青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「紋~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~糸 糸~ 系統~ 紀~ ~約束 約束~ ~紅 紅~ 紅い~ 紅葉~
紋~
~紐 紐~ ~純粋 純粋~ ~紙 紙~ 紙幣~ 紙片~ 級~ 素~

「紋~」 3499, 38ppm, 3067位

▼ 紋~ (533, 15.2%)

18 とお 13 の姿 11 のほう 8 の妹, の顔 7 はこう 6 の耳 5 と鈴江, は盃 4 と兵馬, のこと, のようす, の心, の心持ち, の眼, の言葉, はお, は声

3 [16件] だ, の声, の姿勢, の寝, の竹刀, の背後, の邸, は, はそれ, は女, は歩き出した, は眼, は考えた, は身, は露路, やお

2 [34件] か, からいう, がいった, が襖, といえ, と左内, の介抱, の在家, の家, の意識, の腕, の足, の身の上, の道場, の野郎, の門弟, の頭上, はその, はどう, は一人, は半, は少しく, は気づかわし, は相手, は竹刀, は笹家, は絶句, は返辞, もお, をし, をはじめ, をみつめた, を助け, を見た

1 [300件] から夜具, から応じた, から盃, から眼, がいる, がお, がこう, がそういう, がよろめき, がヒョロヒョロ, が下, が乱闘, が五度目, が今, が今日, が何ゆえ, が先, が冷然, が出, が刀, が前方, が受難, が呻いた, が呻く, が地, が実戦的, が寝, が小腰, が弟, が弟子, が思った, が慇懃, が投げ出した, が接近, が敵, が突き, が笑, が笹家, が表情, が見, が訊いた, が走っ, が足, が通った, が連れ, が邸, が鈴江, が静か, たちのいた部屋, だあべこべ, であった, であって, である, でそれ, ではあった, ではなかっ, ではなく, というお方, という男, としては目明し, とそうして, とその, との三人, とばかり親し, と切り結ん, と同じ, と姉, と小次郎, と引き, と桃, と肩, と話し合った, と逢っ, にお, にされ, にしろ, にとっては不思議, にとっては北条美作, にとっては女, にとっては許婚, にとっては驚異, にとっても幸い, になん, にはこんな, にはそこ, にはわからなかった, にはわからなくなった, には兵馬, には及ぶべく, には合点, には心配, には思われた, には意味, には感じられた, には理由, には許婚, には躊躇, にひしと, にもそれ, に他, に何らかの, に向かっ, に対する恋心, に感ぜられた, に狙い, に知れた, に訊ねられた, に討たれ, に贔屓, に逢おう, のいる, のおり場所, のささやいた, のすがすがしい, のその, のため, の一挙手一投足, の乾い, の今日, の体, の体形, の供, の冷淡, の冷静, の刀, の前, の危急, の危難, の口, の右側, の右腕, の呻いた, の太刀, の希望, の引き, の影法師, の後ろ楯, の想像, の態度, の憔悴, の挨拶ぶり, の父, の疲労, の真っ向, の眼前三間, の瞳, の立ち姿, の組, の羽, の考え, の肩口, の膝, の行く手, の表情, の許婚, の諸, の贔屓, の起き上がった, の返辞, の運命, の頭, の頭突き, の額, の首, はいかにも, はいっさいそれ, はうけ, はうそぶく, はうなずい, はしおらしい, はしだいに, はしばらく, はすぐ, はずっと, はせわし, はそっち, はそろそろ, はためらう, はとがめる, はとっさ, はどうぞ, はにわかに, はのぞく, ははさまれ, ははずむ, はまず, はもんどり, はドン, はハーッ, は一息, は一瞬, は一瞬間, は一軒, は不審そう, は二, は二丁目, は代官松, は何, は何物, は倒れなかった, は兵馬, は冷然, は刀, は力, は努力, は取って返した, は叫んだ, は右手, は向いた, は呻いた, は嘲る, は四辺, は大, は大声, は太刀, は嫌っ, は子供, は尊王事件, は少し, は左内, は思い出した, は思い返した, は思わざる, は思わず, は怪訝そう, は意味, は手の甲, は抑える, は抜き身, は押し返した, は放さなかった, は新しく, は月, は未然, は杉, は正視, は歩み, は殺生沙汰, は気, は気絶, は温く柔かく, は漠然とそう, は無言, は物体, は白く, は知りたい, は突っ, は突っぱねた, は立ちすくんだ, は立ち上がった, は笑った, は素晴らしい, は素気, は美男, は耳, は胴輪切り, は腕, は見当, は見抜いたらしく, は見覚え, は解き放した, は訊き返した, は走り寄り, は身分, は逆, は酒, は酔っ, は門弟たち, は頭上, は飛び込んだ, は飲ん, は首, は驚き, へいった, へ攻め寄せ, もいれ, もビクツカ, も京師方, も冷淡, も同時に, も妹, も立った, や同志, より, をいつ, をになっ, をのがし, をまず, を凝視, を取りこめ, を待ち受け, を恋慕, を恍惚, を相手, を見守り, を討っ, を追い詰め, を駆っ, を驚かせ, を驚かせた

▼ 紋~ (383, 10.9%)

9 羽織を 7 ついて 5 ような, ように, 青年は 4 ついた提灯, ついた羽織, 小屋の, 武士は, 羽織に 3 幕を, 旗を, 生因

2 [25件] あるの, ついたの, ついたもの, ついた上下, ついた幕, ついた黒, 上へ, 兄哥が, 威厳の, 小屋へ, 幔幕を, 幕に, 幕の, 方様が, 旗は, 武士の, 死體を, 着いた薄, 素姓を, 羽織で, 謎を, 部屋の, 部屋を, 附いた兩掛け, 附いた羽織

