青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「知れぬ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~知りません ~知る 知る~ ~知れ 知れ~ ~知れた 知れた~ ~知れない 知れない~ ~知れぬ
知れぬ~
~知れません 知れません~ ~知れん 知人~ ~知識 知識~ ~短い 短い~ 短刀~ ~石

「知れぬ~」 3605, 37ppm, 3104位

▼ 知れぬ~ (776, 21.5%)

24 それは 14 私は 8 これは 6 それが 5 今は 4 さう, 僕は 3 それに, わたくしは, 女の, 私の, 自分の

2 [49件] いずれに, この句, これほど, さうなら, しかし人間, そうで, そこは, そなた, そのお, だが私自身, ともかくも, まことは, もつと, マアこの, 一心に糸, 一心に絲, 予は, 今日では, 何も, 併し, 兎に, 其は, 其れ, 其頃竹山は, 写真だけ, 同時に衝突, 多くの, 多寡が, 実はそんな, 実際は, 寫眞だけ, 少くとも, 少なからぬ, 弄ばれる男, 彼の, 急に, 或る, 文化の, 然しあの, 然し僕, 然ら, 真に悩む, 知性が, 私が, 自分には, 自分は, 要するに作家以外, 要するに路, 馬鹿な

1 [598件 抜粋] あくまでも書斎的, あの侍, あの劇的, あの少し, あの折, あの料理, あまりまざ, あまり情ない, あるいたり, あるいはまた彼, あるいは抽斎, あんまり安心, いかにも余裕, いずれも, いたらば, いつたいま, いつもより, いまの, いわゆる夢, おい俺, おおきい海, おぬ, おのれ等に, おれが, お望み, お秋さん, お葉, かかる人, こ, こういうの, こういう句, こういう平野, こういう急所, こうして季節, ここで, ここには, このまま, この争議, この場合, この嵐, この巻七, この年, この心中屍体, この心持ち, この鹿角, これなども, これなら, これには, これによって, これも, これらは, これを, これ以上御, こんなこと, こんな風, さすがに, しかし, しかしこれ, しかしとにかく, しかし成就, しかし権門, しかし江戸時代, しかし決して, しかし社会, しかし見た, しかもどこ, じつはこの, すくなくとも君, そういう不心得, そういう種類, そうとは, そうばかり, そこから, そこに, そのため, そのダンス, その他の, その代り一般的, その何人たる, その声, その年十五, その弁護, その方, その時, その程度, その節, その精神, その肉団, その誓い, その調子, その麦, その齢, それぞれの, それだけに天来, それだけ無難, それでは一句, それでは調子, それでもその, それでも自分たち一派, それとても, それにしても外, それにしても豹一, そればかり, それほどこれ, それも, それを, それ以前の, それ以外に, そんなお方, そんなこと, た, たださし, ただ孔子, ただ私, だいがくと, ついぞこの間, つい覚え, つまりは, つまりわたしたち, でもこう, とにかくつい鼻, とにかく乗馬, とにかく其最初, とにかく帝室, とにかく彼等, とにかく私, とにかく蝶子, とにかく雀, ともあれ雙軒庵, ともかく五十歩, どうしてこの, どうも新感覺派, なかなか嫉妬, ならばなおさら, なんとかし, なんとなくそんな, ひょっとし, ひょっとする, ほんとうの, またある, また一方, まだまだ大事, まづ, まア何時, むしろそんな, むろん我々, もう少しばかり, もう標準語, もしそう思っ, もともと座興, やはりぐつたりと瞑目, やはり責任上, よし好き, わが日本人, アレキサンデル大王の, イタチ組から, クズ屋という, シカシこれとても, シカシ心中では, シナで, デカダンスに, フォラムを, プロシア人らしい, ホンモノだ, リベラルな, ロンドンという, 一夫は, 一応は, 一方に, 一旦幕府直参, 一朝お, 一行は, 万止む, 三つの, 下女さえ, 不意の, 不斷, 世道人心の, 世間の, 世降っ, 中, 中日以後客席が, 之に, 予等の, 事例は, 事実あの, 事実である, 交らぬ, 京中にも, 京弥に, 京都は, 人が, 人の, 人を, 人間としての, 人間の, 人間同士の, 今いる, 今では, 今まで, 今二十九で, 今宵は, 今日われ, 今日殘つてゐる, 今時の, 今更それ愚痴, 今朝本堂前の, 他の, 伊原青々園の, 伝に従って, 似て, 但私, 何う, 何か, 何だかケイ, 何に, 何れに, 何処と, 何処に, 何處と, 作者は, 例えばいわゆる, 個々について, 傑作などは, 僕には, 僕の, 僕も, 元来, 元禄の, 元禄期の, 先ず国家, 先づ國家の, 先づ普通の, 兎も, 全く日本人, 六十を, 其が, 其の名, 其を以て, 其女には, 其綱の, 其間に, 内密の, 別して女, 別にこれ, 前者には, 力の, 勿論大した, 北園竜子に, 医官に, 医道に, 又た, 取りあえず一つ, 受取る感じ, 口数少く, 古い語, 古くは, 古代日本では, 古来天才は, 各個人, 同じ山, 同地の, 同時に彼, 同時代, 吾人情感の, 和女も, 唐代の, 唐手の, 営業的な, 国民性の, 土地柄といふ, 土蔵の, 坊主では, 垣津田という, 声や, 夏川は, 夏日の, 多分は, 夜の, 大変に, 大洋の, 天の, 夫とても, 女色と, 如何にも不合理, 妙に, 妹と, 子供らしい, 子貢, 定収入と, 実は何千年, 実際彼, 実際私, 宮廷に, 宿屋の, 寒さ, 寝て, 實際の, 實際其方が, 将軍は, 小さい時, 小作人は, 小娘の, 小学を, 少くも, 少しく生物学, 少しく考え, 少なくともこの, 少なくともギリシア, 少なくとも憂国, 少なくとも永年, 少なくとも沓手鳥, 少なくとも盃洗, 少なくとも笑い, 工業は, 左に, 左団次一座の, 巨大なる, 己は, 常に有機的, 常世の, 年が, 年とった, 広葉と, 弥勒の, 当時の, 当時六十三歳の, 当時辻本君の, 彫刻と, 影響とは, 彼らは, 彼女は, 後代の, 御隠居さま, 心臟の, 怪しい噂, 恐らくはマホメット教徒, 悲しい事, 悲しい哉, 愛さない, 成功の, 我々の, 我々は, 我々局外者の, 我等の, 或は他書, 或は其前後, 或は私, 戦機らしい, 所詮覚悟, 手工の, 押し返さねば, 探偵小説は, 損し, 政友会も, 教へ, 文句が, 文字には, 文学の, 文学は, 文明九年には, 文芸家の, 新しく町内会, 新奇な, 日ごろ細心, 日本では, 日本の, 日本を, 日本人などより, 日本人は, 日本国民の, 早く壻養子, 明治に, 明瞭なる, 昔の, 是は, 是ほど, 時代的に, 普通には, 智慧は, 暫くの, 有機的な, 朝夕世界無比の, 本木の, 本格ものは, 村に, 東洋の, 根本原因は, 案ずるに, 梅沢君を, 正直の, 此は, 此辺の, 武蔵には, 歳首の, 死んでも, 気に入った馬, 気のりの, 江戸の, 江戸期の, 決してそんな, 流線型といふ, 海のと, 漢学の, 濡れずに, 火の気は, 然し以上, 然し夏, 然し此等, 然し賭博, 物を, 狭いもの, 献金や, 猿を, 率直に, 現になお, 現在は, 現在日本中の, 理想に, 理解の, 生きるかぎり, 申し合せたよう, 申上げ, 画材としては, 異風と, 當つて居ます, 盛り場に, 直観には, 相当の, 真に平和, 真に美しい, 矛盾の, 確かに, 社会生活の, 秀吉は, 私たちは, 私としては, 私に, 私も, 稲実という, 空前の, 突然とびかかっ, 競馬の, 筆し置く, 素質から, 縷々たる, 美党善党荘厳党は, 老子は, 股の, 能狂言から, 腕の, 膝つき合せ, 自分から, 自分でも, 自由を, 舌を, 若しそれ, 荒ぶる神, 著しく年齢, 著者は, 蓄えて, 藝術の, 處, 蝌蚪そのものとしては, 行く先々, 衣服の, 袷の, 要するによく訓練, 要するに一期, 要するに墨學, 要点は, 見て, 親に, 記者は, 詞章としては, 試みに, 話は, 読んで, 貴下は, 軍を, 辛抱し, 辻町の, 近ごろは, 遊隊第, 過去百年間の, 道幅なども, 道理実は, 選択を, 量るに, 銀行通いの, 銅雀台の, 関わぬが, 関東に, 集団的合唱で, 震災後は, 順序だ, 頭の, 頼朝の, 馬鹿の, 高い松

▼ 知れぬ~ (376, 10.4%)

14 思って 13 思った 8 思う 7 思うと, 思つた, 私は 6 云ふ, 思ふ 5 いう 4 いって, 言ふ 3 いふこと, 彼は, 考えて, 言った

2 [28件] あつて, あれば, いうので, いつて, いふ事, 云うの, 云って, 云ふと, 云ふ疑ひ, 僕は, 存じまして, 心の, 心配し, 思いながら, 思いました, 思います, 思うの, 思えば, 思ったの, 思ったり, 思ひます, 思ふと, 思ふの, 思われるの, 聞いた吉野, 言う, 言って, 青年は

