青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「珠~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

王~ 王さま~ 王子~ 王様~ 玩具~ ~珍 珍~ ~珍しい 珍しい~ 珍しく~
珠~
班~ ~現 現~ 現に~ ~現れ 現れ~ ~現れた 現れた~ ~現れる ~現われ

「珠~」 1884, 18ppm, 6305位

▼ 珠~ (394, 20.9%)

8 出して 6 持って 5 乞ひ, 捲いたり 4 お請け, 定置する, 弾いて, 見て 3 揺る如く響いた, 緒に

2 [28件] くれました, さしたり, 二つ盜んだ, 五つ六つ頬張つた, 取って, 取られたよう, 取るか, 取ること, 取るの, 奪われたよう, 張の, 弾くか, 成したるか, 成し句, 手で, 手に, 抱いて, 拝んで, 持ち, 探して, 掬は, 搖る如く響いた, 湧かせば, 為といへ, 落したよう, 見るやう, 見れば, 踏んでは

1 [292件] あざむく匂やか, あたりに, あやまって, あらそう龍虎, おさえながら, お解き, かけつらねたごとく龍太郎, かけて, かけ手, かけ歩, かけ足, かざる癖, こうやっ, ことんと, こぼした, ごろごろ限り, さがして, さぐる船, しょっちゅう撫でまわし, じっと見詰め, せせって, そうっと覗いた, たらして, ちらし着たるは, ちりばめたる奇剣, ちりばめた榻, ちりばめた誅悪, ちりばめた鱗, ちりばめた黄金, つかんで, つけたピン, つづった, つづり南, つづり槎, つづり草, つないで, つなぎ合せ, つらぬいたよう, つらぬく, つらねし珠数, つらねたとても, つらねたるが, つれて, とおして, とって, とられたという, とられた旦那, どうにかし, なくしたは, にらんで, ぬきと, のべたよう, はめこんだもの, はらむ, ひねくりながら, ひらひに, へだてて, ほうりこぼした, まろば, みがくよう, むざむざ喪失, もうひとつ, やられたの, やるからと, わざわざ泥, ゑぐり取らう, サラサラと, フツフツフツと, 一つ持っ, 一ぱい持っ, 一粒二粒なんて, 三つおく, 上げるか, 下に, 与えて, 両手に, 九仞の, 争うかの, 争うごとく張飛, 争うそういう, 争うところ, 争うよう, 争う図, 二つはじい, 二つまで, 二つ盜んで, 二円や, 作らしめて, 作らしめアメノコヤネ, 佩びて立ち出づるを, 佩び現われた, 使わなくても, 俺は, 偶然に, 償う者, 入れた, 凝視めたままで, 十萬粒二十萬粒積み重ねたつ, 取ったかと, 取った海士, 取った王朝時代, 取つた, 取つて, 取つて來, 取らぬに, 取出しそれに, 吐いた, 吐いて, 吐きたまひ, 吐き入れましたが, 嘗めさせるやう, 噛んで, 垂らして, 埋めこみ刀身の, 大した大事, 失い我が, 失うたよう, 失うと共に, 失くし, 失くして, 失った悲しみ, 失った龍, 失ってから, 失ふから, 失ふとき, 奉り得べく第, 奪い去った, 奪ったから, 奪って, 奪はれ, 奪ひ還した, 奪われたかの, 奪われたよりは, 奪われたるなり, 女が, 寄せたよう, 射て, 尋ね中, 小わきに, 巻く風習, 幾つ遣損なった, 床の, 延べたかの, 弾かぬの, 弾くと, 弾ぜしむる, 弾了し, 彈き, 彈き込ん, 得た, 得たらば, 得たるが, 得たる心地, 復さずば, 愛でる者, 懸けて, 成すという, 成すなどと, 手にとって, 手のひらに, 打つけ, 払うと, 払ふ, 抜いて, 抱きては, 抱くと, 抱くよう, 抱けば, 押して, 拔かれ, 拭いかけた, 拭ひかけた, 拾つたもので, 持ち去って, 持ったよう, 持つて, 挟んで, 挾んで, 掛ける, 探した時, 探しました, 探るとて, 探れと, 掴み上げる腕, 掴んだ形, 握りたる, 擁護し, 散らしながら, 散らしぬ, 散らすかと, 数えそうして, 数えて, 朽木に, 桂に, 欺く涙, 歌つてゐる, 水晶か, 沓には, 沙中に, 洗うよう, 洗う波, 浮べながら, 渡さなきや, 湛えて, 溶いたよう, 狙って, 獲, 獲させられたという, 留めたもの, 留める涙, 盗まれしが, 盗みつけた大, 盛りて, 盜むや指より, 盜られた, 盜る, 盜んで, 目の, 眺めるよう, 砕いて, 砕くが, 砕くの愚, 磨いて, 磨いてる方, 磨くよりも, 磨りに, 磨り上げなくっちゃ, 磨るが, 神功皇后に, 神様から, 穴の, 竜が, 竜宮へ, 絲に, 綴って, 綴つた無, 綴つた無数の, 綴る杉, 繁に, 落して, 蔵した, 藏せ, 蜘蛛の, 表面に, 見せ粟, 見つけなければ, 見つければ, 見つめて, 見ようと, 見詰めても, 解いて, 誰も, 豚に, 貫いて, 貫くの, 貫けるが, 贈つて, 走らす, 跳らす, 躍らして, 躍らし風, 転がして, 転がし数珠, 転す, 転ばして, 載せたよう, 迎うる, 迎えると, 返せしも, 連ぬる, 連ねたよう, 連ねて, 連ね驚くばかりに, 連らね, 進ぜんと, 還しその, 鋳たる冠, 鏤めたらん姿, 鏤めたる毛留, 集め一, 離すこと, 頂いた御, 飛ばし奇岩, 飛ばす, 飛ばすよう, 飾った女雛, 香水で, 駢べて, 験する事, 魚目と, 鳴す, 龍宮へ

