青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「珍~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~玉 玉~ 玉子~ ~王 王~ 王さま~ 王子~ 王様~ 玩具~ ~珍
珍~
~珍しい 珍しい~ 珍しく~ 珠~ 班~ ~現 現~ 現に~ ~現れ 現れ~

「珍~」 4950, 48ppm, 2444位

▼ 珍らしい~ (2058, 41.6%)

65 ことで 30 事で 27 もので 25 ものを 18 ことだ 16 ところで, 物を 12 ことを 11 ことには, という, な 109 のです, ものの 8 ことである, ことは, のは, ものです, 話を 7 ことだった, ことです, ことに, ものだ

6 [13件] ことであった, といふ, と云, と思う, ものが, ものである, ものに, 不思議な, 事が, 事だ, 形の, 物が, 話だ

5 ことも, と思った, のである, ものは, 事も, 人が, 人に, 夫婦を, 寒さ, 程の

4 ことが, のだ, ものと, ような, 事に, 事には, 人だ, 御馳走を, 経験を, 花が

3 [38件] お天気, お客さんを, から, ことでも, ことな, ぢや, とは思ひませぬ, と思っ, と手, と見え, なあ, なア, に違, の, ほどで, もの, ものであった, ものであります, ものでも, ものばかり, 事, 位に, 出来事では, 名を, 品物を, 型の, 大雪が, 夫婦が, 客が, 小鳥を, 建築を, 方です, 東洋の, 気が, 物でも, 現象では, 花を, 話が

2 [112件] お客様が, からです, がそれ, こと, ことじゃ, ことぢや, ことであります, ことであろう, じゃありません, という意味, という評判, ところを, と云う, と思, と思い, と感じた, と見える, なおじさん, な奇体, に相違, のが, ので, のであります, のでこの, ので皆, のを, ほどの大雪, ぼん, ものだった, ものや, やうな, よ, ようだ, わ, んです, 一匹の, 不人情者, 不成績だ, 事でした, 事です, 事な, 事の, 事は, 事や, 事件では, 事陰氣の, 人と, 人物が, 今まで, 仕事を, 何事かを, 光景が, 光景に, 光景を, 内は, 処を, 出来事を, 別嬪で, 動物の, 単葉の, 原書で, 問題, 地名の, 夕陽が, 夢を, 大きな木, 大雪の, 夫婦だ, 娘の, 客だ, 嵐が, 年寄だ, 幸運者で, 形を, 御馳走が, 悧巧な, 愛敬何と, 感を, 所を, 方が, 方で, 書物を, 未来の, 材料が, 物で, 物の, 物語を, 現象だ, 男です, 程見すぼらしい, 種類の, 立派な, 結晶に, 絵馬を, 罪人が, 花だ, 草花を, 見ものに, 言葉で, 言葉では, 許りで, 話と, 話に, 話の, 話は, 話も, 謙遜家だ, 贅沢な, 顔を, 魚が, 魚を, 鳥の

1 [1214件 抜粋] あなたお, あの朝寝坊, いろんなもの, うちゆえと, おみやげが, お人, お名前, お客さんたちも, お客さんで, お客様の, お方だ, お話だ, お話を, かき餅を, かも知れません, からそれ, からである, からとか極め, からね, から一ト晩, から俺, から書付け, から用事, から障子, が, がその, がホウボウ, が本因坊名人, が現に, きりやうが, くらいだった, くらいにあきらめ, くらいの尊げ, くらい睦まじい, ことじゃあ, ことすっかり, ことでございません, ことでしょう, ことでなく, ことスリルな, こと現今は, この気分, こんなさし向い, ごちそうの, ざんざ降りに, し藪, じゃア, ぜ, そして親しい, その小山さん, その歌, たって久しく, だけです, だれでも, って, であらう, といっ, といわれた, とか美くし, ときに, とすぐ, とは云, とも思はう, とも思わなかった, と云わなけれ, と仰有った, と先生がた, と声, と思えた, と思はれる, と思召, と言, どころか大事, なこんな, なと演説者, なよく, な眞, にしろ, に違い, ね久しく, ね野放し, のでお, のでせう, ので下, ので其儘紙, ので妻, ので持ち帰った, ので早瀬, ので私, ので見物, のに二羽, のに言句, のも, の浮木, ばかりだ, ふたごの, ほどである, ほどの凪ぎ, ほどの方, ほど丸, ほど仲, ほど屈曲, ほど深く, ほど美しく, まあほとんど無かったろう, みやげ物を, ものえ, ものじゃった, ものでございます, ものでなくなった, ものとは, ものに対して, ものば, ものも, もの好きで, もの少ない, もんなんぞ, や, ように, よな, りっぱな, わね, んじゃ, んでえ, エキゾテイツクの, カラクリや, ガヤガヤという, ガラスの, ケチな, サルタンの, ステッキは, デリケートな, ニッケル鉱の, ネ腕, パン附の, ミリオネエルの, リズムを, 一例だ, 一例は, 一室である, 一日でした, 七兵衛さんどう, 三国志的人物である, 三層楼で, 上等の, 下駄であります, 不敵者で, 世界を, 中こそ, 事あらへん, 事だった, 事でなかったらしい, 事とか, 事以上に, 事件にでも, 事件不思議な, 事実を, 事現今は, 二人の, 二百二十日だ, 五弁の, 人, 人だつた, 人という, 人な, 人柄でした, 人物で, 人物でも, 人種だ, 人達は, 今時そう, 伊豆紫の, 位で, 位なら, 位丸顏に, 何だか奇麗, 佳い女, 例であった, 例では, 偶然かも, 儀式が, 優しい温い情, 光景であった, 全くの, 内の, 写真が, 処をと, 凧を, 凪の, 出来ごとでは, 出来事が, 出来事です, 出迎へ, 初実り, 刺戟に, 剥製が, 動物が, 動物どもが, 化物の, 北欧型の, 半襟を, 印度人の, 印象の, 原書だ, 原書を, 古文献, 号令が, 名が, 名の, 名香じゃ, 和服姿, 品だ, 品物でした, 善人に, 器具や, 噴水の, 因業だ, 土だった, 土産ものを, 地図や, 型だ, 堂々たるもの, 報知を, 壁かけの, 変化とか, 夕凪が, 外柔内剛春の, 大, 大きなもの, 大事が, 大形の, 大痘痕, 大雨だった, 大雪での, 大雪に, 天才だつた, 天気な, 夫婦の, 奢りです, 女は, 女性との, 好いところ, 好青年, 姫様と, 姿です, 姿は, 子供じゃと, 学問を, 學問好で, 宝石入りの, 実に思え掛けねえ, 実例として, 客でも, 客人だ, 容貌の, 寝台の, 小春日和で, 少い貴重, 屋号の, 山家の, 山独活を, 幻像の, 広開, 弘の, 強い調子, 当家も, 形と, 形容詞を, 彫刻だ, 彫物の, 従来に, 御方でございます, 御機嫌, 御菓子, 御馳走でございます, 心から, 心がけの, 心ばへ, 心掛けの, 快晴だつた, 恋愛の, 悪く云う, 情景に, 感じである, 慣行が, 懷ろ時計です, 所へ, 手料理を, 手紙に, 才能と, 才能を, 掘り出し物を, 改った, 文章が, 料理を, 新らしい, 方だ, 方でありましょう, 旅人の, 日だつた, 日本水泳が, 日本趣味の, 早起, 昆蟲を, 星に, 春草を, 時分だった, 景色という, 暑い日, 暗合に, 書物が, 書物の, 月と, 有意義な, 朗かな, 木々獅子だの, 未開人の, 朱鷺色の, 村だ, 来客に, 林に, 果実や, 棘の, 植物の, 楽しみな, 構造では, 様子であった, 樹, 樹の, 機械が, 機械の, 歌である, 歌とは, 武器な, 武道の, 死方だ, 毒蛇で, 気も, 氣象者で, 水木である, 洋式の, 洋酒を, 津波だった, 浴泉圖は, 涼しさ, 湯の, 漢書が, 濃霧だった, 火防の, 無欲の, 然も, 煙草を, 父の, 牛じゃ, 物です, 物という, 物は, 物好きで, 物理を, 物語忘れよう, 特徴です, 特色的な, 狂言じゃと, 獣だ, 獲物でも, 玉が, 玩具でも, 玩具や, 珠が, 現われ, 現象だらう, 現象です, 現象な, 生れ性, 生活へは, 生物でも, 男だ, 男で, 町人腰に, 異色の, 症状を, 癖です, 發見も, 皮を, 目を, 相談でも, 真剣勝敗に, 矛盾稀なる, 短い滯在, 石炭層が, 硝子張りであった, 秀才でありました, 科学的な, 程, 程はしゃぎ出した, 程大きな, 程鄙びた, 稼人である, 空, 筍二本持て来, 紋だ, 素六が, 細片, 結晶が, 綿入れの, 繪日記を, 羊歯類が, 美しい眺め, 美人お, 美日であった, 美男である, 美貌, 習俗である, 耳を, 職業の, 背の, 背広姿の, 能くお, 腰抜けじゃと, 自然の, 船が, 良縁だ, 色白の, 花かも, 芸でも, 芸人で, 若者であった, 草でも, 草や, 菌ばかり, 菫の, 葬列かと, 蕈が, 蕪が, 薬は, 虫では, 蝉を, 蟻の, 行列が, 装いは, 裝幀でない, 見物で, 見物である, 見聞を, 親しみを, 親子だ, 言葉も, 許りであった, 試みで, 詩集かも, 話だろう, 話でも, 話題を, 諸相と, 讀書家で, 豪家が, 貞節の, 賓客でございます, 踊りを, 迄か, 近代的な, 逸品で, 遊びだった, 遊戯の, 遠目の, 郷土の, 酔ひ方だ, 銀の, 長い顔, 閉鎖的文化を, 限りでございました, 雁の, 雜煮の, 雪が, 雪を, 雪形で, 電子望遠鏡という, 霊媒とが, 青年である, 非常に, 面白い遊戯, 鞍で, 音の, 頭です, 顔つきで, 風景だ, 風景として, 風物は, 食品であっ, 食物を, 飲食商人が, 香を, 馬で, 高価な, 魔術よりも, 魚であった, 鳥が, 鳥な, 鷹狩獲物に, 黒繻子豆絞りの

