青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「純粋~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~約束 約束~ ~紅 紅~ 紅い~ 紅葉~ 紋~ ~紐 紐~ ~純粋
純粋~
~紙 紙~ 紙幣~ 紙片~ 級~ 素~ 素人~ ~素子 素子~ 素晴らしい~

「純粋~」 2623, 28ppm, 4140位

▼ 純粋~ (812, 31.0%)

10 もので 8 ものである 5 ものだ, ものに, ものを, 形で, 科学の 4 もの, 形に, 意味に, 感情を, 表現である 3 あらはれ, ところが, ものが, 娯楽そのものが, 愛情と, 芸術家の, 魂が

2 [39件] ことは, ものだった, ものと, ものは, 一撃だ, 人を, 人間の, 人間性だ, 休みの, 作家たちの, 信頼を, 動機や, 女の, 心の, 心持で, 悟性によって, 悟性作用との, 意味で, 愛で, 愛と, 愛の, 愛情が, 感情の, 気持で, 気持を, 理性, 理性しか, 立場から, 第三者の, 精神が, 精神の, 美しいフランス語, 者だ, 興味と, 芸術上の, 規定, 言葉を, 青年の, 音楽を

1 [650件 抜粋] あたたかい愛情, ある意味, いじらしい愉悦, お国言葉, お心, かんぺきを, ことが, ことに, この問題, そして慧, そして抽象的, そして理想的, その, その代わり冷え, だけだ, ちりめんを, つつましい語気, とかの, ところも, のだ, のであらゆる, のです, のに, のに違い, のは, ひとつの, ほのかな, ほんとの, まじめな, ものじゃ, ものだったら, ものであった, ものです, ものでない, ものでなく, ものとも, ものの, ような, んだ, アンピイル式で, ガスによって, ギリシア風では, ゲルマン文化を, ゲルマン民族である, ゲルマン民族ドイツ人の, ゲルマン語を, コバルト色を, ドイツの, ドイツ人では, ドイツ語で, ハイデッガーに, パリイ人の, フランス風の, ブルジョア的常識に, ベートーヴェンを, リリシズムを, 一人と, 一本調子に対して, 三河勢を, 下剤だけを, 下町ッ子である, 世界さ, 両親の, 中国の, 主観的表現に, 事実としての, 亢奮が, 交渉であっ, 交響曲にたいしては, 京式な, 京言葉を, 人々聖者中の, 人な, 人の, 仏蘭西の, 作品を, 作家, 作家だつ, 作家は, 信仰から, 信仰の, 俳人は, 優に, 光線の, 六条院の, 内在論にとって, 内界の, 内股で, 切々たる哀し, 利害を, 利己主義という, 利己主義も, 剣道修行であった, 創意も, 創造的な, 劇的の, 力を, 力古代人が, 力学的の, 勇壮な, 動きに, 動機から, 動機に, 動機は, 化合物と, 北部の, 区別を, 卑下に, 単一さとでも, 即ち計量, 厚意であった, 原像として, 友情も, 友愛を, 取引でしょう, 受容は, 叙事詩も, 叙景の, 叙景詩を, 古代精神を, 古代論理が, 古典に, 古陶等, 同情と, 同情に, 名な, 否定では, 吸収が, 味覚でも, 商取引だけの, 商工業国民の, 商業都市さえも, 喜びや, 喜悦の, 器楽に, 園に, 地金で, 坊ちゃん育ちらしい, 型を, 報道として, 場合が, 場合には, 声を, 声援である, 夢を, 奴でした, 妹を, 姿にも, 姿の, 娘に, 子供に対する, 存在である, 学問的な, 学問的思索に, 学問的立場からは, 学界の, 学術的見地に, 学術研究の, 実体である, 実験物理学者は, 客観写生の, 客観的の, 家庭人と, 審美的対象と, 尊王家の, 小説である, 工場労働者の, 市政事項を, 平音楽, 幻想に, 建築を, 弟の, 形である, 形では, 形において, 形を, 形像, 形像である, 形式から, 形態だろう, 形態に, 形態の, 彼女の, 彼自身の, 征服の, 徴候も, 心から, 心づかいと, 心に, 心を, 心情に, 心情の, 心理だけの, 心理の, 忠臣に, 快楽は, 快楽説にとっては, 思想に, 性器でしか, 性欲時代かも, 性質で, 恋では, 恋愛であった, 恋愛にも, 恋愛情緒を, 恋愛詩は, 悔恨と, 悟性作用と, 悪であった, 情欲に, 情熱, 情熱が, 情調映画と, 愉しさ, 意味では, 意味を, 意味価値の, 意志, 意欲が, 意識界とでも, 愛が, 