青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「知人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

知れ~ ~知れた 知れた~ ~知れない 知れない~ ~知れぬ 知れぬ~ ~知れません 知れません~ ~知れん
知人~
~知識 知識~ ~短い 短い~ 短刀~ ~石 石~ 石垣~ 石川~ 石段~

「知人~」 1473, 15ppm, 7354位

▼ 知人~ (445, 30.2%)

23 家に 13 間に 10 家の 9 紹介で 8 家で, 家へ 7 ところへ, 世話で 6 家を 5 間を, 顔が 4 名を, 許に 3 うちにも, ところを, 一人で, 中に, 中には, 娘に, 細君が, 許へ, 間で

2 [29件] あひだ, うちに, ことを, その後の, ところで, ところに, ない東京, はなしに, もとに, 中から, 中で, 事を, 二階屋に, 医者に, 名前を, 周旋で, 品物を, 姿を, 娘は, 娘を, 屋敷を, 某から, 紹介を, 結論が, 葬式に, 誰彼が, 間にも, 関, 顔を

1 [251件] あいだで, あいだでも, あいだに, あいだにも, あること, ある弁護士, ある者, いう通り, いたの, いふところ, うちにでも, うちにはを, うちの, うわさ話を, おむす, お大尽, ことだ, ことである, ことに, こと慶応出の, こと昨夜殆ど眠らず, この女, ごとく不幸, たれかれは, だれかれ, つながりとしてだけの, ところでの, ところも, ない太刀川, ない遠国, なかから, なかに, また知人, もとへ, もとを, ように, ウチは, ウチへ, ペエテル・ハンゼンに, リストなどを, 一人なぞは, 一人の, 一人は, 一家を, 下宿へ, 世の中を, 中でも, 中の, 事は, 二三人に, 人々の, 人だろう, 今では, 令嬢を, 仲間の, 住所の, 作品を, 借用書に, 僅に, 処になど, 処へ, 出資によ, 制作に, 助を, 医学士が, 医師を, 医者の, 医者へ, 南国人達に, 厚意で, 口より, 同意を, 名が, 名まえと住所, 噂だの, 噂に, 外更に, 多いアツシジ, 多いホテル, 多い東京, 多い麹町, 多くは, 大酔家を, 天文学者で, 女から, 女の, 好意と, 好意に, 如し, 妹で, 娘から, 娘で, 娘の, 婚礼にも, 婚礼の, 媒酌で, 子が, 子は, 子供として, 子息と, 宅へ, 安否を, 宏壮な, 実業家で, 客間に, 家々へも, 家々を, 家々をも, 家が, 家などを, 家へなど, 家庭に, 富家で, 小児科医が, 小屋の, 小鳥通が, 山田博士が, 差別なく, 帰ったあと, 幾人かは, 店の, 庭に, 弁護士にも, 弔辞の, 弔辭を, 応接に, 恩恵に, 息子が, 息子は, 患者だけを, 悪口めいた, 愛妾お, 慈惠大, 或る, 戲に, 戸別訪問を, 所と, 所に, 所へ, 所有の, 手で, 手に, 手元にも, 手紙にも, 手紙ほど, 手紙類も, 政府委員は, 政治家らに, 敬音とかいふ, 数と, 数は, 文学者に, 方たちを, 方は, 方へ, 方も, 方を, 旅行する, 時枝という, 書信をも, 書生の, 本や, 材木商の, 来たる, 松永さんの, 某会社, 某君, 校正を, 案内状を, 次男坊で, 歌人中で, 死を, 死去の, 母の, 求めによって, 消息は, 消息彼の, 漁師の, 物理学者が, 生存振りを, 田中陸相から, 田崎に, 田村という, 申し出を, 畠を, 畫家の, 病院の, 目に, 知人間に, 筆蹟を, 範囲にも, 範囲内では, 簡素な, 細君か, 細君で, 紹介に, 紹介状を, 経営し, 結婚式で, 結婚披露の, 結婚披露宴に, 經營した, 罹災者一家を, 美学者が, 群に, 聯隊長が, 肖像を, 若い, 著した避妊, 處で, 見舞客が, 言葉が, 言葉も, 訃報を, 記憶に, 訪問に, 許や, 詞は, 話だ, 話にも, 話は, 話を, 読者は, 誰かが, 誰かに, 誰より, 談話を, 買った女, 資金関係が, 贈り物で, 贈答, 軍人の, 通信と, 采録する, 長田という, 門を, 間にだけでも, 間へ, 関係は, 難儀を, 青山とかいう, 頼みだった, 顏の, 顔だ, 顔などが, 顔にも, 顔は, 顔ばかりと, 食通連も, 駅夫から, 高田が

