青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「瓶~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

理論~ 琴~ 瑠璃子~ 環~ ~環境 環境~ 瓜~ 瓦~ 瓦斯~ ~瓶
瓶~
甘~ ~甘い 甘い~ ~甚 甚~ ~甚だ 甚だ~ ~生 生~ ~生え

「瓶~」 2366, 23ppm, 5070位

▼ 瓶~ (633, 26.8%)

30 持って 13 出して 9 取って 8 持つて 7 さげて, もって, 取り出して 6 手に 5 提げて 4 さか, とって, 取つて, 取り上げて 3 かかえて, 両方のての, 前に, 取り出した, 片手に, 置いて, 自分の, 転覆した

2 [40件] あけて, かざして, とりだして, とり出しその, とり出した, とり出して, ぶら下げて, もちだして, もつて, ラッパのみに, 下げて, 乗せて, 倒した, 入れて, 出しました, 出すと, 十六本平げた時で, 取り出すと, 取出だし卓子の, 山の, 彼女の, 手巾に, 抱いて, 抱えて, 拾って, 持った, 振って, 捧げて, 据えて, 掘らうと, 掛けて, 支えて, 火鉢に, 用意し, 田部の, 睨んで, 空に, 節穴から, 開くの, 風呂敷を

1 [421件] あけさ, あけたり, あける前, あけ各, あすこに, あた, あてが, いぢつて, おかけ, おしつけました, おとして, おろして, おろしました, お取り, お神さん, かいで, かかえたまま, かけ木, かざしながら, かざりました, かちかち鳴らし, ことことと, こは, こわしたこと, さがすの, さげさせようと, さげ八幡さま, さげ妹, さげ酒店, しかも飲み残し, すかし見てから, すゑその, そこで手, そこへ, そっとずらせた, そなえて, そのままお, その岩, その男, たずさえて, たもちてうな, だし, ちよつと, つかんで, つき出した, つくるところ, つけ狙つてゐる, つつんで, つまみ出しそれ, ところどころに, とつて, とらせに, とりあげ, とりあげた, とりあげて, とりだした, どうぞ, ながめて, ならべて, はこぶわずらわし, はねとばしましたので, ひったくろうと, ひっぱり出して, ひとつ取りあげ, ひらきました, ふいた雑巾, ふく訳でも, ぶちまけるよう, ぶっかけられたよう, ぶッ, みたり, もう口, もらい空缶, よこせいや, わたしに, わたすと, わった, シッカリと, ズボンの, チョット拝見, テーブルの, トンビの, パッと, ビュッと, ユーゴーに, レンズと, 一つづ, 一つづつ子孫の, 一つと, 一つ劉の, 一つ取り出しました, 一ぱい積ん, 一ツ病人の, 一ツ盗ん, 一パイ空つ, 一具尻からげで, 一本あけた, 一本とり出した, 一本取り出し, 一本寄贈する, 一箇士卒に, 三つも, 三四本ならべた, 三平の, 三本に, 上げて, 上げると, 下げたまま, 並べたの, 並べたスタンド, 並べた酒場, 並べ纏絡植物それ, 中心に, 二つ買った, 二三本どこからか, 二本さげ, 二本ばかり, 二本出した, 二本置いた, 二本袋に, 今日行き, 仕舞うと, 伏せたよう, 伸子に, 倒しながら, 借りて, 傍の, 傾けしかも, 傾けて, 傾けながら, 傾むけた, 兄から, 入れたケース, 入れるの, 兩手で, 兩方のての, 内藤豊後守に, 凝視す, 出さ, 出しそれ, 出した, 出たり, 出來, 切り妙珍鍛, 前において, 割ったよう, 割るな, 割る気, 力いっぱいに, 包みかけたが, 半分ばかり, 卸して, 双方から, 取った, 取らしてから, 取りあげちょっと, 取りあげ瓶, 取りに, 取りました, 取り上げた時, 取り上げる, 取り上げ患者, 取り出し, 取り出しその他, 取り出しそれ, 取り出したけれど, 取り出しました, 取り出す, 取るが, 取ると, 取ろうとしては, 取上げ酌, 