1 [273件] あはれ昔時を, ある一枚帆, ある中仕切り, ある水鳥, ある琴, ある美しい, ある薄紫, ある蝶, ある衣服, ある裾模様, ある錦, ある長い, ある長持, ある黒地羽織, うよう, お羽織, お菓子折を, きりやうと, きりやうに, ことなど, ことに, ことまで, ために, だね, ついたお, ついたかなり, ついたしっかり, ついたつづら, ついたキャラコ, ついた六所明神, ついた印籠, ついた夜具, ついた大, ついた如何, ついた守り袋, ついた小浜縮緬, ついた小豆色, ついた尾翅, ついた布団, ついた挾箱, ついた柿色, ついた油障子, ついた派出, ついた浜縮緬, ついた深紅色, ついた皮張り, ついた皿, ついた真白い, ついた絽, ついた腹掛, ついた腹掛け, ついた自動車, ついた藍色, ついた藤紫, ついた裃, ついた輿, ついた鉄砲, ついた錦, ついた陣太鼓, ついた陣羽織, ついた青い, ところからは, ところに, ところへ, ところを, ない着流し, ない紋付, なかに, ひときれ, ほかに, ぼんのくぼ, ものに, もの最も, やうな, やうに, ゆれて, を借りた, ハキハキした, 一つ一つ円か環の, 三ツ鱗だ, 上に, 下に, 不始末, 丸は, 付いたの, 付いたぶっ, 付いた夏羽織, 付いた幕, 付いた懐刀, 付いた暖簾, 付いた綸子, 付いた羽織, 付いた鉄色, 付いた鞘, 付いた麻裃, 付きました羽織, 付て, 代わりに, 件, 作られた時間, 侍が, 兀げたのを, 兄で, 兄の, 兄哥にも, 入った配り物, 入墨を, 具合で, 具合は, 写真に, 切銘が, 初七日, 前には, 前厄だ, 割羽織に, 力では, 動き光と, 単羽織, 印籠なぞは, 印籠を, 取なし, 古い旗, 古羽織, 名入の, 周囲に, 周圍を, 壺で, 夏羽織, 大きいの, 大きさ, 大さ, 如く我脚底, 姉妹と, 家から, 家の, 家を, 宿へ, 小屋, 小屋を, 小袖に, 帷子を, 幔幕ばかり, 幔幕へ, 平緒, 庭で, 式服やら, 形に, 形は, 形を, 彫られて, 御威光, 御威光所, 怪物について, 惡事を, 所だけ, 所だけは, 手を, 手紙を, 抱茗荷湯に, 授与は, 提灯は, 提灯を, 提燈は, 揚羽の, 揺めく, 方, 方に, 方の, 方は, 方へ, 方よ, 方を, 方様と, 方様を, 方様倶に, 方父治右衛門と, 旗が, 旗さし物を, 旗じる, 旗じるし, 旗だった, 本當, 材である, 条を, 松かは, 染め抜いて, 橘の, 死體の, 死體は, 母と, 母は, 母を, 浮き上った, 浮彫り, 海賊旗の, 瀟洒な, 父河村靱負の, 男たちが, 男の, 異常な, 発生に, 白い萌黄, 白味が, 白粉の, 直径が, 眞白な, 着いたるに, 着いた袖, 着流しで, 研究も, 研究を, 箱も, 箱長柄の, 紋付を, 素姓, 紫地の, 紳士や, 縁で, 美しいの, 羽織と, 羽織という, 羽織仙台平の, 羽織折目は, 羽織紋は, 羽織紺の, 肩を, 背筋を, 腕から, 膝だけは, 茜の, 藤の, 袷の, 裃に, 裃袴身扮も, 見ゆるに, 話が, 話で, 話です, 話に, 話は, 説明を, 講社肩衣したる, 足を, 部屋でした, 部屋は, 醜體, 野暮ったい古, 間隔を, 阿魔, 附いたお菓子, 附いた全く, 附いた守袋, 附いた楯, 附いた物, 附いた着物, 附いた立派, 附いた箱提灯, 附いた裾, 附いて, 附た, 陽性な, 隣りに, 雪頂笹が, 雪頂笹を, 風呂敷は, 飾瓦を, 首實驗を, 首筋を, 鱗甲が, 麻裃に, 黒塩瀬の, 黒絽の, 黒羽織黒袴足袋跣足で

▼ 紋~ (203, 5.8%)

4 見て 3 描いて

2 [14件] ごらんなされませ, 付けて, 呼び出して, 怨む者, 怨んで, 打った古い, 打った幕, 散らした派手, 染めた紫, 染めて, 染抜いた首, 殺したの, 見ると, 附けて

1 [168件] あらわして, いたずらでも, うかがっても, うったりっぱ, うんと怨ん, えがいた銀泥, えがき水, お直, かくして半紙一枚, かんざし, こころよしと, ことさら注意, さんらんと, そのままは, ちらした研出し蒔絵, ちらした高蒔絵, ちりばめた大名, つきだしこれ, つくる, つけたの, つけた世間並み, つけた家根, つけた幔幕, つけた意気, つけた挟み箱, つけた葛籠, つけた黒い, つけちらし, つけて, つける人, つけ東, とっくり見, なすのみ, なだめて, はじめお手伝いさんの, ひったくって, ひとつ書い, べつな, ゑがき水に, ゑがく, グイと, 一つ一つ透し, 一端に, 三つに, 不可分に, 不規則に, 付けたる出入り, 付けた衣裳, 付けました縮緬, 何と心得, 切って, 切りぬいて, 印した上衣, 取出して, 呈したもの, 執念く, 外衣に, 始め客, 定紋に, 平縫い, 店先に, 張りまわした, 彫った若, 彫るなどとは, 後ろに, 忘れて, 惜しむ心持, 惜しんで, 成したと, 成したる束, 成したる群, 成して, 成せり, 打ったまえ, 打った亜鉛, 打った幕舎, 打った平打, 打った陣笠, 打つた亜鉛, 抜いた黒羽織, 抜き下, 押しつけたり, 押紋と, 指さしました, 捺した紅白二枚, 掲げるはず, 撒いた体, 撫で肩に, 擬して, 散らした因縁附, 散らした短刀, 散らした緋縮緬, 散らした黄金作り, 散らして, 敷いた漫々, 染めた厳めし, 染めた古, 染めた手拭, 染めぬいた柿色, 染めぬいた浅黄, 染めぬひて, 染めること, 染め出しその, 染め抜いた陣幕, 染抜いたムッ, 椀や, 殺した晩, 殺して, 殺すの, 殺す氣, 比翼に, 水面に, 浮文様と, 添へ, 現して, 現わし, 現わす, 用いて, 用いる, 用ゐし, 略し夜行, 畳んで, 白く出した, 白く抜いた, 白く見せた, 眺めたり, 着けて, 着て, 結びつけたならよもや, 縛ったそう, 縫は, 繞る, 置いた着流し, 置いた紋付き, 置いた縁, 置いた黒羽二重, 置くとか, 美しく彩っ, 背中に, 背後に, 背負って, 衣類に, 見た気, 見つめて, 見ても, 見なかつたらうか, 見ながら, 見る, 見るばかりに, 見れ, 見れば, 見張つて, 視詰めて, 覺え, 許して, 誘ひ出さなかつたの, 調べて, 追ひ廻して, 透かせて, 透綾の, 遣つたさうである, 金で, 附けるの, 附け名のり, 附け店, 隠して, 離れて, 鶴源の