▼ 珠~ (319, 16.9%)

30 ように 26 ような 14 やうな 8 やうに 4 かんざし, ついて, 水精の 3 上に, 光を, 緒の

2 [16件] お藤, かざりを, すきま, ついた網, ようだ, パチ, 中に, 前に, 大きさ, 実事あり, 履を, 敷きつめられたゆるい, 簪を, 華, 零ち, 類を

1 [188件] あること, いくつは, うちの, おもむきが, かがやく帯, かげを, かたちも, くさりに, ことが, ことで, ことらしい, ことを, ごとき, ごときもの, ごとき色, ごとく, ごとく五人, ごとく尊んだ, ごとく帝, ごとく日本, ごとく燦, ごとく飛んで, ささやく歌, た, たぐいを, ちらちらの, ついたかん, ついた辨慶橋, つながりは, とどろきの, とれぬ仕事なんざ馬鹿, はずれから, はぢ, ひとつも, ぶらぶら動く, ものも, やう柔かい, ようであった, ようなり, わが子古日は, 一つ一つが, 一つ一つの, 一埒を, 一本差髪の, 一粒にすら, 三尺を, 上へ, 下った雲, 中には, 中へ, 中央に, 二島である, 五つ紋を, 体本明に, 何物なる, 値打が, 傳説は, 光あり, 光に, 光や, 光りを, 光澤を, 冠や, 刺櫛, 刺繍を, 占めた長, 古色滴る, 名は, 名を, 喪飾とを, 喪飾の, 喪飾を, 因縁が, 場合を, 場合特に, 外れ易き, 多くは, 夢は, 夢を, 大きい桁, 大きな紫檀, 大小を, 如きもの, 如き十四, 如き完成感, 如き者轉び出, 如き頬, 如くに, 如く健康, 如く冬薔薇, 如く守り育てて, 如く愛で, 如く沸, 如く浄美, 如く滑かな粒の, 如く磨いて, 姿見に, 対句に, 小箱, 履どう, 山だ, 山です, 山の, 巖, 巖と, 巖の, 帯の, 帯やら, 廣葉が, 形で, 形の, 影だに, 御子を, 感であった, 指輪をば, 捨場には, 數は, 方が, 方へ, 日光により, 時あっ, 根の, 椅子に, 椅子を, 榻に, 橋その, 欲しさ, 歯も, 殘つてゐる, 波炭火の, 流雫し, 涙が, 涙は, 深い輝き, 滑る白い, 烈しき火, 珊瑚を, 珠数を, 發する光り, 目には, 短刀と共に, 石鹸よ, 砂を, 祟りだの, 簪の, 簾の, 簾を, 紐であった, 紛失した, 緒も, 耳環を, 胸を, 舞ふ, 色みれ, 落ちた後, 表面に, 衿留を, 触れる音, 觸れ, 転ぶよう, 輪には, 輿にも, 透影か, 金釵もて, 金釵を, 釵を, 釵子が, 銀の, 階道が, 霊力で, 露を, 音のみを, 響きを, 頸かざりが, 頸飾の, 頸飾は, 頸飾りを, 頸飾を, 顔を, 風に, 飾は, 飾り, 飾りの, 飾を, 首環黄金の, 首筋から, 首輪を, 鬣を

