青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「紹介~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~細い 細い~ 細かい~ 細く~ ~細君 細君~ 細工~ ~紳士 紳士~ ~紹介
紹介~
紺~ ~終 終~ ~終っ 終っ~ ~終った 終った~ 終に~ ~終り 終り~

「紹介~」 3606, 39ppm, 2980位

▼ 紹介~ (654, 18.1%)

50 てくれた 25 ている, てくれ 13 ておく, てやる 9 て, ておいた, て置く 8 てあげる, てある, てもいい, て置いた, て見よう 7 ておい, ておきたい, てくれる, て呉れた 6 ていた, て居る 5 てみよう, てもらっ, てゐる, て下さい, て下さった, て下さる 4 たりし, てみる, てもらおう, てやった, て呉れる, て貰

3 [14件] てあげ, ていただいた, ておかう, てから, てしまった, てその, てもらい, てもらいたい, てもらった, てやっ, て来た, て置きたい, て置きます, て貰いたい

2 [39件] たりした, ていただい, ていただきたい, てお, ておこう, てくれない, てくれました, てくれます, てくれやしない, てこの, てこれ, てし, ては読書, てほしい, てみたい, てやらう, てよ, てよこした, てゐた, て上げましょう, て下さいました, て下さつた, て下された, て下す, て何, て呉れ, て呉れました, て差上げる, て後, て置かなけれ, て置き, て置こう, て見る, て貰い, て貰っ, て貰つて, て貰ひたい, にその, 稍後れ

1 [247件] あまつ, あるもの, いかに多く, かつこれ, がたい, これを, これ愚僧の, さらに研究, ぜひ入れ, そこに, そしてあらためて, そのま, そのまま別れ, その上, その冷笑, その十四年, その名, その晩, それから家郷, それから蓮太郎, それが, たりあるいは, たりされ, たり何, たり王立気象学界記事, たり町端, たり西田哲学, たるが, たるに, だが我々日本人, ちゃ失礼, つつ三十九年, つる, てあげた, てあげます, てあった, ていい, ていうこれ, ていただけ, ていただけないでしょう, ていただけます, ていない, ておきたく, ておきたくなっ, ておきました, ておきます, ておくれ, ておくれよ, ておられた, ておられる, てからしずか, てから二階, てから今日, てから渠, てきた, てきょう, てくだ, てください, てくださらない, てくれなかった, てくれまし, てくれません, てくれられる, てくれりゃ, てくれろ, てくれ給え, てくん, てしまう, てそれ, てそれに, てだんだん, てちょうだい, てとたのんだ, てはくれなかつた, てひと肌, てみたく, てもあなた, てもし, てもならない, てももらった, てもよい, てもらいたく, てもらう, てもらえないだろう, てもらえまい, てもらえる, てもらえるでしょう, てもらつ, てもらつた, てもらひ, てもらわない, ても余り, ても別に, ても恥ずかしから, ても真に, ても紹介, てやったら, てゆく, てよこし, てよこす, てよろしい, てわるい, てマンザラ, てロシア語, て一人, て一部始終, て上げ, て上げます, て下, て下さいません, て下さい云う, て下さらなくっ, て二人, て今度村, て以来, て佃, て低い, て來, て修史局, て俳句, て兄弟分, て入社, て公衆, て出, て各種, て同, て呉れなくち, て四人, て壇, て多く, て大いに, て天狗洞, て奇麗, て婦人, て居ります, て引き入れ, て御, て愉しくおもしろく, て戴きます, て文字通り, て旅券, て日本, て楽壇, て次にいささか, て欲しい, て民衆, て河村さん, て派手, て澹山, て猶, て私たち, て稽古, て笑い, て組頭, て置い, て置いた如く, て聊巴, て自分, て行, て行きました, て見たい, て読書界, て諸君, て貰いました, て貰えまい, て貰った, て貰つた事, て貰わね, て通訳, て過ぎ, て遣る, て間もなく, て隱家, て電話, て頂いた, て頂きました, て頂こう, て頂戴, て頻り, て食べもの, ながら, ながらいいました, ながらこの, ながらその, ながら更に多少, ながら言葉, につれ, または批評, また人, やふと, シラノの, ドイツ人に, ナポレオンを, 一場の, 三人で, 且つ今, 且つ自分, 且つ論じた, 世に教導, 世界平和と, 中にも, 二三篇の, 互いに談話, 以て, 何か, 何くれと, 來れる, 例の, 全く一般的普遍的, 全国民, 凶器として, 又かの, 又は模倣, 同期生の, 君が, 善良の, 場合に, 彼の, 我邦の, 批評し, 推奨し, 推奬し, 支那の, 新協新築地文学座等の, 日本では, 時々墓參, 模倣し, 歓迎の, 生徒を, 生徒自身に, 甲斐が, 盗人厩の, 祖述する, 而て, 自分の, 自分を, 芥川の, 芸術の, 若くば, 西洋人の, 見方を, 評注を, 詮ずる, 誰彼の, 資本論二版の, 近代的探偵小説を, 運動趣味の

▼ 紹介する~ (354, 9.8%)

14 ことに 8 ことは, ことを, のは 76 ことと, ために 5 のを, よ 4 から, ことが, のが, のだ, のである, のも, 必要が 3 までもない, までもなく, ものは, わ, 前に

2 [21件] がこれ, がゆゑ, ことによ, ための, と云, と本郷氏, にはも少し, に当, の亦, の光栄, までもあるまい, ような, ように, を要せぬ, 上に, 人が, 光栄を, 所以である, 機会を, 程の, 約束が

