青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「素朴~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~紙 紙~ 紙幣~ 紙片~ 級~ 素~ 素人~ ~素子 素子~ 素晴らしい~
素朴~
~素直 素直~ ~紫 紫~ 細~ ~細い 細い~ 細かい~ 細く~ ~細君

「素朴~」 1246, 13ppm, 8227位

▼ 素朴~ (710, 57.0%)

9 形で 7 もので 4 ものは, 民衆の 3 ものだ, ものであった, 人々の, 人達の, 切なさ, 生活の, 精神の, 美しさ, 言葉の, 農民の

2 [50件] ことを, これ程無邪気, ほど誠実, ものそれだけが, ものである, もの数も, われわれの, 中に, 伝統の, 単純な, 原始的な, 原形が, 原形に, 原形へ, 古人の, 可憐な, 器にこそ, 外貌に, 姿に, 幼稚な, 心に, 心は, 心境を, 思想が, 恐怖を, 情熱が, 愛の, 態度で, 手法, 政治では, 方法を, 気質と, 男女の, 百姓の, 真実な, 確実な, 祈りと, 自然発生的な, 表現に, 観念は, 詩精神に, 調子を, 軽快な, 農人の, 鄙の, 野生の, 雰囲気を, 魂の, 魂を, 魔物が

1 [556件 抜粋] あの親爺, いい青年, いくつかの, うしろ姿へ, うちに, かたちでは, がらにも, けれども何, こっくりと, ことそがれる, ことに, しかし正当, しかし鮮やか, しかもきわめて, しかも精練, そしてい, そしていくらか, そしてなんとなく, その限り, それが, だけでもやり, ちりめん, つながりに, ところが, ところで, ところに, ところも, なつかしい味, なりに, ので自分, のは, はばかりから帽子, ひとで, ひとりの, ぴたごらす宗の, ふるさとに, ほど季節, ぼんやりさが, むかしの, もの, ものかも, ものでした, ものに, ものの, ものも, ものや, ものを, もの具体的な, もの無, やうな, ようすで, ようで, わたしたちの, アクセントを, アコガレを, オプティミストには, クロールを, シャーツの, テーマを, ハッタリに, ペザントアートが, ユーモラスな, リアリストたちの, リアリズムの, レアリズムにも, ワルツ曲との, 一本気な, 一種の, 一般武士の, 三人の, 世界それを, 世界観文学からだけの, 両立の, 両親に, 並木道風景と, 中年の, 事情で, 二元論は, 人々と, 人々は, 人々を, 人たちとともに, 人たちに, 人たちの, 人だった, 人情は, 人感情の, 人柄の, 人間たちの, 人間ぽ, 人間性と, 人間感情からだけ, 人間理解が, 人間神の, 仕方に, 他界信仰からも, 仙女が, 低い面, 併し, 使いかたであった, 信仰と, 信仰心で, 信仰飾られない, 俳句である, 偽な, 儘の, 優しみが, 優美さにおいて, 優美さの, 光に, 光を, 光景一国の, 内容で, 冷ややかな, 凄味に, 初恋を, 判断と, 別離の, 力で, 力の, 勇気と, 勤労生活に, 勤勉な, 卓子と, 印が, 印象に, 厚ぼったい感じ, 原人の, 原型である, 原型を, 原始的なす, 原始的統一は, 原形の, 原態, 原理だ, 又は幼稚, 反省では, 口の, 口実を, 古めかしい単純, 古代ファルスの, 古代人の, 各家庭, 合理主義が, 合理主義へは, 合理主義を, 味が, 命題が, 唯物的実在の, 善心の, 喜びに, 固定で, 土の, 土地の, 在り方に, 型の, 基準は, 声で, 壺に, 外見で, 多少旧弊, 夢問答は, 大海原, 天才の, 失望の, 失望も, 好奇心とに, 妻は, 姿で, 姿な, 姿の, 姿を, 娘だった, 娘である, 娘は, 婦人解放論者でも, 存在で, 存在の, 孤独味を, 宗教的な, 宗教的情熱とでも, 実直な, 実証, 実証的な, 家が, 家族風景と, 宿から, 小唄, 小賢しいずるい男, 