青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「知れた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~知らん 知らん~ ~知り 知り~ ~知りません ~知る 知る~ ~知れ 知れ~ ~知れた
知れた~
~知れない 知れない~ ~知れぬ 知れぬ~ ~知れません 知れません~ ~知れん 知人~ ~知識 知識~

「知れた~」 1218, 13ppm, 8708位

▼ 知れたもの~ (334, 27.4%)

113 では 2318 である 10 じゃない 8 だが, でない 6 じゃありません, です 5 じゃねえ, だと 4 さ, よ 3 じゃ, だよ, だろう, であるが, であるし, ですが, でないと

2 [12件] だから, だし, だった, だつた, であったが, でありません, であると, ですから, でないから, でも, で一日, で鑑賞

1 [79件] かと一彦, かアカーキイ・アカーキエウィッチ, が現在, けっして一生, じゃあありません, じゃありゃしない, じゃお前, じゃございません, じゃア, じゃ鮎, ぞ, ただ一組, だおっ, だからな, だけど, だけれど, だこれ, だったろうが, だという, だとしか, だのに, だろうとの, だわ, だ組み敷け組み敷け取り抑えろ, であった, であったろう, であったろうに, であつ, であります, でありドストイヱフスキー, であること, であるの, であるまま, である事, であろう, でこの, でこれ, でございますが, でございます一里半, でございます誰, ですからね, ですって, ですね, ですわ, でとうてい, でないこれ, でなければ, でまったく, でもと支那, でツマリ苗木代, で世の中, で侍形気, で勿論, で多分, で当分, で得意先, で御座います, で歌, で河野齢蔵君, で無いの, で簡単, で記者, で足長島, で食事, といえよう, とし, と思う, と思わなけれ, と見くびっ, なの, ならず此頃, ならず美, なら半分住, になつて, のみである, はない, ばかりで, よあの, 受けずとも

▼ 知れたこと~ (119, 9.8%)

1813 じゃ 1063 だが, である, です, を 2 じゃありません, では, を訊く

1 [54件] あの弱い, あんなもの, お船手組, か分らない, この場, この酔い心地, さあ此衣, さいつも, じゃござんせん, じゃねえ, そのこと, その時, その者, だおれ, だけれど, だといふ, だわ, だッ, だ一旦, だ今度, っ, で, であって, でご, でござる, でした, ですが, ですよ, ではござりませぬ, で山岸さん, で戦時体制, で折れ合おうと, で結局, と存候, なので, ならず優し, なんで邪魔, は勝見, よその, よ井伊掃部頭様, よ俺, よ景陽岡, よ貴様, よ郡代前, をいう, をいやる, を大袈裟, を思った, を自身, を言, を道具屋, 悪くすれ, 故鶏, 繰り返しても

▼ 知れたもん~ (86, 7.1%)

27 じゃない 65 じゃありません, じゃねえ 4 じや 3 さ, です 2 じゃア, ですから, ですわ, でないか

1 [25件] じゃあねえ, じゃありゃしない, じゃありゃせん, じゃござんせん, じゃァない, じゃ御座んせん, だから, だけど, だて, だね, だまた, だよ, だろう, だろうなあ, だろうなん, だハア, でございますな, ですよ, でない, でないぞ, でねえぞ, でねえつてこと, やない, やわ, よそれ

▼ 知れた~ (55, 4.5%)

943 さ, じゃ, よと例, 聞かずとも 2 だツ

1 [28件] お夏, お辰, から母, さあら, さあ此衣, さ彼我, じゃございません, じゃ命, だお, だね, である, であるどうしても, でござんさあ, でさ, ですが, ですわ, です爾, なり, や, よ惚れた, を, を聞かしやんす, を聞く, を聞くで, を言, を言え, を貴様, 直ぐに送

▼ 知れた~ (52, 4.3%)

6 である 432 です, では, はツイ近頃

1 [33件] かその, かそれ, かわかりません, か父, か翌日, か衆, がいい, がもう, が因, じゃ, じゃな, だから, だと, だらう, だろう, だ偃松, でありましたから, であります, であるが, ですか, ですから, とは, はいつのまにか, はその, は夢, は大方, は幸い, は後, は数年前, は更に, は異人屋敷, は発布数日後, は私

