青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「終った~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~紳士 紳士~ ~紹介 紹介~ 紺~ ~終 終~ ~終っ 終っ~ ~終った
終った~
終に~ ~終り 終り~ ~終る 終る~ 終日~ ~組 組~ ~組ん 組ん~

「終った~」 1679, 18ppm, 6304位

▼ 終った~ (337, 20.1%)

63 である 2621 であった 20 です 17 では 8 だった 6 ですが, はもう 5 が何と, だと, であったが, でした 4 がもう, であります 3 が八時, だという, だよ, だろうか, であるから

2 [12件] か, が七時半, が九時, が四時半, だが, だな, であろうか, でございますが, ですか, は何と, は午前六時, を祝っ

1 [103件] かと思っ, かね, かも, かも知れない, かガヤガヤ, か傍ら, か恐らく, が一時, が一時半, が丁度五時, が七時, が七時四十分, が三時, が九時五分, が九時四十五分, が二時半, が五時, が八時すぎ, が六時, が六時半, が六時四十分頃, が其翌年, が十一時, が十七時四十分, が十時, が十時十分, が十時半, が午前三時, が午前二時, が午後九時, が四時, が四時すぎ, が四時五十分, が夕方, が夕方五時頃, が多かっ, が朝, が朝九時, だから, だし, だろう, でありました, であるが, である殿下, である片づいたの, であろう, であろう引き, でございました, でござる, でしょう, でしょうと, ですけれど, でない, でも, と同時, と煙草, なんかみんな, はいう, はいつ, はかれこれ, はよろしい, は一時, は万全, は三時近く, は九時, は九時半, は二尺三寸, は五時, は八時半, は八月十五日, は十一時半, は十二時半, は十時, は十時二十分, は十時半, は十時近く, は午前七時すぎ, は午前二時, は午後, は午後七時ごろ, は夕方, は夜, は夜更け, は彼, は惜しい, は日没, は明かです, は気の毒, は生理学教室, は街, は西江葉子, もなんだか, も元, も同然, も知らなかった, やら何, らしかった, を恥じ, を感じ, を聞き, を見る, を見届ける, 十一時すぎだ

▼ 終った~ (82, 4.9%)

2 当時の, 最後に

1 [78件] あの人, あれは, ここで, この歌, この肩, さすがの, さてよく, しかしこの, しかし今年, しかし吾, そのとき, その焦, その黛夫人, それでもまだ, それでも浩平, それでも酒, それによって, それらの, ついでに, どうもと, どこにも, なかなか面白い, なにか自分, ふと廊下, ふと淋し, まだまだ遠い, まだ火, まだ秋, やがてひと事, やっと気, キョトンと, シカモこの, ソヴェトの, 一方庭, 三人の, 今おれは, 今から, 他の, 何だかすっかり捧げつくす, 何と, 余は, 併し, 六月二十日に, 十四年, 収まらぬの, 呉侯を, 坪内君の, 大工の, 寄手は, 小判を, 少しも, 岬の, 岸本は, 平和は, 年も, 幾百万の, 彼の, 彼は, 従属的に, 思いがけないこんな, 戦争は, 是等の, 更に係り, 末の, 榻の, 横断隊は, 正規の, 然しその, 生きて, 私の, 脇差に, 自分ながら, 自分には, 若い人たち, 誰に, 調べて, 静かに, 食後も

▼ 終った~ (66, 3.9%)

2 にはもう, には彼ら, はもう

1 [60件] いきなり, からその後, が一つ, しゃべり乍ら, そのおじいさん, その小さな娘, だった, つめたい鉄柵, である, でした, とには必ず, どうなる, に, におでん, にこう, にその, になっ, にはうれしかっ, にはもともと, には以前, には夏, には死体, には疲れ, には空, にやっぱり, にようやく, にモリイシャ, に余り, に価格, に右, に城介, に弁信, に彼, に拍手喝采, に早川, に更に, に気がつい, に神様, に重吉, に野村, の僕, の老人, は土曜日, は夜, は心, は既に, は日, ふりかえった蓬莱和子, また, もそこ, も好成績, 丁度向う, 到頭来た, 勿論歯痒い, 呼びも, 始めて自分, 怖ろ, 恐る恐る顔, 突然私, 聞いて

