青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「素~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

紋~ ~紐 紐~ ~純粋 純粋~ ~紙 紙~ 紙幣~ 紙片~ 級~
素~
素人~ ~素子 素子~ 素晴らしい~ 素朴~ ~素直 素直~ ~紫 紫~ 細~

「素~」 2869, 31ppm, 3765位

▼ 素~ (486, 16.9%)

21 しいもの 16 しさ 13 しい 10 しく大きな 9 しかった, しく立派 8 しいこと, しいの 6 しい人気 5 しかつた 4 しいわ, しい事, しい人, しい夢, しい物, しい美人, しい芝居, しく面白い 3 しいお, しい出来栄え, しい別嬪, しい大, しい景色, しい音響

2 [26件] しいぞ, しいと, しいね, しいもん, しいや, しい出来, しい力, しい勢, しい合戦, しい名硯, しい囃子, しい天気, しい屋敷, しい朝, しい発展, しい発明, しい美男, しい考え, しい致命的, しい興奮, しい衣裳, しい議論, しい買物, しい速力, しくいい, しくよく

1 [279件] し, しいお役に立つかも, しいからなあ, しいじゃ, しいぜ, しいだらうか, しいだろうと, しいという, しいとも, しいな, しいなア, しいには, しいのに, しいふらんす語, しいへどもど, しいほりもの, しいよ, しいようで叫び, しいわけ, しいわね, しいわよ, しいんじゃ, しいんでしょう, しいオプテイミスト, しいカラリスト, しいコバルトダイヤ, しいジャズ, しいスロープ, しいテスト, しいテナー, しいテーブルスピーチ, しいホテル, しいボーイ, しいマーガレット, しいルビイ, しいヴィクタア, しい一喝, しい万歳, しい丸太, しい人々, しい人形, しい人気者, しい人達, しい代用品, しい作, しい作品, しい価, しい俸給, しい値, しい偉業, しい光景, しい六, しい六曲金屏風, しい典型, しい凧, しい剣技, しい剣術, しい勇気, しい勝, しい勢い, しい勢ひで門弟, しい化物, しい印象的, しい古い, しい古文書, しい名人試合, しい名作揃ひだ, しい名所, しい名案, しい哲学, しい唯一無二, しい商, しい啓示, しい喜田貞吉博士, しい嘘, しい図画, しい土地, しい土産物, しい城砦, しい場面, しい売物, しい外見, しい夜業, しい大きな, しい大名, しい大声, しい大成, しい大物, しい大発見, しい大砲, しい大身, しい女, しい女優, しい姿, しい子供, しい宝物, しい富士, しい富士山, しい小説, しい少年, しい崖道, しい巨人, しい店, しい弁当, しい徒歩旅行, しい御用, しい思い付, しい恋, しい恋情, しい情景, しい想像, しい意味, しい感銘, しい憎, しい成功, しい成果, しい成金, しい手掛り, しい手柄, しい手段, しい挨拶, しい救い, しい文化, しい斜面, しい新奇さ, しい新式, しい新種, しい方, しい方法, しい日光浴日和ぢ, しい日曜日, しい景気, しい暑, しい曳網, しい書物, しい月夜, しい月見草ぢ, しい服装, しい未来, しい村, しい果物籠, しい格闘, しい桃色, しい楽隊, しい権幕, しい機会, しい機嫌, しい次高音, しい歓楽場, しい気性者, しい海盤車娘, しい物持ち, しい狂奔振り, しい申込み, しい男, しい男性, しい癇癪持, しい発見, しい監獄, しい破片, しい祝言, しい神経質, しい筆勢, しい精神科学, しい紅葉, しい紫金色, しい絵, しい翼, しい聖書, しい背丈, しい脳力, しい腕前, しい自然, しい自負, しい舞踊家, しい色彩, しい色彩ぢ, しい花束, しい花火, しい芸当, しい芸術品, しい芸術教育, しい芸術的, しい若, しい蛮風, しい表現, しい装, しい西洋料理人, しい見世物, しい見晴, しい計画, しい記念品, しい評判, しい話, しい誘惑, しい調度品, しい謎, しい豪い, しい足跡, しい跳望, しい躍進, しい身体, しい迅速, しい速度, しい進歩, しい遊びごと, しい道楽, しい邸, しい部屋, しい金額, しい雄弁, しい雄弁家, しい難文, しい雹, しい霊媒, しい靴, しい音楽, しい音色, しい頭脳, しい頭髪, しい題材, しい顔, しい風景, しい體格, しい高, しい魅力, しい鯛, しい黄金漆器, しい鼾声, しかったの, しかつたな, しきお, しくあらゆる, しくある, しくうまく, しくそっくり, しく人気, しく偉大, しく健康, しく元気, しく喧嘩, しく器用, しく均整, しく大, しく太い, しく奇麗, しく好い, しく威勢, しく巨きい吊橋, しく幸福そう, しく広い, しく強, しく御上達, しく成功, しく描いたもの, しく早い, しく明るく, しく景気, しく朗らか, しく洞ろ, しく激しい, しく爽快, しく生活力, しく発達, しく着飾つて, しく私, しく私たち, しく空, しく美しい, しく艶, しく見えた, しく豪華, しく軽い, しく迅, しく速力, しく金, しく金の, しく闊達, しらい変化

▼ 素~ (193, 6.7%)

11 なく答えた 10 なさ 4 ない挨拶, ない返事, なく拒絶 3 ないこと, ない態度, なく, のない, もない

2 [14件] ないもの, ない調子, ない顔, なかった, なくさえ, なくされ続け, なくし, なくする, なくて, なく一言, なく反撥, なく断りかねた, なく突き, もなく

