青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「痛み~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~病院 病院~ ~痕 痕~ 痛~ ~痛い 痛い~ ~痛く 痛く~ ~痛み
痛み~
痩せ~ 痩せた~ 癒~ ~癖 癖~ 癪~ 発~ ~発し 発し~ ~発した

「痛み~」 1740, 17ppm, 6588位

▼ 痛み~ (487, 28.0%)

30 感じた 21 覚えた 10 感じながら 9 感じて, 覚えて 5 こらえて, 忘れて, 感じ出した, 覚える, 覚えるの 4 おぼえて, とめて, 感じました, 感じるよう, 感ずる, 我慢し, 訴へ 3 おぼえた, もって, 与えた, 怺え, 感じたが, 感じたの, 覚えると

2 [28件] おぼえる, こらへながら, ジッと, 彼女の, 怺へて, 怺へる, 感じさせるよう, 感じたから, 感じだした, 感じるが, 感じる程, 感じ肩, 感ずると, 感ずるの, 感ずるもの, 感ずるよう, 感ぜずには, 持ちまいと, 止めるもの, 残して, 胸に, 覚えたから, 覚えたが, 覚えたので, 覚えるよう, 覺え, 覺える, 訴へる

1 [278件] あらは, いたわるよう, いつまでも, うけたとたん, うったえる声, おさえながら, おぼえさせるの, おぼえたが, おぼえたの, おぼえてか, おぼえてから, おぼえるの, おぼえるほど, おぼえ一度, おぼえ膝頭, お忘れ, からだに, かろむべ, かんじしのばなければ, かんじた, かんじました, かんじるほど, かんじるわけ, かんずる, こらえつつ, こらえながら, こらえようと, こらえるため, こらえるらしい姿, こらへて, さすりながら, さへ, しずめる薬草, した時, しつかりと, しづめるために, して, しばらくでも, しばらく追いやった, じつと, せつなくおもいました, その部分以外, そらすよう, ちらす, とって, とつて, とどめて, とめた, とめるため, とるに, どうする, のがれること, のぞいて, ひきずつて, ふと思ひ, まぎらす為, ますます自分, みせまいやう, もたらしたの, もたらしながら, もたらし彼女, もつ淋し, ズブリと, 一生懸命に, 下腹部に, 与えて, 与えるよう, 与え心, 与へる程, 両眼, 人々に, 以つてだく, 以つて我が, 休める, 伴いながら, 伴い強い, 価した, 全身に, 分けあつ, 刺激する, 刻み込まれて, 前額部に, 加えるので, 加え胸, 加へ, 取戻して, 受けないと, 受けないという, 受けねば, 受けるの, 吐き気の, 味う, 味って, 味わったのよ, 咽喉の, 單純な, 噛み怺, 堪えて, 堪えながら, 堪忍し, 増した, 増したるばかりにて, 増して, 増大させる, 局部的の, 帯の, 強く感じる, 御経験, 心に, 心配し, 忍ばなくては, 忍びながら, 忍び泣きぬ, 忍んで, 忍耐した, 忘れうれしく, 忘れさせたの, 忘れたいので, 忘れたの, 忘れたよう, 忘れました, 忘れ純潔, 思い出した, 思ひ出して, 急に, 怺えて, 怺える, 想像した, 意識した, 感じいくたび, 感じさせた, 感じたこと, 感じたと, 感じたという, 感じたとしても, 感じたので, 感じたもの, 感じたよう, 感じつつ, 感じつづけて, 感じても, 感じない, 感じないかネ, 感じないが, 感じない痛み, 感じない譯, 感じながらも, 感じなくなってからも, 感じなくなる, 感じも, 感じようと, 感じる, 感じること, 感じると, 感じるには, 感じるほど, 感じるやう, 感じるよりも, 感じ且つ, 感じ其の, 感じ出して, 感じ初めた, 感じ感じるとき, 感ずるであらうと, 感ずるとき, 感ずるとともに, 感ずるに, 感ずるばかり, 感ずるらしく細い, 感ずる両, 感ずる時, 感ずる程度, 感ぜざるに, 感ぜざるはなし, 感ぜぬでも, 感ぜぬ程強烈, 憐れみかつ, 憤怒と共に, 打たせた, 打ち忘れて, 扱き取ろうと, 抑えて, 抱きながらも, 押えながらも, 持って, 持つ時, 撫でるよう, 放つの, 早く治せ, 柔らかな, 歌に, 止めたり, 止めるの, 止めるマジナイ, 毎日毎晩の, 気に, 治して, 治し麦畑, 治する, 消しながら, 消すって, 激しく感じ出した, 火の, 無意識に, 物とも, 物語りました, 生じて, 痛みとして, 癒して, 癒しもらう, 癒す祈祷なぞ, 発する, 直ぐに覆ひ包んでしまつた, 相手に, 眉と, 移して, 突然に, 絶えず経験, 総身に, 緩和し, 耐えて, 耐えながら, 耐えるよう, 耐え克服, 耐え忍んで, 肩に, 胸の, 脇腹に, 自分で, 自分の, 與へ, 苦に, 覗き込まうとも, 覚えたの, 覚えたばかり, 覚えたり, 覚えた幼児, 覚えつつ, 覚えないと, 覚えなかった, 覚えながら, 覚えなくなったん, 覚えます, 覚えますが, 覚えるくらい, 覚えるだらうと, 覚えるので, 覚えるほどの, 覚える如く軟か, 覚える石ころ路, 覚え出した, 覚え周章てて, 覚え背中, 覚え鉄槌, 覚へ, 観察し, 覺えた, 覺えて, 訴えた, 訴えたくなりました, 訴えます, 訴えられた時, 訴えること, 訴えるでも, 訴えるもの, 訴える力, 訴える呼び声, 訴える声, 訴える後頭部, 負いながらも, 起こすこと, 起こすの, 起すので, 軽減する, 鋭く深く良心, 鎮めるか, 除くため, 隠して

