青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「組~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

終っ~ ~終った 終った~ 終に~ ~終り 終り~ ~終る 終る~ 終日~ ~組
組~
~組ん 組ん~ 組合~ ~組織 組織~ ~経 経~ ~経っ 経っ~ ~経つ

「組~」 5971, 65ppm, 1769位

▼ 組~ (1926, 32.3%)

22 男女が 16 者が 15 なんとか氏 14 喧嘩 12 客が 9 連中が 8 一人で, 夫婦が 7 中に, 頭の 6 家を, 男女の, 者は 5 一人が, 中で, 中でも, 名を, 奴等が, 家へ, 者と, 若い者

4 [17件] うちから, ものが, 一人として, 七八人は, 中から, 中には, 中へ, 主人は, 仕事は, 夫婦の, 夫婦は, 方は, 札を, 看板を, 者の, 連中は, 面々も

3 [35件] うちでも, うちに, お光さん, お方が, ために, ものに, 一人と, 一人に, 世話に, 中の, 人たちは, 人達は, 侍が, 兵士の, 家の, 家族が, 恋人たちが, 教室へ, 方が, 方で, 方へ, 朱塗の, 生徒が, 生徒は, 老夫婦, 者に, 者や, 者を, 臂の, 諸士, 連中と, 連中も, 間を, 隊士が, 頭と

2 [132件] うしろに, うちでは, うちの, お使番, お珊, お珊姐, こちと, ことだ, ことを, その一人, ところへ, ものは, ものも, ような, ゴンゲサマと, 一人だった, 一人亥太郎が, 一味に, 一将校が, 一番でした, 一隊が, 三人が, 三人は, 下って, 与力同心を, 中では, 主人が, 主任です, 人々の, 人々は, 人たちも, 人影が, 人数が, 人数は, 人間に, 仕事を, 仕業に, 仰天も, 仲間と, 仲間らしい, 先頭に, 兵は, 前に, 副将で, 半分は, 半分を, 半纏を, 印半纏を, 商人態の, 喧嘩の, 報告は, 大たむろ, 大姐, 大将が, 大盃, 大親分, 太郎吉三五郎など, 女小頭, 如きは, 婀娜, 婦人靴を, 子供たちは, 子分の, 子分連中は, 客の, 客も, 家に, 小伝馬船, 小児達を, 小柄を, 小頭に, 屋敷へ, 屯所へ, 常吉が, 幹部と, 怒りを, 惣助, 惣助の, 愛人達と, 持船は, 提灯を, 教室で, 文身が, 方々が, 方です, 方も, 方程式が, 歩合は, 残党が, 浪士たちが, 猛者を, 獅子児たちは, 生徒たちが, 生徒で, 生徒に, 生徒を, 男女は, 男女を, 留守を, 眼は, 短小野郎と, 第七ミユキ丸, 組頭を, 者から, 者だ, 者で, 者です, 者どもは, 耳に, 背ろには, 脅迫状を, 船には, 菊池半, 蒲団を, 親分とやらが, 親分とやらの, 親分様とかが, 諸将, 跡を, 近藤と, 逗留客が, 連中の, 連中ほど, 間に, 隊長で, 面々が, 面汚しさ, 頭として, 頭に, 頭は, 頭常吉の, 頭常吉は

1 [1313件 抜粋] あいだに, あぶれ者, あるところ, いすわって, うちどれを, うち半分が, おかげで, おとなしい客, お仕置きが, お客は, お役人, お武家, お頭, くずれも, ことじゃあ, ことで, ことに, この親, ころでした, すぐ外, それではなかっ, たかい天井, ちよつ, ところで, なかから, なまこ塀の, に限っ, ひとりであった, ひとりという, ひとりの, ひとり河合伝八と, ふしぎな, ほかに, ほとんどが, まことに氣樂, ものばかりに, やつらな, ようである, われわれ以外は, を借り, エハガキである, コスターが, サラリーマンは, スキーの, テーブルの, トランプなど, ビルディングの, ホッ建て, ボーシン連中が, マークが, ヨナ子が, レコードは, ワカンを, 一人たる, 一人でありました, 一人でない, 一人後藤大助という, 一人香取流の, 一党の, 一味が, 一婦人から, 一家士でしか, 一手は, 一枚です, 一統あッ, 一部が, 一門どもしばらく, 一隊を, 万吉と, 三下共は, 三十七人は, 三字が, 三蔵は, 下の, 下宿人とで, 与力に, 中にも, 中地響と共に, 中心は, 丸太ばかり, 主任で, 主婦の, 久八や, 乙若が, 争いが, 事務所から, 事務所の, 事実の, 二人頭として, 云う兇状持, 五名は, 井坂さんが, 人々が, 人々に, 人が, 人と, 人員も, 人形の, 人数を, 人達が, 人間と, 人間については, 仕事の, 他の, 代表格で, 仲仕たちが, 仲仕たちも, 仲間とは, 仲間も, 仲間掟は, 伏兵が, 伝馬船に, 住居実は, 何とか親分, 余分しか, 余類を, 作業を, 侍で, 侍ふたりが, 侍頭として, 修身も, 倉庫は, 備えを, 兇暴に, 先生が, 先達気取りで, 入り乱れた気合, 六人が, 内に, 内訌も, 内輪同士と, 出席人員と, 刑部友矩が, 列までも, 初子さんベティさん葉山組の, 刺客が, 剛兵衛の, 割當て, 劍士が, 加藤虎之助であった, 助役が, 勝なりという, 勢いが, 北界に, 十一騎に, 十名の, 半股引, 印籠でありました, 参詣人が, 友だちが, 受持ちは, 口から, 古参小頭進藤利三が, 召使いから, 同僚が, 同心が, 同心三十人に, 名で, 名札を, 和洋男女は, 善八親分に, 喧嘩が, 営業開始紀念に, 四人の, 四天王帝釈, 團體客の, 土間へ, 堀尾茂助に, 堅牢無比なる, 増良雄や, 墨屋敷などは, 士と, 壮士と, 壮士四十余名, 外三井物産山九運輸東海鋼業八幡製鉄所その他に, 夜具は, 大ボーシン, 大伝馬船, 大名が, 大学生達は, 大将の, 大将中村孫兵次の, 大岡兵九郎の, 大物見, 大部が, 大黒柱という, 天の, 太鼓を, 夫婦ある, 夫婦だった, 夫婦と, 夫婦に, 失望は, 女にとって, 女ものなる, 女王お, 女衆, 女首領, 奴は, 奴等も, 奴輩が, 姿は, 娘である, 子どもらは, 子分であった, 存在は, 宇宙旅行者だった, 定めであった, 定宿と, 客であった, 客は, 家が, 家も, 寄宿舎に, 将士が, 尋常でねえ, 小さな進路, 小姓たちの, 小姓たちを, 小屋は, 小舎であった, 小隊長, 小頭で, 少年が, 少年たちを, 尾を, 屋敷だの, 屋敷も, 屯所と, 岡田が, 巨漢助役は, 市川又太郎という, 常吉の, 常吉海老床甚八それに, 平の, 幸福な, 底には, 座敷を, 廻船問屋には, 引揚げる, 弾が, 当番で, 当面に, 役を, 後備に, 御家人の, 御浪人衆, 復讐では, 必要品及び, 怨敵氷川の, 怪盗七人が, 恋人の, 息の, 悪侍, 悪業に, 惣助停車場で, 惣助満面の, 愛人達を, 戀人の, 戸を, 手に, 手下を, 技師が, 持場である, 持船を, 捨てて, 探検隊を, 播摩だ, 支那紳士とを, 教室です, 教室の, 敵, 文字が, 文展招待展という, 新婚夫婦が, 新舞踊, 方々は, 方かな, 方の, 方程式から, 旅客が, 旗印を, 旗本衆も, 日本人を, 星川余一は, 時などを, 最もよく発達, 有志者も, 木橇を, 札の, 材木は, 杯を, 果報と, 根本は, 桑山久太花田仁助島源三なども, 森様わっ, 楊奉と, 様式に, 横暴に対して, 横腹の, 機械が, 歌がるた, 武士が, 武家侠客, 武家奴を, 歴史は, 残りを, 殘黨が, 母と, 母胎とも, 水夫長君は, 池田屋斬込みだ, 沼沢甚右衛門葦沢弥兵衛桜場隼人など, 洋杖も, 活躍が, 浪人など, 浴槽に, 源女が, 源女に, 激しさ, 火の玉投手荒巻が, 点呼が, 燭臺上より, 爆發する, 片方は, 牛耳が, 狩人が, 猛者達も, 玄関番の, 瓜生長三郎, 生徒か, 生徒たちの, 生徒の, 生徒数の, 生活を, 田丸藤田らと, 甲板番に, 男の, 男女に, 男女男は, 画家夫妻フランス農村の, 番号には, 異名である, 発祥地いう, 白服白襷見事な, 盟と, 監督を, 目を, 目明し必ず, 相合傘が, 相棒もう, 眼が, 矢代先生と, 石川某の, 研究, 磨き拔かれた, 社長の, 社長車善八を, 神祇組のと, 私たちは, 秋の, 空所に, 立げいこ, 端だ, 竹垣の, 笛を, 第二, 筏に, 筏らしい, 級長で, 組や, 組屋敷が, 組織という, 組織は, 組頭で, 組頭森川庄兵衛, 統制は, 緒や, 縁結びは, 縄張りで, 美々しさ, 群像が, 者, 者かと, 者とが, 者どもを, 者へ, 者同士は, 聟とり祝言が, 肉体は, 脇坂甚内でござれ, 腰を, 舞台が, 船に, 艀で, 若い侍, 若い恋人たち, 若い者磯吉, 若い衆が, 若い露西亜, 若ものたちが, 若侍, 若者たちの, 若親分, 茶碗と, 荒神十左臂の, 菊本を, 華やかな, 落人か, 蒔いた噂, 蒼白い唇, 薙刀振りの, 血気な, 衆には, 行動に, 衣類と, 被告人に, 装で, 見物を, 親分が, 親分を, 親分衆の, 親分連の, 親方が, 親方漢語を, 親類の, 観測隊を, 角に, 試合が, 話が, 話を, 誰かに, 誰れかれ, 諸君なにを, 警官が, 護送兵が, 負けだ, 賀客と, 赤い半, 足軽五十人それぞれが, 跳躍, 踊りの, 身體は, 軽輩であった, 辰五郎や, 近くまで, 近状を, 近藤勇よりも, 返り新参も, 通人だ, 連中を, 道中, 遥か末座の, 郎女に, 部将は, 重役では, 野郎どもを, 銀の, 長屋だの, 長屋の, 間には, 防空群長が, 陣まで, 隊士か, 隊士な, 隊長が, 隊長株である, 隊長芹沢鴨が, 随一では, 隠密に, 隠語が, 雛妓たちが, 難船者が, 青竹矢来の, 面々は, 面目として, 頭あっしゃ, 頭が, 頭でも, 頭マツテオ・カスペリイニイはけふ, 頭常吉との, 頭深見十左衛門その, 頭領であった, 顏は, 風俗を, 食器の, 食道楽会も, 首と, 首領藤本鉄石, 駅伝人足が, 騒いだところ, 騒ぎに, 騒動へ, 骨牌を, 高い日, 鳶口の, 鳶頭の, 黄金時代である, 黒田松千代どのは, 黒衣の

