青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「砲~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

石垣~ 石川~ 石段~ 石炭~ ~砂 砂~ 砂糖~ ~研究 研究~ 研究所~
砲~
破~ ~破っ 破っ~ 破れ~ ~破壊 破壊~ 硝子~ 碁~ 碑~ ~確

「砲~」 1283, 13ppm, 8311位

▼ 砲~ (232, 18.1%)

5 音, 音が, 音の, 音を 4 ために, 使用を, 音は 3 やうに, ように

2 [16件] あべこべ砲, ことは, ひびき, ひびきが, ような, 偉力を, 射撃が, 巨弾が, 引金を, 攻撃に, 火が, 火皿に, 炸裂する, 玉の, 玉を, 音で

1 [162件] あとに, うち一つは, ことで, ことを, ごときもの, すさまじく鳴る, そばへ, たまが, ためついに, ため大, ため悉く, とどかない高空, とどろきなどが, はなしを, ばら弾が, ひびきは, ほか火薬による, ほとり後部艦橋の, まわりで, まわりに, ものすごい叫び, やうな, スイッチの, スイッチを, 一種らしい, 一般的使用法のみを, 一隊が, 三個砲兵中隊が, 上手で, 上手な, 上手なりし, 下に, 不自由な, 両側には, 中に, 人殺しが, 人殺しなどといふ, 代りに, 使い方が, 使用に, 偉力とは, 偉力に, 具合が, 前に, 前には, 前車には, 力, 力で, 十二門や, 原理を, 口を, 名あり, 向けようが, 周りで, 唐銅の, 多くは, 大名手, 大筒が, 如き論調, 如く突き立て, 始末を, 威力の, 実地方面を, 射つ弾, 射撃, 射撃を, 射撃準備と, 射撃用意, 射程内に, 引金から, 引金に, 張宗昌が, 強味だ, 弾が, 弾道が, 弾雨を, 彈丸が, 彈丸を, 役に立たなくなったこと, 恐ろしきを, 打ち合いで, 把手を, 掛りで, 操縦器を, 效能を, 整備は, 數などは, 方で, 方に, 方へ, 本義であります, 本義である, 横た, 火の玉が, 火ぶたを, 火皿へ, 火繩にて, 灰に, 灰の, 無数の, 無気味なる, 煙噴きつぎ, 猛烈な, 玉が, 玉に, 玉は, 玉みたいな, 用意の, 用意を, 発射準備だ, 發明と, 石弾が, 研究より, 砲口から, 砲口を, 砲塔の, 砲声さえ, 砲弾と, 砲弾は, 砲手たちは, 砲手は, 砲撃の, 砲撃を, 砲火が, 砲身に, 砲身を, 破片で, 破裂と, 硝煙であった, 磁場が, 空砲の, 筒口を, 胴中は, 行渡らぬ頃, 装填を, 製法の, 製造法を, 設計を, 論文を, 買主を, 買手ともき, 賣買, 跡には, 近くに, 鋳造法も, 陣地が, 陣地では, 集中砲火を, 音かい, 音きこ, 音だけが, 音であった, 音でも, 音とは, 音などは, 音に, 音彈丸は, 音遥かに, 響を, 類のみが, 餌食と, 鳴る時

▼ 砲~ (173, 13.5%)