▼ 痛み~ (278, 16.0%)

4 残って 3 なくなって, 去ると

2 [15件] うすらいで, とまると, 何時までも, 劇しい, 去ったの, 少しも, 本当に去らない, 来た, 来て, 消えて, 減じて, 痛みばかりが, 突きつめれば, 走った, 重い

1 [238件] あったが, あったり, あった丈, あって, ありエイリイ, ある, あるだらうと, あるという, あるとき, あるの, あるよう, あるらしいけれど, ある時, あればこそ, いくらか薄らい, いくらか鈍く, いよいよ激しく, うすらぐと, おこって, おこり十数分, おちついて, お松を, こめかみの, こもって, さア, すこしずつ, する, するの, ずきずきと, ずきり, それほどはげしく, たえられそう, だんだん募っ, つのって, つよくなる, とまったそう, とまったと, とまらない, とまらないと, とまらなきゃなに, とまるの, とれたので, とれてからは, とれました, とれるので, どうしてもとまりません, どうして君, どこから, どんなもの, どんな嫁, なおりますか, なかなかひかず, なくな, なんともいえない, ぬけて, はげしいので, ひどいので, ひどくな, ひどくなっ, ひろがり立ち居, ますますはげしい, ますます劇, また非常, やって来たの, やっと鎮まる, やや薄らぐ, やわらいだり, やわらいで, ゆるめられて, よせて, わからなくなりましたよう, リウマチといふ, 一層烈しく, 一層猛烈, 一層間近, 一時に, 一段と加わる, 一瞬指先に, 上の, 二つ続いた, 今の, 今はっきり, 伸子に, 何う, 何でございましょう, 何となく神秘的, 何時のまにか薄らぎ, 併発し, 來た, 來る, 俄かに, 偶然発見を, 偶発する, 僕の, 全身に, 全身へ, 出て, 分って, 割れんばかりに, 加わるので, 勢いを, 千二の, 博士の, 博士を, 厠の, 去ったのち, 去ったよう, 去って, 去りました, 又例, 取れたよう, 命を, 在った, 堪えがたくなる, 堪へられなくな, 増したとき, 増して, 増すとか, 増すの, 夥しく毛穴, 大きに軽く, 如何なる精神科学, 始まったから, 始まりました, 宵に, 寛いだよう, 少しは, 少し薄らいだ, 少し鎮まる, 少なくなった, 少年を, 広い海上, 弱く見舞, 強いだけ, 強いよう, 強くて, 強くなっ, 強くなり, 強く爾, 強そう, 形に, 彼の, 彼を, 彼女の, 心に, 心を, 心配で, 思い出されて, 急に, 恋しくて, 恋しくなった, 感じられた, 感じられねば, 感ぜられ同時に, 手術前の, 掻き消すよう, 数日前に, 早く取れる, 昨夜より, 月経と, 来たの, 来る, 来ると, 来るよう, 極點, 楽に, 樂に, 次第に募っ, 次第に消え, 止まず血, 止まった, 止まって, 止まってよ, 止まなかった, 止まる, 止むから, 歯の, 残つてゐた, 殘つてる, 治つた, 消えたため, 消えたの, 消えました, 消え去つて, 涌きあ, 深くきざまれ, 滲み出します, 潮の, 激しいので, 激しくて, 激しくならない, 激しくなる, 灼熱感に, 烈しいなら, 烈しくなった, 無くても, 父が, 猛烈に, 現在君の, 留る呪法, 癒えるはず, 癒った, 知覚され, 私を, 突き刺す, 続くその, 肝臟, 胸を, 脊髄に, 脳天に, 脳天まで, 膝から, 薄らいで, 薄らぐだけでも, 襲って, 襲つ, 襲つて来る, 走つたが, 起こって, 起こり半月, 起こり彼, 起った, 起りまして, 足の, 身に, 軽かった, 退いたから, 退くと, 針か, 閃いた, 除かれたよう, 除れ, 露八の, 非道い, 響いた, 頭の, 頻繁に, 顳

