青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「紫~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

級~ 素~ 素人~ ~素子 素子~ 素晴らしい~ 素朴~ ~素直 素直~ ~紫
紫~
細~ ~細い 細い~ 細かい~ 細く~ ~細君 細君~ 細工~ ~紳士 紳士~

「紫~」 4040, 44ppm, 2657位

▼ 紫~ (1661, 41.1%)

28 君の 27 花が 26 袍を 21 花を 19 袴を 17 ハンカチを 16 煙を 14 君は 13 女王は, 紐で, 色を 12 女王の, 雲の 10 雲が 9 女王が, 花の, 衣を 8 一本, 幕が, 色の 7 君, 君も, 幕を, 煙が, 着物を, 矢絣の, 色に 6 女王も, 影を, 紐を, 羽織を, 色が 5 上の, 紙に, 色は, 花, 花に

4 [15件] ふくさ, ような, ハンカチと, 君さまの, 島, 影が, 斑の, 紅の, 花も, 袈裟を, 雲に, 雲も, 雲を, 霞の, 風呂敷に

3 [32件] いろが, カーテンの, ハンカチ, パラソルを, 上と, 上を, 半襟の, 地に, 大振袖, 女に, 女王に, 女王を, 布を, 帯上で, 斑点が, 星の, 服を, 比翼塚が, 法衣を, 煙の, 糸の, 緒の, 縮緬の, 色も, 葡萄の, 衣に, 袖の, 袱紗に, 袴の, 襟飾へ, 陰影を, 風呂敷を

2 [139件] いなびかり, かげ花瓶, けむりを, しぼりの, なり形はじめ藤色絞り, ふろしきに, ぼかしに, ように, りんだ, りんどうの, インキを, インキ瓶フケ取, ウオタアヒヤシンスの, コートに, コートは, コートを, ゴム印が, ビードロから, フェルトの, ブリュー・ベルとが, メリンスの, 一もと, 上が, 中に, 光が, 光を, 光線に, 光線を, 兵古帯を, 凾, 刺に, 包みを, 包を, 半襟が, 半襟を, 印を, 古びた幕, 君に, 塊, 大きな花, 女王と, 女王のは, 宝石が, 実を, 小さな茄子, 小旗, 布で, 布は, 帯を, 幕の, 幹, 幻塔が, 影に, 影の, 影は, 懸緒, 房を, 打紐の, 指貫の, 斑が, 斑入り品も, 方が, 曲線を, 月, 月丘に, 朝よそほひ, 枝, 水, 汁の, 波が, 流蘇が, 浪と, 浮紋の, 源氏名耳に, 火を, 焔と, 煙霞が, 燭は, 瑠璃色の, 生々しくなりぬ, 目立つ銘仙, 空の, 空気の, 筑波は, 糸で, 糸と, 紐が, 絹外套を, 絹紐に, 総の, 緒で, 縁を, 纓を, 色である, 色籠めて, 色紙が, 色褪せて, 花である, 花と, 花は, 花弁を, 花房を, 花紅の, 菖蒲が, 菖蒲の, 菫の, 藤が, 衣で, 衣装を, 衿を, 袋に, 袍, 袍と, 袍の, 袖が, 袖に, 袖を, 袖白襟が, 被布を, 袱紗包を, 袴, 袴が, 褪めかかった色, 襟を, 襟飾と, 襟飾を, 見える可笑しい, 野良帽子を, 釣鐘草と, 鉢巻を, 陣立て, 雫を, 電光が, 霞に, 霧を, 靄が, 風呂敷包みを, 風船玉を, 髪毛を