1 [117件] ないうち, ないお断り, ないから, ないが, ないご, ないそぶり, ないと, ないとかいう, ないの, ないのに, ないふう, ないほど, ないよう, ない世の中, ない人, ない冷淡さ, ない小店, ない山羊, ない待遇, ない後者, ない御返事, ない感情, ない早口, ない様子, ない此頃, ない源三郎, ない物言い振り, ない癖, ない紙, ない素, ない表情, ない返辞, なきカーフ, なき答え方, なくああ, なくありません, なくあり過ぎる, なくいいました, なくいった, なくいひ放ちたる, なくいらない, なくいわれ, なくおつぽ, なくさっさと, なくされ, なくしなく, なくし出した, なくそして, なくその, なくな, なくなさらなく, なくなっ, なくのみ, なくはねつけた, なくはねつけられた, なくばかりも, なくッ, なくピアノ, なく乗りつける, なく云い放つ, なく云う, なく云った, なく云わず, なく云われ, なく先方, なく其手, なく刎, なく別れた, なく包, なく取り澄まし, なく受け流し, なく口, なく向う, なく呟いだ, なく問答, なく寂しさ身, なく席, なく帰した, なく弾, なく待, なく御, なく思い切れよう, なく払, なく拒否, なく振り切った, なく振り切れない, なく放りっぱなし, なく断っ, なく断られ, なく断わられた, なく書い, なく横, なく此の世, なく白々しい建物, なく石畳, なく私, なく立去っ, なく笠一ツ, なく答, なく聞き流し, なく袖口, なく言, なく言い放ちます, なく言い放った, なく言っ, なく辞退, なく追い払い, なく追い返した, なく顔, なく首, なく鳴る, なし, のうは遊ばすまい, のない冷た, 無い返事, 無い顔, 無さ

▼ 素~ (177, 6.2%)

9 をし 7 を見せる 6 を見せた 5 を見 4 を見せ 3 をする

2 [19件] あるよし, には何, にも見せなかつた, に現し, に目, のくり, はない, は少し, は見せず, は見せた, ばかりで, もない, も信吾, や何, をお, を示し, を見て取つ, を見る, 神々しく

1 [105件] あらは, からでありました, からほん, から推し, から能, から言っ, があたり, があつ, がある, がこれ, がよっぽど, が亭主, が余り, が可, が怪しい, が母親, が現われた, が腑, が見えます, が餘, さえ示した, さえ見せた, その眼付, でついと, でもあった, といい, とは打つ, と云い, なぞは, など見せる, には出さなかつた, には少し, にもお, にも出さない, にも別に, によりましてはその, に一同, に何, に全く, に変, に対して一点, に己, に気, に気がつき, に氣, に油斷, に腑, に見え, に見えた, に見とれ, のあり, のありし, のある, の氣, はこれ, はしない, はそば, は口, は唯, は容易, は急, は母, は無い, は虫, は見えなかった, は顔, は餘, ばかりな, までがどう, までも思い出された, もうろたえた, もハキハキ, も同様, も見えた, も見えなかった, も見えぬ, も通りがかり, や言, や言葉, をかの, をした, をはっきり, をみ, をもう, を口, を変えた, を彼, を思ひ出し, を憎んだ, を眺め, を示した, を示す, を見せない, を見せまし, を見せます, を見せられ, を見せ出した, を見れ, を認めたる, を變, を附添, ヲ見, 仮りにも, 腑に, 訝しい限り

▼ 素戔嗚~ (144, 5.0%)

7 はその 6 の心 5 の尊, よ 3 だ, の姿, は高い 2 のため, はあの, はこう, はこの, は又, は彼, は相手

1 [98件] が宮の前, が恋愛, が投げた, が昼寝, が油火, が皮肉, だと, ではなく, とは顔, と争った, にさえ問う, にはこの, にはまるで, には不思議, にも喧嘩, に遠い, に預けられた, のかう, の勇力, の名, の声, の娘, の手, の敵, の方, の暴挙, の玉, の目, の罪, の腰, の舌, はかう, はしばらく, はすぐ, はずぶ濡れ, はそれ, はそろそろ, はちょい, はちよい, はまだ, はまるで, は一日, は一日一日, は両, は人手, は何だか, は何となく, は何時, は何時も, は再び, は味方, は唇, は大日, は天, は如何に, は娘, は少時, は山, は岩角, は広間, は弓杖, は急, は恭しい, は愈, は意外, は慌てた, は手もと, は昨夕, は更に, は櫛名田姫, は次第に, は涙, は無理, は爪, は眉, は眩し, は眼, は私, は素早く, は耳, は膝, は色, は苦い, は荒々しく, は言下, は項, は頸, は顔中, は風, は高天原, は鼾, へ声, へ礼, へ紛々, も喜ぶだろう, より先, を抜い, を殺せ

▼ 素~ (101, 3.5%)

2 中に, 美しさ

1 [97件] あたま, うちの, おた, ごとく, ま, ままとも, ままな, ままの, まま着流しに, ような, カムパニアの, テグスは, テグス二三尺の, 一なる, 中にのみ, 中へ, 中毒であろう, 争闘の, 事を, 事首でも, 二人をも, 人格化を, 人間だけとして, 位置で, 供与を, 偶然相抱合し, 入った白骨, 入つて, 入つて來, 出血で, 化学作用に, 十字架が, 原子量を, 台詞の, 周圍を, 唇に, 城墟は, 城墟を, 堅気でいらっしゃら, 如くに, 如く諍, 子春沂, 子春沂抱沖, 実験を, 小児かと, 少いしなびた, 平靜にか, 形に, 影響の, 手首を, 旅芸人でしか, 書あり, 書が, 書は, 水に, 河原よ, 活力を, 潜在を, 無頼漢の, 片肱, 物語の, 生成を, 甥に当たりまして, 町人では, 異る, 発達を, 白身雪の, 研究が, 祖父成余四十二歳父敬高二十四歳, 神として, 神格化に, 種の, 箱の, 粟ば, 結晶した, 肌の, 肌は, 自分を, 裔小島杲一さんに, 裸男, 観察を, 記号では, 記号の, 諸神, 謂です, 貞奴の, 起原食品の, 足を, 跡を, 邸に, 釣り糸を, 長さ, 除去が, 雨に, 額の, 風が, 駕籠屋に

▼ 素~ (57, 2.0%)