▼ 痛み~ (211, 12.1%)

5 しませんか 3 せぬか, せぬかと, なかった, 少しも 2 けろりとなおっ, けろりとなおりました, しないか, しないの, すぐとめ, その時, ないの, 流血は, 消えて

1 [176件] あたらしくなまなましくよみがえった, あったが, あの呉一郎, あまりいい, あまり感じなかった, ありますが, ありません, ありませんが, いいやう, いかがです, いくらか, いくらか減じた, いくらか軽く, いまも, いよ, いよいよ烈しく, いろいろな, この日, この病氣, しない, しないお, しないかと, しないが, しないだろう, しなかったが, しますまいか, しませんかと, しませんが, じきとれ, すぐに, すっかりよくなりまし, すっかり薄らい, すっと逃れる, すなわち傷, するけれども, ずん, そこから, それから, それでも前, た, たいていなくなった, だいぶ除, だんだんに, だんだん早い, ちつとも, つのって, とまったろう, とまって, とまるぞ, とまる白髪, ともかくひどく, とれたの, とれて, とれましたよ, とれる, どうやら鎮まつた, どこを, どっちに, ない, ないが, ないですが, なおったが, なかなか去らない, なくなるもん, なさいませんか, なんだかいい, はげしかった, ひどかった, ひどくな, べつとして, またその, またづき, また現われ, まだやまず, まだ感じられない, もうすつかり無くな, もうなかつた, もう薄らい, やがて起き上がっ, よほどやわらい, ケロリと, 一層劇, 一層激し, 一応おさまった, 一歩ごとに, 一瞬の, 一通りで, 三十秒程で, 三年でも, 不思議な, 二三日で, 今朝から, 今朝宿を, 他の, 余ほど, 先より, 全然なくなった, 別に, 削り取つたやう, 前日と, 募る一方, 千年杉の, 単に小柳雅子, 即ち自分, 去らなかった, 去りましたが, 反動し, 取れた, 古く思出, 場所を, 増して, 士官次室を, 大して彼, 大分鎮まり, 存在する, 容易に, 寝ると, 少しいい, 少しづつ歯痛, 少づつ, 左こそと, 彼女の, 愈甚だしく, 感じなかった, 感じなかったが, 感じまいどう, 我慢できます, 戦慄すべき, 指先から, 新しく生きよう, 新らしい, 日一日と, 旦那も, 昨夜パーヴェル・パーヴロヴィチが, 暑さ, 更に深し, 止まらなかったので, 殆どとまり, 気に, 治らなかつた, 消えずしまいに, 激しくなる, 火傷を, 灼くやう, 災害を, 無くな, 燃えるよう, 猛烈だ, 珪次から, 生れて, 癒って, 癒りまし, 益, 益劇しくなった, 直ぐに, 瞬間に, 私に, 翌日幸いに, 老眼と, 腹部全体に, 臓腑に, 苦に, 薄らいだが, 負傷後五六時間を, 起りませんでした, 跡方も, 身体中に, 退かなかった, 途中から, 鋭かつ, 鎮まりました, 除れた, 非常で, 非常な, 頭の, 骨を