愛などといふ, 愛に, 愛は, 愛情だ, 愛情の, 愛情は, 愛情を, 愛情をさえ, 愛鳥心等も, 感じが, 感動, 感動の, 感動を, 感情から, 感情で, 感覚のみに, 感覚を, 感謝の, 慾求が, 憐みと純粋な憤り, 憤懣で, 戯曲美の, 所が, 所は, 所以な, 手製本とは, 批判によっては, 批評と, 抒情詩の, 抽出は, 抽象的な, 抽象的観念の, 拡散と, 持続と, 持続のみ, 探偵小説作家として, 推理小説は, 推理小説作家では, 支那街の, 政治家が, 政治家であった, 教育映画としか, 散文でなけれ, 散文を, 散歩者は, 敬愛の, 数学上の, 文体の, 文化的な, 文化的使命にも, 文子の, 文学として, 文学との, 文学の, 文学即ち, 文学書では, 文学活動が, 文学的立場を, 文芸批評家である, 新カント主義者, 新カント派, 方だ, 日本が, 日本だ, 日本の, 日本娘風に, 日本式生活が, 日本画と, 日本語を, 日本風の, 昔の, 時代だ, 時間が, 時間と, 時間の, 最後の, 最高音を, 朝臣たちには, 本能の, 本質から, 本質の, 果皮を, 格闘に, 検査方法を, 楽しい心持, 楽しみだった, 楽み, 楽音が, 様式の, 歌舞伎の, 歓びであった, 正義感に, 武者修行精神が, 死に, 民族が, 気持ちや, 気持は, 気象を, 気違として, 気風は, 水銀が, 汚れの, 江戸っ子である, 江戸生まれで, 没利害性の, 治安維持法と, 泉鏡花氏の, 泣き声は, 清い愛, 清い泉, 清浄潔白な, 演劇的生活に, 漢の, 漢文の, 炭素から, 点は, 烈しい悲嘆, 焔を, 燃焼の, 物理学の, 物理学や, 状態を, 献身ぶりが, 猿や, 王党派の, 現代語を以て, 現実的真理などは, 理想への, 理法を, 理論, 理論的の, 生き方が, 生き方きらひ, 生一本だらう, 生一本の, 生活に, 生活の, 生活芸術な, 留任運動でなけれ, 痛哭を, 発達を, 発音を, 白に, 白金で, 目的が, 直観から, 直観という, 真実ばかり, 真理を, 瞬間な, 瞬間的な, 知的興味を, 知能型の, 知識や, 短詩の, 神のみが, 禅の, 私の, 科学や, 科学研究を, 科学者な, 空気の, 空間の, 立場に, 立場には, 笑いについて, 笑いも, 笑劇に, 精神である, 精神でなく, 精神を, 精神的の, 精進料理に, 純粋幾何学に, 素人の, 結晶塩の, 絵かきだ, 絵かきに, 絶対的な, 線の, 線条の, 美しい芸術, 美しい黄色, 美しさ, 美点だけを, 者だけを, 職人に, 職業教育である, 自然という, 自然人としての, 自然探究者にとって, 自然科学などという, 自然科学的研究に, 自由研究と, 自覚能力を, 興味を, 舞台芸術を, 良心家で, 色飾花を, 芸人でなしに, 芸術, 芸術である, 芸術ほど, 芸術品として, 芸術品を, 芸術家で, 芸術家であり, 芸術家では, 芸術家肌で, 芸術愛好の, 芸術映画を, 芸術的の, 芸術的享楽の, 芸術的制作に, 芸術的意味の, 芸術的感銘が, 芸術的感銘以外に, 芸術的欲求, 芸術運動としての, 英国式解釈で, 英雄主義が, 行為が, 行為だ, 衝動が, 表出的衝動から, 表現以上の, 西洋画とは, 要求と, 見方で, 親の, 親切を, 観賞の, 触感だけを, 言葉で, 言葉と, 言葉といふ, 言葉とは, 詠歎の, 認識の, 語彙が, 誠が, 誠実を, 説明科学と, 論理と, 論理の, 豊前語である, 象徴では, 貞操に, 赤とは, 超ジャーナリズム的, 身辺小説である, 進展に対して, 道徳である, 道徳の, 道徳的行為を, 量この, 銃後女性の, 鑑賞家な, 隠語の, 電磁的の, 青年に対する, 音楽は, 音楽をしか, 音楽的の, 響, 響きで, 響を, 領域が, 顔だち, 風影を, 風格を, 駿馬を, 驚きの, 骨董趣味と, 高い芝居, 魂に, 魂を, 魅力を, 黄金の

▼ 純粋~ (446, 17.0%)

10 して 5 内在的な, 論理的な 4 それを, 客観的な, 心理的な, 芸術的な, 観想的に 3 なろうと, 単純に, 美を

2 [25件] すること, その土地, なって, なること, なれば, ぺてんに, 一私人的生活に, 合理的に, 名目的な, 守れば, 実験的な, 客観的で, 愛して, 懐疑に, 日本の, 日本人であり, 法理的に, 理論的に, 男の, 立派に, 経験する, 経験的な, 自分自身の, 芸術に, 観想的本質の