▼ 紋~ (184, 5.3%)

10 は明智 5 の腕 4 はこの, はその, はそれ, は変, は夫人 3 はふと, は昨夜

2 [11件] の方, の肩, はいきなり, はそれだけ, はびっくり, はもう, は三千子, は又, は妙, は山野夫人, は押入

1 [121件] があの, がお, がしっかり, がそれ, がそんな, がもしや, が夫人, が女中, が尋ねた, が屈竟, が明智, が横合, が腰かけ, が自動車, が虚勢, だけはその, だった, で彼自身, とが同乗, と一人, と刑事, と同じ, と話し合った, にはまだ, に尾行, に見せた, のこの, の姿, の眼, の考え, の背後, の表情, の足, の顔, はいくら, はいつか, はいや, はいよいよ, はうそ寒い, はうんざり, はかつて, はここ, はさえた, はしゃべり, はすっかり, はそうして, はその小さな, はそんな, はつい, はてれ隠し, はでも, はなぜ, はひどく, はまるで, はやっと, はやっぱり, はフラフラ, はホッ, はホールド, はボンヤリ, は一々, は一寸, は一寸法師, は一瞬間ぼんやり, は一瞬間不思議, は万一, は不規則, は二言三言問答, は交番, は今, は今朝, は仕方, は以前, は何, は何だか, は余りに, は共同便所, は勇気, は十時ごろ, は困った, は大急ぎ, は寒気, は小林紋三, は帰り支度, は座り, は彼女, は彼自身, は息, は暇, は暗い, は極り, は次々, は殆ど夫人, は段々, は池, は濡れた, は照れ隠し, は疑い深, は疑わない, は目, は相手, は老婆, は自棄気味, は色々, は読み終っ, は赫, は車, は重ね重ね, は隠れ場所, は非常, は頭, は馬鹿馬鹿し, も彼女, も最初, も興奮, やキョトキョト, をにらみつけ, を促した, を監視, を見た, を迎えた

▼ 紋太郎~ (152, 4.3%)

4 は思わず 3 は急い 2 であった, である, の顔, は, はこう, はそこ, はどう, は気, は立ち上がった

1 [127件] いささか胆, いつもの, から紙帳武士, が, がこんな, がぼんやり, が云った, が化鳥, が唸った, が声, が江戸, が脱兎, が褒められた, が訪問, が身, が逃げ出した, が頷き, でその, という武士, とであった, とでこの, とは厭, とは役向き, とやら見事見事, と並ん, と別れた, と和泉守, と大鵬, と片耳, にちょっと, にはあの, には不思議, には気, には迷信, には間違い, にぶちまけた, によって呼び立てられ, に話した, の体, の口, の同僚, の声, の好奇心, の家, の希望, の所, の手, の方, の父, の眼前, はいよいよ, はお, はしばらく, はすぐ, はすっかり, はそろそろ, はちょっと, はとうに, はにわかに, ははたと, はやがて, はろくに, はゾッと, はニヤニヤ, はハッ, は一向, は上の空, は不快, は不思議そう, は乞食, は云いつづけた, は云う, は何気なく, は侵入者, は先, は写山楼, は出かけた, は吃驚, は吹筒, は呟いた, は呟き, は哄然, は哄笑, は声, は実, は小声, は少から, は少し, は尚, は彦根, は心中審, は心中思案, は快活, は思い, は懐中, は手, は扮装, は機嫌, は歩き出した, は母屋, は玄関, は用人, は礼儀, は立ち止まった, は職人相手, は腕, は若年, は苦々しく, は苦笑, は行き詰まらざる, は見送った, は道側, は遙, は邸, は部屋, は酷く, は闇, は黙っ, へ宛て, へ背, も吃驚, も同じ, も続い, も西, も部屋, を囲繞, 実は道

▼ 紋~ (149, 4.3%)

17 を着 14 の羽織 12 を着た 3 の着物 2 だとか, の上, の帷子, の裾

1 [95件] いわずと, から白, が一時出棺, が嫌ひな, が悪い, が澄まし, が著せ, ぐらい着, だ汝, でこそなかっ, でも悲惨, で紋所, といつた, とは云え, と共に何ん, と目録, などがお, などもあった, などを取り, などを着, なんかありません, にそんな, にセル, に帯, に旅装い, に染め, に白袴, に紙, に紫繻子, に細身, に羽織袴, に致し, に袴, に裾, に限っ, のこと, の一重羽織, の夏羽織, の寝, の役人, の木棉, の男, の男物ずくめ, の礼服姿, の綻び, の縮緬, の羽織袴, の肩越, の胸, の芸者, の著, の衣類, の袂, の裏, の裾模様, の長い, の黒, の黒羽二重, はいるまい, は一そろいフロシキ, は何, は持出し, は紙, は血, は變, も二人分, も出来上った, やごりごり, や小紋, や帯, や袴, や覆面頭巾, や長襦袢, をかなぐり捨てる, をさかさ, をとり, をぬぐ, をひっかけた, をもう, を叔母, を取り, を召した, を大急ぎ, を左, を染める, を着る, を着流させ, を羽織つて, を著, を袷, を裏返し, を逆さま, を門, を麗々しく, 御羽織異父兄飯田安石

▼ 紋太夫~ (145, 4.1%)

