青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「統~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

結晶~ ~結果 結果~ ~結構 結構~ ~結論 結論~ ~給 給~ 給仕~
統~
~統一 統一~ 統制~ ~絵 絵~ 絵画~ 絶~ ~絶え 絶え~ ~絶えず

「統~」 1176, 13ppm, 8656位

▼ 統~ (253, 21.5%)

3 皇の, 院宣を

2 [11件] 事を, 初期に, 御珠, 意味での, 日本を, 母さまで, 珠を, 罪人が, 罪人は, 美人と, 邪視の

1 [225件] あつた, あらん限り, おかた, おん末の, お一ト方, お師匠さん, お浦, お父さんと, お父さん私は, お立場, お話しです, お話で, かたがたすべても, ことだ, ことです, ことな, ことを, ころの, せめてもの, ために, ふたりに, ほうが, またぞろな, もつれが, もので, インデペンデントの, コスモポリニズムは, パリは, 一命は, 一巨僧だ, 三皇, 上に, 上皇も, 下に, 両御夫妻帝, 中に, 中軍に, 事が, 事さえ, 事であろう, 事でしょう, 事は, 事実だ, 事情を, 二重臣と, 亭主で, 人として, 人の, 人や, 今上に, 伏見天皇の, 伏見院の, 先帝, 光厳上皇こそ, 光厳天皇が, 公卿を, 公卿二人また, 兵を, 切支丹は, 制度法令に, 前帝, 取り調べは, 口から, 名は, 君が, 君だけ, 君も, 君を, 味は, 唖かも, 問題ぢや, 問題に, 問題は, 喧嘩らしくなる, 城の, 壓倒的壓力によ, 大方針, 天子が, 天子で, 天子の, 天文とが, 天猷門下で, 天皇後深草であり, 失敬で, 妹だ, 妹でも, 子供で, 実景を, 宿怨を, 尊重と, 小説を, 嵌役, 差向いに, 帝室が, 役には, 彼の, 後二条院の, 後伏見天皇である, 後伏見法皇花園光厳の, 後伏見花園の, 後宇多の, 後宇多天皇後醍醐天皇と, 後深草は, 後醍醐天皇が, 後醍醐天皇のみ, 御一方, 御代における, 心持だ, 心持や, 快い響, 急所は, 恋と, 悪魔, 悪魔である, 意中は, 意味が, 意志は, 所ろアレは, 所を, 所夫の, 手から, 改造だ, 教養だの, 教養とやらも, 新らしい, 新帝光明院へ, 方々に, 方々の, 方々へ, 時代に, 時節到来と, 智略が, 末年に, 果実の, 桔梗らしい, 死を, 死人と, 死人の, 渡りに, 熟語である, 父であった, 父親に, 牧師であったら, 犯罪人と, 状況を, 献言は, 玉おとたかく, 玉に, 玉を, 珠, 略圖を, 發句だ, 皇には, 皇による, 皇は, 皇子が, 皇子たちの, 皇族から, 目先が, 目的で, 研究家で, 示す上記, 祖先崇拝は, 禮制に, 禮教維持に, 秋だ, 科学という, 第二子, 算家であった, 精神, 精神は, 精神を, 精神ローマンスの, 素性姓名が, 素性姓名は, 素性本統の, 素顔と, 素顔素顔, 紳士も, 絶ゆる, 縮毛で, 縮毛では, 繼承者である, 美しさ, 美では, 美人で, 膿壊と, 膿壊は, 臣で, 臣下たちは, 臣下である, 花園天皇が, 花園天皇なども, 荒川と, 薬籠中の, 處置に, 裁判が, 裁判に, 西園寺家では, 親王万寿寺宮を, 言は, 話しに, 誇りを, 説に, 論もとより, 警戒の, 跡を, 身元を, 身分姓名は, 軍隊は, 道で, 那伽は, 量仁を, 阮敬という, 院宣, 院宣が, 院宣ここに, 隊だった, 非を, 頃から, 風格も, 驚きを, 驚異は, 魂魄を, 龜山後

▼ 統~ (194, 16.5%)

