青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「紙~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~紅 紅~ 紅い~ 紅葉~ 紋~ ~紐 紐~ ~純粋 純粋~ ~紙
紙~
紙幣~ 紙片~ 級~ 素~ 素人~ ~素子 素子~ 素晴らしい~ 素朴~ ~素直

「紙~」 10020, 108ppm, 994位

▼ 紙~ (1983, 19.8%)

44 出して 39 持って 25 ひろげて 15 手に 13 貼って 11 取り出して 10 もって, 前に, 持つて, 見て 9 巻いて 8 とって, 張って, 開いて 7 取って, 取り出した, 取出して, 展べて, 敷いて, 買って 6 だして, 丸めて, 剥がして, 展べ, 張った天井, 机の, 見ると, 解いて, 透して 5 のべて

4 [21件] こしら, して, ちぎって, とりだして, はって, ひらくと, まるめて, めくって, もらって, 切って, 取り上げて, 展げて, 濡らして, 用いて, 發明した, 睨んで, 破って, 自分の, 見せて, 見た, 貼りつけて

3 [43件] さがして, つかんで, とり出して, ひろげた, ひろげると, みて, やぶって, ジョバンニに, テーブルの, 一枚ずつ, 使って, 出す, 切りなし, 四つに, 展げた, 布いて, 幾枚も, 広げて, 張りつけて, 当てて, 折って, 押しつけて, 揃えて, 書いて, 求めて, 渡した, 用ゐ, 用意し, 眺めて, 破つて, 私に, 裂いて, 製造した, 見つめて, 見る, 見詰めて, 読んで, 貰って, 貼ったもの, 貼つて, 載せて, 重ねたよう, 重ねて

2 [117件] あけて, うけとって, お渡し, きって, きりぬいて, くばる, さし出した, すいて, つかって, つけた, つまんで, とり上げました, とり出しました, どこへ, のぞきこみました, はがして, はがすよう, はさんで, はりつけて, ひらいて, めくったの, めくる音, よく見, わきへ, わしづかみ, ガラスと, クルクルと, ヒラヒラさせ, 一枚めくった, 上に, 下げて, 二枚用意し, 交互に, 今も, 伸べて, 何枚も, 作って, 僕の, 入れて, 円めながら, 出した, 出したり, 切るため, 剥いて, 剪って, 取りに, 取り出すと, 取出した, 取出しました, 受取った, 右の, 喰つてゐる, 喰ふ, 四つ折又は, 埋めて, 巻いたもの, 延べて, 引き出して, 張ったり, 彼に, 投げて, 折ったり, 披げて, 拡げた, 拡げて, 指の, 挾んで, 探して, 損はんが, 新田といふ, 明けて, 書き終り候, 材に, 横に, 沢山に, 渡しさ, 漉いて, 漉きます, 灯に, 無造作に, 焼いた灰, 焼いて, 焼くこと, 燃して, 用いたもの, 畳んで, 目の, 着けて, 示した, 第二, 節倹する, 粗末に, 素地に, 細かく引き裂い, 縦に, 繰って, 置いて, 胸の, 袴の, 製造する, 見ない, 読みました, 調査する, 買いに, 買ふ, 貼ったの, 貼ったり, 貼った壁, 貼つた荒い, 貼り出させた, 載せ震えながら, 輸出する, 送って, 選んで, 開きながら, 開くと, 顔から

1 [1215件 抜粋] あおり雷, あけ第, あしらひ, あたえると, あてがうこと, あてた地図, あらゆる方向, いくらか横向き, いたずらに, うけとり後方, おくれよおじさん, おでこに, お使い, お取りなされ, お手, お選り, かえて, かくして健胃剤, かさねたるごとくかさなりあひて, かして, かぶせて, かぶせ軽い, かりうけて, きりとって, きるの, くちゃくちゃに, くべました, くれと, くわへて, こつちに, ごそごそやり始める, さいて, さしだしました, さらに遠ざけた, しずかに, した二階, しめらして, すくに, する音, そこへ, そっと見せた, そのうえに, その日付け, そまつに, たくさんもっ, たたむと, たとえば学校, たばに, たよりに, だしその, つかいます, つきつけた, つぎつぎに, つけたり, つけてね, つつきはじめ紙, つみ切って, つるしたの, とうとう書き塞げ, とじたパッド, とった, とらせて, とりだした, とり出しそれ, とり出し踏んばった両, どうして格子, どけ白い, どれだけ, ながめながら, なつかしむかな, なめる様, にらんだ丹下左膳, ぬきとり一人, ぬき取り鉛筆, ねじ込んだが, のせて, のっけて, のべながら, はがしたやう, はぎあわせて, はったもの, はっとこうと, はつて, はりつけたら非常, はりつけ次, はり底, はる, はるん, ぱりぱりいわせる, ひきよせて, ひったくった, ひとつぱらぱら, ひねって, ひろげせいいっぱい, ひろげたそして, ひろげること, びりびり破っ, ふって, ふんだだけの, ぶら下げながら, ほとんど絶対, まいたの, まきつけて, まさぐりながら, まめの, みせると, みつけて, みつめて, みろな, むだに, めくつてあてもの, めくるらしくうけもち患者, もう一度俺, もったまんま二三歩, もらうの, やらないの, よくごらん, よこした, よごすので, よんで, わたした, わたして, わびしい音, コッパの, ザックと, ジッと, ジヨバンニに, スラスラと, ダラリと, ツと, ト引取って, パーペルと, プラスチックの, ポケットの, ムリし, 一々剥がし, 一々貼り出す, 一まい, 一まとめに, 一人の, 一帖呉れん, 一枚かぶせた, 一枚でも, 一枚わたし, 一枚下さい, 一枚剥い, 一枚手探りに, 一枚裂き取った, 一種異様な, 一面に, 三角に, 下敷に, 与えて, 両方から, 中年男の, 九十度又は, 乾かすの, 二つ結びに, 二三枚持つ, 二枚と, 二枚切りとった, 五六十枚攫ん, 付け各, 伝って, 伸べた, 伸べ布, 余分に, 作りその, 作る計画, 使うという, 使う段, 使用する, 信吉は, 借りての, 偶然手に, 傷めないよう, 入れおき翌日, 入れたり, 全部焼きすてる, 八丁堀の, 円筒に, 出しかけたら一時間, 出しそれで, 出した女, 出しわたすテーブル, 出来るだけ, 分け与へること, 切ったのに, 切つて重三郎と, 切りぬいたり, 切り抜いたシルエット, 切ること, 切る鋏, 切取つた跡, 判事の, 刻んだり, 刻んだ靴型, 剥がす, 剥がすもの, 剥ぎながら, 剥ぎ終わりました, 創りどんな, 動かして, 勤勉に, 十帖も, 博士に, 原図の, 参考に, 取ってたがい, 取りあげて, 取りだし, 取り上げた, 取り上げました, 取り出しそこ, 取り出しながら, 取り去って, 取り換えに, 取上げた, 取出しすっかり, 取出しそれで, 取出すと, 受けて, 受けとる勇気, 受取って, 受取るや, 右に, 司令の, 吹き流しに, 嗅いで, 噛み噛み店, 四つ折に, 四六判截ぐらいに, 四角に, 地上に, 埋めた長い, 基本と, 塵籠へ, 売るので, 大きく畳んだ, 太くこ, 太鼓の, 奪ひ取, 子供に, 寝覚, 小林は, 少し前方, 展げる, 展べた彼は, 山型の, 左に, 左手の, 差出したの, 巻いたいしつぶ, 巻いた線香, 巻きその, 巻きほぐしながら, 巻くと, 帯から, 干したる, 幾条か, 幾重にも貼り固めた, 廉い, 廻して, 弁えず飜, 引きつける事, 引きやぶって, 引き出した, 引き剥いで, 引き明ける, 引き裂いて, 引き裂き再び, 引き裂くの, 引っつかみそれ, 引っ張った, 引寄せ, 引用した, 張ったおばあさん, 張ったの, 張った扇, 張った薄い, 張った長, 張つて純然たる, 張られた, 張りつけた, 張りつけ約, 張り渋を, 張るの, 張ツて, 彩どる, 徐かに, 復た, 忙が, 想ひ起す, 懐へ, 我手に, 戴せます, 手で, 払い除けて, 扱った最初, 抓み出しずん, 投げこんで, 投げたの, 投げ出したが, 投り込ん, 折らせること, 折りその, 抛り出して, 披き, 抱へ, 押しつけ手の平, 押して, 押込んで, 拡げたうえ, 拡げる気分, 拵へて, 拾い集めました, 拾って, 持ちあげ蝋, 持ち去りだれ, 持ち片手, 持っといで, 持つと, 持出し變, 挾んだまま, 捧げて, 捨てるの, 捲つて, 掴みとるなり, 揃えながら, 揉み碎くと, 揉んでの, 握ったまま, 握ると, 撒いて, 擴げて, 放しました, 散らかし出した, 敷き最初, 敷居の, 旅券に, 旧の, 明けると, 書いた時, 書かせといて, 書きなぐり消したくり, 書きます, 最も功利的, 本に, 板に, 柵に, 棄て, 横睥み, 比べて, 求める心, 沢山買い整え, 浴場で, 添えて, 渡す, 源一の, 漉き続けて, 漉く時, 漉く法, 火の, 灰皿の, 無限に, 焼いたらしい灰, 焼く熱気, 燒いた, 爪の, 片田博士に, 現して, 用いるの, 用うる, 用ゐた, 異にせ, 疎かに, 百字の, 盗んで, 眺めたが, 着せて, 研究すべき, 破きすてては, 破りその, 破り抜くこと, 破り棄て低く, 硝子に, 私が, 積みかさね何とも, 突き破る, 竪に, 筆を, 紙たらしめる, 紙切小刀で, 累ねたようでなくっ, 細かいレースあみめ, 細く裁っ, 紹介し, 継いで, 継ぎ合わせた幕, 綴ずる, 綴ぢて, 綴ること, 繭玉に, 置いた, 美学的に, 翻して, 聯想する, 能く, 膝に, 舌の, 苦茶苦茶に, 蔵むる用に, 藪蔭へ, 衣袋に, 表面を, 袖に, 裁ち切って, 裂くよう, 製するの, 製出した, 要するであろう, 見せ, 見せてよ, 見たかい, 見たため, 見た小池, 見つめたの, 見ました, 見られたから, 見るという, 見る度, 見る毎, 見入つてゐた, 覗きこみました, 記載せね, 詰めると, 読まれる筈, 読み初めた, 読むと, 読んだの, 読んだ日, 調べたそう, 調べ出した, 識る, 貰つていそ, 貰ふ, 買い再び, 買い煽る, 買うまで, 買つた, 買つて来, 買ふお, 買入る, 費し過ぎたかも, 貼ったお, 貼った三銭, 貼った戸, 貼った硝子, 貼った竜, 貼った額, 貼つたり, 貼られた角, 貼りつけたり, 貼りつけられた将軍, 貼り付けて, 貼り出したこと, 貼り又は, 貼り故, 貼り漆, 貼り詰めて, 貼り附けそれ, 貼付けられ, 赤いふるえる, 走る, 走る如くなり, 踏んだから, 返してよ, 逆に, 透けて, 通して, 造つた, 遠く離し, 選んだか, 配りながら, 重ねあわせた書類束, 銜んで, 門口に, 開いた, 開き中, 除いては, 隔てて, 隠しましたが, 非常に, 頂いて, 順に列べ, 風に, 風呂敷へ, 食器棚の, 首から, 高木へ

▼ 紙~ (1850, 18.5%)

218 上に 96 ように 35 上へ 26 上を 23 ような 22 やうに 21 上の 18 上で 15 中に 14 上には 13 端に 10 中から, 間に 9 やうな 8 色が 7 皺を, 面を 6 小旗, 白さ, 音 5 うえに, 包みを, 旗を, 束を, 様に, 音を

4 [14件] たばを, 上から, 冠を, 字を, 方を, 片を, 色は, 表に, 袋に, 袋を, 裏に, 裏を, 青い馬, 面に

3 [29件] うえを, はって, ふくろを, 一端を, 下から, 中で, 中には, 中の, 中へ, 仕事は, 代りに, 円盤を, 匂いが, 匂ひ, 包を, 原稿紙に, 古きは, 扇を, 片で, 端が, 端を, 終わりに, 色の, 衣を, 表面が, 裏表の, 質を, 障子が, 面には

2 [104件] うえには, うえへ, きれを, ことで, ごとひらひら, しやつ, すぐ近く, それを, たぐいを, ために, つぶてを, つめたさ, つもりで, とじ込みを, なかに, ひろさ, へに, ま, 三角帽を, 上が, 上だけの, 上では, 上にも, 下の, 中にも, 人形の, 仕事に, 余白に, 傳播, 先が, 処に, 切れっ, 原料の, 原稿紙を, 反射が, 周囲に, 問題から, 地色によって, 如く, 家や, 尾を, 屑を, 層を, 山に, 巻いたの, 帽子を, 幕が, 幟を, 広告で, 指環だ, 擬旗が, 文字を, 方は, 日の丸を, 書かれた時, 服着, 束の, 棒を, 歴史の, 片の, 畳んだの, 發明, 着物を, 破れた障子二枚, 破れの, 端の, 端へ, 箱が, 箱に, 紙撚, 線の, 美しさ, 羽などは, 羽根を, 色に, 色も, 色を, 花が, 處に, 蠅が, 表紙に, 表紙を, 表面だけの, 裏表に, 製法は, 製造の, 話を, 貼って, 質も, 重ね方, 重ね方によって, 重ね方の, 銭などを, 間から, 障子は, 雨に, 雪を, 雲には, 需要は, 音が, 風船玉が, 馬は, 馬抹香赤い, 黄ばんだ

