青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「素子~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~純粋 純粋~ ~紙 紙~ 紙幣~ 紙片~ 級~ 素~ 素人~ ~素子
素子~
素晴らしい~ 素朴~ ~素直 素直~ ~紫 紫~ 細~ ~細い 細い~ 細かい~

「素子~」 2808, 30ppm, 3860位

▼ 素子~ (775, 27.6%)

11 伸子の 10 それを 9 自分の 4 さう, そういう伸子, だまって, モスク, 伸子を, 岡本の 3 ぢつと, タバコを, 云った, 伸子に, 伸子より, 皮肉な, 私を, 笑ひ, 自分から

2 [42件] いつもの, おこったよう, かすかに, この時, そのとき, それと, だんだん相手, ちよつと, ぼんやりした, やがて, やっぱり恋, やつと, タバコの, ロシア語で, 二人が, 二人の, 云って, 伸子が, 何か, 大学へ, 幾島の, 床の, 本を, 椅子の, 皮肉に, 眉を, 眼だけで, 知らず識ら, 私の, 素子の, 素子らしく, 自分が, 自分たちの, 自分で, 自分に, 蒲団の, 蛙の, 言つた, 谷村が, 非常に, 顔を, 黙って

1 [610件 抜粋] あっちを, あの三人, あらゆる女, あんなこと, あんなに積極的, あんまり女体, いい心持そう, いきなり言った, いくつも, いたはるやう, いちいちうなづい, いっかな私, いつかそれを, いつか仁科を, いつたいどこ, いつの間にかホール, いなくなった, うけとって, うす笑い, うちの, うっすり顔, うまそう, うめくよう, うれしそう, おきまり, おこった表情, おたふく風を, おやつ, おやと, かうして, かけて, かすかな, からだを, からだをね, くらいつくよう, けさ七時ごろ, ここで, このお, この手紙, この突然, この話, この謎, この間から, この頃, これで, これは, これまで, これまでの, こんどは, こんど出来上った, こんなこと, さきに, さし向いの, さつきから, さらに言葉, しかしこの, しかたが, しばらく幾島, しばらく考え, しばらく話させ, しばらく躊躇, しばらく黙っ, すかさずマツチ, すかさず詰め寄つた, すぐに, すぐひらめく, すぐ道ばた, すこし顔, すばやくそれ, すーっと, そういうこと, そういう風, そうきいた, そうきく, そう云おう, そう言っ, そう言った, そこから, そこではじめて, そこでもう, そこで講演会, そこを, そっちを, そつち, そのこと, そのまま仕事, その伯爵, その唯一, その外国人, その岩, その手紙, その方角, その日, その時, その本, その点, その男, その耳飾り, その衣裳箪笥, その言葉, その話, その谷村, その趣向, その鞄, そむけられた谷村, それから, それでも三四度, それも, それよりも, そんなこと, そんな風, た, たつた今, たぶん谷村, たまに, だしぬけに, だんだん恋, ちっとも偏見, ちょいちょいした, ちょいちょい雨, ちょいと, ちょっと寂しい, ちょっと苦し, ちらりとながしめ, ちらりと伸子, ついこの間, つとその, つよく大きくタバコ, つれだって, てれたよう, できるだけ彼, どうした, どうしてあんなに伸子, どうしてこうまで, どうせか, どうな, どうやら平塚礼子, なおだまっ, なお息, なぜ蛙, なにかまだ腑, なにか問題, なにが, なにも, なんえ, はじめて幾島, はためにも, はっきりうなずいた, はればれと, ひとことも, ひとの, ひとりで, ひと息に, ふだんとは, ふと気, ほしいと, ほんとにいや, ほんとにそういう, ほんとにロンドン, ほんとに一日ホテル, ほんとに淋し, また, また顎, まだ京都, まちきれないよう, まぶしい庭, みじめな, もうすっかり自分, もうぢ, もうパジャマ, もう一度その, もう正面, もう行く, もちろんあ, もち前の, もとよりの, やがてゆっくり, やがてワルワーラ・ドミトリエーヴナ, やがて伸子, やがて氷嚢, やっと三階, やっぱり予定どおり自分, ややしばらくし, ゆっくり云った, よくベッド, よって, れっきとした一人前, わけの, わざと, わざとじろじろ調べる, わざと意地わる, わざと話題, わたしは, オペラ, カンガルーの, クリーム色地に, クワルティーラの, グルジア産の, ショパンが, ソヴェトへの, タバコに, テーブルの, ディヴァンと, ハハハと, ハルビンで, パチパチと, パッサージ, パリへ, パリ案内を, プーシュキンの, ベッドに, マッチを, ラデックの, リザ, ロシアの, ロシアへ, ロシヤ語で, ヴェランダの, 