14 裸で 8 裸の 5 裸にな 4 氣なく, 頓狂な 3 気なく 2 気ない, 気なかつた, 氣ない, 裸かに

1 [11件] ぱだかの聖者の, ぱぬいて罵つ, 晴らしい, 気も, 氣の, 裸かにな, 裸かの, 裸ぢや, 裸なる, 裸に, 赤裸東作は

▼ 素~ (57, 2.0%)

2 なって, 生れながら

1 [53件] いかによく似た, するもの, なししは, なし伝播, なるに, われは, カムパニアの, フウフェランドは, ペスツムに, 一橋家の, 下水の, 両学派, 並んで, 中津生れである, 云う薬, 云ふ, 八兵衛の, 卑賤に, 号した, 堅実な, 如何なる精神, 宗教を, 宮内省の, 幕府の, 彼に, 感情の, 戸田さまの, 拙者の, 曰ふ, 松平越後様の, 漢書を, 炭素と, 爲すは, 理髪師の, 甲を, 県で, 真の, 私の, 私は, 素と, 素とが, 総称する, 自分の, 自然を, 虚弱加ふる, 蜀山人の, 護持院ヶ原と, 讀み此名, 路でない, 身分は, 辻元, 鋭敏の, 體で

▼ 素盞嗚尊~ (57, 2.0%)

4 の神話 2 との軋轢, に就, の天降り, の暴行

1 [45件] がおられた, が八岐大蛇, が國曳, が滄海, というの, とうまい, とその, とを比較, と吠, と支那, と月読尊, にせよ破, になりましょう, に救われた, に詔, に退治, のやう, の出雲, の出雲開拓, の剱, の天然的基礎, の女, の子, の性質, の時, の暴風神, の浮宝, の父神, の神話中, の行為, の語, は其性質, は恐る, は敵国, は暴風雨, は此場合, は甚だ, は神やらい, も朝鮮, をこらす, を主神, を以て太陽神, を勧請, を流刑, 問うて

▼ 素~ (56, 2.0%)

6 しこく 3 しッ 2 しこさには, しっこく, らしい心, らしい竈

1 [39件] しこいから, しこいのね, しこい人間, しこい君, しこい御, しこい魚等, しこさ, しこそうな, しっこ, しっこいからな, しっこいよ, しっこい呼吸, しっこい姿, しっこい容易, しっこい男, しっこい腕利き, しっこさ, しつこい悪党, らしい, らしいわ, らしいヴェネチア, らしい企て, らしい元気, らしい大き, らしい大きな, らしい威勢, らしい建物, らしい思い付, らしい手, らしい来迎図, らしい生意気, らしい畫集, らしい美人, らしい芸術, らしい運命, らしい門, らしき身元証明, らしく女, らしく白い

▼ 素~ (49, 1.7%)

3 拔い, 拔かれ 2 といわば, 抜きを, 拔かれた, 拔き

1 [35件] こそという, こそとばかり恐怖, こそと彼等, こそと皆蹶起, こそと胸, こそと見上げる, こそ淫仙, という場合, とおどろき, とばかりその, とばかりに振り返っ, と云え, と云わ, と油断, と立っ, と身じたく, なにごとか, また事件, や願望, ピストルの, 一大事とばかりに, 事こそと, 変事, 抜きが, 抜きなんぞ, 抜きも, 抜きや, 抜を, 拔かれる, 拔きます, 拔きませんでした, 拔き兼ねた, 敵を, 異変だ, 鳴物停止を

▼ 素速く~ (47, 1.6%)

2 漕寄せ, 走る灰色

1 [43件] おのが, モルヒネの, 上体を, 交換する, 写生しはじめる, 刀を, 動かして, 動くこと, 医学校を, 反転させた, 叩き下す, 外気に, 姿を, 寝返りを, 手を, 手助けし, 採用する, 操縦室に, 数インチ前後に, 数歩逃げた, 日本人に, 梯子から, 漢法医学の, 発車梃を, 相手を, 立ち上がろうと, 立ち上り馬車, 纓を, 蠅男の, 見つけたって, 見つけたん, 見流して, 認識する, 談話室から, 足を, 踵を, 身を, 逃げて, 逃げ去つたが, 逃げ廻ったが, 銭を, 鑑定し, 飛びそして

▼ 素~ (41, 1.4%)

2 取り込めと, 合体し

1 [37件] じっと見やった, つかして, つかし少し, つくる, どっさり振りかけ, なしたるもの, 云います, 云った, 使役する, 其中に, 写実し, 加えて, 取りこめと, 取りだしその, 取去らば, 含んで, 吸ひ, 吸込むで土地, 喜ぶ時期, 塗りつけるのみの, 小島成斎と, 従え自然, 感じます, 探し翌, 染むるが, 染めず寸, 沈澱させ, 清澄なら, 準備する, 為す者, 男王名稱の, 研究した, 破り布, 習うたもの, 胎と, 説明せずし, 造ったの

▼ 素~ (37, 1.3%)

4 だかの 2 運び去られて

1 [31件] いかんと, その地位, だかで, だかに, みがきの, 一厘柄三四寸で, 上等テグスの, 下鈎は, 人民であり, 元表医師百五十俵三十人扶持小島春庵, 八毛か, 出来るに, 化学読本で, 四寸五分板鉛の, 地球の, 実に和漢歴史, 平田氏とも, 御領主さま, 志保の, 悉皆空, 或由緒, 文明の, 日光准后宮舜仁法親王に, 木曽の, 杳冥たれ, 浮木釣りの, 磨きテグスの, 秋九月三日に, 精神の, 自己を, 襲の

▼ 素町人~ (32, 1.1%)

2 の子

1 [30件] か成上り, がずかずか, が六人, じゃあねえ, その分, たあ, だ, だからな, ですが, でない成, ではございまする, でも理, とかいや, と云われ, などにこう, ならいざ, におくれ, に吾輩, のマヌケ, の一撃, の分際, の商人, の大言壮語, の家, の御, の貯金精神, の身の上, の頭, 当て殺そう, 片づけるに

▼ 素~ (30, 1.0%)

