青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「石~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~知れません 知れません~ ~知れん 知人~ ~知識 知識~ ~短い 短い~ 短刀~ ~石
石~
石垣~ 石川~ 石段~ 石炭~ ~砂 砂~ 砂糖~ ~研究 研究~ 研究所~

「石~」 20335, 211ppm, 475位

▼ 石~ (5701, 28.0%)

364 ように 343 上に 96 やうに 72 ような 66 上を 46 間に 43 上へ 39 階段を 38 上で 35 やうな 33 下に 29 上の 28 間を 22 中に 19 段々を, 門の 17 様に, 面に 16 下へ, 階段が 15 下から, 蓋を, 間から 14 お旗本, 柱の 13 上から, 壁に, 壁の, 大旗本 12 下を, 旗本の, 鳥居の 11 上には, 下, 前に, 台の, 橋が, 鳥居が 10 大名に, 大名の, 巻の, 床の, 知行を, 門を 9 巻に, 柱に, 間には, 音が 8 ようだ, 加増を, 壁を, 大名を, 重さ, 門が, 雨が

7 [17件] ところに, ところへ, ふたを, ほとりに, まはり, ベンチに, 上, 下の, 中ちゃらちゃら, 代りに, 像に, 冷たさ, 壁が, 大身で, 段々の, 蓋が, 頭に

6 上にも, 下には, 傍に, 地蔵が, 旗本で, 様な, 段々が, 牢屋に, 階段の, 鳥居を

5 [22件] おもて, そばに, コマイヌが, 一つが, 上は, 上や, 中から, 坂道を, 塀を, 大大名, 如くに, 姫の, 家に, 廊下を, 方が, 段々に, 段の, 破片を, 蓋の, 蔭に, 部屋の, 間で

4 [54件] ある処, うえに, うちに, ごとく, ために, コマイヌと, ベンチの, 一つに, 一つを, 下で, 中には, 事を, 側に, 像が, 凹みに, 又六, 台を, 唐櫃に, 唐櫃の, 地蔵に, 地蔵尊が, 城を, 城下で, 大名が, 大禄, 小藩, 床に, 御城下, 心を, 扉を, 方へ, 旗本が, 旗本である, 旗本に, 日賣, 東作と, 板を, 柱が, 橋, 橋の, 橋を, 段が, 段を, 殿様の, 碑が, 道を, 門は, 門柱を, 雨を, 頭を, 顔を, 高さ, 高禄を, 鳥居は

3 [119件] あたりへ, あひだ, あるじに, うしろに, お城, お家が, お屋敷, かげに, こと, ことを, ごろごろした, だん, つぶての, ところまで, ふたが, まわりを, ゴロゴロした, トンネルの, ベンチが, 一つ一つが, 中にも, 信仰が, 信仰を, 側で, 前で, 原に, 台に, 地蔵さま, 地蔵の, 地蔵を, 地蔵尊の, 地蔵様が, 城の, 塀の, 塔の, 塔を, 塵を, 壁は, 多い所, 大名と, 大名には, 大封, 大身だ, 大身です, 大身の, 女, 女婿銀二郎の, 女隠居, 如きもの, 家を, 家柄で, 家督を, 小大名, 屋根の, 巨大な, 床を, 建物の, 御加増, 心の, 成長する, 所まで, 手が, 手水鉢の, 扶持を, 挽臼の, 方は, 方を, 枕, 枕に, 柱と, 棺の, 榻の, 標柱を, 樣に, 横から, 欄干に, 殿様が, 殿様に, 洪水, 牛が, 牢屋の, 牢屋へ, 狐の, 狛犬が, 玉垣の, 田地を, 矢の根は, 破片が, 祠の, 禄を, 積んで, 米が, 粉が, 粉を, 色が, 落ちて, 落ちるの, 蔭から, 表に, 表には, 表面に, 表面を, 角を, 身分に, 道で, 部屋に, 重みで, 間へ, 間や, 階段に, 面が, 面を, 音, 頂上に, 領地を, 頭が, 顔が, 飛んで, 食卓を

2 [293件] あいだに, あいだには, あるの, ある所, ある道, いろが, うえを, おもみ, お家の, お家は, お旗下, お邸, お部屋樣, かけらを, かげから, からくりを, きものが, くずを, ことから, ことは, ことも, ごときは, ご加増, したに, そばから, つぶてを, ところから, ところで, なかで, ふたの, ふたは, へいに, へいの, まわりには, もとに, やうだ, ようであった, ようである, イヌが, コマイヌじゃ, コマイヌの, トンネルを, ライオンが, 一方を, 上と, 上などへ, 上にでも, 下が, 下では, 下と, 下とは, 下なぞ, 下にも, 下まで, 不器用な, 中で, 事は, 二ツに, 井戸あり, 井筒も, 侍に, 側へ, 側半分血に, 側役を, 側面に, 傍へ, 八陣潮落ち, 冷たい河原, 割れ目に, 動いて, 卓に, 原と, 反橋である, 反橋の, 収穫は, 台が, 名に, 唐櫃が, 土台の, 地を, 地蔵さまに, 地蔵さん, 地蔵尊に, 地蔵尊を, 地蔵様に, 城に, 城下, 城下に, 城主の, 城主幕府の, 場合は, 塀が, 塀だ, 塀で, 塀は, 塊か, 塊り, 塊を, 塔ある, 塔が, 壁だ, 壁と, 壁とは, 壁には, 壁にも, 壁や, 多い丘, 多い幽雅, 夜船に, 大, 大なる, 大名たる, 大森摂津守を, 大祿, 大身代, 天井と, 天井に, 天井を, 太鼓橋を, 奇或は又, 如く坐つて, 如く堅く, 妙に対してのみ, 孔に, 実力あり, 宮の, 家が, 家なんか, 家は, 家中を, 家国を, 寺格が, 寺格を, 封土を, 小堀家の, 小舎へ, 山に, 山腹が, 峰を, 巌と, 巻といふ, 帯の, 帯を, 平板の, 建築は, 建築物の, 影に, 御家が, 御手洗が, 御旗本, 心も, 性質を, 怪石の, 恩典を, 截石や, 戸口を, 手水鉢が, 手水鉢名品と, 投げっ, 拱橋が, 敵を, 新封, 旗本, 旗本であった, 旗本にも, 旗本根津民次郎は, 時に, 東作を, 板で, 板に, 枕の, 枕を, 根に, 格式で, 梯あり, 棺は, 樣な, 横に, 横側に, 樺と, 櫃の, 欄干を, 歌, 武士を, 段々へ, 殿堂が, 殿様から, 殿樣が, 殿樣ぢや, 殿樣を, 比賣, 濡れて, 熱が, 牆の, 牛の, 牛も, 狛である, 獅子は, 環を, 瓦に, 田地持の, 由緒ある, 百姓を, 盤の, 直参大名に, 眞中に, 真中に, 眼鏡橋, 石の, 碑を, 神が, 祠は, 積んだもの, 穴の, 竈に, 端の, 箱に, 箱の, 米を, 粉と, 粟の, 綱を, 羅漢の, 聖水盤の, 肌の, 肝臓を, 背面や, 腕を, 腰掛けが, 腰掛けの, 腰掛に, 腰羽目の, 自由に, 臼杵の, 舗い, 舟は, 色の, 色は, 色も, 荒い川原, 華表を, 落ちきたる, 蓋は, 蔭扶持を, 裏側に, 裾には, 角が, 角へ, 角目に, 話は, 話を, 質も, 路次が, 転って, 通路を, 部屋が, 配置に, 酒井左衛門尉だ, 酒樽から, 酒樽に, 酒樽の, 酒樽より, 酒樽を, 重しを, 重みに, 重りを, 門から, 門と, 門に, 門柱に, 門柱の, 間か, 降って, 陰に, 青苔, 面には, 面の, 面は, 面へ, 面蒼しか, 音は, 音を, 頂を, 領主を, 領主植村土佐守は, 頭ばかりを, 顔には, 飛びきたる, 館主であった, 香炉を, 高塀, 高祿を, 鳥居あり

1 [2516件 抜粋] あいだで, あたりで, あった空間, あらはれた, あるじである, あるわたりを, ある場所, ある校長, ある銭豹子, いのち取りに, うちにて, うわさは, おじいさんは, おはじきを, お上屋敷, お城下, お家にも, お心持, お膝下金銀座の, かけらでありました, かたまりの, からうどの, きわに, ことそれから, こぼれ米を, ごとき人, ごとく動かざら, ごとく沈黙, ごとく突っ, ごと店店に, ご子息, さまなど, すみに, そばまで, た, だんだんが, つぶても, つやつやした, とがった狭い, ところまでは, とんで, なかの, はした, ひとみで, ふね, ほこらあり, ほとりしづけ, まだ二十歳そこそこ, まんまだらう, もって, もの一箇大抵は, やつに, りょうぶんを, わずかな, イヌは, コマイヌなんかに, スタンプに, ハシタテの, パイプに, ヘゴの, ボタンが, 一つとり, 一つも, 一の, 一家中を, 一片は, 七輪を, 上だけは, 上について, 上の山まで, 上何でも, 上板の, 上蓋を, 下か, 下とも, 下にな, 下水道が, 下駄が, 丘なんか, 並んで, 中までも, 丸卓が, 主を, 主遠い, 亀も, 二つあつ, 云う通り, 井が, 井戸は, 井筒井から, 人道には, 仏の, 仏頭は, 代りには, 伊達武士の, 体の, 余程厚い, 侯なりと, 信仰は, 側にも, 側詰で, 傍を, 像であります, 光琳雛は, 入つたの, 公卿である, 内に, 円柱も, 冷めたさは, 処に, 凸凹に, 凹凸を, 刃物を, 切り出した厚み, 切米取りに, 制度では, 前へ, 割れ目には, 力で, 加賀の, 加賀樣春日町へ, 動物は, 匙もて, 十字架は, 半分を, 南壱町許道の, 卷から, 厚蒲団が, 厳格な, 口を, 古びた色, 台と, 台座の, 右が, 吊して, 名物同時に, 周囲に, 呼ぶ声, 唐櫃へ, 器物ばかりを, 四邊には, 国主の, 國政を, 土台さえも, 土手を, 地にも, 地蔵さまが, 地蔵といった, 地蔵尊庚申さんという, 地藏と, 地藏樣にばかり, 坂道で, 垣であっ, 城下が, 城下として, 城下博多の, 城主である, 城主朝散, 城主真田昌幸が, 城主高力左近太夫高長の, 域内は, 堆積で, 堤防へ, 塀石の, 塊だ, 塊をも, 塚, 墓あれは, 墓よりも, 墨付を, 壁で, 壁へ, 壇に, 士分には, 外壁には, 多いこと, 多い坂道, 多い峠, 多い海, 多い道, 夢を, 大きくなった, 大きな水盤, 大世帶, 大名でも, 大名は, 大名中での, 大国, 大守細川侯, 大小水垢の, 大目付丸潰れと, 大藩の, 大身三宅彈正樣の, 大鉢, 天下取りの, 天井へ, 太守の, 奇歩を, 奥方, 女で, 如き拳, 如くうずくまって, 如く世に, 如く去る, 如く沈黙し, 如く硬く, 如く赤く, 妻と, 姿も, 威勢れっきと, 嫁し, 字の, 安定が, 宝殿あたりの, 室には, 家という, 家中と, 家潰れ, 家老も, 富強を, 寶殿や, 寺領を, 将軍家ご, 小さい門, 小さな大師様, 小名に, 小橋が, 小禄でも, 小身から, 小身牛込の, 尖つた先, 屏風が, 層, 山だ, 山岡へ, 峨々たる, 島津家の, 崖外れ迄, 崩れ落ちる山路, 巌に, 工作物太陽の, 左手には, 巻で, 巻まで, 巾着切りは, 常夜燈, 平鼎, 広場を, 床であった, 底に, 座に, 廊下で, 建物に, 建築物に, 廻廊に, 弾ける音, 形であった, 形や, 彦根へ, 彫刻物が, 役高が, 後は, 御城主, 御威厳, 御手洗で, 御曹司頼門の, 御用染め屋で, 御藩中, 心でも, 心部を, 思想, 性質の, 恐怖は, 恵美須の, 或は砂利, 戸を, 所領を, 手提を, 手洗鉢から, 手臼を, 扶持も, 投影に, 抵抗を, 持つ高雅, 挽臼いわく入口右手の, 採集などに, 搗臼是も, 支藩清末領に, 政義は, 数々に, 数は, 敷いてないところ, 敷石伝いその間の, 文字を, 斧や, 新らしい, 方でも, 旗本じゃ, 旗本な, 旗本屋敷へ, 日の, 時代ある, 時計が, 有する本能, 朱とに, 来るほう, 松と, 板橋が, 枠から, 柱でも, 柱石の, 柵を, 根掛けを, 格式を, 桟道が, 棺ある, 楽器の, 槌で, 標を, 橋がか, 橋に, 橋欄には, 櫃も, 欄干ご, 欠片の, 武家屋敷だ, 死骸を, 段壇を, 殿様でない, 殿樣でも, 水垢に, 水道に, 沈むよう, 河原と, 河原通を, 波紋が, 洞門は, 流し斜, 浅野長勲公と, 浴槽は, 清盛氏よ, 湯舟で, 滑らかな, 濡れ色, 火花から, 炉に, 無味な, 煙管が, 燈籠という, 片けが, 牢の, 物頭で, 狛犬と, 獅子, 獅子ふたつ栖むなる夏木立かな, 玉垣が, 現せるは, 瑞牆を, 生き死にとは, 生産費, 田畑もちの, 當主多良井藏人で, 白さ, 皿または, 目に, 直線で, 相違は, 着替えする, 矢の根を, 知つてゐる, 知行は, 石だ, 石段に, 石質を, 砕片が, 破片で, 硯, 碌の, 磊嵬たる, 礫は, 神であったろう, 神寶を, 祠, 祠であった, 祭神の, 禿山と, 稲荷堂は, 穴が, 空板を, 窪みに, 竈と, 立派な, 笑声を, 筏の, 簗の, 粮米を, 紀州へ, 紫である, 組み様がっしり, 絶体絶命を, 締めくくりが, 繪を, 置物を, 美人と, 老職で, 肌が, 肖像と, 背を, 腰かけが, 腰架の, 臼が, 舟と, 船代は, 色を, 花の, 草原には, 落ちた時刻, 蒲焼用の, 蓋匣に, 蔭へ, 薩摩薯だ, 蜂須賀重喜まだ, 街に, 表面が, 袈裟の, 裏から, 裏側一尺五寸ほどの, 裾の, 見事な, 角に, 触れ合う音, 言葉は, 訪問の, 話と, 諸山遠くは, 谷も, 象いよいよ, 賄料さえ, 起す波動, 足を, 路と, 身体だけが, 転がり方, 轉が, 近くを, 通路に, 運びは, 道へ, 道標に, 遺蹟は, 配列の, 配置や, 采地である, 重大な, 野原の, 釘みたいな, 鉢の, 鋪床石の, 錐, 鏃を, 門ばかり, 門標を, 間の, 関所の, 附近から, 降る夜, 隅々を, 階を, 階段である, 階段や, 隙より, 隣に, 雄藩を, 雨は, 露台で, 青色に, 面目が, 音まで, 頂に, 領主であり, 領主植村土佐守遠, 領土の, 頭だけが, 頸が, 類なり, 飛石を, 飾りも, 館主で, 首からは, 首縊りの, 馬廻り役を, 駒寄せ石灯籠など, 高さ一丈, 高を, 高禄貪り, 鳥井に, 鳥居なり, 鳥居や, 黒い部分, 鼻は

▼ 石~ (3184, 15.7%)

48 拾って 45 投げて 18 積んで 17 投げたり, 持って 15 載せた板屋根 14 もって, 取って 13 枕に 10 のせて, 投げた, 抱いて, 置いて 9 並べて, 打って, 投げつけたり, 投げるの 8 見て 7 ひろって, もつて, 分割し, 投げると, 投じて, 探して, 踏んで

6 [12件] 崩した, 手に, 投げつけた, 投げつけて, 拾ひ, 落して, 起して, 運んだり, 運んで, 領し, 飛んで, 食んで

5 [11件] おろした, ぶつけたり, 一つずつ, 包んで, 打ち欠きて, 投げたの, 投げました, 投げる, 持ち上げて, 搬ぶ, 畳んで

4 [31件] つけて, ぶつけて, 下して, 与えて, 入れて, 分与する, 刻んで, 割って, 動かして, 噛んで, 建てて, 投げたよう, 投げながら, 抛げ, 拾ふ, 振り上げて, 敷いた道, 敷詰めた, 曳く, 畳み上げて, 発止と, 磨いて, 積み上げて, 積み重ねて, 空中に, 腕と, 見ると, 転がして, 載せて, 運搬する, 領した

3 [51件] あげて, おろしはじめた, ころがして, つんで, とつて, ぶっつけて, ぶつけた, めぐりて, 一つ拾っ, 上げて, 伝って, 元の, 召上げられ, 大切に, 寸断する, 崩して, 彫って, 打った, 投げこんで, 投げつけたので, 投げてから, 投げては, 投げても, 投げられたり, 投げるもの, 投げるよう, 投げ初めた, 投げ込むと, 投げ込んで, 投った, 投る, 抛って, 拾うて, 据えて, 掴んで, 敷いた小路, 敷いて, 洗って, 疊み, 眺めて, 給わって, 置いた, 自分の, 見つけて, 見つめて, 見に, 蹴って, 転がすよう, 載せた屋根, 集めて, 離れて

2 [211件] あざけりました, あつめて, おこして, おも, お前は, からかって, きざむや, けとばすの, ごろ, さがして, さがしに, さし上げます, さらの, その黄泉比良坂, たたいて, たたきつけた, つかって, つかんだ, つかんで, つつんで, なげて, なめた跡, なめるの, なめるもの, にらんだ, のせたり, ば先に, ひとつに, ひろいました, ぶつ, ほうって, まつり水の, みがいて, みがく, もとの, もらって, パチリと, パンに, 一つ, 一ノ関に, 三つか, 三つ集め, 上から, 下から, 下した, 下し置かれた永井家, 下すその, 下すを, 下に, 与えるという, 並べその, 中に, 乘せ, 二つに, 二人の, 伏せて, 偶然見付ける, 入れる時, 分割する, 切り出して, 切る音, 切る響, 列べた七, 刻し, 割るやう, 力一杯水の上, 包むに, 取った, 取りに, 取りのけて, 取り出して, 取出して, 受けた, 叩いた, 叩き乍ら, 向うへ, 喰む旗本だけに, 土台に, 土藏の, 売って, 子供に, 家の, 小出しに, 履んだ, 幾つも, 庭の, 建て, 建てるの, 弟が, 待って, 徹し衣, 想像し, 意味する, 愛するもの, 戴いて, 打つと, 打狐, 投げこんだ, 投げして, 投げたところ, 投げつ, 投げつけたよう, 投げつける, 投げつけるよう, 投げつける音, 投げようと, 投げられて, 投げること, 投げる器械, 投げる奴, 投げる者, 投げれば, 投げ付けるその, 投げ泥, 投げ込みました, 投げ込むとか, 投げ込むの, 投げ込んだよう, 投げ込んでは, 投り込んだ, 投るです, 抛げた様, 抛ったり, 抛れと, 抱かされたとよ, 抱かせる代り, 拝む, 拾った, 拾つては, 拾つて投げました, 拾つて来, 拾ひあげる, 持ちあげて, 持っては, 持つて, 掃ふ, 掘り出しました, 描くほどの, 握って, 撫でる柳枝, 放れて, 数えて, 敷いた路, 敷き詰めた広い, 斫り出す, 欄干に, 欠かれない用心, 殺しに, 氷の, 沓脱の, 淵に, 濡らしてるの, 玉と, 用いて, 用も, 用ゐ, 目がけて, 相違なく, 眼に, 砕き地, 砕く音, 磨って, 神体と, 積みあげて, 積みて, 積め, 穿つ, 突きころ, 立てて, 組み合せて, 綺麗に, 置いたの, 置いたり, 置いた屋根, 置いた板屋根, 考える, 背に, 背負って, 衡に, 見た, 見ながら, 見出すの, 賜わって, 賭けた美し, 起すん, 超えて, 越えて, 越して, 踏み台に, 蹴ったり, 蹴つたり, 転がしたり, 退けて, 運ぶという, 運ぶには, 運んだもの, 還して, 重ねて, 金と, 鉄梃で, 鑿る, 附けて, 離れる事, 頂戴した, 領したる加賀, 領するに, 飛ばして, 飛ばす機械, 食みましたが, 食んだ立派, 馬鹿に

1 [2024件 抜粋] あげ軽けれ, あてがって, あはせ, いかが, いじる仕事, うけたと, うちしのぐ, うつ, うつ音, おく, おとす, おれが, おろすほどの, お捨て, お釜, かかえては, かぎり北方の, かぞえながら, かついで, きいて, きざんだかわいらしい, く, くり拔い, くんだトンネル, けとばしてさ, こすっても, こつそり一尺, こんなに高く, さがし夜, ささげる宗教, さすっては, しきつめた大広間, しっかり包んだ, しまいこんで, しょわないでがんばりましょう, すぐ目, すてるの, ぜんぶ献納し, そして自分, そのま, その帯, その脇腹, た, たくさん集めました, たたみ上げた慈海燈, たたんだ細道, たよりに, つうつうと, つかんでは, つたって, つばめに, つみかさねた石の, つむ場所, つめて, てらさず, とりあげて, とりのけたまま, とります, どうしても引上げ, どしんと, なかなか渡さない, なげうつ事, なげつける, なげられたり, なすよう, ならべて, ぬきとると, ねかして, のせたもの, のせた屋根, はじいて, はねとばし, はめそれ, ひっくり返しては, ひとつ抛つた, ひろうところ, ひろふん, ふみ, ぶっつけたが, ぶっつけられた電線, ぶっつけるよ, ぶつけた往来人, ぶつけるかわり, ぶつける子供達, ぶつけ一円, ぶん投げるん, ほうり上げて, ほこらに, まいらせるぞ, まつって, まわりに, みたして, みんな取っ, めくって, もちあげたが, もてひつぎ, もらつて, やっと持ち上げ, ゆるめること, よせ集める物好き, わがふめ, ゑぐり取られ, カランコロンと, ガランゴロンと, コツコツやっ, サラサラと, フタの, 一つとっ, 一つ一つ積み畳ね, 一つ投げ, 一つ拾ひ上げました, 一つ見いだした, 一つ釣り上げました, 一ツ大八車に, 一人につき, 一枚上げる, 一箇一箇上の, 万峰の, 三方に, 上げるたんび, 上地し, 下され惟任, 下した時, 下し局, 下す可, 不足と, 与えられて, 与えるなどという, 与え敢えて, 両手で, 並べたもの, 並べないで, 乗せたそれら, 乗っ取ろうと, 二つ三つ亀の, 二つ出し, 二つ買った, 二十石減少せられ, 二行に, 井戸端へ, 仕切に, 伐り出した岩, 伝わり川面, 作らず, 使う所, 使ったルネサンス式, 倒すの状, 元へ, 入れたあと, 入れてから, 入れ置きしに, 八千石に, 其黄泉比良坂に, 再び積み上げ, 出すと, 分割だ, 切りだして, 切り開いた大, 切る木, 刳ったもの, 刻むべきかを, 削らうとして, 削りなして, 割いて, 割ると, 割る音, 加えたよう, 加増され, 動かしたので, 動かす所作, 動盪しぬ, 化して, 十回跳ねさせる, 卸しながら, 取あげて, 取っても, 取られては, 取り上げて, 取り戻すと, 取り除けては, 取る指さき, 取払い今, 受けて, 受け取って, 叩いたり, 叩きつけろ, 叩く音, 合せて, 吊られた松, 吸い込むよう, 周圍より, 喰う米, 噛み泥濘, 噛むやう, 四五壇せまり伏す, 回転させる, 圓くつみ, 均らし, 堆んで, 増されて, 売る店, 夜通し彼女, 大金を, 奔らせ, 妙だろう, 宮殿の, 寸断される, 尋ねて, 少しく離れた, 屋根に, 崇め板, 崩すの, 川中で, 左へ, 巻き附けて, 布片に, 建てた, 建てても, 引きのけて, 引て, 引起した, 当てずっぽうに, 彼に, 後生大事に, 恐れて, 意味し, 愛するの, 懷て, 手から, 手揃いで, 打たれて, 打ちつけられた復讐, 打ちわ, 打ち合せて, 打ち激し, 打ち込みながら, 打っ附けたかな, 打つかよ, 打つは, 打付けられるかと, 投ぐ, 投げかけたり, 投げこまれたあの, 投げさせるよう, 投げたくらいで, 投げたら二つ, 投げたるため, 投げた主人, 投げた時, 投げつけたの, 投げつけました, 投げつけられて, 投げつけると, 投げつけ破廉恥, 投げないでも, 投げようとして, 投げられた鶺鴒みたい, 投げられると, 投げるという, 投げるばかり, 投げる土, 投げる李, 投げる習慣, 投げ付けし事, 投げ付けるという, 投げ入れられて, 投げ合ったり, 投げ尽したらしい, 投げ柝, 投げ虚, 投げ込む者, 投げ返し, 投じあつ堅き, 投じたほどの, 投ずる, 投ぜられて, 投つたのは, 投ります, 投込む, 抛ちて, 抛つ距離, 抛り込んだもの, 抛合ったもの, 抱えて, 抱かされても, 抱かせるぞ, 抱き匍匐, 抱くと, 抱く責苦, 押し倒して, 担ぎだすの, 拔く, 拝領する, 拾い, 拾いみじめ, 拾い取り何気ない, 拾い紅葉, 拾うえッ, 拾えここ, 拾っては, 拾つた川と, 拾つて惡者へ, 拾つて河の, 拾は, 持たせて, 持ちながら, 持ち上げると, 持ったの, 持上げ得たかを, 指して, 振りかざして, 振揚げて, 捨てたと, 据え煉瓦, 据ゑたり, 掘りさげても, 掘り取り, 掘り起すと, 採りに, 探しま, 探せと, 探る二つ三つ, 描いて, 握ったこと, 握ります, 搗き砕く水車小舎, 撃ち出して, 撫でて, 擔いで, 擲げつけた, 支臺として, 放ったが, 数個重ねた, 敷いた大, 敷いた狭い, 敷きいろいろ, 敷きつめたうす暗い, 敷きつめた坂道, 敷きつめた空地, 敷き上, 敷き詰めたよう, 敷石の, 新に, 易々と, 曳き上げようと, 曳く木, 有せざりき逝くもの, 本領と, 枕ぐ旅人われは, 棺に, 横たえわたし, 橋梁用に, 歩きました, 気取り乃公出, 求めんが, 没収され, 沢山泥, 河原の, 洗った跡, 洗へ, 海へ, 渉る, 滝の, 滿身の, 焼いて, 熱し火, 物の数とも, 獲た, 甃み, 生じて, 産んだという, 畚に, 畳み水, 畳んだ一丈, 畳んだ土台, 疊んで, 発見し得た, 白石, 盜んだ, 直そうという, 真綿で, 眺め早く, 石だたみに, 砕くよう, 碎いて, 礎え, 祀る, 神にまで, 私し, 積まれても, 積みそこねたもの, 積み上げた古い, 積み累ねた階段, 積み重ねなくとも, 積むと, 積んだの, 積んだ数百隻, 積んでるの, 穿ち碎き押し流して, 突き上げて, 立って, 立てる, 築いた小高い, 納めたり, 組み合せたる牀, 結びつけたり, 給され, 給せられた, 給わり中小姓, 絶ち山, 縛りつけて, 繞り, 置いたもの, 置いた大きな, 置いとくこと, 置きそれから, 置くが, 置く音, 背負うのよ, 自分で, 與へ, 草の, 落した, 落した水音, 落す冴えた音, 落とす音, 蛭子大, 補足せられた, 見た丈, 見つけては, 見つけ初めて, 見ないやう, 見よ, 見るたび, 見わける術, 見出し汗, 見詰めて, 覚えるやう, 記念する, 詰めた, 詰められた男, 誰と, 調達され, 象徴する, 負わす資本家的勢力, 貴金属屋へ, 買うて, 賞賜せられる, 赤く焼い, 起こすの, 起し瓦, 越えたり, 足場に, 跳び越え, 踏みはじめる, 踏む音, 蹴はず, 蹴り蹴り路, 躡み, 転がしたの, 転ずるに, 載せただけ, 載せたもの, 載せた村, 載せた板葺屋根, 轉ば, 進ぜましょうに, 運びながら, 運び去られたあと, 運ぶなどは, 運ぶ囚人等, 運んだテンマツ, 過ぐべからず, 選んだかという, 配しどこ, 重ね下, 金熊手で, 錢に, 鑿って, 附した, 降らしたり, 降らせあるいは, 除いて, 陳倉の, 集めてるがね, 離れたり, 頂いて, 領し六十九歳, 領する小普請頭, 領せる, 飛ばし, 飛ばす普通, 食う, 食み信寿, 食む, 食む大身, 食んだ蔀半四郎, 餌に, 鮓答と, 鳴る寂し