1 [831件 抜粋] あかりが, あざに, あざやかな, あやめ積藁, いい色, いたましきまで, いろに, おいらんは, おほ, おん姉君の, お旗, お被布, お高祖頭巾目深, かすみが, かたまりの, かゆいやさしい釣鐘草, が立て, きれいな, くに, けむりの, こごし巌, さげ緒, しぼりでそれ, すっきりした, すみれを, その光, その花びら, たそがれの, たなびくほとり, ちょうどなす, つゆの, ところよ, なかば古, にほひ, はまぼし, ひだを, ぴかぴかと, ふさが, べっちん, ぼかしの, ぼんやりした, まだら, まるい花, ものが, やうに, やの, ゆかりこよなき, ゆゑに心を, よそおいを, わが世, をつけ, アニリン染料が, アネモネの, インキで, カーテンや, ガラス, クッションを, コオトと, コートの, ゴム印を, サカイツツジ其名は, サカイツヽジ其名は, スミレを, ヂキタリスと, トーンある, ネオンサインを, ハンカチが, ハンカチで, ハンカチには, ハンカチは, ハンカチまでも, パラソルが, パンジーが, ビロウドを, プラトークの, メリンスで, メレンスの, リボンを, リラの, 一むらある, 一もとなりとも, 一もとゆゑに, 一大明星にて, 一本が, 一本ゆゑに, 一線, 一色に, 万国旗で, 上だつ, 上っ張, 上などを, 上には, 上よりは, 上着を, 上衣を, 乾くやう, 二枚襲に, 五弁の, 五色の, 俤が, 俤なき, 傘には, 傘を, 光ある, 光りの, 光沢の, 光線の, 兩眼は, 兵児帯, 兵子帶といふ, 切も, 切を, 刷毛目を, 刺繍の, 前かけを, 匂は, 包, 包に, 包も, 匹田と, 千島桔梗白い, 半襟という, 半陰影, 単衣, 反橋の, 合せ帯を, 名なし, 吐息ゆるく, 君で, 君である, 君と, 君には, 君ほか私に, 君んでしょう, 君様, 君様の, 君紫の, 品の, 唇が, 唐縮緬に, 四角な, 壜が, 壺二個, 夕闇を, 夕雲に, 夢へ, 大岩は, 大納言という, 大輪の, 天鵞絨だった, 天鵞絨の, 太紐を, 夫人付きの, 女が, 女は, 女性は, 女扇, 女持絹ハンカチを, 女王であった, 女王でない, 女王との, 女王などが, 女王には, 女王一人が, 女王以外の, 女王様が, 姫君の, 姿が, 姿と, 宝玉類を, 室, 室で, 室に, 對の, 小ぎれ, 小さい三角旗, 小さい花, 小さな花, 小帛紗, 小粒な, 小菊が, 小袿, 小鈴, 山々の, 山と, 山の, 山影よ, 岩肌を, 島の, 布に, 帯これらは, 帯とが, 帳が, 幔幕が, 幔幕を, 幕に, 幕紅の, 幾組かに, 座蒲団が, 庵, 弁を, 弧燈に, 強い色調, 形容詞を, 御召を, 御所車の, 怪力線を, 我が世, 戸を, 房, 房が, 扇子を, 手柄を, 打紐で, 抱帯前から, 押花は, 指貫白き, 振袖, 振袖を, 提燈を, 故, 教育家が, 斑で, 斑點の, 方の, 旗が, 旗も, 旗を, 日傘さしかけ, 日本羽織を, 明気, 星を, 服に, 服は, 木木の, 村黄ばんだ, 杜若白衣観世音の, 東菊だの, 松虫草など, 枕詞, 栄爵に, 校旗を, 根に, 格子に, 格目の, 桐花の, 棟の, 様に, 模様の, 欄干に, 死びと色が, 毛も, 気に, 水の, 水干を, 汚染に, 江戸の, 油朱燈心火尖, 波を, 波動く, 波型入りの, 海月と, 海草が, 深山小田巻草が, 滝縞の, 潮と, 濃いところ, 濃い袈裟, 濃き一点, 灌木が, 火にも, 火の, 火花が, 灯火に, 灰色がかった, 烟が, 焔つんと, 焔は, 無地の, 煉獄, 煙で, 煙は, 煙煙, 煙草に, 燈火が, 物語, 猿股を, 獅子が, 玉を, 玉唯一つ, 珍しい花, 珠を, 球にも, 瓦斯が, 甍の, 生れ来る, 生絹を, 甲斐絹の, 男舞と, 疣, 痕が, 痣の, 百合花葩に, 皺を, 目が, 眉間を, 着物に, 瞳を, 矢がすり銘仙の, 矢絣と, 矢絣に, 硝子を, 硝子瓶を, 秋霞の, 稲妻が, 穂も, 空が, 立派な, 竜紋の, 笠の, 筆の, 筋が, 筋だった, 箱ペンいれ, 箱根つ, 粉を, 糸は, 糸遊が, 紋羽二重の, 紐結び, 紐附の, 紙箱にを, 細い包, 細かいつぶ, 細紐を, 組紐を, 結目で, 絹の, 絹ひもが, 絹ハンケチを, 絹紐で, 綾で, 総を, 緞子の, 縞が, 縞のも, 織物の, 美しい光, 美しい線, 美しい草花, 羽織に, 羽織雪駄を, 肩いれある, 肩掛を, 胡蝶の, 脈線が, 脣は, 腰布を, 臥榻の, 舌の, 色この, 色しあせず, 色と, 色とか, 色にな, 色一つは, 色分が, 色目も, 色葉が, 艶という, 花いま盛りなり, 花など, 花もて, 花咲く, 花弁は, 花房あざやかな, 花房の, 花白い, 花相乱れ, 花青い, 花魁, 芽の, 茄子, 草花に, 莟が, 菖蒲も, 菫は, 菫色蝶は, 萼色が, 蕾を, 薄い袖頭巾, 薄様であった, 薄物の, 薄衣, 藤か, 藤でなく, 藪蒟蒻の, 虹, 虹とも, 蝉脱の, 蝦夷菊が, 蝶が, 蝶を, 螺旋の, 血が, 血管が, 衣が, 衣とが, 衣は, 衣服は, 衣服を, 衣裳を, 袂の, 袂を, 袋には, 袍よ, 袍桂の, 袖か, 袖なし, 袖は, 袖長く, 被衣の, 袱紗で, 袱紗包から, 袴に, 袿を, 裏すいた, 裏を, 裏白蝶を, 裸身に, 褄下に, 褥を, 褪めきつ, 襟から, 襟が, 襟飾が, 襦袢の, 襲の, 覆布, 角を, 調和という, 財布の, 蹲んだ, 躑躅が, 身が, 車尾羽七面鳥も, 輪を, 輪袈裟を, 部屋に, 野ゆきしめの, 野郎帽子に, 野郎帽子襟や, 金の, 銘仙の, 鋏の, 長い凝結, 閃きの, 闇の, 陣羽織, 隈まで, 隈暗く, 雨合羽に, 雲, 雲など, 雲にかは, 雲まことに, 雲足は, 雷光が, 霞, 霞青い, 霧が, 露かと, 露の, 靄に, 青い世界, 靴を, 靴足袋と, 頭を, 頭巾, 頭巾に, 頸巻の, 顏いろ, 風呂敷から, 風呂敷で, 風呂敷包の, 風呂敷包みの, 風呂敷包清書を, 風呂敷包真四角な, 香りを, 香煙が, 高紐, 魚あざやかに, 魚青と, 鮮かな, 鱗の, 鱗金色の, 鳥海山を, 鴨の, 鹿子切の, 鼻緒に

▼ 紫~ (281, 7.0%)

16 して 6 咲いて, 垂れて 5 輝く上 4 なって 3 なる, 輝いて

2 [16件] かすんで, きらきらと, たそがれて, なってる, 下萌黄, 光って, 寂び沈みたる人気, 染まつて, 染めて, 比ぶれ, 紅に, 色ある, 色を, 見えるの, 見ゆ, 見ゆること

1 [206件] あけゆく方, あの氷月, あるいは黄色, うち渡す, うち煙つた朧月夜, うつろふよし詠めれ, うるんだよう, おう江戸, かがやいて, かくべ, かごとは, かすむこと, かすむ遠山, かそか, からからに, かわって, きのふ垣根に, きらめいて, くっきりと, けぶらせて, さへ, すぎなかつた, その嘴, そまった唇, それは, それ程の, とつぷりと溶け, なった, なつて, なりいつも, なり原, なり森, なり藍色, なり青, ぬりつぶされて, ぱっちりと, ほの, ほふ横雲, ほふ江戸, ほふ筑波嶺, ほふ雪, ほふ雲間, まが, また柑子色, また白く白く, みだれて, ゆふ, ゆるやかに, わすれ草は, パッパッと, 一を, 一条の, 下つて, 光るの, 光るもの, 光る他, 光る海魚等, 光る黒髪, 冴えた黄金, 冴えて, 凛然と, 凝りつつ, 凝るばかり, 列る, 初めは, 前方なる, 匂うて, 匂うと, 匂う希望, 匂ひそめ, 半ば山肌の, 合いますし, 和ぎかすみて, 咲き乱れたるは, 咲き乱れて, 咲き亂, 坊主茸饅頭茸烏茸鳶茸灰茸など, 埋もれたる屍, 塗ったゴムまり, 墨が, 墨しみ入り, 変った, 変って, 変るころ, 夏の, 夏は, 夜明けたり, 奪われて, 字を, 富士の, 小草, 庭を, 彩られた田舎道, 彩られる, 成つてつい, 或は真白, 或は紅, 抽き上げ, 描いた, 敷いて, 日は, 日向の, 明ける大江戸, 明け渡る夜, 映ったので, 春の, 春日の, 暮れかかっ, 暮れんと, 曇った奇怪, 曇つた奇怪な, 曙けて, 朱鷺色に, 染まないで, 染まりながら, 染み南, 染めたよそゆき, 染めなされた黄寒菊, 染めなし, 染める, 染め帯, 染りながら, 桃色に, 桔梗の, 棚引く煙草, 棚曳く, 椿が, 河岸の, 浅黄と, 浮く, 淀んでしまつたので, 淡く霞ん, 渦巻いた髪の毛, 溶けがたく, 濃くなっ, 濡れて, 灯は, 烟って, 烟り昼間, 煙りかけて, 煙りわたる山々, 燃えて, 物凄い, 猿猴杉, 白に, 白を, 白茶の, 目を, 空は, 空赤く, 立ち昇って, 立ち騰る袖香炉, 笑んで, 筵が, 紫を, 細く騰つた, 緋を, 緑が, 緑に, 緑金に, 美しくいろどっ, 美しく輝く, 脈なし, 腫れて, 腫れ上った, 腫上った, 膨脹した, 舞うかと, 色あせつつ, 色どられ, 芍薬か, 草花の, 莟める, 菫に, 葵を, 薄鼠, 蜻蛉ゐ, 西に, 覆はれて, 見えたん, 見えて, 見える, 見えるし, 見えるでしょう, 見える所, 見える故, 見え紅く, 見へた, 見ゆる故, 見る如く紫, 赤に, 輝く見るも, 輝く髮, 輝やく, 透いて, 錦紗の, 雁金を, 雲に, 霞むうつら, 霞んで, 青い海, 青に, 颯と捌く, 首と, 驕るもの, 黄に

