青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「終る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~終 終~ ~終っ 終っ~ ~終った 終った~ 終に~ ~終り 終り~ ~終る
終る~
終日~ ~組 組~ ~組ん 組ん~ 組合~ ~組織 組織~ ~経 経~

「終る~」 3175, 34ppm, 3412位

▼ 終る~ (1452, 45.7%)

28 彼は 17 今度は, 私は 12 法水は 11 すぐに 10 急に 9 彼女は 8 アラスカへ 6 二人は, 我々は 5 こんどは, すぐ, それを, 一同は, 静かに 4 あとは, 伸子は, 喬介は, 夫人は, 言った

3 [16件] スコットの, セエラは, ホテルの, 一緒に, 何か, 例の, 信長は, 大急ぎで, 山水楼へ, 徳山と, 皆は, 秀吉は, 私の, 警部は, 顔を, 黙って

2 [73件] おぬいさん, お茶を, しばらく目, すぐまた, すぐ様子, その上, その雪, とても有頂天, どういふ, ふいと, また, もとの, ナイフを, バスは, プランタンの, ホッと, 一処に, 一同に, 一同の, 三人の, 今まで, 今日は, 今迄, 伸子の, 何の, 僕は, 入浴し, 公会堂の, 公会堂へ, 又し, 又八は, 口を, 同時に三人, 同時に彼, 同時に思はず, 同時に裏口, 外出する, 夫人が, 子供たちは, 孔明は, 封筒に, 小首を, 店先き, 度胸を, 彼の, 彼らは, 彼女たちは, 彼等は, 待って, 徳山を, 忽ち雄, 思って, 急いで, 懐中時計を, 次には, 正成は, 正造は, 犬を, 男も, 精根が, 美しい花環, 老人は, 聽く, 腕を, 菊田と, 裁判長は, 言って, 調子外れの, 豹一は, 鉢盂を, 隣りの, 頼朝は, 黒衣長身の