3 もない 2 ないもの

1 [25件] ないお, ない女, ない拶挨, ない挨拶, ない物言ひも, ない甲野, ない癖, ない調子, ない返事, ない顏, なかつた, なかつたのに, なくいつ, なくいふ, なくしない, なくする, なく云, なく却, なく取扱つて一夜後向き, なく拒絶, なく暗に, なく答, なく言, なく追, 無い顏

▼ 素~ (28, 1.0%)

4 に近い 2 に紅, のま

1 [20件] が自慢, だつたお玉, で, で登る, にちよツ, にほのか, にも野暮, に心持口紅, に無造作, に近い蒼白い, のでした, の好き, はそんな, は三十五六, は寧ろ, は引緊つて精悍, は眼, は舞臺顏, もよく, を自慢

▼ 素~ (26, 0.9%)

2 だった, はやっと

1 [22件] がムクムク, が呼びかけた, が弦三, が横, というの, とが一隅, とは同じ, とは恐怖, とは清兄さん, にでも呉れ, に会い, の兄弟, の身体, の頭部, はもう, は窓際, は緊張, もさっき, や紅子たち, を推した, を殴りつけた, を認めた

▼ 素~ (25, 0.9%)

8 飛んで 2 とんで

1 [15件] とばされて, とんだところ, 破ぬく事, 破抜いたら日本国中, 破抜かれた, 破抜かれたり, 破抜かれて, 破抜かれると, 破抜きました, 破抜きましょうか, 破抜イタ時, 破抜カレタヽメカ, 破抜キヲシタノハナゼカ, 飛ぶこと, 飛んだ

▼ 素ッ裸~ (25, 0.9%)

3 になっ 2 にし

1 [20件] だあ, でかじりつくた, でせきこんでる, でエイヤッ, でシャワルウム, でヤッコサン, で冷やした, で街, で踊ってる, で邸じゅう, で革命歌, にされ, にしられ, になッ, に取られた, のあ, のまま, の妙信, の男, の賭事

▼ 素ぶり~ (23, 0.8%)

2 さえ見せられぬ, は見せない, もなく

1 [17件] からも読む, だ, だった, であつ, である, でそれ, でも, で何, で妻, で彼, にはあばずれ, にも気づかない, に過, の侍, は決して, をくれ, を見せぬ

▼ 素ッ首~ (22, 0.8%)

2 を刎

1 [20件] が飛び申す, の飛ぶ, は無事, は要らねえ, もらった, をこの, をはねとばし, をはね落す, をひ, をひき抜く, をぶち, を出す, を叩きおとし, を叩き斬っ, を土手, を引き抜く, を引ン, を抜い, を申しうけた, 申し受ける

▼ 素戔嗚尊~ (22, 0.8%)

1 [22件] がある, がどう, が乱暴, が天, が天上, が暴れ込ん, が脚摩乳手摩乳夫妻, であると, とのうけひ, にはじまった, には腹, の体, の悪い, の所, の烏, の玉, の荒ら, は出雲, は御, ばかりで, へ返さなけれ, を逐

▼ 素跣足~ (21, 0.7%)

3 のまま寝台 2 の尻きり半纏

1 [16件] が灰色, が茗荷谷, である, でございました, でボロボロ, で小脇, で尻, で手水鉢, で歩, で町, のまま, のまま庭, の上, の女, の手探り, の親

▼ 素~ (20, 0.7%)

1 [20件] あって, あり抽斎, おが, その地位, パタゴニア人には, 一応ブルジョア, 京都に, 友人の, 含まれて, 在って, 如何なる状態, 妻を, 存するの, 歿し, 残つたと, 沁み込んで, 異なるところ, 絶対の, 蓄積し, 釋放される

▼ 素~ (19, 0.7%)

2 のだ, 食事を

1 [15件] おらしい, ことを, ところの, ものの, バカ者である, 女であろう, 幾品かの, 建築で, 手段で, 真似を, 笑いが, 精神を, 者に, 耶蘇教会堂も, 耶蘇教會堂も

▼ 素~ (18, 0.6%)

3 して, 於ては 2 荒くも 1 あらずして, しよう, なるでは, にぶく溶け込ん, ゆづる場合にも, 上せること, 持って, 着た海, 至りては, 襲はれます

▼ 素ッ気~ (18, 0.6%)

3 もない 2 ねえ

1 [13件] ないこと, ない人, ない挨拶, ない門前払い, ない顔, なくする, なくその, なくやり返した, なく振り向けた, なく盃, なく追い返す, のな, のねえ

▼ 素浪人~ (18, 0.6%)

1 [18件] がお前さん, しかも自分, だぞ, とは何ごと, とは誰, と思っ, にそんな, になった, に見せ, のしどろもどろ, のみならず, の助勢, の口, の新撰組, の痩浪人, の袖たもと, はかっと, や貧乏者

▼ 素~ (18, 0.6%)

2 を捻向け

1 [16件] である, でまがい, でテクテク, で散歩, で片手, で草履, にただ, に白靴, に鉢金, の血色, も毎日, をす, を刎, を払った, を敲く, を秋

▼ 素~ (16, 0.6%)

1 [16件] がお, きでありまして, きでありますが, きでありますけれども, きの, で又, のああ, のお, の土瓶, の壺, の徳利, の模型, の狐, の線香立て, の菓子皿, の鉢

▼ 素より~ (14, 0.5%)

2 チラリと, 怪む可き 1 この長, 一として, 予の, 何の, 備わらず術, 分かつべからざる有機的, 名前を, 磯邊に, 窮まりなし, 麺麭を

▼ 素~ (14, 0.5%)

2 たりし

1 [12件] あらば, ありジサ, だつた, だつたか, でないと, でないとて, で破れ鍋, と推尊, はもちろん, を救い, を聚め, を識

▼ 素~ (13, 0.5%)

2 らしいお

1 [11件] らしい出来, らしい勢, らしい勢い, らしい大仏, らしい岩山, らしい幸福感, らしい映畫脚本, らしい獲物, らしい鏡餅, らしい霊感, らしく美事

▼ 素~ (13, 0.5%)

2 は玄竜

1 [11件] が爽, が百合, のよう, の影, の温かくしめっぽい, はいきなりそそくさ, はちらっと, はひとり, は路地, は身の毛, を憎々し

▼ 素~ (13, 0.5%)