2 そうな, 何も, 呆れた人, 學校へ, 對する, 私は, 自分の, 酔わされて, 馬鹿に

1 [176件] あった事, いいです, いい友達, うまいこと, うまいの, おちついて, お健やか, お前か, お前が, お可哀そう, お名残り, お嬢様は, お若い, かう云はず, くさくさし, ごつごつ岩を, そういう記事, そうおし, その振動, それを, そんな事, そんな馬鹿気, たいしたえず, つかえられ例, つらいこと, どうする, ならないん, ならぬから, なろうと, ひどいよ, びつくりしました, ふれないで, ふわ, まかせる, まだ, やる気が, やる気なんだか, よかった, わかるの, スリッパを, 一命を, 一般科学人に, 上つ方と, 久しぶりで, 人間つてものは, 人間です, 人間らしい, 仕えた, 仕よう, 仮面など, 仰る通り, 何物も, 何病かに, 來た, 先ア此様, 光を, 其の様, 凄い様, 出來心, 分からないの, 力強い執着, 加勢を, 半分を, 召抱えられたかも, 可愛いの, 可愛いん, 同情の, 君の, 呆れて, 命じて, 啓発する, 善さんにゃ, 困つちま, 困ッ, 夜目の, 天の, 天帝の, 失禮しました, 奥さんが, 妙よ, 嬉しいよ, 実行出来ない, 察しが, 就いての, 帰るの, 幽霊塔を, 床の, 強く湧き起っ, 彼女の, 從つてと, 從つて先づ一つの, 從つて彼が, 從つて考案され, 御世話, 御病気, 心の, 心配しました, 心配で, 必死の, 怖ろ, 恋の, 恐い事, 患いされた貴族的矜恃, 悪いん, 悪い人, 意外に, 愛されようとは, 愛して, 愛想を, 憎いじゃ, 捉はれざる, 放して, 斯んな, 新しい科学, 於ける夫, 明き盲目です, 有り難, 有難いと, 来なくッ, 極まらないん, 権田さん何うし, 止める訳, 死ぬ積り, 死んで, 死身に, 気が, 深い執着, 深い愛着, 済まないねえ, 火焔を, 無かった, 無理遣りで, 照応すべく, 熟練と, 特に親近, 独り身にな, 獨り, 理解される, 理解されるであろう, 生きて, 生きるもの, 痛々しい仆, 直らない下, 眠って, 知らん, 知り合つて一緒, 研究する, 私達は, 結び京極家, 美しい顔, 老人が, 職業として, 自分に, 藻西を, 被害妄想狂に, 見せて, 誤解される, 誰か, 譲って, 貴女は, 身の毛が, 辛いの, 遅過ぎました, 運の, 過ち許, 違いない, 遠慮なく心ゆく, 遺憾骨髄に, 酷い奴, 降参だ, 静かな, 頼むよ, 頼りが, 飲んで, 高原らしい, 鶏冠石が

▼ 統~ (109, 9.3%)

3 笑って 2 一笑に, 疊の

1 [102件] いよいよ驚い, おらんか, かねて, かぶりを, ぎょっとし, こう取っ, ことしまだ, この夜, さうでは, さも, さり気なく, しばらく答えない, すでに絶え, そのことば, その側, その日, その間に, その頃此處, それを, そんなに長い, ただ笑っ, たましい, ちらと, つつがなくおります, なかなか大志, なぜか, ひきうけたが, ひそかに, ふとそんな, ほっと肌, また玄徳, まだ十五歳, まだ独り, まだ逍遥津, もう真っ向, やがて導かれ, クララが, ハッと, 一笑し, 一軍を, 不足な, 之に対して, 亀山上皇を, 事と, 二つの, 今日に, 他には, 何一つ失われ, 何等かの, 例の, 全身の, 別れを, 剣を, 半分に, 吉野へ, 呆っ, 呉の, 地だ, 声を, 嫌だ, 孔明より, 安定の, 少しその, 山中の, 山河と, 岸に, 席を, 幕将の, 座の, 弟劉, 張飛が, 彼と, 彼と共に, 彼の, 心の, 心配し, 恐れを, 悠々客, 感極まったものの, 慟哭し, 戦死し, 手酌で, 敵の, 暇を, 気の, 水ぎわから, 涙を, 牢固たる, 相手の, 稀世の, 答えた, 耳に, 耳の, 胸の, 腰を, 舟へ, 荊州へ, 辞令を, 長い, 馬上刀を, 驚かない, 鼻さきで

▼ 統~ (75, 6.4%)