1 [202件] いとま, からその, からと言っ, からね, から一度, から会つて, から行っ, かわりに, があすこ, がいい, がその, がそれ, がもの, が僕, が吾, が如くである, が有力, が無, けれど何せ, ことであった, こととな, ことなどは, ことにも, ことによって, ことにより, ことの, ことも, ため, ためであっ, ためでは, ためにも, ため呼んだ, だけが目的, だけであります, だけの勇気, って云う, つもりだった, つもりであります, ということ, という名目, という態度, という訳, といふ席, ときこの, ときアナウンサーは, とその, とそのまま, となる, とにわかに, とは名ばかり, とまず, とトミー, とローマ教皇, と一種, と上手, と云え, と云った, と僕, と八月廿七日, と共にその, と共に二三, と共に願, と名古屋弁, と堅苦しく, と大要次, と女, と岩魚, と張蘊, と彼, と彼女, と次, と歩き, と池田, と男, と私, と老優, と老婆, と英国公使パアクス, と蒙, と言いだした, と返事, なんてあたし, に, にあたり先づ, にとどめ, には, にはその, には俊夫君, には最も, にも及びませんでしょう, に先立っ, に全力的, に及ばぬ, に在る, に堪えない, に当っ, に急, に止め, に止めよう, に止める, に足る, のついで, ので, のに, のにこれ, のにも, のに何, の価値, の功不知庵, の必要を, の怪しから, の栄, の栄誉, の機を, は地方教育上今日, ばかりでなく, までも無い, もの, ものである, ものとしては, ものも, やうに, やうには, わけにも, わね, わキヨちや, を例, を得た, エチケットも, パアティの, ワ, 事が, 事である, 事と, 事は, 事も, 二篇は, 人も, 今日に, 仕事は, 余白を, 余裕の, 便法を, 処が, 処に, 初対面の, 創建清眞寺碑である, 労力が, 勇気が, 博多児の, 右は, 場面の, 外國人は, 外科の, 形に, 役割を, 役目に, 彼は, 必要の, 必要は, 必要も, 意味からも, 意志は, 所だ, 手は, 折にも, 斉藤紫香が, 方が, 方も, 方法を, 日の, 日本の, 昔話も, 時, 時とり立て, 時に, 時には, 景教碑詳しく, 暇は, 機会の, 段じゃ, 男は, 目的で, 積りだつた, 筈で, 習慣を, 者が, 者無しには, 能は, 興味は, 記文を, 訳である, 話という, 豈偶然, 責任上仏蘭西文学に, 辺りを, 迄もなく, 道が, 野暮な, 際私は, 雑誌は, 類である

▼ 紹介~ (330, 9.2%)

34 を持っ 27 を書い 9 をもっ, を貰っ 8 をもらっ 7 を持つ 5 をくれた 4 のよう, を懐, を貰い 3 のない, もない, をもらった, を出す, を手, を携え, を示し, を認め, を貰う, を貰つて

2 [18件] ではない, でも貰っ, というもの, の封, の表, はお, は墨汁会社, も亦, をしたため, をもらいました, をもらつ, を享, を出し, を出だし, を差出した, を書く, を沼田, を渡した

1 [153件] あり, かきますと, があった, があります, がある, があれ, がとんだ, がなけれ, が再び, が同封, が書い, が用, が立派, が貰つて, だって案外, だに持参, だの其他一切, であった, である, でした, です, ですか, ですのねえ, ではあつ, ではたいした, でもあったら, でもあれ, とを以つて, とを持っ, と共にビールガンジ, と子供芝居, なかりせ, なしに, なぞ持っ, などは何, などを貰い, なるもの, なる物, なんか見なく, にそそのかされ, にはただ, には学士院会員ギュスタフ・ダンピエール, には川島浪子, には所見, には私共二人, には記入, にも書い, による, に対して敬意, に添え, に皆, に眼, に限っ, のもたらす, のやう, の主, の代り, の威徳, の宛名, の当てられた, の手前, の文句, の都合, はありがたく, はありません, はそのまま, はたぶん, はどこ, はドュウルン, はネパール, は二度, は出さない, は我, は現に, は開き封, まで貰っ, もある, もって, もなく, もなし, もらって, も何, も持たず, も携えず, も貰っ, をいただき, をうっ, をお, をかい, をかきます, をごらん, をさっそく, をたずさえ, をつけた, をとり, をとり出し, をふところ, をみ, をもたせ, をもつ, をも持参, をネパール, をポケット, を一つ, を一本, を一通, を下さらぬ, を二三本, を二通, を作っ, を出した, を出したら, を取り出そう, を受け取った, を受取っ, を受取った, を呈出, を差し出した, を得, を得た, を恵まれ, を戴い, を手渡し, を持たせ, を持ち, を持参, を授かる, を携, を携え来り, を書いときましょう, を書かせ, を書かれた, を書きます, を書き始めた, を机, を添, を渡しました, を渡す, を渡辺自身, を読みました, を貰いました, を貰った, を貰つて來, を貰つて小石, を貰つて河内屋, を贋造, を附, を青木, を頂く, を頂戴, 届けるもの, 持ってるだろう, 書いて

▼ 紹介した~ (240, 6.7%)