▼ 石~ (1321, 6.5%)

88 腰を 33 腰かけて 30 なって 22 して 19 噛りつい 18 つまずいて 14 かじりついても 9 なったよう, 打たれて, 躓いて 8 つまづい 6 なつた, 当って, 手を, 腰掛けて 5 乗って, 化して, 日の, 穴を, 踞して, 頭を 4 とまって, なつて, なると, むかって, 代へた垣, 刻まれて, 富んで, 縁が, 触れて, 觸る

3 [17件] こしかけて, すがりて, なった, なるから, なるの, ぶつけて, 凭れて, 刻んで, 向かって, 水を, 矢の, 立つ矢, 結びつけて, 腰打ちかけ, 至つては, 落ちて, 足を

2 [77件] ある, かじり付いても, くみ城, こしを, されて, するん, ついた水垢, ついて, とまるトンボ, とんぼは, なった彼, なっても, なりそう, なれば, ひびかふ墓地, ひびきて, ぶつかって, 一二度下駄の, 人の, 似た雲, 似て, 倚り, 倚りかかっ, 傷が, 刻んだ形, 包んで, 化せしめた, 印するが, 口づけ, 口を, 叩きつけて, 向って, 向つて, 和らかい, 問うた, 問ふべき, 囲はれた, 圍はれた, 塩を, 字の, 宿って, 小さな笹, 小さな若鮎, 打たれた花, 抱きついた, 捨てられて, 新しい垢, 映ろふ, 歯跡を, 水垢が, 激する, 爪先を, 片足を, 瑕が, 眼を, 砕ける音, 立つて, 耐えなければ, 背を, 腰, 腰うちかけ, 腰かける, 腰掛け, 苔の, 薄く新しい垢, 藍を, 觸れ, 蹴つま, 躓いたり, 躓いても, 躓き易い, 身を, 近づいて, 響きて, 魂が, 鮎の, 齧りついても

1 [763件 抜粋] あいて, あたったらしかったん, あたると, あまる粟, あらざる氏, あらねば, あり, ある木履, いたづら, うたれて, うちあたった, おろし煙草, おわするが, お取立, お抱え, かかるか, かぎって, かけたまま紺, かけたもの, かじりついたとて, かじり附いても, かちりと, かねを, からまる枯茨, きざませて, きざんで, きどりを, くっついて, こがねを, こぼる, これを, さしか, された心臓, さわった人, しがみついても, しがみつき爪先, したって, したの, しばりつけて, すぎないですよ, すぎない軽輩, すてつき敲, すること, するわけ, する似非大師, せ, せられた, その家訓, その血, それぞれその, そんなもの, たたきつけたよう, たとえば月, たより石, たよるやう, ちよこんと, ちりばめられて, つい居り, つかまつて, つきあたって, つくば, つくやう, つけて, つつんで, つぶされる者, つまずいたの, つまずき凹みに, つまづきました, てふてふ, とまったトンボ, とり縋つて切り, なげるよりも, なったあげく気, なったかと, なったと, なったという, なったやう, なった恋, なった物, なっては, なつたつ, なりその, なりたいくらいの, なりに, なりました, なりゆく, なり外, なり草, なり過ぎて, なるか, なること, なるつもり, なるところ, なるべく触れない, なるまで, なるよう, なるより, なる大した, なれ, なれ銭, のしを, のっても, はた其の, はり付け日光に, ひしがれて, ひしがれ海, ひどく頭, ひびく蹄, ふだんの, ふり積む雪, ぶっつかりかちん, ぶっつけたとも, ぶつかつ, ぶつかるに, ぶつけるほどの, ぶつつける, まだ蒸す, ゆったり腰, よじ上った, われと自ら, アヌンチヤタと, カラカラカラカラと, シロジロと, ダイアモンドを, 一人の, 一八一五年六月十八日という, 一寸つまづく, 一篇の, 三遊連と, 上りまする, 上りわめき叫ん, 不自由せぬ, 両手を, 中條家之, 乗つたこと, 乗りゐて, 乘つた, 亀が, 今は, 仏足と, 付き二百斤, 付くを, 代つて廣, 代るまでの, 伏し千古一色, 似た, 何処へ, 何月の, 倒れて, 倚つて居た, 倚れる, 倚凭った, 偲ばれる人影, 傷ついたの, 僧形の, 六百両の, 具せられぬ, 冠頂石の, 凭せ, 凹めるが, 出会いそこ, 到る, 刻され, 刻したること, 刻ませ往来, 刻まれぬ, 刻み, 刻み付けて, 刻み込むだけの, 刻んだという, 刻んだとぐろ, 刻んだ画, 削った政府, 削られて, 力を, 加増し, 加増御, 劣れる, 勒し, 包まれぬ, 化しあったの, 化した, 化したという, 化したといふ, 化したもの, 化したりと, 化した女神, 化した神体, 化しつつ, 化し千, 化すとは, 化する, 化つ, 化り, 化る, 印しこれ, 又痛く, 及ばなくては, 及び兵力六万七千, 反響し, 取つて, 取立てられ次第, 取立てられ頭取下役, 叩きつけるといふ, 召し出されたの, 召し抱えた, 合する, 向へ, 君は, 吸いついて, 告げると, 咳けり, 唇を, 唾をは, 喰い入って, 喰つい, 噛みついてもと, 噛みつく, 噛付ても, 回向し, 因んだ瑞白, 因んで, 囲われた家, 圍まれ上部には, 圧し付けられたよう, 地熱を, 埋められて, 執着した, 塗ったこと, 塗るの, 増され宇田川橋, 墨片避け, 夏の, 多くの, 大きな仏さん, 大学に, 夫の, 妨げれずば, 始皇帝死而地分の, 字が, 宛てたり, 密着し, 富み其の, 封じたの, 封じたりなど, 封ぜられたの, 封ぜられ酬, 小さな黒点, 小鳥が, 尻持を, 居て, 居り赤蜻蛉等, 嵌めこんだ標札, 巻きつけて, 干す, 年号月日を, 幾組もの, 座って, 引かれその後, 引っかかりこっち, 引つか, 当たったと, 当った池, 当った音, 当つて, 当つて怪我, 当りましょうか, 当り火花, 形假名にて, 彫して, 彫らし寺, 彫られなかった, 彫りつけて, 彫ろうとしても, 彫刻せる, 後足で, 御召し出し, 御神酒を, 徹しない, 恐怖を, 惚れ込んだ, 憩って, 憩んだ, 成つた夢を, 成るぞと, 手なし, 打たるるか, 打たれたと, 打たれたり, 打たれまたは, 打たれ木, 打ちこわされたの, 打ちつける音, 打ちより, 打ち附けると, 打とう, 抑へられ, 抱きついたり, 押しつぶされた工人, 押し潰されたん, 括り付けて, 指さされて, 挫が, 挫げました, 捧げもの, 捻じ曲り綾, 掛けられました, 描きて, 撃たれて, 攀じ登って, 改め川役網役山手役井戸役窓役産毛役等, 敷きつめられた川原, 新しい草履, 新たに, 於けるよりは, 日蓮の, 昇らしめた, 映るはみ冬, 映る今夜, 書いて, 書きたる詩, 木竹を, 木霊し, 来ると, 枕し, 柱を, 棲むの, 極っちまう, 歩みかけた足跡, 死にたる紅羽, 比しては, 比較する, 気が, 水で, 泊るの, 注ぎかけて, 注目し, 泳ぎ着きここ, 浮彫を, 混つて見出される, 添えて, 添え物と, 添ひ, 減らされた上, 減額九十日間の, 温泉の, 溺れて, 滲む冬, 灌ぎ草さえ, 火が, 熊笹の, 燒きつかれ, 爪端を, 玉を, 瑪瑙まじれり, 用心深くさわっ, 田の, 男と, 留めたので, 登ったの, 登ったり, 登り大井川, 發句が, 目を, 相違ない, 着いた, 知れないやう, 砕いて, 碎けし片, 磨かれたる, 神様の, 神霊が, 移さる, 穴が, 穿物を, 突いたもの, 突当って, 立ったまま, 笑いかけながら, 筋二條並びに, 紅葉の, 素足を, 組まれし洗淨, 経文を, 絡わり, 縄を, 縋り石, 置く露, 翅を, 聞かないと, 聞くを, 肉割かれ剥ぎ去られたる, 肩の, 脅えて, 脱ぎ渋, 腰かけこんで, 腰かけその, 腰かけたままボンヤリそれ, 腰かけたり, 腰かけた大次郎, 腰かけながめたとき, 腰かけると, 腰かけ二, 腰かけ四, 腰かけ煙草, 腰かけ種々, 腰しばらく, 腰下せ, 腰打ちか, 腰掛けては, 腰掛けながら, 腰掛け猿, 腰掛け銃, 臓腑が, 至つた, 至りて, 至るの, 至るまで, 至る旧道, 至る迄, 花に, 花を, 苔を, 荷って, 落ちる点滴, 落合うもの, 蒲団は, 蒸す青苔, 蓮花描き, 蝶が, 蟄居させ, 血痕が, 衝って, 見られる, 見入つて飽きない, 視入, 視入った, 触れる音, 触レテ, 試みて, 誘われる, 課し金, 調和せぬ, 變り, 貽つた, 贈りしなれ, 足らない糊扶持, 足らぬ扶持, 足らぬ禄, 足弱悩み, 足払いを, 跪いて, 踞けて, 踞し, 蹉い, 蹴つまずいても, 躓いたの, 躓き, 躓きたる思い, 躓きつつ, 躓きながら, 躓き生爪, 躓く眞, 身体の, 近い報酬, 近かった, 近し, 這ひ上る, 這入つて, 逢う度, 逢えば, 進み従四位下, 遇いました, 過ぎないだろう, 過ぎぬ, 達せぬ奴, 還つた, 重を, 野羽玉の, 金色の, 釘で, 銀六十匁位の, 鑿を, 阻まれたり, 隠されてる地下, 霊が, 面会せし, 靴や, 響いた, 響く扉, 額を, 顔を, 飛び岩, 飛沫を, 飾り付けられた裸体女神, 馴染んだの, 鮮血迸り懸り, 鳥の, 鳴る靴音, 鶺鴒が

▼ 石~ (1116, 5.5%)

22 ある 18 飛んで 16 あって 12 落ちて 11 立って 10 敷いて 8 あった 6 あつた, あるの, 積んで, 降って 5 あれば, はいって 4 ありました, ころがって, 光って, 建って, 皆吸ひとつ

3 [21件] あったと, あつて, あると, きに, ものを, ゴロゴロし, 一つある, 一つ置い, 一面に, 出て, 割れて, 子を, 幾つも, 敷かれて, 欠けて, 残って, 無数に, 積み重ねて, 立つて, 転がって, 降ったり

2 [60件] あちこちに, あらわれて, あります, あるか, あるから, あること, いくつも, ころ, ごろごろし, そこに, その悲願, それである, そんなに高い, なければ, のせて, はめこまれて, もろに潰れる, フイに, 一つ飛ん, 並べて, 二つ, 人語を, 何んだ, 何本も, 児を, 入り乱れて, 出る処, 動いたので, 啼くと, 地面から, 声を, 崩れて, 彼の, 成長する, 所々に, 手桶の, 据えて, 敷き詰めて, 有るから, 横たわって, 死にかけてから, 死んで, 水の, 永いこと, 沈むよう, 流れたの, 流れて, 濡れて, 皆これ等の, 聳えて, 舗い, 見える, 言った, 足の, 附けられて, 降る, 雨の, 音も, 飛ぶの, 黒く地肌

1 [782件 抜粋] あきらめて, あたかも石人, あったかと, あったが, あったため, あったなら彼ら, あったの, あったわなあ, あの二人, ありこの, ありますああ, ありますよ, あり右, あり海抜高距, あり笹, あるいは巨人, あるし, あるそれ, あるぞ, あるでしょう, あるなら一手位, あるので, あるのに, あるもの, ある祠堂, ある苔, あんまり重い, いきなりおれ, いくらも, いすの, いっぱいに, いっぱいにつめ, いつの間にか転がっ, いるの, うす白くうかん, うるそう, おいて, おれの, お互, かすかに, かわいて, き, きのうしろ, きの面を, ぐらつき始めるよう, ぐらりと, けっして動かなくなる, こすり上方, こつりと, ころがり落ち, ころがるよう, ころんで, こんな事, ございますその, ごじゃ, ごろごろころが, さう何處, さまざまに, しきつめて, しっとりと, すぐ, すぐ見える, すつかり取りのけられる, ずる, ずるずると, そこにも, そこら一面に, そのままに, その切り取り, その塚, その箇所, そばに, そば立ち, それぞれまるく, たくさん出る, たくさん積ん, ただ一つ, ただ一つころ, だいぶんある, だんだん大きく, ちがって, ちらかって, ちらりと角, ついて, ついてるも, つくねたやう, できて, とうとうそれ, ところどころ削げ落ち, とてもきれい, ともに当方, とんで, どうした, どうしてそんな, どうなる, どうやら生き返った, どこから, どっさりころがっ, どれだ, ない, ないかしら, なくても, なくまた, なく歩き, ならべられ水, ぬっと半ば, のしかかって, のぼって, はずれるよう, はね上って, はめて, ばらばらと, ばらばら落ち, ひた押しに, ひとつに, びっくりし, ぴかぴかと, ふっつりと, ふれた瞬間, ぶつかったり, ぶら下って, ほしかったら, ぼくの, ぼんやりし, また一つ, また彼ら, まともに, みんなまるい, みんな牡鹿半島の, むこうへ, めり込んで, もって, ものは, やっとの, やはり氷, ゆきたけの, れいに, オルガンの, ガンと, キラキラと, ギヤマンの, コロコロと, コロコロ崩れ, ゴロ, ゴロゴロ転がっ, タクサンある, タクサンあるてえ, ツララの, ハッハと, ヒューと, ボロボロころげ, ポンと, ミヂンに, 一しょに, 一つあっ, 一つあつ, 一つだけ, 一つの, 一つはいっ, 一つぽつねんと, 一つ土の, 一つ壊えて, 一つ揺げ, 一つ殖える, 一つ真っ白な, 一つ落ちた, 一つ路面に, 一ぱい詰め, 一側ならべられる, 一寸面白い, 一日休みが, 一枚五匁だ, 三つあっ, 三個立て, 三分二朱酒が, 上から, 下さる, 下へ, 不思議に, 不気味に, 与八の, 中途に, 久く, 乏しく沢庵, 乗馬像の, 乘り, 予を, 二つありました, 二つ三つ置い, 二三崩れ落ちてる, 二三日する, 二組しか, 云った, 五ツも, 井戸から, 京都文明の, 人間と, 今でも, 今日の, 今日は, 付いて, 伊勢の, 何さ, 何だ, 何にでも, 例の, 倒れて, 光るので, 入った大きな, 入用なら, 入要, 冠さっ, 凍って, 凝って, 凸凹と, 出しぬけに, 出る, 出入りする, 出鱈目に, 切れ一人, 列べて, 前から, 前へ, 割れるお, 動かせるかい, 化石した, 十一回砂の, 卓子で, 危なくて, 卵の, 取り残されて, 取れないので, 叱られた駄々ツ兒, 同時に三ツ四ツ, 同様の, 吸い込んだ熱, 呟いた, 呼びました, 問題じゃ, 啼くの, 四ツあっ, 土の, 地に, 埋まって, 堆かく, 堤防の, 墜ちるので, 壁に, 多いこと, 多いの, 多く坂, 大きいほど, 大きくな, 大きくなる, 大きく名, 大き過ぎる, 大ぜ, 大正十二年の, 如何し, 姫に, 存在し, 孤立する, 安泰でない, 安泰に, 実際ここ, 室の, 寂しい姿, 寄って, 寝が, 寝台の, 対手ぞよ, 小さいの, 小さかった, 少かった, 少し切れる, 少し小さく, 居れば, 届かないうち, 屏風の, 屏風を, 岨立ち, 岩に, 崩れたりも, 崩れ落ちて, 崩れ落ち彼, 川の, 帰らなかつた, 常に澤山, 平作である, 幾らも, 座榻の, 建て, 弾丸に, 当たったとか, 当つた, 当りゃ他, 後にだんだんと, 御用だ, 御神体, 必要である, 忠相の, 悃誠の, 悪くな, 慾いばかりといふ, 成長し, 打ち寄せる波, 投げられた, 投げられたこと, 投げられむろん, 投じられるか, 抜けたがります舶来, 抜け土, 抱かせて, 持ちあげられた時, 据って, 揃ったよう, 握られて, 教えるところ, 散在し, 敷きつめて, 敷きつめられ人力車, 斯様に, 新法を, 日に, 早速の, 有ると, 村を, 村外れに, 来て, 東條氏の, 果して石城神社神奈備, 植込の, 楠公の, 横仆わり, 橋の, 欣びに, 死んだ為, 殆どなく, 残ったばかり, 残るせめて, 毎日腰を, 気が, 気に入ってね, 気遣ったよう, 水中に, 氷柱の, 汗を, 沈み切つて, 沈んで, 沢山あっ, 沢山積み重ね, 泣いて, 津上氏から, 活きても, 流れ寄るなど, 流れ柱, 浮世を, 海岸に, 温まり始めると, 湿気を, 溝の, 澤山敷きつめ, 火に, 点々と, 無い, 無造作に, 無遠慮に, 焼けて, 片手を, 物言う世, 犬の, 猫石で, 玉の, 現れさうな, 現れ見る, 生きてるの, 生き物に, 生まれて, 生長する, 田圃の, 畠の, 畷の, 発見せられ, 白樺の, 的を, 皆んな死ぬ, 目じる, 目について, 目印って, 真っ黒に, 眼に, 石を, 石垣の, 碁盤の, 確りし, 磨滅し, 神体に, 神島という, 祟つてるち, 積まれて, 積み上げられては, 積み重ねられ植木, 突然転げ墜ち, 立ってるはず, 立てり曼珠沙華, 立行かなければ, 筑波井風に, 紙と共に, 紙に, 累々と, 累積し, 終りに, 絶えずころがり落ち, 縁側に, 置いて, 羽根の, 考えるの, 考へる, 肉体的に, 腐って, 腰ほどの, 自分で, 自分を, 自由に, 致命的である, 草の, 草むらに, 落ちた, 落ちたの, 落ちたんで, 落ちないとの, 落ちる, 落ちるの, 落ちる仕掛け, 落て來, 落下し, 蟠まって, 血の, 見えなくて, 見え南天の, 見つかるよ, 覗いて, 触れる縁板, 言ひましたら, 訊いた, 説明し, 豆腐に, 豊富な, 貸金の, 走つて, 路を, 軟かくて, 転げ落ちて, 転って, 転り落ちた, 軽かつ, 載せて, 轉が, 轉つてゐる, 逃げ走りました, 這って, 這入て, 選ばれて, 配置され, 配置される, 配置よく, 重りに, 金に, 鉄扇へ, 鉄砲を, 鋪い, 降つて來, 降りはじめたの, 降りカチーンカチーン, 降り注がれて, 降り込んだ, 降るという, 降る世の中, 限りなくある, 隙間洩れる, 雑然と狭い, 雪で, 露に, 露出し, 青くなつた, 非常に, 音を, 顔を, 飛ばないよう, 飛び出して, 飛び出すよう, 飛び込むという, 飛び鐘, 飛び黒風, 飛んだ, 飛込んで, 飜へる, 鳴って, 黄色に, 黄色にな

▼ 石~ (920, 4.5%)

10 生きて 7 言った 5 完全に 4 云った, 無い 3 それを, ないか, 人の, 今も, 家の, 彼の, 持って, 空を, 笑って, 自分の

2 [52件] あっても, おみの, そこで, その後何十年かの, その石, それぬ, だまって, みんな一度に, りよの, 一しょに, 人が, 今日の, 何の, 動かせるかな, 叫び烟舞ひのぼり, 多くは, 女の, 安山岩であります, 実際柔らか, 小魚, 履めども, 山の, 延長を, 微かに, 思った, 或は再び, 手を, 手前に, 手酌で, 死んで, 浅間の, 滑かに, 物が, 生の, 皆小さく, 磧で, 稜が, 筑紫の, 答へ, 苔で, 蘇芳を, 見えなかった, 見えませんでした, 躑躅の, 運べない, 酒を, 釣人の, 鋏を, 霧の, 露出し, 非常に, 飯田安石である