1 [347件] あつかうこと, あるから, いやなら, うけいれる素直さ, かつ単純, かつ高調, この一首, この上, しかも効果的, した水, し日々, し理論的自我, し高めるため, する, する時, せめて池, せられる事, せんが, そうした道理, そして健康, そのものとして, その主因, その渇仰, それだけ, それだけとして, そればかりを, それ丈感じず, ただ蓮, たのしんで, なす, なつて, ならないと, なりきった時, なると, なれると, まさに乾坤一擲, また最も, また正直, アメリカの, エステティクに, オランダ的に, カメラ的な, ゲルマン式な, スポウツそのものの, ハイデッゲル教授の, バラモン的であり得る, ピアノでなく, ピアノの, ピアノ的で, プロレタリア自身が, メロディアスな, 且つ正直, 主動的な, 主観上の, 主観的である, 主観的な, 主観的の, 主観的感情的である, 事実そのまま, 事実に, 事実を, 事象を, 二人きりの, 云い直せば, 云って, 享け, 享楽の, 人が, 人を, 人形使いが, 人生の, 人間に, 人間の, 仏への, 仲直りし, 伝統的なる, 体系を, 何, 作家の, 保たるべきです, 保つため, 保つという, 保つならば, 保とうと, 信を, 個々の, 健全に, 先駆的な, 光沢ある, 具体的の, 内在的で, 内在的に, 写実に, 写生的の, 初心に, 判断する, 判断的な, 前者であるなら, 創作技術上の, 創意的な, 創造的に, 力学的に, 労働者の, 労働者出身の, 勝負だけの, 単なる哲学, 取り出すこと, 受け容れられる素直さ, 叙情詩の, 合法的な, 名を, 名品の, 吐露され, 君の, 吾が身内, 味わうこと, 哀しみだけの, 哲学的で, 問題に, 報道にと, 夕飯を, 外面的に, 大型からだけの, 天才を, 女そのものの, 女性的な, 好きでも, 好奇的な, 好意的の, 嬉しかつ, 存在する, 孤児の, 孤立し, 学問では, 学問の, 学問を, 学校組織に, 学術として, 完成し, 実践に, 実際的, 客観的である, 客観的であるべき, 審美的な, 専門的な, 島国的な, 工場労働的な, 帰せしめ和楽内, 形式的に, 形式美である, 彼女の, 彼自身の, 心の, 快適な, 思い出の, 思惟によって, 思想する, 思想として, 恬淡な, 愛されて, 愛し愛するが, 愛と, 感じられる, 感じ得る能力, 感傷的に, 感動できない, 感性的作家で, 感情的で, 感覚から, 感覚する, 感覚を以て, 感謝し, 慣らされて, 成長させ, 我々の, 我が国旧来の, 戯曲とは, 手紙を, 打たれそして, 技巧として, 把握されなかった, 抽象的に, 持つこと, 持続し, 挿画的である, 推理作家で, 推理小説作家では, 散文的な, 散歩にとか, 数学的な, 文化的な, 文学の, 文学上の, 文官的である, 日本固有と, 日本独特の, 日本的あるいは, 日本的だ, 日本的な, 日本美の, 昂ま, 明色の, 映画的な, 時代, 暢気な, 最も由緒, 最も目的, 本能的の, 植物性染料を, 楽しいもの, 概念的に, 欧羅巴風な, 歌う者, 歌壇の, 残して, 残った回鶻人, 母性としての, 母性としてのみ, 民族の, 民族的なる, 江戸っ子であろう, 没情感の, 没情緒の, 法本を, 浄土真宗の, 演劇たらしめる, 演劇精神を, 無報酬, 無色透明な, 無頼の, 物々交換で, 物々交換である, 物理的の, 物質的な, 現れるもの, 現われる, 現われるかも, 現われるの, 現われるよう, 現在及未来の, 理論の, 理論を, 理論的な, 理論的意識を, 理論的観想的なる, 生かせそれ, 生活の, 画材として, 発揮し, 発達しなかった, 発達する, 白では, 盗むこと, 直伝さるべき, 眼前に, 知的であり, 知的なる, 知識化する, 知識的な, 知識的に, 神を, 私が, 私の, 私情である, 私的な, 科学の, 科学的な, 立ち上れると, 精神的である, 精神的と, 精神的な, 精神的なる, 素人から, 経験された, 絵画的です, 継がれた方, 美の, 義務の, 考えて, 耳からだけ, 職務的で, 職業化は, 自分の, 自分を, 自己自身の, 自然的な, 自然科学的である, 自由に, 舞踊である, 色である, 花の, 芸術なる, 芸術において, 芸術家を, 芸術的感動を, 芸術的立場から, 茶の, 蒙古, 虚無の, 行くもの, 行なわれる時代, 行なわれんこと, 行為的美感とも, 西鶴風な, 見えるところ, 観照する, 観照的な, 解析的と, 解析的に, 記述する, 詩人的の, 詩歌として, 詩的とは, 話し得るただひとり, 語学の, 誠実な, 論理学的な, 論理的に, 象徴的に, 資本主義的な, 質的である, 身を, 辰砂のみで, 近いもの, 近い形, 近い我, 近い現, 近い藍色, 近くかつ, 返せ, 追求すれ, 逃避, 遂行した, 運動の, 運筆する, 過ぎる純粋, 道徳的な, 都会的な, 重吉と, 長くは, 雪と, 音に関する, 音の, 音楽家が, 驚愕と, 高まって, 鳴り響かすこと

▼ 純粋~ (403, 15.4%)

3 奥州語を, 意味で, 支那らしい, 日本の

2 [16件] アイヌの, 人間真正の, 僧侶である, 処女の, 区別は, 意味に, 意味の, 愛の, 白人では, 相において, 神秘神品の, 科学的研究を, 美文として, 詩的神話の, 銅を, 響の