1 [227件] あさましい駈, あって, あっては, ある, いい得るの, いい置いて, いうのに, いったらあらわれたと, いったら同君, いっても, いつたと, いても, いふ, いふて, いふの, いふ気, うろうろと, かすかな, これさへも, さへ, すると, すれば, そう考えた, それから, そんな事, そんな気, たよりに, なして, ひそかに, ひそひそ囁き合っ, ふっと気がついた, ふつと, ふと思った, まことし, またその, わが家の, 一瞬思った, 三造は, 上申した, 主が, 予想された, 予想される, 二人の, 云いました, 云いますわ, 云い夫, 云うん, 云う不安, 云う愁, 云う意味, 云う者, 云う間際, 云は, 云ふこ, 云ふて, 云われて, 云ッて, 互いに二ツ三ツ冗話, 互ひ, 今の, 今更の, 他人事, 仰しゃった言葉, 余が, 余は, 余も, 侍女下女を, 先ず電信, 其様な, 兼て, 内実忌ん, 冷かされた, 前からの, 北陸陣の, 医者は, 半分程, 危ぶみながら, 取りあえず御, 取り出して, 古人も, 古風な, 同感の, 同時にその, 吾が事, 呟いたの, 國手は, 土地の, 夢想した, 大声に, 大聲, 存じて, 存じます, 実事虚事打混ぜ, 密かに, 察して, 察するの, 察せられる, 弘法様に, 弟に, 彼らも, 彼女は, 得手勝手な, 心待ちに, 思いこの, 思いせっかく, 思いその後, 思いつつ, 思いながらも, 思い四方, 思い室, 思い散髪屋, 思い更に, 思うから, 思うたけ, 思うて, 思うにも, 思うほど, 思うまもなく, 思う人, 思ったから, 思ったが, 思ったけれど, 思ったと, 思ったので, 思ったらとても, 思ったん, 思った時, 思つたから, 思つたが, 思つたのである, 思つてそつと, 思つて居た, 思つて轉載する, 思はせられた, 思はれて, 思はれるの, 思はれるばかり, 思はれる唯, 思ひながら, 思ひまた, 思ひ発表, 思ひ自動電話, 思ふが, 思われたが, 思われるので, 思われるほどの, 思われるよう, 思われる人, 思われる程度, 思われる節, 思案する, 急に, 恐れて, 悚然と, 悲しい気持, 感じて, 感附いた, 拙宅へ, 教えくれたが, 断った, 斯思ッた, 昔の, 更に其の, 書いた人, 最初思うた, 期して, 期待し, 此の, 毎日毎日むなしく, 気がついたから, 気が付いた, 気づき, 気遣うた為, 氣が, 注意し, 獨り, 用心し, 申して, 申す者, 申ます, 疑う余地, 疑ふの, 知ったとき, 知った内儀, 神様に, 秀吉も, 立ち寄って, 立ち寄つて, 答う, 答えた, 答えたの, 答えると, 答えるより, 考えた, 考えたから, 考えたの, 考えた者, 考えはじめたわけ, 考えられて, 考える, 考えるから, 考えること, 考えると, 考て, 考へたの, 考へて, 考へる, 聞きお, 自分に, 自然に, 良い方, 薄気味の, 見られて, 覚悟し, 言いおいて, 言います, 言うけれど, 言うので, 言う当惑, 言つてを, 言はれ, 警戒し, 附け足した, 雄吉は, 食堂の, 馳せて, 高を

▼ 知れぬという~ (70, 1.9%)

5 ことは 2 ことに, ことを, ような, 事を, 怖れ, 意味の, 気が, 説が

1 [49件] いささか利己的, けち臭い, ことが, ことについて, ことも, のが, のは, ものじゃ, わけだ, ロジックも, ワケに, 一点の, 下心が, 不安を, 世にも浅ましい, 事であった, 事に, 事の, 事もなげなる, 事件は, 危惧の, 危険に, 可能性が, 噂が, 報告であった, 幻想が, 恐れが, 懸念から, 懸念も, 所まで, 文部省側の, 有様であった, 期待に, 様な, 消息は, 点を, 理窟を, 用意でも, 疑いが, 疑問を, 程度に, 老人が, 臆測を, 良心的な, 虞も, 見当を, 訣から, 訳は, 説明を

▼ 知れぬ~ (70, 1.9%)

37 である 83 であった 2 だから, だが

1 [18件] か, が恐しい, じゃ, だからね, だぞ, だに去年, であり, であります, でありますな, であるから, でございますが, ですよ, とそんな, にははたと, に困る, は上, は大きな, を矢矧川

▼ 知れぬもの~ (52, 1.4%)

4 が心, だ 2 じゃ, についての言葉, になっ, を取出す

1 [36件] があっ, があった, があり, がある, が伸び, が出, が彼, が潜ん, が私, が胸, が陽子, だった, だな, であった, であるから, であろうゆえ, でござった, でな, としてさて, どうにでも, なので, にあこがれ, にぶつかった, に害され, に殺された, の一段, の云い, の影, ゆえ丞相, をウカウカ, を学ん, を感ずる, を拵, を無下, を目前, を考える

▼ 知れぬ恐怖~ (45, 1.2%)

3 に囚われ 2 におそわれ, のため, を感じた, を感じる

1 [34件] から滴, が彼, が私, が船全体, とその, と不安, と情熱, などは一時精神上, にうちのめされ, にサッと, にゾッと, に囚, に囚われた, に固く, に強く強く, に打, に翳つて, に胸, に襲われた, に身, に駆られる, のせい, の前, の念, の旋風, の泉, をたたえた, を以て併, を以て瞶め, を以て私, を後, を感じ, を漠然と, を誘う

▼ 知れぬから~ (41, 1.1%)

2 である

1 [39件] いまこの, おえいに, おきみ, きっぱりした, こうと, しっかり読むべし, そう思え, そのつもり, その死ぬ, それのみが, それは, 一切売て, 代りばんこに, 余は, 借入する, 元亀天正あたり, 兼て, 咄嗟の, 土地の, 外船からの, 好いよう, 寧ろハート, 少しも早く, 当人が, 御伴, 思ひ止, 是非とも, 暫く別もの, 書いて, 毎日通っ, 注意し, 父の, 留守に, 私が, 種々の, 精査を, 臨機応変細心に, 見て, 面倒と

▼ 知れぬほど~ (32, 0.9%)

4 だが 2 あると, だった, で同居人

1 [22件] お付き, だ, つづいて, な蓬, まいったの, 今年は, 収容する, 大きくする, 左右の, 巧みに, 棲んで, 横着な, 淡く顔, 深い, 縒って, 舌鼓を, 見た女, 軽蔑され, 軽蔑し, 迅速に, 顔にも, 顫って

▼ 知れぬよう~ (23, 0.6%)

1 [23件] ご内密, なベッド, な木々, な苦労, な顔, にあの, にこっそり, にしたい, にしてやる, にじっと, になっ, に乱れ, に二人きり, に取片付け, に庭, に抜, に極めてそっと, に知れる, に能登守, に脇差, に腐心, に致し, に集っ

▼ 知れぬ不安~ (23, 0.6%)

2 が潮, と死

1 [19件] がありました, がきざし始める, がムラムラ, が萠, な感情, になやまされはじめた, に充ちた, に打たれた, に締めつけられ, に襲, に襲われた, に駆られた, の情, の気持, を感じた, を感じ始め, を湛へた, を突然, を覚

▼ 知れぬ~ (23, 0.6%)

2 の手

1 [21件] がこの, が出入, が出入り, が来, が殺害, が籠, にいきなり, にうしろ, にうばわれまし, に呼ばれる, に寄進者, に殺された, に脅かされ, の兇行, の死骸, の殺人犯, の為, の眼, をお, をよし, を投げ与える

▼ 知れぬこと~ (22, 0.6%)

4 などと申す 2 である, はない, もあるまい

1 [12件] が身, であるが, になっ, になります, に思い到った, はございますまい, もあり, や人, よと自分, を, をいっ, を感じる

▼ 知れぬけれど~ (19, 0.5%)

1 [19件] それにしても探偵小説, それには, そんなら, どんな人, ボールを, 享禄五年に, 今其跡, 全くの, 博士は, 外に, 外には, 実際よりも, 弱り切った心臓, 恐ろしさ, 或実業家, 或實業家, 日本の, 若し現われ, 陸上にも

▼ 知れぬ~ (18, 0.5%)

5 の俤 2 の頭

1 [11件] のよう, の何時, の声, の波, の行方, の記憶, の許, の顏, を前, を斬つ, を斬る

▼ 知れぬ~ (17, 0.5%)

1 [17件] あしたの, ことによる, さうし, それに, またかかる, また精神サクラン, 其根柢に, 又故人, 大雑把な, 奮起する, 得力の, 手利は, 救いの, 氏の, 私は, 系図を, 自分を

▼ 知れぬ深い~ (17, 0.5%)

2 淵へ, 穴や

1 [13件] ところを, ものだ, ものと, 夜の, 宗教味を, 怨みを, 息を, 感情を, 断崖である, 淵です, 淵の, 祈りミレエの, 谷底へでも

▼ 知れぬので~ (16, 0.4%)

2 あつた

1 [14件] いろいろの, おざる, その胆力試験, とうとう近所隣, どこにも, 三山は, 何よりも, 何事も, 前橋へ, 又新に, 村の, 軍備は, 過日来昼夜交代で, 遺憾ながら

▼ 知れぬ~ (15, 0.4%)

7 さを 2 さに 1 さが, さその他朝子の, さだ, さっていう, さの, 藍色の

▼ 知れぬ魅力~ (15, 0.4%)

