がたに 1 がた, がたじゃ, がたと, がたな, がたにも, がたへ, がたより, がた来りし

▼ 絵である~ (23, 0.2%)

2 と思った

1 [21件] かどう, から山水画, から自分, か云わ, が, があそこ, がさりとて, が一羽, が当時三枚二百文, ことも, しかし私, という, ともまた, と無邪気, と言う, と誰, どういふ風, にしろ, 事は, 幽霊せり出しは, 画庫から

▼ 絵日傘~ (22, 0.2%)

2 を尾, を得意

1 [18件] あぐる, が打ち寄せられ, が浮かぶ, が紅い, が門, に似た, に当る, の娘, の柄, はもう, をかなた, をさした, をさして, を持ち, を探し, を翳させ, を逆さ, 持たせやるべきか

▼ 絵~ (22, 0.2%)

2 はその, はそのまま, は如何にも

1 [16件] あり, というもの, としては美しい, と琴二郎様, と謂っ, にどれ, にはまずまず, に見なし, の口, の様子, はいまだかつて, も単なる, も琴二郎様, を浮世画, を胸, 見た様

▼ 絵そら~ (21, 0.2%)

2 ごと, ごとだった, 事と, 事を

1 [13件] ごとだ, ごとでも, ごとと, ごとといふ, ごとに, ごとに対して, ごとの, ごとや, ごと長明入道さまの, 事という, 事は, 事も, 事よりは

▼ 絵~ (21, 0.2%)

4 のである 3 のだ, んです 2 んだ 1 の, のであった, のであろう, のでしょう, のです, ので見苦しい, ので飾り皿, んざかいちゃァ, んでしょう

▼ 絵について~ (21, 0.2%)

2 もう一つ

1 [19件] あれは, かなりしっかりと, こういう新しい, この八戒, さまざまの, 二人の, 今年など, 何も, 何事をか, 全くの, 全く素人, 少し批評, 感ずる矛盾, 感想が, 憶い出す, 私は, 自分が, 言うと, 警句を

▼ 絵などは~ (17, 0.2%)

2 主として粉末絵具, 間食の

1 [13件] あらう筈, かすかである, どこか, なく家具, ほんのお, もう大概きれい, 作者が, 単に田舎, 実に好き, 殆ん, 生れ代っ, 目に, 頽勢期の

▼ 絵よりも~ (17, 0.2%)

1 [17件] お嬢さんの, このお, はるかに, もっともっと美しい, ズウットズウットお, 写真の, 出来が, 尚多い, 巧い, 巧いぐらい, 建築と, 彫刻に, 往々に, 武者絵を, 綺麗だ, 美しい景色, 速くきりりと

▼ 絵です~ (16, 0.2%)

32

1 [11件] がな近所合壁, がね大体下絵, がウム, が大津絵, って, と大抵一通り, なあ, ねとすこしも, よ, よい出来, ネー

▼ 絵~ (14, 0.1%)

1 [14件] そうでなけれ, それとも思い切っ, なんかあった, 何かの, 何かを, 何ぞの, 和歌か, 因果絵でなく, 恋か, 知らないけど, 絵草紙の, 観念かの, 面白い新案物, 音楽の

▼ 絵だの~ (14, 0.1%)

3 彫刻だ 2 木像だの 1 スケッチだ, マリアの, 三十三間堂の, 古本だの, 彫刻だの, 新聞の, 玩具だの, 花だ, 陶器だの

▼ 絵とか~ (14, 0.1%)

1 [14件] アブナ絵とかを, カフェーとか, 何でも, 傷病兵を, 山吹の, 建築とか, 彫刻という, 彫刻の, 水彩とかいふ, 版画類からの, 珍らしい, 遊び事を, 道具とかいう, 音楽とか

▼ 絵とは~ (14, 0.1%)

2 全く反対, 違って 1 こういうもの, どうもちがった, よほど変っ, 云え一匹, 今の, 反対傾向の, 妙な, 思えなかった, 違った下品, 釣合わないもの

▼ 絵なども~ (14, 0.1%)

1 [14件] ある, その絵, ただ高価, やって, 今の, 初めは, 多く入れられ, 整理し, 朝鮮の, 皆古代, 矢代には, 習おう, 習って, 贈った

▼ 絵売り~ (14, 0.1%)