▼ 紫~ (161, 4.0%)

3 はこの, は此

2 [55件] から鎌倉殿, が, がいま腰, が可, が圧, が手, が暗中, が被い, が釵, が鸚鵡, のため, の姿, の手, の挙動, の眉, の緋裳, の胡粉, の裾, の身, の雪, の黒髪, はあの, はさき, はしかし, ははじめて, は中高, は便, は始め, は宵闇, は巌, は待, は御幣, は微行, は恭しく, は我知らず衣紋, は手, は故郷, は敗, は樹, は欄干, は止む, は瞳, は耳, は胸, は腰, は舷, は色, は蓮池, は虚空, は視た, は釵, をちらりと, を圧, を視, を贔屓

1 [45件] がた, がただ, がもはや, が曾, が最早, が祝儀, が花山, にも分った, にも分つた, に對, のその, のふくよか, の其の, の助, の助かっ, の如き, の意, の爲, の笛, の色, はただ, はちょいちょい, はもう, はスッ, はスツ, はズッ, はズツ, はゾッと, はゾツ, は一寸々, は包, は唯, は堅く, は後, は思はず微笑ん, は思わず, は斯, は最う, は瀧壺, は立, は立留まつ, は聴かなかった, をし, を主, を家

▼ 紫~ (96, 2.4%)

8 白の 4 紅の, 謂つても 3 白と 2 いい政岡, なりぬれば, なり瑠璃紺, 白との, 青白の, 黒との

1 [65件] いえよう, いひ青磁, おっしゃるの, かがやき紫, きまって居た, くれな, この夕日, その濃淡, なく緑, なった, なつた, なる, なれるを, ばら色の, 一緒に, 云うが, 云ったけれども, 云ふ, 五色の, 号す瓦解, 号せしに, 塗られて, 大路に, 定むるなり, 寒き鼠, 書いたが, 朱で, 林檎の, 桃色と, 様々な, 水浅黄と, 水紅色の, 淡紅色と, 灰色との, 瑠璃と, 申し文屋康秀, 白美しき, 知ったので, 紺とを, 綺羅や, 緑とを, 臙脂との, 臙脂の, 色とりどりの, 萌黄の, 著しい対照, 薔薇色を, 藍であった, 襟色を, 見たまえ, 謂っても, 赤と, 赤の, 輝いて, 輝く黄色, 金との, 金色の, 錦との, 雪白と, 黄いろと, 黄と, 黄色と, 黄色とに, 黒と, 黒の

▼ 紫~ (88, 2.2%)

3 含んで 2 偲んで, 帯びて, 染め出す

1 [79件] おびて, かいて, かけて, さがしもとめて, すと, そのままそこ, その細工もの, ぢつと, ふくんだ菫色, ぼかした庭, もう一度眺め澄し, もて染め, 両方へ, 主調に, 交えて, 交る, 伸べるの, 使つてゐ, 凝して, 刷いた, 加味した, 印した前夜, 含んだ代赭, 含んだ極めて, 含んだ溌藍, 含んだ灰色, 吸ひ, 吹きて, 品し, 垣から, 少し帯び, 布地と, 帯びた余光, 帯びた紅, 帯びた良質, 帯びた藍, 帯び其, 帯ぶ, 得以, 心してこそ, 心に, 思ったの, 折々空, 掛けたやう, 掛けたよう, 掛けは, 描いた, 提げた美しい若い, 曳き光, 染など, 染めて, 染める時, 染める染料, 染め出したころ, 歌うこと, 注すと, 浅いところ, 湛へ, 溶かす傘, 溶き分けた, 畳の, 畳み花崗岩, 畳む幾重, 畳める四山, 皓歯で, 眉が, 紫根で, 蔽うよう, 薄く混ぜた, 襲ねた姿は, 見白つつじ, 覗いて, 踊ったとき, 辛夷の, 重ねたはなやか, 青と, 非常に, 黒に, 黙って

▼ 紫夫人~ (74, 1.8%)

2 のほう, の手, の病気

1 [68件] が付き添っ, が宮たち, が死んだ, が特に, が見えた, が調製, であった, というよう, といっしょ, とたいした, との夫婦生活, と女御, などの列, などの感化, にお, には輦車, にも, にも逢っ, に出産, に比べ, に譲っ, のする, のため, のもと, の作, の侍女, の偉, の大病, の容体, の忌中, の所, の手もと, の甥, の耳, は, はあと, はあの, はそちら, はその, はまた, は一方, は上賀茂, は侮辱, は小説, は手もと, は気がかり, は真心, は自身, は言っ, は院, は顔, へお, へもお, もこの, もそれ, も何, も同じ, も姫君, も明石夫人, も生きがい, も言っ, も読ん, をどれほど, を忘れる, を悩ました, を慕っ, を腹だたせる, を追慕

▼ 紫~ (72, 1.8%)

17 かつた 7 かって 2 一続きに, 一續き, 眼に

1 [42件] あれば, かったり, かって居りました, かつて暮れ, かりし紅, かる程, つよすぎる, ほかほかと, また妖しい, 一本咲い, 今日は, 入り乱れて, 六つ絞り, 冷たく美しい女中, 動き出した, 名高い一人, 四角な, 地と, 垂れ掛って, 埃及の, 夕風に, 大御軍人, 天然から, 嫉妬で, 射して, 射し黄, 折々は, 春を, 殊更鮮, 沈んだ色, 漂って, 白けて, 祟ったから, 縁まで, 美麗で, 裳を, 見えた, 見え青い, 門を, 雪白が, 電燈の, 顔に

▼ 紫~ (70, 1.7%)

5 白や 4 紅の, 赤や, 黄や 3 さまざまの, 白の 2 いろいろの, 其他名を, 硝子障子に, 緋の, 青の, 黄色の

1 [35件] かごと, さては金銀, または瑠璃色, パラソルの, 孔雀の, 春の, 朱より, 桜色に, 橙色の, 水色の, 浅黄のが, 海老茶の, 淡緑, 淺葱の, 猪独活の, 白に, 空色の, 紅や, 紅梅や, 紫紺の, 紺地な, 緋や, 緑の, 美しい色彩, 色々の, 藍で, 買い集められただけの, 赤の, 金色の, 青など, 青や, 青やの, 黄で, 黄色や, 黄金色の

▼ 紫がかった~ (58, 1.4%)

