青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「知れません~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

知る~ ~知れ 知れ~ ~知れた 知れた~ ~知れない 知れない~ ~知れぬ 知れぬ~ ~知れません
知れません~
~知れん 知人~ ~知識 知識~ ~短い 短い~ 短刀~ ~石 石~ 石垣~

「知れません~」 1315, 14ppm, 8151位

▼ 知れません~ (899, 68.4%)

36 私は 21 それは 8 僕は, 兎に 7 これは, 私の 5 私には 4 あなたの, それが, それに, それを, わたくしは, 人間の, 今の

3 [12件] あの人, その時, わたしは, 人の, 今は, 何も, 併し, 兎も, 前にも, 彼は, 私が, 第一

2 [36件] あまりの, あれは, これで, しかし僕, しかし私, その頃, それでも母親, それと, それも, でもあんまり, ともかくも, どうも私, ほかの, まあ私, もしそうだったら, 不幸に, 中が, 事実は, 人間一匹殺せる, 今日の, 今日思い返し, 何を, 女の, 妹の, 明治時代の, 松虫や, 決してそうで, 決して嘘, 相手の, 神の, 神経やみの, 約束だの, 継子さんは, 誰にも, 貴方は, 風呂場は

1 [671件 抜粋] あくる朝, あすをも, あっしの, あっしは, あつしの, あつた, あとで, あのころ, あの事件, あの利口者, あの手負い, あの男, あまりあっさりと, あまり重要, あれに, あんな小刀細工, あんまりびっくり, あッち, いくら固い, いささかも, いずれも, いずれ旅, いつもの, いつも私, いまは, いらっしゃいいい, おそらくその, お互に, お喜代, お好き, お嬢さんも, お父さま, お玉が, お金は, お靜, かえってまだ自分, かかる遺伝, かのトンビ, ぎゃっ, けれどもね, けれども人間, けれども私, こ, こういう功利主義以上, こうして寝, こう私, この一円, この万籟死, この初, この地盤, この場合, この夜, この川, この手紙, この春, この機会, この点, この為さん, この鳥, これが, これまで, これも, これを, こんなの, こんな場合, こんな女, こんな経験, さうかと言つて, さしあたって, しかしあの, しかしあれ, しかしこれ, しかしとにかくそう, しかしわれわれ, しかし人間, しかし元, しかし問題, しかし大分, しかし幾程免職, しかし怒っ, しかし第, しかし通信, すつかり, するとその, そういうわけ, そういう次第, そういう点, そうで, そうなると妻, そう見え, そっちの, そのいわゆる, そのテープ, その人, その人格, その代り, その子守唄, その実, その後間もなく, その描かれた, その方面, その点, その理智, その男, その見, その間に, それかって, それでもこの, それでもなおどこ, それでも出来る, それにしてもあんまり, それにしてもその, それにしても出立, それには, それの, そればかり, そんなら云い直します, そんな奴, そんな考え, そんな逸り気, ただ, ただそれだけ, たといそういう, たとえば将棋, たとえやってこなく, ちょっと御, ちよいともの, ちらと, つる, つー, でもたしかに, でも安心, でも心, でも氣, とにかくこれ, とにかくその後, とにかく上, とにかく今, とにかく先年, とにかく千恵, とにかく吸い寄せられる, とにかく外部, とにかく私たち, とにかく自分, とにかく親分, とにかく酒, ともかくベナビデス, ともかく一つ, ともかく現在朧げ, どうかそんな, どうか気, どうぞお, どうぞ私, どうでしょう, どうもその, どうも専門, どうも自動昇降機, なにしろその, なにしろ役割, なにしろ竹蔵, ふとこの, ほかに, ほんとうは, ぼくらと, まあいい, まあこんな, まあ大体, まあ真面目, まずお話, まだ絵図面, まち子の, まったく不思議, まア僕流, みんな心霊術に関する, むずかしいもの, もうすこし変った, もうその, もう少し進め, もう結婚, もしあつ, もし二, もし篤実, もし途中, もとより霊者, やはり芸術, ゆき子は, わざわざ和田さま, わたくしとしては, わたくしの, わたしの, わらは, われわれの, アメーバは, アララギ派の, イエそういう, ケチな, シカシ本田の, ソン時は, ヒダの, ヒドイ目に, ピストルで, ボクは, モトモト平べ, ワーッと, 