青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「終り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

紹介~ 紺~ ~終 終~ ~終っ 終っ~ ~終った 終った~ 終に~ ~終り
終り~
~終る 終る~ 終日~ ~組 組~ ~組ん 組ん~ 組合~ ~組織 組織~

「終り~」 3114, 34ppm, 3488位

▼ 終り~ (633, 20.3%)

17 なって, 臨んで, 近づいて 11 近づいた頃 10 なると 6 近くなっ, 近づいた 5 近いころ, 近い頃, 近づくと 4 なりました, もう一つ, アラスカへ, 近づいてから

3 [15件] して, なった, なるの, 彼は, 於て, 来て, 次の, 私の, 私は, 至るまで, 近くな, 近づいたとき, 近づく, 近づくにつれて, 達した

2 [34件] ちらっと見えました, なったの, なつた, ならぬどこどこ, なるかも, なるので, なるほど, 信吾と, 受けた莫迦, 地下の, 当って, 彼の, 彼女は, 我々に, 書いて, 朝日ビルの, 楽屋へ, 甘其食, 秋川の, 第三, 臨み私, 自分の, 至って, 茲に, 記されたの, 記されて, 近い, 近いと, 近い或, 近い荒天, 近くに, 近づいたころ, 近づいたの, 鎌倉の

1 [405件] あなたの, ある住所, ある句, ある江戸中, ある言葉, いたしましょう, いたしましょうもう, いたします, いたれば, いつもそうして, いつもついてる, いつも変, いる私, おねがいいたします, かう言うて, かかれて, かくも, かれは, こう付け加えた, こう書いた, この一文, この人, この小論, この本, この歌集, この民藝館, この湾, これは, ごく近かっ, させるつもり, さへも, さりげなく, したかった, した方, します, しよう, しろその, しろアナトール・フランス, その教師, そんな侮辱, だがいくら, ちかい元, ちかい同, ちかづいたころお隣, ちょいと, つけて, なお一つ, なったが, なったこと, なったこの, なったという, なったとき, なったとでも, なったらこんな, なったらよんで, なったら立派, なったゾヨ, なった秀子, なってから, なほ一言したい, ならないおなじ, ならないこと, ならなければ, ならぬよう, なりかけて, なりこの, なりその他, なりましたよ, なります, なりもん, なり踊り手, なるが, なるし, なるだろうと, なるとも, なるに, なるらしい, なれば, なろうと, のぞみて, のぞんで, まるを, みえたる電光, もう, もう一言, もう数行, もっと人間味, やっと余白, ゆく程幼稚, よく云った, よく手, わが方, わたしは, われらの, ウルフの, エングレル氏の, オランダ人が, オーケストラが, ガールスその他にく, ガールス二三人連れ, ビクターから, ホテルへ, ユデタコの, リフレインと, 一つの, 一まず, 一寸かい, 一寸書いた隣り, 一度静岡, 一脚の, 一言いっ, 一言したい, 一言する, 一貫目余増加した, 七・七という, 上の, 上京砂町に, 世の, 両眼, 乾杯と, 云い添えた, 云った, 五つか, 五五〇〇磅であろう, 五六度間違った, 井荻の, 亙りてあら, 京極へ, 今の, 会合が, 伸子は, 佃と, 何か, 何かの, 何んと, 何年何月といふ, 作者は, 來て, 侯爵グイリエルモが, 修辞的な, 兄は, 先に, 入ろうと, 入浴し, 共に恭しく, 其処に, 再び翌, 出発の, 出石神社の, 判こまで, 判定者が, 判然した, 到って, 前に, 十二段家へ, 十五銭の, 印刷され, 卵サンドイッチと, 受けられた供養, 右の, 名物食堂へ, 吹く或, 和歌の, 唯一度拍子とる, 問題として, 喀血を, 嘆願の, 四聲論と, 四角の, 土井晩翠氏が, 地上より, 外へ, 多くこの, 奥村と, 女は, 孤月氏が, 學校の, 宗助と, 宗教に, 宗祖その, 尋ねた, 小佐川観, 小使が, 小川女史の, 屡々私, 山に, 岩崎氏其他の, 川口, 市場に, 帰ること, 年の, 引いて, 強盗, 当人も, 彼が, 御米, 徳山と, 心前の, 心臓強く, 必ずオマー, 必要だ, 忘れ難い, 忠孝と, 念仏を, 急に, 恨みの, 愛嬌ある, 感ぜられる, 我々は, 所謂濡れ場が, 拍手喝采の, 揃って, 提出され, 提出す, 支払わるべき, 数行の, 断わって, 断頭台上の, 斯う, 於ては, 日本が, 日本晴といふ, 春は, 暗い夜, 曰く, 書いたよう, 書いたモスクワ印象記, 書き添, 書き添えた, 月給の, 本書の, 本篇の, 来ましたから, 来る七・七, 東京地方裁判所小林檢事正の, 板の間の, 枯川が, 柳亭左円次といふ, 極東裁判が, 榊原康政が, 此の, 此山脈は, 殺されたね, 母と, 氏の, 気を, 求めましたの, 法水は, 注意し, 海老沢来り, 滝村来る, 烈しく泣き, 燃えながら, 父は, 特に一篇, 狂言作者として, 玄徳の, 王應麟が, 現代短歌の, 生徒に, 田の神を, 病後の, 發見された, 白痴と, 短いの, 短い摘要, 石田守衛を, 研究雑誌の, 福島へ, 私には, 穀物と, 穴の, 突然で, 筆者の, 精神科の, 綺麗に, 繪鞆へ, 置くべし, 置けり, 署名の, 美人弱者の, 耶蘇教と, 脱兎たる, 臨みて, 至っては, 至って一ぱい, 至つては, 至るまでの, 致したいと, 興味ある, 良助は, 菊池氏に, 蔀を, 藤山と, 行つて妙な, 行はれる, 衰弱で, 規定され, 訳出の, 諸氏の, 豁然として, 転任させたい, 載せた世界語既刊書目, 辞職の, 農村の, 辿りついた渡り鳥, 近いある, 近いか, 近いこと, 近いところ, 近いほど, 近いらしい, 近いらしく, 近いレコード, 近い一日, 近い不動瀑, 近い号, 近い四十四年, 近い天宝十四年, 近い日, 近い時代, 近い晩, 近い月, 近い虫, 近い頃一ばん, 近かった, 近き篤学者, 近くその, 近くなり, 近くなる, 近くヒロインの, 近く下り, 近く云われ, 近く伊右衛門が, 近く作家の, 近く傾いた, 近く千九百十七年の, 近く宗助が, 近く座が手持不, 近く暫く, 近く正に, 近く第, 近く諸国に, 近く逃げ去っ, 近く通っ, 近く野は, 近く雲の, 近く驟雨が, 近づいたある, 近づいたこと, 近づいたメーデイ, 近づいた前, 近づいた十二月はじめ, 近づいた合図, 近づいた時, 近づいた純潔, 近づいた老人, 近づいてるという, 近づかないうち, 近づき, 近づきかけた或, 近づきそれ, 近づきつつ, 近づき今日, 近づき先生, 近づき南無阿弥陀仏, 近づくこと, 近づくころ, 近づくに, 近づくに従って, 近づくの, 近づくまで, 近づく時分, 近づく頃, 近づけは, 近づけば, 近づこうと, 近づこうとして, 近付いたこと, 近藤勇は, 返辞を, 述べねば, 述べる, 述べる僕, 過ぎぬ, 達して, 適わしいとも, 部屋へ, 重吉の, 長い手紙, 開いたまま, 間に合いたいと, 附載せられた, 附録として, 降る頃, 隣に, 静子さんをも, 響いて, 顯はに, 餅を, 首相と, 驚くべき物質的, 鳴る鐘, 鹿児島辺で, 黒山を