▼ 組~ (483, 8.1%)

2 [19件] いそ, いって, さすがに, それに, それを, チラリと, ホロリと, 一と, 他級の, 前後し, 完全に, 平次の, 広島で, 手踊りの, 早くも, 源次の, 良い娘, 野武士の, 黙って

1 [445件] あった, あつた, ありその, あるの, あわてて, いかに行動, いっせいに音楽, いっては, いつのまに奪った, いつも群, いつも間違った, いま完全に, うまくできてる, うまそう, おどりあがって, おなじく餌, おやすみぼくら, お二人, お勝手, お礼の, お粂, かうはつきり言, かわりばんこに, がらにも, きっちり時間, きょろきょろ四辺, けっしてそんな, こ, こうはっきり言い切る, ここぞと, ことごとく近藤, このくらい, この勝負, この時分, この時間, この火急, この組, これら二つの, こんなこと, さう, さっさと座, さっそく到着, さながら痺れた, さり気なく言っ, さり氣, しきりに酒, しばらくだまった, しばらく様子, すっかりひきたたなくなっ, すでに第, そう言っ, そこへも, そっと四方, そつと, そのちらちら, その下手, その人々, その夜, その日, その時, その池田家, その端正さ, その競争, それきりで, それこそ, それだけの, それ程で, それ程でも, たいていみんな長野, だいじな支柱, だいぶござった, ついに江戸市中, つかつかと, とどまって, どうか船, どうした, どうなった, どこか, どんぶりを, ない閑散さ, なか, なかなか村, なぎさに, なくまた, なごりおしそう, なにか知らぬ, なにを, のこして, のっそり, はしゃいで, はじめひとはねはねる, ひとしお女房, ふしあわせもの, へとへとに, ほとんど川辺, ほとんど自治制, ぼくらと, まさに圧倒的, まだ一向見えぬ, まだ新鮮, みなつかまった, みな年配で, みな彼の, みな鎖を, みんな引っ込ん, みんな心配し, むしろ白兵突撃, もうみんな, もう兎, もう少し南, もう涙ぐん, もう親鳥, もってのほか憤慨した, もと踊りの, やがて後, やっとの, やはり睨み合う, ゆっくり遊ん, れいの, わしの, ジャンボーの, タチバナ屋へと, ダンサアとでも, チビリチビリと, ドイツイギリスそれに, バクスターを, バラバラと, ピーシチクと, マスノの, 一たまり, 一ま, 一ツくるり, 一人残らず, 一人残らず討ち取られるだろう, 一先別室に, 一号二号三号と, 一同祈祷を, 一度に, 一応まずととのった, 一斉に, 一瞬に, 七の, 三カ年後は, 三百余名で, 下女にな, 下町者を, 不思議に, 中に, 主筆の, 二つに, 二十五歳から, 二十軒ばかり, 二枚の, 二階だ, 五つに, 五十挺の, 五日市から, 京洛の, 今から, 今の, 今夜鳳來寺に, 仕事を, 他の, 以前の, 伏見の, 会津が, 会津の, 伝十郎と, 伸子たちの, 佐川の, 体を, 体操の, 何うし, 何にも, 何も, 何事も, 何処を, 何處を, 停車場に, 元踊り, 兄の, 先づ發しぬ, 先へ, 先を, 先代の, 先代總七の, 兎に, 入学試験が, 入湯の, 全滅で, 六刻仕舞いと, 六十くらいの, 共稼ぎの, 内に対して, 円通寺の, 則重を, 前より, 力んで, 勝手に, 勿論十組あまり, 十五歳から, 十軒三十二人, 午後八時を, 半纏に, 半蔵が, 即ちその, 厚木を, 厳然たる一大諸侯以上, 双方ともに, 叔父さんと, 取り敢, 取揚げ婆ア, 口には, 可い, 同じ海流, 君に, 否応なく, 呼吸の, 商売が, 問屋九郎兵衛の, 喧嘩商売じゃ, 営内の, 四人づれでこれも, 国家総動員法による, 國生に, 坂の, 垣根を, 城南方面であった, 外から, 外の, 外出用と, 大きな構, 大したもの, 大したやつれ, 大した魔, 大勢の, 大変いい, 大庭春吉田中光徳牧野藤三郎などの, 大概路頭に, 大江山と, 大津あたりまで, 大騒ぎを, 太平が, 夫婦と, 女学校を, 威勢よく, 学校中でも, 學生, 寂滅, 寝台に, 射撃を, 尋常の, 小人数, 少数で, 尚おも, 尚ほ, 山駕に, 川へ, 巡洋艦隊で, 巻尺と, 市中取り締り, 幕府の, 平和の, 年を, 幾分か, 廊下から, 引きあげれ, 引受けますとの, 弥次兵衛と, 強く否定, 強制的に, 当日御所警備を, 当然近藤, 彼の, 後陣の, 必死と, 思い思いに, 思わず耳, 急斜面の, 恐らくよりよき, 悠々朝食, 想い出した, 戦争の, 所属会社も, 手ぐすね引い, 手品の, 手近に, 扱いきれない譜代, 持ち込むだろう, 持つて, 提灯を, 政府の, 故国を, 旅人の, 既に着い, 日ごろ, 日ごろの, 日を, 日浦坂を, 日興の, 昨夜出かけ, 昼組だ, 普通の, 暗いうち, 更に一大飛躍, 有って, 木戸の, 本堂を, 本来骨からの, 朱雀院で, 村の, 松の, 松組な, 板を, 果たして勝蔵, 柳原土手から, 案の, 案外女, 桔梗様を, 棚を, 極めて小さい, 権九郎と, 橋の, 櫓櫂を, 歌が, 此方客は, 此處に, 歸つてしまつ, 残らず幕府, 毎日水辺へ, 水車場を, 江戸の, 泣き寝入り濠洲側は, 浪に, 海蛇の, 消滅し, 涙を, 渠の, 温度を, 演奏中に, 燒き, 物を, 物陰に, 特別に, 玉井金五郎が, 球を, 瓦解た, 生え抜きの, 男の, 男女混合組で, 町家の, 留守の, 留守を, 病棟から, 白いガルディニア, 白いヘリオトロープ, 皆銘々の, 直ちに美濃屋, 眼の, 矢島と, 石の, 硝子窓の, 私にも, 私の, 稲吉の, 穴の, 立ちあがって, 第二, 紋也と, 細君が, 紳士の, 組の, 絞車盤, 職人らしい, 肥後守の, 肩で, 腐るばっかり, 腹背敵を, 自然に, 船で, 船頭溜りへ, 色男揃いだ, 若い士官, 若い女同志, 若くて, 荷役会社として, 華々しかった, 蓮葉帽子の, 薙刀を, 蛙の, 衣裳戸棚の, 表から, 見えない, 見張りに, 見物の, 解散お前たちも, 試衛館以来の, 誘い入れられました, 誘ひ入れられました, 誰に, 負けて, 貧乏人だ, 貫太を, 赤な, 赤坊つれ, 足軽隊の, 路地口へ, 身体を, 軽いもの, 軽輩と, 近藤の, 近藤勇を, 近隣なり, 追い討ちに, 途中で, 進み出て, 進んで, 遅れた時間, 部将の, 都合四人, 鉄兜で, 鉄砲の, 鉄砲を, 銃を, 録音盤を, 鎬を, 長久手村の, 間もなくまた, 陸を, 雁金検事蝋山教授に, 離れたところ, 電車の, 非常な, 顏を, 顔を, 食堂に, 食堂の, 首を, 驚きの, 高知の, 高谷君と, 鬮だ, 鳥居の, 默つ, 鼻を

▼ 組~ (414, 6.9%)

57 なって 16 分れて 9 わかれて, 分かれて 7 して 4 なった, 入った, 籍を 3 なったの, わけて, 分れた

2 [20件] あって, いたが, いる, しては, なつた, なつて, 交じって, 入つて, 分かれ一組, 分けた, 分けて, 分れること, 居た頃, 属して, 成るさ, 成るだらうお前, 成る人, 添へて, 美濃部伊織と, 詩人の