取出し一口, 取出だ, 取出だし給ふ, 取卷く人數, 取落そうとして, 受け燥, 受取つてか, 受取つて元の, 受取る, 口に, 叩いて, 叩き割って, 叩き割つて, 叩き立てて, 右手に, 君だけの, 器用に, 噴火口へ, 地面に, 埋めた先代, 埋めた先代總七, 執って, 執りあげやう, 堆きほど, 壊さないよう, 壊したの, 壊せば, 壞さない, 大事に, 大切に, 大箱に, 女の, 少年は, 居睡って, 屑屋が, 巡査の, 左手で, 差した, 差し上げて, 帳場の, 平公と, 床上に, 店まで, 庭先に, 廻わした, 引きつけ酔態, 引っくり返して, 引つ手繰つた, 引寄せ, 引込めポケット, 彼に, 得これ, 忘れて, 思わず手, 愛子は, 懐に, 懐中に, 懸けた, 懸たり, 戸棚から, 戸棚の, 手から, 手もとへ, 手早く取り上げ, 手許に, 手近に, 打ち振った, 抜いたとき, 抱えたまま, 抱え込むと, 抱き装塩, 抱込むと, 押し立てたよう, 拝借し, 拝領させ, 拵へる, 拾いついで, 拾うた記事, 拾うて, 持たされると, 持たせたり, 持たせて, 持ちて, 持ちながら, 持ち出し, 持ち歩くの, 持ったまま, 持つたままこちら, 持つと, 持添へて, 指して, 振つて, 振りあげました, 振り上げた, 捜さして, 捜しだしながら, 捜して, 捜せる菊之助, 捨て少年, 据える, 掘出されし由, 掘出し其段, 掘出たり, 掛けた, 探した, 探したが, 探して, 探し出しました, 控へて, 掴んで, 揃へ, 提げた須永, 提げなければ, 提げ實, 揚て, 握って, 握つたま, 握りつつ, 搜さして, 搜し, 搜せる, 携えて, 携へ, 支えながら, 放り投げた, 放り込む, 数個海中に, 明けて, 明りに, 明日持つ, 時彦は, 暗室で, 更に受取っ, 書類入, 机に, 机の, 案の, 棒で, 横ざまに, 横に, 横抱きに, 気に, 汐留駅まで, 汲上げます, 沢山はじ, 波多野は, 洗ったり, 洗って, 海綿入れに, 浸けた時, 添えた, 添へて, 渡した, 炬燵の, 焼くが, 煙草の, 片づけて, 片附け, 犬の, 猫板の, 用いて, 画師うち抱き, 発見し, 盜み, 目の, 目よりも, 直接口に, 石で, 示した, 私は, 移されては, 空しゅうし, 突こみ一本, 窓から, 立て並べさまざま, 立て座蒲団, 箱詰に, 籃に, 結い付けたばかり, 結びつけて, 結論する, 絨毯の, 綺麗に, 縁側まで, 縫助に, 繊い, 纏い数万歳, 置き猶, 背に, 腋の下に, 舷から, 落して, 見せて, 見せながら, 見つけ出して, 見て, 見ては, 見ても, 見る, 見ると, 見付け裏切, 見出したの, 診察着の, 詰めて, 貫いて, 買おうと, 買て, 買はせ, 買ひもとめた, 贈って, 赤ん坊の, 蹴仆, 軍曹の, 転がして, 転がすと, 転覆し, 追った, 逆かさ, 透かして, 運び入れて, 選んだ, 配達夫より, 酒に, 重そう, 釣るに, 鉄瓶から, 銅壺に, 開いて, 開き山野, 開き肉, 開き餅, 防風林へ, 隔てて, 隠すよう, 隠匿する, 隱した, 集めて, 雑嚢に, 離れて, 離れながら, 電燈の, 頭に, 頭の, 食卓の, 飮ませ, 高くあげ, 黙って, 鼠を, 鼻に

▼ 瓶~ (506, 21.4%)

27 中に 17 中の, 口を 12 酒を 10 中へ, 栓を 9 ような, 蓋を 8 水を 7 口から 6 ように 5 中で, 穴に 4 やうに, 中から, 口へ, 湯の, 湯を, 蓋が

3 [16件] かたちの, 中には, 中を, 傍へ, 内容, 列を, 口に, 底に, 形に, 湯が, 穴から, 穴の, 葡萄酒を, 蓋は, 隱し, 首を

2 [27件] なかに, なかの, ままで, ビールを, 上に, 下を, 中まで, 中味を, 側へ, 周りを, 周囲に, 味噌に, 外に, 封印の, 底には, 底を, 方に, 月光が, 水が, 湯は, 破片を, 穴と, 穴へ, 落ちるの, 蓋の, 蔭に, 間に