一二度マッチを, 一人の, 一人は, 一寸の, 一週に, 七輪の, 万事が, 三十七に, 三千円の, 三日い, 上まぶたを, 下町風の, 不機嫌に, 不眠だ, 両手を, 中館に, 乳癌に, 事務的な, 二ヵ月の, 二三度なんだ, 二人で, 二十六で, 二十分も, 二年なら, 二度めに, 云つた, 五六日ノビルという, 亢奮し, 今の, 今は, 今日まで, 仰向きに, 会社の, 伯爵に, 伯爵の, 伸子と, 伸子に対して, 佐保子の, 何かに, 何くわぬ, 何とこまかく, 何とも, 何も, 何を, 例によって, 元気づい, 先に, 入院中の, 再びその, 出来あがった翻訳, 列車の, 初め伸子が, 別にうろたへる, 別の, 前後し, 勉強しなけれ, 化粧台の, 半身を, 卑劣でなかった, 友人夫婦の, 口に, 台紙に, 同じよう, 向う岸を, 向上心だけ, 唇の, 唖然として, 坐り直しその, 型どほりそこ, 声を, 外套の, 大体ことしいっぱいという, 大判の, 大抵伸子, 大沼博士が, 大笑いした, 女な, 女に, 女の, 女は, 女体の, 女子大学に, 姉たちの, 存外こだわらず, 学問として, 実際的, 家族もちの, 寛大で, 寝る前, 専用スケート, 専門の, 小さく, 小川豊助が, 小説を, 少女の, 屡々心付いた, 岡本に, 崖の, 己れ, 帰る支度, 平然と, 弁解する, 彼の, 往復の, 後ろから, 御者に, 微かな, 思いがけず吉之助, 思いがけない自分, 思いも, 思はずから, 思はず吹き出しさうになつ, 思慮深い, 急に, 息ぐるしい室, 悪魔を, 情慾の, 愛したであらうか, 感情を, 感慨ぶ, 態度に, 憤慨し, 扉の, 手にとって, 手紙を, 打てば, 持って, 挑発する, 支配人に, 数日の, 新しくたばこ, 新しく買った, 新聞を, 既に蒲団, 日本へ, 日本橋の, 日本語で, 日頃友人の, 早口な, 早速ロビー, 早速買っ, 明らかに, 明るい窓, 昔親しい, 晩く, 暗い眼, 最初これが, 最初伯爵が, 最近の, 朝の, 木曜日以来伸子の, 本式に, 本当に言葉通り, 東京の, 枕のよ, 案外あっさり蒲原順二, 案外気, 棗形を, 椅子に, 楽屋馴れし, 概ね無言, 横に, 正面から, 正餐まえ, 歩きだして, 歯の, 母の, 気の, 気付かぬ筈, 気分の, 気持よ, 決してはじめてそれ, 決心の, 決断した, 沈痛な, 泣いて, 海で, 涙を, 深淵を, 溜息を, 火を, 焦立たしいよう, 煙草の, 熱心だった, 父の, 片時も, 牛込に, 牛込の, 玄関に, 現実的な, 用心深く横, 甲高く不自然, 男といふ, 男の, 痛さ, 白ブラウスの, 相手の, 眉ひとつ動かさず, 真面目に, 眠った様子, 眼を, 睨みつける目, 矢田津世子だ, 知らんふり, 知りすぎるくらい, 磯崎と, 社交婦人も, 祗園の, 神経に, 神経の, 私が, 空を, 立腹し, 箸を, 粕谷に, 精が, 紅茶の, 素子でなけれ, 素子な, 素子らしくきい, 素早く自分, 素知らぬ顔, 細かい粒, 絶えず自分, 縁側の, 美しい顔色, 考えて, 考へるかたち, 聞いたこと, 肉体の, 背が, 腹だちで, 腹をよ, 腹立たしそう, 自分であれ, 自分にも, 自分を, 自由に, 芸術座の, 茶々を, 行ったさ, 西空を, 言って, 言葉すくなく, 話した, 読み終ると, 読んで, 課業を, 谷村といふ, 谷村に, 谷村の, 谷村を, 貰い合わせた品物, 赤いすきとおる, 赤いパイプ, 身軽に, 軽い寝息, 近藤技師の, 遅れまいと, 遊びに, 重いほど, 鏡を, 階段を, 雑誌を, 雪に, 雪を, 電話口で, 静かに, 面白そう, 鞣帽子を, 鞣細工店を, 須美子の, 頑固に, 頷いた, 顔をよ, 食事を, 首を, 馬鹿, 駅の, 驚いたやう, 黙ったまま, 黙つて事務所

▼ 素子~ (554, 19.7%)

12 顔を 9 手を 6 ところへ, 腕を 5 ために, ように, 腕に, 顔に 4 前に, 声が, 方が, 方へ, 母は, 眼の, 肉体に, 部屋へ 3 その言葉, そばへ, 室へ, 感情が, 手に, 方に, 方は, 肉体が, 顔の