▼ 終ったこと~ (61, 3.6%)

3 になる 2 であろう, では, は母, を告げた, を意味, を示す

1 [46件] が一, が分った, が知れる, だったろう, でした, で傑作, で到達, で御座いました, とも結びつい, については最近, になっ, にはマチガイ, に異常, はさき, はみなさん, はよかっ, は世人, は世界, は人々, は安心, は当然, は惜ん, は残念, は氏郷, は知らない, は言うまでもなく, は誠に, も屡々, をすぐ, をもはや, をも優しく, をよろこんだ, を伝えきい, を思え, を本意, を欣ん, を注意, を発見, を知っ, を知り, を確認, を聴い, を語っ, を述べるであろう, を非常, 更に多く

▼ 終ったところ~ (61, 3.6%)

6 であった 5 だった 2 だったが, です

1 [46件] から, からつねに, から人生, から初めれ, から始, から始まる, から岩, から新ら, から相, か鉤, だ, で, であったが, であったジイド, であります, できゅっと, でこの, ですから, でその, でもう一度, で何, で作品, で判官, で十娘, で向き合った, で大勢, で秀吉, で趙, で面, なので, による, に日本, に相違, に細い, へお, へ娘, へ帰られた, へ彼, へ知世子, まではあの, もわからない, らしい, らしかった, らしくスタンド, らしく先生たち, らしく左掌

▼ 終った~ (56, 3.3%)

5 見えて 2 いう, いって, 思う間もなく, 思う頃, 思って

1 [41件] いうのに, いわれて, おおせに, ききちがえたオヤジ, したところ, したならば, したらこの, すると, そういうこと, なれば, 云うよう, 云った, 信ずる, 分ると, 叫ぶ市街, 同じく二十三夜, 同じに, 同時に失業者, 宣告した, 思います, 思うと, 思った, 思ったであろう, 思ったの, 思ったん, 思われる, 思われるでしょうが, 殆ん, 考えた瞬間, 考えるの, 考え越後平野, 見え前, 見え彼女, 見え裁判長, 見て, 見なければ, 見なして, 見ると, 見るや, 見れば, 見込みが

▼ 終ったという~ (46, 2.7%)

2 ことです, ことに, ことを, のである, ような

1 [36件] ここに, ことが, ことだけは, ことだった, ことであった, ことは, ことも, ときには, のじゃ, わけだ, わけで, わけでしょう, んです, 九月二十二日の, 事実を, 勝夢酔が, 報告も, 奇々怪々な, 御詔勅, 快さ, 捨鉢な, 時刻に, 気が, 現象の, 理由で, 知らせが, 結論が, 観念上の, 訳さ, 訳で, 話だった, 説も, 説を, 通知が, 顔で, 魔法の

▼ 終ったので~ (45, 2.7%)

1 [45件] あとは, この幽霊船, これからは, さすがに, そこから, その家, その翌日, ふと思い立っ, よく本, よんどころなく本陣, わたしは, カピタンを, 世界地図の, 今は, 今度は, 今日は, 使者たちは, 入浴のう, 別の, 午後から, 叮嚀に, 家人の, 宿へ, 帰ろうと, 座敷牢へ, 彼の, 彼は, 彼女の, 政宗は, 文藝春秋祭へ, 最後の, 本日は, 母人も, 父は, 盛装し, 看守は, 自分の, 裁判官は, 見物も, 軍艦も, 鎧扉を, 関羽は, 静子は, 面会は, 颯爽として

▼ 終った~ (36, 2.1%)

