青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「級~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

紅葉~ 紋~ ~紐 紐~ ~純粋 純粋~ ~紙 紙~ 紙幣~ 紙片~
級~
素~ 素人~ ~素子 素子~ 素晴らしい~ 素朴~ ~素直 素直~ ~紫 紫~

「級~」 1424, 15ppm, 7315位

▼ 級~ (550, 38.6%)

7 文学は 5 中で 4 もてあましもの, ものを, 人が, 人の, 人も, 性格の, 生徒から, 生徒に 3 ために, ものが, 上に, 打ち手, 者より, 言葉で, 讃辞を, 貧乏人の

2 [40件] うちに, うち尻から, お八重, ためには, なかで, ものは, 一番を, 上の, 上位に, 中から, 中では, 中でも, 人々は, 人たちは, 人と, 人に, 人は, 人物が, 前半, 友だちの, 友人の, 天使を, 女の, 娘たちは, 家の, 巻, 幹事が, 文学だ, 文学と, 時に, 生徒は, 者が, 者と, 言葉が, 言葉を, 貧乏人というは, 貧乏人に, 間に, 非常事態が, 首に

1 [402件] うち特に, おさらい, おほか, お友だち, かうした顔, ごときもの, それさえ, それでは, とき生理学総論の, ところぢや, なかでも, なかに, ひとよ, ものそれが, ものだ, もので, ものであっ, ものであったらしい, ものであり, ものである, ものに, ものの, ものも, ものらしい, ものネーあたりが, もの七つ八つ重要美術品に, やつじゃ, よい勢力, わざは, インテリの, インフレ景気にも, オッチョコチョイは, クラス会が, クラス会は, クラス會で, コリゼエオに, シッポク料理屋だった, シノニムが, パリパリな, ヘゲモニイを, ホテルである, リーダー程度なら, ロケットを, 一人が, 一人であった, 一人を, 三分の一以上参加する, 上から, 上を, 上位三者を, 下に, 不良組を, 世界ベストテンに, 世界的勃興とに, 世界第, 両意識家, 中に, 中には, 中の, 中位より, 丹波丹六という, 事件は, 事件を, 云わば, 五六人と, 人々に, 人々に対して, 人々の, 人たちが, 人たちの, 人なら, 人を, 人格を, 人物だ, 人物であった, 人物である, 人物であろう, 人物では, 人物とでも, 人物とは, 人物に, 人物を, 人達のみが, 人間な, 仏像の, 仕事を, 他階級, 代表生に, 任意である, 伝記と, 体躯に, 俳優, 俳優が, 俳優に, 俳優は, 偏見に, 傍別に, 先生は, 先頭に, 六段である, 共仆, 典型が, 出身であり, 前での, 劇場が, 功績とは, 労働を, 労働者であり, 労賃は, 勲功と, 勲章の, 十名中には, 半商売人, 半数ばかりが, 原因も, 友人である, 取引で, 古参の, 召人に, 同情者理解者を, 名であった, 名作を, 名医である, 名品が, 名畫, 呼び出しで, 問題である, 問題を, 国俊も, 土地に, 地位に, 地震では, 声を, 夏休みに, 多きに, 多分の, 大型だった, 大石段, 大臣には, 大航空母艦, 大衆討論だ, 天体が, 天使, 天使より, 天分を, 女生徒四十名, 女給の, 女達です, 奴の, 始めあたりから, 委員を, 娘と, 娘なら, 婦人作家は, 子供たちの, 子供は, 存在が, 存在で, 存在の, 学年試験を, 安住地であるべき, 安物だ, 安達という, 官吏の, 宝くじ屋さんであった, 家としては, 家に, 家柄に, 容疑者, 容疑者が, 容疑者である, 容疑者として, 宿題と, 対立の, 専門家を, 小さい頃, 小使い, 小便なり, 小説に, 小隊頭であった, 尻の, 山々の, 崩壊を, 嶺, 巨牛が, 差別が, 希望に, 席次は, 幹事を, 引退乃至, 当年での, 形容詞が, 役人どもが, 役者の, 彼等は, 御夫人, 御小人組, 心持として, 心理家が, 志望を, 思想が, 性格である, 性格を, 悪人です, 悪漢に, 情報を, 意志を, 愛撫を, 感情を, 成果と, 戦争犯罪者つまり, 折同じく, 担任の, 担任教諭が, 捕吏が, 探偵小説ファンで, 撰手と, 政治家で, 政治家であるなら, 教場を, 教室の, 教科書を, 教養を, 数は, 數隻の, 文学が, 文学に, 文筆では, 文芸という, 料亭と, 料亭よりも, 料理都会料理田舎料理老人好み, 新人で, 方々が, 方でしょう, 方とでも, 方を, 旅館として, 日常生活は, 映画女優にも, 映画女優の, 時から, 時だった, 時校友會雜誌に, 普通車を, 書生が, 曹長でございます, 最高の, 板前は, 棋客の, 検閲使が, 歐洲航路船舶が, 歓びを, 歓待を, 武士共は, 歩に, 殺人に, 比較法でのみ, 民である, 民なり, 民に, 民は, 民衆の, 民間信仰中に, 気うけ, 水は, 水谷派が, 水雷艇は, 汚らしさ, 江戸ッ子という, 汽船の, 汽船を, 没落の, 流行作家である, 海軍の, 激励を, 為に, 無名選手だ, 無知や, 熱愛する, 牛でさえ, 物に, 犬に, 独占的享楽として, 独逸汽船で, 狼狽を, 理想と, 生存と, 生徒が, 生徒たちは, 生徒だった, 生徒で, 生徒です, 生徒と, 生徒の, 生徒を, 生活とは, 生活は, 生活を, 産物は, 用語を, 男が, 畑には, 発明だ, 発明は, 發明は, 監督受持教師は, 真に, 石段が, 石段を, 石磴あり, 礼を, 社会と, 私が, 秘書を, 程度を, 第二, 級長を, 紳士なるべし, 終りの, 終りまでは, 統治者である, 総代に, 編成の, 罪悪と, 美とかは, 美術品です, 群が, 者で, 者とか, 者に, 者にも, 者は, 者ばかり, 者や, 聯絡が, 職業婦人も, 肩から, 腕章を, 腕達者ぞ, 自覚が, 自覚の, 船だつたら, 船に, 船舶を, 芸術として, 芸術は, 英語の, 衛生委員を, 衝突たる, 要求する, 要素を, 見巧者と, 観戦記が, 言葉とともに, 言葉は, 討議で, 記實界と, 試合の, 試験を, 誇張と, 課題の, 謂だ, 警吏であった, 讃辞が, 讃辞と, 讚め言葉を, 貧乏人こそ, 貧乏人であっ, 貧乏人を, 貴婦人な, 賢さ, 赤いクレイオン, 趣味が, 身分なる, 連中は, 違う他, 重々しい建物, 重なるもの, 金満家の, 金鵄勳章と, 間投詞で, 関心に, 関釜連絡船楽浪丸の, 階を, 雪の, 非常事態という, 非常事態とは, 頭で, 頭脳の, 風習に, 餓鬼大将に, 首席なる, 首席をも, 首級を, 馬を, 駆逐艦八隻と, 驚愕と, 高山と, 髯の, 黒ん, 鼻つまみに