1 [756件 抜粋] あちこちに, あの辺, あの通り, あらましの, ありません, ある筈, あわてて, いくらかぬくもり, いくらでもある, いっそ潰れる, いつしか無くし, いつまでも, いつも白い, いま殴らなかった, いま現にほぼ, うまく当たりませんでした, うる人, おはぐろ, おれの, かくれてぞ, かわいて, がまん強く云った, がらがらに, きれいに, きわめて神聖, くろぐろと, けっして珍しく, ことごとく高く高く, このまま, この必死, この書院, この種, この辺, これまで, これ上聖の, ごく古い, ごく小さい, さう, さすがに, ざっくばらんに, しかし容易, しっかと豕, しづかに, しどろであった, しろがねの, じっと女, じれったそう, すぐじゃ, すっかり紙, すっかり自暴自棄, すなわち石, すばやく廊下, そこで金, そこに, そこまで, そちに, そのあと, そのなか, そのまま下さるる, そのまま男の子, その大形, その死骸, その耳, その言う, その都度, その雛, それぎりでしばらく, そんな所, ただの, たと, だいぶ欠け損じ, だんだん仲, ちやうど, ちょっと額, ついに三石, つづいて, つめたし, とうに洗, どうかしたら, どうなる, どきっと, どこから, どんな責任, ない, ないの, なかった, なかなか大きな, なんとなく粗野, なんの, にじり動いた, ねえかね, のせて, のちに, ひえびえと, ひとりでに腰掛け, びくとも, びっくりし, ふきげんに, ふら, ぶりを, ほとんど半, ぼろぼろと, ますます降る, また, またアルメオン, まだそう古く, まだそこ, まだ山, まっすぐに, みどり色の, みな出雲から, みな玉川砂利の, みな青い, むかしの, もういちど前, もう大抵留守, もう大笑い, もう水車, もう海, もちろん趣向, もとどこかの, もはや抜き取れた, もはや縦, やがて肌肉, やがて馬良, やはり八枚, ゆうべの, ようやく繁く, よく洗っ, よく洗つて, ら, りよに, カラカラと, コツといつてから, ゴロゴロ転がりだした, スタンレーの, ハネ飛ばし, ヒョッと, ビッショリと, フィリベール・ドゥロムが, 一たん水の, 一つより, 一ツも, 一ツ十五貫あり, 一人で, 一列に, 一層たまらない, 一本の, 一様に, 三つとも, 三千石より, 三日に, 三月經た, 上り框に, 不安そうに, 中へ, 中国全土敵ならぬ, 丸いの, 之を, 乱れた, 乾いて, 乾くひま, 二ツ接三ツ組五ツ組とか, 二三遍十銭の, 二十フィート以上も, 二十四五の, 二間に, 云ふ, 云へり, 五十万石並に, 五千石と, 仄白い, 今の, 他の, 仙人だ, 以来手毬の, 仰向いて, 伊達領から, 低い声, 何だろう, 何である, 何に, 何は, 何処に, 何年かの, 何時の間にか紫檀, 佛體に, 依然として寂寞, 依然として落ち, 倉皇これを, 傍の, 優なる, 元の, 全ての, 其八たる, 其時世を, 其齡を, 切り残されたる, 切り砕い, 剛兵衛と, 劇壇にも, 動かなくなった, 十七歳の, 十万石並に, 十二歳に, 千石だけの, 半ば土に, 危いと, 即ち多く, 参詣者の, 又ゆらめいた, 反れて, 反射的に, 取り除けられぬ, 叫んだ, 可哀想だ, 右へ, 右手へ, 合墓が, 同腹だらう, 名を, 君が代の, 咳を, 咽びながら, 唐の, 唯の, 唸りを, 問はれ, 嘗て此縁故, 四つ這い, 四方構わず泣き出し, 在るから, 地ひびき打つ, 地震を, 地面を, 坊主丸儲けと, 坐ろうとして, 執念の, 報償道路の, 塞いで, 壬申五月二十三日に, 声を, 外へ, 外界の, 多いけれども, 多く相, 夜の, 大きかつ, 大きく滑らか, 大きく立派, 大へん奇抜, 大事な, 大井子の, 大恩人, 大抵の, 大方全滅, 天の, 天外に, 天然に, 太い柱, 女の子が, 女中を, 女婿河合銀二郎の, 妙な, 妻に, 姪浜石と, 子供が, 安泰だ, 安泰である, 安泰でない, 安泰な, 実に大きかっ, 実体である, 宣戦の, 寒中の, 實體である, 小さい娘達, 小さな花崗岩, 少しづつ上, 少し事務的, 少し云いよどんだ, 山姥が, 山腹の, 島中へ, 崩漏, 左へ, 師岡久次郎に, 平らに, 年に, 幾度か, 庭ぬ, 建築用或は, 引き抜かれピストル, 彼が, 径には, 待ち切れないよう, 徳田家で, 心の, 必ず居た, 志摩国逢坂山のが, 忽ち改易, 怒って, 急に, 息を, 悉く岸, 悲鳴を, 惜しい筈, 意志を, 我国の, 或は地, 或程度, 手で, 手放し度く, 投げしやる, 抱える大名, 拔かれ, 指の, 振り向いて, 掘り上げた土, 提燈を, 散弾の, 数人の, 文字通り一朝の, 文鎮に, 断続し, 既に除き去られた, 昂奮した, 明和の, 時々看守, 晩年山村氏の, 更に市易, 最早他人, 有名な, 朝急い, 村は, 来るの, 東京だけ, 松明に, 根入りが, 棹で, 榛軒門人録に, 槍ヶ岳の, 横降りの, 次第に数, 此有名な, 残って, 殺された捕虜, 毀れた注射器, 毎に, 毎日古着や, 毎日座つて居る, 気管支の, 水に, 水氣に, 水煙を, 氷の, 求められないだらうと, 決して落ちない, 沈みました, 波打際まで, 洋画家で, 海の, 海豚の, 深い溜息, 澤庵石見たいだ, 濡れると, 火出だす, 炎を, 無事に, 無言で, 焼けて, 焼けませんからね, 焼け瓦, 照美さんの, 熱く焼け, 爛れても, 片手で, 片手を, 生命からがら, 田原町の, 男體の, 留吉を, 病家へ, 痣の, 白くなん, 白流れは, 皆白く, 皆砒素を, 相変らず降る, 相手を, 眉毛を, 真っ赤に, 眼くばせ, 眼を, 睫一つ動かさず, 瞑想から, 矢張り貴君の, 矢立から, 石だ, 石だけの, 石に, 石を, 砕けないね, 神功皇后が, 私には, 私の, 窓を, 立ちあがって, 笑いながら, 笑ひ, 簡単に, 素晴しく, 紫檀の, 紫色の, 組んで, 絵では, 続けざまに, 置かれたけれど, 美術批評家の, 聖人であろう, 肩に, 育てること, 肴を, 膝の, 膳の, 自分のを, 自然に, 色も, 茶の間で, 落ち裂け目, 葭や, 蒲台の, 薄黒く, 虚空より, 蟹の, 表の, 表面が, 見えなくなったと, 見えぬ眼, 見る見る高く, 見事に, 訝しげに, 話しだした, 誰が, 誰に, 警官の, 譲られない, 豊島屋の, 豚肉を, 貯えねば, 赤い方, 赤蛙の, 起き直った, 跳ね火花, 跳び散って, 身を, 転げて, 軸の, 軽くうけながし, 近くの, 進退に, 遂に影, 道反の, 道路に, 遠いところ, 遠い所, 邪悪な, 酔いの, 重に, 野卑で, 鋭い十五面体, 錢の, 關口と, 附近の, 階下の, 隙間も, 集るであらう, 雨と, 雪の, 雲飛の, 静かに, 靴の, 頗る妙, 頭蓋骨を, 顔を, 飛びました, 飛んだ, 飛騨までも, 餅の, 首尾よく, 駭いた, 驚いたよう, 驚き, 高さ, 鬼だ, 鬼との, 鷄血の, 鹵獲いたしました, 黙って, 黙り込んで

▼ 石~ (477, 2.3%)

21 石との 10 なって 9 石の 8 いって 6 いえば, なりて, 石とを, 鉄と 5 呼んで 4 一緒に, 云ふ, 申しまして 3 なると, 木と, 水との, 砂との

2 [36件] いうと, いっしょに, いっても, すれすれに, なす, なつた, なつて, なら換えても, なる, なる日, なる黒き, なれるも, セメントで, 化して, 号し, 名づく, 土の, 数本の, 材木が, 材木で, 材木の, 材木を, 樹と, 水の, 泥とを, 煉瓦と, 番頭の, 白い石, 砂の, 箭が, 綽名の, 苔との, 言って, 金属とで, 釣魚, 黒い石

1 [304件] あった, いうだけ, いうよりも, いえるは, いったり, いつしよ, いふ, いふと, いふので, いふ所が, いへども, いわず若い, いわれた程, いわれて, いわれるほど, いわれるよりも, この四つ, したもの, したら面白い, しぬ, し別に, せよ, そこまで, そっくりに, その妻, ただ避け, でございました, なさん我等テゼオ, なしぬ, なし人, なし永く, なったこと, なったという, なったの, なった松浦佐夜姫, なった父, ならうと, ならずに, ならぬ間, ならねば, ならま, ならむず, ならむず石, なりしか, なりたる古き, なりたれば, なり其の, なり太郎, なり愛宕下, なり空気, なり試み, なるか, なるという, なるといふ, なるとき, なるべきである, なるや, なれ, なれば, なれり, なれりと, なれるアグラウロ, なれ石, ひうち鉄とを, みて, やぶに, よばれる緻密, よばれ寺中, れんがとを, ろかままよ, わが恋, ゐるやう, カチ合っ, コンクリイトです, コンクリートとの, コンクリートの, ゴムとの, ステインドグラスと, セメントの, ツケ木を, ホー丁の, リンデンの, 一人の, 一時の, 一樣の, 万古の, 三十六万石の, 三角点との, 下ろしながら, 並ぶと, 並木の, 中台とを, 丸い石, 二つの, 二つ並んだ, 二十万石とでは, 二十五人扶持を, 二千石を, 二百石, 云うの, 云う相当, 云う石, 云って, 云つた瓜は, 五人口を, 五十石といふ, 人と, 人の, 人間とは, 今日の, 仰せられても, 仲の, 伏して, 伝えて, 何かの, 俗称する, 倶に, 傳ひ下り, 全収穫高, 全家中, 其妻とが, 内々御, 出ない二百石, 出世し, 別れた後, 化したりき, 化って, 化り, 化石とは, 十個の, 卵と, 取り換えたメダル, 叩きくらべて, 台所の, 号した, 合致し, 合計した, 同じく底, 同じく長い, 同じだ, 同じであった, 同じもの, 同じ物質, 同じ色, 同一視し, 同様口外は, 名づくる, 名づけて, 名づけられたる以上, 向かい合って, 呼ばれる, 呼ばれる巨巌, 呼ぶもの, 呼べる石, 呼んだ事, 命ぜられたとの, 唄はれた, 唱えて, 四ツに, 土と, 土とが, 土とで, 土とを, 壁と, 変じて, 変らなくな, 変りない, 多数の, 大兵とを, 夫婦気取りで, 姑言下に, 娘の, 宝石とで, 宮川の, 寒竹だけが, 少しも, 岩だけで, 巌石の, 彼に, 心の, 恋人の, 恐れられて, 成た, 成らむ, 成れり此故, 戰ふ, 打ち下ろすよう, 打ち劈かれた天河石, 打ち合, 打つかって, 打つ石, 抛つ場合, 抱き合って, 換えようよ, 旅行を, 書くの, 書したるも, 木との, 木戸番の, 木煉瓦と, 材木とへ, 材木に, 来たか, 東條琴臺の, 松ばかり, 松ばかりじゃ, 枯山の, 植木は, 水あめとの, 水と, 水車, 水車とが, 流の, 漆喰で, 漆喰の, 瀬の, 火を, 灰色の, 煉瓦で, 煉瓦とで, 煉瓦との, 煉瓦は, 王老師の, 瓦が, 生け垣の, 申さば, 申したが, 申しました, 申すの, 白い貝殻, 百五十石の, 百年後の, 矢とは, 石と, 石とが, 石とでも, 石とは, 石或は, 石灰で, 石白黒の, 称うる, 称して, 称すること, 称する宝石, 称する黒, 称へて, 窓を, 笑みも, 籾がらと, 粘土とで, 紅宝玉とで, 紙と, 結婚し, 結婚せしむべき, 綱とが, 考えられて, 腕と, 自分の, 船一艘とを, 花とに, 苔と, 草が, 葉が, 蘇東坡との, 蟾蜍とが, 西とで, 見えて, 見つもっとる, 見て, 見ること, 言うても, 言ったの, 言つたのは, 言ふ, 言へば, 訳し, 話して, 誇張され, 語り得るかと, 變じぬ, 豊島屋だけに, 貝とを, 辰子が, 違っても, 金の, 金属とに, 金属との, 釣り替えに, 釣替, 鉄とで, 鉄の, 鉄片の, 鋏と, 鋪石との, 鍬とが, 関連し, 隣石との, 食用の, 香と, 馴染んだの, 馴染んでからは, 高低の, 鹿とを, 鼻の

▼ 石~ (464, 2.3%)

16 頭を 8 あつた, 出来て 4 でも 3 もって, もつて, 囲んで, 造つた

2 [21件] げすか, げすぜ, こさえたふくろう, すら元素界以外, すりむいて, たたんで, つくられて, できて, まわりを, 出來, 割って, 叩いて, 叩き殺した, 囲まれて, 圧え, 床を, 彫んだ鼻, 打たれて, 貴殿が, 造った墓, 門を

1 [374件] あつたの, あつて, あの丘, いいん, いきなりそれ, いっぱいに, うつとは, うつ動作が, おおわれて, お墓, お帰り, かけそりゃ, かこった土蔵, かこった場所, かまどを, くんだふるい, ここに, こさ, こさえたふくら, こしら, こしらえたしかも, こしらえた豚, こしらえられて, こすって, この家根, これには, これは, ござります, ささえられてる朽, しかも剥落, しずかに, しっかりと, しんとして, すぐ売れ口, すこしく傾いた, すぱっと, すりまろめて, せう, そういうかたち, そっと磨っ, そのきれい, その下, その中, その地方, その殻, その耳, その醜男, それが, それを, それ猫の, たいらに, たたいたり, たたいて, たたきつぶして, たたきつぶすと, たたく, たたまれて, たたまれ両側, たたむん, たたんだその, たたんだ三つ, たたんだ往来, ついたの, つくったいろり, つくったおの, つくった歩橋, つくった煙突, つくつた刀子, つくられた祭壇風, つくるの, つまりレヴェズ, つみあげて, できたよう, できた小さな, できてるかの, できてる段, どうしても人, ならす仕事, ね, ねつた, のと, はあっ, はお前さん, はござりませぬか, はどう, はめこまれた花, は不足, は恩, ふさがず貴様ら, ふたが, ぶち割っ, ぶち割った, まるで違う, みがいて, めぐらされたのろま, やたらに, やつて, やられたん, やるの, コツーンと, テューブ型に, テーブルの, ピューッと, マンモスと, 一休みしまし, 一方は, 一杯に, 一色宮内様と, 一面に, 万葉集にまで, 三度か, 上って, 上は, 下りられそう, 不思議にも, 主に, 亀を, 亀甲に, 二百何十人という, 云えば, 仏足石が, 他は, 伊東新左衛門という, 伊藤博文さんが, 伏見から, 何だか変, 作た, 作って, 作つた品物に, 作つた部屋が, 作つてお, 作られた, 作られた像, 作られて, 作り出した石佛, 充ちて, 兎を, 八角形に, 六千二百人, 出来たの, 出来たファイヤプレイス, 出来た人間, 出来た巨大, 出来た男, 出来上ったと, 刻まれた狛犬, 刻んだ仏像, 刻んで, 割つた, 割られたやう, 割られて, 割るらしい音, 厨子だ, 叩きこんで, 叩きつぶす, 叩きながら, 叩き割った, 叩き割つた, 叩く, 召し抱えられた, 召し抱えられたほどの, 召抱える, 召還された, 右の, 咽喉でも, 囲った大きな, 囲った木, 囲った深い, 囲った炉, 囲って, 囲はれた, 囲まれた浴槽, 囲んだ古, 囲んだ池, 囲んだ浴槽, 固めて, 固め石, 圧されたやう, 圧へ, 圧殺され, 地べたの, 地面の, 地面を, 垂直の, 埋まった一峰, 埋まって, 堅めて, 塀を, 大きな室, 大きな糸枠, 大した相違, 大坂, 大帆柱, 女らしいの, 姐さんを, 実見しない, 家名だけは, 家臣に, 小さな穴倉, 工合よく, 幅三尺位の, 建てたもの, 建てた土藏, 建てた家, 張つた高, 強か頭, 形を, 彫って, 彫り神, 微塵に, 手磨きに, 打たるること, 打ち割つたと, 打ち壊した後, 打ち得る者, 打ったよう, 打っても, 打つたらしい大きい, 打殺す結果, 抱えられて, 押えられたよう, 押さえて, 押さえられて, 拵えた帽子, 拵えた水門口, 捕れるよ, 掩はれ, 撲ち殺して, 擂りつぶし水, 数は, 敷きつめた間, 敷きつめられて, 敷きつめる, 敷き詰められて, 斧で, 方円四寸ばかり, 旗本の, 昔は, 昔黒田先生が, 有名な, 朝から, 本邸は, 東郷元帥の, 棺の, 模刻させ, 樫の, 欣んで, 殴りつけるが, 水で, 水仙の, 求められるほど, 汚れ物を, 泊って, 流れは, 浜松から, 潰したよう, 潰せと, 炊がせた物, 煙管の, 牡蠣を, 物を, 犬を, 生き返らないやう, 畳まれた暗い, 畳みたる荒廃, 畳みました風呂, 畳み上げた世にも, 畳み上げた人工, 畳み上げて, 畳み上げますか, 畳み上げられて, 畳んだよう, 畳んだ急, 畳んだ散歩道, 畳んだ波止場, 畳んだ路, 畳んだ風呂, 畳んだ風呂槽, 畳んだ鼠, 畳んで, 畳んでないから, 畳上げた, 疊み, 疊んだ, 疊んでない, 白色のも, 盤を, 直線に, 眇目だった, 眇目だつた, 知ったが, 知った所, 石は, 石を, 石質が, 碎かれて, 祈れば, 積み上げられたの, 積み上げられて, 積み立てて, 積立てて, 穴も, 穴を, 空が, 築いた寝台, 築いた廓, 築いた竈, 築いた防波堤, 築いて, 築かれて, 築きあげた高い, 築きたる囲い, 築き上げた四角い, 組み上がり, 組んだ井筒, 組んだ即席竈, 組上げた物, 繞われ, 考えること, 脊が, 脾腹を, 舞妓の, 舷を, 荒磨を, 蓋の, 藤枝に, 表わされて, 表面に, 袖を, 裏階子を, 補なつた, 見るからに, 言わねえ事, 護岸工事が, 象眼した, 負かされて, 貧乏財政を, 買ったと, 赤穂の, 足の, 路を, 車輪に, 転ぶと, 追い迫った足音, 通ること, 造ったもの, 造って, 造つたエヂプトの, 造つた人間や, 造つた人間像や, 造つた器物を, 造つた大きい, 造つた斧が, 造つた斧の, 造つた石棺だ, 造つた裝飾品も, 造つた西洋の, 造つた長い, 造られたもの, 造られた長方形, 造るもの, 鉄砲組三十挺の, 鋪装し, 鏃や, 長方形に, 間に, 防ぎ戰, 隣りの, 静つたのを, 面長だった, 頭あ, 顔を, 飛騨山脈の, 鮓の

▼ 石~ (276, 1.4%)

6 木も 4 土も, 樹も 3 あって, あれば, ゆるぐべし井戸, 一面に, 完全に, 持って, 花と

2 [12件] あった, ありまた, それを, だまって, ついて, 二石も, 元の, 夜露を, 山の, 気がついて, 白熱し, 縁の

1 [217件] あたしには, あったので, あつた, あつて, あとなくなりぬ, あと三時間も, あらず詮方, あらはれるやう, ありしを, あり壱万石, あり差別, ある, あるそう, あるので, あるめ, いらないよう, いるだろうが, いわず樹, おちついて, お前に, お取り遊ばした, お持ちなさる, お買い, からからと, きら, くれと, これなりけん, ころが, ころがって, さらに大きく, しずかに, しづかに, じつの, すすり泣きを, せつなに, そのため, そのとおり, そのままある, そのままそこ, そのままに, その一例, その石, それつ, それ相応の, そんな定律, たくさん買っ, ただならず, ただ夢, ついに人間, つまり見事, できるだけ, どの石, ない, なくただ, なく土, なければ, なげとばせるよ, はいろうという, またこちら, また三舎, また他, また少し, また巌谷翁, また心, また若い, また鉱質, まだ新しい, みな旧友の, みんなひとりで, みんな深成岩と, もう人目, もとは, 一つある, 一つ一つはっきり, 一つ一つ信心し, 一応採集, 且つ霜柱, 二十石も, 亦少し, 亦門人録, 人妻の, 人間くさい, 仆れ, 今では, 今将, 何か, 何にでも, 何も, 借りろよ, 元通りに, 共に御, 其の辺, 凍融, 凡て天地一面に, 利く事, 前の, 剣菱も, 劍菱も, 動かなかった, 動く, 取った家, 取った岩瀬, 取った方, 取ってたん, 取るそうして, 取る見識, 取れれば, 取除かれたが, 同じやう, 君送る, 啼くべき青あらし, 困難だ, 墜ち得ず草, 夏が, 夏草も, 多いが, 多分鎌倉, 大丈夫だろう, 太十, 姥石だ, 婉軟だろう, 嫡子ない, 子息利長の, 容るれ, 尋常よりは, 少して, 少し妙, 山も, 峠の, 巨大なる, 年長じ, 形状大さとも, 必要が, 感じて, 投げた, 投り込ん, 折箱の, 抱き合った二人, 持たせたまえば, 指一本で, 捨てる生命, 捨て花, 採れ他, 搗く, 敷いて, 日も, 昔の, 暖か味を, 有り女房, 望み次第, 木の, 木葉微塵に, 本も, 材料木も, 材木も, 枯草も, 棒も, 残らず一種, 河岸の, 波の, 泣いて, 浮くばかり, 湿った土, 点頭くばかり, 無かつ, 無事に, 片側茜色にな, 物思いの, 獲ものの, 用いずに, 田地が, 町の, 白い石, 皆畳二枚以上の, 省けるだけ, 知られて, 私を, 立木も, 竹も, 笑靨で, 米十石に, 給される, 羊に, 職人小屋も, 肝腎の, 自然から, 舞い上らんじゃ, 苔が, 草も, 落ちないよう, 落葉に, 蒼黒い, 行くえ, 衝き貫かんが, 褐色に, 見える, 赤い石, 踏まずと, 踏まず空, 近頃は, 過ぎては, 酔いしれるよう, 醉人を, 金も, 鉄も, 鉱石宝石の, 銷磨し, 鎔すなり, 雪の, 雲も, 青きあり, 青く水面, 青葉や, 靴下を, 頂戴した, 飛びそう, 飛び水

▼ 石燈籠~ (217, 1.1%)

7 の蔭 4 の下部, の火, の灯, の笠 3 がある, が一つ, が立っ, に萩, のそば, の傍, の前, の陰

2 [14件] と石榴, などよりも寸分無駄, に灯, に苔, のかげ, のこと, の大きな, の影, の根, の燈, の苔, や庭木, や鳥居, を倒し

1 [142件] あれば, があった, があつ, があり, があんな, がずらりと, がによつ, がやっと, がト, が倒れ, が多い, が幽, が据え, が明るい, が横, が泣く, が立つ, が立て, が臺石, が見える, が道標, こりゃ本格, だ, だが, ちとその, であり, である, でも献ずる, といっしょ, とか材木, との立っ, と楓, と萩, と言つて, と釣瓶井戸, などでわざわざ, などは未だに, なども白く, なども置かず, に, において更に, にしがみつく, につかまっ, には中央上部, にキラ, に向, に囲まれ, に寒竹, に影, に火, に照, に細引, に美しき, に話しかける, の, のあいだ, のあの, のある, のかたわら, のすつ, のため, のない, のま, のもと, のわき, の上, の上部, の下, の倒れたる, の化けた, の台, の台石, の外, の大, の据え, の横, の火影, の燈石, の直立, の立つ, の背景, の胴ッ腹, の脇, の蓋, の裾, の足跡, の轉, の辺, の近く, の頭, の顛倒, の類, の首, はさまで, はすぐ, はなく, は一つ, は古い, は崖, は柱, は餘, ばかりご覧, へブッ, へ当ったら, へ突っ, ほどの台, もまだ, もやはり, も倒れ, も境, も大木, も植木, も立木, も見る, や○○○○○↓, や奇妙, や手水鉢, や敷石道, や植木, や石造, をあしらい, をあしらった, をつくる, を倒す, を前, を小楯, を押倒, を据え, を据ゑ, を数年間雨, を発見, を白い, を眺め, を細川三斎, を自分, を足がかり, を足場, を踏み, を踏臺, を蹴散し, 築土, 置きたる店口ちよ

▼ 石~ (215, 1.1%)

6 瓦の 5 材木を 4 二万石の, 木や, 瓦を 3 コンクリートの, 土を, 岩の, 木の, 植込の, 煉瓦で, 煉瓦を, 瓦や

2 [17件] あちらの, いまは, ゆるやかな, れんがの, 二十万石の, 十万石の, 土俵を, 材木が, 棚畑や, 泥が, 瓦が, 砂の, 砂を, 角な, 金では, 鉄の, 黒い石