3 の事, の体, は頷いた

2 [11件] とホーキン氏, の口, の墓, の様子, はこう, はカラカラ, は云う, は元気, は大, は早く, は立ち上がった

1 [114件] がいる, がさも, が参った, が土人部落, が捕らえられた, が殿, が聞き出した, が背後, が選ばれた, だの谷, で構え, という海賊, とが敵, と十平太, と同盟, と浄瑠璃, にご, には解らない, にも同上, の位牌, の名, の声, の後, の心持ち, の手, の手下, の手討, の持ち, の死骸, の遺骸, の顔, の首, はあえて, はかつて, はこんな, はその, はそれ, はちょっと, はつと, はびく, はまず, はまた, はアッ, はオンコッコ軍, はズンズン, はピッタリ, は佇ん, は側, は先, は切歯, は勇気, は十五人, は十八番, は叫んだ, は呟いた, は嘲笑い, は声, は大喝, は大声, は家内, は屹, は岩, は左手, は平気, は微笑, は思わず, は思わず云った, は思案, は怪しく, は愉快そう, は感, は憮然, は拳, は故意, は昂然, は林, は正気, は歩いた, は歯噛み, は死んだ, は水戸樣, は片足, は生き, は社殿, は笑い出した, は笑う, は紐, は背, は腰車, は観念, は豪語, は賛成, は足, は足早, は跛, は逞しい, は進ん, は静か, は頷い, は驚いた, は驚き, へ攻め寄せる, へ話しかけた, もどう, もホーキン氏, も体, も鹿爪, をつくづく, を御, を抜打, を斬つた, を穴, を見る, 云い遺すこと

▼ 紋~ (141, 4.0%)

3 丸に 2 そつと, 予が, 叔母の, 本當, 深刻に

1 [128件] あの美し, いよいよ逆上, お勢, お常, お犬様, お珍, お直, この庵, これを, これ又, さう, その場所, その時分何處, それを, たれの, つけねえの, どうして作られた, どうして小屋, どうなるでせう, どんなやつ, ないかと, なくとも, ひとりで, ふふふふと, ぶるぶる慄, また淋しく, むやみに, ギヨツと, フーゴの, ラーナの, 三つ鱗, 三ツ柏であった, 三年も, 三蓋松でした, 上り藤で, 上半金地に, 下へも, 下り藤ぢ, 世間でも, 丸の, 丸ノ内の, 二十一の, 二引両, 井桁の, 今年十八で, 今日日と, 付いて, 何でございました, 何に, 何の, 元が, 光枝の, 入つて來, 其儘根芝の, 初鹿野家の, 劇しく, 十五で, 半気違い, 受出され, 可愛い, 吾少時の, 商人では, 四ツ目結とやら, 固唾を, 夕刻は, 夜中に, 大きい揚羽, 大きく髑髏, 女中に, 妙な, 実の, 寄り添つて, 少しばかり, 少し息, 左巴なり, 当分御, 思い切った顔, 慌てた形, 慎み深く, 抱き茗荷, 抱茗荷, 捧剣梅鉢で, 斯う, 旗本武鑑を, 朧夜の, 柳町の, 根も, 梅鉢, 極り惡さうに平次を, 気が, 決して承知, 決して美しく, 派手な, 淋しく笑, 無二の, 無論に, 焦れて, 犬田博士も, 相變ら, 稲穂の, 立派だ, 細輪そうして, 肌だけ, 肩を, 背中に, 自分の, 良いきりやう, 艱難辛苦を, 花菱舞ひ, 芸人の, 茶色に, 菅家紋と, 蔦裾の, 言っては, 謀叛人の, 贅澤に, 轡である, 透かし漉き, 遂に人, 遠慮なく張り上げました, 金澤蒼夫さんの, 鋭い女, 陸尺たちが, 陽氣で, 青地に, 髪銭湯銭も, 鶴の, 鼻白んで

▼ 紋~ (129, 3.7%)

10 ついて 5 附いて 3 付いて 2 あるの, はっきりと, 夜目にも, 打って

1 [103件] あざやかに, あった, あったと, あって, あっても, あつた, あらう, あらわれて, あります, ありますから, ある, あるので, あれば, きざまれて, ことごとく符合, この頃, これだけ, ちっと大き, ちゃアんと, ちらちらと, ちりばめて, どうで, なかったら, ねえはず, ねえん, はげ落ちた衣裳つづら, ぴったり揃ってる, まるで金, みえた, みえて, もう刃物, ゆらゆらと, チラ付きます, プリズムの, 一つある, 一つしきゃない, 一つ描かれ, 三つおだまき, 下がり藤, 下り藤, 下着に, 丸く切りとられ, 二つの, 二蓋亀という, 付いてるとは, 何であった, 余り大きい, 佞人とは, 先祖以来桐を, 入れて, 切って, 刻んで, 土肥家の, 型ぬきに, 増上寺の, 大きく書い, 好きです, 家の, 少し異, 幻の, 庵崎數馬に, 彫りきざんで, 御見識, 心の, 息せき切つて帰つて, 悉くり, 憎かつ, 所々に, 抉って, 施される, 有る似た紋, 朝露に, 来ると, 樂屋へ, 残るという, 殺されたこと, 殺された晩, 比翼に, 滲みのぼって, 用箋の, 白く浮く, 示して, 立って, 立派さね, 竪に, 肩の, 自分の, 舞臺で, 苔さび, 茶碗の, 見えて, 見えぬか, 見えました, 見えるの, 見え指, 解いて, 象嵌し, 違って, 金次に, 金糸に, 頭飾りに, 馬鹿殿に, 騒ぐと

▼ 紋切型~ (110, 3.1%)

3 になっ, の口上, の挨拶 2 がある, が多, だと, です, と月並, のもの, のよう, の中, の田舎言葉

1 [83件] から解放, があり, があるいは, がくりかえされる, が一とおり濟むと, が初, が気, が滑稽, さね珍, しか言わなくなっ, だ, だろう, で, であるため, であるとは, であるの, であるよう, でいや, でしかも, で云, で作者, で分りきっ, で書けない, で生易しい, で赤, というもの, とは大分事情, なので, にあてはめ, にしか読めなく, にした, になる, には道徳的, に喜ん, に憧れ, に書かれ, に氏, に触れる, に負け, に陥らず, に陥る, に頼っ, のいいあらわし, のじ, のね, のやう, のドラマツルギイ, の凄み, の処置, の口説, の問題, の嘘, の大阪弁, の小説, の御, の怪談, の感激調, の手段, の教育, の文体, の殻, の演説口調, の社交, の答え, の絵, の表現, の観察, の言葉, の言葉使ひで, の質疑, の通り, は笑, よりもむしろ, をいでず, をくりかえし, をとり澄ました, をわら, を云われました, を守っ, を尊重, を破ろう, を言, を避けたい

▼ 紋~ (100, 2.9%)