▼ 終り~ (374, 12.0%)

27 方に 9 方を 8 方の 6 方は, 頃に 5 方で, 日に 4 部分 3 ような, 一句に, 句の, 日が, 言葉を, 頃の

2 [27件] ことだ, ところで, ない堂々めぐり, ように, 世, 分となりましたね, 小さな字, 悲しきを, 数行を, 方, 方から, 方が, 方には, 日まで, 日曜の, 最後の, 本沢温泉を, 章に, 蜜を, 言葉は, 辺で, 部分が, 部分で, 部分は, 部分を, 陽の, 頃には

1 [232件] あるもの, ある夜, ある宵, うたの, お力が, こされた複雑, ことで, ことであった, ことである, ことです, ことばは, ことを, この大雨, ころは, さまを, さま謌に, すがれた山鳩, そのころ, その束の間, ために, ときは, とこで, ところでは, ところに, ところは, ところまで, ところ覚え, ないという, にS子さん, はうから, はうは, はずだ, はなはだ興味深い, ひどく寒い, ほうが, ほうに, ままで, もう夕方, よかった, キの, サンバイ上げより, バラが, ベルが, ペエジに, メロンも, ヴァラを, ヴァラエティーは, 一つの, 一句, 一句を, 一喝は, 一度だけは, 一時間が, 一枚が, 一枚の, 一章でありました, 一章の, 一節だった, 一節大地主神が, 一行が, 一行たっぷりが, 一言によって, 一言は, 一語は, 三四ヶ月の, 世である, 二三行を, 二年の, 二度だけ, 二度芥川さんが, 二日間打つづけ, 休日を, 僅かな, 僕の, 光線を, 八月の, 冬毎に, 処を, 処少し, 出羽の, 分派という, 列には, 列車である, 列車なる, 判断は, 別れを, 印象的に, 原稿を, 口は, 句が, 句ね, 句並に, 句点を, 向日葵の, 唯一の, 囃しの, 場面では, 場面の, 夕を, 夕刻の, 夕方から, 夕暮に, 夜には, 太陽との, 奴で, 如くなるの, 宛名に, 寢所, 少しを, 展覧会場へ, 幕を, 幕切れの, 幕山の, 年の, 幾ページかは, 度に, 式は, 式を, 弱い部分, 御様子, 思はれければ, 悲惨で, 所だ, 所で, 所に, 所の, 手紙, 手紙です, 揚句も, 数カ月の, 数冊だけは, 数言を, 数頁のこっ, 文字も, 文字を, 方だけ, 方とでは, 方へ, 方も, 方沢子と, 既に定, 日から, 日こそ, 日で, 日である, 日には, 日にも, 日の, 日も, 日もしくは, 日を, 日本に, 日本の, 日様子も, 明るく暑い日曜日, 時が, 時分に, 時刻が, 時刻も, 曇った日, 月という, 有り無し, 朝の, 杯を, 桃山時代と, 横画は, 櫻の, 歌で, 歓喜の, 正月七日だった, 河原の, 海が, 湿気の, 激しさ, 無いこと, 田の神迎えは, 疲れと, 白い大の字, 白い處, 直接史料に, 知れぬ下手, 短い日数, 礼を, 礼拝堂の, 神送りの, 祭を, 秘密荘厳心まで, 空が, 章には, 第六巻, 箸を, 紙だった, 脈絡が, 自然の, 舞楽が, 花に, 花火なんか, 花王として, 荒っぽい天候, 葉は, 薄い写経五, 處に, 處へ, 裏に, 角の, 解放された, 言を, 言葉で, 詞を, 語は, 輪は, 輪飛ぶ, 近づいた今日, 近づく不安さ, 部に, 部分に, 部分については, 部分には, 鐘が, 長く引いた, 雨が, 雨の, 革命家たちであり, 音楽も, 頃から, 頃こんな, 頃で, 頃では, 頃山, 頃立上らう, 頬擦りを, 餘白を

▼ 終り~ (302, 9.7%)

27 告げた 19 告げて 10 告げたの 9 つげて 8 つげた 6 告げました, 告げると 4 つげたの, 告げること, 告げるの 3 告げた頃, 告げる時, 善くする

2 [18件] つげたので, つげる, 全うする, 全うせし, 全くする, 告ぐるに, 告げたという, 告げたわけ, 告げようと, 告げる, 告げるかも, 告げるであろう, 告げるもの, 完う, 待つて, 急がす水蒸気, 見ると, 飾った