2 うけて, 引いて

1 [71件] あとに, うけた八代将軍, うけついだ吉宗, うけてから, おうけあっ, さすもの, たづねる, つくつたの, つたうる当代唯一, とりつぶすには, なして, なすこと, ば知り, みずからお, よび, よんだ, よんで, わきまえて, 一に, 一貫し, 与える道, 享けて, 伝え万世一系, 伝え給う, 伝へ給, 信じること, 加え参謀府, 受けた人, 受けた多く, 古しと, 否定せず, 墨守し, 天孫氏と, 尋ねて, 市中に, 得て, 承くるもの, 承けたまわんこと, 承けた魯, 承け繼, 持つてを, 指命せられた, 擁して, 救い出せ, 明に, 曹叡が, 有名に, 正さんと, 爲し, 狙ったの, 生かすこと, 真に受け継いだ, 破つた, 第一陣, 継いで, 継ぐには, 継ぐもの, 繼いで, 繼ぎし, 虎賁中郎に, 見きはめた上, 解得し, 論ずるならわが, 諸知識体系, 軍中の, 辱しめなかつた, 辿るの, 遵奉され, 重じなけれ, 重んずるより, 顧慮する

▼ 統~ (46, 3.9%)

2 して

1 [44件] から助言, が僕, が実, たるベンサム氏, たる位置, たる本来, だけがもの, だったお, であり名望一代, でお, で名実とも, として属員人夫アイヌ, として武士階級, として生き, として藤十郎, となれない, と仰有った, と武士, と顧三五子, なる人物, にこれ, になれない, には顔, に少し, の上月, の名前, の才, の鷹揚, はどういう, はにやりと, はやさしく, は呼びとめた, は哲学者, は成層圏, は時に, は約, は自, は言葉, は誰, もさすが, も亦, らしいおや, をなさりませ, 仕り候事

▼ 統天皇~ (43, 3.7%)

3 の吉野行幸 2 が吉野, の時

1 [36件] から始まる, か文武天皇, がその, が伊勢, が天皇火葬, が強烈沈静, であつ, であらせられる, である, ではあるまい, と問答, と志斐嫗, と申し上げた, などは其適例, に仕えた, に譬え奉った, のお伴, の三年己丑誕生, の五年, の四年, の在位, の如き, の妹, の御代, の御製, の朱鳥元年, の頃, はその, は万乗, は天智天皇, は時代, は藤原遷都, もこの, もヒダ王朝出身, を太上天皇, 及び其周囲

▼ 統~ (37, 3.1%)

2 あつた, ないから

1 [33件] そう云い出した, その頃, たずねた, ないため, ないといふ, ないなら, なほいさ, 二人へ, 仮の, 再檢討, 出て, 勢いよく落馬, 危ない, 変り入国, 大功を, 失はれたとも, 小声に, 左右の, 必要であらう, 急に, 承ります, 来て, 漸く衰え, 無意識に, 玄徳の, 理解できる, 生きて, 眞ツす, 着いて, 荊州へ, 落馬した, 見えないの, 面目なげ

▼ 統~ (27, 2.3%)

2 な, の學問

1 [23件] なもの, な形式, な成文律, な方法, な法則, な美, な考, に傳つて來, に受授, に太子時代, に女, に学ばう, に用, に習慣, に難解, のもの, の十惡, の唐律, の孝道, の慣習, の法律, の精神, の風格

▼ 統ぶる~ (20, 1.7%)

2 に似た

1 [18件] には至りし, のみならず, の地位, の統一, もの, ものなく, ネスト, 主が, 人々なるべし, 力人間未來の, 司の, 君今, 巨人ビスマルクの, 法則を, 神の, 者, 者あらじ, 都府今迅速に

▼ 統~ (19, 1.6%)

1 [19件] ありそれ, あること, この不作法, この対面, この時, さすがに, ただしい皇統, ない不良少年, ひとつ皇統, 二度目に, 初めて成り立つ, 危きを, 口を, 大事を, 手に, 法規も, 胆を, 見えて, 違へば

▼ 統~ (18, 1.5%)

2 形に

1 [16件] いつたもの, いはれむ, すぎて, なつてる, よばれ亀山, よぶもの, 世間が, 外護, 大覚寺統と, 大覚寺統とは, 御位, 持明院統と, 相互から, 趙広が, 輸入との, 駒を