1 [359件] あらびや女が, いい喫茶店, うつろな, お犬様, かんから, その学者, ものかを, ものが, ものじゃ, もので, やまと, アカデミシャンでは, アラビア人は, アリア族である, イギリスふうは, イタリイ人である, イチボが, ウでなく, ウラニウム二三五を, ウ音に, エキスです, エトラスケール語という, クリームでない, クリームを, ジャポネーズです, ジョンブル式ビール樽で, スラヴ人で, チベット人では, チベット人は, チベット服を, チベット語では, ナチス党員の, ニッケルが, フランスの, フランス人の, フランス人を, ブルドックだ, プロレタリア出身の, ヘットです, ポーランド人で, リリシズムであり, ワッフルだ, 不良に, 主観と, 主観として, 主観真の, 九州人に, 事業家の, 京都人という, 京風でない, 京風とは, 京風を, 人種が, 人間と, 人間としての, 人間にも, 仏国人では, 仏式模倣の, 仏教は, 仏教僧侶である, 体言である, 作家である, 俗事に, 俗語を, 保守的な, 信仰生活の, 偶然という, 偶然事で, 僧侶が, 内地人で, 内地人でも, 写実劇等は, 刑事事件だ, 創作家の, 劇と, 労働者には, 労働者肌の, 動機を, 動物の, 動物説話に, 南洋説話なる, 友情が, 友情とは, 友情は, 叙述では, 古いイタリア人, 古い文章, 史的伝承たる, 名古屋人では, 名所としてのみの, 品では, 哲学として, 哲学者を, 商工業国の, 商業国は, 嘘ばかり, 国民的人文神たる, 国民的産物として, 国民神話に, 国産だ, 国語でも, 国語の, 地方語で, 大和民族の, 大和言葉が, 大和言葉を, 大型の, 大根と, 大阪の, 大阪人が, 大阪人では, 大阪人にとっては, 大阪弁で, 天然物素としての, 天然物素の, 天然神話なりと, 奥州語に, 女だ, 女でも, 女神に, 好奇心に, 好意を以て, 姿において, 子供か, 学科を, 学者が, 学術研究を, 客観主義を, 家庭婦人として, 小説として, 巴里つ, 広東人で, 形が, 形ぢや, 形式である, 形式主義は, 形式主義即ち, 心を, 心理劇を, 心理病理学さ, 心理的な, 怨恨以外の, 悪霊そのものは, 想像を, 意味での, 意味において, 愛だ, 愛好家が, 愛情を, 愛犬家であります, 所であるです, 手の, 抒情詩に, 抒情詩は, 探偵では, 探偵小説も, 探偵小説家で, 支那国産的なる, 支那街の, 政治的動乱などは, 教の, 散文は, 数, 文学と, 文学的叙述から, 文学的感情と, 文学的述作と, 新劇運動を, 旅亭と, 日本では, 日本人である, 日本人では, 日本人と, 日本人には, 日本人らしい, 日本建である, 日本式庭園で, 日本思想を以て, 日本料理と, 日本犬だ, 日本精神日本固有の, 日本紅で, 日本語, 日本語たる, 日本語には, 日本間さえ, 日本風でと, 昇汞だ, 明治の, 映画脚本作家の, 月並調と, 月評の, 木乃伊では, 木唄では, 東京の, 東京人である, 東京流の, 東京言葉を, 東洋型である, 染色技術で, 椿の, 模傚は, 機械装置と, 歌舞伎俳優は, 武蔵野で, 歴史として, 歴史に対するが, 歴史伝承と, 殺人とは, 母音であり, 母音の, 毛織物は, 民間説話でなく, 気体を, 気品は, 水の, 江戸っ子だ, 江戸ッ子, 江戸ッ子が, 江戸ッ子である, 江戸児であり, 江戸子で, 洋服と, 津軽の, 津軽人を, 津軽弁で, 津軽気質に, 津軽言葉に, 津軽言葉を, 浅山一伝流と, 浅草人種な, 浦島伝説には, 海宮説話に, 液だ, 清い美しい同情, 漢学者に, 漢文の, 炭素より, 物体的自然論が, 特権階級で, 献身に, 献身を, 玉が, 現代の, 理窟の, 理窟より, 理論家には, 琉球人篤学の, 瓦斯を, 生命と, 田舎者と, 町言葉であった, 画家としては, 疵に, 痴呆で, 白人と, 白人らしくない, 白色ヒガンバナを, 白蓮も, 白豌豆を, 百姓に, 百姓の, 百姓村とは, 相で, 真理を, 礼拝堂を, 神と, 神とは, 神に, 神の, 神を, 神統論に, 神話として, 神話としては, 神話なり, 神話的説明を, 秋田犬という, 秋田犬は, 科学の, 科学者から, 科学者に対して, 科白劇なりと, 立場と, 第四階級, 精神を, 紅色を, 紫や, 紳士は, 結晶である, 継続であっ, 羅布人は, 美しさ, 美を, 美文的に, 羨望であっ, 者なる, 胡麻の, 自己犠牲の, 自我を, 自然現象と, 興味が, 興行師は, 舞台監督である, 芸術品では, 芸術家である, 英雄神話的記事に, 蒙古人, 薩摩人と, 蜜で, 蝦夷の, 血が, 表現の, 西蔵人ばかり, 要求が, 親切ばかりで, 角と, 計量幾何学のみが, 詩は, 詩ほど, 詩を, 詩人だけは, 詩人と, 詩人としての, 詩人とは, 詩人に, 誠実さである, 説話たる, 説話的記事と, 論証の, 謀反人で, 譬喩的言辞として, 貧農だった, 資本主義が, 賤民とは, 赤ケツトが, 軍需品会社でも, 農家である, 農民の, 遊戯でも, 遊離説話の, 酸でしか, 醤油は, 金を, 鉄を, 銅塊という, 長派と, 闘犬で, 降誕祭を, 雑戸で, 音楽を, 顔が, 風土の, 食といふ, 高度文化を, 高級神話として, 魅力を, 鹿児島弁でした, 黄色な, 黒猫である