3 の稽古 2 を教 1 から始めた, しながら, などを少し, の師匠皆川半之丞, の聲, よりは小唄, を授け, を父

▼ 素ツ裸~ (12, 0.4%)

2 になつ, になつて, の開け 1 で出掛けた, な現, にされ, になつて身ぐるみ大地, に浅黄, の馬子

▼ 素~ (12, 0.4%)

2 を引いた 1 が引い, と難, と霊枢, に有る, や霊枢, や靈樞, を抽, を排した, を蔵, 内経霊枢

▼ 素~ (12, 0.4%)

2 いの, い奴, かった 1 いことは, い方, い身, い鳥, くその, く走り

▼ 素~ (12, 0.4%)

2 な眼付, にし 1 なたま, なる状態, なる魂, な娘, な少女, な香, にうたれる, を要する

▼ 素速い~ (12, 0.4%)

2 ものが 1 そして熱心, のでその, のは, 判断力は, 動作に, 動物の, 手つきで, 文字は, 眼を, 視線を

▼ 素~ (11, 0.4%)

2 ぱ抜い 1 ぱぬいたのはその, ぱぬいて聞かせました, ぱぬくなんて彼奴の, ぱ抜いた, ぱ抜かれたら困るだろう, 刃抜きと, 堅気じ, 膚足に, 頓興に

▼ 素~ (11, 0.4%)

1 [11件] あつた, あつて, バカ者だ, 働いて, 括ったお, 現わさ, 着て, 竹琴一絃琴などが, 行きたいと, 行ったよう, 遂に商工大臣

▼ 素破らしい~ (11, 0.4%)

2 大きな石 1 ものだ, ものでありました, ものであります, わけです, 大入です, 弾, 景気であった, 短篇を, 邸宅を

▼ 素~ (11, 0.4%)

1 [11件] いの, い仲間, い動作, くあれ, くその, くつぎ, く人混み, く横, く短剣, く身, こくいつのまにか

▼ 素量説~ (11, 0.4%)

1 [11件] が勝利, として纏められた, として述べた, などの今日勢い, なるもの, のごとき, の実証的根拠, の提出, の標語, も今, 即ち原子構造論

▼ 素峰子~ (10, 0.3%)

2 と運転手 1 が直, が直ぐ, その義弟, の眼鏡, はきのう, は昨日, は自ら行乞子, は舳

▼ 素~ (10, 0.3%)

2 の姿 1 から急, が尋ねた, が茶菓, と親しく, に招かる, の眉, は一足, も食卓

▼ 素~ (10, 0.3%)

1 あるを, であるから, なり今日京畿内, にあらず, の由, は固, を貫かし, を貫く, を貫くべき, を遂げよう

▼ 素~ (9, 0.3%)

1 だから, といひ, とわさび漬, に干, をついで, を一口, を注いだ, を飲ませ, を飲む

▼ 素振で~ (8, 0.3%)

1 その袖, はなく, も知れ, バットを, 地球でも, 小母さんに, 誘惑する, 靴までも

▼ 素枯れた~ (8, 0.3%)

2 白蘭花を 1 浪人とは, 白薔薇が, 花は, 莟を, 葱なぞを, 蘆の

▼ 素破抜い~ (8, 0.3%)

1 てあった, てあります, てしまう, てその, てやらう, てやれ, て恥, て斬ろう

▼ 素~ (8, 0.3%)

2 の足 1 でいる, で地べた, ならずや, の樣, もいくつ, も青空

▼ 素~ (8, 0.3%)

3 の存在 1 があっ, がある, となっ, に関する観念, の観念

▼ 素という~ (7, 0.2%)

2 者や 1 のは, ものは, わけです, 人, 者また

▼ 素~ (7, 0.2%)

1 で自分, で見れ, になる, にほほ笑まれた, による思い思い, の詩人ヴエルレエヌ, を失ふ

▼ 素~ (7, 0.2%)

1 だ, だな, だわ, な事, な奴, な手柄, な美人ぢ

▼ 素として~ (6, 0.2%)

1 みて, 亜砒酸の, 好感を, 強いて咎むべ, 從屬關係を, 書架の

▼ 素~ (6, 0.2%)

1 おそらくはただ, つきる, なければ, やはり処方, 緩和剤をも, 雑ッて

▼ 素~ (6, 0.2%)

1 が私, では何, では書き, を受けとる, を書く, を読む

▼ 素~ (6, 0.2%)

1 からげに, で丸太, で後ろ手, にすぎなかった, を張った, を持っ

▼ 素たる~ (5, 0.2%)

2 貴族の 1 ものは, や一, 自から

▼ 素っ飛ん~ (5, 0.2%)

2 で行った 1 でしまった, で来た, で行きゃ

▼ 素はだし~ (5, 0.2%)

1 でふらふら, で来る, なの, に髪, の態

▼ 素ッ頓狂~ (5, 0.2%)

3 な声 1 な雑誌記者輩, にもひびい

▼ 素~ (5, 0.2%)

1 であると, を同感, を遂げた, を遂げ得, を達し得る

▼ 素~ (5, 0.2%)

2 らしいもの 1 らしい赭色, らしい釜, らしさ

▼ 素~ (5, 0.2%)

3 とする 1 と推尊, の意味

▼ 素~ (5, 0.2%)

1 でも何, でも植えっ, を植えた, を植えなけれ, を植える

▼ 素破抜かれ~ (5, 0.2%)

1 ている, てしまいました, ては余り, ては早速, て頭

▼ 素道氏~ (5, 0.2%)

1 に, の治療, の診, は, は私

▼ 素あし~ (4, 0.1%)

2 にゴム靴 1 なまめかしいよい闇, に突っ

▼ 素~ (4, 0.1%)

1 ては患難, ては貧賤, てもらい, 皇后と

▼ 素~ (4, 0.1%)

1 おしに, おしの, ほりし, ほりする

▼ 素ばらしい~ (4, 0.1%)

1 のだって, のを, ものだった, もんだ

▼ 素ぼく~ (4, 0.1%)