1 [255件] あまるカメラマン, ある脇坂隼人, いた, いたデブデブ, いた事も, いた浪士, いた者, いつの間にかそんな, いつまでも, いました, いるお, いる時, いる武さん, いる菊本氏, おりまして, おりまする, お咎め, くらべて, こしらえた小さな, この人, さきに, さとられずに, したの, したり, しつっこく押売, し網, すぎないし, するほどの, その笊, それらしい, そんなアクド, ぞうきんを, たいしなんとも, だつて, ちがいなかった, ついて, つり道具を, とつて, なったまま, なったり, なったオママゴト, なった教室, なった相手, なってからでも, なりさ, なりそう, なりぬ, なります, なり一人, なり互に, なり八疊, なり八組, なり豆腐ぐらゐの肴, なるの, なるもの, なれるよう, はいりこんだか, はいりたがった, はいるべきはず, まかせた, まわった, もぐり込んで, やって, ゆかりの, わかる, わかれ一組, わかれ一週, わかれ闇, わけ島田邸, ゐた今度, ゐる鈴木, スッと, ドゥニャーシャ, 一点入った, 上がって, 二三本ずつは, 仁太や, 仕えおりました木下弥右衛門, 代つて, 会いました, 会う, 何か, 何人か, 働きながら, 働く者, 入たる例, 入って, 入らなきゃなるめえな, 入りかけて, 入るの, 入る石田佐吉, 入れたまえ, 入れて, 入れる, 入れ玉, 共鳴し, 出た時, 出でて, 出来て, 出逢つた, 分かれての, 分かれ上組, 分けた紅白, 分けました, 分けられその, 分けられて, 分ける, 分けるの, 分け一ヵ月, 分け一方, 分け数えあげたその, 分たれし民, 分ちて, 分れた十三, 分れた若者たち, 分れ仕事, 分れ各組, 分れ教室, 分れ荒布橋方面, 分れ里, 分れ集団的, 分類する, 判ったもの, 別れた, 別れたの, 別れた少年達, 別れて, 別れ序幕, 別れ赤黄青緑, 加えようとは, 加っても, 加はつた, 加はりその, 加わったわけ, 加わって, 加わり息苦しい, 加わるという, 加入し, 加入した, 加盟する, 助勢を, 勇名を, 勝たせたくないと, 化けた, 半々位に, 卑しいところ, 参加し, 取りかこまれて, 召抱えられましたが, 同志の, 多かつ, 天神橋と, 姿を, 子供が, 尽したおれ, 居たせい, 居って, 居て, 居ること, 居るちゅうことを, 属する, 属する者, 差し加えること我ら, 平尾角助は, 年若い, 廻されたの, 引きあげるよう, 徹底的な, 志望された, 成つて可厭さうな, 戻りました, 所属しない, 押し出そうと, 捕えられでも, 接触されたら, 政子さんと, 故郷の, 斬られたか, 於ては, 旗本を, 最上の, 来なさったこと, 来る筈, 楯衝い, 極つて, 止まった, 殘りました, 気を, 気負, 気負って, 氣が, 氣を, 混つてゐる, 漆山文子という, 激励の, 無欠席, 無缺席, 玉井金五郎森新之助ち, 理科を, 田崎啓吉という, 田舎から, 申し伝えると, 発見され, 相違なかっ, 着せるつもり, 着せる積り, 睨まれた以上, 石太郎の, 移ったとか, 移ろうと, 立ち分れ一方, 組むの, 組頭なく, 結び観世縒, 編み入れられましたが, 編んで, 編入された, 編入される, 置いて, 聞きあわせなすったらしい, 肩を, 育って, 腕を, 萬一の, 行き合わすこと, 行くとこ, 行つて何とか, 見せたいやう, 見ら, 親交を, 読んで, 譲ったとか, 負ける, 貴様たちも, 賛成を, 走り公武合体, 起った逸話, 起つた逸話, 近藤支配が, 送る例, 這入ること, 通うほどの, 通りかかりの, 連結する, 進んで, 過ぎず酒, 鉄砲の, 鉱山事業を, 附合っ, 随い, 隙間の, 集まるほどの, 首を, 馳せ参ずるもの, 驚いたか

▼ 組~ (408, 6.8%)

4 あった, ある, 下手人に 3 あつた, 出て, 打ち棄てられて

2 [17件] ああし, あって, お悔み, しらの, しらも, それに, どかどかと, やって来た, 下手人だ, 出来たり, 出来て, 合流し, 死んで, 殺されたお, 無うなっ, 起った時, 騒いで

1 [353件] あったね, あの娘, あらわれて, ありましたが, あり得るから, あるが, あるだろうし, あれだろう, いくら考え, いた, いっせいに拍手, いった, いて, いよいよ勃発, いるらしいですよ, いわば本科, うまくゆかない, おいつくの, おお騒ぎ, お供で, お早, かえる時間, かく精鋭, かほどに, きて, くりだして, こ, こいつを, こうして不得要領, ここで, ことごとくこの, ことの, この大きなおとし, この家, この破門事件, この鉱山, これも, さっさと教室, しらから, すぐ近く, そこへ, そのま, その儀, その前, その方角, それぞれの, それである, それを, たくさんい, たくさんいる, たずね出して, たまたま意見, だいすきだ, ちがうので, ちょッと, ついた時, ついてると, つかみ合つた, できあがってから, できるの, どの消し口, どんどんやっ, なくなったばかりか, なけりゃあ, はしゃいだ, ひっくりかえって, ひっ返して, ふえて, ふらついた, へんな, また, またわあ, また猴, みなお腹を, むこう側, もうそこ, やって来たよ, やって来ました, やつて, やること, ようござんしょう, わあわあさわぎたて, ゐるから, キャビンから, ケートに, コソコソ寝台, コーヒーを, ティの, ハンケチや, ベンチに, 一つも, 一ツ又一ツ僕の, 一同を, 一応完成, 一時に, 一番当った, 丁度ここ, 丁度体操を, 七八百人やられた, 三つの, 三条の, 三留野方面から, 三部協力し, 下六番町を, 下火と, 不得要領であった, 両手を, 中ほどから, 乘つてゐた, 二つほど, 二つも, 二三丁の, 二三町の, 二円, 二分した, 二百五十町南組が, 二百六十一町天満組が, 二階の, 五万二千のこり, 五六人で, 交替する, 今までの, 今や走っ, 今夜は, 代って, 仮面を, 仲間割れした, 仲間割れを, 休みを, 何やらヒソヒソと, 傘灯の, 働きながら, 優勝し, 優待される, 入れた労働者, 入混, 入混つて, 全員, 八つある, 六組に, 其連合の, 内山下町で, 内部から, 凋落の, 凍え死んだ事, 出る押込み強盗, 出る筈, 出入りを, 出向いて, 出役, 出来た, 出来たそう, 出来たの, 出来たん, 出来ました, 出来やした時, 出発した, 刀を, 分れるといふ, 刎返した, 初等生訓練に, 別れて, 到着地を, 劈頭に, 加えられ二度, 勃発し, 勝った, 勝ったつぎ, 勝を, 十七名に, 十五人ばかり, 十文字の, 単なる非常警察, 参りますから, 取るに, 口々に, 口を, 叩き壊した時, 向うよりも, 商賣, 土地の, 変って, 変化し, 外出した, 多々良川の, 多かった, 多くて, 多く石, 多数である, 夜業しよった, 大きゅうなっ, 大人を, 大声で, 大騒ぎを, 大騷ぎをしながら雨戸, 天井から, 夫婦で, 婿を, 嫌いな, 家族同伴で, 対抗し, 居るから, 屯し, 山を, 山賊風で, 岸へ, 巣を, 帝国ホテルも, 幕軍の, 建てて, 引きとらんならん, 引取らんなら, 張番を, 当河野家, 往来する, 後から, 後を, 御代官陣屋, 心細がるだろう, 急造の, 怪盗でも, 意気組だ, 成人し, 手組輿に, 手風琴に, 抜きつれて, 押す, 掴み合, 掴み合いの, 揃って, 救つたのである, 散歩に, 数を, 数知れず居た, 數知れず居た, 斎館から, 斬りこみを, 新撰組と, 新撰組へ, 方々から, 昌平橋に, 晩に, 暗い入, 暴れた時, 朝から, 朝めしを, 本気に, 来ちょ, 来て, 来ました, 来る筈, 根を, 構え込んで, 槍を, 横行する, 橘の, 欠けたの, 歓声を, 正面衝突に, 死ねば, 殺して, 氣を, 江戸を, 油断し, 泳ぎ中, 浮くか, 清川八郎を, 滅亡する, 滅入るせい, 潰れかかって, 潰れても, 火を, 火蓋を, 為替御用を, 熱中する, 物置の, 珍らしく, 球を, 瓦解し, 瓦解した, 甲州鎮撫隊と, 申しあわせて, 番に, 番下げに, 異常に, 発達し, 百九町ある, 百円位で, 皆が, 皆バラバラ, 盛んな, 相撲の, 相撲取と, 知らないくら, 祖国への, 突入した, 突然格闘, 立ちかけた時幹事, 立身し, 粥を, 精, 納まって, 組織せられる, 結びつくこと, 結婚まで, 結盟された, 継の, 繋り腰, 美事に, 聞いたら立処, 肉身を, 肚を, 船ご, 草の, 落合うと, 裸体で, 裸體で, 襖を, 西両国だ, 見付けて, 解散にでも, 言つた, 計画し, 討幕派浪士を, 賃銀を, 走り出す, 走り廻わり, 起ったり, 路ばた, 近頃所々, 追っかける, 通ると, 運搬する, 過ぎた, 違うから, 違うので, 違って, 違ひました, 遲れた, 采配を, 銃口を, 陣取って, 隊長近藤を, 集まって, 頭数が, 頻に, 食事を, 駈けて, 駈け去ると, 骨を, 高橋と, 鳴って, 鼻の

▼ 組~ (263, 4.4%)

3 なして, 代表し, 作って, 出て, 相手に, 解散し

2 [17件] こしらえますから, つくって, つくつて, ひきつれて, 三段に, 二十人ばかり, 何だ, 分けて, 分けるん, 分ける毎, 実物に, 手に, 新たに, 立てるなどと, 組織し, 見せて, 集めて