2 を覚える

1 [13件] がある, で牽きつけられ, というもの, とを持っ, に酔い, をさ, をさえ感じ, をもっ, を与え, を以てぐんぐん, を以て三郎, を感じた, を覚えました

▼ 知れぬけれども~ (14, 0.4%)

1 [14件] ああ死なせたく, それは, たとえば平野謙, どこかに, 今に判然, 以上は, 内田魯庵氏は, 同感の, 大方母, 是を, 暗に人, 有らん限り, 理知では, 病気に対する

▼ 知れぬその~ (14, 0.4%)

5 光りの 2 影が 1 ような, 判決に対して, 前に, 因縁の, 時は, 筈だ, 証拠には

▼ 知れぬ~ (14, 0.4%)

1 [14件] から時々, がああ, が市長, だ, との蛮的, に応接, の一念, の土人形, の屍体, の胤, はさっき, は真面目, は船, を浮いた

▼ 知れぬ苦労~ (14, 0.4%)

3 をした

1 [11件] があった, があります, がある, が多, はあつ, も少ない, をし, をする, をもした, を要した, を重ね

▼ 知れぬなどと~ (13, 0.4%)

2 考へる, 考へるの 1 云うの, 互に噂, 小心翼々臆病無類の, 強いて自ら, 思つて居た, 申します, 考え及んだ, 話しあつ, 非論理的

▼ 知れぬ~ (13, 0.4%)

1 [13件] がそれら, がなかっ, が漲つ, が自分, が躍りたっ, とならず, に押えつけられ, の発現, は何より, や大きな, を感じ, を感じさせる, を籠め

▼ 知れぬ~ (12, 0.3%)

5 に深く 1 に兼吉, の中, の屈託, の戦き, の隠, は源氏, を思ふ

▼ 知れぬといふ~ (11, 0.3%)

2 氣が 1 ほのかな, 不安が, 場合に, 川田久長氏の, 心配が, 想像は, 意見が, 有様, 自ら顧み

▼ 知れぬ~ (11, 0.3%)

1 [11件] あるなどは, だった, だつた, です, になつ, の御苦労, の憎悪, 深い悲しみ, 深い谷底, 深く且つ, 満ち溢れて

▼ 知れぬ~ (10, 0.3%)

1 が千差万別, である, では, なりうそ寒し, に依る, に由る, はあるまじ, はござるまい, もあるまい, を僕等

▼ 知れぬ~ (10, 0.3%)

1 が毎日, でいつも, とが声, となりました, と書い, の, の手, をどこ, を見初めた, 菩薩の

▼ 知れぬ~ (10, 0.3%)

3 の中 1 であった, となり, のただ, の世, の如く, の底, の森

▼ 知れぬこの~ (9, 0.2%)

1 ま, 声が, 女を, 娘が, 岩が, 感情は, 森を, 海に, 破壊の

▼ 知れぬとも~ (9, 0.2%)

1 いえる, おもふ, 思う, 思った, 思つた, 思ふ, 惧れた, 考えられて, 言つて平七は

▼ 知れぬ一種~ (9, 0.2%)

2 の悲哀 1 のおそろしい, の思い, の悔悟, の愉快, の精悍, の陰惨, の魅力

▼ 知れぬ不思議~ (9, 0.2%)

1 なもの, な匂い, な味, な夢, な威力, な戦慄, な曲者, な法宴, な魅力

▼ 知れぬ人間~ (9, 0.2%)

2 の運命 1 が, がやつ, が転がっ, が途中, と思う, の口, の温か

▼ 知れぬ~ (9, 0.2%)

2 が私 1 がはらはら, が出, が含まれ, が滾れ, の淵, の痕, を決して

▼ 知れぬ豪傑~ (9, 0.2%)

3 のうち 2 が七人 1 が穏, とてもここ, の中, の面

▼ 知れぬ~ (9, 0.2%)

1 が乱れ立つ, が頻りに, である, の卵, の叫び, の啼声みたい, の聲, は空, や獣

▼ 知れぬ喜び~ (8, 0.2%)

2 を感じ 1 と初めて, と平和, に浸りました, に胸, の一つ, や悲しみ

▼ 知れぬ寂し~ (7, 0.2%)

2 さを 1 さが, さと, さとを, さに, さも

▼ 知れぬ悲しみ~ (7, 0.2%)

1 が胸, に鎖され, のうち, の唯一無二, の情, へ誘い込んだ, を歌つて

▼ 知れぬ感情~ (7, 0.2%)

1 が汪洋, が湧き起こっ, が湧き起った, が起こっ, が身内, に彼, の黒い

▼ 知れぬ戦慄~ (7, 0.2%)

1 が全身, が彼, が私, に満ち満ち, に襲われた, をお, を我慢

▼ 知れぬ苦心~ (7, 0.2%)

2 をした 1 がある, と勉強, はかくして, をしなけれ, をする

▼ 知れぬ運命~ (7, 0.2%)

1 に賭け, に顫, の深淵, の転変, へ駆り立てられ, をおそろしく, を引き続く

▼ 知れぬところ~ (6, 0.2%)

1 から低い, だ, で酸苦, に興味, に迷いこん, の日本全体

▼ 知れぬとの~ (6, 0.2%)

1 予感が, 事, 事で, 事である, 見込みから, 返事だ

▼ 知れぬやう~ (6, 0.2%)

2 にお 1 な危, な慳貪, な気, にその

▼ 知れぬ~ (6, 0.2%)

1 うかして, うして, うも, でも大事, でも試さぬ, を惡

▼ 知れぬ~ (6, 0.2%)

21 となりし, との実感, と見えた, を思っ

▼ 知れぬ~ (6, 0.2%)

6 を占う

▼ 知れぬ悲し~ (6, 0.2%)

2 さと, さを 1 さが, さに

▼ 知れぬ~ (6, 0.2%)

1 だ, で弾丸, に臥し, へそれ, へゆく, へ行

▼ 知れぬ~ (6, 0.2%)

4 から日 1 からの木, の秘密

▼ 知れぬ~ (6, 0.2%)

1 にも致します, に伺いました, に出, に埋め, に姿, に皆

▼ 知れぬ淋し~ (6, 0.2%)

2 さが, さを 1 さで, さに

▼ 知れぬ興味~ (6, 0.2%)

2 を覚えた 1 がある, と情趣, と色彩, はあった

▼ 知れぬうち~ (5, 0.1%)

1 にセルギウス, に堕胎, に戦場, に自分, 御工夫

▼ 知れぬぞと~ (5, 0.1%)

1 あたふた百花園, 云ふ, 彼女は, 申せ, 考へだして

▼ 知れぬとは~ (5, 0.1%)

1 もはや探索, 思うが, 思ったが, 思ふが, 誰でも

▼ 知れぬなつかし~ (5, 0.1%)

1 さが, さで, さと, さを, 味を

▼ 知れぬ~ (5, 0.1%)

1 ある年江州, こらッ, せよともかく, 今日までは, 越したこと

▼ 知れぬほどの~ (5, 0.1%)

1 得意ささえ, 敗北感が, 昔から, 深い大きい谷, 財宝が

▼ 知れぬ不快~ (5, 0.1%)

1 と苦痛, なもの, な心持, な胸苦し, に襲われ

▼ 知れぬ~ (5, 0.1%)

1 なる魚, 工事彼女に対する, 彗星の, 猿小猿が, 長者に

▼ 知れぬ大きな~ (5, 0.1%)

1 亀の甲が, 楽しみでも, 迫害を, 鳥が, 龜の甲が

▼ 知れぬ~ (5, 0.1%)

4 には候 1 が脅迫状

▼ 知れぬ怪物~ (5, 0.1%)

1 がのこの, だった, というべきであった, に相対, はそもそも

▼ 知れぬ悲壮~ (5, 0.1%)

2 な気持 1 なる死, な幸福, な気持ち

▼ 知れぬ愛著~ (5, 0.1%)

3 を覚え 2 を覺

▼ 知れぬ~ (5, 0.1%)

1 である, なので, に一太刀, に惱, の首

▼ 知れぬ~ (5, 0.1%)

1 は一生旅寝, は人, は寄っ, は巡査, 迄の目印

▼ 知れぬ~ (5, 0.1%)

5 の風

▼ 知れぬ此生活~ (5, 0.1%)

5 に家

▼ 知れぬ深み~ (5, 0.1%)

1 と距, に沈潜, へ吸い取っ, へ吸い込んでる, より何ごと

▼ 知れぬ深淵~ (5, 0.1%)

1 が口, である, のごとき, のよう, を覗き込む

▼ 知れぬ~ (5, 0.1%)

1 が口, でものぞきこむ, となっ, となつ, へ吸いこまれ

▼ 知れぬ~ (5, 0.1%)

2 を我が 1 にあこがれ, に腰, を我がこの

▼ 知れぬ白い~ (5, 0.1%)

2 粉が 1 小さな草花, 幕舎が, 斑らそれに

▼ 知れぬ~ (5, 0.1%)

3 の中 1 の中途, へ水

▼ 知れぬ絶望~ (5, 0.1%)

1 がある, と懊悩, にあるいは, の悲しみ, へおちこん

▼ 知れぬ良心~ (5, 0.1%)

4 を恥 1 の呵責

▼ 知れぬ~ (5, 0.1%)

1 ですから, なればこそ, に一夜二夜, はお, を前提

▼ 知れぬ~ (5, 0.1%)

2 栗の 1 さに, 赤の, 錢と

▼ 知れぬいや~ (4, 0.1%)

1 これだろう, それが, な音, 最後に

▼ 知れぬかの~ (4, 0.1%)

4 昔の

▼ 知れぬそして~ (4, 0.1%)