▼ 純粋~ (75, 2.9%)

2 が面白, とこの, のため

1 [69件] から不思議, から来る, から湧く, から私, があった, がいくらか, がそこなわれる, がとうとう, が失われる, が懐疑, こそは寧ろ, で存在カチ, ということ, といった感銘, といふもの, とがない, となん, とはそれ, とは分つ, とをもっ, とを以て自己, と人, と硬度, なぞは泥土, におかれ, には徹頭徹尾, に達する, のみ, のみをかき集め, の一切, の差異, の故に, はこの, は全く, は客間, は必ずしも, は損, は自分, は見出せません, は視力, は認めない, ももとより, も失わせ, も正当, をうれしく, をもっ, をもった, を争, を伯母, を保ち得る, を保っ, を保つ, を保持, を失, を失う, を失っ, を失ひ, を守ろう, を思はせる, を想い起し, を持ち, を持っ, を欠き, を決定, を演技, を益す, を語る, を飽くまで, 気高さ

▼ 純粋直観~ (75, 2.9%)

7 と直観形式 3 が主観, でなければ, と呼ぶ 2 である, であること, に外

1 [53件] から来る, がかく, が先, が凡て空間表象, が吾, が成り立つ, が直観形式, が統一, であった, であり第, であり純粋直観, であるか, であるかも, であるという, であるなどと, であるに, でない処, と, ということ, というの外, という概念, という概念内容, としての空間, としての純粋直観, とである, となる, との対立, との異同, とは実は, とは直観, とを区別, と全く, と同一, と名づけよう, と呼ばれる, と呼ばれ得る, なくし, なるもの, になる, によって成り立っ, に属する, に関しては常に, のこの, の一つ, の区別, の否定, はそれ, はない, は形式的直観, は直観, は直観形式, は経験的直観, を第

▼ 純粋なる~ (73, 2.8%)

2 ものは, ものを, 表現を

1 [67件] くやしさ, は以上, ものが, ものだ, ものに, ものも, アルプス藍色と, エトラスケール語として, 一人間とは, 一個の, 一般均衡理論と, 主観表現と, 人情説話なり, 代表者には, 作家の, 俚諺との, 利益問題でなく, 力の, 唯物論者達, 国民の, 国民的産物なりと, 地方的感覚を, 大和民族の, 学術上の, 学術的研究である, 学術的研究研究室内の, 宗教問題でございまし, 客観的観照主義の, 寧ろ極端, 専門画家として, 崇拝芸術品としてのみの, 形において, 心情と, 志という, 悪棍, 愛の, 愛を, 持続で, 政府党を, 教えを, 文学書の, 歴史的の, 歴史的研究とは, 水成岩の, 求道的廻国者とは, 点で, 物体論即ち, 物質そのものを, 現われ, 理論それも, 産物なる, 直感が, 真のみを, 禅家では, 精進料理, 経験の, 考古学上の, 良心と, 英語であるだろう, 藍色を, 行為の, 表現である, 要素概念, 農民の, 運動論と, 量, 音楽によって

▼ 純粋~ (63, 2.4%)

3 あつた 2 あつて, はない, まことでなけれ

1 [54件] いささかの, いのちを, かつ最も, かつ素直, かつ美しい, この少年, しかあり得ない, すっきりし, すらある, なごやかなものであった, はあった, はある, はなかっ, はなかつた, はるかに, また語気, もつと, 他は, 伸子の, 傾倒的だった, 優雅な, 単純な, 原始的だ, 厳粛な, 強烈な, 彼が, 従って, 徹底し, 心持よく, 損得ぬきの, 明るいな, 明るい好き, 更に精密, 根強い愛, 決定的で, 深いもの, 澄明で, 爽かな, 狭小で, 献身的だ, 献身的で, 珍妙で, 生一本であった, 真摯だ, 簡単な, 精密で, 美しかったら, 美しく健全, 肉体的な, 血行よい浅ぐろい, 逞しいもの, 適切で, 鋭敏な, 頼みに

▼ 純粋小説~ (52, 2.0%)