1 [1089件 抜粋] ああ困った, あっちからも, あとを, あんまは, いうに, いかにもそうだ, いきなり, いきなり破れる, いくらか血の気, いったり, いつた風, いつの間にか影, いへば, うなずいて, おもむろに一碗, お民, お膳, かっと黒血, かるく頭, きっかけに, きっと斉彬, くるりと, こういいました, こう叱った, ここで, この作品, この紙, これは, これを, さっさとわが, さて事務所, したならああ, しばらくじっと私, しばらくの, すぐお, すぐわかった, すぐエノケン, すぐ上洛, すぐ云い出した, すぐ今度, すぐ内幸町, すぐ十時五十五分, すぐ外, すぐ宴, すぐ座, すぐ引返し, すぐ明治座, すぐ東, すぐ泳ぎ, すぐ玄蕃允, すぐ眼科医, すぐ社長, すぐ紺野守夫, すぐ自身, すぐ飛び去つ, すぐ駕, すでに音楽, する者, せば, そのお, そのままひとり教室, そのまま百姓, そのまま食卓, その傍, その半兵衛重治, その役後, その柔かい, その箸, その終り方, その者たち, それが, それとなく山原, それに, それまで, そんな会話, ただちに馬首, ちょうど鉄瓶, つづいて, つる市といふ, とどろくよう, どうだ, どこからか, につこり笑, にわかに鎮子, はじめて速達便, ひとつひとつ丁寧に, ひとりで, ひょいと顔, ふたたび立上, ぶるっと, ほんのり紅潮, またいつも, またその, また三人, また問答, また平凡, また数杯, また次郎, また炉, また話, また陰鬱, まっすぐに, まもなく東, みえぬの, みんなは, もう一度みんな, もう一度廊下, もう七時, もう他事, もう寒気, もう私, やがてかう, やがてまた, やがて彼, やがて気, やがて老眼鏡, やにわに彼, やれ, よく愉快, よろめいた, アクリーナは, エミ子は, オーゴンレコードの, ガスビル趣味の, ガタンガタンガチャガチャ, クサる, クルリと, ゲラゲラパチパチと, コタンの, ゴットフリートの, サックに, ジャッコと, スコットから, ソワソワした, タップダンスの, テーブルの, トラックが, ドアを, ニューグランド行く, バルコニーの, ヒメの, ヒユウツと, ビクターへ, ピストルを, ホテ・グリへ, ホームズは, ミサ子は, メァリイは, ラ氏は, 一つお, 一人が, 一人は, 一号船渠に, 一同声を, 一同起ちあがり, 一寸立ち止まっ, 一度外へ, 一座は, 一所に, 一服煙管に, 一等と, 七郎は, 三四回, 三田は, 三直で, 上森健一郎, 下著を, 世の中を, 中に, 中等科第, 主催者が, 久慈に, 乳母の, 二つの, 二十五六のが, 二等中庸小学で, 二間ほど, 云う夕方, 云って, 云われながらも, 五右衛門は, 五時半日劇地下の, 井上へ, 仁右衛門は, 今月の, 仕樣事, 仙二郎は, 伊太夫は, 休み阿部知二, 低い声, 佐伯孝夫と, 何かを, 何人かの, 何思った, 余り多く, 俄かに, 俊基は, 信輝は, 傍の, 僕等は, 先方から, 先生病院の, 入浴富多葉の, 兩手の, 六部は, 共に手取り早く, 其処を, 兼好法師は, 円鑿で, 再び二階, 再び叔父, 再び立, 冷えた身体, 処方箋を, 刀から, 刑僧が, 初めて刮, 前から, 剣を, 勝入は, 北の, 十時間近で, 半七老人, 南安城への, 又ぞ, 又右衛門は, 又新, 又明日, 又鳴瀬, 友田と, 友田純一郎と, 叮嚀に, 右の, 合わせて, 同時にすぐ書きあげた, 同時にぷいとその, 同時にストロウ, 同時に二人, 同時に入口, 同時に大麦, 同時に山間, 同時に揉み終った, 同時に燈火, 同時死んだ, 吸入大分い, 咽喉が, 啓吉は, 嘉吉は, 四十台の, 四時開演の, 土地の, 坂野は, 執達吏と, 場内には, 声すっかり, 夕飯が, 外套置場と, 多田君は, 夜具を, 大佐の, 大分伯父も, 大江山警部の, 大蛇は, 太子を, 夫婦ともに, 奉行は, 奥村を, 女中は, 女史は, 委細かまわず, 娘の, 嫁様は, 子供の, 孰れ, 安心し, 宵の口から, 家族及び, 宿の, 寄食し, 寝る前, 小さい方, 小僧が, 小太郎が, 小學校, 小缶, 少々テレ気味, 少しでも, 少し黙っ, 少年は, 屋井から, 山一, 山縣七郎来り, 岩瀬氏は, 崖が, 川口松太郎, 左手に, 市川来り, 席は, 帰ると, 平伏した, 平静な, 幾つもの, 広河内, 庄田喜左衛門は, 廂から, 引きつづき次, 弟は, 弾薬庫に, 役者たち拍手を, 彼女が, 彼等が, 徐に余, 徳山が, 心配そうな, 必ず今, 志村鈴江は, 忽然崩じた, 忽然息を, 思うと, 思ったのに, 急ぎ足で, 悄然として, 感嘆し, 感激した, 成子は, 戻りの, 扇風器の, 手を, 手術室の, 打ちふるえる指, 探偵物語に対する, 支度も, 支那グリル一番から, 放送局の, 文化が, 斎藤内蔵助利三は, 新生寺さんは, 旅僧は, 日比谷公会堂へ, 早いとこ姿, 早速舞台裏, 明日は, 明治製菓の, 昏絶し, 是で, 時子が, 曹操は, 朝日ビルの, 木連格子を, 本当にのうのうし, 机の, 杉江は, 東京劇場へ, 東宝グリルで, 東宝本社へ, 松屋へ, 板から, 柱時計を, 柳と, 案の, 森氏と, 検事は, 楽屋で, 樋口が, 櫻木大佐は, 次に憲法, 次の, 次へ, 正式に, 正行は, 殆ど毎晩, 母に, 母親は, 気長に, 河田は, 法水の, 泡の, 洗濯を, 淋しそう, 深いため息, 温室の, 満場割るる, 演出課の, 瀬戸内海を, 無性に眠く, 父の, 牛込蜂竜へ, 特に親しみ, 獄舎内と, 王冠を, 甚太夫は, 田中三郎久々で, 田園調布まで, 申す迄も, 男二人は, 留吉は, 白い月, 皆じっと, 皆で, 皆自分自分の, 目にも, 直ぐこの, 直ぐに二月号, 直ぐに海, 直ぐ其足, 直ぐ新村孝兵衛家, 直ぐ自分, 直に東京, 相島は, 相良十吉は, 眼蓋を, 矢庭に, 砧村へ, 神奈川の, 禅の, 私たちの, 移動し, 空二はぞ, 突然意外, 竈に, 立ち上る, 立樹の, 竹刀で, 第二, 素戔嗚は, 結局, 美しい音楽, 義元は, 翌二十五日, 老主人, 老翁は, 聴衆は, 肱を, 脂ぎって, 腰を, 腹は, 膳を, 自分は, 至極無造作, 舞踊が, 芥川は, 茶一ぷく, 菊池技師は, 蒲原氏は, 蒲団包みや, 薬を, 藤山, 裁判官が, 見物の, 視線が, 観客は, 言ふ, 討ち取った首, 語りはじめたが, 誰も, 講談倶楽部へ, 議長が, 豹吉は, 赤坂の, 越後獅子は, 足早に, 踵を, 身内がぞ, 車で, 送られて, 運動場の, 道具を, 那須の, 部類が, 配当は, 酒を, 酒肴が, 重吉は, 野外に, 金を, 銀座へ, 銀座映画劇場へ, 鏡台の, 間もなくこれ, 間もなくもともと病弱, 間もなく大師, 阪急電車で, 陳宮の, 雄を, 雨だ, 露路で, 面倒くさそう, 順天堂へ, 頭上の, 額に, 顔の, 風の, 首領は, 驚き呆れる, 骨壺を, 魏の, 鳴瀬へ, 麓の, 黙然と考えこん, 龍然