▼ 珠~ (204, 10.8%)

11 をかけ 9 を手 6 のよう 5 をつまぐり 4 のたま, をつまぐっ, を掛けた 3 の珠, をもっ, を持っ, を掛け, を爪繰っ, を爪繰り

2 [12件] と太鼓, にし, にも倦, をかけた, をつまぐる, をとりあげ, を手首, を持ち, を片手, を腕, を首, 繰りながら

1 [119件] か, かがりつつ, かぞへ南無妙法蓮華経, がおい, が出, が出来, が垂れ, が邪魔, すなわちそれ, だけが無かっ, だな, だらうこれ, であった事, でも胸, で打ち払う, で撫で, というの, とが摺れ合う, と金剛杵, などが落ちた, などを爪繰っ, など世の中, に持ちかえ, に接吻, に擬, に眼, に示したる, に見えた, の乱, の事, の垂れ, の形, の掛った, の水精, の無常観, の礼, の結び目, の緊縛, の袋, の註文, の輪, の返礼, の釣, はす, はそ, は幾ら, は掛, まで揉み, みがく子ら, やそして, や蓮葉笠, や袈裟, らしく出来て, を, をあげ, をあなた, をさらさら, をじゃ, をそば, をつなぐ, をつまぐつて, をば, をもつ, をもみ, を一つ袂, を下げ, を二つ手, を二銭, を仕入れ, を何故, を入れ, を入れときやした, を出し, を切り, を取っ, を取り出し, を取り出した, を売る, を始終, を左右, を巻いた, を懸け, を投げた, を押, を押し揉ん, を持ちなおし, を持った, を捨てる, を捻っ, を揉みつ, を揉む, を揉頂, を提げ, を擦る, を欲し, を添える, を渡した, を渡します, を無心, を爪繰りし, を爪繰りつ, を爪繰る, を用, を空間, を算, を繰っ, を繰り, を襷, を見知っ, を見立て, を解きほぐし, を買う, を贈った, を采配, を頭, を鳴らす, サラサラと, 懸け鳩, 繋りでなければ

▼ 珠~ (88, 4.7%)

2 あったの, あると, 敷きつめられところどころ, 東雲の

1 [80件] あったので, あります, あるだろうと, あるの, いちばんいい, きらきらし, ここまで, さがって, しずかに, すべり出あか児, そこからも, ついて, ついてるああ, つけて, どうした, のって, はじき出されるよう, はらはらと, へしゃげた蓋, まつわって, トロトロと, バラバラと, 一つおさまっ, 一生の, 一粒一粒と, 下が, 事に, 事をと, 二穂ずつ, 何千何萬兩も, 何千兩何萬兩とは, 光つてゐた, 円形に, 加え算や, 北条霞亭の, 収めて, 取れなかつた口惜し, 同じよう, 器について, 垂れる, 夕風に, 多かった, 大した値打, 寄るの, 巖の, 弾いて, 彼の, 後ろで, 忽ち蛍, 忽然と鏡, 指の, 握り手には, 桂木一郎という, 此お, 残って, 残る, 水底から, 溜った, 溜って, 溜つた, 溜つて往来が, 火の, 盜まれたさうで, 盜まれて, 目に, 磨けないと, 箝め込まれ, 至極いい, 落ちてる, 落ちるだろう, 装飾として, 見えたばかり, 見ても, 見付かつ, 転がるかの, 返って, 鏡に, 頬を, 頻に, 頻りに頬

