青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「祝~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

社会~ 社長~ 祈り~ 祈祷~ 祖~ ~祖先 祖先~ ~祖母 祖母~ 祖父~
祝~
~神 神~ 神妙~ 神尾~ 神戸~ ~神様 神様~ 神田~ 神社~ 神秘~

「祝~」 1027, 11ppm, 10136位

▼ 祝~ (146, 14.2%)

5 品を 3 ために 2 ため, やうにも, 会に, 儀式が, 児の, 意味で, 拳骨, 母が, 母は

1 [120件] あったこと, あること, あるといふ, いは, おかゆっていう, おかゆを, お酒, くつろぎに, ことばを, さかもりを, しるしと, しるしに, たのしい會合, ためなり, ため私に, ため罷り越え, つもりで, ときある, ときと, ときよりも, とき貰った, にはに差せる, ひとつかしら, ほろ蚊帳が, やうに, サービスを, 一に, 一族だ, 主人公は, 二大夫に対しては, 仕度も, 件組合内に, 会を, 会場の, 会場は, 兜と, 八十八の, 冷酒に, 印と, 印ばかりに, 口紅を, 古着で, 句を, 品だの, 品と, 品も, 品先渡しと, 夜の, 夜仲間ども一座の, 奉書包や, 宴が, 宴会が, 宴会に, 家にも, 家の, 家へ, 寸儀を, 寸志です, 小伜ども, 席と, 席に, 席上で, 式て, 強飯だの, 後彼は, 御余, 御座敷, 心である, 心と, 心とぞ, 心は, 意味も, 或は自, 手紙が, 手紙では, 支度を, 方を, 日か, 日が, 日に, 日を, 時には, 時私が, 時計, 歌, 洋食を, 準備で, 為に, 狂歌は, 由, 白テブクロ, 盃を, 短冊土器斗掻餅を, 礼を, 積りで, 羽織を, 行列が, 親父も, 言葉が, 設備としてだけの, 謡を, 赤飯だ, 赤飯で, 踊りである, 踊を, 辞を, 通り, 遺骸を, 酒と, 酒を, 酒宴あり, 酒盛で, 酒盛を, 酒肴を, 鐘の, 音楽も, 飾りか, 餅酒を, 餠搗の, 鳥の子餅の

▼ 祝~ (70, 6.8%)

2 グロキシニヤの, 出て

1 [66件] あげようと, あのタンボ, あんな温室, お父さんの, お魚, こしらえて, これは, これを, さし上げたいこと, しようと, すずの, そのこと, つき表, つぶしは, どよもすべけれ, なったが, もって, やったらいい, ゆきぬ, よばれたり, よばれて, 一つ手を, 一杯, 一杯あげ, 一杯あゝ, 万民の, 三越へ, 今面白い, 似て, 何か, 先日来買っといた, 出来た関牧場, 加州侯から, 十円いただいた, 参らせる, 句を, 同意しない, 商品切手持参する, 字引きを, 御招, 御教訓, 打つた大砲, 招ばれ, 捉えられて, 新宿の, 村の, 来たわけ, 温室を, 温室一つ貰う, 着るの, 私が, 腰を, 蔭ながら, 行ったって, 行った人, 親類から, 詩子へ, 貰った鳶色, 貰つた品々などの, 貰つた品々を, 贈ろうとして, 赤飯だけの, 送る, 配る鳥の子, 限つては, 雛を

▼ 祝~ (67, 6.5%)

5 して 3 兼ねて 2 いいに, した時

1 [55件] あつらえに, いたしますそう, いひながら, くどくどしく申し述べた, くれて, くれるならそして, さがしに, した, したといふ, したばかりの, してやろうよ, しましょうねえ, しようと, しようという, すませてから, する, するため, するの, するやう, する事, する子, する風習, なさいましてネ, なすった由, なす人, ねだるつもり, のべる, やった, やつた, やるから, 乗物に, 云って, 催されたと, 先に, 兼ねた御馳走, 兼ね家庭俳句会, 受けた, 受けて, 受け一同安心, 奉る云々, 心ばかりを, 忌避がった, 戴きためて, 林町から, 申上げ, 申上げた, 祭ると, 終って, 著た, 言うと, 貰ったから, 貰ったとき, 貰つてを, 述べるほどの, 送りとうございますね