2 [32件] まわりを, タバコの, 一つの, 両肩, 友人の, 吉之助に対する, 声で, 姿が, 姿を, 室で, 小麦色の, 従弟の, 心くばり, 心を, 感情の, 手紙を, 書類入, 本棚の, 来るの, 棗形の, 気分を, 皮肉な, 眼を, 肉体を, 視線が, 言葉を, 足もとに, 返事を, 部屋の, 頬に, 頸部の, 顔が

1 [378件] あくびは, あっさりした, いいたいこと, いうこと, いう意味, いう白い, いう虎の巻, いおうと, いるうち, いること, いる座敷, うらみが, かきぶりは, かたまりは, かわりに, きなこ色の, こころもちが, こころもちと, こしらえたの, こだわりない, ことは, ことを, この提議, この無遠慮, この表現, こまかいペン, こまかい針, これまでの, こんなにもかぼそい, すぐ後ろ, すこし反, すらりと, そういう, そういう動作, そういう実行性, そっけない, そのこころもち, その一瞬, その声, その心, その癖, その皮肉, その笑い, その調子, その質問, そばに, たのしみなの, だった, つかいで, つましさ, となりの, と伸子の, どんな手紙, どん底の, なかに, なめらかな, ひそかな, ひろい心, ふるい友人, ほかに, もって, ものごし, やうな, やうに, やったこと, よこしたどの, よむプレハーノフ, わきに, わきには, わきへ, スケート練習は, スーツも, タバコに, タバコにも, テーブルを, デスクの, トランクを, ネクタイ蒐集は, ブラウスが, ブラウスに, プランに, ベッドに, ベッドも, マンネリズムと, 一つ一つの, 一人ぐらしの, 一変した, 一生にとっては, 三人が, 三人で, 三十を, 上に, 下宿の, 不安の, 不安定な, 不審を, 不快そうな, 不断とは, 不賛成を, 世話に, 両手を, 乗ったその, 二人ぎりだった, 二十前後の, 云って, 京都風な, 人生の, 仕事が, 仕事も, 伝法な, 体は, 倍ほども, 側からの, 側に, 傍に, 傷つきやすさ, 傷口は, 先に, 全身を, 分として, 切迫した, 前にも, 勉強が, 勉強ぶりには, 勉強場に, 動作に, 動機は, 勢に, 友達が, 友達の, 反感を, 反撥の, 古い知り合い, 右手は, 吉之助への, 噴火口が, 四人が, 報告を, 場合は, 場所馴れた, 声がわりに, 声と, 声に, 声には, 声にも, 声は, 声音や, 外套の, 外套を, 夢そして, 夢とは, 夢の, 夢は, 夢を, 大きい勉強机, 大学も, 大胆な, 女の, 好奇心は, 妹背の, 姿しか, 存在が, 存在までを, 実意を, 実母への, 室では, 室は, 室を, 家の, 家へ, 家を, 家庭で, 宿まで, 封鎖され, 専攻は, 専門と, 山形高女での, 左手は, 底に, 張りの, 後姿が, 後姿を, 従弟に, 心づかいだった, 心にも, 心ひめられた, 心もちだった, 心もちとは, 必要な, 性格の, 性格を, 性格的な, 悪意の, 情慾に, 想像も, 意見は, 意識に, 感動し, 感情から, 感情などとは, 感情的なうけとり, 感情表現に, 手の, 手もとを, 手料理で, 手紙から, 手紙で, 手紙には, 手紙の, 手紙は, 手紙へ, 手紙へは, 指さきを, 故郷は, 教育法は, 方からは, 方で, 方を, 日々の, 日常が, 日曜日の, 旧い友人, 時計と, 暗く亢奮, 書いたノート, 最後の, 月給であったら, 本かと, 本能に, 机に, 机のよ, 来かた, 杯を, 椅子のよ, 楽観を, 様子を, 横に, 横姿が, 横顔を, 機嫌を, 正面に, 歯痛が, 歯痛で, 歯痛の, 母の, 母住江は, 気に入って, 気分は, 気分も, 気持と, 気持にとって, 気持の, 沈黙の, 注意を, 混乱も, 満し得ぬ, 無言の, 父親が, 父親や, 片手を, 物を, 特徴である, 狭い傾いた, 献身と, 珍しいその, 理智が, 生活に, 生活は, 生活態度と, 生活態度との, 生活条件は, 生活計画と, 生理に, 申訳の, 病気を, 病状などを, 癖の, 発案で, 白粉気の, 白絹の, 皮手袋を, 皮膚は, 盃は, 目つきを, 相手を, 真実の, 眼から, 眼が, 眼に, 眼や, 着て, 瞳の, 知りぬいて, 破綻に, 神経に, 神経の, 立ちいらない, 第一印象, 節倹は, 素子らしい, 細胞検査の, 紹介が, 羞恥なき, 翻訳した, 翻訳の, 耳には, 耳へ, 聴講第, 肉体に対する, 肉体の, 肉体は, 肩ごしに, 肩へ, 肩を, 肩首根の, 背中の, 自分の, 苦しさ, 苦痛は, 華奢な, 落ちつかぬ風, 落着きは, 蒐集の, 表情の, 視線がや, 視線には, 視線の, 視線を, 親切な, 観察は, 角度から, 角度に, 解釈では, 言葉で, 言葉に, 計画だった, 訳したチェホフ, 訳したロシア, 話しかたには, 話すロシア語, 話といふ, 話に, 語学の, 語調を, 調子に, 讃嘆と, 貪りなつかしむ愛撫, 貪婪な, 貪慾を, 賢くて, 質問は, 起き上る気配, 身じろぎに, 軽い鼾, 迷惑に, 選び出した簡素, 部屋が, 部屋がちやん, 部屋です, 郷里の, 金を, 間に, 関西風な, 雑談さえ, 頬を, 額に, 顔からは, 顔つきに, 顔つきは, 顔つきも, 顔は, 風変りな, 髪の毛に, 魂の, 黄色陣地に, 鼻さきに, 鼻の, 鼻音が