1 [899件 抜粋] あいだに, あちこちから, あるところ, あるの, ある店, いと白く, うえにおいて, うしろへ, うちに, おおいの, おひねり, お古を, お舟, お面, かえり工合, かかって, かねでも, かわきぐあいなぞから推しはかっ, がさがさという, きたなくなっ, きれは, こげる様, ことも, ことを, ごときは, ごとくとんと, しめりきて, しわ, しわを, じゃあ一年, ずれるやう, それと同, ためで, ちらかって, ついた金口煙草, てるてる坊さん, ところ巻込みの, どこにも, ないこと, ないところ, なかにも, なさ, においを, のこりと, のせて, はしに, はじが, はじには, はった跡, ひらめいて, ふすま, ふちを, ほうが, ほかには, まくれたの, まま一冊の, まま受取っ, まま綴じた, めくれた跡, やうな白けた, やぶれを, ようで, ようであった, ようです, よく尽くす, わきに, わるさ, イノシシを, インタアヴィユの, ゴワゴワいう, ショックは, センスで, タヌキ御殿が, トン数を, ボウトは, マス目は, ヤミ値を, ヤミ屋も, レッテル靴墨鰯の, 一っ, 一つは, 一人の, 一包みを, 一束の, 一枚毎に, 一片か, 一片らしかった, 一片を, 一記者として, 一面のみが, 上だけ, 上と, 上なら, 上にまで, 上まで, 上以外には, 上部は, 下に, 下を, 不自由した, 不足と, 両側に, 両眼, 両端だけを, 中での, 中央を, 丸めた棒, 丹符を, 主だ, 主催で, 主要成分が, 乾くの, 事だろう, 二段組で, 今猶, 仕事を, 他一つも, 代一円十六銭, 仮面を, 似顔の, 位置を, 何の, 何れかを, 作り方も, 使用された, 使用を, 便利さを, 倍ぐらい, 値段が, 値段と, 傘で, 入道雲が, 全消費量, 六つ切ぐらいのに, 兵隊を, 内から, 内容を, 円盤は, 冠して, 冠り, 几帳の, 出入れを, 出所を, 切ったの, 切り形から, 切れ端を, 切屑を, 切端纏まった, 利用が, 制限で, 前に, 前へ, 力あかり障子の, 匂いなどの, 匂いインク, 包が, 化物を, 十四五枚も, 半分以上は, 印刷に, 厄介に, 厚いかさ, 厚みが, 原料である, 原料及び, 反古だけで, 反古に, 反古みたいな, 取り所なき, 取り殘, 古新聞, 台紙に, 右半は, 吊天井, 向きを, 吸口で, 吸口を, 和やかさにのみ, 問題である, 問題などは, 四頁だった, 国を, 地が, 型なぞを, 塊り, 塗笠かも, 塵払いや, 外から, 多くは, 大きな封書, 大きな蝶結び, 大なる, 大筒など, 奥に, 如きは, 如き張り, 如き氷, 如くとんと, 如く薄く, 如く障子, 如く黒く, 如しとは, 字から, 字の, 存在悪, 完全な, 実物を, 実験を, 家でなけれ, 家の, 寸評欄には, 封筒だった, 将棋, 将棋盤と, 小さい片, 小さなスクリーン, 小さな破れ, 小匣, 小型ノートの, 小箱, 尺度や, 届書が, 屑ばかり, 層は, 山だけ, 左において, 左上から, 差によって, 巻いて, 巻物と, 帳面です, 帳面と, 帳面へ, 帽子で, 幣で, 幣束を, 幾帖かが, 建築で, 弾丸よし, 形に, 後ろの, 徒らに, 必要を, 性情を, 性質も, 意匠も, 感触を, 成分及び, 扇で, 扉に, 手に, 手堅い基礎, 手帳に, 手持ちが, 払底や, 批評家らが, 投げた逆, 折れぬよう大切そう, 折都合よりも, 持ち主ぁ女で, 持ち主が, 揉み方, 撚ったの, 散らかってるまん中, 数字と, 数連が, 數は, 文化欄に, 文字とは, 文芸欄に, 文面に, 断片が, 新聞などを, 方が, 方だった, 方と, 方のは, 旗や, 明るい上框, 星は, 星を, 時代にかけて, 書かれた翌年, 書き出しを, 書面, 最初の, 有りたけ, 末に, 本の, 本質を, 札が, 札を, 材料を, 束が, 条片が, 来たの, 枡目さえも, 桜であるなら, 桜も, 模様職人な, 樣に, 横において, 横流しなど, 正しく切られた, 歴史, 歴史については, 歴史を, 民間普及より, 注文品を, 消費高によ, 深紅の, 漉かへ, 濕氣が, 濫膓が, 烏帽子を, 烏帽子をか, 焼け灰から, 燃えさしが, 燃える火, 燃え糟, 燃焼する, 燈籠の, 片だ, 片ッ端, 片白き, 片隅に, 特派員は, 獅子が, 生産も, 産地として, 用意を, 番号札が, 発明に, 發明が, 發明も, 發明時代を, 白いところ, 白い大きい封筒, 白きさえ, 皺の, 皿が, 盆を, 盤を, 目的でした, 真中に, 眼玉が, 短册, 破かれる音, 破れたところ, 破れた所, 破れた格子窓, 破れも, 破れを, 破れ目から, 破片が, 碁盤の, 社主スヴォーリンと, 社会部記者だった, 祖先である, 祖先とも, 空き袋の, 立看板へ, 端々の, 端つ, 端な, 第一等, 筆を, 筆談用紙へ, 筒に, 管である, 箱は, 箱や, 粉と, 糊の, 紅葉の, 素晴らしい封筒, 紺が, 統制で, 絲を, 絵が, 綴りから, 総を, 編集者は, 縁の, 縁を, 縦目に, 置きかえから, 羽織を, 肉を, 肌は, 胡桃色の, 腸が, 良きを, 色だって, 色と, 色書き, 花に, 花は, 花輪に, 花輪や, 草紙という, 著いた, 蒼白い皮膚, 蓋の, 蓮華の, 蓮華煩悩菩提を, 蔽を, 薄様風な, 虫食いの, 蜘蛛は, 蝶を, 衝立に, 表から, 表と, 表には, 表紙で, 表紙は, 表面から, 表面の, 表面へ, 袋が, 袋へ, 袋帽そっくり, 被を, 裁ち切った縁, 裂けて, 装幀を, 裏が, 裏へ, 裏まで, 裏面を, 製造に, 製造も, 製造工場が, 製造方法を, 裾を, 襖で, 見本や, 角封筒が, 角格子である, 触覚を, 記事より, 記者が, 記者リン・スレエトンは, 記者ローペ・デ・トウリァ君が, 読者である, 調査を, 財布や, 買える金もち, 買入れ方, 貼つて, 貼られた額面, 質だって, 質と, 走り書きに, 踏絵ぢや, 辷りの, 透かし模様を, 這入つた封筒, 郷土は, 配給は, 重なりて, 重りの, 金を, 鎧の, 鎧を, 間には, 間の, 間へ, 関係でしょう, 闇取引の, 陣羽織やら, 隅から, 隅に, 隔ても, 隙間を, 障子や, 雪は, 雪ほどにも, 雲に, 需用を, 青い色, 面が, 面とが, 靴とは, 音と, 音ゴホンゴホン気の, 頁の, 頁を, 領分で, 頭を, 類を, 首輪の, 香りを, 骸色, 魔形など, 鯉も, 鶴, 黄の, 黴臭いの

▼ 紙~ (1318, 13.2%)

126 包んで 57 書いて 21 つつんで 18 くるんで 16 包んだもの 14 向って 107 して, 包んだ物 6 なって, 書いたもの, 鉛筆で 5 つつんだもの, のせて, 何か, 書いたの, 書かれて, 書きつけて, 目を, 眼を, 載せて

4 [11件] かいて, ひねって, ペンを, 写して, 包みて, 向うと, 手を, 次の, 残って, 自分の, 載って

3 [13件] つけて, 包み, 包んだ, 包んだの, 印刷され, 受けて, 向った, 向つて, 向ふ, 向ふと, 川村太吉と, 針の, 題を

2 [44件] かきつけて, くるんだの, くるんだ小さな, しほらしく包みて, なる, なると, なるの, なる前, のばして, ひねったの, ぶらさげてるから, 入れて, 出た, 包まれて, 包んだお捻り, 包んだ丸い, 包んだ塊, 包んだ小判, 包んだ紅白, 印刷された, 印刷される, 口紅の, 向う, 向かって, 女の, 字が, 就いて, 巻いた絵絹, 心を, 数字を, 新活字, 書いた手紙, 書かれた, 書かれた餅, 書くと, 筆を, 臨み筆, 艶を, 赤インキで, 金絵具で, 鉛筆の, 鋏を, 雌鶏を, 鼎の

1 [808件 抜粋] あね, あらざれば, あらずして, ある文字, ある詩, あんなに拘泥, いかにも素気, いたずら書きを, いま富士山は, うすい紫インク, うたはれ, うつさせて, うつして, うつしとって, うつし出された指紋, うつすこと, お捻りを, お書き, かいたり, かいた物, かいた献立, かいては, かかれた一寸, かかれた字, かくにも, かけば, きえぬ世, きょうの, くっつけないばかりに, くるまって, くるまれたチョコレート, くるんだお前さん, くるんだ八折本, くるんだ夏蜜柑, くるんだ煎餠位, くるんだ鼻, こう書いた, ここに, こつこつと, この日記, こもって, これは, こんな大きな活字, さら, されて, さわって, しいて, したためて, したためる, したって, しなけりゃ駄目, しみこんで, しるして, しろわるく, しわを, すぐ書きつけた, すらすらと, するが, するつもり, するの, する訳, そこだけ, そっと薬, それを, そんな話, ちゃんと書い, ちょっと走り書き, つかつたもの, つけたの, つつみたる粉薬, つつむと, つつんだおいしい, つつんだたぐい, つつんだ一, つつんだ厘, つつんだ小さい, つつんだ目録, つつんだ砂糖, つつんだ菓子, つとめて, つんだ十両, でなくては, とつて, とどめようとして, どういう形式, なすらずに, なったり, なつた, なつち, なにか書きはじめました, なるくらい, なんでも, にじんで, ぬられて, のぞむと, のばすこと, のりづけして, はさんだ煙管, はじめて次, はっきりと, ひかされた, ひたして, ひとつの, ひねった菓子, ひねつて, ふうち草鉢植一, ふわりと, ぶつかりして, まいて, また別, むかって, むかつて, むだ書きの, やがて日, やきつけた, よく似, よみにくい, アニリン色素で, コレラと, ゴチツクで, サラサラと, シャトーブリアンと, スッパ抜かれ, チベット語で, ツガザクラの, テニス, ノートの, バッジを, フランス風の, ブラ下げた, ブラ下げる, ヘノヘノモヘジを, ペルシア語で, ペン字で, ミッチリと, モスク, 一テーマを, 一二行だれかが, 一字一字が, 一文字も, 丁寧に, 三つの, 三四字書いた, 上に, 下の, 下半, 不自由する, 乗せて, 二十四頁刷っ, 五, 人の, 付けて, 代わるに, 似たり, 何の, 何やら文字, 何枚かの, 余白を, 余裕の, 使った云々, 例の, 依ると, 優つたから, 元禄時代の, 全体の, 円を, 再び向います, 写した, 写したと, 写した見取図, 写しまして, 写し取って, 写すこと三万葉, 出て, 出鱈目に, 列記なされ, 別の, 刷った, 刷つた文字の, 刷つてあつ, 刷られた広告, 刷られて, 勝つと, 勿論可, 包まれたバタ, 包まれた象, 包みかけましたが, 包みし細身, 包みその, 包みたるもの, 包み宮, 包み更に, 包み書物, 包み汚れた手, 包み臍, 包み遠方, 包む奴, 包んだお, 包んだくま, 包んだのに, 包んだま, 包んだまま娘, 包んだメリンス, 包んだ上, 包んだ五円札, 包んだ写真, 包んだ印画紙, 包んだ塩豌豆, 包んだ女持, 包んだ小, 包んだ小さな, 包んだ漆喰, 包んだ白粉, 包んだ細身, 包んだ菓子, 包んだ薄皮まんじゅう, 包んだ蝶々, 包んだ金何疋, 包んだ銭, 包んだ閑山, 包んだ鶏, 包んだ黄楊, 包んであります, 包んでな, 十枚ほど, 半身の, 南無阿弥陀仏と, 印されて, 印を, 印刷したる, 即興句を, 卵位の, 及んで, 取つて, 口を, 同じ小説, 名前を, 向いその, 向うこと, 向う間だけ, 向えよう, 向かうこと, 向かつた時, 向っての, 向つたのだ, 向つて何, 向ひ, 向ひさうにし, 向へば, 向へる, 吸いよせられたの, 品よく, 唐錦の, 地図と, 地蔵菩薩の, 塗って, 墨黒ぐろ, 大きい仮名, 大きく撒銭, 大きなカステラ, 大きな字, 大きな活字, 大書し, 孔を, 字を, 宇津屋と, 宿した心, 宿命的な, 寄書を, 対って, 対ふ, 對し, 小さな石, 小さな穴, 小説を, 少し包ん, 尽兼候故, 山野の, 岸がん様と, 巻いたもの, 巻いて, 巻きしぼり出して, 延して, 張ったまま, 影刷きぬ, 御家流文字を, 忌中と, 思ひ思ひの, 思われた, 悩まされる動作, 成るのに, 手ご, 手紙を, 手習い風の, 押したの, 押しつぶされて, 押して, 拾い集めながら, 挾んで, 捉はれ, 捻ったお, 捻って, 捻り不審, 掲載され, 描いたところ, 描いた場合, 描いた絵, 描いた雀一羽, 描かして, 描かせること, 描かれた胸, 描きなぐった泥画, 描写し, 撚って, 数行した, 斯う書い, 於て, 日本の, 日附が, 映って, 春秋座と, 書いたに, 書いたり, 書いたシナ皇帝, 書いた一文字, 書いた一枚, 書いた人, 書いた原稿, 書いた広告, 書いた書き方, 書いた正しい, 書いた経巻, 書いた詔書, 書いた電車, 書かせること, 書かせ他人, 書かれたこと, 書かれた字, 書かれた年, 書かれた手紙, 書かれた文字, 書かれては, 書かれ青い, 書きこの, 書きしたためて, 書きそれ, 書きつくるを, 書きつけた, 書きつけた一項一項, 書きつらねて, 書きはじめた, 書きました, 書きも, 書き付けて, 書き出して, 書き散らして, 書き散らしては, 書くが, 書くの, 書けなんて, 書ける様, 書して, 最近手を, 木版の, 板画で, 染めたらおまえ, 染める遊戯, 横に, 欠け行, 歌や, 残った所, 殘つてゐる, 毛が, 気がついた, 気持よく, 水火両様の, 沁み着いて, 油絵具で, 注げり, 注文の, 活字で, 浮いて, 消炭で, 添へて, 湿ししずか, 湿して, 滲ませて, 滲ませるよう, 滲んで, 濃淡の, 灰墨で, 無造作に, 無駄書したくなる, 焼くと, 熱心に, 燃えうつるの, 燈火の, 特別な, 特有な, 現れて, 現われました, 甦らすもの, 画いて, 画き絵具, 留めて, 発表する, 白っぽいインキ, 目隠しされ, 直接感ぜしめ, 真赤な, 瞳を, 知り來, 石を, 砂の, 礫を, 禁厭の, 禿びたペン, 移ったところ, 移て, 突きあたって, 突っ込みながら, 突当る音, 立派な, 筆で, 筆の, 箇条書きに, 箔を, 糸瓜, 紫インクしか, 細々と, 細かく印刷, 細かく書かれた, 細字で, 絵を, 綴られて, 綾部の, 線を, 縁先の, 繪を, 置いて, 美しさ, 臨んだ, 臨んで, 至っては, 舌で, 舐めて, 色の, 菊水の, 落さぬとも, 虫の, 蟹を, 血が, 表現する, 製図用の, 覚え書きを, 触る, 記されて, 記して, 記すに, 誌し, 誌した, 認めて, 謹告として, 豆捻, 貼った古, 貼り付け, 貼付けた菓子雀の, 赤く大きく刷り, 赤で, 赤鉛筆で, 起きた電気, 越前の, 足尾銅山と, 転写した, 載せた微塵棒, 載せられつつ, 辷るペン, 近年蛇を, 近藤廉平氏が, 通じて, 連載中で, 適當な, 金泥の, 金釘流ながら, 釣られるとも, 鉛筆にて, 鉛筆を, 附いて, 限つてまさか, 限つて近頃は, 障った, 青いインク, 非常に, 革を, 順序を, 額を, 香水を, 髑髏が, 黒で, 鼻すりつけ