1 [134件] いろいろの, いろんな石器, おまへん, すべてその, そのほか, その他いろんな, ところどころに, なんかを, またどんなに, また海, また自分, アスファルトに, アスファルトの, クロイツベルクや, タイル張りの, ツル草と共に, ドロを, ベギュル・ヌウの, 一つの, 七百石の, 三万石を, 三百石で, 不自然に, 二万石ぐらいの, 二百石の, 五十石は, 五千石の, 五百石で, 五百石は, 切り石を, 刺だらけの, 千石は, 四千石の, 土が, 土くれ, 土で, 土と, 土の, 土や, 土俵が, 土嚢を, 土塊が, 城普請の, 塵芥など, 大木までが, 小さい石, 小さな石, 小じゃり, 小動物, 山から, 岩が, 岩に, 庭木が, 拳で, 方解石端正な, 日かげが, 時々ひらめきもつれ, 曲った木, 曲玉管玉等を, 木じゃ, 木で, 木の間から, 木を, 木口の, 木材が, 木材や, 木片を, 木間から, 机が, 杉や, 材木も, 材木や, 枯れ葉が, 柱に, 棒あるいは, 棒が, 棒ちぎれ, 棒切や, 棒切れを, 植木などを, 植込みの, 横木を, 樹木の, 水の, 池田氏の, 沙や, 泥を, 灯籠も, 灰が, 煉瓦が, 煉瓦は, 燈籠に, 瓦と, 瓦は, 瓦欠などよりは, 瓦飛込む, 甎の, 生物から, 留吉に, 百八十石の, 百石の, 石膏を, 砂や, 砂利は, 稜角の, 穴が, 粘土塊を, 色の, 苔を, 草の, 草や, 落ちた, 藪に, 虎渓石陰陽石などという, 貝がらなどを, 貝や, 貝を, 赤い貝がら, 醤油樽が, 金に, 金属かと, 金属に, 金属の, 金屬のに, 鉄で, 鉄には, 青い石, 青銅で, 青銅や, 青青と, 骨の, 骨壺石碑や, 鳳凰山頂の, 黄な

▼ 石地蔵~ (133, 0.7%)

4 のよう, の前, を抱い 3 が一番, が立っ

2 [12件] があった, がある, が祀られ, であった, と並ん, にある, の六, の後向き, の肌, の頭, は仰向け, を見

1 [91件] かしら, があっ, があらわれ出た, があり, がありました, がまつられ, が二ツ三ツ, が仆, が倒れ, が六体, が和尚, が外側, が女, が好き, が建つ, が据え, が歩き出した, が泥土, が無手, が看護婦, が苔, が赤い, そっくりで, だとか, であった石, であって, ではない, でもある, で頭, との一件, と仇名, と同じ, と生れ付, と申し伝える, などのちらほら, などは村, なのね, なるが, にいろいろ, には今, による, に似た, に取っ付く, に取り縋り, に向っ, に最も, に着せ申し, に逢, ね, のあたり, のある, のかげ, のこと, のそば, のまわり, のもっとも, の一つ, の並んだ, の佇立むあたりは, の例, の傍, の吉凶判断, の多く, の姿, の感じ, の申し子, の目方, の立つ, の背, の自, の頸, はしばられました, は死物, は濡れ, は若い衆, は頭, ほどの人間味, も凄い, をうしろ, をお, をこしらえる, を一つ, を中心, を作事小屋, を抱いた, を絶, を置いた, を見る, を隅, を願いました, 尊その

▼ 石から~ (126, 0.6%)

8 石を 3 越前十五万石へ 2 お腰を, 出て, 出来上つて居る, 石へ, 石へと, 飛んで

1 [103件] あやしい葡萄瑪瑙, いちはつや, おりて, おろして, がた崩れに, ころげ落ちたの, さまざまな, ずっと上がっ, せめては, その夜全体, それたこと, つくった殺鼠剤, つくられた二つ, できて, なった絶大, はずして, ツト立った, ベッシェール夫人が, 一二尺離れ, 一足飛びに, 一躍し, 下し自ら, 下し自ら代つて之, 五石ぐらいの, 人間に, 六十四万石まで, 凝と, 出来て, 切り出され各, 刻み出した欄干, 動かず笑顔, 十万石の, 十数こまも, 十石の, 取って, 呼びだしの, 垂れ落ち, 城下の, 大理石に, 大血川, 奪って, 女は, 始まった動揺, 小さい飛び石, 岩へ, 岩へは, 引きずり下ろされた, 往来へ, 成って, 成り立って, 手を, 投げるよう, 抜いて, 挙げると, 放った光, 数層の, 春の, 更に西, 油を, 湧いて, 潮宮高間の, 火が, 火袋を, 生れたと, 生れた彼, 発して, 石に, 石には, 石の, 石への, 私の, 立ち上り社, 立って, 立上っ, 篩い分ける大事, 経験した, 聞えて, 腰を, 膝栗毛を, 花が, 草あ, 草の, 菱野の, 虹が, 西は, 託された, 起き上がって, 足を, 躍然, 転げ落ちるところ, 転封, 造られる神, 那賀へ, 銅ある, 銅の, 銅銅から, 降りて, 降りました, 離しさえ, 離れず彼自身, 飛び, 飛び下りた風船売, 黒曜石に

▼ 石でも~ (117, 0.6%)

2 人物でも, 大名だ, 投げたよう, 木でも, 木と, 瓦でも

1 [105件] あれば, あんな山, くくり附けられたやう, こういう柱, すでに垣, そこらに, その実, ただの, つて取り圍んだ, とれたよう, どんな鉱物, ない, ないはず, ない土, なく人間, なく名, のっかって, ぶっ欠く, ほうり込まれ怪我, ほうり込んで, みんな牡鹿半島から, よいわけ, よく見, ダイヤでも, 一つ本当に, 何分幕府, 入って, 入れたよう, 入れて, 切るよう, 別當, 割れたよう, 千石でも, 名うての, 含んで, 唾でも, 喰ったよう, 城の, 壁でも, 大名の, 岩でも, 己が, 幕府の, 平気で, 引っ張るほう, 当ったよう, 当つて, 御前試合へ, 悉く斷, 打っ附けて, 打つけ, 投げあげたよう, 投げこんで, 投げつけて, 投げつけられたよう, 投げて, 投げるよう, 投げ付けるよう, 投げ込んだよう, 投つた, 抛ったの, 抛ったよう, 抛り附けるやう, 抱かせなきゃ素直, 抱かせる氣, 抱かなきゃ口, 拾って, 持ちあげるよう, 敷詰めた, 昔は, 木標でも, 枯れ枝でも, 柔かい豆腐, 棒切れでも, 残って, 殺さなければ, 泥でも, 浜へ, 焼いて, 盗むが, 積めと, 筑前に, 細かに, 縛つて投り込まれた, 羽根でも, 良質な, 落されたらどう, 落ちかかったよう, 落ちたよう, 落ちるよう, 落とすよう, 諸侯の, 象篏し, 買われないの, 転落する, 載せられたかの, 載せられたよう, 都近くに, 醉人に, 重りに, 金でも, 釣り下げて, 銅でも, 降ろしたよう, 頬張ったよう

▼ 石~ (101, 0.5%)

6 の中 4 の上, の奇蹟, の蔭 3 に沿っ 2 になってる, に添うた, のそば, の内側

1 [72件] から表, がある, がエンエン, が建てられ, が立っ, くらい作れる, ごし, だ, でつなぎ, で入口, で遮られ, で風, となった, となりぬ, とコルク, と共にグッ, と庭, にそっ, にその, には甲羅, には蔦, には高笑い, によってかぎられ, にケバケバ, に向っ, に囲まれ, に沿う, に添つて, に滲ん, に隠れ, のかげ, のこ, のそこ, のところ, のまんなか, の倒れ落つる, の傍, の先端, の前, の反対側, の外, の多い, の崩れた, の左右, の彼方, の方, の曲角, の殘りや草, の温度, の肌, の西, の西端, の門, の隅, はあの, は向い, は崩れかけた, までは大体, や煉瓦塀, をこえ, をへだてた隣り, をめぐらした, を乗り越え, を作っ, を囲, を折, を溢れ, を繞, を見上げた, を越え, を越し, を躍りこえる

▼ 石~ (99, 0.5%)

5 のを 4 んを, 石だ 3 かわからなくなっ, といっ, と思っ, ね 2 か知らない, と云っ, よ, んの, 火だ

1 [64件] かどれ, からともいっ, からな, からの, からはなはだ, から燃えねえ, から結局, から食う, か土, か土塊, か奇石, か珊瑚, があんな, がそれ, がほか, がも少し, が内容, が奏者番, が藤堂近江守様, が角, し勝, それからこんど, それを, つたのである, つてよ, つて格式が, というあやまった, ということ, というん, という声, とかが何物, ときいた, とそれ, となかなかよく, とはもとより, とは夢にも, とばかり信じ, とみんな, と云う, と思いました, と断, と申し, と署長, と言っ, と誰, なあ, などとのし上げる, ねと云われた, のと, のは, の曲りくねった, べ石さ云, よその, んが, んに, ん一だ, ん道を, ッて, 後阿弥陀岩, 月十石だ, 殿様だって, 池田様だ, 私は, 老人の

▼ 石という~ (97, 0.5%)

9 のは 6 のが 4 石が 3 ものは, ような, 大きな岩 2 ことに, のです, ふうに, ものが, ものも, 大名の

1 [57件] かたちで, ことが, ことである, ことを, ところが, ところに, のだ, のであろう, 一つの, 二つの, 亜鉛の, 住居は, 出世を, 医者は, 号を, 名を, 名前は, 土地が, 堂々たる大名, 大きな石, 大石が, 大禄, 大藩だけに, 大身である, 大身に, 大量であった, 奴じゃ, 字は, 字を, 宝石です, 家の, 寵遇を, 岩が, 巌石は, 巨石が, 房州北条の, 数に, 旗本の, 村, 格じゃあねえ, 津軽家の, 珍らしい, 石は, 石を, 石材木という, 石瓦という, 米を, 絵草紙は, 者が, 腹心の, 薄ッぺらな石, 観覧料を, 貧乏知行の, 過分の, 題が, 風に, 高さ二間半

▼ 石~ (96, 0.5%)

3 もまた 2 だ, はぎょっと, は首

1 [87件] か, がうるさく, がそれ, がただ一人, が何と, が北京府, が宋江, が敵地, が来た, が男女, じゃあるまい, である, という者, とかいう眼, とそして, とに探り, とはからく, とは仰天, とは驚い, と孫立, と申す, と街, どうした, などである, など二百騎, にこう, にただし, にはくすぐったかっ, にはもっぱら, にも着せ, のため, のともがら, のふたり, の七人, の二人, の人となり, の入党, の前, の命, の姿, の思い過ごし, の異様, の義, の讒訴, の身, の身素姓, はかねがね, はすぐ, はそこ, はそこで, はその, はそれ, はまもなく, はもう, は如何, は妙, は寺男, は旅包み, は末座, は楊雄, は相手, は聞き終っ, は背, は腕, は血, は覗い, は言い捨てた, は赤面, は足, は階段, へも悪く, もここ, もついに, もつづい, もよく, も今, をうながし, をお, を使い, を助け出し, を安心, を思い詫び, を物見, を生け捕っ, を知り, を縄, ノ二人

▼ 石~ (88, 0.4%)

13 の下 10 の上 3 の間 2 になっ, に当る, に腰, に薄い, のうえ, のところ, の裾

1 [48件] からすぐ, から下, から屋根, から水の上, があり, が崩壊, が見える, こそは自然, と岩, にかぎらず, にたたまれ, にはさまれた, には沢山, に倚りか, に子ども七人, に引掛, に朝陽, に枝垂れ桜, に沿っ, に荒い, のある, のそこ, のひとつひとつ, の一寸一目, の一番下, の前, の壮重, の方, の曲つて突出, の杭, の横, の穴, の端, の続く, の縁すれすれ, の角, の隙間, の鼻, はうねり, へ撒き散らし, もなくなったであろう, や灌木, を伝っ, を伝つて, を出はずれる, を取毀たない, を洗っ, を積み重ねた

▼ 石~ (87, 0.4%)

15 腰を 3 片足を 2 寝よう, 手を, 移封を, 蒼味を, 足を

1 [59件] うつる影, お髪, かかって, かけて, こしかけて, さらに七千石, すぐ白, そっと菅笠, その茶碗, ついた, ふれて, むかって, わたったり, パネルを, ピッタリ腰, 一歩靴を, 乗せかけた轍, 乘つてひた, 出ると, 叩きつけて, 叩きつければ, 向って, 呼びかけ石, 寄って, 崩れるよう, 彫り付けて, 彫り付けられてる方, 打つけ, 揃えその後, 月かげの, 月影まで, 水けむり, 獅噛附ても, 登って, 相譲申度, 眞つ, 真っ逆さまに, 眼を, 移されたが, 移しました, 突っ立った, 立流れ, 綱を, 腰かけた, 腰かける, 膝を, 自分の, 花車と, 苔から, 草履を, 詣りに, 足の, 蹴つまずいて, 躓き尻もち, 連れ出す, 鍬を, 降りた, 飛びかかったと, 飛んで

▼ 石灯籠~ (78, 0.4%)

7 の下 4 の側 3 の台, の蔭 2 の傍, の笠, を転がし

1 [55件] が一つ, が一基, が置い, じゃあねえ, だとか, だろう植木屋, ですが, などあり, などといふもの, に愛憎, に押し潰され, に灯, のまわり, のやう, のわき, の三つ, の下敷き, の傍ら, の前, の古い, の姿, の灯, の真下, の笠石, の肩, の蓋, の袋, の裾, の買手, の頂上, はあ, は余り, は出来, は引っくり返されました, ばかりお, へ立掛け, も七百年, も植木, やその他, や八手, を中心, を崩し, を指します, を揺すっ, を移した, を突っ, を背負っ, を背負った, を背負わされ, を背負わせ, を背負わせる, を自分, を転がした, を除かせた, を首筋

▼ 石~ (73, 0.4%)

8 の上 4 を降り 3 をのぼる 2 の下, を上っ, を踏み, を降りた

1 [50件] あるばかり, が眼, が続い, とかを意味, と迷路, などが修理, には番人, に佇みぬ, に厳重, に掘り, に片足, に近づかせ, のある, のところ, のほの暗き, の一歩ごと, の下駄, の二級, の日溜り, の直ぐ, の裾, の近く, の道, の隅, は空, ほの, や石廊, を, をのぼり, を上つた, を上る, を上れ, を下り, を下りた, を下る, を云う, を取, を徐徐, を昇る, を登った, を登つて, を登りつめた, を登れ, を芝生, を踏ん, を造りてなれり, を降りる, を馳, 狭し傍, 祀聖堂

▼ 石置き場~ (71, 0.3%)

64 の空屋敷 1 のお, のかげ, のほう, のまえ, へ上がる, へ行っ, まで送りかえされ

▼ 石~ (70, 0.3%)

9 の旗本 8 の大 3 のお, の大身, の御 2 て居る, になり, の武家, の立派

1 [36件] があんな, がそれ, つてゐた, て居, などは及び, になつ, の使番, の千本金, の奧樣, の安, の家老天野左衛門, の富崎左仲, の屋敷, の庄司右京樣屋敷, の御家人, の旗下, の旗本三杯龍, の旗本屋敷, の旗本某, の本, の武家くら, の武家風, の殿様, の殿樣, の比, の石沢勘十郎, の篠塚金之助樣, の臣, の若, の見識, の館, ゆえこれに, 以上の, 島の, 潰しの, 除見

▼ 石~ (60, 0.3%)

22 助は 9 助が 6 助の 3 助も 2 助, 助さんの, 助とて, 助今宵を

1 [12件] 助お前は, 助その, 助に, 助よりも, 助を, 助其夜, 助君, 助君から, 姫が, 樂, 紛如其後亦, 華表の

▼ 石には~ (59, 0.3%)

3 白いペティコート, 絹の

1 [53件] あらね, いつか穿履まで, こう刻ん, このあたり, ただ文字, どれにも, なって, なっても, なにか特別, ひえびえと, みょうないんねん話, もう薄, もと防火, ツツジが, 一九一八年に, 交り, 人が, 今も, 何らの, 元来名前などは, 千二百本ばかりの, 取立てて, 名前を, 圭角が, 失敗し, 少いうち, 彦一の, 影響が, 彼の, 悪逆塚と, 斃る, 泥水の, 清正の, 源家の, 漂木が, 石だけの, 石の, 筆太に, 美しい妻, 腰も, 苔いよいよ, 苔の, 虻, 血が, 触感は, 請合いなるぞ, 負けても, 負けるけれども, 鉄の, 随分悩まされ, 青苔がべ, 非ず, 驚くの

▼ 石~ (55, 0.3%)

4 何んかで 2 え, けが, そいつは, 何かで, 何かの, 木の, 瓦か

1 [37件] さりとは, つぎや, なにかに, なにかを, コンクリーで, 人間かと, 何か, 何かに, 何かを, 何にかで, 何んかを, 何んぞに, 六朝時代の, 千石にも, 取て, 娘の, 少し其以上, 岩の, 木かと, 木かに, 木片を, 木片楽器めいた, 材木が, 材木を, 株か, 水の, 玉の, 珠の, 瓦の, 真珠でも, 知れないが, 草むらの, 貝の, 金で, 鉄の, 鉛で, 銅である

▼ 石取り~ (51, 0.3%)

7 の旗本 2 の上士, の侍, の御家人, の旗本屋敷, の武士, をはじめた

1 [32件] か三百石取り, か相当, が百人, ぐらいになる, さない, で, であり乍ら, である, でお側, でその, と申します, と致します, などという事, に匹敵, のお, のお歴々, の与力, の先, の大, の大身, の小さい, の屋敷, の旗本真柄権, の旗本福田左京, の曲者, の横目役, の殿樣, の相当, の知行, の資産, の身柄, 三品流の

▼ 石との~ (48, 0.2%)

13 間に 4 間を 2 間から, 間の, 関係につき

1 [25件] こと, すき間は, その間に, ぼろ屑であっ, コルからは, 交情を, 交情旧の, 同行を, 同行誠に, 堆積である, 嵌め込みの, 情交は, 戦いが, 河原だ, 混用である, 間で, 間には, 間のわ, 間へ, 関係を, 隙埋もれ, 隙間から, 隙間に, 隙間の, 鞍部から

▼ 石突き~ (48, 0.2%)

4 の方 2 で石油, の長い, をトン, を下

1 [36件] がお, がトン, が二番目, が石, であったから, ですくい取った, でつきあげる, で床, で突きあげられ, で腰, で霜解け, に両手, に手, のところ, のふち, の先, の底, の当身, の金具, の金員, はかれ, は自分, をたより, をつい, をついた, をぬきとっ, をふるって, をステッキ, を上, を入れ直せ, を勢いよく, を向け, を地面, を小四郎, を敷台, を逆

▼ 石にも~ (43, 0.2%)

2 新しい垢

1 [41件] あらぬ足人, いい姿, いろいろな, お成りなさる, そぞろに, たれさせ頭, たれたるまま, つまずくよ, なり兼ねる屑, 一面に, 人間の, 今年は, 代えられん天下, 似たの, 似たるその, 似合わずなかなか, 億年の, 光りが, 及べり, 固る, 地にも, 心を, 忘れられない思い出, 息づいて, 更え, 月の, 橋にも, 気を, 相当する, 神の, 等しいの, 箒川に, 臥し草の根, 色々ある, 花を, 苔が, 足らない微, 踏めさ, 踏めそう, 追憶が, 達しない飯田

▼ 石以上~ (39, 0.2%)

4 の大船 3 の大名, の諸, の諸侯 2 とれました, の旗本

1 [22件] この畠, でしょう, ですら, となれ, のお, の四十八館, の城持, の大名生活, の家, の暮らし向き, の本家, の炭薪, の米, の船, の藩主, の貯蔵米, の趣味, の軍船, の面々, は旗本, もある, を輸入

▼ 石~ (35, 0.2%)

4 に詩, を家 2 の旅行, を宿, を行

1 [21件] といい, という, といふ生活, にあるべき, に眠らず, に露, のおき, の人, の修行, の旅, の武者修行生活, の武者生活, の生活, の身, は乞食, は思い, は武蔵, も厭う, も否むべきで, をつづけ, を講壇

▼ 石にて~ (32, 0.2%)

5 造れる物 2 搏つべし, 撃つ者

1 [23件] お待ちうけ申し上げ, これを, 作れる刄物, 侍るとて, 刃物を, 刻んだ五百羅漢, 召し出されしもの, 必ず連続, 成れる室十二, 打たむ, 打たれ火, 打ち恰も, 打つに, 搏たんと, 撃つべし, 撃れ, 敷きつめ両側, 甃みたる, 築く段, 面に, 馬, 高さ二尺七寸, 鱗の

▼ 石~ (30, 0.1%)

8 ころの 4 ころを 2 ころか, ころだの, ころに, ころや 1 ころが, ころだらけの, ころでは, ころでも, ころと, ころなど, ころも, ころ一つない, ころ以下でなけれ, ころ入りの

▼ 石より~ (30, 0.1%)

2 白し秋

1 [28件] ほかに, まだ堅い, もっと自分, 一躍二十五万石, 三千八百石に, 他に, 四十石乃至, 固く口, 奇麗です, 宇都宮十八万石に, 對岸を, 小さいもの, 少しばかり, 御届, 成りて, 成り其血, 成り峰頂, 成る, 成るもの, 成れるが, 数千石に, 此方側に, 生きよう, 生れた者, 疾く人, 石と, 硬し十団子, 良さそう

▼ 石~ (29, 0.1%)

9 の中 2 の前

1 [18件] からひびい, で自殺, とを本書, にいる, にし, にとじこめられた, に入れられた, に押し込められ, に煙, の上, の奥, の底, の鉄, の鉄格子, へ帰っ, へ来た, まで寄っ, より大きな

▼ 石~ (28, 0.1%)

11 の上 2 に刻み乍ら

1 [15件] が長々, と倒れかかった, の両側, の両側秋草, の兩側秋草, の壇, の路, の道, は秋草, やそこ, を一面, を囲, を歩い, を行き尽くし, を進んだ

▼ 石~ (28, 0.1%)

3 の球根 2 は和名

1 [23件] がいかなる, が人里近く分布, が人里近く繁殖, が外来植物, が珍, が群, であって, といい, といわれ, とその, についてもまだ, に粘, のこと, のこの, の一例, の歴史, の生える, は外来種, は日本, を摘ん, を詠ずる, を詩, 即ち彼岸花

▼ 石~ (27, 0.1%)

2 の周縁, の様, を採り

1 [21件] がハムムラビ法典発見, が縦横, で額, とで築かれた, に鋭利, の一部分, の中, の割面, の文, の欠, は実に, は後, を抛, を撮み, を槌, を獲た, を発見, を眺められ, 又は熔巖, 又は鹿, 死骸妖怪あるいは

▼ 石では~ (26, 0.1%)

4 なくて, 口が 2 ありません, ないただ

1 [14件] ありませんか, ありませんから, あり得ない, あるまいかと, どうにも, どうにも子, ない, ないかと, ないこと, ない固いもの, ない武蔵, なかった, なくなった, なし多分

▼ 石投げ~ (25, 0.1%)

4 の天才 2 の名人

1 [19件] が上手, が始まる, てはげしく, ということ, どっちが, に夢中, のやう, の技, の支度, の遊び, ひもの, をし, をやった, を離れた, 器を, 怪聞について, 武芸の, 蛾次郎と, 高飛び棒術など

▼ 石~ (25, 0.1%)

2 をおり

1 [23件] ありて, があっ, がくらがり, がすっくと, が五六段手, だから, のあたり, の下, の寺, の真上, はのぼる, は三階五階, は妙, をあがっ, をあがり詰める, を上った, を上つて行, を下る, を夾む, を登っ, を登ら, を登りつくしたる, を飛ん

▼ 石置場~ (25, 0.1%)

2 から見せ金, か普請場, の暗がり

1 [19件] から始まっ, がある, が店, だの掘り返し, でこの, にしばられ, にはお, のある, のかげ, のよう, の人足, の傍, の方, の石, の蔭, の近所, へ今や, もある, を抜け

▼ 石~ (24, 0.1%)

4 の上 2 のまわり, の下, をのぼり

1 [14件] があつ, にお, に上り, の処, の前, へ面長, や一つ, を上る, を上れ, を下り, を攀ぢ御前, を登る, を踏ん, を飛上り

▼ 石~ (24, 0.1%)

7 の上 3 の下

1 [14件] が彼, で堰いた, で穿下, によつて, に其の, に楊柳, のうへは靴音, の井戸端, の路, の路次, みを, をきづいた, を渡つて仁王門, を踏ん

▼ 石~ (24, 0.1%)

3 あり 2 の上

1 [19件] とがある, には一僧, のコリゼエオ, の下, の傍別, の方, は羅馬, をのぼりき, をのぼり来, を下り, を下りぬ, を好み, を登り, を覆, を見れ, を踏んだ, を降り, を降りた, を飛び

▼ 石~ (23, 0.1%)

3 のか, のである, んだ 2 のだ, のに藤野さん, んです 1 のあれ, のかも, ので, ので三角, ので村, のまぶしい, のよ, むる此身は

▼ 石よりも~ (23, 0.1%)