1 [238件] あとに, ありかを, うす暗い内部, うす気味, うちに, かけらからは, かけらが, ことを, ごとく輝るを, じいさんが, すがた, つくり, となりに, なかから, なかからは, なかで, なかには, なかみ, なくなったこと, はんけちの, ひっくり, ふちに, ほうへ, ほかに, まま二本ばかり, まま堀割にでも, まま村費にて, やうな, ようだ, ようで, よほど古い, を買っ, アルコールの, キルクの, セットなど, センを, ソースの, デザインレッテルの, ビールあれ, ホスゲンは, 一つ一つも, 一箇を, 七輪を, 下さたきつけろ, 下なる, 下に, 下には, 下へ, 下伏せ, 下部を, 世にも不思議, 並ぶうしろ, 並んだ薬品棚, 並んでる大きな, 並んでる棚, 中, 中か, 中からは, 中さ, 中でも, 中にて, 中にも, 中は, 中心に, 乱雑な, 事, 二三本が, 井より, 仕掛けという, 仕末, 件, 位置との, 佳酒, 借用を, 傍を, 前に, 動かされた跡, 区劃に, 十五度に, 半ばは, 半分以上も, 口からは, 口が, 口だけは, 口と, 口なれ, 口にでも, 口には, 口の, 口も, 口をば, 口栓は, 句碑京伝の, 向う側に, 吸口から, 吸口を, 喇叭を, 土を, 外側に, 大きさ, 大きなる, 大部分, 如きは, 如きも, 如くで, 如しと, 始末についての, 室咲きの, 封を, 小さなコルク, 小屋が, 尻から, 山と, 山梔を, 常夏に, 底から, 底で, 底の, 形の, 形を, 役に, 手を, 把手に, 挿梅は, 数を, 数多く並んだ, 數を, 方から, 方で, 方を, 明いたの, 書幀に, 栓に, 栓の, 桜が, 梅花水仙学校の, 梅酒は, 棚に, 棚の, 様に, 横に, 横腹に, 残りを, 毒物を, 水と, 水に, 水仙を, 水薬を, 沢山並んだ, 沸くの, 消毒などを, 液を, 淵に, 湯とを, 湯も, 湯気が, 湯鳴りと, 煉薬です, 煙草盆床には, 熱いの, 片づけずに, 物を, 球を, 瓦斯を, 白き錠剤, 目貼りを, 眼藥が, 砕ける音, 破片では, 破片に, 破片も, 破片を以て, 破裂した, 硝子や, 神榊と, 積み重なりを, 穴, 穴で, 穴は, 空いたの, 空虚を, 立派な, 竝んだ, 端に, 竹も, 竿に, 箱を, 籠を, 紅梅は, 紫を, 絵看板の, 縁を, 繕ひ, 缺らしい, 群が, 群の, 肩に, 肩の, 脚揃ぇでげ, 色に, 花が, 花も, 花を, 芳醇を, 葡萄酒とを, 薄紅梅もう, 薄紅海, 薔薇と, 行列であった, 裏返した蓋, 角が, 角砂糖を, 話を, 調味剤, 身は, 進物を, 酒が, 酒つきむとして, 酒とを, 酒には, 酒は, 酒も, 酒半, 酒我を, 錢藏だけ, 間から, 隅で, 隅を, 雪解だ, 需要が, 青酸カリウムを, 面なる, 音, 音が, 音を, 頸には, 首の, 黒とに

▼ 瓶~ (238, 10.1%)

18 入れて 5 水を 4 さす藤, 手を, 酒を 3 さしたる薄, たくさんつめこんだ

2 [14件] さしたり, さしつつ, さして, さす草稗, して, つめつつ, 一杯水を, 入って, 入つた, 入れた小判, 梅もどきが, 盗んで, 蝋燭を, 鉄瓶の