▼ 珍らしく~ (901, 18.2%)

44 もない 31 はない 16 はなかつた 10 はなかっ 7 もあり 5 もなく 4 はありません, はなく, もありません, もなかっ, もねえ, 思つた 3 て仕方, は無い, 一人の, 今日は, 客が, 家内中との, 斯んな, 早く起き, 私の, 自分の

2 [49件] はございません, もあった, もあるまい, もございません, もな, もなかつた, もなんとも, もまた, も何とも, も小半日落着, も彼, も無い, カラリと, プラトニツクに, 五十里さんの, 元気の, 兄の, 十手などを, 古風な, 和服を, 和歌の, 坂井の, 声を, 家に, 寒さ, 彼の, 彼は, 彼女は, 得易は, 御消息, 快晴だつた, 早く起きた, 早起, 早起きし, 時間の, 激しいこと, 無かつ, 碁を, 穏やかな, 空が, 立派な, 細君を, 綺麗に, 緊張した, 老母と, 興あり, 雪が, 雪の, 顔を

1 [636件 抜粋] あたりが, あとへ, あは, あやめが, あるいはそう, いいお天気, いい人間, いい天気, いい心持, いい氣持ち, いろんなこと, おだやかだ, おひろ, おもしろし, お前樣方も, お喜び, お客が, お祝, お見かけ, お銚子, お靜, がむしゃらな, きまじめな, きめ細かい人間, この有様, ご機嫌, さえあれ, さし覗く, じっと見, せかせかと, そこへ, そして新しい, その日, その臆病さ, その辺, それが, それだけにまたこちら, それと, そんなこと, たくさんの, だいぶ這入っ, ちゃんとした, ちらちら粉雪, つても, て, てあたり, てこの, てそんなに, てたまらぬ, てたまりませんでした, てよかっ, てセンセーショナル, て且つ, て可, て女, て嬉しい, て嬉しく, て目保養, て美しかっ, て貴重, て面白い, て高, とうとう歩い, どんなに不思議, ないとしても, なかなか良質, なきのみ, なくっても, なつて, はある, はじめてぼく, はっきりした, はなくなった, はねえ, は思はぬ, は感じなかった, は睾丸炎, ひとつきふたつき暮し, ひどく酔つて, ほんとに珍, また世にも, また女の子, また新, また親しく, まだ有明, みづ, むっとした, もあまり, もありませぬ, もいろ, もこの, もさすが, もしむみりと道子, もしんみり, もそれぞれ, もなかろう, もなくなります, もなけれ, も人間, も今度, も何ん, も信一, も入れ子, も初めて, も国分寺, も夫婦, も寂巖, も寂然, も尊く, も御, も快, も感じた, も懐かしい, も打ち沈んでしまつた, も持つ, も有難く, も歸つて來, も氣, も沈静, も浮べた, も父, も猟人等, も皆既食, も私, も竹椅子, も紺絣, も老爺, も裏宿七兵衛, も調子, も錢, も魚売婆さん, よく晴れ, よく晴れた, わづかな, オハグロを, ギヤマンの, グデングデンに, シーンとして, テキパキと, テーブルの, ドンヨリと, ハキハキと, フロックコートにて, フールドレッスに, リアルな, リンゴ七つその, 一人きりの, 一人で, 一台の, 一寸した, 一番小さい, 一週間も, 七月十四日の, 三十分ほど, 三十分程, 三杯も, 三猪口愛吉の, 不思議だった, 不思議で, 不機嫌, 且つなかなか佳い, 両刀を, 中学校まで, 九時前に, 事の, 二三度も, 二鉢買つて小さい, 五つに, 五月雨じみた, 京都の, 京都見物と, 人と, 人の, 人声が, 人間味の, 仏蘭西語を, 他に, 他人の, 仲間に, 何事か, 余裕が, 作風上の, 俥を, 僕に, 僕は, 優しく見, 八五郎を, 六畳に, 六郎兵衛は, 兵さんの, 内氣, 内蔵助の, 冗談を, 出世した, 出席した, 初夏近く, 初雪が, 医師をとまでは, 午前中から, 午寝, 午頃病院へ, 又さびしく, 又感, 取沙汰し, 可憐な, 同塾生, 向うの, 唐紙と, 四方を, 四邊の, 国元へ, 国府津に, 土産物を, 変化に, 夏らしい, 夕立が, 夜中に, 夜会巻きで, 夜延でも, 大きい聲, 大きな虹, 大きな赤潮, 大勢の, 大患に, 大玄關, 大食した, 天気が, 天真で, 夫に, 奇麗だ, 女夫稲荷だった, 女房の, 女流作家の, 好い天気, 好奇心が, 威儀を, 威勢よく, 威厳の, 嬉しきを, 嬉しそう, 孟宗竹の, 実際に, 実際を, 客の, 家へ, 寝坊しました, 寧ろ新, 審美派であっ, 小さな魂, 小人数, 小説家同志では, 小高く盛り上げられ, 少し興奮, 少なかつた, 屈託の, 屋内の, 左様の, 巨岩が, 巻紙へ, 帳場なんかに, 平次の, 平次は, 幾人も, 床を, 弁当を, 強い興味, 強い調子, 彼女が, 彼女に, 律儀な, 従者も, 御文, 御気嫌, 御用の, 微かに, 微醺を, 徹底的である, 心が, 心地すぐれたる, 心掛の, 志村克彦からの, 快晴だった, 思い, 思つたと, 思つてその, 思つて居た, 恋愛を, 恐ろしきもの, 悒鬱にな, 愉快で, 愛想が, 感情の, 戸外に, 打揃つて賑, 拾ひ読みした, 捨子が, 支那服を, 放談した, 教養も, 散歩の, 文化論が, 文吾が, 文学論, 新十郎, 新聞を, 方々引っ張り廻された, 旅川周馬が, 日が, 日曜には, 日本服で, 日本酒が, 早いね, 早かった, 早く眼, 早めに, 早起きを, 旭が, 明るい家, 明るい聲, 映画館の, 春の, 昨夜から, 晴れだ, 暇で, 暇を, 暖い, 暖かいお, 暖かい朝, 暖く, 暖だった, 書き物を, 書斎に, 書齋に, 朗らかな, 朝から, 朝早く, 朝飯に, 本所側から, 来信水仙花さんからの, 来客の, 東京から, 椅子に, 楽しい日, 楽しみである, 横須賀軍港から, 機嫌が, 機嫌を, 機嫌好く, 此方から, 殘つてゐます, 母屋へ, 気を, 気持がさつぱりと, 氣の, 汽車に, 波瀾に, 泪が, 洋画, 洋間の, 海が, 涙が, 淡白な, 深い方, 温泉宿の, 滿, 漢詩に, 濁酒を, 火を, 火鉢も, 無事に, 無言で, 熱が, 熱中した, 父に, 特色ある, 独りで, 猛烈な, 獨りで, 理学士が, 生真面目に, 田舎の, 番頭さんも, 異った, 痛快である, 白い中, 白を, 目あたらし, 目に, 真面目に, 眼を, 知つたのである, 知的な, 短くて, 神妙だつた, 神妙な, 神妙に, 秀子を, 私に, 私は, 秋の, 穏かな, 空も, 立派であった, 筆が, 筋が, 箱根から, 米飯が, 紅空木の, 紋服で, 納豆売り, 結実し, 絣の, 線彫で, 緻密な, 美しいと, 美しい方, 美しそう, 美味しく母, 老婆を, 而も, 耳を, 肴を, 背広を, 能く, 能くそ, 自分から, 自分で, 自動車の, 興奮し, 良い娘さ, 良い心持, 良い状態, 芥川賞の, 若々しい血, 若い外人夫婦, 茶の間に, 落雁を, 葉子が, 薄化粧など, 薄化粧を, 蠱惑的な, 街へ, 表で, 複雜なる, 見事な, 見送りの, 親方が, 親身な, 覺え, 角田の, 解つた人だ, 詩に, 議論が, 豊かな, 贅沢三昧な, 越前や, 車で, 車中も, 軽いので, 輝子は, 辺りを, 述ぶる, 遍歴布教を, 遍路が, 道具も, 道後の, 鄭重な, 酒も, 酒を, 酷たらしい, 醉つてゐる, 金魚池を, 針を, 長々と, 長いあ, 長い廊下, 長くソーッ, 閑さうな, 隙でした, 隣家に, 雨が, 霜柱立つ, 面白いが, 面白かった, 音が, 音樂會の, 風の, 風変りの, 風景画で, 風邪一つひかない, 食堂で, 餅搗臼を, 餉台の, 饅頭売りを, 饒舌だった, 駒下駄の, 高等小学校も, 髯を, 鶯が, 黒く蹄

▼ 珍らし~ (436, 8.8%)

116 そうに 44 かつた 23 さうに 22 さに 12 そうな 9 げな, 気に 8 さが, さの, 相に 6 がつて, さから 4 さと 3 がつた, さで, さを 2 くにこ, げに好い, げに室内, げに爺, げに眺めた, げに眺める, 気な, 物喰ひ