▼ 知れたので~ (23, 1.9%)

1 [23件] これからそこ, こんどの, ござります, さっそく出かけ, しきりに意識, すぐに, たちまち二万余, やきもち喧嘩, やむを得ず倉地, 一大事とばかり, 九鬼嘉隆は, 予て朝廷, 互いに協力, 今宮さんは, 僕から, 助命を, 好奇な, 実の, 寄手の, 表沙汰に, 要作夫婦は, 讀者或は, 長州の

▼ 知れた~ (19, 1.6%)

2 に村, の用心

1 [15件] かれは, どんなふう, には一夜, には最早, にも, にゃ如何様, に先生, に女, の事, はいまいましく, は福松, は私, は腹, は関羽, は首

▼ 知れた~ (15, 1.2%)

4 言ふ 2 云うの 1 あって, ある, なると, 云ふ, 思って, 申しましょうか, 申す, 言うの, 言うもの

▼ 知れた~ (14, 1.1%)

1 [14件] ああ譲りたくない, お艶, それは, 嗚呼譲りたく, 小金原の, 少年たちの, 当時は, 最後深い, 浅井の, 父忠廣には, 縞目は, 肝腎の, 自分らの, 都合あっ

▼ 知れたから~ (12, 1.0%)

1 [12件] であった, である, で伝兵衛, もはや深く憂, ッて, 善治は, 早速お知らせ, 知らせる, 私たちが, 私は, 至急鶯谷, 若い者

▼ 知れた~ (11, 0.9%)

3 ですもの 2 だろう 1 じゃない, だって, だろうと, だろうね, です, ですが

▼ 知れたもんぢ~ (10, 0.8%)

7 やない 2 やありません 1 やから

▼ 知れたところ~ (7, 0.6%)

1 でいっこう, でお, でご, で別段罪, で尋常, の者同志, を申します

▼ 知れた~ (7, 0.6%)

3 である 1 じゃない, だ何, であるが, よ

▼ 知れたという~ (6, 0.5%)

2 のか 1 ことが, ことだ, のかな, ものである

▼ 知れたものぢ~ (6, 0.5%)

4 やない 1 やありません, やてんでに

▼ 知れた~ (6, 0.5%)

1 には志丈, にゃあ, にゃア大騒ぎ, にゃア私, にゃ明日, にア

▼ 知れた~ (6, 0.5%)

1 が彼, です, で剛蔵, の事, の名人たち, を仇

▼ 知れたこッ~ (5, 0.4%)

41 た東奉行所

▼ 知れたって~ (5, 0.4%)

1 すこしも, どこが, 宜う, 構うもの, 構うもん

▼ 知れた~ (5, 0.4%)

1 たとえば趙太爺, だから, とはよく, なら双方, の方

▼ 知れた~ (5, 0.4%)

1 ぞや瞬く, ぞ瞬く, だね, に, 蹴ちらして

▼ 知れたこの~ (4, 0.3%)

1 ヤクザ野郎を, 二人返り討ちに, 写山楼に, 時代の

▼ 知れたそう~ (4, 0.3%)

1 だ, だろうな, である, です

▼ 知れたその~ (4, 0.3%)

1 上で, 原因は, 宗山寺こそは, 詮議です

▼ 知れたとき~ (4, 0.3%)

1 にはこの, には我々, には誰, は福松

▼ 知れたよう~ (4, 0.3%)

1 で気, なもの, な次第, な透明

▼ 知れたあの~ (3, 0.2%)

1 三人, 山形の, 暁の

▼ 知れた~ (3, 0.2%)

1 え先刻, 其手続を, 童たちと

▼ 知れたため~ (3, 0.2%)

1 だと, です, の破談

▼ 知れた~ (3, 0.2%)

1 がい, がいい, がよござんすね

▼ 知れた~ (3, 0.2%)

1 だから, はない, はねえ

▼ 知れたある~ (2, 0.2%)