▼ 終る~ (317, 10.0%)

49 を待っ 35 である 22 では 10 を待つ 8 を待ちかね 7 だ, だが, であります 5 を待たず 4 であるが, です, も待たず, を待ち, を待った 3 かと思う, が常, だから, であって, でござんしよと, でした, ですから, ですが, 外は

2 [13件] か, が多い, が当然, が惜しい, が関の山, だらう, であろうと, でしょう, なら是非, はその, ほかは, を待たない, を待ち兼ねた

1 [94件] かと, かともかく, かと心配, かと思ふ, かな, かも, かも知れない, かも知れぬ, かも知れません, か予想, か形, がきまり, がもどかしく, が三月十七日, が不動, が大抵, が女, が家康, が宿命, が待遠しく, が我々凡人, が早い, が正, が當然, が自然, が落ち, だからね, だけれども, だつた, だつたら別に, だろうか, だろうから, だ人間, であった, であったらあんなに, でありますが, であり次いで, であろうか, でございますが, でございまするが, と一緒, と共にはや, と同時に, なら天聲, ね, はうるさい, はつまらんで, はよく, はわれ一人, は上乗, は何時, は容易, は明かだった, は明朝七時, は本望, は見えすい, もあれ, もそう, も困った, も当然, も待たない, も無念至極, も珍しく遅い, も終り, も興, も間近かっ, やむをえざる状態, をお待ち, をしずか, をまちきれず, をまっ, をまった, を一種, を今, を俟, を待たなかった, を待ちかねた, を待ちかまえ, を待ちました, を待ち兼ね, を待ち構え, を待ち遠し, を温和, を繰返し, を見, を見せる, を見済まし, 例は, 後褒美に, 日に, 日高陵の, 潔きに, 生涯が, 用意に

▼ 終るまで~ (140, 4.4%)

2 一枚も, 君の, 吾はしも, 待って, 身動きも

1 [130件] あらためられなかった, いちばん迷惑を, いつまでも, いなかった滝沢, いや小説, うつろな, おとなしくそこ, お手許, お許しを, お酒, がんばろうと, ここに, このよう, この事実, これを, じっと見つめ, すゝけた青銅の, そこで待つ, そこに, その儘壻, その地位, その夢, つき合わないかと, つながりしかも, つらなって, どこへなと, ながめて, なぐさみぬ来ん世, ほとんど懺悔, まじろぎも, まる四日間門外不出カンヅメ, ものを, ゆるゆると, よそばかり, ジッと, ピストルに, 一度も, 一手動かす, 一時であろう, 一時間か, 一本も, 一歩も, 一言も, 一語も, 下へ, 二時間ちかく, 人民を, 今日の, 信じて, 僕は, 円満の, 再び, 処女の, 動かざりき, 勝負の, 即ち最終戦争, 口を, 呑気に, 喋らなかつたの, 壁に, 変らなかった, 変らなかつた, 外へ, 多くの, 太陽を, 姿を, 家の, 寝泊りも, 小屋に, 居殘, 居眠りの, 師匠は, 平癒しなかった, 役立てること, 待つて, 待合室で, 忘れまじきもの, 怠らずに, 恐らく五分, 息も, 悠くりした, 惜ま, 我慢が, 我慢ついでに, 戸外に, 放送する, 暗い沖, 木村が, 林町に, 案外の, 椅子から, 橘飩を, 次を, 殆ど新, 殆ん, 母に, 母の, 毎日誰か取りに, 毎月今まで, 水を, 決して終らないでしょう, 沖合に, 涙を, 災難の, 烈公は, 無言で, 父と, 父は, 獄へ, 獄を, 生徒たちは, 疾病の, 発見せられなかった, 私を, 約二十年間継続, 続く, 聞きほれて, 腕組みを, 自己の, 良否の, 落第をも, 謡いつづけて, 通った, 遂に其蔭, 避けがたく, 鏡を, 開悟する, 集團を, 雷さまの, 鳴りやまなかった