1 [169件] いれて, うつしたるはら, かう蓋, くらべられる逸品, さしてその, さして供, さしぬ, さしはさみたる一枝, さし静か, さやけき水吸, しおらしく投げ入れ, せし夜, それを, たとえそれ, たのしそう, つけ小, つめて, つめようと, つめられて, です, どんな蘭薬, ばさばさと, もう八重桜, よそひ, コップ三つ四つ先づ兼吉に, コーヒーを, チーズと, ナフタリンと, ポンと, 一々その, 一々尿, 一ぱい入れ, 一匹の, 一杯つめた, 一杯に, 一杯の, 一杯入れた煮た, 一杯持っ, 一輪投げ, 乳を, 二本の, 二疋の, 五十兩入つてゐた, 仕込んだ味噌, 光や, 入った芋焼酎, 入った赤黒い, 入った麦酒一ダース, 入ってるの, 入れた幾本, 入れた葡萄酒, 入れた酒, 入れられて, 入れる, 剪って, 化けて, 十二の, 十五等分の, 十六菊紋附十六菊紋袈裟御宸筆歌鈴を, 受けたので, 口を, 四羽の, 塩漬けに, 変って, 多いが, 夜来の, 孔雀の, 容れられて, 容れ箱, 封, 封じこめて, 射干一もとを, 小さいコツプ, 尤も其眼, 左の, 布を, 当ったので, 彼が, 息を, 投げざしせるに, 投げ込んで, 投じて, 指紋が, 挿させて, 挿した, 挿した一輪, 挿して, 挿す草, 挿んだ, 插した, 插す, 摘み物を, 数匹の, 新しい酒, 早咲きの, 栓を, 桔梗を, 梅菊が, 残ってる酒, 毒薬を, 水入れ, 沿つて流れ, 注目し, 洋燈が, 活けた菊, 活けられて, 涙二杯, 湛えられて, 湯ざましを, 湯の, 湯を, 満々と, 燗徳利入れ, 牛羊の, 玉躍る, 瓦斯を, 生かったチュリップ, 生けた薔薇, 生けて, 生温い水, 用いて, 登つてそこから, 相当の, 眼を, 短い竿, 移したが, 移せる薔薇, 空ぽ, 突つ込む, 立つる事, 糞を, 糸を, 納まって, 納めて, 納め幸阿弥陀仏, 絡まった, 美しい草花, 菊花を, 菜の花が, 葡萄の, 藏めよ, 藥石を, 見えて, 視線を, 詰まりさうな, 詰めて, 詰めること, 變へて, 豕肉と, 貯える生, 貯へて, 踏み止めました, 返して, 這入った味の素, 選りわける, 酒が, 酒無き, 酔ふ, 重くとろり, 釣られて, 銀の, 鐚銭でも, 鐚錢でも, 非難の, 音を, 頼りて, 願は, 驚く奴, 高く立華

▼ 瓶~ (214, 9.0%)

7 並んで 6 ある, 出て, 置いて 3 あって, 歩くやう, 眼に

2 [14件] あった, いくつも, その後に, はいって, 二つ三つ相, 五六本テエブルの, 六本に, 十八九本も, 埋まつて, 空に, 空にな, 立って, 証拠だ, 首を

1 [152件] あったの, あった筈, あります, あるがな, あるし, あるぢ, あるでしょう, あるとも, あるに, ある之, い, いろいろと, うず高い, おし並び, からから鳴った, がらりがらりと, ごろごろし, しこたましまっ, ずらりと並ん, ずらりと板の間, そのまんま, それを, たくさん俯向けに, たった一本, ちょうど空いた, ちらばら置かれて, ちん, ちんちんと, つづらの, でたこと, でて, とろける, なかつたらまだ, のって, ひとりでに走り出し, ぶら下り懐ろ, ほしくて, またからん, もうごろごろと, もうとても蒸気, もう来, よくまぁ, われて, われはじめるボヤ, ガラスの, ゴロゴロし, ズラリと, タッタ一つ向うの, 一つあった, 一つこの, 一つ出ました, 一つ威か, 一つ置かれた, 一個紛失し, 一度に, 一本ありました, 三つ澁紙の, 三つ蓋の, 三個漂着致し居る, 不断に, 両側に, 並んだり, 並んだ次の間, 乗っかって, 乗つて, 二つ三つ夫人の, 二三カ所に, 二三本並ん, 二本, 二本買えた, 二百円という, 五つ, 五ツ六ツ転がっ, 五六本は, 五本も, 他の, 何本も, 倒れかかりそれ, 傾いて, 傾斜に, 優しい響き, 入って, 冷して, 処せまく, 出して, 出た, 出る二ツ組, 列を, 取り出され塔, 台所の, 四五本給仕盆二枚の, 在るか, 埋めて, 夕日に, 大袈裟な, 少々荷厄介, 己の, 幾つと, 幾つも, 幾色も, 床の間の, 微かに, 必要である, 忽一ぱいに, 怪しいもの, 憐れに, 成程, 投込ん, 持ちこまれ勝軍, 据えて, 掛つて居たら, 散乱し, 数本中身を, 映った, 机の, 林の, 林立し, 棚の, 残ってるのみ, 毀れるかと, 沸って, 澤山並べて, 無い, 煙草の, 生き馬を, 発見され, 眠気を, 砕ける音, 祭壇の, 秀子さんの, 秀子の, 空虚に, 立ている, 立並び, 竝んで, 紹興から, 置かれて, 腹の, 膝の, 自在鍵から, 色彩として, 落ちて, 蓋を, 行儀よくづら, 見いだされた, 見えた, 転がって, 載って, 遠藤自身の, 重なり合つて, 隱され, 隱し

▼ 瓶~ (72, 3.0%)