▼ 知人~ (159, 10.8%)

3 頼んで 2 して, 出逢うの, 分けて, 溝口杞玄という, 送って, 送つた

1 [144件] あうプロバビリティ, こう言った, この本, こんな例, こんな動物園, ござ候, しては, すぎません, それを, たよろうと, ちょっとトランク, でっくわして, どういう面白い, なったろう, なった人人, なって, なつて, なるよう, もう五十, もったこと, トルーフルを, 一斤ずつ, 七人の, 下宿屋を, 不幸あり, 世話に, 二三の, 二三頼ん, 二人い, 今年四十二歳の, 会い何番, 会うため, 会うても, 会えば, 会ったらその, 会ったり, 会って, 会っても, 会わぬよう, 似て, 使者を, 偉大な, 偶然出逢っ, 偶然銀座で, 六十を, 其の塗り, 出っくわし相手, 出会った, 出会わないよう, 出会わなかった, 出逢う, 出逢った, 出逢って, 取巻かれた彼, 向って, 向つて云, 吹聴し, 土産物を, 声を, 外国貿易を, 夜釣りに, 夢に, 奢つて, 好奇心や, 宛てたコンプリマン, 専門家が, 尋ねて, 對し, 少しまとまった, 差支えが, 彼を, 御家人クズレの, 徳川家の, 思いがけなき災難, 手ぶりで, 手紙を, 打電せし, 挨拶され, 挨拶を, 捨てられるの, 接する暇, 會は, 會ふだらう, 月並越え, 有名な, 此事を, 照會した, 熱心な, 由って, 相談し, 相談した, 相談を, 知れると, 紹介し, 紹介の, 肩を, 脳病院の, 行き逢って, 見て, 見られるの, 訊いた, 話して, 話し見させようと, 誘はれて, 誘われて, 語つた, 説明した, 談す, 請ひ, 諏訪の, 貰つた新しい, 買手は, 迷惑を, 送つたの, 送られたの, 逢いましてな, 逢うこと, 逢う喜び, 逢えば, 逢ったよう, 逢った時, 逢って, 逢っても, 逢つたのです, 逢つて褒祝の, 逢ふと, 連れられて, 遇いでも, 遇ひでも, 遇へば, 道ででも, 適当な, 鄂某という, 配ったらしいが, 配つた, 配る行事, 配布された, 電話を, 電話交換局の, 霊感の, 音楽家の, 預けその, 頒った, 頼まれて

▼ 知人~ (125, 8.5%)