▼ 痛み~ (131, 7.5%)

10 忘れて 2 ないのに, 全く去った, 忘れようもの, 感じず殴られたこと, 打忘れ, 段々薄らい, 痛いながらに, 薄らいで

1 [105件] あって, あるという, あろうが, おぼえないばかり, これさえ, したこと, して, しないかの, しないの, しないのよ, しなかつたので, するので, するわいな, すッ, ずいぶんたえ切れない, それほど烈しく, つかれも, とれた, とれたし, とれて, とれ手術, どうやら取れ, ないが, ないやう, なかった, なくとつぜん, なくらくらく, なくゴロン, なく天地, なく念仏, ひどかつ, ほとんど感じなかった, また本能, もうあるまい, もう大きい, やがて癒ろう, やみすやすや, よほど快く, ケロリと, 一ぺんに, 一日増しに, 亦大, 今ほど, 何にも, 何も, 分って, 刻まれて, 去った様, 去つたらしく, 去るまじじっと, 去るまじ泰然, 反撥も, 取れて, 取れるであろうから, 受けないという, 受けないといふ, 口惜しさ, 同じこと, 吹ッとび, 喉の, 増して, 夢中な, 失せしかど, 少くなった, 少しは, 少し癒, 少し薄らいだ, 己の, 彼女に, 御蔭で, 心に, 忘るべし, 忘れ, 忘れた頃, 忘れられ不思議, 忘れるほど, 忘れ叶, 忘れ壊れた窓, 忘れ私, 感じないのにねえ, 感じなかったが, 感じ首垂れる, 感ぜずに, 打ち忘れスルスル, 止ったよう, 殆ど去り, 気に, 消えて, 烈しかった, 烈しく募った, 熱を, 甚しかった, 痒み, 癒えたので, 神経痛も, 納まつた, 薄らいだ, 覚えないくら, 覚えぬのに, 身体の, 近侍たちの, 違うらしいん, 鎮まったの, 除れない, 頭に

▼ 痛み~ (120, 6.9%)

5 顔を 3 堪えかねて, 堪へかねて 2 たえかねて, 気を, 負けて, 驚いたが

1 [101件] あらじ, いたむ腕, うなった, えも, おかれて, おののきながら, けり, しみじみと, そのま, そのまま床, たまりかねて, なったとは, ならないよう, ならないん, なりは, なりまして, なりますか, なりますので, なり隠して, なる, なるの, なるん, ほとんど生きた, もがき廻って, よりて, わずかの, バアテンダアの, 一寸手, 中心を, 仕方なく, 似たもの, 似て, 依って, 依つて, 包まれて, 喘ぎながら, 坐りこんだわたくし, 堪えかねた妻, 堪えかね脈搏, 堪えがたい, 堪えざらしめ, 堪えず来たと, 堪えず穴, 堪えられないよう, 堪えられなかった, 堪えられぬらしく白い, 堪えられませんでした, 堪え得ぬ徴, 堪え難, 堪ざらしめ, 堪へないで, 堪へなかつた, 堪へ兼, 外ならなかった, 富んだ冷めたさの, 対抗しよう, 引釣って, 引釣つて脂切つた, 弱, 思わずそこ, 悩まされて, 悩まされ身体, 悩んで, 悶えて, 数倍し, 早く治療, 止まらなかった, 歪んで, 比べたなら比較, 気がついた, 泣いて, 泣きけむ, 燃えて, 眉を, 眠られず, 知ったかぶりの, 窓を, 耐えかねて, 耐えきれずに, 耐へ, 脆くも, 腹の中や, 膨らませて, 苦しみました, 苦しむ孝助, 苦しめられつづけて, 苦しめられるだけ, 苦しんだ, 苦しんで, 襲われたもの, 襲われどうしても, 触るよう, 言葉も, 赤い顔, 身を, 追われる者, 過ぎなかったの, 適した姿勢, 閉口し, 顔は, 食い入るから