1 まだ私, 大胆な, 聞いては, 見つかれば

▼ 知れぬそれ~ (4, 0.1%)

1 が私, ならば, に風, はこの

▼ 知れぬまた~ (4, 0.1%)

1 この店, 利口かも, 外に, 知った人

▼ 知れぬ人々~ (4, 0.1%)

1 が腹, の心, の運命, の間

▼ 知れぬ~ (4, 0.1%)

1 から其地, に繋がれ, へ奉公住, へ行っ

▼ 知れぬ嬉し~ (4, 0.1%)

2 さが, さに

▼ 知れぬ寂寥~ (4, 0.1%)

2 の感 1 がうち, が私

▼ 知れぬ恐れ~ (4, 0.1%)

1 が生じた, と不安, のほか, の為

▼ 知れぬ悩み~ (4, 0.1%)

1 があった, があつ, と淋し, の重なる

▼ 知れぬ悲劇~ (4, 0.1%)

1 がもっとも, は潜ん, もある, を見

▼ 知れぬ曲者~ (4, 0.1%)

1 に絞り殺され, に背後, に襲, のため

▼ 知れぬ~ (4, 0.1%)

2 を借りた, を愛した

▼ 知れぬ~ (4, 0.1%)

2 をつけ 1 がし, がする

▼ 知れぬ~ (4, 0.1%)

2 も見わかず 1 に落ち, へ沈ん

▼ 知れぬ満足~ (4, 0.1%)

1 それに又私, の色, を与えた, を感じ

▼ 知れぬ異様~ (4, 0.1%)

1 なたの, な声, な感覚, の感

▼ 知れぬ相手~ (4, 0.1%)

1 にどう, にどなりつけました, のため, を警戒

▼ 知れぬ~ (4, 0.1%)

2 の宮 1 となされ, の方

▼ 知れぬ空虚~ (4, 0.1%)

1 と寂寞, の底, の感じ, を感じ

▼ 知れぬ興奮~ (4, 0.1%)

1 であった, でわたくし, と哀愁, にその

▼ 知れぬ苦痛~ (4, 0.1%)

1 は我が, らしかった, をそっと, を一寸

▼ 知れぬ~ (4, 0.1%)

1 で行留り, などのある, に墜ち失せ, 暗く風

▼ 知れぬ雑草~ (4, 0.1%)

1 がしんみり, が一杯, が茫々, が蔓

▼ 知れぬある~ (3, 0.1%)

1 暖かい薄, 物傲然たる, 秘密な

▼ 知れぬ~ (3, 0.1%)

1 めき声, 国の, 気遣いが

▼ 知れぬ~ (3, 0.1%)

1 や, わざわざ石灯籠, 何うし

▼ 知れぬとて~ (3, 0.1%)

1 お館, 今迄, 王を

▼ 知れぬ~ (3, 0.1%)

1 人の, 弗箱の, 残念

▼ 知れぬはず~ (3, 0.1%)

2 はない 1 のもの

▼ 知れぬ~ (3, 0.1%)

1 ようでございます, 一ど, 道理こんな

▼ 知れぬ不気味~ (3, 0.1%)

1 なもの, な快感, な謎

▼ 知れぬ不満~ (3, 0.1%)

1 や不快, を抱き, を隠し

▼ 知れぬ予感~ (3, 0.1%)

1 にサッと, の様, を感じ

▼ 知れぬ人今~ (3, 0.1%)

3 詫びたからとて

▼ 知れぬ人物~ (3, 0.1%)

1 がぞろぞろ, じゃ, に対する思慕

▼ 知れぬ人生~ (3, 0.1%)

1 のいろいろ, のこれから, 即ち民族精神

▼ 知れぬ~ (3, 0.1%)

1 だ, でそれ, に変

▼ 知れぬ~ (3, 0.1%)

1 し下, し兎, し小林

▼ 知れぬ倦怠~ (3, 0.1%)

1 のうち, のよう, の中

▼ 知れぬ優し~ (3, 0.1%)

1 さが, さと, さに

▼ 知れぬ努力~ (3, 0.1%)

1 があつ, に対して尊敬, を払わせられた

▼ 知れぬ勇気~ (3, 0.1%)

1 がある, がひしひし, が湧い

▼ 知れぬ~ (3, 0.1%)

1 が半纏, して, ひ

▼ 知れぬ奇怪~ (3, 0.1%)

1 なもの, な仏像, な獣性

▼ 知れぬ姿~ (3, 0.1%)

1 であった, は優しい, を認め始めた

▼ 知れぬ~ (3, 0.1%)

1 があり, と雄弁, を与えた

▼ 知れぬ崇高~ (3, 0.1%)

2 な精神 1 な奇蹟

▼ 知れぬ幸福~ (3, 0.1%)

1 であった, を圓朝, を感じ

▼ 知れぬ~ (3, 0.1%)

2 の様 1 その影

▼ 知れぬ微笑~ (3, 0.1%)

3 を浮べ

▼ 知れぬ~ (3, 0.1%)

1 さです, れと, れを

▼ 知れぬ恐ろし~ (3, 0.1%)

2 さを 1 さが

▼ 知れぬ悪党~ (3, 0.1%)

1 とは, なり, よ

▼ 知れぬ悲哀~ (3, 0.1%)

1 を感じ, を感じた, を感ぜしめる

▼ 知れぬ感じ~ (3, 0.1%)

2 が身 1 がこみあげ

▼ 知れぬ感動~ (3, 0.1%)

1 だった, に思わず, のよう

▼ 知れぬ感激~ (3, 0.1%)

1 が火花, が胸, に打たれた

▼ 知れぬ憂愁~ (3, 0.1%)

1 に閉ざされる, も賤民, をう

▼ 知れぬ憎悪~ (3, 0.1%)

1 からであったろう, のため, の念

▼ 知れぬ懐し~ (3, 0.1%)

2 さを 1 さと

▼ 知れぬ或いは~ (3, 0.1%)

1 お浦, その修験者, 余の

▼ 知れぬ~ (3, 0.1%)

1 さが, さの, の中

▼ 知れぬ暗闇~ (3, 0.1%)

2 の中 1 と共に黄泉

▼ 知れぬ楽しみ~ (3, 0.1%)

1 の一つ, もある, を覚えた

▼ 知れぬ気持~ (3, 0.1%)

1 になる, の緊張, を持っ

▼ 知れぬ浄ら~ (3, 0.1%)

3 かな花

▼ 知れぬ秘密~ (3, 0.1%)

1 の希望, の方, を蔵する

▼ 知れぬ考え~ (3, 0.1%)

1 に沈み, のうち, をそっと

▼ 知れぬ~ (3, 0.1%)

1 の動揺, の動搖, の戦き

▼ 知れぬ自分~ (3, 0.1%)

1 がこれから, の瞑想, の骨像

▼ 知れぬ~ (3, 0.1%)

1 の枝, も咲いてた, を愛づる

▼ 知れぬ若い~ (3, 0.1%)

1 女が, 女を, 教授を

▼ 知れぬ苦勞~ (3, 0.1%)

1 がある, をし, を重ねた

▼ 知れぬ苦悩~ (3, 0.1%)

1 の淵, をした, を胸

▼ 知れぬ~ (3, 0.1%)

1 がさかん, がしきりに, がウジウジ

▼ 知れぬ~ (3, 0.1%)

1 がパーッ, がパーツ, が飛ん

▼ 知れぬ衝動~ (3, 0.1%)

2 を受けた 1 だろうか

▼ 知れぬ遠い~ (3, 0.1%)

1 処へも, 方を, 旅路に

▼ 知れぬ長い~ (3, 0.1%)

1 坂に, 時代の, 血の

▼ 知れぬ~ (3, 0.1%)

1 がウヨ, のうえ, の群

▼ 知れぬ魅惑~ (3, 0.1%)

1 をおぼえた, をも感じた, を持っ

▼ 知れぬいのち~ (2, 0.1%)

1 を太陽, を憂い

▼ 知れぬうら若い~ (2, 0.1%)

1 求学者の, 求學者の

▼ 知れぬお方~ (2, 0.1%)

1 じゃ, は御免

▼ 知れぬからと~ (2, 0.1%)

1 曾て, 頼んで

▼ 知れぬこんな~ (2, 0.1%)

1 夜々には, 心は

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

1 危篤です, 重態との

▼ 知れぬさびし~ (2, 0.1%)

1 さと, さを

▼ 知れぬしかし~ (2, 0.1%)

1 どうして貴く, 古賀は

▼ 知れぬそう~ (2, 0.1%)

1 なると, 思ったり

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

1 ことによる, 半蔵殿と

▼ 知れぬとだけ~ (2, 0.1%)

1 では, でむなしく

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

1 げきが, アハハハハ

▼ 知れぬながら~ (2, 0.1%)

1 およそ深き, 此御堂に

▼ 知れぬなつかしい~ (2, 0.1%)

1 想像に, 憧憬を

▼ 知れぬ一つ~ (2, 0.1%)

1 の力, の水草

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

1 信用の, 平衡の

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

2 は天下

▼ 知れぬ事実~ (2, 0.1%)

1 があるらしく, がたとえば

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

1 のやう, の中

▼ 知れぬ代物~ (2, 0.1%)

1 になっ, はない

▼ 知れぬ八ツ橋~ (2, 0.1%)

2 の状

▼ 知れぬ其の~ (2, 0.1%)

1 従者共, 面に

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

1 い風, き湿気

▼ 知れぬ卓子~ (2, 0.1%)

2 の上

▼ 知れぬ危険~ (2, 0.1%)

1 を克服, を直義自身

▼ 知れぬ厳粛~ (2, 0.1%)