1 [136件] うも, おまつ, か, かつたせゐ, かつた映, がつたらう, がつてあちらこちら, がつて保存, がつて尊敬, がつて数日, がつて附近, くい, くさし向い, くすなお, くもうれしく, くもこと新しく, くもね, くもねえ, くも一葉は, くも一面の, くも二階の, くも口も, くも病秋兎死君から, げにいろんな, げにお, げにこの, げにこれら男子青年, げにさし覗き, げにしばらく眺め, げにじろじろ見る, げにちらと, げに中津, げに云, げに仏蘭西婦人, げに取り上げた, げに向, げに嗅ぎまわし, げに四辺, げに廊下, げに当てども, げに彼女, げに後, げに手柄顔, げに拝見, げに根元, げに瞻つたの, げに窓外, げに立どまつ, げに考えた, げに藤, げに見あるき, げに見た, げに見まわし, げに見入らない, げに見廻した, げに見物, げに見詰む, げに言い囃さるる, げに話し, げに迎えられました, げに道具箱, げに那, げに鎖された, げに門, げに黄色い, げの, げも, さ, さうな顔付, さうにきよろ, さうにザポロージェ人達, さうに五十銭銀貨三枚, さうに五十錢銀貨三枚, さうに僕, さうに家, さうに息, さうに愛ちやん, さうに指さき, さうに樹かげ, さうに檣樓, さうに沢山, さうに火, さうに猫, さうに目, さうに笑, さうに義雄, さうに首, さうに龍子, さだけに, さとを, さは, さも, さ大嵐, さ或いは, さ瑞々し, としない, とてわざわざ, とて父樣, と見, と見え, と見入り, と見入れ, の方様, み包み, やお, やただ, やムク犬, や仰せ, や何風, や先, や加藤氏, や参詣者, や向う, や大月玄蕃, や宇治山田, や寂し, や市之丞殿能, や文角, や水品陣十郎, や瀧口, や石川五右衛門殿, や聯合艦隊, や裸男, や醤買石, や雀, ゅうござりませぬ, ゅうござんしたから正体が, ゅうござんすぞね奥さん乳の, 古き像, 氣に, 物好きで, 物好きであった, 物好きの, 相な, 花が, 顔に

▼ 珍らしき~ (100, 2.0%)

7 品を 3 さまにも, 客に 2 事は, 事も, 事を, 物を, 空想の, 花などを, 苦き香

1 [73件] お便りと, くさぐさ, ことなり, こと怪しき, こと極りなし, ためしに, にも涙, に例, ま, もあれ, ものある, ものだ, ものと, ものなり, ものなる, ものゆえ根ごと抜きとり持ちかえっ, ものよと, もの精製した, をよろこび, 九十九谷の, 也, 事どもを, 事なり, 事件を, 京都は, 人々先, 人に, 倭文幡帶手古奈は, 再會, 出來なりき, 古代の, 吾妻男をこそ, 品買い求め, 品買求め, 場所に, 大木なれ, 大酒, 客なれ, 山と, 山路の, 島國の, 巨大の, 干物又は, 平坦の, 平服の, 御馳走に, 心地す, 所にて, 手玩具数々の, 才ある, 新しき詩的材料, 日本人に, 日本人にもの, 明晰なる, 昔物語を, 望なる, 梅也, 樂にも, 樂土鳥の, 気嵩なる, 氣象の, 涙流しつ, 物さは, 物語を, 節つけ, 者かな, 者として, 船遊山でも, 行人, 見物なり, 詩なる, 迄に大人, 馳走に

▼ 珍~ (79, 1.6%)

2 であ, なの

1 [75件] および, が一冊紛失, が幾ら, たること, たるや, たるを, だが, ださうである, だと, である, でげしょう, ですから, でもなく, でも掘出した, でピエール・ド・メディヌ, で一時, で有名, といっ, とか人, と思った, と称し, どころか大抵, なので, にした, になった, になつて, には間違い, に属する, のいくつ, の中, の借覧, の傳來等, の出現, の初版, の所有権, の收藏, の蒐集, の蒐集家, の部, の部類, の間, の雑誌, はその, は展覧会, は神様, は自分, は買っ, は集めない, もある, も支那, も数十点, をよく, を三四冊, を二冊, を印刷, を取り出し, を取出し, を埋める, を差出し, を求め, を求めた, を漁る, を獲た, を見つけました, を見付け, を賣つた, を集め, を集める, 払底で, 扱いことに, 無用論を, 現金即売展覧会を, 良書の, 蒐集家で, 蒐集家でも

▼ 珍~ (72, 1.5%)

14 しからず 4 しからぬ事 3 かなる, しかつた 2 かにいとど, しからずと, しからぬこと, しむ, しもの好き

1 [38件] かななつかしい, かなもの, かならざる, かな文献, かな若緑, かに, かにめでたけれ, かに柔かき, かに眺められた, かに見える, かの眺め, しかあ, しからざるべくまた, しからざるべければ, しからざるべし, しからずこれ懺悔, しからずとは, しからず宮寺, しからず私立, しからず見て, しからぬ冬野, しからぬ政党, しからぬ梅, しからぬ獣行男子, しからぬ間柄, しからねば, しかア, しげな, しみ刈れ, なこと, なり有渡山, なるいとも, なるかかる夜, なる新, なる月, な東宮, に無遠慮, に見

▼ 珍らしくない~ (67, 1.4%)

4 のだ 2 ことです, さうである, のであった, のであります, のである

1 [53件] かも知れない, から, からと行平殿, からツイそっけ, から戸, がやはり, がハリダース, が一つ海鰻, が岡, が日本, が稀, が美妙斎, が自ら群書, が間もなく, が額, ことが, ことで, ことであります, ことに, しかも二十匹, そうだ, であらう, といふ風, と思い, と言, のでいかに, のでしょう, のでその, のでそれ, ので一匹, ので半, ので幸徳秋水, ので気, ものであった, ものに, もの必ずしも, やうだ, よ, ようであります, ように, んだ, 事だ, 事実です, 出来事だった, 半天蓋, 巾着切りである, 心理であろう, 日本の, 殊に少しエライ禪僧, 縁の, 買物の, 酔どれ武士の, 頃です

▼ 珍~ (63, 1.3%)

27 つくり 2 いうには, 御經, 花

1 [30件] がその, ような, ように, 一である, 主なり, 作であろう, 制作で, 名義を, 妄言墨子の, 姿は, 宿に, 寶を, 対手を, 手勢だった, 托生蘭類も, 料理は, 新星しぶき生れ, 末孫とかいう, 本草綱目が, 煙草入れ, 父の, 珍たる, 珍とも, 甲を, 皇子当時筑紫路から, 羽ごろも, 訓蒙字会に, 貝, 阿羅岐焼酎, 首なりと

▼ 珍~ (39, 0.8%)

9 するに 2 すべし奇

1 [28件] いうより, いふべきであらう, いふべきであらう唯極めて, されたに, し竜鱗菴義端, すべきでは, すべきに, すべきは, すべき世にも, すべき奇怪, すべき茄子, すべく特に, すべし, する人, する処, する物, す可きで, す可きである, せねば, 云うべし, 云う敢, 云う者, 云えば, 双尾蝎, 同族で, 為る里昂製, 称して, 言えば

▼ 珍らしかった~ (38, 0.8%)

4 のである 3 のであろう 2 ものと

1 [29件] からである, からに相違, か知れなかった, か解らない, がそれ等, が私, が首筋, せいか, と同じ, にし, に相違, のか, のだ, のです, ので日記, ので老母, ので陸, のは, ほど不景気, パナマ帽を, 但し著者及出版, 何だか道化役者, 戦争の, 時代です, 様子で, 牢屋の, 籐の, 自動車に, 自転車に

▼ 珍らしがっ~ (37, 0.7%)