▼ 紙~ (604, 6.0%)

16 貼って 7 はいって, 張って 6 あるの 5 ある, あると, 貼りつけて 4 あった, ない, はって, 入って, 出て, 落ちて, 風に 3 あって, ありその, あれば, びつしよりに成つた事も, 發明され, 破れて, 高くな

2 [33件] かけて, そこに, ちらばって, つまって, ないという, なくて, なくなって, はさんで, はりつけて, はりつけられて, はり出された, ひらひらと, べたべたに, まきつけて, わるくなっ, ピンで, 一枚半分ほどを, 一面に, 二ヵ所ばかり, 入れて, 少しばかり, 巻いて, 手に, 捨てて, 散らばって, 机の, 来たので, 濡れて, 目に, 破けて, 貼つてあつ, 貼られて, 貼りつけられた

1 [438件] あたりに, あったと, あったはず, あったら下さい, あつた, あつたら, あつて, あやうく飛び, あらわれた, ありそれ, ありましたら少し, ありません, ありませんか, ありません売らないのよ, あり印刷能力, あり紙, あるか, あるかも, あるからね, あるけ, あるこの, あるだけ, あるのみ, あるべ, あるもの, あるん, いくら墨, いっしょに, いったん折り曲げられ, いること, いるの, おかれて, おっこちて, お銀様, かさかさと, かすんで, きたなくなった, きれそう, きわだって, くつついた, くばられた, けばだつたり, こ, こう古くなる, こんなで, ございますが, ご家老様, さがって, されて, しめって, すいつくの, すうっと, すぐ手, すぐ腐る, すすけて, すてて, すべてである, ずっと減り, そのまま夜気, その全文, その手, その黒い, そんなふうに動く, ちょうど入口, ちらばるよう, つ, つかわれて, つくぜ, つづくもの, ところどころ破れ, とばないよう, どうして出来る, どこかへ, ないかな, ないから, ないといふ, ないとかいふ, ないの, ないので, ないのに, ないばかり, なかった, なかなか大切, なくなったので, なくなった紙, なくなりは, なくなりました, なくなれば, なければ, ぬりつぶされた, のぞいたり, のべられその, はいってるの, はがれて, はさまって, はさまれそれ, はたはたする, はっきりと, はらはらと, はられて, はられました, はりついて, はりつけられた, ぱっと蛍光色, ひっかかって, ひとかさねおい, ひとりで, ひどくきちんと置い, ひどく貴重, ひろげられて, ひんやり湿っ, ぴったりはられ, ぴりぴり破れ, ふるえるという, ふるえるほどの, ぶらさげて, ぶら下って, ぷんぷん匂, べっとりせっかく六道能化, べつたり, ほぐれて, ぼーっと仄, ましだ, まだ本堂, まだ濡れ, まるめられ, めくられた, もえだしたこと, もめて, やがて昔話, やはり, やぶけて, やぶれて, ゆるんで, よいもの, ようございます, よくて, わたりません, ザラです, バラバラに, ヒラヒラと, ビラビラ風に, ヘルメット帽の, 一と, 一ぱいに, 一二ヶ所荒々しく, 一体何百年後まで, 一再ならずはいっ, 一号に, 一帖半, 一杯に, 一枚, 一枚あった, 一枚づつ子供等の, 一枚は, 一枚はりつけられ, 一枚も, 一枚ヒラヒラ, 一枚一枚するする, 一枚一枚と, 一枚一枚は, 一枚入っ, 一枚十円, 一枚彼の, 一枚机の, 一等船室の, 三十枚ほど, 三枚何でも, 三枚剥ぎ取られ, 三重にも, 上等な, 下げて, 下って, 不経済, 不足故, 中には, 中佐の, 丸くしめり脹らんだ, 二つに, 二三枚丁寧に, 二十二銭に, 二枚は, 二重に, 五分おきに, 五寸ばかり, 今又, 今夜に, 他府縣, 何かに, 何から, 何本も, 何枚か, 何枚も, 余って, 余程丈夫, 作らるべきか, 作り出せるなど, 使用され始め, 來てから, 備えつけて, 傷んで, 先ず現在, 先へ, 入つて, 全く新しい, 全く毛羽立たなくなり, 全く粗末, 其処に, 出されます, 出た, 出たので, 出ました, 出来ます, 出来るの, 切れて, 刎ね, 利用される, 前後左右から, 剥がされて, 剥がれて, 剥げ桟, 動かないよう, 十枚で, 十枚十五枚と, 十銭も, 半分ほども, 却, 厚いので, 参ったとな, 参るは, 又大した, 取り出された, 古くなっ, 古くなり, 古河で, 古紙か, 台所に, 合法的に, 名人の, 君の, 品切れに, 四五枚はりつけられ, 土台である, 壁に, 外れて, 天井に, 失われたので, 妄りに, 存在し得る, 完全に, 実際あっ, 寝床の, 小刀を, 己れ, 巻きつけて, 巻き付けて, 市役所の, 帯の, 幾枚も, 店頭に, 廻つて来た, 張つてあつ, 張つてその, 張られたり, 張られて, 張りつけて, 張り出され敵機, 強う御座います, 彼の, 彼女の, 必要品たるに, 思いがけない用途, 恐怖に, 懐中電灯を, 或は山陽, 戸毎に, 所々赤く, 扇形に, 払底に, 抑える, 折り込んで, 持上っ, 挾んで, 捨てられて, 掛かって, 握られて, 擦れて, 散乱し, 数枚のっ, 敷いて, 敷かれて, 斜に, 新しいので, 日本の, 明瞭として, 春の, 春風に, 暴風雨の, 更に精製, 書かれてから, 書物の, 有り余つて, 木綿糸で, 来る, 板塀や, 果してお, 桟ごとに, 棉の, 樹の, 機械から, 此の, 歩行いた, 残つ, 残る, 殖えたからに, 段々と, 段々輸入, 水に, 氷の, 氷原の, 汚れて, 沢山あるだろう, 沢山作られます, 沢山入っ, 沢山散っ, 沢山日に, 洗い流されて, 済むと, 温くなる, 湿って, 滅茶, 澤山ある, 無い, 無い筆, 無くきれい, 無くな, 無駄だ, 焼け切れて, 熊笹を, 燃えて, 燃えると, 物いいたげ, 狭いのね, 珍しくて, 甚だ長い, 生まれ小, 用いられる, 用ひた, 畳に, 発刊されはじめた, 白い反射, 白くて, 白く亂, 白く風, 白けたの, 皆新しい, 皺くち, 皺くちゃに, 皺に, 盡き, 真赤に, 眼の, 眼への, 着いたら来て, 着けて, 破けるほどの, 破れたこと, 破れたり, 破れてから, 穀紙を, 積み荷の, 空中を, 節倹したい, 糊代りに, 細かく切り裂かれた, 続々と, 綿の, 置いて, 羽毛を, 考案され, 膝の, 自ら心を, 自由に, 色々と, 花の, 荷物に, 莚の, 薄い上, 蜜柑の, 血汐を, 行儀よく, 袋に, 見えた, 見えて, 見えてから, 見えないと, 見えるでは, 見つかったん, 見つかると, 貼ってないよう, 貼つて, 貼らさって, 貼られそれに, 貼られそれら, 貼られてるだろう, 貼られると, 貼り出されて, 貼り重ねられて, 貼れました, 赤くなる, 足りないで, 載って, 辛うじて文鎮, 連続的に, 部厚に, 配られると, 重ねられたまま, 重大な, 開いて, 闇で, 防寒防音用に, 附いてるだろうから, 隙間なく, 際立って, 雨に, 雪と, 青かった, 音を, 頭の, 飛び込んだ, 饗庭篁村さんの, 高価なら, 黄ろくく, 黄色く染まっ, 黒いカサカサ, 黒い文様, 黒くなる, 黒焦げに

▼ 紙~ (353, 3.5%)

53 の中 22 を出し 8 を取出し 5 を取り出し, を持つ 4 を忘れ 3 に入れ, の底, を一つ, を出した, を出す, を拔, を持っ

2 [26件] から紙幣, から自分, から金, がある, がない, で, と手拭, に何, に手, に金, のなか, のよう, は出, も持つ, を取, を取っ, を取出した, を懐, を懐中, を抜いた, を抜き出し, を掏, を探り出し, を置い, を開けたら, 一つ

1 [183件] からいくら, からお, から其の, から出し, から出した, から出た, から十圓也, から取れた, から名刺, から定期, から小さい, から幾らか, から弾機, から当座, から折, から抜取られ, から札, から金三枚, から銀, か煙草入, が, がそれだけ, がねえと, が一つ, が一つ乘, が一人, が乘つて, が今朝庭, が十, が十七, が半, が殺された, が潜め, が無く, が無くなっ, が自分, が見えなかつた, が見えませぬ, が見付かりました, が遺し, ぐらゐ調べたら, じゃとか風呂敷, そして一冊, その頃, だ, だけは出なかった, だけは出なかつた, だけも立ち上る, だね, だの手拭, だの歌稿, だ滅多に, である, ですがね, ですね, で中, といふの, と寫眞機, と煙草入, と銀貨入, など握み出し, に, にお腹, にし, にする, にぬい入れ, にはもう, には一文, には入れ忘れた, には恐ろしく, には模様風, には穴, には美女, には翌日, にもガマ口, に二つ三つ小粒, に二十両, に入っ, に入れた, に大金, に宜, に嵌め, に巻い, に心, に挾ん, に挾んだ, に眼, の, のこと, のポケツト, の下, の中入, の内容, の外, の奥, の時, の物, の端, の紙幣, の色, の間, の類, の鼻紙, はその, は何時も, は半, は座布團, は往來, は往来, は懐中, は男, は疾, へねじこん, へ入れ, ほど邪魔, まで置い, もちゃんと, もなく, も中, も取出し, も所持, も書生, も無用, も煙草入, も空, も見つからなかつた, や銭入, をお, をここ, をさらった, をしまい, をずらかし込ん, をそのまま, をだした, をという事, をとられた, をとり出した, をライター, を二つ, を他所, を入れた, を取り上げ, を取り上げた, を取上げ, を取出しました, を取出す, を受取っ, を叩い, を唯, を差込み, を帯, を忘れた, を懷ろ, を手, を抜き出した, を拾つて, を持, を挿, を掌, を探っ, を握つ, を死骸, を発見, を盗み取る, を老人, を落した, を衝立, を要, を見た, を見る, を見付けた, を調べ, を調べ出した, を足下, を違棚, を開ける, を隠し, を預け, を預った, を黒襦子, 形を, 止めの, 留めに

▼ 紙~ (330, 3.3%)

8 出来て 7 包んで 4 あつた, こしら, 拵へ 3 上から, 巻いて, 拭いて, 花を

2 [15件] それに, それを, つくらないうち, できて, 一枚を, 下貼りを, 口を, 封じて, 張って, 拭きながら, 拭き取つて, 拵えて, 縁を, 読んだ, 読んでも