5 と冠蔵 3 の叔母さん, の方 2 のところ, はその, は夢, は自分, は誰

1 [79件] がきのう, がどうして, が末, が根岸, が正直, が水右衛門, だ, で左, というもの, として面白く, との不和, とは仲, とも自然, とも顔, と叔母, と吉田冠蔵, と定吉, と衝突, にはげしく, には叔母, には面白く, に意見, の兄弟子, の初, の執念, の嫉妬, の家, の寝, の寺, の葬式, の香奠, はいきまいた, はいよいよ, はいる, はいるか, はくやしく, はここ, はこっち, はしきりに, はじっと, はすこし, はそっと, はそれ, はなんだか, はふと, はまだ, はみんな, はやはり, はわれ, は云いしれない, は冠蔵, は勃然, は嘲る, は帰った, は年, は強情, は急, は気, は滅茶苦茶, は煙管, は石井兵助, は稽古, は素直, は膝, は若い, は誇る, は軽く, は鼠, もいい, ももう, も死ん, も渋い, も自分, をよび寄せ, を憎, を殺した, を訊いた, を誘っ, を責めた

▼ 紋十郎~ (85, 2.4%)

3 という男 2 であった, と申す, は声

1 [76件] か, から訊き出し, がこれ, がその, が一味, が仁王, が彼ら, が立っ, じゃおおかたこう, じゃということ, だな, だ何ん, である, で彼, で彼女, で眩い, とこの, とは敵同志, とやらそれでは, と云う, と同心, ならし, にこそ憎悪, に殺される, に油断, に相違, の一座, の傍ら, の前, の問い, の声, の夕霧, の妹, の悪, の組, の芸術, の著しい, の誘惑, の配下, の金, はな, はまず, はカッ, はニタリ, はハッ, は一喝, は二人, は云っ, は十本, は呟き, は嘲り笑った, は尚, は弾正太夫, は応, は悪党, は憎く, は猫撫声, は益, は眼, は突き, は突っ, は若かっ, は若衆, は裾, は詰まった, は走り寄り妹, は足, は身, は追いかけた, は飛び離れた, へ心中だて, へ自害, もその, を取っ, を見詰め, 躍り出で

▼ 紋兵衛~ (71, 2.0%)

4 の顔 3 の邸 2 だ, であった, の駕籠

1 [58件] から花見, が参りました, が憎く, が相棒, が私, が逃げ, だとは, でございます大, といい, という老人, とお, と娘, と顔, などの附き, に招かれ, のため, の乗っ, の娘, の宏大, の市電, の様子, の眼, の言葉, の話, はお, はこう, はこんな, はそこ, はもの, はホッ, は不思議そう, は云った, は五千石, は大声, は怒鳴った, は恐ろし, は恐怖, は悲し, は手, は狼狽, は畳, は益, は瞬ぎ, は臥せっ, は葉, は虚空, は血走った, は袴羽織, は訊く, は評判, は間接, は静か, も帯刀様, も殺された, を悩ます, を盾, を苦しめた, 語るところ

▼ 紋~ (63, 1.8%)

7 助の 6 助と 5 丞様を 4 丞様が, 助さんと, 助は, 助を 3 助が, 助師匠, 助老人 2 丞, 丞前, 丞様は, 助も

1 [12件] 丞さまが, 丞さまと, 丞さまを, 丞様の, 丞様へ, 丞様より, 丞殿が, 丞殿は, 亟, 助さんが, 助さんの, 助さんは

▼ 紋~ (57, 1.6%)

2 お石, 和吉の, 和吉は

1 [51件] あなたの, いうのに, いっしょに, いつて, おっしゃるの, したもの, し源平争覇, する貴族二十五家, そして御用聞, それと, やらだとは, 一緒に, 乾板との, 二三人の, 云うこと, 云う一聯, 処女座といった, 千兩箱が, 卍の, 同じ紋, 吾が紋, 和吉が, 喜助とは, 墨絵の, 女紋とが, 娘の, 安達の, 寺にては, 少しも, 心得て, 戀仲で, 旗じる, 旗本武鑑と, 椿の, 比翼に, 番頭の, 當人同士は, 称して, 稱し, 芸名を, 藤太郎とに, 藤太郎を, 見た, 親しくなる, 言つて十八これは, 言われるが, 赤條との, 金次の, 金次は, 間違へ, 黒羽二重の

▼ 紋~ (46, 1.3%)

3 なって 2 違いない

1 [41件] こういう畏敬, ございまする, したと, して, たわむれかけたと, なったり, なり獏, なる, 与えよう, 会が, 分裂し, 初めて気, 助け舟を, 向って, 執拗く, 夢中に, 對し, 属するの, 彈かれた, 御用の, 心を, 心意気を, 惚れて, 杯を, 杵と, 染め無双仕立, 欺かれそれから, 気付いた時, 氣が, 氣の, 氣を, 熱中し, 白麻の, 相違ございません, 眼を, 肘鐵砲を, 袴着用大刀がわりの, 触れ冥途, 透綾の, 這入った, 過ぎぬが

▼ 紋~ (45, 1.3%)

2 をよび出し

1 [43件] が二十年がかり, が彼, が折角, が気, が発見, が顔, という男, と何, にいつ, の意見, はあと, はいくぶん, はいや, はここ, はしきりに, はすべて, はどこ, はコタツ, は冠蔵, は噛ん, は夫, は息子, は数珠, は昼間, は有る, は突然, は舌, は荒々しく, は近所, は長火鉢, は首, もほろ, も不思議, も先ず, も呆気, も持て余した, も来る, も知らない, やお, や一座, を呼ん, を始め, を帰し

▼ 紋~ (42, 1.2%)

5 の羽織 4 を着た 2 の法然頭, の袖, を着

1 [27件] が, が生真面目, だったり, だつた事, で味噌汁, で散歩, で水際, で白襟, で袴, と云, と袴, なんか着, に下じめ, に手, に緋, のその, の單羽織, の女, の廂髪, の着流し, も何となく, も絽, を剥い, を揺り起す, を水, を着る, を脱い

▼ 紋~ (31, 0.9%)

4 の親方 2 の愛吉

1 [25件] が承る, でも噂, で謂った, に居, に役介, の奴愛吉, の役介者, の手, の拭掃除, の若い, はかねて, はしばしば, はただ, はばりかん, は口, は声, は構わず, は背後, は話, は顔, へ割込ん, へ這, も変, も好事, をおう

▼ 紋~ (30, 0.9%)

1 [30件] あやしく踊っ, ありました, ありますが, ある, あるに, おどろいて, お袖, ここへ, こればかりは, さすがに, そちに, もう見えなくなりかかった, ネラ子も, 一緒に, 三ツ鱗だ, 三升の, 不埓, 二蓋亀, 何も, 分らぬ, 同じ白色, 揚羽の, 有るが, 朱に, 良い娘, 蛇の目だった, 見當ら, 解るの, 青くて, 鷹の

