青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「給仕~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

結局~ 結晶~ ~結果 結果~ ~結構 結構~ ~結論 結論~ ~給 給~
給仕~
統~ ~統一 統一~ 統制~ ~絵 絵~ 絵画~ 絶~ ~絶え 絶え~

「給仕~」 1771, 19ppm, 6005位

▼ 給仕~ (275, 15.5%)

81 して 22 しながら 9 する, 呼んで 7 した 5 させて 4 したの, したり, 呼んだ 3 するため, するの, 勤めて, 受けて 2 いたして, する手, やって, よんで, 信用すれ, 叱りつけて, 呼びスタア, 見ますと, 見送りながら, 酒買に

1 [98件] くみ子に, させた, させながら, させるだけ, したあと, したがるお母さん, したくったって, したもの, した女, した女中, してやると, しといて, しないこと, しながらも, しました, しましたが, しようか, しようと, し我々, すますと, すませたわたし, するかと, するかね, すること, すると, するとき, するのに, するもの, するやら, する前, する奥様, する女手, する少将, する父親, する老婢, する考え, する者, ちょっと見返っ, つかうよう, つかまえて, つとめた娘, つとめて, つとめるもの, なさいましょう, なし始終, はじめ月給百五六十円までぐらいの, はじめ茶の間や, もっと良く, やめて, やめない限り, よこしたありがたい, わたしの, 一人置い, 二三人呼び集め, 介したり, 何気なく見, 催促する, 先に, 内部へ, 勤めた身, 勤めてを, 勤めます, 勤め後に, 受け添寝, 叱つた, 叱咤し, 呶鳴りつけたい, 呼び, 呼びつけて, 呼びますから, 呼びもどした, 呼びスリッパア, 呼びスリツパア, 呼ぶ暇, 呼んだ給仕, 呼入れた, 呼出し, 噛み殺して, 大蔵省の, 廃し, 待って, 後に, 後ろに, 拜命した, 指先で, 申し上げたいもの, 相手に, 眼で, 私たちの, 置くなんて, 致します, 虐めて, 見ようと, 起して, 遣つて, 附添として, 頤で, 頼みて

▼ 給仕~ (238, 13.4%)

7 出て 4 持って, 来て 3 一葉の, 入って, 食事の

2 [16件] いた, お茶を, ちょっとこっち, ひどく悄気, やってきて, 一人焚き, 一通の, 名刺を, 客と, 急いで, 盆を, 茶を, 運んで, 酒を, 顔を, 風の

1 [182件] あの不幸, ある, あわてて, あんたを, いて, いる, うしろから, うす汚れ, うつくしいから, おりて, かけまわる, かれの, きたという, この男, こんどは, さしわたし四尺, しくしく泣い, すべて督軍附の, そこに, そつと, その裾, そばから, たしかに金, たまには, ついて, つくの, とびだして, なくては, なくなしたと, はいって, はじまった, はたしてパーズレイ, ひそひそ声, ひとり, またのべつ, まだそれ, みつけた, みんな女だ, みんな横だ, やって来た, やつて, わざと自転車, われわれの, キャンヴァスの, クラムの, コーヒーの, サンドウイツチと, チーズを, テーブルの, ドアを, ドキドキする, フランス風の, ブリオーシュ, 一人すぐ, 一人リーダーを, 一人階段を, 一人静に, 一枚の, 一生懸命に, 一番さ, 三人ゐる, 三味線を, 世話を, 二枚の, 云いました, 云ってた, 云つて來た, 五人も, 何か, 健二を, 僕等を, 冷たいお茶, 別嬪某屋は, 前方から, 卓子の, 取次いで, 叮嚀に, 向うに, 告知票を, 周章てて, 呼びに, 呼んで, 問題用紙を, 嘲笑的な, 型の, 夕刊を, 大きな声, 大きな銀, 大コップ, 女の子だ, 実に馬鹿らしかっ, 寄って, 小娘一人で, 少し距離, 廊下へで, 彼の, 彼ら二人の, 彼を, 往って, 待って, 心得て, 急に, 恭, 息せき切って, 慰めて, 扉を, 手すりに, 持つて, 振分け髪の, 捜査課宛の, 控えて, 控へて, 揃えて, 料理の, 新聞を, 日本人の, 早くも, 昼飯なり, 時々ナプキン, 時々室内, 横書きの, 樹明君の, 次へ, 此も, 歩きまわって, 殊に有名, 気に入らないの, 津田を, 濟ま, 燻製の, 玄関に, 現れた, 現れて, 現れても, 現われて, 白い皿, 白手袋を, 皆の, 知らせて, 社長室の, 私たちの, 私に, 私達の, 突然躍り, 立ちそう, 立ち山猫博士, 立去った時, 第一, 答えた, 紅茶と, 続けざまに, 縁の, 聞いた, 自分の, 自身の, 船腹梯子に, 言うたから, 言つた, 註文を, 話したの, 豹一の, 走り込んで, 追い使われた, 追っかけて, 運び参りし時, 配膳を, 釣銭を, 銀盆に, 附ききりである, 附きっきり, 隅の, 集めて, 電報や, 面会人を, 靴を, 頑丈な, 顔色を, 食事に, 食卓の, 食器棚の, 飲物を, 麦酒と