▼ 素子~ (520, 18.5%)

24 云った 9 自分の 5 きいた, モスク 4 それを, テーブルの, 伸子の 3 タバコを, 伸子に, 伸子を, 入って, 答えた, 自分で

2 [27件] ああいい, いくらか, こわい眼つき, そうやっ, そう云っ, そこに, ついて, ひとりで, ノヴォデビーチェの, パリに, 伸子と, 何か, 何心なく, 出て, 声を, 実際家, 恋を, 日本語で, 歯痛を, 男の, 目を, 笑った, 見て, 言つた, 話した, 誰かと, 買って

1 [393件] あがるよう, あきれたよう, あきれた顔, あっさりと, あっさり云った, あのとき駒沢, あやしんで, ある大学, あれで, いいだした, いいと, いうと, いうとおり, いくらかむっ, いそいで, いったので, いって, いつもの, いつも使う, いまにも, いま白浜へ, うけとる自身, うす明り, うつりヴェーラ, うらむよう, おこったよう, おこっていう, おどろいた顔, かけディヴァン, かすれの, かぶせて, からかわれたよう, ききとがめた, ききとめた, ききはじめた, きくのに, きつい語気, きめること, きょうソヴェト関係の, くれたもの, ぐらぐらし, こういう部屋, こごみかかって, こっちの, ことによる, このあいだ自分を, この夏, この話, これだけ, こんな病気, さう, さきに, さっきまで, さっと上気, しきりにピスカトール, しきりに拘泥, しげしげ磯崎, しそう, して, しばらくする, しばらく店内, しまって, すきという, すこしかすれる, すこし上気, すこし軟かく, すつと, すばやく自分, すツ, そういい, そういう, そういう調子, そういっ, そういった, そうきいた, そうであった, そう云い, そう云う, そう云った, そう書い, そう答えた, そう言った, そこを, そのせい, その一つ, その時, その私服, その著作集, その袋, その調べ, その長椅子, その頃流行し, そばから, そばへ, それならロンドン, それに, それほど恣意的, そんなこと, そんな風, たしなめた, だんだん恋, ちゃぶ台の, つきあった, つたえた, つづけた, つぶやいた, となりの, とにかくベルリン, とまって, どうしてもそこ, どうとっ, どこやら, なにを, にやりとし, のみこめな, のりかけて, ひそかに, ひとりかえる, ひとりごとの, ひやかしながら, ひやかし半分伸子, ひろい室, ひろげたまま, びくっと, びっくりした, ぶらぶら来た, へんな, ほかの, ほつれを, ほほえんだ, ほめた, まじめな, またふらりと, また同じ, また新聞, まだパリ, むしろ細君, もうしまいと, ものも, やっぱり本場, ゆく外廊, よくもの, よけいに, よこした手紙, よって, より出した, わからないわからないという, わきから, わきに, キタヤンカと, コップに, ソコーリスキーに, タクシーに, タバコでも, タバコに, ハンドルに, バカな, パッサージ, ブラウスに, ベルリンでの, マリア・グレゴーリエヴナの, ミカンここへ, メトロの, ヤキモチを, リザ・フョードロヴナに, ルケアーノフの, ロシア文科に, ロシア風に, ロンドンを, 一ヵ月前払いし, 一寸躊躇, 一種の, 上衣の, 不安そうに, 不快そうな, 主張し, 事務所の, 事務所へ, 二階の, 云い出した, 云い出したこと, 云い終ると, 云う男, 云ったとき, 京都から, 京都へ, 今忙しい, 付いて, 伊豆へ, 会釈を, 伯爵の, 伸子から, 伸子にも, 何かの, 何とか発案, 何気なくたたみかけ, 使つてゐる, 俳優としての, 停車場へ, 先へ, 入り伸子, 入口の, 冷静に, 出かけて, 分配される, 劇通らしく云った, 励ますよう, 勉強した, 勉強する, 勉強を, 勘定台へ, 化粧台の, 午後に, 友人夫婦に, 反撥する, 口を, 合図を, 吉之助に, 吉沢博士に, 否定した, 呟いた, 呼んだ, 土間の, 夕方帰っ, 外から, 外出さきから, 外国人を, 外套の, 外套を, 大きい声, 大きな声, 大学の, 奥の, 女だ, 女学校の, 好意と, 妙に, 実際に, 実際的, 専門学校の, 小さい紙, 少しおびえた, 岡本に, 帰って, 帰ってからも, 帰る時, 平静な, 幻滅した, 幾分からんだ, 