▼ 級~ (140, 9.8%)

4 なって

2 [13件] あつて, なってから, なると, 位するもの, 何者をか, 入つて, 入れられて, 教え第, 渡つての, 激励し, 英語を, 踏みとどまって, 進んだのに

1 [110件] あらずんば, ありつけるかも, ありては, あります, いたので, いた人, いた友達, いた時, いって, いました, いらっしゃいます, いられて, いるって, いる学生, いる間, お世話に, さだめて, すすむと, すすむという, その高風, なった人たち, なった首席, なりました, なり済したもの, なれるやう, はいり旧交, わかち毎, わけた, ゐたとか, ゐた人, ゐるもの, ペコペコせず, 一人か, 上つた春彼は, 与えたと, 二三人いる, 二三年ぐらゐゐては次第に, 五十人あろう, 位する樣, 入り五年生, 入れて, 入れる, 入れるところ, 入学したら, 入学しました, 分かるるも, 分ける, 分け小学, 分った下級, 分れた卓子, 分類し得, 列せしめた, 到達し, 刺戟した, 半島人が, 叙せられ金鵄勲章, 垂れて, 多かった, 女の子を, 家康を, 寄与する, 居た, 居たから, 居りて, 居る, 属するか, 属すると, 平和な, 悪化し, 成つた時山田が, 投じて, 推さねば, 教え込まなければ, 教え順次, 昇進し, 春日新九郎も, 最も欲しかっ, 村上さんという, 止まったが, 止まって, 止まらずすべて, 止まること, 止まるの, 比して, 沼波という, 異動が, 相当する, 簡素化し, 結成する, 編入され, 編入される, 編入せられた, 置かれて, 英国の, 融合され, 行こうと, 表現する, 見立てたい人情, 親しみが, 触れる時, 踏みとどまらざるを, 軽く顎, 進み第, 進むに, 進むの, 進むまでに, 進んだ年, 重心を, 附け加えたこと, 限られて