▼ 祝~ (61, 5.9%)

3 そこで 2 う, 少女の, 微笑した

1 [52件] おっかぶせて, ここで, ざらめや, しないじゃ, それを, なかった, ぬ家, ますます喜ん, また一家一族, もう一度書類, れること, 一回も, 一週間続き, 不機嫌, 今日ある, 便室一杯に, 児夫婦を, 右京の, 唇で, 喜んで, 声を, 夜に, 如何, 媼さんが, 寒さ, 急ぎ足に, 手を, 書類を, 朗らかに, 板倉の, 歯ぎしりを, 母に, 火箸を, 燭台の, 狩野正信の, 皆の, 盛に, 盛大に, 私には, 稲葉へ, 茶を, 茶碗の, 蒔絵した, 越前が, 身体を, 途中で, 針箱です, 阪井右京の, 隅田川で, 頂くけれど, 高声に, 黙って

▼ 祝~ (40, 3.9%)

2 意味で

1 [38件] ことに, にう, に似たる, に過ぎない, のが, のだつた, ので, のである, のでやはり, ので皆んな奧, のも, やうに, 主人の, 事いづこも, 仮の, 会が, 吉本夫人, 子供らの, 宴を, 家々も, 所も, 支度に, 春かな, 時のみ, 時五色の, 月, 朝が, 様に, 武運の, 清き正月元日, 為に, 爲に, 祭りです, 積りで, 自然の, 言葉を, 雑煮餅の, 食卓が

▼ 祝~ (31, 3.0%)

9 の三傑 5 ノ三傑

1 [17件] である, でかためられ, と李家, と気まずく, のおん曹司たち, のご, の一子, の一族, の一男, の三傑三兄弟, の三兄弟, の三男坊, の内臓, の城, の本拠, の独龍山, の門

▼ 祝~ (29, 2.8%)

8 奉の 5 奉家 3 奉さま 2 奉という, 奉は, 奉を 1 奉から, 奉と, 奉にたいする, 奉には, 奉までが, 奉みずから, 奉も

▼ 祝~ (21, 2.0%)

2 あって, 言った

1 [17件] あった, あつて, あり初, あり門下生, あるとかいふ, しょんぼり入っ, つくでしょうから, もちいつく, 下痢の, 出来ます, 合図の, 大庭か, 来たかと, 水莽草を, 済むと, 真に私共, 開かれた

▼ 祝つて~ (21, 2.0%)

1 [21件] もらつた, も貰, やつて, やらずば, やらなきや, やりたいと, やる品, ゐるかな, ゐるが, ゐるところ, ゐるので, 下さるの, 呉れた帯, 呉れるやう, 居た, 居たと, 居る事, 戴かれますので, 戴きたいと, 載いた, 遣る物

▼ 祝~ (18, 1.8%)

2 があつ, にも近所

1 [14件] がある, じゃよう, ではあるしのう, で招, で遲, とかさ, にはぜひ, には列し, に野, のあった, の今日, は祝事, は終った, ばかり百果報

▼ 祝家荘~ (17, 1.7%)

1 [17件] からほか, から移し, では梁山泊, といっ, にうろつい, におけるあなた, のやつら, の入口, の敵, の敵国, の旅籠, の民兵, の祝朝, の苦戦, の領内, の魔, を襲っ

▼ 祝~ (16, 1.6%)

2 いって

1 [14件] あって, いいもしくは, して, すべきでは, クリスマスなどに, 云ふ, 初漁祝, 名づけ早朝, 呼んだの, 披露を, 無沙汰の, 称えて, 言っても, 軽視すべき

▼ 祝として~ (16, 1.6%)

2 代助

1 [14件] こしらえて, それ迄に, やる筈, 丸善の, 今に, 別に三十円寄進, 友人を, 夜刀神を, 太刀用脚等の, 夫人の, 時服一ト襲ねと, 本式に, 餅酒鳥目一貫文送給候畢, 黍餅を

▼ 祝~ (15, 1.5%)