▼ 給仕~ (209, 11.8%)

4 一人が, 女が, 女に 3 女は, 姿も, 役を, 持って, 男が

2 [17件] ために, 口から, 塗盆を, 子供が, 少女たちが, 少年に, 後から, 手から, 手に, 手を, 方は, 河瀬の, 河瀬も, 男に, 盆を, 肩に, 退いた後

1 [148件] いる方, おとこ小盞, お弟子, くせに, ことで, ことを, その友達, ついてる店, ついでに, つもりで, とりついだ名刺, にぎやかな, ほか政府の, むすめ, ようであります, ような, ように, をとこ小盞, ダーシャから, ネクタイと, ボリスが, ボーイが, ボーイは, ロバートを, 一人に, 一人は, 上気した, 下女が, 下女と, 中に, 人か, 令嬢が, 侍が, 侍女たちへ, 依估地さ, 側を, 公卿人を, 具合で, 写真が, 分も, 前で, 叟の, 口を, 口上の, 名を, 土人が, 声である, 声と, 外に, 大群を, 女たちは, 女と, 女とても, 女との, 女の, 女の子を, 女を, 女中が, 女中さんが, 女中の, 女中ばかり, 女中を, 女人として, 女房が, 女達が, 姿が, 娘たちを, 婢で, 宮崎が, 家族へ, 小坊主に, 小女は, 小姓が, 小娘を, 少女が, 少女に, 少女は, 少女等にも, 少年が, 少年たちは, 少年まで, 廻して, 弟子と, 弟子法阿弥陀仏が, 役な, 往復が, 待遇すこぶる, 後について, 後を, 心入れは, 成瀬久馬に, 手の, 折紙に, 支那少年との, 方が, 方に, 時には, 時も, 服に, 果てに, 案内で, 案内では, 此の, 水商売めいた, 求めるまま, 汲んで, 河瀬が, 河瀬に, 河瀬や, 牢司が, 牧田が, 目つきを, 着る服装, 知らせで, 私室が, 紅裙が, 総指揮役, 総攻め, 縊れて, 美津も, 老人は, 者お, 者の, 者を, 肩から, 若い下女, 若い女, 裸の, 西川が, 言葉を, 証言に, 詞を, 話では, 谷が, 買つたのは, 賃銀なんぞの, 足音が, 返事しか, 透視に, 運んで, 郷士が, 郷士は, 郷士ふたりは, 金ボタンと, 高木が, 高木に, 黒ん坊が, 黒ん坊は

▼ 給仕~ (199, 11.2%)

9 出て 6 出た女中 3 來た, 出られるやう, 名刺を, 向って, 命じて, 坐って, 来て, 言った 2 ついた, 來て, 侍って, 出たの, 出た女, 来たの, 珈琲を, 附いて