▼ 統~ (14, 1.2%)

3 の統一

1 [11件] が餘, し内化, する形式, であるが, と見られ得る, の分析的統一, はまさに, は元, は悟性, は無意識的, は自己意識

▼ 統~ (13, 1.1%)

1 [13件] にたいし, の功罪, の実, の必要, の第, はここ, は帰し, をほぼ, を一日, を仕上げる, を半途, を根底, を継ぐ

▼ 統~ (10, 0.9%)

2 はありますまい 1 その人, はない, は主, は無い, まだ十五歳, もなし, 光厳院の, 律書で

▼ 統には~ (10, 0.9%)

1 あまりよく知つて, ご着任以来, そう時代, 党臣の, 尠かつ, 後伏見, 後嵯峨, 承烈都尉, 敬意を, 見切りを

▼ 統主義~ (10, 0.9%)

1 といふもの, の岡, の意味, の誤謬, はい, はまさに, はキリスト教, は生ける, を導き出す, を考へよう

▼ 統~ (8, 0.7%)

1 すら昨夏, ではなく, の尊号褫奪宮城明渡し, の崩御, の御物, は今, を見, 及びその

▼ 統から~ (7, 0.6%)

1 後伏見, 立たれた光厳帝さま, 見て, 見ると, 解放された, 賀茂真淵や, 酒井忠学の

▼ 統です~ (7, 0.6%)

32 よ夫 1 とも, ね

▼ 統~ (7, 0.6%)

2 に出 1 などに所謂, には貞, による, ノ著者モ国師甲武信, 第四十卷

▼ 統~ (6, 0.5%)

1 から顔, が, ね, よ君, よ奉公, よ来

▼ 統にも~ (6, 0.5%)

1 あつた, いささか策, うその, 又持明院統, 後宇多, 拘らず甚

▼ 統~ (6, 0.5%)

4 せる内閣 2 する内閣

▼ 統~ (5, 0.4%)

1 して, といったよう, のし, のとれぬ, の固有文化

▼ 統~ (5, 0.4%)

1 して, に心, に成功, の任, の傍ら

▼ 統~ (5, 0.4%)

1 に移り, は, は其名, は此点, を作り

▼ 統である~ (4, 0.3%)

1 かも知れない, 丹道の, 丹道は, 恩地雉四郎である

▼ 統より~ (4, 0.3%)

1 いひても, 伝へ得た所, 挙げるの, 説き起さ

▼ 統女帝~ (4, 0.3%)

1 とを合せ, の御相手, の晩年, の退位

▼ 統~ (4, 0.3%)

2 は士元 1 を公績, を士元

▼ 統~ (3, 0.3%)

1 ても止まらぬ, て居る, て餘

▼ 統~ (3, 0.3%)

2 んです 1 のです

▼ 統~ (3, 0.3%)

1 が欧米語, への推移, を為さなかった

▼ 統即ち~ (3, 0.3%)

1 南朝といふ, 南朝派の, 後醍醐天皇の

▼ 統~ (3, 0.3%)

2 の像 1 の秘密部

▼ 統軍亭~ (3, 0.3%)

1 と九連, の見える, へ駈けつけ

▼ 統道眞傳~ (3, 0.3%)

1 と云, なりを讀ん, の智

▼ 統ある~ (2, 0.2%)

1 家に, 文化を

▼ 統かも~ (2, 0.2%)

1 知れない, 知れないとも

▼ 統さん~ (2, 0.2%)

1 のスピード, の高笑い

▼ 統でしょう~ (2, 0.2%)

1 か, ね

▼ 統といふ~ (2, 0.2%)

1 ことである, ものを

▼ 統なら~ (2, 0.2%)

1 ば地球, 僕は

▼ 統について~ (2, 0.2%)

1 おのおの家を, 長井金風さんは

▼ 統~ (2, 0.2%)

1 その血族マンフレディ, 笏と

▼ 統三年~ (2, 0.2%)

1 に太宰帥, に薨ぜられた

▼ 統~ (2, 0.2%)

1 天子合葬陵だ, 夫妻帝か

▼ 統~ (2, 0.2%)

1 と合併, と昭和神聖会

▼ 統~ (2, 0.2%)

1 の中, を眼前

▼ 統的政策~ (2, 0.2%)