7 グラスを 3 コツプを, 一緒に 2 コップが, 一所に, 水差を, 薬水を

1 [51件] いふと, なせば, カルモチンの, グラスの, コップとが, コップとを, コップを, ブロバリンと, ペンとを, 一口に, 三人の, 二つの, 云う処, 五郎八茶碗数個を, 前後し, 匙が, 古い貨幣, 古釘, 合わせて, 同じもの, 名づけ身, 大きな盃, 妙な, 左手の, 弁当とを, 弁当を, 折敷が, 杯とを, 樽には, 注射器と, 湯呑とを, 瀬戸引の, 灰神樂と, 煙草缶と, 猪の, 睨めっくら, 石畳との, 窓と, 竹の, 紙コップを, 羽根も, 茶器を, 茶道具と, 菓子麺麭の, 葉巻とが, 薬袋とは, 藥鑵と, 蜜瓶と, 言ひ, 験温器が, 魔酔薬と

▼ 瓶~ (72, 3.0%)

2 三分の一ほどから, 二つとも, 五六人の, 人間が

1 [64件] あの瞬間どこ, あらんす, おほ, くだけ秋草, ここを, すべって, そのまま手提, どうする, ないと, なかなか重かっ, ふかくこもらひ, ふたたび打ち寄せる, まだすぐ傍, まもなく空, ようございました, わたしが, ゴムの, 一斗くらゐ入る, 一本立ちが, 一體古い, 何が, 何に, 何処に, 倒れる, 倒れ栓, 傍において, 傍へ, 出て, 初め茶褐に, 十五六箇も, 千兩や, 可い, 多く彼等, 大切に, 大抵はじけ, 弱りねえ, 微塵に, 思ったよりも, 戸棚に, 手より, 折悪しく, 持って, 新らしく, 時々けたたましい, 残されて, 沸つてゐる, 注いで, 滅茶, 火の, 点眼用と, 父を, 相当に, 真空装置が, 砕けて, 破れて, 空っぽ, 窓から, 粉々に, 腹を, 薬用アルコールで, 路にて, 蹴とばされて, 辞して, 酒の

▼ 瓶~ (60, 2.5%)

2 コップの, 水差や

1 [56件] くすんだ色, その他を, そんなもの, まがりくねった焼物, グラスが, コップなど, コップや, ゴム糊硯箱そんな, チョコレートの, ネープル蜜柑などが, ビールの, ピーナツが, 上靴も, 二瓶ぐらい, 二瓶は, 其の他, 刺繍した, 化学器械が, 医療器具を, 古金類を, 壜が, 壜や, 壺などが, 大きな瓶, 展翅板や, 巌畳に, 料理の, 新聞紙の, 日時計や, 日毎た, 槽の, 樽を, 注射器などが, 湯気の, 漬物を, 生気の, 病床日誌やらが, 白い模様, 皿や, 短刀の, 箱や, 籠や, 紙包みを, 細工道具が, 缶が, 葱の, 試験管の, 貝を, 鉢が, 鋏に, 錆の, 鑵詰の, 鑵詰類などが, 香水吹き, 鰯の, 黒い薬塊

▼ 瓶から~ (43, 1.8%)

4 杓子で 2 出た手記, 出た金, 瓶へ, 香水を

1 [31件] あの瓶, いままで, ぐっと飲ん, こぼれ出る水, つがれたの, です, どろどろした, コツプに, コニヤツクを, ドッと, 丸薬を, 何でも, 出そうと, 出たよ, 口うつし, 口を, 司馬温公の, 味噌を, 急須へ, 毒藥を, 澤山飮めば, 煙が, 盃の, 直接に, 神に, 紅梅の, 茶を, 迸り出て, 逃腰で, 這い上るよう, 長椅子の

▼ 瓶~ (34, 1.4%)

1 [34件] あった, あつて, ありませんが, ある, し千丈, し千尋, すぐ出来上る, そこに, そして第, ただ姿勢, つけたよう, ないから, みな美しい, テーブルの, 一きれ, 丁寧に, 三四本見えた, 何にも, 備えて, 出したから, 又興, 壺も, 宗助が, 悉く青錢, 戸棚も, 栓なし, 次第に虚, 澁紙の, 灰も, 灰皿も, 第三, 開いて, 靄を, 黄いろい瓶

▼ 瓶~ (25, 1.1%)

2 というの, は私

1 [21件] から駅, が, という芸名, とかつて, との間, と小柳雅子, と無駄口, などを見る, にザギ, の下, の言葉, は, はいわば, はその, はたしかに, はついに, はりゅうと, は十年, は望みどおり出世, は革手袋, も好き