2 の扮装, の栄三郎 1 そのころ, としての自分, のいでたち, の変装, の若, の若い, の風俗, はただ, もの思いに, 栄三郎の

▼ 絵などが~ (12, 0.1%)

2 画いて 1 あったの, あるよう, そう風呂敷, たくさんある, 入って, 当時の, 自分には, 葛籠の, 豊富に, 郷里の

▼ 絵~ (12, 0.1%)

1 [12件] かい, が荷物, だろう, であつ, につつんだ, はなかっ, は呉れる, をはた, をはつ, を大方, を買っ, 呉れないか

▼ 絵からは~ (11, 0.1%)

1 [11件] ある程度の, ナイーブな, 一つの, 何か, 何等彫刻的, 受ける事, 吾人が, 批判的な, 竦ませるよう, 自分は, 見る者

▼ 絵だって~ (11, 0.1%)

2 その通り 1 きっと巧, すべてこれ優しい, それも, まだ描かない, みんな描けます, 僕は, 同じな, 誰が, 駅だって

▼ 絵との~ (11, 0.1%)

2 連想 1 ちがいどころで, 二つの, 加速度的な, 境を, 大きな写真, 悪どい似, 時代的相異, 混同かも, 間に

▼ 絵なんか~ (11, 0.1%)

1 [11件] かいて, つまらないよ, ぼくだ, 在る場合, 少し風, 描きません, 書いて, 見たいわ, 見たくないそれ, 見ようとも, 解らないよ

▼ 絵付け~ (11, 0.1%)

2 をし 1 がもの, が主, となる, においてもまた, に用いる, の仕事, をさせ, を自分, を託し

▼ 絵だけを~ (10, 0.1%)

2 描いて, 見て 1 つけること, とって, みて, もう一遍陳列, 例にとって, 先に

▼ 絵にでも~ (10, 0.1%)

5 ありそう 1 ある様, して, なんにでも, 必ず現われる, 書いて

▼ 絵によって~ (10, 0.1%)

3 世の 1 である, 取扱われて, 我々は, 教えられる浦住まい, 窺われますから, 絵を, 音楽を

▼ 絵~ (10, 0.1%)

2 の心得, はあきらめる, を試み 1 に従, に志ざした, の事, ノ事ハ絶エテ人知ラズ

▼ 絵物語~ (10, 0.1%)

1 がみんな, でおぎない, なぞによっても牛若どの, のひと, の女, の尽きた, の本, は変, を描い, を陳列

▼ 絵~ (10, 0.1%)

2 のもの 1 と釉掛, においても線, の煮染皿, は北方, をある, をします, をする, を活

▼ 絵さま~ (9, 0.1%)

3 をお 1 とか聞い, には, のお, の事, をさして, 故にそれほど

▼ 絵なら~ (9, 0.1%)

1 おもしろい錦絵, かかる反復, たしか倉敷, ば落, 御免だ, 水墨ひと刷毛の, 真心を, 絵を, 誰に

▼ 絵みたい~ (9, 0.1%)

1 な場所, な景色, な漆喰細工, な諏訪山, にすばらしい, になる, に冴え, に頭, の贋物

▼ 絵より~ (9, 0.1%)

1 その顔面, もっと明るい, よくなった, 一層病的, 外の, 寛保宝暦の, 美しい, 転じて, 顧みられない雰囲気

▼ 絵そのもの~ (8, 0.1%)

1 がたしかに, が少し, にあいそ, のうまい, はいささか, は実に, よりも寧ろ, を独立

▼ 絵だけ~ (8, 0.1%)

2 描いて 1 であった, です, でその, でなく漢籍詩文, 見て, 見落さないやう

▼ 絵といふ~ (8, 0.1%)

2 のは, ものは 1 ことも, ものが, ものも, ものを

▼ 絵とき~ (8, 0.1%)

1 が出来ず, が出来なかった, で場所, で見る, や念仏, をきき, をし, をしてやった

▼ 絵としては~ (8, 0.1%)

1 あまり芸術的, ごくつまらない, もちろん月並, 一つの, 日本一と, 最も立派, 足の, 面白くも

▼ 絵とも~ (8, 0.1%)

2 字とも 1 いわれて, つかないよう, みえた竹生島, 名づけ得よう, 呼び得よう, 言い得よう

▼ 絵とを~ (8, 0.1%)