1 なもの, のお

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

1 上述の, 他の

▼ 知れぬ又或は~ (2, 0.1%)

1 然樣, 真に秀吉

▼ 知れぬ反感~ (2, 0.1%)

1 から努めて, を唆

▼ 知れぬ口説~ (2, 0.1%)

2 にのりだす

▼ 知れぬ古い~ (2, 0.1%)

1 尾張の, 社が

▼ 知れぬ同人雑誌~ (2, 0.1%)

2 をたくさん

▼ 知れぬ名残~ (2, 0.1%)

1 の惜しまれ, の惜まれ

▼ 知れぬ哀愁~ (2, 0.1%)

1 がこめ, を含んだ

▼ 知れぬ土木事業~ (2, 0.1%)

1 とも庭作り, の中止

▼ 知れぬ地獄~ (2, 0.1%)

1 の気配, へ吸い込まれ

▼ 知れぬ場所~ (2, 0.1%)

1 に住ん, へ運びさり

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

1 が響いた, をうめき

▼ 知れぬ売薬~ (2, 0.1%)

2 を売り付ける

▼ 知れぬ多く~ (2, 0.1%)

1 の人, の火花

▼ 知れぬ大判小判~ (2, 0.1%)

1 が入, の波

▼ 知れぬ大望~ (2, 0.1%)

2 を抱く

▼ 知れぬ天下~ (2, 0.1%)

1 の風雲, への野望

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

1 とも何処, の傍

▼ 知れぬ奇妙~ (2, 0.1%)

1 なまつ, な男

▼ 知れぬ女乞食~ (2, 0.1%)

1 の顏, の顔

▼ 知れぬ好奇心~ (2, 0.1%)

1 に満たされ, の血

▼ 知れぬ婦人~ (2, 0.1%)

1 が時々, と面会

▼ 知れぬ嫉妬~ (2, 0.1%)

1 の雲, を覚える

▼ 知れぬ家作持~ (2, 0.1%)

1 と言, と言われる

▼ 知れぬ小鳥~ (2, 0.1%)

1 よ眠り, 啼いて

▼ 知れぬ屈辱感~ (2, 0.1%)

1 で憂鬱, に身悶え

▼ 知れぬ屑金物入~ (2, 0.1%)

2 の箱

▼ 知れぬ床し~ (2, 0.1%)

1 さが, さに

▼ 知れぬ弓弦~ (2, 0.1%)

2 の音

▼ 知れぬ弾丸~ (2, 0.1%)

2 に打ち抜かれ

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

2 さを

▼ 知れぬ快感~ (2, 0.1%)

1 に身, を惹き起し

▼ 知れぬ忿怒~ (2, 0.1%)

1 がサッと, がサツ

▼ 知れぬ怒り~ (2, 0.1%)

1 であろうか, に肩

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

1 は昼, を持つ

▼ 知れぬ悔恨~ (2, 0.1%)

1 であった, にうち

▼ 知れぬ悦び~ (2, 0.1%)

1 を味, を感じた

▼ 知れぬ悦楽~ (2, 0.1%)

1 のよう, の亢奮

▼ 知れぬ悲しい~ (2, 0.1%)

1 心持が, 決意を

▼ 知れぬ悲惨~ (2, 0.1%)

1 でそれ, に死ぬ

▼ 知れぬ愛情~ (2, 0.1%)

1 をおぼえ, をば注い

▼ 知れぬ感慨~ (2, 0.1%)

1 が米友, を覚えました

▼ 知れぬ感謝~ (2, 0.1%)

1 の念, の眼付き

▼ 知れぬ憂鬱~ (2, 0.1%)

1 が印せられ, の谷

▼ 知れぬ或は~ (2, 0.1%)

1 いや, 何かの

▼ 知れぬ戦国~ (2, 0.1%)

1 によく, の生涯

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

1 に盗まれ, に重い

▼ 知れぬ撞見~ (2, 0.1%)

2 しては

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

1 先ず助け, 大切に

▼ 知れぬ故郷~ (2, 0.1%)

2 で育つ

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

1 に出る, をつづけ

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

1 が迫っ, までこの

▼ 知れぬ暗い~ (2, 0.1%)

1 底へ, 気持に

▼ 知れぬ暗雲~ (2, 0.1%)

1 の下, を未然

▼ 知れぬ暗黒~ (2, 0.1%)

1 とが現われ, に転げ墜ち

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

1 の大軍, の旅

▼ 知れぬ木柵~ (2, 0.1%)

2 の頭

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

1 の様, の耄碌婆め

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

2 の上

▼ 知れぬ民衆~ (2, 0.1%)

2 の労作

▼ 知れぬ気味~ (2, 0.1%)

1 の悪い, わるさ

▼ 知れぬ氷河~ (2, 0.1%)

1 の亀裂, の割目

▼ 知れぬ汚らしい~ (2, 0.1%)

2 襤褸の

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

1 である, のよう

▼ 知れぬ波間~ (2, 0.1%)

1 に溺れゆく, よりてふ

▼ 知れぬ淨ら~ (2, 0.1%)

2 かな花

▼ 知れぬ溝渠の~ (2, 0.1%)

2 にほひ

▼ 知れぬ滿足~ (2, 0.1%)

1 を感ずる, を覺

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

2 に似た

▼ 知れぬ烈しい~ (2, 0.1%)

1 嫉妬感に, 欲望を

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

1 數の, 智を

▼ 知れぬ物凄い~ (2, 0.1%)

1 物体だった, 静けさを

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

1 が枕頭, が枝

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

1 の中, をひもじ

▼ 知れぬ疑惑~ (2, 0.1%)

1 に捕えられ, の念

▼ 知れぬ病身~ (2, 0.1%)

1 になっ, になつ

▼ 知れぬ白髪~ (2, 0.1%)

2 の油気

▼ 知れぬ祖先~ (2, 0.1%)

1 の衝動, をこの世

▼ 知れぬ神秘~ (2, 0.1%)

1 につつまれた, を持った

▼ 知れぬ神秘的~ (2, 0.1%)

1 な悩み, な生き甲斐

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

2 の少年時

▼ 知れぬ種々~ (2, 0.1%)

2 な事

▼ 知れぬ空井戸~ (2, 0.1%)

1 の中, の闇

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

2 のある

▼ 知れぬ笑顔~ (2, 0.1%)

1 で受けた, を作っ

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

1 では, はなく

▼ 知れぬ絶壁~ (2, 0.1%)

1 のとっぱなに, の削り立った

▼ 知れぬ絶望感~ (2, 0.1%)

1 が私, のため

▼ 知れぬ緑色~ (2, 0.1%)

2 の雲母

▼ 知れぬ美し~ (2, 0.1%)

1 さだ, さを

▼ 知れぬ美しい~ (2, 0.1%)

1 女と, 花が

▼ 知れぬ美感~ (2, 0.1%)

2 と崇高感

▼ 知れぬ腹立たし~ (2, 0.1%)

2 さが

▼ 知れぬ自然~ (2, 0.1%)

2 の大

▼ 知れぬ芸術的~ (2, 0.1%)

2 の魅力

▼ 知れぬ苦しみ~ (2, 0.1%)

1 に対して恐れ戦く, を良人

▼ 知れぬ苦闘~ (2, 0.1%)

1 の含蓄, をつづけ

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

1 が生え, をその

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

2 みを

▼ 知れぬ薄笑い~ (2, 0.1%)

1 を浮かべ, を浮かべた

▼ 知れぬ蜘蛛~ (2, 0.1%)

1 が巣, が隊

▼ 知れぬ表情~ (2, 0.1%)

1 であつ, をも作り得るだろう

▼ 知れぬ表現~ (2, 0.1%)

1 の変化, の柔和さ

▼ 知れぬ親しみ~ (2, 0.1%)

1 を感ずる, を覺

▼ 知れぬ誇り~ (2, 0.1%)

1 に目, を感じさせました

▼ 知れぬ警護~ (2, 0.1%)

2 の士

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

1 があります, が漂っ

▼ 知れぬ軽蔑感~ (2, 0.1%)

1 がその, を考え

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

2 病人を

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

1 を入れた, を拵

▼ 知れぬ金地~ (2, 0.1%)

2 の舞

▼ 知れぬ銀杏~ (2, 0.1%)

1 の落葉, の葉

▼ 知れぬ闖入者~ (2, 0.1%)

1 を庇, を庇う

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

2 ひに

▼ 知れぬ霊的~ (2, 0.1%)

2 の冷静味

▼ 知れぬ非常~ (2, 0.1%)

1 な苦心骨折, に不気味

▼ 知れぬ音楽~ (2, 0.1%)

1 の中, をした

▼ 知れぬ風雲~ (2, 0.1%)

1 や世, を孕ん

▼ 知れぬ驚愕~ (2, 0.1%)

1 と恐怖, に大きく大きく

▼ 知れぬ鬼気~ (2, 0.1%)

1 がウッスリ, と神経

▼ 知れぬ魔力~ (2, 0.1%)

1 と云う, によって彼ら

▼ 知れぬ魔物~ (2, 0.1%)

1 のこと, を

▼ 知れぬ~ (2, 0.1%)

1 の数々, の料理

▼ 知れぬ黒い~ (2, 0.1%)

1 森が, 海に

▼1* [886件]