1 [261件] あらうと, いえば, いくら眼, おさ, おひねり, おびき出して, お伺い, お關, かすかな, きちんと巻いた, くちびるの, くるくると, くるむから, くるんだ上, くるんだ古い, くるんだ細長い, くるんだ鉢, くるんで, ぐみ頭につき, こしらえたの, こしらえた子供, こしらえた家, こしらえた提灯, こしらえた数珠, こしらえた横封筒, こしらえた漏斗形, こしらえた社交関税, こしらえた鎧, こしらえて, この頃, これで, こんな人間らしい, ござえますから, ござります, ござりまする, ごめんなさい, さへも, しかもその, しっかり抑え, しぼって, そのビロード, その上, その下端, その中, その生年月日, その表面, たたいて, ただ今二百五十枚許, たぶん血, ためして, つくった, つくったお, つくったか, つくった三角形, つくった弓矢, つくった桃色, つくった花環, つくられて, つつんで, つまんで, なされること, ね, ね博士, はった四角, はって, はられてる壁面, はりまわした籠, はり台所, ひねった小さな, ふいて, まいに, みなの, もうけようという, もう一重, やって, ケツを, ペンで, 一しごきし, 一つの, 七枚それを, 三重に, 上を, 上包みを, 上等の, 丹念に, 云って, 五彩を, 五枚くらいに, 今日から, 他に, 何と次, 作ったひな, 作った人形, 作った六道銭形, 作った張, 作った衣裳冠, 作って, 作ります, 作り大きい, 例の, 内容証明専用の, 円筒形を, 凡そ三千枚ある, 出した部数, 出来た二人, 出来本物, 切つた, 包まれたまだ, 包まれた長方形, 包まれて, 包まれ紅い, 包み紐を, 包むの, 包んだ, 包んだボール箱, 包んだ一帖, 包んだ大きな, 包んだ物, 包んだ花鉢, 包んだ電灯, 包んだ鞠, 包んでないばかり, 卷いて, 厳重に, 受けて, 受けとると, 受けとるよう, 同君を, 吸い取られるよう, 和紙の, 四五十枚に, 四方を, 囲いながら, 囲った蝋燭, 固く貼りかたまっ, 国民の, 城壁を, 壁を, 外國の, 大きいトロイカ, 嫌われて, 字の, 完全な, 家の, 封じこめて, 封印が, 封筒みたいな, 小説を, 小鼻の, 巻いたの, 巻いたり, 巻き目, 巻き耳, 巻くよう, 帳面を, 帶封を, 張った小さな, 張った蚊帳みたい, 張った障子, 張つて年々の, 張られて, 張りめぐらし, 弾薬莢の, 後ぐくり, 御免下さい, 心もちが, 恐ろしく丈夫, 手紙を, 抑えた壁, 抑えて, 折つた冑を, 折り畳んだ真中, 押えて, 押取って, 拭いた, 拭いたその, 拭うて, 拭うという, 拭うよりは, 拭きと, 拭って, 拵えた人形, 拵えた采配, 拵えた鉄兜, 拵え山, 掌を, 撫でられると, 支払ひ, 支払ひたがる, 日本医学生聖リューク療養所より, 書いて, 書き伝えるの, 曾て, 板の, 柔かく拭い, 栓が, 栓を, 棒縞の, 棟方の, 槇子は, 樹皮などの, 櫛から, 毎日長い, 水洟を, 濾過し, 無雑作, 片面だけに, 甚だ厚み, 申し上げたよう, 痰を, 目張りを, 着ふくれ列, 私が, 種々な, 立派に, 籤を, 紙を, 結え染色, 結ばれて, 絡げた二束, 綴つた帳面を, 綿密に, 線香花火を, 繕って, 習って, 腰張した, 與三郎を, 蓋を, 蔽うて, 蛇の, 行燈の, 表紙を, 表面だけは, 被った小さな, 被つて, 装幀し, 裏打ちを, 見た, 見ると, 話した栖凰, 読んで, 調べるなどは, 豫告廣告を, 貼ってなく新聞, 貼つた天井, 貼つて膳, 貼て, 貼られて, 貼り固めて, 軽石を, 造った花紅葉, 造つた天蓋や, 鉢を, 錦襴の, 障子が, 青く染め, 面會日抔を, 頚などを, 風といふ, 風船を, 鼻を

▼ 紙~ (322, 3.2%)

4 なかった 3 持って, 破れて 2 ありふれた半紙, この事, めらめらと, カマキリか, 一個の, 其髯の, 新らしく, 自発的に

1 [296件] あすの, あったが, あのテーブル, ありふれた半紙八つ折, ありませんか, ある, あるか, あるけど, あるの, いいが, いつか破れ, いつも丸菱, いまに, いろあせて, いろいろの, うす黒くなっ, うまく動いた, おいおいに, おそらくない, お利代, お銀様, かさばって, くるくると, こうしてヨーロッパ, このこと, この印籠, この辺, この部類, この黒婦虐殺事件, これで, これも, こんがりと, ご覧の, すぐくるりと, すぐに, ずっと昔, そのまま芥溜, その上方, その涙, その美麗, その道, それに, たいへん冷, たしかにこいつ, たたんで, たるんで, だいぶ残っ, つい下, つるつるした, どういうふう, どうかという, どこかに, どんなに私, ない, ないかと, ないかの, なにか鋭利, なんです, にじみませんけれど, ぬらさなければ, ぬれけむ, ぬれに, はがれて, ばらばらと, ひどくて, ひるがえされて, びっしょり濡れ, ほんとにインク, またすき直し, まだ新, まとめて, まるでポケット, まわして, みどり色の, めくり進んで, もうとてもよごれっちまっ, もう三十枚, もう天下どこ, もう見えなかつた, やたらに, やはり白い, やみなこ, ゆうべの, よいが, タイプライタアの, ピーナッツだ, ペンの, 一つの, 一定し, 一応反覆, 一應反覆し, 一方の, 一杯に, 一枚いくらだ, 一枚しか, 一片の, 三千子さんの, 三千子の, 上の, 上質の, 下層の, 世界無比と, 丸く濡れた, 主として樹皮, 九度山の, 九頁あ, 二年ほど, 二度目の, 二月十九日の, 二枚に, 二洲の, 今も, 今ポーが, 他の, 仙花を, 似合は, 位置を, 何が, 何じゃ, 何で出来る, 何とじき一杯, 何れも, 何處で, 余白が, 使うと, 光線の, 内の, 冉, 出さす訳, 出さなくても, 出て, 出来ません, 利久であった, 動かしちや, 勿論麻紙, 北山歿後十六年に, 北海道から, 医心方を, 十九字詰十行の, 十枚を, 半紙糊入封筒巻紙花紙すこし, 原稿紙などを, 又おと, 古ぼけて, 右位を, 呉れるの, 周囲に, 型が, 墻を, 売つたり, 売買の, 外村吉之介君の, 多く, 多くこの, 大いそぎ, 大亀の, 大人の, 大判である, 大変よ, 大海原, 天保四年頼塾を, 好い加減, 妙な, 子供等の, 寒そう, 封じて, 封緘紙が, 小さいもの, 小菊筆も, 展げられ, 山と, 左の, 左位を, 巻きを, 帳面に, 幅六インチあるいは, 平な, 平野警部が, 平面に, 幾らでも, 幾分の, 幾度か, 庭へ, 強く正しく, 彼が, 彼について, 彼女が, 必らず, 忽ち大原, 恐らく西晉, 恐ろしく念入, 愛を, 戰爭の, 折り畳んで, 折目が, 拡げたが, 掌の, 支那から, 支那では, 新しくはりかえられ, 日々値段が, 日月の, 明瞭に, 普通に, 曇った空色の, 曰くづき, 最初草木を, 最後の, 未だに滴, 本年ぐらい, 松子の, 林町でなけれ, 次第に勢力, 毎便, 毎年貼り, 気も, 決してやすく, 波に, 活動写真の, 渋色で, 満洲, 漆を, 濡れる御寝衣, 灰の, 無の, 無論の, 焼けて, 熟慮したる, 燃えた, 燃え上って, 特殊な, 王子製紙で, 玩具にでも, 珍しいでしょう, 生憎引き裂かれ, 白いまんま, 白くくずれ, 皺くちゃに, 目つけものです, 直ちに艇長, 真剣に, 石を, 石面の, 神の, 私が, 私どもが, 私達に, 穢れたる事, 立憲派であった, 第一面四段抜き, 粗末に, 純楮, 紙さ, 紙の, 紙は, 紙やからの, 紙屋の, 素晴しく, 細かく切っ, 緑がかった, 置いて, 美くしい, 美濃紙へ, 羽左衛門の, 羽田の, 脅迫状の, 自然への, 舞ひあが, 舞ふ, 良き夢, 茶に, 葛卷が, 薄雲, 血の, 行が, 要らないんで, 見たけれど, 視つめて, 貴重品故, 赤ちゃ, 越中婦負郡の, 越前紙を, 身近くは, 長さ五尺許, 門外漢です, 開いて, 間もなくいっぱい, 青年の, 静なる, 非常に, 顔を, 風情を, 香の, 高くなった, 黄ばんで, 黄金の

▼ 紙~ (238, 2.4%)

16 筆を 15 鉛筆を 9 鉛筆とを 5 一緒に, 筆とを 4 矢立を 3 インクと, ペンとを, 紙との

2 [15件] インクを, ガラスの, ペンを, 云うもの, 全く同じ, 宣告文を, 封筒と, 平らに, 弁当とを, 投票箱が, 状袋と, 筆と, 筆硯が, 鉛筆が, 鋏とを

1 [145件] あまり重要, いいたたみ方, いうと, いえば, いずれが, いっても, いへば, いわず布, えんぴつを, さんが, した, して, それから労働, だった, であった, である, でございますよ, なす事流行す, なって, ならたいへん, なり軽薄, なる, にらめっこを, ほぐされたまま, ほとんど同じ, インキ壺と, インクかり, インクとに, インクの, エンピツを, クロニクル紙との, スズリを, タオルを, チョオクとを, チヨオクとを, テープとが, パアカアを, フトンと, ペンそれから, ペンで, ペンとが, ペンに, ペンも, ペンキで, 一しょに, 一本の, 一緒くたに, 万年筆とが, 万年筆とを, 並べて机, 人間の, 出ると, 刀を, 別の, 別れると, 十滴ばかりの, 印刷費用とは, 印気が, 厚い紙, 参考書の, 同じなん, 同時になお, 同様である, 同質な, 呼ばれて, 呼んで, 呼んでも, 型染紙との, 型附紙と, 墨との, 外に, 外袋とを, 天山南路で, 封筒との, 封筒とを, 封筒を, 布で, 布と, 布とに, 布とを, 彼女の, 心とが, 手帖を, 手帳が, 手拭とを, 持って, 支那紙との, 日本の, 時とを, 木とで, 木片とで, 本は, 机と, 板締との, 林檎との, 柄の, 横に, 死体の, 汗の, 活字と, 活字の, 港を, 狸は, 當時の, 白い紙, 矢立てを, 矢立と, 硯とを, 称して, 竹との, 竹の, 筆が, 筆とを以て, 筆ばかりの, 筆墨を, 糊とで, 糊とを, 糸と, 紙の, 絲とは, 絵の具の, 絹との, 綴った紙, 綿で, 緋撫子を, 縁と, 繪具を, 良き文化, 色鉛筆を, 花とは, 蝋づけ, 見くらべて, 言って, 語りかける相手, 豆とで, 貴下の, 違って, 鉛の, 鉛筆で, 鉛筆なら, 鉛筆は, 鉱質インクを, 鋏の, 革の, 黄金の

▼ 紙~ (208, 2.1%)

5 の中 4 にし, を取り出し, を差し出し, を持っ 3 を下げ, を出し, を出した, を取出し

2 [13件] があった, である, の上書, をあける, を取っ, を取りだした, を手, を抱, を抱え, を持つ, を机, を腋の下, を開い

1 [149件] あくれ, から乏しい, から別, から菓子, から薬, がしまっ, がずり落ちた, がバタリ, が出, が出る, が持たれ, が現われた, が相当, が破れた, が私, が紛失, が置い, が載せられ, が障子, さげて, だ, であった, とかえられ, と一, と傘, と長, と長い, にした, にしたる, になっ, には, には写本, にわたくし, に気がついた, に百五十円, のお, の上, の中味, の偽物, の品物, の堅め, の嵩, の握飯, の横, の端, の紐, の表, の買物, の雪, の餅, は, はこれ, はぽつんと, は少し, は母, ほどのもの, もみんな, をあけ, をあずけ, をいくつ, をいただき, をかかえた, をくれた, をさし出した, をその, をつかみ出し, をつまみ出し, をとりだし, をとり出した, をひらく, をひろげ, をぶらさげ, をほどく, をまだ, をもっ, をわたした, をポケット, をポン, を一つ, を一ぱい, を七兵衛, を下ろし, を両手, を二人, を俺達, を僕, を出す, を千代次, を取りおろし, を取りだし, を取り上げ, を取り出した, を受けとっ, を受取っ, を受取る, を右手, を執っ, を大江山警部, を密, を川中, を左, を差出し, を差出した, を帆村, を廊下, を後, を忘れ, を懐中, を戴い, を戸棚, を扇, を手渡す, を披, を拾っ, を持ち出し, を持ち出した, を持った, を持出した, を振っ, を掴み出し, を握っ, を握りつぶし, を携え, を摘み出し, を波江さん, を洪, を渡された, を渡し, を渡そう, を画家, を畳, を短い, を私, を突き出し, を箱丁, を置い, を腕, を膝, を自分, を船長, を見, を見た, を見詰めた, を解い, を貰っ, を開いた, を開きます, を開け, を開けり

▼ 紙包み~ (145, 1.4%)

5 を取り出した 4 の中, を出した, を開い 3 にし, を出し, を解いた 2 が一つ, が来る, をあけ, をとりだし, を一つ, を取り出し, を受け取った