1 [211件] あずかって, あばこうという, あわせ約, うしろへ, うつして, うまく扱っ, おいちらしたが, おつくり, お構いに, お頼り, かえながら, こしらえたという, こしらえましたから, さきがけに, さしずし, さしずする年, さしまねき, した矢島, して, してから, すぎて, せんとうに, そのままに, つくり一緒, つくり出かけて, つくり殿堂, つけて, つれて, なした盗賊, ならべいざ, はじめ徳川方の, はるかに, ひきとめて, ひくと, ひとまとめに, みよ他, やっつけて, やんやと, よく見, わけた, わけて, ケツ割っ, ダシに, 一枚上に, 三つに, 中核と, 乗せた舟, 二三挙げ, 二百両に, 仕立てて, 他の, 作つたのである, 作つて其跡に, 作つて登つて來る, 作らせ両, 作らなければ, 作られ事々, 作り蚤取り眼, 作ろうなどと, 保存した, 元の, 先に, 先の, 八九人も, 円満退社いたしまし, 出し抜いて, 出せり, 出よう, 出る, 分かつに, 分け包囲, 分け四方, 別々に, 別けて, 利用し, 前に, 勤めようと, 去り別に, 取りつぶせという, 受け持たせるでしょう, 受持つた, 合せて, 合せ給え読み, 同じ方向, 呼びこんだ, 呼んで, 嘲けるやう, 四町四ほうに, 回復した, 圧倒し, 変えて, 始めてから, 守って, 定めて, 尻目に, 巡見し, 庇つ, 廃め福井で, 引率し, 待ち合わせて, 後押えで, 御覧に, 志願し, 意の, 憎いもの, 憎み同時に, 打ち破った, 抜けたこと, 拵へて, 持ち上げたの, 探して, 揃えること, 改めて妻, 改めて特定, 敗戦主義者の, 斬って, 斬殺した, 暇取ろう, 書けば, 月世界に, 松前へ, 根こそぎから, 検討すれ, 構えるの, 正面の, 殆どここ, 殺すわけ, 殺す心算, 殿が, 比較し, 注意し, 済まして, 火星に, 片付けて, 片附け, 狙うの, 狩り集め十数里, 率ゐ, 瓦解させ, 男と, 番下げされた, 百名ばかり, 皆し, 相当な, 相手の, 眺めて, 知らせるつもり, 知るもの, 硫酸硝酸の, 示して, 禄位をもって, 竊取し, 終つて印刷に, 組みここ, 組織させ, 組織した, 結成した, 統べて, 綺麗に, 罵倒する, 背負うて, 脱するには, 蟻の, 表に, 表彰した, 袋に, 補助隊と, 襲うのみ, 見かけた, 見た, 見たと, 見つめると, 見る為, 見上げて, 見分けるには, 見張つて, 見捨てて, 見極めると, 見送って, 解いて, 解散した, 解散する, 訪ねて, 訪れた, 訪れて, 設けもって, 詠んだ洒落れた短詩, 詮索すれ, 語らって, 負と, 買うだけの, 買って, 起すと, 越えたと, 送つた, 造りて, 連れて, 運んで, 選ぶ人, 開かなければ, 除き生産方程式, 隱させた, 集めた, 離れたの, 離れて, 離れても, 預つた科, 顎で, 顧みるの, 飾る焔, 騒がして

▼ 組~ (237, 4.0%)

16 なって 4 いって 3 一緒に, 掴み合, 掴み合いの

2 [12件] いうから, いえば, お園, 一しょに, 二人の, 名を, 呼んで, 國友の, 女組と, 来た日, 申しまして, 自らゆるしたる

1 [184件] あとで, いう, いえども, いっしょに, いつてね, いひ一つ, いふと, いや下町, いや江戸, いわれて, いわれること, おっしゃる方々, おぼしい連中, おサクさん, お粂, こういう娘さん, こっちの, この二組, これに, され, しこれ, した絵画彫刻科学等, しょうして, し動物学, し十日, し竹の, し組毎, そして見張り, それから成金, それに, つづき医者, つづみの与吉は, なくあった, なくいた, なくつく, なくひっそり, なくやって来た, なく二人, なく前, なく客, なく対座, なく居た, なく岸本, なく幌馬車, なく彼, なく後, なく桜, なく父さん, なく町, なく群, なく背負っ, なく行われ, なく見うけられた, なく見せつけられ, なく警戒, なく馬籠峠, なし互に, なづけて, ならんで, なりしを, なりゆくか, なり同時に, なる, ぼくと, みえた, みえ泥, みて, ややその, よぶ当時, よろこばしい激励, カン, スケッチ帳と, 一合戦し, 一方の, 一致の, 三人の, 上方加担の, 並んで, 二た, 二つこしらえ, 二派に, 云い午後, 云い白組, 云う賊共, 云う近所, 云った, 云ふ, 交代し, 仰有, 伊東を, 伊東署の, 何も, 備中組とが, 先行組との, 共働組, 兵馬の, 出逢, 分立的の, 分離を, 別れた米友, 北奉行所の, 医局へ, 協力し, 合同し, 同じされど, 同じ事, 同様の, 名の, 名乗り町奴, 名前を, 喧嘩沙汰を, 噛まれた組, 國友たちの, 土竈の, 夜逃げを, 大村組との, 大阪の, 天草商事を, 女の, 定めて, 山岸組とを, 市場の, 幡随長兵衛の, 張合うよう, 彼自身とに, 徒党を, 支那人との, 政の, 新撰組が, 書いて, 朝組が, 本ヨタ組, 村の, 束京の, 林太郎樣と, 桜会の, 武装警官を, 決勝戦を, 決戦する, 洞に, 浦賀組と, 浪人波多野虎記と, 申しましても, 申すの, 申す奴原, 町奴との, 眼と, 私と, 私共の, 称して, 称し右翼, 称する団体, 組とが, 組との, 組の, 組んで, 結城左京等の, 縁先の, 縁組みすりゃ, 縁談が, 聞いて, 肌の, 脱ぎ捨てた春松, 致し海上, 舞台の, 芝生を, 花夜叉の, 茶だんすの, 落合うよう, 藤本組とが, 角楯組が, 言つた三人組の, 言わずに, 言われて, 踊りの, 近づきだった矢代, 逐電いたし, 過小視する, 適当なる, 銀色の, 錨会の, 青年組とは, 飽くまで龍山公, 黒田組との

▼ 組~ (221, 3.7%)

10 幾組も 7 ある 6 あった 4 三組も 3 めいめいせわしくせわしく

2 [13件] あつた, あるわけ, いる, お園, その数, ない位, 四組も, 客が, 持って, 来て, 泊って, 相手に, 通る

1 [165件] あったが, あって, あつて, あり野石, あり雲雀, あるが, あるそう, あるだろう, あるの, あるよう, あるん, あれば, あわてて, いく組も, いない, いるので, いろいろの, おいおいに, おとなしく頷いた, おどろいて, おめおめ自分ら, およそ三列三交代, お蝶, きやしない, ここに, この小さな先輩, この頃, これには, さいご, しくじるし, せいたかも, そこへ, その団体, それぞれ前日の, それ以来パッタリ市中へ, たった一人, だんだんに, だんだん昂奮, つくるの, できて, できる, でき東京中, とちゅう, ないとは, なか, なかった, なかなかの, はじまる事, またさんざ, また決死, みな大小の, みな行く, みな飛び出し, めいめいせ, もう終り, もっとしっかりせん, やってくる, やはり同じ, やはり豪, わたしの, テーブルが, プライドも, 一号二号三号と, 一団と, 一緒に, 乗りつけて, 乗込みました, 事実上の, 人数が, 今日は, 他にも, 伊那丸も, 作つてゐる, 作品として, 俄に, 克く, 全部坐っ, 内応組も, 出て, 出来たばかり, 出来て, 列を, 初めは, 別れて, 十組もの, 半月ずつという, 取りもったが, 口口に, 叱られて, 吉例どおりある, 同じであった, 同じ事, 同じ巡礼, 同一種, 呉越同舟で, 国民私刑で, 土俵に, 地理に, 壁ぎわの, 大きゅうなっとる, 女童には, 嫁の, 学生連に, 実験を, 家族づれが, 密林を, 寝て, 将門を, 小半日を, 居て, 巷の, 年長組も, 幾組もの, 床を, 徒党も, 忘れて, 手を, 揃えて, 撮って, 散りぢ, 柄が, 栄三郎も, 根こそぎ参る, 武者の, 歩いて, 歸つ, 決して不得要領, 灯に, 無かつ, 用意し, 登山する, 百五十組もの, 目の, 真紀子の, 私たちの, 稽古に, 窓を, 窮屈そうに, 組立てられ油, 綺麗な, 練つて歩き, 縛って, 胆を, 色紙形に, 若い者, 荒井たちの, 葉山組も, 西に, 見せ付けられるだろうね, 見た, 見受けました, 解いて, 論理に, 負けは, 買った, 踊って, 踊つて居る, 踊りの, 躍起に, 軍歌を, 都会から, 野球に, 門を, 隊を, 黙って

▼ 組屋敷~ (135, 2.3%)

3 です, の者, へ帰る 2 からお前, にいる, に來, のうち, のお, のほう, へ帰った, へ行つて

1 [110件] からお, からの帰り, からは与力笹野新三郎, からわざわざ, から南北兩町奉行所, から歸つて來, から町, があっ, があった, がある, がつづい, が並ん, が厳しく, ぐらいな幅, だった, だったと, であったが, でいかにも, でした, ですから, でもお, で与力笹野新三郎, で勝手, で囲まれ, で彼是いやア, で笹野, で與力笹野新三郎, で調べた, で軒並甞め, とは黒鍬組, と伝馬町, と申しました, と船蔵, にお, にたちかえりました, にとじこもった, に引入れました, に忠義, に来合せ, に槍, に泊つて, に自分, に訪ね, のあたり, のある, のいちばん奥, のお嬢さん達, のこと, のだんながた, のなか, のぬれ, の一画, の一軒, の与力同心衆, の人たち, の勝手口, の同僚たち, の吟味部屋, の年始廻り, の役人, の方, の日当たり, の東, の横, の片隅, の若, の近所界隈, の門前, の陪臣, は, は上, は大縄, は本郷森川町, は音羽七丁目, へ, へかえって, へしょんぼり, へたち向かいました, へとって返す, へは車, へ八五郎, へ出, へ帰りついた, へ帰るだろう, へ引き, へ引き下がる, へ引き揚げました, へ急ぎました, へ行く, へ行っ, へ行つた, へ行つた時, へ飛ばし, へ駆け込ん, へ駈, へ駕籠, へ驅, まではもう, までへは二町足らず, もまた, や商人店, らしい狭い, を一, を修繕, を出はずれた, を訪ねました, を訪れた, を訪れる, を賜わっ, 若くて

▼ 組~ (123, 2.1%)

6 あつた 2 はある, 同じ釜, 然しこの

1 [111件] あらう, あらうと, あんまりぱっとする, いたんだよ, いっしょに, いて, いろいろの, おわすらしい, お安, お母さんと, かつては, かなりの, かりて, かれら, ぎっしりつまっ, ござります, せう, その一組, その主隊, その少女, その誘惑, そらすまいとは, それは, どうやら二年間, どんぐりの, なかなかやかましい, ね言わばまあ, のって, はありません, はござりませんで, はない, ひとりだけ, まず五分五分, もう一度やれる, よみにくい, わざと宝生流, ゐる, ガラクタ本に, 一人を, 一口に, 一室を, 一言喋つ, 三十二人ほど, 三枚私は, 三菱を, 上流派だ, 丑松に, 二三べん, 二人の, 二十両持っ, 二年も, 五回ゲーム, 交際ひおる, 会社を, 作業し, 働いて, 働こうと, 儀右衛門は, 先に, 出来て, 副級長, 十一番であった, 又夜, 叩き続ける弱々しい, 囃子を, 土人を, 坐つて, 奉公し, 奉公人も, 実に堂々七十枚, 密使を, 小学校では, 居たので, 居たん, 居ましたから, 市中の, 建てて, 当時九歳か, 彼は, 御用登りの, 忽ち賑い, 戦って, 手袋を, 攻めも, 有名な, 本当にうれしい, 柱なんぞも, 極めて簡朴, 樂しむ, 横へ, 泊る, 浅草千束町の, 演劇の, 珠算の, 百七十五ルーブルと, 眼の, 稼ぐなあ, 第一ッ, 絵図に, 興行では, 芹沢が, 誰よりも, 請負仕事に, 踊るところ, 轡を, 部屋仲仕として, 金さんを, 金に, 銃を, 降蔵ら, 飼って