6 あって 3 あった, なかった, 来て 2 わたくしに, 三人の, 住んで, 出来て, 持って, 気に, 酒屋を

1 [96件] あったため, あの戦争, ありませんから, あるか, あると, あるという, あるの, あるばかり, ある筈, あれば, いくら探し, いて, いま三人ほど, いること, いるだろう, いるという, いるの, おありかえ, おとなし過ぎ, ここに, これを, さしづめ多少の, する物語, その寡婦, その病, つい二十日, つての, できたから, ないで, ないと, なく家, なく相手, もたせて, よそへ, ゐても, ゐるの, イタリヤの, シベリヤ鉄道の, ランプを, 一つ二つ持っ, 人目を, 來た, 催おした, 出て, 出合茶屋を, 出来た, 別れの, 北海道に, 同じ山の上, 多いだろう, 多いという, 多くそれ, 多くと, 多く士官学校, 多く幾つ, 多く敬治坊, 多く駆け附けた, 家屋を, 寄って, 少ないです, 居合わさないと, 常陸丸で, 幾人か, 彼が, 彼を, 心配し, 手伝いの, 持つて, 携へて, 敬意を, 来たの, 正午前に, 武藏の, 死ぬの, 残って, 水蛇らしい, 沢山集り, 無い, 特別に, 私を, 笑ひ, 置いて, 自動車を, 蘭軒と, 見て, 見分け得るか, 言うには, 訪ねて, 許さなかったの, 話した事, 趣味として, 送って, 避難し, 集まって, 集めて, 頒けて

▼ 知人~ (110, 7.5%)

5 たよって, 訪ねて 4 招いて, 訪問する, 頼って 3 もって, 介して, 紹介し 2 装うて, 訪うて, 訪ねたり, 訪ねようと

1 [71件] あげて, えたと, ここに, たずねて, たよ, たよりに, たより其処まで, めぐつて部屋, もたぬ家, やたらに, ゆすぶること, よこすから, わざわざ振り捨てた, ヨリ少く, ロッテナム美人術に, 一間隔てた, 介したり, 作って, 便って, 呼ぶと共に, 問はず買ふらしい, 失いまた, 尋ねると, 尋ね西京見物, 廻つて歩いた, 廻り歩い, 待たせて, 得たこと, 得て, 心配させる, 思い出す時胸, 想ひ浮べるなら, 手繰って, 批評する, 招かるるので, 招宴した, 招待し, 持たなかった, 持って, 探し出すべく部屋, 揺ぶる, 新年の, 此処へ, 歩道を, 殺めたの, 獄に, 番町に, 相手に, 知らない私, 紹介しよう, 縦に, 罰するという, 自転車で, 見つけたから, 見て, 見出さなかった, 見出した, 見出したの, 訪ねお互い, 訪ねたいと, 訪ねながら, 訪ね廻わっ, 訪ひ, 訪問し, 訪問に, 認めると, 避け沈黙, 集めて, 頼つてこの, 頼り内, 首領に

▼ 知人~ (62, 4.2%)

7 一人も 2 南山の, 楽しき愛すべき, 震災の

1 [49件] ありませんか, ありませんが, いう, いっそう独特, こう云う, ことごとく彼, この船中, そう云っ, そのとしの春, その時いつ, その行, ないがと, ないし, なかった, なしほんとに, なし蓄え, ひどく神中, ぼくが, みんな市内や, もしや大伴シノブ夫人, やがて恩, ゐなかつた, 今なほ, 元より, 兩夫人に, 助かつ, 双方に, 同情し, 大そう, 心から満, 揶揄半分に, 既に實驗, 正当に, 渠を, 満更ない, 珍らしがり, 皆どうか, 皆二代また, 皆申合わした, 私に, 笑いながら, 耶蘇教信者たる, 自分達に, 菓子と, 言葉遣いと, 貴方の, 遠国から, 集りて, 面白いもの

▼ 知人~ (60, 4.1%)

3 なかった 2 ある, おますよ, ないし, なく妻子, 私を

1 [47件] あつた, あなたは, ありなん, ありません, あるから, あるらしく頭, いた, いない, いる, いるし, いるので, ないこと, ないの, ないので, ないらしく, ない上, ない中央, ない神戸, なかつた, なくこちら, なくそもそも, なくな, なく一, なく友人, なく従, なく親類, なければ, ひとりおった, ゐる, ヤミ屋と, 一人居つた, 一度は, 出來, 出入してる, 出来る, 加わって, 友人も, 多いこと, 少なくただ, 来年の, 江戸には, 無さそう, 物故し, 現にこれ, 疎開し, 知らない人, 言って