▼ 珠~ (74, 3.9%)

2 お松お, なしと, 父の

1 [68件] あたかも水, あな闇き, あれども, いつの間にかかれ, いまだ拾いませぬ, おまえが, これで, さながら霰, さらに輝こう, しきりに搖らい, すなわち水, つまり男, つるりと皓歯, どうなりました, どんなにでも, ないかしら, なか, なかなか会い, ほんとうは, また駈け戻っ, みどりに, もう死ん, やや大型, ドキッとして, 一つも, 一人の, 一昨日の, 三つあつ, 下るにあたりて, 仙界に, 何と奇麗, 何萬兩といふ, 依然として鋸, 即ち諸, 固く定着, 埋もれた諸, 変った風, 夕立の, 外に, 天地の, 奥さまの, 宇宙創造の, 寂光院内の, 年古り, 悪竜, 手錠の, 捨てられて, 掴む酒, 日本に, 最も清らか, 林邑より, 水晶や, 涙だった, 燦然として, 現実の, 瓦礫の, 砕くべし, 空へ, 突然握りあっ, 緒にも, 美しい貝, 自分の, 藻の, 見つからなかったの, 身を, 金剛石と, 陰光, 黒布で

▼ 珠~ (58, 3.1%)

2 なって, 似て, 拾ひつ, 非ざること

1 [50件] あらずや, うかがって, くだけたり, して, すだ, すで試練, たかって, たとえて, ちりばめられなかご, なやまされる, なるの, なるほどの, ぬかんと, のせて, 一つ印籠, 乗らないん, 再会した, 写ると, 出會, 執着する, 女の, 弾き込むよう, 恥か, 戯曲の, 手を, 押し包んだやう, 掛けても, 映画館の, 書き留めるの, 正月二日の, 比ぶべき, 比ぶれ, 照らして, 瑕だ, 用いるのほか, 糸を通して, 紛う金蓮, 縁が, 美人像を, 至っては, 見て, 貫いて, 貫くわざ, 貫く五月, 輝けり, 近い灰色, 造らせるのに, 金脚とかいう, 露草を, 顕れたる

▼ 珠~ (56, 3.0%)

5 思ひ出 2 なって, なる

1 [47件] いい長い, おもう愚者, おんなじだ, しいずれ, しも, せむ, その黒い, それに, ぢつと, なしその, なすべし, なつて, なり果, みえた飛沫, 一緒に, 与右衛門の, 別るる, 化けて, 可愛がっ, 号し, 吹き上げるおもちゃ, 塩満, 変へ, 守り育てて, 思われる麗質, 慈しみ同, 慈しんで, 我勝に, 抱かれました一昨夜, 散る燭, 欄干で, 沢庵から, 浮かめ, 為る, 燦い, 珠の, 瓦でしょう, 申しましょうか, 白い珠, 睦れ, 結びその, 見えたの, 言おうか, 言つて一國一城にも, 連なる雨水, 黄金とが, 黄金の

▼ 珠~ (52, 2.8%)

3 の珠 2 とお, にも倦, をかけ, をつま, をつまぐつて, を卷いた, を掛け

1 [35件] かがりつつ, かぞへ南無, といふもの, と共に藏, などを振袖, にし, にはふり落つる, の, のやう, の房, の紐, の緒, の音, は彼, みがく子ら, やお, をかけた, をつまぐつてゐる中, を以て居る, を卷い, を懸けた, を投げかけた, を押し揉ん, を持ち, を掛けた, を揉み, を揉むかするであらう, を數, を爪繰り, を爪繰りし, を片手, を繰, を解し, を首, 爪繰るを