1 [144件] あった, いそがしく自分, かかりきり, かしずいて, こういった, ことわって, その二人, それを, たずねても, ちょっと躯, ついたの, ついたもの, つかせて, つかわれて, つく, つくもの, でて, なった, なって, なってから, ならずに, なり夜学, なり店員, なり最近, なるよ, まいると, まぎれて, やつて, アブサントを, ステッキの, ソースを, ソーダの, チップを, 一スーを, 一日動き廻つてゐる, 上りし也, 二階の, 云ひつけた, 今湯, 付いて, 会った, 侍し裏長屋, 侍る女房衆, 便所は, 傅き, 出すこと, 出たお, 出たお婆さん, 出たり, 出た下女, 出た小僧, 出た少年, 出た本陣, 出なくつちや, 出ました心, 出ます, 出ますれば, 出るといふ, 出るの, 出る位, 出る女中たち, 出る娘さん, 出逢った, 到るまでが, 刺を, 劍突を, 化けて, 参りました, 参りましてから, 及ばない金額, 取次ぎを, 召した, 向い, 向っての, 向っても, 呶鳴りつける, 呼ばれて, 命じた, 命じたもの, 問うた, 坐った, 坐ったの, 坐り十内, 売られて, 奔走する, 導かれて, 小蒲団, 居て, 当って, 当りました, 従わせ村, 御召あり, 念を, 或は右側, 手伝はせ, 手数の, 打たせるのに, 持たせて, 支配人の, 敬意を, 新聞を, 斷る, 昇格した, 来た女, 来た女中, 来た時, 来る, 来ると, 来る下女, 案内され, 案内せられ, 案内を, 渡して, 用事を, 石を, 窓や, 立ちて, 立ちました, 立った, 立った女, 立つと, 立つの, 笑われるさ, 箸を, 義務的吃, 聞いて, 至っては, 芸者を, 苦笑し, 言いつけた, 言いつけたの, 言いつけて, 誂へ, 通った, 通訳し, 遊女を, 金でも, 関係する, 附いた, 雇われるよう, 電話で, 預けた洋杖, 預るの, 食品の

▼ 給仕~ (136, 7.7%)

3 言った 2 けげんな, てかてかの, ゲエルに, 会社員と, 僕に, 僕の, 容易に, 幕の, 彼の

1 [115件] いい加減, いかにも秘密そう, いきなり表, いつも素晴らしい, いやみな笑, いらないから, うなずいた, おづおづしながら, お小間使い, お氣, お芳, お辞儀を, この馬鹿げた, これは, こんな場合, しなくても, すぐに, すでに偉い, すべて彼女ひとりが, その日学校, その結果, その音, ぴかぴか光る, ふくれかえって, ふたたび紳士がた, ほつとして, まことにこれ, また威張っ, みな死に絶えた, もったいぶって, やがてしゃれた, やがて物, よくそれ, よろこんで, クスクス笑っ, ドアの, ナプキンを, ハミルトン氏は, リーダーの, 一人づつ変つてゐた, 下って, 二三度で, 二尺ばかり, 仕事の, 会社や, 何かしらニヤニヤ, 何時もそう考え, 使えない, 例外ほかの, 全部女気ぬきの, 其処に, 分らんさ, 右手の, 吹出しさ, 喫煙室に, 型の, 大盆, 夫人という, 姿勢を, 小銭を, 少しも, 少し酔っ, 年の, 弁解した, 引っ込んだ, 引っ込んで, 弾機細工の, 彼に, 彼を, 彼女の, 心得た顔つき, 悉支那人だ, 悧巧さうな, 慇懃に, 慌てたよう, 成長く, 手を, 故旧中田某の, 更に構い, 本館から, 来た時, 椅子を, 気を, 注意深く耳, 涙も, 火夫の, 猫の, 男の, 白い布巾, 白い着物, 私を, 笑ひ出し, 笑わないで, 素子の, 給仕する, 縊れて, 自分としては, 自分の, 船長の, 芳醇を, 落ち着き払って, 落ち着き払つて次の, 見えなかった, 見えなかつた, 見た, 課長の, 迷信の, 送話器を, 遁げたし, 遣って, 階段に, 階段を, 顫へながら, 首を, 黒ん坊で

▼ 給仕~ (114, 6.4%)