1 同一視すれ, 同時につくる, 書きまくるつもり, 眺めた, 等分に, 見んが, 見比べた, 貼り込んだ部屋

▼ 絵らしい~ (8, 0.1%)

2 ものを 1 かも知れない, といふ, のを, 情景だろう, 絵と, 絵を

▼ 絵~ (8, 0.1%)

2 をし, をする 1 がし, と言った, を聞く, を聴く

▼ 絵なぞ~ (7, 0.1%)

1 すっかりやめ, で買って, 一目とも, 描かなくとも, 描きに, 描けるくらい, 習わせて

▼ 絵三昧~ (7, 0.1%)

3 の境地 1 に入っ, に耽っ, の境, の生活

▼ 絵~ (7, 0.1%)

1 あげたる, が一枚, が或は, である, には達磨, に己, を描いた

▼ 絵描座~ (7, 0.1%)

4 の兆二郎 1 と呼ぶ, に仕事, の細工人

▼ 絵草子~ (7, 0.1%)

1 で見た, などにも鏡, にも描かれ, の匂, の裏, を拡げます, を買っ

▼ 絵じゃ~ (6, 0.1%)

3 ありませんか 1 ないかって, ないん, ねえか

▼ 絵であっ~ (6, 0.1%)

1 たりする, ても作者, ても喜ん, て伯爵, て夢そのもの, て脇棚

▼ 絵であった~ (6, 0.1%)

1 から, からでも, がしかし, が寺, としたら, と思われる

▼ 絵としての~ (6, 0.1%)

1 よろしき構図, 価値も, 問題とは, 大略の, 感興が, 色彩甚だ

▼ 絵などに~ (6, 0.1%)

1 あるの, 出て, 反つて人間味, 描く人, 見られるやう, 面して

▼ 絵なり~ (6, 0.1%)

1 その二, 像なり, 句なりを, 彫刻なり, 文字なりに, 絵の

▼ 絵に対する~ (6, 0.1%)

1 今の, 態度だ, 熱心だけから, 私の, 苦しみとか, 鋭い感受性

▼ 絵~ (6, 0.1%)

1 が現れ, が発見, には魚, の中, を出す, を数える

▼ 絵~ (6, 0.1%)

1 が背面, その範囲, によって象徴, に描ける, は軟弱, をはり

▼ 絵~ (6, 0.1%)

5 の羽織 1 との模様

▼ 絵蝋燭~ (6, 0.1%)

1 の五色, は一つ一つふき, は他, も世, をたて, を燃した

▼ 絵行燈~ (6, 0.1%)

1 のよう, の下, の朱, の灯皿, や提灯, をかかげ

▼ 絵さえ~ (5, 0.1%)

1 つかわせば, はやって, 描かなん, 美しかったら, 見ると

▼ 絵そのまま~ (5, 0.1%)

1 な姿態, な美しい, のもの, の光景, の衣裳

▼ 絵であり~ (5, 0.1%)

1 ながらモティフ, ミニアチュールの, ワグネルの, 幼稚ながら, 腹ちがいの

▼ 絵でない~ (5, 0.1%)

1 から一筆, ことは, しょうこには, と思つて, 証拠として

▼ 絵とが~ (5, 0.1%)

1 あると, ぴつたり一致した, クドすぎる, 殆ん, 沢山ある

▼ 絵と共に~ (5, 0.1%)

1 手彩色墨摺板画の, 現れる, 習いはじめた, 説叙した, 長くつづいた

▼ 絵にまで~ (5, 0.1%)

1 して, そして充分, 描かれて, 画かれて, 自分の

▼ 絵に対して~ (5, 0.1%)

1 それほどの, ひょうびょうと, 思ったまま, 特別な, 素直に

▼ 絵まで~ (5, 0.1%)

1 かいて, 掲けて, 描いて, 載せて, 送ったの

▼ 絵~ (5, 0.1%)

1 カイテミタカッタノデスガツイカケナカッタノデス, カイテユク気ナイカ, ミセテクダサイ, 描イテ居ナイ, 見テモライマシテカラ故郷

▼ 絵~ (5, 0.1%)

2 は父 1 の方, はその, は何時

▼ 絵~ (5, 0.1%)