3 になっ 2 に主人

1 [31件] いっそう深く, その廃墟, であったと, でなされ, で俊助, で信者, で呼び出し, で多く, で此, で白耳義, なおよく, には武蔵, にも時々, に一同, に何, に僕, に彼, に脅曳, に親, に話, に誰, に道人, のこと, のナヂェージダ, の始末, の晩酌, の法水, は四面ただ漠々, も三斎忠興, 漸くの, 第一

▼ 終ったあと~ (31, 1.8%)

3

1 [28件] きまってお, しばらくの, しばらくは, だ, であった, でかねて, でそれ, で係官, で回顧, で帰ろう, で御, で正成, で私たち, にお, のぽつんと, のフランス, の事, の安心, の皿二枚, の祝い酒, はエシジン, は少く, へ恒川さん, もなお, も伸子, も直ぐ, を彼, 万一犯人

▼ 終ったもの~ (26, 1.5%)

3 である

1 [23件] かどう, から順に, がある, がどの, だそう, だという, であった, であります, であるが, としてそ, との間, とはならない, とみえ, とみえる, と考え, と考えられ, と考えられる, と見え, に相違, はどれ, はもと, ばかり, もあった

▼ 終ったとき~ (25, 1.5%)

2 だった

1 [23件] からみ合うよう, か或は, その前, たつ女, だっと, である, でさえ中途, ですが, なんか詩集, に, にはもっと, には三根夫, には右, には本堂, には笑い声, のよう, はすでに, は三吉, またそう, 何となくこうして, 初めて現実的, 太い赤鉛筆, 思わず前

▼ 終ったわけ~ (24, 1.4%)

4 である 2 だ, だが, であるが, です, では 1 じゃない, だった, だな, だね, でありますが, ですが, でない, でもう, で今, なん

▼ 終ったよう~ (23, 1.4%)

3 な気 2 だ, である, に思う

1 [14件] であった, でありながら, です, でなかなか, なもの, な人, な絶望感, な軽い, にかれ, には思えない, に思います, に感じられる, に美少年, に見せかけた

▼ 終った~ (22, 1.3%)

1 [22件] だ, であったから, でありました, であろう, でございました, で二階, にのませるべき, にはそれ, にはもうすっかり, には冬, には祖父, にむっくと, に墓石, に烈しい, に父, は夜, ひょっくりお, もう朝, を見はからっ, 与次, 再び訪ね, 満日紙

▼ 終ったばかりの~ (16, 1.0%)

1 [16件] その花, ところである, ヒルダから, 京橋を, 伸子たちの, 処へ, 千鶴子が, 多計代, 日本で, 早春川辺みさ子の, 時, 潜水夫を, 父の, 物語か, 美保子が, 頃である

▼ 終ったかも~ (14, 0.8%)

7 知れない 1 しれないの, 知らないし, 知れないと, 知れないの, 知れない之, 知れなかった, 知れぬ

▼ 終ったばかり~ (14, 0.8%)

2 です, なの 1 だから, だそう, だのに, であした, であるが, でなく警察, では, で人道的, 子供に, 頃の

▼ 終ったから~ (13, 0.8%)

1 [13件] じきでしょう, その後刷る, だ, だとも, であります, である, です, やっと自由, ワーッと, 小田山筑前と, 瓶子を, 謝意を, 高い窓

▼ 終ったころ~ (12, 0.7%)

1 [12件] お浜, こんな夢, でダンス, にはもう, には啜, には室内, には最初, に丁度, に先生, は上海ロンドン間, は風, ふと思い出した

▼ 終った~ (9, 0.5%)

1 からはじめず, がわからなかった, だと, でその, なの, には必ず, の感じ, へとどいた, もある

▼ 終ったそう~ (8, 0.5%)

4 です 1 だ, である, ですが, で御座いまして

▼ 終った~ (8, 0.5%)

21 か, だそう, だよ, です, ですが, ですわねえ

▼ 終った~ (8, 0.5%)