一体科学, 一度この, 一方から, 一通りなら, 一郎にとっては, 七つに, 三十年經つてから, 三尺二尺五寸ぐらいに, 三郎は, 下の, 不完全ながらも, 不破の, 世の中の, 世の中は, 世間には, 中ノ島の, 中年者の, 中納言様が, 主義者と, 予言者でない, 事實に, 二三人寄っ, 二三年前に, 二人の, 二人一度に, 二隆起に, 交通遮断やら, 人が, 人間が, 人類が, 今では, 今でも, 今度は, 今日は, 今朝兩國の, 以上から, 以上の, 仮りに, 伊兵衛は, 伽羅伽羅という, 体格の, 何か, 何だか不愉快, 何という, 何の, 何分その, 何日も, 俳優の, 僕から, 僕にとっては, 僕には, 元来風来坊の, 兄と, 先きの事を, 先ず生きかえります, 兩眼盲ひ, 六十すぎた, 六平が, 其の頃, 其は, 写生は, 凶賊黒旋風の, 刀は, 初めて私, 到底融和, 動かぬ証拠, 単にそれ, 危険を, 危險を, 厚ぼったく綿, 去年以来どんなに, 参考には, 又私共, 同じ屋根, 同じ物語りで, 同じ音羽, 君には, 否否科学, 呉国の, 唯今の, 唯妹さん, 問題としては, 噂に, 困るの, 図星を, 坂口氏の, 壊し屋, 多くの, 大したこと, 大した物, 大体あの, 大体うまく, 大変な, 大抵は, 大變, 大體無口, 失礼です, 奈々子は, 女には, 女史たちの, 女房が, 奴のは, 如何に, 妾には, 姉は, 婦人という, 婦人の, 子供らしい, 学校へ, 学生の, 学者は, 実はめぼしい, 実は他愛, 実は使い走り, 実は猫, 実は豆腐, 実を, 実際は, 実際的, 宮廷費の, 寺院建築は, 将来見込は, 小林大内両, 少しいたずら, 少しお, 山の, 山は, 左様で, 師匠の, 師匠も, 席亭から, 年寄の, 幸いに, 幸ひ, 幽霊の, 弓矢の, 当人の, 当分一週に, 当方では, 形や, 彼奴さえ, 後世に, 従兄も, 御用を, 微妙な, 心臓運動の, 怖いもの, 性分は, 怨まれても, 恰度その, 患者こそ, 悲しい事, 慣れると, 我々が, 我が日本, 戦争中聴音機の, 戦地で, 戦時生活運営の, 房州の, 投書の, 折角くれた, 支倉さんの, 教育の, 文化人の, 文化的知識と, 文句を, 新聞に, 日本では, 日本の, 日本人は, 日錚和尚と, 早く引上げ, 明治初年に, 昔の, 昔は, 春一にとっては, 春廼家さんな, 昭和, 是非左様, 普通頭の, 暮の, 最も善い, 東京の, 東京女子大に, 極めて簡単, 構うこと, 歌舞伎座へ, 正直な, 此の, 段々改良工夫, 殺されるまでに, 気は, 氣が, 江戸兩替屋の, 決してそんな, 決して不可能, 浅学寡聞の, 海洋の, 深い恋, 漱石さんが, 無いかも, 然かし姉さん, 然しあの, 然しなんと, 特別の, 狭いと, 玄人は, 王漁洋と, 現世的な, 理窟の, 瓦版まで, 生きてさえ, 男が, 白状します, 百年後の, 皆さんの, 監獄が, 目に, 目方で, 相手が, 眞物の, 真珠を, 確かに, 祈祷や, 私さえ, 私たちの, 私たち室内の, 私と, 私としては, 私などには, 私に, 私にとっては, 私のは, 私も, 私共では, 私共にとっては, 私共は, 秋川駿三と, 笑わずに, 築地の, 細君は, 結わせて, 縁側の, 罪が, 義理も, 聖書と, 肉声では, 育て親, 能力とは, 自分は, 自分一人で, 芸術気質と共に, 若い娘共, 若し其樣, 英雄文学社の, 蔭の, 蔵元屋は, 蟹口さんは, 行方を, 西半球東経百五度以東南緯五十度以南の, 覚えて, 親としては, 親の, 話す方, 話の, 話は, 誠に宜いお, 説明の, 誰だって, 豊竹屋が, 貴方ほんとに, 貴方を, 赤城下は, 転びさ, 転びさえ, 通りがかりの, 造物主とか, 遺憾ながら, 酸素利用が, 金という, 銀杏加藤の, 鎌倉権五郎景政は, 門野という, 関東だけで, 陽気も, 難航中写真機を, 非凡の, 非常に, 音相に, 頭から, 頭が, 飛び出せば, 馬が, 騒ぐよう, 鶏なんぞは, 鼠より

▼ 知れませんから~ (56, 4.3%)