5 ている 2 て見

1 [30件] たり何歳, て, てあたし, ていた, てお笑い, てくれる, てこの, てどこ, てみ, てよく, てニッポン人, てヤイヤイ, て丁度, て名所, て夜中, て大勢まわり, て嬉し, て居ります, て往きた, て悪戯, て我慢, て捕れる, て眺め, て見いった, て見ん, て訪ね, て買い, て間, て靴, て騒いでる

▼ 珍~ (29, 0.6%)

3 事は 2 名の, 形で

1 [22件] ことに, のと, のは, ものが, ものだ, もので, ものに, ものも, ものを, 事には, 内幕を, 制服も, 図であったろう, 対照だった, 岩です, 損害賠償を, 文章を, 料理を, 現象が, 行事あり, 話では, 顎だの

▼ 珍~ (17, 0.3%)

1 [17件] が莫大, であったと, で飾られ, といふ御自, なども持っ, などを蒐集, に飾られ, の価値, の手土産, まことに異, も集まろう, や古, や壁, を数々, を献上, を羅列, 異具

▼ 珍~ (16, 0.3%)

2 あり, を呈した

1 [12件] があった, がありました, が出る, が多い, じゃな, だ, である, でしょう, です, でも会費一円, には自ら腹, を見

▼ 珍~ (15, 0.3%)

2 その著

1 [13件] あだ名を, その集解中, 二十五ぐらいが, 例の, 其の後, 其の約束, 包の, 子孫へ, 宮詣でを, 弟の, 猯は, 苛い, 逃げ場に

▼ 珍~ (15, 0.3%)

2 が多い

1 [13件] がある, だから, で, である旨, で蝸牛, というもの, と称する, の分布上, の蘭, も多く, らしいと, を得ん, を誇った

▼ 珍風景~ (15, 0.3%)

2 である, を福子

1 [11件] が常に, が至る, だね, なきにし, に相当, に縁, は見られなかった, もたちまち, をざっと, をでたらめ, を呈し

▼ 珍~ (14, 0.3%)

4 その著 1 いうには, また山伏, 万震, 両頭蛇と, 作った, 嶺南の, 曰うには, 曹叔雅の, 本草ことごとく, 言い出した

▼ 珍~ (14, 0.3%)

3

1 [11件] うけ入れて, その國, と, にでも接した, の數, の目, の贈, の贖, も, を今衆前, を藏

▼ 珍~ (14, 0.3%)

2 な品, の感覚, の感覺 1 とすべし, となり, なの, な値, な料理, な物, な音物, 財宝は

▼ 珍清姫~ (13, 0.3%)

3 の伝説 1 か, さ, だ, だの観世音霊験記, で有名, というあの, になり, のこと, の昔, の話

▼ 珍現象~ (13, 0.3%)

2 を呈した

1 [11件] であ, であらう, でしょうね, です, は或は, も起りえなかったであろう, をさえ惹き起した, をもたらす, を出現, を收録, を目撃

▼ 珍~ (12, 0.2%)

1 [12件] あらざる物, あらず, ちがいない, 候わずや, 図案させ, 寄って, 懸想した, 抵る, 汝の, 語ったは, 語るよう, 迫った話

▼ 珍~ (12, 0.2%)

1 [12件] であつ, である, と思われる, なもの, な台尻, な器物, な構造, な歓楽, な熱帯性, な蒐集, な見世物, な香炉

▼ 珍らしがり~ (11, 0.2%)

1 [11件] の外, の意識, やがて出, わざわざ自分, わたしは, 手で, 新しがり, 方が, 次の, 特に婦人連, 自分も

▼ 珍らしがる~ (11, 0.2%)

2 位である 1 と同じ, のは, も尤も, わけで, 人達が, 子供も, 物は, 程の, 筈が

▼ 珍らしくなかった~ (11, 0.2%)

1 [11件] が他方母親, が午頃, が嘉永三年, が為, が美妙, し去, そうだ, のだ, のである, のであろう, ようだ

▼ 珍しからぬ~ (10, 0.2%)

1 が日本, ことなれ, ことばだった, を花, 人立ちが, 例である, 彼が, 愛吉が, 材料恋が, 物とては

▼ 珍~ (10, 0.2%)

2 さ, である 1 が一八六二年, のみならず, は真, も全部, を齎, を齎ら

▼ 珍~ (10, 0.2%)

2 がお 1 がし, さながらの, でご, です, と申します, のところ, の黒い小さい, はまだ

▼ 珍~ (10, 0.2%)

1 あるも, で饗応, として味, となっ, となつ, に数えられ, に驚いた, も重宝, を以てお待ち, を持ち来り

▼ 珍しからず~ (9, 0.2%)

1 これを, といえ, と雖, 先生が, 口唾は, 墨絵なり, 従って寒気甚, 斯も, 貴下御

▼ 珍という~ (9, 0.2%)

2 のが 1 中華料理店で, 中華料理店に, 事に, 学者が, 年若い, 支那の, 者が

▼ 珍らしいです~ (9, 0.2%)

32 な, よ 1 なア, ねえ

▼ 珍~ (9, 0.2%)

1 大船に, 常にする, 愛すと, 添えて, 納した, 追っかけて, 追ったとき, 追った清姫, 追ひかけ

▼ 珍~ (9, 0.2%)

9 の珍

▼ 珍しか~ (8, 0.2%)

1 あない, ありませんよ, ござんせんよ, つた, ない, ねえじゃござんせんか, ねえやい, アありません

▼ 珍~ (8, 0.2%)

1 がお, がおりおり載せた, ここの, とついて行ったら, ね, ねがある, ねなぞ, の

▼ 珍~ (8, 0.2%)

5 する盛り 1 なんでも, 容易に, 悪だった

▼ 珍なる~ (8, 0.2%)

2 彼の 1 が故に, ものを, も合祀, レースで, 画でございまする, 踊りは

▼ 珍~ (8, 0.2%)

1 にかういはれる, にとつて, の右, はステッキ, は二条, は引ずる, は立番, は誰彼

▼ 珍~ (8, 0.2%)

1 からお, からこの, が盃, でした, どころか大, な, にそっくり, も大

▼ 珍~ (8, 0.2%)

1 でございます, ともてはやさる, の大樹, をわざわざ, を巌壁, を育てる, を配し, 異木

▼ 珍殿~ (8, 0.2%)

1 が道成寺, というの, に打込ん, の姿, はいない, は熊野, も弱りきっ, を追いかけた

▼ 珍らしがられた~ (7, 0.1%)

1 といふほどである, のであった, のであろう, のも, ものです, 師走の, 時代に

▼ 珍~ (7, 0.1%)

1 ありさして, がたくさん, である, のヒタシ物, をうんと, をもっ, 即ち高山植物

▼ 珍~ (7, 0.1%)

2 の花 1 が咲く, が散生し, の実, の白い, や白山一華

▼ 珍~ (6, 0.1%)

4 術を 1 の, 物を

▼ 珍らしゅうございます~ (6, 0.1%)