小門, 少女の, 屋造りだった, 山家者らしい, 山家育ちの, 山小屋だった, 島びとの, 市井的な, 常識に, 常識や, 平均主義である, 平民の, 庭園が, 廃娼説と共に, 形であっ, 形に, 形は, 形式で, 形式的な, 形態と, 形態に, 心から時に僕, 心こそは, 心にでも, 心の, 心を, 心的状態に, 志寸時なりと, 怒りを, 思念に, 思想に, 思想は, 性質の, 恐怖に, 恐怖心の, 悲劇味が, 情熱と, 情熱の, 情緒や, 意味の, 意義は, 愛で, 愛人を, 愛国的感情が, 愛好から, 愛情ろくろく, 感じの, 感じは, 感傷の, 感動に, 感嘆と共に, 感情から, 感情の, 感想を, 感慨は, 感歎の, 感激を, 態度と, 態度として, 態度に, 態度の, 態度は, 或いは体験上直接, 手法で, 手法の, 抒情味などは, 挙動が, 挙動と, 挨拶を, 描写の, 故意と, 文子は, 文學を, 方法によって, 方法は, 日を, 日常の, 日常生活や, 日常経験を, 明るいメロディー, 映像が, 時代だ, 時代は, 景色を, 書法を, 望みだった, 木彫で, 木裂に, 本である, 本を, 本能は, 本質と, 朴訥な, 村人たちが, 村人たちは, 村人の, 板葺の, 林檎の, 楽しい仕事, 構成を, 様子を, 模写説では, 機智に, 機械主義とは, 欲求が, 歌うたひ, 歌ひ, 正直だ, 武器に, 武士気質の, 歴史を, 死の, 母に, 民器にこそ, 民衆生活に, 民衆的な, 気持が, 気持ちに, 気持も, 泳法の, 涙だった, 港に, 湯槽の, 激しさ, 点は, 烈しい恋, 烈しい戀, 烈しく愛し, 熱心な, 熱情の, 熱誠が, 版画の, 牛飼の, 物と, 物語については, 物語を, 特色を, 状態を, 玩具よりも, 理解が, 理解に, 理解は, 琴, 琴を, 甘みは, 生地の, 生活が, 生活と, 生活に, 生活は, 生活への, 生活力こそ, 生活力ながら, 生活力の, 生活描写で, 田舎家の, 男だろう, 男です, 男女平等の, 男女関係を, 町に, 画風とは, 疑念が, 疑念であった, 発想を, 発芽的な, 白木の, 白色を, 的を, 目的論的の, 直二, 直接に, 眞面目な, 真心に, 眼色を, 砂糖も, 社でありました, 社会での, 社会主義思想, 社殿に, 祈祷だった, 祖先たちの, 神名から, 神秘主義を, 祭事の, 禅林の, 私の, 稚拙さが, 空想が, 立札が, 童話の, 筆致とは, 策略を, 管理者が, 精神を, 精神昂揚による, 純真さだけが, 純真さで, 純粋の, 素朴な, 結論だ, 經驗の, 美しい感じ, 美しい木造, 老人である, 考えかたながら, 考えを, 考え方である, 考え方としては, 腰掛けに, 自分の, 自分等各々の, 自己であっ, 自然な, 自然の, 自然人の, 自由詩に, 自画自, 船頭衆の, 良心に, 色と, 花で, 芸術である, 若い女, 若い妻, 苦闘ぶりには, 英雄主義, 草花を, 萌芽であった, 落ちつきを, 蕃人たちの, 蕃社を, 行動性の, 衝動を, 衝撃に, 表現が, 表現であっ, 表現は, 表現や, 表現を, 要求に, 要求によって, 要求を, 要素である, 見物の, 親しみを, 親への, 観客は, 言葉で, 言葉を, 言語情調から, 訪客は, 訳者は, 詩とを, 詩の, 詩句は, 認識論に, 語で, 語原説から, 誤りに, 読書子, 謙譲さを, 議論を, 質問が, 赤色では, 踊りの, 身なりで, 身扮り, 転向の, 農夫だ, 農夫達の, 近所の, 道化味である, 部です, 郷武者振りで, 野性は, 野獣性を, 野薔薇の, 野蛮さであったろう, 鋏つくりの, 闊達な, 雄弁だ, 電話ば, 霊的要求が, 青年に, 静物も, 音楽の, 音色が, 頭が, 顔から, 顔つきの, 顔は, 顔を, 願いが, 風を, 風俗と, 風姿や, 風景です, 飾りの, 飾り気と, 驚きでは, 驚きと, 驚きを, 驚異の, 驚異感を, 高い叡智, 髪飾りの, 魂と, 魅力です, 鳶色の, 黒の