2 とはなり得ない, に向っ, に於ける, はこの, を書く

1 [42件] がある, がもし, が昔ながら, が現れない, が現れなけれ, たらしめる努力, だという, であり詩, である, であると, であるという, というもの, とか純正小説, としての思想, としての高度, として英国文壇, とは, とはいかなる, とは不純, とは純粋, と大衆文学, に関してなお, に関する覚書, に関心, の一つ, の内容, の問題, の思想, の提唱, の現れない, の社会性, の範, の見本, の説明, の論, はその, は今, は可能不可能, は書けぬ, をもっ, を作る, を等閑

▼ 純粋~ (51, 1.9%)

2 が彼, が彼等, というもの, を持っ

1 [43件] から異様, が保たれる, が却って, が持ちこまれ, が汚される, だの文学性, であ, という問題, という根拠, といっ, として主張, とはただ, と品位, と自然, などとうに, に従いたとえば, に於ける, に遠ざかり, の動かぬ, の緑, はそう, は失われはじめた, への偏向, や何, を, をそこなう, をまず, を主張, を保ち, を保つ, を信じない, を友情, を固守, を増し, を失はない, を愛する, を或, を持続, を擁護, を発揮, を要求, を飽くまでも, 或いは単純性

▼ 純粋経済学~ (25, 1.0%)

2 のシステム

1 [23件] があり, がまた, が研究, すなわち交換価値, においては次編, について, に対して単に, のこれら, の全, の基礎, の大きな, の発祥地, の結論, の重要さ, はこれら, は交換, は本質的, は正義, は物理数学的科学, またははなはだ, を構成, を精密科学, 特に交換

▼ 純粋小説論~ (21, 0.8%)

1 [21件] が人々, が文学, であるが, であること, にふくまれ, に辿りついた, に連関, の一端, の後, の成立点, の結論, の起っ, の難儀さ, は哲学, は限界, をとなえはじめ, をものし, を唱えた, を書かれる, を生む, を簡単

▼ 純粋~ (19, 0.7%)

3 保つため 2 愛する初老

1 [14件] けがさず周囲, みださないこと, 保って, 保とうと, 回復せん, 失い新鮮, 学ばなければ, 欠くもの, 求めるならば, 考へると共に, 要する今宵, 訳出する, 貴んで, 追うて

▼ 純粋~ (18, 0.7%)

3 して

1 [15件] あるいは完成, が唐人, が称えられる, されること, したと, したばかり, した形, し深刻化, し絶対化, せるもの, であるという, と云, と言っ, の過程, を示し

▼ 純粋~ (17, 0.6%)

2 見做

1 [15件] なること, まじめと, よぶこと, 凡てとが, 呼ぶの, 深刻さで, 無邪気とを, 熱誠とから, 緊張とに, 虚無とが, 見るの, 見高貴, 言うべきであろう, 調和相互愛の, 都雅を

▼ 純粋無垢~ (17, 0.6%)

2 な唯美家

1 [15件] でありながら, なぞは直吉, なの, なもの, なる感歎, な客観的表現, な情緒, な愛情, な探偵, な真実, な若, な詩情, な鏡, の笑い, の青年

▼ 純粋経験~ (15, 0.6%)

5 の状態 1 という考, とかいう出発点, と名づけ, に於ける, の事実, の批判, の立場, の統一, はプラグマチズム, を採る

▼ 純粋幾何学~ (14, 0.5%)

1 [14件] が物理学, だと, である射影幾何学, で取り扱う, とは明らか, と呼ばれる, によって代表, に他, に於ける, の可能, はこういう, は他, は双関関係, 或いは総合幾何学

▼ 純粋である~ (13, 0.5%)

2 ことを

1 [11件] かもしくは, からよく, か否, こと先天的である, その間一毫も, ところの, と断, と断定, イギリスや, 以上若し, 筈は

▼ 純粋~ (13, 0.5%)

1 [13件] から進化, だってそう, である, なんか一匹, に似せる, のレグホン, の価値, の味, の規格, はあまり, は大切, は実に, ばかり集め

▼ 純粋持続~ (11, 0.4%)

1 [11件] が自己自身, にまで到った, に於ける, に自由, の世界, の人, の如き, の完全表現, の特徴, を以て経過, を壊

▼ 純粋芸術~ (10, 0.4%)

2 と大衆文学, の傑作, はない 1 が在り, としての発展進化のう, の天才, の立場

▼ 純粋であり~ (8, 0.3%)

1 ほんた, 先験的である, 同時に古く, 恰も宝石, 方式的で, 生命的であり, 考えも, 誠実な

▼ 純粋文学~ (8, 0.3%)

2 と通俗文学 1 とが対立, との区別, とは実感, と雖, の使徒, を教授

▼ 純粋~ (7, 0.3%)

1 という, といふ種類, とも言, と思つて, と見える, わ, 世間の

▼ 純粋でない~ (7, 0.3%)

1 かナマケモノ, ということ, と思う, もの, ものが, 大詩人, 雑種です

▼ 純粋という~ (7, 0.3%)

1 ことに, ことは, ことをば, ものに, 徳は, 点から, 言葉の

▼ 純粋地代~ (7, 0.3%)

2 によって測定, を与え得る 1 をも与えない, を与える, を生ずる

▼ 純粋意識~ (7, 0.3%)