▼ 級~ (70, 4.9%)

2 して, その新しい, なすもの, 降りて

1 [62件] いうならば, なしたもの, ねらうナイトクラブ, ねらった, のぼりきて, のぼり来て, はじめとして, ひきついだ若い, やりなおせ, バラモン種と, 下りて, 下りぬ, 下るが, 代表し, 作るもの, 使って, 六級に, 動かし得るもの, 卒った, 卒業した, 取り扱って, 壓伏する, 夢みたが, 奪ふ, 好み巴里, 形成し, 形造ろう, 得たから, 志願します, 愉快に, 成して, 把握し, 抱いて, 持って, 教えるの, 梟け, 獲て, 生じたり, 異にする, 登り樹, 登り級, 碁の, 示して, 示す4, 終るころ, 終ると, 網羅し, 繰返しそして, 繰返すこと, 藉りもて, 覆へ, 見れば, 認めたるもの, 貰うかも, 踏んだ, 透して, 降りた, 降り渡し船, 除いて, 除いては, 飛び下りさま, 飛び越えて

▼ 級~ (43, 3.0%)

3 あって 2 あった, ある, 新しくな

1 [34件] あつて江戸, あるもの, いずれも, いなくなるの, くさりはじめる, この同一, はじまって, 上だ, 上で, 与えること, 人人皆, 他の, 他階級, 十二級である, 厳然と, 同盟休校する, 同盟休校を, 多いの, 大部分, 採用しよう, 最後に, 横浜から, 武家時代に, 甚だ多く, 發生しかけ, 種々な, 空漠に, 立派な, 自分自身の, 認められた, 輝いて, 進んで, 進んでから, 階級一掃の

▼ 級~ (34, 2.4%)

2 上に, 皆規則正しい, 違つてゐ

1 [28件] いずれも, きみと, その人たち, それを, どういう感じ, 一人づゝかい, 三十貫文の, 二十七歳で, 今まで, 他階級, 以前の, 先生が, 唯一の, 富者のみが, 寿とか, 平均点の, 我が過去, 放課後で, 木村の, 殊に此, 私より, 総し, 羅馬の, 背中を, 自然精霊の, 誤解を, 違いましたが, 霊魂精霊の

▼ 級~ (32, 2.2%)

5 あつた 2 朝は

1 [25件] おなじ一年, この階級, それに, とうていこの, まことに凜, まだ受験, 一度に, 一番の, 一番大きな, 一番背が, 三番だ, 云って, 今は, 六位に, 十五級止まりくらい, 卒業後の, 同じ道, 士と, 学年制度でない, 本来なら, 机を, 軍記風に, 順次上がっ, 鳴らした左枝八郎, ABCを

▼ 級~ (24, 1.7%)

2 志村の, 現在の

1 [20件] あって, いうと, いつて, いわんが, おもに交渉, ざっと十級, した, し衣類医療等いっさい, する, なさんと, なって, 三年級九歳から, 云っても, 混合し, 為し其の, 爲し, 目され, 称せられる人々, 考える最も, 言えば

▼ 級~ (23, 1.6%)

2 の首席, 第一

1 [19件] から恨まれる, でも誰, で一ばん, で一番, で一番体, で一番嫌い, で一番着物, で一等立派, で図抜けた, で威張る, で最年長者, で私, にて出色, に尚, に鳴りひびいた, の上位, の大統領, の年少者, を泣かせました

▼ 級~ (22, 1.5%)