1 はおそろし, はそのまま, はもって, はよろよろ, は全然, は新聞, は間もなく, を連れ

▼ 終った~ (7, 0.4%)

1 わたくしは, 告げ終らない, 殆ど無我夢中, 矢叫びや, 知らないが, 終ったかと, 身を

▼ 終った~ (7, 0.4%)

2 の暮 1 でございます, という, に凱旋, の冬, まで七十才

▼ 終ったかと~ (6, 0.4%)

2 思うと 1 いうと, いうに, 一時は, 聴くよう

▼ 終ったとは~ (6, 0.4%)

1 いいながら, なんという, 云えない, 云え隆々, 思えぬこと, 考えたくなかった

▼ 終った~ (6, 0.4%)

1 しても, ちがいない, つけても, 比較し, 過ぎなかった, 過ぎぬ

▼ 終ったのち~ (6, 0.4%)

1 で稲, にカングリ警部, の休養, も赤十字事業, ようやく三年目, 第一番

▼ 終ったこの~ (5, 0.3%)

1 人々の, 今まで, 戦死者に対して, 旅行が, 本を

▼ 終ったその~ (5, 0.3%)

1 つづきを, 僧は, 地方を, 声は, 男は

▼ 終ったのみ~ (5, 0.3%)

1 でなく何となく, でやや, ならずマレーフスキイ, ならず不快, ならず自ら火

▼ 終った~ (5, 0.3%)

1 であること, で数日後, で白髪頭, に留守中明智小五郎, はただ

▼ 終った~ (5, 0.3%)

1 だったと, であった, である, の生涯, もある

▼ 終った~ (5, 0.3%)

1 から二日目, に何と, の夕刊, の夕方素子, 小さい庭

▼ 終った時私~ (5, 0.3%)

1 の胸, ははじめて, は外, は少し, をほめ

▼ 終った~ (5, 0.3%)

1 はそれ, は次々, もあったであろう, も順番, や仮

▼ 終ったせい~ (4, 0.2%)

1 か, かケンビ鏡, のよう, もあったろう

▼ 終っただけの~ (4, 0.2%)

1 ようであった, 十四五から, 子供より, 者や

▼ 終ったとき私~ (4, 0.2%)

1 の勘定, は, は自ら, は覚えず

▼ 終ったとしても~ (4, 0.2%)

1 あきらめて, かかる心配, 佃は, 兎に

▼ 終った~ (4, 0.2%)

1 はない, は私, も不思議, を知らせる

▼ 終ったかという~ (3, 0.2%)

1 ことについては, ことも, 事まで

▼ 終ったけれど~ (3, 0.2%)

1 その兇賊, それで, 一カ月の

▼ 終ったけれども~ (3, 0.2%)

1 あれは, まださき, 裁判は

▼ 終ったすぐ~ (3, 0.2%)

1 あとだった, あとの, 後から

▼ 終ったのに~ (3, 0.2%)

2 違いない 1 こう云う

▼ 終った今日~ (3, 0.2%)

1 からまだ, では何, ふたたび征呉

▼ 終った~ (3, 0.2%)

1 から一枚, が代, を読みかえし

▼ 終った場合~ (3, 0.2%)

1 はただちに, も, を想像

▼ 終った様子~ (3, 0.2%)

1 に老父, もない, をさし覗い

▼ 終った~ (3, 0.2%)

1 はいつも, はしゃがん, は腕

▼ 終った~ (3, 0.2%)

1 じゃない, だが, では

▼ 終ったあと彼~ (2, 0.1%)

1 はかなり, は春子

▼ 終ったある~ (2, 0.1%)

1 日の, 日用事で

▼ 終ったかの~ (2, 0.1%)

1 ようである, 如く見えます

▼ 終ったからと~ (2, 0.1%)

1 いうこと, いって

▼ 終ったからには~ (2, 0.1%)