21 のは 8 のである 6 ことが 5 最初の 3 に過ぎない, のが, ので

2 [14件] ことも, という, ときの, のです, のも, までである, ものが, もので, ものである, ような, 人だ, 人は, 所が, 時は

1 [163件] あとで, かといえ, が, がかくする, がそこ, がその, がそれでも, がもう, がオタツ, が三人, が之, が始皇帝, が彼, が支那, が自由劇場, が見覚え, が近時志士, が針目博士, が隨員, が餘, が鱸, ことから, ことであろう, ことの, ことは, し新聞, その名誉, だけです, だけで私自身, だけな, だけのこと, って先生, ということ, という点, という縞目, とおりです, とかいふやう, ときにも, ところで, ところによって, ところの, ところローラつたら, と言われた, などとも語, にすぎない, のか, のかも, のじゃ, のだった, のだろう, のち男同士が, のでした, のでない, ので直様茶, のみならず, のよ, のを, はいい, ばかりで, ばかりでなく, ひとたちの, ものだ, ものとして, ものとしては, ものな, ものは, やはりドクトル, ように, わけで, わけな, んじゃ, んだ, んぢや, んです, アナウンサーは, キャデットの, ジイドと, セメドの, タニグクが, ピオニェールは, フランスの, 一人の, 上で, 乙亥の, 事が, 二人の, 人々は, 人で, 人では, 人も, 人を, 人達の, 例證によ, 写真が, 処に, 劃期的な, 動物学者であった, 友人の, 口入れ屋は, 各地の, 各種の, 同一事實, 同治四年, 同行商坪勇太郎さん妻御嶽教信者しげ, 吹田順助氏訳の, 国, 女を, 宇和島の, 定家歌集を, 宣教師の, 宮原晃一郎氏が, 小川氏と, 川上の, 幾多の, 彼の, 後, 或書生, 所に, 文章, 料理屋だ, 斯の, 新聞の, 方が, 方である, 春秋時代の, 時から, 時に, 時の, 時よりも, 杉山茂丸氏の, 李彦昇の, 榊博士の, 樣な, 洋服姿の, 流行作家の, 混沌たる, 物語が, 猶且ドクトル, 率先者である, 男が, 白鷹先生に, 積りである, 筈です, 節學生が, 縁故が, 美学者迷亭君の, 若松賤子は, 記事の, 論文の, 譯であります, 責任は, 責任も, 責任を, 買物の, 路子さんに, 農商務省の, 通りどことなく, 通り明末に, 陳惟賢も, 集会の, 須永こそ, 黄巣の, 齊の

▼ 紹介~ (233, 6.5%)

4 私は 3 或る 2 こんな処, そのころ, 伸子たちは, 借りたその, 入社した, 初めて私, 南品川の, 知遇を

1 [210件] あつた, あなたの, あらねば, ある寺, ある書店, ある銀行, いちど逢った, いちど逢つた, うっかり借りた, お志保, お雇い, けふ, ことしの, このあいだ, このコック部屋, このラマ, この東洋綿糸会社, すぐ下田端, その女性, その店, その科学的, たしかここ, たしか新橋, たしか日比谷, だろうが, はじめて正岡子規, ふとしたこと, やつて, やとった千代, やはりこの, ようようここ, ようよう此処, わたしの, オオグスブルグの, カンヌへ, クルックス, シナ官吏に, タイピストで, ニットーレコードへ, ノコノコそんな, ハリソン方へ, ペンキ職に, ボンベイの, ポーチの, マッサージを, マドマゼエルが, ミスラ君と, レーヴィット氏の, 一同の, 一夜京は, 一寸まごつかせられる, 一度, 一等に, 三月ばかり, 上つたと, 丑松は, 中村不折君が, 二十年後の, 二百枚ばかりの, 人が, 会堂を, 住みかえたの, 住込仲居に, 何物である, 余は, 來る, 俳優なんかの, 先頃私の, 入ったの, 入った黒ん坊踊り, 入れた寺沢, 入れて, 入社する, 共鳴に関する, 兵馬は, 内海月城氏, 初めて半井桃水, 初めて対面, 初めて知った, 加野と, 北海道における, 博物館に, 参りましたが, 參上しました, 友達に, 吉村を, 名古屋ホテルで, 和歌を, 団十郎の, 増岡登三郎といふ, 大原さんの, 大学の, 大通りの, 大阪朝日新聞社に, 大阪毎日の, 大隅学士は, 天狗洞の, 始めて未亡人, 嫂の, 学校の, 宝蔵院に, 宿を, 尋ねて, 小学校の, 小岩町の, 山上みさをの, 島村の, 帝国ホテルで, 当時閨秀歌人として, 彼, 彼が, 律気な, 後学の, 従いて, 得た飜訳, 御目, 志願者, 或土地会社, 或寺, 損料で, 数年前から, 新しい主治医溝淵博士, 新幡随院, 日活に, 早くも, 明治二十五年三月, 春陽堂に, 昨年頃から, 是非見, 時事新報社の, 最近組合に, 木曜會の, 来たが, 来たの, 来たものの, 来た若い, 東京で, 東京を, 東京朝日新聞に, 松波資之氏へ, 松濤に, 某氏に, 栖鳳先生に, 桃山の, 桜痴居士の, 梵妻あがりで, 横浜の, 欧州楽壇の, 気合術診療所の, 永平さんに, 江戸川兄の, 泊ること, 淀橋の, 漱石君の, 漸く会う, 現住三浦氏が, 現在勅選議員で, 瑞巌寺の, 産科婦人科の, 田辺若男氏を, 男の, 知ったきり, 知った切り, 知つた, 知るよう, 社中に, 神戸氏の, 神田区の, 私たちは, 稲葉犀五郎中村田吉両氏も, 突きすすん, 第一生命の, 築地の, 糸島出身の, 美術学校の, 自然に, 若きショパン, 若き作家佐藤邦夫, 若杉慧なる, 茨城県庁の, 萬朝報社に, 藍子は, 藤田を, 藤田謙一氏から, 行ったの, 衣の, 訪問する, 詩を, 講壇に, 豊中の, 貴族エル何某の, 資本論をも, 越智東風と, 軍艦長門に, 逢つて見た, 金持ちの, 鈴木三重吉氏の, 鍼灸家の, 長崎に, 長崎の, 長崎図書館長永山時英氏を, 関川といふ, 阿母さん, 雑誌部の, 青バスの, 面会を, 頗る面白い, 頼みたい, 高田馬場の, 黒部山中の

▼ 紹介~ (202, 5.6%)