1 [160件] あけて, いさぎよく遊ばす, いつでも, かざらぬまでも, かんじるよう, きたしたわけ, ここに, この日, しようとは, そう結んだ, ちゃんと見とどける, つけるため, つげたと, つげたよう, つげた今, つげた瞬間, つげないうち, つげました, つげるの, つげムンク, とげた, とげた者, とげます, まっとうしえたであろうか, まつたくするといふ, めくって, よくした, よくしなかつた, よんで, 予知する, 予覚し, 低く溜息, 作ったわけ, 克くし得たであろう, 全うしない, 全うしなかった, 全うせざる, 全くし, 冗談の, 前に, 卑下し, 取らぬよう, 取るかも, 取ろうとは, 叫んで, 告ぐべき時, 告ぐべき時節, 告ぐると, 告ぐるという, 告ぐ立憲政体, 告げかけて, 告げかつ, 告げずして, 告げたから, 告げたが, 告げたこと, 告げたころ, 告げたと, 告げたところ, 告げたにも, 告げたので, 告げたもの, 告げたり, 告げた年, 告げた時代, 告げた若い, 告げてから, 告げなかった, 告げましたが, 告げます, 告げやがて, 告げようやく, 告げるかの, 告げるころ, 告げるでしょうが, 告げるところ, 告げるので, 告げる事, 告げる女, 告げる日, 告げる訳, 告げる迄の, 告げ二十五年, 告げ国力発展, 告げ大正十四年, 告げ広き, 告げ次, 告げ無知, 告げ農業, 喜ぶ安心, 外国流に, 安らかに, 完うし, 完うしない, 完ふさせ, 年の, 待たう, 待つより, 待てる我, 思いくらべた何, 思はせるやう, 思わすよう, 思わせた, 急ぐ跫音, 意味する, 愛情の, 戦争に, 改作し, 早うした, 暗示し, 書くとき, 書拔い, 最初の, 止めて, 此世の, 求めたわけ, 為しける後, 爲しける, 独言に, 独語の, 知ったわけ, 知ることこれ武士, 示して, 示すため, 神送りといった, 簡単に, 結ばれた, 結ばれて, 結びたいと, 結びながら, 結んで, 經てのみ, 縷述し, 義に, 自分で, 自分の, 落葉の, 表は, 見ずに, 見たと, 見て, 見ても, 見ないで, 見よ, 見届けないうち, 言伝いたし, 話すの, 遂げあるいは, 遂げた, 遂げたいの, 遂げたお, 遂げたこと, 遂げたらしくも, 遂げたりしも, 遂げた者, 遂げるの, 遂げるやも, 遂げる者, 過した, 飽くまで見据え

▼ 終りまで~ (255, 8.2%)

8 読んで 4 聞いて 3 見て, 黙って

2 [13件] きいて, 一言も, 不思議である, 傾聴し, 妙に, 守護した, 待つ者, 書いて, 無理に, 聞かずに, 苦しまなければ, 許された, 読むこと

1 [211件] あらゆる不可能, いくだろうと, いた, いとぐち, いなくちゃ, いわせて, お聞き願いとう, かけて, くりて, くると, この本, この痛ましい, この金あみ, これでもか, してやって, じっとし, じっと聞い, すなわち明治三十八年, すべてみな何でも, すらりと, ずっとつづけ, ずっと行っ, ずっと見, そのときどき, その主人公, その席, それが, ただまだ, ただもう, ただよって, たるみない, たるみを, ついに裂けない, つまらないそして, つらぬきとおすこと, です, でたらめだった, なでいつくしみたいと, のべつ起ち, ひっくるめて, ほとんど全部, やられた, やれるだろうと, ゆく, よんで, アントーシャであった, クッションに, ヂツと, トピックの, ボオドレエルにだけ, レーリーの, 一人で, 一口も, 一定の, 一寸も, 一気に喋る, 一緒に, 一行一字も, 一途に, 不安定で, 丞相の, 主イエス, 二つの, 二十度にわたって, 云えなかっ, 云って, 云わば, 人々に, 会えないけれど, 伸子に, 何かしら私の, 何遍と, 俺に, 傍聴し, 僅かに, 入用な, 全く秘密, 全文削除を, 全部夢の, 全部朱筆が, 全部読みました, 再読される, 冷笑とも, 冷雨小止みなく, 出来なかった, 勞苦を, 勤めたいだろうね, 千鳥の, 半円周近く, 同じ, 同じ面白, 同じ音, 向うの, 君の, 唄って, 善き歎息, 完全な, 完全に, 実によく, 宮方へ, 将棋の, 居ず出た, 居って, 引かざりしやを彼, 張本人な, 弾かせてから, 弾き終ってから, 彼の, 彼女の, 待ち切れませんでした, 待って, 御聞き取り下さい, 御読み下さいませ, 心にかけて, 心持よく, 恩恩と, 息も, 悪玉, 悲痛な, 惨禍の, 愚衆であり, 手つだわせねば, 持たなかった, 持ちこたえられなかった, 持って, 文句の, 書いたかと, 書きつづけられませんでした, 書けて, 書こうと, 本に, 本を, 本道だ, 来た時, 極めて悽惻暗澹, 機械的に, 正木博士が, 沈黙を, 流れとおして, 淺ましい, 濟ませ, 無表情な, 現実として, 癪の, 登り詰めたの, 眠って, 私にと, 私の, 籾俵の, 細しく視, 結び目なし, 続かなかった, 続くので, 緑色で, 繰り返へ, 續き, 續く, 聞いたこと, 聞いたその, 聞かず無闇, 聞き通さなかったの, 聞くを, 聞けば, 聞ぬ, 聴講を, 聴講者たる, 腑に, 自分の, 自分一人で, 落着い, 行きつく, 行くと, 見なければ, 見ますと, 見る気, 見届けたの, 見届けて, 見送りに, 言いきらずに, 言いきらないよう, 言い切らぬうち, 言わせずに, 訂正した, 話させなかった, 話さぬうち, 話し終せる気, 説教ばかり, 読まうと, 読ませしかも, 読まなければ, 読み本, 読み通す根気, 読むの, 読めなかった, 貪るよう, 辛抱し, 辛抱競争みたいな, 通讀しよう, 進んで, 遂にたんのう, 道化役を, 里栄は, 長の, 青い, 非常に, 顎を, 首席で, 鳴き過す, 鳴声ひとつ, 麗しい印象, 鼻を

▼ 終り~ (107, 3.4%)

2 つぎの, 座に, 静に

1 [101件] いつに, おほ, こなたへ, この夜, これも, さても, ふと傍ら, ほつと, また聞, より我即興詩, より首相, われは, アキリュウス, アポローンまた, ガラス戸の, トロイアと, ベルナルドオが, 下へ, 中廣き, 串を, 二人の, 今や寝, 他の, 会衆は, 何ごころなく, 僧坊に, 先ず此方, 其コロップを, 出来るを, 劇場を, 又も, 各, 同所に, 四人連立ち, 図が, 地理書または, 坊を, 坐に, 夕方の, 女房に, 娘を, 実益が, 家人の, 密始まる, 少女の, 屍體うつぶし, 帰り来り, 帰来りたれ, 常に感ずる, 役場にて, 彼この聖なる, 彼等を, 後雑沓の, 手の, 新武藏野, 日を, 日猶, 暇乞し, 更にはじめ, 更に又, 最高き, 止まる次に, 歴史一冊を, 歸る, 歸港の, 死屍を, 永く三界, 湯桶に, 炉の, 牢内を, 独り神によりて, 王妃より, 發す, 皆羅漢果を, 直に寝, 神戸に, 私は, 立つ, 第七時これ, 終に鎮西, 縁に, 聖麥を, 腹掻き切, 臥床に, 船頭の, 花に, 草臥れ直しの, 莫大の, 葉石の, 衣類も, 觀衆は, 警察長は, 起たんと, 辰弥は, 返し給, 野猪の, 陣に, 静かに, 鸛巣の, 黄金の, 默しつ