1 [105件] から取り出し, があけられ, があった, がなく, が押し合い, が米, が糸, が載つ, が隠し, こそ宝石入り, だ, だけだ, だの風, ですぜ, と何ら実際, と折り詰め, と紅皿, なぞある, にされ, にした, にしたる, にしたるなり, になっ, になった, には圓太郎, にひも, にぶつかる, に何, のお金, のこと, のこなし, のまま櫛二枚, のもの, のを, のパン, のボンボン想, の上, の代り, の四角, の小豆飯, の荷物, の饅頭, は帆村, は有難く, ばかり, や鞄, より彼, をあずかった, をおいた, をお嬢さん, をくれた, をくれました, をこしらえ, をだし, をつくっ, をとり出し, をとり出した, をのせ, をふりまわす, をぶらさげなすっ, をほどい, をまだ, をもらっ, を三つ拵, を下げ, を下げた, を両手, を二つ, を前, を取りだし, を取り出させた, を取上げました, を大切, を引, を引っ, を彼, を懐, を投げ出した, を抱, を拾っ, を持ち, を持っ, を持て扱い, を探しだし, を探った, を添え, を渡された, を渡されました, を発見, を破, を破っ, を示した, を私, を私達, を筆者, を荷厄介, を落すまい, を見遣り, を解き, を載せ, を返し, を長い, を開き見る, を顔, 二ツか

▼ 紙~ (117, 1.2%)

9 包んで 7 書いて 3 目を 2 何か, 包めば, 眼を

1 [92件] あけて, あたる音, いろいろの, かいて, かね, くるんだ物, くるんで, この春ごろ, こんな文字, ごくうっすらほんのりと, しっかりと, じっと眼, その当人, たくさん包ませ, つつんだ澤山, はしり書, ノートが, ハムレットの, 一滴の, 万年筆で, 何を, 例の, 写しとった, 写しとり写真, 写す際, 出た大正老人, 刷って, 包で, 包み長い, 包むといふ, 包むどころ, 包めと, 包めないよう, 包めるもの, 包んだ, 包んだので, 包んだ食鹽, 塗抹つて患部へ, 大阪着の, 女の, 宛名を, 強く押しつける, 指を, 振りかけます, 捺して, 描いて, 描くもの, 日本絵具を, 書いたの, 書いたので, 書いたのに, 書かせたならば, 書きなぐるよう, 書き取る暇, 書くの, 楷書行書艸書片仮名平仮名何だか, 毛筆で, 汚ならしく, 油を, 活版で, 浸みるばかり, 無造作に, 無駄書きを, 煙脂の, 画き取りました, 皺を, 矢に, 移した, 穴から, 簡単に, 細字で, 置きつ, 考えながら, 胸ごとの, 自分で, 茱萸の, 落して, 落ちると, 触ると, 計算を, 認めた, 赤い印気, 載せた, 載せた五兩, 週一回ずつ, 金屬を, 頻りに筆, 題だけ, 駒を, 髪を, 黒いもの, 鼻汁が

▼ 紙~ (115, 1.1%)

4 ペンを 3 絹の, 銀紙が 2 すりで, 布の, 手轆轤の, 筆を

1 [97件] あらゆるそう, いろんな材料, こしどう, すりである, ひもや, りんごが, アジビラ・アジテーション・プロパガンダ其の, インキから, インキを, インクの, ウニベルサール紙エル, エハガキで, キャラメルの, コティディエンヌ紙の, コムパクトや, コローム版の, セルロイドの, チューブや, チリメンの, パレットに, フロシキで, ペンや, ペーパアを, ボール函や, ラ・ナシオン紙等の, 何か, 何かを, 値段の, 元結や, 其他の, 其他を, 分厚な, 化粧品の, 印刷インクから, 又地方, 古ペン, 古布類を, 土の, 土器の, 墨汁や, 女の子の, 字が, 学校用品を, 封筒は, 封筒や, 小さい紙, 岩を, 布で, 布も, 帳面や, 帳面やで, 手帳と, 手拭いの, 手紙殻や, 文芸雑誌や, 書籍の, 木で, 本が, 本などの, 本の, 本や, 杉木立ちや, 松崎紙にも, 板で, 板に, 水引を, 泡の, 活字の, 猫の, 目次などと共に, 短かく, 筆ぐらいは, 筆は, 箱の, 紐の, 紐を, 絵具や, 綿が, 脱脂綿や, 自分の, 色鉛筆の, 藁や, 衣料を, 金くずや, 金属では, 鉛筆が, 鉛筆なぞを, 鉛筆を, 銀紙を, 鏡を, 開かれたまま, 雑誌や, 雜誌面でも, 革紙の, 革紙を, 首巻や, 麪包の

▼ 紙~ (111, 1.1%)

2 なかった, 何となし, 墨も, 机も, 筆も, 鉛筆も

1 [99件] あたり前に, あの紙, ありません, ありませんよう, あり傍, あるが, あれば, いよいよこれ, きっちりに, ここに, この国, この金, この頃, これで, これと, そうです, そなえて, ついて, つきましたので, ところどころ食い破られた, なかつたので, なければ, ぬれて, ひどく傷ん, ぼくの, もうそろそろ切れます, もったいないと, やけなかったの, よい品, インクも, フロシキも, ペンも, 一字も, 一枚翻っ, 丁寧に, 上等であります, 与えられねば, 之ほど, 之より, 二三冊の, 二割の, 五六十枚に, 亦, 亦同, 亦土, 何もかもたちまちの, 作つて, 使いようだ, 入って, 冠せて, 凡てが, 切れない位, 十分注意し, 古び仮綴ぢ, 同君の, 同様だ, 墨色も, 壁も, 失なっ, 奮発し, 子供の, 尾藤の, 屋敷の, 岩坂の, 引きめくったよう, 徹るばかりに, 恐らくはその, 悪し中, 惜むべ, 手拭も, 持たねば, 支那風の, 日本紙で, 次第にその, 油の, 湿りましたの, 無論使用, 狆も, 用いようによっては, 発行する, 白じ, 白額も, 破れて, 積もる歳月, 箱も, 紙とも, 絹も, 缶の, 美しいの, 自然よき, 至極眞面目, 西洋紙の, 見つかりません, 規準で, 解いてないパン, 貼ってから, 貼つて, 革紙も, 食べる

▼ 紙~ (111, 1.1%)

7 の制限 4 が尽きた, に制限, を費し, を超過 3 がつきた, がない, の都合 2 にし, は至極, も尽きた, を許された, を費す

1 [69件] がいる, がたりなかった, がのこっ, がもはや, がチット, が余った, が制限, が限つて有升, でついで, では到底, では物足りない, では論じ尽せ, では足るまい, では述べ尽されない, で以, で論じつくせる, との都合, とをかぞえよう, とを知らし, と時間, にしたら, にすれ, には限り, に余裕, に値しない, に達した, に達したれ, に限りあり, のうち, の中, の倍, の多い, の大, の大半, の関係, の限り, はこれ, は凡そ百五, は少なかっ, は尽き, は幾ら, は幾枚, は後三枚, は既に, は比較, は無, は約, は血書, ばかりのこと, ばかり多い, までにはあと三行, もちゃんと, もなけれ, もなし, も唯八百, も増し, をとる, をより, を制限, を増し, を暗誦, を漸く, を繰り返した, を費さなけれ, を費した, を費やす, を越えた, を重ねた, を食っ

▼ 紙には~ (70, 0.7%)

2 こう書い, 十番首と

1 [66件] えんぴつで, こうある, こう走り書き, こんなこと, こんなへん, ただ一字, ただ一行, どっぷり墨, ぷーんと強い, まったく訳, やはりごく概括, れっきとした女, 一つの, 一語も, 上下二段三十六の, 仕掛が, 会へ, 何か, 何の, 何事が, 侍奉, 其後の, 勝つと, 勝つという, 博士が, 夏目漱石先生の, 妻楊枝まで, 子供たちの, 封が, 幼ない, 幾分の, 捨鉢な, 文字が, 既に早くから親しむ, 春秋座と, 書く文字, 未だ一筆, 次の, 此上書く, 残酷にも, 沢山の, 然, 白い絵の具, 矢張粟田爺さんの, 石, 碧童刻の, 私が, 簡単に, 細い字, 継ぎ目さえも, 美くしく, 美事な, 落涙の, 虎の, 血の, 設計図が, 詩人の, 詩人ホメロスが, 負けるでは, 赤インキの, 載って, 近々当地, 鉛筆で, 雷と, 高價, 黒色の

▼ 紙~ (52, 0.5%)

4 を軒 2 が何枚, が貼られ, につける, に東海道線

1 [40件] がかかっ, がつい, がベタベタ, が下っ, が何だか, が張つて, が張られ, が形, が握られ, が貼っ, だけは彼, であった, であること, ですよ, というの, とが隠され, には明らか, に書い, に魚, の上, の下, の小さい, もはりつけ, も貼りつけ, をくれた, をつけ, を二度, を店さき, を張った, を張つたの, を張りたる, を抜き取った, を押立, を挿しかえた, を書いた, を畠, を眺め, を貰った, を首, を高く

▼ 紙一枚~ (51, 0.5%)

5 の差 4 の重 3 のお世話 2 のよう, の隔て

1 [35件] だ, でも何, でも大切, でも好意, でも無駄, で遣付けようという, で遣付けようといふ, といはれる, といふところで, とって, と男持ち, にべたべた, にも眞實, に到る, に大きく, に大概一日半掛り也, のところ, の下, の同, の境, の御幣, の手形, の際ど, の際どい, の隣合せ, ほどの事, ほどの仕事, ほど削った, や父, よりだし, をも片付け, 入って, 剥くる音, 当てて, 散らばつて

▼ 紙~ (38, 0.4%)

2 の人形, の供命鳥, の球体, の箱

1 [30件] が文句, だったり, であったが, であつ, である千八百年代型, ですか, でといふこと, のお前, のコツプ, のトラ, の兜巾, の喇叭, の小さな, の帽子, の張拔, の手帳, の提灯等, の日の丸, の日章旗, の桜, の樓塔, の狐, の球形, の目, の礼拝堂, の茶入, の袍, の軽, の鎧, の鯉

▼ 紙から~ (35, 0.3%)

2 一定の, 出る火花, 眼を

1 [29件] あふれるよう, いえば, いろんな秘密, そういう記事, ぷーんと強く, インキの, ニヒリズムの, パチツと, パンが, 一字一字拾う, 兩方の, 出して, 小太郎が, 引出して, 抜けたり, 曲を, 最も高率, 朧ろに, 煙草の, 物体へと, 特別に, 目を, 立つ焔, 紙へと, 落ちた, 送られる一回僅か五ドル, 逃げようと, 遠くの, 鍵へ

▼ 紙~ (35, 0.3%)

4 の間 3 の中, の蓋 2 を水, を造る

1 [21件] が出る, とつぎはぎの細工, とを持っ, と共に袱紗, にはいってる, にをさめ, に入れ, の一側面, はそこ, は互に, は互にがたがた, は横側, へ入れ, をいじっ, をちぎ, をとりだし, をぶら提げる, を取出しました, を抱え, を抱きました, を持っ

▼ 紙とを~ (32, 0.3%)

2 あたえて

1 [30件] かりて, しいた三宝, のせた, もって, 下さい, 乞うて, 借りて, 取って, 取りに, 取り出した, 取出して, 取寄せて, 呼んで, 奪い取ること, 手に, 持ち選曲, 持った八雲, 持って, 持つて, 持て来い, 旅枕にも, 求めた, 無理に, 無理往生に, 私は, 背中へ, 認めたが, 買って, 費して, 逃げて

▼ 紙~ (30, 0.3%)

5 を拵

1 [25件] がある, がだ, がまい, がギヤマン, がブラ下, が一番, で作った, で実に, にしよう, になっ, のこと, のよう, の籤, の紐, の羽織紐, を一本糾, を二本, を人さし指, を入れ, を出し, を持つ, を植ゑたやうな桑畑, を縛りつけ, を通して力一パイ, 手頼り

▼ 紙にも~ (29, 0.3%)

1 [29件] あらず, ぎょうさんに, されないからとは, せず紙衣, せよ一定, それと, つくせません, つつまない五円紙弊, なほ山水村落の, ならぬ厄介者, ひねらぬむき出し, ギリシャ語を, 何んにも, 尽されぬ, 尽せるもの, 心を, 悪すぎる, 悲しいこと, 書いて, 書く自分, 槍の, 水だ, 特色を, 硯にも, 確実な, 血の, 見えたの, 認可と, 類似の

▼ 紙~ (28, 0.3%)

10 の中 4 の裾 3 の壁 2 と葛籠 1 が吊っ, のうち, の傍, の外, の天井, の立看板, は歳晩, へ身, を吊らせ

▼ 紙~ (28, 0.3%)

2 にした

1 [26件] その先, で二本, で括っ, で結わえ, で綴る, で縛った, とかの尖, とし, にでもすれ, に渋汁, のついた, のよう, の先, の末, の端, も縒れた, や竹, をひねっ, をよっ, をより, をよる, を作り始めた, を戻し, を拵, を煙管, を紐

▼ 紙キレ~ (27, 0.3%)

2 を覚悟

1 [25件] ぐらいは仕方, そっくり進ぜよう, だったと, だったので, だと, で, ですから, というわけ, と吐かす, などを銭, になる, にはこれ, に書い, に書いた, の姿, は初秋, へせかせか, や藁屑, よりもモットモット, をあつ, をひろげ, を巨勢博士, を持たせた, を見つけ, を進ぜる

▼ 紙~ (25, 0.2%)

4 を焼き 3 を焼く 2 の中

1 [16件] だの螺旋状, であろう, の積ん, は手, は白紙, は紙, をかき集めた, をとっ, を両手, を供えた, を取り, を焚い, を焚いた, を焚く, を用い, を買った

▼ 紙~ (24, 0.2%)

1 [24件] から思ひ, か何だか, か革, けれどそんなに, けれども日本銀行, このよう, しわるい, そらペン, という, といふ, とうに針山, とてどうして, とわかっ, と云, と思っ, と見える, と鉛筆, なア, のが, のと, のの, のは, のを, よ

▼ 紙でも~ (24, 0.2%)

2 絹でも

1 [22件] あげるか, あるかと, どうしても多少の, ないかと, なく絵の具, のばして, やっぱり質, よろしいクサビ, 一寸申した, 下敷に, 夫, 巧者に, 無駄に, 當てて, 紙の, 絹よりは, 衣類でも, 表裏は, 見つけなかったらあの, 貰ひ受けよう, 買って, 醜くは