3 電燈が 2 灰色の

1 [53件] いろんな線, お化粧, かげ, のが, のと, ものお納戸色などが, ものには, 中輪のと, 乳首が, 土の, 形が, 月が, 木の葉の, 桃色の, 水色タイルで, 濃い暈, 灰色だった, 灰色を, 着物臙脂の, 空気の, 箕輪田圃の, 絹天の, 羽織白足袋に, 肉を, 臙脂色に, 色という, 色に, 色を, 色調が, 花とが, 若葉の, 薄絹, 薄黄色, 薄黒い, 藍色と, 褐色の, 襟を, 訪問着が, 赤い頬, 透明な, 金色に, 鉛色の, 鋏を, 雪の, 霰石で, 顔じゅうの, 顔色を, 鯛の, 黄, 黒いの, 黒い色, 黒土べったり, 鼠色の

▼ 紫水晶~ (54, 1.3%)

6 のよう 2 と緑玉, のやう, の指, の簪, の耳飾り

1 [38件] からした, から滲み出る, が金台, だからと, でこしらえた, ですて, でできた, で刺繍, などをはめ, などを産, のかけら, のそれ, のとけ合わされた, のネクタイ, の大きな, の大粒, の如く輝い, の富士, の小さな, の小粒, の海, の笄, の粒, の結晶, の美しい, の耳かざり, の耳環, の色, の装身具, の重, の重い, の階段, やさん, やめ, をためし, を拾った, を洗い流し, を生む

▼ 紫~ (53, 1.3%)

3 はどこ 2 は気絶

1 [48件] からは手, が好き, が床, が蘇生, とか云いました, とは従兄弟, と伊太郎, などと呼び捨て, なんて女, にお座敷, にとっては江戸, にゃ罪, に大事, の姿, の居り, の方, の綱渡り, の行衛, の裏, はこれ, はすっかり, はせがむ, ははすっぱ, は伊丹屋, は伊太郎, は俺達, は周章て, は喜ん, は小舟, は幸福, は懸命, は手許, は湖水, は爪楊枝, は舟, は舟底, は衣裳, は高島以来お前, ばかりはそういう, へお座敷, よわし, よ気, よ行衛, をいじめる, をどうして, を返し, を連れ, 大きくなった

▼ 紫~ (47, 1.2%)

5 雲と 3 茄子の 2 作者の, 色が

1 [35件] あかあかと, ありながら, いたって淡く, うつくしきかも, この紫根, そまらないでしょう, まさに死なん, アネモネの, スラスラと, 一番短く, 三位の, 五つばかり, 全く何, 南葵の, 厄難いまだ, 名しらぬ, 地を, 堂ヶ島を, 大きくゆるやか, 大籬, 明治の, 有るまいねえ, 朱を, 次第に深く, 正に濁つた, 灰色に, 瓔珞の, 眞晝の, 知らぬ運動, 美しい, 花崗石の, 螢草螢が, 見る影, 雪の, 鳩の

▼ 紫縮緬~ (46, 1.1%)

4 の羽織 3 の被布 2 の二つ重ね, の半襟, の夜具, の女, の袱紗

1 [29件] か何, が仲の町, が小豆色, とを腹合わせ, に何, に大いなる, のまだ, の包み, の坐, の大きな, の小さい, の小さな, の小袖, の帛紗包, の幔幕, の幕, の曙染, の服紗包, の着物, の紋付, の絞り, の肩, の腹合せ帯, の裏, の錏頭巾, の附いた寝, の頭巾, の風呂敷, ふッくり

▼ 紫繻子~ (33, 0.8%)

6 の帯 3 の猿股 2 の幅広い, の腹合せ

1 [20件] がヌック, が喊声, が宜, が引張る, が追っかける, その光景, とゆう, にとっつかまっ, に朱, に金糸, のふち取り, の側, の冬コート, の半襟, の布端, の襟, はまだ, は低能, や節句, を縫い交ぜた

▼ 紫~ (29, 0.7%)

2 に金

1 [27件] が大部, にナンド色, に大矢羽根絣, に太い, に太縞, に桐, に桜, に殘雪, に白, に白く, に白矢絣, に白菊, に花, に花鳥, に銀糸, に飛模様, のコート, の博多, の友禅, の唐錦, の幕, の水色, の縞お召, の繻珍, の裾模様, の錦, の雨合羽

▼ 紫御殿~ (27, 0.7%)

2 といふの, の別, の祭壇

1 [21件] から動かう, では此時, といふ途方, とか何ん, にかけた, にはあちこち灯, に入る, に安, に行つて, のこと, の中, の出入, の秘密, の穴藏, の繪圖面, の裏, はどう, へ再, を動かう, を建てた, を拵

▼ 紫ばん~ (25, 0.6%)

2 だ唇, だ薔薇, だ陽かげ, で来た

1 [17件] だまま大陸, だ夜気, だ大江山, だ妙, だ山々, だ暁闇, だ東山, だ樺色, だ灰色, だ石, だ脱腸, だ陰影, だ青い, でひし, でコンモリ, で暮れ, で見え

▼ 紫錦さん~ (20, 0.5%)

5 の居場所 2 の幸福, は

1 [11件] お芽出度, か, じゃない, だ, とはどんな, の在所, の居り, は幸福, は浮雲, よ, を連れ

▼ 紫っぽい~ (19, 0.5%)

1 [19件] お羽織, が人間, ちりめんの, ところに, コートを, ダイヤが, 事務服を, 光線が, 夕暮の, 帽子から, 暗示を, 灰色の, 着物が, 絹服を, 翼に, 色が, 色に, 薄地の, 閃きが

▼ 紫~ (19, 0.5%)

1 [19件] あつた, あらうか, いわゆる移ろう, おまけに, お星さん, しつっこいごちゃごちゃ, ちょっと切れた, ジャガイモの, 上の, 今も, 塗りつぶした山, 大きなぶち, 彩られた桔梗, 心臓が, 所々黯青また, 染めて, 浅くけっして, 美麗である, 青空に

▼ 紫~ (19, 0.5%)

2 欲しかった

1 [17件] ありゃ黄色い, あると, ある白藤, この紫根, そうです, まだ鮮やか, やはりもの, 偏に夜, 元との, 出るん, 吸い尽くして, 手に, 白も, 立ち千鳥, 萌黄も, 路の, 鮮かに

▼ 紫~ (16, 0.4%)

3 つて動きはじめた 2 のが

1 [11件] か色気, か飛ん, つて動き初めた, といつた, といへ, とかになる, と云われ, のと, のを, 花だ, 赤だ

▼ 紫インク~ (16, 0.4%)

3 で書いた 2 がぼやけた

1 [11件] しかなかっ, でかかれた, でそう, でエハガキ, でタイプ, で伸子, で書き取っ, のよう, のコンニャク版, のゴム印, のペン

▼ 紫~ (16, 0.4%)

3 中台と 2 内相の, 内相藤原仲麻呂の 1 に収まり, ニ現, 中台の, 中台より, 内相からは, 内相は, 内相も, 内相を, 内相藤原中

▼ 紫~ (15, 0.4%)

1 [15件] でムラサキ科, といっ, とは別, と書い, にしみ, にちなん, に逢, の二子, の群生, は中国, は海外文芸消息, を使っ, を栽培, を草, を食し

▼ 紫~ (13, 0.3%)

2 を開く

1 [11件] あり此万年草花, が咲き材, とシロウマオウギ, にし, に逢着, のもの, の咲く, の品, の四本, の汁, ヲ開ク一茎一両花其花大ニシテ

▼ 紫から~ (12, 0.3%)

