青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「経つ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~組ん 組ん~ 組合~ ~組織 組織~ ~経 経~ ~経っ 経っ~ ~経つ
経つ~
経営~ 経済~ ~経過 経過~ ~経験 経験~ 結~ 結び~ ~結ん 結ん~

「経つ~」 1116, 12ppm, 9101位

▼ 経つ~ (384, 34.4%)

6 彼は 4 今度は, 家の 3 私は 2 兄を, 当の軽部, 発作は, 角落ちに

1 [359件] あたりは, あの噴水, あの男, ある夜, あわれこれ, いい舗道, いきなり観覧車, いくらか手, いつしよ, いつでも, いつの間にか調べ, いよいよ林, いろいろの, おたか, おれが, お互いが, お光, お母さんが, お雪伯母は, かの女, かの闖賊, けろりとし, けろりと眼, ここに, ここへ, ここも, この人, この僧, こんどは, さすがに, しかし時勢, したら早い, しだいに判り出し, すぐこころよげな高鼾, すぐに, すこし気, すっかり回復, そいつが, そう軽蔑, そのお, その島, その死体, その焔, その甲, その言, その非, それが, それっきりに, それも, それを, そんな感情, ちらと, どうも問題, どこで, どこへ, ひとりの, ふっと峯子, またその, またのこのこ, またひとり, また何かしら, また元々通り, また出し, また家出, また帰っ, また思い出し, また旧, また東京, また現われ, また胸, また鳴る, もういけない, もうすっかり痩せ, もう宜かろう, もう彼女, もう漢水, もう考える, もう街路, もう誰, もとの, やっと二百円, やっぱり彼女, やっぱり覗い, やはり何, ようやく彼, わが子や, わたくしに, わたくしの, わたしは, アトカタも, アメリカの, アメリカは, イフヒムの, オルガンの, キチンと, ゴーリキイは, サバ, スッと, ソヴェトの, トキユタが, トニオ・クレエゲルは, トモ・リンチェンガンの, ハッチソンが, バルメラ男爵が, ヒョイと, ヒョッと, ファラデーの, ボクも, モウ私は, モムゼンが, ルウベンスの, 一袋も, 一週間一度, 丁坊は, 三十円であった, 三千の, 三歳といふ, 三輪が, 上に, 不思議な, 不思議に, 不意に, 不採用, 丑之助が, 丸で, 主人の, 乃信姫君は, 乞食は, 云うこと, 云ふ, 互に鼻, 五十七歳の, 五月雨が, 京橋采女町の, 人が, 以前よりも, 伏原の, 会った時, 伝命官は, 伯父は, 体が, 体の, 何かの, 何だか気, 何となくあたりまえ, 何も, 何もかも忘れ, 俄かに, 倍加された, 健造は, 元の, 先生が, 先生は, 児童の, 全然何事, 全霧粒, 其洞の, 内田氏は, 再び倉庫, 再び喀血, 再び空しい, 凍傷の, 前の, 半七, 厭に, 又喫驚, 又夢中, 又持ち出した, 叔父は, 古くなっ, 右の, 同じやう, 同じ影法師, 同じ清水, 同じ腕車, 咲枝パンクで, 唐紙の, 商会が, 四肢を, 国の, 国王附の, 堪え切れずまた, 塵紙が, 夕方の, 外の, 多くは, 多代子さんに, 多少恥, 大分手足に, 大分自分の, 大杉が, 大津定二郎は, 大雷, 天に, 失くなって, 奥の, 如何も, 妙にもの, 姉が, 始業の, 娘は, 存外手, 学校の, 安治川での, 完全な, 官兵衛は, 宮川の, 家も, 寄手の, 密と, 小国氏から, 小用に, 少し身体, 山の, 山は, 岸本は, 巡査が, 左程, 巴里から, 市木さんの, 帆村は, 帰って, 平地に, 庄兵衛は, 店に, 引越して, 張訓は, 当夜の, 彼と, 彼の, 彼れ, 後藤君は, 従妹の, 復た, 徳富氏は, 必ずもう不味く, 思いも, 思うこれ, 思う頃, 思って, 恐怖の, 息を, 患部の, 悪いこと, 悲み, 憎悪後悔の, 成績の, 手伝いを, 打つて, 放火癖の, 敵討の, 於福は, 於虎は, 明治二十二年二月十一日を, 更におそろしい, 最も豊富, 最早町, 木が, 東京の, 東京市中の, 板に, 果して兵隊, 柳吉は, 桜の, 森の, 森本の, 楽, 楽な, 歌女寿が, 死んで, 死臭を, 母も, 気が, 沖縄が, 沖縄の, 沢庵漬は, 津の, 流石の, 消えて, 渡辺が, 熊蔵の, 独りでに起き上る, 琉球の, 甲軍の, 男と, 番頭さんは, 疳つりの, 病気する, 皮の, 目が, 目賀野の, 直ぐ来い, 直に忘れ, 相当の, 真名古の, 真蒼, 眩い光, 知らない駕籠屋, 砲撃目標は, 磯貝は, 社会情勢や, 社内で, 祖慶先生が, 私が, 私たちは, 私と, 私も, 種吉の, 突き止める手掛り, 突然免職, 立会いの, 立前という, 竹が, 第二番目, 笹村も, 紋之, 納屋から, 老人から, 腕や, 自分で, 自分は, 自然私が, 良沢が, 芭蕉も, 花嫁と, 花曇りという, 薬剤師の, 行くの, 西岡の, 見え其間に, 見え肉, 解らなくなる, 言ったって, 誰やら, 警察も, 貯金が, 赤は, 返って, 返事を, 連嶺が, 逸子は, 部屋の, 酒が, 里子は, 重さ, 重左衛門, 門の, 陸の, 隣室で, 雨戸を, 雪が, 面白いこと, 面白いもの, 音も, 風邪か, 首だけ, 首府に, 鬼は, 麦煎餅を