▼ 紋つき~ (27, 0.8%)

4 を着た 3 の羽織, を着

1 [17件] その紋, たる羽織, である, というの, と羽織, と袴, にあられ, に白, に紅い, の尻, の年配, の着流し, の背, の襟, をきた, をはおっ, をひきずる

▼ 紋切形~ (27, 0.8%)

2 のもの, の口上

1 [23件] だ, であろう位, ですが, で仕事, とは思われぬ, とは無論, なの, に左右, のおじさん, のまくら, のやう, のよう, の一言, の怪談, の悽文句, の文句, の無沙汰見舞, の習慣, の露, をば一々, を並べる, を設け, を離れた

▼ 紋~ (27, 0.8%)

1 [27件] あの娘, が乱心, が報告, だ, でした, にたった, に命じ, の声, の手, はあまり, はあわて, はいきなり, はこの, はなに, は多, は大変, は天下, は居る, は旅衣, は早速, は顫, よく聴け, を呼ん, を舌なめずり, を袈裟掛, 優れたの, 居るか

▼ 紋~ (25, 0.7%)

2 の背後

1 [23件] が許嫁, だな, といふ言葉, と一緒, には私, に向, に相違, のこと, のやう, の姿, の後, の様子, の父親, の足音, はこの, はすぐ, はなほ, は今, は合点, は唐突, は大阪弁, は気づかぬらしく, は気付かぬらしく

▼ 紋さん~ (20, 0.6%)

1 [20件] が死ん, ちょっと, ですぜ, という子, ともよく, と一番仲, と仲, と嫁, と従兄妹同士, と藤さん, に委せ, はお, は何時, は相, は確り, は風邪, は騷, もよそ, も避ける, をもらう

▼ 紋切り型~ (19, 0.5%)

2 だ, である

1 [15件] が破壊, だ旗二郎娘, で, で次代, で行く, で道楽肌, に繰り返す, のもの, のよう, の交語, の台詞, の感情描写, の文句, はとうてい, を口上

▼ 紋附羽織~ (19, 0.5%)

2 と白足袋, を着, を着た

1 [13件] でやつ, と仙台平, と共に急い, に小倉, に改めて, に白紐, に絹袴, に袴, の人, を取出し, を着せられ, を著, を被

▼ 紋~ (16, 0.5%)

1 [16件] からそれ, から堀口但馬様, から屋敷, から申, が問題, つたと, つたのです, つてあんまり, といっ, とか竹, と聽, な, のを, よ, よ紋, 悪魔の

▼ 紋三郎~ (16, 0.5%)

1 [16件] がいった, が典蔵, が殺された, が汚名, てッ, というお, といっ, といふ腕, には口惜, に救, の女房, はその, は生真面目, も人, も母親, を殺した

▼ 紋附き~ (16, 0.5%)

6 の羽織 3 を着 1 でもすまし, にはむかない, に白縞袴, のお, の挟み, の黒い, 羽織に

▼ 紋~ (15, 0.4%)

8 らしの 1 やない, や仕, や俺, や御座いません, らしでなければ, らしと, らしに

▼ 紋~ (15, 0.4%)

2 振りから

1 [13件] お召の, げすな, はござりませぬか, 中央に, 前の, 夕飯を, 少し丈不足, 少し我儘, 座が定って, 披露目を, 焦茶色の, 若なる, 菊屋の

▼ 紋~ (13, 0.4%)

2 牡丹の, 足が 1 さう, ふろしきの, 何かに, 物いい, 簡素な, 船印を, 透き影の, 雛の, 顔の

▼ 紋也様~ (12, 0.3%)

1 [12件] お粂, が口, が福の神, とはよい, にはお, にはご, には京, には将来, には許婚, の介抱, ばかりを追いまわす, を心から

▼ 紋~ (9, 0.3%)

3 というの 2 を得た 1 が好い, であった, で二番目, を得

▼ 紋切り形~ (8, 0.2%)

1 があまりに, であった, であるが, でね, の意見, の抽象的, の表情, の言葉

▼ 紋十郎め~ (8, 0.2%)

1 がやって来た, が自ら吟味所, が謀反人, にまんざら, に怨まれ, に計られた, に追い付かれた, の悪

▼ 紋~ (8, 0.2%)

1 がそれ, がソヨ風, が涼やか, が紋づくし, の外, をかなぐり上げる, をヒラめ, を占め

▼ 紋といふ~ (7, 0.2%)

1 のが, ポチヤポチヤした, 二十二三の, 娘が, 娘は, 少し鐵火, 美しいの

▼ 紋凝灰岩~ (7, 0.2%)

2 だ, です, ででき 1 の弾塊

▼ 紋~ (7, 0.2%)

2 だかなりの 1 から来た, となる, にし, に類似, の長

▼ 紋散らし~ (7, 0.2%)

2 の塗り桶 1 で御, のよう, の大小, の襖, の騎手

▼ 紋綸子~ (7, 0.2%)

4 の長襦袢 2 の振袖 1 の黒地

▼ 紋緞子~ (7, 0.2%)

2 の袴 1 が軽く, に匂, の古い, の藍, の野袴

▼ 紋ある~ (6, 0.2%)

2 旗を 1 一条の, 奴は, 旗や, 時は

▼ 紋とか~ (6, 0.2%)

1 お供の, 樹枝状紋とか, 着物の, 線の, 言うの, 言つた可愛らしい

▼ 紋とは~ (6, 0.2%)

1 あまりにも, いずれも, ちょっと気分, 何であらう, 大層親し, 鍔元から

▼ 紋には~ (6, 0.2%)

1 ヘルンといふ, 何んの, 好感を, 御記憶, 暇とらす, 話したよう

▼ 紋~ (6, 0.2%)

3 の兄哥 1 とはちょっと, の男たち, の腕

▼ 紋じる~ (5, 0.1%)

1 しの提灯, しまではげしい, しも幾旒, しをあらわした, しを黒く

▼ 紋です~ (5, 0.1%)

21 かと聞いたら, が, な是

▼ 紋なる~ (5, 0.1%)

3 かなじゃ 1 単衣, 單衣を

▼ 紋まで~ (5, 0.1%)