2 堅くて, 直接に

1 [19件] よほど前, 二三米高い, 固いから, 堅い瀝青セメント, 堅き廊下, 堅し, 堅固であった, 堆い青苔, 大事です, 強くてを, 権威の, 樹により, 貴い眼玉, 軟かいの, 軽いぞ, 軽且小, 重く沈黙, 鋏が, 頑固な

▼ 石~ (23, 0.1%)

1 [23件] でお, になった, には, にはブリキ作り, に到る, に彫像, に熱, に碁盤目, の四十男, の大きな, の文字, の滑, の白, の赤い, の赤いきたない, の長い, も面皰, をなでる, をふくらませ, を射, を真赤, を突出, を蝕ん

▼ 石といふ~ (22, 0.1%)

2 人が

1 [20件] のが, のださう, のは, ものあり, やうな, 事に, 四十がらみの, 地名は, 天下の, 女は, 好きな, 感じである, 提灯と, 男が, 石が, 石は, 者あり, 薄ツぺらな石, 雅号を, 風に

▼ 石にでも~ (22, 0.1%)

8 なったよう 2 当れば, 腰を 1 なりそう, なると, ぶつけたらしくう, 化さうと, 打たれたやう, 打ったもの, 触れたよう, 躓いたと, 躓いたの, 躓いて

▼ 石~ (22, 0.1%)

3 獅子の 2 がこれ

1 [17件] か陶器, でも何處, としての腕, として伝わっ, ながく傳, に見え, の, の中, の像, の写真, の大え, の怪物, の技術, の狛犬, の破片, は神域, 家の

▼ 石河岸~ (22, 0.1%)

6 の前 2 だけだ

1 [14件] からすぐ, から流れ, から身, でお, ときまった, と出, のよう, の中, の方, の石, の隅, へ呼び寄せた, へ来る, まで若旦那様

▼ 石~ (22, 0.1%)

6 の中 5 の前 2 の格子 1 のやう, の口, の方, は奥深い, は我, は旅人, へ通る, を与えた, を眺め

▼ 石~ (22, 0.1%)

2 といえ, のうち, の胴の間, の舳

1 [14件] がそこ, がゆ, が朝昼晩, じゃい, でお, で先生, で運ん, に移った, のなか, の中, は夕凪, へ乗った, ほどもあろう, をはじめ

▼ 石とは~ (21, 0.1%)

2 違って

1 [19件] いえまるで, いかねえが, お馴染, どんな物, ばかに, ゆかないまでも, 何ごとでござる, 全く一体, 圖中精製石棒の, 孰らが, 掘り返されたまま, 是れなり, 格段の, 漆喰にでも, 申すと, 言うが, 言わない五千, 遠く離れた, 限らぬ

▼ 石亭先生~ (21, 0.1%)

1 [21件] いうところ, が, がけたたましく, がどんな, がピリッ, が右手, が急病, が泥棒, が蒼い, のお陰, の依頼, の弱り, の描写, の馬鹿げた, はやにわに, はベイエ, は一種熱烈, は例, は咽喉, は頸, を

▼ 石~ (21, 0.1%)

2 が方, が石

1 [17件] がある, が構わねえで, が皆, であるから, でございますが, ともう, に少し, のうち, の伊手市, の力松, の持つ, の横, の處, の金さん方, もたしかに, も斉, も齊

▼ 石~ (21, 0.1%)

1 [21件] があっ, があつ, が六, が川端, が建つ, が立つ, が麥畑, には刻, には刻まれ, に導かれ, に登り, に腰, の上, の方, の立った, の立つ, は, は維新頃, もある, を右, を拔

▼ 石がき~ (20, 0.1%)

2 のすき, のそば, をそのまま

1 [14件] でもわかる, のうえ, のところ, の一つ, の上, の半分, の石, の穴, の築造, は纏, へつけ, をとおりすぎ, をはいあがる, を見せしめたら

▼ 石少年~ (20, 0.1%)

2 の手

1 [18件] がのん, が透視術みたい, であった, です, ですか, とともにするりと, のあたたかい, の体, の細い, の言葉, の返事, の顔, はぐずぐず, は心細く, は立泳ぎ, は返事, よ, をかかえ

▼ 石つぶ~ (19, 0.1%)

2 てのかわり, ての襲撃

1 [15件] て, てかひなき, てが, てする, てであった, てです, てになるべきな, てもやっぱり, てもやみ, てを投げる, てを抛らせ, てを浴び, てを直ぐ, のごとき, のよう

▼ 石です~ (19, 0.1%)

3 ね, よ 2 から一石, がね 1 からねひとつこんど, から形, から酒, その玉, それは, のにさ, へんな, もの, もの下が

▼ 石曳き~ (19, 0.1%)

1 [19件] うた書きつけ, たちは, に稼ぎ, に行かれない, の労働者たち, の小頭, の男, の若い, は本位田又八, は石, も鞭, をし, 不眠徹夜硝酸水および, 仲間は, 唄は, 普請の, 歌が, 歌という, 謡や

▼ 石じき~ (18, 0.1%)

1 [18件] には花, のあちらこちら, のあっちこっち, の上, の両側, の入口, の台所, の場所, の模様, の横丁, の歩道, の流し場, の町, の空間, の車道, の道, を犬, を行く

▼ 石など~ (18, 0.1%)

2 水の上に

1 [16件] ある川沿い, いふ巨大, さへ, それである, 仰いで, 俗称し, 利根川西岸の, 多かり, 布かって, 抱えて, 放り込みやがって, 是れなり, 東羽黒に, 相当に, 知らずに, 考えれば

▼ 石まで~ (18, 0.1%)

2 枯れるし

1 [16件] あるの, ひったくりつづけるから, ひびいて, 引っくり返して, 打ちあげるほど, 抱かされたという, 抱かされたといふ, 料理され, 歩いて, 泳ごうと, 用意し, 築きあげた羽振り, 自身に, 行って, 見える, 転けつまろびつ

▼ 石ツころ~ (18, 0.1%)

2 でも生き, でも立派, なんて可愛い, に向, を, を早く, を産む, 又蹴り 1 に深い, を拾

▼ 石畳み~ (18, 0.1%)

1 [18件] が信用, とかの部分, にした, に蹲まつ, の上, の中央, の土手, の土間, の堤, の湯, の舗道, の街路, の道, の露地, は強, をほおずき色, をヨチヨチ, を歩い

▼ 石碣村~ (18, 0.1%)

2 といやあ

1 [16件] などとはくらべ, に住ん, のほとり, のわが家, の入江, の江, の浦, の浦人仲間, の葭芦, の街道口, の阮, へ向っ, へ急ごう, へ飄, まで走っ, を立退い

▼ 石とを~ (17, 0.1%)

2 ぶっつけ合せて, 空で

1 [13件] お借り申し, つりか, ふるいわけること, もって, 人間の, 出して, 区別する, 叩いて, 同視する, 思うとも, 拾った, 目分量で, 見比べながら

▼ 石ばかり~ (17, 0.1%)

2 だった

1 [15件] あって, ごろ, だ, である, でも, で偃松, で出来上, で四辺, 加増される, 加増し, 打ってるのに, 打つから, 桂君は, 続いて, 集って

▼ 石~ (17, 0.1%)

72 のよう 1 あり首路, と共に下り, と変り, の一人, の如く, の形, の物語, は朧氣

▼ 石和尚~ (17, 0.1%)

1 [17件] から借り, が教え, が教えた, が申した, にあつく, のお告げ, の三人, の教え, の智識, の言葉, は年五十五歳, は新, は浅葱木綿, は白翁堂, よりのお, を尋ね, を鎌倉

▼ 石~ (16, 0.1%)

6 ころを 5 ころの 1 ころか, ころに, ころほどにも, ころも, ころをも

▼ 石である~ (16, 0.1%)

1 [16件] かもわからず, からだ, から中, から角, から驚く, がこれ, ことが, ことに, ことを, ため陶器以上の, ということ, とのこと, と余, ように, 何という, 曲玉その他の

▼ 石みたい~ (16, 0.1%)

2 なもの

1 [14件] だ, で彼, で歯, な心, な拳固, になっ, にもう, にコチコチ, に冷え切った, に凍え, に堅い, に頑固, に黙っ, に黙りこん

▼ 石~ (16, 0.1%)

2 載セテ

1 [14件] コノ指ニ篏メテ見, 一杯イレテヤハリ海, 以テ利器原料ノ, 作ル, 作ルノデアルコト予ガ死ンデカラ骨ヲ, 抱イテ水ニ入, 拝ンデ, 持ッテタノヲオ婆チャンモ見, 据エテソノ前, 推載ス, 研ギ以テ鏃ト成シ斧ト成シタル人民何ゾ自然ノ, 碎キ石ヲ, 蹈ミ着ケテ, 蹈ンデイル時トハ限ラナイ

▼ 石~ (16, 0.1%)

1 [16件] がへん, が自白, が葱, であります, といふ人, にしめられた, のうしろ, の一句, の北山, の南北, の大敗, の山上, の甥, の裏山, はひきつった, は田阪

▼ 石焼豆腐~ (16, 0.1%)

2 のお次

1 [14件] で一酌, で夕方, とよばれ, のむす, の住居, の店, の店さき, の方, の灯, の裏口, の評判娘, はし, は与力部屋, へ寄る

▼ 石であった~ (15, 0.1%)

1 [15件] かも知れませぬ, か八俵, か否, ことを, ころ雅楽頭が, そうです, という, ということ, というの, という説, のだ, のに寛文五年, のを, ようで, ように

▼ 石ばかりの~ (15, 0.1%)

1 [15件] 中之島かと, 侍大将であった, 卵こぼれ出づ, 墓場が, 小さい大名, 小大名, 小身な, 山の, 川原と, 旗本の, 松原の, 殿様の, 涸沢を, 荒野の, 谷川が

▼ 石ほど~ (15, 0.1%)

2 あった

1 [13件] だったという, である, な家柄, 光の, 南支那から, 可愛いもの, 可愛い物, 奉りて, 憂鬱な, 時代は, 趣味の, 輸出を, 頂戴し

▼ 石~ (15, 0.1%)

1 [15件] かの高取り, このうち藩士, すなわち約, である, という大, とみえ, に及んだ, に過ぎずし, の一部落, の収穫, の御朱印, の筋目, の身分, の高, は今

▼ 石卷左陣~ (15, 0.1%)

2 の浪宅

1 [13件] が命令者, が歸つて來, でした, と, といふ浪人者, に飛びかゝつたのです, の姿, はこんな, はサツ, は丸尾六兵衞殺し, は内職, は日頃, を取

▼ 石~ (15, 0.1%)

2 の例

1 [13件] です, と等しく, なり, なるもの, には兩端, に粗製, のよう, の右, の如き, の玉, は兩端, や石剣, を以て古史

▼ 石とか~ (14, 0.1%)

1 [14件] あるいは馬頭妙王, 不老不死の, 五百石とか, 井戸の, 取って, 増収する, 増收する, 挽臼とかいふ, 木乃伊とか, 狗背とか, 相応の, 聞いたのう, 袂石という, 鉄片とかいふ

▼ 石~ (14, 0.1%)

2 下ニ, 代リニ 1 下デモイヽト云ウ訳ニ行カナイ, 下ニ予, 下ニ葬ムラレヨウト差支エナイヨウナモノダガ, 大サ, 大サキメルコト, 存在ヲ, 断面ヲ, 表面ニ戒名又, 高位ニハ少, 魔力デ

▼ 石~ (14, 0.1%)

1 [14件] からお守り, とは充分, と對峙, には人狐, に入, のもの, の吉見正頼, の案出, の脈, の茶室, の赤瓦, の黄ばんだ, は, はかつて

▼ 石~ (14, 0.1%)

1 [14件] かし候へと, 一門には, 上納と, 加増を, 威光が, 威光そのものなる, 威勢葵の, 寵愛の, 旗本の, 直し被, 足百石上議員関藤文兵衛六十三, 足百石関藤文兵衛六十三, 附奥家老御家従三富甚左衛門五十八, 馬廻りを

▼ 石~ (14, 0.1%)

1 [14件] から始め, から百尺下, から突っ, から腰, がある, に仕切られ, に凭, に立っ, に触れる, のところ, の前, へ片足, へ腰, より登り来る

▼ 石福海~ (14, 0.1%)

1 [14件] か, かちょ, がその, が張番, が弾, が御, というの, とをうながし, はこんなに, は今どこ, は潜水服, は用心, は監禁室, をのみこんだ

▼ 石~ (14, 0.1%)

2 の金毘羅船

1 [12件] が出る, だ, と云う, と見, と見覚え, の卍丸, の大船, の玄海丸, の船, の藩船, を家, を駈け

▼ 石童丸~ (14, 0.1%)

1 [14件] か, が来た, にし, になる, に清坊, のよう, の態, の母, の語り物, の顔, は柄, は母, は清坊, は舟

▼ 石などを~ (13, 0.1%)

1 [13件] つつみ入れて, 並べて, 保存せる, 安くその, 投りつけ, 抛げ, 拾い上げて, 放って, 置いて, 見て, 踏み落さぬよう, 轉が, 集め抛下して

▼ 石らしい~ (13, 0.1%)

2 のです, ものが, 大石門 1 という, 名石, 大きい石, 気が, 物だけを, 白い粉, 石な

▼ 石を以て~ (13, 0.1%)

1 [13件] 作りたる道具, 刻みなし, 垣を, 塞ぐので, 彼等の, 構えて, 真向を, 矢の根槍先斧の, 神, 築いた城, 肉と, 象徴せられ, 迎えようと

▼ 石先生~ (13, 0.1%)

1 [13件] から戴いた, から聞かされ, がおいで, が御, だけに土肥君, だね, では眼, と立てられ, のところ, の盛つたもの, は人, も同様一昨日, 之墓

▼ 石右衛門~ (13, 0.1%)

1 [13件] かの, からは返辞, との二人, と二人, と石右衛門, の代理, の娘, の娘葉末, はきわめて, は何, は早目, は特に, は鼾

▼ 石~ (13, 0.1%)

5 に宮柱 1 に燒, のよう, の搭乘, は名, も波立つ如く, をも, をも通し, をも通し流れるごとく

▼ 石清水~ (13, 0.1%)

1 [13件] から分霊奉祀, に古く, に身, の仮名がき, の八幡其他, の山かげ, の神, の行幸, は京都, へも行幸, へ詣っ, や賀茂, を勧請

▼ 石~ (13, 0.1%)

1 [13件] がこう, が柔らか, が異, だと, では日本一, なん, に付い, の由来, の白味, の罅隙, はデオライト, は一定, を調べる

▼ 石さん~ (12, 0.1%)

1 [12件] と一緒, と二人, と秘密, に女共, に暇乞, のそば, の近く, はいらつ, はよく, は三十, は夫, は私

▼ 石とも~ (12, 0.1%)

2 いって 1 いうもの, なり得るならば, に響いた, 亦復相, 土とも, 持高百七十五石所持有之候得共江戸表年々日増しに, 材木とも, 申します錦, 言ひさう, 頼まれし小松殿

▼ 石ども~ (12, 0.1%)

2 がつけた, だけでした, はみんな, はみんな雨, は又 1 については余未刊, の間

▼ 石なら~ (12, 0.1%)

2 べの仕事 1 いつでも, この痛, どれでも, ばその, ば磁石, 仕方ない, 大丈夫だ, 貴殿も, 身投を, 酒も

▼ 石について~ (12, 0.1%)

1 [12件] ゐるにも, 一石ずつの, 十八両当の, 土工人夫百人という, 好みを, 水垢を, 注意すべき, 研究を, 約三十人, 考えて, 臨時に, 養兵力を

▼ 石をも~ (12, 0.1%)

1 [12件] とかす焦熱慕念, 予は, 可哀想に, 含めた全部, 弾丸と, 押通さん許, 斷つ, 求めうるの, 焦がすよう, 眼覚めさす, 越した, 転ばす勢

▼ 石コロ~ (12, 0.1%)

1 [12件] が多い, が広い, で途中, なども落ち, に変っ, の整理, の間々, もあれ, を, を投げた, を敷きつめ, を載せ

▼ 石一つ~ (12, 0.1%)

1 [12件] ありませんでも, が動い, だけでも何十万円, ない粗末, になる, の動かし, の木, 投げつけるもの, 掘り出すに, 揺がすこと, 附け加, 除き去る

▼ 石~ (12, 0.1%)

1 [12件] かなに, がかかっ, にて歴代, の掛物, の百寿図, の軸, や絵像, をさぐっ, をも原本, を貼った, を貼つた, 即ち拓本

▼ 石~ (12, 0.1%)

1 [12件] がいる, がとびだし, が一同, その三人, というケチ, という男, とがここ, とは旧知, と今日, も隊, をご存知, をし

▼ 石~ (12, 0.1%)

3 と寝よ 1 いるかね, であるあゝ, とねよ, の, の事, の変死, の石, の遺族, はまだ

▼ 石屋さん~ (12, 0.1%)

1 [12件] あの別荘, から手紙, があります, が戦争, でしまひ, で兵隊, なんかをみてる, にさう, の亭主, の仕事場, の家族, は平和

▼ 石~ (12, 0.1%)

1 [12件] が沢山, こそ飛ばない, という瓦, にうた, に過ぎん, のよう, の城, の散らばっ, の間, の類, をかわし, 古新聞

▼ 石~ (12, 0.1%)

2 がとどろいた 1 か, などに会っ, のほか, の石弾, の音, や火箭, をならべ, をぶ, を備えつけ, を懸連ね

▼ 石~ (12, 0.1%)

2 の妻女, や代脈, を呼ばせました 1 という本道婦人科, にはその, の家, の手当, の手當, も代脈

▼ 石あり~ (11, 0.1%)

1 [11件] そこが, て灌, て牛, など, 到底近づく, 園池あり, 夜を, 弥勒仏あり, 柱あり, 樹あり, 龜に

▼ 石だらけ~ (11, 0.1%)

1 [11件] だ, だったが, なの, の乾枯びた土, の固い, の山坂路, の建物, の荒地, の路, の道, の道路

▼ 石五斗~ (11, 0.1%)

3 の物思い 1 であって, である, ならもう, にしか当たらない, の本米, の水, の糯米, の註文

▼ 石家荘~ (11, 0.1%)

1 [11件] から汽車, で旧友, とやらはもう, にはひる, に到着, の大通り, へ行きます, まで, まで行き, まで行つて, を抜き

▼ 石~ (11, 0.1%)

5 の上 2 の大きな 1 が音, しろき囘廊, には一鉢, をけっ

▼ 石~ (11, 0.1%)

3 の利器 2 の利噐 1 の斧, の玉, の臺上, の輪, の錐, ノ利器

▼ 石くれ~ (10, 0.0%)

21 がごろごろ, と, と同一, の, の嫌, は子, もやがて, 骸骨血まみれの

▼ 石けり~ (10, 0.0%)

3 をし 1 に夢中, のまね, の子供, の白い, の石, の線, や力

▼ 石だの~ (10, 0.0%)

1 また工具, 像だ, 杭だ, 灯籠だの, 熱田だ, 石灰石だ, 石碑の, 空中から, 竹だ, 醤油樽だの

▼ 石~ (10, 0.0%)

1 としては全国的, の様式, の美し, の路, を拜, を探り, を路傍, ノ一ツトシテ勢至菩薩坐像, 又は其他, 程に示し

▼ 石~ (10, 0.0%)

1 とすぐれた, にも定紋, の結び目, をつかん, を借らせた, を固く, を解き, を貸さん, を貸し, 御剣

▼ 石~ (10, 0.0%)

4 の据物 1 かこれ, に書かれた, の呼吸, の煙火, の腕前, の達者

▼ 石清水八幡~ (10, 0.0%)

2 の宮司 1 で尊勝陀羅尼法, に御, のお宮, の仲秋, の伝説, の宝前, の宮司田中陶清, の本宮

▼ 石~ (10, 0.0%)

1 である, の横面, は全部, をし, をとじ, をよく, を下, を払っ, を整然, を斑

▼ 石鐵県~ (10, 0.0%)

1 となっ, となった, と神山県, には県令, の県庁, は一大区, は大, へ事務, へ引継い, も相当

▼ 石ぐらい~ (9, 0.0%)

2 であった 1 だと, で帆, 何のその恐るる, 取れること, 屁でも, 油を, 造るんで

▼ 石じき道~ (9, 0.0%)

2 の上 1 ができた, だった, に昼間, の坂, の奥, を垣根, を歩い

▼ 石だけが~ (9, 0.0%)

1 とぼけた顔, ぬけるよう, 今日なお, 動くという, 埋めて, 残って, 草間に, 荒れた庭, 領邑で

▼ 石だけは~ (9, 0.0%)

1 きれいに, とりのけて, ふむの, わざ, 喰いちがい, 奈良の, 殆ん, 略したの, 白く光っ

▼ 石とで~ (9, 0.0%)

1 つくった永久的建築, もはや前進, 一人の, 出来て, 堅めた, 自然に, 要所要所, 象眼した, 造った写真レンズ

▼ 石のべ~ (9, 0.0%)

2 に櫨, に緑, は三角柏の葉, や若葉 1 に没日

▼ 石もて~ (9, 0.0%)

1 これを, 作られたり, 刻める摩西, 塞がれたるなり, 彼を, 竈口を, 繕ろひぬ, 蛇を, 魚を

▼ 石以下~ (9, 0.0%)

2 の大名 1 だ, と見, の勤番, の士, の未決囚, の殿様, の給分

▼ 石~ (9, 0.0%)

2 なもの 1 である, でもあった, のお, の味わい, の小, の荒木, を離れ

▼ 石分割~ (9, 0.0%)

2 の密約 1 について一ノ関, のこと, のとき, の機会, の評, の際, を謀っ

▼ 石切り場~ (9, 0.0%)

1 がある, でいくつ, などはない, にさしかかる, にねむろう, にへいが, のあの, の入口, を見つける

▼ 石合戦~ (9, 0.0%)

2 をし, をする 1 があり, が始まった, になる, の最中, をした

▼ 石~ (9, 0.0%)

1 だから, でせっかく, で僕, なり, に沿う, に蛇, を登らなく, を登る, を駈下り

▼ 石~ (9, 0.0%)

1 が架せられ, で, でも土佐, に登り行詰る, のかなた, へ夕日, や拱門, を大, を近づい

▼ 石~ (9, 0.0%)

1 がドドドッ, が降っ, で殺された, になり, のある, の如く突い, の烈風, はう, を撃つ

▼ 石~ (9, 0.0%)

2 を打つ 1 がとりあえず, がコツン, と同視, も少ない, を上流, を投げ出した, を抛っ

▼ 石~ (9, 0.0%)

2 が十 1 とそれ, とでは周囲, と坊主貝, と黒い, などは見えなかった, に一つ一つ, も一つ一つ影

▼ 石蹴り~ (9, 0.0%)

1 なぞを, などは私, なんぞをし, にもあきた, の大きい, めんこ剣玉べい独楽という, やベイごま, や縄, 音ひびきけり

▼ 石~ (9, 0.0%)

1 が一生懸命, の言葉, の足もと, は, は今, は六七十萬兩, は路地, もある, を先頭

▼ 石~ (9, 0.0%)

1 です, といつた, なども放り出され, のあとあざやか, をあてがっ, を地蔵, を得たる, を打ちこむ, を研ぐ

▼ 石頂戴~ (9, 0.0%)

1 の天下, の直参旗本, 致した小栗上野介, 致した稻垣小左衞門, 致した黒川孝藏, 致して, 致しました大野惣兵衞, 致すよう, 致す身の上

▼ 石あまり~ (8, 0.0%)

2 の館主 1 になった, のところ, の小, もやっ, 残って, 買った

▼ 石などが~ (8, 0.0%)

1 あった, おいて, お誂, その儘, 引いて, 投げこまれ続いて, 立って, 置いて

▼ 石にな~ (8, 0.0%)

1 つた, つたお百合さん, つたと, つたとの, つた媼の, つた犬が, つてゐた, つて樽野の

▼ 石分与~ (8, 0.0%)

2 の密約, の証文 1 ということ, という密約, の, の機会

▼ 石切り~ (8, 0.0%)

1 が仕事, が忘れ, すらもやめた, であった, という山, や鍛冶, を仕事, を離れ

▼ 石~ (8, 0.0%)

4 の上 1 と天蓋, に倚, へ持参, を据ゑたる圓堂

▼ 石小屋~ (8, 0.0%)

2 の中 1 です, というなかなか, というの, という尾根, は屋根, を占領

▼ 石抱き~ (8, 0.0%)

1 とにとどめ, との二種, との拷問, は十露盤板, を行う, 海老責の, 海老責は, 海老責釣し

▼ 石~ (8, 0.0%)

1 といふひと, と八, にし, のごとき, の仕事あたり, の畫, の繪, は市井

▼ 石~ (8, 0.0%)

1 が早速, という者, に圍まれ, の口, もう一度催促, も一, も思わず, よよく

▼ 石~ (8, 0.0%)

1 に小, に来, の四ツ辻, の方, の茶店隣, の街端, へ出向い, を折れ

▼ 石~ (8, 0.0%)

1 が多く, が河端, など, などがそれ, の列, の耳, の脊, や石羊

▼ 石~ (7, 0.0%)

1 ひざもとに, ほきみち, 取りなさるお方, 取り遊ばしたお, 旗本鈴川源十郎様方へ, 禮の, 糸三沢老母吉田老母石川お

▼ 石さえ~ (7, 0.0%)