1 ひょッ, やない

▼ 知れた~ (2, 0.2%)

1 医者さんである, 茶漬音頭で

▼ 知れたことぢ~ (2, 0.2%)

1 や, やが

▼ 知れたこと傍~ (2, 0.2%)

2 から妾

▼ 知れたこツ~ (2, 0.2%)

1 た, たわ

▼ 知れたそれ~ (2, 0.2%)

1 がめあて, は差配松本

▼ 知れただけでも~ (2, 0.2%)

1 あとで, 単なる痴情

▼ 知れた~ (2, 0.2%)

1 ンじゃ, ンぢや

▼ 知れたもの芸術~ (2, 0.2%)

1 など, などという

▼ 知れた~ (2, 0.2%)

1 て, てかまいません

▼ 知れた一匹~ (2, 0.2%)

1 であったそう, であつ

▼ 知れた事実~ (2, 0.2%)

1 で此, を綜合

▼ 知れた以上~ (2, 0.2%)

1 はもう, は何処

▼ 知れた何物~ (2, 0.2%)

2 かと遊ばず

▼ 知れた医者~ (2, 0.2%)

2 の方

▼ 知れた古い~ (2, 0.2%)

1 人だ, 家柄の

▼ 知れた~ (2, 0.2%)

2 建たぬ前

▼ 知れた~ (2, 0.2%)

1 と咄嗟, はない

▼ 知れた子供~ (2, 0.2%)

2

▼ 知れた~ (2, 0.2%)

1 盗人か, 船隊だ

▼ 知れた~ (2, 0.2%)

1 が來, は例

▼ 知れた~ (2, 0.2%)

1 だから, なの

▼ 知れた~ (2, 0.2%)

1 にはそち, には撲られた

▼ 知れた火葬場~ (2, 0.2%)

2

▼ 知れた~ (2, 0.2%)

1 に一度, の鼻

▼ 知れた~ (2, 0.2%)

1 であった, の鐵砲

▼ 知れた~ (2, 0.2%)

1 では, を雇う

▼ 知れた~ (2, 0.2%)

1 で大金, として無駄

▼ 知れた~ (2, 0.2%)

1 の為, の袋

▼1* [317件]