1 が磯, でもなく, の松, の言葉, 丸以来二人

▼ 絵殿~ (5, 0.1%)

1 と番, と言われ, に以前安置, のぬれ, の廊下

▼ 絵~ (5, 0.1%)

2 を詠んだ 1 に触れ, のこと, を行う

▼ 絵~ (5, 0.1%)

1 がある, の彩色画, の皺, の表現, を好み

▼ 絵だけが~ (4, 0.0%)

1 うきあがるもの, こうも, ながいこと教室, 浮きあがったよう

▼ 絵だけは~ (4, 0.0%)

1 たくさん切り抜い, やれるもの, 昔の, 毎巻

▼ 絵だった~ (4, 0.0%)

1 かな, ことを, のに, ような

▼ 絵でしか~ (4, 0.0%)

2 見たこと 1 ない, ない場合

▼ 絵でした~ (4, 0.0%)

21 が, がそれ

▼ 絵などの~ (4, 0.0%)

1 ついた人力車, 存在理由は, 書いて, 発達の

▼ 絵なんぞ~ (4, 0.0%)

2 描いて 1 いくらでも, 見に

▼ 絵にな~ (4, 0.0%)

1 つて, つてから, つて居, つて見えた

▼ 絵~ (4, 0.0%)

1 はいって, 筆を, 近づいた, 近寄った

▼ 絵までが~ (4, 0.0%)

1 にじんで, 穏かに, 蔵められ, 間違えるほど

▼ 絵ハガキ屋~ (4, 0.0%)

1 が出, のスタンド, のトリック師, の前

▼ 絵~ (4, 0.0%)

2 の女 1 には漆, の一人物

▼ 絵全体~ (4, 0.0%)

1 から受ける, が説明, に流れ, を俗悪

▼ 絵団扇~ (4, 0.0%)

2 のそれ 1 で襲いかかる, を執っ

▼ 絵~ (4, 0.0%)

2 の意趣 1 がつくづく, の北斎

▼ 絵屏風~ (4, 0.0%)

1 となる, なぞが立て回し, をさかしま, を展げたよう

▼ 絵~ (4, 0.0%)

1 が内職, だ, であるので, の書いた

▼ 絵手本~ (4, 0.0%)

1 でもと乞われる, をすぐ, をひろげ, を描い

▼ 絵書き~ (4, 0.0%)

1 で, と呼ばれる, の前, を脅迫

▼ 絵漆絵~ (4, 0.0%)

1 の役者絵, の類, より寛保宝暦, を出せり

▼ 絵画き~ (4, 0.0%)

3 になる 1 になっ

▼ 絵目録~ (4, 0.0%)

1 ともいっ, などすべてこれ, の末巻, をも添え

▼ 絵行灯~ (4, 0.0%)

1 に灯, に雁次郎, をか, をかかげ

▼ 絵~ (4, 0.0%)

1 に高, のすみ, の穴, もことごとく

▼ 絵ける~ (3, 0.0%)

2 鬼火の 1 看板を

▼ 絵こそ~ (3, 0.0%)

2 私の 1 大事明日までに

▼ 絵ざらさ~ (3, 0.0%)

1 が役立っ, の原色版, の材料

▼ 絵だろう~ (3, 0.0%)

21 としばらく

▼ 絵であろう~ (3, 0.0%)

1 とも一応, と実物, はずも

▼ 絵とともに~ (3, 0.0%)

1 後世に, 愛玩された, 東海道を

▼ 絵なぞは~ (3, 0.0%)

1 ことに著しい, 一向につまらない, 殆ど眼の

▼ 絵なる~ (3, 0.0%)

3 ものは

▼ 絵なんぞに~ (3, 0.0%)

1 して, よくある, 描かないでも

▼ 絵にさえ~ (3, 0.0%)

1 出た素晴らしい, 描かれた女, 特種の

▼ 絵についても~ (3, 0.0%)

1 一つ感じる, 当時の, 音楽についても

▼ 絵にて~ (3, 0.0%)

1 その数六枚七枚十枚十二枚, 名高き渋谷, 御覧の

▼ 絵ばかりは~ (3, 0.0%)

1 どう見, 負けずに, 駆け出しの

▼ 絵また~ (3, 0.0%)

1 丹絵には, 某の, 長絵

▼ 絵好き~ (3, 0.0%)