▼ 終ること~ (123, 3.9%)

5 にする, のない 4 ができない, が多い, になっ, になる 3 はない 2 とする, となる, にいたします, にしよう, は不可能, もあります, もある, を最も切に

1 [78件] あた, ありと, あるもの, か, があ, がこれから, ができた, ができなかった, ができまい, ができれ, がどれ, がない, がまま, が予言, が出, が出来, が出来ましょう, が出来ません, が出来る, が出来れ, が多かっ, が有りうる, が珍, が珍しく, が認識, さえあるなり, だろうと, であろう, であろうと, でしょう, でその, では, でも, で作品, とし, と致します, なくまた, なく争っ, ならむと, ならん, にし, にした, になりました, にも何, に気が付かなけれ, に致しましょう, に致します, のできない, の出, の安らかさだつた, はあ, はわかり切っ, は之, は何とも, は出来ないであろう, は出来る, は古今, は既に, は明かである, は案外, は結局, もい, もない, も出来なかった, も大した, をしない, を僕ら, を冷笑, を好まない, を希望, を悲しむ, を望ん, を知っ, を示す, を私, を訴, 既に昨夜, 有らざるべし

▼ 終る~ (117, 3.7%)

32 終らないうち 14 終らぬうち 12 終らないかに 9 終らぬかに 6 終らぬに 3 終らないのに 2 それも, わからぬ, 終らないかの

1 [35件] あるいはよき, おわらぬに, そうでなけれ, それとも, それとも真, それの, どうかと, どうして二人, なお都, または価値, または妻, または第, 一応廻った, 予が, 分りませんが, 判然と, 前前日, 否や群がる, 実現する, 巡査が, 我々を, 或ひ, 最後的な, 無言の, 知れないほど, 終らないか, 終らないかという, 終らないに, 終らない咄嗟, 終らない裡, 終らない間, 終らない頃, 終らぬ中, 終らぬ裡, 話して

▼ 終るもの~ (54, 1.7%)

10 では 32 である, ならば

1 [37件] いわゆる入声音, かそれとも, かと想像, が少く, すら珍, だと, だという, であった, であらう, である限り, であろうか, でお, でも, というわけ, とし, とす, とのみ独り, とは思っ, とも思っ, と仮定, と南河内, と完成, と心支度, と考え, と考えた, と考へ, と考へた, なの, なること, のみならず, はたいがい, はなかっ, はモット砂糖, は之, もあろう, も少なく, 多し

▼ 終る~ (53, 1.7%)

17 否や

1 [36件] いな倒れて, お話を, かの少年, その場, それについての, ぱッ, また山, ナダレを, ホテ・グリへ, 万歳の, 伸子は, 再びロシア, 否, 否やすぐ, 否内儀さん, 否彼, 否白衣, 否直に, 否筆, 四国堂の, 堰止めかねし, 外に, 棟方志功が, 検事局熱海弘雄検事は, 殆ん, 氏は, 滑稽極まる, 直ぐ人車, 直ぐ机, 直に衆議院議員, 矢来の, 破かうと, 能事足れり, 諸, 長崎から, 間髪を

▼ 終る~ (52, 1.6%)

3 になっ 2 になる, にはもう

1 [45件] うっすらと, お君, から作品, から弟子, から感じつづけ, から手習, から食事何, きまって, くたばる事, だった, でございましたらうか, でございましたろうか, です, で子, といえ, と云, と彼女, にいろいろ, にはもう悉く, にはもはや, にはやがて, には一町, には十遍位, には家, には彼, には曹操, には流れる, には満足, に佃, に千光山金剛法院, に客, に為し遂げたい, のっそりと, は一座, は何うに, は四谷, は慾天的, は最早, までに今, までリモオジュ, まで心細く, もう四五日, ようやく地平さん, をまつ, 御前平

▼ 終るところ~ (38, 1.2%)

6 からすべて 2 から戦ひ, にあの, を知らず

1 [26件] から僕, から急, だ, だから, だったので, だと, だクサ, でした, でちょっと, で九時半ごろ, で始まる, で私, で私たち, なく時間, にいつも, にも詩, に小説, のいず, のいずれ, の各, の悲しい, の横, は下関, は結局, を仔細, を私

▼ 終る~ (26, 0.8%)