21 がしきりに, が殊に, な, よ

▼ 珍動物~ (6, 0.1%)

1 だよ, として厳重, とでも称すべきでありましょう, に対しては理窟, に就い, の一つ

▼ 珍和上~ (6, 0.1%)

1 とも知合, に娶はせよう, の一週忌, の奥方, は能登国, への手向

▼ 珍料理~ (6, 0.1%)

1 だよ, で僕, で生れた, とあれ, ばかり出る, を差上げたい

▼ 珍~ (6, 0.1%)

1 が咲き乱れ, に過ぎない, の種子, よりも舞鶴, を育てん, 異草

▼ 珍~ (6, 0.1%)

1 あり餘つて, だったので, として賞, を出し, を潜水艇, を賞翫

▼ 珍~ (6, 0.1%)

1 あり, がある, じゃ, を紹介, を載す, 多し

▼ 珍趣向~ (6, 0.1%)

1 が, で伝家, と呆れ, はその, を持ち出す, 全く当日

▼ 珍らしから~ (5, 0.1%)

2 ねど君 1 ざるは, ねど其男子, ねば

▼ 珍らしく見~ (5, 0.1%)

1 ていた, ていました, ていよう, ながらそう, ながら歩いた

▼ 珍事件~ (5, 0.1%)

1 であった, であったに, については何, のこと, を起し

▼ 珍~ (5, 0.1%)

1 がオッ初, などには見た, は御存じ, を演じた, を見物

▼ 珍探偵~ (5, 0.1%)

2 は岩 1 が大江山捜査課長はじめ地中突撃隊, で彼, をビリッコ

▼ 珍~ (5, 0.1%)

1 たり, であつ, であらう, を失, を得るあれ

▼ 珍~ (5, 0.1%)

1 あらゆる生活, であった, とが私, などもちろん, をととのえ

▼ 珍~ (5, 0.1%)

1 で明治中期, にアッ, を発展, を見せ, を見物

▼ 珍解宝~ (5, 0.1%)

1 があり, などの男ども, のふたり, の二人, の兄弟

▼ 珍らしゅう~ (4, 0.1%)

1 ないしまア, もうそんなにすっかりお, 何かござります, 暖かい天気

▼ 珍~ (4, 0.1%)

1 から運ばれた, なの, の漁, は手ぶら

▼ 珍~ (4, 0.1%)

1 の在る, の有らむ限り引攫, を分, を持參

▼ 珍~ (4, 0.1%)

2 もあみだした 1 をく, を忘れ

▼ 珍竹林主人~ (4, 0.1%)

1 から聞いた, がふと, とか号, はまだ

▼ 珍~ (4, 0.1%)

1 だろう, と云, にひかれた, は優善

▼ 珍~ (4, 0.1%)

2 の酒 1 の盃, の酔

▼ 珍とも~ (3, 0.1%)

1 しなくなった, 申したいこの, 称すべきもの

▼ 珍~ (3, 0.1%)

1 同意し, 帝都へ, 現われなかったが

▼ 珍らしう~ (3, 0.1%)

2 はない 1 暖い

▼ 珍らしうございます~ (3, 0.1%)

1 こと麦の, よ, わ

▼ 珍らしがった~ (3, 0.1%)

1 あとで, とやや, のも

▼ 珍らしがられ~ (3, 0.1%)

1 たり西洋人, ている, てゐる

▼ 珍らしくある~ (3, 0.1%)

2 会を 1 とのこと

▼ 珍らしくっ~ (3, 0.1%)

1 て大した, て評判, て面白い

▼ 珍らしく思っ~ (3, 0.1%)

2 て来 1 て見た

▼ 珍らしく感じた~ (3, 0.1%)

1 ことである, のは, 訳であろう

▼ 珍らしく眺め~ (3, 0.1%)

1 たりそれ, ていたい, ながら指先

▼ 珍らしく眺める~ (3, 0.1%)

1 のであった, のみ, 病床の

▼ 珍らしく覚え~ (3, 0.1%)

2 申候 1 て一個

▼ 珍らしや~ (3, 0.1%)

1 と坐, と茶, と表

▼ 珍世界~ (3, 0.1%)

1 だけあっ, の, の主人たる

▼ 珍~ (3, 0.1%)

1 などは無用, の処分, を出し

▼ 珍~ (3, 0.1%)

1 となっ, の演技, 異装

▼ 珍~ (3, 0.1%)

1 のある, を口, を集めた

▼ 珍毛唐~ (3, 0.1%)

1 あ, が風, 見て

▼ 珍~ (3, 0.1%)

1 する, には舞台, も湧出

▼ 珍~ (3, 0.1%)

2 になる 1 ありて

▼ 珍~ (3, 0.1%)

1 ではあるまい, に奥まられた, を配し

▼ 珍糞漢糞~ (3, 0.1%)

2 な本 1 の寝言

▼ 珍~ (3, 0.1%)

1 する所, する美術家, の畫幅

▼ 珍試合~ (3, 0.1%)

1 でい, の巻, の続出

▼ 珍~ (3, 0.1%)

1 が家橘, といふ者, の役

▼ 珍車白山一華~ (3, 0.1%)

1 などがそれ, などの白い, などの花

▼ 珍~ (3, 0.1%)

1 の数々, をつめこみ, を振舞候はん

▼ 珍阿弥~ (3, 0.1%)

1 から, が怒鳴り, であった

▼ 珍~ (3, 0.1%)

1 の拝観, も神様, をまだ

▼ 珍~ (2, 0.0%)

1 ほど道理, 客来の

▼ 珍~ (2, 0.0%)

1 何の, 味ある

▼ 珍さん~ (2, 0.0%)

1 などもそういう, は丹念

▼ 珍だった~ (2, 0.0%)

1 が残暑, よ今

▼ 珍だろう~ (2, 0.0%)

1 とばかりそこ, と思います

▼ 珍である~ (2, 0.0%)

1 からそこ, 眞に

▼ 珍といふ~ (2, 0.0%)

1 山伏が, 珍甘い

▼ 珍とて~ (2, 0.0%)

1 唐辛子を, 飼おきし

▼ 珍などと~ (2, 0.0%)

1 云ふこ, 称し果して

▼ 珍ならざる~ (2, 0.0%)

2 はなし

▼ 珍~ (2, 0.0%)

1 よろこべよ, 左団次の

▼ 珍らしかろう~ (2, 0.0%)

1 と贈り, な隠居さん

▼ 珍らしくし~ (2, 0.0%)

1 てから, ーんと

▼ 珍らしくなかつた~ (2, 0.0%)

1 がいつも, が彼女

▼ 珍らしくなく~ (2, 0.0%)

1 現在通学中の, 遊女屋から

▼ 珍らしくなくなった~ (2, 0.0%)

1 から滅多に, のか

▼ 珍らしく出~ (2, 0.0%)