▼ 素朴~ (106, 8.5%)

11 して 3 生きて 2 女軍人の, 暮して, 考えられて, 解釈し

1 [84件] あつかわれて, あらわれでた顔, あらわれるもの, ありまた, いわゆる国民, うつった, おどろきました, かかれて, しかし自分, しかも何と, すぎたとも, そして厳格, その憂患, その時, ソクラテスの, 一身上の, 主張され, 云えば, 云ったので, 人間の, 信じて, 処理し, 出されて, 出来て, 出来上って, 単純に, 反発する, 問題は, 天真爛漫に, 寝殿の, 対立し, 引換えて, 強く育て直す, 恋に, 意外さを, 愛して, 感動的だった, 我々の, 我から, 或いは遠慮がち, 投げかけたの, 描いて, 撞着した, 日本の, 暢気に, 暢氣に, 書いたもの, 書き伝えそして, 書くため, 朗かに, 正則に, 気取らない文章, 浴びなければ, 現されたの, 生きるより, 男女同権を, 男性への, 発しまた, 真実に, 真情を, 眺めて, 確かめようと, 簡単に, 結びついて, 考へて, 自然力の, 色彩を, 表現された, 表現し, 表現すれ, 見えた, 見える行き方, 記述し, 買いかぶるほど, 走りたり, 足で, 身に, 近い現, 返って, 過ぎたる追随, 過去へ, 還ろうとも, 風景としての, 驚歎し

▼ 素朴~ (102, 8.2%)

6 はある 3 単純な 2 あつた, はない, ソフトな, 自然で, 飽迄も

1 [83件] あつて, いい, いいじゃ, いいと, いかにも当時, うその, けっして現代, しかも切ない, しかも堅固, しかも自分, しかも言い, そして男らしく好ましい, それにどの, つよい百日草, はあろう, もない, やや紅味, よいでは, よかった, よかつ, 上品で, 不器用な, 人間的直接性を, 信仰は, 分化や, 剛毅な, 勁い, 口數の, 古風である, 古風な, 同時に石, 味の, 好意的であるべき, 如何にもロマンチック, 嫌味は, 常識的である, 平静で, 引子を, 強い感, 強烈な, 快活だ, 感じの, 感動的だ, 敏捷な, 散文的に, 昂然と, 明るい慎み, 柔順だ, 構造の, 正直で, 正直な, 沢山の, 泥臭くは, 無頓着で, 無頓着であった, 熱つ, 現実的な, 甘味たっぷりの, 生きものらしく, 生活的な, 疳だけは, 登山口らしい, 皇國の, 直接的で, 真に迫つた情景, 真情の, 真情的な, 真率な, 真面目な, 純真だ, 繊細な, 而も, 荒々しくかつ, 言語や, 語尾の, 誠実な, 誤謬そのものだ, 謙虚で, 謙遜な, 豊富で, 貴族的という, 運動好きで, 野の