知れぬああ心配に, 知れぬあのうすあばた, 知れぬあやしい家へ, 知れぬあるいは背中で, 知れぬあんな売卜者ずれの, 知れぬあゝ心配に, 知れぬいずれ帰った上, 知れぬいたいけな小娘, 知れぬいつか嘔きたい程, 知れぬいのちゆえどうか, 知れぬいまさら死別が, 知れぬうすい感じと, 知れぬうっかりすると, 知れぬうつろの樹, 知れぬうれしさを, 知れぬおそらく予期した, 知れぬおそろしい世音の, 知れぬおのれの命, 知れぬお互いの身, 知れぬお化けの顔, 知れぬくれた著想, 知れぬかかる時取り出し, 知れぬかは別問題, 知れぬかもしれない, 知れぬからこそ一日も, 知れぬがと厭に, 知れぬがとに角大学教育の, 知れぬくさびらが生えた, 知れぬくらい損害を, 知れぬくらいになまぐさくまた, 知れぬぐずぐずせずと, 知れぬけどが女, 知れぬこうかも知れぬ, 知れぬここはポローニヤス, 知れぬこと石垣が崩れる, 知れぬこまかな作法, 知れぬこれで, 知れぬさすがに彼女, 知れぬさびしい気が, 知れぬさみしさを, 知れぬしかしながら竜之, 知れぬしかもあるいはこれが, 知れぬしと言って, 知れぬしなやかな葉, 知れぬしみじみとした, 知れぬすごい赤味を, 知れぬずっとこのごろ宮は, 知れぬ夫に, 知れぬそこで文字に, 知れぬそれぞれの苦悩, 知れぬそれでは棄置かれんと, 知れぬそれらの者, 知れぬそんな生命観も, 知れぬただ吾, 知れぬたった一人で, 知れぬため息を深く, 知れぬだがこの宇宙, 知れぬちからの歓喜, 知れぬといった程度の, 知れぬとおもはれる, 知れぬとかまたは人, 知れぬときは天下, 知れぬところが從來の, 知れぬとさえ考えられた, 知れぬとすら思われた, 知れぬとてもこの世の, 知れぬとにかくこの一行, 知れぬとばかりいって, 知れぬとやらでどんなに, 知れぬどうか心に, 知れぬどよめきをもう, 知れぬなければない, 知れぬなまぬるい液体の, 知れぬならず者のため, 知れぬにおいては庄屋を, 知れぬぬるま湯の深淵, 知れぬのにそれでもしたう, 知れぬのみならずそれ, 知れぬのみか縦し, 知れぬはず佐々木道誉という者, 知れぬひとへの好意, 知れぬふとい木が, 知れぬへんなもの, 知れぬほうへ伸び, 知れぬほどに見えた, 知れぬほどにはなって, 知れぬほのかな響き, 知れぬぼんやりした明るみ, 知れぬにここ, 知れぬまだ人間に, 知れぬまでに未知の, 知れぬもういくつかの, 知れぬもの除夜の鐘を聞き, 知れぬやさしいつつましい浮かれ心, 知れぬやつが加十, 知れぬやみの中, 知れぬやもりのよう, 知れぬやらそれは, 知れぬゆえもう駕籠, 知れぬゆえそれが何より, 知れぬゆえ学術上の研究, 知れぬゆえ後々は兎, 知れぬゆえ鳴りを鎮め, 知れぬゆっくり問いただして, 知れぬよく調べて, 知れぬよし夫なら, 知れぬよみの国, 知れぬよろしくこの辺, 知れぬ心に, 知れぬアクセントだけが妙, 知れぬオイハギ山賊妖怪もみんな一しょく, 知れぬカテリイヌの面影, 知れぬクサグサの事ども, 知れぬを尊称シ, 知れぬスリルを含ん, 知れぬセメント樽などが島, 知れぬチャンチャンの音, 知れぬトリックの沼, 知れぬドレ引っ繰返そう, 知れぬナニ現われて, 知れぬハニカミ心が湧い, 知れぬハハハしかし憫然, 知れぬハヽヽ然し憫然, 知れぬバラの小判, 知れぬベルギー料理を皿, 知れぬモノスゴイ気分を場内一面, 知れぬロアル河べりの蘆, 知れぬ一つ脅迫して, 知れぬ一人の少女, 知れぬ一個の屍体, 知れぬ一応御様子, 知れぬ一種不思議な力, 知れぬ一羽の鳥, 知れぬ一行の殿, 知れぬ一顆の宝石, 知れぬ万一これが, 知れぬ万一そうなると, 知れぬ三ツの花, 知れぬへ一直線, 知れぬ下品な卑劣漢, 知れぬ下手の舞舞, 知れぬ下界の霄, 知れぬ不具者が床, 知れぬ不吉なもの, 知れぬ不安さに呼吸, 知れぬ不幸を予感, 知れぬ不愉快な薄気味, 知れぬ不穏なたたずまい, 知れぬ不足を補, 知れぬだ, 知れぬ世の中の峰, 知れぬ世田ヶ谷の砲兵聯隊, 知れぬ世界に対, 知れぬ世阿弥様へ秘密, 知れぬにも虫喰, 知れぬ丸木の杖, 知れぬ乞食爺を俺, 知れぬ事だらけで夢, 知れぬ事件であった, 知れぬ事情で中止, 知れぬ事業は菰田家, 知れぬ二つの眼, 知れぬ二人連れの男女, 知れぬ二階で登り, 知れぬ井戸か土蔵, 知れぬ人命が奪われ, 知れぬ人工的非科学的, 知れぬ人形の異変, 知れぬ人影がパッ, 知れぬ人達であったの, 知れぬ人間霊魂の内部, 知れぬ仮定に止まっ, 知れぬ仮死の埋葬, 知れぬ仲働きを勤め, 知れぬ伊勢路即海道記, 知れぬ休止であった, 知れぬへ東, 知れぬ会合であつ, 知れぬ伝統の深, 知れぬ位不幸中のしあ, 知れぬ位入れ交って, 知れぬ体じゅうの痛み, 知れぬしい心地, 知れぬ佳い薫が, 知れぬは禅家, 知れぬ価値を有, 知れぬ侵入者は驚くべき, 知れぬ保さんである, 知れぬ修羅を現, 知れぬ倍音と融け, 知れぬ候鳥の群, 知れぬ偉大な力, 知れぬを負う, 知れぬ傷口の痛み, 知れぬさを, 知れぬも角, 知れぬ八十あまりらしい見るかげ, 知れぬ六角の井戸, 知れぬ兵器を搬入, 知れぬ兵学者がいる, 知れぬ兵隊の観兵式, 知れぬ再会の日, 知れぬ写生図やカケモノ, 知れぬの白い, 知れぬ冷さだった, 知れぬ冷たさが, 知れぬ冷やかな厳粛, 知れぬ凄しさに, 知れぬ凡そ今迄, 知れぬ切ない未練を, 知れぬ刑死者の中, 知れぬ利益を受けるだろう, 知れぬ刺戟を与え, 知れぬ功績を立てた, 知れぬふるに, 知れぬ加藤さんだ一寸出迎, 知れぬ劫初にきざし, 知れぬ労苦も今, 知れぬ勉強ぶりをこれら, 知れぬ動物くさい喜び, 知れぬ化物に睨みつけられ, 知れぬ北太平洋の島々, 知れぬ千両箱のうち, 知れぬ千仭の谷, 知れぬ南蠻物らしい藥品, 知れぬ印象をうけます, 知れぬい立場, 知れぬ原因で躓い, 知れぬ原始の山野, 知れぬ友人達数知れぬ父, 知れぬ反抗の気勢, 知れぬ反撥を感じ, 知れぬ反撥心もあっ, 知れぬ反照があった, 知れぬ反芻動物でありこれ, 知れぬ叔父がある, 知れぬ口惜しさという, 知れぬ口留め料を警官, 知れぬ古代に既に, 知れぬ同情を持たせられ, 知れぬ名状し難い, 知れぬ名誉がある, 知れぬ呆痴者めが必定, 知れぬ味いがあっ, 知れぬ味気なさ, 知れぬ和歌子遠く東京に去った, 知れぬ哀れがある, 知れぬ哀感がどこ, 知れぬの捺形, 知れぬ唖娘を殺した, 知れぬ唯一の秘密国, 知れぬ問いを発した, 知れぬ善人で本多, 知れぬ善良さ寛大さこだはり, 知れぬ嘆息をつい, 知れぬをついた, 知れぬ囁きの樣, 知れぬ囚人輿の良人, 知れぬ四十歳余りの男, 知れぬ四辺の風光, 知れぬ因縁の絆, 知れぬ困難が伴, 知れぬ図太き胆大, 知れぬ固定や其, 知れぬだと, 知れぬ圧迫に似た, 知れぬのその, 知れぬりだな, 知れぬ執着を感じ, 知れぬ堆高いクラシックな, 知れぬ堕落の程度, 知れぬ場末の街筋, 知れぬ場面であらう, 知れぬ塵埃のむら, 知れぬ境涯だ医者, 知れぬ境遇となっ, 知れぬ墓處の隅々, 知れぬ墨子の理想, 知れぬれたもの, 知れぬ士同士だぞ, 知れぬ変容は愛, 知れぬの虫, 