幾分不安そう, 座敷から, 張り替えたまっ, 強いて, 彼女を, 必要と, 忠告した, 思うこういう, 悲しいさ, 意外そうに, 感じたり, 感じて, 感興を, 戻って, 手の, 手はずし, 手もとへ, 抑揚うつくしく, 抱きしめた, 拘泥し, 推察した, 揃えて, 支那女と, 新宿駅の, 新版の, 日本であった, 日本の, 昨今は, 本棚の, 机の, 村田壽子の, 来たとき伸子, 来て, 来るという, 来る日, 東京へ, 果して気がつい, 格別疑問, 椅子に, 横あ, 次の, 歩道の, 気を, 永年芝居を, 決心した, 決断の, 泊って, 注意し, 涙に, 涙の, 淡泊に, 湯タンポを, 激怒する, 濡れた接吻, 瀬川に, 物売女の, 独特の, 甘いもの好き, 生活を, 用事の, 男みたいに, 男ものめいた, 男性への, 番頭を, 病室へ, 発音の, 眠れなくても, 眼のよ, 着物や, 瞳の, 社長室を, 私立大学の, 移った部屋, 立ちどまって, 立って, 立つて, 立つ前, 立去る気配, 笑いながら, 答えながら, 糸目の, 約束を, 素人写真を, 素子としての, 素子らしい, 素早く銚子, 細々と, 紹介した, 結論づけるよう, 緩り起き上った, 置いて, 聞いたらひとくち, 胸の, 腕時計を, 腕組みし, 腰かけて, 腰を, 膝掛の, 臥て, 自分たちの, 自分では, 自分を, 自嘲も, 芸術座へ, 苦しんで, 蕗子に, 行きたいと, 行くと, 見あげて, 訊いた, 訪ねて, 話すいつも, 話を, 説明し, 説明した, 議論し, 買いも, 買いものの, 辞典の, 近所別れの, 返事した, 退院し, 通訳なんか, 遂に辛棒, 遊覧船で, 部屋に, 部屋を, 部屋着の, 酔った晩, 重々しく答えた, 銀製の, 閃くよう, 開けて, 間に, 関西の, 雪の, 電報に, 露台から, 露台と, 静かに, 鞣帽子を, 韻を, 黄竹村が, 黙って

▼ 素子~ (196, 7.0%)

11 云った 8 向って 6 きいた 3 ささやいた 2 いった, たよろうと, とつて, 声を, 扶けられ, 日本語で, 訊ねた, 話しそう

1 [152件] あずけ瀬川, あてて, あやまらなくては, ありのままうつっ, あれや, あんなに酒, うちあけて, うつるの, かいた下手, かまわず伸子, ききに, くっついて, こういう意味, こんなこと, ごめんなさいという, さしたるもの, しらすべきなの, しらせた, しろフランス, しろ日本, そう云われ, そう注意, そう答え, そのこと, そのまま話しかねる, そのエハガキ, その感情, その新聞, その話, その電報, たすけられながら, たずねた, たとえ一日, たのんだ, たよって, たより甘え生活, だまって, つたえた, つっこまれた蜂谷良作, つづいて, つめよろうと, つよく意識, つれられて, とがめられて, なげて, ひかれて, ひかれ暮して, ひそかな, ぶたれた方, ぶつか, まかせきった今, まわした, むかって, もって, やって, やりかへ, わかったの, わたした, わたして, わたしながら, わるいと, ロシア語を, 一つ一つは, 与えて, 予告なし, 予想されない, 云いかけた, 云ったもの, 云つた, 仰向いて, 会えた偶然, 会ったの, 会わない前, 伸子が, 伸子の, 住むところ, 十分の金が, 吉之助は, 向けた, 向け朝子, 向つて弱音, 告げた, 告白しなけれ, 問いかけられた須美子, 囁いた, 囁き大笑い, 多く話しかけ, 媚びた, 就て, 差出した, 影響され, 待って, 思い出させた, 恋など, 恋を, 懇願し, 抱きおこされて, 挑み身, 散々笑われた, 映る危険, 本を, 案内され, 求めて, 注意を, 渡さなければ, 渡した, 渡して, 瀬川が, 無断で, 発音させた, 相談し, 相談しかけた, 相談を, 相違ない, 眼で, 知られて, 砂場嘉訓に, 確保され, 私が, 私は, 秋山が, 紹介された, 繋いだ, 考えて, 背を, 自分の, 見えた, 見せた, 言った, 訴えた, 話さないこころ, 話しかけて, 話しかける岡本, 話した, 話してなかったの, 話すこと, 話せようと, 誘われて, 誠実であろう, 説明した, 谷村の, 買われるまで, 質問しかけた, 贈らうと, 走査し, 迫って, 追いすがるよう, 追いついた, 送った, 通じる女同士, 適当な, 里栄の