1 と一致, を上奏

▼ 統的精神~ (2, 0.2%)

1 から觀, は失はれた

▼ 統~ (2, 0.2%)

1 といふ人, の書いた

▼ 統関係~ (2, 0.2%)

1 に這入っ, も殆

▼ 統領東国随一~ (2, 0.2%)

2 の豪族

▼ 統~ (2, 0.2%)

1 せしかは, できなければ

▼1* [143件]

いかがしたら, 統本統に, 統ぐはただ万乗の君, 統ここに四百年, 統これにあり, 統へ全く, 統され得ることである, 統そして呉随一の, 統そつ者が居, 統だろう夫とも, 統やない, 統であったんやも, 統でない樣な, 統という人物である, 統とか幕末の, 統として分解し, 統としては関孝和から, 統とは帝位を, 統ともあろうもの, 統と共に永遠なる, 統なしにはあり得ない, 統など調べては, 統なりと申しました, 統なる世界の, 統にと繰返し, 統にとってはまたし, 統によつて作られた, 統に対する愛執が, 統て行く, 統ぶべしと, 統ぶる如き論理的因果的なる, 統ぶる隠れた神から, 統帝位を, 統への信奉は, 統までを旅の, 統もしお世継, 統そんなにうそ, 統ようやく紊れ, 統よりも聖武に, 統らしいが, 統らしくていい, 統らしく見えるとすぐ, 統神様よ, 統て転じ, 統をも膿壊せしめたれ, 統を以て躋寿館に, 統ハ既ニ漢中王ノ実子ガ継グコトニナッテイル, 統ヒトラー氏の演説, 統一的全體的主體にとつて存在, 統三篇と後正統論, 統已空, 統体これらのこと, 統元年正月を以て, 統元明両帝, 統先生には北方, 統光虎の妹, 統八年十二月であるから, 統八年十二月六日藤原宮に遷居, 統六七年あたりではなかろう, 統兵校尉の尹, 統初年わたしは当地, 統十一年であるから, 統した李光弼, 統同様奇病にかかっ, 統の下, 統蒙を, 統周泰韓当などがわれ, 統営一つは全羅道, 統四年五月か五年四月, 統増筑紫広門等四千, 統多門正勝諸国を巡っ, 統大系のよう, 統天皇八年まで四十二代, 統天皇八年四月五日賻物を賜った, 統天皇十年十月には勅, 統天皇即位前記の条, 統天皇参河行幸従駕の作, 統天皇従駕作の如く, 統天皇御製として言, 統天皇春過ぎての, 統天皇難波行幸の時, 統安野田喜兵衛重綱, 統形式を承知, 統政策にに對, 統整原理の生命, 統整的建設的叡知の生命, 統整的行動を取る, 統文武両朝に仕えた, 統文武元明の三朝, 統文武元明元正の四帝三十五・六年, 統文武元明元正聖武六代にわたつ, 統文武兩帝は藤原宮, 統時代の文武帝, 統すると, 統に妙, 統来れりと聞い, 統を成し, 統かっ, 統業下にある, 統業圏内におかれ, 統業秀吉の出現, 統次第を示した, 統脈中に, 統歸崇天極道遙百濟, 統潘璋は第, 統瑞国公より通商, 統由此一變史伯之對鄭桓言秦晉齊楚代興, 統的デモクラシーの形式, 統的中心トシテノ意義ヲ以テシタリ, 統的佛教に對, 統的咒詛を投げつけ, 統的國是ヲ打破スル者, 統的慣習なること, 統的文化は習慣, 統的美風とされた, 統的解釋に本, 統的説明は明, 統的風習である祭祖, 統前後し, 統相続と申, 統する時, 統す, 統精神があつい, 統すべき者, 統繼帝王變之極也, 統聖武天皇などの歴世, 統董襲潘璋なども縦横無尽, 統などの方法, 統袁世凱の心肝, 統に收め, 統といふやう, 統論的神話純粋神話化生神話等もまた, 統の, 統へ喚きかかった, 統軍そのものの方, 統軍上の大きな, 統道眞傳佛失を糺す, 統道眞傳卷首に聖人自然, 統領するもあり, 統領たるの家, 統領マアシヤル氏が先日議会, 統領英臣であったの, 統頷ローズベルトは探偵小説