2 もはやその

▼ 終った~ (2, 0.1%)

1 お目, 病床で

▼ 終ったしるし~ (2, 0.1%)

1 である, に厚布

▼ 終ったそれ~ (2, 0.1%)

1 から血痕, を秀吉

▼ 終ったため~ (2, 0.1%)

1 に茂七, に遂に

▼ 終ったつもり~ (2, 0.1%)

1 だったから, になっ

▼ 終ったとき伸子~ (2, 0.1%)

1 のとなり, は思わず

▼ 終ったとでも~ (2, 0.1%)

1 いうよう, 云うよう

▼ 終った~ (2, 0.1%)

1 嬉しいけれど, 実に残念

▼ 終ったものの~ (2, 0.1%)

1 ごとくに, 如くであった

▼ 終った人々~ (2, 0.1%)

1 の心, は黙然と

▼ 終った人たち~ (2, 0.1%)

1 です, も少く

▼ 終った~ (2, 0.1%)

1 になっ, またすぐ

▼ 終った伊太夫~ (2, 0.1%)

1 が思い当る, は自身

▼ 終った伸子~ (2, 0.1%)

1 は派手, は顔

▼ 終った原稿~ (2, 0.1%)

2 をポスト

▼ 終った合図~ (2, 0.1%)

1 でもありました, と早合点

▼ 終った子供~ (2, 0.1%)

1 とでは今日, を生計

▼ 終った彦兵衛~ (2, 0.1%)

1 は, 珍しく伝法

▼ 終った~ (2, 0.1%)

1 は併, を表す

▼ 終った後先生~ (2, 0.1%)

2 は二月一日

▼ 終った~ (2, 0.1%)

1 がうれしい, が勝ち

▼ 終った時分~ (2, 0.1%)

1 にお雪ちゃん, に弥次馬

▼ 終った時女~ (2, 0.1%)

1 は寂しい, は無性に

▼ 終った時妙子さん~ (2, 0.1%)

1 は, は三つ嚔

▼ 終った時柳田医師~ (2, 0.1%)

1 が言う, はいかにも

▼ 終った~ (2, 0.1%)

1 とこれから, を卓

▼ 終った次第~ (2, 0.1%)

1 である, でこれ

▼ 終った~ (2, 0.1%)

1 がなお, を前だれ

▼ 終った由紀子~ (2, 0.1%)

1 はこう, は眩暈

▼ 終った瞬間~ (2, 0.1%)

1 にマダーム・ドファルジュ, に素晴

▼ 終った秀吉~ (2, 0.1%)

1 は, は木の本

▼ 終った~ (2, 0.1%)

2 之助

▼ 終った米友~ (2, 0.1%)

1 はなお, は例

▼ 終った~ (2, 0.1%)

1 が藩公長知侯, は蝋燭

▼ 終った~ (2, 0.1%)

1 をした, を復活

▼ 終った部分~ (2, 0.1%)

1 が大衆, はノート

▼ 終った金五郎~ (2, 0.1%)

1 はなに, はブリッジ

▼ 終った長篇小説~ (2, 0.1%)

1 の綴じ合わせ, はそれ

▼1* [419件]