1 とか先験的意識, と意識以外, の文学, の現象学, はどこ, は優越性, や先験的意識

▼ 純粋自然主義~ (7, 0.3%)

2 がその 1 が彼, との結合, との結合時代, にあっ, はじつに

▼ 純粋自然科学~ (7, 0.3%)

1 がその, とは即ち, の発達, はこの, はただ, は決して直ちに, または狭義

▼ 純粋自我~ (6, 0.2%)

1 というもの, とか神性, の超, はフィヒテ, を絶対者, 又は絶対自我

▼ 純粋理性~ (5, 0.2%)

1 に逆行, の批判, の諸, を哲学的, 及び実践理性

▼ 純粋~ (4, 0.2%)

1 アフェクテイション, 保たれたの, 宿り胸, 欠けて

▼ 純粋であっ~ (4, 0.2%)

1 たりする, てかつ, ても人間, て議論

▼ 純粋といふ~ (4, 0.2%)

1 ことで, ものは, オマジナヒの, 処まで

▼ 純粋~ (4, 0.2%)

1 ないそいつ, 問題では, 在るが, 純粋であっ

▼ 純粋~ (4, 0.2%)

1 いいが, よく保たれ, 同時に考へ, 大切だ

▼ 純粋~ (4, 0.2%)

1 がわかります, が高く, という緑青畑, をもつ

▼ 純粋悟性~ (4, 0.2%)

1 の本当, は分量, を通じて何, を通じて認識

▼ 純粋意志~ (4, 0.2%)

4 の倫理学

▼ 純粋数学~ (4, 0.2%)

4 の対象

▼ 純粋科学~ (4, 0.2%)

1 に献身, の熱心家, の興味, の観点

▼ 純粋絵画~ (4, 0.2%)

1 というよう, の価値, は存在, は彼

▼ 純粋貨幣地代~ (4, 0.2%)

2 のみを観察 1 は国民, を眺める

▼ 純粋かつ~ (3, 0.1%)

1 単純な, 徹底的に, 新鮮な

▼ 純粋でなく~ (3, 0.1%)

1 てはいくまい, ては金, 完全で

▼ 純粋でなけれ~ (3, 0.1%)

2 ばならない 1 ばならぬ

▼ 純粋でも~ (3, 0.1%)

1 ありましょう, ある, ないの

▼ 純粋客観~ (3, 0.1%)

1 からのみ触発, から触発, のみならず

▼ 純粋形相~ (3, 0.1%)

1 としての論理的形式, にぞくす, に属す

▼ 純粋戯曲~ (3, 0.1%)

1 というもの, の理論, の精神

▼ 純粋比例~ (3, 0.1%)

2 の美 1 に目ざめない

▼ 純粋~ (3, 0.1%)

3 雑な

▼ 純粋物理学~ (3, 0.1%)

1 が可能, の厳密さ, の立場

▼ 純粋理念~ (3, 0.1%)

1 で形式論理的, で成立, は

▼ 純粋理性批判~ (3, 0.1%)

1 に於, は産めない, を感じる

▼ 純粋理性的存在~ (3, 0.1%)

1 であるとは, に負担, よりも原告

▼ 純粋理論~ (3, 0.1%)

1 ではない, なん, の見地

▼ 純粋美術~ (3, 0.1%)

1 として崇めました, とは云い, について言う

▼ 純粋~ (3, 0.1%)

1 と呼ぶ, の進化過程, は地上

▼ 純粋認識~ (3, 0.1%)

1 の主観, の論理学, や純粋理論

▼ 純粋さえ~ (2, 0.1%)

1 失わなければ, 失われなければ

▼ 純粋だの~ (2, 0.1%)

1 才能などの, 深遠だの

▼ 純粋とは~ (2, 0.1%)

1 いかなる場合, 白痴の

▼ 純粋な憐れみ~ (2, 0.1%)

1 を乞う, を求めた

▼ 純粋にと~ (2, 0.1%)

1 云うの, 無意識ながら

▼ 純粋分離~ (2, 0.1%)

1 という, をやりかけた

▼ 純粋利潤~ (2, 0.1%)

1 を伴った, を得る

▼ 純粋力学~ (2, 0.1%)

1 が応用力学, において摩擦

▼ 純粋国民利潤~ (2, 0.1%)

1 である, を評定

▼ 純粋思惟~ (2, 0.1%)

1 がその, とか西田幾太郎

▼ 純粋感情~ (2, 0.1%)

1 が自分, に変形

▼ 純粋戯曲理論~ (2, 0.1%)

1 から見る, というもの

▼ 純粋政治家~ (2, 0.1%)

1 がもし, だって同じ

▼ 純粋文学者~ (2, 0.1%)

1 が超, も亦

▼ 純粋研究~ (2, 0.1%)

1 として考へ, の結果

▼ 純粋社会党員~ (2, 0.1%)

1 でありたい, というか俺

▼ 純粋科学的~ (2, 0.1%)

1 なもの, な内容

▼ 純粋経済学要論~ (2, 0.1%)

2 すなわち社会的富

▼ 純粋行為~ (2, 0.1%)

1 というの, というも既に

▼ 純粋衝動~ (2, 0.1%)