5 の方 2 に身, のお, の中, を呼ん

1 [101件] があった, があつ, がいきなり, がいずれ, がこの, がそっと, がたった, がとび出した, がどこ, がコーヒー, がサインブック, が一人, が三人, が二つ, が他国者, が出入り, が前, が変, が小説, が布巾, が帳場, が延びあがる, が彼, が控え, が料理, が更に, が死人, が現れた, が紙片, が葉子なぞ, が貸し, が退屈, が這入っ, が集っ, たりし, であった女性, であった私, である, で久美子, といっ, といった人々, としてはまず, として雇った, となり, との三人, と盛, と結婚, に, にきい, になる, にやとつ, にビイル, に云, に傭っ, に名刺, に小, に戯れ, に扮, に注文, に物, に発砲, の, のさも, のし, のみならず, の両手, の冷, の呼ぶ, の声, の差し出した, の曰く, の服装化粧, の気転, の白粉, の目見得, の職, の評判記, の顔, はお, はでも, はふたり, は下り, は少し, は急, は故郷, は皆クスッ, は赤い, は輕, もテーブル, よ, をし, をしかっ, をつとめ, をとらえ, をよびとめ, を一瞥, を呼んだ, を張つて, を愛し, を見た, を驚かした

▼ 給仕~ (100, 5.6%)

3 の或

2 [11件] がそれ, が必死, だ, となる, に背, のポウル, の群, はその, は手早く, は普通, を呼ん

1 [75件] お民, から今しがた花電車, がそっと, がそつ, がつかない, がやつ, がカンテラ, がテーブル, が丸太作り, が入っ, が平蜘蛛, が引下げ, が手加減, が料理, が日本, が此方, が病気, が聞き違うた, だから, である, ではある, として折々, として近づく, と両方, と女給, にはドイツ生れ, にチップ, に化け, に十銭銀貨, に番, に雇った, のかの, のはう, のほう, のよう, の八重, の只, の後, の注意, の笑い顔, の花風病, の袖, の襯衣, の話, の誰か, の足音, の運ん, の陳さん, はそいつ, はたいていそろそろ, はみな女の子, はイゴ, は和服, は皿, は電気, は食卓, へも申しつかわしましょう, もしりぞけ, もちゃんと, もへや女中, も先, も同性, も彼, やエレベエタア・ボオイ, やチェンバア・メエド, や客, や酒表, をつまみ上げ, をはじめ, を勤め, を呼ぶ, を指揮, を見, ノ中, 持ち来た献立書

▼ 給仕~ (39, 2.2%)

6 ていた 4 ている, てくれた 3 てくれる, て貰

1 [19件] てあげよう, ていないなら, てお, てお母さん, てお茶漬け, てくれない, てもらいなさい, てもらう, てゐた, て下さる, て居る, て念仏, ながらおかあさん, ながらお節, ながらそこ, ながら尋ね, ながら款待顔, ながら自分たち, ながら言った

▼ 給仕~ (38, 2.1%)

1 [38件] から卓子, が, が人民たち, が平服, が次, が退屈そう, でその, という, とだけが公爵, とみえ, と見える, などに暇つぶし, になんとか, に対しては己, のお, のところ, のポウル, の一生, の丁寧, の懷中, の掌, の方, の案内, の炬, の羊皮紙色, の老, の許し, の顎, はいつもきまって, はヴエジエタリアン, は多年文士, は戸口, は無, は生来むっつり, は白ネクタイ, は適切, や預, をとらまえ

▼ 給仕~ (32, 1.8%)

3 夕飯を, 飯を 2 沼の

1 [24件] あつた, いられること, うちの, お昼飯, お茶漬, ひとりで, もしましょう, ようやくおそい, サラサラと, 一同食事を, 乗り込んだの, 二人だけの, 夜食の, 少しばかりの, 年越そばを, 広瀬さんが, 快く済まし, 朝昼兼帯の, 朝食兼帯の, 独り膳に, 男たちは, 盃ごとを, 食卓に, 食膳に

▼ 給仕~ (22, 1.2%)

4 の圭さん 2 らしい男

1 [16件] があった, がカウンター, が入口, が安部, が彼, だってこれ, として立ち, のよう, の告げ口, の川那部易介, の目, は, はこの, は棒立, は鵞鳥, を呼んだ

▼ 給仕~ (20, 1.1%)

2 して

1 [18件] いけないという, いたします, いれて, この真綿, したね, するし, せいぜい五六人, ナプキンを, 勤まらなくなり勉強, 姿を, 寝て, 年若く, 湯壺への, 煽風機, 生石灰で, 男で, 飛んで, 食器も

▼ 給仕する~ (17, 1.0%)