▼ 紙~ (24, 0.2%)

7 をこしらえ 2 を拵え

1 [15件] がここ, がつけ, で縛っ, というの, にこしらえ, にすべき, のよう, の先端, をこしらえはじめた, をとり出し, をよっ, をよれる, を拵, 水みたいに, 網に

▼ 紙~ (24, 0.2%)

2 を執りたる, を費し

1 [20件] が運ばれた, のつひ, の上, の類, は勿論, をついやす, をとっ, を乞い, を借り, を出した, を取らしめ, を取り上げ, を取寄せ, を把ら, を持ち, を操っ, を棺, を與, を請い, を貸した

▼ 紙~ (22, 0.2%)

8 ばいの 2 ばいを

1 [12件] て, でを沢山, ばいが, ばいじゃ, ばいだ, ばいに, ばいみたいな, ばい屋が, ばい屋で, ばい屋でしょう, ばい屋では, ばい屋は

▼ 紙問屋~ (22, 0.2%)

3 の息子

1 [19件] で大した, で神田, にはそれでも, に人, に勤め, に奉公, のほう, の主人, の二階, の会計係八谷, の店頭, の支配人, の根津, の番頭, へ奉公, へ礼, へ移った, へ行く, を首

▼ 紙~ (20, 0.2%)

4 の味 2 でしたが

1 [14件] が伸子, でそれ, で稽古, などこなす, に一箇百円, に描く, に走り書き, の九画連作, の山水, もあっ, を出し, を扱っ, 半切の, 梵文にも

▼ 紙~ (18, 0.2%)

2 の上

1 [16件] というの, というもの, という言わば, なぞを用い, にもの, にペン, に向っ, に書き留め, に記録, の巻物等々, もたくさん, や羊皮紙, を創り上げ, を漉い, を産しない, を用いた

▼ 紙~ (18, 0.2%)

2 の外, を啓, を排, を開き 1 にも小歌, の下, の倒, の陰, は外, は鉄壁, を押啓, を犇かす, を開きける, を開け

▼ 紙~ (17, 0.2%)

1 [17件] あるいは藍, うすい鉄板, なにかに, のべたる, または他紙の, または獸皮, ペンか, 何かを, 判然しない, 名前が, 奉書といふ, 布かで, 或は藍, 新聞紙へ, 新青年, 絹の, 羊皮か

▼ 紙との~ (17, 0.2%)

2 間が, 間に

1 [13件] 中立に, 二つの, 原料相違如何を, 用意が, 相談づくで, 記事は, 訣別他は, 距離が, 間には, 間は, 間へ, 間を, 音が

▼ 紙~ (17, 0.2%)

2 かな

1 [15件] なんぞは着, のきれ, の下, の五十年, の皺, の破れた, の神主達, の神官, の神官達, はがさ, はとまり, も貼らず, や何, を着, 着た伊左衛門

▼ 紙~ (16, 0.2%)

1 [16件] が挟ん, が発達, でなければ, では磐城, としての味い, としてはこんなにも, にした, に横文字, のよう, の上, の仕事, の未来, はもっと, は上物, らしい持味, を添へた

▼ 紙挾み~ (16, 0.2%)

2 のほう

1 [14件] から一枚, が無造作, と嵩張った, と角封筒, にはたえず, に勢い, の中, の間, をこまめ, をまた, を出す, を取り上げ, を引き出した, を見出し

▼ 紙~ (16, 0.2%)

2 を要する

1 [14件] およそ一千頁, がない, が六七枚, が限られ, では書き, に制限, の爲, の都合, までにはまだ, も唯八百, も盡, を儉約, を増す, 多きに

▼ 紙ぎれ~ (15, 0.1%)

1 [15件] には立派, に何, に書きつけた, の寫しである, わが文ぎれよ, を前, を小さく, を捉える, を眺め, を結び, を結びつける, を見せた, を読ん, ボロぎれ, 伝えてよ

▼ 紙にて~ (15, 0.1%)

2 張りたる下, 張りたる日本伝来, 造りたる幡 1 仕候繪圖, 包み贈る, 十文字に, 句を, 張りしもの, 箱を, 結ひたる, 造りたる髷, 顔を

▼ 紙人形~ (15, 0.1%)

2 のよう

1 [13件] が流されず, が流されない, に等しい, の亡骸, の風船, は首人形, もそば, やなにか, やなんか, をこし, を写生, を切る, 赤いつまみ

▼ 紙~ (14, 0.1%)

1 [14件] が始まった, が見られる, と妹背山, など一, になっ, のおさん, のま, のまつわる, の文句, の科白, の芝居, の話, 切られ与三, 迄も江戸

▼ 紙腔琴~ (14, 0.1%)

1 [14件] が何, だぜ, だろうが, であった, とそれ, とは品, に合わせ, のこと, の内部, はなかなか, も一緒, も死んだ, をまわし, を買わない

▼ 紙では~ (13, 0.1%)

2 ない

1 [11件] あるけれども, たかずに, ないか, ないが, ないと, なくて, もろくて, 代金とも, 却って落ち散る, 困るので, 書いて

▼ 紙という~ (13, 0.1%)

2 のを, ものは 1 ことに, ざんこくなとりもち地獄が, のは, ものが, ものを, やつを, よい資財, 処を, 紙に

▼ 紙張り~ (13, 0.1%)

4 の天井 2 をし 1 て茶碗酒, のお, の人形, の壁, の家屋, の手焙, の笠

▼ 紙っきれ~ (12, 0.1%)

1 [12件] でつかまえましただ, にあの, にこそはなり, に御, に短, の端, は絶対, へ目, をながめた, をふっとばす, を持っ, を開い

▼ 紙よりも~ (12, 0.1%)

1 [12件] 産額の, 白かった, 白くな, 真っ白に, 穴の, 粗末に, 脆くたつた, 薄いで, 薄い人情, 薄かった, 重く強くかつ, 青ざめた

▼ 紙~ (12, 0.1%)

2 を打 1 だ, とをのせた, の出, の日の丸, の腹立たし, や幟, や毛槍, を出し, を青竹, 押し立てん千人

▼ 紙~ (12, 0.1%)

2 に移し, の煙, を一本, を吹かし, を啣 1 を取, を取つた

▼ 紙障子~ (12, 0.1%)

2 のよう 1 だわね, でところどころ, というの, などたて, の方, の窓, や屏風, を, を通してある, 引きたてしのみ

▼ 紙だの~ (11, 0.1%)

2 筆だの 1 いろいろな, 俯向きに, 切手を, 報知紙だ, 塩化加里の, 山支度は, 果物の, 用箋だ, 鏡だの

▼ 紙ばかり~ (11, 0.1%)

1 [11件] たたくよう, で, でも, で何一つ, で御座いましたよう, で骨, 三日五日続け, 出して, 大きくその, 無駄に, 重ねた小さい

▼ 紙~ (11, 0.1%)

1 [11件] から垂れ, がひっそり, が二つ三つ, でも揚げ, のあがっ, のよう, の糸, は動く, を上げ, を向う, を揚げた

▼ 紙洗大尉~ (11, 0.1%)

1 [11件] がその後, が飛ぶ, だった, どの井筒副長どの, の奴, の肩, は二人, は二十分, は傍, は探偵小説, は笑い

▼ 紙である~ (10, 0.1%)

1 から私の, から色, がこ, がその, が古い, が田舎政治家, ことには, とかよい, と云, 色々な

▼ 紙として~ (10, 0.1%)

21 作られる, 売る方, 是ほどの, 無類の, 用いられて, 用いられます, 発刊される, 続刊

▼ 紙など~ (9, 0.1%)

1 ここで, 下さると, 入れて, 印に, 尋ねるよ, 復枕元に, 買ふ, 貼って, 非常に

▼ 紙などを~ (9, 0.1%)

1 学校の, 拡げて, 持ち來, 持ち来たる, 用いず巻紙, 破って, 積み重ねて, 自動車で, 鞄に

▼ 紙より~ (9, 0.1%)

1 強い, 白い, 白い顔, 白くなった, 白く見えた, 白く顫, 薄き人, 薄き人情, 軽い位

▼ 紙~ (9, 0.1%)

1 が十二三銭, だけだ, でよろしい, と切手代, と刷賃, のこと, や印刷代, をとつて, をヤミ屋さん

▼ 紙衣裳~ (9, 0.1%)

1 で町, に気, に目, の方, はちつ, を作っ, を眺め, を着た, を見

▼ 紙銀紙~ (9, 0.1%)

2 の細かく 1 の星, の蝶, はみな南清, を用, を神前, を細く, を買っ

▼ 紙~ (9, 0.1%)

1 がごそごそ, がつみ重ね, が入っ, にさわらない, に不足, の入っ, も文房具, やで, を少し

▼ 紙です~ (8, 0.1%)

1 か, かい, から目方, から風, がね, とサッサッ, と大抵, よ

▼ 紙とが~ (8, 0.1%)

1 いる, そこに, のって, 同一水平, 島村夫妻の, 散乱し, 置いて, 置かれて

▼ 紙によって~ (8, 0.1%)

1 その怪しい, 与えられる娯楽, 報道された, 彼等が, 知っただけにしか, 答へる, 終局的に, 重きいたつきを

▼ 紙クズ~ (8, 0.1%)

1 がつきもの, が舞う, だなどと, であり預金, になっ, のよう, は浅草名物, やあきカン

▼ 紙~ (8, 0.1%)

1 で一展し, に孔明, の上, の墨, の左端, もめずらしく, を折っ, 囲り

▼ 紙~ (8, 0.1%)

1 がご, では私達, で幅広, の, の前, の払, の拂, の荷蔵

▼ 紙表紙~ (8, 0.1%)

1 がボール, など何れ, に赤い, の古本, の書籍, の筆, はおとなしい, をあけ

▼ 紙~ (8, 0.1%)

2 のやう, のよう 1 について求むべき, のみであった, の型式, を折っ

▼ 紙とも~ (7, 0.1%)

2 付かず皮, 付かねば 1 つかず金属, セロファンとも, 称すべきもの

▼ 紙~ (7, 0.1%)

2 んだ 1 のかい, のだらう, のであります, のでテープ, んです

▼ 紙などが~ (7, 0.1%)

1 ありその, ごたごたと, 印象された, 少ないので, 残って, 淋しげ, 置いて

▼ 紙まで~ (7, 0.1%)

1 亡霊と, 今の, 入れて, 多くは, 往来が, 肩に, 貼つて

▼ 紙らしい~ (7, 0.1%)

2 ものが 1 ものも, ものを, 床の, 物が, 紙が

▼ 紙~ (7, 0.1%)

2 は婆, をよる, を縷 1 を撚り

▼ 紙さえ~ (6, 0.1%)

2 あれば 1 持つと, 破れなかった, 見て, 見れば

▼ 紙じゃ~ (6, 0.1%)

1 ありませんか, ない, ないか, ないですか, またすぐ, 紙の

▼ 紙とか~ (6, 0.1%)

1 みのすれ合う, 大福帳の, 檀紙とかの, 用具などに, 色の, 障子紙とか

▼ 紙にでも~ (6, 0.1%)

2 包んで 1 するん, 向って, 吸われるよう, 咏懐の

▼ 紙切り~ (6, 0.1%)

1 が見えない, で一方, で巻紙, のおもちゃ, の正, をはさんだ読みかけ

▼ 紙~ (6, 0.1%)

1 から何百, がひとつ, は魂, を力まかせ, を手, を詰め置き

▼ 紙~ (6, 0.1%)

1 がさらり, に映ぜし, に栄え, をあけ, 四枚を, 襖は

▼ 紙~ (5, 0.0%)

2 切れを 1 切だ, 切れの, 屑の

▼ 紙づつみを~ (5, 0.0%)

2 渡して 1 持った手, 解いて, 頂いて

▼ 紙などに~ (5, 0.0%)

2 折れ釘の 1 包んで, 書いたもの, 比較する

▼ 紙なり~ (5, 0.0%)

2 かならずかならずは 1 ある筈, ひろげて, 皮紙なりに

▼ 紙みたい~ (5, 0.0%)

1 なカード, な色, な花魁, に古い, に薄く

▼ 紙コップ~ (5, 0.0%)

2 に酒 1 についだ, の酒, を買う

▼ 紙~ (5, 0.0%)

1 ゴランナサイ, 伸バシテ傍カラパタ, 何ノ, 尽ス, 造ル

▼ 紙不足~ (5, 0.0%)

1 で原稿, といふ聲, に服し, の折, の時代

▼ 紙二枚~ (5, 0.0%)

1 が裂き棄て, ぐらいの短文, の文章, ほどの分量, を必要

▼ 紙位牌~ (5, 0.0%)

1 が置かれ, が老人, が貼っ, にし, を

▼ 紙~ (5, 0.0%)

1 から取り出し, に入れ, をとりだす, を二個, を載せ

▼ 紙~ (5, 0.0%)

1 だ, に鉛筆, のよう, をおれ, を取出し

▼ 紙石盤~ (5, 0.0%)

2 が可, やら硯 1 にすっかり

▼ 紙~ (5, 0.0%)

1 が入っ, にて御, の自動車, の選り抜き記者連中, も一手

▼ 紙~ (5, 0.0%)

21 に火, の中, を堆く

▼ 紙~ (5, 0.0%)

2 が月 1 が涯木, が雁木, を浮かべ

▼ 紙からは~ (4, 0.0%)

1 なれて, なれないさ, なれないそう, 鮮人の

▼ 紙~ (4, 0.0%)

1 づきたない, づのやうになつた二人の, づや蜜柑の, づや陶器の

▼ 紙だけ~ (4, 0.0%)

1 ぶらさげて, ポケットへ, 持って, 白く並ん

▼ 紙だけが~ (4, 0.0%)

1 残って, 白く見えた, 真白だった, 空明りの

▼ 紙であり~ (4, 0.0%)

1 信頼の, 同じ煙草, 名工の, 画布である

▼ 紙とで~ (4, 0.0%)