▼ 痛み~ (95, 5.5%)

11 ために 5 ように 3 ような 2 なかでは, 個所を, 劇し, 劇しい, 去るの, 為に, 薄らいだ僕

1 [62件] ある間, うちに, かたわらに, ことでしょう, ためお節の, ためだ, ためろくろく, どこかに, ない清らか, ない麻痺, なかから, なかで, なかに, ひまある, ほうが, ほうで, まだどこ, ものに, 上に, 原因な, 去った美代子, 去つた後, 去らないの, 去らない今, 去らない道庵, 去らない鼻, 去るを, 去る暇, 堪へられるうち, 場処の, 場處の, 塲處の, 増大と, 声であった, 多くなっ, 少いように, 尾の, 怖さ, 意だ, 方が, 方も, 方を, 時々起こる, 柔ぎを, 歎き, 残りを, 殘つてゐる, 消えた足, 為めに, 無いといふ, 無くなった死骸, 爲に, 爲めに, 脱落し, 自覚にも, 至る程度, 行衛を, 記事とが, 起こったとき, 軽い日, 鎮まるの, 間が

▼ 痛み~ (45, 2.6%)

2 だるさ

1 [43件] あの少女, いうか, いうより, おなじよう, するは, はつきり意識する, タマラない, 一緒に, 全く一緒, 全身の, 出血する, 出血の, 同じだ, 同時に焚く, 命への, 喜びとが, 場合とを, 寒さ, 心の, 怒りと, 怨みと, 悩みとを, 悪寒に, 慄え, 手さきの, 救い難い, 歓びとを, 歓喜との, 深さ, 熱は, 痛みからのみ, 突かれたという, 苦しみとに, 苦しみとを, 血と, 血を, 身体の, 道義の, 違つた一種の, 重ね合わせて, 食欲不, 驚きとで, 驚きとに

▼ 痛み~ (26, 1.5%)

2 ござります, 唸って

1 [22件] どこも, ひよろ, まさに自分, もう死なれる, ヨロヨロと, 上体を, 口も, 呻きつ, 呻って, 大抵の, 寝られない, 悩んで, 想像出来た, 歩き廻る, 死んだといふ, 皮膚の, 突然目, 自然と, 誰でも, 起き上がるの, 隼人は, 頓死した

▼ 痛み~ (11, 0.6%)

2 泣き伏せれば 1 一歩も, 側近く, 動かず, 堪えがたく, 暮の, 歩きがたし, 痙攣を, 立っても, 聲も

▼ 痛みでも~ (11, 0.6%)

2 感じたかの 1 ありませんでした, あるよう, するかな, すると, するよう, なかろうもの, 怺える, 盲腸炎ので, 起こったよう

▼ 痛みさえ~ (10, 0.6%)

2 加わって 1 どうやら少しずつ, なおして, なくなれば, 壓え, 忘れて, 忘れる位元気, 撃退できたら, 歇んだら

▼ 痛み~ (8, 0.5%)

2 がある 1 あり, で身動き, にひびく, の模様, はいかが, を抑えた

▼ 痛みから~ (7, 0.4%)

1 たえず苦しめられた, のがれること, のがれる事, また父, ボロボロ涙を, 遠ざかる事, 隠れて

▼ 痛み~ (7, 0.4%)

1 さびしく口, 圧迫感から, 汗の, 燃えるやう, 突然の, 苦しみから, 苦しみの

▼ 痛みどころ~ (6, 0.3%)

1 がある, であるから, はかなり, もだんだん, を繕っ, を診察

▼ 痛みなし~ (6, 0.3%)

1 にはあり得ない, には出来ない, に手術, に歯, に死ぬ, に深呼吸

▼ 痛みをも~ (6, 0.3%)

1 じっと怺, 忘れて, 感じて, 感じないと, 苦みをも, 覚えない

▼ 痛み~ (5, 0.3%)

1 から少し, しともかく, し夏じゅう, と感違い, 去年は

▼ 痛みとして~ (5, 0.3%)