2 明朝か

1 [54件] あけないで, あらかじめお, いっそ男ども, いづれメール, うまく彼ら, お泊り, お砂糖, お聞きし, お聴, こ, この機会, して, そつと, その心算, その方, その時, その点, その点心, それでは一つお話し, そんな時, どうしても, どうぞお世話, どうぞ三河町, まずその, もう少し説明, もし二日, ホントの, 世間から, 二人の, 仙太郎は, 何う, 先ア深く, 又, 只今も, 善意に, 大事に, 女中どもを, 学校や, 寧その, 尋ねあぐんで, 廃しましょう, 早く持参, 昔から, 木曾さんにだけ, 本当に私, 私から, 私にも, 窃っと, 篤と源助, 自分の, 良人にも, 連絡場所を, 遠方を, 重三郎は

▼ 知れませんけれど~ (34, 2.6%)

4 私は

1 [30件] あそこのは, あたま, ある処, お気に, お父さんの, しかしそれ, しかし二人, そこには, そのお, その恰好, それが, まあなおった, まさかあ, やっぱり私, よく見, わたしが, 二人とも, 何しろ始末, 僕の, 先生は, 全然反対, 外の, 是は, 死んだ身体, 河野は, 父母は, 獨身で, 皆さんなどとは, 相手が, 酒は

▼ 知れませんけれども~ (31, 2.4%)

2 この私, 兎に, 私の

1 [25件] いちばん根本は, その仙太郎親方, その証拠, つくづく私, つまり他, とにかくそれ, どうもあの, どうも今, ね見よう, もう一度あなた, ビフテキの, プウ・フウ新聞は, 中味の, 何う, 何卒し, 併し, 兎も, 封建時代の, 少し考え, 心配し, 我々には, 百合さんどうか, 立派に, 結局は, 譬へばなもと

▼ 知れません~ (24, 1.8%)

3 親分

1 [21件] あの家, お呪咀, お目, お願いだ, さうし, それに一人前, とにかくせっかくの, ねえ彼ア, ねえ毎日, アハ, エミに, ハヽヽヽ帰る, フフ, 亥刻, 地球だって, 大澤家の, 學校の, 時々匕, 殿方ばかりの, 私が, 近来は

▼ 知れません~ (17, 1.3%)

1 [17件] あたくし, これに, そうでなく, それが, まだまだ私共, 一概に甘い, 其運動自身が, 又斧, 又本人自身, 又誰, 家に, 或いは死んだ, 支那や, 生涯さう, 硝子障子の, 私の, 誕生の

▼ 知れません~ (15, 1.1%)

1 [15件] いいこと, いいこと教, いう, いうので, 云うので, 云う真, 云って, 云つた, 前提を, 私が, 答えた, 苦笑し, 言ったらいかが, 言ふ, 非常に

▼ 知れませんけど~ (13, 1.0%)

1 [13件] あまりよく似, そのため, それではアンマリ, ただわたし, でもあなたお気, ふき残されて, 会って, 学生の, 心配です, 村尾さんは, 私が, 私はね, 電話は

▼ 知れませんので~ (13, 1.0%)

1 [13件] いづれ後程, きょうは, げすが, ございます, ございますけれど, どうもはっきりした, スタンレーは, ハッキリした, 内の, 尤も其の, 慥か何時ぞや三田, 早川さんに, 本題に

▼ 知れません~ (12, 0.9%)

1 [12件] お孃さん, けれどおそらく, けれども何, この節, でも, どうして行方不明, まだ呑み足りない, ヘボンの, 伯母さんは, 犯罪の, 紙が, 羨しいったらありません

▼ 知れませんがね~ (8, 0.6%)

1 あっしは, あの女優志願, それでは私, そんなこと, どうしませう, まあ探っ, わたしも, わっし

▼ 知れません~ (8, 0.6%)

1 あそれ, あ御存じ, には, に手, の喉笛, はそれ, はちょっと, はもう一応

▼ 知れませんそれ~ (7, 0.5%)

1 が伊津丸殿, ならば, はまだ, は数年前, も当, をみんな, 故にこの

▼ 知れません~ (5, 0.4%)

1 けれども私, ちょうど主人, もしお, 慌てて, 私に

▼ 知れませんそう~ (4, 0.3%)

2 でなければ 1 で, です

▼ 知れません~ (4, 0.3%)

21 あっはっはっは, しかしこういう

▼ 知れません~ (3, 0.2%)

21 更に心当り

▼ 知れませんその~ (3, 0.2%)

2 頃今の 1 お話を

▼ 知れません~ (3, 0.2%)

1 じゃ, です, をあやうい

▼ 知れません少し~ (3, 0.2%)

1 も悪意, 清算し, 調べて

▼ 知れません然し~ (3, 0.2%)

1 あなたの, あの人, 僕のは

▼ 知れませんあの~ (2, 0.2%)

1 子は, 鳥は

▼ 知れませんしかし~ (2, 0.2%)

1 これは, なんぞ計らん

▼ 知れませんただ~ (2, 0.2%)

1 ボンヤリと, 人間は

▼ 知れません~ (2, 0.2%)