1 な一種, な帯止め, な男ごころ, にあるいは

▼ 素むしろ~ (4, 0.1%)

1 か何, に坐らされ, に直る, を敷き

▼ 素下郎~ (4, 0.1%)

1 と違っ, と違つて, に武士, 卑しむべ

▼ 素往来~ (4, 0.1%)

1 にいふ, に既に, に雑草木, の所謂

▼ 素~ (4, 0.1%)

1 とは見えんだ, の目, は兎角爾, は夫

▼ 素~ (4, 0.1%)

1 も何, を一応, を知らない, を調べる

▼ 素知らん顔~ (4, 0.1%)

2 して, をし

▼ 素~ (4, 0.1%)

1 などといつた, などといふ字, を割い, を懸く

▼ 素草鞋~ (4, 0.1%)

2 を履い 1 を履いた, を穿いた

▼ 素~ (4, 0.1%)

1 が初め, だの山下定包, の如き, の居城

▼ 素~ (4, 0.1%)

1 で其の, で脊, で霜柱, のまま仁右衛門

▼ 素~ (4, 0.1%)

1 が煮, とお茶, を食った, を食べ

▼ 素から~ (3, 0.1%)

1 寒です, 成り立って, 酒が

▼ 素からの~ (3, 0.1%)

1 知り合いという, 知合いという, 貧乏人でも

▼ 素された~ (3, 0.1%)

1 と知, 徴候か, 者と

▼ 素っぽく~ (3, 0.1%)

1 笑って, 罵りあって, 舌なめずりを

▼ 素つ破~ (3, 0.1%)

1 拔いちや, 拔き, 拔きで

▼ 素~ (3, 0.1%)

1 ッぺんから, ッペンから, ツぺん

▼ 素どおり~ (3, 0.1%)

1 して, し南大門, はひどい

▼ 素なお~ (3, 0.1%)

1 なやさしい, な胸, な茎

▼ 素なる~ (3, 0.1%)

1 ことを, を看取, 張良に

▼ 素わらじ~ (3, 0.1%)

1 に紺, のすでに, の指先

▼ 素ッ堅気~ (3, 0.1%)

1 がって, だから, の若旦那

▼ 素~ (3, 0.1%)

3 破拔

▼ 素~ (3, 0.1%)

1 にとろけ, に同化, に帰らう

▼ 素人まかせ~ (3, 0.1%)

2 では我 1 では我まま

▼ 素~ (3, 0.1%)

1 という男, とを見較べ, なんぞ

▼ 素~ (3, 0.1%)

1 だつた, だつた割, なもの

▼ 素~ (3, 0.1%)

1 として喋っ, とはいえ, の大家

▼ 素小手~ (3, 0.1%)

1 であるから, で相対, に袋竹刀

▼ 素~ (3, 0.1%)

1 のよく, を御, 悪くとも

▼ 素戻し~ (3, 0.1%)

3 もひどから

▼ 素~ (3, 0.1%)

3 っこい

▼ 素~ (3, 0.1%)

2 を吐き 1 という名

▼ 素根性~ (3, 0.1%)

1 とであった, のせい, のせゐだらうと

▼ 素~ (3, 0.1%)

3 の金五郎

▼ 素~ (3, 0.1%)

1 の中, の間, や切り石

▼ 素破ぬい~ (3, 0.1%)

1 たり何, て悦ん, て辱

▼ 素破らし~ (3, 0.1%)

1 きものなりけり, さが, さを

▼ 素硝子~ (3, 0.1%)

2 に煙草火 1 の一番てっぺん

▼ 素~ (3, 0.1%)

1 に坐っ, のうえ, へ帝

▼ 素~ (3, 0.1%)

1 がここ, であり進化論, や熱量説

▼ 素読み~ (3, 0.1%)

1 が何時, にし, をしたい

▼ 素迅さ~ (3, 0.1%)

1 でその, で彼, で駈け去っ

▼ 素透し~ (3, 0.1%)

2 の眼鏡 1 に流れ

▼ 素~ (3, 0.1%)

1 は不可, をし, をした

▼ 素過程~ (3, 0.1%)

1 には行, に於, の集合

▼ 素~ (3, 0.1%)

1 して, と種族保存, をする

▼ 素香氏~ (3, 0.1%)

1 は元来病身, を通して仲間, 同く

▼ 素あわせ~ (2, 0.1%)

1 にほお, に蝋色鞘

▼ 素くさい~ (2, 0.1%)

2 草書で

▼ 素~ (2, 0.1%)

1 ないうなずき, なく立ち上がったが

▼ 素~ (2, 0.1%)

1 きを, き掌

▼ 素~ (2, 0.1%)

1 と主, と厳粛さ

▼ 素する~ (2, 0.1%)

2 女の

▼ 素~ (2, 0.1%)

1 が真情, ということ

▼ 素っぽ~ (2, 0.1%)

1 こ袷に, こ袷を

▼ 素としての~ (2, 0.1%)

1 分業の, 水の

▼ 素ばらし~ (2, 0.1%)

1 さを, さ粋な

▼ 素よい~ (2, 0.1%)

1 漣と, 笑とを

▼ 素よく~ (2, 0.1%)

1 子供の, 笑い話を

▼ 素ッ葉~ (2, 0.1%)

1 抜きそう, 抜くが

▼ 素ッ裸体~ (2, 0.1%)

1 のまま, の叔父

▼ 素ツ気~ (2, 0.1%)

1 なくない, なく見えた

▼ 素丁稚~ (2, 0.1%)

1 でも造作, のよう

▼ 素争闘~ (2, 0.1%)

1 の痕跡, の神話

▼ 素二人~ (2, 0.1%)

2 の女

▼ 素円さま~ (2, 0.1%)

2 なの

▼ 素十等~ (2, 0.1%)

1 に会す, の歓迎

▼ 素問霊枢~ (2, 0.1%)

1 である, を柏軒

▼ 素~ (2, 0.1%)

1 が干し, の皿

▼ 素~ (2, 0.1%)

1 に石刷, へ一幀

▼ 素天辺~ (2, 0.1%)