1 て行かなかった, ジャクソンの

▼ 珍らしく思う~ (2, 0.0%)

1 のであろう, 人には

▼ 珍らしく無い~ (2, 0.0%)

1 からである, のだ

▼ 珍らしく無くな~ (2, 0.0%)

2 つて東海道の

▼ 珍らしく見える~ (2, 0.0%)

1 ので, んだ

▼ 珍らしく驚くべき~ (2, 0.0%)

1 ものを, 事実である

▼ 珍らしけれ~ (2, 0.0%)

2 ば郭公

▼ 珍らしゅうござる~ (2, 0.0%)

1 か, な

▼ 珍~ (2, 0.0%)

2 と大伴

▼ 珍~ (2, 0.0%)

1 を名乗っ, を話し

▼ 珍問答~ (2, 0.0%)

1 と心得べし, を書き洩らし

▼ 珍器重宝~ (2, 0.0%)

1 はこの, をどんどん

▼ 珍~ (2, 0.0%)

1 よりの不浄門, をおりた

▼ 珍~ (2, 0.0%)

1 と曰, など言ふうづ

▼ 珍念さん~ (2, 0.0%)

1 とのう, もね仲よし

▼ 珍~ (2, 0.0%)

1 に及び, を拝見

▼ 珍捕物~ (2, 0.0%)

2 になり

▼ 珍探偵大辻又右衛門~ (2, 0.0%)

1 だ, と一緒

▼ 珍敷者~ (2, 0.0%)

1 なりと大いに, 到來

▼ 珍料理店~ (2, 0.0%)

1 で川上機関大尉, にとびこんだ

▼ 珍最期~ (2, 0.0%)

1 であった, はこれから

▼ 珍本收藏~ (2, 0.0%)

1 の傾向, の最初

▼ 珍本稀覯書豪華版~ (2, 0.0%)

1 と来る, に対しては頗る

▼ 珍~ (2, 0.0%)

1 である, を考え出した

▼ 珍植物~ (2, 0.0%)

1 の宝庫, 多きを

▼ 珍~ (2, 0.0%)

1 の支那料理, へ行く

▼ 珍~ (2, 0.0%)

1 が水底, の履

▼ 珍珠泉~ (2, 0.0%)

1 だが, というの

▼ 珍~ (2, 0.0%)

1 が並列, としてある

▼ 珍~ (2, 0.0%)

1 を獻上, 奇物財宝等の

▼ 珍相撲~ (2, 0.0%)

1 の一番, の原因

▼ 珍~ (2, 0.0%)

1 が洒落, というの

▼ 珍羊歯~ (2, 0.0%)

1 が始め, を発見採集

▼ 珍~ (2, 0.0%)

1 として十津川, として持出され

▼ 珍~ (2, 0.0%)

1 して, する古銅

▼ 珍~ (2, 0.0%)

1 を弄する, を挟む

▼ 珍~ (2, 0.0%)

1 だ, の産

▼1* [335件]