1 でよく, の同志, は親類知人

▼ 絵~ (3, 0.0%)

1 で顔, の影, を持っ

▼ 絵~ (3, 0.0%)

1 が毎月十一日, だねえ, になっ

▼ 絵摺物~ (3, 0.0%)

2 の板下画 1 に巧みなり

▼ 絵~ (3, 0.0%)

1 が嵌め込み, につけた, はあくどい

▼ 絵~ (3, 0.0%)

1 や御, を両, を伝え

▼ 絵雑誌~ (3, 0.0%)

1 から受ける, などをひろげ, などを与

▼ 絵~ (3, 0.0%)

1 に満, ばかりな, を濡らす

▼ 絵~ (3, 0.0%)

1 に一ツ家, の排列, やニコニコ

▼ 絵あれ~ (2, 0.0%)

1 はあたし, を見

▼ 絵~ (2, 0.0%)

1 ていた, てから合点長屋

▼ 絵いり~ (2, 0.0%)

1 雑誌では, 雑誌木や

▼ 絵かと~ (2, 0.0%)

1 疑わるる, 視め

▼ 絵かに~ (2, 0.0%)

1 特別の, 見るよう

▼ 絵ぐらいに~ (2, 0.0%)

1 思われて, 止まって

▼ 絵この~ (2, 0.0%)

2 単調な

▼ 絵これ~ (2, 0.0%)

1 などは画面, に東京絵図

▼ 絵~ (2, 0.0%)

1 これは, 蔵の

▼ 絵そっくり~ (2, 0.0%)

1 だった, の街

▼ 絵その~ (2, 0.0%)

1 文字が, 轆轤その

▼ 絵だけで~ (2, 0.0%)

1 二十枚も, 安心が

▼ 絵~ (2, 0.0%)

1 や, やない

▼ 絵でさえ~ (2, 0.0%)

1 あれば, 批評する

▼ 絵でし~ (2, 0.0%)

1 て荒野, て非常

▼ 絵でなく~ (2, 0.0%)

1 ては見る, て何

▼ 絵といった~ (2, 0.0%)

1 体裁で, 江戸絵の

▼ 絵とかいう~ (2, 0.0%)

1 ものの, 大分評判だ

▼ 絵どの~ (2, 0.0%)

1 と番, を蕩

▼ 絵なき~ (2, 0.0%)

1 絵本という, 絵本を

▼ 絵なし~ (2, 0.0%)

1 で行ったら, のや

▼ 絵なぞが~ (2, 0.0%)

1 あって, 書いて

▼ 絵なぞを~ (2, 0.0%)

1 かき母, 一ぱいに

▼ 絵などには~ (2, 0.0%)

1 到底見られない, 幽霊にも

▼ 絵なれ~ (2, 0.0%)

1 ど, ば高々

▼ 絵なんかは~ (2, 0.0%)

1 悲しいね, 技術的には

▼ 絵において~ (2, 0.0%)

1 常に呉州, 極めて無心

▼ 絵においても~ (2, 0.0%)

1 そうである, 決して春章

▼ 絵については~ (2, 0.0%)

1 先生は, 色々と

▼ 絵によりて~ (2, 0.0%)

2 都会と

▼ 絵に対してさえも~ (2, 0.0%)

2 厳しい批評眼

▼ 絵に対しては~ (2, 0.0%)

1 どうもわたし, 良心の

▼ 絵はね~ (2, 0.0%)

1 どこへ, 僕が

▼ 絵ばかりの~ (2, 0.0%)

1 中では, 雑誌が

▼ 絵ばかりを~ (2, 0.0%)

1 一心にくっ, 見て

▼ 絵ふで~ (2, 0.0%)

1 を動かしはじめました, を無

▼ 絵への~ (2, 0.0%)

2 思いを

▼ 絵ほどに~ (2, 0.0%)

1 俤の, 滲み出す

▼ 絵または~ (2, 0.0%)

1 一目見, 生花に

▼ 絵をば~ (2, 0.0%)

1 ここに, 哀れな

▼ 絵を以て~ (2, 0.0%)

1 これを, 最上の

▼ 絵を通じて~ (2, 0.0%)

1 感じられて, 言われること

▼ 絵エ出来~ (2, 0.0%)