▼ 素子~ (133, 4.7%)

9 伸子とは 6 一緒に, 伸子の 5 つれだって, 伸子との 4 並んで, 伸子とが, 暮すよう 2 ちがって, つれ立って, 二人が, 二人で, 伸子を, 抱きあって, 目を, 顔を

1 [74件] いっしょに, うち合わせ, うち合わせた, おもやい, お茶でも, くらすよう, さし向い, すれば, その兄妹, その話, どちらに対しても, ならんで, ふざけた, ナターシャと, パリで, ヴェラとが, ヴェルデル博士と, 一緒の, 三人の, 二人きりで, 二人きりに, 二人ぎりで行動できる, 二人ながい, 二人の, 二人住の, 二人分の, 仁科には, 会う約束, 伸子が, 伸子と, 伸子とで, 伸子とを, 伸子二人の, 伸子自身の, 住んで, 何も, 俚諺の, 別れた, 前後二列に, 同じ皿, 同じ素子, 多計代, 少年との, 広間の, 挨拶した, 暮して, 暮してからの, 暮しはじめた, 暮しはじめて, 暮す話, 本を, 橇に, 献身の, 率直に, 生活しはじめ, 生活しはじめよう, 男の, 知り合いに, 知り合うところ, 竹村とが, 腕を, 自分とが, 自分との, 自分とは, 自分への, 蕗子が, 親しむやう, 記者との, 話した, 話して, 貪婪な, 部屋で, 部長との, 黒川隆三が

▼ 素子とは~ (107, 3.8%)

1 [107件] いくらか急ぐ, いそぎも, いちどきに口, いつまでも, おととしの, かすかな, かなり立ち入った, くたびれて, こういう状態, これから先, さくらと, しばらくその, しばらくだまっ, しばらく休ん, そこから, そこで, そっと席, そのころ, その季節, その店, その廻廊, その日一日, ちがった面, ちょっと間, つれだって, ときどきそこ, ときどき大波, とぼしい知識, どうつながる, はぐれまいとして, はじめ何だろう, ひっぱり合うよう, また貸間, むしろよろけ, もう一度ホテル, ウィーンまで, オペラや, クリームを, グラン・ブル, タガンローグの, ニージュニ・ノヴゴロドから, ノートの, ハルビン製だ, ベルリンへ, ペレールの, ホテルの, ホテル・ガリックへ, メトロの, ヨーロッパ, レーニングラードの, ワルシャワで, ヴェラ・ケンペルの, 一日に, 一組二組新調した, 互にこれ, 互にひとこと, 互にまるで派, 人っ, 人通りの, 何かの, 何者である, 十二時すこし, 反ソヴェト的, 商業区域に, 四五日ハルビンへ, 国立銀行へ, 変に, 大きなテーブル, 大使館の, 大公園, 屋根裏部屋へ, 川瀬や, 左手の, 帰って, 広場が, 思いがけないという, 慎重に, 散歩が, 日本で, 普通でない, 暫く午後十時, 木曜会の, 機嫌よく, 毎朝九時ごろ学者の, 涼しくいる, 渋谷から, 漠然と緊張, 畑の, 目ざめ心地の, 目を, 磯崎の, 磯崎夫婦を, 翌日も, 自分たちが, 自分たちの, 蠅を, 街の, 観に, 長椅子へ, 間口ばかりは, 音楽とともに, 飛行機で, 飾文字の, 駒沢まで, 黒い服, 黒川隆三が, 黒川隆三に

▼ 素子~ (99, 3.5%)