24 して 7 得て 4 書いて, 求めて 3 しながら, しました, しよう

2 [12件] かいて, した, しましょう, すませて, たのむと, もらって, 得た, 忝うし, 持って, 試みたが, 貰って, 願います

1 [130件] うけても, うける, お持ち, お求めなさる, お許し下さい, かねそう, かねたおしゃべり, くれました, この人, ごく寛いだ, しじぶん, しそれから, したごとく依然として, したって, したの, したらと, したらどう, した後, した時, してから, してやること, しなけりゃならないわけ, します, しようと, する, するから, すること, するため, すると, するとか, するところ, するなどは, するに, するの, するわけ, する人, する必要, せん, せんじやつ, たのんで, ちよつ, もって, もらったところ, もらったり, もらつて, やったあと, よみかえして, 一生の, 丁寧に, 下さったので, 下すった, 主として自分, 仕事に, 企てるの, 依嘱, 依頼し, 依頼した, 兼る, 切上げざるを, 割愛させ, 受けた赤星探偵, 受けて, 名刺に, 含み第, 始め独逸, 少し具体的, 巻頭に, 彼に, 待たず勢い, 得なければ, 得まして, 得ること, 得宿, 必要と, 意味し, 持ち実隆, 書いた, 書いたの, 書いた後, 書きこの, 書きつつ, 書き始めたが, 書き終り三宅氏, 業と, 機会として, 欲する政府当局, 求めた, 求められる場合, 求められる方, 求めるの, 求めるよ, 求めんにも, 終っても, 終り姓名不詳, 繰返したので, 聴いたとたん, 致しますから, 行ったり, 要すること, 見た, 見た時, 見ても, 計画し, 試みたれども, 試みて, 試みようと, 読まれるに, 読んで, 讀んで, 貰いました, 貰つてらつ, 貰つて行つたのだ, 貴兄に, 賜わり候事, 開始した, 附録として, 集め出版, 面白そう, 頼まれて, 頼みたいという, 頼み入ると, 頼み私, 頼むこと, 頼む電話, 頼んだ, 頼んだ事, 頼んだ時, 願いたいもの, 願って, 願われまじくや

▼ 紹介され~ (195, 5.4%)

35 ている 6 てその 4 ていた, て以来 3 てある, ていない, てゐない, て居ります, て居る, て彼女

2 [11件] て, てしとやか, てそこ, てそれから, て居た, て改めて, て来, て来た, て見る, また一, サー之

1 [106件] お互いに, お天気, かつ将来, そこに, その人, その後しばしば, その次ぎ, その記事, それが, それに, たり, たりし, たりなんか, たり又は, てあつ, てい, ていい, ていっしょ, ていなかった, てうち, ておらぬ, てからのこと, てからまだ, てから僅か, てから山岳, てから数年, てから渠, てから約, てから陸地測量部, てしまう, てしみじみ, てすでに, てそういう, てそれ, てちょっと, てという河原崎長十郎Моя, てはいる, てはじめて, てみ, てもジロリ, ても更に, てわたし, てゐ, てゐなかつた, てゐる, てゐるであらう, てパリー社会, てホテル・メトロポリタン, てマタ・アリ, てロバート, て二人, て以來, て例, て俺, て全, て初めて, て判検事一同, て口, て喜多村緑郎丈, て堪る, て女, て学生, て宗助, て小春団治の, て少しく, て居り, て悪, て愛婦, て新しい, て日本, て来なかった, て森野老人, て相, て編物, て縣, て親しく, て識, て識つた太宰治, て貞盛, て軍人, て関羽, て集まっ, て默つて, て黙っ, もした, もしなけれ, やすく同時に, 主張され, 乍ら三十二三の, 二人は, 二月一日から, 再紹介, 命拾いしました, 好評を, 宣伝された, 度々その, 度い, 彼に対して, 彼等は, 応用も, 戯作の, 日本にも, 明日なら, 瀧井君に, 私も, 高い翻訳料

▼ 紹介された~ (177, 4.9%)

7 のは 4 ことが 3 ことも, のだ, 青年は

2 [16件] ことです, ことなどは, ことの, ことは, のが, のであった, のであつ, のである, ものである, んです, ヨーロッパの, 先は, 同席の, 時の, 石本俊吉君に, 者の

1 [125件] ある社会主義者, お糸, からここ, がその他, がひとたび, が加野, が彼等, が秋声氏, が近代, けれどこの, けれども秋声氏, ことこれである, ことである, ことを, し, その人, その若い, ということ, というの, といふの, とおり奇麗な, ときその, とき一緒に, とき日本で, と同時に, にした, に始, に拘らず, のであったろう, ので始め, ので桂公爵, ので登山界, のも, のを, はじめであった, ばかりの倫敦, ばかりの奇怪, までで, ものさ, ものの恐らく, ものも, んだ, ウェーランド, シェストーフに, ジイドの, ジイドは, ドゥーゼという, フランス映画の, 一九三三年以後明確な, 一人の, 一座へ, 三人同伴で, 主は, 事が, 事の, 人々である, 人々の, 人だけでも, 人は, 人も, 伸子たちに, 倉地は, 処だ, 判事も, 医学生から, 医者が, 十五六人の, 古風な, 坊さんの, 大学生つき, 女は, 女優達の, 婦人作家たちの, 学者を, 客には, 山の手の, 岸壁破壊の, 年少詩人の, 当時から, 後者ブリュジョンは, 御米, 我々の, 数学パズルで, 數學パヅルで, 日, 日にも, 日本の, 映画は, 時かつて, 時と, 時どぎまぎし, 時などは, 時には, 時は, 時も, 時や, 時何か, 時僕は, 時分には, 時君は, 時彼女は, 時御, 時眼と, 最初の, 朝倉夫人の, 本多子爵だ, 松月館主人は, 桃水との, 楽譜店の, 水青楼へ, 海外戯曲は, 独逸の, 男であった, 私の, 私服の, 縁談が, 翌日夕食に, 翻訳の, 老子は, 致富の, 農村を, 近水ホテル, 通り, 通りこの, 関係上ここでは

▼ 紹介~ (126, 3.5%)