▼ 珠太夫~ (47, 2.5%)

5 の人氣 3 のお玉 2 と懇意, に夢中

1 [35件] が引つ込ん, が怪しい, が逃げ出す, だ, といふの, とはよく, と名, に化け, に焦れた, に目, に見えた, に訊きました, に逢, のつもり, の出る, の噂, の崇拜者, の手踊り, の父親, の踊り衣裳, はあの, はうは, はお前, はその, は確か, は立ちすくんだ, もさすが, もまた, も係り, も死骸, をつれ, を呼ん, を引つ張り出し, を引つ張り出す, を見る

▼ 珠~ (41, 2.2%)

1 [41件] が一身二一添作, が作意, が刻みたる, が望み通り, が溜息, が笑, という御, とかいう二才野郎, とかいう奴, とか云う, とか云う詰らぬ, と一緒, に云い訳せん, に向っ, に妨, の如く, の為, の腹聞, の身, はよろ, は忽ち, は歎ずる, は段々, は種々, は立鳥, は自, は鉈取, も何, も思い掛, も抱, も木像, を易く, を煩悩, ゾッと総, 別段急ぐ, 少しむっとなり, 微なる埋, 思い切って, 素より貧, 貰いたれば, 驚き是

▼ 珠~ (26, 1.4%)

2 磨るなり

1 [24件] あつた, あり巴, かくやと, ともに沈まね, みんな陶然と, もうあきました, ゆかの, 及ばず手塩, 土砂降りの, 土礫に, 大きい, 大したもの, 大方蛍, 奈爾世武爾, 宝なりと, 手に, 暗中に, 沈き, 眉に, 砕けて, 碎かずしかも, 非常に, 飾っては, 黄金も

▼ 珠~ (23, 1.2%)

2 に光つて, の霞

1 [19件] ですが, で眼, で膝, に見える, の世にも, の大理石模樣, の小さい, の早春, の春霞, の服, の涙, の灰色絹, の白い, の皮膚, の素顏, の肌, の首筋, も此世, をした

▼ 珠太郎~ (20, 1.1%)

1 [20件] がにわかに, でなくて, に対してたくらん, の吃驚, の媾曳, の家, の背, の頬, は二十歳, は名古屋, は家内, は恐ろしく, は海, は潮湯治, は熱心, は顫えたい, は黙っ, へ我輩, を誘拐, を魅

▼ 珠~ (14, 0.7%)

2 占いを

1 [12件] あつた, すらここ, たいした値打, ちりばめたよう, 一つは, 中には, 占って, 拵へ, 眞奈は, 穂の, 詰められて, 雷の

▼ 珠数つなぎ~ (14, 0.7%)

3 にし 2 になっ 1 となっ, にされ, にされた, にする, にひい, に思ひ浮かべ, に生, に配所, のヴオレイ

▼ 珠~ (13, 0.7%)

2 の輿

1 [11件] が揺ぎ, とおびただしい, には紫, のうち, の下, の宝台, の揺れ, の結構, は破れ, を吹い, サラサラと

▼ 珠数繋ぎ~ (10, 0.5%)

2 にされ 1 という順序, にされた, にし, にしなけれ, にて警察, になっ, に繋がれ, に覗いた

▼ 珠でも~ (8, 0.4%)

1 傷つけられたかの, 取られたよう, 奪ら, 溶かしたよう, 盜み, 融かしたよう, 購えない, 轉ば

▼ 珠~ (8, 0.4%)

1 玳瑁で, 真珠の, 金環を, 金釵が, 風鐸の, 飾りは, 香料を, 黒耀石を

▼ 珠~ (8, 0.4%)

1 なるもの, に創め, の作, の名, はその, は益々, も一休, を示した

▼ 珠数工~ (7, 0.4%)

5 の夜 1 に隣り住んだ, の板廂

▼ 珠運様~ (7, 0.4%)