1 あしらったその, ないという, なければ, はたいて, 存在すれ, 掘り出せりゃ人間, 走らせそう

▼ 石だけ~ (7, 0.0%)

1 あって, である, では, ならよい, なら面白い, ぽっつりの, 残って

▼ 石どう~ (7, 0.0%)

4 ろうの 2 ろうが 1 ろうだ

▼ 石なり~ (7, 0.0%)

2 人物なりに 1 ければ, 五十石なり, 佐夜の, 知行を, 釘なり

▼ 石ほどの~ (7, 0.0%)

1 家柄で, 家督を, 小大名, 相違は, 石を, 諸侯なる, 館主である

▼ 石一石~ (7, 0.0%)

1 から抜い, が然, と打ち下ろす, の手, の間, をすりへらし, を見る

▼ 石三鳥~ (7, 0.0%)

2 の目的 1 といっ, の使命, の妙案, の実, の重任

▼ 石~ (7, 0.0%)

1 である, といふの, の意味, の王子, を助ける, を始め其附近, を征伐

▼ 石~ (7, 0.0%)

5 詣りの 1 参り, 詣りや

▼ 石~ (7, 0.0%)

1 と相, には一物, に示す, は字, も亦, を見ざる, を見ず

▼ 石楠木~ (7, 0.0%)

2 の木, の花 1 が美しく, と比べ, の花ざかり

▼ 石~ (7, 0.0%)

1 といつ, とか石劍, と呼ぶ, と稱, の立ちたる, をば兩樣, を柄

▼ 石~ (7, 0.0%)

2 の中 1 があった, が置い, には水, には苔, の水

▼ 石~ (7, 0.0%)

1 が乞い, という家, に向かい, に議, の石, は妾, も手伝いました

▼ 石版画~ (7, 0.0%)

1 が並び, が掛かっ, それから根本, までありとあらゆるこうした, や地理書, よりもはるか, を入れ

▼ 石~ (7, 0.0%)

1 でもさうである, といふもの, と伴, の例, の右, の名, や湯婆

▼ 石製烟管~ (7, 0.0%)

2 を使用 1 と共に出, のアイヌ, の竪穴中, は本島處, を下僚

▼ 石~ (7, 0.0%)

1 が, であるから, に沿つて, のある, も終い, を海ぎは, を這つて

▼ 石かけ~ (6, 0.0%)

1 が乗っ, はいってる, や火山灰, を, を一つ, を一つ拾

▼ 石ぐらいの~ (6, 0.0%)

1 ところが毒, ものだろう, 仕送りを, 小大名, 木葉大名よりも, 鰊を

▼ 石それ~ (6, 0.0%)

1 が中央, にウマ一匹, に幕府, に廃物, もきっちり, をめぐ

▼ 石だけの~ (6, 0.0%)

1 お癪, 中の島に, 体面を, 光が, 光を, 橋と

▼ 石~ (6, 0.0%)

3 やない 21 や可哀想

▼ 石と共に~ (6, 0.0%)

1 大きくなっ, 帰国せ, 押出して, 材木と共に, 棄てて, 静かに

▼ 石なども~ (6, 0.0%)

1 おいおいに, ばらばらに, もともとそれぞれ, 土地の, 熊野から, 遠望の

▼ 石のべの~ (6, 0.0%)

2 櫨の, 紫蘭の, 躑躅の

▼ 石ぼとけ~ (6, 0.0%)

2 ヤレドッコイドッコイドッコイショ 1 えと, という, なり, にねバラリバラリ

▼ 石~ (6, 0.0%)

2 どんな小さな石ツころ, 石よ 1 そは, 何故飛ばざる

▼ 石三人扶持~ (6, 0.0%)

1 しか取っ, という最下等, を給, を領し, 御作事方賄い役, 御料理人頭

▼ 石伝い~ (6, 0.0%)

1 で飛ばされる, に徒渉, に歩ける, に約, に越えなけれ, に風呂

▼ 石佛寺~ (6, 0.0%)

2 を青龍寺 1 と名, の現状, を探訪, 即唐青龍寺

▼ 石八人扶持~ (6, 0.0%)

1 なので, にご, の家, の矢島, の矢島玄碩, を受ける

▼ 石地蔵尊~ (6, 0.0%)

1 が立つ, その背景, に向かっ, に導かれ, はありがたい, へもパラソル

▼ 石多き~ (6, 0.0%)

2 川の 1 ピトーンの, ミネルワの, 林泉の, 横町の

▼ 石~ (6, 0.0%)

1 うべし, がある, のところ, まで推定, も専門家, 高く魚類

▼ 石清水行幸~ (6, 0.0%)

2 の節 1 にも元成, のおり, の日, は帝

▼ 石~ (6, 0.0%)

1 だから, に女童, の分量, の行宮, はその, へかよふ

▼ 石~ (6, 0.0%)

1 です, としては蓋し, には老師, の数々, はその, は朝鮮

▼ 石~ (6, 0.0%)

1 あり, に眠らし, に眠る, の上人, の人, もありてい

▼ 石~ (6, 0.0%)

2 の影 1 からぬっと, の文字, の横, や築山

▼ 石~ (6, 0.0%)

1 に別れ, のあまり, の亡骸, の眉間, の胸, は濃

▼ 石~ (6, 0.0%)

2 の矢 1 が掘りおこされた, の星, を開い, 並び立てり

▼ 石細工~ (6, 0.0%)

1 だけで四年, だと, でトロイ, のあたり, のどの, を以て之

▼ 石~ (6, 0.0%)

2 安玩具 1 じゃの云う, ですと, といっ, 食わず梨

▼ 石~ (6, 0.0%)

1 に手, に縫いつけた, の幻影, の陰影, を伝わっ, を弾き初める

▼ 石走る~ (6, 0.0%)

3 水の 1 垂水の, 瀧津瀬など, 音

▼ 石かと~ (5, 0.0%)

1 児を, 子を, 思って, 見れば, 鋭い鑑別

▼ 石かの~ (5, 0.0%)

2 田地が 1 ように, 奥方は, 旗本の

▼ 石がけ~ (5, 0.0%)

2 になっ 1 にごみ, の平家, 殊に井戸

▼ 石がち~ (5, 0.0%)

1 になっ, に原, の, の土質, やんと

▼ 石じゃ~ (5, 0.0%)

1 ありません, あるめ, な, ないか, アない

▼ 石ずつ~ (5, 0.0%)

1 下されやはり, 加増, 加増された, 築いた研究, 買わせ夜

▼ 石そのもの~ (5, 0.0%)

1 が流水, であること, には苦痛, の完全, の配列

▼ 石だった~ (5, 0.0%)

1 が名取郡岩沼, が木石, ことは, その時石, ともいいます

▼ 石だろう~ (5, 0.0%)

1 が青錆, とお気, とこわかね, と二千石, と土地

▼ 石であり~ (5, 0.0%)

1 その特別給与, ながら野, 乍ら将軍家の, 周囲の, 然し概ね

▼ 石として~ (5, 0.0%)

1 うち立て, 今後約, 使いこなして, 信心を, 北東の

▼ 石などに~ (5, 0.0%)

2 生命を 1 一度ならずつまずいた, 混って, 移すという

▼ 石などは~ (5, 0.0%)

1 ないの, もうどうで, 一つも, 庭の, 昔ながらに

▼ 石につき~ (5, 0.0%)

1 一人ずつとか, 二両ずつ, 人足は, 十七人二分餘の, 金五両の

▼ 石のうへに~ (5, 0.0%)

1 すわりて, 出ると, 生ふる, 落ちけり, 露が

▼ 石ばかりが~ (5, 0.0%)

1 ごろごろと, 偶然に, 其処にも, 山を, 残つて居り

▼ 石への~ (5, 0.0%)

1 借金は, 手書の, 技術を, 自分の, 通路を

▼ 石~ (5, 0.0%)

1 と共に一団, の冷淡, の助力, の改革, の重

▼ 石ケン~ (5, 0.0%)

1 です, とカミソリ, のこと, やマッチ, よりはまし

▼ 石ブロ~ (5, 0.0%)

1 とほぼ, などのほか, の多く, へ通う, や湯治場同様

▼ 石~ (5, 0.0%)

2 の火, の賤民 1 に火

▼ 石二人扶持~ (5, 0.0%)

1 でタクサン, という指南番, の小役, の軽輩, 或は十石一人扶持

▼ 石入り~ (5, 0.0%)

1 の大, の指環, の指輪, の甕, 又は五石入り

▼ 石~ (5, 0.0%)

1 したよう, した顔, して, と使いわけ, は

▼ 石取ろ~ (5, 0.0%)

31 かなん, かをすべすべ

▼ 石地蔵さま~ (5, 0.0%)

1 にしっかり, の, は, も, を拝ん

▼ 石~ (5, 0.0%)

1 が一つ, にそい, の一つ, の中, の採掘車輪

▼ 石~ (5, 0.0%)

1 かあるいは, です, のよう, の如し, の空言

▼ 石尊様~ (5, 0.0%)

2 詣りの 1 へお, へ掛合い, へ詣ります

▼ 石屋根~ (5, 0.0%)

1 がひくい, に, の下, の家, の長屋門

▼ 石州流~ (5, 0.0%)

1 のお茶, の作法, の生花, の茶, の開祖

▼ 石~ (5, 0.0%)

1 が立ち, この修道士, ふと廊下, もあっ気, も同時に

▼ 石~ (5, 0.0%)

1 の如く, の弦, もある, を射る, を撃ちこみ

▼ 石~ (5, 0.0%)

2 を攀 1 の険悪, を攀じ, を舞

▼ 石投魚~ (5, 0.0%)

1 である, で野, の亡者, はそのまま, もぬ

▼ 石敢当~ (5, 0.0%)

1 に関する説, の出処, の起源, も中佐, も亦

▼ 石材木~ (5, 0.0%)

1 という材木, なども多分, の端片, はおろか, を運搬

▼ 石殿~ (5, 0.0%)

2 に住 1 が部屋, の若子はさ, は不安そう

▼ 石~ (5, 0.0%)

1 にし, にする, のパン, の仔豚, の麺麭

▼ 石~ (5, 0.0%)

1 で伊勢屋, の家, の御, の長崎屋喜兵衛, の雁屋信助

▼ 石~ (5, 0.0%)

2 奇状両 1 圓き, 楓楠, 赤く苔

▼ 石禅師~ (5, 0.0%)

1 から示された, が仰っしゃいました, のまえ, の喝棒, の鉗鎚

▼ 石福海少年~ (5, 0.0%)

1 が工事用, だったの, とを一, はどう, は東京

▼ 石~ (5, 0.0%)

1 にもこれ, の中, の神, の魯迅, は其等

▼ 石~ (5, 0.0%)

1 があり, がある, が上, の遺, を山

▼ 石~ (5, 0.0%)

1 が損, にわが, に滑つて何度, のついた, の上

▼ 石順先生~ (5, 0.0%)

1 という外科, といふ外科, のお, の玄関番, も代脈さん

▼ 石~ (5, 0.0%)

1 がみな手近, との交替, にあこがれる, を手放した, を磨き

▼ 石~ (5, 0.0%)

1 と出世, の江戸城留守居, の知行所, の芙蓉間詰, 程の暮し

▼ 石鳥居~ (5, 0.0%)

2 の前 1 の下, はことごとく, を出た

▼ 石あるいは~ (4, 0.0%)

1 七万円, 五角なるあり, 化石の, 四五石

▼ 石あれ~ (4, 0.0%)

2 は皆 1 ば楼台, ば水

▼ 石これ~ (4, 0.0%)

2 は因幡 1 でも石巻, は浅井因幡守

▼ 石じんみち~ (4, 0.0%)

1 と一丁目毎, に変る, の方, まで軒並み

▼ 石すら~ (4, 0.0%)

4 光りを

▼ 石その~ (4, 0.0%)

1 手が, 物の, 石を, 藩中で

▼ 石たる~ (4, 0.0%)

1 や小さい, を知る, 可く, 野原に

▼ 石であっ~ (4, 0.0%)

1 たり獅子鼻, てその, ても物, て小

▼ 石でさえ~ (4, 0.0%)

1 あれば, いまは, こうも, 聞く人

▼ 石でなく~ (4, 0.0%)

1 ても遠い, 新しい墓, 森の, 無限の

▼ 石とが~ (4, 0.0%)

1 あたかも同じ, 其の色彩, 対立し, 相搏つて

▼ 石などと~ (4, 0.0%)

1 いって, いろいろ機道具に, 呼んで, 言って

▼ 石などの~ (4, 0.0%)

1 示して, 空洞が, 腰かけ三脚ほど, 調査を

▼ 石なんて~ (4, 0.0%)

1 いふ化石, えな受取れ, ものは, 人間でさえ

▼ 石に対する~ (4, 0.0%)

1 信仰を, 恐怖で, 恐怖の, 愛情は

▼ 石までが~ (4, 0.0%)

1 妙に, 病気に, 腐って, 輸入品であった

▼ 石よりは~ (4, 0.0%)

1 かるくて, まだ命, クロの, 更に大きく

▼ 石をの~ (4, 0.0%)

2 つけたの 1 ッけた屋根の, ッけた農家は

▼ 石をば~ (4, 0.0%)

1 わざわざ避け, 亀の, 無用とて, 神体と

▼ 石三千万円~ (4, 0.0%)

3 の割合 1 という話

▼ 石乃至~ (4, 0.0%)

1 三千石の, 五六十石の, 五千石, 十餘石に

▼ 石人石馬~ (4, 0.0%)

1 が多く, など, などがそれ, の列

▼ 石~ (4, 0.0%)

1 かは見つかるまい, するもの, て云, て云うのす

▼ 石作り~ (4, 0.0%)

1 というわけ, の手水鉢, の米倉, の門

▼ 石刷り~ (4, 0.0%)

1 ですか, の墨, を法帖, を版木

▼ 石~ (4, 0.0%)

1 という, の奥義, の如き, を思い出し

▼ 石~ (4, 0.0%)

1 と呼ぶ, の名, の如く細工, の把柄

▼ 石~ (4, 0.0%)

2 は敵し 1 は敵, より生まれたる

▼ 石取った~ (4, 0.0%)

1 お方だろう, とか云う, 奴なれ, 深見新

▼ 石~ (4, 0.0%)

2 は正賓 1 は秀, もところ

▼ 石~ (4, 0.0%)

2 なる者, は頑として

▼ 石~ (4, 0.0%)

1 があつ, の罪, を評論, 傳

▼ 石好き~ (4, 0.0%)

2 でお 1 が石, にならないであろう

▼ 石小舎~ (4, 0.0%)

2 の前 1 がある, へ戻った

▼ 石~ (4, 0.0%)

21 の變, や小

▼ 石崩れ~ (4, 0.0%)

1 がすぐ, の修築, も登りつくした, 壁落つる

▼ 石広元~ (4, 0.0%)

1 といい, と申し, はかぶり, や孟公威

▼ 石廊岬~ (4, 0.0%)

1 から大瀬あたり, から西, の突端, の端

▼ 石彫り~ (4, 0.0%)

1 のコマ犬, の大, の牛, はだめ

▼ 石~ (4, 0.0%)

1 と共に落ち來, をよづること, を下り行けり, を高く

▼ 石成長~ (4, 0.0%)

3 の話 1 の信仰

▼ 石摺り~ (4, 0.0%)

1 と申します, に写っ, の手本, の軸

▼ 石月様~ (4, 0.0%)

1 に先手, のお, のお話, の心遣い

▼ 石~ (4, 0.0%)

2 の神 1 は天, は石

▼ 石清水系統~ (4, 0.0%)

1 に神座, のもの, の物, の神遊び

▼ 石~ (4, 0.0%)

1 にし, にする, のパン, の麺麭

▼ 石~ (4, 0.0%)

4 よ汝

▼ 石~ (4, 0.0%)

1 ある水成岩, は写生, を見せ, 殊に明瞭也

▼ 石直参旗本~ (4, 0.0%)

1 の格式通り供揃いせい, の気品, の犯し, の貫禄

▼ 石~ (4, 0.0%)

1 であるです, です, のため, や禿山

▼ 石秀さん~ (4, 0.0%)

1 おはいり, か, さっそくご, で

▼ 石~ (4, 0.0%)

1 があり, にでも溢れ, のなか, の口

▼ 石~ (4, 0.0%)

1 に出入り, の掘, 土に, 墓室が

▼ 石~ (4, 0.0%)

1 であ, と云, と別, に至つて

▼ 石~ (4, 0.0%)

1 とは何, に乗っ, を数百輛, を製し

▼ 石金さん~ (4, 0.0%)

1 があわてふためい, だ, の胴間声, はそう

▼ 石~ (4, 0.0%)

1 と呼ぶ, は種々, を以て土器, を以て揉み

▼ 石~ (4, 0.0%)

1 にも自ら整, の中, の内, の外

▼ 石~ (4, 0.0%)

1 の門, は翌年, は諸州, をめぐる

▼ 石~ (4, 0.0%)

1 が二つ, が無事, の籀文, は水

▼ 石~ (4, 0.0%)

1 あり, にて, のわれ目, の内

▼ 石ある~ (3, 0.0%)

1 とは予, のみ, ひは

▼ 石いろ~ (3, 0.0%)

1 等色さまざまな, 青玉石いろ, 黄玉石いろ

▼ 石うつ~ (3, 0.0%)

2 清し花朴の木 1 と師父

▼ 石かべの~ (3, 0.0%)

1 一ヵ所が, 一方に, 穴に

▼ 石かも~ (3, 0.0%)

1 知れないと, 知れないよ, 草ご

▼ 石からも~ (3, 0.0%)

1 人間は, 聞えて, 退きまったく

▼ 石くらいの~ (3, 0.0%)

1 不足は, 夢を, 大名には

▼ 石ごろ道~ (3, 0.0%)

3 は歩けない

▼ 石~ (3, 0.0%)

1 いけない, へ群青, ア今夜は

▼ 石しか~ (3, 0.0%)

1 お納めいたさぬ, ない現状, 出なかった

▼ 石じゃと~ (3, 0.0%)

1 云うて, 云うので, 申しましたの

▼ 石ずつの~ (3, 0.0%)

1 大豆を, 犬扶持を, 糠と

▼ 石その他~ (3, 0.0%)

1 の目的, の粉霧, を輸送

▼ 石たち~ (3, 0.0%)

1 と死んだ, の上, も

▼ 石だって~ (3, 0.0%)

1 おかわいそう, そうだ, 何だか変

▼ 石であろう~ (3, 0.0%)

1 と人工, と何, と大学様

▼ 石でございます~ (3, 0.0%)

21 から三百石取り

▼ 石でしか~ (3, 0.0%)

1 ない, なかった, なかつた

▼ 石でない~ (3, 0.0%)

1 ことは, 木でない, 限りやはり

▼ 石でなけれ~ (3, 0.0%)

1 ばねうち, ば使えない, ば僕

▼ 石とりやめ~ (3, 0.0%)

2 て早く 1 で早

▼ 石などという~ (3, 0.0%)

1 のも, 名前が, 大名は

▼ 石にあたって~ (3, 0.0%)

1 心の, 火が, 脛も

▼ 石にまで~ (3, 0.0%)

1 沁みこむよう, 発達した, 眼を

▼ 石ばかりに~ (3, 0.0%)

2 なって 1 なったり

▼ 石ぶみ~ (3, 0.0%)

1 が並び進ん, にぬかづき, に誌

▼ 石また~ (3, 0.0%)

1 曳きゃる, 脱け, 黒い石

▼ 石または~ (3, 0.0%)

1 お宮の, 木にて, 瓦が

▼ 石~ (3, 0.0%)

2 へこまされてるん 1 の勝負番

▼ 石ウス~ (3, 0.0%)

1 だの一斗釜, とか舟, とヤジリ

▼ 石ッころ~ (3, 0.0%)

1 として無, に深い, 見たいに

▼ 石ツブテ~ (3, 0.0%)

1 が一つ, が次, をぶつけられ

▼ 石~ (3, 0.0%)

1 スカ, 凄ク光ルモンデスカラ, 道具ガ一ツ無

▼ 石ヶ嶽~ (3, 0.0%)

2 の中腹 1 まで行く

▼ 石七斗~ (3, 0.0%)

1 となった, の半額, は容赦

▼ 石七枚~ (3, 0.0%)

1 それでも彼, だけであった, を抱かされた

▼ 石~ (3, 0.0%)

1 にそれぞれふところ工合, に五十万石, の失費

▼ 石五人扶持~ (3, 0.0%)

1 といった, を給う, を頂戴

▼ 石~ (3, 0.0%)

1 となっ, の小松, の松

▼ 石~ (3, 0.0%)

3 の別

▼ 石全体~ (3, 0.0%)

1 の恰好, を濡らす, を神

▼ 石八斗~ (3, 0.0%)

1 に余る, に対して田方, まあざっと四俵半

▼ 石八枚~ (3, 0.0%)

2 を抱かされた 1 で吉五郎

▼ 石六斗~ (3, 0.0%)

1 の代価七貫百三十二文, の合計, ほどに見積もり

▼ 石兵助~ (3, 0.0%)

2 の家 1 のいま

▼ 石十万石~ (3, 0.0%)

2 の大名 1 は十万石

▼ 石千石~ (3, 0.0%)

1 で引っ張りだこ, の炭薪, も望み

▼ 石占山~ (3, 0.0%)

1 から取っ, というところ, ときまった

▼ 石~ (3, 0.0%)

1 の旦那, の會見, の齋藤氏文書

▼ 石取っ~ (3, 0.0%)

1 ていた, て居た, て鉄砲五十挺

▼ 石叩き~ (3, 0.0%)

1 にも何, の羽根, はまた

▼ 石~ (3, 0.0%)

1 が三つ四つ, の上, を置い

▼ 石~ (3, 0.0%)

1 の事, の如く, は或は

▼ 石囲い~ (3, 0.0%)

1 で石囲い, の向う, の四ツ角

▼ 石~ (3, 0.0%)

21 の熱き

▼ 石~ (3, 0.0%)

3 の岡

▼ 石~ (3, 0.0%)

1 の下, の根, やが建てられた

▼ 石多い~ (3, 0.0%)

1 小道あの, 通り少ない, 通行少い

▼ 石多く~ (3, 0.0%)

1 水少なく, 花少なく, 風勁く

▼ 石~ (3, 0.0%)

1 の岩戸胎内潜り, の金山, の雨

▼ 石~ (3, 0.0%)

1 に手紙, の知行, を遣

▼ 石将軍~ (3, 0.0%)

2 の石勇 1 といわれ

▼ 石屑だらけ~ (3, 0.0%)

2 の野原 1 の面白

▼ 石峨々~ (3, 0.0%)

1 たる山, として半天, として水急

▼ 石崎平馬~ (3, 0.0%)

1 の二番目娘, の屋敷, は所用

▼ 石州口~ (3, 0.0%)

1 の方, の浜田, は津和野藩

▼ 石庖丁~ (3, 0.0%)

1 だとか, とかにわかれ, の名

▼ 石~ (3, 0.0%)

1 が羽交, にだけには逢っ, の死んだ

▼ 石~ (3, 0.0%)

2 のなか 1 や石棺

▼ 石或は~ (3, 0.0%)

1 二百五十石と, 石と, 角の

▼ 石~ (3, 0.0%)

1 が一つ, の奥, を閉

▼ 石打ち~ (3, 0.0%)

1 の矢, は久しく, ヒューッと

▼ 石~ (3, 0.0%)

1 ぐれば, で割った, で降りる

▼ 石押分~ (3, 0.0%)

3 の子

▼ 石~ (3, 0.0%)

3 ちに

▼ 石~ (3, 0.0%)

3 の神

▼ 石揚場~ (3, 0.0%)

1 で, なの, の一軒家

▼ 石改易~ (3, 0.0%)

1 が真, にかけられた, にもっ

▼ 石~ (3, 0.0%)

1 で細かく, のうえ, をつなぐ

▼ 石根大将~ (3, 0.0%)

1 のお, の別荘, の家

▼ 石根木~ (3, 0.0%)

3 の立

▼ 石~ (3, 0.0%)

3 賣の

▼ 石~ (3, 0.0%)

1 と云え, の流れ, の浜

▼ 石江戸~ (3, 0.0%)

1 の上屋敷, より十六里, より百六里

▼ 石清水臨時祭~ (3, 0.0%)

1 に接し, の如き, へ勅使

▼ 石~ (3, 0.0%)

2 る垂水 1

▼ 石濱君~ (3, 0.0%)

1 からカワセ, にでも会うたら, の方

▼ 石~ (3, 0.0%)

1 が残っ, の影, をみ

▼ 石田治部~ (3, 0.0%)

1 こう二人, 少輔, 少輔下知

▼ 石~ (3, 0.0%)

2 がある 1 の下

▼ 石~ (3, 0.0%)

1 から一足飛, 堅く明, 獻じました

▼ 石~ (3, 0.0%)

1 は, を恋, を私

▼ 石~ (3, 0.0%)

2 の男 1 のまま岩魚

▼ 石~ (3, 0.0%)