▼ 経つ~ (178, 15.9%)

7 ゐる 5 私は 4 行つた 3 ゐた, ゐるが, ゐるの 2 もちつとも, ゐないが, ゐなかつた, 彼は, 行く

1 [143件] いなかつたという, いる際, おれは, お信さん, お利代, お寺が, かう云, からさういふ手紙, この家, ごらん完全に, しまつ, しまひました, しまふそれ, しまふだらう, しまふだらうと, そこここに, その傘, その時, そろそろ胸, たけは, たぶん戦争中, とんと軽く, はじめて学校, ひよつくり, またこの, また蝦夷, また見えた, まだ田舎, みると, もう十分膿, やつと, やや長, ゐたであらうか, ゐたにも, ゐたので, ゐたらうか, ゐたん, ゐて, ゐない, ゐないその, ゐないに, ゐないの, ゐないので, ゐない今日, ゐなかつたが, ゐますけれども, ゐるだらうか, ゐるので, ゐる今日, ゐる故, ゐる頃, イエスと, ジヨオジ陛下が, ヒョイと, ポオル叔父さんが, メリー・ガアデン嬢は, ロイド・ジヨージは, 一人の, 七月の, 丑松は, 世の中は, 主人が, 了つた, 二度目のは, 井伏氏の, 亡くなるまで, 今度は, 件の, 何時もの, 信吾兄妹は, 傘を, 僕は, 僕等は, 先島の, 其学校は, 再び双六, 出て, 出掛けて, 加けに, 加藤は, 半紙位ひ, 原稿は, 去年の, 友人の, 双方の, 同じ畑道, 増田氏の, 外に, 大化改新が, 天人が, 失敗に, 奥方の, 始めて教, 居たの, 山内左衛門尉さまは, 帰つて行つた, 彼が, 彼の, 彼も, 往つた, 後代から, 御姉様, 微熱が, 愈々地獄変, 我々は, 或る, 日比野の, 昌作は, 暇乞を, 棗はずゐ, 死水に, 殆素つ, 殿様を, 母が, 気が, 沼岸に, 浅間葡萄の, 深山の, 煙が, 犯人が, 甥は, 病気した, 相州さまが, 私が, 稀に, 終了の, 結婚した, 老人は, 脳貧血を, 蝉の, 行くと, 行くの, 警察から, 輝子は, 辞職した, 近所に, 返書が, 遂, 面会を, 馬左也氏は, 魚雷は, 黒田氏と, 鼠骨氏は

▼ 経つうち~ (79, 7.1%)