▼ 組~ (63, 1.1%)

2 はいって, 引きずって, 張りこんで, 来て, 罰として, 預けて

1 [51件] ある日, いって, うつされること, おいでなら, お加えくだされ, かけられた命令, にじりつけて, のこのこ出かけ, はいり直そうかと, はいれるのにねぇ, はいれるのにねえ, やられるの, 云った, 仕返しの, 何事かを, 入って, 入らなければ, 入れ, 入れたいと, 入れて, 公然宣戦布告, 出て, 出荷した, 加えようと, 加わるよう, 加入したい, 叫びかけ, 各郡代官所, 売り込んだろうの, 帰参が, 廃止に, 往って, 復讎に, 戻ろうと, 挨拶に, 救いの, 池から, 生意気な, 盗賊が, 移して, 紛れこんで, 編入される, 舞いもどるか, 行って, 走り寄った, 輪を, 連れ戻して, 集めて, 顔を, 飛ばせると, 飛び込んで

▼ 組から~ (45, 0.8%)

2 だったの, 勝組へ

1 [41件] これらの, でも, はずれて, ひと束の, ヒドクめざされ, 一人ずつ, 一人は, 下級月給取, 五組の, 仕掛けて, 何物をも, 先に, 先生はじめ私達二三人も, 入れさせること, 出来までには, 分離した, 分離或いは, 刷から, 十五人宛出す, 名乗り出たの, 大木八谷両君の, 川端に, 建てられること, 成る同勢, 抜いて, 抜けだして, 数番の, 敵の, 新撰組にまで, 昇進し, 来るつもり, 水ぎわ近く折敷い, 相馬家へ, 脱した沼沢甚右衛門, 見放され師匠篤信斎, 親方には, 踏み出す途中, 逃げて, 離れたいもの, 離れた方, 離れること

▼ 組という~ (45, 0.8%)

10 のは 6 のが 2 のを, ものが, ものは, ものを, んだ

1 [19件] ことに, のも, まずこの, ものに, やつが, やつな, やつは, ハンケチ女の, 人殺しの, 写真班同伴の, 割合で, 厩に, 名は, 名前も, 暴民の, 棒部隊が, 組織を, 荒っぽい稼業, 面で

▼ 組~ (39, 0.7%)

4 な, ね 32 そうでございます, といふ名, と云った

1 [22件] いや新撰組, うっかりこうして, かの連中, からこの, からそれなり, か三組, が冬月師, が彼, けれども大原君, つて好い, というの, といつ, といふ, とか龍虎隊, と云, と云われた, と思った, よ, よ僕ら位, ア, 昨日は, 議論です

▼ 組~ (35, 0.6%)

2 ある

1 [33件] あったの, あつた, あるの, いる客, さもなければ素子, それとも加, そんな事, どっちかに, ゐた, ゐたが, 一処に, 三組の, 並んだ瓶, 二十歳以下の, 二組しきゃいない, 二組の, 二組用意する, 五組しか, 八組の, 六組ほどの, 出遇つ, 四組にな, 夫人令嬢同伴で, 巧みな, 幾千組の, 御陵衛士隊か, 思ひ思ひの, 求めては, 泊まり客が, 祠に, 置いて, 踊って, 邂逅した

▼ 組かの~ (34, 0.6%)

2 家族が, 若い夫婦

1 [30件] あたらしい婚約者, かたまりに, グループが, 上品な, 中国学生たちが, 人が, 人影が, 優れた和紙, 内裏雛中には, 大名の, 女学生の, 娘達は, 客が, 家族は, 恋人たちの, 戀が, 拳銃隊が, 接吻を, 新夫婦, 日本人が, 桑摘帰りの, 火の番は, 粋な, 色彩を, 若い泊り客, 若い男, 見物人は, 諸侯方の, 踊りは, 踊手たちを

▼ 組では~ (33, 0.6%)

2 なかった

1 [31件] あったが, あとに, いかな, いばって, いまさら油断, おれは, その日, そろそろ帰り支度, ちょッと, ないか, ないかと, ないから, ない一個, なくその, なくなにごと, のうて, もうそろそろソヴェト市民, 予てからその, 仕方が, 先程から, 加藤虎之助脇坂甚内平野権平石田佐吉糟屋助右衛門など, 勝った敗けたの, 吉田竜太郎の, 最早幾人, 生徒が, 綱引きが, 羽振りが, 芹沢が, 訓練と, 辰三と, 隊長だ

▼ 組~ (32, 0.5%)

3 ている, 易しと 2 やすしと

1 [24件] さかんに, たりし, ていた, てうなずいた, ておる, てこれ以上, てゆく, て一緒, て国, て強いて, て当, て来ました, て秀吉, て老後, て聯合軍, やすい, やすいと, やすい風貌, 一朝に, 乱の, 候罪不, 易きを, 栄三郎を, 近年また

▼ 組にも~ (32, 0.5%)

4 わかれて 2 なった, なって, 分れて

1 [22件] こよい, なつて, わかち三日, わかれその, わかれた縦隊, 亡ぶに, 代役が, 似合わない恐ろしく, 低能娘が, 入りきれぬしのう, 分けて, 分ちおのおの, 分れては, 同情を, 命を, 年まだ, 幾人と, 殆ど過半数の, 相濟, 筋金が, 革命が, 響いて

▼ 組には~ (29, 0.5%)

1 [29件] いって, いること, いる者, こんなきたない, どの組, はいれぬ道理, また大月玄蕃, イオンの, 三十人ばかりの, 伍長の, 似る可, 似合いな, 入らなくても, 入らなくなって, 十万円組から, 唯ならぬ, 大工三名左官二名石工その他五名合わせ, 大石内蔵助以下老人が, 攘夷遷延の, 甲斐の, 甲賀派伊賀派おのおの, 笑はれまい, 芹沢派と, 都合が, 陰イオンを, 陽イオンを, 雨は, 須山も, 魚住影雄小山鞆絵宮本和吉伊藤吉之助宇井伯寿高橋穣市河三喜亀井高

▼ 組もの~ (27, 0.5%)

5 男女が 2 人々が, 動物が, 客を

1 [16件] お客さんが, 人達が, 先客が, 先達が, 兵隊が, 客が, 家族が, 家族づれで, 恋人たちの, 横列縦隊が, 結婚式を, 踊りの, 酋長や, 陣取りが, 雛人形が, 鰍が

▼ 組~ (25, 0.4%)

2 お園, しきの

1 [21件] ごろ男を, アジア会派の, マーケットを, 三井物産大高組などは, 二十組は, 二組で, 二組の, 会津などを, 何ぞ言え, 壁は, 夢組とともに, 夢組も, 御陵士頭に, 御陵士頭の, 新撰組は, 新撰組も, 神祇組の, 秋山要, 紋次郎は, 調子によ, 諸国の

▼ 組踊り~ (25, 0.4%)

1 [25件] では出来る, では花売, となつ, と念仏, なの, に対して羽踊り, に来, の, のくみ, の名, の土台, の基礎, の成立, の発生, の純化, の芸能, の衰運, の詞章, の語原, は以前狂言, は男優, は言語, よりも古い, を最高, を踊る

▼ 組といふ~ (20, 0.3%)

2 のを, ものが, 娘が

1 [14件] お妾, その他にも, のが, のは, ものとが, ものは, ものも, 十九に, 女の, 姪の, 娘でない, 娘の, 札つきの, 発動機に

▼ 組~ (20, 0.3%)

1 [20件] かっさら, から役附, だから, でい, でもいろいろ, でもへえ, でも老巧, でも評判, に発せられた, のそれぞれ, の人々, の仲仕, の古参, の子供達, の応召入隊者, の正木, の申し合わせ, の者, をかけまわっ, 若くは

▼ 組との~ (19, 0.3%)

1 [19件] 印半纏が, 廃止なぞも, 意見の, 比較を, 浮沈を, 破談を, 祝言を, 結びつき, 絶縁が, 総和であり, 縁談を, 話じゃった, 身分は, 間あたりに, 間に, 間の, 間を, 雰囲気の, 騒ぎの

▼ 組でも~ (16, 0.3%)

1 [16件] あつた, あやしい影, おぼろ月夜と, くれるというは, その動作, どうやら気, ないので, なし御陵隊, もうこれら, 中以上の, 倒して, 向うに, 巨漢助役を, 当主は, 最後に, 白柄組でも

▼ 組~ (16, 0.3%)

2 の, のである, んだ 1 のそれ, のだ, のであらう, のです, ので三公, ので君側, のにどうして, のよ, んです, ンで

▼ 組さん~ (15, 0.3%)

2 が一番後, の間

1 [11件] がお勝手, がよく, が居ました, と掴み, と掴み合い, の合圖, の家, の株, はお勝手, をお勝手, をひどく

▼ 組とは~ (15, 0.3%)

1 [15件] なったが, またああ, まるで不釣合, 一緒に, 一體誰が, 備え立てが, 別々に, 北組の, 即ち将軍家, 大手前, 小桜屋, 彼の, 法外な, 違うもの, 非常に

▼ 組だけ~ (12, 0.2%)

1 [12件] でございますか, ですね, でのうて, では, でほか, で乗客, 今まで, 出ましたが, 採ると, 滞在し, 組んで, 踊る

▼ 組とか~ (12, 0.2%)

2 いって 1 あるいは米州, 伊賀組とかが, 出生の, 吉弥組とか, 名を, 大きな団体, 大阪組とか, 旗本奴の, 現役に, 言い秘伝

▼ 組として~ (12, 0.2%)

1 [12件] ありました, ある藍瓶, まったく別個, 一行の, 三田の, 分るの, 勘定し, 十日の, 四組に, 売ります, 扱われたい心持, 選抜され

▼ 組しか~ (11, 0.2%)