1 はつるつる, をなぐっ

▼ 素~ (2, 0.1%)

1 の根堅洲国, は妣

▼ 素~ (2, 0.1%)

1 がある, を船

▼ 素~ (2, 0.1%)

1 に薄縁, のまま

▼ 素延べ~ (2, 0.1%)

1 に移る, は地鉄

▼ 素形態~ (2, 0.1%)

1 としてあらわれる, なんて言葉

▼ 素心庵~ (2, 0.1%)

1 とかいふので白い, は小杉さん

▼ 素愛嵐峡山水就其~ (2, 0.1%)

2 最清絶処縛屋

▼ 素戔烏尊~ (2, 0.1%)

1 とが兄弟, はあらざる

▼ 素~ (2, 0.1%)

1 では売れませぬ, なので

▼ 素振だった~ (2, 0.1%)

1 が急, ので散策子

▼ 素~ (2, 0.1%)

1 に云, は私

▼ 素~ (2, 0.1%)

1 な見積, な返事

▼ 素湯め~ (2, 0.1%)

2 で来し

▼ 素牢人~ (2, 0.1%)

1 が, に転落

▼ 素~ (2, 0.1%)

1 である, であること

▼ 素王説~ (2, 0.1%)

1 が出, の起る

▼ 素~ (2, 0.1%)

1 に頭, の上

▼ 素疾く~ (2, 0.1%)

1 引込めとさか, 表へ

▼ 素盞男命~ (2, 0.1%)

1 からし, を記念

▼ 素直ぐ~ (2, 0.1%)

1 に貫い, に走せ下っ

▼ 素破抜く~ (2, 0.1%)

1 ことに, 事に

▼ 素綿入~ (2, 0.1%)

1 の寝巻, を着た

▼ 素~ (2, 0.1%)

2 には

▼ 素~ (2, 0.1%)

2 の性

▼ 素裸体~ (2, 0.1%)

1 だ, とは呆れた

▼ 素裸足~ (2, 0.1%)

1 な足, に大黒傘

▼ 素走っ~ (2, 0.1%)

1 こく立ちまわっ, て五郎蔵

▼ 素迅ッ~ (2, 0.1%)

1 こい, こく飛出し

▼ 素~ (2, 0.1%)

1 さで, さと

▼ 素量力学~ (2, 0.1%)

1 の先駆者ら, や波動力学

▼ 素量的~ (2, 0.1%)

1 であって, に飛躍

▼ 素~ (2, 0.1%)

1 の二疋鮎, の矢立

▼ 素~ (2, 0.1%)

2 の美

▼1* [341件]