▼ 瓶には~ (24, 1.0%)

2 こ, どうしても千兩, 毒は

1 [18件] いつた砂糖, この一書, すぎた夕, どれにも, ギヤマンの, 何千兩入つてゐた, 必ず盃一杯分, 木蘭を, 梅干の, 殺虫粉右の, 痺れ薬が, 皆指紋が, 芳香酸として, 蓮の, 薄紅梅, 蝮が, 野の, 黄菊が

▼ 瓶~ (22, 0.9%)

3 水を

1 [19件] あとは, お酒盛, この間酢を, その次, やつて, 五六杯の, 厚い帛, 取戻して, 寝台の, 山頭火は, 幾杯かの, 打つ煙草盆, 新聞の, 染られたので, 殴り殺された深谷氏, 犢に, 癒つたから, 米つこう, 頭蓋骨を

▼ 瓶~ (18, 0.8%)

2 入れて, 酒を

1 [14件] うつして, うつしました, たった一枚, たつた一枚, 一本ずつ, 入ったとろとろ, 手を, 時代の, 水を, 注がれるよう, 液体を, 漬けて, 百斛の, 詰めたの

▼ 瓶とを~ (15, 0.6%)

2 合せて

1 [13件] のせた一枚, 分析させた, 包んで, 売る金四十銭, 征地の, 持たせられて, 持って, 持つて, 歐陽修から, 片附け, 男に, 盆に, 隠しに

▼ 瓶~ (10, 0.4%)

2 のを 1 か荒々しく, こと, とかニッケル製, と伝えられ, と思います, な, のが, よまあ

▼ 瓶~ (8, 0.3%)

2 柴田の 1 とよばれ, 柴田とか, 柴田に, 柴田らしい, 柴田鬼柴田とも, 柴田鬼柴田の

▼ 瓶だの~ (7, 0.3%)

1 いろいろと, ピンセットだの, 壁紙で, 手頃の, 持って, 玉の, 石炭酸の

▼ 瓶などが~ (7, 0.3%)

2 商人の 1 あった, かざって, 並んで, 売品として, 置いて

▼ 瓶でも~ (6, 0.3%)

2 古下駄 1 ない壺, 何んで, 積んで, 茶碗でも

▼ 瓶一パイ~ (5, 0.2%)

3 の金 1 に付いた, の茶

▼ 瓶口黒須兵衛~ (5, 0.2%)

1 であった, とあと, と同格, は引手茶屋, もそう

▼ 瓶~ (4, 0.2%)

1 乾魚の, 何かの, 壺か, 風呂敷包を

▼ 瓶ごと~ (4, 0.2%)

1 に生けよ, 持って, 捨てられる時, 買って

▼ 瓶つけれ~ (4, 0.2%)

2 ば桜色, ば雪

▼ 瓶とが~ (4, 0.2%)

2 転がって 1 ガラガラと, 選ばれる

▼ 瓶などを~ (4, 0.2%)

1 作る法, 取りに, 沢山ならべ, 眺めて

▼ 瓶にも~ (4, 0.2%)

1 あらず, たれて, 挿さず縁側, 金が

▼ 瓶まで~ (4, 0.2%)

1 ある, 引くり返して, 持出された, 譲り受けて

▼ 瓶より~ (4, 0.2%)

2 中味の 1 酒を, 金盞に

▼ 瓶~ (4, 0.2%)

1 に萎れゆく, に見る, の芍薬, より出でし

▼ 瓶容れ~ (4, 0.2%)

1 の藁編み, をわたし, を拾いあげ, を私

▼ 瓶~ (4, 0.2%)

1 に湯, に炭, の火, を貰った

▼ 瓶かけ~ (3, 0.1%)

1 に銀瓶, を上げよう, を炉

▼ 瓶それ~ (3, 0.1%)

1 はみ, は醗酵, も舶来

▼ 瓶だけ~ (3, 0.1%)

2 である 1 余分に

▼ 瓶である~ (3, 0.1%)

1 ことが, ことは, ことを

▼ 瓶という~ (3, 0.1%)

1 のは, のも, ように

▼ 瓶ひとつ~ (3, 0.1%)

2 も持つまじく 1 持ち秋

▼ 瓶やら~ (3, 0.1%)

1 流通の, 盆果点心, 空罎に

▼ 瓶をも~ (3, 0.1%)

1 可笑しいと, 渡そうと, 照し

▼ 瓶口さん~ (3, 0.1%)

1 から, こう言った, 来なかったかしら

▼ 瓶~ (3, 0.1%)