1 上らんし, 上りましたので

▼ 絵~ (2, 0.0%)

2 具ヲ

▼ 絵一つ~ (2, 0.0%)

1 で叩き上げた, をさばきかねる

▼ 絵~ (2, 0.0%)

1 に二枚, に花鳥

▼ 絵二枚~ (2, 0.0%)

1 続きまたは, 続の

▼ 絵以上~ (2, 0.0%)

1 にこの, の画格

▼ 絵以外~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 絵作者~ (2, 0.0%)

1 も加, を風俗画家

▼ 絵入目録~ (2, 0.0%)

1 の, の出版

▼ 絵刷毛目~ (2, 0.0%)

1 なの, 流し釉

▼ 絵勉強~ (2, 0.0%)

1 の女の子, の娘さん

▼ 絵~ (2, 0.0%)

1 の事, の貝一つ

▼ 絵土瓶~ (2, 0.0%)

1 などは忘れ, の如き

▼ 絵売りと~ (2, 0.0%)

1 て街上, まで身

▼ 絵~ (2, 0.0%)

1 に描いた, をあの

▼ 絵~ (2, 0.0%)

1 だ, の非

▼ 絵掛け~ (2, 0.0%)

1 ではなく, とか刷毛目

▼ 絵~ (2, 0.0%)

1 に向い, に近づき

▼ 絵甲斐機~ (2, 0.0%)

1 じゃア郡役所, の胴裏

▼ 絵~ (2, 0.0%)

1 は有名, は職人

▼ 絵硝子~ (2, 0.0%)

1 のはまった, やまたは

▼ 絵磁器~ (2, 0.0%)

1 に類似, はもとより

▼ 絵~ (2, 0.0%)

1 に囲まれ, を分け

▼ 絵紅絵~ (2, 0.0%)

1 には早く, を蒐集

▼ 絵紙鳶奴紙鳶~ (2, 0.0%)

2 で一枚

▼ 絵草子屋~ (2, 0.0%)

1 があっ, に売子

▼ 絵虚事~ (2, 0.0%)

1 がかえって, だと

▼ 絵製作~ (2, 0.0%)

2 の順序

▼ 絵覚え~ (2, 0.0%)

2 ていらっしゃる

▼ 絵覚束~ (2, 0.0%)

2

▼ 絵踏帳~ (2, 0.0%)

1 というの, は今

▼ 絵道具~ (2, 0.0%)

1 のいっぱい, を片

▼ 絵附け~ (2, 0.0%)

1 がし, が昔

▼ 絵附録~ (2, 0.0%)

2 に桜

▼ 絵高麗~ (2, 0.0%)

1 の美, やそれ等

▼1* [352件]