3 もって 2 うったこっち, うって, さかんに, 使用した, 撃つて, 撫し, 製造し

1 [156件] あやつって, あるいは奪取, いっぱいにかけて, うつたり, うつと, うつの, うつ用意, えっさら, おくこと, かついで, ぐっと天, こしらえて, こわされて, さずけて, しっかりたのむ, すえつける必要, すこしも, そっちへ, つくり中, つけて, つるべ, つんで, とりなおすと, なおせる見込, ならべ, ひねくりまわして, ひろひあげ, ぶちかけた, ぶっとばせば, ぶっぱなせ, ぶッ, むけて, もう一度よくしらべ, もった恐竜型潜水艦隊, もつた銃隊, もつて, もつ恐竜型潜水艦, やっつけられますからねえ, わが陣地, 一梃荷いでおった, 並べて, 九門持っ, 乱射した, 乱射乱撃射っ, 二つ三つ見る, 二人の, 二門据えた, 二門積み込んだ, 五十円で, 仕掛けたの, 何處から, 作り弱い, 使いだしたの, 使って, 使つて怨み重なる, 借りて, 備えしめては, 備えたと, 備えつけ舷側, 備え三百人, 備へ, 入口に, 八門副, 出して, 利用した, 前後二門づつ載せ, 動かし銃, 取りおろして, 取上げました, 取外した日本, 叱責した, 合図に, 向けて, 向けること, 喰は, 喰はせ, 夕ぐれの, 実際に, 射ちそう, 射って, 山頂に, 引き上げさせそちら, 必然だ, 懸連ねて, 所有する, 手にとって, 打ち込むもの, 打つ抔, 打掛けたり, 打込みいやしくも, 投げ出して, 抱かせたの, 拵へ, 拵へる, 持ちだしたらしい, 持って, 持つて, 捧げ或は, 据えた, 据えつけて, 据えて, 携える百余人, 撃たれて, 撃たれても, 撃ち込めるか, 撃って, 撃つたの, 撃つた奴, 撃つた後, 撃つと, 撃つ事, 撃つ機会, 撃込ん, 撫して, 擔いだ, 擔いで, 擔が, 放ったり, 整え兵力, 日本艦隊や, 東亞に, 梁から, 欲しがり, 沢山持っ, 浴びながら, 献納した, 用ひける, 発するぽとぽと, 百梃三千兩で, 私が, 第一, 縛りつけ線香一本, 聞きつつ, 腕に, 膝だめに, 袂から, 見ると, 見付けたの, 見付けるの, 設計した, 誰が, 負かすこと, 買ひ損ね, 買込むやう, 賣込まれて, 載せて, 載せる船, 輸入した, 轟かして, 連発に, 釣瓶打ちに, 鋳造せしめた, 預かって, 食は, 鳴らして, 鳴り響き爆弾

▼ 砲~ (91, 7.1%)

2 一せいに, 中型一機を, 壊れて

1 [85件] いまにも, これからどんな, しきりにうす, しつこくも, すっかりだまりこん, すべて陸上に, その十五疊, その砲さき, ついにソ連, つんで, とてもなおせない, どうした, はげしい射撃, ひどく壊れ, まだ東國, まだ沈黙, やはり釣鐘, ウエルスが, サン・ドゥニ街と, ドイツの, ドンドン打つ, ブルルルルと, 一切の, 一斉に, 一時に, 下され対空戦闘, 中, 二つ鳴つた, 二ヶ所から, 使っては, 例よりも, 公儀に, 再び響き, 効果なし, 勿論殺人光線放射器, 博士の, 口を, 和蘭物ぢや, 四次元振動反撥砲に, 天に, 天地も, 天文十一年かに, 少し高く, 岸頭に, 川から, 帆村君の, 幾たびか, 当らんといふ, 忽ち一隻, 怒った大蛇, 思いの外すごい, 思ひの, 恐るべき威力, 息詰るよう, 悉, 我が國, 或る, 手から, 撃ち方やめと, 撃てさ, 撃放しにせよ, 支那では, 支那の, 敵弾を, 杖を, 柱に, 横取りされ, 永禄の, 獨り, 矢張り一つしか, 砲口を, 砲弾を, 襲撃に, 角面堡に, 近くから, 連べ, 進退窮まった, 遠島だ, 金属を, 銅と, 鏨の, 間断なく, 頼もしくも, 驚くべき勢ひで日本, 鼻を

▼ 砲~ (86, 6.7%)

3 ある 2 ちと変, とどろいた, 唸りだした, 鳴り出すと

1 [75件] ありその, あります鐵砲, あり日本, あるよ, ある凹路, くっついて, こちらを, これ以上下を, ころがって, こわれて, こわれ使えなくなりました, しきりに甲板, たま, つづき四番目, つよい磁力, どうした, どうも, どこかで, なりだして, なりはじめ頭, なる, みな右舷はるかに, むくむくと, オレンジ色の, シャンヴルリー街の, ポルトガル人の, 一ばんいい, 一向役, 一度に, 一斉に, 一梃縛つてあり, 下を, 二十六門は, 二十四門三十六糎砲が, 亜鉛屋根の, 使用され, 來る, 偉力を, 其の次に, 初めて戦場, 右を, 命中しない, 四門ある, 大利根博士の, 大空に, 実際それほど重たい怖, 射落し, 弾丸を, 我が國, 撃たれた, 敵の, 気に入らないらしい, 猛烈に, 現われた, 用いられ空中, 発射された, 百三十六門, 盛に, 砲撃を, 積んで, 製作され, 襲来独機を, 變だ, 赤い火, 返されたため, 通りますかなあ, 金具に, 金網を, 銃口を, 飛竜の, 飛行機めがけ, 鳴りつづい, 鳴りはじめる, 鳴り出した, 鳴る