20 労を 4 手紙を, 言葉を 3 勞を, 名刺を, 文章は 2 ために, 下に, 文章を, 筆を

1 [81件] いるその, おかげで, ことばであった, ごときもの, しかたを, すんだ組, とっつき場, ないお客さま, ないお客様, ない相手, はお前さん, やり方は, アメリカ帰りの, 一助として, 一文が, 人以外に, 仕事は, 仕事も, 冊子を, 功多き, 労も, 効果に, 勢ひ, 半ばに, 卓越した, 印を, 右の, 名刺まで, 吟松へ, 団体廃物利用会托児所虚礼廃止同盟の, 域を, 好きな, 如きは, 客が, 宮口保険女史に, 家の, 常として, 役割を, 役目だけを, 役目を, 後で, 後私は, 必要などは, 必要の, 必要は, 意味で, 意味でしょう, 態度と, 態度は, 手蔓を, 抑, 挨拶を, 放送を, 放送員は, 文も, 文案を, 文章そのものの, 文章と, 方だ, 方は, 方法こそ, 方法も, 方面では, 有り無し, 有意義な, 本の, 欄で, 洋服屋来り, 色々の, 要無しと, 角度によって, 言葉も, 記録を, 許しを, 講演を, 賜なり, 載って, 辞でも, 辞と, 辞に, 辞を

▼ 紹介~ (80, 2.2%)

2 がある, のある, もなく

1 [74件] あって, から前日, から知人, があった, がいう, がいる, がうるさ, がこんな, がない, がなく, が会社, が共通, が可, が数寄屋橋教会, が有れ, が歴, が面倒, だけで, だったから, であった, であって, であり学芸, であり通訳者, である, ではある, ではあるまい, でもある, という, としてかけがえ, としての小酒井不木氏, としては二葉亭, としては倶樂部, としてまた, としてわれわれ, として世界的, として功労, として山女, として相当, として知られ, として米川正夫氏, となっ, となり, と保証人, と私, なきもの, などなく, になった, にならなく, にもなり, によって説明, に対して出来得る, に負けず, に連れ, のうち, のことば, のところ, の位置, の初子, の努力, の吉川夫婦, の庸太郎, の意志, の態度, の淡, の立場, は吉川夫人, は故, は極力, は無論, は社会主義的リアリズム, もそれ, をもっ, を労, を得

▼ 紹介しよう~ (66, 1.8%)

11 と思う 5 とする 43 とした, と思った 2 とは彼, と云つて, と思っ, と思ふ, と申し出た

1 [30件] かと云う, これが, ぢや, といい出した, という, というところ, というの, というん, という肚, という計画, といふ, として調べた, としなかった, とつとめ, とは思っ, ともしない, と云っ, と云つた, と勉め, と思, と思い, と思います, と思つた秋夢君, と思ひました, と皆んな, と約した, と肯, と試み, と試みた, なかなか面白く

▼ 紹介~ (65, 1.8%)

2 の御, の門, へ行っ

1 [59件] からの帰り, から信吉, から団体契約, から来る, から耳より, から雇われる, が中心, が恨まれ, であるし, ではなかつた, ではホテル, では今, で全, というもの, といふ木札, といふ熟語, と教員住宅, と私達, と結婚媒介所, などから人, には降る, による就職率, に云っ, に就職, に行く, に行っ, に行った, のアブレ, の主人みたい, の仕事, の係員, の募集, の受付, の帰り, の役人達, の手, の統制, の門前, の閉鎖, の鳴物入り, はこうした, は小, は更に, は空っぽ, は連絡, へいっ, へは今朝, へ行かなかった, まで行っ, を出る, を覗い, を調べた, を通じていわれた, を通じての, を通じての勤労, を通じて炭坑夫, 住むと, 又は会社, 又は周旋所

▼ 紹介~ (57, 1.6%)

5 よると 3 よれば, 努めて, 及ぶと 2 及んで

1 [41件] あずかりました一〇一号室, あずかりました日本社会党訪中使節団, あたいする, つきる, とどめたならば, なりました喜田貞吉, よったから, よったもの, よらない斡旋屋, よりますと, ヤング氏は, 依ると, 僕の, 力を, 努めたいと, 努めた友人リスト, 及んだの, 及んだ巴里風, 取りかかりましょう, 可なりの, 因て, 大きな使命, 役立つもの, 従った観察者, 接すること, 據る, 新帰朝者, 止まつて, 浜田浜六は, 率先, 現れて, 由って, 由つて招かれた, 留めて, 答えて, 答へて, 終つた, 記されて, 録され, 預り今, 驚いては

▼ 紹介~ (56, 1.6%)

4 すむと 3 あった 2 なければ

1 [47件] あったこと, あったとて, あったもの, あったよう, あった筈, あって, ある, あるお方, あるか, あるので, ある方, あれば, されて, すんで, てら推参, ないと, なくっては, なされた, のった, のって, はじまって, めぐりめぐって, ベリヒテに, 入用でしょう, 出たので, 単なる猟奇趣味, 原因だった, 同時代, 役に立たなかつたら彼, 必要である, 新しい顧客, 時に目, 無ければ, 独逸の, 簡単に, 終ってから, 終つて主人の, 終ると, 結局帰りがけの, 行われた, 行われて, 行われました, 載つて, 野放図に, 面白かった, 願えないでしょうか, 願えなければ

▼ 紹介される~ (49, 1.4%)

2 ことが, ことを, とそれ, 機会が

1 [41件] ことなく, ときに, とき妙に, とどの, と丁度, と主人金兵衞, と五尺八寸, と少年友吉, と幾度, と早く, と深い, と満都, と笹村, に至った, に過ぎず, のであった, のと, のに最も, の名誉, はずに, までは兄, ままに, より前, フランスの, フランス映画の, 上に, 事は, 五十未だ, 何もかも昨日, 偶然また, 処から, 声を, 日本の, 時, 時には, 此国の, 氏も, 父君も, 知名の, 背が, 迄は兄