▼ 終りには~ (81, 2.6%)

2 人口は, 描くもの, 明らかに

1 [75件] あの辺一帯, ある種, いとしとやか, かなり寂しく, こうあった, この渦動, そういうこと, とうとう悪い, ときどき食物, やりか, アラスカへ, カアルは, タゴオルが, プランタンと, プランタンの, 一千一百万の, 中房温泉から, 二国の, 何か, 六千尺の, 千五百の, 又厳しく, 各節毎, 各部の, 夕方に, 外出せず, 夥しく血, 大きな砂糖, 夫の, 学校工場に, 完全な, 家を, 崇拝として, 常の, 彼は, 彼らは, 必ずまた, 必ず頂き, 必ずFIN, 戸台を, 明の, 書いて, 最初に, 最早や, 死を, 死んで, 死人同, 父が, 牡丹雪も, 独り言の, 病床に, 目出度大, 看護婦に, 確乎たる, 神格化し, 私が, 種直は, 約三分の一, 細かな, 聖衆来迎紫雲音楽めでたく, 肩を, 腕を, 英國よりも, 葉が, 蓮華温泉から, 言うべからざる満足, 訳の, 都会に, 都会入口の, 野原いちめん楊の, 青ガサも, 非常なる, 頭朦朧として, 食物は, 鳴瀬へ

▼ 終り~ (74, 2.4%)

3 しない, しないかという 2 しないか, しないかと, そのよう, ない

1 [60件] あまり知れなかった, あらためて説く, あるもの, いずれも, いづこ, いまここが, うたかたの, かつての, きっともう枚数ギリギリ, きっと自分, こうであった, しないであろう, しなかろうから, どうでした, どこに, どのよう, ないであろう, なかなかむずかしゅう, はっきりしない, もう外出, よくなかつた, サヨの, 互いに打ち笑えり, 今の, 仙と, 全くの, 六時二十分頃という, 冷たき霙, 処女の, 又間, 口早に, 同じく, 同じ紙衣玉席, 吟声と, 唐紅の, 四時十分, 大変甘い, 妙に, 始めの, 宋人魏泰の, 山が, 常に同じ, 意外であった, 描き出しの, 新しい日本, 曲線を, 来て, 死だ, 泣いて, 然様する, 独り言の, 獨り, 私の, 筒抜けた, 聞きとれなかったが, 脱兎の, 豚の, 遁走の, 酔漢の, 音戸の

▼ 終り~ (65, 2.1%)

4 なった 3 する, なるの, 致します 2 した, して, 思ひしに

1 [46件] いえないこと, いたします, いふべき光景, きまったの, されて, しその, しまして, します, しよう, し今, するであらうと, するならその, するに, するの, する観念, つまり二度に, どっちが, なし新刀鍛, なったかと, なって, なつて, なりましたわけ, なり日毎, なるわけ, みえる, 一緒に, 一致する, 云えば, 云は, 同じく有難い, 始めとには, 思うて, 思ふ, 思われあたり, 文体も, 朦朧と, 歴史の, 油断した, 直感した, 第三部, 結びつけようと, 考へ又, 見なければ, 見るの, 観念し, 読める

▼ 終り~ (58, 1.9%)

2 あまりよく, きて, 来た, 近づいて

1 [50件] ああ弱く, ありまた, ありゃしない, ある, あるか, あるが, あるであろう, あるとは, いよいよ近く, きたの, きたよう, くる, ない, ないという, ないの, ないので, ないよう, ない本, なければ, なんとなく近づい, ピストル一発ひびかず, 五時すぎ五時半に, 五時すぎ今日は, 五時半すぎに, 五時近い, 体に, 何と午前四時十分, 來た, 六時頃か, 四時半やれ, 弱いと, 弱くて, 強く大, 接して, 早く来る, 暮と, 来たかの, 来たよう, 来ないの, 来ること, 来るの, 死で, 漸く訪れた, 無ければ, 確実で, 結んで, 見えたよう, 近からう, 近づいたの, 近づくに

▼ 終り~ (54, 1.7%)

6 になっ 4 になつて 3 に出 2 たしかにたびたび海, であつ

1 [37件] からこの, からはじまりました, からは朝あけ, からアドレツセンス中葉, からファラデー, からモラトリアム, から一般, から中学校, から人なみ, から少し, から見え, から雨, から非常, この契約, だつたが, であります, であるから, になる, には役者連, には混合, には満員, には特に, には私, にぴかぴか, にドイツ, にパノニア, に二人, に仕事, に演壇, のこと, の品物, は階下満員, ふいに, までは表面, まで仙二, もこの, 迄あの

▼ 終り~ (45, 1.4%)

12 あつた 2 あの日, 未来を

1 [29件] †で, あつて, あらう, がくんと手, これは, ござりましょう, せう, それからベルリン, エリザが, ゼルマが, 一応そうきめつけた, 不忍, 云って, 休み, 作者は, 倭歌の, 女難と, 幕外に, 彼は, 東京の, 毛が, 江波と, 目に, 相沢の, 私は, 筑波も, 諸君の, 近所の, 青銅が

▼ 終りから~ (37, 1.2%)

2 二十世紀の, 春に

1 [33件] ひきつづいて, また初め, ツボ平さんが, テニスを, 三〇年にかけて, 三〇年代にかけての, 三分の一ぐらいの, 三番目の, 二年ばかりの, 二月にかけて, 二番目の, 五年間を, 北海道へ, 十九世紀にかけて, 十九世紀の, 四十年に, 四十年代の, 四番目であった, 四番目の, 夏にかけて, 夏の, 大正の, 巻き返して, 文治年間の, 昭和の, 昭衵の, 曇天にかけて, 次の, 江戸の, 漢の, 秋にかけて, 秋の, 逆に

▼ 終りそう~ (27, 0.9%)

3 もない 2 だ, です, になかっ, もなかっ

1 [16件] じゃな, だった, だったから, である, であること, なこと, なの, なので, な所, な気, にありません, にしました, にない, になった, になる, もなく

▼ 終り~ (26, 0.8%)

2 ない, ない聽

1 [22件] あり得ない, おなじこと, かくやとばかり, こんな風, しないうち, せずに, せず却, その男, ないその, なき大, なく行き亘らぬ, なければ, ほぼ見とどけた, 上に, 文学的すぎた, 果てず折, 涯しも, 無い, 無し, 突然の, 聞き知って, 近づき寒気