▼ 砲~ (65, 5.1%)

3 もって 2 やられたの, 撃たれて

1 [58件] あつた, こうも, こっちを, しりぞけられた, たたかえば, もうあかん, やっつけるだろうね, やられたさ, やられたん, ウンと, ドーンと, ビシビシ來, 下から, 事件の, 人を, 兄を, 受けた苦しみ, 奮戦した, 射おとすこと, 射った, 射って, 彼奴等惡つくき, 征伐する, 恐れを, 手きびしく, 打たれた佛樣, 打ち拔, 打とうとしても, 撃たれたらしいん, 撃たれ水雷, 撃ち殺されたもの, 撃ち殺され曲者, 撃ち殺したの, 撃ち殺した下手人, 撃つたと, 撃つたとか, 撃つたの, 撃つて, 撃墜しよう, 攻めて, 散々に, 散々惱された, 敵を, 敵軍を, 明と, 朝鮮, 殺しては, 殺すほどは, 狙い撃つ方法, 狙ひ, 砲撃を, 突刺されさうな, 粉砕する, 臨時村會の, 自殺した, 謀叛を, 錢形の, 首尾よく

▼ 砲~ (36, 2.8%)

2 をひらき

1 [34件] からパッ, からピカリ, から杏色, から飛び出す, が向い, が鳴った, で弾いた, のところ, の吠え, はどこ, はひくく, はまっくろ, は一転, は敵, は次, まで腹, もこちら, をしきりに, を上げる, を上下, を右, を向け, を向けまわし, を天, を少し, を差し入れ, を拱門, を揃え, を桟敷, を町, を真, を見せ, を防寨, を離れた

▼ 砲~ (28, 2.2%)

2 なると, 區別し

1 [24件] いいアームストロング, いえども, いえば, なし争って, ふに, 二十糎砲では, 刀と, 十三の, 十五糎榴弾砲の, 合せざる者, 名付けたもの, 小銃の, 戦うこと, 智慧くらべ, 歩兵砲が, 氣が, 火藥で, 盲動と, 盲動とから, 盲動との, 立合を, 組合わ, 音響砲は, 鯨の

▼ 砲~ (28, 2.2%)

1 [28件] うたれたり, ついて, なるねえ, やっつけられて, やられた軍艦淡路, やられまして, 勝てないかぎり, 変ぜら, 射たれて, 射たれ神風戦闘機, 就いて, 弾を, 彈藥が, 必要缺くべからざる, 投り込む, 投り込ん, 比して, 煙硝を, 物を, 狙われたって, 眼を, 群がりつ, 見えたこと, 辟易し, 辟易しました, 錨が, 類するもの, 驚いた鰮鯨

▼ 砲~ (25, 1.9%)

12 のやう

1 [13件] が勘次, が能, が遠く, に文字, の中る, の代り, の御馳走, は勢, は麥藁, ばかりが怖い, まで趣, を作る, を充たした

▼ 砲~ (20, 1.6%)

1 [20件] からもこの, が形勝, が配属, だった, ですか, との連絡, と間違え, などの地上防空隊, によってついに, のイ隊長, の中隊長, の抗戦派, の撃ちだした, の沈着勇敢, の演習, の独り舞台, は, はここ, を先, を訓練

▼ 砲~ (19, 1.5%)

2 の炸裂, の破片

1 [15件] がこの, が掠めた, が降っ, です, というの, に応用, のまさしく, の害, の形, の為め, の的, の砲撃, の破裂, の雨, はペペ山

▼ 砲~ (18, 1.4%)

1 [18件] あるつて, いけないし, なんにも, ほんの噂さ, ガツトリング砲も, 三門やられ, 今の, 作り硝石, 到底力, 博士の, 大なる, 手に, 機関砲も, 機関銃も, 海岸砲も, 爆撃機も, 飛行機も, 飴の