1 師匠の, 拳を, 補片を, 造つた家の

▼ 紙などは~ (4, 0.0%)

1 二三行で, 使わなかった, 次第に勢力, 近世得

▼ 紙~ (4, 0.0%)

1 くろから鶏卵, くろに, くろや, くろを

▼ 紙クズだらけ~ (4, 0.0%)

1 が寒々, でフトン, な書斎, にし

▼ 紙一面~ (4, 0.0%)

1 に敷き渡し, に落ち, に記し, の落書

▼ 紙切りナイフ~ (4, 0.0%)

1 が現れ, など, に似た, をもてあそび

▼ 紙反古~ (4, 0.0%)

1 が捨て, といつ, もほつたらかし, を作っ

▼ 紙~ (4, 0.0%)

1 などと云, にも及ばない, のうえ, へ点じ

▼ 紙~ (4, 0.0%)

1 なので, に平氏西敗, を四方, を開き

▼ 紙小刀~ (4, 0.0%)

2 で打ち殺した 1 が挟ん, が無い

▼ 紙捻り~ (4, 0.0%)

2 でこしらえた, の太い

▼ 紙~ (4, 0.0%)

1 とを徒費, には雁皮, に緑色, の三位

▼ 紙看板~ (4, 0.0%)

1 が目, の吊つ, や提灯, を紋つき

▼ 紙~ (4, 0.0%)

1 に, にあらはる, に種々, に黒く

▼ 紙競馬~ (4, 0.0%)

2 をし 1 などし, などで遊ぶ

▼ 紙~ (4, 0.0%)

2 の三分心, の破れた

▼ 紙縒細工~ (4, 0.0%)

1 で黒塗の, の矢筒, の総称, は朝鮮

▼ 紙貼り~ (4, 0.0%)

1 にし, のセツト, の輪, は柔かく

▼ 紙いた~ (3, 0.0%)

3 づらせよ

▼ 紙しか~ (3, 0.0%)

1 ない何故, 見当らないぜ, 貢献しない

▼ 紙それ~ (3, 0.0%)

1 に三四冊, に現金一円, は薬

▼ 紙だけを~ (3, 0.0%)

1 問題と, 非常に, 高いへ

▼ 紙だった~ (3, 0.0%)

1 から包装用, とみえ, ので片側

▼ 紙であっ~ (3, 0.0%)

1 てジャヴェル, て味い, て忘れ

▼ 紙といふ~ (3, 0.0%)

1 のは, ものを, 名稱

▼ 紙とに~ (3, 0.0%)

1 のこして, 對し, 遺して

▼ 紙とは~ (3, 0.0%)

1 一緒くたに, 違う, 違ひます

▼ 紙と共に~ (3, 0.0%)

1 この男, 送り返される, 飛んで

▼ 紙なし~ (3, 0.0%)

1 で, ですから, でもう

▼ 紙などの~ (3, 0.0%)

1 持ち合わせが, 日用品を, 需用は

▼ 紙なら~ (3, 0.0%)

1 あの妓, 七八枚の, 紙が

▼ 紙なんか~ (3, 0.0%)

1 ありゃしないじゃ, いいの, どうでもよか

▼ 紙~ (3, 0.0%)

1 こ屋の, こ材料, こ道具

▼ 紙ひも~ (3, 0.0%)

1 がほどけかかっ, が頬, を投げる

▼ 紙への~ (3, 0.0%)

1 投書は, 権利確認の, 論文も

▼ 紙やら~ (3, 0.0%)

1 山積みし, 手帳やらが, 絵図古書などの

▼ 紙をも~ (3, 0.0%)

1 棄てなかつたの, 用意致し, 貰う事

▼ 紙を以て~ (3, 0.0%)

1 その需要, 御幣なる, 被差返上

▼ 紙を通して~ (3, 0.0%)

1 とんだり, 世間に, 障子の

▼ 紙コツプ~ (3, 0.0%)

2 を手 1 の一箇

▼ 紙パイプ~ (3, 0.0%)

1 から抜い, の中, の蝋

▼ 紙一ぱい~ (3, 0.0%)

1 になっ, に書く, に蘭

▼ 紙一杯~ (3, 0.0%)

1 に三角, に大きい, の大きな

▼ 紙卷き~ (3, 0.0%)

1 に火, の火, を咥

▼ 紙卷煙草~ (3, 0.0%)

1 の吸殼, を吹かし, を吹かした

▼ 紙~ (3, 0.0%)

1 が冴える, に申分, は却つて名

▼ 紙工場~ (3, 0.0%)

1 が建設, に通っ, へ売れます

▼ 紙~ (3, 0.0%)

2 張るほどに 1 を船板塀

▼ 紙~ (3, 0.0%)

2 という村 1 という村落

▼ 紙折り~ (3, 0.0%)

1 の手伝, の手伝い, 箆で

▼ 紙提灯~ (3, 0.0%)

1 には新しい, の光, の薄暗い

▼ 紙~ (3, 0.0%)

1 の白し, を弄, を示した

▼ 紙白粉~ (3, 0.0%)

1 で顔, なども用意, を二つ

▼ 紙~ (3, 0.0%)

1 の音, を擣, を擣つて

▼ 紙~ (3, 0.0%)

1 に鉛筆, を想, を繰っ

▼ 紙~ (3, 0.0%)

2 の類 1 に向

▼ 紙綴り~ (3, 0.0%)

1 で一枚ごと, と矢立て, の一冊

▼ 紙~ (3, 0.0%)

1 の腰卷, をした, をまざまざ

▼ 紙蚊帳~ (3, 0.0%)

1 のうち, のつり手, の衾

▼ 紙衣姿~ (3, 0.0%)

1 であったろうが, になり, はもう

▼ 紙表具~ (3, 0.0%)

2 の軸 1 の山水

▼ 紙表装~ (3, 0.0%)

1 の半切もの, の墨竹, をほどこし

▼ 紙ある~ (2, 0.0%)

1 がうれしき, 限は

▼ 紙おさえ~ (2, 0.0%)

1 にし, やガラス

▼ 紙きり蟲~ (2, 0.0%)

2 よきりきり

▼ 紙ぐるみ~ (2, 0.0%)

1 の一通, の脇差

▼ 紙ごと~ (2, 0.0%)

1 出して, 投げこんでしまつた

▼ 紙~ (2, 0.0%)

1 へも少から, へ破れなかつた

▼ 紙その~ (2, 0.0%)

1 筆蹟その, 紙が

▼ 紙そのもの~ (2, 0.0%)

1 が欠乏, だがね

▼ 紙だけでも~ (2, 0.0%)

1 二十銭の, 欲しいだけ

▼ 紙だけは~ (2, 0.0%)

1 ズッと, 白いきれい

▼ 紙だに~ (2, 0.0%)

1 しろ一年, なし

▼ 紙~ (2, 0.0%)

1 切一つなく, 片を

▼ 紙であろう~ (2, 0.0%)

1 がその, と何

▼ 紙でなく~ (2, 0.0%)

1 てもその, ともよろしい

▼ 紙とかを~ (2, 0.0%)

1 わずかに, 使用し

▼ 紙ながら~ (2, 0.0%)

1 ふっくりと, 衣冠束帯が

▼ 紙などへ~ (2, 0.0%)

1 書いた場合, 書いては

▼ 紙なども~ (2, 0.0%)

1 あった, 無地だ

▼ 紙なりの~ (2, 0.0%)

1 上に, 両端に

▼ 紙について~ (2, 0.0%)

1 いない, きた周馬

▼ 紙にまで~ (2, 0.0%)

1 妖僧の, 書いて

▼ 紙によ~ (2, 0.0%)

1 つて仲屋の, つて自己の

▼ 紙に対して~ (2, 0.0%)

1 余の, 都会人よりも

▼ 紙ので~ (2, 0.0%)

1 一八二三年七月二十五日の, 沢山だ

▼ 紙のみ~ (2, 0.0%)

1 ならず幾多, 張って

▼ 紙ばかりの~ (2, 0.0%)

1 処を, 長い巻物

▼ 紙ばかりは~ (2, 0.0%)

1 小次郎殿の, 立派に

▼ 紙ばり~ (2, 0.0%)

1 の思想的凧, の箱

▼ 紙ひと~ (2, 0.0%)

1 えだ, えで

▼ 紙ひと重~ (2, 0.0%)

1 の襖, の違い

▼ 紙ほど~ (2, 0.0%)

1 軽いラプンツェル, 適して

▼ 紙までが~ (2, 0.0%)

1 その時, 真赤に

▼ 紙もて~ (2, 0.0%)

1 補ひたる, 製したる燈籠

▼ 紙をね~ (2, 0.0%)

2 頼む

▼ 紙をは~ (2, 0.0%)

1 ぐやうになほる日も, づれて手も

▼ 紙~ (2, 0.0%)

1 急ニクシャクシャト揉ミクシャニサレル音, 重ネテアルモノデ

▼ 紙ッ切れ~ (2, 0.0%)

1 のよう, をポケット

▼ 紙ッ片~ (2, 0.0%)

1 のよう, れか

▼ 紙ツブテ~ (2, 0.0%)

1 に従つてポスト, を投げろ

▼ 紙ツ片~ (2, 0.0%)

2 のやう

▼ 紙ナイフ~ (2, 0.0%)

1 が新しい, は白い

▼ 紙ナプキン~ (2, 0.0%)

2 に色鉛筆

▼ 紙~ (2, 0.0%)

1 上ニ落スノヲ, 如シと

▼ 紙フウセン~ (2, 0.0%)

2 をふくらまし

▼ 紙ペーパー~ (2, 0.0%)

2 でこすり消した

▼ 紙ヨリ~ (2, 0.0%)

1 で綴つて, を無造作

▼ 紙一ト重~ (2, 0.0%)

1 な敵中, の白

▼ 紙~ (2, 0.0%)

2 けはあの

▼ 紙三四枚~ (2, 0.0%)

1 でそれ, に包み

▼ 紙三枚~ (2, 0.0%)

1 にむずかしい, を読み返し

▼ 紙~ (2, 0.0%)

1 があった, をうけ

▼ 紙五枚~ (2, 0.0%)

1 にこまかく, の割合

▼ 紙以上~ (2, 0.0%)

1 だろうが, なお甲源流

▼ 紙~ (2, 0.0%)

1 えの, たしかに宛名

▼ 紙~ (2, 0.0%)

1 の用, ほどにかあ

▼ 紙作り~ (2, 0.0%)

1 でもされた, 出でても

▼ 紙十枚~ (2, 0.0%)

1 の厚, は読む

▼ 紙~ (2, 0.0%)

1 は嫌, を取り出し

▼ 紙取り~ (2, 0.0%)

1 の写真, の写真端書

▼ 紙同じ~ (2, 0.0%)

1 煙草の, 筆跡で

▼ 紙問屋山一~ (2, 0.0%)

1 の女, の女くみ

▼ 紙問屋橘屋~ (2, 0.0%)

1 の若旦那, の若旦那徳太郎

▼ 紙~ (2, 0.0%)

1 には黄土, の紙

▼ 紙天井~ (2, 0.0%)

1 が孕み, も亦

▼ 紙小縒~ (2, 0.0%)

1 の羽織紐, を作っ

▼ 紙~ (2, 0.0%)

1 を作っ, 送申候間

▼ 紙~ (2, 0.0%)

2 もございます

▼ 紙~ (2, 0.0%)

1 を冠, を被

▼ 紙干し~ (2, 0.0%)

2 場の

▼ 紙~ (2, 0.0%)

1 をイムバネス, を一枚

▼ 紙~ (2, 0.0%)

1 を持っ, 入すべき

▼ 紙撚で~ (2, 0.0%)

1 くくった, 襷に

▼ 紙~ (2, 0.0%)

2 見ゆ

▼ 紙研究~ (2, 0.0%)

2 の材料

▼ 紙筆墨硯~ (2, 0.0%)

1 などを扱っ, に対して一度思い

▼ 紙筆油~ (2, 0.0%)

1 などの雑用, などの雜用

▼ 紙~ (2, 0.0%)

1 のわら草履, の藁草履

▼ 紙臭い~ (2, 0.0%)

1 不快な, 匂ひがして

▼ 紙~ (2, 0.0%)

1 の通用, を造れ

▼ 紙雛さま~ (2, 0.0%)

2 とをあ

▼ 紙~ (2, 0.0%)

1 にふかれ, に桝目

▼ 紙馬紙銭~ (2, 0.0%)

2 を焼き

▼1* [525件]