1 を見詰め, 彫勢至菩薩ニ関スル知識, 彫阿弥陀三尊石佛

▼ 石~ (3, 0.0%)

1 が服, には巨大, の浮いた

▼ 石~ (3, 0.0%)

1 との水平, の幅広, の液体

▼ 石芋民譚~ (3, 0.0%)

1 で対照的, となる, は宗教家

▼ 石~ (3, 0.0%)

2 のよう 1 の観

▼ 石衝別~ (3, 0.0%)

3 の王

▼ 石~ (3, 0.0%)

1 下置俳名春局, 下置表御, 成下

▼ 石足らず~ (3, 0.0%)

1 の家, の家督, の小城ひとつ

▼ 石~ (3, 0.0%)

1 やぬかる, を走り, を走りだした

▼ 石那阪~ (3, 0.0%)

1 ではその, の山, の峠

▼ 石鉄砲~ (3, 0.0%)

1 など, のゴム, の雨

▼ 石~ (3, 0.0%)

1 に神世の, のすぐ, の深み

▼ 石~ (3, 0.0%)

1 とかいう類, などの逸話集, に入水往生

▼ 石順老~ (3, 0.0%)

2 は首 1 がやって来

▼ 石飛礫~ (3, 0.0%)

1 が陣十郎, だな, だよ

▼ 石~ (3, 0.0%)

1 とある, の早, を白く

▼ 石~ (3, 0.0%)

2 を露出 1 を露

▼ 石黄色~ (3, 0.0%)

1 の布地, の空, の胡粉

▼ 石いくつ~ (2, 0.0%)

2 飛び童

▼ 石いただい~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 石いつの~ (2, 0.0%)

2 ほどに持て

▼ 石うつしたる~ (2, 0.0%)

2 嬉しさ

▼ 石および~ (2, 0.0%)

1 氷よりも, 親戚の

▼ 石かげ~ (2, 0.0%)

1 に自殺, へ短い

▼ 石かつぎ~ (2, 0.0%)

1 石かつぎ走る, 石に

▼ 石かつぎし~ (2, 0.0%)

1 ても俺, ても働く

▼ 石かべを~ (2, 0.0%)

1 こわして, のぼって

▼ 石からは~ (2, 0.0%)

1 十六両三百石と, 水が

▼ 石かを~ (2, 0.0%)

1 貰える様, 頂き機

▼ 石くら~ (2, 0.0%)

1 ゐしか, ゐは

▼ 石ぐらいな~ (2, 0.0%)

1 気持ちだ, 重石を

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 ど, どはこの

▼ 石ここ~ (2, 0.0%)

1 にあり, は関ヶ原

▼ 石こそ~ (2, 0.0%)

1 前の, 血を

▼ 石こづみ~ (2, 0.0%)

1 にする, の風習

▼ 石この~ (2, 0.0%)

1 石, 金高百九十両余がほどを

▼ 石ごと~ (2, 0.0%)

1 に, に意味

▼ 石さえも~ (2, 0.0%)

1 恐らくは頭, 焼けて

▼ 石じゅん~ (2, 0.0%)

1 でした, のこと

▼ 石そして~ (2, 0.0%)

1 彼は, 打水で

▼ 石そのまま~ (2, 0.0%)

1 を街, 御舎弟

▼ 石~ (2, 0.0%)

2 にえ

▼ 石だらう~ (2, 0.0%)

1 が戀, が百萬石

▼ 石って~ (2, 0.0%)

1 えん, のが

▼ 石であったろう~ (2, 0.0%)

1 かと思います, との事実

▼ 石でが~ (2, 0.0%)

1 じが, つちり

▼ 石といった~ (2, 0.0%)

1 ところで, ふうの

▼ 石とう~ (2, 0.0%)

1 のうしろ, をはこび出し

▼ 石とかに~ (2, 0.0%)

1 及ぶそう, 興味を

▼ 石とっ~ (2, 0.0%)

1 てつき, ても食える

▼ 石とて~ (2, 0.0%)

1 妾に対して, 珍しき岩

▼ 石とともに~ (2, 0.0%)

1 すっと空中, 沈めること

▼ 石とまでは~ (2, 0.0%)

1 ならないよう, ならない若い

▼ 石とや~ (2, 0.0%)

2 これぞこの

▼ 石とり~ (2, 0.0%)

1 のサムライ, の武士

▼ 石どこ~ (2, 0.0%)

1 からか切取らね, を見まわし

▼ 石どころ~ (2, 0.0%)

1 から上, のお家重代

▼ 石なす鰻~ (2, 0.0%)

2 なすもの

▼ 石なる~ (2, 0.0%)

1 ものは, を錦

▼ 石なんか~ (2, 0.0%)

1 いくつも, 投げたん

▼ 石なんかで~ (2, 0.0%)

1 壊れないやう, 壊れないよう

▼ 石なんぞで~ (2, 0.0%)

2 驚く犬

▼ 石にか~ (2, 0.0%)

1 ぢりつい, ふ

▼ 石にかけて~ (2, 0.0%)

1 何やら考え込ん, 石や

▼ 石にしか~ (2, 0.0%)

1 すぎぬもの, 見えなかったん

▼ 石についての~ (2, 0.0%)

1 経験は, 経験を

▼ 石については~ (2, 0.0%)

1 かねて, ただ見送る

▼ 石にても~ (2, 0.0%)

1 御積, 瓦にても

▼ 石によって~ (2, 0.0%)

1 思いがけない認識, 落とさるべき二つ

▼ 石のみ~ (2, 0.0%)

1 ありて, で第

▼ 石ひとつ~ (2, 0.0%)

1 の位置, 取替えたくないね

▼ 石ふみ~ (2, 0.0%)

1 渡りぬば, 露ふみわけ

▼ 石へと~ (2, 0.0%)

1 移って, 運んで

▼ 石までも~ (2, 0.0%)

1 朱色なる, 消えうせて

▼ 石まろ~ (2, 0.0%)

1 ぶ, ぶ音

▼ 石むき出し~ (2, 0.0%)

2 の隧道

▼ 石むらさん~ (2, 0.0%)

1 のいえ, のだいじな

▼ 石やら~ (2, 0.0%)

1 ひょっとこやら, 大木を

▼ 石をから~ (2, 0.0%)

2 ころと

▼ 石ケリ玉~ (2, 0.0%)

1 というの, にも先輩

▼ 石コロだらけ~ (2, 0.0%)

2 の急坂

▼ 石コロ路~ (2, 0.0%)

1 の中, を二三町

▼ 石ハ使ワナイ石~ (2, 0.0%)

2 ノ代

▼ 石ブタ~ (2, 0.0%)

1 を取り除け, を開く

▼ 石レンズ~ (2, 0.0%)

1 で撮っ, で撮り直し

▼ 石一つ水~ (2, 0.0%)

2 の面

▼ 石一個~ (2, 0.0%)

1 で鳥二羽, 投げ入れたるごとし

▼ 石一斗~ (2, 0.0%)

1 とあっ, の雨量

▼ 石一木~ (2, 0.0%)

1 の排置, も追懐

▼ 石一枚~ (2, 0.0%)

1 を外す, を抜き取り

▼ 石一鳥~ (2, 0.0%)

1 がよろしい, の態度

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 つくらゐ盥形, 生宿縁

▼ 石三斗~ (2, 0.0%)

1 でこの, の力

▼ 石九枚~ (2, 0.0%)

1 ずつであった, の拷問

▼ 石二千石~ (2, 0.0%)

1 なおこれ, の加増

▼ 石二斗~ (2, 0.0%)

1 なら, になる

▼ 石五千石~ (2, 0.0%)

1 には少い, の旗本

▼ 石五枚~ (2, 0.0%)

1 を抱かされた, を積まれた

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 すぐわし, は日本

▼ 石仙聖人~ (2, 0.0%)

1 と同人, と呼ばれ

▼ 石佐々成政~ (2, 0.0%)

2 が五十万石

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 です, の無

▼ 石何斗~ (2, 0.0%)

1 とかいふ餅, と書く

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 の指輪, の酒樽

▼ 石入れ~ (2, 0.0%)

1 があった, の底

▼ 石八石~ (2, 0.0%)

1 といふの, と打つ

▼ 石六人扶持~ (2, 0.0%)

1 の医者, の表

▼ 石兵数~ (2, 0.0%)

1 約一万, 約一万六千

▼ 石其物~ (2, 0.0%)

1 が命婦, を拝む

▼ 石函中~ (2, 0.0%)

2 より得た

▼ 石函橋~ (2, 0.0%)

2 を過ぎ

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 がすこぶる, の類

▼ 石切りたち~ (2, 0.0%)

2 も帰ったらしく

▼ 石列石~ (2, 0.0%)

2 の一部

▼ 石刻む~ (2, 0.0%)

1 佛の, 音の

▼ 石割り~ (2, 0.0%)

1 もします, をし

▼ 石加賀様~ (2, 0.0%)

1 だけは別, の御

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 と云う, の隣

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 といふもの, は獸

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 は西安, を招い

▼ 石匠等~ (2, 0.0%)

2 の怨嗟

▼ 石十人扶持~ (2, 0.0%)

1 の世禄, の渋江

▼ 石十円~ (2, 0.0%)

1 に近い, を呼び

▼ 石千貫~ (2, 0.0%)

1 の土地, の石

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 と, のよう

▼ 石厠近く~ (2, 0.0%)

2 には一本

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 祖, 祖墓地では

▼ 石古井~ (2, 0.0%)

1 の三氏, の諸氏

▼ 石台本~ (2, 0.0%)

1 が行, である

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 という人, という学者

▼ 石同士~ (2, 0.0%)

1 が, の腕

▼ 石同様~ (2, 0.0%)

1 た, なの

▼ 石噐中~ (2, 0.0%)

1 には其形状, には網

▼ 石四斗~ (2, 0.0%)

1 にしか当たらない, ばかりこの

▼ 石國王~ (2, 0.0%)

1 に和, を遠く都

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 ひの, ひを

▼ 石土毘古~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 石地蔵さん~ (2, 0.0%)

1 のやう, の前

▼ 石地蔵みたい~ (2, 0.0%)

1 で顔色, な奴

▼ 石地蔵様~ (2, 0.0%)

1 が, に化け

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 が遺つ, の後

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 に限る, や櫓

▼ 石埋め~ (2, 0.0%)

1 となっ, にし

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 即ち多く, 持ち赤坂溜池際

▼ 石塀沿い~ (2, 0.0%)

1 に東, に雄太郎君達

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 については何ら, をつんだ

▼ 石塘嘴~ (2, 0.0%)

1 の万国館, の不夜城

▼ 石多し~ (2, 0.0%)

1 故に石原, 種を

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 の石, 宰帥は

▼ 石大刀~ (2, 0.0%)

2 でもつ

▼ 石委員長~ (2, 0.0%)

1 であったの, は同じ

▼ 石~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ 石~ (2, 0.0%)

2 珍に

▼ 石安堵~ (2, 0.0%)

1 の代償, の墨付

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 ぶしん入り, 麿馬の

▼ 石小堀家~ (2, 0.0%)

2 の危急

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 に映, の間

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 の下, を分水嶺

▼ 石川藤左衞門~ (2, 0.0%)

1 と申しまする, を三河島田圃

▼ 石州半紙~ (2, 0.0%)

1 が大, を好む

▼ 石州津和野~ (2, 0.0%)

1 の人, の城主亀井家

▼ 石州者~ (2, 0.0%)

2 の田中太七

▼ 石巣比~ (2, 0.0%)

1 賣, 賣の

▼ 石工場~ (2, 0.0%)

1 にころがっ, のさく

▼ 石~ (2, 0.0%)

2 に代り

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 に忍びこみ, に秘密

▼ 石~ (2, 0.0%)

2 が摘み上げたる

▼ 石張り~ (2, 0.0%)

1 である, の入口

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 なりしが, のやう

▼ 石彫像~ (2, 0.0%)

2 に似た

▼ 石打付け~ (2, 0.0%)

2 てやる

▼ 石持っ~ (2, 0.0%)

1 ている, ておった

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 をし, をやらなけれ

▼ 石~ (2, 0.0%)

2 ちに

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 影流の, 恩を

▼ 石~ (2, 0.0%)

2 の別

▼ 石書塔~ (2, 0.0%)

2 の文字

▼ 石月平馬~ (2, 0.0%)

1 と地味, はフット立

▼ 石板倉周防守~ (2, 0.0%)

2 の藩中

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 の上, を設け

▼ 石根ゆ~ (2, 0.0%)

1 も, も通し

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 がこれ, の墓表

▼ 石棒中~ (2, 0.0%)

2 の或

▼ 石楠木咲~ (2, 0.0%)

2 かむ水無月

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 に坐し, に坐せる

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 だらうが, は本来イハツチ

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 があり, をおおう

▼ 石殆ど~ (2, 0.0%)

2 石から

▼ 石水和尚~ (2, 0.0%)

2 を訪ね

▼ 石永代安堵~ (2, 0.0%)

1 の御, の御墨付

▼ 石浅野様~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 石~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 石濱君宛~ (2, 0.0%)

1 で此の間, の手紙

▼ 石狼藉~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 に化ら, を叩い

▼ 石獅子~ (2, 0.0%)

1 の一つ一つ, の写生

▼ 石田郷左衛門~ (2, 0.0%)

1 の家, の末っ子

▼ 石町三丁目~ (2, 0.0%)

1 の小, の長崎屋源右衛門方

▼ 石~ (2, 0.0%)

2 の初期

▼ 石白い~ (2, 0.0%)

1 半透明, 石

▼ 石百八十七匁~ (2, 0.0%)

1 と云, は一両

▼ 石百石~ (2, 0.0%)

1 とっても, 取て

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 にし, もて方圓種々

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 と言つたの, 早く突支え

▼ 石石盤~ (2, 0.0%)

2 が可

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 の浮彫, は毀たれ

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 などが残っ, ばかり残っ

▼ 石礫だらけ~ (2, 0.0%)

1 の坂道, の山角

▼ 石礫岩塊~ (2, 0.0%)

1 が爆発, をもと通り

▼ 石秀君~ (2, 0.0%)

1 がいちばん, のほん

▼ 石移動~ (2, 0.0%)

2 の信仰

▼ 石積ん~ (2, 0.0%)

1 でもきかれぬ, でも肌一つ

▼ 石積んだる~ (2, 0.0%)

2 船でさえ

▼ 石端渓~ (2, 0.0%)

2 の素晴

▼ 石~ (2, 0.0%)

2 を築き

▼ 石細川侯~ (2, 0.0%)

2 の行列

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 なして, の神経

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 を全然, を載せ

▼ 石置き場空屋敷~ (2, 0.0%)

1 とやらで, なの

▼ 石置場百貫あまり~ (2, 0.0%)

2 の御影石

▼ 石羅漢~ (2, 0.0%)

1 の包み, を顧みつ

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 が草, の横たわっ

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 から切り出した, の凹凸

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 が艶, を光らせ

▼ 石良栄~ (2, 0.0%)

1 は平川良栄, を携

▼ 石菖蒲~ (2, 0.0%)

1 の鉢, を泥

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 で実は, という

▼ 石蝕む~ (2, 0.0%)

2 底ぞ

▼ 石~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 石街道~ (2, 0.0%)

1 であって, をのぼり

▼ 石衝毘賣~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 なり, りの

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 は或, 上高ほぼ

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 の職人, は首

▼ 石近く~ (2, 0.0%)

1 お取, 取つたお旗本

▼ 石運び~ (2, 0.0%)

1 にこき使っ, を手下

▼ 石部屋~ (2, 0.0%)

1 にある, のまん中

▼ 石~ (2, 0.0%)

2 の底

▼ 石長生~ (2, 0.0%)

1 とは其壁, 多し

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 で作つた, に泊

▼ 石除工事~ (2, 0.0%)

1 が行, に関聯

▼ 石階段~ (2, 0.0%)

1 の下, の破片

▼ 石集め~ (2, 0.0%)

1 といふもの好き, に余念

▼ 石雑志~ (2, 0.0%)

1 なんぞにありゃしない, もない

▼ 石~ (2, 0.0%)

2 もあり

▼ 石頭山俗~ (2, 0.0%)

2 に城山

▼ 石風景~ (2, 0.0%)

1 の中, まざまざ見え

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 という鬼, の樋嘴

▼ 石~ (2, 0.0%)

1 が二枚, と舌平目

▼ 石鹿公園~ (2, 0.0%)

1 で会いたい, の緑

▼ 石黄鐵鑛~ (2, 0.0%)

1 など, の介在

▼ 石龍子~ (2, 0.0%)

2 と尾島某

▼1* [1216件]