▼ 紹介したい~ (48, 1.3%)

10 と思う 4 から 3 と思います 2 という希望, と思っ, と思ふ, のだ, のである, 方が

1 [19件] がはいっ, が文章, という念願, という私, といふ考, と云, と思った, と思つて, と思ひ, な, ひとが, ような, わけです, 一人の, 人が, 人も, 件が, 心に, 現在世間で

▼ 紹介~ (45, 1.2%)

6 なしに 2 なくいきなり, なく妙, なく突然, なく顔, 何も, 待たずして, 無しに

1 [25件] いたしませんでその, これが, されてを, されなかつたので, した, したので, して, しなかった, すんだ事, たしかに大きな, ないの, なくブラリ, なく訪問, なく話しかけ, 亦同様, 出来しませんわ, 実はその, 彼是相俟つて始め, 待たずに, 待たないで, 抜きに, 日本の, 無い京極三太郎, 終って, 許さなかった

▼ 紹介~ (37, 1.0%)

1 [37件] ありますか, ありません, いくらでもある, これで, これ位に, こんな程度, された, されたが, されなかったが, したが, どっさりありました, まだあまり発達, アーダの, 不要な, 他の, 他日を, 出来る筈, 初めから, 却って東京新聞, 可訝かろう, 右に, 地頭の, 多くは, 実際文字, 少しく長く, 彼等を, 後の, 成りかねるしかし, 断然お断り, 日本の, 最も意義, 最後まで, 求めますまいその, 生憎まだ完結, 相当注目, 社会主義的リアリズムが, 誰が

▼ 紹介せられ~ (20, 0.6%)

3 ている

1 [17件] たり, たりし, たりなどし, ておらぬ, ておれ, てから彼, てゐる, てピカデリイ, て先ず, て居た, て往, て海保漁村, て福沢諭吉, て私たち, て随来, また十三, パンフレットを

▼ 紹介せられた~ (16, 0.4%)

2 筈である

1 [14件] がため, ことも, ところと, ところに, と聞きました, のは, のも, ものである, ものは, オシラ神と, 事などを, 外国劇が, 時の, 時は

▼ 紹介~ (16, 0.4%)

1 [16件] いうより, ここを, ごちゃ, されて, なり一ヶ年後, やらんも, メーデイの, 云った水準, 云ふ, 云ふこ, 仲直りの, 普及に, 演出記録以外に, 簡単な, 註訳とに, 部分的な

▼ 紹介~ (16, 0.4%)

2 新刊批評という

1 [14件] 何かが, 医書究理書の, 批評の, 挨拶が, 挨拶は, 文化の, 災害の, 縁故の, 翻訳に, 舞台装置の, 註釈は, 説明や, 議論が, 身上相談と共に

▼ 紹介すれ~ (15, 0.4%)

51 ばあの, ばかれ, ばよい, ばギネ, ば人々, ば勝浦郡小松島町滞在中, ば右, ば新, ば美, ば面白い

▼ 紹介わせ~ (13, 0.4%)

41 して, しよう, た者, てからまた, てくれ, てやった, で私, もしよう, を述べた

▼ 紹介します~ (11, 0.3%)

2 が今度 1 から, けど, とこういう, とさとれる, と主人, と出生日, わ, 先生の, 場合に

▼ 紹介によって~ (10, 0.3%)

1 おいそれと引き受ける, お銀様, 両巨頭, 二人の, 会うには, 先生の, 始めて雅楽, 履歴書を, 病院の, 逢うという

▼ 紹介させ~ (9, 0.2%)

2 てもらう, て下さい 1 そして満州, たり批評, ていただきます, て頂きましょう, 色々話してた

▼ 紹介しなけれ~ (9, 0.2%)

7 ばならない 1 ばならぬ, ばならぬ破

▼ 紹介~ (9, 0.2%)

21 から旅籠代, が取り, そうだ, そうです, とばかり思っ, と云っ, 徒刑囚と

▼ 紹介から~ (8, 0.2%)

1 その汽車, だった, であるし, 出発した, 初めた日本, 唐突な, 始まつて, 書きはじめて

▼ 紹介しない~ (7, 0.2%)

1 この宮子, で私, というの, と支那, のも, やうに, 方が

▼ 紹介しましょう~ (7, 0.2%)

21 こちらが, この人, この方, ねこちら, 佐々伸子さんこちらは

▼ 紹介~ (7, 0.2%)

1 たりいろいろ, たりし, ておく, てそれ, てもらいたい, て置こう, 更に夫人

▼ 紹介~ (7, 0.2%)

1 と一所, になる, のいい, の声, は実隆, は帰り, や保証人

▼ 紹介いたします~ (6, 0.2%)

1 が, が笑わない, こちらは, とその, のは, わ

▼ 紹介しました~ (6, 0.2%)

2 バーナード先生は 1 が作者, が銘仙, ところ僅か, 時彼は

▼ 紹介せん~ (6, 0.2%)

2 とする 1 ことは, とぞいうなる, との事, と云

▼ 紹介によ~ (6, 0.2%)

1 つて, つてのみ, つてま, つて上州榛名山麓の, つて俳交を, つて大通りの

▼ 紹介~ (6, 0.2%)

1 があまり, が現われた, の中, をしたためる, を書いた, を結ぶ

▼ 紹介致しまする~ (6, 0.2%)

2 は最前 1 この事件, とあの, のは, は九州帝国大学

▼ 紹介してやろう~ (5, 0.1%)

21 じゃない, という, と云った

▼ 紹介すべき~ (5, 0.1%)

2 唯一の 1 は孔子, 大功の, 貴重な

▼ 紹介では~ (5, 0.1%)

2 ない 1 あり立派, なかつたの, 無かつ

▼ 紹介なら~ (5, 0.1%)