2 の男

1 [20件] だから, だつた, だつた佐藤氏, であったの, で横田三郎さん, で関キンさん, にアマルフイイ, に山田武太郎, のやう, のンガクバ, の世界, の六年生, の同じく, の女, の少年, の山田, の川島先生, の柏村次郎, の椅子, へ栄達

▼ 級から~ (17, 1.2%)

1 [17件] 一躍とびあがっ, 三人ずつの, 上の級へ, 云へば, 五級に, 代表に, 八級まで, 八級までという, 出し方人, 労働者階級まで, 尋常一二年位の, 幹事だけなんて, 昇つた候人流の, 生まれたもの, 発しない思想, 能役者, 順に挨拶

▼ 級~ (14, 1.0%)

1 [14件] あって, この中, ついて, ひとつ下の, 一年上で, 一年上であった, 上だ, 二級う, 決して全部同質, 異つて, 終りに, 自分の, 違ふ, 高等な

▼ 級には~ (12, 0.8%)

1 [12件] いること, その当時, もっともっと発表, 一僧あり, 一言ずつ, 九つだの, 入れられないで, 松本亦, 生徒が, 華族も, 衛生委員従業委員社会活動委員等が, 駄目だ

▼ 級によって~ (12, 0.8%)

1 [12件] だんだんに作り上げられ, なされたが, 倒されるため, 利用される, 如何に, 担われて, 搾取せられ, 支払われる限り, 生まれるの, 経験された, 自身の, 要するに階級

▼ 級に対して~ (11, 0.8%)

1 [11件] かつて一度, やる闘争, プロレタリア農民が, 全く非, 勝利した, 同情を, 根こそぎ魅力を, 漠然と感ずる, 異邦人, 皮肉な, 第二級

▼ 級担任~ (10, 0.7%)

6 の橋本先生 1 で真面目, として一同, に知れない, の教授

▼ 級~ (9, 0.6%)

3 と言 1 から三〇〇グラム, が常磐津, というん, という処, と五百円, のって

▼ 級という~ (9, 0.6%)

2 ところだ 1 ところから, のだ, のに, ものは, 他方の, 位置に, 腕節の

▼ 級として~ (9, 0.6%)

2 自由に 1 もう一人前, 俸給は, 卑しめられ特殊部落扱, 封建領主から, 少年寄宿舎に, 自然に, 自身の

▼ 級~ (9, 0.6%)

1 入って, 入りました, 出る, 押し遣られて, 移ったの, 編入された, 落されて, 落ちること, 行つて

▼ 級~ (9, 0.6%)

3 がある 1 があった, において多数, に行く, に行った, の, のとき

▼ 級~ (9, 0.6%)

1 が人間生活, が取り上げた, でなくとも, として立つ, になり, にも資本王国, の利益, はかかる, はクロポトキン

▼ 級~ (8, 0.6%)

1 であったが, であった由, にいた, の倉石武四郎君, の大, の組, の賤民, の鈴木十郎

▼ 級とか~ (7, 0.5%)

1 きのうのは, まだそれ, プロレタリア階級とかに, 搾取とかの, 有産階級とか, 知識階級の, 考えられては

▼ 級全体~ (7, 0.5%)

1 が一つ, が或, が選挙, で同情, としておくれた, に盛ん, のお

▼ 級以外~ (6, 0.4%)

4 の階級者 1 の人々, の階級

▼ 級~ (6, 0.4%)

1 だ, であるが, であるけれども, ですよ, で万能, を買わない

▼ 級である~ (5, 0.4%)

1 からし, と世界, と云, と云う, のと

▼ 級では~ (5, 0.4%)

1 なかった, 一番前列に, 三田先生に, 最初に, 礼奴さんが

▼ 級~ (5, 0.4%)

1 のである, ので勢, ものに対しても, 労働者たる, 言葉で

▼ 級にも~ (5, 0.4%)

1 なれそう, やはり木島, 時子と, 栄進し, 頓智が

▼ 級でも~ (4, 0.3%)

1 一番う, 下の, 位の, 構は

▼ 級とは~ (4, 0.3%)

1 なんらの, よくも名づけた, 全く異なった, 大笑いね

▼ 級まで~ (4, 0.3%)

1 下等が, 卒え, 横行する, 進んだが

▼ 級以上~ (4, 0.3%)

1 が立ちならぶ, のワイシャツ, の冬帽子, の映画ファン

▼ 級文学~ (4, 0.3%)