いう虎は, 珍う御座いましたもんです, 珍がられて俄, 珍がりてく, 珍くも無い料理, 珍ければこ, 珍これを妄, 珍しかとじゃろな, 珍すなわち辺先生を, 珍する物件を, 珍ずらしい物想わし, 珍その才の, 珍たるものは, 珍ちやあ, 珍味を, 珍づらしく鳶, 珍づ番人必ず歳, 珍であったりアワレ, 珍であり山は, 珍ですよ, 珍とっくりぶち破, 珍などに内々投書し, 珍なりとすべき理由, 珍ぷん漢ぷんは同じ, 珍行こう, 珍より約千五百年前, 珍らしいこってすね, 珍らしいこつてす, 珍らしいこつたなひとりぼつ, 珍らしいさめ肌な, 珍らしいしつかりした男で, 珍らしいすたいるでもあつ, 珍らしいせゐもある, 珍らしいたべもの, 珍らしいつひぞ見たことも, 珍らしいであろうと考えられます, 珍らしいらしくチチコフだけ, 珍らしい冴えた頭脳を, 珍らしい凪ぎに出, 珍らしい取組みだったね, 珍らしい変わったお話も, 珍らしい捌けた男な, 珍らしい晴れ渡った東方の, 珍らしい生きた人間が, 珍らしい秀でた鼻筋, 珍らしい見せて貰いたい, 珍らしい話しを聞く, 珍らしかったりします, 珍らしかったですよなどと云われる, 珍らしかったろういまでも, 珍らしかりし事その, 珍らしがらせに真新しい, 珍らしがらせただけで, 珍らしがらなくてもよい, 珍らしがらなくなり果てはその, 珍らしがらねえがあれ, 珍らしがられると云う, 珍らしがりしがそれ, 珍らしがり居り候内の, 珍らしがり擦ってその, 珍らしくありませんが非常, 珍らしくありませんでしたので私, 珍らしくあるまいと信じ, 珍らしくうつる門の, 珍らしくたずねて下さっ, 珍らしくたつぷりしてかぶさる, 珍らしくないしかしこ, 珍らしくないだと, 珍らしくないだらうがさ, 珍らしくないらしく甘い言葉, 珍らしくなかったら御免なさい, 珍らしくなかつたらしく平次も, 珍らしくなくなつてからは, 珍らしくなくなって来た, 珍らしくなく思いがけぬ徹夜撮影で, 珍らしくなければつまらん, 珍らしくなっていったん, 珍らしくはしゃいで好き, 珍らしくひがいが, 珍らしくひよつこり御会, 珍らしくほの暖かい, 珍らしくまとまって台所, 珍らしくもさつぱりと別れた, 珍らしくもっていないで, 珍らしくムキになって来, 珍らしく仕末の, 珍らしく似合うという柄, 珍らしく冴えた頬を, 珍らしく出かけたのよ妾, 珍らしく出掛けたなあ, 珍らしく古ぼけた背広を, 珍らしく吐き出すやうに, 珍らしく喜んだのである, 珍らしく変ってさえ, 珍らしく寝雪が, 珍らしく居るやうでした, 珍らしく居残りをされなかった, 珍らしく当った予感の, 珍らしく微笑みかけるのであった, 珍らしく思い立って太秦, 珍らしく思はるべければ能, 珍らしく思はれたと見え, 珍らしく思ひて見る, 珍らしく思ひなされたのである, 珍らしく思ひぬるかな, 珍らしく思ふま, 珍らしく思われたのも, 珍らしく思われるがことに, 珍らしく感じられたけれどべつに, 珍らしく感じられるものか, 珍らしく感ぜられるかも知れませぬ, 珍らしく探し當てた, 珍らしく接する赤い火, 珍らしく揉み潰され磨り荒されてゐる, 珍らしく整った方で, 珍らしく晴れていた, 珍らしく晴れたれば彼ら, 珍らしく晴れ渡った朝だ, 珍らしく曇ってもう, 珍らしく書いてい, 珍らしく来たよ, 珍らしく楽しんでいた, 珍らしく泊ってくる, 珍らしく澄みわたりゐて, 珍らしく澄んだ空の, 珍らしく生えてゐる, 珍らしく用いならした茶色に, 珍らしく畏まってるじゃない, 珍らしく目立つほどである, 珍らしく眺められることであろう, 珍らしく縫う人は, 珍らしく聞いていた, 珍らしく聞えて来なかった, 珍らしく聞えるかも知れぬ, 珍らしく腐り續けて, 珍らしく腐り続けて居た, 珍らしく行き届いた書肆の, 珍らしく見たのは, 珍らしく許してくれた, 珍らしく諦めの悪い, 珍らしく踏むのが, 珍らしく躍ったものだ, 珍らしく連れ立つて家, 珍らしく遊びたいから手廻し, 珍らしく酔って帰っ, 珍らしく酔った石右衛門は, 珍らしく降りだした雪が, 珍らしく響いて気, 珍らしく飲むのも, 珍らしく黙っていらっしゃる, 