1 [17件] お徳, がよい, のである, のみならず, ような, わけじゃ, 事に, 人も, 側には, 僕の, 小指に, 方式, 時よく, 生ぬるい水, 由利子から, 粟飯を, 者は

▼ 給仕~ (17, 1.0%)

2 テーブル, 喧嘩を

1 [13件] ただ二人に, なりそれ, なると, シューバルとの, 一緒に, 二人の, 低い声, 何か, 卓を, 同じこと, 大へん仲, 称する男, 話を

▼ 給仕~ (16, 0.9%)

1 [16件] がお前, が同僚たち, が大きな, が持っ, が椅子, が飛ん, という名義, と下男, のタックル, はもう, は一応, は店, は手, は鸚鵡返し, へ横柄, を一人

▼ 給仕には~ (14, 0.8%)

1 [14件] いること, この頃御召使い, どうしても, 一国の, 例の, 侍でなく, 出なかった, 制服が, 及ばないを, 及ばんそ, 女を, 年嵩の, 御城, 皆遊女を

▼ 給仕~ (13, 0.7%)

2 ボーイなどの

1 [11件] いちゃつかない女中, 何か, 使い走りの, 女の子が, 安腰弁, 小間使や, 水火夫の, 給仕頭や, 自分とは, 酒の, 酔客や

▼ 給仕~ (12, 0.7%)

3 を勤める 2 をつとめる 1 の少女, の金椎, は例, は岡本兵部, は自分, もまわっ, をつとめ

▼ 給仕~ (12, 0.7%)

2 を膝 1 などが備えつけ, などの備えつけ, にうつる, に受け取った, の如し, をさし出しかけ, を差しだし, を抱えた, を自分, を鞠

▼ 給仕たち~ (11, 0.6%)

1 [11件] が高く, にまだ, に及んだ, に英語, はあの, はぬき足, はみな品, は三階, は全く, は声, へ説明

▼ 給仕さん~ (10, 0.6%)

3 が樹明君 1 がやつ, が世界中, が呼び, が酒壺洞君, が酒徳利, が颯爽, のかはり

▼ 給仕から~ (7, 0.4%)

1 きいたこと, たたきあげられた人, 仕上げたの, 受取った封筒, 受取つた献立を, 多大の, 聞いたところ

▼ 給仕でも~ (7, 0.4%)

2 して 1 すれば, なんでも, 何でも, 出来る奴, 飛んで

▼ 給仕~ (7, 0.4%)

1 にも挨拶, に眼, の外, の控室, の顔, まで今, をその

▼ 給仕され~ (6, 0.3%)

2 てごはん 1 ている, てひとり, て白く, 町で

▼ 給仕として~ (6, 0.3%)

1 お八重, この室, やられるの, 保って, 差出したこと, 通勤させ

▼ 給仕した~ (5, 0.3%)

1 がその, が日本人, だけで, という女, のです

▼ 給仕~ (5, 0.3%)

1 が樹明君, と床屋, にお, の鉄鋲, ほど飛行機

▼ 給仕~ (5, 0.3%)

1 が身体, で小使部屋, に照り輝き, のまま生命辛, をぬぐ

▼ 給仕まで~ (4, 0.2%)

1 しないと, する事, 一緒に, 笑いやがったよ

▼ 給仕らしい~ (4, 0.2%)

1 十六七の, 子供が, 支那の, 男の

▼ 給仕~ (3, 0.2%)

2 まりには 1

▼ 給仕だけは~ (3, 0.2%)

1 させたの, みんなが, 御免だ

▼ 給仕という~ (3, 0.2%)

1 ことの, のが, 職務に

▼ 給仕とは~ (3, 0.2%)

1 すでにアイスクリイム, 心得が, 私し

▼ 給仕などを~ (3, 0.2%)

2 して 1 毫も要求

▼ 給仕について~ (3, 0.2%)

1 ゐた, ゐる, 寝るにも

▼ 給仕にても~ (3, 0.2%)

3 箸を

▼ 給仕にも~ (3, 0.2%)

1 何にも, 六スー与えた, 出た

▼ 給仕人達~ (3, 0.2%)

2 の挨拶 1 も手洗所

▼ 給仕女達~ (3, 0.2%)

1 が卓, とそれ, とふざけ

▼ 給仕させ~ (2, 0.1%)