5 伸子も 2 モスク, 一緒に, 吉之助の

1 [88件] いきなりきのう, いっしょに, いらざるひと, いる, おもしろそう, きこえないふり, きょう朝子が, ぐるりを, そのばらばら, その一人, その二人, その撩乱ぶり, その計画, それぞれに, それとなく注目, それに, ただ物ずき, だまった, だまって, ついて, ともどもに, ないし, のりだした, ひどくくたびれ, ふきだした, またこの, みんなそれぞれに, もとより自ら, やっぱり感じる, やっぱり落, ややしばらくもの, よく知っ, アストージェンカへ, テルノフスカヤが, バスの, フラム・フリスタ・スパシーチェリヤへ, マルセーユという, 一年の, 一週に, 並んで, 仕事を, 出かけて, 卓の, 口を, 吉之助が, 同じ思い, 同じ意見, 子供が, 小さな興味, 席を, 帰ったあと, 帳場の, 引込まれるやう, 強く自戒, 当然その, 思って, 意外らしかった, 新しいタバコ, 新しく外国旅行, 朝子も, 来て, 杯の, 特別気が, 病院へ, 瞬間躊躇し, 秋山も, 立ち上る, 自分が, 苦しいの, 苺の, 蒲原自身も, 蕗子も, 血色は, 行って, 誘はれるやう, 賛成で, 通いはじめた, 遂に悲鳴, 金に, 釣り込まれるやう, 長原吉之助が, 長男も, 陽気すぎその, 随分気, 露台の, 顔を, 食事つきで, 黙った

▼ 素子~ (89, 3.2%)

10 見た 3 かえりみた, 見て 2 つついた, 生んだ母, 見あげた, 見ながら, 顧みた

1 [63件] ああやっ, うしろへ, おこさないよう, おどろかして, かたく抱きしめ, これ以上登場させたくない, しげしげと眺める, じっとやぶにらみ, じっと見つめた, せめつけた, そういう気分, そういう風, そんなにせつない, たえがたくし, だまして, つれて, ときふせた, ひっぱった右腕, みて, よびとめるため, よんだ, チェホフの, デスクの, ルケアーノフは, 一族中の, 不安に, 乗せて, 介して, 伸子は, 信じがたい, 動坂の, 咒ふこ, 問題に, 対手に, 恋するよりも, 憎ませその, 押しのけようと, 探して, 時々は, 暗闇の, 書く限り, 最もさいなむ, 根本的に, 理解できた, 目の, 眺めた目, 社員として, 紹介した, 能見物に, 自分の, 見あげて, 見あげながら, 見それから, 見たとたん, 見るなり, 見上げた, 訪ねる気, 誘って, 逆上させる, 連れて, 過去の, 隔たった眼, 顧みて

▼ 素子さん~ (65, 2.3%)

2 といつ, と芥川夫人, にお, は僕

1 [57件] が, がこなけれ, が一番, が教, が白浜, が言, その説明, だ, とお, とから聞い, とか言, とホテル, と僕, と帝國ホテル, と来, と死なう, と死ぬ, と白蓮, と白蓮さん, と自分, と芥川, にあなた, にさういふ, にと書い, に必要, に案内, に聞い, に言つて, のタイプ, の一面, の人柄, の前, の家, の空想, の立場, の胸, の電話, の顏, は, は一寸立止つて, は傘, は文子さん, は死ぬ, は療養所, は省線, は芥川, は落ちついた, も, も僕, をたより, を一寸, を信用, を兄, を書い, を紹介, を貰, を黄泉

▼ 素子とが~ (41, 1.5%)

3 モスク

1 [38件] あしたの, あらましその, うすら, この年のうち, これに, そこへ, その瞬間, その角, その長い, たかられ伸子, はじめてモスク, もう二三日, アストージェンカの, シーズンはずれの, タバコを, デーツコエ・セローについて, パッサージ, パンシオン・ソモロフを, ブリ, ベルリンで, ベルリンへ, ペレール四七番地の, 並んで, 九時ごろメトロに, 二人揃っ, 二階の, 四月二十九日に, 工芸博物館の, 彼と, 或る, 旅行用の, 暮して, 案内された, 歩いて, 茶テーブルに, 起きたとき, 逃げこんだカフェー, 銀の

▼ 素子との~ (26, 0.9%)

2 生活の, 間の

1 [22件] いまの, このちがい, ために, ための, パリでの, 心の, 新たな, 旅程であった, 日常に, 日常生活を, 暮しに, 暮しの, 生活だ, 生活における, 生活感情にも, 表面の, 裏書は, 話を, 遊びかたは, 間で, 間に, 間には

▼ 素子には~ (18, 0.6%)

1 [18件] そういうこと, それも, だまって, わからない, 七階の, 云って, 何か, 何となし, 償ひと, 同時にたち, 娘たちの, 子供が, 対人関係で, 明日山女魚が, 真実な, 科学博物館などは, 聞えるか, 腹立たしい刺戟

▼ 素子から~ (16, 0.6%)

1 [16件] ききたかった, そういう話, そうきかれ, だった, では, もらったタバコ, よくお, ナターシャへ, 伸子の, 伸子は, 作用を, 噂を, 斜よ, 来たの, 自分たちの, 見ると

▼ 素子にも~ (14, 0.5%)