1 いつでも, すぐにでも, ともかく一冊, ばともかく, ば心置き

▼ 紹介批評~ (5, 0.1%)

1 し且つ, するわけ, に小説家, の筆者, はそういう

▼ 紹介~ (5, 0.1%)

1 に, に載せ, のよう, の三行広告, を見

▼ 紹介したく~ (4, 0.1%)

2 てこの 1 も余りに, 徳川中期から

▼ 紹介し得る~ (4, 0.1%)

1 のである, の機会, ものが, 機会が

▼ 紹介である~ (4, 0.1%)

1 ことを, と思う, 人が, 限り勝手の

▼ 紹介でも~ (4, 0.1%)

1 あるし, いい, されれば, するつもり

▼ 紹介には~ (4, 0.1%)

1 しかたの, 少し辟易, 懲り懲りだ, 非常な

▼ 紹介いたしましょう~ (3, 0.1%)

1 こちらは, この方, これは

▼ 紹介~ (3, 0.1%)

1 あるいはその, 事務所の, 何かで

▼ 紹介されない~ (3, 0.1%)

1 のである, のは, 以上は

▼ 紹介したら~ (3, 0.1%)

1 いいでしょう, メイちやんの, 円山さんは

▼ 紹介したる~ (3, 0.1%)

1 さあ一緒, ものその, 勇氣を

▼ 紹介しなかった~ (3, 0.1%)

1 がこの, のは, 同一傾向

▼ 紹介しませんでした~ (3, 0.1%)

1 かしらうち, が俊夫君, な

▼ 紹介すべし~ (3, 0.1%)

1 とてわが, とて余, と書い

▼ 紹介せし~ (3, 0.1%)

1 はいかにも, 経済論は, 議員も

▼ 紹介という~ (3, 0.1%)

1 ことまで, ことも, 点から

▼ 紹介などは~ (3, 0.1%)

1 この二つ, すまいとの, もちろんそうである

▼ 紹介につれて~ (3, 0.1%)

1 ていねいに, 二人は, 操り人形の

▼ 紹介にて~ (3, 0.1%)

1 始めて, 岡崎氏に, 王宮を

▼ 紹介まで~ (3, 0.1%)

1 したこと, して, 同じよう

▼ 紹介~ (3, 0.1%)

1 されて, されると, せると

▼ 紹介又は~ (3, 0.1%)

1 批評を, 批評又は, 既に定評

▼ 紹介~ (3, 0.1%)

1 のソテロ, の不知菴, をする

▼ 紹介推薦~ (3, 0.1%)

1 するという, の言葉, をし

▼ 紹介~ (3, 0.1%)

1 だこれ, のよう, を得たる

▼ 紹介致しました~ (3, 0.1%)

1 ので, 世界最古の, 本事件

▼ 紹介致します~ (3, 0.1%)

1 から, わ, 空前絶後的な

▼ 紹介いたさう~ (2, 0.1%)

2 と思ふ

▼ 紹介いたした~ (2, 0.1%)

1 のである, ヒゲツキ節の

▼ 紹介いたしたい~ (2, 0.1%)

1 と存じます, ものが

▼ 紹介いたしました~ (2, 0.1%)

1 あの生首事件, 九番て

▼ 紹介かたがた~ (2, 0.1%)

1 ちょっとお話, 引張りだした今夜

▼ 紹介~ (2, 0.1%)

1 てお, てくれ

▼ 紹介されたる~ (2, 0.1%)

1 西川の, 辰弥は

▼ 紹介されてる~ (2, 0.1%)

1 のを, 人体力学とともに

▼ 紹介されなかつた~ (2, 0.1%)

1 かと考へ, かも知れない

▼ 紹介されました~ (2, 0.1%)

2 のは

▼ 紹介され始めた~ (2, 0.1%)

1 社会主義的リアリズムという, 社会主義的リアリズムの

▼ 紹介しませう~ (2, 0.1%)

1 か, さう

▼ 紹介するなら~ (2, 0.1%)

1 さう, 手紙でも

▼ 紹介せう~ (2, 0.1%)

1 と欲, 既此様な

▼ 紹介せよ~ (2, 0.1%)

1 というの, との事

▼ 紹介せられる~ (2, 0.1%)

1 と實, 男爵は

▼ 紹介せる~ (2, 0.1%)

1 と軍兵衛, 嘉悦氏も

▼ 紹介だけで~ (2, 0.1%)

1 患者を, 通過しなけれ

▼ 紹介であった~ (2, 0.1%)

1 か父, が原著

▼ 紹介できない~ (2, 0.1%)

1 しさて, のが

▼ 紹介といふ~ (2, 0.1%)

1 ものに対して, んだ

▼ 紹介として~ (2, 0.1%)

1 あげ優雅, 日本における

▼ 紹介とでも~ (2, 0.1%)

1 いふもの, 云ふも

▼ 紹介~ (2, 0.1%)

1 のだ, ので宗盛

▼ 紹介などで~ (2, 0.1%)

1 この本, たとえば十一月

▼ 紹介なり~ (2, 0.1%)

1 昨日も, 自説の

▼ 紹介なんか~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 紹介にのみ~ (2, 0.1%)

1 よると, 終始せず

▼ 紹介により~ (2, 0.1%)

1 また自分, フィッツロイ公園の

▼ 紹介によりて~ (2, 0.1%)

1 大に, 市長の

▼ 紹介による~ (2, 0.1%)

1 もので, 匿名の

▼ 紹介ぶり~ (2, 0.1%)

1 であったの, は証人

▼ 紹介をも~ (2, 0.1%)

1 俟たず, 求めずに

▼ 紹介下さいました~ (2, 0.1%)

1 けれどもわたし, ように

▼ 紹介映画~ (2, 0.1%)

1 との間, を見た

▼ 紹介機関~ (2, 0.1%)

1 がほしい, しか持たなかった

▼ 紹介状これ~ (2, 0.1%)