知れぬの心配, 知れぬ外來者の面倒, 知れぬ外国からの漂着者, 知れぬ多忙さがある, 知れぬ夜光虫の光り, 知れぬ夜空がある, 知れぬ夜鷹の顔, 知れぬなどを死後, 知れぬ大きい古塚, 知れぬ大声で噪ぎ, 知れぬ大小の歯車, 知れぬ大岩小岩につきあたる, 知れぬ大木が聳え立つ, 知れぬ大海を漂浪, 知れぬ大男が急ぎ足, 知れぬ大胆さとそして, 知れぬ大軍はいまや, 知れぬ天狗らしき者, 知れぬ天野夫人への執着, 知れぬ失意劇しい苦悶, 知れぬ失望の色, 知れぬ奇声をあげた, 知れぬ奈落へと沈め, 知れぬ奥山へでも入った, 知れぬ奥行がある, 知れぬの部屋, 知れぬ女達も皆島, 知れぬ好人物でありますから, 知れぬ妄想をはらいのけよう, 知れぬ妖気に驚かされた, 知れぬ妖術のよう, 知れぬな顏, 知れぬ威力を認める, 知れぬ威厳のよう, 知れぬ威張つた人物が朝, 知れぬ嫌悪を覚える, 知れぬ孤独感に心, 知れぬれに, 知れぬ宇治拾遺あたりの, 知れぬ安易さを感じさせる, 知れぬ安物なので, 知れぬ実感のこもつた, 知れぬ客達にまで嬲られ, 知れぬもあり, 知れぬ宮方のすべて, 知れぬ宵闇にあの, 知れぬ家庭的感激が諸君, 知れぬ寂しい声が, 知れぬ寂莫の感, 知れぬ寄生木が大樹, 知れぬ密旨も果たして, 知れぬ密林の切磋琢磨, 知れぬ寒駅がぼんやり, 知れぬ寶それが何處, 知れぬ尊い精進を, 知れぬ魚が, 知れぬ小さい神社が, 知れぬ小さな白や, 知れぬ小判と一夜, 知れぬ小字を地図, 知れぬ小橋を見る, 知れぬ小石の群, 知れぬ少くとも此処, 知れぬ少数の外国人, 知れぬ屈託がある, 知れぬを曝す, 知れぬをムレ, 知れぬ山路をしばらく, 知れぬ山間の小, 知れぬ山鳥が一鳴き, 知れぬの斜面, 知れぬ島嶼のかげ, 知れぬ川海老が楽し, 知れぬ川面のあたり, 知れぬ工夫がされた, 知れぬればとて, 知れぬきなもの, 知れぬ希望と楽しみ, 知れぬ帯刀だけであった, 知れぬ平和な満足, 知れぬ平民的な好意ぶり, 知れぬ年月の間, 知れぬ幼年の思い出, 知れぬ幾多の苦心, 知れぬ広い原に, 知れぬ広大な屋敷内, 知れぬを覗い, 知れぬ店主の帰り, 知れぬ廢道を行つた方, 知れぬさを, 知れぬが知らなかつた, 知れぬ後ろめたさを, 知れぬ得意さでにやりと, 知れぬ門番を, 知れぬ微妙な甘い, 知れぬ徳行の世界, 知れぬ心づくしのほど, 知れぬ心労も多かろ, 知れぬ心地に打たれ, 知れぬ心痛お蝶, 知れぬ心臓が一時, 知れぬ心遣いは夫人, 知れぬ忍従と涯, 知れぬ忙しい疾風の, 知れぬの為, 知れぬを胸, 知れぬ思いに燃え立つ, 知れぬ思慕を寄せ, 知れぬ性格の幅, 知れぬ怨めしさに, 知れぬ怪しい影法師が, 知れぬ怪しげなる泣き声, 知れぬ怪人に襲, 知れぬ怪物共がウジャウジャ, 知れぬ怪異の殺人, 知れぬ恍惚の空, 知れぬ恍惚感さえみちびきだし, 知れぬ恐しい, 知れぬ恐るべき障害物が, 知れぬ恐ろしいすみずみ, 知れぬ恐怖感にもだえる, 知れぬ恥しさと, 知れぬ恩惠を與, 知れぬ悒鬱の沼, 知れぬ悔みと悩み, 知れぬ悠久な天地, 知れぬに入, 知れぬ悩ましい淵を, 知れぬ悪寒に捉, 知れぬ悪意や不親切, 知れぬ悪霊共がアッシリヤ, 知れぬ悲しみそのものではなくし, 知れぬ悲嘆の泪, 知れぬ悲歎の様, 知れぬ悲痛に惱, 知れぬ悲願を血, 知れぬ情事に造作, 知れぬ情念に狂, 知れぬ情熱とを持った, 知れぬ情緒が見いだされた, 知れぬ惑星だ, 知れぬ惡臭が僕, 知れぬひが, 知れぬ想いを追っ払おう, 知れぬ愉しみを, 知れぬ愉快事なん, 知れぬ愉悦を覚, 知れぬ愛憐の情, 知れぬ愛着を感じ出した, 知れぬに打たれた, 知れぬ慚愧の情, 知れぬ慧眼の持ち主, 知れぬ慾望はどう, 知れぬ憎しみが感じられ, 知れぬ憐憫の情, 知れぬ憤怒と嫌悪, 知れぬ憤慨の念, 知れぬ憤懣の念, 知れぬ憤激の情, 知れぬ懐かしさと, 知れぬ懸念に脅かされた, 知れぬ戀人は毎日, 知れぬ我が家産を, 知れぬ戦いの中, 知れぬ戦陣の身, 知れぬ戲曲は戲曲, 知れぬもない, 知れぬ戸口の響板, 知れぬ戸締りをよく, 知れぬ所謂る中古的骨董的趣味, 知れぬ所謂猿楽の本流, 知れぬ扁平な魚, 知れぬ手練を知っ, 知れぬ手織縞を裾, 知れぬ才媛多い, 知れぬ打撃を見舞, 知れぬ捕捉しがたい, 知れぬ捕虜や死傷者, 知れぬ擾音それらの一つ, 知れぬ改良を行う, 知れぬ放浪の旅, 知れぬ故障か脳髄, 知れぬ教会の大, 知れぬ敬意を催, 知れぬ敬虔の念, 知れぬに上り, 知れぬ文三には平気, 知れぬ断崖の上, 知れぬう思う, 知れぬしみと, 知れぬへ洩らさん, 知れぬ方法とその, 知れぬ旅侍にかれこれ, 知れぬ旅僧で草, 知れぬ旅出の支度, 知れぬ旅館などへ行く, 知れぬ旨い物を, 知れぬ早技で, 知れぬ昂奮に全身, 知れぬ昆虫のよう, 知れぬ昏迷と猜疑心, 知れぬが音, 知れぬは堀, 知れぬ時刻に食事, 知れぬ時間が経っ, 知れぬ暗夜にする, 知れぬの気, 知れぬ曠野が今にも, 知れぬ最上級の洋酒, 知れぬ有様である, 知れぬ望みがある, 知れぬ木わたしの悲しい, 知れぬ本能に引き止められ, 知れぬの木立, 知れぬ村社の神, 知れぬな思い, 知れぬ松岡はそう, 知れぬ松明の火, 知れぬ松谷秀子に心, 知れぬや棒, 知れぬ柔らかな寛仁大度, 知れぬ柔軟な香り, 知れぬの老木, 知れぬ検分なさるが, 知れぬのごとき, 知れぬ極度の恐怖, 知れぬ模様だ, 知れぬ権右衛門の心中, 知れぬ横着者ではある, 知れぬが皆白銀, 知れぬ檀那村を生じ, 知れぬかざして, 知れぬの様子, 知れぬの訪れ, 知れぬ歓喜を漲らす, 知れぬ歡びに溢れ, 知れぬ正体であった, 知れぬ武士や人足, 知れぬ武家支配者を迎, 知れぬ武蔵へ, 知れぬ武門の身, 知れぬのよろこび, 知れぬ死処を得ざりし, 知れぬ残り惜しい心持に, 知れぬ残酷の効果, 知れぬ殺人鬼の手中, 知れぬ殺人魔と闘う, 知れぬ殺気が四隣, 知れぬ毒虫が群れ, 知れぬ毒蜘蛛の巣窟, 知れぬ気兼ねと不安, 知れぬ気合いの声, 知れぬ気味悪さが, 知れぬ気味悪い葛や, 知れぬ氣儘な樂しみ, 知れぬ氣味惡さを感じ, 知れぬ水底へ沈ん, 知れぬ汚い花が, 知れぬを覗き込む, 知れぬ沈滞の味, 知れぬ沈黙が落ち, 知れぬ沢山の例, 知れぬ河童のよう, 知れぬをすぎ, 知れぬを切り裂い, 知れぬぬま, 知れぬ泥土の中, 知れぬ注意が行届い, 知れぬを袖, 知れぬ洋服の客, 知れぬ洞穴の樣, 知れぬ洞窟の深み, 知れぬ活力と精力, 知れぬ流螢を生, 知れぬに流れ, 知れぬ海ひょうがうらら, 知れぬ海浜に上陸, 知れぬ海草は彼, 知れぬ海藻が打ち上げられ, 知れぬ液体のなか, 知れぬ淋しい悲しげな, 知れぬ淫魔に対して呪咀, 知れぬ深い暗い底に, 知れぬ深みそれをつかもう, 知れぬ深刻たといがたき, 知れぬ深味を感じさせる, 知れぬ深夜の道連れ, 知れぬ深謀の眸, 知れぬ淵穴へ共々, 知れぬ混沌を成し, 知れぬ混沌状態に於, 知れぬ温い物が, 知れぬ温かみを感じ得, 知れぬのよう, 知れぬ滑稽感が頭, 知れぬ漁村の暗闇, 知れぬ激しさが, 知れぬ激情を謹み, 知れぬ情を, 知れぬ濡れ仏で折々, 知れぬ濡れ佛で折々, 