2 ないぜ 1 いない, ないところ, ない書齋, なかった, なく友人, なければ, 客は, 置かせなかつた, 話して

▼ 組じゅう~ (11, 0.2%)

2 の不面目 1 での乱暴者, でも特別, でも義理, でも認め, に知れ渡っ, の奴等, の屋根, の者, の面目

▼ 組ずつ~ (11, 0.2%)

1 [11件] あるが, おくりました, ここに, はっきり映っ, 三手に, 出して, 実に百二十組, 年番で, 折敷い, 行進, 見張りが

▼ 組である~ (11, 0.2%)

1 [11件] からストリンドベリイ的懐疑思想, がかれ, がさて, がどうも, がウンザリかげん, が日頃, ことに, ことは, といっ, 天朝へ, 安倍誠之助は

▼ 組ばかり~ (11, 0.2%)

2 なるも 1 であった, でなく第, ズカズカと, 下級生に, 各静, 子供づれなどは一人も, 宴会が, 来て, 軍人も

▼ 組ある~ (10, 0.2%)

1 かしらぬ, かといふこと, きり, せいか, という, といふわけ, の, のです, ように, わけだ

▼ 組ほど~ (9, 0.2%)

1 あった, あったそう, あつた, この任務, そのまわり, とまって, 有ったっけ, 来た, 諸方に

▼ 組~ (9, 0.2%)

2 ずほぐれつの 1 ずほぐれつである, ずほぐれつ剣以上, ず解れつ争って, だ, でそのまま, デ斯ンナ静カナ海辺, デ斯ンナ靜カナ海邊

▼ 組討ち~ (9, 0.2%)

3 をし 1 から引込み, でちっとも, になっ, になったらしく, は厄介, をする

▼ 組違え~ (9, 0.2%)

2 にトン 1 ていた, て揃う, て斜, て目まぐるしく, にしっかと, に二の腕, 打交え

▼ 組にな~ (8, 0.1%)

1 つて, つてその, つてゐ, つて伐, つて來る, つて函嶺へ, つて好い, つて横町から

▼ 組~ (8, 0.1%)

1 が現われた, だから, とか学者みたい, とも一人, に向っ, に宛てた, の世話, は俺

▼ 組~ (7, 0.1%)

1 借りに, 千勢母娘が, 組や, 蝶が, 蝶といふ, 蝶の, 長屋と

▼ 組かが~ (7, 0.1%)

1 あった, ある, 場の, 彼女の, 東京から, 渦を, 茶を

▼ 組です~ (7, 0.1%)

2 か, ね 1 からね, から料理法, よ

▼ 組~ (7, 0.1%)

3 頭の 1 頭である, 頭を, 頭戸部近江へ, 頭戸部近江之

▼ 組同心~ (7, 0.1%)

1 だ, の住む, の倅近藤梶五郎, の屋敷, の御家人, の次男, の鈴木

▼ 組輿~ (7, 0.1%)

2 の上 1 がこわれた, が崩れ, とは変, に弁天松代, を

▼ 組かに~ (6, 0.1%)

2 分かれて 1 わかれて, 分けるの, 分たれて, 別れて

▼ 組ずつの~ (6, 0.1%)

1 ためです, 影が, 男女が, 結婚生活が, 親友を, 話は

▼ 組とが~ (6, 0.1%)

1 あるよう, この問題, ぶつかり合う, 分かれて, 同じ街道, 手を

▼ 組とも~ (6, 0.1%)

1 しれぬ洋服, なく手, に一つ, 云って, 多少由縁, 知れず隊

▼ 組以上~ (6, 0.1%)

1 か以下, じゃが肝腎, に鬼二郎, の, の客, もできた

▼ 組~ (6, 0.1%)

2 番頭に 1 中間が, 持組大御, 番頭かという, 番頭と

▼ 組~ (6, 0.1%)

1 でそれぞれ一頁, なども極めて, に色附, の上, も洗練, を參考

▼ 組した~ (5, 0.1%)

1 のが, ので形, 今日においては, 廉で, 罪を

▼ 組だった~ (5, 0.1%)

1 が大鷲出現, じゃない, のが, のです, 横堀千吉だった

▼ 組としての~ (5, 0.1%)

1 寂しそう, 態度を, 最初の, 権利が, 睦し

▼ 組とを~ (5, 0.1%)

1 互に競い合わせる, 問はず船中に, 比較し, 購いその, 連れて

▼ 組ばかりの~ (5, 0.1%)

2 客が 1 体操が, 捕手と, 椀と

▼ 組へも~ (5, 0.1%)

2 出た 1 伝達せいと, 又其外, 悪事じゃ

▼ 組より~ (5, 0.1%)

2 江戸へ 1 お蔦が, その紺染, 大臣に

▼ 組七人~ (5, 0.1%)

1 が黒柄九尺, だけは残った, の中, の口, の大将

▼ 組~ (5, 0.1%)

2 でも評判 1 にあっ, にありまし, の子供

▼ 組全体~ (5, 0.1%)

1 の仕事, の浮沈, の空気, の統制上, を相手

▼ 組同じ~ (5, 0.1%)

2 ような 1 やうな, 物を, 茶店に

▼ 組ごと~ (4, 0.1%)

2 に一列 1 に一つ, に荷物

▼ 組する~ (4, 0.1%)

1 ことは, に極, のか, 弓矢は

▼ 組その~ (4, 0.1%)

1 つぎには, ババンの, 数およそ, 頭領の

▼ 組それ~ (4, 0.1%)

1 からの寄せ集り, に安物, に相違, は考

▼ 組であった~ (4, 0.1%)

1 が場所, が家, のだ, 佐藤文次郎氏が

▼ 組と共に~ (4, 0.1%)

1 いったん上っ, 一直線に, 先方の, 新撰組を

▼ 組などは~ (4, 0.1%)

1 その職務, とかく馴れすぎ, どこへ, 賛成し

▼ 組なる~ (4, 0.1%)

1 ものが, ものの, もののいかに, 組を

▼ 組ほどの~ (4, 0.1%)

2 客が 1 他の, 客しか

▼ 組らしい~ (4, 0.1%)

1 ぞ, と報告, のであります, 切ッても

▼ 組一同~ (4, 0.1%)

1 が浜松城, としてあらあ, の者, は余ら

▼ 組三人~ (4, 0.1%)

2 の客 1 のうち, をめしとっ

▼ 組三組~ (4, 0.1%)

1 ずつ実に, に会う, に分かれ, 寄って

▼ 組与力~ (4, 0.1%)

1 で年, で月番同心支配, の倅, の松下

▼ 組主任~ (4, 0.1%)

3 の先生 1 からこまごま

▼ 組~ (4, 0.1%)

1 に奪い去られまし, に連れ, はどこ, 盛組等の

▼ 組師匠~ (4, 0.1%)

2 がお 1 を隣, を隣り

▼ 組~ (4, 0.1%)

1 の二つ, はコッポラ指揮の, はゴーベル指揮の, 第二組曲

▼ 組~ (4, 0.1%)

2 一の 1 一主義と, 一主義を

▼ 組~ (4, 0.1%)

2 へた 1 へて角, へ次第に

▼ 組あっ~ (3, 0.1%)

1 たりする, ていずれ, て当直

▼ 組あり~ (3, 0.1%)

1 て代る代る, て日ごと, や澤山ぢ

▼ 組かも~ (3, 0.1%)

1 あって, 知れない, 知れねえ

▼ 組からは~ (3, 0.1%)

1 これは, とうに消え, 穂が

▼ 組かを~ (3, 0.1%)

1 ここかしこに, 見廻って, 見送って

▼ 組じゃ~ (3, 0.1%)

1 な, ないのね, よ

▼ 組たる~ (3, 0.1%)

1 の法, 皆さんが, 連着懸

▼ 組だけが~ (3, 0.1%)

1 のこって, 別仕立て, 残って

▼ 組だけで~ (3, 0.1%)

1 やつても, バンドが, 鞠を

▼ 組だけは~ (3, 0.1%)

1 この家, 元の, 苦手である

▼ 組だって~ (3, 0.1%)

1 同じこと, 好い心持, 鬼ばかりじゃ

▼ 組だの~ (3, 0.1%)

1 伊賀者だ, 吉原で, 近藤勇だ

▼ 組って~ (3, 0.1%)

1 いやたしか, 一人ぎめの, 鬼の

▼ 組などと~ (3, 0.1%)

1 そういう党名, 先生には, 悪態を

▼ 組なども~ (3, 0.1%)

1 あつた, 心に, 流れて

▼ 組また~ (3, 0.1%)

1 こちらで, 旅人を, 身分は

▼ 組まで~ (3, 0.1%)

2 お愛そ 1 のこらずつれ

▼ 組を以て~ (3, 0.1%)

1 冷厳酷烈な, 当日に, 牛乳事業を

▼ 組~ (3, 0.1%)

1 だりされ, であるので, では

▼ 組上っ~ (3, 0.1%)

1 てから二日, てしまった, て来

▼ 組事務所~ (3, 0.1%)

1 にいた, に顔, は海岸通り

▼ 組~ (3, 0.1%)

1 の東寳社長秦豊吉氏, は戸畑, 世上に

▼ 組~ (3, 0.1%)

1 て居, の凄まじい, 行くに

▼ 組以下~ (3, 0.1%)

1 であったと, の一小隊, をひきつれ

▼ 組仲間~ (3, 0.1%)

2 の者 1 の一人

▼ 組~ (3, 0.1%)

1 へ出, をひらく, を開きます

▼ 組分け~ (3, 0.1%)

1 と申します, になっ, はすみました

▼ 組即ち~ (3, 0.1%)

1 桁や, 紳士である, 英文科の

▼ 組~ (3, 0.1%)

1 という段式, となり, の名家

▼ 組~ (3, 0.1%)

1 に住ん, の路地裏, まで用

▼ 組~ (3, 0.1%)

1 の舵, を漕いだ, を漕ぐ

▼ 組~ (2, 0.0%)

1 つておもて向きの, はせて

▼ 組あたり~ (2, 0.0%)

1 には分らなかった, へ出入り

▼ 組あまり~ (2, 0.0%)

1 のほか, バラバラと

▼ 組かは~ (2, 0.0%)

1 その踊り, 数ヶ月の

▼ 組からと~ (2, 0.0%)

1 交叉した, 同時に万達

▼ 組からも~ (2, 0.0%)