2 きまって, 当って

1 [22件] いたるこの, およびて, しても, せよその間, のぞみまして, 先立って, 当り王立協会, 当り私, 極っ, 決って, 當つて仙臺言葉を, 臨みて, 臨んで, 至った内外, 至った動機, 至らしめ給, 至る, 至るかも, 過ぎぬ, 陸戦を以て, 隨ひ, 非ざれ

▼ 終るまでは~ (26, 0.8%)

1 [26件] この物語, その夢中遊行, ただの, ともかく佐々, どうして断たれる, われわれは, 一時何かの, 傍目も, 動きが, 勝手に, 国事を, 女は, 寸分の, 左手を, 引きあげるわけ, 是非達者で, 東京に, 正に眞摯其物, 毎日同じ, 生産物を, 相手に, 脚を, 誰にも, 諸侯に, 飯も, 駄目な

▼ 終るという~ (24, 0.8%)

2 事は, 日の

1 [20件] ことが, ことは, ころ伸子は, その九百九十年目, のか, のが, のは, のも, もので, わけだ, わけである, わけに, 一般的な, 人は, 有様だ, 次第です, 現象は, 確信が, 等級を, 結末は

▼ 終ると共に~ (23, 0.7%)

2 竭くる

1 [21件] あたりは, いつしか私, そっと誰, その侍, なぜか, ファンたちは, 一種の, 原稿一綴を, 大観さんは, 容疑薄れる, 弁信の, 引返す, 思想界の, 恋愛曲線を, 悪気が, 欧米文化は, 海軍を, 玄徳の, 話題を, 誰かさんの, 退学する

▼ 終るまでの~ (21, 0.7%)

3 間に 2 移り行きが

1 [16件] あいだに, ことだ, マリイの, ワイヤ・ロツプによる, 人夫其他費用一切が, 動作を, 半刻, 四十余年間という, 子供の, 微細な, 時刻を, 自分の, 舞台面に対して, 複雑を, 間にも, 間去る

▼ 終る~ (20, 0.6%)

7 早いか 3 否や 1 ごときもの, 二葉亭の, 否やいつも, 多い, 如き作, 如き者, 此の, 残業, 終るにあたって, 詩人の

▼ 終る~ (20, 0.6%)

2 を欲

1 [18件] が出, が出来ます, が出来得る, が多い, が無い, と思います, にしたい, になっ, になりました, になる, の出来ない, の出来る, もあらう, もある, もない, を希望, を覚悟, 多し

▼ 終るかも~ (19, 0.6%)

3 知れぬ 2 しれない, しれないの, 知れない, 知れません 1 しれないけれど, しれないという, しれなかったから, しれません, 知らずに, 知れないと, 知れぬただ, 知れぬに

▼ 終るよう~ (18, 0.6%)

2 になる

1 [16件] であります, でかえって, なこと, なら本所, な小さな, な気, な結果, な軽快, にする, にと, になり, にねがった, に仕込まれ, に思う, に私, に終る

▼ 終る~ (18, 0.6%)

1 [18件] さへ, 何となく物, 例と, 俟ち, 待たず怒気, 待たで出でん, 待ち, 待ちて, 待ちませんでした, 待ち兼ねて, 待ち直ちに, 待って, 待つ, 待つが, 普通と, 見て, 見済まして, 遺憾と

▼ 終る~ (16, 0.5%)

1 [16件] あるか, が近い, である, にはよく, に自然, に隨, のこと, はその, またその, までに何とか, までやたら, もあの, 出づべき法敵, 初めて解かれるべき, 即ちそれら, 捨てる時

▼ 終るころ~ (15, 0.5%)

2 になっ

1 [13件] お君, くらいには行ける, こういう雨, だった, であった, になる, にはむしろ, にはもう, には彼女, にアタピン女史, はちく, ようやく奏楽席, 向い合った室

▼ 終るから~ (13, 0.4%)

2 である

1 [11件] それで是, であります, です, ゆっくりし, 下腹を, 其時満期を, 待って, 東劇へ, 真理を, 科學者は, 終らないうち

▼ 終るまでに~ (13, 0.4%)

2 稍長い

1 [11件] これを, 一時間ぐらい, 其処らしい, 凡そ一時間かかった, 出来るでしょう, 十分とは, 彼は, 探ね, 文藝復興都市の, 決心しかね, 第一列

▼ 終る~ (12, 0.4%)

3 を知らず 1 で会う, で有ろう, の人間凡通, は東沢, へ取り, を知らない, を知る, を記せず, 徐々にアルプス連山

▼ 終るわけ~ (11, 0.3%)

2 だが, では 1 じゃアねえや, でありませんが, である, でございます, です, ですな, はなかっ

▼ 終る~ (11, 0.3%)

1 [11件] にこう, にそっと, になる, にアダム, に代る代る, に組長, に花, に行動, の一年, の日, は平地

▼ 終るかと~ (10, 0.3%)