知れたあとがない, 知れたあぶれ者の烏合, 知れたお上りさんのおやじ, 知れたお前たちの小遣銭, 知れたお客さまにはじゅうぶん, 知れたお金でございますから, 知れたかぎりのあの, 知れたかと思って, 知れたからといって, 知れたからには一日も, 知れたからにゃ考えが, 知れたからやッと, 知れたこっちゃあねえか大鍋へ出張っ, 知れたことおれたちは御厨, 知れたこと主計頭とて二万四千石, 知れたこと久し振りに千駄木, 知れたこと二世かけて, 知れたこと五千両は大川, 知れたこと亭主を責め, 知れたこと何しに, 知れたこと傳馬町の越前屋, 知れたこと剣の修行, 知れたこと北町奉行所じゃ, 知れたこと引きもならず, 知れたこと彼は歌子, 知れたこと悪僧ながら彼奴, 知れたこと敷居には雨戸, 知れたこと新九郎の後, 知れたこと時宜に由れ, 知れたこと木曾殿の使, 知れたこと母子して, 知れたこと牛込の二十騎町, 知れたこと経済の力, 知れたこと縛め捕れという, 知れたこと赤飯をたく, 知れた家人ふ, 知れたそしてストレーカ殺しも, 知れたつけなさ, 知れたつて怒るわけ, 知れたとき世間はおどろいた, 知れたとこで大した, 知れたとも云はれ, 知れたにがたびしと, 知れたほうが後の為, 知れたほどだ, 知れたまやかしものであった, 知れたものゆゑ松田家の事業, 知れたもの上等な寝台, 知れたもの人間の心理, 知れたもの其樣なもの, 知れたもの芹沢の腕, 知れたもの酒タバコの段, 知れたやつ頼もしからぬ, 知れたやはりこれも, 知れた私が, 知れたよりはもつと, 知れたれいのつづみの与吉, 知れたわが家へとなる, 知れたわけで, 知れたわれらの法力, 知れたアンジアン湖畔の別荘, 知れたオトクイ様なら犯人, 知れたキップの水素瓦斯発生装置, 知れたゴマの蠅一匹, 知れたシンビールスク県の家, 知れたセリフから成っ, 知れたタイピストであり自分, 知れたチビと見くびっ, 知れたドーブレクの室, 知れたノガミで共同便所, 知れたベルト・コンベーヤーで掘った, 知れた一事は三河, 知れた一人の武蔵, 知れた一作家を招いた, 知れたはどう, 知れた上主人の總兵衞, 知れた上彦太郎の主家, 知れた下士でもあるまい, 知れたの時参詣, 知れた両国橋をあすこ, 知れた中国兵八方へ蹴ちらした, 知れた乞食坊主のひとり, 知れた亀背の愚楽老人, 知れた事世上に其例いくら, 知れた事云はぬ, 知れた事左樣なれば, 知れた事拙者のである, 知れた事火鉢はおろか, 知れた事百両出すなら呉れても, 知れた事麦藁塚に遇わ, 知れた二十面相の巣くつ, 知れた京都の山, 知れた人々の作品, 知れた人出入りも楽しみ, 知れた人母のこと女, 知れた人物だ, 知れた人間の女, 知れたのその, 知れた今日では源氏, 知れた今朝がた津賀閑山に持ち込まれた, 知れた仕事にこれ, 知れた以上喬之助, 知れた住居へ行っ, 知れたや, 知れた作家ならば, 知れた信者とつきあう, 知れた俺一人位のこと, 知れた倫理学を花, 知れた僧侶や浪人者, 知れた僧名宗参との事, 知れた八丁堀のお, 知れた共同の財布, 知れた其の時は, 知れた其時源泉堂主人の言, 知れたである, 知れたから還俗, 知れた分量であるが, 知れた切札で切つた, 知れた利潤に狙い, 知れた東北帝大, 知れた加藤等もその, 知れた十九歳の大晦日, 知れた十吉でした, 知れた南町奉行神尾元勝, 知れた博徒共を追払う, 知れた収入で一足, 知れた右衛門であろうよ, 知れた名僧でありながら, 知れた名実や道義, 知れた名手であった, 知れた唐崎の松, 知れた商売柄知れぬは, 知れた喧嘩だ, 知れた因果以外にいくらでも, 知れた図書館で彼, 知れた土井大炊頭さまの御家中, 知れた城中の要所, 知れた場合きっと私, 知れた場合一日のあいだ, 知れた夜泣きの刀乾雲丸, 知れた親分だ, 知れた大名のお, 知れた大名こっちは二百五十年来, 知れた大奥警備の番士たち, 知れた大山村の宇治長次郎, 知れた天草商事の三人組, 知れた奥山のやせ, 知れたの痩腕, 知れた女の子だのに, 知れた女の子一匹です, 知れた女ひとりにそう, 知れた女一匹という了簡, 知れた女子の脚, 知れた女軽業の親方以上, 