終ったあといつになく, 終ったあとさ籠こ持たせて, 終ったあとビビイは四度, 終ったあと友人たちはその, 終ったあと気の毒そうな顔, 終ったあと老人はまた, 終ったあと自分にのこされた, 終ったあと西山教頭が, 終った春は, 終ったお松は信者達, 終ったお里は一番娘, 終ったかたちだった, 終ったかとも思われるが, 終ったかにみえる, 終ったかは恐れ入ります, 終ったからってすぐ解放, 終ったかを私は, 終ったがんりきが怪訝, 終ったきわめて普通な目だたない, 終ったこと毛利が徳川, 終ったこと父が侮蔑, 終ったこと躑躅の季節, 終ったこと野蛮な軍事権力, 終ったころカングリ警部がぶらりと, 終ったころ千草さんの遺骸, 終ったころ咲子はその, 終ったころ夜は白みかけ, 終ったころ田島はそっと, 終ったさあ働こう, 終ったすっかり終った, 終ったすべての列, 終ったそれからあとが, 終ったというしかない, 終ったとかで早起き, 終ったときあとにのこされた, 終ったときこれらの作家たち, 終ったときしずかな涙, 終ったときひろ子から再び, 終ったときもと借りた頸飾り, 終ったときイカバッドがひきつけられ, 終ったときウェスト・ポイント陸軍士官学校の主, 終ったときローマ法王が世界, 終ったとき丹三郎が来客, 終ったとき主人は, 終ったとき久慈と東野, 終ったとき人々の心, 終ったとき夜は沈々, 終ったとき太郎は頬被り, 終ったとき女がはじめて, 終ったとき女史は淑貞, 終ったとき帆村はたずねたい, 終ったとき帰り支度をととのえ, 終ったとき広場をゆるがし, 終ったとき彼は荒々しく, 終ったとき彼女は一同, 終ったとき拍手の中, 終ったとき敷石の上, 終ったとき朝子はしずか, 終ったとき演壇下の議席, 終ったとき漱石は, 終ったとき矢代に訊ねた, 終ったとき血圧が高まり, 終ったとき車はウズマサ, 終ったとき金博士は嵐, 終ったとこで誕生祝, 終ったとしか考えられなかったの, 終ったとたん赤い広場, 終ったとたんボーとなっ, 終ったとばかり思って, 終ったとも分らずに, 終ったなという大安心, 終ったなどと観念上に, 終ったについてまるで当時, 終ったここは, 終ったのち閏七月時政はまた, 終ったのみかかえって顕官, 終ったのり子の鉛色, 終ったばかりで亢奮の, 終ったばって最後に, 終ったひとのこと, 終ったほどから聴衆も, 終ったまでのことが, 終った同様です, 終ったやす子が晩年, 終ったわずかの休み, 終ったわたしは, 終ったアンゼロを愛する, 終ったイヤサ黒人の幻燈, 終ったクリムサムギンのおじいさん, 終ったコップを横手, 終ったスーの生活, 終ったソーンダイクにたずねた, 終ったニューラはそのまま, 終ったピンを右手, 終ったボーイもこの, 終ったメレジコウスキの小説, 終ったレ・ミゼラブルを思いだし, 終ったロジェル・エ・ギャレは薔薇材, 終った一つの人間性, 終った一九一〇年と云え, 終った一九二七年の日本, 終った一人が何, 終った一巡の季節, 終った一拍子倒れ伏さった屏風, 終った一知が帯, 終った一葉の二十五歳, 終った丁度そのときニューヨーク, 終った七兵衛は悠々, 終った三十八年には日比谷, 終った三右衛門はいまさら, 終った上人とその, 終った中村はつまらな, 終った中根香亭であった, 終った主人公が必ず, 終った主膳はそのまま, 終った久助が炉辺, 終った乗合も散った, 終った乱麻の時代, 終った予審を上級官庁, 終った事件の後, 終った二人は錨, 終った二十一日の夜, 終った五分または十分の後, 終った井村がカンテラ, 終った亡夫を罵っ, 終った今中は黒い小さい, 終った今日どれほどの数, 終った今日我々は戦争, 