▼ 終りごろ~ (25, 0.8%)

1 [25件] お葉, からいく, からアドレッセンス中葉, から読ん, この小説, さんざん鴨, だったか, である, ですべて, なにやら奥床しい, にいよいよ, にすなわち, になる, にはこの, にはどういう, にはどうやら, にはもう, には予約, のある, はげしい十ヵ月間, ふと東京, までに帰れ, まではサト子, までも京都, まで百四五十回

▼ 終り~ (23, 0.7%)

2 といふ

1 [21件] から散った, か更生, がその, が上, が我々, その種, ただちょっと, と思った, と思つて, と思つてあきらめ合, と思ふ, な, ね, ね夏, もう吉岡, よ, よ俺, 世の中は, 元気よく, 此の, 馬力を

▼ 終り~ (17, 0.5%)

2 見て

1 [15件] ありましたが, それを, つきあって, やり四時すぎ, 参政権の, 大喜び, 奴隷が, 書いて, 沈黙の, 満員であった, 見た, 見る, 読むに, 辛棒し, 頑張り続けた例

▼ 終りである~ (12, 0.4%)

2 が骨董, ことからも 1 がその, ことが, しかし新, ということ, と思い, のみならず, やうにと, 生活という

▼ 終りという~ (12, 0.4%)

1 [12件] ことに, ことを, の足りません, ものが, ものだ, ものも, わけじゃ, 九月に, 多くの, 封印を, 生理的な, 考えを

▼ 終りにも~ (12, 0.4%)

2 なると, 其を 1 ある無理, またそこ, 再行, 彼は, 来る人一人, 此頃は, 近づかないうち, 近づきおれば

▼ 終りとして~ (11, 0.4%)

2 東京の, 私達は 1 あるので, 丘の, 五人の, 凍ったという, 家へ, 宿を, 途中の

▼ 終り~ (11, 0.4%)

5 のだ 2 のである 1 のかも, のであろう, ば帰京, んをと

▼ 終りその~ (10, 0.3%)

2 上に, 甚大な 1 上店売の, 代りわたしが, 切味の, 山々の, 終るを, 贖いの

▼ 終り~ (10, 0.3%)

2 かけて 1 いちも, ささげる言葉, もって, 一際力, 来たら, 来たらまあ, 自分の, 近代の

▼ 終り~ (9, 0.3%)

2 うだ, うです, うな, うもない 1 うで鈴木

▼ 終りまでは~ (9, 0.3%)

1 これで, まだまだはるか, シドロモドロながらも, 人で, 前掲の, 持ちこたえず横倒し, 第三版, 第二版, 見えなかった

▼ 終り近く~ (9, 0.3%)

2 私は 1 あと二日で, なったある, なってから, に羅列, の白紙, 山本五郎一家の, 霙まじり

▼ 終り~ (8, 0.3%)

1 七月の, 三月の, 中學校の, 二十世紀の, 二月の, 初秋では, 大正の, 昭和の

▼ 終りです~ (8, 0.3%)

2 から 1 か, から並ん, がもちろん, が私, しかしこれ, ね

▼ 終りでは~ (8, 0.3%)

2 ない 1 うたうよう, ないか, ないの, ないわけ, なかった, 見物の

▼ 終りあと~ (7, 0.2%)

2 は三十一日 1 はなごやかな談笑, は十八日, は大体, は閑散, へ残った

▼ 終りころ~ (7, 0.2%)

1 から九月, から鮎, でたしか, とでございます, にお山, に例, に鰯

▼ 終りなき~ (7, 0.2%)

2 もの煙る, 交わりが 1 利慾に, 訥弁に, 調べ

▼ 終りかと~ (6, 0.2%)

1 思うと, 思えるよう, 思った, 思ったがね, 思われた, 想像したら

▼ 終りさて~ (6, 0.2%)

1 これからお婆さん, 剃刀を, 和尚に, 大雷雨, 意氣揚, 本堂に

▼ 終りにおいて~ (6, 0.2%)

1 かのローマ大帝国, すべての, 七一パーセント増すだろう, 又それ, 改進論派に, 時間的存在が

▼ 終りそれ~ (5, 0.2%)

1 から三度目, から跡片付, がすんだら, にて事足れり, によって彼

▼ 終りまでの~ (5, 0.2%)

1 事を, 時間の, 純潔なり, 間を, 頁を

▼ 終り即ち~ (5, 0.2%)

1 三人の, 午前九時に, 最後の審判に, 正午なり, 陽暦の

▼ 終り~ (5, 0.2%)

1 がいかに, でした, とはまったく, の惨めさ, を考へ

▼ 終りこれ~ (4, 0.1%)

1 で今月, で僕, なら私, をかきます

▼ 終りすぐ~ (4, 0.1%)

1 に山春, 又座, 居住区に, 東劇へ

▼ 終りでも~ (4, 0.1%)

1 あった, ある, あるので, ある唯一

▼ 終りなく~ (4, 0.1%)

1 あるから, すなわち限り, 誘うの, 買う意味

▼ 終りまた~ (4, 0.1%)

1 もう宥められ, 一つの, 石壁に, 高貴の

▼ 終り~ (4, 0.1%)

1 はこれ, はただ死, は唯死, まで居残れる

▼ 終り~ (4, 0.1%)

1 も詰所, アラスカへ, 天ぷら食ひたくなり, 超えたところ

▼ 終り徳山~ (4, 0.1%)

2 とニューグランド 1 とグリル, を誘っ

▼ 終り~ (4, 0.1%)

1 からは第, なる曲, の十五分, は順序

▼ 終り~ (4, 0.1%)

1 の原稿, は和服, は膳所, は茶の間

▼ 終り~ (4, 0.1%)

2 二期は 1 三期は, 二十四卷法世之卷に

▼ 終りある~ (3, 0.1%)

1 に至つて, 会合を, 点で

▼ 終りかも~ (3, 0.1%)

1 しれないと, しれませんね, 知れない

▼ 終りそれから~ (3, 0.1%)

1 この手紙, 先は, 明清と

▼ 終りであり~ (3, 0.1%)

2 制作の 1 一切の

▼ 終りといふ~ (3, 0.1%)

1 ことほど, 九月に, 筈十時近く城下町の

▼ 終りとは~ (3, 0.1%)

1 だから人類, 丸で, 信じられないの

▼ 終りとを~ (3, 0.1%)

1 いくつか, 削らなければ, 説明出来るなら

▼ 終りながら~ (3, 0.1%)