▼ 砲~ (18, 1.4%)

1 [18件] その他珍しい, サイクロ砲や, ストロング砲の, 何かも, 弓矢に, 愛国号の, 機関銃が, 機関銃に対する, 火箭の, 火藥は, 煙硝の, 磁気水雷や, 臼砲やを, 航空機の, 蒸汽機關や, 銃を, 飛行機の, 高射機関銃陣地に

▼ 砲~ (16, 1.2%)

2 を敷い

1 [14件] が役立たぬ, が現われた, に挙手, のすべて, の中, の側, の火蓋, は火炎, は高地, へ近く, も毒矢, をしい, を布き, を敷き

▼ 砲~ (15, 1.2%)

4 の上

1 [11件] から転げおちた, から転げ落ち, がたくみ, にくくられ, によじのぼろう, の前, は脚立式, をいためられ, をささえ, を痛めない, を透かし

▼ 砲~ (12, 0.9%)

1 [12件] の一人武男, の二三, の全部, の列一たび, の過半, は兵曹以下, は憤然, もどっと, も乱れ飛ぶ, も死傷, を指揮, を留め

▼ 砲~ (12, 0.9%)

3 のやう 1 から逃れた, ではない, で射, とのため, にあ, の, の中, の爆發, の製造速度

▼ 砲陣地~ (12, 0.9%)

1 [12件] がある, がどうして, がものものしい, すらも掩壕, で射ちあげる, についた, に於, に連隊, のある, はもっとも, をさぐろう, を作る

▼ 砲~ (11, 0.9%)

1 [11件] のです, んだろう, 事は, 人間でも, 拔け, 活動家か, 活動家の, 者が, 者には, 者よりも, 自己肯定は

▼ 砲~ (11, 0.9%)

2 の中 1 があった, のよう, の前, へ飛び込む, までは小川, までまだ, や他, を二重, を楯

▼ 砲~ (11, 0.9%)

1 [11件] からは機關砲, が築かれた, でもあ, に近い, の向, の攻撃, は恰も, は露西亞, を取る, を築き, を陷落

▼ 砲でも~ (8, 0.6%)

2 持つて 1 くらえ, まだ射撃, カ子ー砲でも, 些少の, 喰つたと, 擔いで

▼ 砲~ (8, 0.6%)

1 が轟いた, と共に我, の絶間, の聞えた, の響, は空, は耳, を聞き

▼ 砲には~ (7, 0.5%)

1 すぐに, その大きな鯨共, 使はれない, 反動が, 古簾, 火繩が, 遠く及ばない

▼ 砲射撃~ (7, 0.5%)

1 が耳, が行, にも絶対不変, に遇, に遇い, の弾巣, は軽く

▼ 砲という~ (6, 0.5%)

2 のは 1 のかね, のはね, やつは, 機械を

▼ 砲といふ~ (6, 0.5%)

3 新武器 1 機械で, 武器が, 武器を

▼ 砲から~ (5, 0.4%)

1 射撃を, 忽ち乱闘, 撃ちだした砲弾, 無電機, 爆雷を

▼ 砲~ (5, 0.4%)

1 からすごい, ぞ, つて次第に, とかを稽古, よ

▼ 砲では~ (5, 0.4%)

1 ないか, なくどうしても, 人間を, 勝負に, 死にませんもの

▼ 砲とは~ (5, 0.4%)

2 石を 1 なんの, 一名を, 思ひません

▼ 砲発射~ (5, 0.4%)

1 のすさまじい, のとどろき, の爆音, の釦, の音

▼ 砲~ (5, 0.4%)

1 が嬉し, が砲, だつた, はぷり, は下村

▼ 砲風呂~ (5, 0.4%)

1 で急, には水, の炭, を据ゑると, を發明

▼ 砲です~ (4, 0.3%)

1 か, かッ, がその, ぜ親分

▼ 砲~ (4, 0.3%)

1 ですよ, とわからない, と氣, を調べ

▼ 砲~ (4, 0.3%)

2 のライター 1 に組み上げた, は三種

▼ 砲~ (4, 0.3%)