て怪, 素抱沖か, 素に點, 素さんの処, 素しいに女房, 素したといふ, 素じぶくり替歌の, 素じゃあどうもおもしろく, 素その中最下方に, 素だけを食つてゐる, 素ちょろこ町人め, 素っぽいところは, 素っ破ぬいている, 素っ飛ばしたことに, 素っ飛び続いて一人, 素つかさずやっている, 素つけなく云つた, 素つとばしてしまつ, 素つ飛んでゆく, 素であった方が, 素であり生活の, 素であるところの, 素であろうと述べ, 素でかい声を, 素でなくその華々しい, 素では特別に, 素でも一噛み, 素で思ひもよらない, 素といふレツテルが, 素とがカチ合っ, 素との別も, 素とは元来植物に, 素ともなるべき新, 素なしの旅, 素など手も, 素なほにうなづき返す, 素なり彼は, 素に関する考えが, 素のろけらしくなりやすがちっと, 素はだし尻きり衣服に棒切れ, 素はだにひっかけながら, 素ばらしい群, 素抜かないとも, 素鈎を, 素ぼらしいであろうと思った, 素よみの口, 素よりも望める神女, 素らしいのです, 素わたくしは支那, 素わらじ銀の脇差, 素を以て動物は, 素ッてんぺんから汽笛みたい, 素ッぱ抜いた, 素ッぱだかが真昼の太陽, 素ットンキョウな笑い, 素ッ天辺緑青のふいた, 素ッ裸ニシテ仰向, 素ツぽかしても, 素ツ晴らしい田舎, 素ツ突拔きが載つて, 素ツ葉抜いて, 素ト我宿志ヲ遂ゲレバ則チ足ル, 素から手紙, 素一万二千四百石であったのに, 素一天の吹貫, 素一思いにと剣, 素一時ごとに一猿, 素一歩と腐合おう, 素丁稚姿にすっかり, 素三神出現の条, 素下人相手の人気取り専門, 素下郎淫売どものやる, 素不和遣倭, 素乞食野郎に, 素互相の関係, 素京都諏訪神社の禰宜飯田氏, 素介氏並に随行員二人, 素以上に超, 素といい, 素に半纏一枚, 素何処にあった, 素備前の産, 素と云う, 素に腹巻, 素入京の事実, 素六どこへ行く, 素六なんざお前が散々, 素六富田鉄之助西原清東飯田宏作山田吉郎兵衛松村介石の二十名, 素六少年とモダン娘, 素六氏の監督, 素其位而行不願乎其外, 素はこの, 素分割して, 素識の, 素力盡き, 素住みけん家, 素のごとき, 素及びその化合, 素向けている, 素哲歸化僧明極等は主として, 素とを交えた, 素唐以前の書, 素商人で遁世, 素問上古天真論の, 素問合読なすとて, 素問学の流弊, 素問学者であつ, 素問者論医之源, 素問識霊枢識に編, 素問霊枢法華経普門品は註する, 素喜多村栲窓等に紹介, 素噺転向後の第一声, 素になる, 素國捷盧國の名, 素堆積説なるもの, 素塩一匙に限り, 素大久保氏には世経済, 素大略虜掠, 素の氣, 素天ッぺんへ駈けあがっ, 素太刀槍の白い, 素女子の謂, 素女祠がその, 素と云い, 素なし, 素な少年時代, 素小島春庵は前年天保六年, 素小手袋竹刀を握っ, 素質の, 素などありけり, 素これからやかましく, 素嶺松寺には戴曼公, 素は, 素布子の襟, 素帛一幅置之壻袖中謂之交親壻拜受之厥明以驗女, 素をした, 素帳面な楽屋, 素にされ, 素でも茶屋四郎次郎, 素の中, 素引きかけると酒井, 素張つた真似をする, 素張拔かれたり, 素心蘭だの金稜辺, 素惚気は決して, 素愛曲亭才学故前聯及之, 素成元子は感覚, 素戔嗚命に集中, 素戔嗚夫婦をも赦さなかつた, 素戔烏尊た, 素戔男尊奇稲田姫を祭る, 素戔鳴尊を祀り, 素或は酵素と, 素扱いて御覧, 素扱きをくれ, 素抜きに持った, 素振でしたが電車, 素振で分るので何かしらそこ, 素振見せなさるもんです, 素捷いであろうし, 素捷盧國とすべき, 素掘りのうち, 素掻いて彼女, 素播磨の赤松氏, 素の風, 素敏こい黒眼鏡の, 素から飛び出した, 素旆而自服, 素晴さを話された, 素晴しきノルウエー人ラウラマルホルムのペン, 素晴しき復興である, 素晴しき無花果の大木三本, 素晴しき白樺または樅, 素晴らッしく巧, 素晴ラシイモノデスワタシ日本デハアンナスバラシイモノ聞イタコトナイデスソレヲ一ツココデ真似テ見ルデス, 素晴ラシイ美シイ足ヲ思ウ存分ワガ舌ヲモッテ愛撫シ尽シタイトイウ長イ間心ニ秘メテイタ念願, 素晴ラシイ肉体ヲ眼, 素晴ラシイ裸身ヲ眼, 素晴ラシクスッキリト意気ニ見エタ, 素更紗染屋の出身, 素の善, 素こそ纒, 素服旗本たちは稽古着, 素であつ, 素木彫の, 素な紺がすり, 素世界國盡全三册明治五年壬申初冬福澤論吉賣, 素松澤は數代, 素林氏であつ, 素枯れて行く, 素枯れかかった檜や, 素枯れし花に, 素枯れつくしたあとの, 素枯れはてたる肋骨なり, 素楓氏が芭蕉, 素榛軒の祖父信階, 素檗乙二等の自, 素茂は, 素此祠は阿部家, 素比良野貞固の, 素気素法な返事, 素汗吐下の三法, 素法工場へ顔出し, 素の皿, 素浪人共の手先, 素浪人分際の女, 素浪人大月玄蕃もさすが, 素浪人御曹子の名, 素浪人折もあれ, 素浪人轟雷雄の隠れ家, 素が苦悶, 素深称, 素径, 素源家の名, 素漢貧で何, 素漫罵の癖, 素無垢な武術文学, 素玄魚という人, 素田植えだ, 素町人どもの裏長屋, 素町人みたいなたとうれば, 素町人並に扱われ, 素町人主義は皆排, 素町人此処へ来る, 素町人風情の下風, 素っこい, 素白い素生でもね, 素だらうと, 素盞嗚との軋轢, 素盞嗚五十猛の神, 素盞嗚尊右蛭児尊なり, 素盞嗚尊聖徳太子などが取扱, 素盞嗚尊藤原鎌足平将門清少納言達が果して, 素盞嗚尊謀を用い, 素盞烏尊天思兼命天兒屋命天太玉命の副署, 素盞雄尊を見る, 素盞鳴尊であると, 素真中には立っ, 素眼科なので, 素しく不愉快, 素矢張り私一流の狸, 素知らず顔には言っ, 素知らない風を, 素研清楚なりという, 素研究の爲め, 素破しい行列を, 素破ぬいたつもりかも, 素破ぬくが柳橋, 素破やと一同, 素破らしく高い鼻, 素破抜いたのは, 素破抜かぬとも限らない, 素破抜かれた芸妓が, 素破抜かれたら少しは, 素破抜かれないように, 素破抜きましたよ, 素破抜きゃァしません, 素福山侯の分家, 素に於い, 素稽古をする, 素立ちのたった, 素立山にあつ, 素笑いの様, 素の巻き上った, 素米搗で何, 素な様式, 素純さ処女性の新鮮さ, 素素晴らしい, 素細工頭支配玉屋市左衞門の子, 素を獲, 素絵図一枚相添此段御達申上候, 素練一条懸瀑水, 素繰りをくれる, 素短短裳, 素義会の会場, 素義大会で柳吉, 素ながら忠相, 素聞きにし, 素脚ニ白粉ヲ塗ッテ貰イタイ, 素が遠慮, 素自高標, 素臭紛々たるもの, 素舞いを見, 素唯亭々皎, 素草鞋合羽の裾, 素を主として, 素といふもの, 素蓋嗚尊のスサ, 素をたく, 素蘭軒の父信階, 素衣巾幗のあなどり, 素のまま, 素覿無類の美女, 素神, 素のみで, 素讀夜は講釋共, 素豆腐式若旦那調子で雅号, 素かつ無, 素ッこい, 素走っこい事業でしょう, 素走ったが擦れ違い, 素走る水の, 素越後新潟の人, 素跣足入交ひに, 素跣足尻からげ小雨に暗い, 素踊りがもう, 素軒柳原大納言前光公, 素転ころりと倒れる, 素迅いものでもちろん, 素透しでよく見える, 素速い早さで, 素速い注意深い動作だつた, 素速い短い時間内で, 素速き気転なり, 素速しこい逃げ腰で, 素する手筈, 素適以上だわ, 素量仮説が確立, 素量的推移を述べた, 素量的状態を区別, 素量説ファンになる, 素鉛錫はイオン, 素と謂, 素長い顔を, 素間抜け野郎でさあ, 素な趣, 素頂天にぞんざい, 素頂辺へ攀じ, 素頓興な聲, 素頗医薬の事, 素を三つ四つ, 素頭刎ねざま, 素頭抜手も見せず, 素願たるの詳細, 素食手工で修業, 素食論の演説, 素饂飩といふやつ, 素髪風に随, 素の句, 素鼠地の藤, 素鼠縮緬の頭巾