1 よみがえらすの, 堪えて, 彼の, 感じること, 感じ不潔さ

▼ 痛みには~ (5, 0.3%)

1 がまんが, 十分同情できた, 堪へられなかつた, 弱い私, 頓着せず

▼ 痛みにも~ (5, 0.3%)

1 堪え得ません, 毒薬の, 毒藥の, 気がついた, 注意深く考へる

▼ 痛み吟味~ (5, 0.3%)

2 をかけ 1 にかけ, に掛けねえ, もできねえ

▼ 痛み止め~ (5, 0.3%)

3 の注射 1 ですよ, の呪禁

▼ 痛みでは~ (4, 0.2%)

1 ない, ない父, なかったでしょう, なくて

▼ 痛みとを~ (4, 0.2%)

1 感じその, 感じた, 押填むるは, 訴える声

▼ 痛み~ (4, 0.2%)

1 のか, のだ, のである, ンだ

▼ 痛みなど~ (4, 0.2%)

2 仕らば 1 問題でない, 絶えて

▼ 痛みよりも~ (4, 0.2%)

1 より鋭く, 今吐き出し, 先に, 名状の

▼ 痛み~ (4, 0.2%)

2 振る波 1 しかったが, しく候

▼ 痛み~ (4, 0.2%)

1 が呟む, には涙, に涙, や鼻

▼ 痛みある~ (3, 0.2%)

1 声で, 寒さ, 胸に

▼ 痛みです~ (3, 0.2%)

3

▼ 痛みと共に~ (3, 0.2%)

1 急に, 手が, 湧いて

▼ 痛みどこ~ (3, 0.2%)

2 より来る 1 より来たる

▼ 痛みなどは~ (3, 0.2%)

1 まるでかんじない, 少しも, 忘れたやう

▼ 痛み強く~ (3, 0.2%)

1 わづか, 寐返り, 少しにても

▼ 痛みぐらいは~ (2, 0.1%)

1 仕事の, 何でも

▼ 痛み~ (2, 0.1%)

1 へしなけれ, めざめと

▼ 痛みそう~ (2, 0.1%)

1 だった, なもの

▼ 痛みその~ (2, 0.1%)

2 眼には

▼ 痛みそれ~ (2, 0.1%)

1 と同時に, につれて背中じゅう

▼ 痛みだけが~ (2, 0.1%)

1 いつまでも, 宇宙を

▼ 痛みだけは~ (2, 0.1%)

1 ずっと楽, 私にも

▼ 痛みだけを~ (2, 0.1%)

1 あたま, 留めて

▼ 痛みだった~ (2, 0.1%)

1 のが, 腰から

▼ 痛みつつ~ (2, 0.1%)

1 まともに, 又彼等

▼ 痛みでございます~ (2, 0.1%)

1 か, ゆえ名医が

▼ 痛みとが~ (2, 0.1%)

1 あった, 黒闇から

▼ 痛みとも~ (2, 0.1%)

1 なるまい, 思われなかった

▼ 痛みなどの~ (2, 0.1%)

1 去つた, 極めて少い

▼ 痛みによって~ (2, 0.1%)

1 それと, 二人は

▼ 痛みはど~ (2, 0.1%)

2 ないやとも

▼ 痛みばかり~ (2, 0.1%)

1 でした, でなく気分

▼ 痛みばかりが~ (2, 0.1%)

2 今は

▼ 痛みをさえ~ (2, 0.1%)

1 感じて, 覚えるほどの

▼ 痛み入り~ (2, 0.1%)

1 まする, まするが

▼ 痛み全身~ (2, 0.1%)

1 がズシン, が燃える

▼ 痛み出し~ (2, 0.1%)

1 てやがて, 最早右向

▼ 痛み~ (2, 0.1%)

2 遠い砂山

▼ 痛み咽喉~ (2, 0.1%)

1 が灼けつく, はひりつく

▼ 痛み~ (2, 0.1%)

2 の心

▼ 痛み易い~ (2, 0.1%)

1 ことか, 少年期に

▼ 痛み烈しく~ (2, 0.1%)

1 立つ事, 綿を

▼ 痛み苦み~ (2, 0.1%)