1 伸子が, 向う岸に, 如何にも誇らしげ

▼ 終りにな~ (3, 0.1%)

1 つて初版を, つて私は, つて蟲の

▼ 終りまでに~ (3, 0.1%)

1 つぎつぎ五人, 樂, 語られて

▼ 終りもう~ (3, 0.1%)

1 一つ夜終ります, 楢の, 死んでも

▼ 終りやがて~ (3, 0.1%)

1 廊下へ, 建込みの, 息をも

▼ 終りスコット~ (3, 0.1%)

1 のコロッケ, のスパゲティ, のポタアジュ

▼ 終りホテ・グリ~ (3, 0.1%)

1 へ女房, へ岸井, へ行き

▼ 終り三日~ (3, 0.1%)

1 と三月, と合せ, と四月

▼ 終り今日~ (3, 0.1%)

1 からアラスカ, から書こう, はもう

▼ 終り~ (3, 0.1%)

1 はば一路, はば夜, はば小生

▼ 終り入浴~ (3, 0.1%)

1 しさて, して, もせず

▼ 終り~ (3, 0.1%)

1 になり, はセット, も落ち

▼ 終り~ (3, 0.1%)

2 城戸に 1 都督曹真も

▼ 終り屋井~ (3, 0.1%)

2 が来 1 とホテル

▼ 終り或は~ (3, 0.1%)

1 三日宛と, 目的に, 私が

▼ 終り更に~ (3, 0.1%)

1 その原稿, 母を, 葬儀車は

▼ 終り有り~ (3, 0.1%)

3

▼ 終りかけ~ (2, 0.1%)

1 にやっと, の長篇評論

▼ 終りかた~ (2, 0.1%)

1 だったの, をした

▼ 終りかの~ (2, 0.1%)

1 時間に, 白光サンたる

▼ 終りがち~ (2, 0.1%)

1 だという, です

▼ 終りさうな~ (2, 0.1%)

1 一生に, 気が

▼ 終りしか~ (2, 0.1%)

2 桂次ならぬ

▼ 終りじゃあ~ (2, 0.1%)

2 ないの

▼ 終りすべて~ (2, 0.1%)

1 がめでたく, にわたるやう

▼ 終りたる~ (2, 0.1%)

1 ものに, を以て是

▼ 終りつつ~ (2, 0.1%)

1 ある, そちらへ

▼ 終りての~ (2, 0.1%)

2

▼ 終りであっ~ (2, 0.1%)

1 てまた, てアラ

▼ 終りであった~ (2, 0.1%)

1 し下痢, のでございました

▼ 終りとが~ (2, 0.1%)

1 強く大雪, 自分で

▼ 終りとともに~ (2, 0.1%)

1 われに, 事なく

▼ 終りとに~ (2, 0.1%)

1 關する, 限らず霜月二十三夜

▼ 終りとの~ (2, 0.1%)

1 定常状態に, 間に

▼ 終りとも~ (2, 0.1%)

1 なれば, 見まごうよう

▼ 終りどこ~ (2, 0.1%)

2 で死

▼ 終りない~ (2, 0.1%)

1 ことを, 夢が

▼ 終りなき果てしなき~ (2, 0.1%)

1 客觀的時間は, 時は

▼ 終りなにもの~ (2, 0.1%)

2 ももう

▼ 終り~ (2, 0.1%)

1 とこそ申しけれ, と耳

▼ 終りぬれ~ (2, 0.1%)

1 ば, ば姫

▼ 終りふと~ (2, 0.1%)

1 毎月, 滝人の

▼ 終りまあ~ (2, 0.1%)

1 一段落という, 一段落といふ

▼ 終りまする~ (2, 0.1%)

2 と皆

▼ 終りまだ~ (2, 0.1%)

1 興奮が, 薬の

▼ 終りまでには~ (2, 0.1%)

1 まだ一週間, 熟練工六〇パーセントつまり

▼ 終りまでも~ (2, 0.1%)

1 お決め, 見とどける心がけ

▼ 終りまでを~ (2, 0.1%)

1 仲間同志が, 見物し

▼ 終り~ (2, 0.1%)

1 ッと, 常ならぬ

▼ 終りらしい~ (2, 0.1%)

1 な, 豪雨が

▼ 終りわが~ (2, 0.1%)

2 隊は

▼ 終りアラスカ~ (2, 0.1%)

1 へ榎並礼三夫妻, へ行く

▼ 終り一人前~ (2, 0.1%)

1 の人間, の医師

▼ 終り一同~ (2, 0.1%)

1 はこの, を次の間

▼ 終り七〇年代~ (2, 0.1%)

2 の初頭

▼ 終り九旬~ (2, 0.1%)

1 の会期唯, の會期唯

▼ 終り二人~ (2, 0.1%)

1 が病室, は分れ

▼ 終り~ (2, 0.1%)

1 の一人, の婦人

▼ 終り写真~ (2, 0.1%)

1 も撮し終った, をうつし

▼ 終り古賀氏~ (2, 0.1%)

1 に誘はれ, は不遇

▼ 終り同時に~ (2, 0.1%)

1 帝大, 御簾が

▼ 終り外出~ (2, 0.1%)

1 して, する元気

▼ 終り大竹藪~ (2, 0.1%)

2 に霰

▼ 終り~ (2, 0.1%)

1 より夫, を入れる

▼ 終り平安朝~ (2, 0.1%)

1 になる, の初め

▼ 終り~ (2, 0.1%)

2 へ入る

▼ 終り~ (2, 0.1%)

1 を拭い, を揚げ

▼ 終り手帳~ (2, 0.1%)

1 の中, をとぢ

▼ 終り易い~ (2, 0.1%)

1 とよく, のには

▼ 終り時分~ (2, 0.1%)

1 にはいふ, のこと

▼ 終り~ (2, 0.1%)

2 て其意

▼ 終り最後~ (2, 0.1%)

1 に長兄, のコーナ

▼ 終り次第上京~ (2, 0.1%)

2 するからと

▼ 終り~ (2, 0.1%)

1 船し, 鉄ビル六階の

▼ 終り漬物~ (2, 0.1%)

2 の醤油

▼ 終り~ (2, 0.1%)

1 は益々, をつけた

▼ 終り知識~ (2, 0.1%)

2 は答弁

▼ 終り藤山~ (2, 0.1%)

1 がスマート, の兄貴加納

▼ 終り近い~ (2, 0.1%)

1 一日だった, 倫理の

▼ 終り部屋~ (2, 0.1%)

1 で, でカツレツ

▼ 終り頃それ~ (2, 0.1%)

2 は或は

▼ 終り高野山~ (2, 0.1%)

1 から和歌, から和歌浦

▼1* [477件]