1 近くまで, 飲み, 飲みまたは

▼ 瓶持っ~ (3, 0.1%)

1 てこい, て来さした, て行った

▼ 瓶~ (3, 0.1%)

1 はまだ, は勝手, 傾く涼し

▼ 瓶~ (3, 0.1%)

1 にながむべ, に盛り, に薔薇

▼ 瓶あり~ (2, 0.1%)

1 とする, 少し離れ

▼ 瓶ある~ (2, 0.1%)

1 からね, を見

▼ 瓶かと~ (2, 0.1%)

1 思う小さな, 驚かれよう真個

▼ 瓶くみ上げ~ (2, 0.1%)

2 て一杯

▼ 瓶だって~ (2, 0.1%)

1 二十瓶だって, 引き受けると

▼ 瓶では~ (2, 0.1%)

1 あるまいし, ないかと

▼ 瓶といふ~ (2, 0.1%)

1 のが, のは

▼ 瓶として~ (2, 0.1%)

1 つかわれたもの, ですよ

▼ 瓶~ (2, 0.1%)

1 んでさア, んです

▼ 瓶なぞ~ (2, 0.1%)

1 いくつも, 取散し大

▼ 瓶なぞが~ (2, 0.1%)

1 アトから, 棚を

▼ 瓶なら~ (2, 0.1%)

1 こんなにさがし, 大きいよ

▼ 瓶のぞき~ (2, 0.1%)

1 の手, の買い

▼ 瓶へも~ (2, 0.1%)

1 何の, 絲を

▼ 瓶もち~ (2, 0.1%)

1 て休息め, て行く

▼ 瓶らしい~ (2, 0.1%)

1 のを, ものが

▼ 瓶フケ取~ (2, 0.1%)

2 さへも

▼ 瓶一つ~ (2, 0.1%)

1 ではなく, のため

▼ 瓶五杯~ (2, 0.1%)

1 に入, や六杯

▼ 瓶~ (2, 0.1%)

1 しか彼ん, ではありません

▼ 瓶入り~ (2, 0.1%)

1 の液体空気, を買わされた

▼ 瓶~ (2, 0.1%)

1 に充てる, の空虚

▼ 瓶~ (2, 0.1%)

2 の刀

▼ 瓶~ (2, 0.1%)

1 にいっ, のふるさと

▼ 瓶~ (2, 0.1%)

1 により候, は永い

▼ 瓶大黒~ (2, 0.1%)

2 の華魁

▼ 瓶~ (2, 0.1%)

1 ですが, で細工

▼ 瓶有村~ (2, 0.1%)

1 の百姓, の農家

▼ 瓶煖酒~ (2, 0.1%)

1 ましょか, ましよか

▼ 瓶玉命~ (2, 0.1%)

1 の靈場, を阿蘇

▼ 瓶~ (2, 0.1%)

1 の仁, を改め

▼ 瓶続い~ (2, 0.1%)

1 てコップ, てコツプ

▼ 瓶~ (2, 0.1%)

2 から僕

▼1* [193件]