1 いうと, 思うと, 思って, 思ふと, 思ふ度, 思われた, 思われたが, 思われて, 思われるくらい, 観念の

▼ 終るとも~ (10, 0.3%)

2 ないグチ話 1 つかない氣もち, なく終ろう, 一度初めの, 定められなかったあるいは, 猫でも, 知れない九柱戯, 見えず馬鹿騒ぎ, 見えぬながいながい

▼ 終るまでには~ (10, 0.3%)

1 かなりの, たっぷり一時間半, とるところ, もう大きな, ハッキリするであろう, 幾日か, 悪臭フンプンたる, 百万人の, 相当の, 随分間

▼ 終る五箇年間~ (10, 0.3%)

1 では平均出生数, には七二七, には六八九, には年平均出生, にナポリ王国, のフランス, の埋葬, の平均死亡数, の表, は六

▼ 終るつもり~ (9, 0.3%)

2 です 1 か, だ, であった, である, でいた, で孝養, で武技

▼ 終るといふ~ (8, 0.3%)

1 のが, のだ, もので, 一人の, 事も, 有樣, 物々しさ, 目論見が

▼ 終るとは~ (8, 0.3%)

1 何という, 思はれなかつたらう, 思わず, 成るほど, 殆ん, 知らないながらも, 貴下も, 限らぬこと

▼ 終るので~ (8, 0.3%)

1 あつた, あらうか, あらうと, そのままに, もの哀しい, フーフーかけつけ, 四日間ぶっ, 回文格だ

▼ 終る~ (8, 0.3%)

2 ですね 1 だ, だから, だという, だらうと, です, ですか

▼ 終る~ (8, 0.3%)

2 なりき 1 が丁度, の為, までも続き, までも續, まで待ちする, を無為

▼ 終るだけの~ (7, 0.2%)

2 ことの, 事で 1 ことだ, もので, 心ほか持ち合わせない

▼ 終る~ (7, 0.2%)

2 を知らず 1 に人間, に真, に開戸, の記事, までつけ

▼ 終る~ (7, 0.2%)

1 こちらに, 我休み, 殆どきい, 甲高いあの, 起こされたが, 辛棒強く, 黙って

▼ 終るごと~ (6, 0.2%)

1 にそれ, にわたし, に一燭, に栗鼠, に潮, に身

▼ 終るとともに~ (6, 0.2%)

1 全く新しい, 天井を, 少しも, 息を, 立上っ, 金沢の

▼ 終るなり~ (6, 0.2%)

1 あッという, 先生は, 感極まった容子, 私を, 警部は, 鎧の

▼ 終る場合~ (6, 0.2%)

1 が多い, が多かっ, が尠, が非常, の多い, の方

▼ 終るしか~ (5, 0.2%)

1 ありますまい, ありませんから, あるまいし, ない, なかった

▼ 終るとき~ (5, 0.2%)

2 に常に 1 がきた, は敵, もあり

▼ 終るやいなや~ (5, 0.2%)

2 両親と 1 すぐ立っ, ただちに, 与次郎は

▼ 終る予定~ (5, 0.2%)

1 であります, である, なのに, なん, らしいが

▼ 終る~ (5, 0.2%)

1 がある, が多い, である, もある, も少なく

▼ 終る十年間~ (5, 0.2%)

1 という如き, には死亡率, に著しく, のフランス, は九十二シリング

▼ 終る時分~ (5, 0.2%)

1 から総, から肺病, とは余程, にはお, まで山の神

▼ 終る~ (5, 0.2%)

1 に先生, に入り乱れたほめ, に劉向, に老人, に軽く

▼ 終る~ (5, 0.2%)

1 ならば, は中学校, は俺一人, もあり, 多し

▼ 終る迄は~ (5, 0.2%)

1 このまま, 天下未, 止められなかつたので, 私は, 逢ふ

▼ 終るばかり~ (4, 0.1%)

1 であろう, でなくかえって, でなく例外, でなく却って

▼ 終るより~ (4, 0.1%)

2 外に 1 ほかしかたが, 外は

▼ 終る二十年間~ (4, 0.1%)

1 には一クヲタア, に増加率, の出生, の平均死亡率

▼ 終る人間~ (4, 0.1%)

1 だ, だね, でないという, ではない

▼ 終る六年間~ (4, 0.1%)

2 の出生 1 に出生, よりも著しく

▼ 終る~ (4, 0.1%)

2 に必ず 1 にはやし, に日本

▼ 終る時間~ (4, 0.1%)

2 にはなり 1 が近づい, まで過し

▼ 終るかという~ (3, 0.1%)