知れた奴らじゃ, 知れた如くに信じ, 知れた妙義の裏山, 知れた妙齢の処女, 知れた婦人記者磯村女史だった, 知れた子孫を継ぐ, 知れた安心とで夢, 知れた父母に, 知れた宮川の川原, 知れた宮方の烏合, 知れた小勢で守られ, 知れた小家一軒そなたが, 知れた小童それにし, 知れた少しの涙, 知れた山住居の牢人一名, 知れた工場だから, 知れた左近である, 知れたなどの家, 知れた布陣何ほどのこと, 知れた常磐津の岸沢文左衛門, 知れた年来の怨み, 知れた年紀は争われず, 知れた幼稚な陽氣さ, 知れた幽霊だ, 知れた海屋の, 知れた庄家と領民, 知れたではあるらしい, 知れた座敷ではあった, 知れた彼女の十八番, 知れた彼等は骨牌, 知れたは, 知れた怪塔王です, 知れたの意趣, 知れた愚痴をいやる, 知れた戯作者だ, 知れたで唇, 知れた手並だ叩, 知れた折助なんぞにこの, 知れた折助どもでございますが, 知れた押司さまだ, 知れた攘夷の一類, 知れた放免一人あの二人, 知れた教授所へ行った, 知れた数量なの, 知れた文人の目腐れ金, 知れた文士だった, 知れた新聞記者でレオナルド, 知れた旧家だと, 知れた時分には私, 知れた時国民会議して, 知れた時女は発狂, 知れた時津田は気, 知れた景教碑を今日, 知れた曲者の一人, 知れた曹操や袁紹輩, 知れた最初の日, 知れた有名なもの, 知れた木曽福島の納め, 知れた本陣の奥, 知れた東方力士のしたくべやでした, 知れた東海の名山富士, 知れたの妾宅, 知れた棒先に, 知れた次第です, 知れた武田博士苦心の結晶, 知れた毒入り洋橙の授受, 知れた比較的上等の, 知れた毛沼博士です, 知れたがした, 知れた水晶山の人夫ども, 知れた氷河研究者のザンベック, 知れた汝らの路銀, 知れた泥人形ゆえにあやふや, 知れた浅草馬道の二つめ小路, 知れた浪人者なん, 知れた浮浪人の仕業ゆえ, 知れた浮浪人どもの仕業, 知れたですか, 知れた滞在客などには馬鹿丁寧, 知れた漢詩人でありながら, 知れたに警視庁, 知れた熱病のとき, 知れただと, 知れたの地位, 知れたならず, 知れた猪狩芳介という人物, 知れた猫女取り戻すの, 知れた田舍女ぢやない, 知れた田舎女ぢやない, 知れた田舎岡っ引, 知れた田舎武芸者に怖, 知れたにご, 知れた男たちだから, 知れた町人だ何でも, 知れた白面柔弱の江戸ざむらい, 知れた盗賊だ, 知れた相手が欲しい, 知れた祐筆頭大口三郎でした, 知れた神罰じゃ, 知れた秀吉ごときに, 知れたをまけ, 知れた素浪人しかも自分, 知れた素町人当て殺そう, 知れた素町人此処へ来る, 知れた細工であった, 知れた絵巻物の一巻, 知れた纏足だったの, 知れたかと思ふ, 知れた美味にすぎない, 知れた老母の腰, 知れた老舗であろう, 知れた聖書を盗んだ, 知れた職人が造る, 知れた胡蘿蔔ぐらいを, 知れた腕前なの, 知れた舞踊家ですから, 知れた船員ばかりで, 知れた芝露月町土偶師泥斎の住まい, 知れた芸者屋さんなどではそういう, 知れた若いうち惚れた, 知れた草ぶかい坂道を, 知れた草賊だよ, 知れた葬具屋主人の九郎兵衛, 知れた虚無僧ずれその, 知れた虚無僧風情じゃ, 知れた見聞自分ひとりの経験, 知れたのうち, 知れた親族と称する, 知れた読み方であつ, 知れた請願人気質というやつ, 知れた賞金ぐらゐを貰つたところ, 知れた身分違いの女一人, 知れたの源松, 知れた運転手をえらん, 知れたまもなく胆吹, 知れた遺産ぢやない, 知れた郷士鷲塚佐太夫のドラ息子, 知れた酒客の葉武者, 知れた酸漿の三所紋, 知れた禁錮貴公に, 知れた野武士や浮浪人, 知れた野武士どもがなに, 知れた野郎だ, 知れた金丸長者の抱茗荷, 知れた金八屋敷です, 知れたの象眼, 知れた限り隣の人, 知れた隠密ひとりふたり手間どって, 知れた雛人形師のじょうず, 知れた霊泉だったそう, 知れた青海である, 知れた青竜造りだ, 知れたから私, 知れた食蜃人なぞを何で, 知れた餓鬼ではない, 知れた馬鹿息子の言い草, 知れた駈落ち者お銀, 知れた駒形の兄, 知れた魚心堂大人だ, 知れた麻薬塩酸ヘロインであった, 知れた鼓一梃が人, 知れた鼠谷仙四郎だった, 知れたたれ小僧