終った今日最初の着実, 終った仏頂寺弥助はそれ, 終った仙友イビキ声にほくそ笑み, 終った以上面目がない, 終った仲仕たちの多く, 終った伊織の父, 終った伯爵はこの, 終った伴大次郎女性のよう, 終った位置に明け, 終った住職は, 終った佐代子という美貌, 終った余り世栄を享, 終った作家の周囲, 終った係長は技師, 終ったは烈しい, 終った健斎老が, 終ったは気の毒, 終った先妻柳川小蝶の娘ヤス, 終った八丁堀藤吉部屋の岡, 終ったへ或, 終った出獄者をその, 終ったを鞘, 終った刀身をじいっと, 終った判官の一人, 終った刹那に突如, 終った刹那陳宮の手, 終った刻限で店舗, 終った北原賢次も何, 終った医者が判定, 終った十一月いっぱいでモスク, 終った十三万人の女の子, 終った午後のモスク, 終った友人の言葉, 終った古い思想である, 終った古道具屋のおやじさん, 終った司法主任の一行, 終った呂布軍も一足あと, 終った問題は或, 終った喬介は傍, 終った四五枚の水田, 終った団十郎よりは複雑, 終った土地の男, 終ったの一部, 終ったさて迎え, 終った夕方じっとし, 終った大村はほっと, 終った大正十二年八月下旬以来昭和二年春まで足かけ五年, 終った大衆ではなく, 終った天祥丸は, 終った失望落胆に沈んだ, 終ったはもう一度, 終った女中が旦那様注射, 終った学生たちの感情, 終った宇利氏はニッコリ, 終った安らかな気持, 終った官軍は二俣口, 終った寝台の端, 終った小説家の父親ドーデ, 終った小野さんは机, 終った少年はしきりに, 終った尾沢の顔, 終った山本が突然, 終った巡査はまた, 終った工人達は色, 終った年ごろで親, 終った広い歩道には, 終ったからまた, 終った廃坑の炭柱, 終った弁信が澄ました, 終った弁当殻を各, 終ったを取っ, 終ったの直, 終った強いそして美しい, 終っただった, 終った彼女の背後, 終った後みずから末法に遣わされた, 終った後フォニックスの警察官一行, 終った後三吉は家, 終った後五隻の軍艦, 終った後弓を地上, 終った後探偵に向っ, 終った後揚州の刺史劉馥, 終った後欧羅巴にいる, 終った後決然として切り出した, 終った後目くら縞の懐ろ, 終った後秀吉は小谷, 終った後節子は紙, 終った後職業戦線におこるべき, 終った後醍醐はやがて, 終ったで一枚一枚, 終った志賀直哉は大正十四年ごろ, 終った思い取り返しのつかない, 終った恋愛も激しく, 終った慰労をかね, 終った所長の訓示, 終った振坊主, 終った手拭いを今度, 終った手紙なんかじゃなく, 終った探偵は直ちに, 終った支配人を追っかける, 終った政恒に向っ, 終った文句を何度, 終った文太郎君は些か, 終った文彦は落胆, 終った文殻をもなお, 終った斉興が, 終った斎藤一が菊桐, 終った日山本は源吉, 終った日本の人民, 終った日落選者の選挙演説会, 終った日記の筆, 終った日錚和尚は囲炉裡, 終ったを一同, 終った昆虫のよう, 終った明日は帰国, 終ったの希望, 終った昨夕の会合, 終った時これ等の人々, 終った時どこかでビーン, 終った時ぶんには皆, 終った時セエラは興奮, 終った時ドアがあく, 終った時パット世界が変る, 終った時一人の大尉, 終った時人々はようやく, 終った時分天候も見直した, 終った時喉がつまっ, 終った時屍体の運搬車, 終った時役人の一人, 終った時扉を叩い, 終った時手首に擦過傷, 終った時春日重蔵の顔色, 終った時朝子は佃, 終った時椅子に靠れ, 終った時此の新興芸術, 終った時法水は外出着, 終った時熱心に聞い, 終った時王の家, 終った時相手をした, 終った時石見は手紙, 終った時老人は巻紙, 終った時船中に脈, 