たまは, 石あたごの下, 石あったのに古見, 石あの中島の, 石あまたもまろぶた, 石あまりに加増された, 石あらはなる, 石あらわれ人間それぞれ自分の, 石ありたれば三里塚, 石ありでともに泣き, 石いくつ水うつあひだ, 石いずれも波, 石うてやよしや若殿, 石うる家の, 石おかかえの, 石おかしな話や, 石おれがみごと, 石お上が御, 石かがらすで造つてある, 石かけ乗せでったぞ, 石かげザラ場岩盤出水前出水後瀬脇の釣り場, 石かつぎ走る何んぞ, 石かで彫りつけたもの, 石かということも, 石かなんかで一撃やつた, 石かべでふさいで, 石かべにはだんだんも, 石からの舊い, 石からをのぼって, 石かりそめにも, 石かわらはけしとぶ, 石がけ底にはコンクリート, 石がさつと起き, 石がね池の, 石がも一言改めて, 石がらがらの細谿川, 石がらみの侍, 石きくめ石なまこ石シャボテン石海まつ海筍海綿ウミシダウミエラなど極彩色, 石きじはし, 石きれを運ん, 石くずぐらいにはなる, 石くずれの鬼みたい, 石くらい放れるよ, 石くれであると人, 石ぐみが見え, 石ぐらいかあたりが, 石ぐらいかな六万か, 石ぐらいで目は, 石ぐらゐなものでその上, 石ぐらゐ油をつかふだらう, 石ここだのせて, 石こころは空, 石こつみの話, 石こづき髪も, 石こづめと言はれる様, 石こづめ塚の様, 石こもりてきしきし, 石これ一石と下ろし, 石ごとき偏見で, 石ごろも, 石ごろもの分はあたい, 石さては陶器の, 石さらに進んでは, 石さんお父さんやお母さん, 石さん貴方遊びに行つた事, 石さ云つたどよ, 石てある, 石しっかりしろ, 石じゃあないの, 石すてなさいいいか, 石すなわち根本の, 石すべてが追想, 石ずいぶん貧窮な, 石ずつと改めて申しやる, 石ずつもある勘定, 石ずつをもらった, 石ずみにもま, 石そういうものから, 石そこそこしかとっ, 石そこらの草木, 石それから手袋は, 石それで政治の, 石それらの上, 石それ以来知行が上った, 石そんなところだろう, 石さびしからまし, 石ただみの, 石たち自らの追憶, 石たら云う石が, 石だけを忘れぬよう, 石ださうであるが蒼, 石だすと云った, 石だつたが庭, 石ちかくはあがる, 石ちつとも缺, 石ちらほら軋る, 石ってなんです, 石づくゑ琢ける, 石づたいにゆるくまわっ, 石づたひに行くうしろ姿, 石づつ出して, 石づつつくってあちこちへ四五升づつ売って, 石でしたからそれ, 石でしょうじっさいは確実, 石での五百石で, 石で御座ったのう, 石で御座るが一家, 石というはおろかほとんど, 石というまでも備わって, 石とかいう薬を, 石とかいふ岩石が, 石とかの仕事に, 石とからなる淵, 石としか次郎の, 石とでは自ら違わね, 石とでも作用する, 石とに注意を, 石ともに二丈も, 石とやらのそのお, 石とり得られるのは, 石とれるか素人目, 石どころか元も, 石どりの奥方, 石なおこれより, 石ながら北畠内府常, 石なげの妙, 石なげるたあ, 石なして, 石なぞは問題に, 石なだれの尖端, 石などさえ偽塚, 石などで脾腹を, 石などにはをり, 石などにも人間と, 石などへ書き記して, 石なまこ石シャボテン石海まつ海筍海綿ウミシダウミエラなど極彩色, 石なりがその人, 石なりとて與へ, 石なりを人に, 石なり因って打ち砕く, 石なんかを走らせて, 石なんどを見る, 石にあたる浪の, 石にかけ出したが, 石にすら嫉妬し, 石にたいして深い観賞眼, 石にてはませど, 石にでもなつた様に, 石にとまつて, 石にとって何よりであった, 石にとも綱を, 石にゃ何にも, 石にや乗り上げけん馬車, 石によってのみつづられうる偉大, 石に対し何となく気の毒, 石に対して大監, 石に関して語る所, 石に関する卑見を, 石ぬかりはあるまい, 石のうへにて眠りもよ, 石のちから綱, 石のぼりくだりの川中, 石のみにあらず, 石のみを見た石, 石はうむぎの, 石はぞうさなく, 石はたいまいですしかし, 石はにが笑いを, 石はまるつきり違ひます, 石はらんすゐ, 石ばかりかと思って, 石ばかりから取上って, 石ばかりじゃ分らんでは, 石ばかりを耕す源五右衞, 石ばっかりだし, 石ばりをした, 石ひとりを立たせ, 石ひどい塵芥の, 石ひろひ, 石ね, 石ふたつこれぞ陰陽神, 石ふみしからうすの, 石ぶち込んで成金さ, 石ぶっつけだの, 石ぶつけでも相撲, 石ぶつけるぞ, 石ぶりをながめ, 石へでも腰かけるが, 石と動き, 石ほどはありなお, 石ほんの暫らく此処で, 石ぼやの門燈, 石まさしく貉の, 石まじり見えざるを水, 石まだ若い盛り, 石までとは思わなかったの, 石まではとれるよう, 石まるつぶれに, 石まるいまるい波に, 石なおもひで, 石みたように, 石みやびた春日燈籠の灯, 石むくむくと盛上つた, 石むらがれる, 石むらがりて横, 石め鏨は自由, 石もう一つの, 石もて築き立てたるものなれ, 石もて造り大理石の, 石もの糯米を, 石もらう筈の, 石もろともに遁走, 石やった後の, 石やつたのに, 石やは丁度人間, 石やらが泉水を, 石やらを積み重ねる, 石やりましょうとの事, 石よくやって, 石らしく素朴で, 石わしも二百石, 石わりと名づけたる, 石わり様のお, 石をからかひはじめました, 石をつつぱつたり, 石をでも引張って, 石をめぐって雅楽頭と, 石をよけながら自転車を, 石をよけに働いて, 石ををかし候, 石を以ても隨意に, 石投げぬ, 石アダムとイヴ, 石這入ッテイルハンドバッグノ前, 石ギリシヤの, 石クッションも何ん, 石ケリといい, 石ケンタオルこれを中国人, 石ケン一式かかえて, 石ケン不足で配給, 石ケン代を一ヵ月十銭, 石コロ坂に飲ませた, 石コロ道をのぼっ, 石コロ道秋草しげき田舎道, 石サアこれだ我, 石シャボテン石海まつ海筍海綿ウミシダウミエラなど極彩色, 石ダイやブダイ, 石ダタミも石, 石ヅキをとんと, 石トハ失礼ネコレガ三百萬圓ヨ, 石ナダレのこと, 石ナレバ則チ間ニ遠近ナシ但シ出ヅベキ処ニ遇ヘバ, 石彫ラセ, 石ニ足ヲ落シ, 石鳴ル, 石ハソンナニザラニアルモンジャナイ恐ラク十五カラット以上アルコトハ確カダト云ウンデス, 石ハ必要デナイ, 石ブトンというの, 石ボヤのか, 石ルビーサファイヤの類, 石ヲ用ヒヨ君ガ為メ談笑シテ胡沙ヲ静メン, 石ヶ辻や生国魂方面, 石御合力金弐両, 石一つすべて生活と直接, 石一つ一つに雪, 石一つ位建てても, 石一つ抽け落ちたる, 石一つ植木一本ない有様, 石一つ沢の上, 石一つ草いっぽん, 石一つ道をさえぎる, 石一つ鳳仙花一本でもその, 石一ツ一ツ影をかさね, 石一万石の大名, 石一人扶持もあり, 石一叢の藻, 石一名を千石石, 石一字をろがみて, 石一斗二合七勺九秒を給せられた, 石一斗五升とある, 石一斗八升となり, 石一時に着い, 石一派の急進的, 石一級の歩, 石一面に穴, 石一鳥不鳴山更幽の句覚妙, 石七つ拾へるひま, 石七八円平均ですから, 石七八斗の家, 石七十万石の大名, 石七斗七升の高, 石七石の田畑もち, 石三つ拾い夜分牛舎, 石三万石の大名, 石三人とし, 石三人扶持十三石二人扶持或は十石一人扶持, 石三円六十何銭であったと, 石三十五円として約, 石三十六枚を貯, 石三千円と見, 石三千石を加増, 石三好東安河村意篤内田養三等が来り診し, 石三家尾州の若殿, 石三河の幡豆郷, 石三百石の侍, 石三百諸侯旗本八万騎のご, 石上乙麻呂が土佐国, 石上人や樹下, 石上杉弾正大弼綱勝, 石上野須原の凹凸神, 石下賜趣右為御祝儀, 石不断風強く吹く, 石世禄に被, 石久米堆氏, 石之間より上り, 石九十五銭の割, 石九十俵に当たる, 石九斗九升より弐石五斗, 石九斗以下七石五斗以上を七歩五朱軒, 石九枚それもみな無効, 石もどんより, 石事件の騒ぎ, 石二十七匁五分は一両, 石二十七匁五分の白米が二百匁近く, 石二十圓からし, 石二十石とそこ, 石二時着三時二十分出発, 石二百万石の領地, 石二百石或は二百五十石, 石二百石のはした, 石二百石取りの上士, 石云はず人答へずである, 石五人扶持足の裏, 石五六斗も採れた, 石五千圓としても五百億圓, 石五斗以上を七歩五朱軒, 石五斗位は取れました, 石五町歩の百石, 石五色石船岩なんどと眺, 石交じりの土砂, 石京城に雨, 石京弥をつれ, 石亭先生あなたまさか承諾, 石亭画談を読む, 石人現れければ, 石人石獣をみ, 石人間が動け, 石高沖陽造, 石介さんが南京, 石介樺俊雄加茂儀一清水幾太郎の四氏, 石介氏の論文, 石仙石権兵衛といふ無類, 石代貢租のこと, 石以上二百人与力二十騎同心百人支配は四五千石, 石以上分限帳に, 石以上取りの若隠居, 石以上菜種なら一反二石, 石以下二百石以上二百人与力二十騎同心百人支配は四五千石, 石以下家格にし, 石以前からある, 石以外に霊魂, 石伊豆屋甚兵衛の娘, 石伸ばすと共に無心, 石位米は喰ろ, 石位階は高い, 石佐野政美六百石大沢康哲二千六百石であつ, 石体そのものがあんまり, 石何不足のねえ, 石何俵を搗き出す, 石何千石の高禄, 石何百石と言っ, 石何鳥かわからない, 石余位田四十石合計百十五石ほどである, 石余特別給与四十石余位田四十石合計百十五石ほどである, 石余田は千八百七十石以上, 石佛ト云ウモノガアッテ中尊ニ, 石佛ト云ウモノヲ載セテイル, 石佛中屈指の古い, 石佛群の存在, 石例えば衣裳例えば, 石は蛆, 石信仰が其, 石信雄の老職, 石修善寺の墓, 石民全八郎洞谷雄, 石入門の年, 石全く鈴杜烏石の, 石八九円から十一, 石八九升まで取れました, 石八人扶持近習医者の首位, 石八斗二升五合になり, 石八斗五升となる, 石八百円これはマル公, 石六十二歳の大身, 石六十度の温度, 石六枚を抱かされた, 石共相添届出候ニ付直ニ官員差遣シ, 石兵数二万姉川に来りし, 石兵数六万姉川に来りし, 石其ものがあちこち移動, 石其上に厚く, 石其処の店, 石内分千五百石客分として迎えましょう, 石内外の米穀, 石内外大蔵大臣が麦三百六十石, 石内藤駿河守の家老, 石出たがそれ, 石ほども路, 石切り山の人夫さん達, 石切り横丁は夜, 石切り職人のよう, 石切る村の, 石切れからお, 石切腹せいとの謎, 石初めて運送の, 石別名壺の石碑, 石刷り職人の癖, 石石は, 石前後でありまして, 石前後地子月別五十疋くらい塔森, 石剣道だけで諸侯, 石とかある, 石の柄部, 石劒折打石斧, 石をこめ, 石加々見様でごぜ, 石加増されたとき, 石加増新付北伊の一部, 石加増等には何ら, 石勇段景住らが旅商人, 石の時, 石動員兵力量四万四五千にすぎない, 石勘三郎崎久保誓一何れも大石, 石勘平伊沢良安一文字屋森養真猟師井戸勘一郎与一兵衛上原全八郎, 石勝手にいたせ, 石勝神社といふやう, 石勢籠山であったの, 石匕等とす, 石化首ふりむけ殿, 石匙繩紋のある, 石なりけれ, 石も埋めた, 石十九ヶ村の多き, 石十二三兩では何, 石十二三尺もあらう, 石十八石二十石とそこ, 石十六石十八石二十石とそこ, 石十枚四月四日には笞打, 石十町歩の二百石, 石十石の小禄, 石十種は刊本, 石十種先生といふ綽名, 石十襲でこの, 石千両の貯蓄, 石千場作兵衛野村庄兵衛は各, 石千石積から小さい, 石半軒に一石五斗, 石卓椅子など並べたる, 石南土の塊, 石南木なぞを見る, 石南部大膳大夫様は向い, 石南部大膳大夫樣は向, 石南部左衛門尉の在所, 石占いの精神, 石占寺の万体地蔵様, 石卷さん主人が, 石卷左陣さんを呼ん, 石卷港は凡, 石卷良夫が, 石厨子あり, 石取り以上なれば, 石取り十石取りなどという事, 石取り天下のお, 石取り小普請入りの旗本鈴川源十郎方, 石取り疵の早乙女主水, 石取り直参お旗本, 石取る神保磯三郎という, 石取ろうかの段, 石古くから人, 石古井らの諸氏, 石古法の三斗五升俵, 石合せて八百石, 石合計百十五石ほどである, 石吉田石富士石宇佐石などももともと, 石同伴夜四つ時前四つ樋, 石同然の下司, 石同道水呑辺釣行約之処止, 石君注射をしなく, 石吹き落す六合目, 石吻磊呵たる間習, 石周りの土, 石味噌十樽鰯十俵薪五十六束という記録, 石噐時代の諸, 石噐時代トハ石時代ト直譯スベキ歐羅巴語, 石噐時代人民のもの, 石噛むま下, 石へ砂, 石四五升位とれました, 石四千二百五十円でしょう, 石四斗九升以下五石迄を半軒, 石四鳥の目的, 石之丞, 石の掘, 石囲むことに, 石國以下の諸, 石圍ひで石圍ひの, 石土井大炊頭の藩, 石土器の缺等, 石土砂等の固形, 石土門にも別に, 石地蔵施餓鬼の塔婆, 石地蔵飯食い地蔵尊ばかりであり, 石を築き, 石についた, 石城中へ出入り, 石城持の諸侯, 石城持ちの相模守, 石堀田明礬新別府, 石にからみ, 石塀自身の長, 石塁中に入っ, 石塁今に存, 石をとる, 石増上寺切通しの上屋敷, 石墻他方は長, 石壇道の雨, 石壊滅かと全, 石に就い, 石変化の物, 石多賀一学などが暇乞い, 石夢窓と号, 石夢窓国師の許, 石大名株の芸人, 石大平無事に悠々, 石大弐は九十石, 石大明神と唱え, 石大木鉄弓火弓など雨, 石大村丹後守の御, 石大沢康哲二千六百石であつ, 石大炊頭様に相違, 石大白君と共に斉, 石大盤石の如く, 石大神石など是, 石大麦が二千何百石, 石天盤の半月, 石清左衞門は, 石夫妻と来たら, 石夫妻森養真岡待蔵等の名, 石奇麗な蝶々, 石奥津城のある, 石奥詰御医師, 石子供に当る, 石季龍の軍, 石孫石などと呼ん, 石宇佐石などももともと, 石守信に對, 石安山岩より成れり, 石安泰のため, 石宋代には約, 石などは釣, 石実収十五万石という堂々たる, 石客分として迎えましょう, 石家々の屋根, 石家中の士, 石家内之者召連福山え発足, 石家扶阿部小重郎, 石家荘あたりか, 石富士石宇佐石などももともと, 石寶珠石大神石など是, 石の池, 石寸忍坂長谷畝火耳無と御名, 石寸断の密約, 石対ゴムに限る, 石封じの石, 石封主の力, 石将来などということ, 石小さな庭園の, 石小姓佐野竹之助なぞはあくまでさよう, 石小普請入りの旗本土屋多門方, 石小田新田千田新田の間, 石小野道秀の末期養子, 石小麦が何百石, 石弐は, 石尾与兵衛尉竹中貞右衛門尉の六人, 石尾張の国, 石屋さんぢやない, 石屋さん石屋さんでしまひ, 石屋戸会議の条, 石を立てたる如き, 石の縦穴, 石山脈の諸山, 石屹立したる伊太利, 石岩城平から相馬, 石岩屋観音にも詣で参るべく, 石岩田十大夫女百合として願済, 石岸ニ聳チ一切前景ヲ遮, 石岸古松をつんざく, 石の雲, 石峯山等の山, 石崇一笑して, 石崇曰く恨むること, 石崎平馬樣御息女お禮樣, 石崖伝い河の中, 石崖松の姿, 石崖頂に置き, 石崩れ落ち火出たる, 石崩道に聞きしより, 石川名儀になっ, 石川瀬兵衛ガ吉田ヘ来, 石川藤左衞門さまを日暮ヶ岡, 石州あたりにもいる, 石州らは新た, 石州巡講中に聞き込みたる, 石州濱田の漁夫長兵衞とい, 石州産れの, 石州製の生紙, 石州雲州邊にて此島, 石巣別の命, 石左右に欹, 石左膳の小屋, 石巨巌の磊, 石巨巖の磊, 石布いてかまきり, 石布津守吉祥等に從, 石布等入唐に際し乃ち, 石希代の名品, 石帯出雲石帯等があれ, 石帯無しでは出る, 石帯無し石帯無しでは出る, 石帯等があれ, 石からあちら, 石平左衛門使番大番頭五百石多賀一学, 石平忠度の腰掛石, 石に蘚碧, 石広元汝南の孟公威, 石床蒼古の上, 石を見るべし, 石には官属, 石小さきこの, 石廻廊のたたず, 石引換えにと式部, 石弩針縄逆茂木などで守られた, 石で古代ロシア風, 石張床は今に, 石当らず剣戟も, 石当時小普請入りのお, 石形蟇の天窓, 石彫であって漆喰, 石彫工塲で落想, 石はお, 石役料四千四百俵役金三千両という高い, 石役知が千石, 石役高五百石合せて, 石には百万石, 石後園に類, 石後藤縫之介, 石徑斜なりといふ風情, 石従四位下を賜わる, 石徳川従三位とある, 石を勵, 石心分裂の思い, 石心木腸なる井上, 石必ずしも大ならず, 石怪岩がいたる, 石怪巌しかも絶壁千百丈, 石怪巌海中に突出屏立, 石という者, 石成瀬殿のご, 石れは, 石我一石を下す, 石戦いを挑む, 石戸川安清五百石佐野政美六百石大沢康哲二千六百石であつ, 石戸田山城守のお, 石扉昔のま, 石扉特有の地鳴り, 石打ちおろすやいなやに突然にやにや, 石打ってかまきり, 石打って出た消極から, 石打つ者の, 石扶持の侍, 石を抛, 石投ぐる者案外に大人, 石投げして遊ん, 石投げしやるか, 石投げたのは, 石投げるなんちゃ, 石投ぜられてその, 石投機械や刀, 石抱きとで石は, 石抱きとであったが石, 石担ぎをやる, 石ひあつめ柿の木, 石持ちということ, 石振りではない, 石振り上ぐるアイアース怪力こめて, 石挽きと穴太役, 石捧等に, 石捨ててゆく, 石捨て石は十手さき二十手さき, 石掃除するの, 石に焦ける, 石探しの一隊, 石探検の為, 石揚げや石, 石攻めに逢っ, 石教儂不沾裙, 石敬塘の事, 石数百両なぞという, 石敷きの洗面室, 石高く魚類, 石を讀ん, 石文アリ此ヨリ此沢ヲ参河沢ト唱, 石文云々等の語, 石文字を差し示した, 石文村にてその, 石斎丹田に力, 石斎妙庵気に入るよう支度, 石斎宅の場, 石斎石斎丹田に力, 石ありしよし, 石断絶に及び, 石新井稲垣の諸氏, 石方解石など及び, 石於沸湯中令所競者探之, 石旗本の身, 石の別, 石日置流の弓, 石早く突支え, 石昇りて星辰, 石昔ながらの桜, 石の意見, 石時代から一變, 石時代ト直譯スベキ歐羅巴語, 石時代ト稱スベキモノヽ存在ハ今ヨリ凡六十年前, 石暮らしの軽輩, 石曰く會話はあの, 石曰く章坊の寫眞, 石曰く虚子の云, 石曳きする時に, 石は何故か, 石などの運動, 石最も小さな村, 石と申す, 石月平馬こと一旦女賊風情, 石有難えそいつ, 石有馬の二十一万石, 石期時代にあたる, 石木ぶりの面白い, 石未だ交る, 石未満で大名, 石本道婦人科と看板, 石机すなは, 石束家へ返し, 石東海道から関西, 石の枝ぶり, 石松平伊豆守信綱の方, 石松平伊賀守が旧, 石松平大和守の家臣, 石松平淡路守清直の鉄砲洲十間町, 石松平美濃守のお, 石松平豊後守の上屋敷, 石板倉殿の同勢, 石も出色, 石を交えた, 石に頭, 石柱頭と石臂石脚, 石柵修庵方庵の順序, 石まで帰っ, 石根中将であり田中首相, 石根以下約六十人, 石の木方面, 石にうち, 石梁名は公礼, 石だ, 石梯子を昇りはじめた, 石棒中央の下, 石の上, 石森枳園の家, 石には触れなかった, 石椅山というた, 石椅神月山の月山神, 石い, 石楠木一つとして過ぎ行く, 石楽器や方響, 石概論の中, 石榊原式部大輔そのお方, 石構えの裏手, 石槌神有るの, 石槌等云ふもの, 石槍形の匕首, 石槍石鏃石錐石匕の如く細工, 石槍石鏃石錐石匕等とす, 石のお, 石標二つ三つ見る, 石樟船天の八十毘良迦, 石橄攬石白い半, 石欄干を照らす, 石次中山の三氏, 石次郎石孫石などと呼ん, 石歌碑の歌, 石の刑, 石殿こっちにばかり物, 石殿樣と言, 石殿貴公ばかりだ, 石母子は不安, 石比良野文蔵の女, 石比較にならない, 石毛利大膳大夫様でご, 石気休めの石, 石氣力多く嶮岨, 石水壺は先, 石水瓶の三方取手, 石永井和泉守様の御, 石永井和泉守樣の御, 石池田信濃守様の御, 石決明貝に棄てる, 石沙無人の境, 石没所であろうぞ, 石河原であらう, 石河岸なぞへ行っ, 石河東市正志水甲斐守歴々年功の家来, 石油何斗布何反と決った, 石泣くといふ夜寒, 石泥土を迸流し, 石に突出, 石海まつ海筍海綿ウミシダウミエラなど極彩色, 石のやう, 石を取出す, 石造が, 石清ニ申送候, 石清水これ等の社, 石清水八幡三千餘座の神, 石清水八幡出のもの, 石清水八幡領の, 石清水参詣致別而難有感信致, 石清水流の末, 石清水物語と呼ばれ, 石清水行幸後に三条, 石清水風に庭, 石清虚といふもの, 石の窪地, 石減少せられ当時男子, 石は千年, 石温泉という湯滝, 石を掬給, 石から天草灘, 石溜まるほどもない, 石溜りの巌僅, 石滑かに水駛し, 石漂着の信仰, 石演芬が己, 石濤和尚が山水畫册中, 石濤金冬心などの枯淡, 石などへもよろしく, 石濱山の宿側, 石瀬踏み求めぞ, 石火箭などの技術, 石などにも実に, 石灯篭のかげ, 石灯籠幾棟かの建物, 石や自在鉤, 石炭層を作つたの, 石炭山の非常, 石烈牙忽帶の如く, 石烟管は本島アイヌ並, 石焜炉をハタハタ, 石無きに驚けり, 石無地でも用, 石焼きにした, 石焼きみたいになっ, 石煉瓦の垣さ, 石茶鼎忽潮, 石熊野石が伊勢, 石熱土を流し, 石燈籠これをそのまま, 石燈籠さ梅の枝, 石燈籠それを背中, 石燈籠それらのもの, 石燈籠もろともにお, 石燈籠屋になっ, 石燈籠手水鉢石鳥居はことごとく, 石燈籠手水鉢等はことごとく, 石燈籠杉並木一直線の長い, 石燈籠植え込みなぞいう, 石燈籠狛犬が左右, 石燒位の言葉, 石牀先生之墓, 石片や何か, 石片危く畳み樹根, 石片石塊と石工, 石片角片の遺跡, 石版画空想的な浮華, 石牌無量寿仏木彫石彫の, 石牛道すなわち剣閣道, 石牢二箇月半の生活, 石牧野備後守の家中, 石犬尾社は下和田, 石状紙之内本木昌造樣へも御, 石狂者と言, 石獅おまえは精神, 石獅子用水桶新調の事, 石玄米百十六石一斗とあっ, 石玉藻の類, 石王兵衛の創作, 石王尉の面, 石王石香呉讓之などといふ明清, 石珍しい石は, 石珍木を配し, 石班中老に列す, 石現職は京都留守役, 石理及其声金磬石なり, 石瓦煉瓦灰消え残りの, 石を埋め, 石の所, 石田作右衞門と申し, 石の, 石申し分ない, 石畑下須卷小太郎ヶ淵玉簾の瀧, 石に日, 石疊路が紆餘曲折, 石癸斉有石之紛如其後, 石發見されしなり, 石白く茫々たる, 石白馬に乗り, 石白黒の石, 石百両という相場, 石皿油皿油壺斯ういふ, 石満休, 石盗人の嫌疑, 石盤面の宙, 石があつ, 石目一鏨も残り, 石目付役を勤め, 石目細工の家, 石直参お旗本, 石連なり園中, 石相役四人ともに旗本, 石相搏ち, 石相激して, 石相竝んで其形巨船, 石相馬大膳亮殿の家臣, 石相馬様は外様衆, 石異木, 石の猫, 石石先生之墓, 石石河原東市正のお, 石砂利などがざら, 石砂平遠なり, 石研究上に一つ, 石砲弩弓の征矢, 石砲弩弓手鼓手螺手干戈隊鉄弓隊など四団八列, 石砲楼ありまた, 石砲薬砲の巨弾, 石破壊すべしと, 石硯用石筆竿石筆架石などという名前, 石碑文を解読, 石を拡げた, 石碣湖なン, 石磁鐵鑛赤鐵鑛黄鐵鑛を識別, 石を採出す, 石磨き工業が数年前, 石磴石燈籠手水鉢等はことごとく, 石礁金礁が下, 石礫地や砂質, 石礫地区ができ, 石礫猛犬の額, 石社アリ甲斐丹波山村之ヲ七石山ト称ス, 石神主由井氏奉祀す, 石祠等広い境内, 石福井の城, 石福海おまえはどの, 石禾ゆゑ出す薬さ, 石秀さんあんたもまた, 石秀さんうちのひと, 石秀さん留守を頼む, 石秀ふたりの, 石秀らの部隊, 石秀一人は難, 石秀孫新黄信いずれも傷, 石秀時遷の三人づれ, 石秀楊雄は夜ッぴて, 石秀潘じいさん召使が先, 石秀花栄らがいた, 石秀証拠の品, 石秀貴公は錫杖, 石秀間違いなく, 石秀黄信らまでがみな負傷, 石はその, 石程の大きな角, 石程度の旗本, 石のやう, 石稲葉丹下の次男房之助, 石積むに違い, 石積めよ水棹とれ, 石積五十石積と云う, 石積廻船一艘の資産, 石穴中に猟, 石穴武を用, 石究竟の勇士, 石空揮如意撃碎於其前羅再三取, 石突き高に引きしごい, 石突兀たる狭い, 石の下, 石立たす少名, 石立花の十一万石等々, 石立花出雲守の城下, 石立花家に二十万石, 石竜子また山竜子, 石竜山の観音, 石の父, 石のラムプ, 石一岩壁の, 石筆架石などという名前, 石等々の九州, 石等志士の運動, 石の水, 石なんぞが, 石築き土塀まわし, 石築地に依つ, 石を貧乏人, 石粒一つに繰り上げ, 石が, 石は落ちかけ, 石精等のこと, 石糖といえりその, 石と剛弓, 石級上にアマルフイイ, 石級磴道はどう, 石紫雲石高天原側面大黒石, 石累々たるを見つ, 石細工指物細工その他の工匠, 石結晶面をギラギラ, 石絨脈なまぬるみ, 石絨衞帶彈心衞帶等に至る, 石の帯, 石より生じ, 石置いて春, 石置場柳の立木, 石を見舞い, 石老け鶯も, 石老人と説文, 石聖手にあらざる, 石胆石等は憂鬱病, 石にし, 石胎内石鞍石等は其等, 石に重し, 石とを塗り, 石膩光滴るが, 石臂石脚とを塗り, 石などというよう, 石自身で元, 石臺石青白色の鑄銅天使群像, 石を持ちあげる, 石船坂の要害, 石芋脂桃不喰梨, 石芳雄と云, 石はこれ, 石芸術の画家, 石若くは十八万石, 石茶代がたった, 石荻田甚五兵衛寄合五百石平左衛門使番大番頭五百石多賀一学, 石菖蒲万年青などの青い, 石菖蒲獅子鬚一夏草万年草金徽草吉祥草といへり爾者此草当山, 石華表は其上方, 石落しに大地, 石落ちかけた塔雑草や, 石落ち柱倒れ人, 石葺屋根の水, 石蒜属のある, 石蒜数茎を摘ん, 石蓮子と称えます, 石にとこなつ, 石につづい, 石である, 石藤雲夫に焼, 石が, 石蝦蟇石あの中島, 石蝶太夫香屋の清一, 石行かうかねと, 石を風, 石裂けて, 石製作の任, 石襍志と云, 石娘子と, 石見せまいらする導せん, 石見たいな顔, 石見たいだが土臺石, 石見る如き巨大の, 石観音石という二つ, 石許理度売命玉祖命の五人, 石詩文を刻む, 石誠に我は, 石諏訪因幡守様ご同勢, 石論者の中山氏, 石譜代大名に近い, 石讃歎の歌, 石豆腐を食べる, 石豚百頭鶏千疋を望みし, 石豪細工に, 石では, 石財津も南部家, 石責めにあっ, 石責め道具の台, 石貰ったがその後, 石買えば一石五千圓, 石買って敷き, 石賜わり候者に, 石質土質に従っていろいろ, 石質美麗製作緻密實用に供する, 石赤黄色を帯び, 石走る滴りのまた, 石を噛む, 石に化す, 石路索め廻る巌洞, 石踏まず空ゆと, 石踏みて來, 石踏みしからうすの, 石踏弓火箭目つぶしあらゆる防禦物, 石をし, 石蹴りしている, 石蹴る蹄には, 石に觸, 石車輪一隻を造れり, 石がない, 石ろし, 石み, 石輪中にも或は, 石輪塔が見える, 石吹き卸ろ, 石迄がそこに, 石迄を半軒四石九斗九升より, 石近い大身と, 石迸る火の, 石になっ, 石通りの近道, 石逞しき腕に, 石連なった所が, 石か下方, 石遣って用人, 石邑県の田舎, 石の駅, 石酒井左衛門尉の国家老, 石酒井左衛門尉様のお, 石酒井左衞門尉の国家老, 石ガラスを, 石重く附いて, 石野火の煙, 石野郎ぢやありません, 石になる, 石金百貫を車, 石金輪際に据ゑにけり, 石釣瓶など騒然たる, 石の類, 石鉄丸を雨あられ, 石鉄戛然火花を散らしぬ, 石鉄橋を渡っ, 石錐抔と同質, 石錐石匕の如く細工, 石錐石匕等とす, 石錐石鑿等の物, 石鍋島様の御, 石をかけられた, 石鐘氏と二人, 石鑿等の物, 石の隧道, 石閣下の密使, 石阿武隈大膳正の乱行記, 石がとび出した, 石は何, 石陰子よけん, 石陰陽石などというの, 石も石, 石階巍々として聳抜, 石階数百段を木履, 石階社殿俳句の懸, 石石扉昔の, 石離れれば, 石露われたり, 石青い巌を, 石面ニ詩ヲ題スレバ, 石面一杯に蒸しつき, 石面一顰の表情, 石面彫刻物有り, 石鞍石等は其等, 石韜崔州平諸葛亮, 石りました松蔭大之進, 石願おうかと思っ, 石飛ばし敵陣を, 石飛石の蔭, 石飛礫ピューッと敵, 石飛騨守どのはなんと, 石飛騨守様のお供ウ, 石餅屋にも灯火, 石餅米が百何十石, 石りもの水, 石饅頭に腰, 石香呉讓之などといふ明清, 石馬六馬黒馬道馬龍馬猿馬丈馬之助, 石馬印をもゆるし賜わり, 石馬廻りの小禄, 石馬禅寺がある, 石駆けぬけて援軍, 石駿馬五百匹金銀一万両緞子千匹を贈るであろう, 石高天原側面大黒石, 石高野氏御家人の女, 石除けの, 石らしい魚, 石魚小屋かも知れない, 石魚突きの寝泊り, 石鳥居石橋二王門別殿東西法華堂薬師堂浮堂中門回廊本社神楽堂鐘楼文庫等及末社おほし, 石鶏卵を圧する, 石だ, 石黄いろに変, 石も, 石が持つ, 石齋先生をつれ