1 との縁, とやらにも此旨, と呼ぶ, には別に, への百両, も珠運様, 余りにすげなき

▼ 珠ばかり~ (6, 0.3%)

2 磨って 1 いじって, 磨いてるの, 磨ってるの, 磨ってる事

▼ 珠~ (5, 0.3%)

21 その製法呪法, といっ, といったこと

▼ 珠とも~ (5, 0.3%)

2 おもはずうち 1 なる, 思って, 抱きそして

▼ 珠とを~ (5, 0.3%)

1 この男, 一緒に, 人間第, 搭載し, 見くらべて

▼ 珠よりも~ (5, 0.3%)

2 澄みたる信義 1 もっともっと可憐, 青くあちら, 鮮やかなる

▼ 珠~ (5, 0.3%)

2 といっ 1 が真, というもの, は無益不用

▼ 珠さん~ (4, 0.2%)

1 お珠さん, が可哀そう, を乗せ, 少し休んだ

▼ 珠として~ (4, 0.2%)

1 これを, 用いられたらしいから, 用いられた痕跡, 選んだの

▼ 珠みたい~ (4, 0.2%)

4 なもの

▼ 珠~ (4, 0.2%)

2 です 1 という処, と云う

▼ 珠~ (4, 0.2%)

1 が支那, に厚み, は横断面, は稜

▼ 珠数かけ鳩~ (4, 0.2%)

1 の呼び鳴く, の虔, はむきむき, は行き過ぎ

▼ 珠~ (4, 0.2%)

1 と饗宴, は玳瑁, を残らず携え, を職人達

▼ 珠~ (4, 0.2%)

1 で聞い, にも里見氏, に里見氏, の外

▼ 珠~ (3, 0.2%)

1 それとも活きた, 何か, 黄金か

▼ 珠だの~ (3, 0.2%)

1 何だ, 珊瑚だ, 金銀を

▼ 珠とが~ (3, 0.2%)

1 搭載され, 波の, 積入れ

▼ 珠とは~ (3, 0.2%)

1 ふりこぼれると, 前述の, 止利が

▼ 珠にも~ (3, 0.2%)

1 似たるを, 比すべき史的光彩, 粒にも

▼ 珠を以て~ (3, 0.2%)

1 任じて, 遂に其兄, 雀に

▼ 珠~ (3, 0.2%)

2 を穿た 1 をはい

▼ 珠常に~ (3, 0.2%)

3 人を

▼ 珠~ (3, 0.2%)

1 だつたか, も改築, を訪ね

▼ 珠~ (3, 0.2%)

2 を眺め 1 を深く

▼ 珠~ (3, 0.2%)

1 に於ける, の第, は甘粛省敦煌

▼ 珠~ (3, 0.2%)

1 という目薬, の井口, の本家

▼ 珠~ (3, 0.2%)

1 のこゑきけば夕日, の気, は頬

▼ 珠~ (2, 0.1%)

2 這ひ

▼ 珠ぐるみ~ (2, 0.1%)

2 片頬

▼ 珠ごと露~ (2, 0.1%)

2 の立葉

▼ 珠~ (2, 0.1%)

2 だれを

▼ 珠~ (2, 0.1%)

1 ひろは, 拾は

▼ 珠である~ (2, 0.1%)

1 ことは, 皆敷妙の

▼ 珠という~ (2, 0.1%)

1 二字が, 釵を

▼ 珠といふ~ (2, 0.1%)

1 のは, 奴だ

▼ 珠とか~ (2, 0.1%)

1 七日続け, 杖とか

▼ 珠との~ (2, 0.1%)

2 間が

▼ 珠なき~ (2, 0.1%)

1 指輪に, 樹には

▼ 珠など~ (2, 0.1%)

1 ちりばめた金冠, 名の

▼ 珠なるべき~ (2, 0.1%)

2 を半ば

▼ 珠には~ (2, 0.1%)

1 初め随分, 見覚えが

▼ 珠のみ~ (2, 0.1%)

1 すまる, だれ

▼ 珠~ (2, 0.1%)