2 片輪 1 何から, 同じだ, 鏡を

▼ 紋也さん~ (5, 0.1%)

2 のほう 1 が危篤, だよ, とお

▼ 紋~ (5, 0.1%)

1 がぽつぽつ, なども最も, に合せ, のある, をし

▼ 紋~ (5, 0.1%)

1 に至つて, のついた, の爲, もだ, も此

▼ 紋~ (5, 0.1%)

1 そして利国の, の癖, は岡島部落, は酒, は養子

▼ 紋だけ~ (4, 0.1%)

1 この顏, です, 打ち出して, 黒くなっ

▼ 紋ちや~ (4, 0.1%)

1 んおごらせる, ん夜霧, ん心配, ん首

▼ 紋では~ (4, 0.1%)

1 ないじゃ, ないと, なかった, なくて

▼ 紋との~ (4, 0.1%)

2 間に 1 ついた紫びろう, わけを

▼ 紋などを~ (4, 0.1%)

1 つけます, 忘れて, 描きます, 着けた花簪

▼ 紋~ (4, 0.1%)

1 ありありと, 少将の, 押し掛けて, 申付ます

▼ 紋~ (4, 0.1%)

1 の膝, られたと, られて, 殺された死骸

▼ 紋らしい~ (4, 0.1%)

1 から合点, のが, もの, 形を

▼ 紋~ (4, 0.1%)

1 がし, が大きく, に, も年号

▼ 紋書館~ (4, 0.1%)

2 の用箋 1 の同僚, の社員

▼ 紋玻璃~ (4, 0.1%)

2 を探せ 1 にも出っ, にも出っ会わさない

▼ 紋~ (4, 0.1%)

3 の綿頭巾 1 の襟巻

▼ 紋お召~ (3, 0.1%)

2 の衿もと 1 の袷

▼ 紋から~ (3, 0.1%)

1 仕立てよう玄蕃允盛政, 菊井を, 起きたといふ

▼ 紋それ~ (3, 0.1%)

1 がいわゆる, は彼, は昔

▼ 紋とが~ (3, 0.1%)

1 互違ひ, 木版で, 比翼に

▼ 紋也殿~ (3, 0.1%)

21 そういえ

▼ 紋兵衞~ (3, 0.1%)

1 が何やら, に遠慮, は六十前後

▼ 紋~ (3, 0.1%)

1 が胸, という若い, とが左右

▼ 紋太夫殿~ (3, 0.1%)

1 にご, は迷路, もういけない

▼ 紋~ (3, 0.1%)

1 が出る, の低き, を描く

▼ 紋~ (3, 0.1%)

1 ある青蛇, の, をなす

▼ 紋~ (3, 0.1%)

1 に禁色, の足袋, を初秋

▼ 紋附袴~ (3, 0.1%)

1 で出かけ, で新聞社, の人

▼ 紋あり~ (2, 0.1%)

1 その条紋, 猩々皮の

▼ 紋じゃ~ (2, 0.1%)

1 アねえ, 無いかいな

▼ 紋その~ (2, 0.1%)

1 下に, 下の

▼ 紋だった~ (2, 0.1%)

1 かそこ, のである

▼ 紋ちやん~ (2, 0.1%)

1 に怒られる, もこれ

▼ 紋ちらし~ (2, 0.1%)

1 の襖, を見入っ

▼ 紋ちりめん~ (2, 0.1%)

1 が好き, の大きな

▼ 紋つて~ (2, 0.1%)

2 ゐる

▼ 紋づくし~ (2, 0.1%)

1 でも見る, と見れ

▼ 紋であっ~ (2, 0.1%)

2 てその

▼ 紋でない~ (2, 0.1%)

1 のである, ものは

▼ 紋でも~ (2, 0.1%)

1 あると, 切り篏め

▼ 紋という~ (2, 0.1%)

1 のが, 嫁が

▼ 紋とでも~ (2, 0.1%)

1 云うの, 関係が

▼ 紋~ (2, 0.1%)

1 んだ, んでそれ

▼ 紋などが~ (2, 0.1%)

1 ハッキリと, 光って

▼ 紋にも~ (2, 0.1%)

1 ない, ないの

▼ 紋~ (2, 0.1%)

2 の手拭

▼ 紋ハ二重~ (2, 0.1%)

1 の羽織, の茶色

▼ 紋三達~ (2, 0.1%)

1 の方, は縁側

▼ 紋也一人~ (2, 0.1%)

1 となった, を相手

▼ 紋二郎~ (2, 0.1%)

1 の夭折, の法諡

▼ 紋作さん~ (2, 0.1%)

1 のところ, を訪ね

▼ 紋八二重~ (2, 0.1%)

1 の羽織, の黒い

▼ 紋兵衛これ~ (2, 0.1%)

1 で秘密, は怪し

▼ 紋~ (2, 0.1%)

1 なかりせ, はいわず

▼ 紋十郎さん~ (2, 0.1%)

1 は好かぬ, は嫌い

▼ 紋吉さん~ (2, 0.1%)

1 でせう, にかか

▼ 紋土器~ (2, 0.1%)

1 と石ウス, に見られる

▼ 紋左衛門~ (2, 0.1%)

1 だったか, ちと私

▼ 紋式石器時代遺蹟~ (2, 0.1%)

1 から多く発, から往々

▼ 紋殺し~ (2, 0.1%)

1 の下手人, は容易

▼ 紋~ (2, 0.1%)

1 は五, や切れ味

▼ 紋着振袖~ (2, 0.1%)

1 が颯と, という田舎

▼ 紋着羽織~ (2, 0.1%)

1 ちと丈, に袴

▼ 紋着袴~ (2, 0.1%)

1 ながら憔悴, の武士

▼ 紋綾子~ (2, 0.1%)

1 で肩, の長襦袢

▼ 紋~ (2, 0.1%)

2 とはなれ

▼ 紋~ (2, 0.1%)

1 はモンテビデオ, を去り

▼ 紋附さ~ (2, 0.1%)

1 へ着なかつたら, 短いの

▼ 紋附姿~ (2, 0.1%)

1 で多勢, の錦太郎

▼ 紋~ (2, 0.1%)

1 のよう, の二枚半

▼ 紋龍女湯~ (2, 0.1%)

2 の石榴口

▼1* [218件]