▼ 素朴~ (56, 4.5%)

3 があった 2 がある, というもの

1 [49件] からさまざま, からだけいえ, からのもつれ, から来る, があり, がどこ, がはっきり, がほほ, が妙, が少し, が彼女, が現れる, だ, だった, であるそこ, でこの, でそれなり, でシャポワロフ, で二元的, で吾, で満ちた, で農家, ということ, と偽り, と共に会津人かたぎ, におどろいた, にぎょっと, には多少, にユウモア, に共通, に好意, の牽引力, はそれゆゑ, はゴーリキイ, は私自身, は親たち, むきさ, も持っ, をそなえ, をふりすて, をもっ, をやつ, をケンプ, を失っ, を失った, を失わない, を悲しく, を装う, 最も庶民的

▼ 素朴なる~ (33, 2.6%)

2 者と

1 [31件] いわゆる実践主義, がため却て, が如く, の相違, ものの, フランシスは, 上代の, 人々に, 人たちが, 仏体神体の, 信念として, 判官である, 剖判説に, 口碑は, 可憐な, 同類の, 大衆の, 山家人装束を, 形において, 感情と, 推理だった, 昔時の, 村の, 村人に, 東北の, 漁夫に, 画趣を, 知的水準に, 確信の, 神話であった, 自然に

▼ 素朴~ (26, 2.1%)

2 うちに, 疑問に, 風を

1 [20件] あっさりと, ものを, 一語で, 世界に, 人の, 信頼という, 印象に, 叡智が, 命題も, 感情の, 技巧を, 文學だ, 構成などは, 真似も, 立派さそれは, 童心の, 老人たちは, 自由主義で, 自由詩である, 香高き

▼ 素朴であり~ (14, 1.1%)

2 唾棄すべき, 父は 1 ある意味, そしてあらゆる, ながら手, 一つは, 常識的であり, 常識的であり得た, 感動は, 素直だった, 農民は, 雅致に

▼ 素朴~ (14, 1.1%)

1 [14件] いえば, いって, いわるべき半面, しりながら, 健康な, 勁直とに, 威厳とに, 快活大胆とが, 敏感とを, 沈静なる, 直情だけ, 親切の, 言ふ, 都会婦人の

▼ 素朴である~ (11, 0.9%)

1 [11件] かも知れない, かわりに, かを語っ, がしかし, ことだ, し対象, だけにむしろ, だけ哀れ, というほか, といひ, とともにまた

▼ 素朴実在論~ (11, 0.9%)

1 [11件] から我々, である, であるという, とは区別, とは正確, とは要するに, とは観念論者, と呼び, なるもの, に立脚, は素朴

▼ 素朴~ (9, 0.7%)

1 もつもの, 保って, 思わせ人, 愛して, 栗に, 様子は, 物語るもの, 素朴に, 馬鹿に

▼ 素朴~ (9, 0.7%)

1 なもの, な模写説, な民族教, にいわば, にのんびり, に一つ, に対象的, に用いた, 乃至独断的

▼ 素朴~ (6, 0.5%)

1 が保留, が殆, とをまっ先に, なりを云々, は素朴, を喪失

▼ 素朴であった~ (5, 0.4%)

1 のである, ゆえに, 一般の, 日本人とが, 村邑が

▼ 素朴ながら~ (4, 0.3%)

1 力を, 念の, 或る, 社会的に

▼ 素朴単純~ (4, 0.3%)

1 なる推理法, な信仰状態, な端正さ, にハッキリ

▼ 素朴~ (3, 0.2%)

1 あらわれて, あるでは, 鍛へに

▼ 素朴きわまる~ (3, 0.2%)

1 しかし熱情的, 詩に, 飛脚武士な

▼ 素朴~ (3, 0.2%)

1 がいい, が臆面, けれども結核

▼ 素朴ながらも~ (3, 0.2%)