2 にその, にだんだん, にどんな, にはもう, に彼, に近所

1 [67件] おげん, に, にいつ, にお, にかの, にしだいに, にそうした, にそこ, にそれ, には, にはあなた, にはじき倍, にはエジソン, には千万, には富農, には彼, には必要, には日常, には殆, には趣味, には髪, にほん, にも機会, にやがて, にビヨンクウル, に一日, に三吉, に不思議, に人々, に人間, に何, に何処, に何日, に余りに, に兄, に其の, に動員, に半信半疑, に大尉, に宣教師, に山, に思いがけない, に悲しみ, に愚鈍, に感受性, に数, に時候, に最初, に次々, に段々, に毬藻, に気持, に無事, に皮肉, に破れ障子破れ衾, に神経衰弱, に私, に笹, に米友, に良い, に薄れ, に親分, に誰, に里人たち, に鎌倉, に青木, に麺麭

▼ 経つても~ (68, 6.1%)

2 ぼんやりし, 私の

1 [64件] いつかう何, いつかな, その日, つかないの, とりに, どうにも, なかなか人気, ほんとうの, やつて, ヴエルハアレンは, 一個の, 一向彼, 三十分経つ, 三年経つ, 二人は, 二分過ぎ, 人気を, 今の, 他の, 依然として掘, 又六日, 同し, 味の, 咳払ひ, 埒が, 売れない, 娘の, 子供が, 少しも, 尽きさ, 帰つては, 帰らない, 帰る風, 平岡の, 彼が, 悟空は, 或ひ, 或る, 授業を, 掘立小屋以上, 日本言語解決の, 有名に, 来ない, 歌一つ歌へ, 水呑百姓から, 治らないの, 満足な, 為蔵は, 父が, 父は, 犬を, 現はれない, 瑠璃子は, 生命も, 直らないと, 私には, 種が, 立上らう, 老人が, 若々しい, 返事が, 雨が, 髪の毛一本生えない, 黙つてタバコ

▼ 経つ~ (67, 6.0%)

7 は早い 6 も忘れ 5 を忘れ 3 が早い, も知らず, を待っ, を忘れる

1 [37件] がなんと, がわからなかった, が分らなくなった, が惜しく, が早, が驚く, であるが, につれてアヤ子, に一文, に彼女, に従って私, に水, に随, に顔, に驚きました, ね, のめざましい, はお, はほんとに, は恐ろしく, は早, ばかり待っ, もひどく遅く, も分らない, も忘れました, も気, も知らなかった, をあたし, をのみ待つ, を待, を待ちました, を忘れた, を忘れ飽きる, を惜しん, を武蔵, を知らない, を覚えた

▼ 経つ~ (44, 3.9%)

15 経たないうち 7 経たぬに 3 経たないのに, 経たぬうち, 経たぬかの 2 経たないかに, 経たない中, 経たない内 1 たたないうち, 立たないのに, 経たないに, 経たないほど, 経たない頃, 経たぬ中, 経たぬ間

▼ 経つにつれて~ (44, 3.9%)

1 [44件] いよ, いよいよ悪く, お篠, しだいに前後二つ, すこしずつ, そのあるもの, それだけの, それも, だんだん圓朝, だんだん確実, ぼくも, やっと元気, よろこびは, 三種族は, 不思議に, 其の音, 反って, 哀しさ, 峯子は, 幽明交通に関する, 彼の, 忘れて, 押え難い, 最初は, 木曾は, 染之, 柔かな, 次第に寂しく, 次第に慕い合い, 殆ど総ての, 気分の, 浅間しく, 海図室を, 狂暴に, 病気が, 癒えて, 真相が, 私の, 私も, 自分の, 赤いぼやけた, 追, 鎮まった, 雀にも

▼ 経つてから~ (39, 3.5%)

3 だつた 2 であつ

1 [34件] あつちこつちで, いよいよ酒樽, お母さんは, その娘, だつたか, だよ, である, でじつくり, で起きて, まるで別人, 一言, 二階の, 人々に, 又若い, 地中に, 彼の, 彼方此方の, 心持顔を, 此の, 死んでしまつた, 母は, 江戸の, 沢崎捜査課長田中技師及び, 漸く知らず, 漸と, 燕の, 生れた, 白井様の, 知事は, 若い獅子, 荷が, 裏口の, 部屋の, 雷の

▼ 経つ~ (33, 3.0%)

9 連れて 7 したがって 4 伴れ 2 連れても

1 [11件] つれて, 従うて, 従ご, 従つて口数が, 従つて産後の, 従つて私は, 従つて級数的に, 従つて讃詞と, 連れ二人三人潜, 連れ祖母, 随つて人間の