2 ことは 1 ことに対して

▼ 終るがい~ (3, 0.1%)

3 なや

▼ 終るすべ~ (3, 0.1%)

3 なきか

▼ 終るには~ (3, 0.1%)

1 いかにも残り惜しかっ, ナカナカ時間が, 早く夫君

▼ 終るのみ~ (3, 0.1%)

2 である 1 であるという

▼ 終る~ (3, 0.1%)

1 俗界の, 待たでからから, 待たなかった

▼ 終るやう~ (3, 0.1%)

1 なガルソンヌ, に, に附加

▼ 終る四箇年間~ (3, 0.1%)

1 では二, にはわずか, には一二対一〇

▼ 終る少し~ (3, 0.1%)

1 まえ頃, 前に, 前の

▼ 終る最後~ (3, 0.1%)

1 に, のとき, の日

▼ 終る~ (3, 0.1%)

1 でしかない, の人生, を妙

▼ 終る~ (3, 0.1%)

3 の口

▼ 終る~ (3, 0.1%)

1 があり, であって, であること

▼ 終るあいだ~ (2, 0.1%)

1 に光秀, に躑躅見物

▼ 終るあたり~ (2, 0.1%)

1 で老い, にたった

▼ 終る~ (2, 0.1%)

2 それが

▼ 終るかを~ (2, 0.1%)

1 待つて, 示すこと

▼ 終るくらい~ (2, 0.1%)

1 なら一緒, なら死んじまった方

▼ 終るその~ (2, 0.1%)

1 へんで, 呼吸

▼ 終るだけ~ (2, 0.1%)

1 で何ら, なの

▼ 終るとか~ (2, 0.1%)

1 主人公が, 終らないとかいう

▼ 終るとしても~ (2, 0.1%)

1 もう使命, 私が

▼ 終るどころか~ (2, 0.1%)

1 かえってこうした, 人と

▼ 終るに際して~ (2, 0.1%)

2 その結論

▼ 終る~ (2, 0.1%)

1 下なりと, 定だし

▼ 終るはず~ (2, 0.1%)

1 の小説, の私

▼ 終る~ (2, 0.1%)

2 かりし男

▼ 終るほか~ (2, 0.1%)

1 に希, に方法

▼ 終るほど~ (2, 0.1%)

1 ならなんで, 弱い胃袋

▼ 終るまでと~ (2, 0.1%)

1 何故のばす, 終りし以後

▼ 終るまではと~ (2, 0.1%)

1 一切あやまっ, 以来食も

▼ 終る人生~ (2, 0.1%)

1 の悲哀, を侮蔑

▼ 終る何とも~ (2, 0.1%)

1 元気なく, 憂鬱

▼ 終る六箇年~ (2, 0.1%)

1 の出生, を平均

▼ 終る前後~ (2, 0.1%)

1 には実現, の日本

▼ 終る十箇年間~ (2, 0.1%)

1 におけるよりも小, の毎年

▼ 終る危険~ (2, 0.1%)

1 があるだろう, が多い

▼ 終る~ (2, 0.1%)

1 き者, く見え

▼ 終る~ (2, 0.1%)

1 はありませんでした, はない

▼ 終る~ (2, 0.1%)

2 之助

▼ 終る~ (2, 0.1%)

1 れが, れすら

▼ 終る~ (2, 0.1%)

1 が仕合せ, が仕合わせ

▼ 終る様子~ (2, 0.1%)

1 がはなれ, を想像

▼ 終る~ (2, 0.1%)

1 は更に, もなし

▼ 終る~ (2, 0.1%)

1 でそつ, にて汝

▼ 終る覚悟~ (2, 0.1%)

1 であった処, でいた

▼ 終る~ (2, 0.1%)

1 に接する, の次

▼ 終る迄に~ (2, 0.1%)

1 生徒達は, 私は

▼ 終る迄の~ (2, 0.1%)

1 悉くの, 時間を

▼1* [200件]