あってこの, 瓶あり捧げて俯向, 瓶あればそ, 瓶いやその信玄袋, 瓶かがアメリカの, 瓶かすかなりしろ, 瓶かつぎだされた数百本の, 瓶がちう, 瓶ぐらいあるん, 瓶ぐらいの横腹に, 瓶ぐらいはお愛想, 瓶ぐらひの用意は忘れなかつた, 瓶ぐるみ持って, 瓶こそよけれ霧, 瓶ざふね, 瓶ごと此所に置く, 瓶さ詰めでしむべ, 瓶その物が, 瓶それからドーナツワップルシュークリーム渦巻カステラの, 瓶そんなものが, 瓶たたけば, 瓶たんと見出した, 瓶だけでも見ようと, 瓶だけにして, 瓶だけはさすが小判, 瓶だけを形見に, 瓶だった事まで, 瓶だらけへ秋日, 瓶ちゃんにちょっと, 瓶や徳利一本づつしかへえんねえから面倒臭かん, 瓶つけて持たせ, 瓶づめとは訳が違う, 瓶づめのようなものをお土産に持っ, 瓶でしたが内容, 瓶ですよ, 瓶でない方, 瓶といへる早稲田出身, 瓶とともにポリニャークは, 瓶とへ両手を, 瓶とりにき, 瓶とりたるをしほ, 瓶とり出しお鼻紙, 瓶とるは, 瓶と共に江戸に, 瓶ながらだんだん開きかかる, 瓶なくなっている, 瓶など使う必要, 瓶などと一緒に, 瓶などに飼って, 瓶なる花と, 瓶なれかし, 瓶なんか持ち出して, 瓶なんかを左手に, 瓶なんてものは, 瓶についての説明を, 瓶にでも入れて, 瓶にまで黴が, 瓶にや分たん, 瓶のくびを, 瓶のみがあるばかり, 瓶のや例の, 瓶ばかりがごろごろと, 瓶へとおづ, 瓶ほどもあり一つ一つ, 瓶みたいなもの, 瓶みょうな瓶, 瓶もって来さした, 瓶やうのもの, 瓶聞けわれら武門, 瓶ようのもの, 瓶わけてある, 瓶わり面とちがい, 瓶をかかへてかへる, 瓶をがちゃんと机, 瓶コルク竹等どこの屑物店, 瓶チュウインガムの食滓, 瓶ワグネルの手, 瓶現ワシ, 瓶一個で既に, 瓶一円五十銭なりと, 瓶一本と大きな, 瓶一杯に水, 瓶一杯づつ埋めると, 瓶一面の埃, 瓶け下, 瓶二十余出来た, 瓶二十本ばかり出来, 瓶二十銭のシャンパン, 瓶二箇と共に載っ, 瓶五個荷駄につん, 瓶仕込んである, 瓶以前は髯むぢやの男, 瓶の, 瓶借りて来い, 瓶の贈物, 瓶などを網棚, 瓶分けてもいい, 瓶分入手して, 瓶割り流でも柴田, 瓶割刀とを許される, 瓶原宮阯あたりまで出かけた, 瓶去年なの, 瓶黄金の, 瓶又は壺の, 瓶取り出して顫, 瓶取り寄せてくれ, 瓶バケツ古, 瓶の上, 瓶は実際全く, 瓶破余, 瓶四つに水, 瓶四円や五円, 瓶塩鮭の切肉, 瓶壺等の線, 瓶壺顕微鏡はまだ, 瓶天井から下ってる, 瓶太し九州の, 瓶太郎氏にはもとより, 瓶の水瓶形, 瓶宮磨羯宮射手座天蠍宮天秤座処女座獅子宮巨蟹宮両子宮, 瓶羊鶏の, 瓶小さきコップ数個紙巻莨を, 瓶山下雨花加藤唖蝉田中稲月玉井一二郎国木田独歩永井定太郎山田桂華桃中軒雲右衛門渡辺亮輔など多く, 瓶山麓の村, 瓶に在る, 瓶の隅, 瓶左手にシユーマイ, 瓶幾らといふ値段, 瓶徳利を持参, 瓶心太の皿, 瓶が一對, 瓶拾得次第届告仕る様, 瓶拾銭の化粧水, 瓶持たせて院長, 瓶持ち來り, 瓶掛茶道具の類, 瓶握ってひょろついてる, 瓶知れず奉納, 瓶星座がで, 瓶杯洗を調え, 瓶植木鉢泥砂礫草花その他の器物, 瓶までも一, 瓶次第さ, 瓶正三治助などという昔, 瓶に, 瓶に通じまする, 瓶氷塊にも砕けず, 瓶沙王諸妓女, 瓶沙王登極の初め, 瓶洗いのブラシみたい, 瓶は薄, 瓶滿たし, 瓶ぬりの, 瓶送られしこと, 瓶瀬戸物売出の幟, 瓶火箸見境もなく, 瓶瑶盃ニ千金ヲ費ヤシ反故紙ニモ劣ル偽其昌贋徴明ナドニ流涎シテ, 瓶男瓶ござふね, 瓶硝子の管, 瓶空ボールの交響楽, 瓶笏供華などをささげ, 瓶を手, 瓶とは速断, 瓶箱新聞紙等が目, 瓶糖蜜瓶漆ぬりの, 瓶はけこんな, 瓶紋磨羯線射手線天秤線獅子紋白羊線等すべて上天の親星, 瓶が冷たい, 瓶などはもう, 瓶肉盤をささげ, 瓶花盆栽の檸檬樹, 瓶落しに落ち, 瓶落ち破れて, 瓶も封印, 瓶薬袋吸呑みその他, 瓶も惜しげ, 瓶の薔薇一輪, 瓶ゆ, 瓶試験管フラスコなぞが雑然と, 瓶護謨毬各種の縫針, 瓶貰ってちょっと, 瓶買いは買った, 瓶水勢, 瓶運動靴棒切れ下駄が流れ, 瓶酒壜それから酒, 瓶酒盃水入れのよう, 瓶を蓄え, 瓶釣りその他あらゆる, 瓶の類, 瓶鉢中の花, 瓶鉢類を並列, 瓶雷盆などいづれ, 瓶香炉水差し水道の水