珍らしみとぞ, 珍らしみ家に米, 珍らし思うて手, 珍ら物見の, 珍ら街を眺め, 珍シイモノ聞カセテアゲタイト思ッタデスソレデコンナ陰気ナノヲヤッテオ気ニ障ッテ済マナイコトアリマス, 珍シイ廻リ合セト云ウベキハ陰険ナ四人ガ互イニ欺キ合イナガラモ力ヲ協セテ一ツノ目的ニ, 珍シイ花ヲ持ッテ東京, 珍シクモカヨウニ旺盛ナ状態, 珍シク冬籠リノ客多数居残リヲレリ, 珍シク彼女ガ朗カナ顔ヲ出, 珍ダネを探し, 珍ト為ス此レ本朝式ニ所謂平栗子耶或ハ曰ク搗栗ハ脾胃ヲ厚クシ腎気, 珍世界水族館などと色々, 珍事由を語る, 珍の新, 珍人橘の百圓, 珍人物の登場時間, 珍人間でもがあら, 珍什奇器殆ど人界のもの, 珍休氏などであった, 珍休氏等とも往来, 珍何人を尋, 珍何宗とか名乗っ, 珍と申す, 珍作りの南蛮鉄, 珍信家の名作諏訪法性, 珍倉皇別れ帰って, 珍先生を始, 珍勝負があった, 珍十兵衞が家, 珍求除正, 珍器古今の名匠, 珍器名什を蒐集, 珍器宝什や美酒佳肴, 珍器宝庫に充満, 珍器宝物高貴の織物, 珍器珠玉の類, 珍器異類夥しかった, 珍器財宝没収されおわん, 珍坊以下名もない, 珍型續出で噴飯, 珍報団々珍聞花月新誌自惚草紙, 珍報社の丸井隠居ぢ, 珍を出し, 珍詩好, 珍夫婦です, 珍奇中の奇, 珍いふんぢ, 珍州界内に, 珍と大和, 珍寶及王位命終る時, 珍寶衣服を雨ら, 珍建築といわれた, 珍を解宝, 珍で優物たる, 珍影響であった, 珍に出世, 珍念何を答える, 珍恒男君は深川森下, 珍把手珍破片少からず有る, 珍探偵大辻だった, 珍推理を発表, 珍のため, 珍奉存候, 珍敷くもあり, 珍敷事を聞せられ, 珍敷人也と一家中譽ざる者, 珍敷拝見仕候, 珍敷新枕御羨, 珍が出来あがる, 珍文句なぞをたった, 珍斎先代左団次の伊達安芸, 珍料理店前にやって来た, 珍昆蟲十種のうち, 珍景大道具の家族招待みたい, 珍景百出可笑しくて, 珍木会とか親睦会, 珍木奇獸を集め, 珍本中の珍本, 珍本面の出来る, 珍の客, 珍の垢染, 珍が御, 珍氏名なるもの, 珍水産の佳, 珍決例を出した, 珍汾漢の気, 珍に思はず見とれた, 珍は, 珍泣いて玄石, 珍清姫宅に宿り, 珍清姫恨みの恋路, 珍清姫様の物語, 珍清姫道成寺の段, 珍父母の勧め, 珍を手, 珍犬愛玩犬の変り種, 珍の記載, 珍玄石はこれ上聖, 珍珠蘭が枯れてる, 珍現象これで又, 珍を恵まれた, 珍甘いといふ甘い, 珍生物は必ず, 珍産南荒に駢, 珍男子といふ眼医者, 珍を撤去, 珍でキチガイ, 珍の横紙破り, 珍を閉づる, 珍見えて, 珍を放つ, 珍破片少からず有る, 珍禽異獣唱歌の声, 珍として公衆, 珍種日本人を見学, 珍から煎餅, 珍遣使貢獻, 珍竹垣から夾竹桃, 珍竹林と云う, 珍簟涼風到, 珍紛漢の事, 珍義太夫新声館, 珍考えて玄石, 珍でその, 珍膳佳肴のごとく考え, 珍膳瑶盤口舌を悦ばす, 珍膳美肴を山, 珍興行もさんざん, 珍花名木は常に, 珍芸会の高座, 珍草ムジナモの写生図, 珍草奇木異様の諸, 珍草木を存する, 珍菜佳肴も味, 珍までいただい, 珍が群, 珍解宝らの麾下あらまし, 珍解宝らすべて呉用の前, 珍解宝楊雄林冲石秀のともがら, 珍解宝鉄叫子の楽和, 珍記録でありチャップリン, 珍をき, 珍はこの, 珍諸書を考纂, 珍譚甚多い, 珍せらる我邦, 珍ですが, 珍を護る, 珍貴しるべし, 珍に値, 珍趣妙案の捻出, 珍車小岩鏡岩銀杏などが目, 珍車岩高蘭立山竜胆蔓苔桃麒麟草猩々袴鷺菅などがあり, 珍車岩黄耆深山塩竈青栂桜岩梅雲間草黒百合などの咲い, 珍車立山竜胆四葉塩竈などが鮮, 珍車虫取菫などが新, 珍車高根薄雪草, 珍軒鈍斎って, 珍造りの輝かしき, 珍道中もの僕, 珍道中ぶりで人足ども, 珍酒コンコドスを一つ, 珍酒裸形の妖女, 珍つ払, 珍野苦沙弥先生虎皮下と八分体, 珍野苦沙弥氏のごとき, 珍の中, 珍の兜, 珍鍛えの面頬, 珍長門家政の作, 珍長門家政作の甲冑, 珍を生ずる, 珍風景麦畑も菜の花, 珍饌中の珍饌, 珍饌異味を搜求, 珍の香, 珍駄婁の媚酒, 珍騒動がおこった, 珍を生, 珍魚どもが種類, 珍魚共が種類, 珍魚各種の熱帯魚, 珍麿という