ありしさへ, 紋うつくしい緑の, 紋あるいはひょっと, 紋がねえなん, 紋がねえ三蓋松に, 紋がらの浮いた, 紋くずしの平打, 紋ぐらいはあったはず, 紋これ見よが, 紋さえも記憶し, 紋さん私はどう, 紋しろのてふてふ, 紋じるしらしい梅鉢の, 紋そいつを付けた, 紋そんな型おきを, 紋だい清正だ, 紋だけに金吾は, 紋つきちりめんをひとそろい, 紋つき着流しのまま, 紋つき薄色一重のぞき浅黄のぶッ裂羽織, 紋つた赤い帶, 紋つた糠の栞, 紋つまり足利氏の, 紋であるから兵馬, 紋でございますが御, 紋でござるが, 紋でしたね, 紋として恰好な, 紋とを見くらべて, 紋と共に親馬鹿の, 紋どういうはずか, 紋なかったが, 紋など一つも, 紋などといふものは, 紋などに多かる, 紋などは虫の, 紋なりと社主かたる, 紋なりに丸く切りとられ, 紋なんて見たこと, 紋についてのお調べ, 紋については郷土の, 紋ぬきのご, 紋はこせこ帯留何か, 紋はぞつとした, 紋ばかりである, 紋までが同じ丸, 紋むやうに海は急, 紋よりは一つ二つ年が, 紋をも憚らぬ, 紋てね, 紋一人だつたの, 紋一生は空裡, 紋七夫婦の手, 紋三つ附けた白旗七本, 紋三人を馬鹿, 紋三以外にはだれ, 紋三内々は睨んだ, 紋三菅笠家之紋蔦, 紋三郎さんとか言, 紋三郎宅の場, 紋中着緋紗綾に黒繻子, 紋九郎方に來, 紋也たちの一団, 紋也以外の誰, 紋也先生などはよい, 紋也急難と伝え聞く, 紋也様紋也様ばかりを追いまわす, 紋也様紋也様紋也様ばかりを追いまわす, 紋也殿おすわりなさる, 紋也殿ここはどこ, 紋也殿紋也殿そういえ, 紋也殿紋也殿紋也殿そういえ, 紋付けたる綿, 紋迄の高, 紋何寺塔尖聳, 紋倍臣には唐花, 紋入りのギヤマン, 紋八ツ藤その外高家, 紋兵衛それから大槻玄卿, 紋兵衛一人しかいない, 紋兵衛様は日頃, 紋兵衛殿どうした, 紋兵衛馬谷庄二そうして石渡三蔵, 紋兵衞父子も強つて, 紋処並にその, 紋切り型一通り覚え込むさえ, 紋切り型女の安否, 紋切型文句を言い, 紋切型月並な辞礼, 紋切型言葉だが, 紋切型辞典に曰く, 紋切形字典と名づけた, 紋切形通りの善六, 紋を過ぎ, 紋十郎ずれと争おう, 紋十郎何をし, 紋十郎吉田玉助ら上京し明治座, 紋十郎氏は, 紋十郎諸氏を招い, 紋十郎達が住ん, 紋博多だけがいちじるしく, 紋取ったとて何ん, 紋吉これ等の若い, 紋樣晝から, 紋哉四人の若, 紋唐革をやろう, 紋堀の内講中のお札, 紋にしお, 紋大夫は日, 紋である, 紋太夫のもあります, 紋太夫即座に答え, 紋太夫胸が治まらぬ, 紋太寿老人の星右衛門, 紋太栗田銀五藤野清次など吉田一家, 紋太郎これにはいささか, 紋太郎さんよう来, 紋太郎はさもさも, 紋太郎はつと上がった, 紋太郎殿道に迷われた, 紋太郎渋面をつくる, 紋太郎無限の好奇心, 紋太郎自ら庭へ出, 紋のお, 紋導管の周壁, 紋小倉の袴, 紋小刀持つ手, 紋小紋織りみだす, 紋は寛永中, 紋尽しを書い, 紋岩蛇紋岩が鍋, 紋左ニ対シテ深ク愧ルコト莫カランヤ, 紋とて義経袴, 紋床畜生めか何, 紋及び弥生式文化, 紋弥其方に申し付ける, 紋弥紋弥は居る, 紋当て謎解き, 紋羽織並御酒御, 紋の単物, 紋打った旗さし物を, 紋提灯です, 紋散しが付い, 紋散しでふちどった御簾を, 紋もすべて, 紋星ヶ岡の茶寮, 紋の潮風, 紋があるなら見せ, 紋染めたる袋, 紋染抜きたる花道の, 紋ばち, 紋模様のショール, 紋樣等を對照, 紋もつづい, 紋次鉄蔵という同類, 紋母子を陷, 紋河豚と呼び, 紋清らかに革鞄, 紋無しの浅黄, 紋熨斗目の派手, 紋をえがい, 紋の口細工, 紋登りはしごの総帥旗, 紋や薄, 紋白羊線等すべて上天の親星, 紋しを, 紋着きの羽織, 紋着のとセル, 紋着二枚袷藍気鼠の半襟, 紋着意地の悪, 紋着白えりで盛裝, 紋着羽織儀式一通りは旅店, 紋着萌黄の袴, 紋着袴足袋跣で居た, 紋着襦袢も帯, 紋着迎いの人数, 紋とよばれ, 紋磨羯線射手線天秤線獅子紋白羊線等すべて上天の親星, 紋と争, 紋竜史進左団次の花和尚魯智, 紋と称し, 紋綾織の一種, 紋緞子張の楽椅子, 紋織りの衣服, 紋繻子の頸飾, 紋は誰, 紋の浮織, 紋背恰好も肉付き, 紋自身の手, 紋色烏帽子のため樣, 紋落ちて綾, 紋の巣, 紋装剣の美, 紋の引手, 紋賞三番目が花紋賞, 紋赤き丸三つの, 紋赤裏の小袖二襲, 紋起きてしばらく, 紋蹄状紋などがハッキリ, 紋都市の湾外, 紋金襴で出来, 紋銀白色をなせる, 紋阿蘭陀模様の七糸, 紋附きだったけれど目, 紋附きであるいはカンゼ, 紋附ものか何, 紋附一つくれば, 紋附上下同時服, 紋附小倉の馬乗袴, 紋附帯も矢張紫繻子必定我子, 紋附着てお, 紋附羽織袴なぞ取出し, 紋附類悴徳へ著用為仕度, 紋附麻上下被下置, 紋養子が出来, 紋麻の葉七宝雷紋のよう, 紋龍史進と左団次, 紋龍史進豹子頭林冲などという談