1 から砲耳, に群がりし, に身体, に運びし

▼ 砲百合~ (4, 0.3%)

1 の粉, の花, は日, もよし

▼ 砲足輕~ (4, 0.3%)

2 の娘 1 でお, の娘ぢ

▼ 砲部隊~ (4, 0.3%)

1 からの報告, はいい, は喊声, は敵機五十八機

▼ 砲~ (4, 0.3%)

1 を備える, を用い, 取りそろ, 鳴リ

▼ 砲隊長~ (4, 0.3%)

1 だから, の, の号令, の東山少尉

▼ 砲など~ (3, 0.2%)

2 常識で 1 そこから

▼ 砲なんか~ (3, 0.2%)

1 あるもの, なかっただろう, 捨て

▼ 砲即ち~ (3, 0.2%)

1 金屬製有筒式火器が, 鳥銃が, 鳥銃傳來の

▼ 砲又は~ (3, 0.2%)

1 火砲と, 爆裂發火信號の, 衝角を

▼ 砲~ (3, 0.2%)

1 さ, の方, は親

▼ 砲~ (3, 0.2%)

1 がある, が開い, をこしらえ

▼ 砲~ (3, 0.2%)

1 七連隊などの, 三が, 三中隊あつまれ

▼ 砲~ (3, 0.2%)

1 の製作, の防空兵器, をもつ

▼ 砲からは~ (2, 0.2%)

1 ガス弾が, 二発目三発目の

▼ 砲そして~ (2, 0.2%)

1 四方に, 高射砲の

▼ 砲つづく~ (2, 0.2%)

2 見ゆ

▼ 砲でなけれ~ (2, 0.2%)

1 ば人一人, ば満足

▼ 砲とも~ (2, 0.2%)

1 いふべき論, 火砲とも

▼ 砲などは~ (2, 0.2%)

1 ありやしないか, 事實さして

▼ 砲などを~ (2, 0.2%)

1 もって, 仕掛けるの

▼ 砲なる~ (2, 0.2%)

1 勇者の, 新武器

▼ 砲傳來~ (2, 0.2%)

1 の島, の歴史

▼ 砲~ (2, 0.2%)

1 の向いた, をのぞき込ん

▼ 砲分隊~ (2, 0.2%)

1 の技術, よりの報告

▼ 砲四門~ (2, 0.2%)

1 で速力, を備え

▼ 砲~ (2, 0.2%)

1 の権威, をやっ

▼ 砲~ (2, 0.2%)

1 の技術, を受け

▼ 砲工学校~ (2, 0.2%)

1 の塀, はおれ

▼ 砲~ (2, 0.2%)

1 もどかしとや, を教

▼ 砲~ (2, 0.2%)

1 ありまた, が付い

▼ 砲~ (2, 0.2%)

1 から佃島, の塾

▼ 砲~ (2, 0.2%)

1 も曳, を御

▼ 砲~ (2, 0.2%)

1 がつく, といへ

▼ 砲~ (2, 0.2%)

1 が入らぬ, につかれる

▼ 砲~ (2, 0.2%)

1 の一つ, の姿

▼ 砲~ (2, 0.2%)

1 は空, へ新手

▼ 砲~ (2, 0.2%)

1 が聞こえ, の輪

▼1* [159件]