2 がこれ

1 [13件] が, が大, の一隊, の三兄弟, の五百余騎, の心中, の朱, は, はそれ, は大勢, は短気者, もまた, を討っ

▼ 祝~ (13, 1.3%)

2 はいち早し

1 [11件] であった, というの, などが聞え, につづく, のよう, の歌詞, はながれ, を書いた, を歌う, を歌おう, を謡いはやし

▼ 祝~ (11, 1.1%)

1 [11件] が, が先頭, の一手三百人, の前, の姿, の手勢, はただちに, はみずから, へちょっと, もあぶなかっ, を抑え

▼ 祝~ (10, 1.0%)

4 てくれる 2 てくれた, て頂いた 1 ちや居めえ, て頂きませう

▼ 祝~ (10, 1.0%)

1 が秩序, と一緒, には魚, の人形, の為, はそつくり, は近所, をうんと, をとどける, 常に此

▼ 祝~ (10, 1.0%)

3 でも遣 1 の余光, の餘光, も遣り, を戴いた, を遣わし, を遣わした, を遣わしました

▼ 祝~ (9, 0.9%)

2 と云っ, と云つて 1 かわかった, と云つて煙草, と思ふ, もの奉公人だって, やら御

▼ 祝~ (9, 0.9%)

2 あつた 1 さあね, その肖像, 何の, 死んで, 西川から, 講演會を, 野方

▼ 祝~ (9, 0.9%)

1 には世間, の夫人, の指南番, の武芸指南番, の身上, よりももっと, をここ, を中心, を宗家

▼ 祝~ (9, 0.9%)

1 したの, しついで, して, すると, するの, するので, するの意味, を終っ, 無他語

▼ 祝~ (8, 0.8%)

1 のある, の数々, はさまざま, をかつぎ込ん, をそのまま, を贈っ, を贈呈, 御入念痛

▼ 祝~ (8, 0.8%)

1 と言, と言われ, などに任じた, のつかさ, の住宅, の大, の頭たち, を中心

▼ 祝~ (8, 0.8%)

1 すなわち神, に任せる, の所教, の村落, の部落, よりは遅れ, を呼ぶ, を思ふ

▼ 祝出征~ (7, 0.7%)

3 の旗 1 という字, ののぼり, の宴, の幟旗

▼ 祝~ (7, 0.7%)

1 がこんど, が狙い, が答え, の兄弟, はそれ, また武芸師範, ももちろん

▼ 祝はれた~ (6, 0.6%)

2 儘で 1 かと思ふ, のだ, もので, 時も

▼ 祝という~ (5, 0.5%)

1 ものが, 儀式が, 姓が, 男が, 題の

▼ 祝にと~ (5, 0.5%)

1 あんなにまで, 云ったり, 云って, 思って, 買い賜われたもの

▼ 祝ふため~ (5, 0.5%)

1 にといふやう, に主人, に準備, に男女, に遠い

▼ 祝~ (5, 0.5%)

1 させて, せよ豊酒清酒, ふるえあがったが, 自弔, 解せる

▼ 祝~ (5, 0.5%)

1 として, と随筆類, を徴, を書きなぐ, を載せ

▼ 祝~ (5, 0.5%)

4 の儀式 1 を与えた

▼ 祝~ (5, 0.5%)

2 ののち 1 して, しまいらす, 之時所詠

▼ 祝~ (4, 0.4%)

1 から出, 囃したり, 申しあげて, 続けた

▼ 祝には~ (4, 0.4%)

1 お話し, アメリカで, 一人の, 昔から

▼ 祝ふと~ (4, 0.4%)

1 いふ為, いふ風で, しよう, わけて

▼ 祝夫婦~ (4, 0.4%)

1 と親類づきあい, はそれ, はひどく, は母

▼ 祝~ (4, 0.4%)

2 も涙 1 に存ずる, 極まりなく千秋万歳自愛自愛

▼ 祝~ (4, 0.4%)

1 あり終り, と接吻, の代り, を讀ん

▼ 祝さん~ (3, 0.3%)

1 がもう, て方, のお母さん

▼ 祝~ (3, 0.3%)

1 てくれる, てさしあげましょう, になっ

▼ 祝する~ (3, 0.3%)