また引, 紙あげましょうかいい, 紙あつく漉く, 紙あまた積んだる腕車, 紙あやうくしみそう, 紙ありし事古, 紙あるいはその紙, 紙いちまいの厚さくら, 紙いっぱいにかいた, 紙いれを懐中, 紙なりを鳴らし, 紙えたいの知れない, 紙え御認被下度希上候石状紙之内本木昌造樣へも, 紙おいときますから, 紙おくれよさっきの, 紙かいてさうし, 紙かが落ちでも, 紙かざりが吊り下げ, 紙かでちらと, 紙かなんかの破れた処, 紙がちやんと, 紙がなんてえ品物, 紙がわりに信州, 紙ぎれと鉛筆をてる, 紙ぎれへなにやら書いて, 紙ぎれやまた柿丘氏, 紙ぎれや綿きれが, 紙ぎれをひろってくだすったとしてもあたしたちただその, 紙ぎれをぶつけあって見も, 紙ぎれを手にこの, 紙ぎれ皺に寂び, 紙くそのよう, 紙ぐらい備えて, 紙ぐらゐどこにでも何方連, 紙ぐるみ上に唐草銀五郎様, 紙ぐるみ何のこと, 紙ぐれえ欲しけりゃ自分, 紙こそいい面, 紙こまかい螺旋藁ギラギラ, 紙これは家扶, 紙しらえ, 紙ごと小指を懐中, 紙ごと木を彫, 紙されている, 紙じゃあ出来やしないよ, 紙すこし持たせても, 紙ずくめの運動会用具, 紙ずれの音, 紙その他は別, 紙その他文房具風のもの, 紙その他証拠品を領置, 紙それからすべての, 紙ばを, 紙たしかに書いたげるには, 紙たらしめる介添である, 紙だけの値打しか, 紙だって今時は, 紙ちゃんとしたくが, 紙やからな, 紙っきれでその紙, 紙って書けないもん, 紙つい用向について, 紙つかって書い, 紙つぎ居れば, 紙つづりを千三, 紙つなぎの文銭, 紙づくりの鎧, 紙づつみから解いて, 紙づつみとを持って, 紙づつみに縄をかけた, 紙づつみの品を解き, 紙づつみの鹽煎餅と夏蜜柑, 紙づつみをといてせっこう, 紙づつみをひらいて見ると, 紙づつみをツイと取りあげ, 紙づつみを姉が受け, 紙づつみを机のお, 紙づゝみを頂いて, 紙てんまりの, 紙であったがそれ, 紙でありますがこれ, 紙でなければ雨, 紙での文通以外話する, 紙でもはいっていそうだった, 紙といは, 紙とがはなれば, 紙ときまつたもの, 紙とこそ正しく呼ぶべきである, 紙としてこそ用紙の, 紙としての諸新聞紙, 紙としては本格的な, 紙としてもなかなか丈夫, 紙とだけなの, 紙とだけを持って, 紙とでは又そうした, 紙とともに蓋を, 紙とには縁が, 紙とりゆきたるひまに, 紙とを以て急ニ, 紙とを通じて読者に, 紙ないし絹の, 紙なくしては表具, 紙なし古き原稿紙の, 紙なぞを取りよせて, 紙なぞ手でさわった, 紙などしか入って, 紙などと重ねて, 紙などというものが, 紙などにて鼻口を, 紙なりに文字を, 紙なんかも持って, 紙なんかをひねくりひねくりして, 紙なんぞもこういう折, 紙にかしまと, 紙にしかすぎなかったの, 紙についての苦労も, 紙については一言も, 紙についてもいって, 紙にでもさはる様に, 紙にといろ, 紙にとのさまの, 紙にのみ造りて, 紙にへのへ, 紙によっても分ります, 紙に対すると単なる実用品, 紙に対するに堪へず杖, 紙のうへに創造した, 紙のうへの埃を, 紙のしみづひき, 紙はずた, 紙はとたずねると, 紙はをぢさんの, 紙ばかりというじれったいキャンデー, 紙ばかりを使おうと, 紙ばっかりでトンと, 紙ばっかりのかみくずかご, 紙ひどくてこまかく, 紙びなさんつくって, 紙ふだをつけ, 紙へてがみを, 紙へと伝わり拡がって, 紙へはノミノスクネや, 紙へまでは気が, 紙ぼこりをたたき, 紙まがいのゴム, 紙また塵と, 紙まだあると, 紙みつけてきました, 紙もうあと一二冊で, 紙もしくは絹の, 紙やからのお, 紙やさしい点線の, 紙やのかみさんに, 紙やらが一緒に, 紙やらの鯉を, 紙そちらは, 紙よい墨よい, 紙ようなもの, 紙よりの犬, 紙らしく光沢めき固まっ, 紙らしく見受けますな, 紙りつぱなものであるが誤植が比較的, 紙づか四枚, 紙をかなぐりのけて, 紙をから風が, 紙をと小さい手帖, 紙をよ紙をよ, 紙イズヴェスチヤの幹部記者, 紙インキなぐり書きだ, 紙インクノートなどを買っ, 紙インクペンノートを買っ, 紙エン筆さえあれ, 紙クズカゴを埋め, 紙コツプのをひと口飮む, 紙タルヲ問ハズ, 紙チューインガム一個が入れ, 紙きれに, 紙テイプが吐き出され縺れ垂れ下っ, 紙トランクに入れ, 紙ナプキン使用の方, 紙ニモ劣ル偽其昌贋徴明ナドニ流涎シテ, 紙ニ包し金, 紙ニ憐ム可シ乞食嗚呼自分, 紙ニ認候事ども御直, 紙ハンカチーフなどをもち, 紙ビラや立看板, 紙ペラで法律上, 紙ペン頭のブラシ, 紙ヤツレや淡, 紙ヤミに流し, 紙ラシイモノニ包ンダ細長イ, 紙ラ・ナシオン紙等の自動車, 紙ラ・プレンサ紙やラ・ナシオン紙等, 紙ラ・プレンサ紙ラ・ナシオン紙等の自動車, 紙レースで縁, 紙まいの, 紙一つにも心して, 紙一二枚は時候見舞, 紙一冊置いて, 紙一分まえまで, 紙一寸ロマンティックじゃ, 紙一帖位の綴込み, 紙一本よこさねえで吉原, 紙一束を貸し与えた, 紙一枚それが二千円, 紙一枚一題に限る, 紙一枚以上の長, 紙一枚僕は持っ, 紙一枚小布一片といえ, 紙一枚小粒一つ無くな, 紙一枚手前で堪え, 紙一枚糸一筋さえも彼等, 紙一枚糸一筋みな大君のたまもの, 紙一枚進呈でやたら, 紙一枚釘一本といえ, 紙一滴のびんつけ油, 紙一葉の表, 紙一面満開の花, 紙一點の墨汁, 紙三つに折る, 紙に墨影, 紙主義で統制, 紙之内本木昌造樣へも御, 紙ひら翩, 紙二三枚にそれだけ, 紙二十七枚を三方, 紙二枚半というの, 紙二百束鞍置物十疋明石干し鯛千籠, 紙五十枚書くの, 紙五杖ぐらいのもの, 紙人形春の囁き, 紙仕立の表装, 紙代印刷費用共に甚廉, 紙以上免許ちけ, 紙以下の自由主義, 紙以外にはいかなる, 紙会社と心得, 紙何事かと驚い, 紙何社地方紙何社などと先方, 紙せば, 紙青いネクタイ, 紙健康な絵, 紙傘紙などの需用, 紙を高, 紙に属し, 紙入ぐるみ手も着けない, 紙入これには親分, 紙入ごと五兩の小判, 紙入それへポン, 紙入なんか庭へ, 紙入半分は化粧道具, 紙入手拭銀貨入手提の革鞄, 紙入時計大きな木札, 紙入煙草入の代, 紙入胴卷を拔, 紙入莨入などに細工, 紙入蝙蝠傘を我, 紙全般の原料, 紙其外何でも色, 紙写真の道具, 紙をつけた, 紙凡聖は不二, 紙凧屋凧八で十文, 紙でたり, 紙出して仕事, 紙切り砂糖挟み時計枠, 紙切り遊びにた, 紙制限といふこと, 紙の玉流堂本, 紙刷りのもの, 紙刷物を引, 紙創刊の議, 紙包みとて中, 紙や球転, 紙十一円であったもの, 紙十卷ありて, 紙十四社が設立, 紙十帖ほどな, 紙十数枚にものぼる, 紙十枚位の厚, 紙切れた紐, 紙南無普賢大荒神守火不能燒水不能漂と, 紙即ちパルチメントで, 紙卷きたる燭は, 紙卷タバコを一本大事氣, 紙厚紙皮の切れはし, 紙原稿をよこし, 紙原稿料改正その他についての会員, 紙及び革紙に, 紙に就い, 紙もの類, 紙受取今日野村方迄差遣, 紙可愛い円るい傘の, 紙同然だがね, 紙吹石さげたる裸体男, 紙呉れないか, 紙です, 紙であ, 紙商井手正玄の長男, 紙商小駒支店松井某方の軒端, 紙問屋二葉屋安兵衞その他親類の人達, 紙問屋橘屋徳兵衛の若旦那徳太郎, 紙問屋湊屋の主人, 紙問屋越前屋の大, 紙問題にからむ, 紙四五枚を巻き続け, 紙四枚に私, 紙四百字詰に直し, 紙四角をうめ, 紙団子になる, 紙図面ニ付説明セル如ク略ボ腕ト等効ナル動作ヲナス機械腕, 紙を掻き分け, 紙埃白粉の鬱陶しい, 紙を柔らげ, 紙墨書籍等の褒美, 紙墨皆極精良, 紙墨筆などの文房具, 紙声枕に通っ, 紙の又兵衛, 紙夏みかんの皮, 紙夕刊を見ます, 紙に溢れしめ, 紙子守は持ち, 紙に志す, 紙宋板の一切経, 紙寄書欄に一新帰朝者, 紙小さく折られたる, 紙屏一張がある, 紙屑屋しとったが, 紙べていきなり, 紙布ゆかたの類, 紙帖中に封じ, 紙ヲ染レバ黄色トナル, 紙帳面障子紙その他は別, 紙帽子をかぶり, 紙の誤, 紙幣束にし, 紙店ユはこれ, 紙店楼上で催され, 紙店製のをつかっ, 紙が多かっ, 紙引拔くと, 紙張子の馬, 紙張横額二枚金屏風半双を送付, 紙張物或は雪中歩行等, 紙張行燈には薄墨, 紙張障子の明る, 紙形胎児を単に, 紙御覧次第直様御帰国待, 紙忽ち縮む芳声嘉誉, 紙思案につき候, 紙と呼ん, 紙墨の, 紙或はきれを以て, 紙で町人, 紙払底がひどく, 紙折って作り, 紙持たせお艶, 紙持参したが, 紙を小脇, 紙の中, 紙捩で封じて貰った, 紙捲きという軽い, 紙捻で耳を, 紙捻で繋いだ眼鏡を, 紙のこと, 紙撚だったか藁, 紙撚で繋いで机, 紙何んだ, 紙数二千六百ページに余る, 紙数五枚となっ, 紙数制度により, 紙数増加せしとかや, 紙数帖を貰, 紙数百枚を持っ, 紙数限りありて, 紙整頓して, 紙數三百五十枚にて御座候, 紙數二割ほどは殖え, 紙數限りありて, 紙數限り有ば之, 紙文反古書籍その他色々の, 紙料あたりに突拍子, 紙料持参せいと, 紙料液に混ぜる, 紙小説などは, 紙斷簡を將, 紙方三寸ほどの, 紙還晦, 紙時価にし, 紙晨報を拾い読み, 紙有馬筆伊勢荒布の名産, 紙本半折の, 紙本生絹よりは涸らした, 紙本立どころに雨, 紙来たらずといふ, 紙板表紙であり和装, 紙業家で早速, 紙櫛石けん手拭肌着足袋白米五合マツチぐらゐな物が入, 紙毒筆を振う, 紙毛糸の黒坊人形, 紙の上, 紙決して悪しき心, 紙河上健一という記者, 紙治内を聽, 紙波型紙しぼりボール, 紙漆皮革地がね織, 紙潰しな業, 紙灑職工のもの, 紙火屋のかかった, 紙をともしたる, 紙灯籠だとか, 紙が散らかっ, 紙炭坑組合新聞などが党, 紙煙草入の安物, 紙煙草蚊遣香勝手道具何んでも, 紙を弔, 紙燈籠だとか, 紙爆弾の音, 紙狼藉たる中, 紙が現れた, 紙申上候然れ, 紙画帖書籍などから加工, 紙が嫌, 紙白粉ぐらゐ知つてらあ, 紙白蓮花の仏花, 紙百五十枚ほどに圧縮, 紙百枚書きあげるとして, 紙の手帖, 紙にその, 紙も変らぬ, 紙相達候間御覧に入, 紙真珠貝をちりばめた, 紙真白に灯, 紙の一隊, 紙着板を首, 紙着物それ等の合せ目, 紙石板へ山, 紙を前, 紙硯墨を文房, 紙にうつし, 紙竹土類を主要品, 紙筆ニ指上ゲ候而も実, 紙筆墨を費す, 紙筆墨絵具その他は先生, 紙筆硯机煙管巾櫛の類, 紙を持っ, 紙粗材の方, 紙を捻る, 紙六十枚にわたる, 紙紙袋等何かしら私たちの気持, 紙であるから, 紙絹布の類, 紙が結ば, 紙網紙の區別, 紙綴じの分冊, 紙で巻き立て, 紙縁日の葡萄餅屋, 紙縒糸で編み, 紙縒襷というの, 紙織り物象牙玉金属の類, 紙を結ん, 紙臭くてどうしても, 紙に銀紙, 紙草一枚にはまだ, 紙草鞋蹄鉄片その他凡百の塵芥類似, 紙荒い皺一目, 紙の積ん, 紙莨入れを買つて, 紙をめくる, 紙蓮如上人の廊下, 紙蓮華を撒き降らした, 紙や古, 紙衣玉席白骨を抱き, 紙衣蚊帳をかぶっ, 紙衣裳さへ似合, 紙表紙版を応急的, 紙れへ, 紙の小, 紙製のが棺, 紙製品なぞを用いず, 紙製石盤は公判所, 紙製造所を喜ばす, 紙製遮光幕を納屋, 紙だつたの, 紙襖一ツ隔てて, 紙西傳時代に關係, 紙をかけ, 紙見えすいたやうな, 紙見えねえのか, 紙見る頃を, 紙だけれど, 紙費え高が, 紙にした, 紙貼らぬ所も, 紙貼りで出来た部屋であった, 紙赤い紙が, 紙越しの返事, 紙輸入の年代, 紙の上, 紙銀箋の華, 紙銭十万を焚い, 紙と, 紙錫硝子張の燈籠, 紙鎧桜縅の大将我, 紙長短のかまい, 紙門越に様子, 紙雑貨店の店先, 紙雛一対見にくく大きなる, 紙雛島の雛, 紙のよう, 紙が続い, 紙の上, 紙類どっかのお, 紙類砂糖菓子ハンケチ襟巻履物缶詰暦小唄集薬類などいろんな, 紙類糖菓類ハンケチ襟巻履物罐詰暦小唄集薬品など, 紙風船を一つ贈物, 紙飛礫を投げさせた, 紙飛礫四方にパッ, 紙飛行機をぶっつけ合っ, 紙饑饉になり, 紙香料の袋, 紙を焼き, 紙の時節, 紙鼠とかげがまひるいもり