あそびまた女房自身, 絵あたりを見, 絵ありし事を, 絵いままた駕籠, 絵いや伊豆屋の, 絵うまいのね, 絵および藍絵に, 絵かね十六七年やがて, 絵かも知れない, 絵からでも進化した, 絵からも心善い, 絵かれたる十二光仏の, 絵がと両手に, 絵がね霰が, 絵がまとまつ, 絵がもやの, 絵きたない絵が, 絵は最初外国, 絵くに膠の入りたる, 絵くらいな程度, 絵くらいに徹頭徹尾月並, 絵ぐらいにしか見えない場合, 絵エ, 絵ことにめでたし, 絵こと伊豆屋のお, 絵ごとそっくり田舎, 絵さえがなんだか見ちがえる, 絵さん婿君のため, 絵しか見て, 絵した男女の, 絵じゃあないか, 絵じゃが余吾将軍維茂では, 絵すら描けない不自由さ, 絵ずきで友達との, 絵へ髪, 絵そして貼付けられたる, 絵それは絵, 絵それから大道で, 絵ぞと思へる, 絵たれにやる, 絵だけとして発達し, 絵だけにはいつでも, 絵だけの鑑賞に, 絵だけはと持ち出して, 絵だこや字だこ, 絵だったらそうは, 絵だれの, 絵ちやん, 絵ちやんが喜びませう, 絵づくしは今, 絵であったなら富士山ひとつで, 絵でありましてもやはり, 絵であればそれで, 絵でさえも調子を, 絵での狙いどころが, 絵でばかり見て, 絵で御座いましょうか, 絵というは淡島堂の, 絵とかに出る綺倆, 絵とかの価値を, 絵とからうけた感銘, 絵とかを複写する, 絵とさえ言えば, 絵としても描き足らぬ力, 絵とで培われた子供たち, 絵とでもいうべきでしょう, 絵とばかり思いこんで, 絵どう思いますか, 絵どうも見た目の, 絵どる段階から, 絵どれも暗い, 絵ながら描かれて, 絵などから浮んだ想像, 絵などでいっぱいに, 絵などでももう少し植物, 絵などといって, 絵などといふものは, 絵などについて言っても, 絵などにて御身も, 絵などにも応用され, 絵なんかのぬりたくって, 絵なんかを書く, 絵なんぞの入った額縁, 絵なんぞを若し人, 絵なんだか分らないくらい, 絵なんて元来印刷物, 絵においてのみ見知って, 絵においては最早春朗豊国ら, 絵におきましてもいうまでも, 絵における表現は, 絵にとっては自己が, 絵にのみその, 絵にばかり眼を, 絵にゃ用が, 絵によつて身を, 絵によってもよく判った, 絵による教育も, 絵に対してもなかなか深い, 絵に従って穴を, 絵に関して云ったこと, 絵のくッついてる, 絵のみならず雅号, 絵のみに熱中し, 絵のみを繰り返して, 絵はたまつたか, 絵はっきり不正の, 絵はとどこおりなく描きあがっ, 絵はなブラッセルで, 絵ばかりかかつてゐる, 絵ばかりがたくさんかけならべ, 絵ひとつ描くにも, 絵びらに刷った, 絵えかい, 絵ほど武者絵の, 絵まきものみな, 絵みずからが血, 絵もって来ました, 絵ものは一つ, 絵もも少し何ん, 絵もよかつたら, 絵やなど写したが, 絵やら歌など, 絵やらを眺めて, 絵やろうかしら, 絵よくできて, 絵よりは大そう, 絵よりもずつと会場は, 絵らしさといふ, 絵らしきもの, 絵らしく大きな太鼓, 絵らしくなってからの話, 絵わからないなあ, 絵をさえ描いた, 絵をと見こう, 絵をも出せり, 絵ウチワで夕涼み, 絵エわたし大分骨折りました, 絵エジプトの遺物等, 絵エ何や彼ん, 絵エ光子さんに似, 絵エ問題になった, 絵エ変ですなあ, 絵エ習いに来る, 絵エ表具して, 絵オランダ風車のある, 絵カキの卵, 絵カキ志望の男, 絵カキ詩人の細君, 絵カードを見, 絵ケンランたる色彩, 絵シェークスピアの劇, 絵スケッチ地図額ぶちづき美術品, 絵ソラゴトですよ, 絵ハガキ一枚書いたに, 絵ハガキ手紙その他雑然とつまっ, 絵ハガキ集の表紙, 絵ハ御苑ニアル分ヲ写させ, 絵ビラを見, 絵ミレーの羊, 絵モネーがいれ, 絵ローソクを使った, 絵ロートの, 絵ヲ書キアクマデ御心ニ情, 絵一寸私の, 絵一枚を除い, 絵一種の, 絵三島のやう, 絵三枚つづきの, 絵両氏合作の暖簾, 