1 お誕生日, ほどの男の子, 音い

▼ 祝とか~ (3, 0.3%)

1 で阿部, 言ったよう, 餅が

▼ 祝など~ (3, 0.3%)

1 ある折, 思いも, 言ふ

▼ 祝はれ~ (3, 0.3%)

1 ても好い, て出帆, て嫁

▼ 祝~ (3, 0.3%)

1 品に, 曰く, 神祝

▼ 祝允明~ (3, 0.3%)

1 あり, など以來, に始ま

▼ 祝~ (3, 0.3%)

1 とを連絡, に上る, を通つて

▼ 祝部土器~ (3, 0.3%)

1 とほとんど, と同じ, やその他

▼ 祝龍祝虎~ (3, 0.3%)

1 の兄弟, はそれ, また武芸師範

▼ 祝~ (2, 0.2%)

1 の意, は

▼ 祝~ (2, 0.2%)

2 よ日

▼ 祝ごと~ (2, 0.2%)

1 の催し, 続く御代

▼ 祝せざる~ (2, 0.2%)

1 なし, を得なかった

▼ 祝つた~ (2, 0.2%)

1 その翌日, ばかりの歸

▼ 祝では~ (2, 0.2%)

1 なかった, なくもっと

▼ 祝といふ~ (2, 0.2%)

1 ことを, 題の

▼ 祝とは~ (2, 0.2%)

1 女官御, 違つたにぎやかな

▼ 祝とも~ (2, 0.2%)

1 五百両は, 名づけて

▼ 祝ひける~ (2, 0.2%)

1 かな, 初子の

▼ 祝ひま~ (2, 0.2%)

1 へう, へうかい

▼ 祝ふべき~ (2, 0.2%)

2 筈ながら

▼ 祝~ (2, 0.2%)

1 いった, 地なる

▼ 祝~ (2, 0.2%)

1 出産の, 桑木厳翼の

▼ 祝~ (2, 0.2%)

1 てやった, て上げなく

▼ 祝一族~ (2, 0.2%)

1 の一軒, の者

▼ 祝五郎~ (2, 0.2%)

2 と云

▼ 祝京兆唐解元李西涯等~ (2, 0.2%)

2 と朋友

▼ 祝~ (2, 0.2%)

1 は十七日, を開い

▼ 祝入営~ (2, 0.2%)

1 の旗, の旗五六本

▼ 祝~ (2, 0.2%)

1 す, をあたえ

▼ 祝~ (2, 0.2%)

1 であったか, なんかもこぼし

▼ 祝~ (2, 0.2%)

2 之丞

▼ 祝女たち~ (2, 0.2%)

1 の行列, までが所領栄典

▼ 祝~ (2, 0.2%)

1 と品々, を唱え

▼ 祝殿~ (2, 0.2%)

1 の御, は当代

▼ 祝~ (2, 0.2%)

1 や訪問客, をさし上げ

▼ 祝~ (2, 0.2%)

1 きた大, の爺

▼ 祝~ (2, 0.2%)

1 に家, の一ふし

▼ 祝部土器等~ (2, 0.2%)

1 が其所此所, を例

▼ 祝~ (2, 0.2%)

1 が内政, の祭祀

▼ 祝高峰順平~ (2, 0.2%)

2 と書い

▼ 祝鶏翁~ (2, 0.2%)

1 のやう, は洛陽

▼1* [167件]