2 に卑しき

▼ 痛み風折れ雪折れ~ (2, 0.1%)

2 あるいは枝

▼1* [141件]

痛みあるいは鉛の, 痛みおのが世にいまだ, 痛み柔かきこの, 痛みかたをする, 痛みかたましひの, 痛みからのみ来る奇怪, 痛みくるしんだ苦い経験, 痛みぐらいなんだろう, 痛みぐらいでコロリと, 痛みさえが時々は, 痛みじゃござりません, 痛みすらも一種の, 痛みそこが痛め, 痛みそこでハッと, 痛みそして耳が, 痛みそのもののみを現実, 痛みそれで咳が, 痛み癒えがたき, 痛みたるにあらず, 痛みだけでなく何, 痛みだけでも何うかしたい, 痛みやない, 痛みついには半, 痛みつつもやはり山, 痛みては傷つくこころ, 痛みであろうかとも思われる, 痛みでがしょうなあ, 痛みでございましょうか, 痛みでございまするか典医, 痛みといふものは, 痛みとかいうものに, 痛みとしか考へなかつた, 痛みとでもう一歩, 痛みとともにしたたかに, 痛みとに苦しめられて, 痛みとのあまり頭を, 痛みとは全く違う, 痛みどころかあの蒼空, 痛みどんなに悶えるか, 痛みながらも眠が, 痛みなき風を, 痛みなぞはすっかり忘れ, 痛みなどというものも, 痛みなら三年だって, 痛みなんか直ぐに, 痛みなんどはちっとも, 痛みにかけて誓うよう, 痛みについていろいろと, 痛みに対して感じが, 痛みのみ激しい現実, 痛みはかへつて, 痛みはさほどで, 痛みはとまつたでせう, 痛み彼女の, 痛みまことに心気爽快でない, 痛みもしくは憂いて, 痛みやうで頑丈, 痛みやすくなって, 痛みようが強, 痛みより他には, 痛みよりは心の, 痛みをば覚ゆれ, 痛みを以てしては, 痛みアスピリンきいて, 痛みアダリンのん, 痛みメリケンコを酢, 痛みを留め, 痛み二匹の小, 痛み人間の生活, 痛みはり, 痛みゐ直ぐ, 痛み何とも云へ, 痛み何処より来る, 痛みがない, 痛み傷つき倦み疲れ, 痛み候主人儀は, 痛み入谷の金盥, 痛みで鬱ぎ, 痛み出しましたか, 痛み初めて眼の, 痛み加減が又, 痛み募る日, 痛み化膿するの, 痛み吾が心重し, 痛み固い物は, 痛み多き小世界, 痛み大きな冢を, 痛み失神し発熱, 痛み少き時は, 痛み少く膿を, 痛み平和なこと, 痛み強ければ一人東京, 痛み熱く, 痛みゆべきに, 痛み悩む思いとは, 痛み惜まれたので, 痛み愍れんだ, 痛み意識がしだいに, 痛み憎悪が血管, 痛み数日は飲食, 痛みなん, 痛み時々悪心嘔吐に, 痛み時には熱が, 痛み本ものの仕事, 痛み染色もはげ, 痛み次第にあたりの, 痛み欲望多し此, 痛み歩き自慢の中下駄, 痛み歩行事叶はず願はくは板縁, 痛み死ぬ方が, 痛み殊に曇天や, 痛み気弱くも枕に涙する, 痛み気持が苛立たしく, 痛み水洟をすすりあげ, 痛みがぼろぼろ, 痛み激情それら心情的な事実, 痛みゆる個所, 痛み爺さんのやう, 痛み特に脇腹の, 痛みみも, 痛みは見, 痛み蒼な, 痛み眩暈がする, 痛みの身, 痛み二の, 痛みが突張つて足, 痛みが硬く, 痛みの凝り, 痛みに踊れり, 痛み胸裂るやう, 痛み脇の下を汗, 痛みは棒, 痛み自身の放肆, 痛み衰老身體の毀損, 痛み責めの音, 痛みにしおぼえ, 痛み身体が草臥れる, 痛み軽い頭痛が, 痛み長くは寝, 痛みの半分, 痛み骨髄に徹し