1 云ったの, 指ざし

▼ 珠ほど~ (2, 0.1%)

2 紅うし

▼ 珠ほどの~ (2, 0.1%)

2 涙を

▼ 珠をも~ (2, 0.1%)

1 一緒に, 上げ下ろしし

▼ 珠~ (2, 0.1%)

1 が一度, や美濃

▼ 珠前後車~ (2, 0.1%)

2 を照

▼ 珠取り~ (2, 0.1%)

2 藤原の

▼ 珠太郎殿~ (2, 0.1%)

1 お解りです, では

▼ 珠~ (2, 0.1%)

1 が北京, も所詮

▼ 珠小百合~ (2, 0.1%)

1 の唇, の花びら

▼ 珠~ (2, 0.1%)

1 手に, 鬘之

▼ 珠数だま~ (2, 0.1%)

1 などを売っ, や花束

▼ 珠数もみ~ (2, 0.1%)

1 くだきはては, くだき真言秘密

▼ 珠数玉~ (2, 0.1%)

1 のやう, を買はん

▼ 珠数生~ (2, 0.1%)

1 になった, になつたの

▼ 珠敷かまし~ (2, 0.1%)

2

▼ 珠數工~ (2, 0.1%)

1 の夜, の板廂

▼ 珠數玉~ (2, 0.1%)

1 と一箇, を撒いた

▼ 珠數草~ (2, 0.1%)

1 と螢草, の根

▼ 珠~ (2, 0.1%)

1 だが, というの

▼ 珠~ (2, 0.1%)

1 の乾, 満つ珠

▼ 珠磨き~ (2, 0.1%)

2 する

▼ 珠磨り~ (2, 0.1%)

1 の名人理学士水島寒月, をやめ

▼ 珠花屋八五郎~ (2, 0.1%)

1 の見世, は後藤

▼ 珠~ (2, 0.1%)

2 の裾

▼ 珠~ (2, 0.1%)

1 が夜目, の質

▼ 珠~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ 珠飾り~ (2, 0.1%)

1 のついた, を見

▼ 珠鳴り~ (2, 0.1%)

2

▼ 珠~ (2, 0.1%)

1 のこゑきけば夕日, は頬

▼1* [201件]