知れぬ火星の宇宙艇, 知れぬ火星人の大, 知れぬ火災がひん, 知れぬ灰色と光り輝く, 知れぬもある, 知れぬの蛇, 知れぬ無念さがたたえられ, 知れぬ無限の時間, 知れぬ無頼漢は土地, 知れぬ焦躁をもっ, 知れぬ然し同じ本, 知れぬ屍体が, 知れぬ煙突や望楼, 知れぬ煩しさの, 知れぬ煩悶を重ねた, 知れぬ熊笹の崖, 知れぬ熊蜂が一度, 知れぬさが, 知れぬ熾烈な狂的, 知れぬ燈火を輝, 知れぬのよう, 知れぬと母, 知れぬ父性愛の火, 知れぬ爺さんであつ, 知れぬだ何, 知れぬ片田舎にある, 知れぬ片隅で自分, 知れぬ物体なの, 知れぬ物語が生まれました, 知れぬ物象が入り乱れた, 知れぬ特殊な問題, 知れぬ特色がある, 知れぬ犧牲者を出し, 知れぬであったが, 知れぬほしさ, 知れぬ狐猿は騒ぎ, 知れぬ狼此方へ群れ, 知れぬ猛烈な麻痺, 知れぬ献身のうち, 知れぬ深く気遣え, 知れぬ猶予する処, 知れぬ猿共は手白, 知れぬ獣血のた, 知れぬ獰猛な色, 知れぬ獰猛さを雪白, 知れぬ現実がぐんぐん, 知れぬ現金を入れた, 知れぬ球根の小包, 知れぬ瑠璃を平静, 知れぬをつけ狙つて, 知れぬ甘いなつかしい感覚に, 知れぬ生命も愛し, 知れぬ生涯真の極意, 知れぬ生首が所々, 知れぬ田野人も通わぬ, 知れぬにご, 知れぬ甲賀世阿弥の像, 知れぬ男ひとりしかもたつた, 知れぬ町中の橋, 知れぬ異国の奴, 知れぬがある, 知れぬ疲れがある, 知れぬ病気と悟つた, 知れぬ病状をもてあまし, 知れぬ痛いほど眼, 知れぬ痛ましい思ひが, 知れぬ痛みを感じる, 知れぬ痛快なもの, 知れぬ痛苦は彼, 知れぬに悪念, 知れぬ白覆面の武士, 知れぬ白骨の冬, 知れぬ盲人は盲人, 知れぬ逆に, 知れぬ真暗な穴, 知れぬ着物に血, 知れぬが突き刺さ, 知れぬをしきりに, 知れぬ砂丘を狭め集め, 知れぬ破綻を自覚, 知れぬ祈念を神, 知れぬ祈祷をさせ, 知れぬ祖父と祖母, 知れぬ神様の生誕, 知れぬ神秘感崇高な気品, 知れぬ神経の緊張, 知れぬ秀子の為, 知れぬ私達のとは全く, 知れぬ科学者たちがいろいろ, 知れぬ移居流離の生活, 知れぬ程散乱して, 知れぬ穏顔の空, 知れぬ穢い店どもへ, 知れぬ穴倉が並び, 知れぬの中途, 知れぬ空想の喜び, 知れぬ空虚感は初瀬, 知れぬが微か, 知れぬ笑声をあげた, 知れぬの雨, 知れぬ八図は, 知れぬ箱根丸に乗っ, 知れぬのやう, 知れぬ精魂を空費, 知れぬの粉, 知れぬ純白の石階, 知れぬ素子の破綻, 知れぬ細流小溝に至る, 知れぬ絵葉書やレター, 知れぬ継承の間, 知れぬ緊張で一パイ, 知れぬ羞恥の情, 知れぬ群集の流れ, 知れぬ羽柴勢のこと, 知れぬ羽虫は到る, 知れぬ羽蟻の大群, 知れぬも前例, 知れぬ耳語の様, 知れぬき花, 知れぬつちよ, 知れぬ胆力を示した, 知れぬ胡乱な奴, 知れぬ脅威の正体, 知れぬ脚下に不可測, 知れぬ腫熱もみな自然, 知れぬを断ち割っ, 知れぬ膃肭獣が匍, 知れぬ臓腑の先, 知れぬ自尊心それもはずかしめられたる, 知れぬ自由な甘, 知れぬ至急に事実, 知れぬ至極の難物, 知れぬ興行物の中, 知れぬに乗る, 知れぬ良人の舟出, 知れぬ色々の草, 知れぬ芭蕉蕪村などあれ, 知れぬ花瓶が載っ, 知れぬ芸術品を見, 知れぬの人間, 知れぬ若き老いたる, 知れぬ苦い涙を, 知れぬ苦しさと, 知れぬ苦しい吐息を, 知れぬ苦役生活が始まる, 知れぬ苦心研鑽の努力, 知れぬ苦悶を味, 知れぬ苦惱の深淵, 知れぬ英雄である, 知れぬとした, 知れぬが世に, 知れぬ草みたいなもの, 知れぬ莫大なお札, 知れぬ落莫感に起因, 知れぬ葉子の狂体, 知れぬ蒼き蒼き空の, 知れぬ蒼穹の奥深く, 知れぬ蓮華草が紅う, 知れぬを買いあさっ, 知れぬ薬草の繁る, 知れぬ藝氣のうち, 知れぬ藥草の繁る, 知れぬという女子, 知れぬ虎河豚になつて純情, 知れぬに繋がれ, 知れぬ虚無の街, 知れぬ虚空に飛び散る, 知れぬのよう, 知れぬだ, 知れぬの声断続, 知れぬの大群, 知れぬ蝶々で, 知れぬめきを, 知れぬ蠱惑でした, 知れぬ蠱惑的なもの, 知れぬの滲む, 知れぬの科学者, 知れぬ見物人がゐる, 知れぬ見込みが朧げ, 知れぬ親しさが, 知れぬ親愛の縁, 知れぬである, 知れぬ言葉をはげしい, 知れぬ詩人がみんな歌人, 知れぬじゃけに, 知れぬ話其角宗匠が生き, 知れぬである, 知れぬ読みの苦心, 知れぬやらが歌つた, 知れぬ諸君のよう, 知れぬ諾威人が気, 知れぬ謂れのない, 知れぬに対, 知れぬ講談の速記本, 知れぬ謹厳な芸力, 知れぬ谷底に陥ち込ん, 知れぬ谿に縊, 知れぬ豪傑たちは一様, 知れぬ豫感にサツ, 知れぬ負傷者の前, 知れぬ財力も枯渇, 知れぬ貧乏そうな若, 知れぬ貴いことである, 知れぬ貸間を彼女, 知れぬの手下, 知れぬ贅沢おびただしい宝石, 知れぬ贅沢さが夫人, 知れぬ赤石の上, 知れぬを旅人, 知れぬ身の上なれば, 知れぬ身体となった, 知れぬの泥, 知れぬ輝きがあった, 知れぬの着く, 知れぬが黒羽二重, 知れぬ轢死婦人のこと, 知れぬさが, 知れぬ返辞をすれ, 知れぬ迷いのうち, 知れぬ迷路の中, 知れぬ退屈を植えつける, 知れぬ途中でまた, 知れぬ通信文の発信者, 知れぬ運命わたしとしては行倒れ, 知れぬ道理じゃ, 知れぬ道誉のこと, 知れぬ處新來の, 知れぬ遠きになお, 知れぬ遠くからくる, 知れぬ部屋の悪臭, 知れぬ酒飲みで飲む, 知れぬ酔っぱらいのほか, 知れぬ重みをもっ, 知れぬ重苦しい羂の, 知れぬ重量があり, 知れぬ野崎の魅力, 知れぬ野禽の声, 知れぬ野薔薇のからみついた, 知れぬ金銀細工を提供, 知れぬとなっ, 知れぬにいかにしかと, 知れぬ銀燭とそして, 知れぬ鋭さにおいて感ずる, 知れぬ長き日を, 知れぬ長崎の古い, 知れぬ長雨にあっ, 知れぬ門出ぜひお, 知れぬを投げ, 知れぬ陰欝な影, 知れぬ陳士成の全身, 知れぬの鼠, 知れぬ障害それだけであった, 知れぬ隣室の人, 知れぬ雑多なもの, 知れぬ雑念のまとまり, 知れぬ雜草に蔽, 知れぬ難攻不落の城, 知れぬ雲行きです, 知れぬ電柱が一直線, 知れぬ震動が葉子, 知れぬ霊感に打たれ, 知れぬかくれの, 知れぬに覆いつくされた, 知れぬ青い葉と, 知れぬ青く輝く珠, 知れぬ青二才に一身, 知れぬ青大将が心中, 知れぬ青年の持参, 知れぬ青海で奥様, 知れぬ青白い光線に, 知れぬ青空が映っ, 知れぬ静かさだ, 知れぬ静安の気, 知れぬ静寂に満たされ, 知れぬ静寂さに吸, 知れぬのよう, 知れぬ音響がかすか, 知れぬが幽, 知れぬ頑丈なる根, 知れぬの悪い, 知れぬ引しまりたる顏, 知れぬ顰蹙が天, 知れぬ風来者によって一種不可思議, 知れぬ餘情を催す, 知れぬ饗宴をつづける, 知れぬ香具師などをお側, 知れぬ香料の匂う, 知れぬ馬の骨が吝嗇, 知れぬ馬車を待っ, 知れぬ驚喜と嗟嘆, 知れぬ高度の知性, 知れぬ高柳君は生き, 知れぬ鬱積があるらしく, 知れぬ鬼影を映しだす, 知れぬに憑かれた, 知れぬ鳴りを静めた, 知れぬ鶴原の後家さん, 知れぬ麻痺の快感, 知れぬ麻紙が厖大, 知れぬ黄色い三つの, 知れぬ黒き眼の, 知れぬ黴菌が如何に, 知れぬ鼓動だけがまるで