1 人数が, 狙われて

▼ 組かれ~ (2, 0.0%)

2 らに

▼ 組くらいは~ (2, 0.0%)

1 拵えて, 輸入された

▼ 組こしらえた~ (2, 0.0%)

1 というよう, というん

▼ 組この~ (2, 0.0%)

1 体だ, 隠居藤屋の

▼ 組こんな~ (2, 0.0%)

1 変奏が, 行列が

▼ 組さえ~ (2, 0.0%)

1 みれば, よければ

▼ 組じゃあ~ (2, 0.0%)

1 こちと, 永田親方の

▼ 組ずつと~ (2, 0.0%)

1 なって, 見て

▼ 組ずつに~ (2, 0.0%)

1 して, 別れて

▼ 組せず~ (2, 0.0%)

1 現世後生は, 真を

▼ 組そこ~ (2, 0.0%)

1 にはある, に一組

▼ 組たてられた~ (2, 0.0%)

1 自動車フォードが, 鉄橋の

▼ 組~ (2, 0.0%)

1 やこの, やさ

▼ 組づつ~ (2, 0.0%)

1 の創作, 買って

▼ 組でございます~ (2, 0.0%)

1 から新三郎, が

▼ 組とに~ (2, 0.0%)

1 分かれて, 向うで

▼ 組とやら~ (2, 0.0%)

1 いふ娘一人, 申す斬り取り強盗

▼ 組とやらの~ (2, 0.0%)

1 お方に, 仲間を

▼ 組ども~ (2, 0.0%)

1 が有無, はその

▼ 組などという~ (2, 0.0%)

1 徒党が, 泰平の

▼ 組などの~ (2, 0.0%)

1 あいだに, 繊細いその

▼ 組なら~ (2, 0.0%)

1 こっちが, 彼は

▼ 組なんぞへ~ (2, 0.0%)

2 入る人間

▼ 組なんて~ (2, 0.0%)

1 内には, 茶番を

▼ 組にばかり~ (2, 0.0%)

1 働かせられ槍, 眼を

▼ 組によ~ (2, 0.0%)

1 つて出来不出来は, つて霊感の

▼ 組に対し~ (2, 0.0%)

1 人夫八名職人二名ずつ, 年に

▼ 組への~ (2, 0.0%)

1 伝達には, 露骨な

▼ 組ましい~ (2, 0.0%)

1 心持にな, 悲しい心持

▼ 組~ (2, 0.0%)

1 ばかに, 新人です

▼ 組らしく~ (2, 0.0%)

1 これは, 仕事も

▼ 組一組~ (2, 0.0%)

1 ずつの結婚生活, の間

▼ 組一統~ (2, 0.0%)

1 がわッ, の者

▼ 組三十挺~ (2, 0.0%)

2 の頭

▼ 組~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 組与力同心~ (2, 0.0%)

1 が召捕り, を引き連れ

▼ 組世話役~ (2, 0.0%)

2 で身上

▼ 組~ (2, 0.0%)

1 は又, 助西川錦之助なども

▼ 組仮御~ (2, 0.0%)

2 抱入

▼ 組~ (2, 0.0%)

1 ずつ七日, な食道楽会

▼ 組~ (2, 0.0%)

1 は弱い, は強い

▼ 組~ (2, 0.0%)

1 にし, には各

▼ 組~ (2, 0.0%)

1 には白銀黄金, リヲシタガ三千両ホド借金出来テ家来モ六ツカシク大

▼ 組再び~ (2, 0.0%)

2 前へ

▼ 組~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 組合わさっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 組同心河合郷左衛門~ (2, 0.0%)

1 との三人, の倅八十次郎

▼ 組~ (2, 0.0%)

1 をつけ, を見

▼ 組四人~ (2, 0.0%)

1 と小屋番, 合せて

▼ 組四名~ (2, 0.0%)

2 をひきつれ

▼ 組外れ~ (2, 0.0%)

1 に御, に漢学塾

▼ 組太刀~ (2, 0.0%)

1 の型どおり, を構え

▼ 組~ (2, 0.0%)

1 があっ, が居

▼ 組~ (2, 0.0%)

1 は一万円, 侍たちの

▼ 組小屋~ (2, 0.0%)

1 へいっ, を訪れ

▼ 組小頭~ (2, 0.0%)

1 の三崎清次郎, の城三次

▼ 組岸壁~ (2, 0.0%)

1 の桟橋, までどうにか

▼ 組~ (2, 0.0%)

2 が三本

▼ 組平野組山田組~ (2, 0.0%)

1 と三つ, の人夫

▼ 組~ (2, 0.0%)

1 ああまり, の一人

▼ 組~ (2, 0.0%)

1 が乗ります, のまま

▼ 組持つ~ (2, 0.0%)

1 て仕, て來

▼ 組~ (2, 0.0%)

1 がございます, を楯

▼ 組新調~ (2, 0.0%)

1 した服装, の物同封

▼ 組時代~ (2, 0.0%)

1 には谷口林助, の古い

▼ 組格子~ (2, 0.0%)

1 の衝立, の透し

▼ 組片隅~ (2, 0.0%)

2 の長椅子

▼ 組立った~ (2, 0.0%)

1 ところの, 開は

▼ 組~ (2, 0.0%)

1 の小頭, はどこ

▼ 組~ (2, 0.0%)

1 が一ツ又一ツ僕, に分れ

▼ 組菊池~ (2, 0.0%)

2 半助

▼ 組~ (2, 0.0%)

1 はない, ひに

▼ 組買っ~ (2, 0.0%)

1 てやりました, て肩

▼ 組踊り詞章~ (2, 0.0%)

1 の中, の整頓欲

▼ 組違えた~ (2, 0.0%)

1 すんなりと, 材木が

▼ 組部屋~ (2, 0.0%)

1 はひる, を

▼ 組附い~ (2, 0.0%)

1 たりした, て来る

▼ 組隊士~ (2, 0.0%)

1 が二人, でなく御陵衛士

▼1* [543件]