1 が提唱, としてどちら, の特質, の理論

▼ 級~ (4, 0.3%)

1 が甚だしく, なるもの, の下, の最初

▼ 級~ (4, 0.3%)

1 かね, 一の, 一番の, 三級の

▼ 級~ (3, 0.2%)

1 上の, 中尉級かも, 五級で

▼ 級ぐらい~ (3, 0.2%)

1 あるという, で白痴, 団結しなきゃ

▼ 級ぜんたい~ (3, 0.2%)

1 からのその, のため, の頭

▼ 級であっ~ (3, 0.2%)

1 てその, ては一料理人, てもあの

▼ 級であった~ (3, 0.2%)

1 か忘れた, 時彼女は, 訳だ

▼ 級であり~ (3, 0.2%)

1 また武裝, 文學に, 根深く広範囲

▼ 級とを~ (3, 0.2%)

2 同時にやるべく 1 こちらへ

▼ 級に対しては~ (3, 0.2%)

1 これが, 整理の, 無縁の

▼ 級ばかり~ (3, 0.2%)

1 であると, では, 揃つてや

▼ 級への~ (3, 0.2%)

1 分割に, 手続を, 義心の

▼ 級~ (3, 0.2%)

1 に分け, の学力, の學力

▼ 級~ (3, 0.2%)

1 が不運, に登録, の送別会

▼ 級及び~ (3, 0.2%)

2 第二級 1 初級師範及中學堂の

▼ 級~ (3, 0.2%)

3 は第

▼ 級~ (3, 0.2%)

1 の上, の宮, の方

▼ 級戦犯~ (3, 0.2%)

1 の, の判決, の法廷

▼ 級あっ~ (2, 0.1%)

1 てつまり十六級, てやる

▼ 級かの~ (2, 0.1%)

1 石段が, 酒が

▼ 級じゃ~ (2, 0.1%)

1 とても素敵, ないか

▼ 級する~ (2, 0.1%)

1 と云う, の卒業する

▼ 級ずつ~ (2, 0.1%)

1 あったから, 昇級する

▼ 級たる~ (2, 0.1%)

1 無産者の, 私の

▼ 級だけ~ (2, 0.1%)

1 上わ, 男女混合であった

▼ 級だった~ (2, 0.1%)

1 が是等, のです

▼ 級だつた~ (2, 0.1%)

2

▼ 級だろう~ (2, 0.1%)

2 かそれとも

▼ 級で御座いまし~ (2, 0.1%)

2

▼ 級といふ~ (2, 0.1%)

1 ところだ, 現在は

▼ 級とでも~ (2, 0.1%)

1 云おうか, 見做す

▼ 級にまで~ (2, 0.1%)

1 ならせたま, 取り進んだらどんな

▼ 級により~ (2, 0.1%)

1 有害である, 直接移行する

▼ 級ばかりが~ (2, 0.1%)

1 江戸ッ子では, 知識の

▼ 級ばかりに~ (2, 0.1%)

1 わかれて, 仕切られた石段

▼ 級より~ (2, 0.1%)

1 代数を, 受領された

▼ 級中随一~ (2, 0.1%)

2 の能弁家

▼ 級乙組~ (2, 0.1%)

1 の一番, の三十七人

▼ 級制度~ (2, 0.1%)

1 で麹町, の頃

▼ 級四隻~ (2, 0.1%)

1 だ, もいる

▼ 級巡洋艦~ (2, 0.1%)

1 に比べ, の速力

▼ 級性格~ (2, 0.1%)

2 の人

▼ 級旅館~ (2, 0.1%)

1 へお客, を荒し

▼ 級~ (2, 0.1%)

1 とする, にてあり

▼ 級~ (2, 0.1%)

1 第六課, 第十五課

▼ 級者以外~ (2, 0.1%)

1 の人々, の生活

▼ 級~ (2, 0.1%)

2 も及ぶ

▼ 級~ (2, 0.1%)

1 だの焼酎, なるもの

▼ 級~ (2, 0.1%)

1 の反, の氣

▼1* [164件]