いまつる会に参列, 祝うたにう, 祝からの火急の, 祝がへ蟲, 祝がれ給う大君, 祝き奉るという, 祝き廻るついでに, 祝ぎする初春の, 祝ぎて呼ぶこゑとりよろふ港, 祝ぎてとどろく大砲に応, 祝ぎながら一宇万生のす, 祝ぎにと奥方や老人ども, 祝ぎまつれ大やまと, 祝ぎ次に朝炊, 祝ぎ狃ほし豊, 祝ぐのである, 祝ぐようにさし昇って, 祝ぐ八十八も旅, 祝ぐ声だった, 祝ぐ時のよう, 祝ぐ詞と言, 祝うとて, 祝さるべき偉人であるまい, 祝したが今年, 祝すべけむや, 祝その他福井から来られた, 祝だろうと思う, 祝つたのでこれ, 祝つた日それは丁度, 祝つた聯字の黄, 祝つて五時沼津の狩野川河口, 祝つて住吉へお, 祝つて友人たちの贈つた, 祝つて叫び交す, 祝つて妄言を擱, 祝つて小銃で空砲, 祝つて心靜かに雜煮, 祝つて祝い狂わせ, 祝つて祝つて祝い狂わせ, 祝つて私は飲みます, 祝つて貰ふと云, 祝つて進げたいが, 祝つて顔の薄, 祝であったのに行けなかった, 祝ですわたしは, 祝でもしたいと, 祝とて一族大勢の, 祝とで沸くが, 祝とやらで隣, 祝とを兼ねて, 祝どころじゃありません, 祝んで如何にも, 祝などというと, 祝などという土蜘蛛が, 祝などにやられると, 祝などをして, 祝ならいつでも, 祝なりとて盛に, 祝はずに居られ, 祝はれるよりも姉, 祝はんかなロッパ一座, 祝ふかのやう, 祝ふけれど光明寺, 祝ふたぐひの, 祝ふてやつた, 祝ふわけ, 祝へば八五郎の, 祝て出, 祝ものを買い, 祝やらを兼ねて, 祝よりも誘惑る, 祝らしい小鯛, 祝て除くべし, 祝唇が, 祝わってくれた, 祝をも兼ねる事, 祝カフスボタンを買う, 祝スタニスラフスキーがこの, 祝パス祝誰さんの誕生日, 祝ヒテ終ヘタレバ玉匣フタミ相称ヘル験アリテ蔵ス所世ヲ経テ失サルカナ, 祝ポスターが町, 祝一行全前途遼遠請自愛, 祝一門おも, 祝中頃は振残されし, 祝乞食と云, 祝事どころでは, 祝以亀寿鶴齢之章, 祝使として酒井忠次, 祝允明以後は如何, 祝兄弟それぞれの隊, 祝先生の心理学, 祝入営竜巻雪太郎君と筆太, 祝凱旋と大書, 祝出征なになに君という字, 祝出征旗押したてた, 祝受被下候ば本懐, 祝つた, 祝名祭の残り物, 祝品その他の贈り物, 祝のもの, 祝を先ず, 祝を廻り済し, 祝祝と, 祝大外河美濃守という建物, 祝天皇寿不背真為日本民, 祝夫人や侍女, 祝女殿内からは近い, 祝女殿内一族の本家, 祝女稲福婆失せて, 祝婚行進曲の節, 祝として民望, 祝官石斧を牲豕, 祝家村の陣営, 祝家荘一円が彼, 祝の眞盛, 祝との職掌, 祝彪さまだよ, 祝彪らとなにか, 祝彪祝虎ももちろん, 祝御歌いとを, 祝と皆んな, 祝慶日には宴会, 祝或は踊一手の, 祝から不断遣い, 祝が立ちならび, 祝を寄せ, 祝が近づく, 祝に使ふつ, 祝より御, 祝橋向の河岸通, 祝次郎はあっ, 祝次郎その他半蔵が内弟子, 祝氏一族の側, 祝清沢満之高山林次郎などという人々, 祝物それを贈, 祝物進呈仕候, 祝珍重の体, 祝と一緒, 祝町近くの高い, 祝白川道太郎送別会忘年会と技芸評, 祝も敢えて, 祝祓除陰陽道物忌鬼霊占筮など多様, 祝之神祝, 祝祭文の様, 祝禁じえない色だった, 祝福の神は人, 祝総代ということ, 祝をのせた, 祝だけはそれでも, 祝花火を巨, 祝著同心の旨, 祝虎三男の祝彪, 祝虎祝彪の三兄弟, 祝虎祝彪らとなにか, 祝誰さんの誕生日, 祝にほかならなかつた, 祝されそれ, 祝還暦吾於今覺非無其故, 祝部色に成つ, 祝部高坏土器を, 祝部高抔土器を, 祝彌といふ, 祝頌し悲しみさえも, 祝髪後等覚と云つた人, 祝龍二男の祝虎, 祝龍祝虎祝彪の三兄弟, 祝龍祝虎祝彪らとなにか