1 利巧そうな, 病的な, 自由な

▼ 素朴には~ (3, 0.2%)

1 アメリカ科学の, 見えるが, 閉口し

▼ 素朴~ (3, 0.2%)

1 思想の, 邪氣なる, 邪氣に

▼ 素朴純粋~ (3, 0.2%)

1 なる作家, な精神, に吐露

▼ 素朴~ (2, 0.2%)

2 はまる

▼ 素朴さうな~ (2, 0.2%)

1 のを, 娘だつた

▼ 素朴でない~ (2, 0.2%)

1 ところの, 連中の

▼ 素朴でも~ (2, 0.2%)

1 あったわけ, 同時に微妙

▼ 素朴といふ~ (2, 0.2%)

1 のは, 問題が

▼ 素朴な憤り~ (2, 0.2%)

1 にふるえた, の迸った

▼ 素朴な考へ~ (2, 0.2%)

1 方から, 方である

▼ 素朴にしか~ (2, 0.2%)

1 成長させられ, 語ること

▼ 素朴~ (2, 0.2%)

1 まだ上京, 素朴でも

▼ 素朴好戦的~ (2, 0.2%)

2 な方法

▼ 素朴敬虔~ (2, 0.2%)

1 な古典精神, な詩人

▼ 素朴直截~ (2, 0.2%)

1 で愛誦, に表出

▼1* [81件]

素朴ありのままな生き方, 素朴おとなしさと, 素朴誠実か, 素朴かもしれないが, 素朴さ率直さ強靭さ等々で自分, 素朴さ生一本さとともに彼, 素朴さ真摯な人心, 素朴さ粘着力のある, 素朴さ純真さが近代的, 素朴さ純粋さにおかれ, 素朴すぎる矛盾だらけの, 素朴すごいといえ, 素朴そうな花婿, 素朴そのままの何ら, 素朴そのものの砂糖製法, 素朴であっても原始的, 素朴でありまして文章, 素朴であるしおおざっぱでもあるけれども, 素朴であるべく奔放自在でも, 素朴でなければならない, 素朴で居てまるで, 素朴といふだけでは, 素朴とが洗練された, 素朴とも云われる程明瞭, 素朴ないし可憐, 素朴なおどろきをあらわし, 素朴なちひさなお, 素朴なつくつた點の, 素朴なよろこびと信頼, 素朴なりに埋められて, 素朴なるべき民衆の, 素朴なる考へ方として, 素朴なれどもしかも, 素朴な云わば庶民的成金, 素朴な受けとり方も, 素朴な思ひいれで深刻, 素朴な愛すべき表現を, 素朴な打ち融けた心持が, 素朴な犯しがたい冷淡, 素朴必要の, 素朴いつか失われるであろう, 素朴静寂に, 素朴を以て對象を, 素朴不逞の自由さ, 素朴主義で一貫, 素朴乍らに甚だ, 素朴ならそこら, 素朴にやら島居氏, 素朴剛健な風貌, 素朴され純真純美化, 素朴協和優美そして東洋的, 素朴を貴ぶ, 素朴実在論的な考え, 素朴実在論者は忽ち, 素朴在論的思想, 素朴實在論から我々, 素朴平明ということ, 素朴延びようとする, 素朴愛すべき好人物だ, 素朴文化以前の方法, 素朴本然な順序, 素朴無心な態度, 素朴率直な山國, 素朴的センチメンタリズムの範囲, 素朴的実在論はこれ, 素朴的模写性や普遍必然性, 素朴的演技の, 素朴的観念であって, 素朴節倹なりといえ, 素朴簡明では, 素朴簡浄で誠に, 素朴簡美であろうかと, 素朴粹なる, 素朴自由の様式, 素朴蒼古純正端麗さにおいてまさに, 素朴観念論に心酔, 素朴質実なる地方, 素朴過ぎた占いかただ, 素朴過ぎると思う, 素朴闊達なダンス形式, 素朴頑丈な椅子