▼ 知人から~ (47, 3.2%)

2 金を, 頼まれて

1 [43件] ありましたが, ある大学, お金を, きかされたの, とどくもの, なつかしい手紙, アレキサンダー・モスコフスキー著, 一人の, 三千円ばかりの, 乳の, 五円十円と, 今手紙, 依頼され, 偶, 先代鶴枝については, 名を, 変わり者と, 大いに面白, 少し聞き込ん, 平兵衛の, 後妻を, 来たもの, 此の程設立にな, 毎日寄贈し, 流行の, 添え状, 知人へと, 知人を, 祝って, 福田清人氏の, 紹介せられた, 聞いたよう, 良い林檎, 見舞の, 誤解である, 貰ったの, 貰った友禅金巾, 貰つた五合の, 贈られたという, 贈られたウイスキー, 贈られた缶入り, 送りよこしました儘, 邸を

▼ 知人たち~ (46, 3.1%)

2 のあいだ, の間

1 [42件] が大, が立ち並ん, が階段, といっ, とつき合っ, とも顔, と旧交, と會食, と見えた, と飛行機, にたえず, にもありがたい, にもそれぞれ, にもはばかる, にも頼ん, によってなん, に分配, に勇ましい, に示され, に訴訟, に逢い, のうはさ, の会話, の危惧, の噂, の好奇, の消息如何, の証言, の話, の身の上, の顏, の黙許, はセーヌ河, は少し, は彼女, へ手紙, もただ, もひそか, も同様, も泊りがけ, をさがし, を見かけない

▼ 知人~ (38, 2.6%)

2 でも

1 [36件] あらう, いろいろと, お互によもや, これと, ずっと以前, その災厄, やはり俳諧, わたしは, スラれ, パトロンと, 一人日本へ, 下の, 信州の, 八十何歳に, 創作も, 十数万円も, 叔父の, 大阪随一の, 府下でも, 彼女の, 新新文芸一派, 曾て, 松谷秀子と, 校長を, 此世で, 熱海大火の, 独逸へ, 現存の, 第, 自分の, 虎の, 覚束ない, 訝かしがらぬ者, 詩名兼ね, 近々一實業雜誌, 鼠を

▼ 知人~ (29, 2.0%)

2 云うの

1 [27件] いっても, なって, ならぶと, なり最後, めぐりあつ, 一緒でした, 云い得る範囲, 云っても, 云つても, 他人とを, 共同で, 出会っても, 出逢, 出逢った, 別れて, 口を, 同乗し, 心やすく, 挨拶し, 握手し, 書翰を, 未知の, 比周し, 知人との, 裏の, 話し合う, 議論を

▼ 知人~ (29, 2.0%)

2 未知人, 親戚の, 親戚を

1 [23件] オトクイに, 主として, 俳句上の, 出入りの, 友人などの, 友人を, 同僚たちの, 好意の, 妻子を, 弟子たちへの, 彼から, 後輩の, 心当りを, 恋人敵や, 感化者に, 朋友を, 未知の, 村人に, 知合の, 親戚から, 親辺, 親類の, 近隣に

▼ 知人である~ (25, 1.7%)

2 がこの, 柾三氏は

1 [21件] いちばん下の, から, ことを, という点, ところの, と云った, と云つた理由丈, のに僕, ばかりでなく, カーライルに, 仏師東雲へ, 佐藤惣之助氏門下の, 内田銀三君が, 北芳四郎という, 幕府の, 政子の, 歌人の, 浅井君が, 男子と, 英人医師の, 銀五郎と

▼ 知人にも~ (14, 1.0%)

2 また

1 [12件] カミナリが, 中には, 屡々訴, 幾人か, 書状を, 理解の, 用ゆる, 相談した, 罹災者が, 貸して, 近く住みたい, 逢はず職業にも

▼ 知人~ (14, 1.0%)