2

▼ 純粋論理学~ (2, 0.1%)

1 と呼ん, に於ける

▼ 純粋音楽~ (2, 0.1%)

1 というもの, の味方

▼ 純粋高尚~ (2, 0.1%)

1 だと, であり得る

▼1* [159件]

純粋および応用の, 純粋から来るつよみ, 純粋きはまるもので, 純粋この上ない父の, 純粋ごっこに落ちいる, 純粋さ言葉の絶対性, 純粋じゃないけど, 純粋すぎる文化人でも, 純粋だけでは, 純粋だけの人な, 純粋だけは信じられる, 純粋だったからと, 純粋だっていって, 純粋つて怖いのよ, 純粋であったばかりでなく, 純粋であらしめるため彫刻に, 純粋であり得るに反し, 純粋であるならばいかに, 純粋であるべきだというの, 純粋であればある, 純粋であろうとして現在, 純粋ですよ, 純粋でなかったようで, 純粋ときやがら, 純粋とにおいて美しき夢, 純粋とをありのままに, 純粋ないぢらしい, 純粋なしつかりした方だ, 純粋などという愛や, 純粋などとは意気とか, 純粋なよろこびはきき, 純粋ならざるものとして, 純粋ならしめるためには, 純粋なりといえ, 純粋なるべき思想の, 純粋なる覆盆子の, 純粋な憤りとの混合酒, 純粋な燃えあがる尊い熱情, 純粋において成立する, 純粋にてかつ美しき, 純粋にとか言うこと, 純粋にも純粋を, 純粋に対するものは, 純粋通じるひとつ, 純粋ちひさ, 純粋らしい超特級, 純粋をばことが, 純粋ウラニウム二三五だけの集まり, 純粋セッター種の仔, 純粋ナンセンスを, 純粋ニ血ヲ流, 純粋主観的表白ニアラザルコトハ皆様承知, 純粋プロレタリア的な要素, 純粋一致調和の美, 純粋且つ豊富な, 純粋事実というもの, 純粋享楽だという, 純粋人間的物理学の上, 純粋仏教の真理, 純粋代数学と言われ, 純粋個性内部の衝動, 純粋健全な古, 純粋利得の四分の一, 純粋剰余生産物をとるなら, 純粋化言ひ換, 純粋単純では, 純粋哲学が用意, 純粋哲学夫が形而上学, 純粋国民映画を作り上げるであろう, 純粋はあまり, 純粋培養の乳酸菌, 純粋外国種だつて必, 純粋の追求, 純粋学問の対象, 純粋客観性は持ち得ないであろう, 純粋射影幾何学は数, 純粋小説云々のこと, 純粋工藝に対するより, 純粋形像としての空間, 純粋形式に於, 純粋心理学的な素質, 純粋思索との異常, 純粋思考の世界, 純粋性先験性を否定, 純粋意識其他に関する処, 純粋感覚という, 純粋感銘をもち得る, 純粋などではない, 純粋戯曲論などに凝っ, 純粋批評は移住民, 純粋政治やブルジョア純粋文学, 純粋数学純粋物理学が可能, 純粋文化の使徒達, 純粋文学制作において作者, 純粋文芸の必要, 純粋日本人の血, 純粋日本種の加之, 純粋時間の中, 純粋朴訥で分かり, 純粋る東洋紅玉, 純粋正義之名, 純粋殉情の浅草詩人, 純粋江戸ッ子粘り気なし一, 純粋江戸ッ子粘り気無し一で無ければ, 純粋活動も一種, 純粋活動性を考えた, 純粋に対して, 純粋派四十歳の保守派, 純粋深遠な交情, 純粋演劇の問題, 純粋潔白なる平民的, 純粋潔白無垢であるならば, 純粋無比な楠公父子, 純粋無私な考え, 純粋無雑申分のない, 純粋熱烈な音調, 純粋であ, 純粋状態を抽象, 純粋王者のこの, 純粋現象の絶えざる, 純粋現象学及び現象学的哲学考案, 純粋理性的細君というの, 純粋生産ののぞき, 純粋神聖さう, 純粋神話化生神話等もまた, 純粋科学理論の物理学, 純粋科学的研究をなし, 純粋立場ともいう, 純粋精神生活から借りる, 純粋精神科学または歴史, 純粋素朴な愛国的感情, 純粋経済学全体の鍵, 純粋経済学応用経済学のすべて, 純粋経済学理論の第, 純粋をねり, 純粋美文を決して, 純粋自我シェリングの自由意志, 純粋自我的主観主義はヘーゲル, 純粋自殺とでもいふべき, 純粋のよう, 純粋薬物療法として枹木子, 純粋蛋白というもの, 純粋行為みたいなもの, 純粋表情を見分け, 純粋親切というもの, 純粋計量幾何学は座標幾何学, 純粋記憶から表象, 純粋詩感を意識的, 純粋誠実への情熱, 純粋論理ではなくし, 純粋論理主義のよう, 純粋論理以外のもの, 純粋論者も, 純粋譬喩に傾いた, 純粋貨幣収入もそれ, 純粋通信手段だと, 純粋というもの, 純粋領域から逸出, 純粋高遠なる理想観念