終った時親方はまた, 終った時雨はやん, 終った時鶴雄はその, 終った晩鎌で腹, 終ったにはわれわれ, 終った有村は下, 終った朝ニージュニ・ノヴゴロドからイリイッチ号, 終った朝棟上げの式, 終ったいったいどんな, 終った李徴の声, 終った村井と津村, 終った村人の一人, 終った東作爺が煙草, 終った林檎を津田, 終った根本の原因, 終った案山子がいつ, 終った梅田十八は非常, 終った検事に法水, 終った模様である, 終った権六は, 終った欽吾は煖炉, 終った歌劇の広告, 終った正兵衛は水晶, 終った正造の顔, 終った武丸は尺八, 終った武蔵という人, 終った武蔵太郎をかれ, 終った歯医者を捨て, 終ったになる, 終ったは悄然, 終ったから天気, 終った気安さに, 終った水田の広い, 終った沢山な簿冊, 終った海舟悪血をとり, 終った清岡はひょろひょろ, 終った清江を参右衛門, 終った渋谷博士の行方, 終った渡辺は感心, 終った湖面を亘る, 終った漁夫が気掛り, 終った潜水夫はそう, 終った潤一事務長が帰っ, 終ったが面白い, 終った無数の美しい, 終った然し普通の, 終った照美さんが奥, 終ったのよう, 終った理由全事件, 終った甚斎が幾らか, 終った生活の認識, 終った生涯の晩年, 終ったお手紙, 終った甲野さんはその後, 終ったはたぶん, 終った男の子と女の子, 終ったも, 終った百姓が麦穂一束, 終った真理である, 終ったでひとあたり庭先, 終った瞬間こちらは威勢, 終った石子刑事は唇, 終った磁気と重力, 終った社会を土台, 終った祝いとして収容者全部, 終った神尾がその, 終った禿頭童顔の鶴木検事, 終ったこの文章, 終った秋田小夜子の実, 終った秒間フッ, 終った忠三郎さんを, 終った穂先きに, 終ったの弁当箱, 終った竹花中尉も小馬鹿, 終ったの一家, 終った素子ははればれ, 終った結句は万葉, 終った絶学無方, 終った続きの第, 終った綾衣はこれ, 終った美しいお姫様に, 終った美術である, 終った翌年に亡くなられました, 終った翌年上海事変が勃発, 終った翌日の夜行列車, 終った翌朝妻の病, 終った看守は, 終った老人等が彼等, 終った老婆連とその, 終った者史上決してすくなく, 終った職工が三人, 終ったがまずく, 終った斎は, 終った自らを感歎, 終った自分はこれ, 終った芝山は汗, 終った芸術家は作曲家, 終った若林博士は解剖台, 終った茂太郎は大きな, 終った草稿を売る, 終った草花をためつすがめつし, 終ったを捨てた, 終った薄命の女性, 終った藤吉片膝, 終った衣川の顔色, 終った覚書を取り上げた, 終った観客がただ, 終った証拠じゃない, 終った詩人の一人, 終った読者の胸, 終ったの心持, 終った軍医長たちがドヤドヤ, 終った途端に, 終った途端うしろの父兄席, 終った途端五右衛門の身体, 終った途端廃刊になり, 終った遠い昔を, 終った遺体を保存, 終った銀行強盗のこと, 終った之介, 終った長崎の若葉, 終った陰謀を企ませた, 終った隊勢でまだ, 終った原警部, 終った露子が火鉢, 終った青年がヒョッコリ, 終った青柳喜平氏は米搗杵みたい, 終った静かさを感じず, 終ったの虚空, 終ったを一枚, 終った頃サインブックが彼, 終った頃三吉は正太, 終った頃住職はあらためて, 終った頃小川町の国民文庫刊行会, 終った頃引越しの荷物, 終った頃暮松は銀三, 終った頃正面に左右, 終った頃私はこの, 終った頃船は金華山沖, 終った頃隣の席, 終った頃隣県の岡山市, 終った頃順一の姿, 終ったして, 終った食器の各々, 終った饗宴の準備, 終った高村卿は, 終ったは嬉し, 終った黄忠は定軍山, 終った黒衣婦人は一方