1 [14件] からそれ, が急, が迎え, と一緒, においても私, にこの, に吹聴, に愛誦, のこと, の声, の補足, の話, を一人づつ静か, を思ひ浮べ

▼ 知人~ (13, 0.9%)

1 [13件] 一人残らず送った, 出かけたこと, 宛てた手紙, 差入れ物を, 書きやる, 稲ちゃんが, 竿を, 貸すといふ, 贈るべき菊, 送る爲, 郵送する, 金を, 頒つ

▼ 知人関係~ (9, 0.6%)

2 を調べる 1 から見舞金, があった, では宇野浩二氏, に配られた, の会社, へは一斗十円, をとおし

▼ 知人には~ (8, 0.5%)

2 あらざれど 1 まんべんなく, クリスマスプレゼントとして, 妻に, 知らせては, 露店商人が, 頗る慇懃

▼ 知人~ (8, 0.5%)

1 では, では一様, でも私, に二人, に噂, に廣まつ, の定評, またその

▼ 知人~ (7, 0.5%)

1 から受けた, から竹木, がそこ, に別れ, の不幸, の面影, を失った

▼ 知人という~ (6, 0.4%)

2 のは 1 ものが, 知人へ, 知人を, 間がらでは

▼ 知人でも~ (5, 0.3%)

2 あるの 1 有りません, 無い者, 通らないかと

▼ 知人との~ (5, 0.3%)

1 世話で, 会話は, 外此等の, 間でも, 間の

▼ 知人への~ (5, 0.3%)

1 儀礼とぐらいにしか, 公開といふ, 知らせの, 紹介状を, 義理人情オトクイへの

▼ 知人~ (5, 0.3%)

2 の或, の神社 1 と云

▼ 知人某氏~ (5, 0.3%)

1 のため, の別荘, の牛疫撲殺, を両国, を兩國

▼ 知人~ (5, 0.3%)

1 からも離れ, と食事, の送別会, の間, を認める

▼ 知人です~ (4, 0.3%)

21 が秀子, よ

▼ 知人として~ (4, 0.3%)

1 つき合って, 信長に, 訪ねる, 赤の

▼ 知人より~ (4, 0.3%)

1 やうやく, 其地の, 容態を, 聞くは

▼ 知人らしい~ (4, 0.3%)

1 ことが, ものが, 美しい若い婦人, 老人が

▼ 知人朋友~ (4, 0.3%)

1 の注視, も亡くなっ, を勧誘, 見送は

▼ 知人~ (3, 0.2%)

1 それとも良人, 正体の, 親類の

▼ 知人たる~ (3, 0.2%)

1 ことを, 故を以て, 自分が

▼ 知人~ (3, 0.2%)

1 から無理, か知らない, と云う

▼ 知人と共に~ (3, 0.2%)

1 受けて, 怪しげな, 熊本に

▼ 知人ども~ (3, 0.2%)

1 が, が知り得た, のいわゆる

▼ 知人なら~ (3, 0.2%)

3 菓子位子供に

▼ 知人友人~ (3, 0.2%)

1 の借金, の所, を失わない

▼ 知人名簿~ (3, 0.2%)

1 には十年, のはし, を大

▼ 知人だった~ (2, 0.1%)

1 が幸福, んです

▼ 知人でない~ (2, 0.1%)

1 ところから, 事は

▼ 知人では~ (2, 0.1%)

1 あったが, なかつた

▼ 知人とか~ (2, 0.1%)

1 でゆうべ, 乃至女

▼ 知人としては~ (2, 0.1%)

1 娘の, 真摯と

▼ 知人とは~ (2, 0.1%)

1 佐川という, 誰です

▼ 知人~ (2, 0.1%)

1 のだ, んです

▼ 知人などは~ (2, 0.1%)