2 紺青に 1 朱に, 次第に墨色, 滴りおちたひと, 紅に, 赤と, 赤までしか, 赤までだけ, 赤までの, 黄色へ, 黒へと

▼ 紫~ (12, 0.3%)

2 んです, 口も 1 のだ, のを, の百合, ものである, んじゃ, 乙女の, 山葡萄黄と, 襟飾の

▼ 紫~ (12, 0.3%)

1 [12件] と書い, と書く, のまむし, の一株, の下, の枯木, の紋ツ, の花, は中国産, は彼女, は春日, は泥

▼ 紫頭巾~ (11, 0.3%)

3 の娘 1 か何, が泣きじゃく, で變てこ, となつ, のいきさつ, の巫女, の蠱惑, をなすった

▼ 紫なる~ (10, 0.2%)

1 はかへし, は菫, 中には, 也, 女郎花の, 寅の, 時は, 紅なる, 紫陽花紅なる, 薄紫なる

▼ 紫~ (10, 0.2%)

3 の色 1 いろに, との夢, と銀, に光る, の荘厳, の鯉, を貫いた

▼ 紫~ (9, 0.2%)

1 からは毎年三人, から離れ, に止つて, の人々, の南千里, はこれ, へは帰らない, へ怖, をかう

▼ 紫褐色~ (9, 0.2%)

1 あるいは褐紫色, である, にそ, に十分, に染め, の地, の枝椏, の肉, を漲らし

▼ 紫でも~ (8, 0.2%)

2 揚卷でも 1 ない山, 揚巻でも, 淡紅でも, 無い一種, 碧でも, 黒でも

▼ 紫との~ (8, 0.2%)

2 鮮やかな 1 二色に, 五色の, 打交ぜ, 打合せな, 空に, 鱗形の

▼ 紫などの~ (8, 0.2%)

1 ものを, 上に, 上着を, 小旗, 明るい取り合わせ, 極彩色で, 毛の, 美しい筋

▼ 紫にも~ (8, 0.2%)

1 なった, ぽつりとも, みうらに, みえる煙, 咲交じった, 塗られて, 見えた, 通じる

▼ 紫外光線~ (8, 0.2%)

1 が足元, でもよく, で撮った, と言う, の影響, を一番, を出す, 第二

▼ 紫矢絣~ (8, 0.2%)

3 の着物 1 に立やの字, に立矢, の単, の振袖, の袷

▼ 紫だの~ (7, 0.2%)

1 交った着物, 交つた着物より, 彩った螺貝, 暗い中, 緑だの, 金だの, 高原の

▼ 紫ちりめん~ (7, 0.2%)

1 の大明頭巾, の定紋, の帛紗, の座ぶとん, の頭巾, をかぶった, を解く

▼ 紫という~ (7, 0.2%)

2 色は 1 のは, ものは, 字は, 柑類の, 筑波山の

▼ 紫メリンス~ (7, 0.2%)

3 の前かけ 1 の前かけ姿, の帯, の幕, の風呂敷

▼ 紫黒色~ (7, 0.2%)

1 に染め, のもの, の大岩, の小, の紙, の肌, をし

▼ 紫~ (6, 0.1%)

1 あの花, 濃い鼠, 紫系統である, 藍でも, 黄白で, 黒かの

▼ 紫深き~ (6, 0.1%)

1 九重の, 彩雲の, 空の, 細君の, 羽衣は, 露に

▼ 紫田彈右衞門~ (6, 0.1%)

1 が癈人, といふ人, には娘, に代, は五十六七, は恐ろしく

▼ 紫~ (6, 0.1%)

1 できりりと, でキリッ, で髪, の丹三, の切下げ髪, は一尺九寸

▼ 紫紐丹左衛門~ (6, 0.1%)

1 がいった, こう六人, であった, で武骨, は腕, や鼠小僧外伝

▼ 紫~ (6, 0.1%)

2 となり, の肌 1 の膚, の草花

▼ 紫裾濃~ (6, 0.1%)

3 の鎧 1 かは知らぬ, の甲冑, の袴腰

▼ 紫金城~ (6, 0.1%)

1 の城壁下, の堂宇, の殿堂, は市, もその, や万寿山

▼ 紫~ (6, 0.1%)

2 が代役 1 が代った, が演, が紛れ込ん, にもさそひ

▼ 紫うすき~ (5, 0.1%)

5 根の

▼ 紫インキ~ (5, 0.1%)

1 で, でも溌, で綺麗, で青い, のよう

▼ 紫~ (5, 0.1%)

1 があんまり, といふの, といふ御, の宗祖, も別

▼ 紫~ (5, 0.1%)

2 の手綱 1 と五色, の光芒, の絨氈

▼ 紫禁城~ (5, 0.1%)

1 の内苑, の黄瓦, は見ざる, を眺め, を繞

▼ 紫立っ~ (5, 0.1%)

1 て光る, て御, て煙っ, て膨れ上り, て蛙

▼ 紫~ (5, 0.1%)

1 いろ, に黒ずん, の七色, の日影, の洋傘

▼ 紫金襴~ (5, 0.1%)

2 の嚢 1 に拇指, の笛袋, の篠懸

▼ 紫鉛筆~ (5, 0.1%)

1 でやたら, で傍線, で印し, の色, や普通

▼ 紫~ (5, 0.1%)

1 でも別段, という, の話, も忘却, を産

▼ 紫だった~ (4, 0.1%)

1 その姿, な, ような, 朝雲が

▼ 紫とか~ (4, 0.1%)

1 其他の, 真紅の, 赤とかいう, 青とか

▼ 紫とに~ (4, 0.1%)

2 染められた岩 1 包まれた美しい若い, 染め分けた小さな

▼ 紫より~ (4, 0.1%)

1 成る, 終に淡, 緩く廻転, 黄色より

▼ 紫印金~ (4, 0.1%)

1 がいい, だよ, だよく, のすばらしさ

▼ 紫~ (4, 0.1%)

1 に御し, の廂, の皇居, の間

▼ 紫摩黄金~ (4, 0.1%)

2 の良夜, やわが

▼ 紫~ (4, 0.1%)

1 である, となった, と更め, と称した

▼ 紫~ (4, 0.1%)

1 のなか, の糸, の袴, 雲故里の

▼ 紫灰色~ (4, 0.1%)

1 なぞの屋根, に, の小石, の縁飾り

▼ 紫~ (4, 0.1%)

2 ならびに煙蘭 1 とも称し, の乱飛

▼ 紫紅色~ (4, 0.1%)

1 の小さな, の葉, の豊か, を帯び

▼ 紫~ (4, 0.1%)

2 と五色 1 の服, を敷い

▼ 紫緞子~ (4, 0.1%)

1 に銀, の寝台, の美々しき, の羽織

▼ 紫虚上人~ (4, 0.1%)

1 といわれ, は, はぶ, は霧

▼ 紫被布~ (4, 0.1%)

2 を着た 1 で行ない澄まし, なんか着

▼ 紫袱紗~ (4, 0.1%)

1 で薄茶, の輪鉦, を小脇, を解い

▼ 紫赤色~ (4, 0.1%)

3 を呈し 1 に染めあげ

▼ 紫金山~ (4, 0.1%)