えたままその, 砲おしならべ, 砲おろして, 砲煙硝の, 砲かついで, 砲かりて獵, 砲がにゆうつと, 砲くらりゃみこみがない, 砲ぐらいな鉄砲の, 砲こっちは十一吋砲, 砲さえ出来て, 砲さきへ弾丸, 砲しかなく徳川, 砲しばし鳴りを, 砲その他にヨーロッパ人, 砲それは初耳, 砲だの機銃だの, 砲やない, 砲であったがどんより, 砲であるとか機関銃, 砲としては最小の, 砲とどろきし頃よりぞ, 砲とを組合わせたよう, 砲なこたあしたが, 砲などに会って, 砲なら射込めるかも知れない, 砲なら撃てますが綱渡り, 砲によつて種々の, 砲のみはいかに超然たる, 砲やらが飾つてあり, 砲をもって砲撃せよ, 砲を以て砲撃せ, 砲チャンとそろっ, 砲ニヨリ粉砕シ他ノ一機ハ海中ニ墜落セシメタリ, 砲ブューローとともに到着, 砲プロペラの音, 砲ベルタが製造, 砲ミトライユの指揮者, 砲持チ急速ニ山東, 砲一斉に第, 砲一発いくらという値, 砲一発轟然とぶっ, 砲一門に打, 砲一門五個に区劃, 砲一門聴音機一台であります, 砲七十門をもって普軍, 砲七門を以て組織, 砲を追, 砲二十八門十二斤砲二門臼砲三十門であった, 砲二十門銃千六百挺米五百俵である, 砲二百挺を持つ, 砲二門とゴルティング銃一挺, 砲二門十二珊速射砲六門四十七粍速射砲十二門機關砲四門あるです, 砲二門臼砲三十門であった, 砲五梃づつ菰に包んだ, 砲仏郎機砲霹靂砲子母砲, 砲以上だ, 砲は持出し兼ねません, 砲使用の年代, 砲俄砲四十七粍速射砲砲門をならべ, 砲六吋十二門高角砲四吋八門魚雷発射管は二十一吋四門, 砲六吋砲の十二門, 砲六門四十七粍速射砲十二門機關砲四門あるです, 砲兵力の集中, 砲兵員配置につけッ, 砲兵営の外柵, 砲出女といふ關所, 砲刃矢石の間, 砲制洋砲と合せざる, 砲に依, 砲が及ばない, 砲十二磅砲というよう, 砲十二門機關砲四門あるです, 砲十二門馬力百二百十噸というすばらしい, 砲十五門十二糎高角砲四門で速力, 砲十門軽蛇砲, 砲受候者一人居候を生, 砲とを受け, 砲員たちはガスコ, 砲員一斉に快, 砲員淋漓たる汗, 砲員無事なるはまれなりしが, 砲員皆砲に群がりつ, 砲四十七粍速射砲砲門をならべ, 砲四吋八門魚雷発射管は二十一吋四門, 砲塁全部を恢復, 砲塁完備した設備, 砲の中, 砲母砲火箭等城門を, 砲では山形警部, 砲射撃去年のこの, 砲尾の上に身, 砲の士官, 砲工兵の将官, 砲工兵各々一小隊が加, 砲工學校氷川臺の東京盲唖學校, 砲工輜重の特科, 砲帆布糧食などすべて梁庫, 砲を入れる, 砲弩弓の征矢, 砲弩弓手鼓手螺手干戈隊鉄弓隊など四団八列, 砲弾幕とを突破, 砲彈藥を要する, 砲の旦那, 砲打ちに來, 砲打つなと大手, 砲投げすて, 砲敢えて恐るるに, 砲の優勢, 砲数門を載せ, 砲數門を備, 砲時計機織器であつ, 砲から離れよう, 砲を持ち, 砲洲新倉がある, 砲洲稻荷の裏, 砲火箭等城門を射撃, 砲烙灸と蒼空, 砲烟弾雨の中, 砲の前, 砲爆弾等の精鋭, 砲用鞍形楯ほか十二三の楯類, 砲の手筈, 砲発明あたりから発足, 砲百三十一門軍旗五十五旒を失い, 砲百梃は平次, 砲真鍮の九ポンド砲, 砲石踏弓火箭目つぶしあらゆる防禦物, 砲がことごとく, 砲砲門をならべ, 砲筒御蔵の前, 砲筒御蔵前の浅香慶之, 砲までつぎ目, 砲聯隊長の御, 砲聲地に震, 砲をくり抜く, 砲は十万ドル, 砲落下音爆発の音響, 砲薬砲の巨弾, 砲の外套, 砲設計の方針, 砲買込みの企て, 砲込の, 砲軽砲の類, 砲酒屋の名, 砲戦車ピアノ鋼線あはれあはれ子らが, 砲銃水雷等ノ快, 砲銃相接するの, 砲鍛冶とか花火屋, 砲陣地想い出しましたわ, 砲除けの御利益, 砲隊ハ既定計画ニ基キ陣地ヲ占領シ主トシテ高田市附近, 砲隊士の一隊, 砲隊潜行隊また水寨, 砲隊銃隊などの甲冑, 砲隊陣地を怪力線, 砲霹靂砲子母砲, 砲頭以下數十人が待ち受け, 砲高射機関銃の実弾射撃