1 ていただきます, ながら夜食

▼ 給仕される~ (2, 0.1%)

1 ことには, ような

▼ 給仕づとめの少年~ (2, 0.1%)

2

▼ 給仕では~ (2, 0.1%)

2 ない緑

▼ 給仕なぜ~ (2, 0.1%)

2 おれには

▼ 給仕など~ (2, 0.1%)

1 させて, して

▼ 給仕によって~ (2, 0.1%)

1 教室に, 運ばれて

▼ 給仕~ (2, 0.1%)

1 彼は, 話しかけた

▼ 給仕までが~ (2, 0.1%)

1 そんな噂, 有頂天だ

▼ 給仕より~ (2, 0.1%)

2 睨まれて

▼ 給仕を通じて~ (2, 0.1%)

2 私に

▼ 給仕上り~ (2, 0.1%)

1 の娘, の野郎

▼ 給仕人たち~ (2, 0.1%)

1 のふしぎ, は震えあがった

▼ 給仕~ (2, 0.1%)

2 を二本

▼ 給仕~ (2, 0.1%)

1 およそ二十人あまり, が夢中

▼ 給仕長川那部易介~ (2, 0.1%)

1 がいつの間にか, の死

▼1* [109件]

給仕ありて客, 給仕お前は永田, 給仕かも知れない甲板, 給仕からなり上って, 給仕この騒ぎの, 給仕ごとに楽しく, 給仕さえ鞠子は, 給仕さえもカルルの, 給仕させるのです, 給仕され見まもられて客, 給仕さんたちは十銭, 給仕さん勘定して, 給仕してても心持, 給仕すれば一遍, 給仕せんがため, 給仕そこにい, 給仕あわけ, 給仕たるべくトロイアの, 給仕だけなので, 給仕だけを外に, 給仕だった笹尾は, 給仕だの小使だの, 給仕つきの御飯, 給仕であったが日曜ごと, 給仕であることは, 給仕ですがコックス夫人, 給仕というかとにかくおっ, 給仕とがここに, 給仕としての制服だった, 給仕との見さ, 給仕なしの夕飯, 給仕などの長靴を, 給仕ならこうは, 給仕なりが永年その, 給仕なれば私, 給仕なんかなさいません, 給仕なんかも平チャラ, 給仕なんかをして, 給仕なんぞに出される事, 給仕にだけ参りますわ, 給仕にだって感心する, 給仕にて残念ながら, 給仕にでも使うん, 給仕になんぞされては, 給仕に対するような, 給仕のみですぐ, 給仕ばかりして, 給仕ぶりは自信, 給仕までもして, 給仕もう指の, 給仕やら番茶の, 給仕らしくそこそこに, 給仕を通して奥さんに, 給仕クレマンが主人, 給仕っ破片, 給仕事務員などがロビイ, 給仕五ビールはこび, 給仕人ポウルの只, 給仕人共布巾を携, 給仕人案内者商店員と言はず, 給仕人燕尾服にて食卓, 給仕人船員火夫に, 給仕人花売りなんかに, 給仕の手紙, 給仕仲間で互に, 給仕を張, 給仕兼運転手兼その他いろいろの, 給仕各国人種から成る, 給仕同様にコキ, 給仕君床に入りました, 給仕君煩さいので, 給仕大学教授などについてその, 給仕女たちの赤, 給仕女中が辛気臭, 給仕女入り来り甲, 給仕女女店員洋風女髪結のたぐい, 給仕に二人, 給仕しと, 給仕扱いでまるで, 給仕振りや客席, 給仕控室の石室君, 給仕はお, 給仕に廻る, 給仕時代並びに同棲生活, 給仕気分といにしえ, 給仕汲み, 給仕水夫コック船長などがその, 給仕煙草の火, 給仕独特のリズミカル, 給仕男たちが眺め, 給仕は春さん, 給仕監督はきわめて, 給仕福島が声帯模写, 給仕の職業, 給仕と塵取り, 給仕紅茶を持っ, 給仕という役, 給仕も居ない, 給仕の進退, 給仕車夫勤め人女給禿頭様々な人, 給仕のところ, 給仕連中のこと, 給仕部屋へ帰っ, 給仕を注い, 給仕鉛筆削れと, 給仕階級の侍, 給仕頭君の名, 給仕の男, 給仕高木はついに