1 が住所, を持っ

▼ 紹介状ドコロ~ (2, 0.1%)

2 の話

▼ 紹介状総理大臣総裁大臣~ (2, 0.1%)

2 前大臣

▼ 紹介~ (2, 0.1%)

1 に書き初め, に煩瑣

▼ 紹介的演出~ (2, 0.1%)

1 が作り出した, を以て新劇運動

▼ 紹介~ (2, 0.1%)

1 と申します, もなされた

▼ 紹介致す~ (2, 0.1%)

1 はずであった, 事に

▼ 紹介記事~ (2, 0.1%)

1 が氾濫, を読ん

▼1* [175件]

紹介あらば自然, 紹介いかにも素人くさい, 紹介いたし聊か, 紹介いたしましたからめての戦法, 紹介いたすに過ぎない, 紹介くださいませんか, 紹介ね, 紹介さえが社会的な, 紹介さしたと言う, 紹介させるとも言っ, 紹介さるところの, 紹介さるべくして未だ, 紹介されかかった事が, 紹介されずにゐた, 紹介されたぎりかつて叔父, 紹介されたであったろうと思う, 紹介されなかったという事, 紹介されなければその, 紹介されぬ先より, 紹介されはじめていた, 紹介されはじめたグリムや, 紹介され出すかも知れぬ, 紹介しあって淡白, 紹介しあわせて登別, 紹介しかけたときふと, 紹介しかんたんな, 紹介したがるから実は, 紹介したごとくわがむっつり, 紹介したつて俺, 紹介したではありません, 紹介したならば間接, 紹介したらうと想, 紹介した如く十惡中の, 紹介しとくわ, 紹介しなかったらちぇっと, 紹介しなかつたならば或は, 紹介しはじめるとリーリャ, 紹介しもしなかったが, 紹介しょうもうこうなった, 紹介しろなどとも大, 紹介し併せて此, 紹介し合う程の, 紹介し合って判った, 紹介し得たことは, 紹介し得たならば日本, 紹介し飽くことなく, 紹介とやがて, 紹介すべきであるかどちら, 紹介すべく壇上に, 紹介すべく努めようと決心, 紹介すら加へ, 紹介すらもしなかった, 紹介するならした方が, 紹介する如く彼の, 紹介する誤を犯し, 紹介ずみのところ, 紹介せいたすが, 紹介せず自分同様その, 紹介せたその妻もろ, 紹介せたいためだ, 紹介せなければならぬ, 紹介せぬ前に, 紹介せようと思ふ, 紹介せらるべきであつた, 紹介せられしは浅井氏, 紹介せられたら世界に, 紹介せる如く景教碑の, 紹介せんではいかん, 紹介その社会主義建設事業紹介の, 紹介その他の事務, 紹介だけでも日本の, 紹介だけにとどめたの, 紹介だったから放っ, 紹介だの評価だ, 紹介でだけ雇うの, 紹介とか何とかに, 紹介とかに頼らねば, 紹介としてはさし当り夫を, 紹介とに力を, 紹介とを終って, 紹介なき客に, 紹介なさったのです, 紹介なすった方が, 紹介などが書かれて, 紹介などもあるよう, 紹介などを書く, 紹介なるものが, 紹介なれども参考, 紹介について最も勉むる処, 紹介になつた, 紹介によつて私, 紹介に関し様々の, 紹介ねがえますまいか御, 紹介ばかりが出来たに, 紹介まだだったわね, 紹介までに掲げたる次第, 紹介めいたものを, 紹介めいた事をする, 紹介やがて私も, 紹介やら保証やらを, 紹介によって連れ, 紹介をば求めざるべし, 紹介をもって板垣伯に, 紹介を以て此の, 紹介スルノ利アルヲ知リ淺劣, 紹介法然院ノ, 紹介一くさりをやっ, 紹介上演し新, 紹介下さった速水君は, 紹介乃至翻訳は, 紹介事務局長にし, 紹介事業といふもの, 紹介仕るが決して, 紹介以後の事, 紹介佐藤朔鈴木力衛両君編輯の, 紹介作品の売約口, 紹介の薬, 紹介免許状等が口, 紹介被下, 紹介名刺をもらつ, 紹介外来客に対する日本紹介, 紹介なぞを織込ん, 紹介山野の改めて, 紹介幾通かありし, 紹介庄左衞門正榮の, 紹介も来, 紹介所ニ入ルコトヲ以テ一種, 紹介所前で渡辺, 紹介所図書館等にまで, 紹介所長等からなる, 紹介として乾隆十枚, 紹介を頼んだ, 紹介方法について直ぐ, 紹介来賓の祝辞, 紹介をし, 紹介のもの, 紹介権田時介氏連れ来る, 紹介殊にヂパングの, 紹介とを考え, 紹介海國日本の海防, 紹介済みかと思つて, 紹介演出を担当, 紹介演芸欄の噂話, 紹介状そのものがすでに, 紹介状サッキ郵便で出しました, 紹介状丁寧でかえって, 紹介状二つ貰い明朝監獄見物, 紹介状五十の名刺, 紹介状別封差上候間御使可, 紹介状旅行券を受け取った, 紹介上げます, 紹介申しあげたいことが, 紹介申しあげる光栄を, 紹介申し上げた筈である, 紹介申すと, 紹介的上演に帰, 紹介的役割をもつ, 紹介二は, 紹介等々だという, 紹介翻訳が全盛, 紹介者たちと日本見学, 紹介者つきの入場券, 紹介者位で入れる, 紹介者女衒周旋人又はブローカー, 紹介者稀に文学, 紹介者諸氏の驥尾, 紹介致し候, 紹介致すべく候, 紹介致候水島寒月という名刺, 紹介解説をする, 紹介評論の類, 紹介論評したもの, 紹介貰いに歩い, 紹介に虚無的肯定, 紹介通りのこと