終りあすは住吉, 終りあたりまでは文字, 終りあっけなきもの, 終りあつくてたまらず, 終りあと数日で日本, 終りあらましを素子, 終りあるいは始めの, 終りあれから直ちに, 終りいかんぞ自ら懺死, 終りいたずらに豊田, 終りいつが効果, 終りいつか陣務の忙し, 終りいろいろ深く感じました, 終り定が, 終りおいとま, 終りおそく妾宅を, 終りおのおの帰り行きし跡, 終りおのおの陣營に或は, 終りおまけに当夜, 終りおもはず新聞とりおとしぬ, 終りおよそ四十五六年も, 終りかということが, 終りかならずかくの, 終りかものの初めか, 終りめ, 終りければ弟先づ釣竿, 終りけんハタと, 終りこういう小説, 終りここに箱王, 終りころ土地の人, 終りごとに感激, 終りごろ一九二〇年ごろから今日, 終りごろ僕は公用, 終りごろ慧憧がやってき, 終りごろ此の滝, 終りごろ野尻の別, 終りごろ鎌倉のお, 終りごろ食堂を出入, 終りごろ飯島の近く, 終りさうになるが, 終り其あやまち, 終りしだい辞職するが, 終りしも帰する, 終りすこし右に, 終りすなわち全国で, 終りそこに集っ, 終りそして参道の, 終りその後にはない, 終りそーらすんだと, 終りただ知り得たの, 終りたまへる, 終りたり境川も, 終りたりと覚しき女生達三四人団結, 終りだけそう小さく, 終りだったとも言えないでしょう, 終りだろうか娘, 終りちやうどその, 終りちょうどその時旧盆, 終りであるらしく思はれてならない, 終りであるらしく思われてならない, 終りでございますわ, 終りでないことだけは, 終りでなければならない, 終りとおもふ, 終りとか年の, 終りとく子は帯, 終りとめは幸田節三, 終りと共にあなたこなた, 終りなお英書の, 終りなか一日置いた四日, 終りなく深いものな, 終りなし是故に, 終りなどを教へる, 終りなる可し, 終りなんの功, 終りにあたってすべての, 終りにあたり千鶴子と, 終りにかけて百日ほども, 終りにさえこんな, 終りについて居る日記, 終りについては今論じた, 終りにねこういうこと, 終りにわかにあなが, 終りのさのぼりという, 終りほかの人, 終りほっとして, 終りまたは今世紀の, 終りまでで切らず一年中芝居, 終りまでとその次, 終りみなを送りだし, 終りみんながぞろぞろ, 終りみんな素ッ裸でシャワルウム, 終りむずかしい条件も, 終りもうすっかり静かに, 終りもはや永久に, 終りやっとやっとという気もち, 終りやと観念して, 終りやらそしてこちら, 終りゆき子は最後, 終り即ち, 終りようだ, 終りよければすべて, 終りらしくその悲しみ, 終りイ段ウ段エ段オ段の仮名, 終りウィーンの飢餓時代, 終りエーベルトが社会主義者, 終りエ段ならば, 終りカフェーのマダム, 終りカールはついに, 終りガスビル迄花井, 終りガランとした, 終りキュリー夫人は十七, 終りコーヒーを一口喫ん, 終りジープで送っ, 終りセットの模様代, 終りソリウイチェゴーズスクの連中, 終りソヴェト旅行に出かける, 終りタバコを一服, 終りダブリンを進発, 終りハヤシライスで飯, 終りパナマ丸が洞海湾, 終りパパがフロック, 終りパレットと持ち添えた, 終りファシズムの兇暴, 終りブラッデイ氏邸へキネスコープ, 終りプランタンのサンドウィッチ, 終りペンを剣, 終りホッと一息, 終りホテルへ行き, 終りモーターのブーブー, 終りリズムの紅茶, 終りリッツで女房, 終りロシア革命などの影響, 終りワキとの懸合い, 終り一つは創造, 終り一七九五年頃のブルターニュ, 終り一仕事片づいたわけ, 終り一八一四年は寡兵, 終り一安心いたしました, 終り一寸麻雀クラブで, 終り一年間の決算, 終り一日中外出せず自室, 終り一行はカゲヒ, 終り丁度来た藤山一郎, 終り万国旗と花飾り, 終り万策ここにつきる, 終り三十五日目に一般, 終り三宅氏に渡す, 終り三年の春, 終り三月も半ば, 終り三益を連れ, 終り上下の甲板, 終り上海亭で食事, 終りのテラス, 終り下の句を読み, 終り与八は, 終り且つ記すに, 終りは大正, 終り世の中が変わっ, 終り両人が向き合, 終り中野好夫が沈黙, 終り丸一食堂といふの, 終り乃至十八世紀の, 終り久々ニューグランドへミネストロスープ, 終り九日には式事一切, 終り九時五分前です, 終り事業らしき事業, 終りの氣, 終り二人国に帰る, 終り二十五日は疲れ, 終り二年目の秋, 終り二度目は十時, 終り二時迄か, 終り二時半までに山下, 終り二束目をこき, 終り二部で又, 終り五字この三つ, 終り五時近し, 終り五郎さんと花嫁, 終り人夫たちといっしょ, 終り今や小さい市, 終り今井の言葉尻, 終り今出品の絵, 終り今夜で報告書, 終り今年はじめて縁側, 終り今日一葉が再, 終り他方の分岐線, 終り仲間姿の村松金之助, 終り休息したのち, 終り伝統的民藝品の現状, 終りとの破局的, 終り佐藤春夫はこれ, 終りの故障, 終り何處で他, 終り候水戰五卷數册を仕立て, 終り先生を囲ん, 終り入京の上大學, 終り其の枕許で, 終り其岩壁が欠壞, 終り内容不明の建設, 終り校が, 終り再び山田家に, 終り再度は六月十二日巳, 終りの初め, 終りから十五日目頃, 終りるテチス, 終り別室に至り, 終り利休に至っ, 終り前夜のこと, 終り前後百九十年余も継続, 終りれて, 終り勝手の方, 終りのグリル京松, 終り匪賊も六分の一, 終り十世紀の初め, 終り十二年となり, 終り十二時ごろ各自の寝室, 終り十二時十分前客が帰らない, 終り十二月廿日に第, 終り十八年癸丑の年, 終り十月に保良宮, 終り千恵蔵はこれから, 終り単に旗じる, 終り又は第九週目, 終り船に, 