2 それは

1 [12件] ある感銘, なかった, よくわかっ, 云えなかっ, 公使夫人として, 判って, 竹村にも, 自分たちの, 自然に, 蜂谷の, 話さないそういう, 迎えに

▼ 素子からの~ (12, 0.4%)

2 手紙を 1 しらせで, その手紙, 封筒を, 手紙が, 手紙で, 手紙であった, 手紙によって, 暗黙の, 電報が, 電話だつた

▼ 素子とを~ (8, 0.3%)

1 この老, そのなか, つれて, のせた馬車, のせて, 一緒に, 目送し, 連れて

▼ 素子~ (5, 0.2%)

5 あつた

▼ 素子について~ (5, 0.2%)

1 そう云った, そっちに, ホールに, モスク, 厨房の

▼ 素子~ (5, 0.2%)

1 原稿料が, 届かなかった, 返事の, 長文電報を, 電報を

▼ 素子では~ (4, 0.1%)

1 ない, なかった, なかつた, なくて

▼ 素子とに~ (4, 0.1%)

1 くもの, レーニングラードへ, 不自然でなくうけとられた, 向って

▼ 素子~ (4, 0.1%)

1 伸子が, 伸子なども, 伸子に, 娘たちに

▼ 素子らしく~ (4, 0.1%)

1 ホテル暮しでは, 伸子は, 埠頭へ, 追求した

▼ 素子自身~ (4, 0.1%)

1 その苦し, に不可抗, はどう, は蛙

▼ 素子に対して~ (3, 0.1%)

1 傷つけられた自分, 吉之助が, 正直で

▼ 素子への~ (3, 0.1%)

1 たよりに, 妄執を, 手紙を

▼ 素子よりも~ (3, 0.1%)

1 もっと背, よけいそういう, 解決に

▼ 素子らしい~ (3, 0.1%)

1 考えかたを, 苦しみかた, 顔と

▼ 素子あて~ (2, 0.1%)

1 の二三通, の厚い

▼ 素子からは~ (2, 0.1%)

1 なれて, また一々

▼ 素子がは~ (2, 0.1%)

2 ひつて

▼ 素子だけ~ (2, 0.1%)

1 先へ, 差別を

▼ 素子だけが~ (2, 0.1%)

1 一番自然に, 外国へ

▼ 素子という~ (2, 0.1%)

1 二人一組の, 女との

▼ 素子として~ (2, 0.1%)

1 はじめての, 滅多に

▼ 素子としての~ (2, 0.1%)

1 女らしさ, 線を

▼ 素子としては~ (2, 0.1%)

1 どうしてもロシア語, 正義派めいた

▼ 素子とにとって~ (2, 0.1%)

1 それらすべての, 外国である

▼ 素子にさえ~ (2, 0.1%)

1 伸子の, 話す気

▼ 素子にたいして~ (2, 0.1%)

1 気が, 誠実であろう

▼ 素子にとっても~ (2, 0.1%)

1 局面打開の, 自然な

▼ 素子に対しても~ (2, 0.1%)

1 おとなしくなった, 義理ある

▼ 素子はちよ~ (2, 0.1%)

2 つと考へ

▼ 素子ばかり~ (2, 0.1%)

1 では, 喋るうち

▼ 素子ひとり~ (2, 0.1%)

1 がこれ, 戻って

▼ 素子伸子~ (2, 0.1%)

1 がデュト, という順

▼ 素子独特~ (2, 0.1%)

1 の淡白さ, の率直

▼1* [50件]

素子伸子に, 素子がねまきや, 素子さえもその雰囲気, 素子さんあたりには僕, 素子さんお父さんの脛, 素子さんとそとにでた, 素子さん以外のまた, 素子さん僕にもつともつと, 素子そのほか二三人の, 素子たちとその, 素子のに, 素子つや子の三人, 素子であることが, 素子でなければいけない, 素子といふ女性の, 素子としても同じよう, 素子とともにのこった, 素子ともろくに口, 素子のだ, 素子なども知つてゐた, 素子なる女性について, 素子にさえもうちあけては, 素子にだけはどうも遠慮, 素子につれ出されて, 素子にとってどんな苦痛, 素子にとってはこの麻痺薬, 素子にねむけが, 素子に対し傾倒した, 素子のよこに, 素子はははと短く神経質, 素子ははははと笑い出した, 素子はれんじ窓の, 素子へと視線を, 素子ほどいたはり, 素子よりひとあし, 素子らしくきいている, 素子を通して谷村に, 素子一流の率直, 素子中館川瀬の四人, 素子二人づれの通行人, 素子和一郎小枝とつまっ, 素子川瀬勇の三人, 素子様伸子様と連名, 素子のデスク, 素子磯崎夫妻の一行四人, 素子秋山宇一内海厚の四人, 素子老嬢エレーナをぐるり, 素子親子であること, 素子運搬がかりのつや子, 素子を笑わせ