1 居たが, 居りましたが

▼ 知れませんとにかく~ (2, 0.2%)

1 やって, 小田切さんとは

▼ 知れませんねと~ (2, 0.2%)

1 井谷も, 平気で

▼ 知れませんのに~ (2, 0.2%)

1 きっと江戸, 私は

▼ 知れませんほんとう~ (2, 0.2%)

1 にどんどん, にコレラ

▼ 知れませんまた~ (2, 0.2%)

1 あるはず, 違って

▼ 知れませんもう~ (2, 0.2%)

1 一人医者を, 今晩きりで

▼ 知れませんよう~ (2, 0.2%)

1 な次第, に何とか

▼ 知れませんよと~ (2, 0.2%)

1 云って, 白船君に

▼ 知れませんよね~ (2, 0.2%)

1 えお祖母様, 八五郎親分私は

▼ 知れません~ (2, 0.2%)

1 でも私, 会って

▼ 知れません~ (2, 0.2%)

1 でも其奴, ということ

▼ 知れません何しろ~ (2, 0.2%)

1 この誓文払, 暇を

▼ 知れません~ (2, 0.2%)

1 に角, も角

▼ 知れません次郎さん~ (2, 0.2%)

2 ばかりで

▼ 知れません~ (2, 0.2%)

2

▼ 知れません笑止~ (2, 0.2%)

2 しければ

▼1* [110件]

知れませんああしないと, 知れませんあなたが全然, 知れませんあんな者の, 知れませんいいえわたくしは, 知れませんいろいろ手配を, 知れませんうっかり申上げ, 知れません温ければ, 知れませんおじいさんは嘘, 知れませんお前さんのは急場, 知れませんお隣のお客様, 知れませんからねと答えた, 知れませんけどもまア話, 知れませんここへ来, 知れませんさあわたしを, 知れませんしかもわれら青二才が, 知れません旦那貴方ア両方の, 知れませんそこで私は, 知れませんそれから暫くし, 知れませんそんなのが, 知れませんだがしかし大層好い, 知れませんだっていやな, 知れませんちょっと威厳さえ, 知れませんつまり自然の, 知れませんでも挨拶も, 知れませんというのは, 知れませんどうか御辛防, 知れませんどうぞ明日まで, 知れませんどちらに致しまし, 知れませんどんな事で, 知れませんなど思うて, 知れませんなにしろ五十三ではねえ, 知れませんなにとぞいつまでも, 知れませんなんかと淋しさうに云つて, 知れませんねという返事に, 知れませんねといふ言葉を, 知れませんのねえ行きましょうよ, 知れませんもしこれが, 知れませんもっとも黒い奴, 知れませんものはためし, 知れません御華族方, 知れませんよということだった, 知れませんよとだけ言って, 知れませんわたくし自身もまじめ, 知れませんわたしだけじゃありません, 知れませんわよ先生, 知れません一刻も早く, 知れません丁度見えて, 知れませんには家光将軍宣下祝賀, 知れません事実神楽は道楽, 知れません二十七日の晩, 知れません二十四五年前にお, 知れません五八さん大きに御苦労, 知れません人間の力, 知れません七草粥を, 知れません何分私は, 知れませんし罪跡, 知れません全員総上陸, 知れません八五郎親分を三日, 知れません其の時には, 知れませんが金次郎, 知れません包み兼て白状, 知れませんうが, 知れません地球よりもずっと, 知れません多分したで, 知れません多分そうでしょうよ, 知れません大きな声で, 知れません大変よ大変, 知れません奥様もやはり, 知れませんに誘惑, 知れません如斯な狭い, 知れませんだって言います, 知れません孝行な君, 知れませんを解い, 知れませんは狼狽, 知れません迷惑でござんしょう, 知れません或いは今生この世で, 知れません或は又過去の, 知れません既にお紺婆, 知れませんのみは今, 知れません時々あちらから, 知れません望月君も他人, 知れません木島三郎という男, 知れません東京の知った, 知れませんの上, 知れません松本先生などがお, 知れませんの方, 知れません殿様決して御, 知れません法恩寺の方, 知れません消防の設備, 知れません現にこれには, 知れません白く細かくて枸杞, 知れません直に出立いたします, 知れませんの闇, 知れません秀さんあッち, 知れません私事はこの, 知れません私達は仲よく, 知れません粥河さんはねあれ, 知れません八勺は, 知れません芳年の月百姿, 知れません芸者は孰, 知れません若し遅くなれ, 知れません藻西太郎も初め, 知れません誠にお言葉, 知れません貴方が家出, 知れませんを附け, 知れません部屋の隅, 知れません金吾様は今に, 知れません陳腐だったかも, 知れません障子をあけましょう, 知れません風上ですからね