へなく, 珠あり喉下に, 珠ある寶環を, 珠いかばかり數多き, 珠いつぬけし手の, 珠うち鳴らしつつ, 珠藤の, 珠および諸珍宝, 珠おれは欣, 珠くらいの事で, 珠ここへまいれ, 珠ことごとく能く, 珠さんおれの気持, 珠したがってまた主として宝貝, 珠じゃないか, 珠じゃったげにございます, 珠すなわち能作生珠だろう, 珠すべて無くして, 珠する所霜は, 珠その妙なる, 珠たたれか, 珠だけ戻して, 珠だったかもしれませぬ, 珠だって磨きますよ, 珠ちゃんリボンの数, 珠ちょっといつもの家, 珠であって梁下, 珠でしたか, 珠ですね, 珠というは単に蛇, 珠とや沈むらめ, 珠とやらを聖天樣の, 珠んだ, 珠などが有ること, 珠などといずれも, 珠ならで, 珠なりにぎざぎざした, 珠なんぞどこを, 珠にかも似む飮, 珠によつてあらわれた, 珠のせゐでお, 珠のみにて宜しくそれ, 珠ひとつにこやかに笑む, 珠ひりはむといひて, 珠まがいの細かい, 珠また食っても, 珠までがあちらこちらと, 珠やら着物やらを, 珠より可惜しかっ, 珠をこそ聞け今, 珠をでもなくした様, 珠一つずつ数え始め, 珠の上, 珠より珠, 珠二種あり一, 珠于当麻寺中紫雲庵, 珠五千孔とある, 珠五千孔青大句珠二枚, 珠仏舎利より出, 珠の一種, 珠仙郷に入り, 珠て飾りたる, 珠作りの博士, 珠は何, 珠光古市播磨守宗珠宗悟紹鴎が風, 珠光形春日雪見などある, 珠光紹鴎利休の茶道, 珠八顆都て収拾, 珠南蠻ではこれ, 珠及び草の, 珠にあり, 珠合わせて二つ, 珠に近づい, 珠吟社へ請待, 珠の瀬戸, 珠に収, 珠太夫一人のため, 珠太郎殿海の方, 珠り争いみたい, 珠は子, 珠宗悟紹鴎が風, 珠宝輪宝象宝馬宝主兵宝, 珠珠玉盤ニ落ツ, 珠小珠玉盤に落つ, 珠が聳え, 珠崔万栄の名, 珠帯止めや何, 珠せて, 珠慧海の, 珠にいと, 珠投げが人生, 珠拭いもあえね, 珠授けさしった, 珠採り姫そのままな, 珠のお, 珠数おし揉み一斉, 珠数それが奥様, 珠数わたくしのとおなじ, 珠数ツナギニ一群レヅツ札ヲツケテ, 珠数一聯とって, 珠数子釣りは鉤, 珠数掛鳩の年寄, 珠数換言すれば, 珠数珠の実, 珠数等を保存, 珠数継ぎにころがり落ち, 珠数繋にせられる, 珠数頭陀袋編笠藁草履それにお, 珠数飾りをした, 珠數つなぎにし, 珠數一聯のみ, 珠數切つたからはあと, 珠數屋が, 珠數推もんで, 珠數震ひ搖ぎてさら, 珠だの何, 珠林九二に晉, 珠桂木様は其方, 珠も御存じ, 珠櫛金釵簪などことごとく, 珠欄玉階彼の裳, 珠母色の空, 珠に歴々, 珠水さん糸之助さん, 珠水激る滝の宮処, 珠汗集而光面とあり, 珠江子という博士, 珠泥棒にし, 珠不歇, 珠浮舟いっそそ, 珠海棠の雨, 珠珠の, 珠満珠島見ゆ, 珠潮乾珠を以て遂に, 珠灣攻撃の報知, 珠が秘蔵, 珠珊瑚の玉, 珠の煙草, 珠珍宝無いもの, 珠珍宝丹漆薬種香料耕牛獣皮戦馬などをぞくぞく, 珠の装, 珠瑠璃のつら, 珠環妻子に於ける, 珠痕記なる名前, 珠百斛王嘉福を錫, 珠楚宝, 珠となれ, 珠盤上に心転々, 珠盤片手にそれ, 珠盤玉のよう, 珠盤裏で三分刈, 珠照し相, 珠禅尼である, 珠少なからざる, 珠簾かすかに洩れい, 珠簾内をそっと, 珠ひ今, 珠紀伊国人であつ, 珠だけを拾っ, 珠翠珍宝山を崩し, 珠而令溺其愁請者出鹽乾珠而救, 珠而救如此令惚苦之時稽首白僕者自今以後爲汝命之晝夜守護人, 珠ついその, 珠艦出帆の時, 珠花屋へ入來, 珠花野田流山市川行徳を經, 珠でここ, 珠が枯れてる, 珠を拾つて來, 珠賊等やがて意, 珠赤珠をごろごろ, 珠走らす如く弾く美しさ, 珠運さまと呼声戸口, 珠運さま珠運さまと呼声戸口, 珠運オイ是は仕, 珠運七と呼, 珠運口惜く見れば, 珠運命の有らん, 珠運年寄の云う, 珠運後に語りける, 珠運旅路にかり, 珠運梅干渋茶に夢, 珠運立出つく, 珠運自ら為たる業をお, 珠運馬籠に寒あたり, 珠好秘蔵, 珠釵子欲しい物, 珠銀色したる心, 珠の如き, 珠錦繍の贈物, 珠で太陽道士, 珠青玉の色, 珠青玉其山有丹, 珠を弾き, 珠にあり, 珠頸飾りのいりゆじ, 珠飛揚げの図, 珠魯国の雌雄剣, 珠鹽乾る珠并, 珠鹽乾珠の傳説, 珠へ着く