1 というの, という名, の嶺, を圧せり

▼ 紫金色~ (4, 0.1%)

1 で相, のむら雲, の光, の化粧着

▼ 紫~ (4, 0.1%)

2 の円光 1 のきれい, の電気

▼ 紫ずんだ~ (3, 0.1%)

1 唇が, 脣から, 血が

▼ 紫だって~ (3, 0.1%)

1 ことは, 動きはじめた, 暗黒な

▼ 紫っぽく~ (3, 0.1%)

1 けむって, 焔の, 輝かしたり

▼ 紫では~ (3, 0.1%)

2 決してなかっ 1 なかった

▼ 紫とは~ (3, 0.1%)

1 紫根染の, 群落を, 薄墨色に

▼ 紫ふかき~ (3, 0.1%)

2 枝に 1 畑に

▼ 紫~ (3, 0.1%)

2 紫から 1 そのお

▼ 紫まで~ (3, 0.1%)

1 あらゆる段階, 匂う美しい, 匂ふ

▼ 紫ビロード~ (3, 0.1%)

1 のガウン姿, のマント, の帽子

▼ 紫~ (3, 0.1%)

2 の袿 1 ふダイヤモンド

▼ 紫匂う~ (3, 0.1%)

2 振り袖に 1 大振り袖

▼ 紫外光線写真~ (3, 0.1%)

1 でも撮っ, で此通り, の曲者

▼ 紫~ (3, 0.1%)

1 と才分, について考え, 年若く

▼ 紫女年~ (3, 0.1%)

2 若く我 1 わかくわれ

▼ 紫幔幕~ (3, 0.1%)

1 がしぼられた, の下, の特別

▼ 紫手綱~ (3, 0.1%)

1 で, でご, に伊達奴

▼ 紫摩金~ (3, 0.1%)

1 の円光, の栄, の榮

▼ 紫数珠~ (3, 0.1%)

1 の蓮信坊, はたしか, を身

▼ 紫明館~ (3, 0.1%)

1 と称し, なる温泉旅館, に飲んだ

▼ 紫暗色~ (3, 0.1%)

1 に変じ, の打撲傷, をし

▼ 紫木蓮~ (3, 0.1%)

2 は若葉 1 の花弁

▼ 紫~ (3, 0.1%)

2 の中 1 からこう

▼ 紫~ (3, 0.1%)

1 である, や龍虎五采, を望ん

▼ 紫~ (3, 0.1%)

1 の一敵国, の波, の諸

▼ 紫溟吟社~ (3, 0.1%)

1 というの, の人々, の俳句

▼ 紫糸毛~ (3, 0.1%)

2 の牛車 1 が見えぬ

▼ 紫系統~ (3, 0.1%)

1 がお似合い, である, の紺

▼ 紫綸子~ (3, 0.1%)

1 の厚い, の斎服, の被布

▼ 紫~ (3, 0.1%)

1 が眼, の座蒲団, の銘仙

▼ 紫羅傘~ (3, 0.1%)

1 だよ, と書い, の花

▼ 紫花品~ (3, 0.1%)

1 がふつう, が普通, とがあっ

▼ 紫青色~ (3, 0.1%)

2 の葉 1 がかったもの

▼ 紫~ (3, 0.1%)

1 であったと, の鼠賊, の鼠輩

▼ 紫黄色とりどり~ (3, 0.1%)

2 の花 1 の葉

▼ 紫あかあか~ (2, 0.0%)

2 と華奢

▼ 紫くろき~ (2, 0.0%)

2 層厚く

▼ 紫こもる~ (2, 0.0%)

2 桐の

▼ 紫さまざま~ (2, 0.0%)

1 の石, 咲いて

▼ 紫しぼり~ (2, 0.0%)

1 の中, の座蒲団

▼ 紫ずきん~ (2, 0.0%)

1 をいただき, をはねのけ

▼ 紫ずん~ (2, 0.0%)

1 でい, でいぶっ

▼ 紫その他~ (2, 0.0%)

1 いろいろの, の検鏡用

▼ 紫~ (2, 0.0%)

1 卑しき開化錦絵, 濃き元禄模様

▼ 紫だちたる~ (2, 0.0%)

2 雲の

▼ 紫~ (2, 0.0%)

1 ぽい暗が, ぽい藍色

▼ 紫つづる~ (2, 0.0%)

2 蘇枋の

▼ 紫でしょう~ (2, 0.0%)

1 か, がなと私

▼ 紫といふ~ (2, 0.0%)

1 世にも稀, 色は

▼ 紫とも~ (2, 0.0%)

1 皆薄青い, 藍とも

▼ 紫とを~ (2, 0.0%)

1 まぜたよう, 重な

▼ 紫には~ (2, 0.0%)

1 まだいっぱい, 土佐の

▼ 紫のや~ (2, 0.0%)

1 沢山の, 赤いの

▼ 紫のりぼん~ (2, 0.0%)

1 に, の端

▼ 紫~ (2, 0.0%)

1 み皮膚, む

▼ 紫ひかる切口~ (2, 0.0%)

2 の孔

▼ 紫ふかし~ (2, 0.0%)

2 葉を

▼ 紫ふくさ~ (2, 0.0%)

1 の包み, の結び目

▼ 紫ぼかし~ (2, 0.0%)

1 の几帳, の小判形

▼ 紫~ (2, 0.0%)

2 りんす

▼ 紫めいせ~ (2, 0.0%)

1 んの, んを

▼ 紫スミレ~ (2, 0.0%)

1 が咲い, とがあっ

▼ 紫~ (2, 0.0%)

1 と光源氏, は夜床避

▼ 紫~ (2, 0.0%)

1 の公魚, を放っ

▼ 紫冷や~ (2, 0.0%)

1 き竜胆, き龍膽

▼ 紫~ (2, 0.0%)

1 を白い, を胸

▼ 紫~ (2, 0.0%)

1 がうらぶれ, がゐる

▼ 紫友禅~ (2, 0.0%)

1 のモスリン, の着物

▼ 紫国王~ (2, 0.0%)

1 の皇后, はその

▼ 紫~ (2, 0.0%)

1 へ帰らう, を出

▼ 紫天鵞絨~ (2, 0.0%)

1 のクッション, の安楽椅子

▼ 紫~ (2, 0.0%)

2 が化けた

▼ 紫~ (2, 0.0%)

1 に包まれ, を凝

▼ 紫~ (2, 0.0%)

1 を戴き, を戴く

▼ 紫帽子~ (2, 0.0%)

1 の女形, 或処

▼ 紫~ (2, 0.0%)

2 の船

▼ 紫微中~ (2, 0.0%)

2 臺の

▼ 紫徴中台~ (2, 0.0%)

2 の兵部省の

▼ 紫~ (2, 0.0%)

1 の御, の括

▼ 紫抜他~ (2, 0.0%)

2 もしくは加岐都波奈

▼ 紫~ (2, 0.0%)

1 で次, と云う

▼ 紫~ (2, 0.0%)

1 を造れ, を頼ん

▼ 紫橙黄~ (2, 0.0%)

2 などのあざやか

▼ 紫水晶色~ (2, 0.0%)

2 の薔薇

▼ 紫~ (2, 0.0%)