終るあのところが, 終るお茶を呑ん, 終るかぎり作は極めて, 終るかたむきがつよかっ, 終るかなり大がかりな体系, 終るかにおもわれた彼, 終るかは別問題, 終るからなーア, 終るぎりであった, 終るけれども大阪の, 終るここの光景, 終ること了海が一期, 終ること必定である, 終ること火を見る, 終ること能はざる, 終ること能はずみな階上に臥し, 終るこの世ならぬ諧調, 終るころ七時ごろにでもい, 終るころ東の空, 終るころ白絹と, 終るころ組下の若者, 終るういふ, 終る信なら, 終るすぐ終る, 終るぞや那處より, 終るたちもあるだろう, 終るたびに彼, 終るために最後, 終るつくづく柄に, 終るといったような, 終るとき彼の幽霊, 終るとき私たちはそれ, 終るところ大海の始まる, 終るところ虐政の始まる, 終るとして居ると, 終るとなよたけの, 終るとの間に, 終るとを問はず, 終るなど手本とは, 終るなどという秀抜な, 終るなどもいい晩年, 終るなにか真剣な, 終るなんて自慢を, 終るにあたって思うこと, 終るにつれ今度は, 終るにもキッカケが, 終るのにぼく達は, 終るほうが自由, 終るまことに可憐な, 終るまでが瘋癲人である, 終るまでも大事な, 終るまもなく打伏, 終るもの五歳を一周, 終るもの等一方軽々しく, 終るやうカットする由, 終るやは程なく知られ, 終るよう邪魔を策し, 終るよりはと思って, 終るバロック趣味を成功, 終るメロドラマでなければ, 終るリアリズムに理由, 終る一〇箇年間では出生, 終る一つの息, 終る一二年間の一一一, 終る一五箇年間に出生, 終る一四箇年に適用, 終る一念とも違う, 終る一方関東方面には北条家, 終る一曲の春鶯, 終る一群の人々, 終る七年間を平均, 終る三段の経過, 終る三箇年までは大きく, 終る三箇年間には死亡, 終る三里ほどの連岡, 終る不幸を極度, 終る両端である, 終る九年間の全, 終る事情にも帰すべし, 終る事能はずと云, 終る大英傑, 終る二〇年間に脱漏, 終る二つの危険, 終る二十箇年間ほど我国, 終る五人の署名, 終る五年間に各, 終る五年間スウェーデンを支配, 終る五日前に野村, 終る五箇年を平均, 終る人々が何と, 終る人物としてみ, 終るもまた, 終る今日は立, 終る仕事があっ, 終る仕組だから, 終るなく遂に, 終る伝染病流行の三箇年間, 終る作家が最大, 終る傾向が有り, 終る充分な時間, 終る六八年間に出生, 終る六四年間に出生, 終る六箇年間にはこの, 終るを持たない, 終る勇気はない, 終る原形が, 終るだった, 終る四ヵ月前まで六年間, 終る四十年間の小麦, 終る夕刻までこの, 終るは, 終る大きな夏の, 終る天使等これをうた, 終るのこと, 終るはゐない, 終る子供は半分以下, 終る子鳥もある, 終る定めとなつ, 終る平凡な性質, 終る平穏無事な家, 終る年父につれられ, 終る年齢はよく, 終る幾席かの長話, 終る後光輪沈み降る時, 終る後幾百年にも活ける, 終る徒に鋭く細かく頭, 終る性質のもの, 終る恐れが有る, 終る我が身かという不安, 終る所存です成る可, 終る手筈になっ, 終る批評はしない, 終るから異, 終る早くあげて, 終る時それが歌劇, 終る時六時先刻より熱発, 終る時地上一切の物, 終る時期を斥す語, 終る時犧牲をば橋, 終る時私はよくそう, 終る時自己に死すであろう, 終る時誰もほ, 終る時酒宴の席, 終るもなく, 終るの巷, 終る最早夜も, 終る有様は波瀾, 終るのそば, 終る果敢ないものの, 終るにする, 終るの三期, 終る此所の光景, 終る歴史を編ん, 終る気持は毛頭なかっ, 終る気色はなかっ, 終る決心をもっ, 終る理想家で無いトルストイ, 終る理由はない, 終る環境地方風土としての自然, 終るです, 終るもある, 終るをつけなさい, 終る瞬間それは再び, 終る程よいと思つて, 終る積りであつ, 終るがない, 終る繊細な五本, 終る美しく潔白な, 終る老若の消え入るさけび, 終る荘厳な終曲, 終る菊田吉例の荒れ, 終るがある, 終る見込みはない, 終る訓練に身, 終る試合の済む, 終る語根のあつ, 終る途端まで互, 終る連峰はこの, 終る運命にある, 終る間もなくきっとつや子が, 終るひどく外出, 終る青春期以上の人口, 終る面白くはなかっ, 終る面皰だらけの歌, 終る面相だぜ, 終る頃やうやく地平さん, 終る頃二人は漸く, 終る頃二階じゅうを揺り動かし, 終る頃今とれたと, 終る頃千恵プロの箕浦, 終る頃喪服を着た, 終る頃大学に行った, 終る頃彦太は気がつい, 終る頃徳川夢声がひょっこり, 終る頃日比野博士一家は東京, 終る頃森岩雄氏来り中清, 終る頃樋口正美来訪東宝との間, 終る頃母や子供, 終る頃火の番が廻っ, 終る頃聖路加病院へ徳山