1 どうにも俺, 一月も

▼ 知人なども~ (2, 0.1%)

2 出征し

▼ 知人にでも~ (2, 0.1%)

1 会つたら, 出遇

▼ 知人による~ (2, 0.1%)

2 証言が

▼ 知人に対しても~ (2, 0.1%)

1 彼は, 彼女との

▼ 知人ほど~ (2, 0.1%)

1 やがて野性人, 迷信的な

▼ 知人らしく~ (2, 0.1%)

1 そして有名, 彼を

▼ 知人~ (2, 0.1%)

1 には一家, には折々

▼ 知人仲間~ (2, 0.1%)

1 だの能弁, で供せられる

▼ 知人親戚~ (2, 0.1%)

1 が病気, の仲間うち

▼1* [111件]

知人あり当年の, 知人あるいはその上官, 知人いわく猫の屍, 知人かが迎えに, 知人からの紹介で, 知人からはそれぞれ品物やら, 知人ことごとく感心しなかった, 知人たちみんなから私, 知人たち孤独レストランの食事, 知人たち誰にも到着, 知人だけ出入りを, 知人だけのことである, 知人だったりする, 知人だの瑣末な, 知人であった宮本武蔵が, 知人であり同行者であるなら, 知人でありましてヘルン, 知人であろうと未知, 知人でしかなかった, 知人でしたがお, 知人でなくするかね, 知人といつては私, 知人といふものは, 知人とがもう京, 知人としての小林の, 知人とては素よりなく, 知人とてもない, 知人とに永, 知人ともいう気持, 知人なく一人の, 知人なしに怪し, 知人など心当りも, 知人などからは年を, 知人などが寄って, 知人などともよく知っ, 知人などに對し, 知人などの見舞いの, 知人などを捜し出して, 知人なる時その, 知人なんかありゃしない, 知人なんてゐは, 知人にてある所, 知人になど頼んで, 知人にまで真心を, 知人によってドリュック夫人, 知人に対していささかも, 知人に対してはもしか尾芝, 知人のまんじゆう屋が, 知人ばかり集って, 知人ひとりあるわけ, 知人へとうろつき廻って, 知人へはそれぞれ頼ん, 知人へも分け生前園子, 知人までが同様な, 知人みな四十五十の中老, 知人やら親族の, 知人やらは非常に, 知人姿形は, 知人よりの書簡あり, 知人をももって, 知人を通して兄ドミトリイに, 知人とこで, 知人アッケルマンの, 知人カンケイをとる, 知人一人のない淋し, 知人一同にう, 知人一家は暮し, 知人三四人の日本人, 知人知人の, 知人中新聞記者を業, 知人二人が思い出された, 知人何人も知らない, 知人俳友にハガキ, 知人兄弟親戚友人僕婢妻さえも我, 知人光田氏より次ぎ次ぎに, 知人原氏の紹介, 知人同士あなたは誰, 知人同志のあいだ, 知人同様浅草の外, 知人和田某が湊川合戦, 知人四五人との名, 知人在宿にて双方心, 知人で手, 知人客筋の行き, 知人寧ろ先輩で, 知人少くマロニエの, 知人嶋田忠臣が禁中, 知人攻めに会っ, 知人ウィリヤム・フォーセル・カービー氏の, 知人故旧の人々, 知人に良人, 知人日疋重亮と言, 知人有志の見舞う, 知人朋友学校警察までよって, 知人知人を, 知人が店, 知人柳房生の親戚, 知人武田信次郎氏から高川邦子女史, 知人汝らに担がれ行く, 知人特に女性と, 知人相川新五兵衛が訪ね, 知人職業上の連絡, 知人花長官の友人, 知人英学士会員ブーランゼー方で見た, 知人英学士会員プーランゼーは, 知人親せきなどに迷惑, 知人訪問をする, 知人近藤十兵衛の所, 知人長岡の駒形氏, 知人関係等を詳細, 知人駒込の寺