あがって来た, 組あったので私, 組あとを追わん, 組ありましてどれ, 組あれば沢山, 組あわせて八十人, 組あわてふためきながらもソレッ, 組いたがこの, 組いっせいに弦を, 組いつしよに, 組いま出しに, 組いままでどこに, 組いま毛氈を畳み掛け, 組うちを憎む, 組おなじ炬燵に, 組お人好しばっかりじゃないです, 組お送りしましょう, 組かたを殊に, 組かつて附馬牛村に, 組かと思うと, 組かにはいって, 組かに組を分け, 組かへで休み, 組からの人口増加と, 組がのして, 組がわあっときた, 組ぎりです, 組くらいあるので, 組くらいしか来て, 組ぐらいのパアティに, 組ぐらいもあったでしょうが, 組ぐらいよりございません, 組ぐらゐ充分出來るくら, 組こう三ヵ所に, 組こしらえようかそんな, 組こしらえ上げてしまった, 組こっちに一組, 組これは片時, 組入らねえか, 組させたこととは, 組さては大砲組小筒組御, 組されている, 組さんどこのかお婆さん, 組しかれていた, 組しやすそうな, 組ゃあごわすめえか, 組じゅう一統の難儀, 組じわじわ煮立つ鶏鍋, 組すか羽柴どのと盟約, 組すなわち壬生浪人という, 組すべき党派なし, 組するべきかその, 組ずつがついて, 組ずつを儉約し, 組せんか織田, 組そうか一城, 組そこここに立話, 組そのものの組織, 組その他の暴力団, 組それから夜明けまでは, 組それらの色とりどり, 組あたりへ, 組たしかに腕ずくで, 組たてたくて書く, 組たてるのである, 組たわしと何とか, 組だが目下は, 組だけじゃない聯合組, 組だけを残して, 組だったら一回戦で, 組だろうこの輩, 組ゅうに, 組ちゃんとは質屋, 組ついてきた, 組ついたといふ次第, 組つきはりとばした, 組つき合ってゴロゴロ, 組づゝ相定めた, 組であって他, 組であり頭目は, 組であるまいかなど自分, 組であろうと古強者, 組でしたから墨, 組でないといけない, 組でなければいけない, 組というに対して多数の, 組といった組屋敷だった, 組といふだけあとは, 組とかが公儀から, 組としまして夜の, 組とても幾つにも, 組とでもいうの, 組とともに幡随院一まきの, 組とまっている, 組なお十四五人の, 組ながらこの下, 組など持場持場の, 組などが眼の, 組などで日曜日らしく, 組などとは比較に, 組などとも謂って, 組などに出しぬかれるの, 組なりゃ島田を, 組なんかつまりうち, 組においてはじめて腹, 組にさえあんなに大, 組にたいする宮方の, 組について誰が, 組にて浅草のみや, 組にでもなって, 組になんぞなったの, 組にばかりは一目も, 組にまで腕を, 組によりかかって, 組に対してのもので, 組に対しては監督というも, 組に対してもためしを, 組に対する彼等の, 組に従って調理し, 組のかしら本名忍, 組のみならずすでに, 組はとにもかく, 組はにはかに, 組ばかりがダンスを, 組ばかりになって, 組ばかりは夫婦又は, 組ひと組暮れて, 組ふたりもみんな騎馬, 組ほかすべても日野蔵人俊基, 組ほんとうかい, 組ましておくれ, 組または昭和何年組の, 組までがいや却って, 組まではああいう, 組まむし酒を売る, 組まんずと云う, 組みんなちんばにてんで, 組もがあちこちの, 組やあこちらには, 組やら分らない中, 組ゆえ馬場の精神, 組ゆゑ馬場の精神, 組よりはずっと小さく, 組らしくない仕業が, 組やうに, 組て外, 組わけの三たび, 組わしだ, 組ゲイ・ペイ・ウは人, 組コブレンツの名所絵, 組サラット・チャンドラというブータン系印度人, 組デス当所へ参リマス前, 組デハ若クテヨイ働キ手, 組トランクの底, 組パチパチと手, 組の出来, 組ミ合ワサセテ脚気ノ検査ヲシテイルガ, 組ヨリ入社セリ一万株即チ一百万円ハ諸君ニ応ジ分割スベシ, 組ンヅホツレツデアルヨロメキヨロメキ君モ私モソレカラマタ林氏寝ル間モ烈シク一様ニ押シ流サレテ居ルヨウダ, 組だと, 組一まきと生, 組一ルーブル前後で敷布団, 組一丈余りの上, 組一人大阪組八人日向組四人合せて, 組一列小頭足軽一統持ち運びの中間小者, 組一台のトラック, 組一号のボーシン, 組一同平馬を中心, 組一味の大和旗, 組一帯が焼けた, 組一手で戦う, 組一筋に垂れる, 組一組みんなちんばにてんで, 組七人乾魚一枚麩の味噌汁一杯, 組七名ずつの素槍, 組七手組の後備, 組七枚重ねの葉形カード, 組万々歳じゃ, 組三井物産その他の中, 組三人土佐組一人大阪組八人日向組四人合せて, 組三円四十銭の見込, 組三十五人は一度に, 組三十戸ばかりの家族, 組三四十人の間, 組三度目が天満組, 組三洞運輸山九組大高組共盛組, 組三神とを除け, 組三組そこここに立話, 組三組其處此處で落合つた, 組上段終わり, 組上燈籠三枚続きのいのち, 組下段終わり, 組下関にわたって山下組, 組下駄に箸, 組与力弓削新右衛門, 組与力柴田勘兵衛の門人, 組与力西田青太夫の弟, 組隊長の, 組丹下左膳の名, 組主義の放擲, 組之内に病気之者, 組り合して, 組九人の中, 組九月九日の夜, 組事件はよく, 組ながらアーメン, 組二人で五匹, 組二円の吸物椀, 組二十人として十五回, 組二年も甲乙, 組二度目が南組, 組二百五十石の小身, 組二組も色紙形, 組二組新調した服装, 組二隊をひきつれ, 組云楚中有万年松長二寸許葉似側栢蔵篋笥中, 組互いに顔を, 組五ツ組とか言い, 組五十九町南組十一町家数竈数で言, 組五千は崩れ立った, 組五組と適当, 組五銭七八銭十銭ぐらいで, 組の一人, 組今夜も二世, 組仕事師中の泳ぎ, 組の双生児, 組など大変, 組以来の誼, 組伊賀組の者, 組伏セ首ヲ取, 組位客があった, 組住まいをした, 組の怖い, 組何円のセット, 組作りあげそれで, 組作るといったよう, 組作業場という白ペンキ塗り, 組て梅鉢屋, 組に申せ, 組借りて直ちに, 組の自己主張, 組僧形たちの組, 組先代と言つて, 組入れて居, 組入れたまま死骸は, 組全員銃に装填, 組全部を支, 組八人日向組四人合せて, 組六人が塊, 組六名も大沢, 組六手組七手組の後備, 組六本でいい, 組兵士なぞは位置, 組其處此處で落合つた, 組内の人まで誰一人, 組内部を複雑, 組出来あがるまでには冬, 組出来るとあちら, 組出来上がって小永井, 組買えいや, 組切つての剣客揃, 組別に一人一人は, 組到る所に, 組刺客たちにもてまえ, 組の岸壁, 組創立三十周年紀念の宴, 組劇場稲荷座を経営, 組六, 組助六が一人, 組勢ふよろしと, 組北方にはコバルト組, 組北町織物職藪田喜七郎方にてある, 組医師のごとき, 組十一町家数竈数で言, 組十二列が静, 組十二騎以下歩兵五十人ほどをつれ, 組十五名の猛者, 組十人ばかり二, 組十人位から三十人位, 組十名の黒田武士たち, 組十數名にわかれ, 組十銭よ, 組千二百石で御座るが, 組南一家のこと, 組南組とは大, 組南都の悪僧, 組又は二た, 組取り出して道庵, 組取り寄せると部屋, 組取次の早状, 組合わさり工合という, 組合わせによって宇宙, 組合わせたくらいの大き, 組同一炬燵に敷い, 組同心小頭竹上万太郎は磔, 組同心庄司義左衛門同組同心, 組同心故人藤重孫三郎の門人, 組同心相場半左衛門, 組同志だ, 組同時に動くの, 組同様な無頼者, 組名入りの弓張提灯, 組問屋あり, 組四人宛一週一回の放, 組四十二町北組五十九町南組十一町家数竈数で言, 組四十人ぐらい, 組四時ごろに帰っ, 組四組五組と適当, 組四谷の伊賀組, 組固まって毎日, 組土間に幾十人, 組声援のため, 組売ったのを, 組外套組というの, 組多賀谷外記が頭取, 組地主さんと, 組大御番には, 組大津太郎さあん大津太郎さ, 組大田町には臙脂組, 組大高組共盛組, 組大高組三井物産その他の中, 組太鼓をかつい, 組夫婦で俄然, 組奸党の者, 組如上の本質, 組をつけた, 組学生への非難, 組宗家の人, 組宴会があるらしかった, 組へき, 組寄って行った, 組寄宿舎増築問題が起った, 組寝れば南京虫, 組将棋盤をかこん, 組小田原町のとんび組, 組小筒組御持組, 組小野組ヨリ入社セリ一万株即チ一百万円ハ諸君ニ応ジ分割スベシ, 組小野組渋沢三野村などの第, 組少年組を補助隊, 組屋敷あたりの噂, 組屋敷中の者, 組屋敷小町と評判, 組屋敷町じゃねえ, 組屋敷等火攻の謀, 組屋敷角から同じく, 組屋數にお, 組して, 組峰丹波の腹心, 組を訪れた, 組平与力本多為助山寺三二郎小島鶴之丞, 組年寄の嘉兵衛, 組幸福らしい親子づれ, 組庇手斧のあと, 組廻了の数二十三, 組弓組をせん, 組後日物語を語り, 組御徒組さては大砲組, 組御陵隊が屍, 組怒っちゃ不可い, 組思いがけない知己が, 組或は豊齧, 組と唱, 組持ってし, 組持ってることも, 組挙兵に参画, 組掛緒という公卿, 組揃うのです, 組揃え急に, 組揃っている, 組揃ったのが, 組描割で引, 組揚げて十二段, 組換え薄気味悪い微笑, 組支配の廃止, 組支配頭青山備前守というもの, 組だけ揃っ, 組の誘い, 組れたまま, 組新しいのが, 組新撰組って鬼, 組斷つたといふ事, 組方等は殆ど, 組日劇アトラクション隊と此, 組に月謝五円, 組暮れてゆく, 組曲全部をレコード, 組曲4の, 組えておる, 組御番, 組最初の狼火, 組有って火事, 組が肩胛骨, 組を組ん, 組てゐます, 組東西大番を通算, 組松平源次郎宛取次をもっ, 組林業事務所などいう, 組は鉄橋, 組栄えました頃組の, 組桜井佐吉に討たれ, 組桟敷のごとく, 組梅原弥左衛門森民部丞門屋助右衛門寺村半左衛門, 組梯子係り故, 組の中, 組槍弓長太刀それぞれの部将, 組樫木張でその, 組或る, 組欲しいな, 組止めた大きな仇敵, 組残っている, 組残った優勝者の, 組残らず見廻御抱御雇, 組残りの三人, 組殴りこみをかけたらしい, 組に三級, 組江戸で十組, 組津大垣の兵, 組派遣して, 組浅ましいようで, 組渉外部長サルトル・サスケとある, 組渋沢三野村などの第, 組温泉にでも来た, 組演為一話世多以為始, 組瀬川安子と記し, 組為替は同, 組無い事あ, 組牛込の根来組, 組特に盛装し, 組特有な底意地, 組を見た, 組玉造組東西大番を通算, 組用意する人, 組甲板番の新谷勝太郎, 組甲賀組はみな彼, 組留められずあれあれと, 組や牢屋同心, 組番頭中に, 組番頭土屋佐渡守邦直の屋敷, 組番頭宝永四年より書院番頭, 組疎開者や受入れ家族, 組病者多しとて, 組病者診察として愛冠, 組白刃組弓組をせん, 組百五十人が守備, 組百人ばかりもう, 組百騎の中, 組目付の番組, 組直させ百姓共に, 組直して馬春堂, 組直したらしい気配で, 組相談の上, 組石川兵助が討っ, 組社交式が文化組, 組社長を訪ね, 組社長車善八氏です, 組の後, 組私たちがいる, 組程度の輸送能力, 組の立ってる, 組立たないのでこの, 組競技場に立つ, 組細野九郎右衛門玉井数馬助岩田市右衛門神田清右衛門外池孫左衛門河井公左衛門五番には七手, 組紹介しても, 組組会を開きます, 組結成の翌年, 組結成六ヶ月で近藤勇, 組統領として生き, 組総長とある, 組縞物だったが, 組總出と云, 組とを考量, 組囲み終わり, 組美濃部伊織と云っ, 組脱退を許した, 組自体の中, 組自分では氣, 組自由に椅子, 組舞台を荷車, 組舞踏を踊った, 組を掘, 組芸名源女そういう女, 組英国人の家族, 組荷物へ入れる, 組蚊帳もござる, 組の河尻与兵衛, 組衆四十六人与力十騎同心二十人がゐる, 組衡嶽志にいふ, 組衣裳も美々しく, 組袋入りの額面用名画, 組製糸会社のため, 組製革場に沿, 組見えたり, 組見廻り組津大垣の, 組親分の実質的協力者, 組親父は下水用, 組評判記といふ風, 組は, 組識的暴力と瞞着, 組販売部という紫, 組買ったそうで, 組足軽二組の顔ぶれ, 組足軽四十人を預つ, 組踊りなる語の, 組踊り全部に亘つて, 組踊り展開の基礎, 組踊り成立の当初, 組踊り成立案を書い, 組踊り自身が玉城重朝, 組の三脚, 組近日中にお送り, 組送つてある, 組逆戻りトリックモンタージュの千変万化, 組連ねたるお城, 組連中につれ, 組運動やデパート襲撃, 組が控え, 組達形勢非なり, 組違った処は, 組部屋仲仕のほか, 組野毛山の清吉, 組金曜時間割左の通り順序變更, 組鉄砲二三挺その他長州人との往復文書, 組鉄砲組をひきつれ, 組がある, 組附いた時には, 組附かうかとも思ふ, 組附くように, 組隅々に散らばっ, 組隊長として切り結んだ, 組隊長近藤勇と云, 組がやんだら送ります, 組青年団は何, 組青年団警官隊総出には兎共, 組頭巾を冠つた女, 組頼むことに, 組飛脚屋仲間や年行事, 組飯田四郎左衛門良清に嫁, 組馬廻りの格式, 組馬廻格に加入, 組落者らしい, 組高帽の天窓, 組鶴見組というの, 組麦冊をきる