あがったがすると, 級いずれも夜, 級へであつ, 級かで山田先生の, 級かとも思はれるやつ, 級かなと考えた, 級かも知らなかった, 級からも退学に, 級くらいまでの開きが, 級ぐらいに止まって, 級ぐらいの打ち手, 級ぐらゐあるといふ談だが, 級ぐらゐで白痴にならなけれ, 級この日の, 級ごとに瓶花, 級さては中学校の, 級やない, 級じゅうに不満, 級ぞろいである, 級ただ照り渇き痺れたる, 級だから俸給と, 級だけの方言に, 級だの六級だ, 級やつた, 級でしたか, 級ですナ, 級といった具合で, 級とかいう記載が, 級とかに公式論的に, 級とがある, 級との関係は, 級とも全部寄宿舎に, 級などといふことには, 級なる生みの, 級なる窪みに燃え, 級において顕著に, 級にたいしてすら到底おくび, 級にたいする米の, 級について来なかったという, 級にでもたいてい二, 級にとってはあるいは邪魔, 級になつてから, 級にのみおもに役立っ, 級にゃ佳いの, 級に対する熱愛に, 級ばかりの石段と, 級までという事に, 級学校の, 級よりも低いと, 級徒膚足ニナリ阿部野ヲ, 級拘ラズ終局, 級ニ匹敵スベキヲ以テ自ラ現役年限, 級如ク考ヘ, 級ブールジョアジーへ権力, 級ボクサー目下共産党員のヤミ屋, 級切開シテ棄ツルヲ, 級一つ上りし心地, 級一人ずつの代表, 級一同にあずけた, 級一度に教授, 級一級となっ, 級七級だから俸給, 級三級とざっと, 級上それが市川猿之助, 級上ると扉, 級上帝の宮殿, 級上成田蔵巳さんと島田英雄さん, 級上橘ヤスノさんが私, 級上級生といふわけ, 級下テナーの渡部康三さん, 級下等が八級, 級中学課において彼, 級中最高の地位, 級中等科は六級, 級中鰐口を憚ら, 級主任をし, 級乃至中小記者との, 級九歳から十歳, 級二級ぐらいの打ち, 級二級一級となっ, 級として発育, 級人物を以て組織, 級仕合に君, 級以上ニ渉リ包括シテ受任シタル場合ニ於ケル上級審事件ハ第一審事件, 級会非常に都合, 級低きところなりき, 級佐官級であるらしい, 級俸上って行く, 級優勝挑戦者となり, 級ちて, 級全般に知れ, 級八級七級だから俸給, 級八級八級七級だから俸給, 級六か月の修業, 級勃興当時の文学様式, 級十五人ないし三十人, 級半ばは厚き, 級即ち赤切符等は, 級及第者大内氏は仏教雑誌, 級受持の河野老人, 級種類の, 級各所の火災, 級同士の権力争奪戦, 級の名札, 級品のもく, 級品中の一級品, 級品程度にすぎない, 級商人の寡婦カテリーナ・リヴォーヴナ, 級駆逐艦二十四隻が, 級官吏の誤解, 級寿司屋とはいい, 級尽く軍資器械を, 級幹部級乃至中小記者, 級待遇で採用, 級持ちといふ, 級戦犯容疑者十七名が釈放, 級戦犯被告としてとりのぞかれた, 級戦艦の出現, 級授業で謄写版, 級政治的には官僚, 級文化生活が三百円級, 級文学理論の中, 級新人王の顔, 級棋士で年, 級構造の方, 級止まりくらいである, 級殺人とあっ, 級と称する, 級劣な, 級をなせる, 級玄武門の勇士, 級生一同は, 級甲組の一番, 級白旄地に委し, 級的作品を製造, 級的論文を発表, 級相当の月給, 級相手のナイトクラブ, 級磴道はどう, 級程度の学習, 級筆頭で自他とも, 級総代は見事, 級者らとの間, 級自治会のよう, 級自身の意志, 級に移動, 級試合に出, 級議員で市会, 級忠實な, 級途中にて休憩, 級進められて牛車, 級違ひだつたこと, 級選出区会議員を望んだ, 級選手で二十三歳, 級重美系の芸術, 級金鵄勲章の金額, 級銀三百兩小通詞三級銀三百兩, 級銀五百三十兩米千二百三十升小通詞二級銀三百兩, 級雑兵に至っ, 級雲の上にある, 級順位戦では彼, 級飛び越えたのである, 級飛んだ五年生に, 級高等科は四級