▼ 経つに従って~ (24, 2.2%)

1 [24件] いくらか肉, いよいよ明白, お常, お染, お葉, その悲しみ, その淵源, それみずからの, だんだん冷淡, ますます吃り, やっと己, 一ツ橋勢が, 其の速, 口数が, 夫妻の, 審査官に対する, 本邸に対する, 段々私, 水の, 焼けつくほどの, 猫も, 興奮から, 身を, 部分

▼ 経つほど~ (15, 1.3%)

1 [15件] あの土, あべこべに, いかに孔明, その父, その虹, 山木勢は, 当事者の, 濃くなった, 益お, 私には, 腫れを, 親しみを, 逞しく見え, 鈍るもの, 駄目に

▼ 経つ~ (12, 1.1%)

1 [12件] にあなた, にある, にお, にその道, にどこ, にはもしか, に二人, に彼女, に河岸, に珍しかっ, に石, に種々

▼ 経つにつれ~ (11, 1.0%)

1 [11件] あの夜, そろ, ゴーリキイの, 佃に対して, 味が, 噂は, 授業の, 朝子の, 私は, 蟹江が, 西谷の

▼ 経つ~ (10, 0.9%)

1 につまり, には何時, には萩, に倫敦, に双方, に多く, に幸田氏, に文明, に民衆, に財産

▼ 経つ~ (9, 0.8%)

2 にはだんだん, には洛陽 1 にどうも, にはす, にはすっかり, には死ぬ, に抜き

▼ 経つ~ (6, 0.5%)

1 いっこう世間, この話, まるっきり眼鼻, 今でも, 未だに行方不明, 毛利輝元以下吉川小早川の

▼ 経つこと~ (5, 0.4%)

1 か, の早, は速い, も知らなかった, をも考えた

▼ 経つので~ (5, 0.4%)

1 あつた, いまは, こんどこそ, すっかり忘れ, 私は

▼ 経つごと~ (4, 0.4%)

1 に, に忘れ, に社会, に縁

▼ 経つたか~ (4, 0.4%)

2 と思ふ 1 とおも, 忘れた

▼ 経つてからの~ (4, 0.4%)

2 ことで 1 事です, 事為様事なし

▼ 経つと共に~ (4, 0.4%)

1 この事業, そのくわしい, 段々募, 段々募っ

▼ 経つ~ (4, 0.4%)

1 是非なき, 活字を, 誠に早い, 速いもの

▼ 経つのに~ (3, 0.3%)

1 どうして今日, まだ般若, 最初逢った

▼ 経つばかり~ (3, 0.3%)

1 でまだ, で長, 其の内

▼ 経つまま~ (3, 0.3%)

1 にまた, に彼女, に自分

▼ 経つ~ (3, 0.3%)

2 に瑠璃子 1 に女

▼ 経つ~ (3, 0.3%)

1 に春泰, に節子, 漸と

▼ 経つかと~ (2, 0.2%)

1 思うころ, 驚き入る次第

▼ 経つに従い~ (2, 0.2%)

1 この新, またどうにも

▼ 経つよう~ (2, 0.2%)

1 な退屈, な長

▼ 経つ内勝平~ (2, 0.2%)

2 に対しては決して

▼ 経つ時分~ (2, 0.2%)

1 にはもう, には藤

▼1* [38件]

経つうちいつか猿はこの, 経つうち伸子は恢復, 経つかな見たところ, 経つかなと思い時間, 経つけれどまだあの, 経つそれに, 経つそうでどうしても, 経つその時彼を, 経つそれだのに, 経つだけそれだけお, 経つてのこと, 経つてもをさまり, 経つとおまはん, 経つにつけ浅ましと, 経つには魂消て, 経つのみで和談, 経つほどに将軍家からの, 経つまでこの重要, 経つまでは夫の, 経つままいつか忘れ果てて, 経つ戻って, 経つものだ, 経つ経たずに, 経つろう疵を負う, 経つだから, 経つ一朝自ら罪重きを, 経つ世間が騒い, 経つ中雪が降りまし, 経つになる, 経つ二十三年の歳月, 経つ今日までいまだ, 経つシャボテンが, 経つになつかし, 経つ程確実になっ, 経つ程私はた, 経つ若しこのまま明日, 経つ山田とは, 経つ間警察からはなん