1 ある気勢, の碧

▼ 紫深く~ (2, 0.0%)

2 黝んだ

▼ 紫~ (2, 0.0%)

1 を吐き出し, ヲ圧ス

▼ 紫煙草舎~ (2, 0.0%)

1 の閑寂三昧, を閉づる

▼ 紫狐庵等種々~ (2, 0.0%)

1 の名, の異名

▼ 紫玉の身動ぎ~ (2, 0.0%)

2 に帯

▼ 紫矢がすり~ (2, 0.0%)

1 に袴, に黒

▼ 紫石端渓~ (2, 0.0%)

2 の素晴

▼ 紫石英~ (2, 0.0%)

2 や水晶

▼ 紫磨金~ (2, 0.0%)

1 の匂おだしき御座, を瑩

▼ 紫籠め~ (2, 0.0%)

1 た野末, て裾濃

▼ 紫~ (2, 0.0%)

1 で染返し, と紅

▼ 紫~ (2, 0.0%)

1 とを脚, を季

▼ 紫~ (2, 0.0%)

1 というかと言え, の弥吉

▼ 紫羅襴~ (2, 0.0%)

1 で紫羅襴, とは紫蝴蝶

▼ 紫羽織~ (2, 0.0%)

1 のたもと, をひっかけ

▼ 紫~ (2, 0.0%)

1 にあて, をマンネンタケ

▼ 紫花ニシテ~ (2, 0.0%)

2 全ク燕子ニ類シ藤ニ生ズ

▼ 紫薇樹~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 紫薔薇色~ (2, 0.0%)

1 の焔, の陰

▼ 紫藤洞~ (2, 0.0%)

1 というの, は此附近

▼ 紫藤花下~ (2, 0.0%)

1 なる明子, に立ちし

▼ 紫蝴蝶~ (2, 0.0%)

1 で紫蝴蝶, とは扁竹

▼ 紫~ (2, 0.0%)

1 ですか, のあやつり

▼ 紫覆面~ (2, 0.0%)

1 に姿, のまま

▼ 紫足袋~ (2, 0.0%)

1 さながら絵, さながら繪

▼ 紫金冠~ (2, 0.0%)

1 や連環, をいただき

▼ 紫金碧甸~ (2, 0.0%)

2 の指環

▼ 紫~ (2, 0.0%)

1 の巾着, を用い

▼ 紫食いつきゃ~ (2, 0.0%)

2 紅よ

▼ 紫髯緑眼~ (2, 0.0%)

2 の胡人

▼ 紫~ (2, 0.0%)

1 の侍, の逞しい

▼ 紫黄とりどり~ (2, 0.0%)

1 な騎手, の美し

▼ 紫~ (2, 0.0%)

1 の煙, の紙片

▼1* [388件]