終り吉岡あらはれ座員一同, 終り同君の帰り, 終り名宝食堂でビクター, 終り名物食堂の金ずし, 終り吹雪川の水, 終り呉氏はビワ, 終りひ, 終り和一郎は伸子, 終り和歌文學に物語小説, 終り喝采の聲, 終り四時に家, 終り四時十分急げば, 終り四時半頃外出する暇, 終り四月の宣伝写真撮影, 終り四月春日山の城, 終り四行に書かれた, 終り国民はその, 終り土井晩翠君に与ふる, 終り堂々たる士官が, 終り報告書も作られた, 終り塚田の指手, 終りに帰, 終りに先だつ, 終り夕方の混雑, 終り夕陽の最後, 終りへ出る, 終り夢中で終って, 終り大庭を連れ, 終り大町は冬, 終り大阪ずしで食事, 終り大阪蔵屋敷へ調所笑左衛門, 終り夫人は海, 終り奥州も帰順, 終りの話, 終り始めて青空が, 終り姓名不詳の作者, 終り孝吉の賢, 終り定刻九時にやや, 終り定日出仕の勤め, 終り客席へ廻り, 終りには眠り, 終り宿の弁当, 終り寝不足な身体, 終りをで, 終り対岸の敵, 終りを固く, 終り座を, 終り将校連中が或いは, 終り枝を, 終り小さき尻尾が, 終り小説新潮, 終り少くともわたし達, 終り少年を先, 終りのてっぺん, 終り山水楼のやき, 終り川口の招待, 終り工兵の襟章, 終りれの, 終り巴里を去, 終り巴里包囲の危険, 終り平和となった, 終り平野が満, 終り序文は辛巳, 終りに飾り, 終り役人になった, 終りはロンドン, 終り彼らの貧困, 終り彼等の貧困, 終りにふと, 終り後で何事も, 終り後自分の心, 終り御船中のお, 終り徳山高尾を誘っ, 終り必要な部分, 終り轉し, 終り悲鳴がまた, 終りオフェリヤ狂乱の, 終り意味有りげなる言葉, 終り感激す, 終り成城の街道, 終り我々は食物献納式, 終り所謂行動主義の文学, 終り好く夕暮時, 終り支那グリル一番のご, 終り故郷の町, 終りの遺棄死体四十余名, 終り新しい現実が, 終り新代の権能, 終り新大阪へグリル, 終り新宿でおでん立喰, 終り既に潰滅した, 終り日々の配給, 終り日劇のエノケン, 終り日本に気違い景気, 終り日東紅茶のサンドイッチ, 終り明日の来訪, 終りの初め, 終り春一は実刑, 終りですから, 終り時計の針, 終り暫く雑談が, 終り更始し東作, 終り祷に, 終り未だ陣を, 終りが市上, 終り本社へ寄り, 終り本論各章, 終り来訪の正岡容, 終り東宝から竹井諒, 終り東宝グリルで田中三郎, 終り松平晃と天ぷら, 終り柏原は海軍少将, 終り栄国公を贈られ, 終り校正に目, 終り梅田地下の天ぷら, 終り森永から新宿, 終り樂收まりしにも, 終りの上, 終り櫻木海軍大佐は再び, 終り次にもう一つの, 終り次第すぐに, 終り次第どっちがお前, 終り次第に私の, 終り次第外泊が許される, 終り正午金員を持参, 終り正成にもよろこばれ, 終りに就かん, 終り死体は親族, 終り死刑囚火辻は絞首台, 終り母上と古川家叔母達四人, 終り母性を実現, 終りに声, 終りまでは有名, 終り水車小屋が他, 終り沈黙しばし自若, 終り波羅的艦隊の全滅, 終り浅間の頂, 終りは眠った, 終り海舟は悠々, 終り渋茶をすする, 終り測定器で私, 終り湯呑のやう, 終り準備を終え, 終り演舞場へ曽我廼家五郎氏, 終り烏合の衆, 終り無き世とか, 終り煎茶茶椀を取上げ, 終りが地, 終り照明の用意, 終り特に師について, 終り犯人御両名, 終り献身は涙, 終り一二時間人々が, 終り實の, 終り現場からかなり, 終り現実の重圧, 終り琵琶をおいた, 終り甘楽の奥, 終り生駒と色々, 終りの糧食補給, 終り発音の練習, 終り白い夕星に, 終り目毎に袖, 終り真作は泊っ, 終りの前, 終り眼医者へ行き, 終りも済ん, 終り社会的に反響, 終り神人分離のはじめ, 終り秀吉はすぐ, 終り秩父影森驛から汽車, 終り程よい時が, 終り穂高よりすぐ, 終り突然大町へ, 終りを敷い, 終り箪笥から一張羅, 終り糸子は電話, 終り約束の自動車, 終りの上, 終り紫地に飛模様, 終り終戦の次, 終り結局生涯得るところ, 終りひしは, 終り給うたではありません, 終り給金が出た, 終り美しい民藝が, 終り美味卓上に並ぶ, 終りの前, 終り翌年になった, 終りの荷, 終り腹具合が面白く, 終り自分に都合, 終り自動車で京都, 終り船長もその, 終り若い叔孫家の, 終り若い衆たちははや, 終り若くは押韻的, 終り茂太郎と社交ダンス, 終り茶話会をし, 終り荷作りされた, 終り落胆しきった二人, 終りや雪帽子, 終り薬籠持の国公, 終り蘭亭から豚, 終り衣子を慰め, 終り衣服も一寸, 終り被告は直ちに, 終り親子丼を食, 終り試しに二度目, 終り詩経の部, 終り諸人非難のまと, 終り赤坂の加藤, 終りの終り, 終り轟以下ダンスチームの数名, 終り迄には陸羽を, 終り近づくまで悔, 終り通知簿の公民, 終り遂に二十六日とな, 終り運命を呪っ, 終り道子を乗せ, 終りも一, 終り銀座裏の支那グリル一番, 終り長平が来ない, 終り閉廷が宣言, 終り間際にもお, 終り関東の大震災, 終り陶器の方, 終り陽気盛んにし, 終り隊列が解けはじめる, 終り雑木と雑草, 終り雑談に移つた, 終りが一尺近く積, 終り面白うございました, 終り頃ローマ字を書いた, 終り頃彼は一人, 終り頃御影の嘉納氏楽屋, 終り頃急に失望不快, 終り頃本ものの近視, 終り頃村へ歸つて, 終り頃渋谷から玉川, 終り頃田辺氏に去られ, 終り頃私はある, 終り頃積雪量が一番, 終り頃英国長老教会マッカイ博士が布教, 終り頃落花と共に家, 終り食事も終る, 終り餘興場に入る, 終り首将ふたりまで打たれ, 終り骨学各論にはいった, 終り鳴瀬の鳥, 終りASが帰国, 終りPCLの大谷組