絵並びに其以後の, 絵中稀に英山, 絵中興の祖, 絵二三枚をも交ぜ, 絵京伝作と巻尾, 絵仏師の話, 絵のところ, 絵以前だと, 絵伝書などは永禄年間, 絵例えば絵画でも, 絵依然として行はれ, 絵に葱売, 絵傘とりどりに陽, 絵僅かに長, 絵全部の返却, 絵其の儘の, 絵其他故人に関係, 絵凧扇凧奴凧トンビ凧の数, 絵出るに及び, 絵出来てないんじゃ, 絵刳り込みに, 絵刷毛を叩き付けた, 絵千枚を描い, 絵となっ, 絵即ち千年以上も, 絵及び漆絵依然として, 絵双六をなげだし, 絵双六名所双六お化け双六歌舞伎双六のたぐい, 絵右近とお, 絵商人さ, 絵嘘事も決して, 絵団扇蚊帳青簾風鈴葭簀燈籠盆景のよう, 絵地図模型地球儀石盤黒板インク入れその他, 絵壁掛けを一つ, 絵が一枚幾文, 絵売りなるものの, 絵売笑婦の姿, 絵でこれら, 絵大相撲の番附, 絵大量なグラビヤ, 絵天井から壁, 絵始まりてよりいまだかつて, 絵実に過ぎたるを, 絵の中井宗太郎教授, 絵専門狩野博士は書専門, 絵尽しの謎, 絵岩佐又平, 絵川村秀治よりスケッチブック, 絵巻きには長い, 絵広告をそっと, 絵当選の方, 絵た如く, 絵彫刻ポスター技芸品といったよう, 絵はかえらなかった, 絵入用候はば, 絵御意に相, 絵必ず名人の, 絵思いごとは思いごと, 絵思ったよりわるかっ, 絵思ひごとは, 絵がある, 絵慰みのよう, 絵の上, 絵掛地を見せ, 絵描いてるとこ見て, 絵描法というの, 絵提灯のよう, 絵摸様を, 絵支那では第, 絵少し妬くなっ, 絵日本の画, 絵時代茶色の荒い, 絵時計など何, 絵の綜合芸術, 絵書き職人的絵書きと呼ばれる, 絵書キニテゾオ在シケル, 絵最もよし, 絵朝顔がよかっ, 絵木版付で地方新聞, 絵木箱に眼, 絵松島の壺, 絵染附は支那, 絵には老年, 絵様見立てを動的, 絵模様水の垂, 絵比羅も何, 絵求むとや, 絵清親の名所絵, 絵滑稽な露骨, 絵漆絵紅絵を蒐集, 絵漸く流行せり, 絵灯籠紅き出口, 絵無残絵等によって象徴, 絵熱心だけしか知らない, 絵はこの, 絵版画の定式, 絵などは避けた, 絵物語式の大, 絵物語風のもの, 絵狂言であること, 絵はれ一枚絵, 絵甲斐絹の裏, 絵画壇にとってはあまりに, 絵画書物古い原稿, 絵画然りその他, 絵番付やら素人浄瑠璃, 絵番附を入れ, 絵であると, 絵目利に任官, 絵目録四巻を残し, 絵相師をポールトレート・ペーヌタル, 絵看板丈けはさすが, 絵看板動物園裏門下の通り, 絵看板同様の扱い, 絵看板楽隊の響, 絵看板鉦と撞木, 絵看板雲には銀砂子, 絵短篇小説類を集めた, 絵に刻める, 絵研磨機壺長靴陶製食器といったもの, 絵碁石鉋子供の産衣, 絵端書一枚さえ来なかった, 絵端書抔をわざわざ, 絵をかぶった, 絵がええ, 絵である, 絵の中, 絵箱山水のながらふる, 絵紙鳶も飴細工, 絵組みがあつ, 絵の仕事, 絵にし, 絵絵草紙から学んだ, 絵一部染, 絵繰りひろげてテエヌ, 絵の老人, 絵臙脂絵漆絵の類, 絵自ら衒い而, 絵自体の創作態度, 絵自身から発せられ, 絵艸紙屋へ行っ, 絵芭蕉に連翹, 絵も果, 絵芳藤が手遊絵, 絵草子二十四冊ほどあり, 絵がき, 絵著作権問題のもつれ, 絵薬師院の小松島, 絵藤井浩祐の彫刻, 絵螺鈿の仕上がり, 絵衣裳の模様, 絵入あひかはらず, 絵袋売切らし私念願, 絵襖いちめんに春蘭, 絵襖紙を見る, 絵ながら悔しい, 絵見しが, 絵見る心地す, 絵見れば見る, 絵ひ処, 絵解する画幅で, 絵言葉巻ものや哲理, 絵であるの, 絵のよう, 絵語りの終り, 絵鉄絵銅絵が磁器, 絵に紅葉, 絵銅絵が磁器, 絵錦絵のあった, 絵錦絵三枚つづき絵, 絵錦絵二枚つづき三枚, 絵障子に描き, 絵集一巻上梓して, 絵雙紙の心持, 絵雪洞桃のよう, 絵にとり憑かれた, 絵革聖多黙, 絵見て, 絵音楽愛する芸術家, 絵との結合, 絵風俗画共にその, 絵鯉魚滝上りの図, 絵の一つ一つ