あかる月夜雲九十九里の, 紫あさく春は, 紫あやの母衣, 紫あらゆる色の, 紫あるひは, 紫いろいろの色, 紫お召の羽織, 紫かの子の白い, 紫ぎれのてんじんに聲をかけられよう, 紫くまなして, 紫ぐるみ本に添, 紫ぐんだ優しい色, 紫ぐんだのやそういう雑草, 紫まん, 紫けぶるもや, 紫ござんなれ白粉の, 紫ごろも, 紫さん香奠なら今, 紫しらけ朝から, 紫じみた雰囲気を, 紫その秋の, 紫それこそ春, 紫たんの角, 紫たんざおの値をきい, 紫だつ夜半の, 紫ってどんな色, 紫っぽいあかい花を, 紫っぽい細い煙りは, 紫っぽく黄色く眼は, 紫つつじと春, 紫つなぎの一旒, 紫つぼ菫, 紫づくめに, 紫づつみの重たいもの, 紫であったか, 紫であるなど考える, 紫でなければいけない, 紫といった妓の, 紫とかいう花魁の, 紫とが彩を, 紫とで化粧した, 紫とりどりの色彩, 紫などそういう色彩, 紫などで観客は, 紫なほも行末, 紫なら乱軍の, 紫なりその襯衣, 紫にかはつたので, 紫にさえ見えるの, 紫にと虹の, 紫になつて颯と, 紫になど頼まれても, 紫のちしまぎきょういはぎきょう, 紫のつつぽをは, 紫のてがらの, 紫のねぢあやめをも, 紫のびろうどを, 紫のまん幕金襴ぶち, 紫のり四十八斤あらめ二百六十斤等をもっ, 紫はかの女, 紫ひくき根なし, 紫びろうどの鞍被い, 紫へと色を, 紫また更に, 紫または黒っぽく見える, 紫までの花が, 紫むらさきのこと, 紫やの色々の, 紫やら黒やらの, 紫緋よ, 紫よりももっと波長, 紫ギヤマンの瓶, 紫コバルトピンクさまざまのダイヤモンド, 紫ジェムを買う, 紫スタムプみて, 紫スタンプが七シリング六ペンス, 紫ダイヤを, 紫ヅボンと云, 紫気ハ香バシク芳麗ニシテ愛スベク頗ル仙物ニ類ス因テ紫陽花ヲ, 紫ミラネーゼの派手, 紫メリンス着物に白エプロン, 紫メレンスの風呂敷, 紫リラあり, 紫の花, 紫丁場でつかう, 紫丁香かな, 紫丁香山寺に立つ, 紫丁香色になる, 紫丁香香の夕山, 紫種あり, 紫中形の腹合, 紫に乗せ, 紫二女に比べ, 紫は紅, 紫は白紅, 紫今日からあす, 紫仕立の柳褄, 紫の一種, 紫仙都吾中らも招飲致候間, 紫元結で結い上げた, 紫先生のお, 紫光禄太夫従三品銀青光禄太夫正四品上, 紫は朱, 紫入り乱れて咲い, 紫の筆恐く, 紫を授け, 紫緑名山千鳥など, 紫掛その, 紫剛木旃壇木楓香木菩提樹を取っ, 紫勝ちないで, 紫千兩萬兩藪柑子さては南天, 紫午後は代赭色, 紫半白の花弁, 紫去り白過ぎ, 紫及び黄色を以て, 紫咲きいでにけり, 紫国全土を捧げ, 紫地五郎丸の袴, 紫地羽二重の千羽鶴, 紫地花葵の定紋幕, 紫地錦の直垂, 紫城氏の文, 紫の十字架上, 紫外光線ガラスではられ, 紫外赤外線は勿論, 紫大きさ月輪の, 紫天鵝絨の袍, 紫夫人以上の夫人, 紫女郎花の黄, 紫好みの春著, 紫姑神を祭っ, 紫宸清涼の階, 紫宸清涼弘徽殿などになぞらえられ, 紫と共に, 紫尾野の秋, 紫山吹の落ち着いた, 紫山武矩君方で逢つた同君, 紫巾振袖の艶冶, 紫の被, 紫布垂れ朝寝かな, 紫をいただき, 紫幕ばりの下, 紫幕立て槍の旗本連, 紫平井邦二郎前田夕暮等の友情, 紫の侍書, 紫が簇, 紫御殿ごと吹き飛ばされ微塵, 紫復碧とある, 紫手絡の円髷, 紫扱帯の古ぼけた, 紫を愛する, 紫折り戸の, 紫折戸を開い, 紫かつて赤く, 紫掛かった暗色の, 紫き雁来紅, 紫摩金鳥の幾百萬, 紫摩黄金鬼の舌, 紫し照り雫, 紫教教祖は紫琴女, 紫文都千中乾坤坊良斎などの人々, 紫を帶びて, 紫明うなりまさるらし, 紫明会といふの, 紫のまさに, 紫春栄を争う, 紫緑色で, 紫深層は, 紫の新内, 紫木綿の包み, 紫濃でも, 紫の西洋紙, 紫は銅色, 紫のお, 紫染むる絹を, 紫染めを一枚看板, 紫染めし燦爛の, 紫栄えて血, 紫宮が, 紫いろその他おの, 紫欄花に瑠璃草, 紫殿玉の欄干金, 紫水晶末になる, 紫水生深沢多市君をもお, 紫でハンケチ, 紫沢山の薬瓶, 紫波の花にも初秋, 紫洞船の房室, 紫派等の作品, 紫海禅林の扁額, 紫海苔と水, 紫深い美しくてさびしい, 紫淺黄の三本, 紫淺黄赤の三本, 紫さりて, 紫濃く納言の, 紫濃染めの小, 紫火消錦絵と申し, 紫灰色とりどりに鮮明, 紫灰銀色の空気, 紫烟草舎にて, 紫無地の壁チョロ, 紫といい, 紫玉のふくよかな胸, 紫玉一人は兼, 紫玉同座附茶屋の主人武田屋馬平, 紫玉善孝等はこの, 紫玉竺仙等を駆り集め, 紫玉緑玉碧玉の数々, 紫琴女は必死, 紫瑠璃色白絞り咲き, 紫瑠璃黄玉の城楼宮門, 紫瓦朱壁の堂宇, 紫生秋羅歌川真研SK生等々いろいろの, 紫田彈右衞門一年前から輕, 紫田是眞に畫, 紫甲青甲に衣, 紫白い顔が, 紫白いろいろに彩られた, 紫白ふた色の細かい, 紫白夏の草花, 紫白紫紺黒など思い思い, 紫白色を呈し, 紫白青などの洋画的, 紫の財布, 紫の醒める, 紫相近似して, 紫矢絣立やの字の帯, 紫石応挙の二家, 紫石稜のやう, 紫石英赤玉などと交つて, 紫磨七宝の光明, 紫磨銀彩に尖, 紫磨黄金の御, 紫が俄, 紫立ち潮風も暖い, 紫立った陰影であった, 紫立ったる鱗を, 紫立つてほんのり, 紫立つたる鱗を, 紫竜胆が枯芝, 紫竜黄竜などというところ, 紫四は, 紫の静脈, 紫の, 紫紅緑の色, 紫紅緑樺橙色の名残, 紫紐丹左衛門稲葉小僧新助, 紫紐玉の簪, 紫から赤, 紫紫むらさきのこと, 紫の羽織, 紫のお, 紫などが咲, 紫にか, 紫絵具をこすつ, 紫絹七反毛皮三枚五つの五色, 紫絹七反毛皮三枚五個五色の宝石, 紫の大, 紫綾絹縮ふうの羅, 紫緋紋綾に禁色, 紫緑その他の絽, 紫緑碧の見覚え, 紫緑黄色銀色銅色黄金色ととりどり様々, 紫の革, 紫はいよいよ, 紫縒糸総絹飾り房, 紫縞のを摺らし, 紫縮緬呉羅の袖口, 紫縮緬女持の香袋, 紫繻子必定我子と思いました, 紫羅欄これに生じ, 紫羅欄花など生, 紫羅欄花アネモネ薔薇そして枝, 紫羅欄花帽子の帶, 紫羅欄花罌粟の花, 紫群青玉虫色に光る, 紫羽二重の裏, 紫のオホムラサキ, 紫も腕, 紫うつくしいさまざま, 紫色鉛筆の端, 紫花地丁という名, 紫花後実ヲ結ブ形卵, 紫花模様の服, 紫花白山小桜, 紫花紅草朱唇緑眉いずれが花, 紫花赤花一々草花, 紫花魁だ, 紫の薑, 紫茉莉の色々, 紫茶乳白無色の硝子鉢, 紫茶黒金銀藍鶯その他いろ, 紫草のにほへる, 紫草の根も外國, 紫草衣に染め, 紫の枝枝, 紫荊関に入り, 紫が咲い, 紫菫匂ふ野, 紫菱田鹿の子の帯上, 紫萬紅ホンとに君, 紫萬紅身を飾る, 紫葡萄という, 紫を飜, 紫蕊紅葩に半, 紫であるとか, 紫桃色等いろいろな, 紫のうす, 紫薇花盛開乃折数枝贈菅先生, 紫藍ト爲ルハ一ニ外物ノ感化ニ是レ由ル幼時, 紫藍紅さまざまな花, 紫藍紺など様々, 紫藍緑を主調, 紫藍青緑黄橙赤の色, 紫藍黒などの禁ぜられた, 紫藤山葡萄などの蔓, 紫藤軒と号, 紫虚心柳蔭いづれも, 紫表紙和綴にし, 紫袈裟の破戒法師, 紫を腕, 紫袱紗對にせし, 紫であつ, 紫の吾妻コオト, 紫のあらゆる, 紫褐点のある, 紫の袈裟, 紫紗, 紫を沸騰, 紫あらゆる明, 紫赤三角のつながり, 紫赤褐にいぶし, 紫軒道人と署, 紫辰殿に出御, 紫金印の量天尺, 紫金城万寿山天壇公園市場芝居槐の並木, 紫金山莫愁湖の雨景, 紫金殿の勾欄, 紫金盞酌壽王妃弄成晩歳郎當曲正是三郎快活時, 紫金紅流の朝雲, 紫金羽の, 紫金襴緞子を装う, 紫金銅とやらいう, 紫鉢巻の起す, 紫のモール, 紫銅色で, 紫錦さん俺らと一緒, 紫錦さん紫錦さんじゃない, 紫錦めそろそろ目, 紫錦態あ見ろ, 紫錦気を付けろ, 紫陌九衢の傍, 紫ノ一羣ハ階下ニ留マルト云フガ如シ, 紫階星落つ朱欄曙色, 紫を染むる, 紫の賀瑞, 紫の色殊, 紫青く見えるの, 紫青深紅の色硝子, 紫青磁色といつた, 紫青等のもの, 紫青緑の五種, 紫青鈍などに喪服, 紫の財布, 紫頭巾先生も, 紫頭巾帰り仕度の女, 紫香楽や肥後, 紫香等ねがひたき, 紫香等今日は色々, 紫髯胴長く脚, 紫鴛鴦を繍, 紫を鳴かし, 紫鹽瀬の紙入, 紫鹿の子の昼夜帯, 紫鹿子のふっさりした, 紫黄昏桂木桂木は人, 紫黄橙といろいろ, 紫黄相雑りて, 紫黄青白五色の花弁, 紫黒のになる, 紫黒濃淡さまざまの痣, 紫黒白などの原色, 紫黒群青さまざまの顔料, 紫黒色肉白き黒イチジク, 紫黒銀青の五度刷り, 紫き雪ぐもり七面鳥, 紫の婆さん